2015 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 06

どうしてヒロインはサイクロプスなんだ?単眼少女と恋愛するADV『Love at First Sight』Steamで配信

 【27//2015】

どうしてヒロインはサイクロプスなんだ?単眼少女と恋愛するADV『Love at First Sight』Steamで配信


単眼女子がヒロインのゲーム『Love at First Sight』がSteamに登場し、話題を呼んでいます。


インディーズディベロッパー Creepy Cuteが送り出す『Love at First Sight』は、主人公「福永護」が転校先の学校で怪我だらけの単眼少女「臼井幸」に一目惚れをするというもの。
一目惚れと題するようにヒロインが単眼少女という一風変わった点と、傷ついたヒロインのビジュアルが目につきますが、内容は一般的なラブコメもののADVとのことです。

価格は989円で、5月25日までは10%オフの882円です。
すでにSteamトレーディングカードに対応済みで、字幕およびインターフェースは英語と日本語の切り替えが可能となっています。

本ゲームは元々日本のFreakilyCharmingという名のサークルの作品として販売されていたものですが、海外市場のSteamで販売するにあたり、デフォルトの日本語以外にも英語を追加。
それに伴い、立ち絵や背景などもすべて描き直しているそうです。

ちなみに英語でもプレイできるということから、海外ゲーマーからの感想や質問も多く寄せられており、レビューやフォーラムのページでは「どうしてヒロインはサイクロプスなんだ?」という声や、音楽以外の面を製作者がたった一人で作り上げたことに触れて、驚いた様子を伝える声から「見かけで驚いたけど、内容は甘くてロマンチックだ」と内容を賞賛する感想が寄せられていました。

Steamでは日本のゲームでも日本語ではプレイすることができないといったことが多いようですが、こちらはしっかり日本語搭載済み。
気になる方はぜひプレイしてみてください。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PS4版『SAO ロスト・ソング』『ホロウ・フラグメント』発売決定

 【27//2015】

PS4版『SAO ロスト・ソング』『ホロウ・フラグメント』発売決定


バンダイナムコエンターテインメントは、5月27日に放送した「SAOゲーム大型アップデートを遊び尽くせ特番+α」にて、PS4ソフト『ソードアート・オンライン ロスト・ソング』『ソードアート・オンライン ロスト・ソング Re:ホロウ・フラグメント』を発表しました。


なお、『ソードアート・オンライン ロスト・ソング Re:ホロウ・フラグメント』は、『ソードアート・オンライン -ホロウ・フラグメント-』のディレクターズカット版の名称です。

両作品ともに発売時期や価格は発表されていません。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「FFXIV 蒼天のイシュガルド」ジョブレポート MP/TP回復が可能な機工士の加入でますますアツいDPS! 今後はDoTやバフの管理も重要に

 【27//2015】

「FFXIV 蒼天のイシュガルド」ジョブレポート MP/TP回復が可能な機工士の加入でますますアツいDPS! 今後はDoTやバフの管理も重要に


「ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド」欧州メディアツアーの最後のレポートとなる「ジョブレポート」をお届けしたい。


このレポートでは新ジョブ「機工士」をはじめとしたアタッカージョブについて、使ってみた感触などをお届けしたい。
限られた時間の中でのプレイなので、ある程度使いこめたジョブと、そうでないジョブで多少温度差があるかもしれないが、なるべくすべてのジョブについてレベル60での立ち回りや新アクションの特徴をお届けしたいと思う。

使用したキャラクターは、アイテムレベル170の装備をつけた、レベル60のアウラ男性。
フィールドモンスターや、F.A.T.E.、新ダンジョンなどでプレイしてみての感想だ。

■ 詩人と似た立ち位置ながら、まったく操作感の違う「機工士」
新ジョブの機工士は銃をメイン武器に戦う新しいDPSジョブ。
その名前の通りエンジニア的な側面も持ち、2種類のタレットを操作して攻撃や支援など様々に立ち回ることができる。
アディショナルスキルは弓術士と槍術士を使うことができる。

機工士のポイントとなるスキルは銃にアタッチメントを取り付けるアクションと「リロード」という技だ。
機工士はなんのバフも付いていない状態では、詩人のように走り回りながら自由にスキルを使うことができる。
しかし高いDPSを出すには前述したアタッチメントのアクションを使ってより慎重な立ち回りが必要になる。

アタッチメント使用時には、銃の先にとがった機工兵器が取り付けられ攻撃力が大幅にアップする。
しかし、一部のスキルを除いてキャストタイムが発生して、術系のスキルと同じようにボタンを押してから攻撃が発動する間に動くと攻撃がキャンセルされてしまうようになる。
これまで詩人がやっていたように、動き回って攻撃をよけたりギミックの処理をしながらの攻撃もできるし、黒魔道士のように周辺の安全な場所に陣取って、そこからひたすら攻撃を仕掛けるという2通りの戦い方を選択できる。

アタッチメント装着時にしか使えない強力な攻撃もあり、移動を伴う「動」の動きと、足を止める「静」の動きの切り替えがやはり重要になりそうだ。
さらにキャスト時間を短縮する技もあり、高いダメージを維持したまま一気に攻撃をたたき込むなど、工夫の余地が大いにあるジョブだ。

DPSを延ばすためのもう1つの要素が「リロード」だ。
これは銃に特殊弾を装填するアクションで、5発装填できる「リロード」と、1発しか装填できないが即時性の高い「クイックリロード」の2種類がある。
特殊弾というと、アイテムのようにも思えるが、スタック式のバフの一種だと思えばいい。
特殊弾を5つ装填すると、「特殊弾V」というバフがつく。
このバフがある状態で他のウェポンスキルを使うと、ダメージが上昇し、特定のウェポンスキルは追加効果の発生確率が高くなる。

これらのウェポンスキルは追加効果が発動している状態で使うとコンボが成立する。
ほかのジョブで言うところの基本コンボのようなもので、この3つを適宜使いながら、単発の技を織り交ぜていくというのが基本のローテーションになりそうだ。
1回コンボをつなげるには最低でも弾が2つ必要で、他の技でも弾を消費するので5つのバフを使いきるのは割と一瞬だ。
その割にはリロードにそれなりの時間がかかるので、特殊弾は常に使い続けるものというよりは、短い時間に高いDPSを出さなければならない局面などで使用する攻撃バフの一種だと考えるといいかもしれない。

