2015 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2015 03

アーケード初の“MOBA”系戦略アクション『Wonderland Wars』は2月19日稼働予定 他

 【14//2015】

アーケード初の“MOBA”系戦略アクション『Wonderland Wars』は2月19日稼働予定

セガは、アーケード『Wonderland Wars』の情報を公開しました。

『Wonderland Wars』は、自身を含めた味方4人と協力して、敵4人と対戦する戦略アクションゲームです。
MOBA(Multiplayer-Online-Battle-Arena)特有の戦略性にアクション性を融合した協力対戦ゲームで、アーケードならではの大画面とペンデバイスによる直感的な操作性により爽快感のあるゲームになっているとのこと。


◆ゲームシステム
本作では、レバーと特殊ペンデバイスでキャラクターを操作し、仲間とコミュニケーションを取りながら、敵の拠点・城を攻撃し自軍の勝利を目指します。

本拠地からは、兵士(NPC/NonPlayableCharacter)が出撃して進軍していきますが、兵士は自動的に前進していくのみ。
そして、兵士同士の強さはまったくの互角となっており、プレイヤーの介入が戦況に変化を与えていきます。
このため、「誰が、いつ、どこに、どのように介入するのか」の戦略が勝敗を左右するとのこと。

本作のキャラクターデザインには、『戦国大戦』シリーズなどのカードイラストを手がけた前嶋重機さん、萩谷薫さんなどのイラストレーターを起用。
キャラクターボイスには、井上麻里奈さんや中村悠一さんといった声優陣を揃えているとのこと。

◆その他キャンペーン情報など
また、公式ニコ生や事前登録キャンペーンなどの情報も公開されています。

■『Wonderland Wars』公式ニコニコ生放送
・日時:2015年2月17 日(火)開場:20:50 開演:21:00(予定)
・ニコニコ生放送番組 URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv204207410
・出演(五十音順/敬称略):五十嵐裕美(声優)、磯村知美(声優)、江口拓也(声優)、MSSP(ゲーム実況ユニット)、せんとす(ゲーム実況者)、渚(コスプレタロット占い師)、ブンブン丸(ゲームライター)
■セガアーケードゲーム初、事前登録キャンペーン実施中
・期間:2015年1月6日(火)10:00~2月18日(水)24:00
公式Webサイトから事前登録すれば、『Wonderland Wars』稼働開始後にゲーム内のデジタルカードが無料で獲得できるクーポンをプレゼント。

■「JAPAN AMUSEMENT EXPO 2015(JAEPO)」出展
2015年2月14日(土)に幕張メッセにて開催される「JAEPO」セガブースに『Wonderland Wars』が出展。
先日のロケテストに加え、新たに「シレネッタ」「リトル・アリス」の2つのキャストがプレイ可能です。

会場でゲームをプレイした人には『Wonderland Wars』オリジナルトートバッグがプレゼントされます。
さらに『Wonderland Wars』コーナーで定期的に開催されるステージイベントでは、ゲストたちによる対戦プレイが披露。
観覧した人には、ゲーム内のカードが無料で引ける「クーポン」を入手できるシリアルコードが進呈されるとのこと。

・出演(五十音順/敬称略):青木志貴(3 代目ゲーマーズエンジェル)、MSSP(ゲーム実況ユニット)、せんとす(ゲーム実況者)、渚(コスプレタロット占い師)、ブンブン丸(ファミ通編集者)
※会場では備え付けのAimeカード以外は使用できません。
※「クーポン」の入手にはAime対応機種でプレイ済の「Aimeアクセスコード」が必要になります。
※「クーポン」は1つのAimeにつき、1回までの配布となります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『Wonderland Wars』は2015年2月19日稼働予定です。

(C)SEGA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ワンピース海賊無双3」新宿アルタ前にエースと白ひげの墓碑が登場!「『ワンピース海賊無双3』先行試遊イベント~エースの意志を継げ!~」 他

 【14//2015】

「ワンピース海賊無双3」新宿アルタ前にエースと白ひげの墓碑が登場!「『ワンピース海賊無双3』先行試遊イベント~エースの意志を継げ!~」

3月26日の発売も間近に迫り、期待が高まるバンダイナムコゲームスのプレイステーション 4/3、PlayStation Vita用無双アクション「ワンピース海賊無双3」。
本作の発売に先駆けて2月14日~15日の2日間、新宿アルタ前にて「『ワンピース海賊無双3』先行試遊イベント~エースの意志を継げ!~」が開催されている。


