2015 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 06

ファンの期待が実現!? 3DS『ポケモン超不思議のダンジョン』発表

 【21//2015】

ファンの期待が実現!? 3DS『ポケモン超不思議のダンジョン』発表


任天堂は、3DSソフト『ポケモン超不思議のダンジョン』を2015年秋に発売すると発表しました。

本作は、全世界シリーズ累計1,359万本を販売した『ポケモン不思議のダンジョン』シリーズを超える集大成です。
ゲーム画面やシステムなどの詳細は明かされていませんが、 伝説・幻のポケモンたちとともに星の危機へと立ち向かう、かつてないスケールの物語が展開します。

なお、5月21日に『ポケットモンスター』シリーズ最新作の発表があるのではないかと噂になっていましたが、これはLINEアカウントのプロフィールが誤解を生んだもので、現在は訂正されています。

しかし偶然にも今回の発表が重なり、誤解だったはずの最新作の発表がまさかの実現。
スピンオフシリーズではありますが、ファンにとっては嬉しいサプライズとなりました。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

岩手県と神奈川県横須賀市、Googleの位置ゲー『Ingress』活用で広域連携

 【21//2015】

岩手県と神奈川県横須賀市、Googleの位置ゲー『Ingress』活用で広域連携


岩手県と神奈川県横須賀市は、iOS/(iOS/Android)アプリ『Ingress』の活用をめぐり広域連携を行うと発表しました。
自治体同士が『Ingress』で連携するのは全国初の試みとなります。


『Ingress』は、Google社内スタートアップのNiantic Labsが開発したスマートフォン向け位置情報ゲームです。
もともと両自治体は『Ingress』を地域活性化に活用するプロジェクトを進めており、特に岩手県は『Ingress』をプレイしながら街歩きをするイベントなど様々な企画を展開してきました。

今回の試みは、「岩手県庁ゲームノミクス研究会」と「横須賀市観光企画課」が主導するもので、6月20日に開催予定のIngress公式イベント「Persepolis」(ペルセポリス)の東北開催を記念し、両自治体にゆかりの深い先人「米内光政」にちなんだポータルを設置し「岩手×横須賀 友情の架け橋ミッション」を展開。
このミッションをクリアすると、両自治体のオリジナルデザインの特製メダル(ゲーム内アイテム)と各自治体のオリジナル特典(数量限定)がもらえます。

また両自治体では、この長距離ミッションを通じてその魅力や自治体同士の連携の有効性などを測定し、今後の活動に役立てるとも発表。
ミッションの概要は以下のとおりです。

1.概要
岩手県(達増拓也知事)と神奈川県横須賀市(吉田雄人市長)が協力して、Ingressのゲーム内にミッション(ゲーム内スタンプラリー)をリリースする。

2.目的
これまでに例を見ない長距離を結ぶミッションを実験的に作成し、Ingressを地域活性化等に活用している自治体同士の連携の有効性や、長距離ミッションそのものの魅力の度合い等を測定し、今後の活動に資する。

3.ミッション名
横須賀市において作成するミッション
「(YKSK)岩手×横須賀 友情の架け橋ミッション」
岩手県において作成するミッション
「岩手×横須賀 友情の架け橋ミッション(県庁ゲーム研提供)」
4.使用するポータル(両ミッションとも共通)
1: 米内光政銅像(岩手県盛岡市 八幡宮境内)
2:米内光政居住地跡(〃 八幡町通称八幡宮通り沿い)
3:横須賀地方総監部田戸台分庁舎(神奈川県横須賀市田戸台)
4:料亭小松(〃 米が浜通り 2 丁目)
5:旧海軍下士官集会所跡(〃 ドブ板通り付近)
6:海軍の碑(〃 ヴェルニー公園内)
5.ミッションの特徴
どちらの地域からでもスタートできます。
1往復すれば2つのミッション遂行実績が得られ、横須賀市においてデザインした特製のミッションメダル(ゲーム内アイテム)がもらえます。

6. ミッションのテーマ
「米内光政ゆかりの地を巡ろう」米内光政(1880-1948)
岩手県出身の米内光政は、旧日本海軍の軍人。
太平洋戦争開戦直前の1940年1月~7月に内閣総理大臣として開戦に反対し、また戦争末期の1944年7月からは最後の海軍大臣としてポツダム宣言の受諾による早期の終戦に尽力した人物。
若かりし頃、横須賀市にあった海軍砲術学校で山本五十六とともに教鞭を取っていました。
横須賀市内で現在も営業している料亭小松には、かつて米内光政と山本五十六がよく酒を飲んでいたという記録が残っています。
岩手で生まれ、横須賀で活躍し、そしてまた岩手で眠りについた米内光政に想いを馳せる長距離ミッションです。