ほかにも追加効果がスタンが入る「サプレッシブファイア」。
相手をバインドさせたり、ヘヴィ状態を作る技もあった。
物理ダメージを減少させる「ウェポンブレイク」は、「ファイナルファンタジータクティクス」を彷彿させる技となっている。

攻撃系の技では、扇状に銃を乱射する「スプレッドショット」や、相手に爆弾をセットしてダメージを蓄積させるユニークなもの、相手にグレネード爆弾を投げつけるものなどかっこいい技が揃っている。

そんな機工士のもう1つの大きな特徴がタレットだ。
タレットは2種類ある。
「オートタレット・ルーク」は細長い見た目で、胴体部分から単体の敵に対して弾を打ち出す。
「オートタレット・ビショップ」は丸い形のタレットで、自身を中心としたサークル上の範囲に入った敵に対して術攻撃を行なう。
動かせないため、召喚士のエギのように一度出せば死ぬまでは付いてくるというものではなく、その時々に設置する必要があり、タンクになれるほどの耐久力もないが、攻撃補助としてなかなか頼りになる存在だ。

ちなみに「タレット回収」というアビリティがあるが、通常は回収せずに放置しておいても問題はない。
タレットを交換するときにも1台出している状態で、もう1台を出せば前のものは消える。
回収は、ダメージを与えてはいけない場面などタレットを強制退場させたいときに使うもののようだ。

タレットにはさらに支援効果もある。
特定のアクションを使うことで、タレットのモードを入れ替えてMPを消費しながらTPを持続回復させる。
効果範囲はだいたい詩人の歌と同じくらいだと思えばいいだろう。
詩人は詩人で強化されており、機工士が登場したから席がなくなる心配はなさそうだが、遠距離物理攻撃が好きならかなり魅力的な選択肢が増えたことは間違いない。


■ 既存のDPS6ジョブも新アクションで戦闘スタイルが変化!
続いては既存6DPSジョブについて紹介していこう。
まず、「蒼天のイシュガルド」を象徴するジョブである竜騎士には「蒼の竜血」といういかにもなアクションが入った。
使用すると、アクションの威力が短時間増加する。
この間に、「フルスラスト」か「桜華狂咲」のコンボを成立させると、さらに派生する新たな2つの技が使えるようになる。
さらに重要なのはこの技を使うことで「蒼の竜血」自体の効果時間を延長できることだ。

蒼の竜血の発動中に使える最強の技は、レベル60で覚える「ゲイルスコグル」という前方に向かって放つ範囲攻撃技だ。
このアクションには「蒼の竜血」の効果時間を短縮するという追加効果がある。
「蒼の竜血」はそれほど効果時間の長い技ではないため、発動直後に、「ゲイルスコグル」を使うとすぐに切れてしまう。
しかし、前述のアクションによって効果時間を延ばすことが可能であり、効果時間を自ら延長し、大技を使って行くという工夫の余地が見どころとなる。

レベル60竜騎士の戦い方は、戦闘が継続している間は「蒼の竜血」でダメージ上昇を維持しつつ、フェーズの切り替えなどでバフが落ちてしまうようなタイミングには、一気に大技で放出するという2つのスタイルを適宜使い分けてDPSを延ばしていくようなスタイルになりそうだ。

実際に使ってみると、確かにまったく貯めずに使うと「蒼の竜血」は本当にあっという間に切れてしまう。
フルスラストや桜華狂咲のコンボを貯めつつ、どのタイミングで「蒼の竜血」を使ってどこまで貯めて、どこで放出するかを考えつつ、さらに背面、側面も使い分けてと、これまでとはかなり違う戦い方が必要になるだろう。


モンクには「闘気」という新しい技が追加された。
これはバフの1種でボタンを押すと赤いオーラを放出しつつ1つずつ、最大5つまでスタックしていく。
この闘気自体には特別な効果はないが、5まで貯めることで派手な攻撃技などが使用可能になる。

モンクは常に疾風迅雷を維持するために敵を殴り続けているが、敵がジャンプしたり、痛い攻撃をよけたりするときに多少手が空いてしまうことがある。
そういうときに、すかさずこの闘気を貯めておけば、敵の側に戻った時に前述の強力な技でDPSを稼ぐことができる。

また、疾風迅雷を維持する工夫として、攻撃せずに型だけを進める「演武」というアクションが入る。
こちらも同様に、攻撃できない待ちの局面などシチュエーションを選んで使うことで、DPSを効果的に維持しようというものだ。

新しい攻撃技としては、ジャンプして敵の頭上から青いビームのような範囲攻撃を出す「蒼気砲」や、「疾風迅雷III」の時にそれを消費して繰り出す「闘気旋風脚」といったものがある。
今回の新技能では、まったく攻撃スタイルが変化するジョブと、現状を維持しつつ物足りなかった部分を埋めるという2方向が感じられるが、モンクの場合は後者に当たる。
他のDPSのように立ち回り自体が全く変わってしまうというものではないが、よりテクニカルな方向へ進化を遂げるようだ。


忍者は後発のジョブだからなのか、一見すると基本的な立ち回りについては大きな変化がないように見える。
攻撃面での特徴は、「双刃旋」、「風断ち」から続くコンボに3つ目となる新しいルートが追加されたことだ。
新コンボの3段目となる新しいウェポンスキルは、コンボの追加効果で「風遁の術」の効果時間を延長する。
しかし、これによって忍術のリキャストを風遁に用いていたものが、他の忍術を絡める余地となり、複数の忍術を絡めた立ち回りによって大きな変化が生まれるかも知れない。

忍者にはほかにも2種類のDoTや、敵への攻撃弱体技などを維持するためのコンボも使い続ける必要があるためローテーションをしっかり見直す必要が出てくるだろう。
さらに1度で3回攻撃をかけるお得な単体攻撃技や使用すると効果時間中に使ったウェポンスキルのダメージを増幅させるアクションなどもあり、一気にDPSを叩き込むことが可能になっていた。

