2015 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 02

“ドラゴンクエスト30周年プロジェクト発表会”詳報 シリーズの大ファン本田翼さんも応援にかけつけた

 【13//2016】

“ドラゴンクエスト30周年プロジェクト発表会”詳報 シリーズの大ファン本田翼さんも応援にかけつけた 


文・取材:編集部 古屋陽一、文・取材:編集部北埜トゥーン、撮影:カメラマン 和田貴光
●30周年を記念してのタイトルやイベントが盛りだくさん
2016年1月13日、都内にてスクウェア・エニックスによる“ドラゴンクエスト30周年プロジェクト発表会”が行われた。
1986年5月27日にファミコン用ソフト『ドラゴンクエスト』が発売されてから今年で30周年。
今年は“30周年イヤー”にあたるということで、数々のタイトルやイベントなどが予定されているが、今回の発表会はそんな30周年プロジェクトを紹介すべく開催されたものだ。

発表会では、まずはスクウェア・エニックス ドラゴンクエストシリーズ エグゼクティブプロデューサーの三宅有氏が登壇。
30周年を迎えられたのは「長きにわたりご助力をいただいた関係者の皆様方と世代を超えてご支援をいただいてきましたユーザーの皆様方のおかげです。
『ドラゴンクエスト』は30年もの長きにわたり、堀井雄二さん、すぎやまこういち先生、鳥山明さんのお3方と、我々スクウェア・エニックスがしっかりとチームを組んで、変わらずに作り続けてこられたことが何よりも大事なことでありまして、我々が誇るべきことでもあります。
引き続き、『ドラゴンクエスト』チームが一丸となって、さらなるチャレンジ――守るべきところは守り、攻めるべきところは攻めて――新しい『ドラゴンクエスト』を皆様にお届けできるようにがんばってまいります」と30周年を迎えた抱負と、今後に向けての意気込みを語った。

“新しい『ドラゴンクエスト』”というと、何よりも最新作の『ドラゴンクエストXI過ぎ去りし時を求めて』が気になるところだが、今回の発表会では「最新情報はありません」と三宅氏は冒頭で発言。
「開発は順調で、新しい情報はきっちりとまとめて、しかるべきタイミングでお伝えしたい」と述べた。

なにはともあれ、『ドラゴンクエスト』30周年に向けての施策は盛りだくさん。
発表会では、堀井雄二氏とドラゴンクエスト30周年プロジェクト 総括プロデューサーの市村龍太郎氏が登壇し、カレンダー順にリリースタイトルおよびイベントの数々をプレゼンしていった。
それは、「『ドラゴンクエスト』初期のころのようなマップ」(堀井氏)を駆使して、タイトル&イベントを紹介していくという、遊び心に富んだもの。
ここでは、発表会にならって、30周年プロジェクトの概要をお届けしていこう。

■1月28日 『ドラゴンクエストビルダーズアレフガルドを復活せよ』発売
いよいよ発売まであとわずかとなったプレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『ドラゴンクエストビルダーズアレフガルドを復活せよ』。
発表会ではプロデューサーの藤本則義氏が登壇し、「皆さん安心してください。
遅れていませんから!」と来場者を笑わせたあとで、「『ドラゴンクエスト』のRPGの要素と砂場遊びの要素が交わった作品です。
竜王によって荒廃してしまった大地を奪還して、自分流に復活させることがゲームの目的となります。
世界はブロックで構成されていて、ブロックを使っていろいろなものを作って壊して世界を作り直すことでできます」と本作の概要を説明した。
それに対して堀井氏も、「30年前も16×16ドットのパーツをペタペタ置いていってエディターで作っていたんです。
それが30年後に立体になって、パーツも増えて作れるのはすばらしいです」と感慨深げだった。

