2015 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 12

シリーズ最新作『ビートストリーム2』発表、ロケテは11月6日より川崎で

 【04//2015】

シリーズ最新作『ビートストリーム2』発表、ロケテは11月6日より川崎で


コナミデジタルエンタテインメントは、アーケードゲーム『ビートストリーム2』を発表しました。


『ビートストリーム』は、音楽ゲーム『BEMANI』シリーズの最新作。
リズムに合わせて画面をタッチするという直感的な操作だけで、初心者から上級者まで幅広いプレイヤーが楽しめるタイトルとなっています。
筐体には2画面の大型モニターが採用されており、映像とゲームを同時に楽しむという音楽ゲームの新たな遊びを実現。
プレイ中は収録曲の映像が大画面モニターで流れるので、プレイしている本人だけでなく、ギャラリーも一緒に盛り上がることができます。


今回発表された『ビートストリーム2』の詳細は明らかになっていませんが、早くもロケーションテストの実施が決定。
第1回は神奈川県のシルクハット川崎ダイス店にて、11月6日より11月8日まで実施されます。

( >▽<)<キターッ!BeatStream2ロケテスト!11/6(金)からシルクハット川崎ダイス店さんで開催決定!新しいビーストみてみて! (  ̄ω ̄)<サイトのムービーも見てくれよなhttps://t.co/qYs1TYbysW pic.twitter.com/WhzOUuSeT1 ビートストリーム (@BST_BEMANI) 2015, 11月 4
(C)Konami Digital Entertainment


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

AC『beatmania IIDX 23 copula』11月11日稼働開始、カウントダウンページも登場

 【04//2015】

AC『beatmania IIDX 23 copula』11月11日稼働開始、カウントダウンページも登場


コナミデジタルエンタテインメントは、AC『beatmania IIDX 23 copula』を11月11日より稼働開始します。

『beatmania IIDX 23 copula』は、アーケードで稼動している音楽ゲーム『beatmania IIDX』シリーズの最新作です。
前作までのプレーデータはそのまま使用が可能で、クプロパーツや楽曲解禁状況などは本作に引き継ぐことができます。
なお、『beatmania IIDX 22 PENDUAL』のフリコなどの一部のプレーデータは引き継がれません。

今回の稼働開始にあせて、公式サイトではカウントダウンページがオープンしました。
こちらのページには「beatmania IIDX 22 PENDUAL ORIGINAL SOUNDTRACK VOL.2」の早期購入特典についてのお知らせなどが掲載されており、『beatmania IIDX 22 PENDUAL』での特典シリアルコードの入力は2015年11月11日10時で終了になるとのこと。
新たにシリアルコードの入力を行うには、『beatmania IIDX 23 copula』へデータを引き継いだのち、専用の入力ページでシリアルコードを入力する必要があります。

「beatmania IIDX」シリーズ最新作『beatmania IIDX 23 copula』11月11日(水)より順次稼動開始!公式サイトプレオープン! https://t.co/TRee9pkW7i pic.twitter.com/RPRN0I4z9l— BEMANI Fan Site (@BEMANI_FanSite) 2015, 11月 4
『beatmania IIDX 23 copula』は11月11日稼働開始です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

“ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム” 注目動画&週間再生ランキングをお届け 第1位は『パズドラ』協力プレイ!

 【04//2015】

“ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム” 注目動画&週間再生ランキングをお届け 第1位は『パズドラ』協力プレイ!