今回増えたアクションのうちの2つは支援系の技になっている。
「影渡」は自分に貯まった敵視の大部分をパーティメンバーに渡すというもの。
「縮地」が使える忍者が開幕に先行してタンクからターゲットをとってしまうのは、非常にありふれた光景だ。
「あ、やべ!」と思ったときには今までだと攻撃の手を止めて意図的にDPSを落とす必要があったが、「影渡」でタンクに敵視を渡してしまえばそのまま攻撃を継続できるかもしれない(あくまで状況によるので断定はできないが)。
さらに対象の敵視を下げる効果を持つアクションもある。
自分の敵視を下げる効果をもっているジョブはあるが、こちらはパーティメンバーに対して使えるので、より便利な技だ。

3つのコンボルートを使い分けなければならないという部分で、DPSとしてはよりトリッキーになった感があるが、支援系の技能も入り、よりパーティの連携を意識した形のプレイが求められているということだろう。


機工士が入ってやや先行きを危ぶまれている詩人だが、レベル60までの技能でまた一皮むけた成長を遂げている。
ポイントは、機工士のアタッチメントと同じように、ダメージは上がるがアクションにチャージが発生するようになる新しい歌「旅神のメヌエット」だ。
使うと与ダメージが上昇する代わりに、「ストレートショット」など従来のウェポンスキルに発動までのチャージ時間が付いて、その間は動けなくなる。
機工士と同じように、今まで通りの動きまわりながらの攻撃と、後方からより強力なダメージを出す固定砲台という2つの選択肢が生まれている。

「旅神のメヌエット」中にしか使えない2つの新アクションを持つところも似ている。
しかしそこからの立ち回りは、実際に遊んでみるとむしろ召喚士を思わせた。
詩人には「べノムバイト」と「ウインドバイト」という2種類のDoTがあり、この2つを常に維持しながら戦うのがスタイルだった。
ところが新アクションのひとつを使うと、なんとこの2つのDoTが同時に更新できてしまうのだ。
さらにDoTが2つとも入っている状態の敵に「サイドワインダー」という攻撃技を使うと、追加ダメージも与えられる。
これらの技をうまく回すことで、今までよりも格段に高いDPSをたたき出すことができるようになっている。

動き回りながらの攻撃が詩人のアイデンティティ、という人にとってはキャストタイムに立ち止まる必要がある戦い方は多少ストレスを感じるかもしれないが、たたき出すダメージを見るときっと次からはまずメヌエット、と思えるはずだ。
詩人の残る1つの新アクション「時神のピーアン」はパーティメンバーやペットを対象にかける補助効果で他の歌とは競合しない。


黒魔道士には「ファイジャ」と「ブリザジャ」という上位魔法が入った。
しかし、単に「ファイガ」が「ファイジャ」に変わったわけではない。
これまで黒魔道士はファイア系を使って「アストラルファイア」のバフを、ブリザド系を使って「アンブラルブリザード」のバフを貯めながらそれを適宜スイッチすることでMPを切らすことなく攻撃し続けるというスタイルだった。
レベル60からは、ここに新たに「エノキアン」の維持という要素が加わる。

エノキアンは使うと効果時間中の与ダメージがアップするバフで、ファイジャとブリザジャを撃つ必須条件にもなっている。
これらの上位魔法は、エノキアン効果中でかつアストラルファイアかアンブラルブリザードの時に初めて使うことができる。
ブリザジャを使うとエノキアンが更新されるが、その際1度更新するたびに効果時間が縮まっていく。

また、ファイジャとブリザジャは、アストラルファイアとアンブラルブリザードを更新しないので、この2つを維持するためには従来通りファイガやブリザガも回していかなくてはならない。
この微妙にタイミングの事なる2つの要素をうまく組み合わせられるかどうかが黒魔道士の強さになる。

そして今回、「黒魔紋」という術の詠唱速度が早くなる魔法陣や、「激成魔」という魔法の効果アップを発動させるアビリティも入っている。
黒魔紋は使うと自分を中心とした魔法陣が地面の少し上あたりに生成される。
一度生成されてしまうと地位が固定になり、魔法陣から出ると効果も魔法陣自体も消えてしまう。
範囲内なら自由に移動できるので、敵の範囲攻撃をまったく避けられないわけではないが、それほど大きなサークルではないのでDPSが伸びるぶん、動きはかなり制限される。

今回あまり黒魔道士を使う機会はなかったのだが、少ない時間で試した範囲でも、びっくりするような数値をたたき出していたので、これらの要素をうまく使えば相変わらずパーティのエースダメージディラーとして君臨できそうだ。


今回、筆者が使った中で一番難しく感じたのが召喚士だ。
召喚士は新しいエギが入らなかった代わりに、バハムートの力を宿して戦う「バハムートエーテル」という要素が加わった。
バハムートの力を解放するまでには、結構な手順が必要だ。
まずは通常度通り「エーテルフロー」を貯めた状態からエーテルフロー消費アクションを実行すると「バハムートエーテル」という30秒間有効なバフが付く。

バハムートエーテルを貯めると「トランスバハムート」という技能が使えるようになる。
これでバハムートの力を自らに宿らせ、更なる攻撃手段を得る。
つまりエーテルフローをバハムートエーテルに積み替えることで力を発揮するという形だ。

この絡み合う要素に気を取られていると、通常のDoT管理が怪しくなってしまうが、今回「トライディザスター」がレベル56で覚える新技能として生まれ変わり、バイオ・バイオラ・ミアズマを一度に付与できるという、その名にふさわしい強烈な技になった。
従来の技は「トライバインド」という名前に変更になっている。

デスフレアやトランスバハムートは、カンスト近くにならないと覚えない。
そこ召喚士は既存のアクションにも様々な調整がなされており、レベル60に到達したときには黒魔道士同様にローテーション一気に変化しそうだと感じた。
これまでも召喚士は「強いが操作が難しいジョブ」という印象があったが、この印象は「蒼天のイシュガルド」ではさらに磨きが掛けられ、やはり武器が本だけにいろいろと頭を使わねばならないジョブとして強化されていると感じられた。


(C) 2010-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「リネージュ2」、WebMoney5,000円分がもらえるキャンペーンを開始「ライブサービス」限定キャンペーンも

 【27//2015】

「リネージュ2」、WebMoney5,000円分がもらえるキャンペーンを開始「ライブサービス」限定キャンペーンも


エヌシージャパンは、Windows用MMORPG「リネージュ2」11周年を記念した特設サイトを更新し、新たなイベント情報を公開した。

■ 「ライブサービス」、「クラシックサービス」共通キャンペーン
□ 11周年フォロー&リツイートキャンペーン
実施期間:5月27日17時~6月10日23時59分
キャンペーン概要:
リネージュ2の公式アカウント「@lineage2_FS 」をフォローし、対象のキャンペーンツイートをリツイートする。
リツイートしたユーザーの中から、抽選で11名にWebMoney(5,000円分)がプレゼントされる。

