2015 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 08

『花咲くまにまに』ドラマCD試聴が可能に 櫻井孝宏さん、保志総一朗さん、浪川大輔さんらのダミーヘッドマイクを使用したボイスが聴ける

 【02//2015】

『花咲くまにまに』ドラマCD試聴が可能に 櫻井孝宏さん、保志総一朗さん、浪川大輔さんらのダミーヘッドマイクを使用したボイスが聴ける


●夫婦になってからの物語が描かれるドラマCD
MAGES.の女性向けブランドLOVE&ARTが贈るオリジナル乙女ゲーム『花咲くまにまに』。
その完全新作ドラマCDシリーズ『花咲くまにまに 落花流水』の特設サイトにて、『花咲くまにまに 落花流水 其ノ弐白玖・藤重辰義 編』、『花咲くまにまに 落花流水 其ノ参倉間楓 編日常絵巻』(どちらも2015年7月22日発売予定)の試聴が可能に。
ダミーヘッドマイクを使用して収録された、臨場感溢れる甘く濃密なボイスが楽しめる。

また、其ノ弐、其ノ参のジャケットイラスト(水輿ゆい氏描き下ろし)と、あらすじも公開された。

『其ノ弐白玖・藤重辰義 編』
白玖(声:櫻井孝宏)/藤重辰義(声:保志総一朗)
◆白玖 編
「あんた、随分と俺の扱いが上手くなってきたよね」
働き詰めだった白玖の久方ぶりの休暇。
官邸まで迎えにきた貴女に気を良くした白玖は“江戸でぇと”をしようと言いだす。
ちょうど催されていた花市を見て回りながら逢瀬を満喫する二人だったが、
独占欲の強い白玖は町中でもそれを隠さずに……――
「……旦那の前で他の男の話をするなんて、随分余裕だね」
◆藤重辰義 編
「俺は、あんたがいれば他には何もいらない」
萩に移り住んでしばらく経った頃、藩から辰義に江戸行きの命が下る。
表立って江戸の町を歩くことにまだ躊躇いがあるため、
二人は人の少ない夜明け前に町を散策することに。
人通りがないのをいいことに、辰義は唇を寄せてきて……
「……いいもんだね。
夜中のでえとって」
----------
『其ノ参倉間楓 編日常絵巻』
倉間楓(声:浪川大輔)/
谷和助(声:鈴村健一)、白玖(声:櫻井孝宏)、藤重宝良(声:岡本信彦)、藤重辰義(声:保志総一朗)、倉間楓(声:浪川大輔)
◆倉間楓 編
「久しぶりに、江戸までデートしに行こうよ」
倉間のその一言で江戸へ出掛けることになった二人。
久しぶりに訪れた江戸の町は変わらずに賑やかで自然と気分も弾む。
けれど、そんな中でも時折倉間は切なそうな表情を浮かべていた。
倉間の隠している“本当の想い”とは……
「ずっと、ずっと……
この命が尽きても、僕は君を愛し続ける」
◆万珠屋 日常絵巻
「ほーお?そうか、唇以外なら口付けありってことだな?」
いつものように夜見世を終えた貴女は、座敷に戻る途中倉間に声を掛けられる。
まだ飲み足りないので付き合って欲しいと言われ、
空いている座敷に行くとそこには皆が揃っていて……
突如はじまる“おもてなし”合戦!彼らの愛が試される!?
「俺が辰と白玖の持て成しなんて、忘れさせてやるよ」
----------
■商品データ
※アニメイト専売
タイトル:花咲くまにまに 落花流水其ノ弐白玖・藤重辰義 編
出演:櫻井孝宏、保志総一朗
発売日:2015年7月22日
品番:FPBD-0313
価格:2000円[税抜]
発売元:5pb.販売元:アニメイト
タイトル:花咲くまにまに 落花流水其ノ参倉間楓 編日常絵巻
出演:浪川大輔、鈴村健一、櫻井孝宏、岡本信彦、保志総一朗
発売日:2015年7月22日
品番:FPBD-0314
価格:2000円[税抜]
発売元:5pb.販売元:アニメイト
◇全巻購入特典
キャストトークCD
花咲くまにまに 落花流水『其ノ壱谷和助・藤重宝良 編』、『其ノ弐白玖・藤重辰義 編』、『其ノ参倉間楓編日常絵巻』の3枚をすべて購入した人には、“キャストトークCD(出演:鈴村健一、櫻井孝宏、岡本信彦、保志総一朗、浪川大輔)”がもれなくプレゼントされる。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