この試遊イベントでは初公開となるプロモーションビデオ上映が行なわれたほか、シリーズ初参戦のキャラクター「サボ」を使用してゲームを体験することができる。
さらに14日に行なわれたゲーム制作発表ステージには、バンダイナムコゲームスよりプロデューサーの中島光司氏と本作のディレクターを務めるコーエーテクモゲームスの鯉沼久史氏が登壇し、発売に向けてゲームの魅力を余すことなく披露した。

会場となった新宿アルタ前広場(新宿ステーションスクエア)でまず目を引いたのがエドワード・ニューゲートとポートガス・D・エースの墓碑を模した特別なモニュメントだ。
2人の墓碑に手向けられた盃と花束と、そこに佇むサボの姿が印象的な原作のワンシーンを切り取った展示で、会場に集まったワンピースファンだけでなく通りすがりの人々も足を止め写真に収める姿が多く見られた。
また現場で配布されているチラシもメラメラの実を意匠したもので、ファンには嬉しいアイテムだった。

今回の試遊で特に注目すべきはシリーズ初参戦のキャラクターである「サボ」だ。
ルフィやエースとともに幼少期を過ごした兄貴分で、ルフィの父であるドラゴンが率いる革命軍の参謀総長である。
エースから受け継いだメラメラの実の能力を使用した大迫力の必殺技が、無双シリーズならではの爽快感でゲーム内でも楽しむことができた。
また、エースからサボへ語り掛けるセリフなど、原作にはないキャラクター同士の掛け合いもファンにはたまらない内容となっている。
試遊台には1時間待ち以上の行列が並ぶ程の大盛況で、また試遊の参加者にはルフィ、エース、サボの3人が描かれたクリアファイルがプレゼントされた。

14日に行なわれたゲーム制作発表ステージにはバンダイナムコゲームスよりプロデューサーの中島光司氏がバーソロミュー・くまのコスプレで登場。
コーエーテクモゲームスの鯉沼久史氏と共に「海賊無双3」に関する熱いトークを繰り広げた。
1作目では無双の爽快感を、2作目では感動的な物語の追体験を追求した海賊無双シリーズ。
3作目となる本作ではその魅力の双方をより高い密度で掛け合わせた集大成となっているという。
過去作では取り上げなかった細かいストーリーから、原作の最新エピソードである「ドレスローザ編」までがこだわりのマンガ風表現で追体験できると同時に、PS4ならではの圧倒的人数の敵の大群を一網打尽にする爽快感に注目してほしいとのこと。

ディレクターを務める鯉沼氏は「他のゲームなら普通の人間の動きとして使い回せる部分が、ワンピースのゲームでは『そもそもこの時関節はどうなっているのか?』というところから考えなければならず毎回苦労する」と笑いながら語った。
また、当日展示されていたモニュメントに関して中島氏は「2月15日は原作においても大事な日。
その日にこのモニュメントを展示できて良かった。
このイベント以降どうするかは決まってないんですけど(笑)」と熱い思いを語った。

新宿アルタ前での試遊イベントは2月15日も引き続き行なわれるが、今回の好評を受け2月21日より池袋と神戸を皮切りに全国各地での試遊会がスタートすることも発表された。
詳細は公式サイトにて随時発表されるとのことなので、そちらも是非チェックしていただきたい。

そしてさらに、本作の発売記念としてルフィ、エース、サボの3人が刻印された特別仕様のベイカバー付きPS4が完全受注生産で販売されることも決定。
2月16日よりPlayStation Storeにて予約が開始される。

イベントは「ワンピースの全部を詰め込むつもりで作った」という中島氏の力強い言葉で締め括られ、発売に向けて期待感の高まるものとなった。
また、イベント後には初公開となるプロモーション映像がアルタビジョンにて放映された。
これまでに公開されていたストーリーのダイジェストに加え、メラメラの実を食べてエースの能力を受け継ぎ、火拳の力を使いルフィと共闘するサボの姿も描かれた大迫力の映像であった。

©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Games Inc.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

