2015 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 06

『サイレントヒル』バブルヘッドナースがfigmaに登場! 独自関節で恐怖シーン再現

 【16//2015】

『サイレントヒル』バブルヘッドナースがfigmaに登場! 独自関節で恐怖シーン再現


ホラーゲーム『サイレントヒル』シリーズの人気クリーチャー・バブルヘッドナースが、グッドスマイルカンパニーの展開するアクションフィギュアシリーズ「figma」に登場。
現在予約受付中で、10月に発売となる。

「figma バブルヘッドナース」フォトギャラリー

『サイレントヒル』は、コナミから発売されたホラーゲーム。
映画化、ノベル化、デジタルコミック化など様々なメディア展開をみせ、世界的な人気を誇る作品だ。
今回のモチーフとなるバブルヘッドナースは2作目から登場し、現在ではシリーズを代表する人気を誇る。

発表された「figma バブルヘッドナース」は、スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツによって、劇中のあらゆるシーンが再現可能。
また、要所に軟質素材を使う事でプロポーションを崩さず、可動域を確保しているところも特徴だ。

また、本商品には「ナイフ」や「鉄パイプ」の他に、オリジナルの頭部パーツが付属。
可動支柱付きのfigma専用台座も同梱している。
また、圧倒的な存在感を放つクリーチャー「figma レッドピラミッドシング」(別売り)と組み合わせることにより、『サイレントヒル』の世界をさらに深く表現できる。

「figma バブルヘッドナース」はGOODSMILE ONLINE SHOPにて、6月3日21時まで受注受付中。
価格は4259円(税別)。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スコーン、ゲーム化…全く同じ形のスコーンを当てる超高難易度で“裏面”も用意

 【16//2015】

スコーン、ゲーム化…全く同じ形のスコーンを当てる超高難易度で“裏面”も用意


湖池屋は、WEBゲーム『スコーンブレインアウト』を公開しました。

『スコーンブレインアウト』は3月に「スコーン」ブランドがリニューアルしたことを記念して公開されたWEBゲームです。
このゲームは一つとして同じ形がないスコーンとの一期一会の奇跡の出会いを見極め、全く同じ形のスコーンを当てていくというルール。

ですが、開発陣がスコーンのディティールにこだわり過ぎてしまったために、同じ形のスコーンを見つけることが非常に困難な超高難度ゲームとなってしまいました。
約100種類のヒントも用意されているのでこれを元に正解を見つけ出していきましょう。

さらに、あるコマンドを実行すると出現する秘密の裏ステージも用意されているとのこと。
スコーンマスターになるべく、全問クリアを目指して挑戦してみてください。

(C)2015 Koikeya Co.,Ltd.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ファントム オブ キル』の武具を使いこなせ! オススメ武具や統合、熟練度の効率の良い上げ方(第5回)

 【16//2015】

 『ファントム オブ キル』の武具を使いこなせ! オススメ武具や統合、熟練度の効率の良い上げ方(第5回)


キル姫にあった武具を選ぶのも楽しい『ファントム オブ キル』。
いろいろな武具を手に入れて、キル姫に装備させたくなります。
そんなときに気になるのは、強い武具と熟練度。
連載5回目となる今回は、オススメの武具や武具統合、熟練度の効率の良い上げ方についてです。


武具は、マナポイントガチャとクエストで入手することができます。
どちらも運が良ければ高レアリティの武具が手に入る可能性がありますが、強い武具を手に入れるなら、「武具統合」が欠かせません。
そこで、まずは武具統合で強い武具を作るコツを紹介します。

◆武具統合

武具統合は、最大5つの武具を合成して、1つの武具を作り出すことができるシステムです。
この武具統合で、手に入れた武具をさらに強いものにすることもキル姫の強化に繋がります。
統合の際に注意したい点は、統合に使用した武具は消失してしまうことです。
残しておきたい武具は、武具統合に使っちゃダメですよっ。


個人的に、武具統合で素材にする武具は「2つ」がオススメ。
2つの武具を使っても、5つの武具を使っても、できあがる武具は1つ。
それならば、使う武具を2つにすることで、試行回数を増やそうではないか! ということです。
もう一つの理由は、武具を5つ使って統合しても、良いものができる確率が上がったとは感じられなかったからです。
統合する際は、武具のレアリティを揃えることをオススメします。

◆オススメしたい武具
装備する武具を選ぶポイントは、「重さ」と「射程」です。


まず、重さですが、オススメは軽い武具! これは武具が軽いと、バトル中に2回攻撃する「追撃」が発生しやすくなるからです。
追撃が発生すればバトルを有利に進められるので、武具の重さをチェックすべし!

