2014 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 02

『パズドラZ』と『パズドラ マリオ エディション』のディアルパックが海外で発売決定 他

 【18//2015】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
『パズドラZ』と『パズドラ マリオ エディション』のディアルパックが海外で発売決定
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
海外向けの「Nintendo Direct 2015.1.14」にて、ニンテンドー3DS用タイトル『パズドラZ』と『パズドラ スーパーマリオブラザーズ エディション』を同梱した『Puzzle & Dragons Z + Puzzle and Dragons: Super Mario Bros. Edition』の発売がアナウンスされました。

これはのデュアルパックは、日本で2013年12月に発売された『パズドラZ』と、4月29日に発売予定の『パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』の2タイトルをセットにしたパッケージです。

『Puzzle & Dragons Z + Puzzle and Dragons: Super Mario Bros. Edition』は北米と欧州で2015年5月に発売予定です。
この2タイトル同梱版の国内発売は未定となっています。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 クリアするならこのチーム!『消滅都市』でチーム編成をするときのポイント(第5回)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ステージをクリアするために重要なものは、チーム編成です。
攻略連載5回目は、チームのリーダー選びから編成のポイントまで、ドドーンと紹介します。


強いタマシイがたくさんいても、クリアできるとは限らないのが『消滅都市』です。
クリアの鍵は、ステージに合わせて、タマシイを編成すること! まずは、チーム編成のポイントになる属性についてです。

◆タマシイの属性

タマシイには、「火」「木」「水」「光」「闇」の5つの属性があります。
この5つの属性には相性があり、弱点属性には2倍のダメージを与えることができますが、自分の方が弱い相性の場合には、ダメージが半減してしまいます。

5つの属性の相性は、「火は木に強く、水に弱い」「木は水に強く、火に弱い」「水は火に強く、木に弱い」「光は闇に強い」「闇は光に強い」となっています。


チェックポイントは、「光」と「闇」は、ダメージの半減ナシという点ですよっ。

◆チーム編成のポイント
チーム編成は、クエストに登場するタマシイをチェックして、属性の相性を考えることがポイントになります。
クエストに登場するタマシイは、挑戦前に必ずチェック!有利になる属性のタマシイをメインにして、チームを組みましょう。
ダメージが半減される属性は、チームに編成しないように注意してください。


たとえば、第7話の場合、クエストに登場するタマシイが「火属性」なので、チームのメインは水属性のタマシイにします。
木属性は火属性に弱く、ダメージが半減されてしまうので、木属性は編成しないようにして、チームを組んでいきます。

◆リーダー選びのポイント
リーダーは、チームのメインを活かせるリーダースキルを持っているタマシイにすべし! オススメは、「火属性タマシイの攻撃力が1.5倍になる」のように、属性攻撃力が○倍になるタイプのリーダースキルを持っているタマシイです。


このスキルは、最初からチームにいる「アキラ」や、イベントクエストで手に入る「テルアキ」などが持っています。

チームにいろいろな属性のタマシイを編成するなら、「アート系タマシイの攻撃力が2.5倍になる」のように、○系攻撃力が○倍になるタイプのリーダースキルを持っているタマシイがオススメ。
系統が同じなら、属性が関係なくなるので、いろいろな属性をチームに編成しやすくなります。


このスキルを持っているタマシイは、「アイリ」や「ウルフ」などで、主な入手方法はレアガチャになります。


フレンドも、攻撃力がアップするタイプのタマシイを選べば、攻撃力を3倍や4倍にしてクエストに挑戦できるので、クリアが楽になりますよっ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『消滅都市』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。

(C) Wright Flyer Studios
byさかまきうさろーる
ファミコンのA/Bボタンが四角だった頃からのゲーム好き。
最近はAndroidにご執心。
のんびりライターとして活動しながら、ゲームをプレイ中。
ときどきすれ違いを求めて、3DS片手に福岡を徘徊しています。
Twitter:@sakaroll



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 第81回 サブアームで広がる遊びの幅!「パワードジムカーディガン」レビュー後編・パワードアームズパワーダー篇
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
インサイドを御覧の皆様、こんにちは。
ライターひびきによる「ほぼ」隔週連載「日々気まぐレポ」、第81回目でございます。


新年も明けて半月以上が経過しました。
いやぁ早いものです。
冬新番もそのほとんどが第1話の放送を終えいよいよ出揃ってきた感があります。
筆者が今期のアニメで注目したいのは何と言っても「食事シーン」のあるアニメ。
深夜の飯テロアニメだなんて名高い「幸福グラフィティ」はもちろんのこと、「ローリングガールズ」第1話のラーメンを啜るシーンには衝撃を受けてしまいました。
かつてあれほど美味しそうな「アニメ」があっただろうかと。
食事という行為そのものを綺麗に描くのはもはや当たり前の昨今、あの作品では逆に、本能の赴くまま「食」の幸せを貪るワイルドさを伴った美しさを描くという一歩踏み込んだ描写がなされていました。
うーん、素晴らしい。
実に腹が減ります。
うん。

……さて。
今週は、先週の「HGBF パワードジムカーディガン」のレビュー後編として「HGBC パワードアームズパワーダー」をご紹介。
こちらは「ガンダムビルドファイターズ」のサポートウェポンシリーズのひとつで、パワードジムカーディガンと一部パーツを共有している流用キットとなっています。

◆豊富なパーツ構成
キットはランナーが2枚、一部「パワードジムカーディガン」の流用ですが完全新規のパーツも含まれています。
パワードジムカーディガンに含まれていたフレキシブルに動く長短2種類のアームが本キットにも同梱されていますので、パーツ数は以外にも少なくありません。

また、パワードジムカーディガンの大型ライフル2門のほか、新規武装として、大型ミサイル、大型ガトリングガン、内蔵ガトリングガンがそれぞれ二つずつ、またビームマシンガンも新たに1丁付属しています。
加えて、バックパック基部と対応ジョイントがそれぞれ1つずつセット。
全て単色のグレー成型となっています。

単体でもプレイバリューのあることが多かったHGBCシリーズですが、今回はサポートメカとして組むことは出来ず、純粋に銃火器のセットとなっているのが大きな特徴です。

◆対応MSは無限大!
本キットの推奨キットとして、「HGAW ガンダムダブルエックス」「HG00 Oガンダム [実戦配備型]」「HGUC ガンダムMK-II (ティターンズ)」「HGUC ザクII改」「HGUC ガンダムTR-1[ヘイズル改]」などが挙げられています。
どのMSもバックパックおよびジョイントパーツを介せば簡単に取り付けることが可能になっています。

基本的にアームと武装のピンは3mm軸なので、ハートポイントの豊富なHGBFシリーズはもちろんのこと、推奨キット以外の多くのHGシリーズにも対応しています。

◆パワードジムカーディガンには
一方で、既にバックパックが長短アームに対応しているパワードジムカーディガンに取り付けるには説明書通り組んだ状態から一旦個々のユニットにバラす必要があります。
もちろん、その分は好きなようにアセンブルできるので、自由に武装を楽しむことが出来ますが。

大型ライフルは共通部分となる基部にガトリングガンや大型ミサイルを取り付けることが出来るようになっているので、シールドの代わりにゴテゴテの重武装といったカスタマイズも可能。

また、パワードジムカーディガンでは腕部に装着されている内蔵ガトリングガンですが、こちら上部カバー部分は新規設計になっており、干渉する部分が少なくなっているので多くのMSの腕に装着可能なのも嬉しいポイントです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
パワードジムカーディガンではシールドをフレキシブルに動かすためであったアームが一転、パワードアームズパワーダーでは攻撃用の装備として広く活用ができるマルチなツールとして大活躍。
もともと、HGBF自体も一応の完成形はあるものの、自由に組み替えて遊んでもいいというようなキットですので、組み合わせ方は無限大。
比較的配置が自由にできる長短アームとハートポイント付きのバックパックによって、様々なキットをお手軽かつ幅広くカスタマイズできるお得なキットとなっているので、パワードジムカーディガンをお持ちでないという方も是非自身の自慢のガンプラを強化してみてはいかがでしょうか。

