2015 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 01

『ストリートファイターV』格ゲー好き編集者によるクローズドベータテスト3プレイリポートその3

 【20//2015】

『ストリートファイターV』格ゲー好き編集者によるクローズドベータテスト3プレイリポートその3


●ダルシム&ザンギはどんな感じ?
カプコンから2015年2月18日発売予定のプレイステーション4・PC用ソフト『ストリートファイターV』。
本作のクローズドベータテスト3(CBT3)が、2015年12月18日~20日の期間開催中。
ファミ通.comでは、格ゲー好き編集者の豊泉三兄弟(次男)がCBT3のプレイリポートをお届けする。

----------
こんにちは。
ファミ通の格ゲー好き編集者の豊泉三兄弟(次男)です。
CBT3をガッツリ遊んでいたら、いきなり“まじまじん”(※)さんから↓の画面写真が送られてきました(笑)。
今回はそのときの会話を紹介していこうかと思います。

※まじまじんさんは先日行われた『ウルトラストリートファイターIV』の企業対抗戦にいっしょにファミ通チームとして参加したチームメイト。
リュウ、ケン、ザンギとかうまい人。

豊泉まじんさん、↑の画面写真はなんですかアレ(笑)。

まじんCBT3始まっていたから、少し遊んでいたんですよ。

豊泉それはわかりますけど、メッチャ減ってる(笑)。

まじんバルログで少し遊んだら、結構減るコンボを見つけまして。
『ストV』は全体的にダメージが大きくと気持ちいいですね。

豊泉確かに。
クリティカルアーツもちろん、EX技を入れるだけでもずいぶん減りますね。
CBT2では使えなかったザンギエフやダルシムってもう使いました?
まじんやりましたね。
ザンギエフかなりおもしろそうでしたよ。

豊泉マジで?
まじん強パンチにアーマー(相手の攻撃を耐える)がついているんですけど、そこからVトリガーにつなげて、吹き飛んだ相手をEX版のボルシチダイナマイトでつかまえると、メッチャ減りますね。
超強そうです。

豊泉マジだ。
すげー減ってる(笑)。
ほかの部分はどうですか?
まじん強力な投げ技のスクリューパイルドライバーがあるし、弱攻撃からダブルラリアットにつなぐコンボもあるので、近距離はすごく強そうです。
Vスキルが相手の攻撃を耐える技なので、これで耐えながら近づいていくとよさそうですね。
あとVトリガーはコンボだけではなく、少し離れた敵を吸い込む効果があるのでこれも使っていくと近づきやすそうです。

豊泉ほほう。
近づくための武器は結構あるんですね。

まじんですね。
とはいえ、遠距離戦が強いキャラには相変わらず苦労しそうです(笑)。
近距離が強くて遠距離が弱い。
個人的には『ストII』っぽくて好きですね。

豊泉そっか。
じゃあダルシムはどうです?難しそうだから俺は敬遠しちゃってて(笑)。

まじん確かに。
扱いが難しいから初心者にはあまりオススメできないキャラクターですね。
でも使いこなすとかなりおもしろそうですよ。

豊泉ほほう。
さすがまじんさん。
しっかりプレイしているんですね。

まじん軽く触ってみました。
長い手足とヨガファイア、それから『ストIV』のように空中ヨガテレポートを駆使した連携がよさそうですよ。

豊泉そのあたりはいつも通りいけるんですね。

まじんはい。
あとはVスキルの空中浮遊を混ぜたり、空中版ヨガフレイムとも言うべき新技のヨガゲイルで相手の地上を潰したりと、おもしろそうです。

豊泉おお。
今回は空中行動が増えていていいですね。

まじん対空はいつも通り強そうです。
レバー後ろ入れの強パンチで迎撃して、キャンセルEXヨガファイアで追撃したりと、なかなかおもしろいことができそうです。

豊泉すごい。
結構やり込んでるね(笑)。
地面に炎を撒くVトリガーはどう?
まじんあれもなかなかおもしろいですね。
中パンチや中キックのような伸ばした手足をキャンセルして出せるので、溜まったらとりあえず出してもよさそうです。
Vトリガーを撒いたら嫌がってジャンプする相手を迎撃したりと、これもダルシムらしい攻めが展開できますよ。

豊泉いいですねえ。
VスキルやVトリガーのおかげで、どのキャラクターもより個性を活かした戦いかたができるようになっていますね。

まじんですねえ。

豊泉そういえばCFNて試しました?
まじんいや、俺は試していませんね。
ずっとトレーニングモードをプレイしていました。
おもしろいんですか?
豊泉これはゲームじゃなくて、世界ランキングやプレイヤーデータを確認できるモードなんですよ。

まじん世界ランキング?
豊泉そうそう。
ちなみに自分が観たときは、プロゲーマーのインフィルトレーションさんらしきタグが1位でした(笑)。

まじんさすがプロゲーマーですね。
CBTからやり込んでる。

豊泉そうなんですよ。
しかも、ランキングからそのプレイヤーの最新のリプレイを見ることができるから、トッププレイヤーのプレイを参考にできてすごくためになりますよ。

まじんおお。
それは素晴らしい。

豊泉使用キャラクターなどの条件を設定してリプレイを検索する機能もあるから、自分の見たいリプレイもすぐ見つかるはずですよ。

まじん上達するための機能が充実していますね。
これらの機能をフル活用して、俺らもやり込みますか!
豊泉ですね!あるかわからないけど、企業対抗戦でリベンジしましょう(笑)。
あ、その前に国内最速トーナメントを目標にしてるんだ。
気合い入れていきましょ!

開催日:12月23日(水・祝)
試遊可能タイトル:PS4版『ストリートファイターV』
開催時間:12:00~19:00
会場:TKP新宿カンファレンスセンター ホール4A
住所:東京都新宿区西新宿1‐14‐11 日廣ビル 4F
実況:ヨシヲ
MC:かりぱく
解説:志郎
大会告知ページ

・64名によるシングルイリミネーション
・3ラウンド制2本先取
・参加費無料
・大会ページによる事前申し込み制、当日参加はございません
・申し込みが多数の場合は事前に抽選を行い当選・落選のご連絡をいたします。
・申し込み締め切りは12月20日(日)23:59までとさせていただきます。
・当選者には12月21日(月)中に当選のご連絡をいたします。
・アケコンは全て用意しておりますが、持ち込みは可能です。

※来場者多数の場合は入場を制限させていただく可能性があります。
※開催時間前からの座り込みや場所取りはご遠慮ください。
※イベントの内容、開催時間、予告なく変更になる場合があります。
※その他詳細につきましては、開催概要のページからお問合せをお願いいたします。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

“バケモノ級”選手も誕生! 「Red Bull 5G 2015 FINALS」レポート大阪初開催の4年目大会。東西対決の行方はどっちだ!

 【20//2015】

“バケモノ級”選手も誕生! 「Red Bull 5G 2015 FINALS」レポート大阪初開催の4年目大会。東西対決の行方はどっちだ!


