2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

PS4『Rewrite』3月23日に発売延期、PS4 Proへの対応に時間を要したため─早送りや早戻しの高速化といった恩恵も

 【25//2017】

PS4『Rewrite』3月23日に発売延期、PS4 Proへの対応に時間を要したため─早送りや早戻しの高速化といった恩恵も


プロトタイプは、PS4『Rewrite(リライト)』の発売延期を明らかとしました。

PC向けとしてデビューしてユーザーから高評価を獲得した『Rewrite』は、後にコミカライズやTVアニメ化を遂げ、更にオリジナル版の内容に加筆・改訂・演出・ビジュアルの追加を施した『Rewrite+』をリリースするなど、多彩な広がりを見せました。

そして、『Rewrite+』のゲーム本編をベースとして、1920×1080ピクセルのフルHDに対応したPS4ソフト『Rewrite』が登場します。
本作は3月16日に発売される予定でしたが、このたび変更が判明し、1週間伸びた形となる3月23日に延期。
公式Twitterの報告によれば、「PS4 Proへの対応に想定以上の時間を要した事が原因」とのことです。

また、PS4 Pro上では、早送りや早戻しなどの動作が高速化するとのこと。
延期は残念ですが、より快適に楽しめる点については朗報と言えるでしょう。
なお、PS4版にはファンディスク『Rewrite Harvest festa!』の内容は含まれていないので、ご注意ください。

PS4用ソフト「Rewrite」の発売日が3月16日(木)から3月23日(木)へと、1週間の発売延期となりました。
お待ち頂いております皆様に、深くお詫び申し上げます。
https://t.co/W5W2dqQkD1 pic.twitter.com/MNcBLfjfQL— 株式会社プロトタイプ (@PROTOTYPE_info) 2017年2月24日
PS4 Proへの対応に想定以上の時間を要した事が原因ですが、PSP版「グリザイアの迷宮」以来の2年半ぶりの発売延期となり、誠に心苦しい限りでございます。
なお、PS4 Pro上では、解像度はフルHD(1920×1080)のままですが、早送りや早戻しなどの動作が高速化致します。
— 株式会社プロトタイプ (@PROTOTYPE_info) 2017年2月24日
『Rewrite』は2017年3月23日発売予定。
価格は、パッケージ版が6,200円(税抜)、ダウンロード版が5,500円(税込)です。

(C)2017 Key/VisualArt’s/PROTOTYPE


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「Mass Effect: Andromeda」の"大部分”はメインストーリーを終えた後もプレイ可能

 【25//2017】

「Mass Effect: Andromeda」の"大部分”はメインストーリーを終えた後もプレイ可能


「Mass Effect:Andromeda」のリード・デザイナーIan Frazier氏によると、本作の「大部分」とサイドクエストは、メインストーリーを攻略した後もプレイ可能だという。
PC Gamerのインタビューで、ストーリーを終わらせるとプレイできなくなるミッションはあるかと聞かれたFrazier氏は、「……メインストーリーを完了させるとプレイできなくなるクエストは一握りだけあります。
ですが、それはごく一部です。
ゲームの大部分は、ロイヤリティ・ミッションも含めて、メインストーリーを終わらせた後もプレイできるようになっています」と答えている。

「Mass Effect: Andromeda」はPlayStation 4、Xbox One、PC向けに2017年3月21日に北米でリリースされる。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『FFVII リメイク』と『KHIII』の最新スクリーンショット記事が圧倒的PVを獲得!

 【25//2017】

 『FFVII リメイク』と『KHIII』の最新スクリーンショット記事が圧倒的PVを獲得! 


