2015 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 05

ハンゲーム、PCゲームの「ダウンロードストア」をオープン!まずは114タイトルを配信

 【18//2015】

ハンゲーム、PCゲームの「ダウンロードストア」をオープン!まずは114タイトルを配信


NHN PlayArtは、「ハンゲーム」にてPCゲームのダウンロード販売サービス「ダウンロードストア」をオープンしました。


「ダウンロードストア」では、サービスオープン時点で114タイトル(体験版40 タイトル)をラインナップ。
アクションゲーム15タイトル、アドベンチャーゲーム17タイトル、シミュレーションゲーム11 タイトル、RPG4タイトルなど、幅広くゲームジャンルを取り扱っており、今後、随時タイトルを追加していく予定です。

ダウンロード価格は、無料タイトルを除いて、最安108円から最高4,200円まで多岐に渡りますが、体験版と無料タイトルを除く有料73タイトルの平均価格は1,425円とリーズナブルな価格設定となっています。

◆ハンゲーム ダウンロードストア ラインナップ
●ストアURL:http://dlgame.hangame.co.jp
※2015年4月15日(水)サービス開始時点

■100%おれんじじゅ~す1,620円(体験版あり)

■巫剣神威控1,000円(体験版あり)
■花咲か妖精フリージア1,000円(体験版あり)
■LA-MULANA1,480円
■QUALIA1,620円
■QUALIA2~evolve~1,620円(体験版あり)
■QUALIA3 ~multi agent~1,620円
■神奈川電子技術研究所シリーズ ゾンビ連続殺人事件1,080円(体験版あり)
■ワタシハジカンヲトメル1,080円
■ウイルスクラッシャーズ108円
■ヤタガラス 4.31,008円(体験版あり)
■NonetConcertoDistortion #1,980円
■Hacker’sBeat999円
■BlazblueCalamityTrigger980円
■GUILTY GEAR XX # RELOAD980円
■GUILTY GEAR ISUKA980円

■KILLZVALD(キルツヴァルド)~最後の人間~2,800円(体験版あり)
■女神の涙TRUE1,080円(体験版あり)
■Blackguards - Standard Edition3,980円
■Blackguards 23,980円

■至高師団 -GIEEVAL EPISODE2-3,998円(体験版あり)
■GIEEVAL(ギィーヴァル)~畜民新世界~3,400円(体験版あり)
■VAZIAL SAGA(ヴァジアルサーガ)~愚民化戦略 Deluxe~4,200円(体験版あり)
■ZombieVital(ゾンビヴァイタル)~迷宮の経営者 Deluxe~3,400円(体験版あり)
■天才科学者ばいおるる1,620円
■僕は森世界の神になる1,620円
■ばいおるる弐1,620円
■僕は森世界の神になるの亜種1,620円
■ワールド・ネバーランド2 ~プルト共和国物語~3,024円
■ラクノープリンセス1,080円(体験版あり)
■エリクシア1,080円(体験版あり)

■赤い砂堕ちる月2,160円(体験版あり)
■まんけん!900円(体験版あり)
■fault milestone one1,080円(体験版あり)
■紅蜘蛛 / Red Spider500円(体験版あり)
■紅蜘蛛2 / Red Spider2500円(体験版あり)
■天使の微笑1,080円(体験版あり)
■マジカルアイズ-Red is for anguish-2,160円(体験版あり)
■拾われた夏のエデンFullVisual324円
■マヨイヒツジの果樹園1,080円(体験版あり)
■PROGRESS -第一章 レッド・アイズ編-540円
■PROGRESS -第二章 Lily Blossom 編-1,080円(体験版あり)
■しずくのおと1,080円(体験版あり)
■Re;quartz1,512円(体験版あり)
■リズベルルの魔1+21,000円(体験版あり)
■リズベルルの魔3+41,000円(体験版あり)

■DulDol500円(体験版あり)
■ちょこっとだいやるんば!0円
■マジでだいやるんば!800円
■Monomino598円

■アスタブリード1,500円(体験版あり)
■ETHER VAPOR Remaster800円(体験版あり)
■eXceed2nd-VAMPIRE REX-1,296円(体験版あり)
■eXceed3rd-JADE PENETRATE-BLACK PACKAGE1,296円(体験版あり)
■きゅぴシュ~1,620円(体験版あり)
■スグリ1,620円(体験版あり)
■Acceleration of SUGURI1,620円(体験版あり)
■Acceleration of SUGURI X-Edition864円
■空飛ぶ赤いワイン樽1,620円(体験版あり)
■ソラ~sora~1,944円(体験版あり)
■Acceleration of SUGURI21,944円(体験版あり)
■きゅぴシュ~DANGEROUS!!1,944円(体験版あり)
■エスケープ・シークェンス ~移民船ゲーム~108円
■巫女ブラスター540円
■ALEIR+500円
■NEO AQUARIUM -甲殻王-823円(体験版あり)
■Crimzon Clover: World Ignition980円