■ 「ライブサービス」限定キャンペーン
マーケットイレブンopen!" id="contents-section-3-1">
□ マーケットイレブンOPEN!
実施期間:5月27日定期メンテナンス前~6月17日定期メンテナンス後
対象レベル:
Lv85以上のキャラクター
キャンペーン概要:
各村にいるNPCイレブンに話しかけると「メンバーシップカード:マーケットイレブン」が入手できる。

メンバーシップカードを持っているキャラクタ―は、1日1回効果が1時間持続する「11周年記念強化魔法 Lv1」をかけてもらえ、効果が終了すると効果が2時間持続する「11周年強化補助魔法Lv2」へ自動的に切り替わる。

「11周年強化魔法Lv1」の効果開始時と消滅時に「11周年記念コイン」がそれぞれ11個手に入り、1日最大22個を手に入れることができる。
コインは、マーケットイレブンで装備、雑貨、景品ゲームの参加アイテムなどさまざまなアイテムと交換できる。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PS Vita版『魔神少女』本日より配信開始、景品が当たる早期購入プレゼントキャンペーンも実施

 【27//2015】

PS Vita版『魔神少女』本日より配信開始、景品が当たる早期購入プレゼントキャンペーンも実施


フライハイワークスは、PS Vita『魔神少女 -Chronicle 2D ACT-』を本日2015年5月27日より配信しています。


『魔神少女 -Chronicle 2D ACT-』は、主人公の魔神「ジズー」が消失したシェガーを追い求めるクロニクル2Dアクションゲームです。
元は2014年8月にニンテンドー3DSで発売された作品ですが、トロフィー対応・ロード高速化などの機能を加え、PS Vita向けのタイトルになっています。

今回はゲーム情報やPVに加え、早期購入者向けプレゼントキャンペーンについての情報が公開されています。

◆早期購入プレゼントキャンペーン
PS Vita版の発売を記念し、クリアファイルなどの関連グッズが当たるプレゼントキャンペーンが実施されます。
2015年6月14日までに本作を購入し、スクリーンショットもしくは写真で撮影したゲーム画面を、ハッシュタグ「#魔神少女DLなう」共にTwitterでツイートすることで応募ができます。
詳細は公式サイトをご覧ください。

◆ゲーム情報
■物語
本作の主人公であり、世界を統べる魔神、ジズー・オリンピア。
彼女はオールド地方で起きている「シェガー消失事件」を調査し解決するため、地上に降り立つことになりました。

■ゲームシステム
本作は、瞬間的にジズーを強くできる「強化スロットシステム」や、ステータスを強化する「グロウパート」などの成長システム(RPG要素)があるアクションゲームとなっています。
また、成長させないでクリアすることで、新しい要素が解禁されるモードなども用意されています。

■アドベンチャーパート
ボスと遭遇すると、バトルの前に会話が発生します。
このアドベンチャーパートでは、キャラクターごとに物語が展開。
また、このパートは完全フルボイスとなっています。

◆登場キャラクター
本作では、事件に関与しているかもしれないキャラクターたちがボスとして登場します。
今回はその中から、ジズーを含めた7人を紹介。
ジズーは彼女たちから話を聞くために接触を試みますが、場合によっては力づくで事件について聞き出すこともやぶさかではありません。

■ジズー
■クリンスィー
■ソラ
■アル
■ブラッド
■ストイ
■パペルネ
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
PS Vita『魔神少女 -Chronicle 2D ACT-』は配信中で、価格は400円(税込)です。

(C) INSIDE SYSTEM
(C) Flyhigh Works


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「デビルメイクライ」ハードロック/ヘヴィメタルアレンジベスト発売決定

 【27//2015】

「デビルメイクライ」ハードロック/ヘヴィメタルアレンジベスト発売決定


カプコンは「デビルメイクライ」シリーズ初のアレンジ曲を収めたCD「デビル メイ クライ HR/HM アレンジ」を8月19日に発売する。

今回のCDはシリーズ楽曲を「ハードロック/ヘヴィメタル」にアレンジしたもので、全体のサウンドディレクションは、「DMC」シリーズで数多くの作曲を手掛けたコンポーザーの柴田徹也氏が担当する。

全12曲収録で参加コンポーザーは以下の通り。


・甲田雅人
・柴田徹也
・鈴木幸太
・長谷川憲人
・成田暁彦
・その他参加予定
©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ファイアーエムブレムif』課金はあり?なし?に2432件の回答、気になる結果は?

 【27//2015】

 『ファイアーエムブレムif』課金はあり?なし?に2432件の回答、気になる結果は?


ニンテンドー3DSソフト『ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国』は待望のシリーズ最新作ですが、その販売形態に注目が集まっています。

タイトルにもある「if」がテーマとなっている本作では、“白夜王国”と“暗夜王国”のどちらに属するかで、ストーリーはもちろん難易度や育成方針にも大きな違いが現れます。
自由育成が可能な白夜王国編はシリーズ作で言えば『覚醒』に近く、対する暗夜王国編は、限られた経験値やお金をやりくりして進むことになります。

そしてどちらの国に属するかは、パッケージ版ならば購入時点で決定しなければなりません。
『白夜王国』と『暗夜王国』の2種類のパッケージ版が用意されており、選択しなかったルートに関してはDLC(税込2,000円)を購入して遊ぶことが可能です。
またDL版の場合はゲーム進行中にルートを選択することができますが、選択しなかったルートを遊ぶにはこちらもDLCの購入が不可欠です。

更に第3のルートの存在も判明しており、こちらは後日配信予定(税込2,000円)。
この3ルートを全て楽しもうと思った場合には、「パッケージorダウンロード版」+「2ルート目、3ルート目のDLC」を購入する必要があるため、この販売形態に関して「分割商法じゃないのか?」「1本のゲームカードに全部収録して欲しい」といった否定的な声もユーザーの間から飛び出しています。

また、公式サイトには「“白夜王国”と“暗夜王国”は、それぞれ前作『ファイアーエムブレム 覚醒』と同程度のボリュームです」と明記されているため、「価格分の遊びを提供してくれるのなら問題ない」といった肯定派の声もあります。

