2015 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 05

映画「ピクセル」場面写真をお届け!巨大「パックマン」「ドンキー」に人類はどう立ち向かう?

 【28//2015】

映画「ピクセル」場面写真をお届け!巨大「パックマン」「ドンキー」に人類はどう立ち向かう?


「パックマン」や「ドンキーコング」といった80年代のゲームキャラクターが地球侵略するハリウッド映画「ピクセル」の最新情報が公開されました。


「ピクセル」は、宇宙からやってきた巨大な80年代ゲームキャラたちが地球を侵略するハリウッド映画です。
30数年前、宇宙人との交流を夢見て宇宙に発信した映像メッセージに含まれた当時流行のビデオゲームたち。
それを受信した宇宙人は“友好”ではなく“挑戦”と取ってしまい、「パックマン」「ドンキーコング」といった映像のビデオゲームキャラクターに扮して現代の地球侵略を開始していまいます。
巨大なキャラクターたちは触れたモノを次々と“ピクセル化”。
人類滅亡の危機が訪れる中、アメリカ軍もまるで歯が立たない敵を相手に、元ゲームチャンピオンたちが“ゲームクリア”を目指して立ち上がります。


往年のゲームキャラクターたちが地球侵略を開始するというレトロゲームファンにはたまらないトンデモ設定なこの映画の最新情報が到着。
衝撃の場面写真が新たに3点公開されました。

■「パックマン」と対峙する4台のMINI
ニューヨークと思われる夜の交差点に突如現れた「パックマン」に、赤、ピンク、空色、オレンジの色の4台のMINIが対峙しています。
日本で誕生した「パックマン」が、巨大な姿でリアルな世界に現れ、黄色い光を放ちながら街中を暴走。
歩道を行く人々が慌てふためいている様子をとらえています。
対峙する4台のMINIの色、往年のゲームファンには心当たりがある色ではないでしょうか。

■「ドンキーコング」は樽を投げる気まんまん
王者よろしく猛々しく下々の者を見下ろす「ドンキーコング」。
ピクセル状のドンキーコングの横には、お馴染みの樽が積まれ、今にもこちらに投げつけてきかねません。
ハンマーも用意されており、戦闘モードは万全の様子です。
しかしこのハンマー、ゲーム攻略のポイントであったように「ドンキーコング」と対決する上で大きな鍵になるかもしれませんね。

■「ボス・ギャラガ」ワシントンDC上空に出現
アメリカ合衆国の中枢、ワシントンDCのワシントンモニュメント上空に現れた「ボス・ギャラガ」。
まるで産卵するかのように“何か”を放出しています。
周辺に飛ぶ4機のヘリと比較すれば「ボス・ギャラガ」の巨大さは一目瞭然。
この後、彼らはどんな侵略を繰り広げることになるのでしょうか。

今回公開された場面写真で、過去にゲームをプレイしたことがある人はもちろん、ゲームを知らない世代でも、今まで見たことのない衝撃的なディザスター作品の誕生を予感させてくれます。
日本生まれの「パックマン」や「ドンキーコング」をはじめ、世界のゲームファンを熱狂させたキャラクターたちの地球侵略に、人類はどのように対抗するのでしょうか。

◆ピクセル
■監督
クリス・コロンバス(「ハリー・ポッター」シリーズ、「ナイト ミュージアム」シリーズ)
■主演
アダム・サンドラー、ミシェル・モナハン
■映画ジャンル
ディザスター
■全米公開
2015年7月24日
■日本公開
2015年9月19日
■配給
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2015 CTMG, Inc. All Rights Reserved. **ALL IMAGES ARE PROPERTY OF SONY PICTURES ENTERTAINMENT INC. FOR PROMOTIONAL USE ONLY. SALE, DUPLICATION OR TRANSFER OF THIS MATERIAL IS STRICTLY PROHIBITED.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「艦これ」、春イベで葛城、Littorio、高波、Roma、秋津洲が新登場イベント開始! 進路を提督が選択できる「能動分岐」も実装

 【28//2015】

「艦これ」、春イベで葛城、Littorio、高波、Roma、秋津洲が新登場イベント開始! 進路を提督が選択できる「能動分岐」も実装


「艦これ」運営スタッフは、本日4月28日開始となった春イベント「発令!第十一号作戦」について、概要の続報を公開した。

概要の第1報は既報のとおりだが、今回は新艦娘が5隻登場することが明らかになった。

具体的には、第2海域を攻略することで雲龍型航空母艦「葛城」が、そして第4海域を攻略し、かつ「海上打通連絡作戦の橋頭堡を確立」することで、新戦艦娘「Littorio」が手に入る。
また主作戦の後半海域では、戦闘勝利後に夕雲型駆逐艦「高波」を獲得する可能性がある。

さらに主作戦攻略後に挑戦できる「拡張作戦:Extra Operation」(2海域)では、最終となる第6海域にて海外戦艦娘「Roma」を獲得する可能性があるほか、全作戦を攻略すると水上機母艦「秋津洲」が入手できる。

