2015 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 12

井上麻里奈さん、釘宮理恵さんたちの声に、中川翔子さんとでんぱ組が大興奮! ゲーム情報も発表された『パンチライン』イベントリポート

 【01//2015】

井上麻里奈さん、釘宮理恵さんたちの声に、中川翔子さんとでんぱ組が大興奮! ゲーム情報も発表された『パンチライン』イベントリポート


文・取材:編集部 世界三大三代川、撮影:カメラマン 小森大輔
●ネタバレあり、ライブありの盛りだくさんイベント
2015年4月から6月にフジテレビのノイタミナで放送され、2016年にはプレイステーション4、プレイステーション Vitaでゲームが発売される『パンチライン』。
2015年11月1日、本作のイベント“PUNCHLINE FES.2015”が、東京の豊洲PITで行われた。
イベントには、伊里達遊太役の井上麻里奈さん、成木野みかたん役の雨宮天さん、台初明香役の釘宮理恵さん、曳尾谷愛役の寿美菜子さん、秩父ラブラ役の戸松遥さん、チラ之助役の吉田有里さんが出演。
また、イベントの最後には、テレビアニメのオープニング曲を歌う、しょこたん(ハートマーク)でんぱ組、エンディング曲を歌うあゆみくりかまきも登場する、非常に豪華なイベントになっていた。
このイベントは昼夜2公演が行われたが、本リポート記事では昼公演のリポートをお届け。
なお、本イベントでは『パンチライン』の重大なネタバレに言及された。
本リポート記事でも、そういった内容に触れるため、まだ『パンチライン』を見ていない方は、すべてを見終わってから読むことをオススメする。

最初に行われたのは、声優陣による“チラっと振り返り パンチライン”。
多くの隠された要素があった『パンチライン』だけに、放映が終わって初めてのイベントだからこそ言えるという、ネタバレ全開のトークになっていた。
“オーディション時の思い出”というテーマでは、雨宮さんがみかたん役のほかに、愛役も受けていたことを話しつつ、みかたんの津軽弁をムヒ役の山田茉莉さんをガイドに、練習したことを明かしていた。
“印象に残っているシーン”として井上さんが挙げたのは、6話の宮沢賢治(ミヤケン)と遊太の掛け合いシーン。
最後までアニメを見た方には周知の事実だが、ミヤケンの中身は遊太のため、この掛け合いは井上さんがひとりで行っていることになる。
井上さんは、先にミヤケンを収録し、それを受けるように遊太でアフレコをしたとのことだが、何より「自分を説得して自分が納得するようするという、気持ちの持っていきかたがたいへんだった」と語った。
また、釘宮さんは、オーディションのときにテストとしてチラ之助も行っていたことを明かし、スタッフからの「もっとおじさんらしく」というオーダーに「おじさんってわからないなーと思っていたけど、第一話で吉田くん(吉田有里さん)のチラ之助を聞いたときに、“すごい!これだ!”と思った」と当時の印象を語ると、釘宮さんに憧れて声優になったという吉田さんは、恐縮のあまりか、席から立ち上がったりと、バタバタした動きを見せていた。

振り返りコーナーの後は、2016年にプレイステーション4、プレイステーション Vitaで発売されるゲーム版『パンチライン』の最新情報を紹介するコーナーへ。
このコーナーでは、ゲームの最新映像が公開。
遊太の霊術師としてのレベルに応じて動かせるものが変わったり(物の移動ができる、字が書ける、スイッチを動かせるなど)、キャラクターのパンツを見過ぎると、アニメ同様に地球が滅亡してしまうといったシーンが描かれていた。
このゲーム版『パンチライン』について、井上さんが「ゲームでは、アニメと違うエンディングにたどり着く可能性があります。
ゲームはゲームならではの、彼らのハッピーエンドがあるんです。
アニメではよくわからなかった謎も明かされていて、こっち(ゲーム版)が先に欲しかったって思うことが多くありましたね(笑)」と語るように、アニメよりもかなり詳細にストーリーなど描かれるようになっているようだ。

また、2016年のゲーム発売に先駆け、2015年12月にスマートフォンでVRのアプリ『パンチライン 覗き見VRミュージアム』が配信されることが発表(配信はシーエスレポーターズより)。
スマートフォン用のVRゴーグルを使って見るアプリで、CGで作られたみかたんの部屋に入り、360度を見回したり、歩きまわったり、近づいてしゃがんだり、触れたりもできるという。
先に体験をした吉田尚記アナウンサーいわく、「しゃがんだ状態で上を向くこともできるので……」とのことで、イケないものも見えてしまうのかも!?
3つ目のコーナーは、“ドキッ!女だらけのパンチラインクイズ大会”。
これは、答えが6文字になる問題に対し、6人の声優陣が1文字ずつ答え、協力して正解を目指すというもの。
1問正解で20点で、クイズ終了時点で100点以上になれば、60000円分の商品券がもらえるということで、やけにリアル(?)な賞品を前に声優陣が一致団結。
反則スレスレのヒントなどを出しつつ、さらに、最終問題だけ1問40点になるなどのお約束を経て、見事に100点を達成。
60000円分の商品券を獲得していた。

ライブコーナーの“パンチライブ”は2部構成で展開。
最初は、キャラクターソングが披露された。
寿さんは愛の「腹切りハラスメント」、戸松さんはラブラの「U LA LA」、吉田さんはチラ之助の「WAKU-RABA!」、雨宮さんはみかたんの「津軽観光ゴリ推し記」、「君のパン(ハートマーク)積みたいよ」を歌い、会場を盛り上げた。

