2015 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 10

『聖闘士星矢 ソルジャーズ・ソウル』登場キャラクター紹介46

 【08//2015】

『聖闘士星矢 ソルジャーズ・ソウル』登場キャラクター紹介46 


●登場キャラクター紹介46【射手座(サジタリアス)神聖衣(ゴッドクロス)アイオロス
本作は、人気アニメ『聖闘士星矢』を題材にしたアクションゲームの最新作。
主人公の星矢を始め、人気の聖闘士(セイント)が集結し、熱い戦いをくり広げるファン垂涎の作品だ。
ファミ通.comでは、2015年9月25日に予定されているゲームの発売まで、ゲーム中に登場する主要な聖闘士たちを紹介していくぞ。

射手座(サジタリアス)神聖衣(ゴッドクロス)
アイオロス
射手座(サジタリアス)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)で、獅子座(レオ)の黄金聖闘士アイオリアの実兄。
ギリシア出身。
神聖衣(ゴッドクロス)は、『聖闘士星矢 黄金魂(ソウルオブゴールド)』での姿。
周囲に次期教皇はアイオロスしかいないと言われるほどの人物。
だが、教皇になり済ましたサガに“アテナ暗殺”という逆賊の汚名を着せられ、聖域(サンクチュアリ)から命からがら脱出。
アテナを救うことに成功するが、その後命を落としてしまう。
嘆きの壁で、弟のアイオリアと再会を果たした。

●ビッグバンアタック
聖闘士星矢 ソルジャーズ・ソウル
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
対応機種:プレイステーション4 / プレイステーション3
発売日:2015年9月25日
価格:7120円 [税抜]/7689円 [税込(8%)]
ジャンル:アクション


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

最悪の失敗作『E.T.』めぐる「ATARI GAME OVER」特別上映会レポ―実機解説プレイも!

 【08//2015】

最悪の失敗作『E.T.』めぐる「ATARI GAME OVER」特別上映会レポ―実機解説プレイも!


史上最悪の失敗作として知られるATARI社開発のATARI 2600向けアドベンチャーゲーム『E.T.』。
米国ニューメキシコ州のアラモゴールドの砂漠に不良在庫が大量に埋められているという本作の伝説を検証したドキュメンタリー作品、「ATARI GAME OVER」のDVD発売を記念した特別上映会のレポートをお届けします。


この上映会では、本作の解説を担当するゲストの錦織正樹こと“たます氏”が登壇。
同氏は、大型アーケード筐体の保存と再生活動を行っている人物で、国内のみならず海外のレトロゲームにも精通しています。

■米国の国民的コンソール機であったATARI 2600の時代
ATARI社が開発したVideo Computer System(後にATARI 2600へ改名)は、米国で1977年に、国内ではATARI 2800として1983年に発売されたカートリッジ交換型のコンソール機です。
米国では1000万台以上を売り上げた国民機としても知られています。

たます氏は、本機の日本発売の時点でリリースされてから5年以上経過したコンソール機であることと、同年に任天堂のファミコンが登場していたことから、日本で手に取ったことがあるユーザーが少ないことを解説。
そのため、米国でリリースされた黄金期のタイトルが有名でないことも説明しました。

本機には、当時の日本人が体験していなかった70年代後半から80年代前半の原始的なゲームの面白さに溢れたタイトルが多数存在。
その中で『E.T.』はビデオゲーム機の平均的なライフサイクルにおいて終盤に発売されたタイトルです。

『FireFly』を用いてATARI 2600のグラフィックを紹介
もちろん、VCSでミリオンヒットを達成したタイトルも複数あります。
同氏はシューティングゲームの『Yar’s Revenge』や初期のアドベンチャーゲーム『Raiders of the Lost Ark』(映画「レイダース/失われたアーク<<聖櫃>>」のゲーム版)を列挙。
続いて、『E.T.』のでもプレイを紹介するにあたって、ATARI 2600のシューティングゲーム『FireFly』を起動し、当時のグラフィックなどを紹介しました。

■ATARIの『E.T.』は本当にクソゲーなのか?たます氏による解説&デモプレイ!
『E.T.』のデモプレイでは、初めにゲームシステムや舞台設定を解説しました。
本作は横4面、上下2面のサイコロのような合計6面の地球で構成されており、プレイヤーはE.T.を操作して穴の底にある3つの通信装置のパーツを探し出し、母船のUFOと連絡を取ることで脱出を図ります。

E.T.の顔が描かれたタイトル画面。
敵には、通信装置の一部やアイテムを奪い取るFBI捜査官やE.T.を連れ去り研究せんとする科学者が登場。
彼らはマップ上に設置された特殊能力発動地点から追い払うことが出来ます。
本作を映画「E.T.」として表す要素として、映画での主人公であったエリオットを呼び出すことや、クライマックスの逃走シーンが再現されています。
さらに、隠しキャラとして『Yar’s Revenge』の主人公が登場することも述べました。

『E.T.』プレイにはTV出力できるように改造したATARI 2600を用いています
たます氏は本作がクソゲーと言われる由縁を、主に穴に落ちやすい判定やE.T.の当たり判定やマップ設計であると説明。
しかし、クライマックスを含めた「E.T.」要素の再現や、隠しキャラが実装されているため、5週間の開発期間にしては良く出来ていること述べました。

画面上部にある紫バーの電話機のようなマークが通信機、隣が能力発動地点を示します。
下部にある青白いバーの4桁の数字が体力で、隣の単数字が体力回復する飴の数です。
超能力を使って穴から脱出、当たり判定が非常にシビア。
エリオットの家とFBI本部と、研究所が一緒に設置。
E.T.より左側にある黒点ドットが体力回復のキャンディー。
マスタードカラーの人物が通信機やキャンディーを奪うFBI捜査官
イースターエッグも披露。
約30分に及ぶ『E.T.』解説の後、いよいよ「ATARI GAME OVER」の上映が始まりました。

■『E.T.』の開発と発掘調査を語るドキュメンタリー映像作品「ATARI GAME OVER」

日本語トレイラー
ザック・ペン監督のドキュメンタリー映像作品「ATARI GAME OVER」は、日本では「アタリショック」と呼ばれる1980年代初頭のビデオゲーム市場崩壊を誘発させたと『E.T.』をめぐる開発経緯、そして米国ニューメキシコ州アラモゴールド市に眠る廃棄されたパッケージの発掘記録を映したものです。
『E.T.』や『Yar’s Revenge』開発の中心となった、凄腕プログラマーのハワード・ウォーショウ氏による当時のATARI社内部も紹介した非常に資料性の高い作品でもあります。

本編上映後には、DVDの映像特典として収録されているATARI元社長ノーラン・ブッシュネル氏のインタビューが披露。
本特典映像には、ザック・ペン監督の話や米国サンフランシスコのゲームショップ取材も含まれており、関係者やユーザー視点からATARI 2600と『E.T.』という存在を知ることが出来る内容となっています。

■上映後にはユーザーを交えた『E.T.』デモプレイが実施!他のATARI 2600タイトルの紹介も
ドキュメンタリー映像上映後には、ユーザーを交えた『E.T.』のデモプレイが実施されました。
本作だけでなく、ドキュメンタリー本編でも紹介された『FireFly』や、ATARI 2600で評価の高いActivisionのアドベンチャーゲーム『Pitfall II』を紹介し、ユーザーの注目が大きく高まったところで終了しました。