●『WRC5』実況プレイも必見です
ゲームがもたらすゲーム体験やゲーム文化を、YouTubeの動画クリエイトを通じて世に伝える施策を展開している“ファミ通×電撃ゲーム実況エクストリーム”。
同マルチチャンネルネットワークに紐づいている動画のなかから、2015年10月25日から10月31日の期間内に大きな注目を集めた動画をピックアップして紹介。
また、期間中に再生回数の多かった動画をランキング形式でお届け!
以下、リリースより。

----------
ファミ通×電撃ゲーム実況エクストリームでは、ゲームがもたらすゲーム体験やゲーム文化を、YouTubeの動画クリエイトを通じて世に伝える施策を展開しています。
一般の動画クリエイターとファミ通、電撃が手を取り、“ゲームはこんなにも面白い!”ということを、KADOKAWAが運営するYouTubeのマルチチャンネルネットワーク“ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム”によって盛り上げていきます。

今回は、“ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム”に紐づいている動画のなかから、2015年10月25日から2015年10月31日の期間内に大きな注目を集めた動画をピックアップして紹介。
また、期間中に再生回数の多かった動画をランキング形式でお届けします。

■今週の運営チームピックアップ動画(集計期間:2015年10月25日~2015年10月31日)
集計期間内の動画の中から、“ファミ通×電撃 ゲーム実況エクストリーム”が面白い!と感じたオススメ動画をピックアップ。
動画の注目点や他の動画では見られないユニークなポイントなどを紹介していきます。

<動画1>
“SORA”さんによる、Steam配信中の名作ホラーゲーム『Layers of Feat』の実況動画です。
タイトル通り、狂った芸術家の精神世界を探索していくのですが、これが想像以上に不気味で恐怖感をあおってきます。
そのなかでもSORAさんは怪しいところを見逃さない沈着冷静なプレイでゲームを進行。
実況者の落ち着いたトークのなか、じわじわと背中が寒くなっていくという、普段とは違ったホラーゲーム体験ができる動画に仕上がっています。

※チャンネル名ADAMS - Channel
<動画2>
『スーパーマリオメーカー』でリスナーが作ったコースを、“だいだら”さんが攻略していく実況動画の第3弾。
見どころはリスナーたちが作るユーモアあふれるギミック満載のコースと、だいだらさんの危なっかしくも笑えるゴリ押し戦法です。
はたしてだいだらさんはリスナーたちの挑戦を打ち破れるのでしょうか?コースIDも確認できるので、気になったコースはぜひ自分でも挑戦してみてください。

※チャンネル名だいだら実況局 In YouTube
<動画3>
『Splatoon』のマルチ対戦「ガチホコ」の顔出し実況動画。
劣勢時でも元気ハツラツとしゃべり続けるトークスキル、そして話しながらも的確に敵を狙っていくプレイスキルの両面が楽しめます。
さらに、とてもいい場面で救急車と消防車のサイレンが鳴り続けるという、ある意味で美味しいアクシデントがあるのもポイント。

※チャンネル名Ryoken / ゲーム実況
<動画4>
渋くダンディなボイスが特徴の“キッド”さんが、最新レースゲーム『WRC5』を実況プレイ。
最新グラフィックで再現された車両やコース、リアルで迫力のある走行音など見どころが多いタイトルですが、やはり一番のポイントはキッドさんのドライビングテクニックです。
難しいと言いながらも、蛇行するコースを猛スピードで駆け抜けていく姿は必見。
リアルなグラフィックと爽快感のあるドライブに、実際のラリーを見ているかのように感じる動画になっています。

※チャンネル名OZASHIKI RACER CHANNEL
■ファミ通&電撃オススメ動画(集計期間:2015年10月25日~2015年10月31日)
“ファミ通”と“電撃”、そして“ゲーム実況エクストリーム”に関連するチャンネルのなかから、上記集計期間内に大きな注目を集めていたオススメの動画をご紹介していきます。

<今週のファミ通関連オススメ動画>
ファミ通関連の動画からは、先日大型アップデートが行われた『パズドラ』攻略動画をピックアップ。
今回はリーダースキルが変更された「闇メタトロン」で、2つの難関ダンジョンに挑戦!リーダースキルの確認や使い方はもちろん、各ダンジョンの攻略情報も用意されているので、すべての『パズドラ』プレイヤーに役立つ動画になっています。