「HGBC パワードアームズパワーダー」は好評発売中。
価格は648円(税別)です。

(C)創通・サンライズ・テレビ東京 (C)創通・サンライズ

■筆者紹介:ひびき
ゲームやアニメが大好きな駆け出しライター。
フミナパイセンの恵まれた肢体の魅力には
やっぱり勝てなかったよ……。
だが待て暫し。
忘れちゃいないか。
そう、セカイくんのお姉さんを。
彼女を侮る無かれ、その溢れ出るバブみを。
これだからGBFTはやめられないぜ!
Twitter:@hibiki_magurepo

Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

大人の鬼ごっこが楽しめる『Evolve』のシングルモードって?実際にプレイしてみた 他

 【18//2015】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
大人の鬼ごっこが楽しめる『Evolve』のシングルモードって?実際にプレイしてみた
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
協力型サバイバルアクション『Left 4 Dead』で知られるTurtle Rock Studiosが開発を手掛ける新規マルチプレイ・サバイバルアクションシューター『Evolve』。
今回、2K Japanが実施したメディア向け体験会にて、本作の完成版をPCでプレイしました。
先日発表された4人の新ハンターと3体目のボスモンスターのプレイフィールに加えて、4種類のマッチを組み合わせた「脱出モード」をレポートします。

本作は4人のハンターと1体のボスモンスターに分かれて戦うCo-op対戦シューター。
オンライン協力プレイに主眼を置いたコンセプトは同スタジオの代表作『Left 4 Dead』と類似していますが、主な違いは敵となるモンスターサイドもプレイヤーの選択肢であるという点です。
昨年実施されたビッグアルファですでにオンライン対戦を体験したユーザーも多いでしょう。
今回はさらに「脱出モード」がプレイできました。


◆シングルモードの概要

「脱出モード」はすべてのマップとルールを組み合わせたゲームモード。
侵略された惑星シーアの入植者たちが5日後に出航する脱出艇での避難を目指すという設定で、プレイヤーはモンスターサイドとハンターサイドのいずれかを選択して毎回異なるマッチを5回プレイします。
その都度、各マッチの戦績に応じて難易度やゲームルール、マップが変化していく仕組み。
マルチプレイはもちろん、1人でじっくり遊びたい人はCPUを交えたソロプレイも可能です。
今回は筆者以外全員ボット操作の環境でプレイしています。


昨年7月のハンズオン体験会や8月のドイツGamescomでは、トラッパークラスのマギー&デイジー(トカゲのようなペット)を愛用していた爬虫類愛好家の筆者ですが、今回新たに4人のハンターと新ボスが使用可能になったのでさっそく使用してみることに。
5日間を戦い抜く「脱出モード」の各マッチを毎回違うハンターでスタートし、その後2回目のプレイでレイスの操作を体験しました。
ちなみにシングルプレイのハンター操作中はボタン1つで簡単に別キャラクターへスイッチできます。


「脱出モード」では各マッチを開始する前に自分が操作するハンターとCPU操作キャラクター、そしてボスモンスターを自由に組み合わせることが可能。
モンスター操作を選択した際も同様です。
マップや勝利条件、戦う相手に合わせてチームの編成を決定するといいでしょう。


◆狩猟モード

1日目のミッションは「狩猟モード」。
勝利条件はボスを発見して倒すだけという、ビッグアルファでも多くのユーザーが体験した最もシンプルなルールです。

「狩猟モード」でのハンター側は一刻も早くモンスターを探し出すことが重要。
敵がかくれんぼをしながら捕食を続け、第3形態に進化してしまうと勝算は絶望的になります。
筆者はまずトラッパーのエイブを選択。
元銀河系の賞金稼ぎであるベテランハンターの使い勝手を確認しました。
エイブの特徴は敵の移動速度を著しく低下させるステイシス・グレネードとモンスターに追跡マーカーを埋め込むトラッキング・ダート。
どちらも対象を視認してからでなければ役に立たないので、スタートダッシュの索敵能力にはあまり期待できません。


しかし、一度交戦状態に持ち込めばサポート能力を最大限に発揮し驚異的な活躍をみせてくれます。
目標を補足したらすぐさまトラッキング・ダートを撃ちこみ、メンバーが全員接近したらモバイルアリーナを展開。
戦闘が始まったらひたすらステイシス・グレネードを投げます。
投げきった後はクールダウンの間、近距離では決して無視できない火力を誇るカスタム・ショットガンでアタッカーに加勢するのが理想的。
カウボーイを自負するベテランハンターという人物像さながら、やり込むほどに味が出るスルメキャラという印象でした。

2日目以降のマップとミッションは直前の成績に応じて用意された2つの選択肢から選べます。
また、レベルバランサーが働いているためにプレイヤーの戦績に応じて難易度が自動的に変化します。
ここでモンスターの卵を巡って攻防する「巣窟モード」を選択。
高い火力で迅速に掃除したかった筆者はアサルトのパーネルでスタートしました。
自身をスーパーヒーローだと思い込んでいる彼の特徴はなんといってもクラス随一の破壊力。
マルチファイア・ロケットとコンバット・ショットガンはどちらも近接戦で鬼の威力を発揮します。


マップに散らばるモンスターの卵は全部で6つ。
脳筋パーネルをもってしても全てを同時に破壊することはできません。
卵が孵化するとミニサイズのゴライアスが生まれます。
ボスの手下としてハンターを襲うあどけない姿が最高にキュート。
しかし、パーネルの集中砲火であっけなく丸こげになりました。
直後、一緒にいたボスと一気に交戦状態に。
ここで最も上手く活用したいパーネルの能力がスーパー・ソルジャー。
体力を犠牲にして攻撃力と移動速度を底上げする諸刃の剣です。
単独での仕様は危険ですが、仲間のサポートを受けながらのラッシュ状態は鬼に金棒の一言。
強い。


◆救出モード

次のミッションには「救出モード」をチョイス。
モンスターの襲撃で居住区を追われた生存者たちをいち早く見つけ出し、蘇生してから脱出艇へと退避させることが目的です。
5人の生存者を助け出せばハンターの勝利。
ここではメディックのカイラをピックアップしました。
彼女を一言で表すととにかく便利。
攻撃にも回復にもグレネードランチャーを使用します。
両方とも一定範囲に効果が及ぶので複数ターゲットへの攻撃と回復が可能です。
また、アドレナリン・フィールドを使えば範囲内の全員の移動スピードが格段にアップ。
チームを迅速に目的地へと導きます。


乱戦になれば味方が群れている場所にヒーリング・グレネードをポンポン撃ち込んでいるだけで大活躍。
足元に撃てば自分も回復できます。
自ら攻勢に出る際も、ナパーム・グレネードの炎上効果が蓄積すれば大きなダメージソースになり得るでしょう。
攻守ともに優れた彼女の存在はこの上なく心強く、ランチャー片手に可憐に微笑むその姿は戦場の爆撃女王。
グレネードの天使です。
確実にチームに貢献したい人はカイラにおまかせ。
ところで「救出モード」の所感ですが、筆者は生存者そっちのけでモンスターを撃破してしまったので割愛します。


