2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

ドル121円を回復、日銀現状維持でも政策への思惑

 【30//2015】

ドル121円を回復、日銀現状維持でも政策への思惑

[東京30日ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の121.14/16円の気配だった。
日銀による金融政策の現状維持が伝わると、一部でくすぶっていた追加緩和期待がはく落して120円前半まで下押しした。
その後、政府の補正予算への思惑から買い直しが入り、すぐさま121円台を回復した。

日銀が金融政策の現状維持を決定したことで、ドル/円は一時120.40円まで急落した。
ただ、市場では「下押しは想定されたよりも、限定的な範囲にとどまった」(国内金融機関)との指摘が出ていた。

シティバンク銀行のシニアFXマーケットアナリスト、尾河眞樹氏は、日銀の黒田東彦総裁の会見や欧州時間に入ってからの値動きも見極めが必要だとしながら「次回以降の会合での追加緩和期待は残っており、これがドル/円の下支えになる」と指摘していた。

前日に発表された鉱工業生産が予想外にプラスとなったことを受け、事前に追加緩和期待がやや後退したことも、下方圧力を和らげた一因だという。
28日に発表された10月米連邦公開市場委員会(FOMC)声明で12月の利上げ開始に含みが残されたことも、下支え要因として作用したようだ。

その後、日経平均株価が上昇幅を拡大し、ドル/円も日銀の金融政策決定会合の結果が伝わった直前の水準を回復。
一時121.46円まで急上昇した。
市場では「補正予算関連の一部報道が材料視されたのではないか」(国内金融機関)との指摘が出ていた。

日本経済新聞は、2015年度補正予算案を総額で3兆円を超える規模にする方向で政府が調整に入ったと伝えた。

午前から正午にかけてのドル/円は、日銀会合の結果待ちのムードが強まり、121円前後での小動きだった。
月末最終取引日となるこの日は、実需の駆け込み的な売りが散見され、仲値公示にかけて一時120.84円まで下落。
その後は午後まで121円を回復しなかった。

ドル/円<JPY=>ユーロ/ドル<EUR=>ユーロ/円<EURJPY=>
午後3時現在121.14/161.0973/77132.94/98
午前9時現在121.03/051.0987/91132.99/03
NY午後5時121.12/131.0978/83132.93/97
(為替マーケットチーム)


Category: 私なりに思う事

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

米スターウッド・ホテルズ株上昇、ハイアットが買収交渉中との報道で

 【29//2015】

米スターウッド・ホテルズ株上昇、ハイアットが買収交渉中との報道で
記事についてのエディターへの問い合わせ先:
Daniel Taub ,dtaub@bloomberg.net


Category: 私なりに思う事

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

反落、日銀会合と決算両にらみ-テクニカルも重し

 【23//2015】

 反落、日銀会合と決算両にらみ-テクニカルも重し
≪市場関係者の見方≫●新光投信の宮部大介ストラテジスト材料盛りだくさんの週だが、米国株は手掛かり材料が多い際には市場心理が落ちつくことが多い。
米国は決算に先行して下げ、ふたを開けると徐々に安心感が高まって出直りつつあり、日本も同じ状況だ。
TOPIXのPERは昨年1月以降は14-16倍のレンジで、今は14倍を少し上回ってきた。
17倍の米国などと比べ出遅れ感が強く、センチメントさえ回復すれば、上値余地がある。
日銀緩和期待は根強いが、政策変更はない可能性が高い。
それでも、来年早々への緩和期待が残り、失望売りは限定的とみる。


Category: 私なりに思う事

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

日経平均は3日ぶり反落、戻り売りで後場軟化 円高も重し

 【22//2015】

日経平均は3日ぶり反落、戻り売りで後場軟化 円高も重し

[東京22日ロイター] - 東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落した。
前場は底堅く推移したが、後場に入ると戻り売りなどに押され、一時178円安と軟化した。
昼過ぎに円相場が強含んだことも日本株の重しとなった。

日銀による追加緩和への期待感が下値を支えている一方、日経平均の節目1万8500円より上値を買う手掛かり材料も乏しいとみられている。

前日に中間決算を発表した日本電産<6594.T>が一時5%を超す上昇となったことなどを受けて市場心理が改善。
米株安などを背景に安く寄り付いた日経平均は下げ幅を縮小する流れとなり、前場は前日比11円高と小幅高で引けた。
売り込まれた銘柄を中心に買い戻しが優勢だった。

ただ上値を追う手掛かりに乏しく、後場に入ると売り優勢の展開。
「前日のように後場一段高を見込んでいた向きが、海外勢などの買いが入らなかったために見切り売りを出した」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)という。
前場は堅調だった日本電産も下げに転じた。

東証1部の売買代金が1兆9835億円と2営業日ぶりに再び2兆円を下回り、買いエネルギーの乏しさが指摘されている。
前日には直近の上値めどだった1万8400円水準を上回ったが、上値では戻り待ちの売りも出やすく、商いが増加しない限り、上値は試しづらいとみられている。

個別銘柄では、科研製薬<4521.T>が年初来安値を更新。
同社が創製したエフィナコナゾールの導出先であるカナダの製薬会社バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナル<VRX.TO>の株価が不正会計疑惑で急落したことを受け、連想売りに押された。
業績予想を下方修正したTOWA<6315.T>やIHI<7013.T>なども安い。

半面、OBC <4733.T>が年初来高値を付けた。
マイナンバー制度関連製品の需要の高まりを背景に中間決算が堅調だったことで買いが集まった。
また日揮<1963.T>が続伸。
同社や三菱商事<8058.T>など5社がトルクメニスタンで天然ガス関連の1兆円規模のプラント受注で現地企業と基本合意すると報じられ、材料視された。

東証1部騰落数は、値上がり571銘柄に対し、値下がりが1170銘柄、変わらずが161銘柄だった。

日経平均<.N225>
終値 18435.87 -118.41
寄り付き 18443.69
安値/高値 18376.01─18579.14
TOPIX<.TOPX>
終値 1518.22 -8.59
寄り付き 1516.66
安値/高値 1514.72─1529.17
東証出来高(万株) 184240
東証売買代金(億円) 19835.12
(杉山容俊)


Category: 私なりに思う事

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PER10倍割れで上値余地の大きそうな主力銘柄は

 【16//2015】

 PER10倍割れで上値余地の大きそうな主力銘柄は

中国人民元の切り下げやその後の中国株の大幅下落などを受けて日本市場も大きな調整となりました。
一時17,000円を割り込んでいた日経平均は、米国での早期の利上げ観測の後退などを受けてやや持ち直しているものの、中国を初めとする世界の景気の減速懸念などが払拭しきれないことなどもあって18,000円台前半での推移となっています。

このようにマーケットが大きく調整するなかで予想PER(株価収益率)が10倍を割り込む銘柄もみられます。
そこで今回はTOPIX500採用銘柄を対象に予想PERが10倍未満で、目標株価コンセンサスが足元の株価を2割以上上回る銘柄をピックアップしてみました。

そのなかには予想PERが8倍台のものもあり、例えばりそなホールディングス <8308> では予想PERが8倍台半ばで、目標株価コンセンサスが株価を2割上回っています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券シニア・マーケットアナリスト


Category: 私なりに思う事

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る