新艦娘の登場と共に、新武器として「二式大艇」、「381mm/50 三連装砲改」、「OTO 152mm三連装速射砲」、「90mm単装高角砲」、「プリエーゼ式水中防御隔壁」が登場する。
このうち「二式大艇」は、「秋津洲」の練度をあげて改装することで入手可能。
また、後半海域を「甲」及び「乙」の難易度作戦で攻略することでも、褒賞として入手可能となる。

また新システムとして、「能動分岐」が実装される。
これにより、一部海域で提督の判断で進路が選択できるようになる。

BGMには、主作戦の通常戦闘曲に新BGM「睦月型駆逐艦の戦い」、決戦のBGMに「連合艦隊、西へ」が実装される。
拡張作戦では、深海棲艦勢力をモチーフにした新BGMも実装される。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

もしも『マリオカート8』がスーファミだったら?ファンがデメイク動画を公開

 【28//2015】

もしも『マリオカート8』がスーファミだったら?ファンがデメイク動画を公開


200ccが解禁され、先立って販売されていた『ゼルダの伝説』のDLCに続き、先日の4月23日には『どうぶつの森』のDLCが販売開始するなど、豊富なコンテンツと安定した魅力が売りの2014年5月29日に発売したWii Uソフト『マリオカート8』ですが、ファンメイドの「もしもマリオカート8がスーパーファミコンソフトとして販売されていたら」という動画が話題になっています。


「If MarioKart 8 was made for the SNES!」と題するファンメイドの動画では、オープニングから始まり、キャラクター選択画面やステージ選択、どうみてもF-ZEROな「ミュートシティ」を走行中の画面から「コントローラー設定のお約束」など、『マリオカート8』のあらゆる面を16bitライクに表現しています。

本動画を作成、投稿したHat-Loving Gamerさんはコメントの返信の中で「ありがとう。
多分、また別のマリオカートの動画を投稿するよ。
僕らの持ってるフェイクゲームの動画は来週くらいかな?」と述べています。
次回作はニンテンドウ64バージョンとなるのか、それともまた別のゲームの動画になるのかは分かりませんが、更新があり次第、またお伝え致します。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ダイイングライト」、Ciszewskiディレクターのメッセージを公開

 【28//2015】

「ダイイングライト」、Ciszewskiディレクターのメッセージを公開


「ダイイングライト」の開発元Techlandの「ダイイングライト」ゲームディレクターを務める、Adrian Ciszewski氏は日本でのローンチを迎えたことに関し、コメントを寄せた。

「本作は可能な限り他の地域における内容から変更することなく日本のプレーヤーにも楽しんで頂きたかったのですが、日本で発売するために、一部の表現に変更を入れざるを得ませんでした。
ただし、これらの変更によって、ビジュアル的な影響は若干受けるものの、本作のゲーム性そのものに関しては影響を 受ける内容ではないと我々は考えております」。

「昼夜でダイナミックにその姿を変えるオープンワールドのサバイバルホラー、圧倒的に自由な移動を実 現とするパルクールアクション、様々な武器や道具を作り出すアイテムクリエイション。
そして、協力プレイだけでなく非対称型PvPも可能にするオンラインモード。
このように『ダイイングライト』には様々な魅力が備わっています。
少しでも多くの日本のゲームプレーヤーに本作を楽しんでいただけることを、我々は願っています」と、Ciszewski氏は語っている。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スマホ「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」のカフェオープン来場者で特別なクエストに挑戦できるなど盛りだくさん

 【28//2015】

スマホ「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」のカフェオープン来場者で特別なクエストに挑戦できるなど盛りだくさん


TBIとスクウェア・エニックスが提供中のスマートフォンゲーム「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」は同タイトルをモチーフとしたレストラン「みんなで冒険!『ドラゴンクエスト スーパーライトカフェ』」を渋谷ガーデンHana(東京都渋谷区道玄坂2-6-17渋東シネタワーB1)にて期間限定オープンする。


店内は「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」の世界観で統一されているほか、「今月の人気モンスター」といった各種情報なども張り出されている。
また入り口を入ると大きなスライムライダーがお出迎え。
一気に作品世界に引き込まれるだろう。

オープン直前に行なわれたプレス発表会で芝 貴正プロデューサーはコンセプトについて触れ、「『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』は同期による対戦を楽しむことを前提にゲームを作っている。
だけど、周りにプレイできない人もいると思うので、このカフェに来て友人を作って、また遊んで欲しい」と、共にゲームをプレイする場としてのカフェである点を強調。

オープンと共に12種類のフードと11種類のドリンクが用意されている。
いずれも凝っており、たとえば「メタルスライムのリゾット」などは灰色だが、これはゴマでこの色を出しており、健康にも気を配られている。
ちなみに目の部分は海苔でできており、全て食べることができる。

どれもオススメなのだが、「おおめだまの目玉焼きハンバーグ」は実は発案が堀井雄二氏なのだという。
堀井氏が最終監修をする折に「男の子と言えば肉だろう!」ということで、急遽肉料理が用意されることとなったのだとか。
ハンバーグの上には半熟の目玉焼きが置かれ、崩すとジューシーなハンバーグと共に美味しくいただける。

