2015 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 12

“LUIDA’S BAR(ルイーダの酒場)”がレベル7に! こだわりの新メニューが12品追加

 【16//2015】

“LUIDA’S BAR(ルイーダの酒場)”がレベル7に! こだわりの新メニューが12品追加


撮影:カメラマン 永山亘
●“レベル6”期間中の人気メニューのランキングも発表
東京・六本木にある、『ドラゴンクエスト』シリーズとカラオケパセラのコラボレーションによって営業中の“LUIDA'S BAR(ルイーダの酒場)”。
2015年11月16日に、この“LUIDA'S BAR(ルイーダの酒場)”のレベルが7にアップし、こだわりの新メニューが12品追加されました。

“レベル7”のオープンに先駆けて開催されたメディア向けの発表会では、“レベル6”期間中の人気メニューのランキングや、新メニューの制作秘話などが語られました。

発表会では、まずこれまでに販売されていたメニューの中で、人気の高かったメニューが紹介されました。

■クイーンスライムのBIGアイスだいふく
2012年8月2日~9月2日の期間限定で販売されたメニューです。
『ドラゴンクエストXオンライン』の発売を記念し、初登場の“クイーンスライム”をアイスで再現したデザート。
かわいい見た目が人気を集めた理由とのこと。

■キラーパンサーのたてがみスイーツ
2013年12月2日~12月31日の期間限定デザートメニューです。
なじみ深い“キラーパンサー”をフルーツケーキなどで再現。
またクリスマス期間には、表情が違う特別バージョンの販売もされていました。

■いっかくうさぎのカルボナーラパスタ
“レベル2”で登場した、“いっかくうさぎ”をイメージしたフードメニューです。
スタッフの“モシャス”の呪文とともに、魔法の粉(紫いもの皮を乾燥させて粉末状にしたもの)を振り掛けると、“アルミラージ”に変身するという仕掛けが話題になりました。

■タイジュの国の旅の扉デニッシュ
2015年5月に発売されたニンテンドー3DS用ソフト『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』の発売を記念して登場した限定メニューです。
飾りのオーロラフィルムが印象的な1品。

■スライムつむりの抹茶コロネ
2011年5月に“レベル4”になったときに登場したメニュー。
ふわふわのコロネパンとほろ苦い抹茶アイスの相性は抜群です。

これらのメニューは、残念ながら現在販売されていません。
非常に人気の高かったメニューということなので、再販を期待したいところです。
続いて、“レベル6”期間中の人気メニューのランキングが発表されました。

フード部門では、2年連続1位だった“スライム肉まん”が3位にランクダウン。
今回は、“ゴールデンスライムのデミオムライス”が1位となりました。
また、ドリンク部門では、“エルフののみぐすり”が3年連続1位を獲得しました。
今回のランキングベスト5に入っている、フード、ドリンクは全メニュー“レベル7”にレベルアップ後も継続して販売されます。
気になるメニューがあったという方は、ぜひ召し上がってみてください。

そして、ここからは今回“レベル7”になったことで、販売開始される新メニュー全12品をご紹介していきます!
■エンゼルスライムの生ハムリゾット(980G)
クリーミーなリゾットを生ハムで包んだエンゼルスライム♪美味しさをお裾分け!
■スライムベスおろしの和風ハンバーグ(930G)
和風ハンバーグの上にスライムベスがあらわれました。
おろしはパプリカで色がつけられていて、辛くないので安心です。

■おどるほうせきのコンソメポトフ(800G)
コンソメスープに浮かべたモチ入り巾着と宝石のような彩り野菜に思わず誘われます。

■おばけきのこのアヒージョ(650G)
オイルで煮込んだおばけキノコをバケットにのせて食べちゃおう!
■“あやしい”かげたちのひとくち手巻き寿司(870G)
まおうのかげ、シャドー、ホロゴースト、(海苔、野菜シート)で巻いて食べるひとくち手巻き寿司。
生ハム、えびアボカド、スモークサーモンの3種です。

■イチゴと抹茶のスイーツロールキャタピラー(830G)
抹茶とイチゴのロールケーキとミニパンケーキでできたキャタピラーがあらわれました♪
■ももんじゃのアイストリュフ(830G)
かわいらしいももんじゃを、フローズントリュフ、マドレーヌ、アプリコットで再現!
■テリーのドライ・リッキー(800G)
テリーのイメージにピッタリな、甘さを抑えたクールなドライカクテルです。