ライブの後は、朗読劇として今回用の書き下ろしドラマを披露。
舞台は、テレビアニメの最終回である大晦日の事件から1年後の古来館。
こたつに入った、みかたんや明香たちが、誰がこたつを出てリモコンを取るかという話をしているうちに、遊太を降臨させようとする……というお話。
新作ストーリーはもちろんのこと、朗読劇ならではのアドリブを混ぜた展開になっており、とくに釘宮さんからのフリで行われた、吉田さんへのキノコのモノマネをさせる無茶振りは、“まいたけ”、“しめじ”と、数々の無茶振りが行われ、吉田さんは目を丸くさせながらも覚悟を決めて、見事なモノマネ(?)を披露していた。

そして、イベントのラストは、あゆみくりかまきと、しょこたん(ハートマーク)でんぱ組のライブ。
あゆみくりかまきは「蜜蜜蜜(ハニーハニーハニー)」を、この日がユニットとしての活動最終日となるしょこたん(ハートマーク)でんぱ組は「PUNCH LINE!」を披露。
どちらも会場全体をひとつにする盛り上がりを作り上げていた。

ライブも終わり、イベントはエンディングへ。
声優陣がそれぞれこの日の感想を話していると、アニメやゲームが好きな中川翔子さんとでんぱ組.incのメンバーは、イヤーモニターを通して耳に直に聞こえる声優陣のボイスに大興奮!ひとりひとりのトークに、「最高すぎて、口からいろいろな液体が……」(中川さん)と興奮を隠し切れないほどの喜びを見せ、出演者、観客ともに笑顔で溢れる中、イベントは幕を閉じた。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

真剣勝負+新たなチャレンジ! 『コード・オブ・ジョーカー』第3回アルカナカップ~運命に選ばれし者~大会リポート

 【01//2015】

真剣勝負+新たなチャレンジ! 『コード・オブ・ジョーカー』第3回アルカナカップ~運命に選ばれし者~大会リポート


文・取材・撮影:ライター マンモス丸谷
2015年10月31日、東京・浅草橋ヒューリックホールにて、セガのアーケードゲーム『コード・オブ・ジョーカー』の大規模公式大会、“第3回 アルカナカップ~運命に選ばれし者~”が開催された。
ここでは、その大会の模様と、優勝者&準優勝者のインタビューをお届けする。

●プレイスキルと“運命力”が試される特別ルール
2013年にゲームセンターで唯一の思考型デジタルトレーディングカードゲームとして稼働を開始。
基本料金無料という大きな変化を経て、現在も多くのプレイヤーを獲得している『コード・オブ・ジョーカー』(以下、『COJ』)。
その人気を受け、定期的に開かれてきたのがこの日行われた公式大会、アルカナカップだ。
3回目の開催となる今回の本選には、以下のような特別ルールが採用されている。

・参加者全員が共通のプレイデータとカード(スターターパック+青エントリーパック、黄エントリーパック)を使用
・上記の基本カードに加え、本選専用にカードパック(8枚パック)を20パック入手する
・入手したカードから“運命カード”を選ぶ。
運命カードは必ずデッキに入れてデッキを構築する。
・試合で勝利したプレイヤーは対戦相手の運命カードを引き継ぎ、次戦以降のデッキに入れる
つまり、どのバージョンのパックを購入し、どんなカードが出たかによって戦いかたがおのずと変化するという、カードの引きの強さとデッキ構築力、プレイスキルをひっくるめた“運命力”が試される大会となっていたのだ。

また、『COJ』の大会ではおなじみになりつつある、試合をよりエキサイティングかつ、明快にするためのさまざまなギミックは今回も健在。
ギャラリーが見やすいように試合画面の下にカードの効果をくわしく表示したり、持ち札の確認、さらには試合中のプレイヤーの心理状態を視覚化した(?)“心拍数システム”など、ほかのゲームの大会では見られない演出が、真剣勝負の盛り上がりに華を添えていた。

運命力が試される激戦を制し、決勝まで駒を進めたのは、賞金制大会マスター・オブ・エージェントで優勝を果たし、200万円を獲得した“きゅーへー”選手と、現在(大会開催日10月31日時点)AP全国1位、現行バージョンの覇者といえるmondial選手。
試合は先行を取ったmondial選手が有利と思われたが、きゅーへー選手の出した清泉アクエリアスの“対戦相手のトリガーゾーンにあるカードを1枚ランダムで破壊する”という効果がmondial選手のキーカードをピンポイントで破壊するという、まさに“運命力”といえる一手が決め手となり、きゅーへー選手が第3回アルカナカップ優勝の栄冠に輝いた。

●第3回アルカナカップ優勝者きゅーへー選手、準優勝者mondial選手インタビュー
――まずはきゅーへー選手、マスター・オブ・エージェントに続き公式大会で優勝した、率直な感想を聞かせてください。

きゅーへーまさか優勝できるとは思っていなかったんですけど、出るからには勝ちたかったので。
2冠ってなかなかできないことなので、今後も何かできることがあれば、『COJ』を盛り上げていけたらな、と思います。

