2015 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 06

『ゴジラ-GODZILLA-VS』PV第2弾に「スペースゴジラ」が!発売日も決定、初回特典はモノクロ「昭和モード」

 【08//2015】

『ゴジラ-GODZILLA-VS』PV第2弾に「スペースゴジラ」が!発売日も決定、初回特典はモノクロ「昭和モード」


バンダイナムコエンターテインメントは、PS4ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』のPV第2弾を公開しました。


『ゴジラ-GODZILLA-VS』は、すべての「ゴジラ」ファンに向けた“超破壊”と“特撮の再現”が楽しめる「超破壊特撮VSアクション」ゲームです。
映画「ゴジラ」シリーズの人気怪獣たちが多数登場し、そのすべてが操作可能。
人知を超えたスケールの破壊を味わいつつ、フルHDで“特撮”ならではの雰囲気を感じる映像表現を楽しめます。


◆PV第2弾公開
公開されたPV第2弾では、前作の基本システムを踏襲したエネルギー施設破壊による怪獣のパワーアップのほか、操作可能となった登場怪獣たちが紹介されています。
空中を飛ぶ「キングギドラ」は「ゴジラ」とは全く異なる破壊の爽快感が味わえそうです。
「ヘドラ」「メカゴジラ」「ビオランテ」「デストロイア」「ガイガン」、さらにはハリウッド版の「ゴジラ(2014)」など新旧怪獣たちも目白押し。

ほかの怪獣たちとは異なり、“守護神”として人類を防衛する「モスラ」は、映像中に成虫と幼虫の両方の姿が確認できます。
ほかにも、人類を守る立場の存在として「ジェットジャガー」「スーパーメカゴジラ」「3式機龍改」
も登場。
街を破壊する怪獣を使用するか、街を守る怪獣を使用するか、プレイヤーは悩むことになりそうですね。

また、新規参戦怪獣として「スペースゴジラ」「メカキングギドラ」の映像を初公開。
映画ではどちらも「ゴジラ」を苦しめた強力なライバル怪獣なので、本作でも大いに活躍してくれそうです。

さらに、全世界のライバルたちと対戦する「オンライン対戦」や、三大怪獣が激突し映画のバトルも再現できる乱戦が紹介されているほか、発売日が2015年7月16日になることも映像内で発表されています。
バトルシーンもたっぷりのPV第2弾をぜひ実際にご覧ください。

■PS4『ゴジラ-GODZILLA-VS』PV第2弾
YouTube 動画URL:https://youtu.be/rd2N_I1J2kQ

◆東京の新名所「新宿東宝ビル」に巨大広告を掲出
東京・新宿コマ劇場跡地に建設された複合施設「新宿東宝ビル」に設置されている初代「ゴジラ」の実物大の“ゴジラヘッド”。
その直下に、2015年5月1日より本作の巨大広告が出現しています。
新宿に足を運んだ際は、大迫力の“ゴジラヘッド”と一緒にぜひチェックしてみてください。

◆初回封入特典
本作の初回封入特典が発表されました。

●「昭和モード」がダウンロードできるプロダクトコード
プレイ中の画面がモノクロになり、より映画らしい表現でゲームプレイが楽しめるようになります。

●スマートフォン用アプリ『ゴジラ怪獣コレクション』でつかえる特別なガチャメダル
※特典内容は変更になる場合があります。
予めご了承ください。
※特典の数には限りがあります。
無くなり次第終了となりますので予めご了承ください。
※プロダクトコードを利用する場合は、PS4本体をインターネットに接続する環境が必要になります。
また、Sony Entertainment Networkのアカウントが必要です。
※『ゴジラ怪獣コレクション』における特典アイテムは、事前の予告なく、アイテム内容の変更、配布の休止、または終了することがあります。
予めご了承ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
新規参戦怪獣2体も明らかになった本作。
3体の怪獣が激突する乱戦が、ますますヒートアップしそうです。

『ゴジラ-GODZILLA-VS』は、2015年7月16日発売予定。
価格は、パッケージ版・ダウンロードともに7,600円(税抜)です。

TM & (C)TOHO CO., LTD.
GodzillaTM, the related characters and the character design are trademarks of Toho Co., Ltd.
(C) 2015 Toho Co., Ltd.
(C) Warner Bros. Entertainment Inc. (C)Legendary All Rights Reserved.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