どのメニューもそうなのだが、非常に造形が凝っており、食べるのがもったいない。
その極めつけがデザートの「わたぼうのアイス」だ。
バニラアイスを牛皮で包んでおり食感ももちもち。
なにより可愛らしい外見で、取り分けるときに場が盛り上がること間違いなしだ。

そしてどのお料理も食べてみると素材のおいしさがしっかりと出ており、誰もが楽しめる味となっている。
いずれのお料理もボリュームがあって、「みんなで集まってゲームをプレイする場」と言うこともあってシェアして食べると良いだろう。
ちなみにメニューはどんどん新料理が追加となるという。

ドリンクもノンアルコールからアルコールまで様々な味が用意されている。
運営ディレクターの藤川 翔氏は「カクテルのメニューで『クシャラミのピンクタイフーンカクテル』」はゴリ押しで加えたもの。
クシャラミの特技は甘い香りで敵を魅了して行動不能にするピンクタイフーン。
これをイメージした」と特技なども考えた上でのメニュー作成となっているのだという。
いろいろ頼んでみて、見た目にも楽しめることだろう。
ちなみに、全てのドリンクにおいてアルコールを抜いたバージョンにしてもらうことも可能だという。
お酒に弱いがいろいろ楽しみたい方にはうれしい配慮だ。

■ 一緒に楽しめるように、各種企画も充実
オリジナルメニューを頼むとプレゼントコードを1枚引くことができる。
ここには貴重なゲーム内アイテムのコードが書かれており、これを目当てに来場する人も多そうだ。
「はぐれメタルのかぎ」などは所持数制限があるため、お得だという。

さらに、1,000円(税込)以上利用する毎にスタンプをもらうことができ、5つ集めると初の公式グッズとなる「まほうの地図 マイクロファイバークロス」がプレゼントされる。
ほかの「ドラゴンクエスト」タイトルにはないもので、スマートフォンゲームであることを考慮したという。
「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」といえば「まほうの地図」ということで、まほうの地図が印刷されることになり、スマートフォンの画面を拭くこともできるということで、今回の選択となったという。

前述の通りこのカフェのコンセプトは「みんなで遊べる」だ。
ということで、このほど実装された、リアルタイムに最大5人の友人達と一緒に冒険に出ることができる「みんなで冒険」を利用したカフェ限定イベントが開催される。
1度の来店で1回、「みんなで冒険」のコラボカフェ限定コインボスと戦うことができる。
ボスの討伐に成功するとカフェ限定の武器を入手することができる。
第1弾はSキラーマシンで、討伐して入手できる武器は「Sマシンソード」となる。
月によってボスと入手できる武器は切り替えられるという。
ちなみに1人できたときは、お店のスタッフさんに声をかけると、ほかのお客さんとマッチングの手伝いをしてくれたり、手が空いていれば一緒に戦ってくれることもあるという。

また、たくさんで来たお客さんのために、「トーナメントキット」の貸し出しが行なわれる。
スマートフォンからディスプレイに映像を出力するテーブルやディスプレイ、トーナメント表などがセットになっており、2時間制で1,000円となっている。
ユーザー間で集まってゲーム大会を開催しているのを見てこの企画を思いついたということで、この場でユーザー発信のゲーム大会を開いてワイワイと楽しんで欲しいとしている。
この「トーナメントキット」を利用すると前述のプレゼントコードが2つプレゼントされる。
優勝者への商品などに利用して欲しいという。

カフェはイベントの場としても機能して欲しい意向もあり、大会やイベントもやっていきたいと芝氏は語った。
その先駆けとしてカフェ主催の大会が5月24日に開催される。
この大会を皮切りにオフライン大会をどんどんやっていくということで、優勝すると店内に名前が張り出されるのだとか。

料理もしっかりしているが、ファンが集まる場としてカフェを盛り上げたいという意向がはっきりしており、「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」プレーヤーであれば楽しめる場となることは間違いない。
ぜひとも来場してゲームを共にプレイしていただきたい。

©2014, 2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
Developed by Cygames, Inc.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Android『ポケモン音楽図鑑』近日配信…歴代音楽を多数収録

 【28//2015】

Android『ポケモン音楽図鑑』近日配信…歴代音楽を多数収録


株式会社ポケモンは、Android『ポケモン音楽図鑑』を近日中に配信すると発表しました。


『ポケモン音楽図鑑』は、RPG『ポケットモンスター』シリーズのゲーム楽曲を聴くことができるアプリです。
1日3曲が無料で聴けるほか、気にいった楽曲をアプリ内で購入することも可能です(1曲120円~)。

このアプリには、ループ機能がついているのみならず、ほかにもさまざまな機能がついているとのこと。
なお、楽曲は『ポケットモンスター 赤・緑』をはじめ、次第に追加されていく予定となっています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『ポケモン音楽図鑑』は近日配信予定です。

(C)2015 Poke’mon. (C)1995-2015 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Poke’monは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『FF XIV: 蒼天のイシュガルド』 オリジナルPS4予約開始!PS Vita&Vita TVも登場予定