データカードダス『プリキュア プリンセスパーティ』を先行プレイ!最新作は“とにかくプリンセス”だった 他

 【14//2015】

 データカードダス『プリキュア プリンセスパーティ』を先行プレイ!最新作は“とにかくプリンセス”だった

『データカードダス』シリーズでも高い人気を博してきた「プリキュア」。
特に『データカードダス プリキュアオールスターズ』は全27弾も登場し、小さな女の子を中心に長年支持を受けた人気シリーズとなりました。


その『データカードダス プリキュアオールスターズ』は、「ハピネスチャージ6弾」にて終了を迎えます。
ですが、放送が開始されたばかりの「Go!プリンセスプリキュア」を含めた新たなアミューズメントゲーム『データカードダス プリキュア プリンセスパーティ』がこの春より稼働を開始します。

2月13日と14日に開催された「JAEPO 2015」ではプレイアブル出典が行われており、多くの方々が正式稼働前に触れることができます。
筆者も早速遊んできたので、プレイ体験をレポートさせていただきます。

『プリンセスパーティ』という名前の通り、招待状が寄せられてパーティに参加する形でゲームが始まります。
パーティには「はじめてパーティ」「おひろめパーティ」「プリンセスパーティ」などがあり、それぞれ難易度が異なります。
まずは、一番やさしい「はじめてパーティ」に挑んでみました。

パーティを選んだ後は、作品の選択に。
ここで選んだ作品の登場人物がダンスシーンに登場するので、チョイスも重要です。
今回のプレイでは、最新作である「Go!プリンセスプリキュア」から「ふたりはプリキュア Max Hear」まで5作品を選ぶことができたので、試しに「Max Hear」を選択。
センターで踊るメインキャラは「雪城 ほのか」にしました。
もちろん「美墨 なぎさ」や「九条 ひかり」も一緒に踊ってくれるのでご安心を。

続いては、会場に設置されているカードを差し込んで、アクセサリーやドレスをコーディネート。
カードがなくても遊べますが、やはり好みの衣装を着た彼女たちを見たいもの。
また組み合わせ次第ではボーナスも発生するので、センスも問われます。

「ダンスゲーム」の遊び方は、タイミングよくボタンを押すことでスコアが上がるベーシックなもの。
それだけに、小さな子供でも直観的に楽しく遊ぶことができます。
特に「はじめてパーティ」では押すボタンの指定はないので、戸惑うことも少ないでしょう。

ゲーム中は、選択したキャラクターたちがダンスを披露。
また、プリキュアへの変身もあり、それらのアクションについ見とれてしまいそうになりますが、気を引き締めつつ着実にボタンを押しコンボを稼ぎ無事クリア。
プレイの成果に応じて、「みならいプリンセス」から「グランプリンセス」まで称号が変化します。

そして、作品の垣根を越えて様々なプリキュアが一堂に会する「オールスターステージ」が開始。
こちらは、称号の結果に応じてプレイできる時間の長さが変わります。
また入力するボタンもタイミングは任意となり、その代わり正解しないと次の指示が出ないため、素早く入力し続けないとスコアが伸びません。
歴代プリキュアが一斉に踊る豪華なシーンを眺めつつ、両手が忙しなく動きます。

ちなみに難易度を上げるとゲーム内容に変化があり、「プリンセスパーティ」を選ぶと、タイミングだけでなく「緑」と「黄」といったそれぞれのボタンで入力するようになります。
腕前に合わせて難易度を変化できるので、より幅広く楽しめそうです。

『データカードダス』シリーズでも新たな局面を迎える「プリキュア」。
ゲーム内はもちろん、筐体自体も「プリンセス」感が満載となっており、女の子の憧れが凝縮された最新作となっています。
稼働開始日だけでなく、今後の展開も待ち遠しいばかりです。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=k0VM4nxfH0I
(C)ABC・東映アニメーション
(C)BANDAI