7.オリジナルの特典
いずれかのミッションをクリアし、メダルをもらったプレイヤーには、各自治体のオリジナル特典を差し上げます。
(ただし無くなり次第終了します。


岩手県庁ゲームノミクス研究会特製のIngressペン

横須賀市特製のIngressステッカー


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ギネス「最多人数でつくったパックマンのイメージ」東京タワーで記録達成

 【21//2015】

 ギネス「最多人数でつくったパックマンのイメージ」東京タワーで記録達成


■柳沢慎吾・渡辺直美がパックマンでギネス記録達成!さらに映画「ピクセル」に声優参加を発表

80年代のゲームキャラが地球を襲来する映画『ピクセル』。
本作の公開を記念して、5月21日、東京タワーにてギネスチャレンジのイベントが開催された。
本映画の吹き替え声優を務めるタレントの柳沢慎吾さんと渡辺直美さんが参加し、総勢351人にて「最多人数でつくったパックマンのイメージ」というギネス世界記録に挑戦し、見事記録を樹立した。

今回のギネスチャレンジは252人以上で5分間、パックマンのイメージをつくるというものとなった。
黄色いレインコートを着用した参加者が整列し、その様子をカメラを搭載したをドローンによって空から記録する。
審は大変厳しく、イメージを忠実に再現するため挑戦者は一切動いてはならない。
暑い日差しで参加者は体力をかなり削られている様子だったが、なんとかパックマンのイメージを5分間保ちつづけた。

厳粛な審査の結果、見事記録を樹立。
柳沢さんは興奮気味に「みんなで勝ち取ったものです! ありがとう!」と参加者に感謝を述べた。
チャレンジの感想ついて渡辺渡辺さんは「わたし5キロぐらい痩せましたよ。
地獄のような5分間でした」と消耗し切った様子だった。

ギネスチャレンジ後には、柳沢さん、渡辺さんに加え、パックマンの生みの親である岩谷徹教授らによるトークが行われた。
渡辺直美さんはパックマンをモチーフとした特製のドレスを着用、岩谷教授から「素晴らしいです」と生みの親からも絶賛されていた。
さらにトークでは、柳沢さんと渡辺さんが映画『ピクセル』に声優として参加することが明らかとなった。
渡辺さんは「配役についてはまだヒミツですけど、『え、この人が出るの?』という超大物役です」と期待を煽った。

最後にそれぞれ映画の見どころを語った。
岩谷教授は「昔なつかしのゲームキャラクターが集まった同窓会のような映画です」と語り、渡辺さんは「映画のパックマンは可愛らしい顔してるけどメチャクチャ恐い。
触れるだけでピクセル化しちゃうんです」とアピール。
柳沢さんは「この映画を観て、いい夢見ろよ!」と最後にキメた。
映画「ピクセル」は9月19日より全国で公開がスタートする。

映画『ピクセル』 |オフィシャルサイト
http://www.pixel-movie.jp


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

箱庭SLG『ムーミン~ようこそ!ムーミン谷へ』Android版の配信開始

 【21//2015】

箱庭SLG『ムーミン~ようこそ!ムーミン谷へ』Android版の配信開始


ポッピンゲームズジャパンは、フィンランド生まれの絵本/キャラクター「ムーミン」シリーズを題材にしたスマートフォン向けアプリ『ムーミン~ようこそ!ムーミン谷へ』のAndroid版をリリースしました。


『ムーミン~ようこそ!ムーミン谷へ』は、ムーミンの世界を題材とした箱庭シミュレーションゲームです。
ゲーム中にはムーミン原作の主要キャラクターが全員登場し、150種類以上の手書き風イラストがアニメーションで動き回るほか、原作の建物やアイテムも100種類以上登場。
プレイヤーはムーミンの仲間たちとふれ合いながら、畑で作物を育てたり、海で魚を釣ったり、建物やアイテムを組み合わせて自分好みのムーミン谷を作ることができます。


Android版『ムーミン~ようこそ!ムーミン谷へ』は配信中で、価格は基本無料のアイテム課金制。
iOS版6月下旬のリリースを予定しています。


(C) Moomin Characters


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に…中国が今年にも米国を逆転

 【21//2015】

世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に…中国が今年にも米国を逆転


ゲーム調査会社のNewzooは2015年版の「グローバルゲームマーケットレポート」を発行し、世界のゲーム市場は2014年の836億ドル(約10兆1200億円)から2018年には1133億ドル(約13兆7000億円)に成長すると予測しています。
年平均の伸び率は7.9%となります。


市場の伸びを牽引するのはスマートフォン向けゲームです。
同市場は2014年の245億ドル(約3兆円)から2018年には442億ドル(約5兆3500億円)まで年平均15.9%で成長すると予測されています。
また、2018年にはゲーム市場全体の39%を占める予測。

2018年の市場規模予想をプラットフォーム別に見ていくと、PCが412億ドルで全体の36%を占め引き続き最大の市場となる見通し。
一方、家庭用ゲーム機(VR含む)は268億ドルで、シェアを27%に落とす見通し。
パーソナルスクリーン(スマートフォン)は302億ドルで27%まで成長。
フローティングスクリーン(タブレット、携帯ゲーム機)は13%を占める予測です。