 【28//2015】

『FF XIV: 蒼天のイシュガルド』 オリジナルPS4予約開始!PS Vita&Vita TVも登場予定


ソニーストアにて、『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』デザインのPS4セットの予約受付が行われています。


『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』は、MMORPG『ファイナルファンタジーXIV』のバージョン3.0にあたる拡張版です。
舞台はエオルゼア北方の国イシュガルドへと移り、1000年に渡る竜族と人の争いである「竜詩戦争」の真実が描かれます。

今回は、本作のデザインが刻印されたソニーストア限定PS4モデル「PlayStation 4 × FINAL FANTASY XIV HEAVENSWARD EDITION」が登場。
また、リモートプレイが楽しめるPS Vita、PS Vita TVの刻印モデルも販売される予定となっており、そちらに関しては追って情報が公開されます。

「PlayStation 4 × FINAL FANTASY XIV HEAVENSWARD EDITION」は、ジェット・ブラック/グレイシャー・ホワイトの2色が用意されており、オリジナルデザインのHDDベイカバー、そして本作のテーマのプロダクトコードが付属します。

さらに『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』のゲームソフトが付属するのですが、「コレクターズエディション」「通常版」、そして『ファイナルファンタジーXIV オンライン』の3種類から選択が可能。
それぞれで販売価格が異なってきます。

「PlayStation 4 × FINAL FANTASY XIV HEAVENSWARD EDITION」は2015年6月23日発売予定で、現在予約受付中です。
■商品情報
・発売日:2015年6月23日(火)
●内容物
・PS4本体 (ジェット・ブラック/グレイシャー・ホワイト)
・HEAVENSWARD レーザー刻印 PlayStation4 HDD ベイカバー
・PS4用『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド』テーマ プロダクトコード
ソフトは、下記3種類の中からお選び頂けます
(1)ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド コレクターズエディション
(2)ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド 通常版
(3)ファイナルファンタジーXIV オンライン
●販売価格
(1)『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド コレクターズエディション』を選択した場合…販売価格:54,980円+税
(2)『ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド 通常版』を選択した場合…販売価格:44,980円+税
(3)『ファイナルファンタジーXIV オンライン』を選択した場合…販売価格:46,980円+税
(C) 2010-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
ILLUSTRATION : (C) 2015 YOSHITAKA AMANO


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ドラゴンズドグマオンライン」アルファテストレポート~8人マルチプレイ編~8人でオーク軍団に立ち向かう!手軽に参加できるのが嬉しいグランドミッション

 【28//2015】

「ドラゴンズドグマオンライン」アルファテストレポート~8人マルチプレイ編~8人でオーク軍団に立ち向かう!手軽に参加できるのが嬉しいグランドミッション


カプコンは、2015年サービス開始予定のプレイステーション 4/3/Windows用オンラインオープンワールドアクション「ドラゴンズドグマオンライン(以下、『DDO』)」。
4月20日~4月28日にかけてアルファテストを実施した。


前回はプレイの基礎的なところや4人パーティで大型ボスに挑む様子などから、本作のゲーム性を探る「初めての冒険編」をお伝えしたが、今回は8人パーティで挑める特殊なコンテンツ、グランドミッション「グリッテン砦攻防戦」をプレイした模様をお届けしよう。

■ 8人の覚者がオーク軍団と激突!8人マルチプレイ「グリッテン砦攻防戦」に挑む!
アルファテストの日程後半、4月25日よりプレイ可能になったグランドミッション「グリッテン砦攻防戦」。
8人のプレーヤーが協力して砦に侵入したオークの軍団を撃退するという、特殊なミッションだ。
通常の冒険ではパーティは4人までとなっているが、このグランドミッションでは8人編成が可能で、大規模な乱戦が楽しめる。

グランドミッションの大きな特徴は、「気軽に参加しやすい」ところ。
レーゼ神殿の中心広場にいるNPC「アラン」に話しかけると、自分がリーダーになっての参加者募集か、募集中のミッションにエントリーができる。
自動的にパーティが組まれるので、ソロプレイから気軽にプレイしやすいようになっていた。

「DDO」ではレーゼ神殿ことロビーに最大100人が入れるようになっていて、ロビー間を越えてパーティも組めるようになっているが、このグランドミッションも本来は、参加者募集がロビー間を越えて表示され、どのロビーからも参加できるようになっているようだ。

なお“本来は”としているのは、このアルファテストだと機能が上手く動かなかったのかマッチング機能の仕様がテスト中のみ変更され、ロビーごとのマッチングになったため。
本来は、全プレーヤーが募集を見て参加できるものを目指しているというわけだ。

自分がリーダーとして募集を作る場合は、参加者のレベル制限やジョブごとの参加数、パスワードやコメント設定も可能。
そこの空き枠にどんどんとプレーヤーが入っていく。

8人が揃ったらいよいよミッションへ、となるのだが、このあとNPCアランとのエントリー画面を一旦閉じて、メインメニューを出し、□ボタンを押して「準備完了」を押す、その後にももう1度NPCと話し手の参加確認が必要というちょっと複雑な手順になっており、少々わかりづらいところがあった。
全ての準備を整えてからエントリーボードで参加し、参加後は全てが自動で進んで、ミッション開始直前に1度だけ最終確認が出るという流れでもいいのではないだろうか。

