2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

『レインボーシックス シージ』は10年にわたるサポートを計画―続編の予定はなし

 【20//2018】

『レインボーシックス シージ』は10年にわたるサポートを計画―続編の予定はなし


Ubisoftは先日行われたイベント「Six Invitational 2018」のパネルにおいて、『レインボーシックス シージ(Tom Clancy's Rainbow Six Siege)』の将来の計画について語りました。

アクティブプレイヤー数は2,700万人を突破
アクティブプレイヤー数は2,700万人に到達しているという本作ですが、開発チームは10年にわたってゲームをサポートすることを望んでおり、続編の制作は予定していないそうです。
Year 3ではまもなく登場する「Lion」と「Finka」を含め、8人の新オペレーター実装を計画。
過去にも言及されたように最終的なオペレーターの数は100人を目標にしているとのことです。

2015年12月に発売されて以来、国内においても非常に人気の高い『レインボーシックス シージ』。
開発チームの長期サポート宣言により、プレイヤーは今後のさらなる進化が楽しみになるのではないでしょうか。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

サードウェーブ、「日本eスポーツリーグ 2018 Winter」の公式ゲーミングPCとして「GALLERIA GAMEMASTER」を提供

 【19//2018】

サードウェーブ、「日本eスポーツリーグ 2018 Winter」の公式ゲーミングPCとして「GALLERIA GAMEMASTER」を提供


サードウェーブは、2月17日より開催されているe-Sportsの全国リーグ「日本eスポーツリーグ(JeSL)2018 Winter」の大会公式ゲーミングPCとして「GALLERIA GAMEMASTER」を提供した。


「JeSL 2018 Winter」はeスポーツコミュニケーションズが開催しているe-Sportsの全国リーグ。
競技種目は「FIFA 18」と「BLAZBLUE CENTRALFICTION」で、チャレンジカップとして「Overwatch」も開催されている。
東京ヴェルディeスポーツやNaturals HOKKAIDOなど5チームが参加しており、2月17日より毎週土曜日、日曜日に開催されている試合はOPENREC.tvにて配信されている。

「GALLERIA GAMEMASTER」は幅広いプレイスタイルを支える最新CPUや、スムーズにプレイ映像を表現するGPUを搭載。
優れた冷却エアフロ―や高速SSDなどで高いパフォーマンスを発揮し、選手たちのゲームシーンを支える。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

“日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門”の応募概要が決定、作品募集のテーマは“うつす”に

 【19//2018】

“日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門”の応募概要が決定、作品募集のテーマは“うつす”に


一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)主催による、“日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門”の本年度の募集テーマと審査ポイントの変更が決定した。
作品募集のテーマは“うつす”で、応募期間は2018年5月1日(火)より6月30日(土)までとなっている。
日本ゲーム大賞は、ゲーム産業の未来を担うアマチュアのクリエイターが制作するオリジナルゲーム作品から、今年の優れた作品を選考・表彰する毎年おなじみの賞。
今年はどんなタイトルが出て来るのか、楽しみだ。


今年の募集テーマについて、アマチュア部門を運営する人材育成部会からのコメントをご紹介する。


今年の募集テーマは、“うつす”です。
かなり多くの意味を含んだ言葉となっており、直接的な用法だけでなく、間接的な作用としても幅広く想像力がかき立てられるテーマとして、今回選出しました。
既存のゲームデザインの中に、ただ単にテーマ要素を追加しただけのものではなく、“うつす”という言葉から発想を得て、より深くより新しいゲーム体験が味わえる作品を見せていただきたいと思います。
皆様の挑戦、お待ちしております。



応募作品は“コンセプト”・“完成度”・“技術力”の3つの評価軸で審査。
これまでの4つの評価基準“コンセプト/完成度/プログラム/グラフィック”から、プログラム、グラフィックやサウンドなども含めた総合的な“技術力”に統合し、“コンセプト”・“完成度”・“技術力”の3つの評価軸で審査する。
○“コンセプト”:ゲームの中核となる部分のアイディア・斬新さを評価する。
(例:ゲームの内容やゲームルールの設定、テーマの反映など)
○“完成度”:作品としての完成度を評価する。
(例:ゲームの作り込み具合やレベル調整、ゲームバランスなど)
○“技術力”:プログラム、グラフィック、サウンドなどの技術的な到達度を評価する。
(例:自作リソースの品質、プログラム表現、エンジンやアセットの活用法など)
応募受付は5月1日(火)6月30日(土)まで。
郵送またはWebで受け付け。
選考は、プレイ映像の視聴による第一次審査、試遊による第二次審査と最終審査を経て、9月22日(土)に予定している“日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門発表授賞式”(場所:東京ゲームショウ 2018 内イベントステージ、会場:千葉県 幕張メッセ)にて、“大賞”、“優秀賞”、“佳作”を発表。
栄えある大賞作品には賞金50万円、優秀賞には賞金5万円を副賞として贈呈する。

“日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門” 応募要項
年齢、性別、国籍、個人、法人、団体を問わずアマチュアの方を対象とします。
※ 但し、日本国内在住者に限ります。
※ 応募作品数の制限はありません。
※ 会社所属、契約、フリーランスなどの勤務・雇用形態に関わらず、ゲーム制作の対価報酬を得られている方につきましては、プロのゲームクリエイターとみなします。