※チャンネル名ファミ通APP
<今週の電撃オンラインオススメ動画>
12月17日に発売されるPS4/PS3/PS Vita用対戦格闘ゲーム『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』のスペシャル放送。
プロデューサーの野中竜太郎さんを迎え、発表されたばかりの新キャラクターの性能や特徴などを紹介していきます。
後半は、“電撃FIGHTINGガールズ”たちを交えたガチ対戦が展開。
前作をプレイしていた人はもちろん、対戦格闘ゲームファンにも視聴してもらいたい動画です。

※チャンネル名電撃オンライン
<今週のゲーム実況エクストリーム関連オススメ動画>
先日発売されたばかりの『ゴッドイーターリザレクション』の実況動画です。
以前実況していた『ゴッドイーター2 レイジバースト』と同様に、“kazuone”さんが1人でミッションに挑みます。
まだ体験版ということで、序盤のミッションですが、新要素のプレデタースタイルも登場。
よりスタイリッシュになった狩りのスタイルと、テンポのよいトークで、新生されたゴッドイーターの世界を楽しんでください。

※チャンネル名kazuone実況局
■週間動画ランキング(集計期間:2015年10月25日~2015年10月31日)
上記集計期間内の動画のなかから、再生回数の多かった動画上位3つをピックアップ。
各動画の基本情報に加え、動画の見どころも合わせてお知らせします。
(ファミ通、電撃関連動画はランキングから除外しています。

<1位>
『パズドラ』で先日実装された協力プレイをTGSがプレイ!今回は“sasuke”と“とうふ”の2人が高難易度のチャレンジに挑戦します。
綿密に組まれた編成&戦術のもと着々と攻略していく2人と、とうとう視聴者になり下がってしまった“ガイモン”……。
はたして、2人は難関ダンジョンを攻略できるのでしょうか?
※チャンネル名TGS
<2位>
ホラーゲーム実況者の“たくたく”さんが、大日本帝国の時代を舞台にした『狂骨』をプレイします。
ゲーム中に出てくる妖怪の話や、当時の文字で書かれた読み物など、作り込まれた演出によって、まるで映画を見ているかのような雰囲気が特徴。
ある人物を探す探偵と依頼者が主人公ということもあり、ホラーだけではなく、サスペンスとしても楽しめます。
また、いつも通り全編たくたくさんのフルボイスとなっており、人物設定を間違えた際の読み直しや、ときおり見せる漢字の読み間違いなども見どころです。

※チャンネル名たくたく/takutaku
<3位>
プロゲーミングチーム所属の“SHAKA”さんによる、『ALLIANCE of VALIANT ARMS』の動画です。
今回はスコープを覗きながらの視点が多く、敵に反撃のスキを与えない的確な射撃が見どころ。
また、交信しながら安全に進軍していくなど、仲間とのチームプレイも注目ポイントです。

※チャンネル名SHAKA ch


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ハースストーン』日本語吹き替えの全声優が明らかに ― 田中敦子、大塚明夫ほか

 【04//2015】

『ハースストーン』日本語吹き替えの全声優が明らかに ― 田中敦子、大塚明夫ほか


先日よりいよいよ国内展開が始動したブリザード・エンターテインメントの人気CCG『ハースストーン(Hearthstone)』ですが、同作日本語吹き替えボイスの担当声優が明らかになりました。
主要ヒーローは以下のようになります。


・ジェイナ・プラウドムーア:田中敦子
・レクサー:加藤亮夫
・ウーサー・ライトブリンガー:ふくまつ進紗
・ガロッシュ・ヘルスクリーム:稲田徹
・マルフュリオン・ストームレイジ :高岡瓶々
・グルダン:玄田哲章
・スロール:手塚秀彰
・アンドゥイン・リン:前野智昭
・ヴァリーラ・サングイナー :浅野まゆみ
・メディヴ:大川透
・マグニ・ブロンズビアード:あべそういち
・アレリア・ウィンドランナー:小林未沙
また、ミニオンなどその他担当キャストも明かされています。
“Nefarian”および“Lord Victor Nefarious”には大塚明夫、“Shade of Naxxramas”には辻親八など、豪華な布陣が『ハースストーン』国内向け吹き替え声優として参加。
Heroを除く全キャストは以下の通りです。