レッドブル・ジャパンは12月20日、ゲーミング大会の決勝イベント「Red Bull 5G 2015 FINALS」を開催した。
場所は大阪の味園ユニバース。


「Red Bull 5G 2015 FINALS」は、今年で4回目を迎える東西対抗のゲーミングトーナメント。
「東軍」、「西軍」とチームをわけること、また5ジャンル・5ゲームで争うというルールをコンセプトとしており、先に3勝したチームの勝利となる。
決勝大会は、これまでの前3回は東京近郊で開催されていたが、今回は前回大会で西軍が勝利したことにより、初めて大阪での開催となった。

「Red Bull 5G」が特徴的なのは、「ウイニングイレブン 2016」(ジャンル:SPORTS)や「DEAD OR ALIVE 5 Last Round」(FIGHTING)、「ぷよぷよテトリス」(PUZZLE)など、主に国産のコンソールタイトルが採用作品の中心であり、有名タイトルを扱うことで専門的になりすぎないイベントになっていることだ。

今年の採用タイトルは上記3タイトルに加え、FREEジャンルに「TowerFall Ascension」が、またMOBAジャンルにはPCオンラインゲームとして初めてスクウェア・エニックスの「LORD of VERMILION ARENA」が採用されている。

今回、「Red Bull 5G 2015 FINALS」の会場に赴いて試合を間近で見ることができたので、この会場の模様をお届けしたい。

■ 第1試合:「LORD of VERMILION ARENA」(MOBA)
本大会での試合の順番は、前の試合で負けたチームの選択によって決定される。
直前まで何のタイトルで戦うかがわからないのも「Red Bull 5G」の特徴で、第1試合のジャンルは前年西軍に敗北を喫した東軍によって、MOBAジャンルの「LORD of VERMILION ARENA」と決定された。

試合ルールは3対3の1試合先取、制限時間は900秒で、マップは私立燐光学園高等部。
出場したのは西軍がチーム「Assault」、東軍がチーム「snow ball★」。

試合前の下馬評では、予想者の88%が「Assault」勝利を支持と圧倒的な差がついていた。
「Assault」は他大会でも高い実力を示す「常勝」チームであることからの数字となったが、1発勝負の本大会でどこまで「snow ball★」が迫れるかが見どころとなった。

試合は、小競り合いの中で「snow ball★」がキル数を稼ぐという序盤でスタート。
下馬評とは異なり、試合を有利に運び進めている状況の中で、マップ中央に位置する「マナキャノン」を攻める作戦に出る。

「マナキャノン」は一定数の「マナ」を蓄積させることで相手チームに大ダメージを与えることができる中立施設。
蓄積数は敵味方関係なくカウントされ、占領途中で奪取されればそのまま相手チームが占領してしまうリスクもある。

「マナキャノン」への攻撃に気付いた「Assault」は、これにすぐさま対応。
「マナキャノン」付近で激突が起きることとなったのだが、その場を制したのは「Assault」だった。

「Assault」が「snow ball★」を制圧したことにより、「マナキャノン」は「Assault」のものに。
「Assault」および西軍チームからは歓声が上がり、大きなダメージが「snow ball★」に与えられることとなった。

試合はこのダメージ差を保ったまま展開していき、途中途中では激突も起こったのだが、いずれもお互いに致命傷には到らないまま制限時間が減っていった。
「snow ball★」はさらなる攻撃に欠け、「Assault」はしっかりと守りきった形で、勝利は西軍にもたらされた。

■ 第2試合:「TowerFall Ascension」(FREE)
第1試合で負けた東軍が次に選んだジャンルはFREE。
対決タイトルは「TowerFall Ascension」となった。

「TowerFall Ascension」は、弓矢を放ち相手を倒していく2Dアクションゲーム。
ステージ上に落ちているアイテムを獲得すると様々な特殊効果が発動し、試合展開が有利になったり、持て余す力で自滅する場合もある。

本体会でのルールは2対2、1試合5本先取の2試合先取。
素早い試合展開に加え、アイテムによる効果発動、さらには同士討ちもあるため、カオスなプレイ画面が期待できる。

出場チームは、西軍が「畜生会タワーフォール部」、東軍が「さしみ醤油」。
「畜生会タワーフォール部」の両選手は過去「Red Bull 5G」のRACINGジャンルで決勝戦出場経験があり、また「さしみ醤油」はもともと「DEAD OR ALIVE」プレーヤーであるという、他ジャンル勢同士の対決となったのも面白いポイントであった。

試合展開は非常に素早く、ものの10分ほどで決着が付いた。
最初の1試合を「さしみ醤油」が取り、2試合目を「畜生会タワーフォール部」が圧倒して迎えた最終試合、めまぐるしい攻防の中でも光ったのは「さしみ醤油」の粘り強さだ。

「さしみ醤油」は2人が残る形で完勝したかに見えた途端、動く足場に潰されて両者が死亡したり(この場合はドローで勝ち星付かず)、試合開始直後に同士討ちをしてしまうなどミスが目立つ場面もあったのだが、逆に追い込まれつつも味方を生き返らせてギリギリで逆転する、ミス直後にしっかり取り返すなど、落ち着いた堅実なプレーで「畜生会タワーフォール部」を徐々に追い詰めていった。

「畜生会タワーフォール部」も2試合目をほぼ封殺するなど見せ場もあったのだが、慌てない「さしみ醤油」にしてやられた試合展開だった。
これにより東軍が勝利し、総合ポイントは1対1になる。

■ 第3試合:「ウイニングイレブン 2016」(SPORTS)
3試合目に選択されたのは、SPORTSジャンルとなる「ウイニングイレブン 2016」。
ルールは現実時間5分ハーフの1試合。
出場選手は西軍がSHO選手、東軍がまやげか選手となった。

まやげか選手は現 「ウィニングイレブン2016」の日本代表選手に対し、SHO選手は「パスサッカーの美学」を信条であり、まやげか選手には過去に敗北した経験もある。

試合に際し、チームは両選手ともにバイエルン・ミュンヘンを選択。
下馬評では日本代表選手のまやげか選手有利に思われたが、先制は上手くゴール前でスルーパスを決めたSHO選手によって、試合の序盤に生まれることとなる。

ディフェンスの堅さに定評のあるバイエルン・ミュンヘン同士ということで、このディフェンスをどう崩していくかが試合のポイントで、その点でSHO選手が先制できたことが試合展開に大きな影響を与えたと言える。

まやげか選手は積極的に攻めていくが、この日先読みで選手を動かし、「ハマっていた」というSHO選手のディフェンスの前になかなか思うようにボール運びができない。
苦戦しつつも、それでもゴール前中央へ送ることに成功すると、ヒールキックでビダル選手に最終パスを出す。
このわずかなチャンスを活かし、落ち着いて得点を決めることに成功した。

スコアはこのまま1-1で前半を終えたが、次に試合が動いたのは後半開始直後。
得点したのはまたもやSHO選手で、今度はレヴァンドフスキに繋いだパスによってゴールをもぎ取った。

これで苦しくなったのはまやげか選手。
まやげか選手は後半に入ってからチャンスらしいチャンスをほとんど作ることができず、防戦にまわることが多かった。
試合終了直前には決定的なチャンスが訪れるが、これを決めきれず万事休す。
試合はSHO選手の西軍が勝利となり、総合は西軍2勝、東軍1勝となった。

■ 第4試合:「ぷよぷよテトリス」(PUZZLE)
東軍の負けられない試合となった第4試合、東軍が選択したのはPUZZLEジャンルの「ぷよぷよテトリス」。
ルールは「ぷよぷよ」と「テトリス」を交互にプレイする「スワップ」で、1試合3本先取、3試合先取で勝利となる。

出場選手は、西軍がmilk2選手、東軍があめみやたいよう選手。
両選手は「ぷよぷよテトリス」での「FINALS」出場経験があるHBM選手を破って決勝進出を決めている。

注目はあめみやたいよう選手で、HBM選手も対戦相手のmilk2選手も、若干18歳のあめみやたいよう選手の戦術は「恐ろしい」と言わしめるほどの実力者。
プレイ経験1年半ながら、トッププレーヤーを抜き去るほどの実績を作ってきた“超新星”だ。

さてその試合展開だが、これがあめみやたいよう選手の「超圧倒」。
「テトリス」と「ぷよぷよ」であっという間に組み上げ、ここぞという場面で超絶火力を誇るのは当然、相手が先に仕掛けてくれば、それを受けていなしてからカウンターの連続消し/大連鎖を決める、相手が「ぷよぷよ」で大技を組んでいると気づけば、ちょうど大連鎖不可能ほどのおじゃまぷよを降らし、ミスをさそってから畳み掛けるなど、変幻自在の戦術で確実に勝利をものにしていく。

milk2選手は試合中まったく自分の形にさせてもらえず、まさにあめみやたいよう選手の一人舞台。
今大会の中でも群を抜いて「バケモノが出てきたな」という印象で、今後の「ぷよぷよテトリス」は「誰があめみやたいよう選手を止めるか」という1点が話題を席巻するだろう。