地域別では2015年にも中国が米国を逆転し、世界最大のゲーム市場となる見通し。
今年の市場規模は中国が222億ドル、米国が220億ドルとの予測。
中国市場はデジタル販売が大半を占め、実に市場の97%、対して米国は72%です。
逆転の原動力となるのはスマートフォン。
米国では今年の伸びが13.4%と予想されるのに対して、中国は何と50%もの伸びが見込まれています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

世界の神々を美少女化した『ひめがみ絵巻』事前登録開始…キャストに小倉唯、石原夏織など

 【21//2015】

世界の神々を美少女化した『ひめがみ絵巻』事前登録開始…キャストに小倉唯、石原夏織など


Aimingは、iOS/Androidアプリ『ひめがみ絵巻』の事前登録受付を開始しました。


『ひめがみ絵巻』は、世界各国の神々をモチーフにした総勢100以上の「姫神」が登場する「森羅万象の世界」を舞台に、乱れた「世界の秩序」を正すために戦いを繰り広げるRPGです。
ゲーム中にはそれぞれスキルを持つかわいい「姫神」が登場し、敵の特性や戦況を見極めながら彼女たちを前衛・後衛といったポジションに配置することによりバトルを行います。

姫神は配置によりメインスキル(特殊技)やパッシブスキル(常時そなわる能力)が大きく変わるため、姫神ごとのスキルを考慮してチームを組み、ポジションをチェンジして戦わせることが重要です。
また、小倉唯さん、石原夏織さん、日高里菜さんら多数の人気声優がキャラクターボイスを担当しているのも特徴です。

事前登録を行ったプレイヤーには、特典としてレアな姫神を入手できる「小判召喚」が1回利用できる小判5枚がプレゼントされます。
さらに、事前登録者数によってプレゼントが増えるキャンペーンや、公式アカウントの特定ツイートをRTした人の中から限定の姫神を抽選でプレゼントするTwitterキャンペーンも行われます。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『スプラトゥーン』のイカは、もともと“豆腐”や“ウサギ”だった!?インタビュー「社長が訊く」公開

 【21//2015】

『スプラトゥーン』のイカは、もともと“豆腐”や“ウサギ”だった!?インタビュー「社長が訊く」公開


任天堂は公式サイトにて、「社長が訊く『Splatoon(スプラトゥーン)』」を公開しています。


『スプラトゥーン』は、人の姿になれるイカたちが、インクを塗って縄張りを奪い合う対戦アクションゲームです。
インターネットで世界中のプレイヤーと対戦できるほか、シングルプレイ、キャラクターの武器・衣服の収集要素などが用意されています。

今回は、2015年5月28日発売予定の『スプラトゥーン』について、任天堂の岩田社長が開発者たちに直接話を聞く「社長が訊く」が公開。
話は2014年のイベント「E3」での発表についてからはじまり、本作の制作経緯が語られています。

『スプラトゥーン』は、はじめからイカが登場するゲームと決まっていたわけでなく、最初は四角い立方体キャラクター(通称、豆腐)がインクを撃ちあうゲームでした。
この時点でインクに隠れることや、対戦の基礎はできていましたが、デザインで難航。
途中にはキャラクターがウサギに変えられたことなども明かされています。

その後、ゲームシステムにイカが適していることに気づいた経緯や、E3から10ヶ月ほどでゲームをまとめた話、そして本作の魅力についても語られています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『Bloodstained』五十嵐孝司インタビュー、1日でKickstarterを達成させた怪物タイトルに迫る

 【21//2015】

  『Bloodstained』五十嵐孝司インタビュー、1日でKickstarterを達成させた怪物タイトルに迫る


元『悪魔城ドラキュラ』シリーズのプロデューサー五十嵐孝司氏が手がける新規タイトルとして、先日Kickstarterキャンペーンが開始され、たった1日で見事目標を達成した『Bloodstained: Ritual of the Night』。


記事執筆時点で250万ドルに迫る勢いで資金が集まっており、世界中のゲームファンからただならぬ期待が寄せられています。
インサイド/Game*Sparkは、サンフランシスコから帰国したばかりの五十嵐氏にインタビューを実施。
クラウドファンディングの結果や本作の内容について、想いを語ってもらいました。

──まずは、Kickstarter目標達成おめでとうございます。

五十嵐: ありがとうございます。
実はこのKickstarterを行う際、関係者でどれくらい集められるのか予測を立てたのですが、僕は一番予想が低く80万ドルぐらいになると思っていました。
ところが、この金額を1日で超え、現在のような状態になるとはまったく予想をしていませんでした。
国内のプロジェクトでも苦戦なされている所もあったので、とてもすごい勢いでご支援をいただき感謝しています。
Kickstarterを開始する前にswordorwhip.comというサイトでティザー映像を流したのですが、僕の所には「これは本人が作っているんですか?違うなら訴えるべきだ!」というような意見もいただきましたね(笑)。