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

サイバーステップ、「コズミックブレイク2」の記者発表会を開催ゲストに細江慎治氏、佐野電磁氏らが出席。開発に参画できるキックスターターの採用も発表 他

 【14//2015】

サイバーステップ、「コズミックブレイク2」の記者発表会を開催ゲストに細江慎治氏、佐野電磁氏らが出席。開発に参画できるキックスターターの採用も発表

サイバーステップは2月14日、本社会議室にて、メディアや一般ユーザーを集めて新作タイトル「コズミックブレイク2」の記者発表会を開催した。
発表会には代表取締役社長の佐藤類氏をはじめ、主要開発スタッフや、参加している声優や、曲を提供しているコンポーザーが参加し、様々な内容が発表された。


コズミックブレイク2PV】
発表会の参加者はほとんどがユーザー、しかも「コズミックブレイク(CB)」をはじめとしたサイバーステップタイトルのファンばかりだった。
開幕前に、試遊台を公開したことから、会場はさながら盛り上がるゲーセンのような雰囲気になった。

今回、司会進行役を務めた佐藤氏は、「コズミックブレイク2(CB2)」について、2年前から開発に着手し、昨日初めてプレイしたということだが、「鬼斬」で得た経験を元に前作からグラフィックスを大幅に強化し、キャラクターに対するこだわりをより深め、さらに音楽にもこだわったという。

この音楽へのこだわりについて、社内でサイバーステップのゲームを遊んでいるスタッフが、別の音楽を聴いていることに気づき、「なにくそ!」と思ったと、率直な理由を述べ、どうせこだわるならばと、著名なコンポーザーを起用し、さらに戦況や展開に応じて動的に曲が変わるシステムを取り入れたという。

開発スタッフは、前作「コズミックブレイク」からプログラマーとして開発に携わっている小川雄介氏をプロデューサーに、「ゲットアンプド」や「C21」、「鬼斬」のスタッフが参加し、十数名の陣容で開発を行なっているという。

佐藤氏が、来場者に対して質問を募集すると、元気良く手が挙がり、佐藤氏や開発スタッフが丁寧に答えていった。
来場者は「コズミックブレイク」のコアユーザーが多いようで、前作との違いについての質問が多かった。
質問が集中したのが、スキンエディット機能の有無。
サイバーステップの主要タイトルでは、キャラクターのスキンをユーザー側でエディットでき、自分だけのデザインのキャラクターで闘うことができる。
この機能の搭載を求める声が多かったのだ。

回答した小川氏によると、機能としては実装する予定だが、「CB2」は「CB」と比較して、テクスチャの解像度も、適用されるポストエフェクトも進化しているため、従来のツールでは「CB2」のクオリティに適したスキンはとても作れないということで、どのようにすればハイクオリティなスキンが作れるのか、市販のアプリケーションを対象に、その使い方をガイドする予定だという。

PCの要求スペックについては、前作よりも上がっているものの、オンボード環境でもグラフィックスオプションを落とせば今の環境でも遊べる。
ロボットやヒューマノイドのカスタマイズは可能で、ロボットはパーツの入れ替え、ヒューマノイドは着せ替えに近い形になるという。
キャラクター強化要素の「カートリッジ」は、今作でも引き続き登場するが、使い方は変わっており、速度やアクション性に関わってくるという。
ダメージによる衣服が剥がれる演出については「請う御期待(小川氏)」ということだ。

ゲームの概要紹介後は、主人公キャラクター3人の声を担当する声優3人が登場した。
野田あゆ美さんは、浮遊する4個の遠隔操作型小型砲台で攻撃するキャラクター クリムローゼの声を担当。
本田愛美さんは体の数倍はあろうかという巨大な銃を持つフィオナの声を担当。
倉永紗希さんは、大剣を振り回すルナスタシアの声を担当する。


3人とも過去に「コズミックブレイク」や「鬼斬」などでサイバーステップタイトルで声をあてた経験のある声優ばかりで、来場者からは歓迎の声が上がった。
「CB2」については肝心の音声収録はまだこれからということだが、収録予定の音声をマイクで披露すると会場から「可愛い!」と歓声が上がっていた。

質問コーナーでは、「CB2」で主人公キャラを演じるに当たってやりたいことという質問があがり、野田さんが「キャラソンがやりたい」、倉永さんは「アニメをやりたい」とそれぞれコメント。
隣にいた佐藤氏はまんざらでもない様子だった。

「CB2」のオフラインイベントの開催についても要望が出されたが、佐藤氏は「やりたい」と即答し、春のサービス開始から1カ月程度間を置いてやりたい、将来的には海外のユーザーも集めてやりたいと抱負を語った。