■QUALIA3 ~multi agent~original sound track~1,080円
■TRANCENATION of SUGURI864円
■ホシノカケラ ~acceleration of SUGURI sound track~864円
■ソラノカケラ864円
■Accelerator -AoS2 original sound track-1,080円
■Celeste -sora extra sound track-1,080円
■SUGURI THE BEST1,620円
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
今後、さらなるタイトルラインナップやサービスの充実が期待されます。

(c)NHN PlayArt Corp.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<ゲーム1週間>モンハン新作はRPG 篠原信一がポケモン映画に

 【18//2015】

<ゲーム1週間>モンハン新作はRPG 篠原信一がポケモン映画に


16日、セガの人気ゲームシリーズを初めて舞台化した「舞台『龍が如く』」の公開けいこが東京都内で行われ、主役の桐生一馬を演じる滝川英治さんや錦山彰を演じる佐野岳さん、真島五朗を演じる窪塚俊介さんら主要キャストが、迫力のある殺陣やゲームさながらのシーンを演じた。
東京・赤坂ACTシアターで24~29日に全8公演が上演される。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ADV『灰色都市 32人の容疑者』主人公たちが事件に関わる経緯が明らかに…エンディングは55通り

 【18//2015】

ADV『灰色都市 32人の容疑者』主人公たちが事件に関わる経緯が明らかに…エンディングは55通り


ネクシジョンは、iOS/Androidアプリ『灰色都市 32人の容疑者』の最新情報を公開しました。


大きく4部に分けられた物語で構成される『灰色都市 32人の容疑者』は、事件の中心である誘拐犯を追いながら、その周辺に起こる殺人事件の謎を解いていくストーリーが展開されます。
プレイヤーの進め方によりエンディングが変化し、全55通りのエンディングが用意されている一作です。

本作には主人公が4人登場しますが、その中の『灰賀剛』と『桐咲茜』に関する新たな情報が到着しました。
それぞれの物語の導入部や、各シナリオのシステムとも関わる特徴などが判明しているので、配信に先駆けてしっかり予習を済ませておきましょう。

◆灰賀剛
■灰賀の物語
3日。
それが灰賀剛に突きつけられた期限だった。

灰賀が世話になっている空手道場の館長・本郷が借りたという1千万円。
借金の取り立て屋は、突然姿を消した本郷の代わりに、灰賀にその返済を求めてきた。
「返済するか、本郷の居場所を探し出せ。
それが無理ならお前の腹の中身で支払ってもらう」と脅し文句を残して、借金取りは去って行った。
本郷の居場所が分かるなら、灰賀自身が、この状況を問いただすために駆けつけたい心境だった。

もともとろくに金も持たずに荒れていた灰賀に理解を示し、道場に迎え入れてくれたのは本郷だった。
その本郷が、灰賀の知らないところで借金を作り、説明もなしに姿を消した。
一体、本郷は何を考え、彼の身に何が起きたというのか――本郷の足取りを追いながら、金策に奔走する灰賀は「誘拐事件の解決に貢献したら報奨金が出る」という話を耳にする。
窮地を切り抜けるチャンスだと、誘拐事件の捜査に乗り出すのだが――。

■灰賀編の特徴
灰賀は、空手の師範代ということもあり、たいへん優れた身体能力を有しています。
事件の謎を追う上で、彼の持つ「格闘」の特技が役立つ場面は少なくありません。
彼のシナリオでは、格闘をモチーフにした制限時間付きのアクションゲームが登場します。
タップ、長押し、連打、スワイプなどを駆使して、荒事の現場を乗り切る必要があるのです。

◆桐咲茜
■桐咲の物語
1人の刑事が殉職してから十数年――刑事の娘は、警察官になった。

彼女の名前は桐咲茜。
階級は巡査。
26歳。
刑事を目指しているがなかなか異動のチャンスを得られず、今はもっぱら担当地域のパトロールが主な仕事だ。
亡き父の同僚・新井からは暴走しがちだと心配されてばかりだが、桐咲は父の不審な死について真相を明らかにしたいと使命感に燃えていた。
父が残した手帳の中に、彼の死につながる情報が隠されていると信じて、独自の調査を重ねてきた。