賛否が分かれるこの販売形態に関して、このたびインサイドでは読者の方々にご協力を仰ぎ、5月19日から5月21日までアンケートを実施いたしました。
まずはその結果を発表させていただきます。
また、皆さんから寄せられたコメントも公開中なので、より詳しい声が聞きたい方はそちらも合わせてご覧ください。

■アンケート内容「『ファイアーエムブレムif』の課金はあり?なし?」
●投票期間:5/19 19:08 ~ 5/21 19:08
●回答数:2432 件
●あり:1030(42.4%)
●なし:1402(57.6%)
■集計結果URL:
https://docs.google.com/forms/d/1Ij8aizpbmmI7KQIj_GwclSrQd1F5FhB9tGf86o5QQAQ/viewanalytics
皆様のご協力、誠にありがとうございます。
今回のアンケートでは、「なし」を支持した回答が約58%を占める結果となりました。
また、「あり」「なし」を表明した方の中でも、その理由や懸念などはそれぞれ様々なものがあり、単なる二極化ではないことを垣間見せてくれます。

今回のアンケートは多くの方々にご協力をいただいたひとつの結果ですが、「あり」「なし」のどちらに関しても、本作に興味を持つ全てのユーザーの「総意」ではありません。
また、寄せられた生の声の数々に目を通していただければ、多彩な視点が見えてくることと思います。

非常に多くのコメントをいただいたため、全てに目を通すのが難しい方もいることでしょう。
ご意見の傾向などを簡単にまとめたものも用意してあるので、ひとつの参考にしてみてください。


◆『ファイアーエムブレムif』アンケート
■全ルートが入って「1本」か、それぞれ個別と見なすか。
本作の販売形態に関し、「分割商法」と感じた方から「相応分のボリュームがあるならOK」との見解を示す方まで、幅広いコメントが集まりました。
“3ルートを遊ぶには、それぞれで購入が必要”という形態に対し、どこまでを“ソフト1本分の内容”と捉えているかで、意見が分かれています。

後日配信となる第3のルートを除いたとしても、“白夜王国/暗夜王国”の2ルートを1本のソフトと判断する人にとっては、「更に2,000円払わないといけない」という形は確かに抵抗のある感覚でしょう。
逆に、1ルートを1本分と考えている方は、「もう1本パッケージを買う必要なく、2,000円で済む」と感じているようです。

このほかにも、シンプルながら重要な問題と言える価格面に言及した意見では、「3ルート合わせた値段が高い」との指摘から、「1つのストーリーで満足する人もいる」と遊びたいボリュームによって支出額を変動させられるシステムを肯定的に受け止める姿勢なども見受けられます。

・「あり」
ゲームの幅が課金によって広がるならいいと思うから。
それにソフトメーカーも慈善事業じゃないからこういう利益の出し方もありじゃないでしょうか。

・「なし」
課金することなく、追加シナリオも無くていいので、完成されたものを販売してほしい
また「ゲームソフトの完成形」の考え方に対しても、様々なスタンスが浮き彫りになりました。

■「if」ならば。
「if」だからこそ。
本作では、どちらの国に属するかで物語の展開も大きく変化します。
同じ状況から派生する2つの物語、DLCでは更に3つ目の物語も描かれるため、「もし、あの時に別の道を歩んでいれば……」という「if」が描かれるのも、大きな特徴です。
そんな「if」だからこそ、「あり」や「なし」の双方に意見が分かれる方々もいました。

・「あり」
これが二本フルプライスなら文句も出たが、片方買えば残りは半額以下だから。
それと「if」というテーマで見ると割としっくり来る販売方法だと納得してしまったため。

・「なし」
ストーリーの分岐をifとして掲げるなら、一回で買いきりとさせるべきだと思うから。
再度買わないといけない時点でifは体験できない別ソフトでタイトルにふさわしくない。

購入することで「もうひとつ」の物語が楽しめると受け止めるか、「if」をテーマとするならば作中で選択させるべきと考えるか、ここも捉え方で大きく意見が変わるポイントと言えそうです。
ダウンロード版ならば、作中で“白夜王国”“暗夜王国”のどちらに属するかが選べますが、この点に関しても「(作中で選択したい場合)DL版が強制されてしまう」といった懸念も上がっています。

■限定版に関して。
本作には、2ルートを1本にまとめた特製ゲームカードが同梱され、更に第3のシナリオも遊べる限定版「SPECIAL EDITION」が存在します。
価格は9,250円(税抜)と3DSのソフトとしてはかなり高めですが、その特徴が多くのユーザーから支持を得て、高い人気を誇りました。
そんな限定版に対するコメントも、いくつか寄せられています。

・「あり」
どっちみち限定版を買う。
限定版単独で見ると、特典も踏まえればごく一般的な価格の範囲なので。

・「なし」
パックに余計なプレミアがつくなど購入の妨げになる。

3本分の価格と考えて妥当と判断する人もいる一方、限定版でしか解決できない問題があるため過剰な人気が集中する事情を指摘する声も。
確かに「SPECIAL EDITION」は、2度ほど追加出荷されるも毎回短期間で予約が締め切られており、欲しい方全員に行き届く体勢になっているとは言い難い実情もあります。

■シリーズファンからの視点。
長年の歴史を持つシリーズだけに、根強いシリーズファンも数多く存在します。
また、シリーズと一口に言っても、「一度倒れたユニットは、特別な例外を除いて復帰不可能」という骨太な部分に惹かれている人もいれば、自由な育成が楽しめた前作『覚醒』で初めて遊んだ方もいます。
様々なファンがいるからこそ、それぞれから賛否の声が上がりました。

・「あり」
全ルートプレイするには課金しなければならない、とあるが、そもそも対象としている層が異なるので問題ないと思う。
長く続いてきたシリーズだからこそ、旧来のファンと新規のファン、どちらの意見も取り入れる必要がある。

・「なし」
従来のシリーズではしてなかったし、正直ファイアーエムブレムに課金要素なんて入れてほしくなかったから
前作『覚醒』に近い『白夜王国』と、従来のシリーズで多く見られたスタイルを継承する『暗夜王国』。
物語だけでなくゲーム性もそれぞれで異なるのは、幅広いファンに対応するためという意見もあります。
その反面、近作で加えられた「有料DLC」という要素そのものに対し、複雑な気持ちを抱く声も見受けられました。