続いて登場したのは、「CB2」に楽曲を提供しているコンポーザー3人。
細江慎治氏(「Beatmania IIDX」、「ポップンミュージック」等)、佐野電磁氏(「リッジレーサー」、「鉄拳」等)、菊田裕樹氏(「聖剣伝説」シリーズ等)で、それぞれ活躍しているジャンルは違うもののいずれも一流のゲームコンポーザーばかりだ。

「CB2」では、曲にこだわり、音楽を通じてゲームを楽しくしていきたいという基本方針から、楽曲はすべて外注とし、細江氏率いるスーパースウィープに、オープニングやサウンドエフェクトも含め主要な楽曲を依頼し、展開に応じて曲が変化するバトルテーマ4曲を、スーパースウィープ、細江氏、佐野氏、菊田氏にそれぞれ1種類ずつ、計4パターン発注しているという。
バトルテーマについては、序盤、中盤、終盤、優勢、劣勢と5パターン程度用意されており、展開によって動的に変化させていく。

今のところ完成しているのはスーパースウィープのものだけで、トレーラーで使われている楽曲や、今回体験会で公開された楽曲もすべてスーパースウィープのものだった。
3人とも着手はしているものの、作り込むのはこれからということで、ゲーム音楽らしいBGM、カッコイイ曲に仕上げていきたいと抱負を語った。


その後、佐藤氏からは、「CB2」の隠しプロジェクトとしてキックスターターによる開発参画プログラムの説明が行なわれた。
来場者ひとりひとりに、出資金額と、それに応じたベネフィットが書かれた紙が配布されており、「コズミックブレイク」のファンを中心に、幅広いゲームファンに対して出資を呼びかけた。
目標金額は15万ドル(約1,500万円)で、説明時点で56名から5,237ドル(約62万円)の出資が集められていた。

その力のいれ用は、佐藤氏自身がその場で出資の仕方を実演して見せたことでも窺える。
佐藤氏は、「CB2」に、「CB」に登場するロボットの実装をリクエストできる権利が獲得できる1,000ドルを出資。
隠していたはずのクレジットカード番号が表示されるなど、ぐだぐだな展開だったが、無事出資を終えると、佐藤氏は自分が自腹で獲得したリクエスト権を来場者にプレゼント。
その場でアンケートを採り、来場者からのリクエストで「グライノート」が「CB2」に実装されることが決定した。


発表会後、試遊会となった。
筆者も5分ほどプレイする事ができたが、グラフィックスが綺麗になっていて格段に遊びやすくなっている点と、対戦人数が最大60人から20人に減ったことで、従来のワイワイ乱戦ゲームというイメージから、キチッと各人が役割を意識しながら戦うという雰囲気に変わっている。
今回はまだ実装されていなかったが、実際にはバトル中に主人公キャラクターらヒューマノイドは喋りまくるということでかなり賑やかなゲームになりそうだ。
ちなみにある程度ロボットも喋るという。

ゲームの全体像をプロデューサーの小川氏に聞いたところ、マルチプレイは、赤と青に分かれてバトルポイント(BP)を削り合う戦いになるという。
マップの広さは、60人対戦だった前作よりも広がっているという。
20人対戦で前作より広いと敵を見つけるのが大変になりそうだが、そうはならないようなギミックを用意しているという。

具体的には1試合15分で、一定時間が経過すると、2本のタワーが出現し、1本は自軍、もう1本は敵軍で、味方のタワーを守りつつ、敵のタワーを攻撃する。
このため、自然と2本のタワーに全軍が集まる形になるという。
また、前作との大きな違いが、マップでの破壊ギミックの導入ということで、今回体験できた中央に石橋が架かるステージでは、対戦の中盤で隕石が落下し、橋が粉々に破壊されてしまう。
橋が架かっている状態では、橋の上や下を使ってバトルが展開されるが、橋破壊後は、橋の残骸でマップの構造が変わり、見通しの利かない遭遇戦が展開されるようになる。

現在のキャラクター数は12種類ぐらいで、正式サービスまでには20種類前後を揃えたいという。
ビジネスモデルは基本プレイ無料のアイテム課金制で、前作で成功したキャラクターへの課金モデルを踏襲する。
正式サービスのタイミングについては「ゴールデンウィーク前にはこぎ着けたいですよね(佐藤氏)」ということで、予定通りに行けば3月にもβテストが実施されることになりそうだ。






Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<ゲーム1週間>ワンフェス、JAEPO…イベント続々 人気は「艦これ」 他

 【14//2015】

<ゲーム1週間>ワンフェス、JAEPO…イベント続々 人気は「艦これ」

9日、主人公の少女とイケメンの“アクマ”たちのドラマチックなストーリーが展開する新プロジェクト「Dance with Devils(ダンス・ウィズ・デビルス)」がスタートし、第1弾として今年テレビアニメが放送されることが明らかになった。
アニメのティザービジュアルとスタッフ、声優も発表された。
今後、ゲーム化も決定している。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『影牢 もう1人のプリンセス』現代が舞台の「病院ステージ」紹介動画が公開!ユニークな仕掛けが満載 他

 【14//2015】

『影牢 もう1人のプリンセス』現代が舞台の「病院ステージ」紹介動画が公開!ユニークな仕掛けが満載

コーエーテクモゲームスは、PS4/PS3/PS Vitaソフト『影牢 ~もう1人のプリンセス~』の「病院ステージ」紹介動画を公開しました。


『影牢 ~もう1人のプリンセス~』は、人気「トラップ“悪”ション」ゲーム『影牢』シリーズの最新作です。
主人公はナイトメアプリンセス「ヴェルギリエ」で、新メインモード「クエストモード」では、前作の主人公であるダークサイドプリンセス「レグリナ」をはじめとする歴代ヒロインたちが敵として登場。
システムやトラップが前作から凶悪にパワーアップしているほか、「ストーリー」やエディットを楽しめる「影牢スタジオ」も収録しています。

今回公開された「病院 ステージムービー」紹介動画では、車いすや手術台を使った仕掛けなど病院らしいステージの特色を使用したアクションを確認することが出来ます。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『影牢 ~もう1人のプリンセス~』は2015年3月26日発売予定で、価格は以下のようになります。

PS4/PS3プレミアムBOX:9,800円(税別)
PS VitaプレミアムBOX:8,800円(税別)
PS4/PS3パッケージ版:6,800円(税別)
PS Vitaパッケージ版:5,800円(税別)
PS4/PS3ダウンロード版:6,000円(税別)
PS Vitaダウンロード版:5,143円(税別)
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ケイブの新作STG『ゴシックは魔法乙女』公式サイトでゲーム画像公開 他

 【14//2015】

ケイブの新作STG『ゴシックは魔法乙女』公式サイトでゲーム画像公開

ケイブは、iOS/Androidアプリ『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~』の最新情報を公開しました。


『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~』は、『怒首領蜂』シリーズや『虫姫さま』シリーズを手掛けたケイブが贈るシューティングゲームの最新作です。
詳細は未だ謎に包まれていますが、「ジルバラード」といった単語から『デススマイルズ』の関連作である可能性が高い模様。
ティザーサイトでは、開発スタッフの本作に対する意気込みなどを掲載しており、スマートフォンに特化しつつも、新しいシューティングゲーム像を目指して開発が進められています。

本作にティザーサイトが更新され、新たに2名の登場キャラクターと、女性キャラクターの一部ボイスが公開されました。
また、ゲーム本編のイメージ画像も掲載されています。

◆登場キャラクター
■ラナン
こころを熱くさせる乙女。
─ 君はなぜか、孤独を忘れさせてくれる ─
■スフレ
肌をなでる風のような乙女。
─ 君は僕を、大きくさせる ─
■カトレア
麗しの目で誘う乙女。
─ あなたはいつも、僕のこころを裸にする ─
■プルメリア
母なる大地のような乙女。
─ その優しさはむしろ、僕を嫉妬に狂わせる ─
■ロザリー[NEW]
超絶、上から乙女。
─ 僕を責める、僕をドキドキさせる ─
■孤独な少年[NEW]
─ 僕は、契約とひきかえに翼を授かった ─
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
ゲームイメージ画像では、本作のゲームシステムの一部も明らかになっています。
主に2つのショットとスキルを使いこなす縦スクロール型シューティングゲームとなっており、「孤独な少年」と思われる人物が翼を広げ、乙女たちの力を借りて空中戦を行う様子をうかがうことができます。
また、力を借りる乙女は強化することで進化・パワーアップするほか、一緒に戦う中で愛の力「ラブマックス」が発動し、スキルが一時的に強化されることもあるようです。
詳細は公式サイトのゲームイメージ画像をご覧ください。