ミッションが始まると、対オーク戦争の要所であるグリッテン砦を束ねる女性覚者「ヴァネッサ」が登場! ボイスを田中敦子さんが務める彼女の勇ましい声とともに、8人のプレーヤー+NPCヴァネッサの編成で砦内を進んでいく。

グリッテン砦は四方にある塔を軸に城壁が広がっている建物で、その中心には広場が。
そして、各所にすでにオークやゴブリンがたくさん侵入している。

ヴァネッサに着いていき、巨大なサイクロプスを引き連れているオーク軍団と戦闘開始!8人とヴァネッサがオークやゴブリン達との乱戦を繰り広げていく。
その様子はまさに剣と魔法のファンタジー世界の戦争さながらだ。

オーク軍団側にも組織的な編成が感じられたりとディテールが見て取れるところが見所で、ゴブリン達の中には兜を被ったゴブリンリーダーが、オークの中には多数の武器を身につけた禍々しさたっぷりのキャプテンオークも存在する。

「グリッテン砦攻防戦」は流れとして、ヴァネッサと共に戦いつつ各所の敵を撃退すると扉が開き、奥へ進めるというものになっているのだが、ヴァネッサが進む方向以外にも道は広がっている。
そこには敵が隠れていることもあり、宝箱が置かれていることも。
そうしたボーナスも手に入れつつ、できる限りスピーディーに多くの敵を撃退するのが、ミッションクリア報酬を高めるポイントのようだ。

なお、この「グリッテン砦攻防戦」も筆者はタンク役のシールドセージで主に参加したのだが、気になったのは敵からの注目度、いわゆる「ヘイトコントロール」周り。
どのような状態になっているか詳細にはわからないが、どうもプリーストのヘイトがものすごく高まるようで、こちらがどんなにがんばっても引きはがせない状態になりがちだった。
他のメンバーから離れて、単独で引きつけるぶんには充分に固定できたのだが、他のプレーヤーの、特にプリーストのスキルが連発されると、アトラクトでは引きはがせない。
おそらく、もう少しMMORPG的にタンクのヘイトがある程度高まるまで様子を見るような戦略が必要なのかもしれないが……。
このあたりがどう調整されるかがオンラインゲームとしての見所と思える。

ちなみに、そうしたプレイして気づいたことなど参加テスターからの意見は、プレーヤーサイトに掲載され対応予定の回答もなされている。
そこには前述のグランドミッションへの参加手順や、シールドセージの「アトラクト」についても、やはり同様の意見があったようで調整予定という記述がある。
そうした精力的な対応や回答の掲載は嬉しいところで、今後の改善に期待の持てるところだ。

最後に待ち受けるのは鎧を身にまとった大型モンスター「アーマーサイクロプス」。
手には棍棒のような武器を持って振り回し、兜から禍々しい眼が覗く狂暴なモンスターだ。

アーマーサイクロプスは棍棒でなぎ払うような暴れ方が厄介。
さらに怒り状態では溜めモーションから思いっきり棍棒を振り下ろして大地を揺る出す広範囲の攻撃をしてくることも。
その威力は恐ろしく大きくて、一撃で8人全員が行動不能に追い込まれる時もあったほどだ。

アクションゲームらしさのあるところだが、そうしたモーションを見て退避するのが非常に大事。
プリセットチャットの「逃げるんだ!」を出している人もいたし、シールドセージの筆者としてはできる限り広場の端にアーマーサイクロプスを引きつけ逆側へ逃げやすいようにする、というようなこともしていた。
シールドセージにはモンスターの動きをスローモーションにするスキルもあるので、溜めモーションを見たらそれを使うのも良いのかもしれない。

強烈な攻撃にバタバタと仲間が倒れ、それをすぐさま仲間達が駆け寄って助け、何度も何度も立ち向かう。
ハンターが矢を浴びせ、ファイターが組み付き、シールドセージが引きつけ、プリーストが全体をサポートする。
4人パーティの時の2倍の人員で取り囲み、行動不能の仲間を助ける時もより多くの仲間が駆け寄ってきてくれるなど、共闘感は通常のパーティ以上のものだ。

さすがにアルファテストでの育成上限レベルまでプレイしているメンバー揃いな事もあって、危ない場面もフォローをしっかりしあって、アーマーサイクロプスを撃破! 報酬にはスキルの取得やレベルアップに使うジョブポイントやお金、回復アイテムなどがもらえた。

ちなみにミッションには「状況:楽観」という表示がついていて、これはおそらく難易度設定だろう。
より厳しいシチュエーションの戦いもあり、報酬もより豪華になるのだろう。

8人で挑むグランドミッションはまさに「覚者達 vs オーク軍団」といった様相で、ヴァネッサの気合いの声とともになだれ込んでいくのは雰囲気たっぷり。
入り乱れての乱戦や、助け合い、集中攻撃するときの激しさ、まとめて吹き飛ばされるピンチなど、いずれも4人パーティ時よりも派手で共闘感の楽しめるものとなっていた。