劇場版『ペルソナ3』第4章、2016年1月23日(満月)に公開決定! 石田彰さん&緒方恵美さんのWebラジオもスタ-ト

 【02//2015】

劇場版『ペルソナ3』第4章、2016年1月23日(満月)に公開決定! 石田彰さん&緒方恵美さんのWebラジオもスタ-ト


●ティザービジュアル&ティザーPVも到着!
アトラスのプレイステーション2用ソフト『ペルソナ3』を原作にした劇場版アニメ第4章『PERSONA3 THE MOVIE #4 Winter of Rebirth』の劇場公開日が、2016年1月23日(土・満月)に決定した。
第4章では、第2章監督も務めた田口智久氏が監督に再登板。
第4章ティザービジュアルと第4章ティザーPVも公開されている。

また、主人公・結城理役の石田彰さんと、天田乾役・緒方恵美さんによる公式Webラジオ“石田 彰と緒方恵美の劇場版「ペルソナ3」 影時間ラジオ”の配信も、本日2015年7月2日よりスタ-ト。

以下、リリースより。

----------

第4章「Winter of Rebirth」16年1月23日公開決定!
ティザービジュアル・最新 PV・スタッフ情報も公開!
さらに石田 彰・緒方恵美によるWEBラジオもスタート!

2006年7月にPlayStation 2用ゲームソフトとして発売され、今なお絶大なる人気を誇る「ペルソナ」。
公開中の第3章もロングラン中ですが、その劇場版アニメ最終・第4章「PERSONA3 THE MOVIE #4 Winter of Rebirth」の劇場公開日が2016年1月23日(土・満月)に決定いたしました。

第4章では監督に第2章監督も務めた田口智久が再登板し、遂にクライマックスに向かう物語を描きだします。
また本日の情報解禁にあわせ、公式サイトでは第4章ティザービジュアルと第4章ティザーPVを公開!
またあわせて、主人公・結城 理役の石田 彰と天田 乾役・緒方恵美による、公式WEBラジオ『石田 彰と緒方恵美の劇場版「ペルソナ3」 影時間ラジオ』の配信もスタート!こちらも是非ご確認ください!
前章までのヒットを受け、さらなる盛り上がりを見せる劇場版「ペルソナ3」。
引き続きご注目くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

第4章タイトル
『PERSONA3 THE MOVIE #4 Winter of Rebirth』
※通称… 劇場版「ペルソナ3」第4章
第4章公開日
2016年1月23日(土)満月ロードショー
第4章イントロダクション
「滅びの時は、確実に迫っている。
止める事は出来ない」
死を知り、死を見つめ、死と向き合う。

さまざまな出会いと別れを繰り返し、その度に、成長を遂げてきた結城 理と仲間たち。

その戦いは、世界のためではなく、自分自身のためだったのかもしれない。
それでも、戦いの先に平穏な日々があると信じて彼らは戦い続けてきた。

しかし、滅びは人類が背負うべき運命だと少年は言う。
友人だと信じていた少年が、無情にも現実を突きつける。

季節は冬へ。
その先にある春を迎えるため、 理が下す決断とは――。

公式サイトでは最新PVも公開中!さらに本日より、公式WEBラジオ『石田 彰と緒方恵美の劇場版「ペルソナ3」 影時間ラジオ』もスタート!