・倉富亮(Edwin Vancleef、Gadgetzan Auctioneer他)
・楠見尚己(Patchwerk、Raid Leader他)
・手塚秀彰(Anub’Rekhan、Big Game Hunter、SI:7 Agent他)
・行成とあ(Blackwing Technician、Fallen Hero他)
・菊本平(Gnomish Experimenter、Iron Sensei他)
・青山穣(Crowd Favorite、Jeeves、Voodoo Doctor他)
・宮本克哉(Hobgoblin、Malorne、Nerubian他)
・拝真之介(Drakonid Crusher、Old Horde Orc他)
・赤城進(Argent Protector、Gelbin Mekkatorque他)
・志賀麻登(Doomsayer、Eadric the Pure、Mad Bomber他)
・品田美穂(Dark Summoner、Draenei Totemcarver他)
・仲田隼人(Baron Geddon、Coren Direbrew他)
・三宅健太(Crazed Hunter、Instructor Razuvious他)
・間宮康弘(Finkle Einhorn、Illidan Stormrage他)
・樫井笙人(Millhouse Manastorm、Blood Imp)
・藤田奈央(Bloodsail Raider、Gnomish Inventor他)
・かぬか光明(Feugen、Gilblin Stalker他)
・落合弘治(Bomb Lobber、Innkeeper他)
・武田華(Aviana、Justicar Trueheart他)
・乃村健次(Deathlord、Mukla’s Brother他)
・後藤光祐(Quartermaster、Trade Prince Gallywix他)
・白川万紗子(Lady Blaumeux、Laughing Sister他)
・浦山迅(Lord of the Arena、The Mistcaller他)
・土師孝也(Cenarius、Sir Zeliek他)
・佐々木省三(Guardian of Ancient Kings、Injured Blademaster他)
・木下紗華(Maiden of the Lake、Stablemaster他)
・菊本平(Annoy-o-Tron、Gnomish Experimenter、Micro Machine他)
・木村雅史(Coliseum Manager)
・羽飼まり(Confessor Paletress、Gadgetzan Jouster)
・各務立基(Cutpurse、Evil Heckler、Lance Carrier)
・石上裕一(Dragonhawk Rider、Fencing Coach他)
・花藤蓮花(Druid of the Saber、Master of Ceremonies他)
・烏丸祐一(Floating Watcher、Flying Machine他)
・志村知幸(Garrison Commander、Kel’Thuzad他)
・立花敏弘(Goblins & Gnomes楽曲)
・斉藤次郎(Gothik the Harvester、Voidcaller他)
・宝亀克寿(Hemet Nesingwary、The Black Knight)
・植竹香菜(Illuminator)
・魚健(Injured Kvaldir、Knight of the Wilds、Recruiter他)
・藤村鼓乃美(Northshire Cleric、Novice Engineer他)
・四宮豪(Salty Dog、Screwjank Clunker他)
・永井崇多宏(The Great Tounament楽曲)
・伊丸岡篤(Understudy、Undertaker他)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

グループス、”感情を揺さぶる”オンラインRPG『ラプラスリンク』を今冬配信

 【04//2015】

グループス、”感情を揺さぶる”オンラインRPG『ラプラスリンク』を今冬配信


グループス(gloops)は都内で記者会見を行い、スマートフォン向け新作ブラウザRPG『ラプラスリンク』を今冬にMobageにて配信開始すると発表しました。


発表会の冒頭で池田秀行社長は、「昨年から”ネイティブシフト”を掲げ、様々な作品にチャレンジしているが大ヒットには至っていないが、順調にノウハウは蓄積していっている。
一方で、得意としてきたブラウザゲームでも再度市場が活性化するようなゲームを出していきたい」と挨拶。
構想から2年、”現時点で最高のブラウザゲーム”と意気込む『ラプラスリンク』を紹介しました。

