2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

どこまでもレトロをいく「ソニックマニア」VS クラシックとモダンのハイブリッドを目指す「ソニックフォース」

 【21//2017】

どこまでもレトロをいく「ソニックマニア」VS クラシックとモダンのハイブリッドを目指す「ソニックフォース」


2017年はソニックのカムバックを記念する年になるかもしれない。
セガの愛すべきハリネズミは「ソニックマニア」と「ソニックフォース」という2つの作品の主人公を務める。
両作はそれぞれ根本的に性質が異なるが、どれもソニック愛あふれる作品になりそうだ。
E3 2017で両作をプレイした筆者がそれぞれの魅力や違いを簡単に紹介したい。

「Sonic Mania」画像・動画ギャラリー

3Dのデビュー作である1998年の「ソニックアドベンチャー」以来、ソニックは20年近く自分探しの旅を続けてきた。
90年代を代表するハリネズミは中々3Dに馴染めなかったし、2Dを再訪しても今ひとつ自分らしく振舞えずにいた。
良い作品もなかったわけではないが、シリーズの方向性がうまく定まらなかったことは否めない。
そして、まったく異なるアプローチの新作が同じ年に2本も出ることを思えば、それは今も基本的に変わっていない。
どこまでもレトロを行く「ソニックマニア」、モダンとクラシックのハイブリッドを目指す「ソニックフォース」。
思いっきり昔に立ち戻る「ソニックマニア」は自信が感じられるのに対して、「ソニックフォース」は企画そのものが少し優柔不断な印象も。
ここまではプレイしなくてもわかるが、実際にプレイしてみてもその通りの感触があった。


全力疾走してもゲームの進行は把握しやすい「ソニックマニア」
90年代にソニックを楽しんだ人にとって「ソニックマニア」は極めて直感的だ。
スピンダッシュさえ抑えておけば基本的に複雑な操作はない。
メガドライブを彷彿とさせるグラフィックはとにかく懐かしい。
レンダリングはスムーズで、ハイスピードブーツをゲットして全力疾走してもゲームの進行は把握しやすい。
だが、足を止めてステージをじっくりと探索すれば報われるのも昔のソニックらしい。
スピードに重点をおきながらも、隠し要素の多いレベルデザインは好奇心をくすぐる。
筆者がプレイしたグリーンヒルゾーン・アクト2の滝の下にはたくさんのリングと1UPが隠れていた。
ハイスピードや属性系のバリアといったお馴染みのアイテムも復活しているし、BGMから効果音まで古参のファンを喜ばせる内容に仕上がっている。
新しいステージもあり、過去作に登場したステージはチューニングされている。
「ソニックマニア」の3キャラクターはバランスが良い
「ソニックマニア」は3キャラクターを操作できる。
最高のスピードを誇るソニック、壁登りと滑空が特徴のナックルズ、スピードは遅いもののプロペラで一定時間空を飛べるテイルス。
それぞれの能力や操作系は過去作に忠実で、バランスも良い。
本作はまさにソニックマニアなら大満足のタイトルになりそうだ。


爽快ではあるが、リニアな印象を受ける「ソニックフォース」
「ソニックフォース」の試遊は3Dで進行するステージから始まった。
ソニックは空襲に遭っているラテン風の街並みを突っ走りながら、向かってくる敵に対してダッシュ攻撃を決める。
爽快ではあるが、「ソニックマニア」と比べてかなりリニアな印象を受けた。
高速に縦スクロールするシークエンスが進行するなかで、プレイヤーにできることは速やかに左右に移動することと、敵がやってきたらタイミングよく攻撃することくらいだった。
3Dソニックをプレイすると筆者はいつもリズムゲームに近い感触を得るが、今回も例外ではなかった。