気付いてみればあめみやたいよう選手の全勝で、milk2選手も唖然とする以外ない様子だった。
これにより2勝同士で最終戦へ。
決着は最終ジャンルFIGHTINGへと持ち越しとなった。

■ 第5試合:「DEAD OR ALIVE 5 Last Round」(FIGHTING)
最終戦となるFIGHTINGジャンルのタイトルは、「DEAD OR ALIVE 5 Last Round」。
試合は1対1のVS形式で、1試合3ラウンド先取、3試合選手で勝利となる。
出場選手は東軍がサトヤス選手、西軍が輝ROCK選手。
期せずして東西軍のリーダー同士の対決をもって東西軍の戦いの決着が付くこととなった。

使用キャラクターは、サトヤス選手がパイ、輝ROCK選手がレイファン。
試合を有利に進めたのは輝ROCK選手で、火力は低いが手数で攻めるパイに対し、上手くいなしてから確実なコンボを決めていく。

サトヤス選手にしてみればミスらしいミスがないものの、攻めがことごとく裏目に出るという展開で、ほとんどの試合でじわじわと攻められ、できた隙に手痛いコンボを決められて、そのまま負けるというパターンが見られた。

追い詰められた終盤はサトヤス選手が勝利するラウンドもあり、「負けたら敗北」という試合では残り数ミリの体力ゲージまで攻めるものの、これを削り切ることができないまま輝ROCK選手に逃げ切られてしまった。

この試合により、輝ROCK選手がFIGHTINGジャンルを制すると同時に、西軍の勝利も決定。
輝ROCK選手は西軍の優勝コメントで「個人の実力はもちろんだが、今回はチームの団結を大事にした。
これが勝利につながったと思うので、非常に嬉しい」と語り、総合優勝の嬉しさを噛み締めていた。

なお「Red Bull 5G」プロジェクトアドバイザーの松井悠氏より、「Red Bull 5G」の来年の開催も壇上にて発表された。
今回は4回目となる開催だったが、ステージ転換の時間を使ってダブルダッチや競技用自転車のパフォーマンスを入れて場内の熱量を下げないようにしていたり、各ゲームが初見でもわかるように解説をしっかり入れていたり、それでいてスケジュール通りに大会が進行するなど、間近で見ていて大会に貫禄が出てきたように感じた。

来年は区切りの良い5年目ということで、2対2で迎えた東西軍の対戦の行方はどうなるのか、来年の対決タイトル、そして決勝戦の選手の顔ぶれはどうなるのか。
定番になりつつあるゲーミング大会のシーンの1つとして、今から楽しみにしておきたい。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー』の新情報がジャンフェス2016で公開! スキャンバトルRPGならではの楽しさが満載のステージをリポート

 【20//2015】

『ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー』の新情報がジャンフェス2016で公開! スキャンバトルRPGならではの楽しさが満載のステージをリポート


文・取材:編集部コンタカオ、撮影:カメラマン 和田貴光
●豪華ゲストが登壇して、いざバトル!
アミューズメント施設などで楽しめる筐体型ゲームとして話題の“スキャンバトルRPG”、『ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー』。
そのステージイベントが、2105年12月20日に千葉・幕張メッセで開催された“ジャンプフェスタ2016”のスクウェア・エニックスブースにて行われた。
驚きの新情報も飛び出したステージの模様をリポートしよう。

MCを務めるのは、本作のプロデューサーであるスクウェア・エニックスの市村龍太郎氏。
ゲストとして、“ドラゴンスキャナー”の声を担当した田村睦心さん、バトル部分の実況を担当した中島ヨシキさん、そして中田譲治さん……ではなく“チケット仮面”、『Vジャンプ』のサイトーブイ氏が登場した。
会場には、関東にて行われたロケテストに参加した方もちらほらいたが、まだゲームの詳細を知らないという方も多く、まずは本作の解説からスタート。
ゲームの概要は、以前に紹介した関連記事をチェックしてほしい。

『ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー』モンスターのチカラを封じた“モンスターチケット”を駆使して、世界各地の異変に立ち向かえ!
カンタンに言ってしまえば、“ドラゴンスキャナー”を使ってモンスターが封じられた“モンスターチケット”の二次元バーコードを読み取り、モンスターを呼び出してパーティを作ってバトルするというもの。
モンスターが持つ“わざ”、チャージすることでわざをパワーアップできる“テンション”を戦略的に使うことがポイントとなるが、操作は超カンタン。
味方のモンスターが“わざ”を決めた瞬間に、タイミングよくボタンを押すだけとなっているので、誰でも楽しめるだろう。
ちなみに、ボタンは筺体本体のボタン以外にも、ドラゴンスキャナーに付いているトリガーでも認識できるので、好きなほうを選ぶことができる。
モンスターチケットにはS、M、Lの3つのサイズがあり、サイズによってモンスターの強さが異なるので、最強のパーティを求めてどんどん集めたくなるのは間違いない。

■スキャンバトルRPGならではの施策が楽しい!
さて、今回のステージで発表された、本作ならではの新しい施策を紹介しよう。

まずは、スマートフォンで使える支援アプリだ。
これはモンスターチケットを読み込んで、自分のスマホに保管できるもの。
入手したモンスターチケットをアプリに保管しておけば、大量のチケットを持ち歩かなくてもオーケーというわけだ。

そして、注目の機能がもうひとつある。
バトル実況の声を担当した中島ヨシキさんが、難易度の高いクエストを選択。
なかなか手強いモンスターが続いて苦戦する中島さんに、プロデューサーの市川氏が見せたものは、なんと『Vジャンプ』最新号。
何をするのかと思ったら、雑誌のバーコードをドラゴンスキャナーで読み込んだのだ。
すると、スペシャル攻撃として“ビクトリーサイン”が発動した!まあ、効果は何もなかったのだが、本作の“スキャンして遊ぶ”というシステムを活用した施策が、注目の機能のひとつなのだ。

本作では、二次元バーコードをドラゴンスキャナーで読み込むことで、さまざまな効果が発動する。
オフィシャルTシャツのQRコードを読むと“おうえん”が発動してテンションが一気に上がったり、LINEのQRコードで“フォール・ド・メタルタブ”(たらいが落ちてくる)が発動するといった効果を見ることができた。
稼動後はいろいろなバーコードをスキャンするプレイヤーが続出するだろう。

さらに、強力なオルゴ・デミーラに歯が立たない中島さんのために登場したのが、巨大な大魔王ゾーマのスペシャルチケット。
記載されたQRコードを読み込んだ途端、画面内にこれまた巨大な大魔王ゾーマが出現!ジゴ・スパークであっという間にオルゴ・デミーラを倒してしまった。
もしかしたら、どこかのゲームセンターにこういったスペシャルチケットが置かれたりするのだろうか……。
というか、置いてほしい。

最後に、チケット仮面みずからが“チケットふくびき”に挑戦するという、ぜいたくな場面が実現した。
チケット仮面が提示するチケットの中から、好きなチケットを選んで購入できる、このシステム。
今回ゲットできたのは、“サンタキングスライム”というスペシャルなモンスター。
しかも、チケットのフレームがクリスマス仕様になっている。
こういった期間限定のフレームやモンスターも、バンバン登場するようだ。

大人もお子さんも楽しめる新機軸のカードゲームとなる『ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー』。
2016年の稼動を目指して開発が進んでいる本作には、今回のイベントで明らかになった施策以外にも、さまざまな機能を搭載するとのこと。
期待は高まるばかりだが、いまはその全貌が明らかになる時を待つのみだ!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『星のドラゴンクエスト』の新情報が“ジャンプフェスタ2016”で続々発表!

 【20//2015】

『星のドラゴンクエスト』の新情報が“ジャンプフェスタ2016”で続々発表!


