2015 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 12

EAが『アサクリ』風アクションを開発中 ― 元Ubisoft女性プロデューサーが担当

 【18//2015】

EAが『アサクリ』風アクションを開発中 ― 元Ubisoft女性プロデューサーが担当


■EAが『アサクリ』風アクションを開発中―元Ubisoft女性プロデューサーが担当
サンフランシスコで開催されたUBS Global Technology Conferenceにて、EA CFOのBlake Jorgensen氏は、自社スタジオにて『Assassin’s Creed』スタイルのオープンワールドアクションゲームを開発中だと発表しています。

同カンファレンスにてJorgensen氏は、ゲームで最大のジャンルであるアクションは同社がこれまで扱わなかった分野であるとして、このアクション作品の制作を今年7月にEA入りを果たしたJade Raymond氏が担当するとのこと。

Ubisoftで『Assassin’s Creed』シリーズや『Watch Dogs』でエグゼクティブプロデューサーを務めたJade Raymond氏は、現在はカナダ・モントリオールに新設されたEAの開発スタジオ「Motive Studios」で指揮をとり、同時にVisceral Gamesの監督も兼任。
未発表の完全新規IPのほか、『Uncharted』シリーズの脚本/ディレクターを手掛けたAmy Hennig氏による新作スターウォーズゲームを手掛けることが伝えられていました。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

夜の遊園地ホラー『The Park』PS4/Xbox One版リリース決定 ― PC版実況動画の再生回数は700万回以上

 【18//2015】

夜の遊園地ホラー『The Park』PS4/Xbox One版リリース決定 ― PC版実況動画の再生回数は700万回以上


2015年10月27日にPCでリリースされたサイコロジカルホラー『The Park』ですが、デベロッパーのFuncomは本作のPS4/Xbox One版を2016年Q1にリリースすると発表しました。
Funcomは同社にとって約10年ぶりのコンソールリリースがどうなるか、恐怖の遊園地の再開園を楽しみにしていると伝えています。

PC版のリリース初週にはYouTubeにて多数の実況プレイ動画が登場し、700万回以上の視聴を記録。
また、英国テレグラフ誌による「今年のハロウィンにプレイすべき5つのゲーム」にも選出されたという『The Park』。
Funcom CEOのRui Casais氏は「コントローラーを持って快適なソファに座り、暗くて不気味な場所を探索するのは非常にやりがいのある経験になるはず」と語っています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

クレーンゲーム全般の知識と景品獲得の技術が試される“クレーンゲームの達人検定2級”試験を初開催

 【18//2015】

クレーンゲーム全般の知識と景品獲得の技術が試される“クレーンゲームの達人検定2級”試験を初開催


●クレーンゲーム達人への登竜門、“くれ達検定”2級試験
世界初のクレーンゲーム資格を認定、発行する日本クレーンゲーム協会は、2015年11月23日に、“クレーンゲームの達人検定”の2級(上級者向け)を初開催すると発表した。
試験内容はクレーンゲーム全般の知識を問う筆記と、景品獲得技能を試す実技の2部構成で、これまでにクレーンゲーム検定3級を合格した人だけが受験可能となっている。

以下、リリースより。

----------
世界初のクレーンゲーム資格を認定、発行する一般社団法人日本クレーンゲーム協会(代表理事 中村秀夫/埼玉県行田市)は、2015年11月23日(祝日)に、「クレーンゲームの達人検定(以下、くれ達検定)」の2級を一般向けに初開催致します。
くれ達検定2級は、これまでにくれ達検定3級を合格した方のみ受験出来る、より上級な検定内容で、クレーンゲーム全般の知識を問う筆記試験と、景品獲得技能を試す実技試験の2部構成となっております。

筆記試験は、選択問題や○×問題となっており、実技試験は、(1)予め用意した検定台に挑戦して頂き、各台ごとの既定の挑戦回数内で景品獲得出来るかを試す試験と、(2)自身で挑戦する台を選んで頂き、その台の攻略難易度を景品の大きさや形状等でポイント化し、その獲得ポイント数で競う試験を行います。
(※実技(2)の攻略難易度のポイント化は当協会の基準に基きます。


開催日時)
11月23日(月・祝)10:00~13:00
定員数)
最大10名
受験資格)
クレーンゲームの達人検定3級合格者
開催場所)
世界一のゲームセンター エブリデイ行田店
講師)
代表理事中村秀夫他4名