文:編集部 北埜トゥーン
●時間が足りない!?
みなさん、こんにちは。
ゲームソフトの発売ラッシュが続いてますが、みなさんはどのタイトルを遊んでますか? 筆者はというと、『LET IT DIE』、『仁王』、『フォーオナー』、『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』をプレイしていて、まったく時間が足りない状況でうれしい悲鳴をあげています。
来週には『Horizon Zero Dawn』、そして“Nintendo Switch”も発売されますし、ますます睡眠時間が短くなるんじゃないかといまから心配です。

それでは、2月18日~2月24日のPVランキングを見ていきましょう。

『FFVII リメイク』と『KHIII』の最新画像が公開!カバーアクションをするクラウドや、新たなハートレスの姿が
第1位に輝いたのは、『キングダム ハーツIII』と『ファイナルファンタジーVII リメイク』の最新スクリーンショットの記事。
モナコのグリマルディ・フォーラムにて、2017年2月18日(現地時間)に開催された、エンターテインメントのイベント“MAGIC 2017”で両作の最新スクリーンショットが公開されました。
まだ謎の多い2作品ですが、やはり新しい情報が出るたびにワクワクしますよね。
さらなる続報にも期待しましょう。


スクウェア・エニックスグループが新規RPGプロジェクト発表&開発スタジオ“スタジオイストリア”を発足、代表取締役は馬場英雄氏に
第2位は、スクウェア・エニックス・ホールディングスの新規プロジェクト“Project Prelude Rune”に関するニュース。
同プロジェクトの開発スタジオとして、株式会社スタジオイストリアを発足させることを発表。
同社の代表取締役を馬場英雄氏が務めることが明らかになりました。
なお、週刊ファミ通2017年3月9日号(2017年2月23日発売)では、巻頭特集としてスクウェア・エニックス・ホールディングス代表取締役社長の松田洋祐氏と馬場氏へのインタビューを掲載しているので、ぜひチェックしてみてください。

『グランブルーファンタジー』連載第9回は『シャドバ』コラボイベントや月末追加キャラクターを紹介(2017年2月23日発売号)
週刊ファミ通にて月イチで連載している“『グランブルーファンタジー』情報局 グラ通”第9回の先出し記事が第3位にランクイン。
今回は、『シャドウバース』とのコラボイベント““Shadowverse Duelist of Eternity”のほか、月末追加キャラクターやこれから『グラブル』を始める人に向けたゲーム概要情報などを掲載。
また、週刊ファミ通2017年3月9日号(2017年2月23日発売)には、お得なアイテムや召喚石、スタンプなどが手に入る“ポイントGショップ”で使用可能なポイントが、100ポイント手に入るDLC付録もついているので、要チェックです。

『スーパーロボット大戦V』 発売同日に強化パーツや資金が入手できる20本ものボーナスシナリオを配信!
第4位を獲得したのは、2017年2月23日発売されたプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『スーパーロボット大戦V』のDLCに関するニュース。
追加DLCとして20本のボーナスシナリオが配信開始されました。
DLCは単体での販売のほか、すべてのボーナスシナリオが一括で購入できるフルパックも販売。
フルパックを購入すると、強化パーツ10個セット、資金30000、TacP3000が手に入るプレゼントシナリオ“フルパック購入プレゼントV”を入手できます。

「絶対にさわるな」“1タッチごとに発表時間が延長される”家庭用新作ゲームカウントダウンサイト“タッチ我慢スターター”が公開
第5位は、ディースリー・パブリッシャーの家庭用新作ゲームソフトのカウントダウンサイトに関する話題。
同サイトで開始された“タッチ我慢スターター”は、サイト内のカウンターの数字がゼロになったとき、新作ゲームソフトの内容が公開されるというふつうのカウントダウンサイトのように思えますが、なんと、サイト上部にある乙女の胸元をタッチすると、1タッチにつき1秒ずつ公開時間が延長されるという仕組み。
開始直後からアクセスが殺到し、現在は修理対応中となっています。
今後の動向に注目しよう。

6位~10位は、以下となっています。

PS4『GUNDAM VERSUS(ガンダムバーサス)』クローズドβテストの詳細が明らかに!(2017年2月23日発売号)

『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ フォース』 最大5人でプレイできるアクションRPG(2017年2月23日発売号)

『スーパーロボット大戦V』ついに発売される『スパロボV』を16ページで徹底攻略!