文・取材:ライターゴジラ太田、撮影:カメラマン 小森大輔
●『星のドラゴンクエスト』の新情報が続々と発表!
皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!
今回は、ファミ通Appで連載中の『星のドラゴンクエスト』(以下、『星ドラ』)プレイ日記番外編として、2015年12月19日に行われた“星のドラゴンクエスト超ギガレアステージ”をリポートします!

ステージには、司会を務めた声優の西明日香さんを始め、『星ドラ』プロデューサーの市村龍太郎氏、運営プロデューサーの永野雄太氏、ディレクターの畑信太郎氏、Vジャンプ編集部のサイトーブイさんが登壇!
会場には、まだ『星ドラ』未経験の来場者もいたということで、まずはゲーム内容を簡単に紹介。
そして2019年12月18日に行われた、マルチプレイ正式版などのアップデート情報を解説した。
その際、アップデートで追加された新機能“モガふり探索隊”を、さっそく会場で実践することに!
モガふり探索隊とは、スマートフォンを振ることで、近くの『星ドラ』プレイヤーたちのモガマルがどんどん集まってくる、という機能。
集まったモガマルたちがみんなで星を探索し、さまざまなアイテムを持ち帰ってくるという内容。

さっそく、ステージの観覧者みんなでスマホをふりふりしてみたところ、なんと300人以上のモガマルが!俺ももちろん参加して、アイテムをたくさんいただきました!
余談ですが、モガふり探索隊はモガマルの数が多くなればなるほど持ち帰ってくるアイテムも多くなりますが、人数が多いときにしか出ないアイテム、というものはないようですよ。
持ち帰るアイテムの数が多くなれば、レアアイテムを取れる期待値が上がる、という具合ですね。

そんな感じで会場が温まったところで、『星ドラ』の新情報が公開!驚きの新情報がこれでもかというくらい飛び出したので、さっそくまとめていきます!

■クリスマスイベント開催!サンタ装備がたくさん!
2015年12月21日(月)14:00~12月28日(月)13:59の期間で、イベント“クリスマスイベント サンタさまがやってきた!”が開催!
クリスマスバージョンの衣装で着飾ったモンスターたちが登場!イベント限定装備は、サンタクロースやトナカイの衣装、そして武器やスタンプも入手できるとのこと!武器は、オノ、棍、短剣、ムチが紹介されていたぞ。
ちなみに、サンタクロースの格好をしている敵、これは間違いなく『ドラゴンクエストVIIエデンの戦士たち』に登場した、あの方ですよね。
“サンタさん”ではなく“サンタさま”という呼びかたも納得です(笑)。

■メタスラ装備をゲットしよう!宝箱ふくびきで“メタスラ装備”が出現!
2015年12月23日(水)13:59まで、メタスラの剣、メタスラのかぶと、メタスラのよろい上、メタスラのよろい下、メタスラの盾が出現する宝箱ふくびきが開催中!
そして2015年12月23日(水)14:00~12月28日(月)13:59までは、メタスラの剣が宝箱ふくびきから消え、代わりに新装備“メタスラの弓”が宝箱ふくびきに登場!会場では、メタスラの弓の性能が初公開されたぞ!メインスキルは、威力60%の5回攻撃で、30%の確率で敵のすばやさを下げる“さみだれ流星群”。
スキルレベル1でこの性能なので、最大レベルまで上げれば、かなり強力なスキルになる予感!サブスキルには攻撃特技、補助呪文、補助特技などが揃っていた。
これは欲しい!
■『星ドラ』のテレビCM放映が決定!併せて『DQIII』イベント後半も発表!
2015年12月26日(土)より、『星ドラ』のテレビCMの放映が開始!会場ではひと足先にCMを観ることができたのだが、そこには『DQIII』に登場した大魔王ゾーマの姿が……!
会場がどよめく中、『DQIII』イベント後編となる“ゾーマを倒せ!”も続けて発表されたのだ!
気になるイベント開始日時は、2015年12月28日(月)14:00から!イベント報酬では、勇者、戦士、賢者の装備、さらに限定スタンプも入手できるとのこと!装備には、剣と杖、そして盾もあるようなので、またイベントに参加しまくる日々が始まりそうです。
ゾーマさんと戦いながら年を越しそうな予感……(笑)。

そして会場では、実際にゾーマと戦う様子を少し見ることができました!
登場シーン、マジでカッコイイ!ゾーマ戦の曲“勇者の挑戦”、マジで奮える!
戦闘が始まると、ゾーマはマヒャドや“こごえるふぶき”を使ってきました。
マヒャドは全体に70前後のダメージ、こごえるふぶきは全体に100前後のダメージ。
それ以外には、パーティの攻撃力や呪文威力を下げる“暗黒の霧”、行動するたびに最大HPの4分の1ダメージを受けてしまう“滅びの光”、そして“いてつくはどう”を確認。

さらに、ゾーマ自身はHPが徐々に自然回復していく模様。
これはチェーンを駆使して一気に大ダメージを与えないと、かなりの苦戦を強いられそうな感じでした。
ちなみに、いなずま斬りが“ばつぐん”表示だったので、デイン系は弱点のようですね。
それ以外の属性耐性は確認できませんでした。

そして、伝説級を超える難度“魔王級”も登場!
魔王級に挑戦するには、伝説級でまれに落とすアイテムが必要になるとのこと。
しかし、魔王級は「勝てるようには作っていない」と開発陣が豪語するほどの難度。
「もし倒せた方がいたら、画像をツイッターなどに貼って教えてください」とも言っていました。
魔王級のゾーマさん、闇の衣をまとっているっぽいですし、たしかに半端ない強さの予感……。
なお、魔王級を倒すことができたら、特別な装備品が入手できるとのことです!
■今後のアップデート内容をどどーんと紹介!
ここからは、今後に予定されているアップデート内容の紹介。
まずは、メインストーリーの追加!
新エリア“ジャンガル大陸”が開放されます。
名前からも想像できるように、ジャングル地帯がメインになるようです。
ジャンガル大陸では新たなモンスターが登場するほか、神鳥レティスの姿も!?市村氏が「乗れるかもですね(笑)」と言っていました。
これは楽しみです!
つぎは、大好評だった3Dプリントフィギュアキャンペーンが再び!

次回のキャンペーン応募期間は、2016年1月中旬予定だそうです。
しかし、前回は本当に応募が殺到したようで、なんと!“自分だけの3Dプリントフィギュアをオーダーメイドで依頼”することができるようになるとのことです!これはスゴイ!
オーダーメイドが可能になるのは、2016年2月以降を予定しているそうですが、アプリ内で、自分のお気に入りの見た目のキャラクターをフィギュアにできるのは、かなりモチベーションが上がります(笑)。
気になる価格ですが、「大量生産と異なり、オーダーメイドなので安価というわけにはいきませんが、可能な限り安くしたい」と言っていました。
俺も買おうかな……。

そして再びゲーム内のお話。
ついにきました、上級職!“追加職”ではなく“上級職”と言っているので、確実に基本職よりも性能の高い職業ということになりますね。

上級職に転職するにはいくつか条件があり、
★指定されたふたつの職業レベルが50以上であること
★上級職の“さとり”を入手していること
★“さとり”は、上級職と同時実装のダンジョンにて入手可能
とのことです。
つまり実装されたら、まずは転職したい上級職の“さとり”を入手するためにダンジョンへ行くことになります!なかなか大変そうですが、それだけの性能を秘めた職業ということですよね。

ちなみに、上級職は7職あり、転職に必要な基本職の組み合わせも発表されました。

<上級職と、転職に必要な基本職>
バトルマスター……戦士、武闘家
パラディン…………武闘家、僧侶
賢者…………………魔法使い、僧侶
魔法戦士……………戦士、魔法使い
まものマスター……レンジャー、船乗り
海賊…………………船乗り、踊り子
スーパースター……レンジャー、踊り子
バトルマスターは、物理攻撃に特化した職業。
パラディンは、防御に特化した職業。
仲間を攻撃から守るようなスキルも使えるとか?賢者は、攻撃も回復もできる呪文のエキスパート。
魔法戦士は、物理攻撃と魔法攻撃に特化した職業。
属性剣のような攻撃もできるようです。
まものマスターは、敵が使ってくるような攻撃手段を持っているとのこと。
ブレスとかかな?海賊は、船乗りのように仲間のステータスをアップするような、攻撃と防御を兼ね備えた職業のようです。
スーパースターは、仲間全体を回復できるスキルが使えるとのこと(ハッスルダンスかな?)。