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スマホ向けオンラインカードゲーム『ジーンクロス』配信時期が発表 ─ 第1弾は「ごちうさ」「ゆるゆり」が参戦

 【18//2015】

スマホ向けオンラインカードゲーム『ジーンクロス』配信時期が発表 ─ 第1弾は「ごちうさ」「ゆるゆり」が参戦


ブシロードは、iOS/Android『GeneX(ジーンクロス)』の配信時期およびティザーサイトを公開しました。


『GeneX(ジーンクロス)』は、『FIVEqross(ファイブクロス)』のリニューアル版となるスマートフォン向けオンラインキャラクターカードゲームです。
さまざまなアニメのキャラクターが登場するカードで対戦でき、第1弾タイトルとしては「ご注文はうさぎですか?」と「ゆるゆり さん☆ハイ!」のカードが登場します。

今回はニコニコ生放送の番組内にて、本作のAndroid版が2015年12月、iOS版が2016年1月に配信予定であると明らかに。
また、ゲーム情報も公開されています。

◆ゲームの特徴
本作では、最大10枚のカードで簡単にデッキ構築が可能。
また、行動順を選択してスキルを発動するだけのシンプルな操作となっています。

■カードデザインについて
カードはイラストをより大きくみせるフレームデザインになっており、キャラクターの魅力を引き出すとのこと。

■2016年の参戦タイトルについて
また、今後は下記のタイトルが参戦予定となっています。

●参戦タイトル一覧
・「STEINS;GATE」
・「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ ~逆襲のミルキィホームズ~」
・「みにヴぁん」
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『GeneX』は、Android版が2015年12月、iOS版が2016年1月に配信予定。
基本プレイ無料(アプリ内課金あり)です。

※画像は開発中のものです。
デザインなどは変更になる可能性があります。

(C)Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか??
(C)2015 なもり/一迅社・七森中ごらく部
(C)bushiroad All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『影牢 ~トラップ ガールズ~』 下着の色で高ポイントが入手可能!? イベント“狂騒の科学者”が開催!

 【18//2015】

『影牢 ~トラップ ガールズ~』 下着の色で高ポイントが入手可能!? イベント“狂騒の科学者”が開催!


●イベントポイントを集めて限定トラップを手に入れよう
コーエーテクモゲームスは、サービス中のPC用ブラウザゲーム『影牢 ~トラップ ガールズ~』について、本日2015年11月18日(水)よりゲーム内イベント“狂騒の科学者”を開催した。

以下、リリースより。

----------
当社は、好評サービス中のPC向けブラウザゲーム『影牢 ~トラップ ガールズ~』につきまして、本日2015年11月18日(水)よりゲーム内イベント「狂騒の科学者(きょうそうのかがくしゃ)」を開催いたしました。

今回の「狂騒の科学者」は、特定のバトルで敵を倒すことによって手に入るイベントポイントを集めることで、本イベント限定メディウム(トラップ)である「ルミナ・ヘルレーザー」が獲得できるイベントとなります。
このトラップは、敵を貫く光の矢のトラップで、光の速さで攻撃範囲内の敵を一瞬で貫いてダメージを与えます。
なお、本イベントで入手できるイベントポイントは、敵の倒し方によって変動するほか、「アーマーブレイク」を行った際に敵が穿いている「下着の色」によっても変わります。

また、本イベントにおいても、特定のメディウムを自分のチームに編成すると、通常よりもイベントポイントが多く入手できる「特効メディウム」が存在します。
新規メディウムの「ルミナ・ヘルレーザー」のほか、「オリヴィア・クエイクボム」や、先日新キャラクターとして追加された「イブキ・ヒートブレス」が今回の「特効メディウム」となります。
自分のチームに加えて、ぜひイベントにご参加ください。

さらに、11月25日(水)には、高難易度の「魔神級」のバトルや、新規メディウムの追加を含むアップデートを予定しております。
『影牢 ~トラップ ガールズ~』ではこれからも様々なイベントやキャンペーンを実施していきますので、今後の展開にもご期待ください。