――今回の大会形式はかなり特徴的だったと思うのですが、参加してみてどうでしたか?
きゅーへーみんな同じデッキになる、と思っていたんですけど、けっこう細かいところが違って、そのあたりの差……あとはやっぱりカードの引きの差もあって。
ぼくは(実戦的なカードが)ふつうに引けたんですけど、mondialさんは引きが強くなかったのに決勝まで上がってきたのは……。

mondialぼくは引きが弱いなりに、できることをやって。

きゅーへープレイングも全然(重要)。
運だけじゃないと思いましたね。

mondial今回のレギュレーションはできる幅が限られていて、それを読み合う形でしたね。
運も大きかったとは思いますけど。

――通常は使われていないカードもデッキ候補に入っていたと思うんですけど、意外とこれは使えるかも!?といった発見はありましたか?
きゅーへーエレメント系はやっぱり強いですね。
いまの『COJ』の環境だと組み合わせで使うカードは採用しづらいんですけど、こういう大会のレギュレーションだと、組み合わせがハマって発動すれば強い、というのはいっぱい発見できたと思います。

――決勝戦で戦った際のおふたりのデッキ相性はどう思っていましたか?
きゅーへーぼくはmondialさんのデッキを知っていまして。
おたがい知ってたと思いますけど、デッキパワーはぼくのほうが絶対高かったので。

mondialぼくのほうは先行を取ってパンプ(※『COJ』ではおもにBPを増加させる効果の総称)カードを引いて手札と点数(ライフ)を奪って押し切る。
後攻だったらもう無理で、あきらめてましたね。

きゅーへーぼくは先行ならいつもどおりに戦って、後攻なら赤系のカードでまくろうっていう考えでやっていました。

――それがうまくハマったと。

きゅーへー2ターン目に相手が事故ってしまったのもあって、1回マウントを取ってしまえば、残っているカードの火力を一生とばせるので。
結果的には作戦通りでした。

――試合ごとにデッキを変えられたりはしましたか?
きゅーへーぼくはほとんど変えてないですね。
入ってきた運命カードにあわせて調整して変えたぐらいです。
ただ決勝は準決勝で赤の強いSRが入ってきたので、それを活かせるデッキ構成にはしました。

mondialぼくは2回戦、AEGさんとの対戦のときは向こうのデッキがきゅーへーさんに似た堅い構築、堅い盤面で、ぼくのデッキでは堅い盤面には勝てないので、パンプカードを一気に使うっていう決勝と同じスタンスで臨んで勝ちました。

――今日の大会ルール用の練習はしましたか?
mondialぼくはガチャ(パック購入)用のシミュレーターを使って、どんなカードがどれぐらいの確率で出るのかを調べました。
Rが出にくかったんですよね、シミュレーターだと。
(本番も)事故って、サマーバケーションと角端とかが出なくて。
あとは相手のデッキも予想して、そのデッキに強いカードを引けるように。
それが角端だったんですけどね。

きゅーへーぼくはぶっちゃけほとんど練習してなくて、mondialさんがやってるのを後ろでながめてて(笑)。
ほかにもみんなから「これが強いよ」っていう情報を聞いて、自分なりに考えて。
引いてから考えよう!と思ってたんですよ。
「○○が引けなくて~」ってなるのは嫌だったので。
まあバランスよく引けたので、(カードの)引きはよかったと思います。

――おふたりの考える『COJ』の魅力とはなんでしょうか?
きゅーへーいつでも対戦できるっていうのもあるし、ひとりでもできるし、友だちと集まって遊ぶのも楽しい。
こういう大会も盛り上がるし、すごく友だちの輪が広がる、いいゲームだと思います。

mondial ぼくは学生なのでやっぱり安さが魅力。
(基本料金)無料というのが……。
無料プレイだけやってそれで(笑)。

きゅーへーけっこう(無料プレイだけではなく)やってるでしょ。
っていうかいちばんやってる(AP全国1位)からなあ(笑)。
俺の4倍以上やってる(笑)。

――今後の抱負などをお聞かせください。

きゅーへーまた次の大会があれば参加したいですし、イベントがあれば、呼んでいただければですけど、参加して盛り上げていきたいなと。

mondial個人的な目標ですけど、ランクKの上を目指したいと思います。
できれば1位をキープしたままで、ですね。

●試合の模様はニコニコ生放送&Youtube liveでチェック!
『COJ』第3回アルカナカップの模様は、現在(2015年11月時点)ニコニコ生放送のタイムシフトとYoutube liveで観戦することが可能!また、今大会のキモであった、試合前のパック購入のようすを配信した大会直前生放送も同じく視聴することができるので、まだ大会を見ていない『COJ』プレイヤーや、今回の大会で興味を持った人はぜひ配信で“運命力”のぶつかりあいを堪能してほしい。

第3回アルカナカップ~運命に選ばれし者~直前生放送!
ニコニコ生放送
Youtube live
『コード・オブ・ジョーカー』第3回アルカナカップ~運命に選ばれし者~:本選
ニコニコ生放送
Youtube live


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『GGXrdR』大会からコスプレパレードまで!ハロウィンで盛り上がる池袋の様子をお届け

 【01//2015】

 『GGXrdR』大会からコスプレパレードまで!ハロウィンで盛り上がる池袋の様子をお届け


2015年10月31日から11月1日にかけて豊島区のサンシャインシティ周辺で「池袋ハロウィンコスプレフェス2015」が開催されています。


期間中は50以上の近隣店舗がイベントに協力。
コスプレしたままの飲食やショッピングが可能となっており、メインエリアとなっているサンシャインシティ周辺だけでなく、アミューズメント施設が並ぶサンシャイン通りでも多くのコスプレイヤーたちを見かけました。

昨年はメインステージが設置されていた中池袋公園。
シンボルでもある「いけふくろう像」がピカチュウの被り物をしており、訪れた多くの人々が写真を取ったりして眺めていましたね。
男女どちらからも可愛いと好評のようです。