■アリーナ姫の「ばくれつ」ポッパー(アルコール:830G、ノンアルコール:630G)
アリーナの帽子が浮かぶさわやかな色のカクテルの中には果汁の詰まったフルーティポッパー。
噛むと“ばくれつけん”の如く弾けます。

■勇者姫アンルシアのブレイブ・ハート(830G)
勇者の心を習得したアンルシアの赤と黄色をイメージしたトロピカルなオリジナルカクテル。

■ドラゴン・トライブ(830G)
“空の民 竜族”登場!ツートンカラーのカクテルに、竜のうろこをイメージしたコラーゲンビーズを入れ、フルーツで竜のツノに見立てた爽快カクテルです。

■フラッシュ・ライデイン(アルコール:800G、ノンアルコール:600G)
雷雲立ち込める暗闇の中ライデインの稲光が輝きだします!
※1G=1円です。

京島氏からは、フードメニューについて、「デザートメニューを作るのがたいへんに思われがちですが、じつは“おろし”(スライムベスおろしの和風ハンバーグのスライムベスの部分)の水のバランスがいちばんたいへんでした。
」というメニュー制作の秘話が語られました。
またドリンクについても、「呪文などを題材したものが多いので、メニューのイメージが固まるまでは、ゲームで呪文を使って、MPがなくなっては宿屋で回復ということのくり返しでした」とフードメニューとはまた違った苦労があったとのこと。
それだけの熱意を持って作られたメニューを実際に試食させていただきましたが、食べるを躊躇してしまうくらいの完成度で驚きました。
味も本当においしかったです。

最後に京島氏から“LUIDA’S BAR”の今後について、「季節やゲームの発売に合わせた新メニューを考えてどんどんレベルアップをして、まずは10周年を目指して頑張っていきたいです」という目標も語られたところで発表会は終了。
これからも、まだまだ成長を続けていく、“LUIDA’S BAR”に、ぜひ皆さんも足を運んでみてください。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『MGS』非公式リメイクの新スクリーンショットに“若き日のソリッド・スネーク”が

 【16//2015】

『MGS』非公式リメイクの新スクリーンショットに“若き日のソリッド・スネーク”が


先日、最新映像とスクリーンショットが公開された海外ファンAiram Hernandez氏による『METAL GEAR SOLID』の非公式リメイク作品。
本プロジェクトのFacebookページにて、最新スクリーンショットが複数公開されています。


今回公開されたのは、グレイ・フォックスが過ぎ去った後と思われる血に濡れた薄暗い通路や、サイコ・マンティス戦の一室らしき一角などが写されたゲーム内イメージ。
また、木箱の後ろに隠れるソリッド・スネーク、顔のディテールが確認できるモデリング画像も披露されています。
スネークのモデリングについては作業進行中とのことです。

なお、本プロジェクトはUnreal Engine 4を用いて開発中。
すでにマップ内の移動が可能な第1弾がPC向けに配信されています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ニコニコチャンネル“狩りぷれっくす”に『モンスターハンタークロス』紹介記事を掲載

 【16//2015】

ニコニコチャンネル“狩りぷれっくす”に『モンスターハンタークロス』紹介記事を掲載


●ニコニコ動画にオープニング映像とプロモーション映像3もアップ!
カプコンから2015年11月28日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『モンスターハンタークロス』の動画や漫画が楽しめるニコニコチャンネル“ファミ通MHX応援チャンネル 狩りぷれっくす”に、このゲームの事前情報をまとめた記事が掲載された。

“狩りぷれっくす”ではソフト発売までの期間、月曜日と金曜日にブログ記事を更新。
未経験者に『モンスターハンター』シリーズを紹介する記事に続いて、『モンスターハンタークロス』の情報総まとめの記事がアップされたぞ。
公式のプロモーション映像などを交えながら気軽に読めるので、11月19日の体験版配信が待ちきれない人はぜひチェックを!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<天使と悪魔と秘密のガーデン>PC向け“乙女ゲーム”が事前登録スタート