■ゲーム内イベント「狂騒の科学者」概要
○名称:狂騒の科学者(きょうそうのかがくしゃ)
○実施期間:2015年11月18日(水) ~ 12月2日(水)(予定)
○概要:
●限定メディウム「ルミナ・ヘルレーザー」を手に入れよう!
バトルで敵を倒すことによって手に入るイベントポイントを集め、本イベント限定メディウム(トラップ)である「ルミナ・ヘルレーザー」が獲得できるイベントです。
このメディウムは、光の速さで攻撃範囲内の敵を一瞬で貫いてダメージを与えます。

●イベントポイントは敵の倒し方で変化!
今回のイベントでは、敵の倒し方によって入手できるイベントポイントが変わります。

■普通に倒す < アーマーブレイクして倒す < 捕獲する
の順でより高いポイントを手に入れることができます。
また、「アーマーブレイク」した敵が穿いている下着の色によっても入手できるイベントポイントが変わります。
■白色 < 黒色
の順でより多くのイベントポイントが入手できるので、積極的に「アーマーブレイク」を狙ってみてください。
さらに、「赤色」の下着を穿いた敵を倒す事で、一定時間「フィーバータイム」に突入します。
「フィーバータイム」中は、トラップ発動や「アーマーブレイク」がやりやすくなり、大量に敵を倒すことができます。
※「アーマーブレイク」は、アーマーブレイクアビリティを付与したトラップを、指定コンボ数以上で当てると発生します。
※より高ポイントを入手できる色の下着は、チームに編成したメディウムの「運」によって出現確率が変動します。

●「特効メディウム」が登場!
今回のイベントでも、チームに編成するとより多くのイベントポイントが入手できる「特効メディウム」が登場します。
新規メディウムの「ルミナ・ヘルレーザー」のほか、「オリヴィア・クエイクボム」や、先日新キャラクターとして追加された「イブキ・ヒートブレス」が今回の「特効メディウム」になります。
※11月25日(水)から始まるイベントの後半においても新規「特効メディウム」の追加を予定しております。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PlayStation Plusに加入しなくてもPS4でマルチプレイを楽しめるキャンペーンを開催!「Star Wars バトルフロント」や「コール オブ デューティ ブラックオプス III」など

 【18//2015】

PlayStation Plusに加入しなくてもPS4でマルチプレイを楽しめるキャンペーンを開催!「Star Wars バトルフロント」や「コール オブ デューティ ブラックオプス III」など


ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、プレイステーション 4においてPlayStation Plusに加入しなくてもオンラインマルチプレイを体験できるキャンペーン「FREE MULTIPLAYER WEEKEND」を11月21日と22日に開催する。


期間中は、PS4の全てのオンラインマルチプレイ対応タイトルで、ネットワーク対戦が楽しめる。
ネットワークを通じて世界中の仲間たちと対戦・協力できるオンラインマルチプレイが気軽に楽しめる。


STAR WARS © & TM 2015 Lucasfilm Ltd. All rights reserved. Underlying technology and game design © EA. All rights reserved.
© 2015 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, CALL OF DUTY BLACK OPS, and stylized roman numeral III are trademarks of Activision Publishing, Inc.
©2014 Bungie, Inc. All rights reserved. Destiny, the Destiny Logo, Bungie and the Bungie Logo are among the trademarks of Bungie, Inc. Published and distributed by Sony Computer Entertainment Inc. in association with Activision.
©2015 Konami Digital Entertainment



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ファンタジーアース ゼロ』スクエニへの運営移管完了、アバターやチュートリアルの見直しも

 【18//2015】

『ファンタジーアース ゼロ』スクエニへの運営移管完了、アバターやチュートリアルの見直しも


スクウェア・エニックスは、PCタイトル『ファンタジーアース ゼロ』の運営を再開しました。


『ファンタジーアース ゼロ』は、『FANTASY EARTH ~THE RING OF DOMINION~』というタイトル名で2006年2月にスクウェア・エニックスが運営を開始したオンラインアクションRPGです。
その後2006年11月に運営がゲームポットに移管され、タイトルが『FANTASY EARTH ZERO(ファンタジーアース ゼロ)』に変更されました。
そして今年9月、再び運営がスクウェア・エニックスに移管されることが発表。
11月18日に予定通り運営が再開されました。


この新運営の開始にあたって、新たなクライアントへの刷新や大型アップデートが実施。
また、オーブを購入・使用することでさまざまな特典を獲得できる「運営移管記念オープンチャージキャンペーン」も開催されることが決定しました。