これらメインストーリーや上級職の実装時期は、2016年2月予定。
なんと、あと2ヵ月ちょっとしかありません!ゾーマイベントやら何やらを楽しんでいたら、あっという間に2月になってしまいそう……。

俺はまだ戦士と魔法使いしかレベル50以上になっていないので、上級職までに全職レベル50以上は大変そうだな……とか思っていたら、“レベルを上げやすいイベントや、メタルのカギの入手法の緩和”などを予定しているそうです!これはうれしい!
余裕のある人は、いまから上級職に向けて全職業のレベル50以上を目指すもよし、メインの職業レベルを可能な限り上げてゾーマのイベントに挑み、その後にレベルを上げやすいイベントなどで全職業のレベル50以上を目指してもよし、ということですよね。

俺は、後者のゾーマのイベントに向けてメイン職業の魔法使いを可能な限り上げておきたいと思います。
しかし気になるのが、「ゾーマにメラ系は効くのか?」というところ。
実際に戦っている動画を見たときは、メラゾーマにスキルをちょこちょこ合わせつつも、けっきょく使わないまま動画が終わってしまったんですよね。
じらし作戦(笑)。

これでゾーマにメラ系の耐性があったら魔法使いの出番が完全に消えてしまいそうなので、せめてふつうに効くくらいであってほしい……(笑)。

そんな感じで、新情報が目白押しのイベントでした!個人的には、つい先日行われたアップデートを皮切りに、いよいよ『星ドラ』が本格始動を始めたなぁ、と感じた大満足のイベントでした!
ぜひ、皆さんも今後のアップデートに向けて、星を冒険しまくりましょう!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

KLabがニコニコ&YouTubeにて28時間生放送を実施!モバイルオンラインゲーム会社としては初

 【20//2015】

KLabがニコニコ&YouTubeにて28時間生放送を実施!モバイルオンラインゲーム会社としては初


KLab株式会社は、2015年12月25日(金)より、「ニコニコ生放送」と「YouTube Live」において『KLabGames28時間感謝祭』を開催し、モバイルオンラインゲーム会社としては初となる28時間生放送を実施すると発表しました。



KLabが提供するモバイルオンラインゲームの情報や、28時間を通して行われるチャレンジ企画、多彩なゲストなどさまざまな企画を予定しているとのことです。

◆『KLabGames28時間感謝祭』概要
●放送日時
2015年12月25日(金)18:00~12月26日(土)22:00
●出演者(順不同)
こまてぃん(MC)
二宮係長(MC)
森田成一(BLEACH:黒崎一護 役)
アメリカザリガニ
ゴー☆ジャス
山本彩乃
すね毛拡散エンジェル
倭寇(わこう)
その他、豪華出演陣(順次公開予定)
●コンテンツ(予定)
「パズルワンダーランド」
「BLEACH Brave Souls」
「天空のクラフトフリート」
「Age of Empires: World Domination」
「Glee Forever!」
出張ブシモ放送局
出張KLabGames放送局
KLab15年史
10のチャレンジ企画

◆出張ブシモ放送局
株式会社ブシロードのスマートフォン向けサービス、ブシモから好評配信中の『ブシモ放送局ver2.0』が『KLabGames28時間感謝祭』に出張します。
番組からは、おなじみの小市眞琴さん、高野麻里佳さんがメインMCとして登場!『出張ブシモ放送局』として、ブシモを代表する各タイトルの最新情報をお伝えします。
「しろくろジョーカー」では現在配信中の公式ラジオ番組「電波瓦版」の特別編をお届けします!
また、ブシモのタイトルだけでなく今回は出張特別版として、来年1月よりTVアニメも放送予定の新プロジェクト「ラクエンロジック」のトレーディングカードゲームの紹介も行います。

●タイトル一覧
「トイズドライブ」
「忍たま乱太郎 ふっとびパズル!の段」
「ラクエンロジック」
「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」
「しろくろジョーカー」

◆10のチャレンジ企画
1.業界初28時間生放送を実行
2.限界チャレンジ!全エリア制覇(パズラン)
3.28時間耐久クエストマラソン!(パズラン)
4.当たって砕けろ!超高難易度クエスト(パズラン)
5.ブレソル28時間ユーザーチャレンジ
6.ブレソル★2 花太郎チャレンジ
7.運営攻防戦~空を紡ぐものたち(仮)~(天クラ)
8.冒険者達の挑戦~109,600の航路~(天クラ)
9.手作り段ボール飛空艇(天クラ)
10. KLab特製うまい棒1500本完食

■『KLabGames28時間感謝祭』の視聴は以下のURLからどうぞ!
ニコニコ生放送「KLabGamesチャンネル」
YouTube Live 「KLabGamesチャンネル」

「BLEACH Brave Souls」
(C)久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ
(C)KLabGames
「Age of Empires: World Domination」
(C) 2015 Microsoft Corporation. All Rights Reserved. Microsoft and Age of Empires name and logo are trademarks of the Microsoft group of companies.
(C) 2015 Microsoft and KLab Global Pte. Ltd. All Rights Reserved.
「Glee Forever!」
(C)KLabGames
Glee (C) 2009-2015 Fox and its related entities. All rights reserved.
「トイズドライブ」
(C)ミルキィTD製作委員会 (C) gloops, Inc. (C)bushiroad
「忍たま乱太郎 ふっとびパズル!の段」
(C)尼子騒兵衛/NHK・NEP (C)bushiroad All Rights Reserved.
Developed by GSTYLE CO.,LTD/Gamedo,Inc./Rocket Studio, Inc.
「ラクエンロジック」
(C)Project Luck & Logic
「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」
(C)2013 プロジェクトラブライブ!(C)KLabGames
(C)bushiroad All Rights Reserved.
「しろくろジョーカー」
(C)bushiroad


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ドラゴンクエストビルダーズ』の課外授業が“ジャンプフェスタ2016”で開催! マイラの詳細や“フリービルドモード”をお披露目!!

 【20//2015】

『ドラゴンクエストビルダーズ』の課外授業が“ジャンプフェスタ2016”で開催! マイラの詳細や“フリービルドモード”をお披露目!!


文・取材:ライター 齋藤モゲ、撮影:カメラマン 小森大輔
●建てるだけじゃない!多彩なギミックが明らかに
2105年12月19日と20日に千葉・幕張メッセにて開催された“ジャンプフェスタ2016”。
そのスクウェア・エニックスブースにて、2015年12月19日、『ドラゴンクエストビルダーズアレフガルドを復活せよ』のステージイベント“ビルダーズハイスクール 課外授業”が行われた。

このステージには、同作のプロデューサーである藤本義則氏とアシスタント・プロデューサーの白石琢磨氏、さらに福島蘭世さんと『Vジャンプ』(集英社)のサイトーブイ氏が登壇。
おなじみのメンバーによって、『ドラゴンクエストビルダーズアレフガルドを復活せよ』の開発バージョンをその場でプレイしながら、同作の魅力を語った。

基本的なゲームの内容を説明した後、スタートしたのは新大陸“マイラ”の紹介。
街に温泉施設を作れることや、そこに登場する“荒くれ3兄弟(!?)”を仲間にして、モンスターと戦えることなどが解説された。
もちろん、荒くれたち以外にも、仲間になるキャラクターはいるらしい。