──やはり五十嵐さんのファンは健在ですね。
今回「イガヴァニア(Igavania)」という呼称を掲げている理由は?
五十嵐: 海外ではこうしたタイプのゲームをメトロイドヴァニアと呼んでいるのですが、ちゃんとプロジェクトとして使う際にイガヴァニアという名称になりました。
僕は定着させるつもりが全くなかったのですが、段々定着しているようで驚いています。

過去に『ときめきメモリアル』というゲームも作っていましたが、これはちょうどみんなが新しいジャンルのゲームを作っていた時期でした。
僕たちも恋愛シミュレーションという名称を初めて付けたのですが、これはとても定着しましたよね。
パソコンで遊べる育成ゲームはあったのですが、それらの根本的な所は女の子のパラメーターを上げること。
しかし、本来相手のパラメーターは目に見えないだろうと。
じゃあ見えるものにしたいと考えると、それは自分であると。
自分の数字に対する評価を女の子たちがセリフと表情で分からせるようにするというのが、あの作品の根本でしたね。

──それでは『Bloodstained』の話に移ります。
まずは、本作の企画意図について教えてください。

五十嵐: 元はコンシューマーゲームの会社にいたのですが、コンシューマー部門縮小に伴い、ゲーム市場もモバイルに流れていく時期だったので、真っ先にモバイルに移りました。
僕の中では、コンシューマーもモバイルも面白くするという点に関しては同じなのですが、その後はなかなか商品に結びつきませんでした。
2、3年何も作っていない時期もありましたね。

そんな中、Kickstarterで稲船敬二さんが『Mighty No. 9』で4億円を集めたという話がありました。
ちょうど『Mighty No. 9』がゴールした時に、エージェントから声がかかって、出資してくれる会社も探すのでという事で、会社を辞めることにしました。
稲船さんが『Mighty No. 9』でやっていた手法は、古いゲームを新しく、というイメージですよね。
基本の部分は古いものでしっかり遊びを作り上げて、表現方法などのアピールする部分は新しく、という手法が成り立つのであればいけるだろうと思いました。

──インティ・クリエイツさんとは、どのような経緯でパートナシップを結ぶことになったのですか?
五十嵐: エージェントから推薦を受けたのがキッカケでした。
インティ・クリエイツさんについては元々存じ上げていましたし、2Dゲームに定評があったので、そうした所と組ませていただけるならありがたいという話をし、一緒に仕事をさせていただけることになりました。
インティ・クリエイツさんは勢いがあり情熱もある。
情熱は必ずゲームに反映されると思うので、一緒に仕事ができるのは光栄に思っています。

──それでは、本作の内容についての質問に移ります。
まずはゲーム性について教えてください。

五十嵐: システムは、ユーザーさんが僕に求めているものを考えるとある程度決まってきます。
彼らは全く新しいものが欲しいのではなく、原点回帰をしつつ僕がブレさせる範疇のものを欲しがっているだろうと考えました。
ゆえに、基本的には僕が過去に作ってきた作品のものを押さえた上で、どうやって新しいものをプラスしていくかを考えました。
本作はまだ草案の段階なので、ここから企画を詰めてくるともう少し変わってくると思います。
しかし、軸だけはブレないようにやっていきたいですね。
多分、ご想像通りになると思いますよ(笑)。

──ゲームの難易度について教えてください。

五十嵐: 『悪魔城ドラキュラ』の過去作品は、ステージクリアがとても難しいものもありましたが、僕が担当していた『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』からは難易度を極端に下げています。
どのぐらい下げているかというと、当時アンケートハガキで30歳の女性から「パッケージの絵が綺麗だったので買いました。
アクションゲームは今までずっとクリアできなかったけれど、このゲームは時間をかければクリアできました」とあったぐらいアクションゲームが不得意な人でもクリアできるものになっていました。
本作でもこれくらいの難易度をコンセプトにしています。

──ダークな雰囲気のある本作ですが、世界観の設定について教えてください。

五十嵐: 僕に求められるものの1つが、世界観だと思っています。
例えばジャンルをSFにしても良かったのですが、多分みなさん違うと感じてしまうので、ゴシックホラーに落ち着けるべきだと思いました。
そこに「ステンドグラス」というテーマが当てはまったので加えています。
また本作ではキーワードとして「錬金術」を考えています。

これまで手がけた作品と少し違うのは、前のタイトルはドラキュラがベースにあり、それを取り巻く人や力の中でストーリーが流れていくというのが大きかった。
今回の「ステンドグラス」そのものは美しいのですが、それが身体を侵食してゆく、となると結構悲劇的だな、と。
ましてや自身が生贄にされたことでステンドグラスが埋め込まれるとなると、結構暗い話だな、と思っています。