◆フェイス&ヘアリニューアル
クライアントの刷新によりキャラクターのフェイスおよびヘアのグラフィックが一新されています。






◆チュートリアルの完全リニューアル

初めてプレイされる方にもすぐに『ファンタジーアース ゼロ』の世界が楽しめるよう、チュートリアルが刷新されています。
チュートリアル戦場では、よりわかりやすく、楽しみながら操作を覚えられるようになりました。
キャラメイク画面の装備切り替え機能も追加されており、お洒落な装備を試着しながら、思い通りのキャラメイクを楽しめるようになっています。

◆ロイクエストのリニューアル
新たに『ファンタジーアース ゼロ』を始める方もすでにプレイされている方も楽しめる戦争参加へのモチベーションを支えるクエスト/繰り返し受注できるクエストが大量に追加。
また新アイテム「キャンペーンチケット」を獲得できるクエストも実装されています。

◆キャンペーンカジノ実装
新たなクエストで獲得できる「キャンペーンチケット」を用いると、ルーレットをプレイすることができるカジノが実装されました。
初めてプレイされる方にも役立つ限定の武器/防具やすでにプレイされている方にも役立つアイテムをゲットすることができます。

◆階級システム実装
戦争に参加することによって獲得できる階級ポイントをもとにそれぞれのキャラクターに対して階級が付されます。
さらに頂点を極めたプレイヤーの中から上位の方は、特別な階級を獲得することができます。

◆階級実装記念イベントの開始
■期間:11月18日~11月25日
期間内に級位が上がるたびに報酬がゲットできます。
初段まで上昇すると、さらにレアな報酬が獲得可能です。
なお、報酬受け取りは12月2日までとなります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『ファンタジーアース ゼロ』はサービス中。
料金は基本無料のアイテム課金制です。

(C)2005-2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

横浜市とコーエーテクモゲームスが『三國志』でマナー啓発&観光キャンペーンを実施! 林文子横浜市長とKT襟川恵子名誉会長が意気込みを語る

 【18//2015】

横浜市とコーエーテクモゲームスが『三國志』でマナー啓発&観光キャンペーンを実施! 林文子横浜市長とKT襟川恵子名誉会長が意気込みを語る


文・取材:編集部 ロマンシング★嵯峨、撮影:カメラマン 永山亘
●横浜の街で武将たちがマナーを説く!?
2015年11月18日、コーエーテクモゲームスの『三國志』シリーズ30周年記念企画のひとつである、横浜市交通局とのタイアップ企画についての記者会見が、横浜市役所にて行われた。
[関連記事]『三國志』シリーズ30周年記念、横浜市交通局および港北警察署とのタイアップポスターデザイン発表
東京ゲームショウ2015のコーエーテクモゲームスステージにて電撃発表されたこの企画。
横浜市営地下鉄に掲示する啓発ポスターに、『三國志』シリーズ最新作『三國志13』の武将ビジュアルを起用するというもので、ポスターに描かれる武将と標語をユーザーから募集するキャンペーンが行われた(応募期間は2015年9月17日~10月4日)。

そして、この記者会見で、採用された武将と標語をデザインしたポスターが公開に!市営地下鉄駅に掲示されるポスターは全6種類で、うち5作品が、1100を超える応募の中から選ばれたもの(1作品はコーエーテクモゲームスが考案)。

これらのポスターは、“歴史シミュレーションゲーム「三國志」の日”である2015年12月10日(木)から、2016年3月31日(木)まで、全40駅にて約100枚(B1サイズ)が掲示される予定。
どの武将のポスターをどの駅に貼るかは未定だが、主要な乗換駅ではすべての種類を揃えたいとのことだ。

横浜市長 林文子氏は、“幅広い世代に人気の『三國志』とタイアップすることで、市営交通の利用マナーの向上を目指す”とコメント。
行政と民間企業の協力によって実現したこの企画を、すばらしいものだと考えていると語り、「ぜひ成功させたい」と意気込みを語った。

また、記者会見には、コーエーテクモゲームス 取締役名誉会長 襟川恵子氏も出席。
襟川氏は横浜市港北区 日吉の生まれで、コーエーテクモゲームスの本社は、日吉に居を構えている。
襟川氏は、「横浜のお役に立つことができれば」と、“地元の力になりたい”という熱い思いを語った。