バンダイナムコHD、平成27年3月期決算を発表 ― 欧米で『ドラゴンボール ゼノバース』が好調

 【08//2015】

バンダイナムコHD、平成27年3月期決算を発表 ― 欧米で『ドラゴンボール ゼノバース』が好調


バンダイナムコホールディングスは、平成27年3月期決算を発表しました。

平成24年4月にスタートした3年の中期計画のビジョン「挑戦・成長・進化」のもと、中長期的な成長に向けて「IP(Intellectual Property キャラクターなどの知的財産)軸戦略」を核とした様々な施策を推進。
事業面では、国内のトイホビー事業において、新規IP商品および定番IP商品が好調に推移しています。
また、コンテンツ事業のネットワークコンテンツと映像音楽コンテンツに加え、欧米のゲームソフトが好調に推移しました。

この結果、平成27年3月期連結業績は以下のようになりました。

◆平成27年3月期 連結業績
平成26年4月1日~平成27年3月31日
※()内%表示は、対前年期増減率
■売上高:5654億8600万円(11.4%)
■営業利益:563億2000万円(26.1%)
■経常利益:593億8300万円(25.1%)
■当期純利益:375億8800万円(50.0%)
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
セグメント別に見ると、国内のトイホビー事業では、新規IP「妖怪ウォッチ」商品や定番IP「機動戦士ガンダム」商品が好調に推移。
また、定番IP「仮面ライダー」シリーズ、「スーパー戦隊」シリーズや女児向けIP「アイカツ!」などの商品が各事業を横断する展開により順調に推移しました。
このほか、大人層や乳幼児層に向けた商品展開を強化するなどのターゲット拡大に向けた取り組みが行われ、国内の各ターゲット・市場における「圧倒的No.1戦略」を着実に推進しています。

欧米地域では「Power Rangers(パワーレンジャー)」シリーズの商品が堅調、新たに投入した映画IP「BIG HERO 6(ビッグヒーロー6)」の商品が好調でしたが、欧米全体としては低調に推移しました。
アジア地域では、日本と連動した展開により、玩具やプラモデル、大人向けのコレクション性の高い玩具などが人気となりました。

国内のコンテンツ事業では、ソーシャルゲームやスマートフォン向けアプリゲームの主力タイトルが安定的に推移するとともに、『ONE PIECE(ワンピース) トレジャークルーズ』や『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』などの新規タイトルが好調に推移しています。
ゲームソフトにおいては、複数の大型タイトルの発売があった前期と比べ売上高が減少。
業務用ゲーム機においては、人気シリーズタイトルが堅調に推移したものの、市場環境変化の影響などにより苦戦しています。

欧米では、PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360ソフト『DRAGONBALL XENOVERSE(ドラゴンボール ゼノバース)』や、前連結会計年度に発売されたPS3/Xbox 360/PCソフト『DARK SOULS(ダークソウル)II」のリピート販売が好調に推移しています。

国内のアミューズメント施設事業では、店舗への人員配置や集客施策を強化するなど事業立て直しに向けた各種施策を進め、IPの世界観を体感できる差異化した店舗展開や、大型店へリソースを集中する施策などを推進しましたが、国内既存店売上高が前期比91.2%と前年実績を下回りました。
海外では、効率的な運営により、堅調に推移しています。

◆平成27年3月期 セグメント別売上高
平成26年4月1日~平成27年3月31日
※()内はセグメント利益
■トイホビー事業:2309億1800万円(170億400万円)
■コンテンツ事業:2880億900万円(409億2700万円)
■アミューズメント施設事業:555億3800万円(△22億8700万円)
■その他:270億600万円(14億6200万円)
■調整額:△359億8700万円(△8億2200万円)
■連結財務諸表計上額:5654億8600万円(563億2000万円)
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
尚、グループの組織体制見直しに伴い、「トイホビー事業」「コンテンツ事業」「アミューズメント施設事業」としていた報告セグメントは、翌連結会計年度より「トイホビー事業」「ネットワークエンターテインメント事業」「映像音楽プロデュース事業」に変更されます。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ファイナルファンタジーXIV」オンライン有償サービスにビックポイントが対応

 【08//2015】

「ファイナルファンタジーXIV」オンライン有償サービスにビックポイントが対応


スクウェア・エニックスはプレイステーション 4/3/Windows/Mac用MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」(FFXIV)のオンライン有償サービスの決済にビックカメラのビックポイントが5月8日から対応したと発表した。