次に射程ですが、オススメは射程表示が「1-2」のような武具です。
「1-1」のような射程1の武具は敵に密着しないと攻撃できませんが、射程が2以上あれば離れた位置から攻撃することができます。
近接系の武具になる斧や槍にも離れた位置から攻撃できる武具があるので、忘れずに射程をチェック! 近づいてもヨシ、遠距離からでもヨシな武具を装備すると、バトルが楽になりますよっ。

気をつけたいのは、弓の「2-2」のような武具。
射程に1がなく、2以上しかない武具は、密着して攻撃することができません。
敵に密着されると反撃できないので、注意しましょう。

◆熟練度の効率の良い上げ方

武具の熟練度は、武具を装備した状態で敵を倒すことで上がります。
攻撃の回数ではなく、敵を倒した数によって変動するので、熟練度を上げたい武具を装備したキル姫でトドメを刺すことがポイント。
装備している武具の熟練度が上がるので、剣の熟練度を上げたいなら剣、斧の熟練度を上げたいなら斧を装備しましょう。

熟練度を効率良く上げるなら、熟練度を上げたい武具を装備して、敵をたくさん倒せるクエストに少人数で行くべし! ソロでクリアできるようなクエストに行けば、敵を独り占めできるので熟練度がさらに上げやすくなります。
クエストの難易度は低めでも良いので、たくさんの敵にトドメを刺しましょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『ファントム オブ キル』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。


(C) 2014 Fuji&gumi Games inc.
■筆者 さかまきうさろーる
ファミコンのA/Bボタンが四角だった頃からのゲーム好き。
現在はAndroidとアニメにご執心。
のんびりライターとして活動しながら、ゲームをプレイ中。
アニメを追いかけつつ、ときどきすれ違いを求めて、3DS片手に福岡を徘徊しています。
Twitter:@sakaroll


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

幻のポケモン“ときはなたれしフーパ”のみが使える技「いじげんラッシュ」ゲーム映像公開

 【16//2015】

幻のポケモン“ときはなたれしフーパ”のみが使える技「いじげんラッシュ」ゲーム映像公開


株式会社ポケモンは、動画「ときはなたれしフーパのみが使える技”いじげんラッシュ”!」を公開しました。


幻のポケモン「フーパ」は、初のエスパー/ゴーストタイプのポケモンです。
フォルムチェンジすることが確認されており、「ときはなたれしフーパ」は真の姿であるとされています。

今回は「ときはなたれしフーパ」のみが使うことのできる技である、「いじげんラッシュ」の動画が公開されました。
あくタイプのこの技は、フーパの6つの腕とリングを相手のポケモンのまわりに飛ばし、全方向から攻撃を加える、迫力満点の技となっています。


『ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア』は発売中。
価格は4,571円(税別)です。

(C)2015 Pokemon. (C)1995-2015 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.ポケットモンスター・ポケモン・ Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今週のアクセスランキング!今週の1位は「アーマーガールズプロジェクト艦これ 金剛改二」

 【16//2015】

今週のアクセスランキング!今週の1位は「アーマーガールズプロジェクト艦これ 金剛改二」


今週のアクセスランキング1位はバンダイコレクターズ事業部の「アーマーガールズプロジェクト艦これ 金剛改二」の話題だった。
このアクションフィギュアは、細部まで特徴を捉えた丁寧な立体化が行なわれていおり、多彩なポージングも可能という点で非常に出来が良い。
大きな艤装も再現しているということで迫力満点なところが注目を集めたと言える。


第2位は、5月28日発売ということで発売が間近に迫ってきたアクションシューティング「スプラトゥーン」のプレイレポートだ。
昨年のE3で発表されて以来、フィールドをインクで塗りつぶしていく陣取り合戦という任天堂らしいチーム対戦アクションに注目が集まっていた。
その戦略性の高さ、これまでのゲームにありそうでなかったアクションの数々が一挙に公開され、体験可能な「完成披露試射会」もいきなり開催された。
非常に短い体験時間だったが、弊誌でもプレイレポートを掲載させていただいた。
ちなみに、5月24日には、「Splatoon(スプラトゥーン)完成披露試射会 アンコール!」が開催されるので、Wii Uユーザーはぜひ参加してみて欲しい。