メインスタッフ
原作:「ペルソナ3」(アトラス)
◆脚本:熊谷 純
◆スーパーバイザー:岸 誠二
◆キャラクターデザイン:渡部圭祐
◆ペルソナデザイン:秋 恭摩
◆プロップデザイン:常木志伸
◆色彩設計:合田沙織
◆美術監督:谷岡善王(美峰)
◆美術設定:青木 薫(美峰)
◆コンポジット&ビジュアルデザイナー:?津純平
◆編集:櫻井 崇
◆音楽:目黒将司・小林哲也
◆音響監督:飯田里樹
◆第4章監督:田口智久
◆制作:A-1 Pictures
◆製作:劇場版「ペルソナ 3」製作委員会
◆配給:アニプレックス
※太字=第4章としての最新情報です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

古武道とテクノロジーが融合した「e-コンバット」始動!兵法をe-Sportsに展開

 【02//2015】

古武道とテクノロジーが融合した「e-コンバット」始動!兵法をe-Sportsに展開


コンピュータ・デバイスを開発する響尤は、コンバットトレーニング(兵法)をe-Sportsに展開した「e-コンバット」の、学生向けコンペティションの開催を発表しました。


同社は、武道具における不完全さをコンピュータ通信システムによって補うべく開発された「雷鳴システム」の拡張システムをプラットフォームとした、新しい競技を提案。
「e-コンバット」と銘打たれた新規ジャンルの創成を目指すと同時に、「e-コンバットコンペティション」の開催を明らかとしました。

このコンペティションの審査には、ゲームクリエイターの板垣伴信氏や児玉光生氏、eスポーツの第一人者の筧誠一郎氏などが参加。
そして本日7月2日より、トータルコンセプトデザインの募集が開始されます。
募集締め切りは、9月3日。
遠隔兵法の部(電脳射撃訓練用具)と近接兵法(電脳具足雷鳴ψGUIデザインの部)の二部門で構成されています。

◆古武道×テクノロジー「e-コンバット」コンペティション
自由な発想で新規性があり、かつ、実用性に優れたアイデア企画やゲームデザイン、キャラクター・音楽を学生の皆さんから広く募り、ともに開発していきます。
今回は、このうちトータルコンセプトデザインを“一名につき二案”まで募集します。
ゲーム開発分野・eスポーツ第一人者・武道家の諸先生方に審査とご助言をいただきます。
※但し、応募資格は以下の要項を満たす学生に限ります。

・東京近郊に在住し、受賞後、責任を持って開発に当たれる者であること。
・応募書類に、明確な制作プランを明記できる者。
・所属する学校または組織が、制作プロジェクトに協力的であること。

(1)遠隔兵法:ゴーストブラストの部(電脳射撃訓練用具)
「ゴーストブラスト」とは、電脳具足雷鳴ψをアトラクション向けに改変した、エアガンを用いてBB弾を飛ばし、遠隔での技を磨くためのシューティングゲームシステム(特許申請中)です。
初代ゴーストブラストは、圧力センサーボードのセンサ部分に記号が描いてあり、モニタ画面の指示に従って、画面と同じ記号が描かれているセンサーボードを撃つという競技でした。

センシングボード付き無線通信子機は、4×4=合計16箇所のセンシングエリアを設定できます。
今回は最大で4平方センチメートルの圧力センサを一つのエリアに割り当てる事を想定しております。
また、無線子機は最大で同時に64体を一つの親機で制御できますが、現行の仕様では6体までといたします。

※システム詳細は、本項目該当facebookページ(https://www.facebook.com/KouZinMon)にアップロードしてあります。
※希望の学校、及び学生には弊社道場において製品説明会(試遊会)を実施します。
※発表時には各審査の先生方の講評をいただきます。

(2)近接兵法:電脳具足雷鳴ψGUIデザインの部(デバイスは特許申請中・意匠登録済)
※詳細は弊社墨田区にある道場において製品説明を実施します。
お問い合わせください。
※発表時には各審査の先生方の講評をいただきます。