園内ではコスプレ用品を中心としたフリーマーケットのほか、武器や兜、面などの自作コスチュームに触れられる「自作コスプレアイテム体験コーナー」などが展開されており、「モンスターハンター」シリーズに登場する大剣を持ち上げて嬉しそうにしている子供の姿もありました。

31日の14時からはレッドカーペットの上をコスプレイヤーたちが歩く「ハロウィンコスプレウォーク」が実施され、数十人のコスプレイヤーたちが参加。
周辺に詰めかけた観客たちからフラッシュを浴びていました。

サンシャイン通り沿いにあるアミューズメント施設「セガ池袋GiGO」4Fでは、人気格闘ゲーム「GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR- ハロウィンパーティ」が開催。
イベントに合わせてコスプレイヤー限定の大会も実施されていましたよ。

ギルティファンが集まり、和気あいあいとした雰囲気で対戦やファン同士の交流を楽しんでいるようでした。

そのほかにもメインステージが設置された東池袋中央公園では主催のニコニコによるステージイベントが開催され、現地から選ばれたコスプレイヤーたちがステージ上がってアピールしたり、「世界コスプレサミット」による海外出身コスプレイヤーたちのウォークなどが披露されていました。

六本木や渋谷で開催されたハロウィンイベントとは違って、コスプレイヤーたちが中心の「池袋ハロウィン」では特に目立った混乱はなく、非日常的な状況を楽しみながらも節度を守って過ごしている人が多かったなと感じました。

第1回となる昨年よりもスケールアップした「池袋ハロウィンコスプレフェス2015」。
少し気が早いかもしれませんが、来年の開催を楽しみにしています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

インテンス最新作『ブロッくる』iOS版配信開始!日本ゲーム大賞アマチュア部門優秀賞受賞作品をブラッシュアップ

 【01//2015】

インテンス最新作『ブロッくる』iOS版配信開始!日本ゲーム大賞アマチュア部門優秀賞受賞作品をブラッシュアップ


インテンスは、iOSアプリ『ブロッくる』の配信を開始しました。

『ブロッくる』は、かわいらしい見た目と奥深い思考が特徴のスマートフォン向け面クリア型パズルゲームです。
片手でくるくるとステージを左右に回転させることによって、 ステージを変化させ、主人公の「クル」をクリアへと導く、回転パズルゲームとなっています。
FacebookやTwitterなどのSNSと連携し、知り合いや友達とクリア状況を競い合うこともできます。



本作は、東京工芸大学芸術学部卒の園田就久氏が在学中に発表し、日本ゲーム大賞アマチュア部門優秀賞を受賞した同名ゲームを、本人監修・ディレクションのもと大幅にブラッシュアップした作品で、開発は数々の密室・脱出シリーズでお馴染みのインテンスが手掛けています。


今回、このiOS版の配信を記念して「iOS版リリース記念キャンペーン」が開催されることも決定しました。
キャンペーンでは、毎日特別に増量したログインボーナスがもらるほか、最初の 5日間は毎日サファイアもプレゼントされるということなので是非お見逃しなく。


『ブロッくる』は配信中。
料金は基本プレイ無料のアイテム課金制です。

()2015 INTENSE,Ltd. All Rights Reserved


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『シェンムー3』実機テスト画面お披露目 ― 3ヶ月目の開発状況が報告

 【01//2015】

『シェンムー3』実機テスト画面お披露目 ― 3ヶ月目の開発状況が報告


先日、海外で行われた鈴木裕氏へのインタビューで様々な最新情報が明らかとなった『シェンムー3』ですが、新たに公式サイトにて3ヶ月目の開発状況が報告。
現在は本格的なゲーム開発の準備段階として実機テストが行われており、街やゲームフィールドの大きさを調整しているそうです。
数枚のスクリーンショットも公開されています(背景および使用素材は全て仮)。


実機テストができる環境になったことで、開発メンバーも盛り上がっているとのことです。
この調子で今後も頑張って欲しいですね。
開発報告では海外シェンムーコミュニティによる鈴木裕氏へのインタビュー記事も紹介されているので、ファンはそちらも要チェックです。

なお、ゲームのPS/PC版選択や送付先住所の連絡などに関するアンケートの実施日程は未定となっており、決定次第Kickstarterのアップデートページや本作の公式サイト、公式Twitterにて報告されるとのことです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『メビウス ファイナルファンタジー』×『ディシディア ファイナルファンタジー』コラボレーションキャンペーンがスタート!

 【01//2015】

『メビウス ファイナルファンタジー』×『ディシディア ファイナルファンタジー』コラボレーションキャンペーンがスタート!


●期間中にログインして限定コラボカードを入手せよ!
スクウェア・エニックスは、スマートフォンアプリ『メビウス ファイナルファンタジー』において、2015年11月26日稼働開始の新作アーケードゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー』とのコラボレーションキャンペーンを開始した。

以下、リリースより。

----------
株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、以下スクウェア・エニックス)は、スマートフォンアプリ「メビウス ファイナルファンタジー」において、2015 年11 月26 日稼働開始の新作アーケードゲーム「ディシディア ファイナルファンタジー」とのコラボレーションキャンペーンを開始したことをお知らせいたします。

ディシディアFF×メビウスFF コラボキャンペーン
全国のアミューズメント施設にて順次稼働予定の「ディシディア ファイナルファンタジー」とのコラボキャンペーンを開始いたしました!
1. ディシディアカウントダウン
「ディシディアFF」の稼働に向けて、特定の期間内にゲームへログインするだけで8種の限定コラボカードが手に入る「ディシディアカウントダウン」キャンペーンが開始!入手できるカードの中の「★3クラウド」は★5までのクラスチェンジが可能です。
ぜひ、この機会に限定カードの数々を入手してください!
<カード入手方法>
3日間毎に設定された期間中にゲームへログインすると、未入手のコラボカードの中からランダムで1枚がプレゼントボックスに届きます。