さらに、線路を敷設しておけば移動が快適&快速になるトロッコ、遠くのブロックを破壊できる大砲など、一風変わったギミックを持つアイテムを紹介。
これらは敵の拠点を攻撃するときや、特定の場所にある素材を収集するときに役に立ちそうだ。
ちなみに、大砲は弾数に制限なし。
一度設置すれば、気が済むまで連射することができる!
続いて行われたのは、クエストの流れの解説。
敵の拠点に捕らえられた“アメルダ”というキャラクターを救いうため、荒くれたちと冒険に出かけることに!このあたりの“冒険をしている感”は、これまでの『ドラゴンクエスト』シリーズと何ら変わりはない。
なお、道中にはマドハンドやストーンマン、まどうし、フレイムなどのモンスターが続々登場する。

■作った家をみんなで共有できちゃう!?
続いて行われたのは、自由に建物を作れる“フリービルドモード”の解説だ。
このモードで作り上げた建物は、ほかのプレイヤーに配信したり、もらったりすることが可能になるそうだ。
最大127種類の建物を保存できる仕様となる予定なので、友だちとの交換会もアツそうだ。
ちなみに、今回のフリービルドモード解説時に登場したエリアはモンスターが出現しない場所だったので(出現する場所もある様子)、モンスターにおびえることなく、納得いくまでじっくりと建物を作ることができそうだ。

自由度は高そうだが、あくまでも『ドラゴンクエスト』シリーズの枠組みの中にあるもの。
そんな本作の概要がガッツリ伝わる約45分のステージイベントは、好評のうちに終了となった。
同日のイベントの模様は、ニコニコチャンネルの“スクウェア・エニックスチャンネル”でも配信されているので、気になる人はチェックしてみよう。
なお、スクウェア・エニックスブースでは、同作の試遊台で遊ぶこともできた。
試遊バージョンのプレイリポートは別記事(→コチラ)でお伝えしているので、合わせて確認してほしい!

ドラゴンクエストビルダーズアレフガルドを復活せよ
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:PlayStation Vita / プレイステーション4 / プレイステーション3
発売日:2016年1月28日発売予定
価格:PS4版:7800円、PS3版:6800円、PS Vita版:5980円(いずれも税抜き)
ジャンル:ブロックメイクRPG


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『実況パワフルプロ野球』アプリ配信1周年を記念したさまざまな企画が実施中!

 【20//2015】

『実況パワフルプロ野球』アプリ配信1周年を記念したさまざまな企画が実施中!


コナミは、同社が配信する『実況パワフルプロ野球』が、2014年12月18日のAndroid版配信開始より、1周年を迎えたことを発表しました。



これを記念して、ゲーム内では記念ガチャなどを開催しているほか、日替わりで豪華ゲストが登場する特別番組「アプリ配信一周年記念『パワプロナインチャレンジ』」をニコニコ生放送とYouTube Liveにて公開します。

また、年末年始開催予定のゲーム内イベント「全国迎春野球大会」の事前登録受付も開始しています。

それぞれの概要は以下のとおりです。

◆「1周年 キャンペーン」開催中!

■「1周年記念第2弾!全国迎春野球大会新キャラデビューガチャ」開催!
新キャラ「犬河和音」「猫神優」「ヴィクター・コールドバーグ」の出現率がアップしています。
10連は初回SR以上の 新キャラ(犬河、猫神、ヴィクター)1枚確定!10連2回目以降はPR以上の新キャラ1枚確定となります。
さらに、10連は何度でもゲドーくん像(金)が1枚おまけでついてきます。



■「全国迎春野球大会応援・太平楽ピックアップガチャ」開催!
年末年始のイベント「全国迎春野球大会」でスコアボーナス選手を育成しやすい太平楽高校登場キャラ(鴨川しぐれ、浦賀有也、天城隼、諸井清和)の出現率がアップ。
「全国迎春野球大会」を有利に進めよう!10連は何回でも上記キャラのPR以上が1枚確定で、ゲドーくん像(金)が1枚おまけでついてきます。

■1周年記念 パワーストーン割引販売!
通常1個120円のところ、期間中のみ6個120円でパワーストーンを販売します。

◆日替わり動画「アプリ配信1周年記念 パワプロナインチャレンジ」 を放送
『実況パワフルプロ野球』1周年を記念して、12月18日(金)から12月24日(木)の7日間、ニコニコ生放送とYouTube Liveにて特別番組を放送します。
豪華タレントや有名ゲーム実況者が日替わりで登場し、スペシャルチーム「パワプロナイン」を結成。
それぞれに設けられたゲーム内の課題にチャレンジします。
第1回のゲストには、マックスむらいさんをお迎えします。
最終日までのチーム成績次第で、後日全プレイヤーに「SR 安内なみき」が配布される予定ですので、毎日動画をチェックしてみてください!
●番組名
アプリ配信一周年記念『パワプロナインチャレンジ』
●放送日時
12月18日(金)~ 12月24日(木)の7日間 午後9時~(1時間もしくは1時間半を予定)
●出演者
MC:後藤ヒロキ/白石稔※日替わり
解説:めたる村田
日替わりゲスト:遠藤ゆりか、かみじょうたけし、コジマ店員、ゴー☆ジャス、高田憂希、TKO・木下、ドグマ風見、高 田憂希、秦佐和子、ますだおかだ・増田、マックスむらい、安田大サーカス、湯浅かえで、ゆずっこ (五十音順、敬称略)
<『パワプロナインチャレンジ』12月18日(初回)放送はコチラ>
ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv245427300
YouTube Live
https://youtu.be/0_B3IQpXHLA
※出演者や放送日時は変更となる場合がございます。

◆年末年始イベント「全国迎春野球大会」の事前エントリー受付中!
戦力の近い少数グループ内でランキングを競う、その名も「全国迎春野球大会」!
地区予選と全国大会に分かれていて、地区予選で上位にランクインすると全国大会に出場できます。


年越しソバやお雑煮といったアイテムをゲットすると、その場でバーニングが発動!発動中はいつもより多くのポイントをゲットできます。
さらに、富士山、鷹、茄子は集めるごとにゲドーくん像をゲットできます。

<開催期間>
事前エントリー受付:受付中~2015年12月23日(水)13:59まで
地区予選:2015年12月24日(木)メンテナンス終了後 ~ 12月27日(日)23:59まで
全国大会:2015年12月31日(木)メンテナンス終了後 ~ 2016年1月3日(日)23:59まで

この機会に『実況パワフルプロ野球』をぜひお楽しみください!
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『実況パワフルプロ野球』は好評配信中で基本プレイは無料(アイテム課金あり)です。


(C)Konami Digital Entertainment


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ゲーム業界に必要とされる人材と育成方法とは? ゲーム会社合同セミナー“HEAT3rd”社長トークセッションの模様をお届け!

 【20//2015】

ゲーム業界に必要とされる人材と育成方法とは? ゲーム会社合同セミナー“HEAT3rd”社長トークセッションの模様をお届け!


文・取材:編集部 ばしを、撮影:カメラマン 永山亘
●企業・学校・学生、それぞれの思いが交錯する貴重なイベント
ディー・エヌ・エーは、2015年12月19日に同社にて、企業・学校・学生が一体となって業界を盛り上げていくゲーム会社合同セミナー“HEAT3rd渋谷 ~ゲーム会社合同セミナー~”を開催。
参加企業の社長が、ゲーム業界に必要とされる人材と育成方法について語ったトークセッションの模様をお届けする。

トークセッションの様子を伝えるまえに、今回実施されたイベント“HEAT”について簡単に紹介をしておく。
“HEAT”とはディー・エヌ・エーが主催する、ゲーム企業と学生の出会いを提供する合同セミナーで、参加する学生たちはそれぞれが用意したポートフォリオを実際に企業に講評してもらうことが可能。
企業や専門学校は、ブースを設けて学生たちに自社の取り組みなどのアピールが行える。
また、イベントの最後には参加企業の社長が参加したトークセッションが実施され、ゲーム業界には、どんな人物が求められているのか、またどのような育成を心がけているのかなど、就活真っ最中の学生たちにとって非常に役立つ情報が満載のイベントとなっている。
2015年5月16日に、東京にあるディー・エヌ・エーの本社がある東京・渋谷ヒカリエにて第一回“HEAT”が開催され、2015年7月19日には大阪・インテリジェンス関西支社に場所を変え、第二回“HEAT 2nd”を実施。
今回実施された“HEAT 3rd”は、第一回と同じく渋谷ヒカリエで開催。
今回の社長トークセッションでは、これまで実施された“HEAT”で、実際に内定が決定した参加者も出席。
就活時にどのようなことを心がけたのか、リアルな声を聞かせてもらえるものとなっている。