■審査員
・ヴァルハラゲームスタジオ 代表取締役 最高技術責任者板垣 伴信氏
代表作『デッドオアアライブ』『NINJA GAIDEN』、最新作『デビルズサード』(DEVIL’S THIRD)
・ケーツー(カプコングループ)代表取締役社長児玉 光生氏
代表作『天誅』シリーズ、最新作『バイオハザード HDリマスター』

・日本eスポーツエージェンシー代表取締役筧 誠一郎氏
2010年株式会社電通退職後、eスポーツJAPAN CUPを主催。
TOKYO MXテレビ「ゲームクラブ eスポーツMaX」企画・プロデュース。

・作家、ゲームプランナー鈴屋 二代目氏(元バンダイナムコスタジオ)
代表作アプリ『安眠ひざまくら』、著作『あなたはなぜパズドラにハマったかのか?』

・宮本武蔵継承(野田派)二天一流東京支部長響尤会長勝田 兼充氏
電脳具足雷鳴ψ・ゴーストブラスト開発者。

■世界初、古武道×テクノロジー「e-コンバット」コンペティション募集開始
・募集期間:2015年7月2日(木)~ 9月3日(木)
・主催:株式会社響尤KYOUYU
・監修:宮本武蔵継承 二天一流 東京支部

■本件に関するお問い合わせ先
・企業名:株式会社響尤(宮本武蔵継承二天一流東京支部)
・担当者名:勝田 晴美
・TEL:08054207666
・Email:katsutaharumi@ni-ten-ichi-ryu.com
・facebook:https://www.facebook.com/KouZinMon
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
■審査員代表コメント:筧 誠一郎氏
「今回、e-コンバットコンペティションに今までになかった斬新なアイディアや独特な競技としての仕組み等が若い方々の感性により競われる事にとても期待しております。
古いものと新しい技術の融合は今までも様々な革新を起こして来ましたが、その出発点に立ち会えるかもしれない事に大きな喜びを感じています。
是非多くの方々の参加を期待しています」


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ギターゲーム専用フットペダル「Tone Pedal+」がどう見てもギターエフェクト

 【02//2015】

ギターゲーム専用フットペダル「Tone Pedal+」がどう見てもギターエフェクト


豊富な電子機器やセンサー類を販売する株式会社ビット・トレード・ワンからギターエフェクト風のUSBフットペダル「Tone Pedal+」が発表されました。


デザインは黄色の四角いアルミダイキャストボディに2つのノブとランプにペダルがついたスイッチエフェクター風のフォルムで、一見すればただのギター・エフェクターに見えないところですが、側面にはUSBポートが備えられており、基本的なUSB機器を始め、USB接続型のギターなどを取り付けることができます。
リアルトーンケーブルとの接続がデフォルトで可能といった点など、基本的には実際のギターやベースを接続して遊ぶミュージックゲーム『Rocksmith』でトーンの切り替え操作の使用がメインになることが予想され、同社のページ上ではPS3版の『Rocksmith』の対応プロファイルとその設定方法が公開されており、状況から察するに考えるな感じろ的な商品なのかもしれません。

特色としては2つのノブにそれぞれ4つ、合計8種類までプリセットを設定することができ、ペダルスイッチを踏めば設定したプリセット機能が実行されていきます。
プリセットに割り当てることのできる機能はマウスの左右のクリックから、ダブルクリック、ホイールクリック、ホイールスクロール。
キーボードは各種任意キーを設定可能となっており、またジョイパッドのハットスイッチや、アナログスティックから13個までのボタン機能を割り当てることができます。
割り当ての設定は専用のWindowsソフトウェアによって行われますが、設定以降であればWindows以外の各種OSでも利用可能となり、また一度設定した動作は本体内蔵のメモリに保存されるため、他のPCに接続した場合であっても設定変更の必要なく、そのまま使うことができます。

入力出力のインターフェースはUSB2.0のAメスとBメスが各種1つ。
本体サイズは幅64×奥112×高60mm。
重量は約260gとなっています。
発売は6月26日で、公式販売ページ上での価格は12,800円(税別)となっています。