なお横浜市は、啓発ポスターの掲示のほか、『三國志』をテーマにした観光キャンペーンの取り組みも実施する。
横浜市営地下鉄初となる“モバイルスタンプラリー”を、2015年12月10日(木)から2016年1月11日(月・祝)まで開催。
各駅で、武将のQRコードを集めながら三国統一を目指す。

また、モバイルスタンプラリーをより楽しむための、オリジナルデザインの市営地下鉄1日乗車券(大人券のみ、4種類 計3000枚)の発売も決定。
完売次第、発売終了となる(詳しくはこちらの記事にて)。

コーエーテクモゲームスと横浜市は、これまでも“ネオロマンス”シリーズのタイアップなどで協力してきたが(以前、横浜を舞台に行われた『金色のコルダ』スタンプラリーは、4万人を動員したとか)、『三國志』を題材にしたコラボは今回が初となる。

シリーズ最新作『三國志13』は、プレイステーション4、プレイステーション3、Xbox One、PC用ソフトとして2016年1月28日に発売予定。
ゲームの発売に先駆けて、横浜市を訪れて、『三國志』の気分に浸ってみては?


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

色違いの「ディアンシー」がポケモンセンターで配信決定!12月12日より

 【18//2015】

色違いの「ディアンシー」がポケモンセンターで配信決定!12月12日より


株式会社ポケモンは、『ポケットモンスター』関連グッズを販売するショップ「ポケモンセンター」の新情報を動画で公開しました。


今回は、ピカチュウがさまざまなメガシンカポケモンに扮する「強★カワ ピカチュウの メガキャンペーン第1弾」を紹介する動画が公開。
このキャンペーンは2015年12月12日~31日に行われ、ぬいるぐみなどのグッズ販売、名刺カードやポケモンカードのプレゼント企画、そしてピカチュウのグリーティングが実施されるとのこと。

また同期間中、ニンテンドー3DS『ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア』向けに、幻のポケモン「ディアンシー」の色違いが配布されることも明らかになっています。

https://www.youtube.com/watch?v=0KAmuiEaVY4
(C)2015 Pokemon. (C)1995-2015 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

LINEとセガゲームスが“共闘”。セガ新作「フォルティシア」LINE GAMEでリリースオートマッチングで、いつでもどこでも“共闘”できるRPG!

 【18//2015】

LINEとセガゲームスが“共闘”。セガ新作「フォルティシア」LINE GAMEでリリースオートマッチングで、いつでもどこでも“共闘”できるRPG!


セガゲームス セガネットワークスカンパニーとLINEは「LINE GAME」においてマーケティングパートナー契約を締結し、セガゲームスは第1弾タイトルとして、Android/iOS用アクション共闘RPG「フォルティシア SEGA×LINE」を2015年冬(年内を予定)に配信を開始する。
ビジネスモデルは基本プレイ無料のアイテム課金制。


発表会に出席したLINEの舛田 淳 取締役CSMOは、LINE GAMEの現状について「スタートから3年たち、世界で6億ダウンロードを達成した。
LINE GAMEといえばカジュアルでパズルゲームというイメージがあると思うが、ミッドコアジャンルの拡充をチャレンジとしている」と、ターゲットの拡充を目指す方針を示した。

そんな中、自社だけでは限界があることから、外部パートナーとの連携を深めることになり、マーケティングパートナーとして数社にゲームの企画を募ったという。
マーケティングパートナーとは、ゲームメーカーが企画・開発・運営などパブリッシャーとしてLINE GAMEに参加。
マーケティングをLINEが担当する。
また、開発にも協力するといい、セガゲームス側が「こういったAPIが欲しい」といった要望が出た場合、それに応えるようプラットフォームの開発を行なうなど、万全の態勢で挑む。

LINEが打診したメーカーの1つがセガゲームスであり、いくつかのタイトルをセガゲームスから提出。
LINEの審査を経てGOサインが出たのが「フォルティシア SEGA×LINE」だった。
岩城 農セガネットワークスカンパニーCOOは「『フォルティシア』を皮切りに成功させ、第2弾、第3弾と繋げていきたい」と抱負を語った。