都内で起きた少女誘拐事件が世間を騒がせたその日、桐咲は担当地域をパトロールしていた。
その途中で通り魔殺人事件の現場に行き当たる。
持ち前の好奇心と正義感から、捜査に首を突っ込む桐咲。
現場にいた捜査員たちからは白い目で見られるが、そんなことでひるむ彼女ではない。
現場を調べ、捜査員や目撃者の話を聞くうちに桐咲は奇妙な点に気が付くのだが――
■桐咲編の特徴
桐咲は、持前の確かな観察眼によって偽りを見抜き、真相を「追及」することが出来ます。
彼女のシナリオには、関係者への聞き込みによって不審な人物や発言を洗い出し、その矛盾を指摘していくゲームが組み込まれています。
容疑者が多数登場する本作において、彼女の能力は真実にたどりつくために欠かすことのできないものです。


◆多彩な登場人物
『灰色都市 32人の容疑者』というタイトルが示す通り、この物語には多くの人物が登場します。
現実の人間がそうであるように、各登場人物もいろんな側面を持ち合わせています。
接する人物によって態度も変わりますし、特定の相手にしか見せない要素もあります。
今回紹介するのは、本作に登場する人物の一部であり、その一側面です。
彼らが物語の中でどんな役割を担っているかは、実際にプレイしてお確かめください。

■本郷竜司
本郷空手道場の館長。
多額の借金を残して失踪している。

■鮫島恭介
借金を取り立てに来た男。

■桐咲薫
桐咲茜の実父。
十数年前に不審な死を遂げている。

■新井良太
桐咲薫の元同僚。
刑事。
薫の娘である茜のことを気にかけている。

■星野純一
通り魔殺人事件の目撃者。

■????
誘拐された少女。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『灰色都市 32人の容疑者』は2015年4月下旬配信予定。
価格は、基本無料のアイテム課金制です。

(C)2015, NEXISION, INC. & 4:33 CREATIVE LAB, All Rights Reserved.
※画像はすべて開発中のものです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『Bloodborne』過去作品との比較を含めて、本作の魅力を語り合う

 【18//2015】

 『Bloodborne』過去作品との比較を含めて、本作の魅力を語り合う


全世界累計実売本数100万本突破が発表された、PS4向けアクションRPG『Bloodborne』。
フロム・ソフトウェアとSCE ジャパンスタジオが共同開発した本作は、呪われた街古都ヤーナムを舞台に、おぞましい敵と数々の死闘を繰り広げる難易度の高いタイトルとなっています。
今回は、過去発売された『ソウル』シリーズとの比較も含め、率直な意見を交えながら語り合う「囲みレビュー会」を実施しました。



──まず、皆さんの簡単な自己紹介とフロム・ソフトウェアの『ソウル』シリーズ作品のプレイ経験を教えてください。

栗本:編集部の栗本です。
『ソウル』シリーズは、『Demon’s Souls』『DARK SOULS』『DARK SOULS II』とすべてプレイしています。

原田:ライターの原田です。
私もすべてプレイ済ですが、『DARK SOULS II』は心が折れて未クリアです。

ユマ:ライターのユマです。
僕も全作品プレイしています。

──『Bloodborne』はどれくらいプレイしましたか?
栗本:30時間ぐらいプレイしました。
かなり暗い世界で重たく精神的に疲れるので、別の軽めのタイトルと平行して進めていました。

原田:40~50時間ぐらいです。
あまり上手なプレイヤーではないので、武器やステータスをコツコツ強化してなんとかクリアしました。

ユマ:30時間程度でクリアして、いまはひたすら聖杯ダンジョンに潜っています。


──それでは、本作をプレイした率直な感想を教えてください。

栗本:『DARK SOULS』よりは簡単で遊びやすかったです。
死を楽しむというよりは敵の行動パターンを見て戦うので、没入ではなく一歩引いて攻略するゲームだったと思います。

原田:過去作品は、相手の攻撃を防いでカウンターで戦う守るタイプの戦術が主体のゲームでしたが、本作は敵の攻撃範囲が広くダメージを受けるのが前提となっているので、犠牲を払いながらがっつり攻めるゲームだったと思います。
そのため、アクション要素が強まったかなと。

ユマ:『ソウル』シリーズと比べると、ボリュームがコンパクトになったと思います。
ボスの数、マップの大きさなど──人によってはボリューム不足だと感じる部分もあると思います。
PS4だからこその部分として、グラフィックはもちろんですが、配信機能が良かったと思います。
手軽に自分の死をシェアできるので、死ぬのがエンターテインメントになっていましたね。