『Rocksmith』に特化した商品ではありますが、その他にもゲームでの視点操作やホットキーとしての使用、書き起こしなど入力作業の補助など使い道は豊富にあります。
気になる方は販売ページからどうぞ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アニメ『乱歩奇譚 Game of Laplace』OP映像の先行カット&岸誠二監督からのコメントが到着

 【02//2015】

アニメ『乱歩奇譚 Game of Laplace』OP映像の先行カット&岸誠二監督からのコメントが到着


●OPテーマはamazarashiの『スピードと摩擦』!
江戸川乱歩の没後50年作品として、岸誠二氏(監督)や上江洲誠氏(脚本)、Lerche(制作)らが手掛けるオリジナルアニメーション『乱歩奇譚 Game of Laplace』。
本日2015年7月2日より放送開始される本作について、オープニング映像の先行カットと、岸誠二監督からのコメントが到着した。

以下、リリースより。

----------

7月2日(木)よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送開始
TVアニメーション「乱歩奇譚 Game of Laplace」OP先行カット&岸 誠二監督よりコメント到着
日本推理小説界の巨匠・江戸川乱歩の没後50年作品として、乱歩が描く耽美・奇怪・幻想の世界に、アニメ界における奇才チーム、岸 誠二(監督)× 上江洲 誠(シリーズ構成・脚本)× Lerche(アニメーション制作)の豪華スタッフ陣が挑む、オリジナルTVアニメーション「乱歩奇譚 Game of Laplace」。
本日いよいよ第一話「人間椅子(前編)」が放送開始となります。

放送に先駆けてオープニング映像から先行カット到着!!
人気ロックバンド?amazarashi?による、刹那的で疾走感溢れるオープニング・テーマ「スピードと摩擦」に乗せて、実写映像や独特の表現方法で構成された印象的なオープニング映像は、という江戸川乱歩が残した言葉のように「虚」と「実」の境界が曖昧な「美しき狂気(せかい)」へと誘います。
是非本日の放送でご確認ください!

岸 誠二監督よりコメントが到着!本作のテーマは「人間認識」
今作は「人間認識」というものをテーマに描いています。
「なぜ人はこんなにもそれぞれに感じ方が違うのだろうか」と考えたときに、それは、人はそれぞれに見ているものが違うからではないか?と考えました。
そこから本作の「人間認識」というテーマを導き出し、これをコバヤシの視点等を通して物語と画面の中で表現しています。
また、原案となった江戸川乱歩の世界観がこのテーマとうまくマッチングしたことで、一風変わった作品に仕上がっていると思います。
この「人間認識」というテーマで進んでいく物語が、いったいどういう着地点をみるのか、ぜひ楽しみにしていただければと思います。
そして、オープニング映像の中には作品のテーマや、物語の伏線となるものが随所に散りばめられているので、全編見終えたところでまた見返していただくと、その意味が明らかになるような作りになっていますので、色々なところに注目をしつつ、音楽とともにお楽しみください。

----------

TVアニメ『乱歩奇譚 Game of Laplace』作品概要
2015年7月2日よりフジテレビ「ノイタミナ」にて
毎週木曜24:55~放送開始ほか各局でも放送開始
「 その日、初めて退屈じゃなくなった ― 」
とある中学校で起こった教師のバラバラ殺人事件。
この学校に通う少年・コバヤシは、事件の捜査に訪れた天才探偵・アケチと出会う。
異常犯罪ばかりを捜査するアケチに対して興味を持ったコバヤシは、友人のハシバの心配をよそに、自ら「助手」を志願する。
次々と起こる奇怪な事件の中で、コバヤシは退屈な日常を捨て置いていくのだった。