『ドラゴンクエストビルダーズアレフガルドを復活せよ』に関する新情報は、1月22日に体験版が配信されること。
体験版の対応プラットフォームはプレイステーション4とプレイステーション Vita。
残念ながら製品版へセーブデータは引き継げないが、「練習とゲームの操作感、雰囲気を味わってほしい」(藤本氏)とのことだ。

※『ドラゴンクエストビルダーズアレフガルドを復活せよ』PS4とPS Vita向けに体験版が1月22日配信決定!
■3月24日『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』発売
ニンテンドー3DS向けに3月24日に発売予定の『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』。
プレゼンでは、プロデューサーの犬塚太一氏が登壇し、「モンスターを仲間にして配合して育成する」と本作の概要を説明。
さらに、登場する500を超えるモンスターのすべてにライド(乗る)できるという、本作の大きな特徴を紹介してくれた。
500という数の多さを指摘した堀井氏に「乗れないモンスターがあったら悲しいじゃないですか」と犬塚氏がひとこと。
さらに、主人公は近未来を思わせるガジェットを装備しているが、こちらで世界中をサーチして、いろいろなものを見つけていくという。
市村氏も「いままでにない世界観」と太鼓判を押す。
犬塚氏の口からは「3月の頭には、できれば体験版を出したい」と気になる発言も聞かれた。

※『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』の公式リリースが到着体験版の配信予定もアリ?
■5月13日~15日 “リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト竜王迷宮からの脱出”開始
SCRAPが展開する“リアル脱出ゲーム”が『ドラゴンクエスト』とコラボ。
5月13日~15日まで千葉県・幕張メッセに“リアル脱出ゲーム×ドラゴンクエスト 竜王迷宮からの脱出”が展開される。
クリアー率ひと桁程度という難易度の高さを誇る“リアル脱出ゲーム”だが、堀井氏は、「『ドラゴンクエスト』シリーズは遊んでくれた人の全員に解いてほしいと思って作っています。
“王迷宮からの脱出”もみんなにラスボスまで到達してほしいという願いがあります」とのことで、そのことはSCRAPさんに伝えてあるという。
「クリアーしづらい“リアル脱出ゲーム”と、どのようなコラボになるか、楽しみです」と市村氏。

“竜王迷宮からの脱出”のチケットは、2月6日から一般発売が開始。
前売り券は3900円となる。
また、1月13日16時から14日23時59分まで、特別先行チケットが販売中。
詳しくは公式サイトにて。

ここで、ちょっとしたサプライズが!会場では“竜王迷宮からの脱出”の“謎”の一例がウォーミングアップとして出題されたのだが、「せっかくだから来場者の方に答えていただきましょう」(市村氏)ということで、挙手した来場者の中から指名されたのは、お笑い芸人の狩野英孝。
遊びにきたという狩野英孝は見事正解を言い当てて、切れ味の鋭さを見せていた。
なお、“竜王迷宮からの脱出”の公式サイトでは、会場で出題されたものとは異なる練習問題が出題中。
気になる方はお試しあれ!
■5月27日『ドラゴンクエスト』30周年!『ドラゴンクエストヒーローズII双子の王と予言の終わり』発売
2016年5月27日はまさに『ドラゴンクエスト』シリーズ30周年の日。
『ドラゴンクエスト』に関して印象的な出来事を聞かれた堀井氏は、「30年続くとは思わなかったです。
『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』発売のときに行列ができて、自転車で見に行きました。
冬のとても寒い日で、お茶でもさし上げたほうがいいのかな……と」とコメント。
そのエピソードは市村氏にとっても初耳だったようで、「自分は遊ぶ側で並んでいました」と当時を振り返った。
ちなみに、市村氏の誕生日は5月29日とのことで、『ドラゴンクエスト』は誕生日プレゼントとして買ってもらったのだとか。

そんな記念すべき日である5月27日が、当然何もなしで終わるということもなく、発表会では『ドラゴンクエストヒーローズII双子の王と予言の終わり』が5月27日に発表されることが明らかに!市村氏いわく「歴代キャラクターが戦うゲームで、30周年にふさわしいタイトルです。
ストーリーはかなり凝っていますよ」とのことだ。