──では、良かった点はどこですか?
栗本:モーションに違和感がなく、アクションゲームらしかったと思います。
また、マップが繋がっている場所が多く、ショートカットを見つけるのも楽しかったです。
雰囲気や世界観も素晴らしくて、受け付けやすいデザインになっていると感じました。

原田:主人公の何気ない動きがとてもかっこよかったです。
輸血液を使用するときに手で砕いたり、扉の重さや形状によって開け方が違ったり、仕掛けのレバーをぐっと溜めてから引いたり──ちょっとした動作も丁寧に作られていたと思います。
私はあまりかっこよく戦えていなかったのですが、動きはかっこいいので、なんだか上手に戦えてる気分になれたのも良かった点ですね(笑)。

ユマ:回復アイテムについては、『DARK SOULS』では瓶から慎重に飲むため、モーションが遅かった。
今作の輸血液は一瞬で使用できるので、それもスピーディーな戦闘に一役買っていると思いました。
武器強化はかなりシンプルになりました。
『DARK SOULS』の時は、武器の成長がかなり枝分かれしていたのですが、本作ではただレベルを上げるだけ。
やりこみ要素としては少なくなりましたが、分かりやすくはなったと思います。

──残念だった点について教えてください。

栗本:説明不足かなと感じました。
これは僕個人の感想なのですが、一番初めの狼が死にイベントになっていて、本来はそこで死んで拠点に戻ると武器を獲得できる──はずだったのですが、勝ってしまってそのまま手刀でボスまで行って倒してしまって、さすがにおかしいなと(笑)。
あとは、過去シリーズではガードしてパリィというのが基本戦術でしたが、今回はそれが銃になり少し使いにくかったです。

原田:NPCがたくさん登場しイベントも多いのですが、ラスボス直前までほとんど誰にも会わずに来てしまったので、キャラクターリストやイベントリストなどが参照できると、さらにストーリーや世界観を深く楽しみながら進められたと思いました。

ユマ:リゲインについて──これは攻撃を受けても一定時間内にダメージを与えれば体力が回復するというものなのですが、便利である一方でゴリ押しができてしまう。
あとは、ロケーションが暗いところがばかりで違いがあまりないのも気になりました。

栗本:冒険しているという感じではあまりないですね。
広場や森が少しあったぐらいで、広大なエリアもなかったです。


──それでは、過去作品と比べてどうでしたか?
原田:世界観や衣装が海外ゲームのようなハイファンタジーから、独特の雰囲気を持ったゴシックホラーや童話みたいな世界になっているので馴染みやすいと感じました。

ユマ:パリィは銃になったので、初心者でもやりやすくなっていると思います。
ただ、回復アイテムは『DARK SOULS』では篝火で個数の全回復ができたのですが、本作にはそうしたシステムがなく、わざわざ集めたり買ったりするのは少し手間でしたね。

栗本:死ぬことや全体的にストレスに感じる部分が少なく、ストーリーも分かりやすくて良かったですね。

ユマ:過去シリーズは良くも悪くも断片的で、プレイヤーが補完をする部分が多かったのですが、今作はしゃべるNPCも多く、ストーリーについて具体的に語られるシーンが多数見られました。

──具体的なゲーム内容についての質問に移ります。
ロード時間について教えてください。

栗本:敵に倒されると復活までロードが入るのですが、やはり長いですね。
ただ、反省する時間でもあるので一概に長くて悪いというわけでもないと感じました。

ユマ:拠点に戻る時もロードが入るのですが、そこからさらに別のエリアに移動する際にもロードがあり、それはややストレスになりました。

※なお、北米のPS Blogによると、4月中に配信予定の1.03アップデートにて特定のロード時間の改善が発表されています。
http://www.gamespark.jp/article/2015/04/15/56281.html

──聖杯ダンジョンについてはどうでしたか?
ユマ:ロケーションが一辺倒で、どうしてもマンネリ化してしまいました。
聖杯ダンジョン限定のボスはすごく良い所ではありましたが、辿り着くまでの道中が面倒だと感じました。

原田:探索の幅が広がるというよりは、アイテム集めの場になっていましたよね。

ユマ:主に武器やステータス強化に使うアイテムを集めるのですが、あまり種類がないので作業っぽい感じがしましたね。


──モンスターデザインについてはいかがでしたか?
原田:なんか気持ち悪いんですよね(笑)。

栗本:『DARK SOULS』は無機質な敵が多かったのですが、今回は触手がうねうねしているとか腐っているといった生物的なグロさがあるかなと思いました。

原田:人型の敵も服装や攻撃パターンにある程度バリエーションがあり、またエリアごとに異なる敵が登場するのも良かったと思います。
似たような雰囲気のエリアが多いので、街の全景は覚えていなくても敵が記憶に残っていることも。