『E.T.』の難しさを紹介。
横スクロールアドベンチャー『Pitfall II』
日本独自コンテンツを収録したドキュメンタリー映像作品「ATARI GAME OVER」は、国内で9月16日に発売予定。
価格は、通常版が2,800円(税抜)、オリジナルTシャツ付き限定版が6,000円(税抜)です。

記事提供元: Game*Spark


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ゴッドイーター リザレクション』の第2弾PVを公開! 新規アフターストーリーの映像も

 【08//2015】

『ゴッドイーター リザレクション』の第2弾PVを公開! 新規アフターストーリーの映像も


●新規アフターストーリーに迫るプロモーションビデオ
バンダイナムコエンターテインメントから2015年10月29日に発売予定のプレイステーション Vita / プレイステーション4用ソフト『GOD EATER RESURRECTION(ゴッドイーター リザレクション)』のプロモーションビデオ第2弾が公開。
本作には『GOD EATER 2(ゴッドイーター2)』以降のアフターストーリーが収録されるが、その片鱗がわかる内容となっている。

●初回封入特典にレンカとアナザーアリサが追加
本作の初回封入特典として、すでにアナザーキャラクターのリンドウが発表されているが、それに加えて、テレビアニメ版の主人公である“空木レンカの神機と衣装”、そしてアナザーキャラクターとして“アリサ(ロシアンブルーVer.)”も用意されることが発表。

『GOD EATER RESURRECTION』初回封入特典
●『クロスプレイパック&アニメ Vol.1』に映像特典を追加
テレビアニメ『GOD EATER』のBlu-rayディスクに加えて、プレイステーション4版 / プレイステーション Vita版の『ゴッドイーター リザレクション』が同梱された『クロスプレイパック&アニメ Vol.1』。
こちらの映像特典として、ufotableが「パチスロ ゴッドイーター」のために制作した約28分にも及ぶアニメーション映像が、テレビアニメのBlu-ray Discに収録されることが決定。
パチスロでは、プレイの合間に途切れ途切れでアニメーション映像が流れていたが、こちらの特典では1本のストーリーアニメーションとして再編集されている。

GOD EATER RESURRECTION クロスプレイパック&アニメVol.1(限定生産)価格:9980円+税

(1)板倉耕一氏描き下ろしイラスト 収納BOX
(2)描き下ろしイラスト仕様 PS4版『GOD EATER RESURRECTION』(ゲームディスク)
(3)PS Vita版『GOD EATER RESURRECTION』(ダウンロード版)プロダクトコード
(4)特別デザイン仕様 TVアニメBlu-ray vol.1

※クロスプレイパック&アニメは、TVアニメ「GOD EATER」のBlu-rayディスクに加えて、Vol.1はPS4/PS Vita「GOD EATER RESURRECTION」、Vol.2~Vol.7は、PS4/PS Vita「GOD EATER OFF SHOT」が同梱されています。
※同梱されているゲームは、PS4版(ゲームディスク)、PS Vita版(ダウンロード版がダウンロードできるシリアルコード)となります。
※プロダクトコードをご利用頂くには、インターネットへの接続が必要です。
また、ゲームのダウンロードにはSony Entertainment Networkのアカウントが必要です。
※プロダクトコードの有効期限は 購入から6ヵ月以内となります。

『GOD EATER RESURRECTION(ゴッドイーター リザレクション)』
メーカー:バンダイナムコエンターテインメント
対応機種:プレイステーション4 / PlayStation Vita
発売日:2015年10月29日発売予定
価格:PSVita版:5210円+税 / PS4版:6170円+税 / クロスフ?レイハ?ック&アニメVol.1:9980円+税
ジャンル:アクション


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「台風の日に遊びたいゲーム」結果発表…没入感溢れる『rain』から、与える側になれる『塊魂』まで

 【08//2015】

 「台風の日に遊びたいゲーム」結果発表…没入感溢れる『rain』から、与える側になれる『塊魂』まで


日本各地に台風の影響が及んでおり、一部では避難勧告が出ているところも。
比較的問題のない地域にお住まいの方も、天候をはじめとする情報はしっかり集めておいてください。


そして安全が確保されたら、危険な外出は控えてゆっくり過ごしたいもの。
可能であれば、家でじっくりゲームを楽しみたいと思う方も少なくないことと思います。
外は台風というこんな時、ゲームファンはどんな1本を選ぶのでしょうか。
ちょっと気になります。

そこで先日、「台風の日に遊びたいゲーム」というアンケートを実施。
実に多彩なタイトルが集まり、それぞれユニークな理由も明かしていただきました。
その一部をピックアップして紹介させていただきます。

ちなみに最も多い票数を稼いだのは、PS3ソフト『rain』でした。
その理由は「雨がずっと降っていてゲームと外の風景がリンクするから」「外の雨音がBGMになってくれます」など、より深い没入感を得られるという意見が中心でした。

◆アンケート結果:没入感UP系
見事1位に輝いた『rain』をはじめ、外の状況とマッチする「没入感」が理由となるタイトルの数々。
『絶体絶命都市2』や『HEAVY RAIN 心の軋むとき』など、納得かつバラエティ豊かなタイトルが挙がっています。
特に『塊魂』のチョイスは、実に大胆な理由でした。

■絶体絶命都市2
水害が怖い、というのをゲームから知ったので。
色んな参考になることもあるので、この機会に。


■真・女神転生 STRANGE JOURNEY
発売日が台風でゲーム中の状況と見事に一致していた思い出があるから。

■HEAVY RAIN 心の軋むとき
外の風や雨の音を聞きながらプレイすれば臨場感も増してさらに楽しめそうです。


■天外魔境ZERO
「暗い町」というBGMが雨のシーンにぴったりだから。

■塊魂
大災害レベルの被害を与える側になれるから。


◆敢えての真逆系
台風というのは、人によってはワクワクする場合もありますが、不安に駆られる方も少なくないはず。
そんな時は、むしろ気分が明るくなるようなタイトルを選ぶのも一興です。
清々しさを感じるものが多く集まりました。

■とびだせどうぶつの森
ほんわかとした雰囲気を味わいたいから!

■スーパーマリオサンシャイン
青空がスカッとするから
■スプラトゥーン
ジメジメしている時こそインクで気分を塗り替えたいです!

■FINALFANTASY XIV
リゾート感あるところや、荒野、そして天気も代わる代わるなので台風でどんよりしてる時は気分転換ができます。

■夏色ハイスクル★青春白書(略)
外が荒れてる時こそ、ゲームでは青い空の下で穏やかな気持ちになろう。

◆じっくりやり込む系
外に出られない=プレイする時間がたっぷりある、という点から、やり込み系タイトルを挙げる方も。
ですが「やり込み」と一口に言っても、「物語や世界観にじっくり向き合う派」と、「LV上げなどの時間のかかる要素に充てる派」に分かれている模様。
これも興味深い結果です。

■テラリア
延々と時間を潰せるから。


■キングダムハーツ Birth by Sleep
バトルの軽快さや3人のキャラそれぞれの視点から見たストーリーなど、他に何もしなくていいような日だからこそじっくり遊べるゲームがいいと思ったので。

■ドラゴンズドグマ オンライン
Lv上げに時間がかかるから。

■英雄伝説空の軌跡FC
外に出られないので家で一人で長時間遊べるので。

■風ノ旅ビト
時間を掛けて世界観にのめり込んでほしいです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
このほかにも、「零~刺青の聲~:雨風で家から出るのが億劫な時はホラーに限る」や「ダークソウル:台風で外に出られない中、台風が過ぎ去るまでの間にクリアできるか挑む」など、気分に応じたものから台風をタイムアタックの目安にするなど、幅広い意見が寄せられました。
一部しか紹介できないのが残念なほどです。