そして第3位はちょうど1週間前の「今週のアクセスランキング」。
毎週コンスタントに掲載され、その週のトレンドがわかるためか今週も安定してアクセス数を稼いだようだ。

今週はレビューをはじめとした特集記事も多く掲載されているので、ぜひともバックナンバーを眺めながら、この週末にチェックいただきたい。

1
(05/13)
「アーマーガールズプロジェクト艦これ 金剛改二」登場 - GAME Watch
2
(05/09)
「スプラトゥーン」猛烈に楽しいナワバリバトル! - GAME Watch
3
(05/09)
今週のアクセスランキング! - GAME Watch
4
(05/13)
3DS「ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君」発売決定 - GAME Watch
5
(05/08)
レトロゲーム機デザインのグッズをまとめてチェック! - GAME Watch
6
(05/13)
ゲーム開発会社のイメージエポックが破産 - GAME Watch
7
(05/09)
「ファイナルファンタジー エオルゼアカフェ」の新メニューをお披露目! - GAME Watch
8
(05/14)
バンダイ、静岡ホビーショーでガンプラ最新ラインナップを公開! - GAME Watch
9
(05/08)
第1部「ファントムブラッド」の“ディオ”がアクションフィギュア化! - GAME Watch
10
(05/14)
「スーファミ」風のBluetoothコントローラー発売決定 - GAME Watch



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

静岡ホビーショー「艦これ」、「妖怪ウォッチ」、「ガールズ&パンツァー」など続々!新作ラインナップをフォトレポート

 【16//2015】

静岡ホビーショー「艦これ」、「妖怪ウォッチ」、「ガールズ&パンツァー」など続々!新作ラインナップをフォトレポート


今年も各社から最新製品が出展された「第54回 静岡ホビーショー」。
本日からは一般公開が始まり、さらなる盛り上がりが期待できる会場に出展された各社の製品を、写真にて紹介していこう。


ちなみに筆者は今回、10数年ぶりにこのホビーショーへとおもむくこととなったのだが、普段手に取る模型の趣向とは異なるカテゴリの製品を多数見ることができたのがとても新鮮だった。
また現場では開発に直接携わる担当者が、その製品に対する熱意を持って解説をしてくれるブースも多く、かなり密度の濃い話を聞くことができた。
もし今日と明日で会場に足を運ぶ予定の人がいたら、各社の担当者に話を聞いてみると、実際にその製品が発売されて手にしたときに少し違った楽しみ方ができるかもしれないので、気になる製品があったら積極的に声をかけてみてほしい。

■ バンダイ

■ タミヤ
■ アオシマ
■ ハセガワ
■ マルイ

■ プラッツ
■ ファインモールド
■ トミーテック(タカラトミーグループ)
■ その他のメーカー



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

超小型ゲーム機「Arduboy」資金調達に成功…8bitシンセサイザー、ドローン操作、名刺機能も

 【16//2015】

超小型ゲーム機「Arduboy」資金調達に成功…8bitシンセサイザー、ドローン操作、名刺機能も


昨今、クラウドファンディングサイトで流行の兆しを見せている小型ハードウェアですが、先日インサイドでもお伝えした「Arduboy」が無事ストレッチゴールドを迎え、新たな目標の情報が公開されましたので、改めて詳細をご紹介するとともに、その続報をお届けいたします。


◆「Arduboy」とは
本稿でご紹介する「Arduboy」は以前、インサイドでもお知らせした「絶対に名前を覚えてもらえるゲームボーイ型の名刺」のケビン・ベイツ氏によるプロジェクトです。
そしてその「Arduboy」はAruduinoと呼ばれるマイクロコントローラーを利用した小型のゲーム機です。
ビジュアルはバックに金属版、フロントには透明なポリカーボネートをはめ込み、128×64サイズのモノクロ有機EL画面と任天堂ライクな6つのキー、2チャンネルのスピーカーにMicroUSB端子を装備したクレジットカードほどの大きさのデザインです。