──次回作に期待するところはありますか?
ユマ:マッチングの改善ですね。
『DARK SOULS』では視覚的に人がいるというサインが出るのですが、本作では来るか来ないか分からない人をひたすら待ち続ける形だったので、目印などが欲しいと思います。
武器のバリエーションも増やして欲しいですね。

原田:強化すると見た目が変わったりして欲しかったですよね。
防具については、結構種類があったと感じました。
個性的なデザインのものが多くて着せ替えが楽しかったですね。


──最後に、どのようなユーザーについてオススメしたいですか?
栗本:心が強い人、ゲームに対してストレスを感じても頑張っていける人にオススメです。

原田:バトル系のアクションゲームが好きな人。
バトルに楽しみがあったので、とにかくがっつり激しい戦いをしたい人は楽しめると思います。
あとはパッと見で世界観に興味を持ったユーザーは、アクションに抵抗がなければ是非プレイして欲しいです。
過去作品との繋がりもないので、今作からプレイして問題ないと思いますよ。

ユマ:PS4で出ているゲームの中でも1、2を争うクオリティのものだと思うので、ハードを持っている人にはオススメです。
また、ボリュームがコンパクトになっていること、遊びやすくなっていることから、クリアまで行きやすくなっているのも良いですね。

※「囲みレビュー」は、話題の新作ゲームや賛否両論のタイトルを1本取り上げて、実際にプレイした編集部スタッフ同士でじっくり語り合う座談会企画です。
発売されるすべての作品を取り上げるわけではないのであしからず!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今週のアクセスランキング!トップは「奥村遊機が自己破産を申請」。「モンスターハンター ストーリーズ」もランクイン

 【18//2015】

今週のアクセスランキング!トップは「奥村遊機が自己破産を申請」。「モンスターハンター ストーリーズ」もランクイン


今週の1位は「奥村遊機が自己破産を申請」したニュースがトップとなった。
帝国データバンクによれば負債総額は約71億5,400万円。
ゲームタイトルのIPを使った「CR NINJA GAIDEN 2」などもリリースしていたが、近年はパチンコ人口の減少などもあり、販売が落ち込んでいたようだ。


第2位は「モンスターハンターフェスタ'15」スペシャルステージの冒頭に辻本良三プロデューサーから電撃的に発表された「モンスターハンター ストーリーズ」だ。
5年ほど前から構想はあったというRPG。
これまでのナンバリングの「モンスターハンター」シリーズとグラフィックスを一新し大きく雰囲気が異なるためか賛否両論読んでいるようだ。
個人的にはゲームのシステムも発表されていないため、どういったゲームになるかわからないので判断のしようがないというのが正直なところ。
グラフィックスの雰囲気からは若年層の開拓だろうと感じたのだが、それがユーザーにどう響くのかは未知数だ。
2016年発売なので、まだまだどのようなゲームに仕上がるかわからない。
今後の展開を見守りたいところ。

第3位はGAME Watchで常に高い人気を誇るニンテンドー3DS用セガ3D復刻プロジェクトの記事だ。
新規3タイトルが発表となったが、これらは第3期ではなく、第2期の追加タイトルとなる。
トップバッターとなるのは「3D ベア・ナックルII死闘への鎮魂歌(レクイエム)」。
弊誌のインタビューをご覧頂くとわかるのだが「ベア・ナックル」を3D化する段において「ベア・ナックルII」は無理と言われていたが、そこはやはりセガとM2の強力タッグの元、今回も乗り越え、様々な追加要素と共にリリースされそうだ。
そして今回ついに「3D ガンスターヒーローズ」がリリースとなる。
今回の発表ではリリース決定のみだが、個人的にも毎日1プレイ1全クリアしていたタイトルだけに楽しみすぎる。
ボス敵なども含め、3Dに向いたグラフィックスだけに、どのような仕上がりになるか「3D ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」共々楽しみなところ。

このほかでは大きく話題になった「スターオーシャン5」発売決定の記事、また一貫して読者の高い興味を引いているWii U「ゼノブレイドクロス」、そして「『艦これ』、“春のイベント2015”開催決定」の報、ゲーム好きな方達から興味を集めていた「ダイイングライト」のレビューあたりがランクインした。