<入手できるカード一覧>

2. 妖精ショップに「異説のエコー」登場!
「ディシディアFF」に登場する「ウォーリア オブ ライト」の衣装で妖精ショップに登場します!
3. コラボ限定妖精「異説のモーグリ」プレゼント!
「ディシディアFF」に登場するモーグリが妖精「異説のモーグリ」として登場します。
なんと「ディシディアFF」稼働前後の期間にゲームへログインするとこの妖精をプレゼント!
<妖精プレゼント期間>
11/25(水)0:00~11/27(金)23:59
新ジョブ「異説の騎士」実装!
「ディシディアFF」に登場する「ウォーリア オブ ライト」の姿になれる新ジョブ「異説の騎士」を実装!このジョブだけで楽しめる専用BGM やボイスなど、FF ファン必携のジョブです。
「異説の戦士」はコラボ期間中、カード召喚で手に入るジョブラインナップに追加されます。

開催期間: 2015 年11 月1 日(日)0:00~11 月30 日(月)23:59
※詳しい情報はこちら!
4 章プロローグ「新たなる輝き」配信開始!
カオスとの激闘が繰り広げられた3章後編配信から2ヶ月。
第4章に繋がる物語、第4章プロローグ「新たなる輝き」が登場します。
テレポで飛ばされてきたのは、パラミティアのどこか、幻想的な空間。
このリージョンを進む道中で、新たなる力「アクティブジョブチェンジ」が解放されます。

アクティブジョブチェンジ解禁!
バトル中にジョブを切り替えられる「アクティブジョブチェンジ」が遂に解禁!「アクティブジョブチェンジ」が有効になると、「メインデッキ」と「サブデッキ」が編成できるようになります。
1度のバトルにアビリティカードを最大8 枚までセットして臨めるようになるので、デッキ構築やバトルにおける戦略の幅がぐっと広がります!
<解禁条件>
第4章プロローグリージョンのエリア「新たなる輝き」を踏破する。

※11 月アップデート情報はコチラ!
ブースト召喚開催!
11 月のブースト召喚では新アビリティカード15 枚が追加されるほか、「ディシディアFF」とのコラボジョブ「異説の騎士」の召喚確率が大幅ブースト!このほかにも嬉しいブーストが発生するお得な召喚です!
ブースト1:コラボジョブ「異説の騎士」召喚確率ブースト!
11 月のカード召喚に追加されるコラボジョブ「異説の騎士」の召喚確率が大幅にアップします。

異説の騎士
ジョブタイプ:戦士系
エレメント属性:火、風、土
必殺技:シャイニングウェーブ
・最初から「クラスチェンジ」しています。
・スキルパネル1st/2nd のそれぞれ2 枚、あわせて4 枚がコンプリートした状態になっています。
・必殺技「シャイニングウェーブ」を使用するとブレイクパワーアップ+レインボーシフトの効果を得ます。

ブースト2 : ジョブクラスチェンジブースト
ブースト召喚で召喚されたジョブカードは、すべてクラスチェンジした状態で手に入ります。

ブースト3 : 新カードブースト!
新アビリティカードの中から以下の4枚を召喚した場合、初回のみ★4かつアビリティレベルマックスで召喚されます。

開催期間: 2015 年11 月1 日(日)0:00~11 月6 日(金)23:59
※新カード全15 種はコチラ!
第1回 召喚獣人気投票開催!
「メビウスFF」はFF の最新情報を発信するスマートフォンアプリ「FFポータルアプリ」内にて、「第1 回 召喚獣人気投票」を開催いたします!さらに後日、投票結果をもとにラインナップされた召喚も実施いたします。
さらに、アンケートへの回答者数1 万人突破で、「メビウスFF」をプレイされている皆様にプレゼントをお送りいたします。
ぜひふるってご参加ください!
投票期間: 2015 年11 月1 日(日)0:00~11 月16 日(月)11:00

ゲーム・出版・音楽・グッズ・イベントなど、あらゆる『ファイナルファンタジー』関連の最新情報を発信する、スマートフォン用情報アプリです。
新作ゲームや映像、このアプリでしか見ることのできない情報やお得な情報が満載です。
※App Store
※Google Play


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『デジモンワールド-next 0rder-』ではパートナーデジモンを2体まで連れて行ける!新キャラ“大淵ヒマリ”も公開、パートナーはプロットモン

 【01//2015】

『デジモンワールド-next 0rder-』ではパートナーデジモンを2体まで連れて行ける!新キャラ“大淵ヒマリ”も公開、パートナーはプロットモン


バンダイナムコエンターテインメントは、PS Vitaソフト『デジモンワールド -next 0rder-』に登場する新たなキャラクターや新要素などを公開しました。


前作『リ:デジタイズ』から約2年の月日を経て登場する、シリーズ最新作『デジモンワールド -next 0rder-』。
朝・夕・夜といった時間経過に合わせて変化するフィールドなど、デジモンとの新たな冒険をこれまでにない要素が彩ってくれます。

もちろん新要素は、この他にも様々なものが用意されています

このたび、パートナーデジモン2体を連れての冒険が可能との情報が到着しました。
パートナーデジモン同士の組み合わせによって、戦い方も更に戦略性を増すことでしょう。
この変化がどのような刺激を生み出すのか、期待が募るばかりです。