また「大乱闘スマッシュブラザーズforWii U」のチョイス理由として、「土砂崩れ警戒区域の友達を連れ込んでワイワイやりたい!!」と、自分の家に友達が避難した状況を想定したケースを答えてくれた方もいました。
確かにこれも、台風ならではのシチュエーションと言えるでしょう。

ひとりでじっくりもよし、みんなでワイワイもよし。
台風だからこそ、引きずられることなく楽しく過ごしたいものですね。
ただし気象情報の確認と避難の用意だけは、常にお忘れなく。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「女の子×日本刀」、コンセプトがはっきりしたアクション「巫剣神威控」人気スマホゲーム「Q」がKinectで楽しいパーティゲームに

 【08//2015】

「女の子×日本刀」、コンセプトがはっきりしたアクション「巫剣神威控」人気スマホゲーム「Q」がKinectで楽しいパーティゲームに


ID@Xboxによる日本の独立系デベロッパーのタイトル試遊会では4つのタイトルを体験できた。
本稿では2016年発売予定の「巫剣神威控(みつるぎかむいひかえ)」と、6月に発売された「Q」の2タイトルを紹介したい。


「巫剣神威控」は、「かわいらしい女の子が日本刀でバッサバッサ敵を切るゲームを出したい!」という想いで開発されたアクションゲーム。
そして「Q」は人気の高いスマホ/タブレット向けタイトルがKinectで遊べるパズルゲームだ。
どちらもインディーゲームならではの楽しい作品である。

■ 華麗な剣の舞を突き詰めろ!「巫剣神威控(みつるぎかむいひかえ)」
「巫剣神威控」は3Dグラフィックスで描かれたフィールドで、次々に現われる敵を日本刀でぶった切っていくアクションゲームだ。
プレーヤーキャラクターは制服姿の少女で、短いスカートをはためかせながら日本刀を振るって敵を倒していく。
Windows向けには2013年より販売しており、Xbox One向けには2015年発売予定で価格は未定。
今回は開発元のZENITH BLUE代表取締役であり、本作のデザイナーを務める明渡一真氏に話を聞いた。

「巫剣神威控」の面白さはその爽快な攻撃にある。
剣の軌跡は派手で、敵をまとめて切ることができる。
格闘攻撃も華麗な蹴りを放ち、サマーソルトから急降下のキックなどもボタンを連打するだけで出せる。
方向ボタンを入れたときとレバーをニュートラルにしたときの技が異なり、攻撃をつなげていくにはこれらを覚えることでより華麗に技をつなげることができる。

本作は敵を倒した時に得ることができる魂を消費し、様々なスキルを取得できる。
最初は技が少ないが、覚えることで多彩な技を覚えていく。
今回はすでに技を覚えた状態でプレイしたのでレバーとボタンをガチャ押しするだけでも様々な技を出せた。
ポイントをためることでコスチュームも入手でき、巫女服やセーラー服などにも変更できた。

本作の特徴的なシステムに「斬心」がある。
右トリガーでのアクションで、トリガーを押すとキャラクターは剣をしまう。
このとき体力を減らし赤く点滅していた敵は一気に絶命するのだ。
このとき数が多いほど多くの体力と攻撃ゲージが回復する。
「巫剣神威控」ではあえて敵にとどめを刺さずできるだけ多くの敵を点滅状態にし、「斬心」で大量ポイントを得るのが攻略の鍵なのだ。

「巫剣神威控」はウェーブで襲いかかってくるザコ敵を倒し、5ウェーブ終了時に現われるボスと戦って1ステージ終了となる。
現在は5ステージ用意されているが、難易度を上げてさらなる高みを目指すのがゲームの大きな目標となる。
イージーから最上級のインフェルノまで5段階があり、インフェルノでは一撃で倒されてしまう。
それでもWindows版ではクリアした猛者がいるという。

本作の本当の楽しさは“自分との戦い”にある。
いかに華麗に、かっこよく技をつなげ、圧倒的に敵を倒すか。
溜め攻撃やゲージを消費して使う技も連続攻撃に組み込み戦っていく。
本作のデザイナーである明渡氏の「かわいらしい女の子が日本刀でバッサバッサ敵を切るゲームを出したい!」という想いが結晶化したようなシンプルで熱いゲームである。



■ プレイしている人の姿が楽しいKinectでもプレイできるパズルゲーム「Q」
「Q」は6月26日からダウンロード販売されているタイトルで、価格は648円(税込)。
開発はリイカ。
すでに発売されているタイトルだが、改めてKinectで体験して楽しさを確認できた。

「Q」は空中に線を引くことで図形を生み出すことができ、これを使ってパズルを解いていく。
物理エンジンにより作ったものは重力で下に落下する。
「右にあるボールを左に動かそう」という問題の場合、空中に次々とものを生み出しぶつけて移動させてクリアする。
立っている棒を倒すためにかぎ型のオブジェクトを描いて引っかけて倒したり、ものが転がりやすいように坂のついた台を作ったり、プレーヤーの創意工夫で解法は無限大だ。

Xbox One版の面白いところはKinectに対応しているところ。
空中に絵を描き問題に取り組む姿は見ているだけで楽しい。
うまい解き方を見せた人には拍手したくなるし、自分が解き方を思いついたときには代わりたくなる。
パーティゲームにぴったりなゲームだと感じた。

ただしやはりKinectでは精密な動きには難があり、後半の難しい問題では、コントローラーで正確な線を引かないとクリアは難しいという。
ステージはかなりKinect向けにアレンジしてある一方で、シビアなパズルゲームとして楽しめる一面も持っているとのことだ。




Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『MGS V: TPP』発売への道のりを振りかえる ― FOXエンジン発表からコジプロ解散まで

 【08//2015】

 『MGS V: TPP』発売への道のりを振りかえる ― FOXエンジン発表からコジプロ解散まで


2015年9月2日、とうとう発売された、コナミデジタルエンタテインメントの『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』。
本作の開発がはじめて示唆されたのが2011年のFOX ENGINE発表。
その後も、謎の人物Joakim Mogren氏の登場、『MGS V: GZ』発売に合わせたWeb番組コジステの開局、そして『MGS V: TPP』発売直前での小島プロダクション解散の報道まで、様々な謎や激動のニュースがありました。
そうした発売までの経緯をまとめて振り返ってみましょう。


◆2011年は、『MGS V』の核となるFOXエンジンがチラみせ
『MGS V』を構成する重要な要素であるFOXエンジンは、2011年の「E3 2011 KONAMI 小島秀夫監督特別インタビュー」映像で発表。
開発中のプレイアブルシーンを映したもので、白馬と少年、そして木々が生い茂る森林が映されていました。
そして同年12月にはエンジンの技術を示す画像も2枚公開されています。

◆2012年には謎の新作『The Phantom Pain』と、『MGS: GZ』が発表
2012年には、小島監督のTwitterから次回作の『Project Ogre』は「鬼を扱ったゲームになる」という内容が伝えられています。
加えて、メタルギア生誕25周年記念イベントにてオープンワールドタイトルとしての『METAL GEAR SOLID: GROUND ZEROES』が発表。
10月には、米ロサンゼルスを拠点とする小島プロダクションLAスタジオによる新生『METAL GEAR ONLINE』開発がスタート。
12月のVGA 12では謎の新作タイトルとして小島プロダクション傘下のスウェーデンに拠点を置くとされた、架空のMoby Dick Studiosから『The Phantom Pain』が披露されています。