1
(04/15)
パチンコメーカーの奥村遊機が自己破産を申請 - GAME Watch
2
(04/12)
「モンスターハンター ストーリーズ」発表。
RPGでしか描けない「モンハン」とは? - GAME Watch
3
(04/15)
セガ3D復刻プロジェクト。
「ガンスターヒーローズ」など登場 - GAME Watch
4
(04/15)
ブラウザ「艦これ」、“春のイベント2015”開催決定! - GAME Watch
5
(04/11)
Wii U「ゼノブレイドクロス」ドールの情報を公開。
ネットワーク要素も紹介 - GAME Watch
6
(04/15)
スクエニの謎の新作はPS4/3「スターオーシャン5」だった! - GAME Watch
7
(04/15)
「スマブラ for 3DS/Wii U」、「ミュウツー」の配信を本日開始 - GAME Watch
8
(04/16)
- GAME Watch
9
(04/13)
「Unity」、Newニンテンドー3DSのサポートを表明 - GAME Watch
10
(04/11)
今週のアクセスランキング! - GAME Watch



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『FF15』体験版を“15”の要素で解説する北米向け動画が公開

 【18//2015】

『FF15』体験版を“15”の要素で解説する北米向け動画が公開


北米スクウェア・エニックスは、PS4/Xbox One『ファイナルファンタジーXV 体験版 エピソード ダスカ』のハイライト動画を公開しています。


『ファイナルファンタジーXV 体験版 エピソード ダスカ』は、PS4/Xbox One『ファイナルファンタジー零式 HD』の初回特典として封入される『ファイナルファンタジーXV』の体験版タイトルです。

今回は、その体験版で遊べる要素をナンバリングにちなんだ15項目に整理して紹介した動画「FINAL FANTASY XV - Demo Highlights Trailer」が公開されています。

動画では、ゲームの基本的な要素について紹介したあと、「ベヒーモス」との出会いや戦い、そして冒険の中で見ることのできる「黒チョコボ」や召喚獣「ラムウ」の様子も収録されています。
迫力のあるシーンを約3分半という内容にぎゅっとまとめているため、手短に本作の魅力を垣間見ることが可能です。

■FINAL FANTASY XV - Demo Highlights Trailer - YouTube
https://www.youtube.com/embed/Y7r2P4Is1No?rel=0
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『ファイナルファンタジーXV』は発売日・価格ともに未定です。

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

やり応えアリ! がっつり遊べる戦略性の高いシミュレーションRPG『ファントム オブ キル』(第1回)

 【18//2015】

 やり応えアリ! がっつり遊べる戦略性の高いシミュレーションRPG『ファントム オブ キル』(第1回)


伝説の武器の名を持つ少女達と共に戦う『ファントム オブ キル』は、一手で戦況が変わる戦略性の高いシミュレーションRPGです。
攻略連載1回目は、戦略性×ドラマをコンセプトとした本作の魅力をドドーンとお届けします。


プレイヤーは、伝説の武器の名を持つ少女 ティルフィングと出会い、彼女の失われた記憶を探すために、人間の上位捕食者「異族」と戦うことになります。
そんな戦いの中でプレイヤーの仲間になるのも、伝説の武器の名を持つ少女たち。
……言い直しましょう。
美少女たちです。
ええ、ティルフィングを含め、みんな可愛い女の子です。


ゲームの世界観を表すオープニングアニメーションを監修したのは、「機動警察パトレイバー」シリーズや「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」の監督 押井守氏。
登場キャラクターは、もちろんボイス付き。
本作は、豪華なだけじゃない、やり応えたっぷりの本格的なシミュレーションRPGに仕上がっています。


◆シミュレーションRPGの醍醐味「バトル」

バトルシステムは、『ファイアーエンブレム』を彷彿とさせるターン制。
マップはスクエア状に区切られており、ターン毎に味方と敵が行動を決めていきます。
行動範囲や攻撃範囲は、職業や武器によって変わります。
と言っても、ユニットの行動範囲や攻撃範囲はマップ上に表示されるため、シミュレーションRPGに触れたことのない人でも迷わずにプレイできるハズ。
基本的にタップのみで進められるので、操作も簡単。
初めてでもプレイしやすいシミュレーションRPGです。


しかし、侮るなかれ。
職業や武器には特性があり、その特性を把握していないと、強敵との戦いには勝てません。
武器には相性もあるので、ユニットの職業や武器の特性を理解して、チームを編成したり、ユニットを動かしていく必要があります。


先に進むにつれて、戦いが厳しいものになっていき……。
クエスト中にHPがゼロになってユニットが離脱すると、装備している武具が壊れることも。
シビアな面もあって、やり応えアリ。
じっくり考えながら敵を倒していくのは、とても楽しいですよっ。

◆個性豊かなキャラクター

本作の魅力は、バトルだけではありません。
個性豊かなキャラクターも、魅力の一つ! ストーリーパートはもちろん、ホーム画面でもバリバリしゃべってくれます。
ちなみにホーム画面のセリフは、朝・昼・夜と違うものです。
もちろん、キャラクター毎にセリフが違います。