また本作のバトルは、爽快感やスピード感も大幅に進化。
声援をかけることでパワーアップするシステムが用意されており、ユーザーとデジモンの繋がりをより実感させてくれます。
キモチがシンクロする進化したAIバトルで、パートナー同士による連携を堪能しましょう。

このほかにも、本作に登場する新キャラクター・大淵ヒマリや、責任感は強いがとぼけた一面も持つジジモン、プロローグやストーリーの一部も明らかとなっているので、どうぞお見逃しなく。

◆登場キャラクターとデジモン
■大淵ヒマリ&リッカ
主人公と同じく高校3年生。
しっかり者で気が強く、思い立ったら行動するのでわがままに見られがちだが、むしろ自分の気持ちを抑えてでも、誰かのために頑張るタイプ。
主人公・コウタと同じくデジモンワールドに迷い込む。
時折、思い詰めているような表情を見せるが…。

パートナーデジモンはリッカ(プロットモン)。
甘えん坊な性格で、いつもヒマリにくっついている。

■ジジモン
とある街の長老。
少々とぼけた一面も。
ムゲンドラモンに襲われて散り散りになったデジモンの呼び戻しと、街の復興に勤しんでいる。

◆プロローグ&ストーリー1
■プロローグ
──忘れかけていた、思い出の贈り物。

久しぶりの感覚に胸を高鳴らせてデジヴァイスを起動する。
次の瞬間──真っ白な光が全身を包み込んだ。
目を覚ますとそこは、入り口も出口もない不思議な世界。

戸惑いを打ち砕くように襲い来る、未知なる脅威。
窮地に駆けつける、懐かしいパートナーたち。
途切れかけた絆がつながり、奇跡を起こす。

高校最後の夏休み。
奇跡の光が灯るとき、新たな冒険の扉を開く──!
■ストーリー1
デジモンワールドに迷い込んだ主人公は、ムゲンドラモンの襲撃を受ける。
なんとか間一髪それを退けた主人公はジジモンと出会い、度重なるムゲンドラモンの襲撃により悲惨な状態に陥った“はじまりの街を目の当たりにする。

帰る方法も見つからない主人公は、街の復興の手伝いを決心。
ヒマリ・コウタと出会い、街の復興も順調に見えたが…。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『デジモンワールド -next 0rder-』は、2016年発売予定。
価格は未定です。

(C) 本郷あきよし・東映アニメーション
(C) BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※ゲーム画面は開発中のものです


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『黒い砂漠』不知火舞アバターが実装決定! 『KOF』とのコラボも発表された“砂塵の彼方へ駆ける影”先行体験会リポート

 【01//2015】

『黒い砂漠』不知火舞アバターが実装決定! 『KOF』とのコラボも発表された“砂塵の彼方へ駆ける影”先行体験会リポート


文・取材:ライター カール大島
●当日発表の新情報が盛りだくさん!
ゲームオンが運営中のPC用MMORPG『黒い砂漠』。
本作は、ハイクオリティーかつシームレスな世界で、自由度の高い生活要素やノンターゲティングバトルが楽しめる基本無料のタイトルだ。

2015年11月11日(水)には、いよいよ題名にもある“黒い砂漠”地域の実装を含む大型アップデート“砂塵の彼方へ駆ける影”も予定。
それに先駆け、2015年10月31日(土)にはe-sports SQUARE AKIHABARAで先行体験会が開催された。

●大型アップデートで、待望のぺんぎんも登場!
このイベントは昼と夜の2部構成で、抽選で当選したプレイヤーが各40名ずつ参加。
取材を行った昼の部では、新エリア“バレンシア”や、新クラスとなる“くノ一”がいち早くお披露目となったのはもちろん、プレイヤー間での交流を楽しむ光景も多く見られた。

本イベントの目玉となったのは、『黒い砂漠』日本運営プロデューサーの麥谷将人氏、MCの佐藤仁美さん、タレントの榊原あやさんによるトークステージ!
登壇した3人は、さっそく“砂塵の彼方へ駆ける影”に関する紹介をスタートし、バレンシア首都や周辺地域の画像をスライドで表示しながら解説していった。

その中で、多人数参加型のボスモンスターとなる“古代のプトルム”と“ヌーベル”についてや、ギルドハウス、像、ラクダに関しての情報を次々と解禁。
前々から告知はされていたものの、今回のアップデートで実装になるか不明だった点だけに、この発表はうれしい限りだ。

続いて行われた麥谷氏によるリアルタイムプレイでも、新情報が盛りだくさん。
中でも注目の“黒い砂漠”エリアに関しては、ワールドマップを使った位置確認と自動移動が不能になることを解説。
“黒い砂漠”滞在中に一定確率でかかる熱中症と低体温症といったバットステータスも発症し、通常のプレイとは一線を画する苛酷さが待ち受けていることを感じさせた。

新クラスとなる“くノ一”については、最大の特徴である素早さを活かした移動方法や戦いかたがお披露目。
通常のクラスではできない2段ジャンプや丸太を残して瞬間移動する“変わり身の術”といった特殊なスキルも紹介された。

その他、細かな仕様変更に関しても、続々と麥谷氏の口から続々と発表。
数が多いので、ここで一気に紹介していこう。

<<新発表>>
◆新ペット、ぺんぎん登場
新ペットとなる“迷子のぺんぎん(仮)”が実装。
世代ごとに容姿が変わることや、スキルに“調教経験値増加”といった生活系のスキルアップ効果を持つ。