25周年記念公式サイトには、意味深に左右反転した鏡文字の状態で掲載されています。

◆2013年は、顔中包帯が巻かれた謎のMoby Dick StudiosのCEOのJoakim Mogren氏のネタばらしと、『MGS V: TPP』が発表
『MGS』シリーズと関連が深いとされた『The Phantom Pain』の様々な考察を経て2013年には、包帯を顔中に巻いたMoby Dick StudiosのCEOである謎の人物Joakim Mogren氏が登場。
同年3月に開催されたGDC 2013ではネタ晴らしとしてJoakim Mogren氏のマスクを被った小島監督が登壇し『MGS V: TPP』の発表や、FOX ENGINEの特徴とプレイフッテージが公開されました。

3月末には、『MGS V:GZ』と『MGS V: TPP』の英語版声優が過去シリーズのスネークを担当したデイヴィッド・ヘイター氏から、キーファー・サザーランド氏へ変更が示唆。
同年6月のKONAMI Pre-E3 SHOW 2013映像から変更が正式発表されています。

小島監督へのインタビューはE3 2013や同年9月のQ&Aセッション、そして11月に北米におけるのPS4ローンチイベントで行われました。
なお、11月上旬に『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』が単体で発売されることが明らかになったのもこの年でした。
また、米国に拠点を置く小島プロダクションLAスタジオは同年9月上旬に開設されています。

◆2014年は『MGS V: GZ』がリリースされWeb番組「コジステ」が開始、『MGS V: TPP』発売は2015年に
3月上旬には、『MGS V: GZ』のメディア向け体験会レポと小島監督へのインタビューが伝えられます。
3月17日には、小島監督を始めとした制作メンバーや声優が登場する、『MGS』関連の最新情報を伝えるWeb番組「コジマ・ステーション」が開局。
『MGS V: GZ』の発売日となる3月20日の放送ではスネーク役の大塚明夫氏が登場したことに加えて、メイキング映像などが披露されました。
加えて、新生『METAL GEAR ONLINE』が海外スタジオ開発になった理由も小島監督より語られています。

同年6月のE3 2014では、Mike Oldfieldの“Nuclear”に合わせた『MGS V: TPP』のトレイラーが公開。
8月のgamescom 2014では『MGS V: TPP』の新たなプレイフッテージに加えて、PC版『MGS V: GZ』と『MGS V: TPP』が発表。
同日からSteamストアページも開設されていましたが、国内での発売は当初未発表でした。
gamescom 2014では小島監督によるトークショーと『P.T.』ネタばらしも実施されていました。

同年9月のTGS 2014では、『MGS V: TPP』の発売時期が2015年に決定したことに加えて、『メタルギア』空間を表現する濃密なコナミブースが設置されていました。
10月にはコジマ・ステーション第25回で、PC版『MGS V: GZ』の日本を含む全世界での発売日が発表。
12月のThe Game Awards 2014では、新生『METAL GEAR ONLINE』のトレイラーが初披露され、話題を呼びました。

◆2015年には小島プロダクションが解散、そして9月には『MGS V: TPP』の発売を迎えた
2015年3月上旬には、『MGS V: TPP』公式サイトで謎のカウントダウンが開始し、発売日が9月2日に決定したと発表。
同月下旬には小島プロダクションとコナミの間に、何らかの不穏な動きがあったとして複数の噂が伝えられました。

これは、『METAL GEAR SOLID』公式サイトから小島プロダクションのロゴイメージが削除されたことに加えて、コナミから新『METAL GEAR』の制作メンバーを募集したとの発表があったためです。
不定期で放送していたコジマ・ステーションも休止し、小島プロダクションの解散も確認。
社内の開発体制が社内プロダクション制から制作本部制に変更されたことが伝えられ、E3 2015までしばらく情報が出てこない状態が続きました。

E3 2015では新たなるトレイラーと、時短課金を導入することを確認。
6月下旬に『MGS V: TPP』の最終ポスターが公開され、7月には主役のスネーク役を演じる声優の大塚明夫さんから改めてコジプロ解散が伝えられました。
8月には、SCEから『MGS』シリーズを振り返る特別映像が、小島監督編集の『MGS V: TPP』ローンチトレイラーが公開。

そして9月2日にはPC/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360を対象に『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』がついに発売。
同日には著名な海外のゲームクリエイターによる特別インタビュー映像と、完成報告動画「Debriefing」が公開されています。

いかがでしたか? 全体で7年以上の開発期間がかかったと言われる『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』。
正式発表前も、開発中も、常にゲーマーの間で話題の的でした。
すでに完成品をプレイ中の方も多いはずですが、発売までの長い道のりをふりかえった読者の皆さんも想いも、コメント欄でお聞かせください。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『EARTH WARS』や『巫剣神威控』などID@Xboxタイトルは日本発のタイトルが充実! 注目作プレゼンの模様をお届け

 【08//2015】

『EARTH WARS』や『巫剣神威控』などID@Xboxタイトルは日本発のタイトルが充実! 注目作プレゼンの模様をお届け


文・取材:編集部 古屋陽一、文・取材:編集部 ブラボー!秋山
●ID@Xboxの注目作を紹介
2015年9月8日、東京・品川の日本マイクロソフト本社にて、国内産ID@Xboxタイトルのプレゼンテーションが行われた。
ご存じの通り、ID@Xboxはインディペンデント(独立)系デベロッパーを支援するための取り組み。
開発会社はID@Xboxに登録することで、自社で開発したゲームをセルフパブリッシングできるようになるなど、独立系の開発会社にとっての利点も多い。
2013年に発表されたID@Xboxは、2015年に入ってその動きがさらに活性化。
続々と注目作がリリースされようとしている。
今回日本マイクロソフトによりプレゼンテーションが企画されたのも、日本マイクロソフト ID@Xbox プログラム・マネージャー 村山功氏いわく「充実してきたID@Xboxタイトルをお披露目する」ことを目的に実施されたものだ。
今回紹介されたのは以下の4タイトルだ。

『EARTH WARS』発売元/開発元:ワンオアエイト発売日:2015年夏
『リバーシクエスト』発売元:パレアナ開発元:YokogoSystem発売日:2015年
『巫剣神威控』発売元/開発元:ZENITH BLUE発売日:2015年
『Q』発売元/開発元:リイカ発売日:発売中
以下、当日のプレゼンテーションの模様をお届けしよう。

■自分たちの作りたいものを作った『EARTH WARS』
『EARTH WARS(アースウォーズ)』は、西暦2020年という近未来を舞台とした2Dアクション。
突如襲来した未知の敵対生物“E.B.E(イーヴァ)”により壊滅的な打撃を受けた地球を救うべく立ち上がった、特殊強化兵器隊“A.N.T.I.(アンチ)”の戦いが描かれることになる。
本作の発売/開発を手掛けるのはワンオアエイト。
同社は、もともとイメージエポックに所属していた黒木崇氏(ワンオアエイト 取締役)らにより2012年4月に設立。
以降、アプリ向けに数タイトルをリリースしているが、家庭用ゲーム機向けは本作が初となる。
プレゼンテーションを担当したのは、黒木氏と『EARTH WARS』のディレクターを手掛ける黒岩太一郎氏(フリー)のおふたりだ。