◆巣窟モード

「脱出モード」4日目、選択したのは再び卵探しの「巣窟モード」です。
ここでいよいよ真打登場。
筆者がプレイしたのはサポートクラスのイケメン、キャボットです。
公式の紹介文では友達が少なそうなどと悲しいことが書かれていますが、そんなことはありません。
彼こそがサポーターの王様です。
特筆すべきは、モンスターと野生動物を一定時間可視化するダスト・タギングとプライマリウェポンのレイルガン。
射程が長く障害物を貫通してダメージを与えられるため、優秀な索敵手段であるダスト・タギングとの相性は抜群です。


今回の目的は敵があちこちに設置した卵を割ること。
ボスが護衛しているかもしれない場所にわざわざ接近せずとも、キャボットのレイルガンなら遠距離から安全かつ確実に破壊できます。
また、クローキング能力で隠密行動が得意な彼ですが、万が一保護者のボスモンスターと鉢合わせてしまってもサポートキングは大活躍。
敵の防御力を半減させるダメージ・アンプを照射し続けることで他のチームメンバーによる大ダメージを狙えます。
まさに勝利の鍵を握る人物。
チームへの貢献度は全キャラクター中トップクラスでしょう。

◆防衛モード

最終マッチの舞台は、市民が乗り込んだ輸送船への燃料積み込み作業が完了するまで、補給地点のジェネレーターを守り抜く「防衛モード」。
複数個所のジェネレーターを全て破壊されると敗北ですが、規定時間まで防衛せずともボスモンスターを撃破すればその時点で勝利確定です。
また、このルールではボスのほかに小型ゴライアスが大量に出現してわらわらとジェネレーター目掛けて突進してきます。
耐久性の高いボスを攻撃する前にその都度子供たちを排除しなければあっという間に負けてしまうでしょう。
連携プレイは必須です。


全5回のマッチを終えれば勝っても負けても「脱出モード」はおしまい。
ミッションレポートでモンスターを倒した回数やハンターが倒された回数、与ダメージと射撃回数、殺した野生動物の数、MVPハンターと最も脅威になったボス、居住者の救出数と被害数、そしてモンスターによる被害総額が確認できます。
また、各ミッション後には戦績や使用武器の頻度に応じた経験値がもらえます。
戦績のスコアはハンター側では救出者数として、モンスター側では殺害者数として表示され、数値に応じたボーナス経験値が得られるのも特徴です。


◆新モンスター「レイス」

最後に3体目のボス、敏捷性に優れたステルス型のメスモンスター、レイスを初体験。
神出鬼没と呼ばれる通り素早いワープ移動が特徴で機動力に優れています。
自ら生み出すアリーナ内部で高速で両腕の鎌を振り回す能力「亜空間」を使えば、大型の野生動物も一瞬で狩れます。
そのため、優秀な移動力も合わさって比較的短時間で最終形態まで進化できる印象。
ハンターとの戦闘では物陰に隠れての待ち伏せ戦法が非常に有効。
「神隠し」のスキルを使えば遠距離からハンターを連れ去ることができるので、メディックなどの要注意クラスを孤立させるのに便利です。


「衝撃波」は周囲への範囲攻撃なので囲まれてリンチ状態に陥った際に重宝します。
敵を散らしたらワープ移動で一気に距離を稼げます。
さらに、今回のプレイで最も重要だと感じたスキルは分身を作り出す「囮」。
発動中は敵から本体の姿が見えなくなるため、確実かつ安全に戦闘区域から離脱できます。
ハンターたちの目を欺いた後はまた身を潜めて「神隠し」などの不意打ちを狙っていくのがいいでしょう。
しかし、多彩な攻撃手段の一方で脆い耐久性が玉に瑕。
上述したキャボットのダメージ・アンプのような強力な兵器で一気に畳み掛けられるとあっけなく沈んでしまいます。
まさに玄人向けのボスという印象でした。


これまでの体験会やアルファテストを通して全てのキャラクターとモンスターをプレイしてきましたが、強く実感してきた本作最大の特徴はチーム編成やゲームモードの組み合わせによる戦術とプレイスタイルの多様性です。
マルチプレイでは対戦相手やチームメイトのキャラクターまでは指定できないので臨機応変な戦略が求められますが、シングルキャンペーンとして遊べる「脱出モード」では全ての組み合わせを自由にカスタマイズできるので、マルチ対戦に向けたトレーニングにもってこい。
いろんな編成を実験して自分に最適なプレイスタイルを見つける醍醐味があります。

常に命懸け、大人の鬼ごっこが楽しめるCo-opサバイバルシューター『Evolve』は、2KからPC/PS4/Xbox Oneを対象に、2015年3月5日の国内発売を予定。
価格は7,700円(税別)です。
さらに1月16日からはXbox One向けにオープンベータテストが、その後PC/PS4向けに対象者限定のクローズドベータテストが実施されます。
この春、惑星シーアで全世界が“進化”するでしょう。

記事提供元: Game*Spark

Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PSNなどをダウンさせた「Lizard Squad」メンバーと見られる男性、新たに英国で逮捕 他

 【18//2015】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
PSNなどをダウンさせた「Lizard Squad」メンバーと見られる男性、新たに英国で逮捕
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
昨年末、PlayStation NetworkやXbox LiveなどにDDoS攻撃を仕掛け、大規模な障害を引き起こしたハッカー集団「Lizard Squad」。
新たに同集団のメンバーと見られる男性が、英国内で逮捕されたことがわかりました。

英国の法執行機関South East Regional Organized Crime Unit(SEROCU)の報告によると、逮捕されたのは英国のマージーサイド州サウスポートに住む18歳の男性で、コンピューターへの不正アクセス及び「Swatting(虚偽の通報でSWATを送り込む行為。
自宅からはデジタルデバイスが押収されたことが明らかになっています。

FBI(米連邦捜査局)はPlayStation Network及びXbox LiveへのDDoS攻撃と「Swatting」に焦点を当てた捜査を行っており、今回の逮捕は、英国のNational Cyber Crime Unitの支援のもとFBIとSEROCUとの密接な協力が実施されたとのこと。

Cyber Crime UnitのボスCraig Jones氏は今回のについて、国境の無い犯罪に対する共同の法執行協力の良い例であると語り、最新の技術の使用や企業、学界と協力し、サイバー犯罪者を追求していく姿勢を明らかにしています。

Association of Police Officersのサイバーセキュリティを率いるPeter Goodman氏は今回の逮捕について、家の中で匿名のオンラインペルソナに隠れている犯罪者を追及できることが証明されたとし、楽しいウェブサービスを利用するためには、各人が基本的なセキュリティ対策を行うことが必要だと語っています。

「Lizard Squad」によるPSN及びXbox LiveへのDDoS攻撃に関わる捜査は、各国法執行機関の国際的な協力も見られ、事態の収拾に向けて着実に動き出しているようです。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
伝説の周辺機器「パワーグローブ」がストップモーションアニメの制作で活躍していた
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
北米カートゥーンネットワークの深夜枠にて放送され人気を博したストップモーションアニメ「ロボットチキン」ですが、同作のアニメーターDillon Markey氏は作品制作において、あの伝説の周辺機器「パワーグローブ」を愛用しているそうです。

パワーグローブは1989年に発売(日本では1990年)されたファミコン用の周辺機器。
商業的には失敗に終わったものの、多くのゲーマーの記憶に深く刻み込まれました。
現在では改造されて音楽シーンなどでも使用されていますが、Markey氏のパワーグローブもストップモーションアニメ制作に特化した改造が施されています。

Markey氏のパワーグローブはBluetooth接続のコードレスとなっており、方向キーでフレーム制御、A/Bボタンでフレームキャプチャを行います。
また、人形の細部を調整するためのピンセットも装備されています。
以前はコード付きのUSBテンキーを使用していたようです。

ちなみにこのパワーグローブで最初にアニメーションを付けたのは、“ビル・ゲイツ氏と宮本茂氏がジャグジーに入るシーン”だったという事で、その作業は本当に特別で適切だと思ったと語っています。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スクエニ、指一本楽しめるSRPG『無限∞ナイツ』配信開始 ― 難攻不落の防衛ラインを構築せよ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スクウェア・エニックスは、iOS/Androidアプリ『無限∞ナイツ』の配信を開始しました。


『無限∞ナイツ』は、指一本でド派手なバトルがあじわえる超・大軍勢RPGです。
簡単な操作で、敵の軍勢や巨大モンスターとの大合戦が楽しめる本作には、坂本龍馬や曹操、ジャンヌダルクなど、世界中の英霊たちが登場。
突然の死後、第六聖界の国王として復活した主人公を操り、英霊たちを束ねて、天下統一を目指します。

◆ストーリー
古今東西の英霊たちが覇を争う、天上世界-第六聖界……。
突然の死後、王として目覚めたあなたの運命は……!?
そして、この世界を統一した王だけに与えられる女神の報酬とは……!?