対応が決定したことで、ビックカメラの「ビックポイント」で貯めたポイントを利用して、「FFXIV」オプションアイテム購入などの有償サービスの支払いが可能となる。

現状利用できるのは、サービス契約手続き(デジタルアップグレード、製品版アップグレード)、オプションサービス(ワールド移転サービス、キャラクター名変更サービス)、オプションアイテム(各商品すべて)で、今後使えるサービスは追加される可能性がある。

©2010-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

デノンがアトラスとコラボ 新作ソフト「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」にヘッドフォンが登場

 【08//2015】

デノンがアトラスとコラボ 新作ソフト「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」にヘッドフォンが登場


デノンは5月8日、アトラスが6月25日に発売するPlayStation Vita用ソフト「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(P4D)」とのコラボレーションを発表した。
ゲーム内でキャラクターにデノンのヘッドフォンを装着してプレイできる。


5月16日と17日に中野で開催される「春のヘッドホン祭2015」のディーアンドエムホールディングスブースで発売前のP4Dを体験可能。
両日ともに整理券を配布する予定だ。

また、16日はP4Dのサウンドコンポーザー小塚良太氏とオーディオ評論家野村ケンジ氏によるトークショーも開催される。
開催時間は11時30分から12時20分。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『スプラトゥーン』は色覚サポートを実装…デモ版の説明書から判明

 【08//2015】

『スプラトゥーン』は色覚サポートを実装…デモ版の説明書から判明


5月28日発売に発売予定の『スプラトゥーン』は、自分の色のインクでフィールドを塗りつぶし、その面積を競うゲームです。


このような特性から、色覚異常を持つゲームファンには不利になってしまうのではないかという声もあがっていましたが、先日より配信を開始しているデモ版の説明書から、「色覚サポート」が実装されていることが判明。
このオプションを選ぶと、インクカラーを見分けやすくなるよう色の種類を固定することができ、特定の色を判別できないユーザーもプレイしやすくなるようです。

なお、『パズル&ドラゴンズ』や『Destiny』などにも、『色覚サポート』はすでに搭載されています。
日本人男性の20人に1人がなんらかの色覚異常を持つと言われていますので、今後このような選択ができるタイトルが増えていくといいですね。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「十二回 博麗神社例大祭」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開タイトルの試遊も

 【08//2015】

「十二回 博麗神社例大祭」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開タイトルの試遊も


5月10日に行われる「十二回 博麗神社例大祭」の東3ホールにて、「東方Project」と関わりを持つ様々なゲームがプレイアブル出展される「東方ゲームショウ」が開催されます。


「博麗神社例大祭」とは、「上海アリス幻樂団」が制作している同人作品群「東方Project」をモチーフとした同人誌即売会のひとつ。
オンリーイベントとしては最大級を誇っており、東方Projectに対する人気の高さと支持の厚さを窺い知ることができます。

そんな博麗神社例大祭の十二回目が、東京ビッグサイトにて5月10日に実施されますが、その一角とある東3ホールにて、「東方ゲームショウ」が開催されます。
この東方ゲームショウには、コナミデジタルエンタテインメントやセガ・インタラクティブなどが、それぞれ東方Projectとコラボレーションしたアーケードゲームなどをプレイアブル出展します。

またソニー・コンピュータエンタテインメントとメディアスケープが共同で行っている「Play,Doujin!」プロジェクトからも、東方創作ゲーム4作品をプレイアブル展示。
Play,Doujin!参加作品が、実際のゲーム機で一般に向けた試遊を行うのは今回が初めて。
この貴重な機会を味わいたい方は、第十二回 博麗神社例大祭の東方ゲームショウへと足を運んでみましょう。
なお東方ゲームショウへの入場も、博麗神社例大祭の目録(カタログ)が必要となるのでご注意ください。

■十二回 博麗神社例大祭 開催概要
・内容:東方Projectオンリー同人誌即売会
・開催日:2015年5月10日(日)10:30 ~ 15:30
・会場:東京ビッグサイト 東ホール

◆東方ゲームショウ コラボ企業出展情報
■コナミデジタルエンタテインメント
●BEMANI4機種無料体験会開催
・「はいぱぁ電波これくしょん!-フリーダム★東方編-」から、オリジナルムービー付きで先行解禁。

・「東方ジェネシスカード」先行GETのチャンス。
豪華描き下ろし東方ジェネシスカードイラストも大公開。

■セガ・インタラクティブ
●maimai ORANGE PLUSを体験しよう!
映像付きの東方Projectの曲を『maimai』を無料で体験。
遊んだ方には、全国のゲームセンターで使用できるAimeカードをプレゼント。