◆詳細なスペック
プロセッサー:ATmega32u4
メモリ:32KBのフラッシュメモリ、2.5KBのRAM、1KBのEEPROM
接続:USB2.0
入力端子:6つのタクティカルボタン
ディスプレイ:128x64ピクセルのモノクロ有機EL(OLED)
バッテリー:8時間稼働の180mAh薄型ポリマー
プログラミング言語:Arduino
◆提供されるゲーム
ゲームは「Arduboy Arcade」と呼ばれるプラットフォームから懐かしの『インベーダー』ライクなゲームを始め、『マリオワールド』や『ポケットモンスター』ライクなゲームなど、豊富な種類のものを無料で提供するとしており、今後も続々と追加していく予定だそうです。
また、ゲームの開発はオープンソースで行われ、公開済みのゲームを編集するといったことできます。

ゲーム以外の利用の仕方ではQRコードを保存した名刺として使用したり、8bitのシンセサイザーやUSB接続によるHID入力機器としてドローンを操作するといったことも可能です。

◆各プランの価格
さて気になるプランですが、「Arduboy」が入手できる先行割引プランは当然のことながら締め切り中です。
次点では39ドルのプランか、2個の「Arduboy」が得られる69ドルが最安値となります。
キャンペーン終了後に開発者向けのキットと、最終バージョンの「Arduboy」が送られてくる100ドルのプランもありましたが、現在は締め切り中です。
しかし、本日5月14日のアップデートによれば開発者向けキットのあまりの人気ぶりを受け、100の開発者向けキットを追加する予定とのことです。
5個の「Arduboy」が得られるファンパックプランは179ドル、10個の「Arduboy」とオンラインからC++を含むArduino言語のコーディングレッスンを受けられるプランは300ドルから。
3,000ドルでは10個の「Arduino」が得られ、レーザー刻印を施せるサービスがついてきます。

地面に叩きつけても壊れない高い耐久性と低価格な「Arduino」ですが、先日無事に目標金額を迎え、ストレッチゴールドのプランがアンロックされました。
それに伴い、初代ゲームボーイモデルのカラーとも呼べる白いフロントカバーを始め、豊富なカラーモデルの展開が約束されています。
250,000ドルを迎えた場合は背面の金属板にゴールドを使用した特別版の「Arduino」とカスタムされたレーザー刻印がついてくるプランがアンロックされます。
そして一体、どういったことなのか1,000,000以上では開発者のケビン氏の名前を「Arduino」にぼほ強制的に変更できるプランがアンロックされます。

◆ケビン氏のこれまでの経緯
ケビン・ベイツ氏はKickstartのプロジェクトページで、一年前にYouTubeにて公開したプロトタイプの「Arduino」の動画のあと、膨大かつ熱烈なコメントと問い合わせのメールを受け「インターネットに、自分自身の夢に従うことで世界を変えることができる」と教わり、今まで務めていた職場を退職することを決意。
今では中国に居住してまでプロジェクトに注力しているということ、自分がインターネットと「Arduino」によって得られた経験をコミュニティに還元したいと考えていることを述べています。

◆まとめ
価格的にもプロジェクトの進行的にも非常に魅力的な「Arduino」ですが、以前にテトリスが遊べるスマートウォッチタイプの機器や指輪型のデバイスをYouTube上で公開したこともあり、「Arduino」プロジェクトが成功したあとの展開が気になるところです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

3DSで「信長の野望2」と「三國志2」が同日発売パワーアップした歴史シミュレーションが手のひらの上で蘇る

 【16//2015】

3DSで「信長の野望2」と「三國志2」が同日発売パワーアップした歴史シミュレーションが手のひらの上で蘇る


コーエーテクモゲームスはニンテンドー3DS用歴史シミュレーション「信長の野望2」と「三國志2」を8月6日に発売する。
価格はパッケージ版が各4,800円(税別)、ダウンロード版が各4,286円(税別)。


「信長の野望2」は、「信長の野望・烈風伝 with パワーアップキット」を3DS用タイトルとしてグレードアップして移植したもの。
新シナリオを2本追加収録し、合計13本となった。
さらに史実武将を100人追加するとともに、すべての登場武将の顔のグラフィックスが「信長の野望・創造」のものに差し替えられている。