このほかにも、「時代の流れだから」や「シリーズファンからしたら、悲しいの一言」と、客観的に見つめたものからファンとしての率直な感想など、様々な意見が寄せられています。

■全てのルートを遊ばない人からも、賛否の声が。
『白夜王国』と『暗夜王国』のそれぞれに、ソフト1本分のボリュームがあると告知されています。
たっぷり遊べると喜ぶ方もいるでしょうが、手応えがありすぎると逆に困るという人も少なくありません。
1ルートだけ遊びたいユーザーにとっては、今回のルート別リリースを嬉しく思う声もあります。
しかし、全ルートを遊ぶつもりがない方の中にも、今回の形態を「なし」と考える人もいました。

・「あり」
最近のゲームはボリュームが多くて、全ての要素をやりこむ前にお腹いっぱいになってしまう自分のような人間には、こういう形態のほうが合っているのかなと思います。

・「なし」
完全に無しです。
まだ、コスチュームや時間のない人向けの経験値補正とかの方が良心的だと思います。
本当に必要、不必要で選択があるからです。
私の場合は分岐があるゲームは必ず直前のセーブデータを残し両方を少しだけプレイしてみて、展開や難易度も含めて自分の好みのほうを改めて選択します。
なのでプレイしてみるまで実際の所はわからないのに選択し、課金して合わなかった場合の取り返しのつかなさといったら無いです。
たかだか数千円の話だとしても私の場合は最終的に全部のルートをプレイする人間ではないので好みや難易度があわなければもう一方も購入して、最初に購入したルートはただのムダ金になります。
なので今回のDLCのタイプは良心的ではないと思います。

分量なりルートの内容なり、「自分に合ったものだけを楽しみたい」とする姿勢は同じでも、考え方の角度はそれぞれで異なっており、近い切り口からまったく違う意見も飛び出す結果となっています。

■その他にも様々な意見・考え方が。
これまで取り上げたポイント以外にも、多種多様な意見・コメントが多く寄せられています。
その中でも特徴的なものを、いくつかピックアップしてみました。

・1パッケにしたら単価が上がって手にとってくれる人が減る可能性がある。

・今の開発費では覚醒以上のボリュームは作れないから、間接的に値段を上げて対応したように伺える。

・これに関しては、追加DLC という形をとっているものの、片方買ったらもう片方は半額にします。
って感じるので、後中古対策でしょ。

・ゲームの寿命を長くする、ファンサービスの課金ならともかく1パッケージにできるソフトを分割して課金購入させる手段はイメージが悪い。

・今回のこれは内容によっては許せるかもしれないが、この販売形式が他に伝播した時、スタンダードになった時の事のほうが怖い、故に許せるものではない。

公式が明らかにしている点以外はどうしても憶測などが混じるものの、こういった声自体は間違いなくユーザー側が抱いてもおかしくない率直な一面です。
それだけにどの意見も一概に否定することはできず、前述した通り単なる二極化では収まらない個々人の思考・事情を見て取ることができます。

■最後に。
様々な意見が寄せられましたが、「どこまでを1本分とし、それに対する価格の妥当性」との考え方が、特に大きなポイントのひとつでした。
これに関して、「実際のボリュームは発売されるまで不透明なので、発売前にアンケートを取っても無意味」との声もありました。
不快にさせてしまった点については、誠に申し訳ありません。

ここからはあくまで筆者の個人的な意見となりますが、1ルートのボリュームを直接確認できる発売後の方が価格に対するより正しい判断ができる、という点はまさにその通りだと思います。
故に、今の状態でのアンケートが無意味と仰る気持ちもよく分かります。
それを前提とした上で、発売前のアンケートにも意味があると考えました。

今回の一件はボリュームに関する判断を含むため、発売した後に今回のようなお題で意見を出し合う場があった場合、「あり」「なし」ともに「ゲームを遊んだユーザーによる意見」が中心となるでしょう。
逆を言えば、遊ばない限りボリュームに対する判断は推定を含むため、同じ条件下での意見とは言いにくい面があります。

本作を買う予定の人、買うか悩んでいる人、買おうと思っていたが今回の販売形態に購買意欲を削がれた人など、全てのユーザーが「未プレイ」という同じ条件で意見を出し合える機会は、発売前にしかありません。
だからこそ意味があると考え、そしてこの機会に多くの方から「生の声」をいただくことができました。

個人的に共感できるものから自分にはなかった考え方まで、多種多様な意見を伺うことができたのは実に貴重な体験でした。
この記事を読んだ方の中に、寄せられたコメントをきっかけに新たな視点を得た方がいたら、これほど嬉しいことはありません。
もし時間が許すのならば、公開しているコメントの方も是非ご覧になってみてください。

■集計結果URL:
https://docs.google.com/forms/d/1Ij8aizpbmmI7KQIj_GwclSrQd1F5FhB9tGf86o5QQAQ/viewanalytics
『ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国』は、2015年6月25日発売予定。
価格はそれぞれ、パッケージ版・ダウンロード版が4,700円(税抜)、「ファイアーエムブレムif SPECIAL EDITION」が9,250円(税抜)です。

(C)2015 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『幕末Rock』新ミニアルバムが今夏リリース決定! ペア人気投票で選ばれた新カップリング曲や超魂團(ウルトラソウルズ)新曲を収録

 【27//2015】

『幕末Rock』新ミニアルバムが今夏リリース決定! ペア人気投票で選ばれた新カップリング曲や超魂團(ウルトラソウルズ)新曲を収録


●近藤勇(声:藤原啓治さん)が歌う『光の原石』(フルバージョン)も収録!
ゲーム、アニメ、舞台などで人気を博したマーベラスの『幕末Rock』。
その公式サイトにて実施された“新曲プロジェクト ペア人気投票”で組み合わされた、以下4組のカップリング曲を含む新ミニアルバムが、2015年8月5日にリリースされることが発表された。
メインキャスト5人によるユニット“超魂團(ウルトラソウルズ)”新曲と、近藤勇(声:藤原啓治さん)が歌う『光の原石』(フルバージョン)も収録予定。