<スタッフ>
監督:岸 誠二
シリーズ構成・脚本:上江洲 誠
キャラクターデザイン:森田和明
音楽:横山 克
アニメーション制作: Lerche
<キャスト>
アケチ/櫻井孝宏、コバヤシ/高橋李依、ハシバ/山下大輝
カガミ/小西克幸、ナカムラ/チョー、黒蜥蜴/日笠陽子、影男/子安武人
ミナミ/藤田 咲、死体君/山口勝平ほか
<オープニング・テーマ>
「スピードと摩擦」アーティスト:amazarashi(Sony Music Associated Records)
<amazarashi official HP>
<エンディング・テーマ>
「ミカヅキ」アーティスト:さユり(Ariola Japan)
<さユり official HP>


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<MD松尾の月間ヒット予測>トップは「妖怪ウォッチバスターズ」と予想 「大逆転裁判」続くか 15年7月

 【02//2015】

<MD松尾の月間ヒット予測>トップは「妖怪ウォッチバスターズ」と予想 「大逆転裁判」続くか 15年7月


「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-」(3DS、カプコン)も見逃せないタイトル。
大人気シリーズの久々の新作で待ち望んでいたファンも多いのでは。
「バットマン:アーカムナイト」もヒットシリーズの新作にあたりますが、映画「バットマン VS スーパーマン」の公開も発表されるなど注目度も高く、期待しています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『コープスパーティーBR』本作の恐怖体験を綴るゲーム映像と実写PV公開

 【02//2015】

 『コープスパーティーBR』本作の恐怖体験を綴るゲーム映像と実写PV公開


MAGES.は、ニンテンドー3DSソフト『コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー』のゲームPVと実写PVを公開しました。


先日、「最後まで読んではいけない」という驚きの手記を公式サイトに掲載した『コープスパーティーBR』。
その手記は「ぼくは今日、ともだちをたべた」と、幕開けから刺激に満ちた展開を提示し、背筋の冷えるひとときを味わった方も多いことでしょう。

ですが、本作にまつわる恐怖体験は、まだまだ留まるところを知りません。
このたび、本作の魅力を映像で伝えるPVが2本公開されました。
1本目は、恐ろしくも魅力的な本作の内容を綴ったゲーム紹介となっており、発売に先駆けてその本質を垣間見ることができます。

そして2本目は、天神小学校での戦慄を伴う探索を彷彿とさせる実写映像となっています。
不気味な廃校をおそるおそると進むその先に、どんな展開が待っているのか。
気になる方は、こちらからどうぞ。
ただし<Font Size=”” Color=”#ff0000”>残酷な表現が含まれますので、苦手な方や心臓の弱い方は閲覧をご遠慮ください</Font>。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=dCp_ncl6LDw

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=dkYoczlkciE
3DS『コープスパーティー ブラッドカバー リピーティッドフィアー』は、7月30日発売予定。
価格は、通常版とダウンロード版が5,800円(税抜)、限定版が7,800円(税抜)です。

(C)2010,2015 Team GrisGris / MAGES./ 5pb.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

日本MS、新年度・新経営体制がスタート 平野新社長は会見で「Xbox事業もしっかりと進める」と発言

 【02//2015】

日本MS、新年度・新経営体制がスタート 平野新社長は会見で「Xbox事業もしっかりと進める」と発言


文・取材・撮影:編集部 秋山健一
●4ヵ月の準備期間を経て、平野新体制スタート
日本マイクロソフトは、本日2015年7月2日、都内で“新社長就任&新年度経営方針”記者会見を開催した。
7月1日から始まる日本マイクロソフトの新会計年度(2016年度)における経営方針を、7月1日付けで代表執行役 社長に就任した平野拓也氏みずから説明した。

※関連記事:日本マイクロソフトの新社長に今年45歳の平野拓也氏が7月より就任
日本マイクロソフトは7月1日から新たな会計年度がスタートした。
それに合わせて、7月1日付けをもって、これまで7年に渡り日本マイクロソフトの社長を務めた樋口泰行氏が代表執行役 会長に、副社長だった平野拓也氏が代表執行役 社長へと就任する。
今回の記者会見では、平野氏および樋口氏が登壇し、日本マイクロソフトの2016年度の経営方針の説明が行われた。