セーブデータや新武将・新家宝枠の拡張が行なわれており、遊びやすくブラッシュアップされている。
また、すれちがい通信での新武将や新家宝の交換機能も搭載されている。


「三國志2」は、「三國志III」を継承しつつ、史実では描かれなかった「IF」をモチーフにした6本もの新シナリオ、新武将、難易度「超級」など進化した内容を盛り込み、「三國志III」は初となる「武将エディタ」といった新要素も用意されている。

「三國志DS」で搭載されていたゲームモードも画面表示や操作性を一新するなど、大幅リニューアルした内容となっている。
また、短時間で多彩な目標に挑戦する「チャレンジシナリオ」もパワーアップして登場。

コーエーテクモゲームスの2つの人気歴史シミュレーションが同日発売されるということで、2タイトルを同梱した「『三國志2』『信長の野望2』ツインパック」も発売される。
これには「三國志」30周年特製ポストカード(12枚)も収録されたお得なパッケージとなっている。


©コーエーテクモゲームス All rights reserved.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

HORI、「アイドルマスター シンデレラガールズ」PS3用コントローラーが登場「シンデレラプロジェクトVer.」など3タイプを用意

 【16//2015】

HORI、「アイドルマスター シンデレラガールズ」PS3用コントローラーが登場「シンデレラプロジェクトVer.」など3タイプを用意


HORIは、プレイステーション 3用コントローラー「アイドルマスター シンデレラガールズ コントローラ for PlayStation 3」を7月23日に発売する。
3タイプ用意されており、価格は各4,298円(税込)。


発売されるコントローラーは「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS」に登場するアイドルの衣装をイメージしたデザインで、アニメでも人気の14人を集めた「シンデレラプロジェクトVer.」、ユニット「ニュージェネレーションズVer.」と「ラブライカVer.」の3バージョンを用意。
それぞれの衣装をモチーフにしながら、ステージのきらびやかなイメージが表現されている。

各コントローラには「ペガサス」、「ニュージェネレーションズ」、「ラブライカ」のロゴがあしらわれており、特典としてユニットメンバーで構成した、オリジナルデザインのクリーニングクロスが付属する。

コントローラーの機能としては、方向キー/○/×/△/□/L1/L2/R1/R2ボタンに連射機能/連射ホールド機能を設定可能。
約5回/秒、約12回/秒、約20回/秒の3段階に連射速度を設定できる(方向キーには連射ホールド機能の設定はできない)。
また、右アナログスティック感度切替機能を搭載しており、アナログスティックをゆったり動かしたい時や、逆に素早く反応させたい時に合わせてアナログ感度を3段階に切り替えられる。
モーションセンサー機能および振動機能には対応していない。

サイズは約154×105×65mm(幅×奥行×高さ)。
質量は約230g(ケーブル含む)。
接続方式はUSBケーブル接続で、ケーブル長は約3m。

©BNEI/PROJECT CINDERELLA



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

発売間近! 3DS「初音ミク Project mirai でらっくす」先行プレイレポート遊べばミクたちがもっと好きになる! リズムゲームの枠を超えたキャラコンテンツ満載

 【16//2015】

発売間近! 3DS「初音ミク Project mirai でらっくす」先行プレイレポート遊べばミクたちがもっと好きになる! リズムゲームの枠を超えたキャラコンテンツ満載


セガゲームスはニンテンドー3DS用3Dリズムアクション「初音ミク Project mirai でらっくす」を5月28日に発売する。
価格はパッケージ版、ダウンロード版共に4,980円(税別)。
CEROレーティングはA(全年齢対象)。


本作は、初音ミクを始めとしたキャラクター達の楽曲を全48曲収録したリズムアクションゲーム。
2013年11月に発売された「初音ミク Project mirai 2」のゲーム内容をほぼ全て継承しつつ、多数の新要素を加えたものとなっている。
登場するキャラクターは、グッドスマイルカンパニーのフィギュア「ねんどろいど」のデザインを採用しているのも特徴だ。

今回、発売に先駆けて本作を試遊する機会が得られた。
プレイしてみた感想を交えながら、前作からの変更点や追加要素を確認していきたい。


■ 全48曲に2つの操作×3つの難易度を収録
プレイできる楽曲は、前作に収録されていた47曲と、ピノキオピー氏による新オープニングテーマ曲「はじめまして地球人さん」を加えた全48曲。
前作でオリジナル動画を再現していた12曲については、他の曲と同様にねんどろいどタイプのキャラクターが登場するPVにモデルチェンジし、統一感のある内容になった。