●ゲーム会社のトップがリアルに採用の実情を語る“社長トーク”
ゲーム会社合同セミナー“HEAT”の目玉ともいえる“社長トーク”には、アールフォース・エンターテインメントより横山裕一社長、ヴァンガードより杉山智則社長、リズより磯野貴志社長が登場。
デベロッパーとして、家庭用機やスマホ向けに数多くの作品を造り続けている企業はいま、どのような学生を求めているのか。
今回は、“社長トーク with内定者”と題目を変え、実際に過去のHEATに参加し、内定が決まった学生もステージに登壇。
ディー・エヌ・エーのゲームプロデューサー兼、ゲーム人材採用担当の馬場保仁氏が司会進行を務め、ゲーム企業に就活を行うすべての学生にとって貴重な話が語られた。

馬場保仁氏(以下、馬場)最初の質問ですが、どんな学生に注目していますか?
横山裕一社長(以下、横山)作品をしっかり持ってきてくれる人に注目します。
デモやポートフォリオ、仕様書など、誰に向けて、どんな気持ちで作ったのかがいちばん知りたいポイントで、評価の基準は完成度よりも、入社したあとの伸びしろがあるかどうかがポイントですね。

杉山智則社長(以下、杉山)弊社は、ヴァンガードの理念に同意してもらえるかどうかが非常に重要です。
志を同じくしてやっていける人でないと、会社としても成長していかないと思っているので、そこをいちばん重要視しています。

磯野貴志社長(以下、磯野)私たちは、とにかくゲームで遊ぶのが好きな人に注目しています。
学校に行っているときにも、いま遊んでいるゲームのイベントが気になっているくらい、ゲームのことを考えている人が理想です。
反対に最近はゲームを遊ばなくなったという人は、ゲーム業界はやめておいたほうがいいかもしれないですね。

馬場続きまして、御社が欲しい人物像を聞かせてください。

磯野今日はプランナーの内定者がいるので、プランナーに関して言わせてもらうと、とにかく精神面が強い人材が欲しいです。
プランナーという職種は、ゼロから企画を考えるため、とにかくいろいろな人から叩かれまくる立場なんですよ。
それを乗り越えられると、叩かれた分だけ良くなっていきます。

杉山ゲーム業界って変化が激しいので、シンプルに変わっていける人間が重要だと思っています。
技術の進化やお客さまのニーズにあわせて、柔軟に変わって行ける人材像が理想です。

横山僕が重要視しているのは、ゲームを作るときのゴールをしっかりと持っている人です。
自分は何をやりたいのか、そしてどんな風に感じてほしいのかを考えながら作ってもらわないと、ダメなんです。
また、精神面の強さも大事なポイントです。
どんなに叩かれても、けっして他人のせいにしてはいけないんですよ。
他人のせいにすると、そこで終わってしまいますからね。
自分の力でクリアーする気概がないと厳しいですね。

馬場それでは、御社が考えている育成について教えてください。

磯野弊社の場合は、現場で働かないと育成にならないと思っています。
ですので、新人の面倒を見る担当を決め、その担当者の仕事の一部を受け持ってもらいます。
担当者は、仕事の一部を受け持ってもらって負担が減った部分で、新人の面倒を見るという、師弟のような関係ですね。
そうやって、早く現場になれてもらうようにしています。

横山弊社にはブートキャンププログラムというものがあって、我々の作品のクローンを三週間で作ってもらうんです。
最初の三日間はそのゲームをひたすら遊んで、仕様書を作ってもらいます。
まずはその仕様書にダメ出しをするんですが、そうやってゲームの奥深さを知ってもらいます。
そのあと、実際にゲームを作ってもらい、さらに出来上がったゲームをUNITYに移植させるんですね。
これはなぜかというと、移植作業においてアルゴリズムを見直すからなんです。
いわば、天然のリファクタリングですね。

杉山弊社は、「いま会社に何が足りないのか」について意見を提出してもらう理念実現の取り組みを行っています。
部毎に意見を出し合ってもらうんですが、新人にこの意見をまとめるリーダーになってもらいます。
もちろん、先輩にサブリーダーになってもらいますが、こうやってプロジェクトの進め方やリーダーシップの育成をしています。
理念を実現する気持ちに向かって、先輩たちといっしょに活動するというのは、とても有意義な取り組みだと思っています。

馬場次は内定者の方に質問します。
まず、いつのHEATに参加されていたか教えてください。

中川尚樹さん(以下、中川)僕は5月のHEAT渋谷に参加しました。

太田龍希さん(以下、太田)僕はHEAT大阪(7月開催)に参加しました。

川西雄紀さん(以下、川西)僕は5月、7月の両方に参加しました。

馬場それでは、HEATに参加し、その後どのように企業にアプローチしたのか教えてください。

中川HEAT渋谷で、アールフォース・エンターテインメントに行ったんですが、そのときに横山さんの言葉に感動して泣いてしまったんです。
参加するまえ、僕は仲間と作便を作っていたんですが、企画担当者がやる気がなくて、僕がその仕事を取り上げて自分で企画書を作ったんですが、それを見せたときに、仕事を取るのはいつでも出来るけど、仕事をさせることを考えないと駄目だと言われ、仲間で作品を作ることの大切さをあらためて感じ、この企業に決めました。

太田ヴァンガードのHPに孫子の教えが書いてあるんですが、HEAT大阪でヴァンガードのしっかりとした理念を見ることができ、この会社なら移り変わりの激しいゲーム業界のなかで、これから先も続いていくだろうと思うことができたので、ここを受けてみたいと思いました。

川西5月のHEATの社長トークがおもしろくて、それでリズの名前を知り、7月に話をすることができ、その後間髪入れずに話に行きました。

馬場実際に就活でどんなことを心がけたのかを教えてください。

川西企画書のほかに、自己PRポイントを送ってくれというものがあって、そこに注力して、デッサンや絵コンテ、学校のPVなどを提出しました。

磯野川西君の送ってきた書類のなかでいちばん印象に残っているのが、遊んでいるゲームをすべて書いてもらう欄に、もの凄い量が書いてあったんです。
本当にこれだけ遊んでいるのか疑わしかったので、面接で聞いてみたところ、本当にやっていたんですね。

太田僕は第2面接のとき、社長に企画書を机に叩きつけられたんです。
「これは全然おもしろくない」って言われて。
でも、いっしょに提出していたプロジェクトマネージメントの反省書があって、それは褒めてもらいました。
これは、学校で僕がリーダーを務めていたプロジェクトがなぜ失敗したのかをまとめたものになります。

杉山しっかり計画を立てて行ったことに対し、なぜ失敗したのかを分析して反省することは、とても重要なんです。
それを誰かに言われたわけでもなく、学校でもやっていないことを、太田君自ら率先してやっているのを聞いて、自分に何が足りないかを見つめられる子は伸びると思い、採用しました。

中川僕はじつは選考という選考はあまりしていなくて、HEAT渋谷で話をして、それから面接にこないかと言われたんです。
それで面接に行き、その日のうちにインターンが決まり、インターン終了後に内定をもらいました。

横山彼はブートキャンプが早く終わったんですよ。
でも、ゲームを作りたいっていう気持ちがすごく強いのがわかっていたので、残った期間、3日か4日だったんですが、「じゃあ一本作るか」って言って、「とりあえず今日の19時までに企画を考えて」って言ったんです。