■タイトー
●『グルーヴコースター 2 ヘヴンリーフェスティバル』が博麗神社例大祭に登場!
先行体験曲を含む、東方アレンジ曲を無料でプレイできます。

■バンダイナムコエンターテインメント
●東方太鼓祭はじまるドン!
国民的音楽ゲーム『太鼓の達人』が登場。
「NAMCO SOUNDS×東方Projectアレンジ」企画から制作された新曲の先行無料体験を開催します。

◆Play,Doujin! 例大祭出張所
■AQUA STYLE(アクアスタイル)
・タイトル:『不思議の幻想郷 THE TOWER OF DESIRE』
・プラットフォーム:PlayStation Vita
・発売予定日:6月25日
・ジャンル:ダンジョン探索RPG
ランダム生成の迷路を踏破するローグライクゲーム。
戦略と運とスペルカードを駆使し迷宮の最奥を目指す。
2009年にシリーズ第一作が頒布されてから多くのファンに愛され続け、合計15作品ものシリーズ作品が出ている同サークルの看板タイトル。
PS Vita版はPC版の携帯機向け移植にとどまらず、多くの新要素をひっさげて登場。
さらにPC版『不思議の幻想郷3』からアイテムデータの引き継ぎが可能。

■領域ZERO(りょういきゼロ)
・タイトル:『東方スカイアリーナ・幻想郷空戦姫-MATSURI-CLIMAX』
・プラットフォーム:PlayStation 4、PlayStation Vita(予定)
・ジャンル:ハイテンションスペルバトルアクションゲーム
空中を華麗に飛びながら、弾を撃ち合い、斬り結ぶ高速バトルアクション。
最大4人での対戦プレイが可能。
BGMの展開とキャラクター性能が同期するユニークなシステム「テンションシステム」を搭載。
バトルBGMの歌の盛り上がりに合わせてキャラクターのテンションが変わり、キャラの性能や使える技が変化する。

BGMは、豚乙女・SOUND HOLIC・Tsukasa(Sound Online)ほか有名アーティスト陣が提供。
PlayStationR移植にあたっては完全HD化(PS4)、新曲追加などを予定。

■CUBETYPE(キューブタイプ)
・タイトル:『幻想の輪舞』
・プラットフォーム:PlayStation 4
・発売予定日:6月11日
・ジャンル:弾幕アクション
「こっちもボス、あっちもボスの弾幕バトル」をコンセプトとした見下ろし画面の弾幕アクション。
通常攻撃、近接攻撃、スペルカードを組み合わせて自分だけの弾幕バトルを組み立てろ!移植にあたってゲームバランスのチューニングおよび画面のフルHD化、一人用モードの拡充など様々な追加要素を用意。
さらにPlayStation Networkを経由したオンライン対戦にも対応。

■souvenir circ.(スーベニア)
・発売予定タイトル:『舞華蒼魔鏡(まいはなそうまきょう)』(仮題)
・プラットフォーム:PlayStation 4(予定)
・ジャンル:体当たり弾幕シューティングゲーム
2015年3月にPS4に鮮烈なデビューを果たしたsouvenir circ.が、今度は東方創作ゲームで“Play,Doujin!”に登場。
敵弾に取り囲まれるピンチをチャンスに転化する「弾幕渡り」システムが特徴の横スクロールSTG。
ワイド画面を目一杯に使った美しいグラフィック・エフェクト・迫力のカットインが見所。
PS4 版はフルHD対応を予定。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
(C) Mediascape Co.,Ltd. (C) 上海アリス幻樂団
(C) AQUA STYLE
directed by area-zero
(C) CUBETYPE Licensed by G.rev Ltd.
(C) souvenir circ.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ハンティングアクション!「モンスターギア」を体験!セガネットワークスの新アプリ。簡単操作、4人協力で遊べる、盛り上がれる!

 【08//2015】

ハンティングアクション!「モンスターギア」を体験!セガネットワークスの新アプリ。簡単操作、4人協力で遊べる、盛り上がれる!