途中から2Dに切り替わっても、ゲームの操作系は基本的に変わらない。
これは混乱を避けられるのでありがたい。
だが、リニアなステージはもう少し何かが欲しかった。
演出面に力を入れるあまり、ゲーム性が少し薄く感じてしまうのは残念だ。
「ソニックフォース」のボス戦はちょっとした謎解き
「ソニックフォース」の世界にはモダンソニックとクラシックソニックの2人のソニックがいる。
クラシックソニックはDr.エッグマンとのボス戦を体験できた。
途中まではDr.エッグマンの乗り物に身体ごとぶつけるだけだが、一定のダメージを与えるとDr.エッグマンは遠距離攻撃をしかけるようになる。
ソニックはこれを投げ返してDr.エッグマンを倒さなければならず、ちょっとした謎解きになっているので楽しい。
タイミングが基本となる「ソニックマニア」のボス戦とは大きく異なるが、どちらも独自の面白さがある。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』発売を記念してマウント“ファルコン号”ゲットキャンペーンやウェルカムバックキャンペーンを実施

 【21//2017】

『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』発売を記念してマウント“ファルコン号”ゲットキャンペーンやウェルカムバックキャンペーンを実施


●これから始める方におすすめの新パッケージも発売!
スクウェア・エニックスは、サービス中のMMORPG『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』の発売を記念して、マウント“ファルコン号”GET!キャンペーンや、ウェルカムバックキャンペーンを実施する。

以下、リリースより。

----------
株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐)は、本日、「ファイナルファンタジーXIV(以下、FFXIV)」の最新拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレータ―(以下、「紅蓮のリベレータ―」)を発売いたしました。
また、「紅蓮のリベレータ―」の発売を記念して、マウント「ファルコン号」GET!キャンペーンや、ウェルカムバックキャンペーンを実施いたします。
この機会にぜひ、FFXIV をお楽しみください。

「紅蓮のリベレータ―」本日発売!これから始める方におすすめの新パッケージも発売!
本日、FFXIV の最新拡張パッケージ「紅蓮のリベレータ―」を世界同時発売いたしました。
「紅蓮のリベレーター」では、新たな冒険の舞台「アラミゴ」「ドマ」で繰り広げられる重厚なメインストーリー、新しいゲーム体験として新ジョブ侍・赤魔道士を実装、さらに泳ぎと潜水ができる「水中アクション」の追加により、冒険の舞台はさらに広がります。
レベルキャップ70 までの開放に伴い、バトルシステムも刷新!FFXIV の新たな体験が詰まった最新拡張パッケージです。
これからFFXIV を始めたい方におすすめの新パッケージも同時発売いたしました。
冒険の序盤に役立つ「FFXIV 読む!初心者の館」小冊子(※)付きです。

「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレータ―」
対応機種:
PlayStation4 / Windows / Mac
価格:¥3,800(税込¥4,104)
※Windows、Mac はオープン価格。
Mac はダウンロード販売のみ。

「ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック」
「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」、「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」がセットになったお得なパッケージです。

対応機種:
PlayStation4 / Windows / Mac
価格:¥5,800(税込¥6,264)
※Windows、Mac はオープン価格。
Mac はダウンロード販売のみ。

「ファイナルファンタジーXIV スターターパック」
まずは手軽にFFXIV を始めてみたい方にお勧めの新価格パッケージです。

対応機種:
PlayStation4 / Windows / Mac
価格:¥2,200(税込¥2,376)
※Windows、Mac はオープン価格。
Mac はダウンロード販売のみ。

※「FFXIV 読む!初心者の館」小冊子はパッケージ版に付属。
Windows、Mac ダウンロード版にはPDF 版が同梱されています。

ファイナルファンタジーXIV 読む!初心者の館
ゲームの始め方から、パーティでの戦い方や他のプレイヤーとのコミュニケーションまで、ゲームの進め方をわかりやすく解説。
FFXIV の冒険がさらに楽しくなるガイドブックです。
「FFXIV 新米冒険者ガイド」にもWeb 版を公開!ぜひご活用ください。

※FFXIV 新米冒険者ガイド
紅蓮のリベレーター発売記念!期間中90 日プレイしてマウントを手に入れよう! マウント「ファルコン号」GET!キャンペーン実施!
「紅蓮のリベレータ―」発売を記念し、マウント「ファルコン号」GET!キャンペーンを実施します。
キャンペーン期間中、特定の条件をクリアするとFFXIV インゲームアイテム・マウント「ファルコン号」を入手することができます。