続いて本作のプロデューサーである上田朋宏氏が登壇、本作のコンセプトである「遊ぶ人の”感情を揺さぶる”」に込めた想いを語りました。
上田氏はゲーム、特にブラウザゲームはサービスが終了してしまえばデータすらも残らない存在。
その中で提供できる真の価値は”感情を揺さぶられた”体験や記憶なのではないかと話し、世界観、キャラクター、ゲームプレイの細部までこだわり抜いた密度の高いゲームで、その体験を届けたいと述べました。

物語は今から300年後の世界。
科学ではなく魔法がインフラと化した世界で、”ラプラスの樹”という存在が、エーテルを生み出し、人々はエーテルを使って魔法を使っています。
しかし、その副産物として人々の脅威となる”樹獣”というモンスターが生み出され、樹獣討士と呼ばれる人々が誕生しました。
本作の主人公たちはそうした人々ですが、単に戦いに向かうだけでなく、それぞれが抱えた目的や運命に翻弄されていきます。

主人公格では月代イツキ(主人公、樹獣討士)、シュクナ(ソーサレス)、雨宮ハルカ(エーテルを生み出す、祭祀姫)、澤井ユウト(魔法学院生徒)の4名が紹介されましたが、数十のキャラクターが登場し、全てにバックグラウンドが存在し、全てと仲間になることができると説明されました。

ゲームシステムはアクションRPGで、拠点となる街でクエストを受注することができ、シングルもしくは最大4人のマルチプレイで挑むことができます。
戦闘では、行動は画面下部に表示されているボタンをタップすることで行い、画面をタップするとプレイヤーがその場所に動いていきます。
ブラウザゲームと言えど、リアルタイムに同期され、アクション性の高いバトルが楽しめます。

『ラプラスリンク』は本日から事前登録が開始されていて、登録すると仲間を回復させるキュアラーの南方アオイが手に入るとのこと。
オープンβテストも近日実施予定だとのこと。
今冬の配信開始を楽しみに待ちたいですね。

ネイティブゲームが主流となっている中で敢えてブラウザゲームに挑戦するグループス。
上田プロデューサーは「何億人もの人々が日常的に使っていて、技術革新も次々に起こっている」と優位性を語りましたが、ゲームがどのように評価されるか注目されます。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

AC『ディシディア FF』“公認マイスター”制度を導入 ― 各店舗にスタッフを配属し、プレイヤーをサポート

 【04//2015】

AC『ディシディア FF』“公認マイスター”制度を導入 ― 各店舗にスタッフを配属し、プレイヤーをサポート


スクウェア・エニックスは、アーケードゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー』において、公認スタッフ「DISSIDIA FINAL FANTASY 公認マイスター」の制度を導入します。


『ディシディア ファイナルファンタジー』は、PSPで発売された同名のシリーズをベースに制作された『ファイナルファンタジー』シリーズ初のアーケードタイトルとなるオンライン・パーティ対戦型アクションゲームです。
歴代のシリーズに登場する戦士たちが、3vs3という新たなバトルスタイルで戦いを繰り広げます。

本作のアーケード稼働を目前に控え、スクウェア・エニックスでは、アーケードで『ディシディア ファイナルファンタジー』をプレイする初心者向けに、本作のプレイをさまざまな側面からサポートするスタッフ「公認マイスター」を店舗に配属すると発表。
「公認マイスター」になるには、スクウェア・エニックスにて公式の講習を受ける必要があり、そこで認定されたスタッフのみが「公認マイスター」を名乗れます。