セガネットワークスより5月中旬からサービスが開始されるAndroid/iOS用ハンティングアクションRPG「モンスターギア」。
基本プレイ無料のアイテム課金制で、対応OSはAndroid(4.1以降)、iOS(6.0以降)。


「モンスターギア」は、最大4人のプレーヤーで一緒に巨大なモンスターを狩れる新感覚のハンティングアクションRPG。
タッチ操作だとわずらわしい操作になりがちな移動要素はなくし、巨大なモンスターとガードと攻撃を駆使して戦うバトル(ハンティング)に特化したゲームだ。

また、「遠くにいる知らない人と遊んでもいまいち盛り上がらないでしょう?」ということで、オンライン協力ではなく近くにいる人とのみ最大4人協力プレイができるようにしているという。
このように、随所にこだわりがみられる新進気鋭のタイトルとなっている。

そんな「モンスターギア」、通称「モンギア」を体験プレイさせて頂いたので、どんなゲームになっているのか、この日に撮影したプレイムービーとともにお伝えしていこう。
「モンギア」は現在、事前登録および事前登録ガチャも行なわれているので、本稿で気になった方はぜひチェックして頂きたい。


■ 「モンスターギア」の魅力とは?
この日は「モンギア」のプロデューサーである中村泰良氏に解説を頂きつつ、コンパニオンのみなさんにも参加頂いて、4人協力でのハンティングを行なった。

実際にプレイしてみて感じたのは、「モンギア」はスマホで遊びやすいことをコンセプトにハンティングアクションの魅力を“うまく最適化”している、ということだ。

まず1回のミッションは3~5分ほどとなっていて“手軽に楽しめる良さ”を重視。
ミッションでは次々にモンスターが出現し、最後にボスと言える大型のモンスターを狩っていくという流れになっていた。

モンスターとは「ガード」、「通常攻撃」、「特殊攻撃」の3ボタンのみで戦うシンプルアクション。
画面の印象からはコマンド選択的なゆっくりとしたテンポを想像するかもしれないが、実際はこちらの攻撃もモンスターの動きもスピーディー。
ボタンを押した時のレスポンスもクイックで、まさにアクションゲームの手触りだ。

通常攻撃は、連続タップによる最大6連続攻撃あり、通常攻撃から「特殊攻撃」を繋げれば、威力や攻撃回数がアップする要素ありと、2つのボタンだけでも攻撃のバリエーションを付けている。
つまり、5連撃からの特殊攻撃が最長の攻撃というわけだ。

連続攻撃でガシガシ攻撃しつつも“巨大なモンスターが繰り出す攻撃の予備動作を見てしっかりとガードする”というのがバトルのポイントだ。
ここが本作のゲーム性のポイントと思えるところで、できれば6連撃や5連からの特殊攻撃などをバシバシ撃ちたいところだが、あまり長い攻撃をしていると、その間にモンスターからの攻撃を喰らってしまう。
いかに、“モンスターの攻撃の隙間を突くようにして最大ダメージを与えていくか”というせめぎ合い。

この、“攻撃しつつしっかり反応してガードする”というゲーム性には、「モンスターの動きがちゃんと伝わってくるか?」が大事になるわけだが、本作はモンスターが3Dモデルで作られていて、バトル中にぐりぐりと動きまわる。
攻撃の予備動作もしっかりその動きから伝わってくる。
モンスターが構えたのに反応し「あぁ、やばいやばい! ガード!」っと攻撃を止めて、ギリギリでガードが間に合えば1番美味しい。
ちなみに本作にはジャストガードの要素もあって、ジャストガードできればダメージを完全に0に抑えられる(通常ガードは少しダメージを受けてしまう)。

もうひとつポイントになるのが「コンボ数」。
攻撃を連続して当てているとコンボが繋がっていき、攻撃力に倍率アップの効果が加わる。
コンボは“モンスターの放つ全体攻撃を誰か1人でもガードしていれば繋がる”という仕組みになっていて、全員がガードに失敗して攻撃を喰らったらコンボは途切れてしまう。

そのため例えば、“攻撃は仲間に任せ、コンボ継続のためにガード重視のプレイをする”というプレイもあり……というわけだ。

バトルやガチャでモンスターの魂で作られた装備「モンスターギア」を獲得していくのが本作の醍醐味。
装備の豊富さもポイントで、武器には「大剣」、「双剣」、「ランス」、「ハンマー」、「弓」の5種類がある。