──敵のデザインはゴシックホラーやソロモン72柱をベースとされているそうですが、そこに至る経緯について教えてください。

五十嵐: 全体的な雰囲気としては、敵はソロモンの72柱の悪魔たちをベースに使おうと考えていますが、それだけでは面白さが足りないのでスタンダードなゴシックホラー系キャラクターも登場させる予定です。
ソロモン72柱にしたのは、一番最初に世界各国を周りたいという要望があり、それで土地に根付くモンスターだけを出していると、バリエーションが多すぎて各ステージに配置できる種類が少なくなるため、まずは72柱という共通敵を用意して、例えば日本のステージだったら鵺(ヌエ)や天狗を要所に入れておけば雰囲気は出せるかなと考えました。
その名残です。

──主人公を女性にしたこと、キャラクター誕生についてのエピソードを教えてください。

五十嵐: 当初の企画では男性が主人公でしたが、僕のゲームはアメリカでよく売れていたので、Kickstarterを始めるにあたり、アメリカの人のニーズや社会情勢についてディスカッションを重ねてきました。
アメリカではタフな女性キャラクターがすごく好まれます。
ジェンダー問題も進んでいる国なので「ゲームの主人公は男ばっかりだから両方出してくれ」という意見も多くなっています。

男性は男性で女性主人公でもモチベーションは上がりますが、女性も女性を操作したいという気持ちがありますよね。
今作では両方出すとボリューム過多になってしまうので、女性を主人公に据えることにしました。
ただ当初男性主人公を設定していたため、極悪でえげつない技を考えていたスタッフはそれを入れるべきか悩んでいますね(笑)。

また、初期設定の男性主人公だった頃は、ライバルのキャラクターがいて考え方の違いでぶつかる熱血展開にしようと考えていました。
一方、女性が主人公で男性が敵となると、感情が少し違ってきますからね。

──現在発表されているキャラクターはそれぞれどのような関係なのでしょうか?
五十嵐: 元々この3人はほぼ同い年で、ミリアムとジーベルは生贄用の被験体、そのお世話係としてヨハネスが付き、とても仲が良かった。
そして感情移入してしまい、ヨハネスは錬金術士の先輩に儀式をやめるように主張しますが、結局儀式は行われてしまいました。
ミリアムは昏睡状態になってしまったので生贄にはされず、錬金術の組織はジーベルたちを利用して地獄を召喚することに成功します。
しかしジーベルだけは奇跡的に生き残る。
ちなみに、召喚に使用したのは、エノキアンタブレットとロガエスの書です。
これはエノク文字で書かれており、アダムがエデンの園ですべてのものに名前を付ける際に使用していたものです。

そこから時が流れ、ジーベルは当然ながら恨みを晴らすためにこれらを使って悪魔を召喚し、錬金術ギルドを崩壊させる。
ただ、友人だったヨハネスだけは殺さないのですが、加えて昏睡状態だったミリアムを守らないといけない。
自分たちは結晶の侵攻が進んでいくだけなので人間には戻れない、地獄にも行くことができない──そのため、この世界に地獄を作って我々が生きていける場所を作るべきだという考え方になっています。
「自分の体を人間が改造した。
だったら今度は俺が世界を変えてもいいはずだ」という思考ゆえの行動ですね。

──ジーベルは主人公のミリアムに対して、同胞意識が強いということですか?
五十嵐: そうですね、恋愛感情ではありません。
ヨハネスについても、ミリアムは恋愛対象というより、守らなければいけない存在となっている。
彼は優秀なので結晶化を止める方法を持っており、彼女の体に施してそれを止めている。
ジーベルに対しても助けてあげたいのですが、ジーベルは上記のようなモチベーションなので力を欲している。
ミリアムは昔の仲間が力に蹂躙されていることに疑問を感じ、助けたいと考えています。

──キャラクターデザインや、そのこだわりについて教えてください。

五十嵐: キャラクターのデザインについては、当初あった主人公を初めとしたキャラクターに結晶を体に埋め込むというアイデアを、デザイナーさんがステンドグラス風にするのはどうですかと提案してくれました。
結晶が体を侵食していくという設定で、それをぎゅっと抑え込むとバラのようになると考えて、このようなデザインにまとまりました。
ミリアムについては、背中で結晶を破壊させて増殖するのを外に排出して防いでおり、その結果オーラのようなものが背中から出ています。
ステンドグラスは僕も大好きで、赤が一番高い。
赤のステンドグラスは金を使っていて高価なので、敵のジーベルには赤がいっぱい入っています(笑)。

こだわった点は、ミリアムは結晶が心臓の部分にあり、一方のジーベルは心臓以外が結晶化されている。
赤いのは手遅れなのか、心臓が結晶化して問題ないのか──など、色々ご想像いただければ嬉しいです。
キャラクターのデザインについては、結晶の部分をある程度外に出しておく必要があるので、服のデザインはこのような形になりました。
当初はもっとゴスロリのような服装だったのですが、戦う雰囲気にして欲しいので鎧のパーツが加えられ、左右対称でなくていいので右手を軽くしてくださいとなりました。
角はただの飾りです(笑)。