公式サイトによると、以下のように本作をプレイする上でさまざまな“困った状況”“悩み事”に対し、気軽に相談できるスタッフとして配置される模様。
スクウェア・エニックスの公式スタッフのため、初心者にとっては気軽に相談・質問できる頼もしいアドバイザーになってくれそうです。

・家でFFシリーズやDISSIDIAの過去作をプレイていたがゲームセンターは初めて!
・やってみたいが、どう操作したら良いかわからない!
・いつもゲームセンターに来る方ではないけれどDISSIDIA をやってみたい!
・ゲームセンターには来るけど対戦ゲームをするのは初めてで不安…。
・ゲームセンターって列は作ってないし、どう並んでるのかわからない!
・いまいち技の使いどころがわからない。
・DISSIDIAについて誰かと話してみたい!
NESiCAカードの購入方法から、ゲームの操作方法やアドバイスまで丁寧にレクチャーしてくれる「公認マイスター」。
詳細や導入時期等は近日公開予定です。

また、公式サイトでは上記「公認マイスター」の説明とあわせて「アミューズメントガイド」(http://www.jp.square-enix.com/DFF/guide/)というゲームセンターやアミューズメント施設に馴染みのないユーザー向けのガイドページが開設されています。
現在は一部内容が準備中となっていますが、本作が設置されているアミューズメント施設・ゲームセンターの検索や、「NESiCA」の購入方法や利用方法などが丁寧に説明されており、普段アミューズメント施設やゲームセンターに足を運ばない『ファイナルファンタジー』のファン層を意識してのものと思われます。

『FF』シリーズファンだけど、ゲームセンターでのゲームプレイはちょっと不安。
そんな人は、ぜひ公式サイト「アミューズメントガイド」をチェックしたり、店舗に配属されている「公認マイスター」にサポートしてもらったりして、本作を存分に楽しんでみてください。

『ディシディア ファイナルファンタジー』は、2015年11月26日稼働予定です。

(C) 2015 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『TERA』ふたつの新インスタンスダンジョンが11月11日に実装決定! 最高峰装備も追加されるアップデート内容を先行公開

 【04//2015】

『TERA』ふたつの新インスタンスダンジョンが11月11日に実装決定! 最高峰装備も追加されるアップデート内容を先行公開


●高難易度の5人パーティー向けインスタンスダンジョンが登場!
ゲームオンは、サービス中のPC用MMORPG『TERA』において、難易度の高いふたつの新インスタンスダンジョン“バーンスタインの幽霊島”、“罪深きケリーヴァンの突撃船”が追加となるアップデートを、2015年11月11日(水)に実装することを発表した。

以下、リリースより。

----------
株式会社ゲームオン[本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:李 相?(イ サンヨプ)] は、大型ファンタジーMMORPG『TERA :The Exiled Realm of Arborea』(以下『TERA』)において、難易度の高い2つの新インスタンスダンジョン「バーンスタインの幽霊島」「罪深きケリーヴァンの突撃船」が追加となるアップデートを、来週2015年11月11日(水)に実装することを本日発表しました。

1つめの新インスタンスダンジョン「バーンスタインの幽霊島」は、高難易度の5人パーティー向けインスタンスダンジョンです。
無数の幽霊が彷徨うこのダンジョンでは、幽霊達の様々な呪いに対処しながら進行しなければなりません。
最奥部に待ち受ける“バーンスタイン”を攻略するためには、仕掛けられたいくつもの罠を突破するパーティーメンバーの連携力が試されることになります。

もう1つの新インスタンスダンジョン「罪深きケリーヴァンの突撃船」は、3段階の難易度が存在する「ケリーヴァンの突撃船」の最高難易度のダンジョンです。
このダンジョンを攻略した暁には最高峰の装備の素材を手に入れることができます。
これまでに培った経験を活かすことができるか否かが生死を分ける境目となるでしょう。