 【16//2015】

<天使と悪魔と秘密のガーデン>PC向け“乙女ゲーム”が事前登録スタート


シナリオは、1人のキャラクターにつき20章(200話)を用意。
自分のアバターは、「服」「髪形」「メーク」など800種類以上から組み合わせることができ、選んだキャラクターの衣装の着せ替えなども楽しめる。
また、エンディングのモードも「ノーマル」「グッド」「トゥルー」のパターンから選ぶことができる。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ストリートファイターV』にチュートリアルモード実装決定、ADV形式でストーリーも

 【16//2015】

『ストリートファイターV』にチュートリアルモード実装決定、ADV形式でストーリーも


カプコンは、対戦格闘ゲーム最新作『ストリートファイターV(STREET FIGHTER V)』に基礎システムを解説するチュートリアルモードが実装されることを発表すると共に、紹介映像を公開しました。


この映像は、リュウとケンの修行から始まるチュートリアルを紹介するもので、基本操作やバトルシステム、立ち回りの一例を解説。
チュートリアルに挿入されるイラストは「BENGUS」氏が担当、さらにリュウとケンの師匠である剛拳も登場しています。


本作はPC/PS4向けに国内で2月18日に発売予定。
価格は、PS4ディスク版が7,990円(税別)、PC/PS4ダウンロード版は7,398円(税別)です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ゲームファン必見のドラマ「ノーコン・キッド」がAmazonプライム・ビデオで配信開始

 【16//2015】

ゲームファン必見のドラマ「ノーコン・キッド」がAmazonプライム・ビデオで配信開始


Amazon.co.jpは、Amazonプライム会員向け動画配信サービス「プライム・ビデオ」にて、テレビドラマ「ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~」を配信開始しました。


「ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~」は、2013年にテレビ東京系列で放映されたテレビドラマです。
ゲームと共に青春を過ごし、共に育ってきた人々が、過去の体験を回顧しながら、時代を振り返っていきます。

主な出演者は、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」石田三成役などで知られる田中圭さん、現在放映中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」主演・白岡あさ役などで知られる波瑠さん、「仮面ライダードライブ」西城究役などで知られる浜野謙太さん、「勇者ヨシヒコ」シリーズの仏役などで知られる佐藤二朗さんと超豪華。
昔懐かしい雰囲気の「ゲームセンター・ワタナベ」を中心にしながら、ゲームと青春の日々が描かれます。

『ゼビウス』『ポールポジションII』『ドラゴンクエストII』『スーパーマリオブラザーズ』、果ては『トゥルー・ラブストーリー』といった、主に80年代から90年代を代表するバラエティに富んだゲームの数々が、物語とリンクする形で多数登場します。
また、貴重なゲーム筐体やゲーム機、ゲームソフトがすべて実機・実名で登場したり、関連する作品のクリエイターらがカメオ出演していたりと、オールドゲーマーはもちろん、ゲームファンにはたまらない内容となっています。

Amazonプライムの会員であれば見放題の「プライム・ビデオ」で配信されている「ノーコン・キッド ~ぼくらのゲーム史~」。
当時見ていた人も、見たことがない人も、この機会にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

■ノーコンキッド ~ぼくらのゲーム史~
・配信URL(Amazon.co.jp)
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00NUIU69Y/
・出演者(敬称略)
田中圭、波瑠、浜野謙太、佐藤二朗 ほか
・スタッフ(敬称略)
原案・シリーズ構成:佐藤大(ストーリーライダーズ)
監督:鈴村展弘、石田雄介、冨永昌敬、沖田修一、真利子哲也
脚本:佐藤大、石山英憲、上田誠(ヨーロッパ企画)、森ハヤシ、前田司郎
・製作著作
「ノーコン・キッド」製作委員会
(C)TV TOKYO Corporation All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『√Letter ルートレター』日高のり子さん演じる文野亜弥(AYA)のメッセージビデオを公開&ゲームシステムを発表!

 【16//2015】

『√Letter ルートレター』日高のり子さん演じる文野亜弥(AYA)のメッセージビデオを公開&ゲームシステムを発表! 