◆男女合わせて6種の髪型が追加
髪型は女性に3種。
ウォーリアーとジャイアントに2種。
ブレイダーに1種追加される。

◆新アイテム“クロン石”が追加
+16から発生する潜在力突破数値の減少を防ぐ“クロン石”が追加。
武器によって1回に必要な数か変化する。

◆装備改良のシステムが変更
アップデート以降、装備の改良に新アイテム“改良石”が必須になり、改良は100%成功するように。
なお、“改良石”は精製所で生産が可能。

◆競馬システムが追加。
各サーバーの1chで、等級ごとに馬を使ったレースが可能に。
レース結果の上位者はアイテムと交換可能な“競馬印章”を獲得できる。
交換アイテムの中には、通常の馬蹄よりも性能が高い“疾風の馬蹄”も存在。

◆馬の新スキル“二人乗り”が追加。
麥谷氏が「気になるあの子を乗せられる!」と語る、一頭の馬にふたりのプレイヤーが騎乗可能なスキル。
同じパーティーかギルドに所属するプレイヤーが騎乗できる。

紹介してきた以外にも、アップデートでは占領戦システムの変更や、スキルバランスの調整も行われるとのこと。
詳細な情報は後日発表となるので、見逃さずにチェックしよう。

●『THE KING OF FIGHTERS』とまさかのコラボ!
さて、そんな盛りだくさんの新発表を終えると、イベントは参加者と麥谷氏が協力し、“黒い砂漠”に出現するレイドボスと戦う挑戦コーナーへ。
今回は全員が同じ装備の“くノ一”を使用し、通常よりも弱体化した“ヌーベル”の討伐を目指すルールだ。

使用キャラクターにはかなりの段階まで強化された装備が用意され、攻撃力121、防御力229、レベル55と、現在の『黒い砂漠』としては“そこそこ強い”もの。
一方、討伐対象の“ヌーベル”はイベント用に弱体化されているということで、ボスの元に集合した討伐チームは「おぉ!でっかい!」、「カッコいい!」と観光気分であった。

しかし、そんな楽勝ムードは戦闘が始まった瞬間に一変。
慣れない操作、慣れない敵の動きといったことはもちろんだが、「ブンッ」と一振りされた尻尾に当たっただけでもHPの9割を消失するという強力な攻撃で、つぎつぎと薙ぎ払われ力尽きていく挑戦者たち。

さらには、数十名がかりで殴っても殴っても倒れないタフさも兼ね備えており、見ていた榊原さんも「これで弱体化してるんですか?」と驚きの様子。
頼みの綱であるはずの麥谷氏にいたっては、HP回復用のポーションを忘れてくるという痛恨のミスをおかし、復活アイテムで蘇生しては倒れ、蘇生しては倒れという、まったく頼りにできない状態に……。
あまりにも長時間倒せないため、一時は「これ、倒せるの?」という空気が漂ったほどだ。

当初に用意されていた時間はあっという間に使い切り、阿鼻叫喚な状態で戦闘を続けた討伐チーム。
長い時間をかけ、最終的にはなんとか倒すことに成功したが、本来の“ヌーベル”はどれほど強いのかを恐怖させる結果となった。

その後のお知らせのコーナーでは、先日まで行われていた第2回キャラメイク選手権の結果発表のほか、今後開催予定のキャンペーンやイベントに関して告知。

そして、ある意味で最大のサプライズが、人気格闘ゲーム『THE KING OF FIGHTERS』とのコラボレーションだ!“くノ一”の実装に合わせて、『THE KING OF FIGHTERS』の不知火舞をイメージしたアバターが登場。
詳しい内容などは後日公開となるので、期待して待とう。

かくしてトークステージはエンディングを迎えた。
イベントでは発表されたばかりの“迷子のぺんぎん(仮)”などの豪華賞品が当たる抽選会なども行われ、参加者も大満足の様子で会場を後にしていた。

なお、体験会の参加者もプレイした“砂塵の彼方へ駆ける影”については、プレイレポートを後日ファミ通.comで掲載予定!スクリーンショットたっぷりでお届けするので、そちらもお見逃しなく!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

エッフェル塔、凱旋門、ルーヴル美術館! ベタな観光地はやっぱりステキなハミ出しパリ紀行

 【01//2015】

エッフェル塔、凱旋門、ルーヴル美術館! ベタな観光地はやっぱりステキなハミ出しパリ紀行 


文・取材・撮影:編集部 立花ネコ
●花の都はどこに行ってもいい匂い
ボンソワール!フランス・パリよりこんばんは!現在パリは24時。
朝晩はコートがないとかなり厳しく、秋を通り越して冬じゃん!という気候です。
さて、なぜファミ通.comがはるばるパリを訪れているかというと、2015年10月28日~11月1日(現地時間)に開催中のゲームイベント“Paris Games Week 2015”や、会期前日に行われたソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパの発表会“PlayStation Media Preview”を取材するため。
順次リポート記事やインタビュー記事をアップしていますが、ここでは取材班が取材の合間に訪れたパリの名所を、ハミ出しパリ紀行としてお届け。
はい、ゲームはあんまり(というかほとんど)関係ないです。
どこを見ても映画みたいなパリの空気を、取材班がおのぼりさん全開で撮影しまくった写真とともにご堪能あれ。
ゲームの記事が読みたい方は、以下の取材記事をご確認くださいませ!