一方、アルファテスト全体を振り返ると、日々ボスクラスモンスターが追加出現していたこともあり、レスタニアニュース(大型ボスやグランドミッションの発生を伝える)を見つつ、「今日はどこに行こう? どのボスを狙おう?」と、毎日違った冒険を楽しんだ。
これが「DDO」の変化し続ける世界の片鱗だろう。

「ドラゴンズドグマ」と言えば欠かせないのが自分専用の従者であり仲間であるNPC「ポーン」の存在だが、今回のアルファテストではポーンと出会い連れて行けるようにはなるものの、他プレーヤーとの貸し借りであったり、アイテム生産のクラフトであったり、諸々の要素はまだ使えず、ポーンの動きにもまだ調整が必要なのを感じるなど、アルファテストではまだ本領は見えないものだった。
おそらく、今後のクローズドβテストから本格的に触れるようになっていくのだろう。
そちらも期待したい。

というわけで、前回の「初めての冒険編」、今回の「8人マルチプレイ編」と「DDO」のアルファテストの模様をお伝えしてきたが、次の機会は今夏に予定されているクローズドβテストとなる。
今回のアルファテストに参加できた人も、残念ながらできなかった人も、βテストの告知を見逃さないよう、お待ち頂きたい。

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Tカードでリアルと連携する「TSUTAYA オンラインゲーム」誕生!レッド・エンタテインメント新作「東京ハーレム」を名越康晃氏がアピール

 【28//2015】

Tカードでリアルと連携する「TSUTAYA オンラインゲーム」誕生!レッド・エンタテインメント新作「東京ハーレム」を名越康晃氏がアピール


T-MEDIAホールディングスは4月28日、ゲームプラットフォーム「TSUTAYA オンラインゲーム」のサービスを開始し、概要を紹介する記者説明会を開催した。


「TSUTAYA オンラインゲーム」は、PCやスマートフォンで遊べるゲームプラットフォーム。
TSUTAYAでのレンタルやTポイント提携先でのショッピングなど、実店舗でTカードを利用した際の利用履歴がゲーム側に反映されるシステムが特徴で、利用状況によって付与されるアイテムやゴールドに変化がある。
Tカードを使った実際の行動がゲームに影響することで、他のゲームプラットフォームにはない「生活する楽しさ」を提供していきたいという。

会場では、ネットワーク事業全体の戦略を執行役員の山内智裕氏が紹介し、「TSUTAYA オンラインゲーム」の説明をプラットフォーム&マーケティング プロデューサーの立山聡瑠氏が行なった。

まず確認しておきたいのは、T-MEDIAホールディングスは母体となるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループの中間事業持株会社ということ。
CCCはコンテンツのレンタルや販売を行なうTSUTAYAの運営を中心に、Tポイント事業、そしてネットワーク事業の3本柱で経営されている。
このうちネットワーク事業を担当するのが、T-MEDIAホールディングスとなる。

「TSUTAYA オンラインゲーム」最大の強みは、5,304万人に及ぶ会員数、そして122社、店舗数にして350,727店舗というTポイントの提携先の数だ。
「TSUTAYA オンラインゲーム」では手持ちのTカードを使って各店舗を利用することで、各タイトルでメリットを得られる。
経験値やアイテム獲得など、ほぼすべてのタイトルでこの仕組が導入されており、提携店舗の利用でレアカードがもらえたり、有料通貨の「ゴールド」がもらえたり、といった状況を想定している。
また溜まったTポイントを「ゴールド」に還元することも可能だ。

これら「提携店舗でTカードを提示して利用すると、ゲーム内に還元がある」という仕組みは、ブラウザゲーム「Tの世界」というタイトルですでに実現されている。
「Tの世界」は、提携店舗でTカードを提示して利用すると、その利用履歴が参照されて、ゲーム内に建物が建てられるという街づくりゲーム。
例えばガストやENEOSを利用すれば、ゲーム内にガストやENEOSを建てられる。

「TSUTAYA オンラインゲーム」ではこの仕組を発展させて、さらにリアルとゲームの連携を強化していきたい狙いがある。
まずは4月28日よりβ版としてスタートし、様々な機能を加えた上で正式版を7月末頃にリリースする予定。

なおオープンを記念して、「TSUTAYA オンラインゲーム」に登録するとTポイントが最大10万ポイント当たるキャンペーンも実施されている。
期間は4月28日から5月31日まで。

■ オリジナル作品のキラータイトルは「東京ハーレム」!
「TSUTAYA オンラインゲーム」では「100万人のWinningPost」(コーエーテクモゲームス)や「バハムートクライシス ゼロ」(コアエッジ)、「MazeMyth」(ライオンズフィルム)など既存タイトルも多く配信されているが、一方でオリジナルタイトルの制作も行なわれている。
オリジナルタイトルの説明は「TSUTAYA オンラインゲーム」ゲームプロデューサーの平岡功臣氏が担当した。