●ミステリー女優AYAからファンの皆様へ向けたご挨拶
角川ゲームスは、2016年春に発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『√Letter ルートレター』の公式ホームページを更新。
日高のり子(※)さんが演じる本作のヒロイン“AYA”のメッセージビデオと登場キャラクター&ゲームシステムを公開した。

※高ははしごだか
以下、リリースより。

----------
株式会社角川ゲームス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:安田善巳、以下角川ゲームス)が、2016年春に発売予定の PlayStation 4、Vita 用ソフト『√Letter ルートレター』の公式ホームページを更新、日高のり子さん演じる本作のヒロイン・文野亜弥(AYA)のメッセージビデオを公開しました。
このほかに、アドベンチャーパートとシミュレーションパートを組み合わせたゲームシステム紹介や、15年前の真相を知る1人目の友人「メガネ」のキャラクター情報なども公開しています。

『ルートレター』は、地方の文化や歴史を土台にした人間ドラマをテーマとする「角川ゲームミステリー」シリーズの第1弾作品で、美しい自然と歴史に彩られた島根県を舞台に、15年前に返信が途絶えたペンフレンド文野亜弥を探して謎を解く、ミステリーアドベンチャーゲームとなっています。

◆ミステリー女優 AYAについて
「角川ゲームミステリー」シリーズでは、「ゲームに登場するキャラクターを“女優”が演じている」という設定で、シリーズを通して様々な役柄に共通の「ミステリー女優」を起用します。
本日公開されたメッセージビデオには、ミステリー女優AYAからファンの皆様へ向けたご挨拶を収録。
ゲームの中で文野亜弥役を演じている時とは違う、素顔のAYAが垣間見える内容となっています。
また、今後AYAに続く、新たなミステリー女優の登場も予定しています。

◆キャラクター情報
○文野亜弥 [CV: 日高のり子]
15年前のペンフレンド。
当時、島根県立松江大庭高校に通っていた高校三年生。
高校生活を綴った文面からは、優しくて思いやりがあり、気持ちの通じ合う良き友人達に囲まれた生徒であったことが伺える。
彼女についての情報はそれ以上もそれ以下もなく、主人公にとって少しばかりの恋心を乗せて手紙を交わしていた良きペンフレンドであった。
15年後の現在、偶然にも見つけた卒業間際に書かれたラスト・レターによって、その考えは一変する。
今まで彼女から語られた学園生活は全て偽りであったのか? 真相は島根にある。
彼女を捜すため羽田を後に島根へ向かう。
そこで明らかになる彼女の正体とは。

○田中耕介 (メガネ)
松江市役所の苦情受付課に務める33歳の男性。
文野亜弥について頑なに口を閉ざすが、その正体は、亜弥の手紙に書かれた友人の「メガネ」。
当時は学校一の秀才と言われていたが、高校 3 年の夏から成績が下がり始め、第一志望だった国立大に落ちた。
無名の私立大を卒業し、市役所という安定した仕事を得ているが、生きる張り合いはない。
口癖は「~ですよね」。
多少のどもりがある。
口調は丁寧だが、自分に自信がない。
15年前の呪縛からいまだ解放されずにいる。

○主人公・中村貴之
東京に暮らす33歳の男性。
15年前に文通をしていた文野亜弥に好意を持っていたが、10通目の返事がなかったことで、嫌われたと思っていた。
15年後、謎の11通目を見つけ、彼女の身に何があったのか真相を突き止めるために島根県松江を訪れる。

■ゲームシステム
彼女を見つけ出す「アドベンチャーパート」と、彼女の心を掴む「シミュレーションパート」で構成された「ミステリーアドベンチャーゲーム」
1.彼女を見つけ出す アドベンチャーパート
謎の手紙を残して、突然姿を消したペンフレンド「文野亜弥」。
その正体を知るのは、亜弥の手紙に描かれたクラスメイト達。
プレイヤーは主人公・中村貴之となり、亜弥が手紙に書いた彼らの性格や癖、そしてニックネームを頼りに、顔も知らない“友人”を探し出します。
こうしてようやく見つけ出した友人達も、なぜか頑なに亜弥のことを話したがりません。
そこで、島根県の各地を探索しながら証拠や証言を集めて、友人を追及。
彼らが隠す15年前の真実に迫ります。

<アドベンチャーパートの流れ>
2.彼女の心を掴む シミュレーションパート
シミュレーションパートでは、15年前に文野亜弥へ送った手紙の内容を“回想”し、彼女の心を掴んでいくことになります。
プレイヤーは複数の選択肢の中から、当時送った手紙の内容を選択。
その結果によって文野亜弥の好感度が変化し、それが物語の結末に大きな影響を与えるマルチエンディング方式を採用しています。