Nintendo Switchのダウンロード用ローンチタイトルは全20作、ニンテンドーeショップの残高は3DSやWii Uと共有可能

『バイオハザード7』がCoopを不採用にし、新たな主人公、カメラシステムを一新した理由が語られる
●今年のテーマは“さあ、現実を超えた体験へ。

筆者が気になった今週のニュースはこちら。

“東京ゲームショウ2017”の開催概要を発表!開催期間は2017年9月21日~24日で、グローバルなイベントへ進化”
“東京ゲームショウ2017”の詳細が発表されました。
会場はこれまでと同じく、千葉・幕張メッセで、2017年9月21日・22日にビジネスデイが、9月23日・24日が一般公開日となっています。
そして、今年のテーマは、“さあ、現実を超えた体験へ。
(Reality Unlocked)”で、テクノロジーの進化によってますますリアルな表現ができるようになったゲームそのものだけでなく、東京ゲームショウ自身も新たな体験を提供できるイベントになるという思いが込められているとのことです。

筆者は、昨年初めて編集者として東京ゲームショウの取材に参加しました。
とにかく忙しかったという印象ですが、新情報などが多数発表されるので、いちゲームファンとして楽しくもありました。
開催まではまだ少し期間がありますが、今年もより多くの記事を読者のみなさんにお届けできるようにがんばりたいと思います!
※過去の週間PVランキングはこちら

(C) 2017 STUDIO ISTOLIA CO., LTD. All Rights Reserved.
(C) Cygames, Inc.
(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)賀東招二・四季童子/陣代高校生徒会
(C)賀東招二・四季童子/Full Metal Panic! Film Partners
(C)カラー
(C)Go Nagai・Yoshiaki Tabata・Yuuki Yogo/Dynamic Planning
(C)サンライズ
(C)SUNRISE/PROJECT ANGE
(C)ジーベック/1998 NADESICO製作委員会
(C)創通・サンライズ
(C)永井豪/ダイナミック企画
(C)1998 賀東招二・四季童子/KADOKAWA 富士見書房・刊
(C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
(C)2009 永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋
(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

 【25//2017】

LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ


株式会社ポケモンは、LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」を配信しています。

この商品は、ゲームやアニメなどで展開している『ポケットモンスター』シリーズを題材にした、無料通話・メールアプリ「LINE」用のスタンプです。
今回は、イラストレーターであるMOGU氏がさまざまなポケモンを描くというコラボLINEスタンプが登場しています。

スタンプは全40種類となっており、「ピカチュウ」「カイロス」「モクロー」「ルージュラ」「ミミッキュ」などがゆるくてかわいい絵柄で登場。
ポケモンの特徴を活かした独特のスタンプも特徴となっています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」は配信中。
価格は240円(税込)もしくは100LINEコインです。

(C)2017 Pokemon/Nintendo/Creatures/GAME FREAK.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PSVRの更なる再販、早くも売り切れに─抽選販売ならば受付中の通販サイトも

 【25//2017】

PSVRの更なる再販、早くも売り切れに─抽選販売ならば受付中の通販サイトも


ゲームや映像の楽しさを更に広げてくれる「PlayStation VR」(以下、PSVR)。
昨年の発売以来、多くのゲームファンから高い関心と人気を集めていますが、その勢いに供給が追いついておらず、品薄なまま今日に至ります。

このたび、2月25日に更なる再販が実施され、通販サイトや実店舗で販売が行われました。
ソニーストアでは8時30分より再販を開始しましたが、ほどなく売り切れに。
ヨドバシ.comやTSUTAYAオンラインなどの各通販サイトや実店舗も近しい状況にあり、いずれも売り切れたか、抽選販売の発表を待つような状態です。

Twitter上では、PSVRを求めて朝早くから出かけたものの買えずに残念な思いをした方や、運良く抽選に当たり喜ぶ人の声などで賑わっています。

なお、ビックカメラ.comでは、PSVRの抽選販売を2月25日の24時まで受付中。
抽選なので確実に入手できるわけではありませんが、PSVRが欲しい方はこちらも選択肢のひとつとして加えてみてはいかがでしょうか。

■ビックカメラ.comでの抽選販売について
URL:http://www.biccamera.com/bc/c/sale/special/psvr/


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る