黒木氏のコメントで印象深かったのが、「とにかく自分たちの作りたいものを作った」とのひと言。
まさにそれはインディーゲームの真髄とも言えるが、『EARTH WARS』にはいい意味で、作り手の“好み”が随所に溢れているようだ。
その一例を挙げると、キャラクター設定。
本作では、プレイヤーキャラクターとして、男性8キャラ・女性8キャラの16キャラが用意されているが、男性8キャラはほぼすべていわゆる“おじさん”。
ふつうに考えると、ユーザーの好みを考慮して年若いイケメンを揃えそうなものだが、「前職での“萌え要素”などを配慮した設定に抵抗を感じていた」という黒木氏は、今回は作り手の好みを貫いて、“おじさん”を揃えたという。

格闘ゲームの要素が加味されているのも、“作りたいものを作る”という方針の延長線上にあるもの。
ディレクターを務める黒岩氏は、もともとエイティングで格闘ゲームを手掛けており、今回「長年作りたいと思っていた」(黒岩氏)という2Dアクションに、自身が深いノウハウを持つ格闘ゲームの要素を加味。
新機軸のゲーム性を構築しているのだ。

では、本作のゲーム概要を軽くご紹介しよう。
先述の通り、本作は2Dタイプの横スクロールアクション。
プレイヤーは16人の“A.N.T.I.(アンチ)”の戦士の中から任意のキャラクターを選び、“E.B.E(イーヴァ)”を倒していくことになる。
攻撃方法は、剣(Xボタン)とガン(Yボタン)の2種類。
それにジャンプ(Aボタン)やブースト(Aボタン2回押し)などの動きを織り交ぜることで、ゲームを進めていく。
方向キーとボタンの組み合わせによって、特殊なムーブを起こすこともできる。
実際のところ、体験してみたゲームプレイは爽快そのもの。
ジャンプして攻撃したり、ブーストしてコンボを決めたり……と、多彩なアクションが堪能できる。
「いわゆる硬直がないので、さくさく攻撃できます」(黒岩氏)とのことだが、格闘ゲームにおける深いノウハウを持つ黒岩氏が関わっているだけに、触り心地はめちゃくちゃ気持ちいい。
これは本作の大きな魅力と言えるだろう。

一方で、本作はやり込み要素も充実している。
ひとつはキャラクターの成長要素。
本作では、プレイするごとにキャラクターがレベルアップ。
さらに、ステージに散りばめられている“宝石”を入手していくことでスキルアップが可能になる。
スキルアップは“バランス”、“攻撃特化”、“テクニック特化”、“防御特化”、“能力制限”(いわゆる縛りプレイ用)を大枠に、細部に至るまできめ細かく設定することが可能だ。

さらに、武器のカスタマイズ。
本作では、倒した敵がドロップした残骸(アイテム)から武器を合成することができる。
さらにレアアイテムには“炎”や“氷”などの属性が付与されることがあり、属性が付与されたアイテムを合成に使うことで、追加効果のある武器を作ることも可能だ。
本作では、剣とガンのほかに、大剣と弓の4種類の武器が用意されているのだが、それぞれに用意されている武器は24種類。
さらに属性は7種類存在し……と、相当なバリエーションに富んでいる。
なお、アイテムの出現はランダムで、「引きがいいと、最初からいい武器を作れますね」(黒岩氏)とのことだ。

本作のゲームプレイは、「うまい人で9~10時間、時間をかけても20時間くらいでクリアーできるのでは」(黒木氏)とのこと。
サブミッション(80種類)でキャラや武器を強化しつつ、メインミッション(15種類)をこなしていくのが通常のゲームプレイとなるようだ。

「開発費が不足しているので、オープニングもムービーではなくて、一枚絵で」(黒木氏)との裏話も聞かれたが、ボイスには声優が起用されていたりと、『EARTH WARS』の作り込みは相当なもの。
さらに言えば、予算などの兼ね合いで、用意できたイラストは各キャラにつき1枚で、それを切りわけて動きをつけたという涙ぐましい努力も聞かれたが、そういったキャラの動きもむしろ“味”と言えるだろう。
マルチプレイには対応しておらず、ひとりプレイなのが残念と言えば残念だが、「本作の売れ行き次第では対応するかも」とのことなので、今後の楽しみとしよう。

2年間をかけて、平均3人、多いときは5人で作り上げたという『EARTH WARS』は、インディー魂が詰まった1作と言えるだろう。
本作の発売時期は、現時点では以前アナウンスされた“2015年夏”のまま。
さすがに“夏”というはきびしかろうと思われるが、「近いうちにリリースしたいです」とのことで、意外と早く遊べるようになるかもしれない。

■おなじみのゲームの新機軸『リバーシクエスト』
誰もが知っているリバーシの新機軸との言えるのが『リバーシクエスト』。
敵をフィギュアで挟んで“攻撃”することで、敵にダメージを与えられるほかに、“回復”も可能。
ただ単に自コマを増やせばいいというわけではなく、自ライフを維持しなければいけないということで、独自のゲーム性が加味されている。
「リバーシにもこんな楽しみかたがあったんだ」と思わせてくれる1作だ。
こちらは2015年配信予定。

■想像以上に歯ごたえのある3Dアクション『巫剣神威控』
『巫剣神威控(みつるぎかむいひかえ)』は、ミニスカ女子高生剣士が颯爽と暴れ回るハイスピード3Dバトルアクション。
開発元のZENITH BLUEの明渡一真氏によると、「本作はとにかくバトルの爽快感を重視し、やりごたえのあるアクションゲームを目指した」とのことだ。
そもそも本作は、2013年にSteamで配信されており、Xbox Oneのコントローラーとの親和性もバッチリ。
4つのボタンにトリガーがうまく組み合わされた操作方法となっており、いわゆる“レバガチャ”でも十分に爽快感が楽しめる。
しかし、敵もただ棒立ち状態ではないので、ボタンを連打するだけでは倒せないのもミソ。

プレイヤーキャラクターの“壬佐”が使える基本アクションは、刀を使った“斬撃”、“格闘攻撃”、溜め状態から発動する“奥義”の3つ。
これらを駆使して、ステージ上の敵をバッタバッタと倒していく。
ゲージは、体力ゲージと刀ゲージの2本があり、刀を使うと刀ゲージが減少していき、ゲージがなくなると“斬撃”が出せなくなるので、格闘攻撃を交える必要がある。
一方防御は、通常のガードとガード+移動による“回避”ができ、これがまたキビキビと動いて爽快だ。
ステージは円形のフィールドのみで、一定数の敵を倒すとWAVEが進み、ボスが登場。
そのボスを倒すとステージクリアーとなる。
360度から登場する敵への照準は、ある程度正面の敵をセミオートでロックするようになっている。
RTトリガーで発動させる“斬心”は、斬撃アクションの中でアクセントのような役割だ。
その“斬心”の効果はふたつ。
発動させると、一定数攻撃を与えて赤く点滅した状態(“出血状態”)の敵にダメージを与えることができるのと同時に、体力を回復させることができる。
時代劇で立て続けに殺陣を決めた後のように、敵を背に刀を鞘に納めるアクションはなんともカッコイイ!……のだが、無敵状態ではないので、発動するタイミングには注意が必要だ。
キメポーズのときに、“ザクッ”と斬られるとなんともカッコ悪い。