◆システム
「この兵を、このあたりに、ブワーっと!」と、タップした場所に大量の兵士が土煙を舞い上げ出撃。
直感的な操作で、思いのまま簡単に大量の兵士を指揮することができます。
敵は大軍勢以外に、超巨大なボスモンスターも登場。
巨大ボスを倒すと、自国を守る守護神ガーディアンになってくれます。
剣兵、騎馬兵、弓兵、魔法兵など、様々な兵種を自由に使い、迫りくる敵軍をなぎ倒してください。

また、他のプレイヤーが作った防衛ラインを攻略する対戦バトルも搭載されています。
敵国に攻め込んで、罠をくぐり抜け、城壁を突破し、ガーディアンを撃破して鉄壁の防衛布陣を攻略しましょう。
自分でも、難攻不落の防衛ラインを構築することが可能です。
対戦ポイントを獲得していけば、豪華な報酬がゲットできます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
リリース記念として、スタート時点で活躍するSR「ワンダーガールアリス」がプレゼントされています。
この機会に、超・大軍勢RPGを体験しましょう。
なお、特典配布終了については、公式サイトを確認してください。

『無限∞ナイツ』は配信中で、基本プレイ無料のアイテム課金制です。

(C) 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「PCゲーマーがインストールしておくべき無料プログラム」10選
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
長時間パソコンでゲームを遊ぶPCゲーマーなら、様々な処理を効率良く行ったり、常にパソコンの動作を安定した状態にしておくのは大変重要なことです。
そこで、ゲームをメイン用途にしているPCユーザー視点で、インストールしておきたい無料プログラムを10個、厳選してご紹介します。


◆萬屋 / 窓の手
いずれも優秀なPC設定の総合ツールです。
しかし両者とも機能が多いため、ここでは関連付けに絞って説明します。
「萬屋」は、Windowsの標準ツールよりも簡単・軽快に拡張子ごとに開くプログラムを変更可能です。
「窓の手」では、不明なプログラムを一律で同じプログラムで開くことが出来る機能に注目。
cfgファイルなどを直接編集することが多いプレイヤーにおすすめです。

◆Defraggler
「Defraggler」は高機能なデフラグソフトです。
指定したファイルやフォルダ、ドライブのみのデフラグ機能から、断片化したファイルのみデフラグ、空き領域のデフラグまで様々なデフラグが可能です。
Windows標準のデフラグよりも速く、より無駄のないデフラグが出来るため、HDDへの負担も少なくなります。

◆Revo Uninstaller
「Revo Uninstaller」は、通常のインストーラを使用してアンインストールを行った後、残ったファイルやフォルダ、レジストリなどを検索して削除することが可能です。
これでアンインストールしたもののProgram Filesにフォルダが残っていた、というような事態を回避しましょう。

◆FastCopy
「FastCopy」は、Windows標準よりも高速にコピーや移動が行えるソフトです。
メモリを200MBまでバッファとして使用することで高速な転送を実現しています。
通常であれば手動での確認が必要な差分コピーなどの機能もあるため、バニラ状態のバックアップや定期的なデータのバックアップ、MODを入れすぎた後のバニラ状態へのリストアなどに最適。

◆Open Hardware Monitor
「Open Hardware Monitor」は、ハードウェア情報のモニタリングを行えるツールです。
ファンの回転数やCPU・GPU・HDDなどの温度が確認可能。
温度は最低値・最高値・現在値の3種類で、計測した値の推移をグラフで見ることができ、データはレポートとしてテキストファイルで保存が可能。

◆MSI Afterburner
「MSI Afterburner」は、グラフィックボードのオーバークロックやファンの回転数の調整が可能なソフトです。
最新バージョンでは電圧のコントロールも出来るように。
MSIがリリースしているツールにもかかわらずMSI製品以外でも使用が出来ますが、他社製品での使用はもちろん動作保証外ですので自己責任で。
爆音のグラフィックボードの静音化を図りたいプレイヤーにおすすめしたいソフトです。

◆Ad-Aware / Spybot
「Ad-Aware」「Spybot」は、アンチマルウェアソフトです。
ちょっとしたソフトを入れた時にこっそり入れられてしまうマルウェアの削除に必須と言えるソフトです。
現在のバージョンではアンチウィルス機能を搭載しているため、他社のアンチウィルスソフトと競合する可能性が非常に高いです。
そのため、常駐機能を全てオフにし、純粋なアンチマルウェアソフトとしての使用を強くおすすめします。

◆Avira Free Antivirus
「Avira Free Antivirus」は、アンチウィルスソフトのフリー版です。
フリーソフトの中ではウィルスの判定率が高く誤検出が少ない部類に入ります。
また、ありがちなゲームのファイルをウィルス判定してロック・削除するなどの事件や、ゲームのプロテクトソフトとの衝突も少なく、ゲーマーの中では評価が高いソフトです。

以上、8種類10本のソフトをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
他にもまだまだ優秀な無料プログラムはいくつも存在します。
PCゲーマー読者の皆さんも、もし「これは入れておくべきだろ!」というソフトがあれば、ぜひコメント欄にて教えてください。
尚、各ソフトのダウンロードやインストールは自己責任でお願いします。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

新たなゲーム配信サービス「Dailymotion Games」が始動、大手動画共有サイトがそのノウハウを駆使 他

 【18//2015】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新たなゲーム配信サービス「Dailymotion Games」が始動、大手動画共有サイトがそのノウハウを駆使
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
フランスの動画共有WebサービスDailymotionは、ゲームプレイ映像の配信に特化したストリーミングサイトDailymotion Gamesを発表しました。

欧州を中心として幅広いユーザーから人気の動画サービスであるDailymotionですが、この度発表されたDailymotion Gamesでは、同社の動画配信技術が駆使されているとのこと。
ゲーム配信やe-Sportsシーンに興味があるユーザーにとっては強力な新サービスとなることが期待されます。

Dailymotion Gamesでは既に多くのユーザーの手によってゲーム配信が開始されており、『League of Legends』『Hearthstone』『Dota 2』と言ったタイトルなどのプレイシーンをチェックすることが出来ます。
また、同サービスはiOS/Android/PS4向けにも専用アプリケーションを配信するとのことです。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
<サマーレッスン>革新を実感!話題の仮想現実ゲーム開発者に聞く
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「プロジェクトモーフィアス」は発表直後から取材などの問い合わせが殺到し、SCEが「要望に対応できない」としてゲームショウの出展を見送ったほど注目されている。
「サマーレッスン」は「プロジェクトモーフィアス」のデモコンテンツとしてバンダイナムコゲームスが開発したもので、2014年11月末に開催された試遊会では、ファンサイト限定で700人を募集したところ、数倍の応募者が殺到し、「正式なゲーム(商品)でないのに、ちょっと考えられない状況」と関係者が驚くほどの人気ぶりだ。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ホリデーシーズンのGameStop売上が例年より増加、北米ゲーム専門店の勢い衰えず
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
北米大手ゲームチェーンGameStopがホリデーシーズンの売上を発表し、北米のゲーム専門店が未だ健全であることを示しました。