平野新社長が掲げるスローガンは“徹底した変革の推進”。
ビル・ゲイツがMicrosoftを創業してから40年、日本法人設立からも30周年(日本マイクロソフトに名称変更してから5周年)という節目の年となる。
Microsoftは昨年2月にCEOに就任したサティア・ナデラ氏のもと、さまざまな変革を進めている。
日本マイクロソフトでも、“革新的で、親しみやすく、安心でき喜んで使っていただけるクラウドとデバイスを提供する”ことをミッションとする。
平野氏は、「ビル・ゲイツ氏も創業時は同じ思想だったはず」と語りつつも、「新しい日本マイクロソフトを打ち出す」と決意を新たにしていた。
具体的には、PCを中心とした考えかたから、人を中心とした考えかたへと移行するほか、Windowsにとどまらない考えかたも必要だと語る。
とはいえ、2015年はWindows 10がリリースされる年となる。
「さまざまなデバイスを通じて“革新的なパーソナルコンピューティング体験”ができる」とのこと。
Windows 7や8.1からの無償アップグレード、秋から年末に発売が予想されるWindows 10搭載の「エキサイティングなデバイス」にも期待したい。
また、日本展開が明言されていない音声操作機能の“Cortana”やAR(拡張現実)“Microsoft HoloLens”についても、できるだけ早く日本でも展開したいという見解を述べた。

続いて登壇した樋口新会長は、会長職を置いた意図と自身の今後の業務内容を説明した。
外資系企業では珍しい会長職を置いた理由として、樋口氏は「日本の場合、マイクロソフトの製品やサービスを使っていない会社はまずないので、多くのパートナー様との関係が大事」と語り、会社対会社の関係強化や新たな戦略的パートナーシップの構築のため、平野新社長の経営や事業展開を全面サポートしていく姿勢を示した。
また、これまでは積極的とは言えなかったナショナルアジェンダ(国別行動企画)への貢献や、社長経験を活かした後進の人材育成にも意欲を見せた。

最後に行われた質疑応答では、Xbox事業に関する質問も行われた。
「海外市場では好調なXbox Oneだが、日本は依然低調。
平野体制下ではどうするのか?現状のように撤退はしないがお金はあまりかけない状況を続けるのか」という、ストレートな質問に対し、平野氏は「撤退ということは全然考えていません。
しっかりと(Xbox事業を)進めていきます。
とくにWindows 10が出ることによって、これまでとは違うユーザーシナリオが出てくる。
Xboxからも、ほかのデバイスからもその体験ができるということで、あとはどういったゲームを出すことができるのか。
どういったワクワク感を提供できるのか。
今年は、これまで以上のラインアップと質の高いタイトルが揃っているので、ぜひ期待していただきたい」と語った。
続いて、国内でのXbox事業を取り仕切る横井伸好氏(執行役 コンシューマー&パートナーグループ リテールビジネス 統括本部長)が、現状と見通しを説明した。
横井氏は、「日本でも1年が経とうとしていて、いよいよゲームラインアップがかなり充実してきました。
Xbox史上最高のラインアップということで、E3で発表した『Halo 5: Guardians』、『Forza Motorsport 6』、『RISE OF TOMB RAIDER』などのさまざまなタイトル、さらに稲船敬二氏らが開発を進めている『ReCore』であるとか、さまざまな魅力的なタイトルをどんどんと投入していく。
また、Xbox 360との後方互換機能を提供することにより、よりスムーズにXbox 360のユーザーさんがXbox Oneへ乗り換えられるようにし、ゲームという事業をコンソールだけのゲームビジネスから、Windows全体、マイクロソフト全体に広げていく戦略を取る」と説明した。

マイクロソフトとしては、すでにXbox Oneだけでの展開にとどまらず、Windows 10にもさまざまなゲームの機能を盛り込んでいる。
PCとXbox Oneという両方のプラットフォームでプレイできる『Fable Legends』のようなゲームも今後増えていくことだろう。
横井氏が最後に語った「One Windows,One Microsoftでゲームを含めたエンターテインメントを盛り上げていきたい。
それが戦略ということになります」という言葉の通り、Xbox OneやMicrosoft HoloLensなど、さまざまなデバイスを活用したエンターテインメントの広がりに期待したい。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