<シミュレーションパートの流れ>
■スタッフ
製作総指揮/プロデューサー:安田 善巳
企画/キャラクターデザイナー:箕星 太朗
シナリオライター:藤 ダリオ
コンポーザー:新田 高史
ディレクター:長谷川 仁
制作協力:島根県
株式会社角川ゲームスについて
2009年に設立された株式会社角川ゲームスは、創立 7 年目を迎えました。
角川グループ各社の家庭用ゲームパブリッシング事業を担い、「KADOKAWA GAME STUDIO」にてオリジナルタイトルの企画、制作等に取り組んでいます。
これからも世界市場を視野にいれた「ゲーム開発にこだわりを持つ、個性的なゲーム会社」としてゲーム作りに情熱を傾け、皆様に愛されるゲームをお届けして参ります。

KADOKAWA GAME STUDIO について
ゲーム開発にこだわりを持つ個性的なスタジオとして、企画、開発及び運営を行っています。
多様化するゲーム市場において、我々ならではの持ち味を活かしたゲームプロジェクトの創造に向け日々努力を重ね邁進して参ります。

√Letter ルートレター
メーカー:角川ゲームス
対応機種:PlayStation Vita / プレイステーション4
発売日:2016年春発売予定
ジャンル:アドベンチャー


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ノーマン・リーダス、開発中止のゲーム『サイレントヒルズ』は「実現されるべきだ」

 【16//2015】

ノーマン・リーダス、開発中止のゲーム『サイレントヒルズ』は「実現されるべきだ」


映画『処刑人』や海外ドラマ『ウォーキング・デッド』シリーズの人気俳優ノーマン・リーダスが、自身がキャラクターとして出演予定であった『サイレントヒルズ』のゲーム化について「いずれ実現されるべきだ」と意思を表明した。

ノーマン・リーダス<フォトギャラリー>

ホラーゲーム『サイレントヒルズ』は、『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督と、『メタルギア』シリーズを手掛けたコナミのゲームデザイナー・小島秀夫により共同開発が進んでいたが、コナミ側の理由により2015年4月に開発中止が発表された。
予期せぬ事態にデル・トロ監督自身も、当時「まったく理解できない」と戸惑いを露わにしていた。

ノーマンはゲーム情報サイトIGNに対し、「あの話を聞いたときは、本当にがっかりしたんだ」と当時の心境をコメント。
開発中止で嘆くファンの声を聞いたときには打ちのめされたようで、「実現しなければいけない。
絶対にやらなくちゃいけない」と強く思ったという。

実際にはいくつかの場面の撮影を終えただけにとどまったそうだが、「でも俺はまた3人(自身、そしてデル・トロ、小島)で何かできると信じている。
これは起こるべき出来事、運命のようなものなんだ」と断言した。

小島は10月、コナミを退職したと海外メディアで報道されたが、コナミ側は「休暇に入っている」としてこれを否定。
今後の動向に海外でも注目が集まっている。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

万博記念公園にオープンする大型複合施設「EXPOCITY」が凄い…ポケモンEXPOジム、GUNDAM SQUARE、4DXなどが集結

 【16//2015】

万博記念公園にオープンする大型複合施設「EXPOCITY」が凄い…ポケモンEXPOジム、GUNDAM SQUARE、4DXなどが集結


日本最大級となる大型複合施設「EXPOCITY」が、11月19日にグランドオープンを迎えます。


大阪の中心部からほど近い、大阪モノレール「万博記念公園駅」前の敷地面積約172,000平方メートルに誕生する「EXPOCITY」は、8つの大型エンターテインメント施設と全305店舗の「三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY」からなる、エンターテインメントとショッピングが融合した大型複合施設です。

まず目を引く8つの大型エンターテインメント施設には、海遊館が初プロデュースする生きているミュージアム「NIFREL」や、日本初の体験型英語教育施設「OSAKA ENGLISH VILLAGE」、自然体感型エンターテインメント施設「オービィ大阪(Orbi Osaka)」などがあり、実際に体験して楽しめる様々な施設が登場します。

その中でもゲームファンにとって気になる施設と言えるのが、体験型エデュテイメント施設「ポケモンEXPOジム」(ポケモンエキスポジム)。
悩みを抱えたポケモンにアドバイスをしたり、ポケモンからワザの使い方を教えてもらうといった、「ポケモンとの会話を楽しみながら子供たちのコミュニケーションスキルを育む」という知育プログラムを味わうことができる施設です。