中でもキラーコンテンツの筆頭となるのは、レッド・エンタテインメント開発によるPC用「東京ハーレム」。
イラストレーターのゆーげん氏によって描かれた女性キャラクターが全面に押し出されたタイトル。
詳細は発表されなかったが、女性キャラクターを育成していくRPGになる。

会場ではレッド・エンタテインメント代表取締役社長の名越康晃氏も登場し、本作を1つの新規コンテンツとして力を入れていくことを明かした。
名越氏によれば、配信時期は「きっちり仕上げたいので遅めの夏」。
少し間があくが、今から楽しみなタイトルだ。


また「東京ハーレム」が「エンタメ系」のタイトルである一方で、リアルとの連携がより強調された「O2O(Online to Offline)型」のオリジナルコンテンツも3本用意されている。

1つはファイブスターズゲームズ開発の「PROJECT-TO」。
「Tの世界」をさらに発展させたような店舗経営シミュレーションで、Tカードを利用するとゲーム内に特別な商品を仕入れることができる。
リアルでTカードを使用すればするほど、ゲームが進行していく仕組みとなっている。
PCとスマートフォンに対応し、冬配信予定。


もう1つはモバイルファクトリーとの共同運営で展開する「にゃんこプレジデンッ!」。
位置情報を使った縄張り争いゲームで、提携店舗の近くでチェックインしたり、Tカードの利用履歴でチェックインすることで、自分の縄張りを拡大していく内容となる。
スマートフォン専用で、本日より配信開始されている。

そして最後が、クリーク・アンド・リバー開発の「メモリア・ナイツ」。
ジャンルは「ライトディフェンスRPG」で、2頭身キャラクターの「メモリア」を集めて敵と戦っていくタイトルとなる。
Tカードの利用で、特別なメモリアが入手できるかもしれないという。

現状のラインナップは以上だが、今後もタイトルは増やしていく予定。
リアルとネットの連携を強化しつつ、カジュアル以上ハード未満の「ミドルコア」なタイトルも開発中だという。
「TSUTAYA オンラインゲーム」が今後どれほどのインパクトを市場に残せるのか、期待しておきたい。





Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

宮本茂vs有野課長、12年間やられ続けた想いを『マリオメーカー』に込めて

 【28//2015】

 宮本茂vs有野課長、12年間やられ続けた想いを『マリオメーカー』に込めて


幕張メッセにて行われた「ニコニコ超会議2015」にて、ステージイベント「スーパーマリオ30周年SPステージ ゲームセンターCX in ニコニコ超会議2015」が開催されました。


お笑い芸人の有野晋哉さんが「有野課長」となり、お馴染みの飄々とした口調で数々のレトロゲームに挑むバラエティ番組「ゲームセンターCX」。
今年で12周年を迎えたこの人気番組は、「有野の挑戦」の生披露からゲーム化、劇場版の公開など、活躍を多彩な場に広げ続けており、このたびニコニコ超会議への初登場も果たしました。

このステージイベントでは、同番組にて放送作家として腕を振るい、また小説家としてのデビューを果たした岐部昌幸氏が進行役を務め、プロデューサーの菅剛史氏もアナウンスとして出演。
そして観客の視線を一新に集めるのはもちろん有野課長と、いつものゲームセンターCXがそのままニコニコ超会議に現れます。

今回の挑戦は、30周年を記念する意味を込め、『スーパーマリオブラザーズ』のステージ1-1クリアに挑みます。
ただし普通のコントローラではなく、ゲームキューブ用のマット型コントローラーを使用しての挑戦。
足でマリオを操作する、通称「足マリオ」に有野課長がトライしました。

12年間に渡る挑戦の中で、『スーパーマリオ』シリーズにチャレンジしたことは一度や二度ではありません。
そのため、ゲーム内容や仕組みなどは勝手知ったるもの。
ですが、足でマリオを操作するのは慣れておらず、ジャンプもできずに最初のクリボーでやられてしまいます。
また2度目の挑戦ではジャンプできたものの、ハテナブロックにぶつかりその反動でクリボーに。
まるでゲームオーバーのお手本のようなプレイが続き、早速課長クオリティを見せつけてくれます。

この後も少しずつ先へと進めますが、敵にやられたり時間切れになったりと、思うようにいきません。
このイベントはニコニコ生放送でもライブ中継されており、「失敗するとコメントが増えますね」という菅氏の一言が会場を更に盛り上げます。

ですが、このままでは事態が動かないと判断したのか、菅氏が助っ人を投入。
「足マリオ」プレイで有名な「P-P」さんが登場し、番組でも恒例の「1機やらせてもらってもよかですか」の言葉と共にチャレンジ。
操作のコツなどを披露しつつ、快調に1-1を進めていきます。

P-Pさんの手ほどきで操作を学んだ有野課長は、なんとBダッシュしながらのプレイを開始。
ファイアマリオになるほど順調に進めつつも、後半にある谷間を越えられずあっけなくゲームオーバー。
「会場のみなさん、この繰り返しです」と、挑戦お馴染みの光景を菅氏が分かりやすく解説してくれます。