ジーベルは赤を中心としたカラーリングをお願いして、僕の要望としてはとにかく結晶に侵食されている感じを出して欲しかった。
当初はもっとたくさんの服を着ていたのですが、肌を露出してもらいました。
ただ、顔の侵食だけは気にしているのか、仮面をしている。
体に何か入っていても服のように見えることがあるのですが、顔は最後に侵食されるものというイメージがあったので手遅れ感を出すために入れてもらいました。

ヨハネスはオーソドックな感じでお願いして、研究者っぽくないようにしたいと考えています。
理屈よりも感情を大切にしているキャラクターですね。

──「魔力錬成結晶システム」という、レア素材アイテムをドロップさせて攻撃魔法を獲得するというシステムについて教えてください。

五十嵐: これは初期アイデアなので、ブラッシュアップしていかなければいけないのですが、まずは敵の技を使えるようにしたいというのがありました。
その際、サブエフェクトを付けたい。
具体的には、ドロップアイテムが5つあり、敵の頭や腕などいろいろな部位から出てきます。
それらのドロップアイテムのなかでも、魔力を帯びているものだけがレアとして輝いている。

通常の素材はクエストに使ったり、武器の素材として使ったりできるのですが、輝いているレア素材は、それ自体を錬成させると結晶になります。
すると、自分の体の結晶とリンクして技が使えるという仕組みになっています。
その時に、例えば頭の部分からドロップしたら魔法攻撃力が上がるサブエフェクト、足の部分からドロップすると移動速度が上がるサブエフェクト──というようにしたいと考えており、同じモンスターからドロップした素材でもサブエフェクトの違いを作ることでステータスのカスタマイズができるようにしたいと考えています。

──魔法は、新しいものをどんどん獲得していかないと攻略は難しいですか?
五十嵐: キーの魔法──移動で使用したり、特定の敵を倒すために必要だったりするものは、必ず道中で手に入るようになっています。
持っていたら有利になるものに関しては、自分で獲得していく必要がありますね。
本作では、収集要素を含めることも考えていて、ドロップ率は高く設定し、ドロップしたけれど自分の欲しいサブエフェクトがついていない──となって繰り返し遊んで欲しいと思っています。

──本作のコンセプトを作っていく中で、苦労した点について教えてください。

五十嵐: ゲームシステムはベースがあってそれをアレンジするだけだったので苦労しませんでしたが、一番困ったのは主人公が女性に変わったことですね。
もう一度世界観を構築する必要があったので。
僕は世界設定を作ることが多く、今回は時代背景を実際の歴史に乗せていくことで真実味が増してくる。
本作では舞台をイギリスにしようと思いました。
そこにストーリーを合わせていくのですが、生贄によって地獄を召喚し、悪魔が地上に現れる、その悪魔たちは殺戮を行う──ということは、大きな事件が起こるはずなので、イギリスでそうした事件がないかを調べていました。

──結果、大きな事件は見つかりましたか?
五十嵐: 見つかりました。
1700年代にラキ火山が噴火した事件で、アイスランドの人口の3分の1が亡くなっています。
さらに、この火山灰と亜硫酸ガスが西ヨーロッパの方に流れてきてたくさんの人が巻き込まれました。
これに関してはたくさんの伝承が残っているのですが、イギリスでは2万3000人亡くなっているにも関わらず何の伝承も残っていない。

大災害なのに記録が残っていないのは、人在らざる者たちが殺戮を行った、それを隠蔽しようとしている人たちがいる──と想像しました。
また、当時の村人の言葉に「昼でも夜のように暗く、太陽は血のように赤い」という一節がありました。
なので、この作品は地獄から城を作り出すのですが、城の外側は赤い血のような外観になっています。
このように作り上げることで、ファンタジーの世界と現実世界の親和性が高くなることを大切にしてします。

──海外のユーザーから多数の期待の声が出ていますが、それについてはどう思っていますか?
五十嵐: 本作のKickstarterは、たくさんのファンの方からご支援をいただいているというのもとても感謝しています。
プレッシャーはありますが、これだけの方に応援してくださっていることが嬉しいので、あとはやるだけという感じがしていますね。

──発売時期はいつ頃になりそうですか?
五十嵐: Kickstarterが終了後にゲームボリュームが確定するので、再度告知をさせていただきたく思っています。

──最後に、本作に期待している世界中のファンの方へ、メッセージをお願いします。

五十嵐: 久しぶりに自分が得意としているゲームを発表できるので、今は自分が作れることが純粋に楽しいです。
こうした気持ちがゲームに乗り、みなさんにお届けできればと思いますので、『Bloodstained: Ritual of the Night』に期待していてください。
また、ArtPlayではモバイルの方も頑張っていきますので、併せてよろしくお願いいたします。