舛田氏はマーケティングパートナーの取り組みについて「(体力的に)何社とも組むことはできない」と語り、今回のプロジェクトに注力していることを明かした。
それだけに「フォルティシア」については“惚れ込んでいる”ことを強調。
セガゲームス側としても「フルコミットメントする」と応え、「『フォルティシア』はいつどこでも同時接続で遊べるようにするなど、セガゲームスとしてもチャレンジングなタイトル。
わかりやすいが奥深いゲーム性を実現する中で、LINE GAMEらしさをどう出していくのか? 今回は共闘に参加しやすいように気を配っている」と、これまでにない共闘RPGの制作に苦労しながらも意欲を見せている。

■ 爽快感あふれるアクションRPG「フォルティシア」
「フォルティシア」は、最大4人で協力しながら3Dアクションバトルを楽しむファンタジーRPG。
プレーヤーは、魂が宿る武器「フォルティス」たちと出会い、共に成長しながら闘っていく。
敵を倒すことでフォルティスたちを収集していく、ハクスラ型のRPGとなる。


https://pre-fortisia.sega-net.com

「フォルティス」は、“ハンマー”、“両手剣”、“杖”の3つの武器種に分かれており、通常の武器としての活躍に加え「フォルティス召還」という特殊スキルを発動することで強力な攻撃を繰り出すことができる。

さらに、特殊な能力が秘められた「アドオン」を合成することでオリジナルの「フォルティス」を作り出すことができるなど、「フォルティス」を収集、強化することで冒険を有利に進めることができる。

フィールドはコンシューマーゲームと比べても遜色ない、美しい3Dグラフィックスで描かれ、プレーヤーは自分のキャラクターをバーチャルパッドで操作。
3D空間でアクション性の高いバトルを繰り広げる。

プレイした感覚としては、爽快感を際立たせたアクション性が特徴的だった。
バトルでは攻撃ボタンしか用意されておらず、基本敵には攻撃がメインとなる。
防御はないが、武器によってはオートガード機能を持つものもある。
また、回避ボタンが用意されているので、基本的なバトルスタイルとしては、敵の横や後ろに回り込みながら攻撃を加え、敵の攻撃に対しては回避するスタイルとなる。
ただ、敵は様々な行動パターンを持っているので、1人のキャラクターが敵の攻撃を受けている間に、遠くから敵に攻撃を加えるなどの戦略が必要となる。

武器や装備には火・水・風・光・闇といった属性が設定されており、敵の属性を考えた上で対応した装備を身につけて戦いに挑まなければ思わぬ苦戦を強いられるだろう。
まだ開発中でバランス調整中だが、今回の体験会で木属性の敵に水属性の装備パーティで挑んだところ、続々とメンバーが倒されていき、最後のキャラクターでボスに挑むも、とうとう時間切れとなってしまった。
しかし火属性の装備で木属性の敵に挑むと、いともあっさりと倒すことができた。

開発ディレクターの松田剛氏によれば、「様々なフォルティスを収集し育て、どのフォルティスを連れて行くのか戦略を立て、戦いに挑んで欲しい」と語る。

ゲームモードには1人でも楽しめるよう、ストーリーやクエストが多数用意されている。
「フォルティス」にはそれぞれ物語が用意されており、「フォルティス」同士のドラマも用意されている。
「フォルティス」は200人以上用意されており、それぞれ豪華声優が演じている。

同作はLINE GAMEで展開することもあり、「フォルティシア」の1番の醍醐味は4人まで参加しての共闘にある。
強力なオートマッチング機能を搭載しており、いつでもどこでも共闘に参加することができる。
フレンド登録することで知り合いと待ち合わせてクエストに挑戦することもできるし、オートマッチングを利用することで、すでに遊んでいるグループに途中参戦するような形でマッチングされる事もある。
今回は会議室で集まってプレイしたこともあってか、非常にスムースにマッチングが行なわれプレイすることができた。

プレイ終了時は「Good Job!」とコメント送ったり、フレンド登録することができ、どんどん友達を増やすことで、他のプレーヤーと共闘しやすい環境になるシステムとなっている。

開発プロデューサーの菅野顕二氏は「セガは骨太なゲームを作るのが得意と言われている一方で、スマートフォン用のゲームの開発でもノウハウが溜まってきている。
今回はそれぞれのいいところを合わせて制作が進められている。
マッチングシステムの開発は強化している。
友人とも、まだ見ぬ人とも(マッチングで繋がって)プレイして欲しい」と“共闘”の楽しさをアピールした。




©SEGA



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る