本作は現在、事前登録キャンペーンを実施中。
事前登録したユーザーに、ゲーム配信後にゲーム内特典アイテムがプレゼントされます。

◆事前登録キャンペーン
■開催期間:好評開催中(ゲーム配信前日23:59まで)
■内容:
事前登録したユーザーに、もれなくゲーム内特典アイテムとして限定描き下ろしレアキャラクターがプレゼントされます。
■事前登録の方法:
ティザーサイト(パソコン、スマートフォン)の事前登録フォームからメールアドレスを入力、送信するのみです。
登録完了メール(自動配信)の着信をもって完了となります。
■ティザーサイト:http://www.cave.co.jp/sp/mahouotome/
■特典配布の方法:
配信開始時に、事前登録時に入力したメールアドレスにシリアルコード付きのお知らせメールが送信されます。

※事前登録は1人につき1回までです。
※特典アイテムは、ゲーム内の特典コード受付画面でシリアルコードを入力して受け取ってください。
※登録後に、内容の変更はできません。
※事前登録プレゼントの連絡を受信するため、端末の受信拒否設定を解除、または、entry.cave.co.jpからのメールを受信できるよう設定してください。
※入力フォームのメールアドレスに記載漏れや誤りがあった場合は、連絡を行なうことができないため、応募が無効となる場合があります。
※事前登録プレゼントの授受・売買またはそれらを目的とした行為(オークションへの出品や公開する行為など)は禁止します。
※16歳未満の場合は、保護者の同意を得た上でメールアドレスを入力してください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
次回の更新は、2月20日(金)の予定となっており「ついにアレを公開する」とのこと。
“アレ”が一体何なのか、ケイブのシューティングゲームファンの方はどうぞご期待ください。
また、公式Twitter(@mahouotome_info)でも順次最新情報が更新されていくようなので、こちらもお楽しみに。

『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~』は、2月下旬配信開始予定で価格は未定です。

(C) 2015 CAVE Interactive CO.,LTD.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スクエニのシークレットタイトルは……!AC「ディシディア ファイナルファンタジー」!! 3VS3で戦う完全新作!! 他

 【14//2015】

 スクエニのシークレットタイトルは……!AC「ディシディア ファイナルファンタジー」!! 3VS3で戦う完全新作!!

2月13日、14日に幕張メッセにて開催されているイベント「ジャパンアミューズメントエキスポ2015(JAEPO)」のスクウェア・エニックスブースだが、1月末には「JAEPO 2015」にて発表されるというシークレットタイトルのサイトが立ち上がり、様々な憶測を呼ぶ、同ブース最大の注目作となった。


そしてついに、そのタイトルが明かされた。
それは……アーケード用新作「ディシディア ファイナルファンタジー」!
「ディシディア ファイナルファンタジー」はもともとPSPで発売された、「FF」シリーズの歴代キャラクターを操作し戦う、アクションゲーム。
2010年に発売されたシリーズ第2弾「ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー」より5年ぶりの新作となる。

この日は、「ファイナルファンタジー」シリーズでクラウドの声を担当している声優の櫻井孝宏さんが登場。
すでにボイス収録は進んでいるそうで、ストーリーにもぜひ期待してもらいたいということだ。

映像では、これまでのシリーズとはテイストの異なるグラフィックスで、シリーズ歴代キャラクターたちが動き、戦う様子が映し出される。
そのなかには、「シリーズ初の3VS3の鮮烈なバトルスタイル」の文字も!さらに、新キャラクターには「FFXIV」のヤ・シュトラの姿もみられた。

さらに、開発チームからの本作に関する情報というのもいくつか明かされた。

・世界感やストーリー、そしてバトルシステムも一新した、完全新作
・ウォーリア・オブ・ライトが紹介されているが、これはCGではなく、ゲーム中で操作するプレイモデル。
鎧が壊れているのにも、なんらかの理由がある
とのことで、なんとも含みのある気になる情報となっていた。