以下、リリースより。

----------

『幕末Rock』新曲プロジェクト
ペア人気投票で選ばれた新カップリング曲を含む新ミニアルバム、今夏リリース決定!!
『幕末Rock』公式サイトにて実施された新曲プロジェクト ペア人気投票で組み合わされた以下4組のカップリング曲の新規レコーディングが決定いたしました!
選ばれたペアは、
・高杉晋作(CV:鈴木達央)×桂小五郎(CV:森久保祥太郎)
・土方歳三(CV:森川智之)×沖田総司(CV:小野賢章)
・坂本龍馬(CV:谷山紀章)×徳川慶喜(CV:斎賀みつき)
・井伊直弼(CV:安元洋貴)×マシュー・カルブレイス・ペリー・ジュニア(CV:諏訪部順一)

安定の高杉&桂の幼馴染みペア、鉄板の土方&沖田の新選組ペアに加えて、龍馬&慶喜、井伊&ペリー・ジュニアの異色ペアにも大注目!果たしてどんなサウンドが生み出されるのか!?
もちろん贔屓(ファン)待望の超魂團(ウルトラソウルズ)新曲も収録!さらに、CD化の要望も高かった近藤勇(CV:藤原啓治)が歌う「光の原石」もフルバージョンにて新規収録!全6曲収録予定で今夏リリース、どうぞご期待下さい!
タイトル:『幕末Rock』新ミニアルバム(仮)
発売日:2015年8月5日(水)
価格:2,200円+税(GNCA-7220)
マーベラス
NBCユニバーサル・エンターテイメント
1.L or R
高杉晋作(CV:鈴木達央)×桂小五郎(CV:森久保祥太郎)
2.暁のFreebird
土方歳三(CV:森川智之)×沖田総司(CV:小野賢章)
3.絶頂SPIRAL
坂本龍馬(CV:谷山紀章)×徳川慶喜(CV:斎賀みつき)
4.MASTER COMMUNICATION
井伊直弼(CV:安元洋貴)×マシュー・カルブレイス・ペリー・ジュニア(CV:諏訪部順一)
5.×××ing
超魂團(ウルトラソウルズ):坂本龍馬(CV:谷山紀章)、高杉晋作(CV: 鈴木達央)、桂小五郎(CV:森久保祥太郎)、土方歳三 (CV:森川智之)、沖田総司(CV:小野賢章)
6.光の原石
近藤勇(CV:藤原啓治)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『PSO2es』 緊急クエスト“黒晶に覆われし翼”を2015年5月28日に開催!

 【27//2015】

『PSO2es』 緊急クエスト“黒晶に覆われし翼”を2015年5月28日に開催!


●新スクラッチの配信とお得なキャンペーンも実施
セガゲームスは、サービス中のスマートフォン用RPG『ファンタシースターオンライン2 es』(以下、『PSO2es』)において、2015年5月28日からレアエネミー“クリス・ドラール”が登場する緊急クエスト“黒晶に覆われし翼”を開催すると発表した。

また、2015年5月27日からは『PSO2』のイラストがチップになった新スクラッチ"PSO2 イラストコレクション Vol.10”の配信や、ログイン時やAC/iAC購入時にさまざまなアイテムがもらえるお得なキャンペーンを実施するという。

以下、リリースより。

----------
<緊急クエスト「黒晶に覆われし翼」 概要>
・実施期間:5月28日(木) ~ 6月3日(水)まで。
・配信内容:
凶悪レアエネミー「クリス・ドラール」襲来!
たくさん討伐して新たに追加された『PSO2es』限定報酬「ウェドルスエイビー(両剣)」を手に入れろ!
期間中レアエネミー「クリス・ドラール」が出現する「緊急クエスト」が1日数時間発生します。
討伐に成功すると、特別報酬が支給されます。
討伐後にクエスト結果に応じて得られる「オペレーションスコア」を溜めることで「ボーナススクラッチ」を引けます。
※「ボーナススクラッチ」でしか手に入らない「『PSO2es』限定報酬武器」が新たに追加されました。

「ボーナススクラッチ」限定アイテム
・ウェドルスエイビー(両剣)<NEW>
・ザムレグディア(大砲)
・セルクフロッツ(魔装脚)
・ラミアスラウナー(自在槍)
★11チップ「クリス・ドラール」 10個で交換可能
・ウェドルパーダスト(長杖)
★11チップ「クリス・ドラール」 5個で交換可能
<新スクラッチ「PSO2 イラストコレクション Vol.10」 概要>
・実施期間:5月27日(水)メンテナンス後 ~ 6月3日(水)メンテナンス前まで。
・配信内容:期間中、『PSO2』アートワークチーム描き下ろしの「カスラ[アニバーサリー]」や「ゼノ[アニバーサリー]」が登場!さらに第5弾シークレットチップ「六芒均衡[プレミアム]」が再登場する「PSO2 イラストコレクション Vol.10」を配信します。


カラス [アニバーサリー]
アビリティ名:超越の英気・導具
効果:攻撃ヒット時、一定時間、一定ダメージを防ぐ効果をHPに上乗せし、導具を装備している場合に攻撃力が劇的に強化される。
期間限定効果:
(1)緊急クエスト「黒晶に覆われし翼」でエネミー討伐時に獲得できる報酬数を2個に増加する。
(2) 緊急クエスト「黒晶に覆われし翼」で攻撃力を大強化する。

ゼノ[アニバーサリー]
アビリティ名:超越の英気・銃剣/長銃
効果:攻撃ヒット時、一定時間、一定ダメージを防ぐ効果をHPに上乗せし、銃剣か長銃を装備している場合に攻撃力が劇的に強化される。
期間限定効果:
(1) 緊急クエスト「黒晶に覆われし翼」でエネミー討伐時に獲得できる報酬数を2個に増加する。
(2) 緊急クエスト「黒晶に覆われし翼」でバトルの制限時間を10秒延長する。

六芒均衡[プレミアム]
アビリティ名:パワーオブリンク
効果:スライド操作時、ひとつ左に装備している必殺技以外のアクティブチップを消費CPなしで発動し一定時間、攻撃力が劇的に強化される。
期間限定効果:
(1) 緊急クエスト「黒晶に覆われし翼」でレアチップの獲得確率が上昇する。
(2) 緊急クエスト「黒晶に覆われし翼」でバトルの制限時間を10秒延長する。

<2つのお得なキャンペーン 概要>
(1)「ログインキャンペーン」
・実施期間:5月28日(木)0:00 ~ 6月3日(水)23:59まで。
・配信内容:期間中、ゲームにログインするだけで毎日「OP回復薬ミニ」を3個プレゼント!毎日ログインすると合計21個プレゼントされます。