PS4/Xbox Oneタイトルの売り上げが94.4%増加したため、2015年1月3日までの9週間で新作タイトルの売上は例年と比べ5.8%の上昇しました。
GameStopのCEOであるPaul Raines氏は、ホリデーシーズンのゲームの需要は高く、結果として新作タイトルの売上が伸びた、と述べています。
また、今年第1期もその傾向が続くだろうとしています。

この結果は、ライバルである大手家電量販チェーンBest BuyやWalmartなどの大手スーパーマーケットと差をつける独自の購入特典やサービスなどの成果であるように見受けられます。

ダウンロード販売なども主流になりつつある現在、店頭でパッケージを手にとって購入したいというユーザーにとって、ゲーム専門店が勢いを増すという状況は歓迎できるのではないでしょうか。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
米国任天堂、amiiboと各タイトルのわかりやすい対応表を公開
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
米国任天堂は、amiiboとゲームの組み合わせをとてもわかりやすい表にまとめて公開しました。


この表は上部にそれぞれのソフトが並んでおり、左側にはamiiboの名前と実際の画像が掲載。
「よみかき」や「よみこみ」がすぐ判断できるマークで表示されています。

どちらのデータも上下左右に動かすことができますが、肝心のゲームタイトル欄とamiiboは固定で隠れないので、とても見やすい対応表となっています。
新しいamiiboを購入する際にどれにするか迷ったら、この対応表をみれば一目瞭然。
自分の持っているゲームにより多く対応しているものをすぐに見付けだすことも可能です。

なお、日本のサイトはこちら。
現時点ではわりとシンプルな構成でわかりやすいですが、比較検討のためにチェックするなら米国向けサイトのような形式がいいかもしれませんね。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
『ポケモンORAS』隠れ特性の「エンブオー」「ダイケンキ」が配信開始、今回もシリアルコードは公式サイトに
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
株式会社ポケモンは、ニンテンドー3DS『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』において、これまで未解禁だった“隠れ特性”を持ったポケモン「エンブオー」「ダイケンキ」の配信を開始しました。

「エンブオー」「ダイケンキ」は、『ポケットモンスターブラック・ホワイト』で初登場したポケモンたちですが、これまで“隠れ特性”を持った個体は解禁されていませんでした。
そのため、その個体が共通シリアルコードで配信されることになっています。

以前には隠れ特性“あまのじゃく”の「ジャローダ」が配信されていましたが、続いて隠れ特性“すてみ”の「エンブオー」と、隠れ特性“シェルアーマー”の「ダイケンキ」が本日(1月16日)より解禁されました。
シリアルコードは『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』公式サイトの該当ページや公式ツイッターなどで公開されているので、これをゲーム内で入力することにより手に入れることができます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア』は発売中で、価格は4,571円(税別)です。

(C)2014 Pokemon. (C)1995-2014 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.ポケットモンスター・ポケモン・ Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
『ロデア・ザ・スカイソルジャー』中裕司も駆け付けた先行体験会レポート!開発秘話などをお届け
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
角川ゲームスは、Wii U/ニンテンドー3DS『ロデア・ザ・スカイソルジャー』の先行体験イベント「RODEA THE SKY EXPERIENCE TOUR 2015~第1弾~」を開催しました。


『ロデア・ザ・スカイソルジャー』は、『ソニック』や『ナイツ』といった数々の名作を生み出してきた、プロペの中裕司氏が中心メンバーとなって開発されている、完全新作の3Dアクションゲーム。
元々は2011年にWii用ソフト『天空の機士ロデア』として発表された作品ですが、なかなか発売には至りませんでした。

そんな本作が2015年4月2日に発売されることが決定したのは、昨年11月のこと。
そのときは、ハードはWiiからWii U/ニンテンドー3DSに変更となったことも大きな話題になりました。
今回の体験イベントは、本作をはじめて触れられる機会とあって、熱狂的な中氏のファンが多く足を運んでいました。

イベントではまず、中氏とディレクターの長谷川仁氏が登場し、開発の道のりやゲームの特徴を紹介するトークショウが行われました。
最初に語られたのは、どのような思いから、『ロデア・ザ・スカイソルジャー』を制作することになったのか。
これについて長谷川氏は、「CERO:Aの作品を作りたかったんです」と話します。
長谷川氏は以前、CEROがD以上の、いわゆる大人向けのゲームを開発してきた人物です。
しかし本心は子供をはじめとした幅広い層のユーザーに向けてゲームが作りたいと思っていたとのこと。
そう考えていたある日、『ソニック』などを開発した中氏と出会い「この人とならCERO:Aのゲームを作れるんじゃないか」と思い至ったといいます。

中裕司氏(左)と長谷川仁氏(右)。
中央はナビゲーターとして参加した女優の結さん
そしてテーマはどうしようかと考えたとき、自身が子供の頃を振り返って『ダンボ』や『ニルスのふしぎな旅』、『ピーターパン』といった作品を見て、空を自由に飛び回る夢を持っていたことを思い出したと話します。
長谷川氏は、「中さんと作るのであれば、童心に戻った作品を作りたい」と考え、空をテーマにした作品の開発に踏み切ったとのことです。


大空を飛ぶゲームというと、中氏が開発し、世界中にファンがいる『ナイツ』が思い浮かびます。
中氏はトークショウでもそのことに触れると、話題は「なぜ『ナイツ』の続編を作らなかったのか」という話題に。
それによると、かつてスティーブン・スピルバーグ監督が『E.T.』の続編を制作しない理由として、同監督が「最初の『E.T.』の良さを保ち続けるためには、続編は作ってはいけない」と語っていたエピソードを明かします。
これを聞いた中氏も「『ナイツ』を大事にしよう」を考え、作ることはなかったそうです。

しかし、空を飛ぶゲームに対する情熱がなくなったわけではなく、セガマルチコントローラに傾きセンサーを入れ、コントローラを傾けることによって操作するテスト版を内部では開発していたといいます。
当時は技術的な面で難しかったものの、現在になってようやく中氏が目指す「自由に飛べる感覚」を再現できるようになり、『ロデア・ザ・スカイソルジャー』を開発することになったそうです。

また長谷川氏は、Wii U版の特典として、本作の前身となるWii用ソフト『天空の機士ロデア』が同梱することについても解説をはじめます。
Wiiといえば、ローンチと同時に『Wii Sports』の登場によって爆発的なセールスを記録したハードです。
ですが同時に「Wiiリモコンが手から飛び出してしまい、テレビを壊してしまった」など、ネガティブなニュースがあったことも事実です。
これによりWiiリモコンにカバーやストラップを装着することが約束事になっていったのですが、長谷川氏は「ゲームの楽しみ方が抑制されているのではないか」と考えたそうです。
そして、Wiiリモコンを大きく振り回すことなく、なおかつ独自性のある操作を実現したのが『天空の機士ロデア』だと話します。
長谷川氏は、この操作感を1人でも多くの人に味わってほしいため、特典にすることを決めたと話していました。

初の体験会では好プレイも続出!
トークショウが終わると、続いてはいよいよ体験プレイの時間へ。
今回来場者がプレイできたのは、ゲームのチュートリアルを兼ね備えた序盤のステージと、巨大なボス「デオゴルダル」に挑戦できるステージの2種類。
チュートリアルステージでは操作にもすぐに慣れ、多くの人が自由に空を飛び回っていた様子。
ちなみに中氏によると、Yボタンを押し続けることで上空に移動し、マップ全体を見渡せるそうです。
初心者が道に迷ったときは、まずこのアクションを試してほしいと話していました。