再びP-Pさんがプレイに挑むと、最初の1機こそやられたものの、クリア寸前の山まで辿り着く足さばきを披露。
そこでP-Pさんが「どうぞ」と引き継ぎを促すと、「いいのかね?」と言いつつもプレイを継続。
最後のジャンプもしっかりと失敗し、400点のクリアボーナスで見事クリアとなりました。

「ニコニコ超会議初の生挑戦が、まさかの接待プレイでしたね」と岐部氏の的確なコメントも飛び出しつつ、続いてのコーナーが開始。
『スーパーマリオ』のコースを自由に作ることができる『マリオメーカー』を使い、有野課長が3つのコースを作成。
制作時間15時間に及ぶ力作に、様々な方が挑戦するという「有野からの挑戦」が幕を上げました。

まず最初のステージに挑むのは、引き続き登場となるP-Pさんだけでなく、黄色い声援と共に登壇した「キヨ」さん。
ニコニコ超会議らしいゲストに会場も沸き立ち、また有野課長がゲームクリエイターの才能をどのように開花させたのかの興味も高まるチャレンジが始まります。

それぞれ3機を与えられた2人。
まずはキヨさんが挑むと、まずは巨大なクリボーにあっけなくやられてしまいます。
悔しさを晴らすべく2機目をスタートさせ、巨大クリボーを返り討ち……かと思いきや、小さなクリボー2匹に分裂してしまい、反応できずに再び撃沈。
『マリオメーカー』のユニークさを垣間見せてくれます。

キヨさんが残り1機になってしまったため、ひとまずP-Pさんにバトンタッチ。
P-Pさんが着々と先に進めていきますが、マリオがジャンプした先に隠しブロックがあり、あえなく落下。
……と思いきや、落ちる地点に足場が用意してありました。

かなり手の込んだステージ構成は「どうしたらいいんだ?」と悩みたくなる場面もしばしばありますが、意外な形で救済措置が用意されているところもあり、いたずらに難しいだけのマップではありません。
ゲームクリエイター・有野課長の憎い仕掛けが随所に散りばめられています。
その計算されているマップ構成を見抜いたP-Pさん。
2機目のチャレンジで試行錯誤しつつも、無事クリア成功。
この偉業を有野課長も褒め称え、自ら名刺を渡してP-Pさんを賞賛しました。

続いてのステージに挑戦したのは、なんと川上量生氏。
KADOKAWA DWANGOの代表取締役会長でもあり、ニコニコの生みの親とも言える川上氏が、有野課長が作成した新たなステージに臨みます。
舞台は海に変わり、川上氏は慎重にマリオを操作します。
しかしその慎重さが仇となり、折角取った無敵時間が切れて手詰まりに。
あえなく倒れてしまいました。

失敗を活かした2度目のプレイは快調に進んだものの、泳いで迫ってきた巨大なクリボーに撃沈。
その光景に驚いたのか、3機目は開始直後にやられ、ゲームオーバーを迎えてしまいました。
そこで1度有野課長がお手本プレイを見せ、川上氏が再度挑戦。
ステージ構成の解説などを受けつつリベンジを達成します。
「面白いですね」と、『マリオメーカー』と有野課長の腕間を褒め称えました。

川上氏は3機でのクリアは果たせなかったため、「有野からの挑戦」としてのスコアはここまで1勝1敗。
勝ち越しの鍵を握る最後のチャレンジャーは、『スーパーマリオブラザーズ』を世に放った宮本茂氏。
スーパーマリオ30周年を祝うステージに、これほど相応しい方もいないでしょう。
『スーパーマリオ』シリーズを含め、12年間プレイヤーとしてゲームに挑み続けてきた有野課長と、数多くの名作ゲームを手がけた宮本氏。
そんな両者が今回は攻守を替え、「クリエイター・有野課長」と「プレイヤー・宮本茂」として対決します。

「12th GCCX」とブロックで描かれた、最後のステージに挑む宮本氏。
砲台から大量のコインが湧き出るという仕掛けなどが展開するユニークな構成に目を奪われたのか、1機目2機目が倒れ、巨大なノコノコを蹴り飛ばして敵を一掃した3機目もステージ半ばでやられてしまいます。

しかしここで終われない宮本氏、泣きの1回で再プレイに挑みますが、やはり中盤の壁を越えられず、有野課長のお手本プレイにバトンタッチ。
紆余曲折こそありましたが、『マリオメーカー』ならではの仕掛けなどをステージ内で披露しつつ、最後は華麗にゴールを決めました。

プレイを終えた宮本氏にステージの出来映えを訊ねると「んー、ひどい!(笑)」と即答。
その一言にすかさず反応した有野課長は「僕は12年間、ずっと“ひどい”と思ってますよ!」と切り返し、会場を笑いに包みます。
改めて宮本氏は「面白い」と感想を述べ、にこやかな笑顔で有野課長と固い握手を交わします。

前半は、足マリオという刺激的な生挑戦。
後半は、有野課長が挑戦を出す側に回るという、ニコニコ超会議ならではのステージイベントとなりました。
来年の出演を、早くも期待してしまいます。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る