キャラクター同士に親密度が設定されているのも、見逃せません。
バトル中に親密度が高いキャラクターを隣に配置すると、命中アップや回避アップなどのデュエルサポート効果を受けることができます。
親密度は一緒に戦うことで上げることができ、親密度が高いほどサポート効果が高くなります。

親密度はプレイヤーとキャラクターの間には設定されていませんが、キャラクター同士の関係性を楽しめるのは嬉しいところ。
個人的に、バトルがさらに楽しいものになっています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
次回からは、いよいよ攻略スタート! お気に入りのユニットで戦場を駆け抜けますよっ。

『ファントム オブ キル』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。


(C) 2014 Fuji&gumi Games inc.
■筆者 さかまきうさろーる
ファミコンのA/Bボタンが四角だった頃からのゲーム好き。
現在はAndroidとアニメにご執心。
のんびりライターとして活動しながら、ゲームをプレイ中。
アニメを追いかけつつ、ときどきすれ違いを求めて、3DS片手に福岡を徘徊しています。
Twitter:@sakaroll


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『刀剣乱舞』三日月宗近の瞳を再現したコンタクトレンズが発売決定

 【18//2015】

『刀剣乱舞』三日月宗近の瞳を再現したコンタクトレンズが発売決定


ACOSより「三日月宗近のコンタクトレンズ」が発売されることが決定しました。

これは、大人気ブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する「三日月宗近」の瞳をイメージしたコンタクトレンズです。
瞳の中に浮かび上がる美しい三日月を再現でき、コスプレにピッタリのコンタクトレンズとなっています。

なお、このアイテムは店舗限定商品となっており、取扱い店舗はACOS札幌店・ACOS仙台店・ACOS新潟店・ACOS池袋本店・ACOS秋葉原店、ACOS名古屋店・ACOS大阪日本橋店・ACOS福岡天神店、の8店舗になっています
◆商品概要
■商品名:三日月宗近のコンタクトレンズ
■価格:2,800円(税別)
■発売日:発売日未定
■使用期限:開封後1ヶ月以内
■数量:1箱2枚入り
■度数:±0.00
■BC:8.6mm
■含水率:38.5%
■DIA:14.5mm
■着色直径:14.0mm
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
このコンタクトレンズは現在開発中で、 発売日を含めた詳細は後日発表されるということなのでお楽しみに。

(C)2015 DMMゲームズ/Nitroplus


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「米国女性のゲームプレイ事情」が明らかに、スマホ人気は日本と変わらず

 【18//2015】

「米国女性のゲームプレイ事情」が明らかに、スマホ人気は日本と変わらず


ボルテージは、「米国女性のゲームプレイ事情と恋愛コンテンツに関する調査」を実施、結果を発表しました。


「米国女性のゲームプレイ事情と恋愛コンテンツに関する調査」は、16歳から34歳のアメリカ人女性1,032名を対象に行われた意識調査です。

この調査は、累計利用者数3,000万人を突破するボルテージ制作の「恋愛ドラマアプリ」を楽しむターゲット像を把握することが目的とされているとのことで今回、その詳細結果が明らかになりました。

◆スマートフォンを所持している人は9割以上
アメリカ・ニューヨーク、ロサンゼルス/サンフランシスコに住む16歳から34歳の女性が所有しているデバイスでは、「スマートフォン」が94.3%と、圧倒的な割合を占めています。
次いで「タブレット端末」が多く、72.2%となっています。

また米国では、置き型ゲーム機の所持率も高く、特に10代の若者は半数近くが置き型ゲーム機を持っており、ゲームが身近な存在にあることがわかります。

プレイするデバイスは「スマホ」が7割、Wii Uなどの据え置き機も
普段ゲームをプレイしているデバイスは?という項目では「スマートフォン」が68.9%、「タブレット端末」が48.1%、次いで「Wii/Wii U」が33.8%となり、所有しているデバイスと比例していることが明らかに。

また、「あてはまるものはない」と答えた人は10.5%留まり、89.5%は月に1回以上ゲームをプレイしていることも判明しました。
年代別でみると、どの年代もスマートフォンにおけるゲームプレイの割合は6割を超え、最も多い20代前半は74.0%という結果になりました。

◆「パズル」ゲーム人気はかわらず、「ADV」・「ACT」ゲームは10代に人気
現在プレイしているジャンルでは、1位が「パズル」(46.8%)となりました。
年代別に見ると、年齢が上がるにつれて、「パズル」をプレイしている人が増える傾向が見られます。