デオゴルダルは、数百メートルはあろうかというとてもインパクトのあるボスキャラクター。
主人公・ロデアを踏みつぶそうとする様は圧巻で、プレイヤーもはじめは驚いていました。
このボスの弱点は体に数カ所あり、それをすべて攻撃することで倒せます。
しかし一度体に近づくといったい自分がどこにいるのか分からなくなるほどの巨大さ。
一旦離れては弱点を探して接近…といった具合に攻撃することが、着実に攻略する手段になりそうです。

これほどのボスであれば恐らく苦戦している人ばかりだろう、と思っていたのですが、実際に記録を見てみると、中には1分台で倒した人もいました。
その人の話を聞くと、以前から何回もPVを見ていたため、イメージトレーニングができていたと言います。
中氏のファンだからこそ分かる細かいヒントが隠されていたのかもしれません。
また、会場ではデオゴルダルを倒すタイムを競う大会も行われ、優勝、準優勝に輝いた人はどちらも2分を切る好タイムをマーク。
賞品として、Wii U版のゲームソフトや開発者のサインなどがプレゼントされていました。


その他に会場では、本作の3DS版やWii U版に付属するWii『天空の機士ロデア』の試遊台も設置され、こちらも人気を博していました。
『天空の機士ロデア』はWiiリモコンで操作するとあって、また違った爽快感があるとのこと。
一方3DS版は、Wii U版とまったく同じ操作感を、携帯機で楽しめることが魅力です。

『ロデア・ザ・スカイソルジャー』は2015年4月2日発売予定ですが、2月以降は各地で体験会などを行っていくとのこと。
興味のある人は、足を運んでみるといいかもしれません。

体験会にはゲームのキャラクターをイメージしたフードも登場。
中氏が来場者の分を取り分ける姿も見られました。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

 「三島平八」とは ─ 冷酷ながらもユーモアもある、シリーズに欠かせない名キャラクター 他

 【18//2015】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 「三島平八」とは ─ 冷酷ながらもユーモアもある、シリーズに欠かせない名キャラクター
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ソフトやハードはもちろん、専門的な名称から業界人まで、ゲームに関わる様々な用語を多数収録している「ゲーム大辞典」。
その中からひとつずつピックアップして紹介するこのコーナー、本日のテーマは「三島平八」です。

「三島平八(みしま へいはち)」とは、対戦格闘ゲーム『鉄拳』に登場するキャラクターのひとり。
三島財閥を長きに渡って支配してきた鉄拳王として作中にて強い存在感を示すだけでなく、二本の角のように伸びた頭髪などの特徴的な容姿も印象深いキャラとなっています。

『鉄拳2』では主人公を勤めた経歴も持ち、その性格は息子の三島一八(みしま かずや)同様、冷酷非道。
しかし茶目っ気を見せる一面もあり、シリアスとギャグを両立したような人物として描かれています。

その立場や性格が原因で様々な人物から命を狙われていますが、命の危機に瀕しても見事な復活を遂げ、更には不老不死の薬で若返りに成功し、自らの衰えすらも克服しました。
ちなみに、優勝者が三島財閥を手に入れられる格闘大会「The king of iron fist tournament」を考えたのも三島平八です。
そのため、『鉄拳』シリーズには欠かせない存在と言えます。

「三島平八」をより詳しく知りたい方は、下記リンクより「ゲーム大辞典」の該当項目をチェックしてみてください。
彼に関するトリビアも記されています。
■ゲーム大辞典:「三島平八」 URL:http://game-lexicon.jp/word/%E4%B8%89%E5%B3%B6%E5%B9%B3%E5%85%AB



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
FFシリーズの遺伝子を受け継ぐ『ファイナルファンタジーレジェンズ』事前登録スタート、PVも公開
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
スクウェア・エニックスは、iOS/Androidアプリ『ファイナルファンタジーレジェンズ 時空ノ水晶(ときのすいしょう)』の事前登録を開始しました。


『ファイナルファンタジーレジェンズ 時空ノ水晶』は、人間の過ちによって引き起こされた事件で、東の大陸アジマ、西の大陸ウェスタの東西に分かれた世界が舞台の新作タイトルです。

ゼネラルディレクターは時田貴司氏(FFIV、クロノ・トリガー)、サウンドコンポーザーは水田直志氏(FFXI、FFXIII-2)が担当。
FFシリーズの遺伝子を受け継ぐクリエイター陣が手がける本作は、現在、過去、未来と、時間を超えて出会う魅力的なキャラクターが織りなす壮大なストーリーが展開。
プレイヤーは、「絶望の未来」から世界を救う冒険を繰り広げることになります。


そんな本作の事前登録がスタートしました。
同時に、プロモーションムービーも公開。
ムービー内では、テーマソング「Timeless Tomorrow」のショートバージョンを聞くことができます。
さらに、Liaさんが歌う本作の主題歌「Timeless Tomorrow」を含むミニアルバムが、iTunes、moraなどの音楽配信サービスサイトにて、1月14日より配信が開始されています。
公式サイトでは、Lia さんからのコメントも公開中です。


◆事前登録
事前登録を行うと、ゲーム内で使える召喚獣「白チョコボ(時田貴司・画)」がもらえる特典コードがプレゼントされます。

召喚獣「白チョコボ」
・事前登録受付期間:2015年1月14日~ゲーム配信日前日23:59まで
・事前登録特典アイテム:召喚獣「白チョコボ」
・事前登録:http://www.jp.square-enix.com/ffl_ts/
◆Timeless Tomorrow:『ファイナルファンタジーレジェンズ 時空ノ水晶』テーマソング・ミニアルバム

ゲームの配信に先駆けて、本作のストーリーの鍵となるテーマソング「Timeless Tomorrow」と、ゲーム内のBGMを含む全5曲を収録したミニアルバムが配信限定で登場します。

■「Timeless Tomorrow」
・ボーカリスト:Lia
・作詞:時田貴司/水田直志
・作曲:水田直志
・編曲:水田直志
Lia
■ミニアルバムタイトル
Timeless Tomorrow:『ファイナルファンタジーレジェンズ 時空ノ水晶』テーマソング・ミニアルバム
■ミニアルバム収録楽曲
01:Timeless Tomorrow
02:現代 -The Departure
03:今を生き延びて
04:時の狭間
05:Timeless Tomorrow カラオケバージョン
■配信日・価格
・配信開始日:2015年1月14日
・ミニアルバム公式サイト:http://soundtrack.jp.square-enix.com/download/detail.html?id=0079
・配信サイトとダウンロード価格:Mastered for iTunes 600円(税込)/amazon mp3 600円(税込)/mora 617円(税込)/OTOTOY 617円(税込)/music.jp 617円(税込)/e-onkyo 617円(税込)/ビクターHD Studio 617円(税込)
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『ファイナルファンタジーレジェンズ 時空ノ水晶』は、今冬配信予定で、基本プレイ無料のアイテム課金制です。

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Character Design & Image Illustration : CyDesignation



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Wii Uに取り組む開発者は少ないが昨年よりは増えた…GDCの開発者調査
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
毎年3月に開催されるゲーム開発者向けカンファレンス、Game Developers Conferenceが昨年の来場者を対象に行なった調査によれば、Wii U向けに開発しているデベロッパーは非常に少ないものの、昨年よりも増加したとのこと。