「うつす」
応募に際しては、「うつす」というテーマに即した具体的な表現、手法などを用いて制作された作品を対象とします。
テーマを用いた箇所については、必ず応募時に具体的に記述をお願いします。
今回のテーマをどのように表現しているか、またその完成度合が評価の重要な要素となります。
テーマの表現が希薄である、またはテーマが感じとれない、また予め制作済みの作品に対してあまりに強引にテーマと結びつけたような場合は、評価にネガティブな影響がでる場合がありますので ご注意ください。

(1)パソコン:Windows 10、Windows 7
(2)スマートフォン:Android、iOS
※AR(拡張現実)、VR(仮想現実)を使用する作品も可。
※詳細は日本ゲーム大賞公式ホームページでご確認ください。

2018年5月1日(火)~ 6月30日(土)23:59
※郵送は6月30日消印有効。
Webは6月30日(土)の 23時59分までに応募を完了してください。

大 賞(1作品)トロフィー・副賞:50万円
優秀賞(該当数)トロフィー・副賞:5万円
佳作(該当数)トロフィー
※“個人賞”は、団体作品と遜色ない優秀な作品が毎年最終選考に残る事実を鑑み、本年より統合いたします。


第一次審査……プレイ映像の視聴審査により、2次審査進出作品を決定。
第二次審査……各作品の試遊審査を行い、最終審査進出作品を決定。
最終審査…… 最終審査選出作品全てについて試遊審査。
審査員の協議により受賞作品を決定。

業界誌編集者、クリエイター等で構成
9 月 22 日(土)
場所:“東京ゲームショウ 2018”内イベントステージ会場:千葉県 幕張メッセ


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

優秀作品は「ドラゴンクエストビルダーズ2」に登場!「ビルダー100景コンテスト~ビルダーズ2への道~」開催決定

 【19//2018】

優秀作品は「ドラゴンクエストビルダーズ2」に登場!「ビルダー100景コンテスト~ビルダーズ2への道~」開催決定


スクウェア・エニックスはプレイステーション 4/3/PlayStation Vita/Nintendo Switch用ブロックメイクRPG「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」のコンテスト「ビルダー100景コンテスト~ビルダーズ2への道~」を3月1日より開催する。


本コンテストは「ドラゴンクエストビルダーズ」のフリービルドモードで制作した作品をTwitterで投稿する画像投稿企画。
「ドラゴンクエストビルダーズ2」の世界のどこかに点在するという7種の無人島にありそうな「夢のビルダースポット」をテーマにした作品を募集する。
優れた作品は最新作「ドラゴンクエストビルダーズ2」のゲーム内に登場し、そのビルダーの名前がスタッフロールに刻まれる。

作品はフリービルドモード「知られざる島」のホームエリアで、「自分のビルド石」の範囲で制作されたものが対象。
サイズは24×24×16マス(縦×横×高さ)となっている。
また「ビルダースポット」には、必ず「かんばん」を1つ以上置いて訪れる冒険者へのメッセージを残す必要がある。
なお「なつかしの草原」や「ドット草原」をはじめとした使用不可ブロックも設定されている。

エントリーは3月31日まで。
作品を「みんなに公開」し、Twitterで外観、内観をまとめた「作品のスクリーンショット」、「建物のじゅもん」、ハッシュタグ「#DQBコンテスト」をまとめてツイートすることで完了。
優れた作品を投稿したビルダーには、4月中にTwitterのダイレクトメッセージにて連絡が行なわれる。
なおダイレクトメッセージの受信には「ドラゴンクエスト」シリーズ公式Twitterアカウント(@DQ_PR)のフォローが必須となっている。

本コンテストでは1人につき何回でもエントリーが可能。
エントリーした作品は4月30日までそのままの状態で残しておく必要がある。


© 2016, 2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「勇者のくせにこなまいきだDASH!」、配信開始より3日間で50万DL突破

 【19//2018】

「勇者のくせにこなまいきだDASH!」、配信開始より3日間で50万DL突破


フォワードワークスは、Android/iOS用勇者撃退系パズルRPG「勇者のくせにこなまいきだDASH!(以下、勇こな)」が、2月14日の配信から3日間で50万ダウンロードを突破したと発表した。

50万ダウンロード突破を記念して、2月22日18時から3月1日14時59分の間にゲームにログインしたユーザー全員に「金の魔王石」10個がプレゼントされる。
「金の魔王石」は、ゲーム内でアイテム購入やガチャの利用に使用できるゲーム内通貨。
配布期間中にホーム画面の宝箱をタッチすることでプレゼントボックスから受け取ることができる。

「勇こな」は、PSP用「勇者のくせになまいきだ。
」シリーズのスマホ版。
“勇者が敵で、守るべきは魔王”というシリーズならではの世界観と昔なつかしいドット絵やサウンドといった表現はそのままに、スマートフォンならではの手軽さと中毒性をあわせ持ったパズルRPGとなっている。

プレーヤーは「破壊神」となり、3マッチパズルで“魔物”を召喚。
“勇者”を撃退するべく戦う。
倒した勇者を捕獲して「採掘」で働かせれば、新たな魔物との出会いもある。
魔物を育てて自由に編成し、迫り来る勇者たちを撃退しながら、世界征服を目指していく。

©Sony Interactive Entertainment Inc. ©ForwardWorks Corporation


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る