──本日はありがとうございました。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

緑川光さん、鹿野潤さん出演のゴージャスな食事&声優トークショー“ホテル de 戦国無双 in新宿 ~明智の章~”チケット一般販売が開始

 【21//2015】

緑川光さん、鹿野潤さん出演のゴージャスな食事&声優トークショー“ホテル de 戦国無双 in新宿 ~明智の章~”チケット一般販売が開始


●明智親子の掛け合いを間近で聴きたい人はお見逃しなく!
コーエーテクモゲームスは、2015年6月20日(土)にハイアット リージェンシー 東京にて開催予定の声優トークショー付きパーティープラン“ホテル de 戦国無双 in新宿 ~明智の章~”について、本日2015年5月21日(木)よりイープラスにてチケットの一般販売を開始した。

以下、リリースより。

----------
当社は、2015年6月20日(土)にハイアット リージェンシー 東京にて開催予定の声優トークショー付きパーティープラン『ホテル de 戦国無双 in新宿 ~明智の章~』につきまして、本日2015年5月21日(木)よりイープラスにてチケットの一般販売を開始いたしました。

本企画は、当社が手がけるタクティカルアクションゲーム「戦国無双」シリーズを題材にしたもので、ゲーム中に登場するキャラクターを演じる声優「緑川 光(明智光秀 役)」氏と「鹿野 潤(ガラシャ 役)」氏の2名を招いた食事付きのトークショーです。
少人数で開催することにより、ほかでは味わえない声優との距離の近さや、アットホームな雰囲気をお楽しみいただけます。
ゲーム内でも子煩悩な父・明智光秀と、奔放な娘・ガラシャによるキャラクターデュエット曲も本イベントにて初披露を予定しておりますので、ご期待ください。

概要
○タイトル:ホテル de 戦国無双 in 新宿 ~明智の章~
○日程:
2015年6月20日(土)
17:30 開場/18:00 お食事開始/19:00 トークショー開演
※公演の時間は変更になる場合がございます。
※お食事(西洋コース料理)付きのパーティーです。
※会場にクロークをご用意しております。
更衣室はございません。
※最小参加人数に達しない場合、中止となる場合あります。
※撮影が入る場合があります。
あらかじめご了承ください。

○会場:ハイアット リージェンシー 東京
・新宿駅西口より徒歩約9分
・地下鉄大江戸線都庁前駅A7出口C4連絡通路
(6:00~23:00)経由で徒歩1分
・地下鉄丸ノ内線西新宿駅より徒歩約4分
○入場料:
(税込)
32,000円(お土産付き)
○チケット販売:
●一般販売<イープラス>
販売期間:2015年5月21日(木)10:00 ~ 6月16日(火)18:00
■購入方法 :インターネット購入(※PC・携帯共通)
※24時間。
メンテナンス時間 2:00~8:00(第一、第三木曜日)を除く
※事前に会員登録が必要です(無料)
※お問合せURL
(※PC・携帯共通)
※24時間。
メンテナンス時間 2:00~8:00(第一、第三木曜日)を除く
○出演者(敬称略):緑川 光 (「戦国無双」シリーズ 明智光秀 役)、鹿野 潤 (「戦国無双」シリーズ ガラシャ 役)
○お問い合わせ先(イベント事務局):
045-561-6896
2015年4月24日(金)~ 6月19日(金)
※土日祝日を除く平日10:00~17:00


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ICARUS ONLINE』 大型アップデート“パルナの地Part1”が実装 新米騎士応援などのイベント、キャンペーンも開始

 【21//2015】

『ICARUS ONLINE』 大型アップデート“パルナの地Part1”が実装 新米騎士応援などのイベント、キャンペーンも開始


●レベルキャップ30まで解放
WeMade OnlineとNHN PlayArtは、サービス中のPC用MMORPG『ICARUS ONLINE』において、正式サービス開始後初の大型アップデートとなる“パルナの地Part1”を本日2015年5月21日(木)に実施し、同日よりアップデートを記念して各種イベント、キャンペーンの実施および新規アイテムの販売を開始した。

以下、リリースより。

----------
株式会社WeMade Onlineと、NHN PlayArt株式会社は、WeMade Entertainment Co., Ltd.(本社:韓国、代表理事:張賢国)が開発したPCオンラインゲーム、天地を駆けるファンタジーMMORPG『ICARUS ONLINE』(イカロス オンライン)において、正式サービス開始後初の大型アップデートとなる「パルナの地Part1」を2015年5月21日(木)に実施し、同日よりアップデートを記念して各種イベント・キャンペーンの実施および新規アイテムの販売を開始しました。

■大型アップデート「パルナの地Part1」実施
『ICARUS ONILNE』正式サービス開始後初の大型アップデート「パルナの地Part1」を2015年5月21日(木)に実施しました。