画面左上には、プレイヤーの現在のレベルである“称号”が表示される。
最初は無印だが、剣士、剣客と上昇し、最高峰は“巫剣”という称号になる。
称号が高い状態では、攻撃力が上がるなどのプラス要素があるので、強力なボス戦までになるべく上げておきたいところ。
ただこの称号は、敵の攻撃を受けると下がっていくので、やみくもな攻撃は命取り。
ゲームの難度は、EASY、NORMAL、HARDの3種類で、HARDをクリアーするとVERY HARD、VERY HARDをクリアーすると最高難度のINFERNOが出現する。
ちなみにこのINFERNO、攻撃を一度受けただけでもゲームオーバーとなる……。
敵を倒すと“スキルポイント”を獲得することができ、それを使って“壬佐”をカスタマイズすることができる。
新しい攻撃ができるようになったり、技の威力が上がるなど、効果はさまざまだ。
また、全5種類が用意されているコスチュームをアンロックするのも、これまた楽しそうだ。

本作は、明渡氏を含め3名で制作されたという。
ID@Xboxでの配信に際し、基本的なゲーム内容はそのままで、若干のグラフィック調整をした程度とのことだが、敵を倒す爽快感とボタンアクションのレスポンスのよさはかなりのもの。
敵の攻撃をドンピシャのタイミングで受ける“ジャストガード”、敵の攻撃が当たる瞬間にBボタンで発動させる“カウンター”などを使いこなすことができるようになれば、さらに多彩な攻撃が可能となる。
本作はアクションに特化しているとはいえ、主人公の“壬佐”や敵として登場する“鈴華”など、ストーリーや世界観の設定も気になるところ。
これらは、配信後にじっくりとやり込みつつ楽しむといいだろう。
配信は2015年予定となっているが、今回のプレゼンを見る限り、意外と早いかも!?


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『HOUNDS』東京ゲームショウ2015にて今後のアップデート情報を発表! 第3弾EXボイス小山力也さんの公開録音も実施

 【08//2015】

『HOUNDS』東京ゲームショウ2015にて今後のアップデート情報を発表! 第3弾EXボイス小山力也さんの公開録音も実施


●ステージで公開録音を実施
DMMゲームズは、サービス中のPC用オンラインゲーム『HOUNDS』において、2015年9月17日(木)から9月20日(日)までの4日間、千葉・幕張メッセにて開催される“東京ゲームショウ2015”で今後のアップデート情報を発表することを決定した。

以下、リリースより。

----------
『HOUNDS』東京ゲームショウ2015にて今後のアップデート情報大発表!第三弾EXボイス小山力也さんの公開録音も実施!ニコ生を見逃すな!
ゲームの企画・開発・運営事業を展開するDMMゲームズは、RPGとTPSが融合した新ジャンルのオンラインRPSゲーム『HOUNDS』にて、本日9月8日(火)に2015年9月17日(木)から9月20日(日)までの4日間、幕張メッセ(千葉県美浜区)にて開催される「東京ゲームショウ2015」でHOUNDSの今後のアップデート情報を発表することを決定いたしました。
ステージイベントの内容やニコニコ生放送での特典アイテムに関する情報などを公開しましたことをお知らせいたします。
また、時限ミッション「都市下水路」「生体研究所」が毎日遊べるイベントも開催したことをお知らせいたします。
詳細は公式サイトをご覧ください。

■今年もHOUNDSのステージが熱い!今後のアップデートや公開収録を実施!東京ゲームショウ2015限定デザインのアイテムも配布予定!
2015年9月18日(金)14:00~14:40にHOUNDSのステージイベントを開催いたします。
当日はビジネスデーとなっていますので、東京ゲームショウでのステージイベントの模様はニコニコ生放送をご覧ください。
これまでのHOUNDSにまつわる開発秘話や初公開のアップデート情報発表の他、人気声優の小山力也さんによる第三弾エクストラボイスの公開録音を実施いたします。
会場またはニコニコ生放送にてリクエストしていただいた台詞を一部ゲーム内に実装する予定です。

さらに、生放送の中で限定アイテムが獲得できるシリアルコードの配布を予定しております。
東京ゲームショウ2015限定デザイン仕様スナイパーライフル「TGS-2015」をはじめ、この機会にHOUNDSを始める方にもおすすめのアイテムを獲得することができます。
お見逃しなく。

東京ゲームショウ2015限定デザイン仕様スナイパーライフル「TGS-2015」
※ニコニコ生放送番組表「DMMゲームズステージ 豪華ゲストが登場(9/18)」
※TGS出展決定!アップデート情報発表!限定アイテムも用意!ニコニコ生放送を見逃すな!
■特定の日時で開放される時限ミッションを毎日2回開催!6人で部隊を組み挑戦するキャンペーンも開催中!
9月8日より、特定の日時で開放される時限ミッション「都市下水路」と「生体研究所」が毎日昼と夜に交互に開放されるイベントが開催いたしました。
あわせて6人部隊でCOOP(PvE)モードのミッションをクリアした回数に応じて武器の改造に必要な製造法が獲得できるアイテムをプレゼントするキャンペーンも開始いたしましたので、ぜひこの機会にご挑戦ください。
※昼と夜に毎日開放!時限ミッションイベント開催!仲間と協力してクリアしよう!
■第2弾!Ver2.0のT2武器Gボックス3種類を販売開始!
9月8日(火)メンテナンス後より、T2武器の獲得率と内容を一新したVer2.0の武器Gボックス3種類の販売を開始いたしました。
レジェンド武器のほかハンドガンの獲得率アップや、ハイエンド武器の撤廃など大幅に変更しておりますので、ご購入をご検討ください。

※[T2武器Ver2.0]射撃ダメージOP付き死の天使が再降臨!ハートレスエンジェルシリーズ!
※[T2武器Ver2.0]英雄の武器!最大HP固定オプション付き!コンヴィクションシリーズ
※[T2武器Ver2.0]スタミナ+移動速度OPで俺の前は走らせねぇ!武器シリーズ「ゴールドアウトバーン」!
今後も皆様がよりお楽しみいただけるようなアップデートを実施して参りますので、HOUNDSをこれからもよろしくお願いいたします。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アニメ『Dance with Devils』斉藤壮馬さん、羽多野渉さんらキャストが登場した先行上映会のオフィシャルリポートが到着

 【08//2015】

アニメ『Dance with Devils』斉藤壮馬さん、羽多野渉さんらキャストが登場した先行上映会のオフィシャルリポートが到着


●トークやライブで大盛り上がり!
2015年10月7日よりTOKYO MXにて放送開始、以降サンテレビ、BSフジにて順次スタート予定のオリジナルミュージカルアニメ『Dance with Devils』。
9月6日に開催された本作の第1話先行上映会“トライ・アウト”のオフィシャルリポートが到着した。

また10月より毎週連続リリース予定のキャラクターCDについて、ジャケットビジュアル&購入特典が解禁。
『Dance with Devils』は、9月19日より開催される“京まふ”にも出展を果たす。

----------
●先行上映会“トライ・アウト”イベント速報レポート
10月より放送が始まるオリジナルミュージカルアニメ『Dance with Devils』のスペシャルイベント“トライ・アウト”が、埼玉・三郷市文化会館大ホールで9月6日に行われ、鉤貫レム役 斉藤壮馬、立華リンド役 羽多野 渉、楚神ウリエ役 近藤 隆、南那城メィジ役 木村 昴、棗坂シキ役 平川大輔の主要キャスト5人が登壇して行われました。