ゲームプレイは、A、B、X、Yの4ボタンと十字ボタン、スライドパッドを使うボタン操作と、タッチペンのみで遊ぶタッチ操作の2種類がある。
上画面に表示されるライン上を丸いサークルが滑っていくので、それがライン上にあるマーカーと重なった時に対応するボタンを押すか画面をタッチする。
タイミングよく操作できれば画面上のライフゲージが増え、ミスすると減っていく。
ゲージが0になると歌が止まってゲームオーバーとなる。

ボタン操作では十字ボタンとの同時押しやスライドパッドを回す操作があり、タッチ操作では上下左右にペンをスライドさせる操作と、ぐるぐる円を描く操作もある。
プレイ感覚は全く違うので、同じ楽曲でも別物として楽しめる。
また楽曲ごとに3段階の難易度が選べるので、実質的に1曲につき6つのゲームがある。

一般的なリズムゲームに比べると全体的な難易度は低め。
1番目の難易度「ラクラク」だと、タッチの種類が1つだけになるなど操作も簡単。
リズムゲームに慣れた人なら2番目の難易度「ホドヨク」から遊んでも大丈夫だろう。
1番難しい「トコトン」だと、ボタン操作はA、B、X、Yのボタンの位置を頭に入れていないと、手元を確認しながらのプレイになるため難しい。
タッチ操作でも最大3色に分かれるが、十字ボタンとの同時押しなど複雑な操作がない分、初めてでも遊びやすい印象だ。

1曲の長さは3~5分ほどで、リズムゲームとしてはやや長め。
1曲しっかり聴いて楽しめるというのは、初音ミクのファンにとっては嬉しい。
さらに一部の楽曲は、鏡音リン・レン、巡音ルカ、MEIKO、KAITOといった他のキャラクターに変更して遊べるボーカルチェンジ機能も用意されている。

本作では新たに、ゲームプレイに影響するアイテムも追加されている。
ライフゲージが“0”になっても復活できるなどゲームを楽にするものもあれば、1度でも操作のタイミングが悪いと即ゲームオーバーになる代わりに、ゲーム内ポイント「ミラポ」が倍入手できるものなど、5種類が用意されている。
アイテムの入手は、3DS本体で歩数に応じて入手できる「ゲームコイン」を使用する。


■ ミクと遊べる「ぷよぷよ39!」や「ミックリバーシ」も! 多彩な遊べるコンテンツ
リズムゲームとしてはオーソドックスな内容で、多数の楽曲を収録したゲームだ……という感じで本作を理解している人も多いかもしれないが、実際に遊んでみるとそれだけではないことがわかる。

「マイルーム」のメニューの中で最も大きく目立っているのが「コミュニケーションモード」。
これは名前のとおり、ミクなどのキャラクター達とコミュニケーションを取れるというもの。
おやつをあげると美味しそうに食べてくれたり、キャラクターにおこづかいをあげたりできる。
「マイルーム」では、ほかにも「ミラポ」を使って購入した衣装に着替えさせたり、部屋のインテリアを変えることも可能だ。
そして、この「マイルーム」で選択できる「ミュージックプレイヤー」では、本体を閉じていても収録曲を聴けるので、存分に楽しむことができる。


またキャラクター達と遊べる、リズムゲームとは違う2つのミニゲームも用意されている。
1つは前作にも収録されていた、アクションパズルゲーム「ぷよぷよ」のアレンジ版「ぷよぷよ39!」を収録。
連鎖を決めるとキャラクターのボイスとビジュアルが出てくるのも本家と同様で、これ1つで結構楽しめてしまう。

もう1つは新作の「ミックリバーシ」で、キャラクター達とリバーシで対戦できる。
ゲーム自体は通常のリバーシと同じだが、上画面では対戦相手となるキャラクターが考え込んだり、ひらめいた表情を見せたりする。
姿が立体に見えるため存在感が抜群で、「本当にミクと対戦してる!」と感じてしまうほど。
「ぷよぷよ39!」と「ミックリバーシ」は、対戦結果に応じて「ミラポ」を入手できる。