「大剣」:攻撃スピードはゆっくりだが一撃のダメージが大きい
「双剣」:攻撃速度が速くコンボ数を稼ぐ
「弓」:毒、暗闇、弱体といった状態異常攻撃をかけられる
「ランス」:ガード性能が高く仲間を回復できる
「ハンマー」:モンスターを気絶させる攻撃が放てる
それぞれの武器にはこのような特徴があって、前述のコンボの仕組みもあるので、双剣がひたすらにコンボ数を稼ぎ、大剣はたっぷりコンボが繋がってから大ダメージを与え、ランスはガード重視&回復で守り、弓は状態異常攻撃でハンティングをより有利に、ハンマーはモンスター気絶させてチャンスを作る、といったようなプレイになっていく。

シンプルな3ボタンのみの操作ながら、コンボとガードのせめぎ合い、そして武器の種類とでいろいろな個性やプレイスタイルを作っているところは、非常にうまい作りと感じたところだ。

ちなみにこの日はiPad miniが用意され、それでプレイしていたのだが、コンパニオンさんからは「これならスマホだと片手でも遊べそうでいいよね」という意見も聞けて、なるほど納得。
移動中にも片手でスマートに遊べるかも大事なポイントだ。

武器以外にも頭、胴、手足と防具の装備があり、それぞれに「ギアバースト」という特殊技や「アビリティ」という能力アップ効果がついている。
もちろん装備品によってバトル中の外観がちゃんと変わるし、その種類も豊富。
装備の組み合わせは1億通りにもなるという。

特徴として、武器や防具は全てモンスターのアイコンになっているところもユニーク。
モンスターをハンティングし、ドロップした「ソウル(魂)」で作った装備が「モンスターギア」であり、ギアの一覧はモンスターの姿が描かれたアイコンが並ぶ。
モンスターのソウルコレクション的な見え方にもなっている。

手に入れたソウルでギアの強化をしたり、より強力なアビリティを開放させたりといった、定番とも言える要素もしっかり搭載されている。

■ 強敵! ボスモンスター「リュウジン」と対決
この日はイベントクエストの「水でできた龍、リュウジン」というクエストに4人プレイで挑んでみた。
4人プレイするときは、ホストになる人はクエスト選択後に「近くの人とマルチ」ボタンを押し、参加側の人は、メインメニューの「マルチに参加」というボタンを押せばOK。
自動で近くの人のクエストが検索され、参加していける。

4人揃ったところで早速クエスト開始!「私ガードがんばってみるから、みんな攻撃して!」といった感じに声をかけつつ、わいわいと楽しめるのは、近くにいる人と遊んでいるからこその面白さ。
ボス前のいわゆる雑魚モンスターに妙に苦戦したり、コンボ数が数百を超えていって盛り上がったりと、とにかく騒げるゲームだ。
コンボを途切れさせたくないあまり、4人揃ってガードしっぱなしなんていう状況も生まれ、それにもまた笑いが起きる。

ボスモンスターは、蒼い体躯に大きな翼を持つ「リュウジン」。
バッサバッサと飛びつつ、高く舞い上がってダイブしてきたり、尻尾でなぎ払ってきたりと、いろいろな攻撃を持つモンスターだ。

このリュウジンが本作の歯ごたえを感じさせる強敵で、なんとかジャストガードを狙いつつ戦うも大苦戦! 仲間の1人をツメで掴んで連れ去り、高いところから落とすなんていう攻撃まであって、捕まった仲間は「助けてー」と画面内で助けを求め、それを操作している本人も「助けて-!」とキャラにリンクした悲鳴混じりの盛り上がり。
ちなみに仲間が捕まった時は集中攻撃を浴びせると救出できるのだとか。

中村プロデューサーによれば、モンスターがいろいろな攻撃を繰り出してくるのも本作の醍醐味で、それを覚えて攻略していくところに注力しているという。
プレイを進めると、攻撃のフェイントをかけてくるモンスターや、地中や水の中に潜るモンスターなどもいるそうだ。

ボスモンスター戦でポイントになるのは特殊技「ギアバースト」。
3ボタンの上に並んでいる四角のアイコンをタップして発動するもので、攻撃スピードアップや防御アップなど、強力な効果を持っている。
さらにそれだけではなく、ギアバースト発動時にはわずかに無敵時間があり、それでモンスターの攻撃を回避するというテクニックも存在。
ジャストガードやバースト無敵など、防御にもテクニックがある。