キャストたちがそれぞれ演じるキャラクターのセリフとともにステージ上に登場すると、客席を埋めたファンたちから黄色い歓声が上がりました。

ステージに登場した5人は、それぞれの持ち味を活かして会場の笑いを誘ったところで、『Dance with Devils』第1話「倒錯と禁断のカドリール」の先行上映へ。
すでに第1話を上映会に先立って観賞しているキャストたちからは、口々に映像の美しさや演出の素晴らしさを称えるコメントが述べられました。

第1話の先行上映を終えると、冒頭の高いテンションを維持したまま、再びステージ上にキャスト5人が再び登場。
第1話の上映を終えた客席に感想を求めると、会場に集まったファンからは温かい拍手で返答がありました。

上映に続いて行われたトークコーナーでは、5人がそれぞれの演じるキャラクターについて解説を行い、斉藤さんが演じるレムは、ストーリーが進む中で常に冷静な彼がかわいい一面を覗かせるシーンがあるなど、趣旨にそった内容となっていたのですが、二人目の羽多野さん以降は、冒頭に流れるキャラクターソングに合わせてダンスを披露するなど自由な雰囲気となり、トークもキャラクターソングの収録にまつわるエピソードが中心となりました。
面白おかしくキャラクター紹介を終え、来場者から事前に募集した質問に応えるアンケートトークコーナーへ。

1つ目の質問は“キャラクターになりきってポーズを取るとしたらどんなポーズ?”というもので、近藤さんがウリエになりきってポーズを決めたり、続く羽多野さんは、ヒロインのお兄ちゃんという設定を活かして、妹を叱る兄を表現。
後半になるにしたがって難易度があがっていくなか、3番手の斉藤さんはレムの趣味である将棋の王手をダイナミックに表現するも腰を負傷するハプニング。
トリはいやだとノーアイデアにもかかわらず4番目に滑り込んだ木村さんは、ジャケットを大きくはだけてメィジらしさを表現しました。
最後のトリを務めることになった平川さんは、イベント冒頭の登場シーンで披露したシキの口癖でもある“ゾクゾク”というキーワードに合わせて、寒気を感じているかのようなポーズを取り会場の笑いを誘いました。
続いての質問は、会場となった埼玉に関してキャストたちの知識を問う内容。
この質問にいち早く反応したのは、ヒップホップミュージックを愛する木村さん。
2009年に公開された入江悠の劇場映画作品「SR サイタマノラッパー」について熱い思いを語り、また、羽多野さんは、美女木ジャンクションと“美女木”という地名に関する豆知識を披露しました。

ハイテンションなキャストたちにより盛り上がりを見せる会場。
続いては、新キャストの発表へ。
第1話で登場したヒロインの立華リツカを襲った謎の男ジェキ(鈴木裕斗)やポメラニアンのローエン(山本和臣)、鈴木達央さん演じる本邦初公開の新キャラクターが発表され、それぞれのキャストから届いたビデオメッセージの上映が行われました。

トークコーナーを終えたところで、続いてはキャストが役になりきって、観客に向かって様々なシチュエーションで愛の告白を行い、もっとも良かった告白を決めるという「誰の告白好きですか!?」のコーナーへ。

演じる順番も大事ということで、カードを引いて決まった順番は、木村、近藤、平川、斉藤、羽多野。
トップバッターの木村さんは「夜景が見える高層マンションで……」というシチュエーション。
スタートこそ順調に行ったものの最後のシーンで照れが入ってしまった木村さんだったが、最後は観客の声援に背中を押してもらい無事にフィニッシュ。
続く近藤さんは「海に遊びに行って……」というシチュエーション。
途中、フィニッシュかと思い照明が上がってしまい仕切りなおすというハプニングがあったものの、平川さん演じる潮騒の音もムード作りに一役買って、見事に演じきりました。
近藤さんをサポートする余裕を見せた平川さんが引いたのは「2人でご飯を食べているとき……」という設定。
これには、平川さんもシキはどんな食べ物を食べているのか?と思案顔。
他のキャストたちから、カエルやピロシキなど様々な食物(?)が挙げられたなかで演技が行われた。
4番手の斉藤さんが演じたのは「ラジオのパーソナリティーがラジオで……」というシチュエーション。
DJとなったレムの意中の相手がリスナーとなってプロポーズを求めるという設定をアドリブで作り上げて名演。
これには、キャスト陣からは「すごい!」の言葉が送られました。

トリを務めることになった羽多野さんが選んだシチュエーションは「料理をしながら……」というもの。
客席からのシチュエーション設定に関する声に心を惑わされた羽多野さん。
最後は、アンケートコーナーで見せた妹を叱る兄のポーズで締めるも、会場の空気にがっくりと肩を落として着席。
一番好きな人の演技に拍手をする集計で最も少なかった人には罰ゲームが用意されており、罰ゲームに選ばれたのは、大方の予想通り羽多野さんでした。
用意されていた罰ゲームは、シチュエーション告白を女性になって行うというもので、羽多野さんが引いたのは「放課後の教室で……」というもの。
ただ、これだけではつまらないということで、急遽「犬になりきって」という設定が加えられ羽多野さんはメス犬を演じるも、他のキャストたちが悪乗りを初めて、ステージ上は大混乱となりました。

そんな混乱を近藤さんが一括して沈めたところで、ライブコーナーへ。
まずは羽多野さんが、オープニング「覚醒のAir」、続いて、メインキャスト5人のユニット「PENTACLE(ペンタクル)★」が歌うエンディング「マドモ★アゼル」を披露しました。

楽しい時間もあっという間に過ぎて、イベントは終了の時刻へ。
最後に5人それぞれから観客にメッセージが送られて、『Dance with Devils』先行上映会は終了となりました。

●キャラクターソングCDのジャケットビジュアル&購入特典が解禁!
ダンデビのキャラクターソングが10月より発売決定!OP/EDと併せて8週連続リリースになります。
キャラクターソングの他に、キャラクターソングと同じメロディで歌詞の異なるアニメ挿入歌「ミュージカルバージョン」、キャラクターモノローグも収録!
キャラソンCDのジャケットビジュアルを公開!さらに購入特典も解禁となりました!
<「Dance with Devils」キャラクターシングル1~6 特典情報>
●各巻購入特典
アニメイト:ジャケットイラストステッカー
アニミュゥモ:ジャケットイラストポスター
タワーレコード:場面写真ブロマイド
アニメガ:場面写真絵柄缶バッジ44mm
ステラワース:キャラクタービジュアル L判ブロマイド
SKiT Dolce:ジャケットブロマイド
●全巻購入特典
ネオウィング:SDキャラ ポストカード6枚セット
TVアニメ「Dance with Devils」キャラクターシングルシリーズ
「Dance with Devils キャラクターシングル1 鉤貫レム」
アーティスト:鉤貫レム(CV.斉藤壮馬)
発売日:2015/10/28¥1,200+税EYCA-10607
「Dance with Devils キャラクターシングル2 楚神ウリエ」
アーティスト:楚神ウリエ(CV.近藤 隆)
発売日:2015/11/04¥1,200+税EYCA-10608
「Dance with Devils キャラクターシングル3 立華リンド」
アーティスト:立華リンド(CV.羽多野 渉)
発売日:2015/11/11¥1,200+税EYCA-10609
「Dance with Devils キャラクターシングルシングル4 南那城メィジ」
アーティスト:南那城メィジ(CV.木村 昴)
発売日:2015/11/18¥1,200+税EYCA-10610
「Dance with Devils キャラクターシングル5 棗坂シキ」
アーティスト:棗坂シキ(CV.平川大輔)
発売日:2015/11/25¥1,200+税EYCA-106011
「Dance with Devils キャラクターシングル6 (仮)」
アーティスト:未定
発売日:2015/12/02¥1,200+税EYCA-10612
オープニングテーマ
「覚醒のAir」
アーティスト:羽多野 渉
発売日:2015/10/14《CD+DVD》¥2,100+税EYCA-10582/B《CD》¥1,500+税EYCA-10583
エンディングテーマ
「マドモ★アゼル」
アーティスト:PENTACLE★(斉藤壮馬、羽多野 渉、近藤 隆、木村 昴、平川大輔)
発売日:2015/10/21《CD+DVD》¥1,800+税EYCA-10580/B《CD》¥1,200+税EYCA-10581
●「ダンデビ」が西の都・京都にもやってくる!京まふ出展情報!
「Dance with Devils」が、西の都・京都にもやってくる!
数々のPV上映や、各キャラクターの「うたう等身大スタンディ」の展示などを実施予定!
■イベント概要
イベント名:京都国際マンガ・アニメフェア2015
40「エイベックス・ピクチャーズ」ブース内
開催日:2015年9月19日(土)・20日(日)
開催場所:みやこめっせ(京都市左京区岡崎成勝寺町9-1)
※公式サイト
※出展内容
※展示内容など詳細は後日アニメ公式サイトやTwitterにてお知らせします。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ID@Xbox、激しくダークで華麗な2Dアクション「EARTH WARS」ボードゲーム風戦略RPG「リバーシクエスト」を体験