加えて、最高峰装備「凰騎凱帝(オウキガイテイ)シリーズ」も追加となります。
凰騎凱帝シリーズの装備は、PvEとPvPの両方の性能をもつのが特徴です。
入手は容易ではありませんが、戦場やインスタンスダンジョンなど、あらゆる環境で最高の力を発揮できるでしょう。
2つの新インスタンスダンジョンと最高峰装備が実装となる、来週11月11日(水)のアップデートにご期待ください。

2つの新インスタンスダンジョンや新装備が実装されるアップデートを11月11日に実装決定!
2015年11月11日(水)のアップデートでは、難易度の高い2つの新インスタンスダンジョン「バーンスタインの幽霊島」「罪深きケリーヴァンの突撃船」と、最高峰装備「凰騎凱帝(オウキガイテイ)シリーズ」が追加となります。

■新インスタンスダンジョン
▼「バーンスタインの幽霊島」
高難易度の5人パーティー向けインスタンスダンジョンです。
無数の幽霊が彷徨うこのダンジョンでは、幽霊達の様々な呪いに対処しながら進行しなければなりません。
最奥部に待ち受けるバーンスタインを攻略するためには仕掛けられたいくつもの罠を突破するパーティーメンバーの連携力が試されるでしょう。

▼入場Lv:65
▼入場可能人数:5人
▼クリア報酬例:
「凰騎凱帝装備製作材料」
「アーティファクト原石 VII」
「罪深きケリーヴァンの指輪」
▼「罪深きケリーヴァンの突撃船」
3段階の難易度が存在する「ケリーヴァンの突撃船」の最高難易度のダンジョン、それが「罪深きケリーヴァンの突撃船」です。

このダンジョンを攻略した暁には最高峰の装備の素材を手に入れることができます。
これまでに培った経験を活かすことができるか否かが、生死を分ける境目となるでしょう。

▼入場Lv:65
▼入場可能人数:5人
▼クリア報酬例:
「凰騎凱帝装備製作材料」
「アーティファクト原石 VII」
「罪深きケリーヴァンの耳飾り」
■新装備
「煉武凱帝シリーズ」、「ケリーヴァンシリーズ」を凌ぐ強さをもつ「凰騎凱帝(オウキガイテイ)シリーズ」が追加されます。
凰騎凱帝シリーズの装備は、PvEとPvPの両方の性能をもつのが特徴です。
入手は容易ではありませんが、戦場やインスタンスダンジョンなど、あらゆる環境で最高の力を発揮できるでしょう。

▼「凰騎凱帝」シリーズ(一例)
・武器
・防具
※アップデート「破格 Phase2 バーンスタインの幽霊島」特設サイト
『TERA』公式ニコニコ生放送 テラライブ!~Vol.13~
第13回目となる今回は、新クラス「ファイター」の実装に合わせて『TERA』のプレイ配信をして「かとさんけんさん(加藤純一さん&高田健志さん)」をゲストとしてお招きし、インスタンスダンジョン「ケリーヴァンの突撃船」をプレイいただき、クリアを目指していただきます。

さらに、次回アップデートの内容を含む『TERA』の最新情報や視聴者限定のシリアルコードプレゼントなど、今回も盛りだくさんの内容でお届けしますのでご期待ください。

・放送日:2015年11月6日(金)
・放送時間:20:00 ~ 21:30 (予定)

実況プレイヤーの「かとさんけんさん(加藤純一さん&高田健志さん)」をゲストにお招きし、インスタンスダンジョン「ケリーヴァンの突撃船」のクリアを目指していただきます。

・MC:山下 まみさん
・アシスタント:荒木 奈々さん
・ゲスト:かとさんけんさん(加藤純一さん&高田健志さん)
・『TERA』日本運営プロデューサー:中川 敬順
※ニコニコ生放送にて配信
※タイムシフト予約も受け付け中です。
ぜひご予約ください!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

“セガなま『龍が如く』情報局”コーナーの映像が公開、名越稔洋氏が『龍が如く 極』の最新映像を解説!