一方で、4位の「アドベンチャー」(28.2%)、5位の「アクション」(26.6%)では、16歳から19歳が全体平均よりも10%以上高い結果となり、10代は動きのあるゲームを好む傾向があるようです。

◆ プレイする場所は「くつろぎの時間」が最多
スマートフォンや携帯電話、タブレット端末所持者に、普段どこでゲームをプレイしているか聞くと、「休憩/くつろぎの時間」が最も多く79.4%という結果に。

続いて、2位は「仕事/勉強の休憩中」で70.7%、3位は「就寝前」で63.8%となっており、ゲームをプレイすることで息抜きしていることが考えられます。

年代別で比較すると、上位3つはどの年代も同じですが、10代・20代前半は4位に「トイレ」、5位に「通勤・通学などの移動時(乗り物移動)」がランクイン。
30代前半のスコアを大きく引き離していました。

◆映画や小説は「コメディ」が最も人気
映画や小説において好きなジャンルを聞いた項目では「コメディ」(73.0%)が最も人気であることがわかり、2位の「サスペンス・ミステリー」(52.7%)と比べると、20%以上も高いポイントとなっています。

また、2位と僅差で「恋愛もの(純愛もの)」も3位で52.1%となりました。
その他のジャンルでは、「実話・ドキュメント」「ヒューマンドラマ」「スポーツ」は年齢が上がるにつれてポイントも高くなる反面、「アクション」「恋愛もの(切ない・涙もの)」「パニック」「ホラー」においては年齢が上がるにつれてポイントが低くなる傾向が明らかになっています。

◆恋愛映画やドラマに求めることは「ストーリーの面白さ」
「恋愛映画」や「恋愛ドラマ」に求めるものは、「ストーリーの面白さ」が76.3%で最も高く、次いで59.8% で「感動ストーリー」が挙がりました。

米国女性は恋愛のドキドキへの共感や好きなキャストが出演していることよりも、ストーリー性を重視していることが判明しました。
年代別でみると、16歳から19歳において「非日常な展開」が全体平均よりも8.3ポイント高く、他の年代よりも非日常的なドキドキを求めているという傾向を見ることが出来ます。

◆タレントでは「ディカプリオ」が10代から圧倒的な支持!
好きな男性タレントを聞いた質問では「レオナルド・ディカプリオ」が55.5%で最も人気という結果に。
次いで「ジョニー・デップ」が53.0%、映画「きみに読む物語」で主演を務めた「ライアン・ゴズリング」が52.2%となり、僅差が続きました。

年代別に見ると、 「レオナルド・ディカプリオ」 は16歳から19歳からの支持が最も高く、全体平均より10ポイント高い65.5%という結果となっています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
(C)Voltage Inc. All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『戦国炎舞 -KIZNA-』2周年記念ニコ生12時間公式放送が決定!人気実況主ほか豪華有名人が多数出演

 【18//2015】

『戦国炎舞 -KIZNA-』2周年記念ニコ生12時間公式放送が決定!人気実況主ほか豪華有名人が多数出演


サムザップは、スマートフォン向け戦国ゲーム『戦国炎舞 -KIZNA-』において、「戦国炎舞 -KIZNA- 2周年まで突っ走るぞ!特別番組」の12時間放送を実施します。

『戦国炎舞』」は、戦国時代を舞台に、最大20人対20人の合戦を楽しめるスマートフォン向け戦国カードゲームです。
2月28日から始まった「戦国炎舞 -KIZNA- 2周年まで突っ走るぞ!」はその本作のゲームの情報や夢のコラボ企画などが楽しめる特別番組です。
MCに「ドグマ風見」さん、ゲストに毎回違うジャンルの方が迎えられ様々な企画が実施されてきました。

4月18日に放送が予定されている番組の最終回では放送時間を12時間まで拡大し、タレントの佐藤かよさん、水崎 綾女さんや人気実況主のM.S.SProjectのKIKKUN-MK-IIさん、FB777さんら豪華有名人が多数出演。

そのほか、番組では『戦国炎舞』内のアイテムで登場する「おにぎりの具材は何か?」を決めるため、戦国炎舞スタッフが戦国武将のゆかりの土地である京都、金沢、宮城に出向き、名産品を集めるという企画も実施されるということです。
おにぎりの中身にふさわしい具材が見つかれば、「公式おにぎり」として認定される予定です。

視聴者にもお得な情報も盛りだくさんということですので、是非視聴してみてください。

「戦国炎舞 -KIZNA-」 2周年まで突っ走るぞ!特別番組 #4
(C)Sumzap Inc. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る