驚きの新作発表となったが、この日は詳細はまだ明かされず。
4月10日により詳しい内容を明かす発表会を開催するということなので、その日を期待してお待ち頂きたい。

©SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スマホRTS『リトル ノア』配信開始!スタッフに吉田明彦、崎元仁など 他

 【14//2015】

スマホRTS『リトル ノア』配信開始!スタッフに吉田明彦、崎元仁など

ブレイズゲームスは、第一作目となるAndroidアプリ『リトル ノア』の配信を開始しました。


『リトル ノア』は、数々のコンシューマーゲームタイトルを手掛けてきたアートディレクター 吉田明彦氏とサウンドコンポーザー 崎元仁氏が参加したリアルタイムストラテジーゲームです。
吉田明彦氏が細部まで描いた背景とキャラクター、そして、崎元仁氏作曲による重厚な音楽が大きな特徴となっています。
また、ユーザー間の対戦に加え、最大30人で戦うことができる多人数バトル、最大4人のリアルタイム協力バトルを実装しています。

◆ストーリー
舞台となるのは、錬金国家マナセリス王国。
王家の庇護のもと、錬金術の発達したこの国では年に一度、錬金術師の世界一を決める大会「マナセリス・トーナメント」がおこなわれます。
優勝すればマナセリス王家がどんな願いをも叶えてくれるといわれているこの大会には、富・名声・権力を求め、世界中から腕利きの錬金術師が集まってきます。

空飛ぶ古代兵器「方舟」を駆る彼らは、錬金術で創り出した「キャラクター」を召喚し、根源たる力「マナ」を奪い合います。
若き錬金術師「ノア」とともに、ノアの方舟の管理者である「アナタ」はマナセリス・トーナメントに参加することに。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
かわいく個性豊かなキャラクターと優しいメロディーが魅力の本作では、施設を強化して、ライバルたちからアジトを守ることができます。
巨大な「アニマ」を駆使して有利にバトルを進め、ノアと共にナンバーワン錬金術師を目指しましょう。

『リトル ノア』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。

(C) BlazeGames, Inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」ステージ全国オンライン対戦をひっさげ2015年夏稼働が決定! 他

 【14//2015】

 「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」ステージ全国オンライン対戦をひっさげ2015年夏稼働が決定!

2月13日、14日に幕張メッセにて開催されているイベント「ジャパンアミューズメントエキスポ2015(JAEPO)」のバンダイナムコゲームスブースにて、「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」のステージを開催した。


スペシャルMCに椿姫彩菜さん、バンダイナムコゲームスより原田勝弘氏、さらにバンダイナムコスタジオより星野正昭氏が登場したこのステージでは、気になる最新情報や実演プレイが披露された。
ちなみに原田氏はピカチュウのコスプレ姿で登場。
舞台裏でも大人気で、かわいいとモテモテだったとか(ただしチョコは頂けなかったらしい)。

原田氏は「これは格闘ゲームというより、ポケモン同士のアクションなんですよ」と、手軽に楽しめる新感覚の魅力をもったタイトルであることをアピール。
格闘ゲームファンはもちろんとして、ポケモンファンの人にも気軽にプレイしてみてもらいたいという想いを語った。

プロジェクトの発端も語られたのだが、「ポッ拳」という名称ごとポケモン側から提案を受けたのが最初だったそうで、原田氏は当初はゲーム内容の想像がつかず「そんなのできるのか!?」と半信半疑だったとか。
だが、かねてよりポケモンファンの星野氏と協力して開発していくと、予想以上に新しい感覚のゲームに仕上がったという。

気になる稼働日も明かされた。
2015年夏より稼働開始予定とのことで、原田氏は補足として「そうお待たせしないぐらいの夏」とした。
気になる参戦ポケモン等についても、今回のJAEPO.Verやロケテ.Verよりも増えるとのこと。

また、プレイモードにおいても「全国オンライン対戦」ができることも発表された。
バナパスポートカードを使えば、自分に近い戦績の人とマッチングされるという。
店舗内対戦や、チュートリアルからプレイできるシングルモードもメニューに並ぶ。

©Pokemon. (C)Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
©BANDAI NAMCO Games Inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemon・ポッ拳・POKKEN TOURNAMENTは、任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る