 【04//2015】

“セガなま『龍が如く』情報局”コーナーの映像が公開、名越稔洋氏が『龍が如く 極』の最新映像を解説!


●“極”クオリティのグラフィックとサウンドについて、クリエイターたちが語る!
セガのゲーム情報をお届けするバラエティー番組“セガなま ~セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ~”。
その2015年10月放送回で放映された“『龍が如く』情報局”の映像が公開された。
以下、リリースより。

----------
セガのゲーム情報をお届けするバラエティ番組『セガなま ~セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ~』、2015 年10 月放送回でお届けした「『龍が如く』情報局」のコーナー映像について、『龍が如く』公式サイトにて本日公開いたしました。
今回の「『龍が如く』情報局」のテーマは「グラフィック」&「サウンド」。
『龍が如く』シリーズ総合監督の名越稔洋が、最新作、『龍が如く 極』の初公開となる最新映像を、2005年発売PlayStation2『龍が如く』の映像を交えて解説します。
また、ゲストに『龍が如く』シリーズサウンドクリエイター・庄司英徳を招き、ゲーム中BGMを実際にいくつか聴きながら、進化したサウンドの開発秘話についても存分に語ります。
『龍が如く』10 周年記念作品『龍が如く 極』の、“極”クオリティの「グラフィック」、「サウンド」について、ぜひご覧ください。

(C)SEGA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「星のドラゴンクエスト」400万DL突破!「ドラゴンクエストV」の「パパス」なりきりセットをプレゼント

 【04//2015】

「星のドラゴンクエスト」400万DL突破!「ドラゴンクエストV」の「パパス」なりきりセットをプレゼント


スクウェア・エニックスは、Android/iOS用RPG「星のドラゴンクエスト」が400万ダウンロードを突破したと発表した。


配信当日から行なっていたダウンロードスターターにより400万ダウンロードを達成した事から、特典として500ジェムと、「ドラゴンクエストV」に登場した主人公の父親“パパス”になりきれる「パパスセット装備」がプレゼントされる。
11月4日いっぱいまでに登録されている全てのキャラクターにプレゼントされる。
配信スケジュールは11月5日の10時頃。

また、過去シリーズの装備を揃えることができる歴代シリーズイベントの第2弾「ドラゴンクエストII」が11月4日からスタートして。
大神官ハーゴンや破壊神シドーとの戦いを経験できる。
期間中、イベントクエストのクリア報酬として「ローレシア装備」、「サマルトリア装備」、「ムーンブルク装備」が手に入る可能性がある。
さらに、イベントクエストクリア報酬でイベント限定スタンプ「ハーゴンスタンプ」などを入手することができる。
期間は11月4日14時より18日13時59分まで。

同期間、宝箱ふくびきに「『ドラゴンクエストII』イベント」で有利になるそうびが登場する。
「みずのはごろも」そうびはシドーの炎ブレスダメージを軽減するほか、「いなずまの剣」の新スキル「稲妻烈風斬」はバギ属性とデイン属性の両方が付いている。
さらに、シドーに“ばつぐん”の効果を与える「バギクロス」つきの「サウザンドダガー」も追加される。

©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~』連続キャラクターイメージ動画“パメラ・イービス編”が公開

 【04//2015】

『ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~』連続キャラクターイメージ動画“パメラ・イービス編”が公開


●公式サイトではほかキャラクターの紹介動画も公開中
コーエーテクモゲームスは、2015年11月19日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~』について、連続キャラクターイメージ動画“パメラ・イービス編”を公開した。

教会のシスターであるパメラは、おっとりとした性格と間延びした口調があいまって、周囲を無意識に和ませてくれるキャラクターだ。
詳細は動画をチェックしよう!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る