そんなテクニックも狙いつつ、1戦目は負けてしまった「リュウジン」との再戦へ! 2戦目は4人とも装備を変え、ランスがコンボを繋ぐべくガード重視、双剣がガシガシと攻撃してコンボを稼ぎ、ハンマーが気絶攻撃を繰り出してモンスターをダウンさせる。
ジャストガードが決まって「ナイス!」、ハンマーがリュウジンを気絶させると「さすがハンマーすごい!」といった感じに声を掛け合いつつ、なんとか撃破!
というわけで「モンギア」の4人プレイを体験してみたのだが、一緒に盛り上がりつつ、ナイスプレイに声をかけつつ、最後はたたみかけて討伐を成功させる感触は、まさにハンティングアクション。
スマホに特化させたシンプル操作ながら、レスポンスの良さ、ガード&アタックの手触りにもしっかりアクションの醍醐味を感じ取れたのも嬉しいところ。

友達と一緒に盛り上がれる新感覚のハンティングゲームとして、期待の持てるアプリ。
最後にこの日に収録したプレイムービーも掲載するのでご覧頂きたい。
そして興味の湧いた方は、まずは事前登録&事前登録ガチャをチェックして頂きたいばかりだ。


©SEGA



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PC版『D4』6月5日リリース…『レッドシーズプロファイル』SWERY氏の新作ADV

 【08//2015】

PC版『D4』6月5日リリース…『レッドシーズプロファイル』SWERY氏の新作ADV


■Xbox Oneヒット作『D4』、日本語含むPC版リリースが6月5日に決定!
アクセスゲームズが2014年にリリースしたXbox One用ミステリーアドベンチャータイトル『D4: Dark Dreams Don’t Die』。
本作のPC版配信日がグローバルで6月5日に決定しました。

これは、本作の開発を手掛けたSWERYこと末弘秀孝氏が、自身のTwitterで明かしたもの。
SteamやGOG.com、Humble Storeのほか、PLAYISMでも購入が可能になるようです。
配信価格は14.99ドル。

本作は、超能力を使用できる私立探偵デイビッド・ヤングを操作して、2年前に殺害された妻の事件の真相を解き明かしていくミステリーアドベンチャー。
PC版では、1080p/60fps対応や全DLC同梱など様々な要素が追加されています。
また、今年1月にはXbox One版の総ダウンロード数が130万を超えるなど好調ぶりが報じられていました。

現在開催中の東京インディーフェスでは、PC版『D4』の日本語版が展示されているので、おってレポート記事もお届けする予定です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)tr.』石原夏織さんがドラゴンとのバトルに挑戦! Webラジオ第4回が公開

 【08//2015】

『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)tr.』石原夏織さんがドラゴンとのバトルに挑戦! Webラジオ第4回が公開 


●小倉さんがカスタマイズした機体で石原さんが出撃!
バンダイナムコエンターテインメントより2015年5月28日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)tr.』の魅力を発信する、プレイ映像付きWEBラジオ第4回“クロスアンジュ~ナオミとロザリーとクリスの radio~”(ナオミ 声:原紗友里さん、ロザリー 声:石原夏織さん、クリス 声:小倉唯さん)が公開された。

以下、リリースより。

----------

PlayStation(R)Vita 専用ソフト クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)tr.
第4回『クロスアンジュ~ナオミとロザリーとクリスの radio~』~石原夏織さんがドラゴンとのバトルに挑戦!~

株式会社バンダイナムコエンターテインメントより5月28日発売予定のPS Vita専用ソフト『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)tr.』の魅力をお伝えする(発信する)番組、プレイ映像付きWEBラジオ、第4回「クロスアンジュ~ナオミとロザリーとクリスの radio~」(ナオミ CV:原 紗友里、ロザリーCV:石原 夏織、クリス CV:小倉 唯)を公開したことをお知らせいたします。

第4回『クロスアンジュ~ナオミとロザリーとクリスの radio~』公開
ゲームオリジナル主人公のナオミ役「原紗友里」と「鷲崎健」をパーソナリティとして毎回ゲストを迎えてお送りする、PSV『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)tr.』のゲーム紹介番組。
4回目の今回の放送は前回に引き続き、ロザリー役の石原夏織さん、クリス役の小倉唯さんをゲストに迎えての放送となります。
前回、小倉さんがカスタマイズした機体を使って、石原さんがバトルに出撃します!ハラハラ、ドキドキ?のアクションプレイをご覧ください!
○「クロスアンジュ~ナオミとロザリーとクリス radio~」
・パーソナリティ:原 紗友里、鷲崎 健
・ゲスト :石原 夏織、小倉 唯
★WEBラジオは公式サイト(http://crossange.bngames.net/)にて公開中!
■プレイ実況内容
今回の実況プレイでは、前回のカスタマイズ機体で巨大なドラゴンとのバトルに挑戦!プリンを賭けたダーツ対決コーナーも開催!果たして勝利とプリンを手にするのは!?是非とも番組をご覧ください。