馬場それで作りきったんですか?
中川UI周りがちょっとだけ間に合わなかったです。

横山でも、ゲームは遊べるところまで出来ましたよ。

馬場それでは最後の質問です。
HEATに参加している学生に、今後の振る舞い方で参考になることを教えてください。

中川就活の手段はひとりひとり違うので、自分の武器をハッキリさせることが大切だと思います。

馬場キミの武器は?
中川情熱ですね。

太田僕が大切だと思っているのは、自分がやりたいこと、できること、会社が求める人物像を合わせて、そのなかで自分はをどういうものをアピールできるかをしっかり考えて作品を作っていくのが大事ですね。
たとえば、僕が提出した反省書のようなものも、どんなことにチャレンジしていたかがアピールできたんじゃないかなと思っています。

川西僕はこういった場での出会いが大切だと考えます。
実際にHEAT関西が終わってすぐに内定をもらったので、そこで話していたことがどれだけ伝わっていたのかはわかりませんが、少しは有利になっていたんじゃないかなと思っています。
HEATで名刺をもらった方は、すぐにで作品を送ってみてください。

●参加学生による社長(+内定者)への質疑応答タイムも実施
ひととおりの社長(+内定者)のトークセッションが終わったところで、参加学生たちによる質疑応答タイムが設けられた。
まず最初の質問は、内定者にたいしての質問で、内定が決まったあと、会社に入るためにしないといけないことについて。
川西さんは、内定をもらってすぐにインターンの準備に入ったため、考える余裕がなかったとのこと。
太田さんは、プランナー志望ながら、作品のプロトタイプは自分で作れたほうがいいと考え、UNITYの勉強を、中川さんはアルバイト中に発生した疑問を勉強し、次の日に発生する新たな疑問をまた勉強と、学習の日々だったと語っていた。
続いては、就職活動の作品作りに関して、新しい技術にチャレンジしたものがいいのか、おすぐに遊べるものがいいのか、趣味に走って自分をアピールするものがいいのか、各社長に質問。
横山社長は、納得しないで人から言われたものを作るのは楽しくないので、自分が思うものをとにかく作ることが大切だと主張。
杉山社長は、自分の武器で就職したほうが伸びしろが期待できるため、その武器を前面に押し出したものを作った方がいいのではないかと意見を語っていた。
磯野社長も、「何を出すかを決めるのは君たち、我々がこれがいいと言ったからといって、それに従う必要はないです」と、締めくくった。
最後に社長たちに投げかけられた質問は、面接時に、将来独立したいと希望を告げられたときにどう思うかというもの。
杉山社長は、どこでいてもいっしょにいい仕事ができると思っているので、やるべきことをきちんとして、しっかり独立してくれればいいとコメント。
独立した後も、いっしょにゲームが作れるような、そういった形での独立なら喜んで送り出すと語ってくれた。
磯野社長は、実際に言われてみないとわからないが、もしそう言われたら思いっきり会社に貢献してから独立して欲しいと言うとのこと。
横山氏は、たとえ自分の会社を出て行っても、ゲーム業界に残り続けてくれればうれしいと話していた。
ただ、会社に魅力があったら、そこと繋がろうとするはずなので、そういう考えを持っていてもいいんじゃないかと述べていた。

●学生たちと企業が短期間で作品を作る“HEAT Dev”の大賞を発表
“社長トーク with内定者”も終了したところで、本イベントの締めくくりとして“HEAT Dev”の表彰式が行われた。
“HEAT Dev”とは、3ヶ月という期間内に企画立案から開発までを学生たちが行う短期開発プログラムで、企画立案の講義に始まり、企画書作成→プロト制作、プロトαバージョンの評価を行い、最終的に完成バージョンを仕上げるというもの。
そうやって完成に漕ぎ着けた5作品のなかから、Social Creator Info賞並びにHEAT Dev大賞が発表された。

“HEAT Dev”の表彰式も終え、すべてのイベントが終了ということで、最後に馬場氏より“HEAT 4th 関西”開催に関するアナウンスが行われた。
開催できるかどうかは企業、学校、生徒たちの協力次第とのことだが、まだ参加できていないクリエイター志望の学生のためにも、近いタイミングでの開催を期待したい。
ゲーム業界では近年、通常の就職活動による採用だけでなく、今回の“HEAT”を初めとするさまざまな取り組みが行われている。
これまで業界の間口の狭さを感じていたクリエイター志望者と、クリエイター志望者が少なくないにも関わらず人材不足に嘆いていた企業との連携が深まりつつあることが、今回のイベントを通してあらためて実感できた。
ゲームが好きで、楽しい作品を作るクリエイターが増えるということは、未来のゲーム業界の発展にも寄与することにも直結している。
また、普段はなかなか接することのない企業と学生が同じ理念Happy&Winner”を持って一堂に会する本イベントは、ゲームの楽しさを知った子供たちが将来的に“自分でもゲームを作りたい”と考え、目指すべき場として、この先も継続・拡大を望みたいところだ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<黒川文雄のサブカル黙示録>「メタルギア」シリーズ“生みの親”の退職と独立 元社員が明かす問題の背景

 【20//2015】

<黒川文雄のサブカル黙示録>「メタルギア」シリーズ“生みの親”の退職と独立 元社員が明かす問題の背景


社員の勤怠は厳しく管理され、入出場ゲートを通った数が週次で上司にリポートされます。
つまり勤務時間内に喫煙室に何回出たかとかコンビニエンスストアに出かけていると想定される回数が多いと、上司は部下に注意をすることになります。
デスクは自由になっており、帰宅時は駅のコインロッカー並みの個人ロッカーに荷物を全部収納してから帰宅します。
午後6時になるといったんすべての照明が落とされますが、必要に応じて点灯し、残業をする人は作業を続けます。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

運命の彼女と出会った日!

 【20//2015】

 運命の彼女と出会った日!


みなさんはじめまして、ライターのまいたこです。
普段はコンシューマーゲームをメインにプレイしているのですが、かわいい女の子とリズムゲームは大好きということで、今日からスマートフォン向けリズムゲーム『ガールフレンド(♪)』のプレイ日記を担当します。
女性ユーザーの視点から、リズムゲームに関する話とキャラクターのかわいらしさを中心にお届けできればとおもっています。


センターガールは……君に決めた!!
まずはじめに、メインとなるセンターガールを選びます。
センターガールはプレイヤーレベルが上がると増やすことができるので、まずは直感で。
とはいっても、身長や性格、趣味やおっぱいの大きさが異なる、とっても魅力的なガールたちの中から1人を選ぶなんてできない……!!
スマホ片手に「あーでもない、こーでもない」と、30分間ぐらい悩みに悩んだ結果……朝比奈桃子ちゃん!君に決めた!!
彼女を選んだ理由は3つ。

・朝比奈ちゃんの「先輩!」っていう発音に萌えたから。
・守ってあげたくなるような小動物系のビジュアルに萌えたから。
・小倉唯さんのウィスパーボイスに萌えたから。

──そんな、すべてがかわいくてしょうがない朝比奈ちゃんといっしょに、『ガールフレンド(♪)』生活を送りたいとおもいます!よろしくね!
■ノートがハート!かわいくて押しやすいリズムゲーム
センターガールを選んだら、次はリズムゲームです。
本作は、6個のボタンをタッチしたり長押したりするシンプル操作なので、普段ゲームを遊ばないユーザーでもすっと入っていきやすいのが特徴。
さらにノートの形が「ハート」になっていて微妙な凹凸があるため、マーカーと重なったタイミングがわかりやすく感じました。

そうしたリズムゲームのルールもそうですが、何より背景でダンスをしている朝比奈ちゃんがかわいいのなんのって!アイドルのような愛らしい動きにコロコロと変わる表情、何より画面に向かって満面の笑顔でにっこりされた日には、にやけ顔を止めることは不可避!ありがとう、朝比奈ちゃん、すべてにありがとう。

というわけで、まずはゆっくり操作に慣れていき、いつかは一番難易度の高い「ゲキムズ」もクリアできるようになれるようにがんばります。
あと、すっかり大好きになった朝比奈ちゃんをはじめ、かわいいガールのみんなとも仲良くなっていきたいですね!
それでは、読者のみなさま、これから本プレイ日記をよろしくお願いします!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る