(2)「『PSO2es』 AC/iAC購入キャンペーン」
・実施期間:5月27日(水)メンテナンス終了 ~ 6月3日(水)メンテナンス開始まで
・配信内容:『PSO2es』のアプリ内からAC/iAC購入で、購入金額に応じてプレゼントを実施。
(1)、1,000AC/iAC以上購入:ラッピーメダル 5枚、OP回復薬 1個
(2)、3,000AC/iAC以上購入:さらに、ラッピーメダル10枚、OP回復薬1個
(3)、5,000AC/iAC以上購入:さらに、ラッピーメダル20枚、OP回復薬1個
※キャンペーン期間中に合計3,000AC/iAC以上購入した方は、(1)と(2)のプレゼントが貰えます。
※合計5,000AC/iAC以上購入した方は、(1)、(2)、(3)のすべてのプレゼントが貰えます。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『九十九姫』“刀剣古弓”福袋が販売スタート! “天照大神”が登場するBP福袋(第二弾)が交換開始に

 【27//2015】

『九十九姫』“刀剣古弓”福袋が販売スタート! “天照大神”が登場するBP福袋(第二弾)が交換開始に


●“兼定”&“天鹿児弓”の新キャラをゲットしよう!
DMM.comとFUNYOURS JAPANは、PC用オンラインゲーム『九十九姫』において、2015年5月27日にアップデートを実施。
“刀剣古弓”福袋が販売されたほか、BP福袋(第二弾)交換が開始となった。

以下、リリースより。

----------
■名刀「兼定」と日本の神話から「天鹿児弓」が新登場!「刀剣古弓」福袋販売開始!

2015年5月27日(水)の定期メンテナンスにて「刀剣古弓」福袋の販売を開始いたします。
「刀剣古弓」からは、刀工「和泉守兼定」作の刀が物霊化した「兼定(かねさだ)」と、日本神話に登場する弓「天鹿児弓(あまのかごゆみ)」が新登場。
相手の能力を一時的に低下させたり、徐々にダメージを与えたりと追加効果のある奥義を上手に使って戦いを有利に進めましょう!
▼「刀剣古弓」福袋販売期間
2015年5月27日(水)メンテナンス終了 ~ 6月10日(水)11:00まで
▼兼定(CV:瑞沢渓)
新選組副長の土方歳三の愛刀として有名な刀です。
和泉守兼定という刀工によって打たれた刀であり、土方歳三の刀は11代目兼定の作品と言われています。

▼天鹿児弓(CV:大久保藍子)
日本神話に登場する「天若日子」が雉を射る際に使った弓が天鹿児弓です。
弓から放たれた矢は地上から天上界まで届いたとされています。

※詳細ページ

■仙人「天照大神」が登場するBP福袋(第二弾)交換開始!
2015年5月27日(水)の定期メンテナンスにて、仙人「天照大神」(あまてらすおおみかみ)が登場するBP福袋(第二弾)の交換が開始されます。

▼BP福袋(第二弾)交換期間
2015年5月27日(水)定期メンテナンス終了後 ~ 交換終了時期未定
※交換終了の一週間前に告知させていただきます。

▼「天照大神」(CV:大橋歩夕)
※詳細ページ

■対戦システムのルール変更でさらに遊びやすく!対戦イベント「造物主たちの競技場」も開催!
2015年5月27日(水)の定期メンテナンスにて「対戦システム」のルール変更を行います。
物霊のランクごとのマッチング分けと競技回数の増加、報酬の調整などが行われ、さらに対戦が遊びやすくなります。
また、対戦イベントも開催しますので、物霊同士の熱い戦いを是非この機会にお試しください!
▼ルール変更内容
・マッチングが物霊のランクごとに木~玉の5ランクに分かれます。
・どのランクで戦うかは自由に選択することができます。
・選択したランク、例えば“銀”であれば出場できる物霊は木~銀までのランクとなります。
・ランクごとにランキングを設け、それぞれの順位や競技ランクに応じて報酬がもらえます。
・現在の競技回数の上限を3回から5回に変更します。

▼対戦イベント「造物主たちの競技場」

イベント期間中に対戦した日数に応じて最高品質の装備品をプレゼントさせていただきます。

▼イベント期間
2015年5月27日(水)メンテナンス終了 ~ 6月3日(水)11:00まで
▼イベント概要
・期間中、各日3回以上対戦した日数に応じて装備をプレゼントいたします。

▼達成条件
3回以上対戦した日数 獲得報酬
1日以上 最高品質の長巻×2
3日以上 最高品質の長巻×2、最高品質の戦斧×2
5日以上 最高品質の長巻×2、最高品質の戦斧×2、最高品質の円盾×2
▼注意事項
・対戦の回数は「ルーム作成」「ランダムマッチ」どちらで対戦を行ってもカウントされます。
・対戦の結果が勝利、敗北どちらでも対戦回数は1回戦うごとに1となります。
・対戦回数はプレイされているサーバーごとにカウントされます。
・カウントの集計は毎日0:00~23:59までの時間で行われます。
・イベント賞品は6月3日の定期メンテナンス中に倉庫へ直接配布される予定です。
※メンテナンス作業の進行状況によって配布が延期される場合もあります。

※詳細ページ

■期間限定!えとたまの魂開放素材を手に入れよう
5月27日(水)定期メンテナンスより、「えとたま」コラボイベント任務にて獲得した「物霊ノ魂」を宝具解放する際の素材が手に入る任務とイベントステージを追加します。

▼イベント期間
2015年5月27日(水)メンテナンス終了 ~ 7月1日(水)11:00まで
▼イベント概要
1)期間中、ステージ>イベントに「九十九の遺跡(限定)」が追加されます。
「九十九の遺跡(限定)」は毎日開放されます。
「九十九の遺跡(限定)」からは宝具解放に必要となる処方が獲得できます。

2)期間中、任務に新たな「九十九仙人からの報酬」が追加されます。

▼1日1回限りの限定任務
イベント任務名 必要魔物欠片数 報酬アイテム
九十九仙人からの報酬 12個 普通の五行の勾玉×8
九十九仙人からの報酬 12個 普通の木行×10
九十九仙人からの報酬 12個 普通の水行×10
※詳細ページ


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る