調査によれば、最も多くのデベロッパーが現在開発を行っていると回答したのはPCで56%、続いてスマホ(タブレット)が52%。
コンソールではPS4が26%、Xbox Oneが22%。
Wii Uは大きく引き離されて僅か6%でしたが、昨年の4%よりは改善したとのこと。
ちなみにPS4は12%、Xbox Oneは10%それぞれ昨年よりも増加しました。

そのほか調査では、昨年の企業収益についても設問があり、2013年よりも増加したとの回答が40%、変わらずとの回答が20%、減少したとの回答が9%で、全体的に回復傾向にあることが伺えます。
また従業員数も44%が増加、15%が減少、1%が会社自体が閉鎖、38%が変わらずとの回答でした。

今年のGDCでも大きくフィーチャーされるeSportsについては12%が現在取り組んでいると回答。
実に79%が将来性のあるビジネスだと回答したとのこと。
「Twitchによって競技の視聴が非常に容易になり、EVOのような大会が盛り上がりを見せる事で注目が益々高まっている」とある開発者は述べました。

調査は約2000名のゲーム開発者を対象としたもの。
今年のGDCは3月2日~6日の会期で米国サンフランシスコで開催予定です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』プロデューサー青沼氏の「クロックタウン」紹介実況動画が公開 他

 【18//2015】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』プロデューサー青沼氏の「クロックタウン」紹介実況動画が公開
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
任天堂は、動画「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D 青沼英二のタルミナ探訪「クロックタウン」編」を公開しました。


この動画は、ニンテンドー3DSで発売される『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』を、プロデューサーの青沼英二氏が実際にプレイしつつ紹介する内容になっています。
今回はタイトルのとおり、ゲームの拠点となる街「クロックタウン」を巡ることに。

動画では、リメイク前にもあった各施設や印象的な場所を巡りつつ、街全体をひと通り訪ねて行くような内容になっています。
また、「団員手帳」に、今までの“じけん”が記録される「じけんメモ」や、登場人物の特徴や予定などが記される「よてい」機能などが搭載されていることも明らかになっています。
最後には、青沼氏も知らなかった隠しルピーの情報も。

街を簡単に巡ったところで動画は終わりですが、次回はクロックタウンの店に入ってミニゲームなどを実際に遊ぶ動画が公開されるようです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D』は2015年2月14日発売予定で、価格は4,700円(税別)です。

(C)2000-2015 Nintendo



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
中毒性抜群のスマホゲーム『クロッシーロード』、動画広告だけで1億円を稼ぐ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
画面をタップするだけの簡単操作ながら、何度も挑戦してしまう中毒性を備えたスマホゲーム、『クロッシーロード』(Crossy Road)。
日本のメディアにも取り上げられ、ハマってしまった人も多いのでは? 本作は無料で提供され、広告収益のみで運営されていますが、大きな成功を収めていると言います。


Unity-Blogによれば、ゲームはUnityで開発されていて、広告もUnityが提供するUnity Adsで実装。
11月のリリースから既に1億円(100万ドル)以上の売上を記録したとのこと。
本作ではゲームを何度も遊びコインを集める事で、プレイヤーキャラクターを切り替える事が出来るのですが、動画を視聴することでもコインを入手できます。
その仕組みだけで1億円を生み出したということです。

『クロッシーロード』はオーストラリア人のアンディ・サム氏とマット・ホール氏の二人のコンビ(Hipster Whale)が12週間で作り上げたプロジェクト。
開発は全てリモート作業で行われたと言います。

マット氏は「多くの人に遊んで貰いたかった」と有料ではなく無料の広告モデルを採用した理由を説明。
『ディスコ・ズー』というゲームで、同様にキャラクターを入手するために動画視聴をさせていて、良い方法ではないかと考えたそうです。

二人はインディーの開発者にアドバイスを贈っています。
「市場での成功は運ではありません。
必ず実現することができます。
早く考え始める事です」(マット氏)、「作るだけです。
二人とも子どもの頃からそうしてきました。
また、必要なスキルはゲームジャムで得てきました。
『クロッシーロード』の開発中にも参加したんです」(アンディ氏)。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
欧州任天堂、無料でアニメが視聴できる「任天堂アニメチャンネル」を3DSで展開
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
任天堂オブヨーロッパは、無料でアニメを視聴できる「任天堂アニメチャンネル」(Nintendo Anime Channel)をニンテンドー3DSで2月13日から提供開始すると発表しました。

ニンテンドーeショップから「任天堂アニメチャンネル」をダウンロードすると、無償で複数のアニメを視聴できます。
現在のところ日本や北米での展開はアナウンスされていません。

2月13日のローンチ時には「星のカービィ」「ポケットモンスター」「イナズマイレブン」がラインナップされるとのこと。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
記野直子の『北米ゲーム市場分析』2014年12月号―年間データも発表!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
あけましておめでとうございます。
2年目を迎えたこの連載ですが、本年もお手柔らかによろしくお願いします。
2014年が終わり、欧米では空前のコンソール販売台数をたたき出したようです。
日本もこの恩恵に預かりたいところですが、2月の『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』を待つことにしましょう。

さて、12月の北米セールスデータの速報が来ました。

■市場全体動向
年末商戦最後の締めくくり、クリスマス商戦の結果が出ました。
12月の北米の市場規模総額は前年比1%ダウンの32億5,000万ドル(約3,900億円)。
ハードウェア売上を見ると4%ダウンの13億1,000万ドル(約1,570億円)、ソフト売上は12億5,000万ドル(約1,500億円)。
周辺機器は8%アップの6億8,120万ドル(約815億円)となっています。

売上総数ではなく金額ベースの発表なので、ハードウェアの値下げやソフトウェアのバンドル版等を考えるとむしろ売上台数は増えていることが容易に推測できます。
また、ソフトウェアの売上ダウンに関してはいつも申し上げておりますが、このデータ、デジタルダウンロード版の売上は入っていませんので、あくまでもお店で買われたパッケージの売上のみと考えてください。
北米では間違いなくパッケージ販売からダウンロード販売のレシオ(比率)が増えています。

それにしても…昨今の急激な円安の問題はあるものの、すごすぎる北米ゲーム市場。
日本の2013年年間の日本国内の家庭用ゲーム機総市場(約4,100億円)に肉薄する金額を12月単月でたたき出しているのです。

■ハード動向―Xbox Oneが2カ月連続販売台数トップ!
11月に引き続き12月もXbox Oneが首位の座をキープしました。
NPDが詳細を発表しないので各ハードの台数は明らかになっていませんが、NPD以外のソースからの情報によると、Xbox One とPS4だけで12月には233万台を北米で販売したとのことで、どちらもそれぞれ日本国内のPS4インストールベース(総売上台数)90万台前後を上回る台数を12月だけで売ってしまったということですね。

2014年11月2日からのXbox Oneの50ドル値下げ(現在、Kinectナシ版が350ドル)は2015年1月3日までの期間限定だったので、それ以降は厳しくなるなぁと言われていたのですが、現地時間1月15日のマイクロソフト発表で「明日(16日)からXbox Oneをキャンペーンで50ドル値下げします」とのこと。
おそらく、もう元の値段には戻せないでしょう。
この再びの値下げを知らずに1月4日~15日に買った人たちはいないのか?と言う話は抜きにしても、1年前のしくじった発売を仕切り直しての再ローンチ(2回目の発売)と揶揄する声も聞かれます。
いずれにしてもマイクロソフトの年末商戦戦略は「成功」と言えるでしょう。

PS4は北米でも欧州でも好調をキープしていますが、先月イギリスでもXbox OneがPS4を上回る販売だった、というニュースがありました。
Xbox Oneが価格戦略をアメリカ同様に仕掛けたためと言われており、実は「タマ(在庫)不足」も要因とのこと。
お店にPS4を買いに来たユーザーが欠品で買うことができずに、代わりにXbox Oneを買っていくというチャンスロスもあったわけです。