リズムゲームやミニゲームで貯めた「ミラポ」は、選べるタウンマップから行ける各施設で使用できる。
部屋のインテリア、着せ替え衣装、おやつなどは、「ミライデパート」から入手可能。
「ミライエステート」では、「ミラポ」を払って広めの部屋を賃貸したり、リゾートに出発することもできる。

「PVシアター」では、好きな曲のPVを視聴できる。
ゲーム中はプレイが忙しくてじっくり見られないPVを、3DSならではの立体視で存分に楽しめるほか、ニコニコ動画のような流れるコメントを挿入することもできる。
またPVをリスト化して好きな順番に再生する「マイリスト機能」もある。
本体を閉じていても聴けるので、収録曲を存分に楽しめる。

「ダンススタジオ」では、曲に合わせた振り付けができる。
数十種類用意されたコレオ(振り付け)の中からイメージに合うものを選んでいくという形式で、1小節ずつ動きを確認しながら指定していける「じっくりモード」と、曲を聞きながら「キュート」や「ゲンキ」などのフレーバーボタンを押すだけの「かんたんモード」が用意されている。
完成したらステージで踊る様子を見ることもでき、ステージやカメラ位置の変更もできる。
作った振り付けは「マイコレオ」として保存もできる。

ここまで紹介した要素の他にも、数多くの仕掛けが盛り込まれている。
すれちがい通信やいつの間に通信で、他のプレーヤーとプロフィールカードやマイコレオなどのデータを交換できるコミュニケーション機能を搭載。
また「ARカード」を使うことでカメラの映像にキャラクターが登場し、一部の楽曲でライブも楽しめる「ARステーション」も用意されている。


■ 初音ミクたちの新たな魅力に気づかせてくれる作品
本作を実際にプレイしてみると、リズムゲーム以外の要素が本当に充実していることに驚かされる。
ただ難しい譜面を攻略していくだけのリズムゲームとは違い(筆者は音楽ゲーム好きなので、そういうゲームを否定するつもりはないが)、初音ミクを始めとしたキャラクター自体をより楽しむためのコンテンツなのだと気づく。

そのことを筆者が強く感じたのが、本作で追加された「ミックリバーシ」だ。
立体視で見えるミクが盤面に手を伸ばしてきたり、こちらの厳しい手に対して悩ましい表情を見せたりすると、CPU相手にリバーシを遊んでいるだけの感覚とは全く違う、そこにミクがいるという実在感が出てくる。

ねんどろいどを元にしたデフォルメされたキャラクターであることも魅力の1つだ。
セガゲームスの担当者によると、前作は小学生くらいの女の子にも人気があったという。
ゲーム自体が比較的簡単で遊びやすいこと、ねんどろいどをモチーフにしたミクがキャラクターとして可愛らしいこと、また音楽ゲームというジャンルは親から見て子供に与えるのに抵抗感が薄いことなどがあるのだろう。

筆者は音声合成ソフトを初音ミクの登場の頃から見ていて、最近は正直なところ離れ気味になっていた。
しかし本作を遊んでみて、当時聞いた曲がいくつも収録されていて、なおかつ立体視で実在感のあるミク達が様々なコスチュームで踊っているのを見ると、初音ミクたちの新たな魅力を否応なく発見させられた。

ゲームの端々から、開発陣のキャラクターに対する愛が伝わってくる。
今回は短時間のプレイだったが、初音ミクたちの楽曲だけでなく、キャラクター、世界観をもっと好きになれるゲームだということがはっきり実感できた。
前作をプレイしていない人も、初音ミクをよく知らない人も、あまり気にせず気軽に遊んでみていただきたい。
きっと初音ミクたちの魅力に気づいてもらえるはずだ。

なお前作をプレイした方は、データの引き継ぎができる。
SDカードにセーブデータが残っていれば一部のデータを引き継げるが、ニンテンドーeショップで5月13日より配信が開始された体験版を使えば、より多くのデータを引き継げる。
詳しくはこちらを確認して、製品版の発売をお待ちいただきたい。
体験版自体は誰でも無料でダウンロードが可能。
「LOL -lots of laugh-」と「千本桜」の2曲が、タッチとボタンの両方の操作で試遊できる。


(C) SEGA / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
GUMI(Megpoid) (C) INTERNET Co., Ltd.
デザイン協力 : ねんどろいど
記載の商品名および社名は各社の登録商標です。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る