2017 年7 月1 日(土) 0:00~ 9 月30 日(土) 23:59
キャンペーン期間内に、以下の条件を満たしていると、マウント「ファルコン号」が入手できます。
・「紅蓮のリベレーター」製品版の権利を登録している
・キャンペーン期間中に累積で90 日以上の利用期間を追加する(無料期間を除く)
・キャンペーンの詳細や注意事項は特設サイトをご覧ください。

期間中に復帰して、アイテムレベル260 防具(イディルシャイアシリーズ)を入手しよう! 紅蓮のリベレータ―発売記念 ウェルカムバックキャンペーン開始!
「紅蓮のリベレータ―」発売を記念し、現在FFXIV をお休みされている方を対象とした「ウェルカムバックキャンペーン」を開始いたしました。
期間中、FFXIV に復帰すると、レベル60 からの冒険ですぐ使える装備などと交換できる「シルバーチョコボの羽根10 枚」が入手できるキャンペーンです。

2017 年6 月20 日(火) 00:00~ 7 月20 日(木) 16:00
キャンペーン期間中、以下の条件を満たしている方が対象です。

・2017年1月15日(日)以前にFFXIV 製品版サービスアカウントを契約
・2017年1月16日(月)~2017 年6 月15 日(木)の間一度もFFXIV にログインしていない
※お持ちのスクウェア・エニックス アカウントが複数ある場合、いずれかのアカウントでログインをした場合は対象外です。
FFXIV フリートライアル、ネットカフェフリープレイのアカウントは対象外です。

キャンペーンの詳細や注意事項は公式サイトをご覧ください。


最新の拡張パッケージ「紅蓮のリベレーター」をいますぐ楽しみたい方へ ジョブレベルブースト / メインクエストコンプリート用オプションアイテム「冒険録」登場
今一番盛り上がっている最新コンテンツをすぐにプレイしたい方のために、ジョブレベルブースト用、メインクエストコンプリート用のオプションアイテム「冒険録」をご用意いたしました。
対象ジョブのレベルを60 まで上げたり、「紅蓮のリベレーター」より前のメインクエストをコンプリートしたりすることにより、先にプレイしている友人と一緒に「紅蓮のリベレータ―」のコンテンツやストーリーを楽しむことができます。
「冒険録」の詳細は特設サイトをご覧ください。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『世界樹と不思議のダンジョン2』ファミ通DXパック 笹津啓志氏描き下ろしグッズのデザインが公開!

 【21//2017】

『世界樹と不思議のダンジョン2』ファミ通DXパック 笹津啓志氏描き下ろしグッズのデザインが公開!


●キュートなアクリルキーホルダーとランチバッグ
エビテン[ebten]内アトラス”D”ショップ限定で販売される、『世界樹と不思議のダンジョン2 ファミ通DXパック』。
同パックに同梱される、アトラス アートディレクター笹津啓志氏による描き下ろしグッズのデザインが公開された。

世界樹と不思議のダンジョン2 ファミ通DXパック(特典付き)概要
■販売価格
10th Anniversary BOX ファミ通DXパック:11500円[税抜](12420円[税込])
通常版 ファミ通DXパック:8180円[税抜](8834円[税込])
■発売日
2017年8月31日
■メーカー
アトラス
■購入ページURL
http://ebten.jp/atlus/p/7015017032601/
■セット内容
・3DS用ゲームソフト『世界樹と不思議のダンジョン2』(通常版/世界樹の迷宮 10th Anniversary BOX)
・アトラス描き下ろしアクリルキーホルダー5種セット
・冒険者御用達ランチバッグ
●グッズ紹介
■アトラス描き下ろしアクリルキーホルダー5種セット
『新・世界樹の迷宮』シリーズや『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』のアートディレクター笹津啓志氏によってデフォルメされた冒険者の描き下ろしイラストがデザインされたアクリル製のキーホルダー。
いつでも冒険のお供に。

■冒険者御用達ランチバッグ
笹津啓志氏による描き下ろしのキャラクターフェイスアイコンや、冒険者におなじみのマップアイコンなど、シリーズの意匠からオリジナルデザイン制作。
普段使いにも適したサイズのランチバッグです。
サイズ:約W300mm×H200mm


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る