 【08//2015】

ID@Xbox、激しくダークで華麗な2Dアクション「EARTH WARS」ボードゲーム風戦略RPG「リバーシクエスト」を体験


日本マイクロソフトは9月8日、品川の本社オフィスにて、独立系デベロッパーのタイトルを体験する試遊会を実施した。
今回は日本の開発会社による4タイトルを体験でき、そのうち2つは開発者自身のプレゼンテーションが行なわれた。


本稿では4タイトルの内2本、ワンオアエイトの開発した「EARTH WARS」、YokogoSystems開発の「リバーシクエスト」をレポートしたい。

■ 「ずっと作りたかった」、とことんまでアクションと戦いにこだわれる「EARTH WARS」
「EARTH WARS」はRPG要素を持ったアクションゲーム。
「ずっと2Dグラフィックスのゲームが作りたかった」という、プログラマーの黒岩太一郎氏の思い入れがあふれる作品となっている。
本作は2015年夏発売予定で、価格は未定。

本作は謎の敵対生物「E.B.E(イーヴァ)」の襲撃により人類は滅亡寸前まで追いやられた世界が舞台となる。
人類はE.B.Eと金属を結合させた生体武装を開発しこれを人間の体に取り込んだ特殊強化兵部隊を結成、E.B.Eとの戦いを開始した。
プレーヤーは特殊強化兵部隊「A.N.T.I(アンチ)」の1人として過酷な戦いを戦い抜いていく。

「EARTH WARS」では細かく描き込まれたフィールドを進んでいく。
キャラクターは剣と銃を持ち、これらを組み合わせて戦っていく。
敵を跳ね上げ銃でつなげてさらにダッシュで追いついて切り上げるなど、「コンボ」の爽快感が本作の大きなセールスポイントとなっている。
敵の攻撃に合わせるように剣攻撃をすると敵の攻撃を無効化する防御となったり、銃を当てることで敵のシールドを破壊し攻撃力を上げたり、多彩な駆け引きの要素がある。

適当にボタンを押していくだけでも技が繋がり、大量の敵をザクザク切りつけることができファーストプレイでもかなりの爽快感を味わえる。
しかし、「ボス」は一筋縄ではいかない。
プレーヤーはキャラクターの技の組み合わせを覚え、時にはサブミッションを繰り返してキャラクターを強化して進んでいく。
アクションが得意な人はテクニック高めて強大な敵に立ち向かい、アクションの腕前が低い人はやり込むことで強力なボスを倒せるようになるという。

本作はストーリーが進む「メインミッション」と、多彩な「サブミッション」が用意されており、メインミッションに待ち構えるボスと戦うためにサブミッションでキャラクターをレベルアップさせたり、アイテムを集めてより強力なアイテムを作り出していく。
本作のキャラクタービルドは自由度が高く、様々なスキルをとっていくことでキャラクターの方向性が決まっていく。

ゲームの中盤からは、両手で剣を持ったり、巨大な剣を振るったり、両手を銃にするなど多彩な戦い方が可能だ。
スキルやパラメーターも一撃のダメージを特化させたり、ブーストを強化し空中攻撃を中心にするなど、プレーヤーのこだわりで戦い方は大きく変わってくる。
アイテムは属性をつけたり、いらないアイテムを消費して強化するなどが可能で、こちらも奥深い。
ステージやボスによって属性を持った装備は有効になるという。

ゲームシステムと共に、「ダークな世界観」も魅力だ。
スキル画面は人間の脊髄をイメージしており、スキルを組み合わせるときに神経が繋がるような形になる。
荒廃したフィールド、巨大な敵と戦うために人である要素を捨てていく人々、マッドサイエンティストそのままの強化NPCなど、人類の暗い未来を描き、戦いの過酷さを演出している。

本作の開発メーカーであるワンオアエイトの取締役である黒木崇氏は、本作を「作りたいものをとことんまで突き詰めて作った」と語った。
プログラマーの黒岩太一郎氏はこれまで様々なゲームを手がけながら、ずっと「2Dアクションゲーム」への思いを募らせており、今回それを実現したという。
世界観、アクションゲームとしてのこだわり、様々なプレイスタイルで遊べる自由度など、少人数のスタッフでゲームへの思い入れをたっぷり詰め込んだ作品だ。



■ ボードゲーム風世界観と、ひっくり返す爽快感が魅力の「リバーシクエスト」
「リバーシクエスト」は、過去iOS/Android版が発売されていたが、現在は発売終了となっている。
Xbox One版の発売日、価格は未定。

「リバーシクエスト」はファンタジー世界を舞台にしたボードゲーム風RPG。
プレーヤーはサイコロを振ってフィールドを進んでいき、マス目に止まった敵と戦いを繰り広げる。
戦闘の基本ルールは「リバーシ」で、フィギュア(コマ)を挟んで自軍に変えていく。
フィギュアはアタッカー、ヒーラー、マナティカーなどの種類があり、同じフィギュアで挟むことで効果を発揮する。

プレーヤーと敵にはHPが設定してあり、アタッカーのフィギュアで他のフィギュアを挟み黒の敵を味方の白にひっくり返していくことでダメージを与え、敵のHPを削っていくのが基本の戦い方となる。
ヒーラー同士でフィギュアを挟むとひっくり返した数だけ回復するなど、ゲームが進むごとにフィギュアが増えていき戦術は複雑になっていく。
プレーヤーはコマの数と種類を調整し、さらにアイテムなどで強化しながらステージを踏破していく。

「リバーシクエスト」は最初はルールがつかみにくいが、覚えてくると戦略が大きく広がってくる。
多数の敵をひっくり返せるリバーシの楽しさが、そのまま敵への大ダメージを与える攻撃になる爽快感がウリだ。
ボードゲーム風の見た目も大きな魅力だ。




Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る