セガの新作音楽ゲーム『チュウニズム』7月16日稼働…高感度デバイスと空間センサーを採用

 【02//2015】

セガの新作音楽ゲーム『チュウニズム』7月16日稼働…高感度デバイスと空間センサーを採用


セガ・インタラクティブは、2015年7月16日より全国のゲームセンターで、新作アーケード音楽ゲーム『CHUNITHM(チュウニズム)』を順次稼働開始すると発表しました。


『CHUNITHM』は、全国のゲームセンターで稼働中の『maimai』チームが手掛けた新しいアーケード音楽ゲームです。
高感度デバイス「GROUND SLIDER」や空間センサー「AIR STRINGS」などのデバイスを採用。
今までとは違うプレイ感覚を楽しむことができます。
楽曲には、超メジャーIPやキャラクターなどが多数登場予定です。
また、「CHUNITHM」の稼働開始日である7月16日20時からは、maimaiと合同で「稼働記念ニコニコ生放送」が放映されます。


◆「稼働記念ニコニコ生放送」
・日時:2015年7月16日20時~(予定)
・番組名:稼働直前生放送!maimai もあるよ!チュウマイ#1(仮)
・URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv226726821
・ゲスト:M・A・O/福原綾香/佐倉薫/sasakure.UK/DECO*27/DOLCE.
このほかにも、maimaiトップランカー「smn」や「エレキコミック」「鈴木咲」など、おなじみのメンバーや開発スタッフが出演。
『CHUNITHM』の魅力や新プロジェクト、『maimai』新情報などが放送されます。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『CHUNITHM(チュウニズム)』は、2015年7月16日より稼働開始です。

(C)SEGA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ヨッシー ウールワールド』ゲーム詳細情報が公開 毛糸を集めて仲間を救え!

 【02//2015】

『ヨッシー ウールワールド』ゲーム詳細情報が公開 毛糸を集めて仲間を救え!


●50種類以上のヨッシーが登場!
任天堂は、2015年7月16日発売予定のWii U用ソフト『ヨッシー ウールワールド』のゲーム詳細情報を公開した。

本作は、敵を食べて毛糸玉にして投げる、ふんばりジャンプするといったヨッシーならではのアクションはそのままに、毛糸を活かしたさまざまなアクションも駆使しながら、仕掛けがいっぱいのクラフト素材でできた世界を探索する。

シリーズならではのやりごたえがある“おなじみモード”と、アクションが苦手なひとでも気軽に楽しめる“エンジョイモード”の、ふたつのモードが用意。
さらに、シリーズ初のふたり同時プレイにも対応している。

毛糸を集めて仲間を救う。
カメックの魔法により、ヨッシーたちがバラバラの毛糸にされてしまった。
その魔法を解くカギは、ちらばってしまった毛糸をすべて見つけ出すこと、ただひとつ。
あみぐるみヨッシーが仲間たちを助け出す冒険が、いま始まる。

ヨッシーのアクション
◆敵を食べて毛糸玉に
舌を伸ばして敵を飲み込み毛糸玉にできる。

◆毛糸玉を投げる
毛糸玉を投げて敵を攻撃できる。

ヨッシー初のふたり同時プレイ
ヨッシーの“食べて投げる”アクションを使えば、ジャンプでは届かない場所まで攻略が可能に。

毛糸の世界ならではの仕掛けがいっぱい
毛糸はもちろん、手芸の世界ではおなじみのクラフト素材をつかった仕掛けが登場するコースは50種類以上に!
いろんな姿に変身
ヨッシーは、コースの途中で、さまざまな姿に変身する。
変身すると、いつもと違ったアクションが楽しめるぞ。

毛糸でできたamiibo
あみぐるみヨッシー(別売)をWii U GamePadにタッチすると、ダブルヨッシーでプレイできる。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る