◆インターネットラジオステーション<音泉>


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『かんぱに☆ガールズ』 新キャラクター“メルノア・ヒア”、“アイノア・ヒア”を追加 2015年夏までのロードマップも公開

 【08//2015】

『かんぱに☆ガールズ』 新キャラクター“メルノア・ヒア”、“アイノア・ヒア”を追加 2015年夏までのロードマップも公開


●PC版とのデータ連動可能のスマートフォン版も今夏リリース
DMMゲームズとDMM.com OVERRIDEは、サービス中のPC用ファンタジーRPG『かんぱに☆ガールズ』において、本日2015年5月8日(金)に新キャラクター追加のアップデートを実施した。
また、2015年夏までのロードマップを公開。

以下、リリースより。

----------
ゲームの企画・開発・運営事業を展開するDMMゲームズと、DMM.com OVERRIDEは、ファンタジーRPG『かんぱに☆ガールズ』にて5月8日(金)に新キャラクター2人追加のアップデートを実施しましたことをお知らせいたします。
また、2015年夏までの『かんぱに☆ガールズ』ロードマップを公開いたしました。
詳細は公式サイトをご覧ください。

■2人の新社員が登場!
ウォリアー系☆4の「メルノア・ヒア」(CV: 岩崎春奈)、クレリック系☆4の「アイノア・ヒア」(CV: 岩崎春奈)、2人の社員が新たに登場します。
※岩崎の“崎”は旧字体
〇メルノア・ヒア
CV:岩崎春奈
イラスト: GAN
キャラクター紹介:
かつてエルフ種と対立していたダークエルフ種「ルシェミ族」出身。
明朗快活で口うるさい。
面倒な事が大嫌いな非常に大雑把な性格。
双子の妹とは“お互いを補い合う二人で一つの存在”と考えているらしく、いつも一緒に行動している。
どちらかが居なくなると不安で仕方が無い。
無口だが分別のある妹を尊敬しているが、同時に心配もしている。

〇アイノア・ヒア
CV: 岩崎春奈
イラスト: GAN
キャラクター紹介:
かつてエルフ種と対立していたダークエルフ種「ルシェミ族」出身。
もの静かで大人しい。
無口無表情であるが論理的な思考の持ち主である。
双子の姉とは“お互いを補い合う二人で一つの存在”と考えているらしく、いつも一緒に行動している。
どちらかが居なくなると不安で仕方が無い。
短絡的で喧嘩っ早い姉をたしなめるのはもっぱら彼女の役割である。

■新社員出現率アップキャンペーンを実施!
期間限定で履歴書からの新社員出現率がアップするキャンペーンを実施いたします。
キャンペーン期間中は、新社員「メルノア・ヒア」「アイノア・ヒア」2人から履歴書が届きやすくなります。
毎日ログイン時に届く履歴書に新社員からの履歴書が入っていることもあります。

2015年5月8日(金)メンテナンス後から2015年5月22日(金)メンテナンスまで
■2015年夏までのロードマップを公開!
『かんぱに☆ガールズ』では2015年夏までに予定しているロードマップを本日公開いたしました。

▼「ケモミン森の感謝祭」(2015年5月下旬~6月中旬予定)
ケモミン森で手に入るアイテムを集めると、ケモミンの神様から様々な賜物がもらえる新イベント「ケモミン森の感謝祭」を開催!期間中は複数のイベント衣装や限定武器などレアアイテムが多数登場します!

▼第二部1章『異世界の少女』(2015年6月下旬予定)
~あらすじ~
ミステリオに残り傭兵業を続ける主人公達の前に1人の少女が現れる。
彼女はいったい誰なのか…そしてどこから来たのか…。

メインクエスト第二部の新章が2015年6月下旬から順次アップデートにより追加されます。

▼スマートフォン版『かんぱに☆ガールズ』(2015年7月上旬予定)
PCブラウザ版とのデータ連動、スマートフォン端末に最適化されたUI、スマートフォン版『かんぱに☆ガールズ』が今夏ついに登場します。

このほかにも新施設や新クエストなど、様々なアップデートを予定しています。
詳しくは公式サイトをご覧ください。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る