2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

『ストリートファイターV』人気プロゲーマーのウメハラ選手、ときど選手、チョコブランカ選手が登場。トーナメントやエキシビジョンが披露されたHyperXブースをリポート

 【25//2017】

『ストリートファイターV』人気プロゲーマーのウメハラ選手、ときど選手、チョコブランカ選手が登場。トーナメントやエキシビジョンが披露されたHyperXブースをリポート


文・取材・撮影:H.H
2017年9月21日~24日にかけて、千葉県幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2017。
23日のHyperXブースでは、プロゲーマーと来場者が『ストリートファイターV』(以下、『ストV』)で対戦するイベントが開催された。

本イベントは『ストV』をメインにプレイしている人気プロゲーマーの3名、ウメハラ選手、ときど選手、チョコブランカ選手が登場し、ブースに訪れた来場者と一緒に対戦を披露するという内容だ。
当日の現地ではプロゲーマーたちに挑むプレイヤーを選抜するための予選が実施。
特設ステージに『ストV』対戦台が用意され、出場希望者が順番に対戦する勝ち抜き戦が争われた。
対戦台にはアーケードコントローラーとゲームパッドの両方が備え付けられており、試合模様はスタッフさんがマイクを持って実況解説を担当。
非常に多くの来場者が見守る中、本格的な舞台で対戦の腕前が争われた。

予選の後にはいよいよプロゲーマーの3名が登場。
彼らは予選を突破した選手3名とそれぞれペアを組んでふたりチームを3組結成。
そこにHyperXチームが加わり、合計4チームによるトーナメント戦が争われた。
ルールは2on2の勝ち抜き戦だ。
第一試合のときどチームvs.チョコチームでは、チョコ選手のペアとなった豪鬼使いの選手が大活躍。
先鋒戦を制し、ときど選手との豪鬼同キャラ戦にも勝利して決勝戦に進出する。
第二試合のウメハラチームvs.HyperXチームでは、ウメハラ選手のペアとなったケイル選手(ユリアン)が危なげなくHyperXチームを退けることに成功。
そして決勝戦はチョコチームvs.ウメハラチーム。
ここでは先鋒戦でチョコ選手(ベガ)とウメハラ選手(ガイル)が激突。
ウメハラ選手はベガにペースを握らせず、終始主導権を握ったまま先鋒戦を快勝。
そのまま勢いのまま大将戦も制し、トーナメントはウメハラチームの優勝となった。

トーナメント後には突発のエキシビジョンマッチが発表され、トーナメントでぶつかっていないプロゲーマーどうしの対戦が披露された。
ウメハラ選手(ガイル)vs.ときど選手(豪鬼)では、ウメハラ選手が後に「普段とは違う動きをした」と語る戦法を取り入れてときど選手に勝利。
ときど選手(豪鬼)vs.チョコ選手(ベガ)ではベガが波動拳を跳ね返してラウンドを奪う素晴らしい動きを見せていたものの、接近戦を制したときど選手が押し切って勝利。
どちらの対戦も真剣勝負ながら、3名とも楽しんで対戦する姿が目立つエキシビジョンとなっていた。

続いてはTシャツなどが賞品のじゃんけん大会が実施。
プロゲーマー3名が引き続きステージに立ち、全員参加のじゃんけんの勝者に各種アイテムが贈呈された。
そして最後のプログラムはサイン会。
3名は長机に座り、時間いっぱいまで来場者へサイン入りグッズを手渡しするサービスを行ってイベントはお開きとなった。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「CODE OF JOKER Pocket」、「真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY」とコラボ決定

 【25//2017】

「CODE OF JOKER Pocket」、「真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY」とコラボ決定


セガ・インタラクティブは、Android/iOS用デジタルトレーディングカードゲーム「CODE OFJOKER Pocket Re:BIRTH(以下、COJ ポケット)」において、アトラスの「真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY」とコラボレーションすることを発表した。
コラボ実施時期は未定。

「真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY」は、10月26日に発売を予定しているニンテンドー3DS用RPG。
「COJ ポケット」初となる本コラボでは、様々な悪魔のカードが登場するほか、コラボを記念したキャンペーンなどが開催される予定となっている。
実施時期や詳細は後日公開予定。

©SEGA
©ATLUS ©SEGA All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スマホで連邦軍VSジオン軍のガチンコバトルが楽しめる!

 【25//2017】

スマホで連邦軍VSジオン軍のガチンコバトルが楽しめる!


東京ゲームショウ2017のバンダイナムコエンターテインメントブースでは24日、2017年配信予定のAndroid/iOS対応ゲーム「機動戦士ガンダム 即応戦線」の対戦イベントを開催した。


本作は、アニメ「機動戦士ガンダム」の一年戦争が舞台で、プレーヤーは連邦軍またはジオン軍の司令官となり、モビルスーツなどのユニットでデッキを編成し、制限時間内に敵の母艦を破壊すると勝利となる対戦ゲーム。
登壇した本作のオオチヒロアキプロデューサーによると、世界中のプレーヤー同士でリアルタイムでの対戦が可能で、2対2での4人対戦も楽しめるという。

対戦プレイを行なうにあたり、ゲストとして登場したのは本作の公認プレーヤーに任命されたmay(めい)さんとミラクルぐっちさん。
「ガンプラを作ったりはしてますが、あまり詳しくはないです。
ゲームのほうも今回が初めてです」というmayさんは連邦軍、「さっきプロデューサーと対戦して、3戦3勝でボコボコにしました。
私はけっしてゲームがヘタなわけではないですよ」というミラクルぐっちさんはジオン軍のユニットを選択した。
本邦初公開となる実機による対戦プレイを披露した結果、シャア専用ザクIIが大活躍したミラクルぐっちさんが率いるジオン軍の勝ち。
ユニットの配置を途中で何度かミスしてしまったmayさんの連邦軍は完敗を喫してしまった。

続く第2ラウンドは、本作のリツイートキャンペーンに協力した、平成ノブシコブシの吉村崇さんがmayさんとともに連邦軍チームを、徳井健太さんがミラクルぐっちさんとジオン軍チームを結成して2対2で対戦。
平成ノブシコブシのお2人は本作を初めてプレイしたとのことだが、すぐにコツをつかんだ徳井さんの活躍が光り、ここでもジオン軍陣営が快勝した。

第3戦は、なんと会場に駆けつけた来場者から2人を選んでステージ上に招き、3対3でのバトルを展開。
今回も序盤は劣勢を強いられた連邦軍チームだったが、終盤にガンダムの活躍で追い上げて延長戦に持ち込んだ。
しかし、最後はまたもシャア専用ザクIIを投入したジオン軍チームに軍配が上がった。
ジオン軍強し!
今回の結果を見ると、ジオン軍がかなり強く設定されているのでは、という印象を受けた人は少なくないだろう。
しかし、オオチPによれば「連邦軍とジオン軍が、ちゃんとガチンコで戦えるようバランスを調整してあります」そうなので、連邦軍ファンの方はどうかご安心を。

さらに対戦プレイ終了後、平成ノブシコブシさんが選んだ本作のリツイートキャンペーン「破天荒なプレゼント」の内容も発表された。
抽選で300名に、「機動戦士ガンダム アクションペン モビルスーツシリーズ『ドム』」、「名演説湯呑み ア・バオア・クー編」、「ひとやすみ腕枕(アームピロー)クッション シャア専用ズゴック」が送られるとのこと。
何ともマニアックなグッズばかりだ。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る