また、最新の4D体感系ライド型シアター「4DX」が全国の109シネマズチェーンに順次導入されていますが、「EXPOCITY」内に設置される「109シネマズ大阪エキスポシティ」にも4DXの導入が決定しています。
新たな映画鑑賞の楽しみを提供する“4D”を体感できるライド型シアター「4DX」は、風や水、香りなどを直接感じられるほか、客席が前後・左右・上下に稼働。
映画のシーンに合わせるように、観客の五感を刺激するテーマパーク・アトラクション型の上映システムです。

さらに、関西初となるバンダイ直営のガンダム専門店「GUNDAM SQUARE」も「EXPOCITY」にオープン。
「カフェ(飲食)」と、ガンダム関連の催事を行う「フォーラム(展示&イベント)」、そして充実したガンダムグッズを販売する「ショップ(販売)」という、3つのスペースで構成されるガンダム専門店では、様々な角度からその魅力を堪能することができます。

この「GUNDAM SQUARE」では、「ジャブロー」産のコーヒー豆を使用したという設定の「ジャブローコーヒー」や、シャア専用ザクをモチーフにした「シャアザク・カレー」など人気メニューはもちろん、大阪ならではのオリジナルメニューを加え、バリエーション豊富なフード、ドリンク、デザートを提供予定。

そして今までの店舗とは異なる要素として、キャラクターの音声や演出を取り入れ、よりキャラクターを身近に感じられるサービスも実施。
「シャア・アズナブル」、「ブライト・ノア」、「マリュー・ラミアス」といった人気キャラクターたちの音声で様々な案内を行うほか、ガンダムに登場した制服をモチーフにしたユニフォームでスタッフがサービスを提供するなど、キャラクターの魅力に合わせた演出が取り入れられています。

加えてオープン時には、好評放送中のTVアニメ最新作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」を特集しており、1/10スケール「ガンダム・バルバトス」の立像や、資料の展示なども用意されています。

体験型アトラクションや娯楽要素の高い施設なども多数設置されている「EXPOCITY」。
これらが楽しめるのは11月19日からなので、次の週末に出かけてみるのも一興かもしれません。
近隣にお住まいの方は、検討してみてはいかがでしょうか。
ただし混雑の恐れがあるので、その点にはご注意を。

Copyright 2015 Mitsui Fudosan Retail Management Co., Ltd. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』 全キャラクラー紹介動画が公開 第1弾はジョナサン・ジョースター

 【16//2015】

『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』 全キャラクラー紹介動画が公開 第1弾はジョナサン・ジョースター


●登場キャラクターの特徴を紹介した動画を順次公開
バンダイナムコエンターテインメントは、2015年12月17日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』について、登場キャラクターの特徴を紹介した動画を公開した。
第1弾では、“ジョナサン・ジョースター”が公開されている。

以下、リリースより。

----------
株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、荒木飛呂彦先生の大人気マンガ作品『ジョジョの奇妙な冒険』を題材にした家庭用ゲーム最新作PlayStation(R)4/PlayStation(R)3用ソフト「ジョジョの奇妙な冒険アイズオブヘブン」を、2015年12月17日に発売予定です。
いよいよ発売日が迫ってきた本作に関して、登場キャラクターの特徴を紹介した動画を本日より順次公式HPで公開してまいります。

全キャラクター紹介動画公開開始!第1弾は「ジョナサン・ジョースター」を公開
本作に登場する全キャラクターの動画を公開していきます。
キャラクター紹介動画の第1弾は第1部のジョナサン・ジョースターが登場です。
ジョナサン・ジョースターは破壊力・防御力・スピードに優れ、コンボが決まった時の爆発力が魅力の近距離攻撃タイプです。

今後も順次キャラクターを公開!
今後もキャラクター動画を順次公開してまいります。
今後もご期待下さい。
※以下のキャラクターを含めて、本作に登場する全キャラクターを紹介していく
予定となっております。
※キャラクター動画は公式HP内で更新してまいります。

■11/16⇒ジョナサン・ジョースター
■11/17⇒ロバート・E.・O・スピードワゴン
■11/18⇒空条承太郎(第3部)
■11/19⇒虹村億泰
■11/20⇒ブローノ・ブチャラティ
※各キャラクターの配信予定日時は変更になる可能性があります。
予めご了承下さい。


(C)荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会
(C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社・ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会
(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る