・フランス・パリで開催されたPlayStation Media Previewの発表内容を総まとめ
・PlayStation VRの強力ラインアップがスゴい!SCEE発表会の裏側をワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏に直撃
・ゲームを愛するパリジャン&パリジェンヌ大集合!Paris Games Week 2015はこんな感じ
・『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の最新映像がParis Games Week 2015にて世界初公開!
・『Until Dawn Rush of Blood』発表されたばかりのPS VRの新コンテンツを体験してみた/
・『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』のマルチプレイはこれまでのシリーズのよさを活かした集大成的なものに
・『Battleborn(バトルボーン)』新たな5キャラクター&“メルトダウン”モードが公開!開発ディレクターを直撃
・実機デモプレイをお披露目! 『GRAVITY DAZE 2』の新要素を開発陣が語る
・Media Molecule最新作『DREAMS』キャラメイクのデモがお披露目、キーワードは「プレイ、クリエイト、シェア」
・『WiLD』は自然を理解し、動物から力を借りながら生きる術を見つけてサバイバルしていくゲーム


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

1位は『メタルギア ソリッド V』に関する、あの記事が獲得! ほかにも新作タイトルの気になる記事が続々

 【01//2015】

 1位は『メタルギア ソリッド V』に関する、あの記事が獲得! ほかにも新作タイトルの気になる記事が続々 


文:編集部 ロマンシング★嵯峨
●ハロウィンが終わり、11月になったところでPVランキングをお届け!
毎週土曜日にお届けしている“週間PVランキング”、今回は日曜日になってしまってすみません。
さて、10月31日はハロウィンでしたね。
皆さんはハロウィンらしいことはしましたか?私はパンプキンパイを食べました。

秋田県・大潟村のかぼちゃを使ったパンプキンパイです。
先日、実家の親から新米が送られてきたときに同梱されていたので、ありがたくいただきました。
秋田のお菓子の中では、私的に1、2を争うおいしさ。
乃木坂46の生駒里奈ちゃん(秋田県出身)も某テレビ番組で紹介していたほどです。
ネット通販でも購入できるので、ぜひ食べてみてくださいねー。

というわけで、2015年10月24日~10月30日のPVランキング上位10位を紹介します。

『メタルギア ソリッド V』はあれで終わりなのか? プレイヤーにはまだやるべきことが残されているのではないか
編集部の『メタルギア ソリッド V』担当、オポネ菊池の記事が堂々の1位を獲得。
小島監督は、まだ何かを隠している――オポネ菊池がそう考える理由とは?ぜひ記事を読んで確かめてみてください。
なお、この記事には、『メタルギア ソリッド V』のネタバレが含まれているので、プレイ中の方は、エピソード46をクリアー後にお読みいただくのをオススメします!

正式タイトルは『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』! 世界観が明らかにされ、バトルシーンも初公開!!(2015年10月29日発売号)
E3 2015で発表された『NieR New Project(仮題)』の正式タイトルが明らかに!その名も『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』……いやいや、どんなゲームなのでしょうか。
ぜひ週刊ファミ通2015年10月29日発売号でチェックしてください。
また、Paris Games Week 2015で行われた『NieR』ステージイベントのリポート記事も併せて読むと、より楽しめると思います!

『モンスターハンタークロス』嵐龍アマツマガツチ登場! ニャンターモードのさらなる詳細も明らかに!(2015年10月29日発売号)
発売まで1ヵ月を切った『モンスターハンタークロス』。
週刊ファミ通2015年10月29日発売号では、伝説の古龍“アマツマガツチ”や、歴代のシリーズ作から復活を遂げたモンスターを紹介していますよ。

スマートフォン向けアプリ『対戦! ボンバーマン』が発表、白熱の4人対戦がスマホで帰ってくる!
スマートフォン向け『ボンバーマン』としては、初めてオンライン対戦の機能を実装する予定の『対戦! ボンバーマン』のニュースが4位に。
本作は、“ニコニコスマホSDK”を実装予定で、プレミアム会員でなくても、スマホから生放送が可能とのこと。
これはアツい実況動画が生まれそうですね。
楽しみ!

『ファンタシースターオンライン2』EP3大型アップデート第4弾“未来への軌跡”part2が配信開始 『フェアリーテイル』とのコラボがスタート!
『PSO2』の大型アップデート情報が大きな注目を集めました。
新しい武器や『フェアリーテイル』とのコラボなど、見どころ満載です。
『PSO』と言えば、まさにいま、『PSO』15周年記念の15時間生放送スペシャル番組を配信中。
ファンはこちらもチェックですよ。


『スターオーシャン2 セカンド エヴォリューション』ダウンロード版がPS4&PS Vita向けに、本日(10月28日)より配信開始

『マクロスΔ(デルタ)』 5人組グループに所属する新歌姫は、18歳の新星・鈴木みのりさん!

『ストリートファイターV』の国内発売日が2016年2月18日に決定! 新たな登場キャラとしてダルシムが参戦

稼動が迫るアーケード版『ディシディア ファイナルファンタジー』に登場する7人のキャラクターと、バトルシステム情報を公開

オンラインゲームと若い女性プレイヤーと、寄ってくる男との性的関係と。
業界があまり積極的に触れない生々しいハナシを突きつける『Cibele』
●クマに乗ってどこまでも駆けていきたい
記者が個人的に選ぶ、今週の1本はこちらです。

クマに乗って野を駆けるアクション・サバイバルゲーム『WiLD』が発表シャーマンの力で動物たちを使役せよ
Paris Games Weekで発表されたゲームの中では、『WiLD』がいちばん気になる!ちなみに私が通っていた高校は山の上にありまして、ごくまれに、敷地内にクマが出現することで知られていました。
というわけで、なんとなくクマに親しみを持っている私。
日本で『WiLD』が発売されたなら、ぜひプレイしたいと思います。

※過去のPVランキングはこちら


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る