いずれにしても、11月同様PS4とXbox Oneの好調さに大きな差はなかったと考えています。
インストールベースではXbox OneはPS4にまだ追いつくことができません。
1月のソニーの発表によるとPS4は2013年末の発売から1,850万台を全世界で売り上げ、PlayStationフォーマット史上最速の売上達成とのことです。
また、マイクロソフトの過去発表(最近あんまり発表してくれません)によるとXbox Oneは同じく2013年末の発売から2014年11月末現在で1,000万台出荷したそうです。

材料を合わせてみると、北米だけでPS4もXbox Oneもそれぞれインストールベースで軽~く500万台を超えています。
PS4は700万台に突入な感じですね。
これだけ出回ってくれればソフト供給側としても安定的に開発費を注ぐことができるようになります。
ただし、日本のメーカーにとっては日本の台数が増えないとちょっと厳しいかもしれませんね。
欧米と真逆で出回りが鈍い日本における現世代機。
ゲーム機が家庭に一台あった時代ではなくなっているのは残念なことです。
日本のゲームが爆発的に海外で売れてくれるようになるか、日本国内だけで十分にマーケットになる状況を作るか、いずれかの起爆剤がないと打破できない感じがしてやみません。

Wii Uは目立った報道がなく、発売以来一番売れた月になったということだけでした。
PS4、Xbox Oneより1年先行して発売されたハードですが、一気に抜き去られ大きな水をあけられています。
ただし、同社のソフトウェアパワーは相変わらず健在です。
またそれは2014年のまとめのところで。

■ソフト動向―『Call of Duty: Advanced Warfare』強し。
任天堂も頑張ってる!
早速2014年12月度のソフトウェアランキングです。

1. Call of Duty: Advanced Warfare (PS3/PS4/X360/X1/PC) - Activision Blizzard
2. Grand Theft Auto V (PS3/PS4/X360/X1) - Take 2/Rockstar
3. Madden NFL 15 (PS3/PS4/X360/X1) - Electronic Arts
4. Super Smash Bros. (Wii U/3DS) - Nintendo
5. NBA 2K15 (PS3/PS4/X360/X1/PC) - Take 2/2K Games
6. Minecraft (PS3/PS4/X360/X1) - Microsoft/Sony Computer Entertainment
7. Far Cry 4 (PS3/PS4/X360/X1/PC) - Ubisoft
8. Just Dance 2015 (360/XB1/PS4/PS3/WiiU) - Ubisoft
9. Destiny (PS3/PS4/X360/X1) - Activision Blizzard
10. FIFA 15 (PS3/PS4/360/X1/Wii U/3DS/PSV) - Electronic Arts
Activisionの『Call of Duty: Advanced Warfare』は11月12月の年末商戦ピークで2カ月連続首位をマークするなど圧倒的な訴求力を見せており、北米だけで全プラットフォームで800万本ほど販売した模様です。
この『Call of Duty: Advanced Warfare』もそうですが、ランキングされているタイトルは11月のものとほぼ変わりありません。
つまり11月までに発売されているタイトルがランクインしていることが多いということです。

いくら12月が年間で一番売れる月と言っても、12月当月に発売しても口コミなどの効果が得られないので、北米での年末商戦に参戦するには11月中に発売することがほぼ必須というのが長年の定説です。

NPDによると、2013年12月におけるハード売上台数全体のうち32%にソフトウェアがバンドル(同梱)されているものだったのですが、2014年12月に至ってはなんと71%がソフトウェアとのバンドル版だったとのこと。
まさにソフトがハードを牽引したクリスマス商戦だったようです。

また、上記バンドルにも関連することですが、11月と12月はソフトウェアの売上本数もXbox One向けソフトがPS4向けを押さえた、との報道がありました。
ハードとソフトは連動しますからね。
ハードだけ売れてソフトが売れないということはあまり考えられません。

日本発タイトルとしては唯一ランキング圏内の『大乱闘スマッシュブラザーズ』。
なんだかんだ言ってもソフトメーカーとしては日本が誇るパブリッシャー任天堂です。
発表によるとパッケージ+デジタルダウンロードで130万本ということですからWii Uを持っているユーザーの半分弱はこのソフトを購入していることになります。

ただ、年末と言えばファミリー向け!と相場が決まっていた北米市場ももはや任天堂の独壇場ではなくなってきているというのも時代の流れでしょうか。
北米では子供たちは3DSかタブレットで遊んでいる様子がよく見受けられます。

■2014年北米市場はどうだったのか?
NPDが2014年の北米市場全体の速報も流してくれました。
ただ、NPDも少し前から限定的な情報しか開示しなかったり、北米市場では日本のファミ通のようにハード売上台数や全体のインストールベース、ソフトの売上本数などを公にしてくれるメディアがないため(有料で企業にデータを販売しています)、私たちのように市場を分析する人たちにとってはいろいろな材料を集めて推量するという手間をかけるのです。

おっと、文句はこれくらいにして、NPDの発表によると北米2014年の年間でハードウェアの売上総額規模は前年比20%アップの50億7,000万ドル(約6,080億円)。
ソフトウェア売上(パッケージのみデジタルダウンロードを含みません)は13%ダウンの53億ドル(約6,300億円)となっています。
本当にソフトが13%ダウンとは考えられませんので、それだけパッケージからデジタルダウンロードの波が大きくなった、とも言えるでしょう。

いずれにしても、現世代機のローンチから1年、北米ではコンソールビジネスが盛り上がっているようです。
日本との乖離が激しくなってきたことに危惧を覚えるのは私だけでしょうか?
年間のソフトウェア売上ランキングは下記の通りです。

1. Call of Duty: Advanced Warfare (PS3/PS4/X360/X1/PC) - Activision Blizzard
2. Madden NFL 15 (PS3/PS4/X360/X1) - Electronic Arts
3. Destiny (PS3/PS4/X360/X1) - Activision Blizzard
4. Grand Theft Auto V (PS3/PS4/X360/X1) - Take 2/Rockstar
5. Minecraft (PS3/PS4/X360/X1) - Microsoft/Sony Computer Entertainment
6. Super Smash Bros. (Wii U/3DS) - Nintendo
7. NBA 2K15 (PS3/PS4/X360/X1/PC) - Take 2/2K Games
8. Watch Dogs (PS3/PS4/360/X1/Wii U/PC) - Ubisoft
9. FIFA 15 (PS3/PS4/360/X1/Wii U/3DS/PSV) - Electronic Arts
10. Call Of Duty: Ghosts (PS3/PS4/360/X1/Wii U/PC) - Activision Blizzard
11月、12月のTopランキングとあまり変わりません。
これをご覧いただいても年末商戦のすごさを感じて頂けるかとは思いますが、北米では年間の売上の大きなシェアを年末商戦が稼ぎ出すと言われていて、ハードメーカーもソフトメーカーもターゲットにするのはそのためです。

特にActivisionの『Call of Duty: Advanced Warfare』は、映画、音楽、本を含むエンターテインメントビジネスにおいて2014年で初動の最高額の売上を達成したと11月発売直後に発表がありました。
また、2003年から続く『Call of Duty』シリーズは全世界の売上を合わせると100億ドル(約1兆2,000億円)を超え、大作映画『トランスフォーマー』『アイアンマン』 『アベンジャーズ』などの興行収益を合わせてもこれを超えるものではないとのこと。

「ゲームコンテンツビジネス」というエンターテインメントが世界においても大きなインパクトを与えていることは確かです。
この波に日本のゲームコンテンツが乗れることを業界関係者として切に願います。

それでは、また来月!

Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る