■「パルナの地Part1」アップデート概要
・レベルキャップ解放:25→30
・新スキル実装:レベル30までに取得可能な各クラススキル・騎乗スキルの実装
・新マップ実装:極寒地帯「パルナの地」(一部入場制限)・PvP地域「エクサラン無法地帯」(一部入場制限)
・新ダンジョン実装:「禁忌の洞窟」(入場レベル28以上)
・新装備実装:速度が上がる「リチェイサー」シリーズ・対人用装備「エクサラン」シリーズ
・新規フェロー実装:一般等級9種・精鋭等級14種・英雄等級1種、計24種
■新マップ「パルナの地」に登場するフェローの特徴
全てが雪に閉ざされたパルナの地は、他の地域に生息するフェローにとっては非常に厳しい環境であるため、多くのフェローはその寒さに耐えきれず、移動速度・最大高度が減少してしまいます。
パルナの地のフェローは寒さに対する耐性を持っているため、この地を冒険するには必要不可欠な存在です。

■PvP地域「エクサラン無法地帯」に登場するフェローの特徴
古代エクサラン時代にカフィン教徒たちの実験場として使用されていたこの地に残る魔気は、多くのフェローに悪影響を及ぼし、気力・移動速度を減少させてしまいます。
エクサラン無法地帯のフェローは魔気に対する耐性を持つため、この地を快適に移動するには必要不可欠な存在です。

※GAMEcom『ICARUS ONLINE』「パルナの地Part1」アップデート特設ページはこちら
※ハンゲーム『ICARUS ONLINE』「パルナの地Part1」アップデート特設ページはこちら
■人気のデビが初登場!ラビニ商店にて「デビのフォーチュンボックス」を期間限定販売
凶悪なモンスターながら、その外見から密かに人気が急上昇している「デビ」がペットとなって初登場。
まさかの仲間となって、あなたの冒険を助けます。
そんな「デビ」が当たるかもしれない「デビのフォーチュンボックス」を期間限定で販売を開始しました。

◇販売期間
2015年5月21日(木)~6月11日(木)メンテナンス前まで
◇販売内容
・「デビのフォーチュンボックス」:300YP・「デビのフォーチュンボックス(初回)」:100YP
・「デビのフォーチュンボックス×11」:3,000YP
デビのフォーチュンボックスを使用することで、下記より一種類のアイテムをランダムで獲得します。
ペット:剛力のデビ、ペット:魔力のデビ、ペット:ラーヴァガーダー、ペット:ワーウルフハンター、ペット:イエティシャーマン、活力の秘薬、探索許可証 x5、活力ポーション(3時間)、精鋭封印石、拡声器、精鋭ペット呪文書、移動:禁忌の洞窟 x5、祝福復活呪文書、フェロー経験値上級ポーション、捕獲ポイント50回復ポーション
■初登場のフェローにコスチュームまで!アップデート記念「出席チェック」イベント開始
大型アップデート実施を記念して、初登場のフェローに本邦初公開のコスチュームまでもらえる一週間限定特別「出席チェック」イベントを開始。
最終日の7日目には1,000YPに相当するエルンがもらえるなど、逃せないアイテムが満載なので、これは毎日ログインするしかないぞ!
◇イベント内容
イベント期間中、ゲームにログインした際に「出席チェック」が表示されます。
出席チェックが完了した日付のアイテムアイコンをクリックすることで、ログイン報酬を獲得できます。

◇開催期間
2015年5月21日(木)~5月28日(木)メンテナンス前まで
◇賞品一覧
1日目:GMのポーションパッケージI
戦闘力が上がるポーションの詰め合わせセット
2日目:幸運のエルンボックス
ランダム数のエルンを獲得
3日目:ミリタリーエックス(3日)
キャラクター外見が変わるコスチューム
4日目:GMの活力回復薬(5時間)
活力を5時間分回復
5日目:探索許可証×5
ダンジョン再入場時間リセット
6日目:フェロー:雷鎧のゼピュロス
新登場フェロー「雷鎧のゼピュロス」を獲得
7日目:エルン100個ボックス
エルンを100個(1,000YP相当)獲得
※GAMEcom『ICARUS ONLINE』公式サイト「出席チェック」イベント告知はこちら
※ハンゲーム『ICARUS ONLINE』公式サイト「出席チェック」イベント告知はこちら
■新規プレイヤー歓迎「新米騎士応援イベント」を開始
大型アップデート「パルナの地Part1」を記念し、新たにプレイを開始するキャラクターに便利なアイテムがもらえる「新米騎士応援イベント」を開始しました。
この機会に『ICARUS ONLINE』の世界で冒険しよう!
◇イベント内容
2015年5月21日(木)メンテナンス以降、新たに作成されたキャラクターにゲーム内で使用できる便利なアイテムをプレゼントします。

◇開催期間
2015年5月21日(木)~6月4日(木)メンテナンス前まで
※GAMEcom『ICARUS ONLINE』公式サイト「新米騎士応援イベント」告知はこちら
※ハンゲーム『ICARUS ONLINE』公式サイト「新米騎士応援イベント」告知はこちら


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る