※『ドラゴンクエストヒーローズII双子の王と予言の終わり』発売日が2016年5月27日に決定

■夏 『ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー』稼動予定
アミューズメント向けとしては6年ぶりの新作になるという『ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー』が2016年夏稼動予定であることが発表!市村氏はさらに踏み込んで「6月末くらいには始めたいです」とコメント。
本作では、モンスターの強さに合わせて、大、中、小の“モンスターチケット”を用意。
技術の進化により、サイズの違うチケットをゲットできるようになったのだという。

ちなみに、チケットをスキャンする“スキャナー”は、ドラゴンクエストV天空の花嫁』の主人公の最強装備“ドラゴンのつえ”をモチーフにしているとのこと。
堀井氏も「スキャンしたい!」と、稼動開始が待ちきれなさそうな表情だった。

※アミューズメント向けカードゲーム機『ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナー』は2016年夏より順次稼働スタート!
■7~8月ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー
全国で40万人規模の動員を予定している“ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー”の開催が7~8月にかけて実施されることが発表。
場所は、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ、大阪城ホール、日本ガイシホール、マリンメッセ福岡の5箇所。

詳細は、1月20日の午後7時56分から日本テレビ系列で放送予定の“1億人の大質問!? 笑ってコラえて!”の緊急生放送で明らかになるという。
と、詳細は発表は同番組にて……となるはずだったのだが、堀井氏からは「『ドラゴンクエストIII』がモチーフになっていて、なつかしいキャラクターが出てきます」との気になるひと言が!思わぬぽろり(?)に市村氏が「変な汗をかいてきました」と漏らすひとコマも。
何はともあれ、相当大掛かりなライブになるとのことで、楽しみです!

※ライブイベント“ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー”が7~8月に全国5都市で開催決定!
■7~9月“ドラゴンクエストミュージアム”
7月下旬から9月中旬に、渋谷ヒカリエにて開催される“ドラゴンクエストミュージアム”。
『ドラゴンクエスト』の展覧会は以前にも行われたが、今回名前も変えて「見せかたもいろいろと工夫した」(市村氏)とのことで、『ドラゴンクエスト』シリーズ30年にわたる冒険の軌跡が辿れるようになっているという。
入り口に鎮座する予定なのが、ロト装備のフルセット!もちろん1点もので、ただいま鋭意制作中とのこと。
そのほか、ユニークな展示が予定されているようで、「『ドラゴンクエスト』の世界をたっぷり堪能できます」と市村氏も自信を持つ。
詳細は、2月15日に明らかにされるとのことだ。

※“ドラゴンクエストミュージアム”が2016年7月下旬~9月中旬に開催決定!
■?『ドラゴンクエスト』とユニバーサル・スタジオ・ジャパンとのコラボ
「時期は伝えられませんが……」(市村氏)と前置きしたうえで、明らかにされたのが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとのコラボ。
奇しくも今年はユニバーサル・スタジオ・ジャパンにとっても15周年にあたるらしく、メモリアルなコラボが期待できそう。
こちらのプロジェクトは時間をかけて取り組んでいるようで、堀井氏や市村氏も何度もユニバーサル・スタジオ・ジャパンに赴いては打ち合わせを重ねているのだとか。

堀井氏「“遊びに行っているんじゃないか?”という声もあがっていますが……。
市村氏「そんなことはありません。
真剣に取り組んでいます」
堀井氏「その証拠あります?」
という掛け合いの果てに紹介されたのは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内での楽しそうな写真。
「若い子が吸い込まれていくので、“なんだろう”と思って体験した」(市村氏)とのことだが、そんなお約束はともかくとして、どんな内容になるか、本当に気になるところです。
「そんなに遠くないころに情報公開をしたい」とのことでお待ちしております!

※『ドラゴンクエスト』のアトラクションが!?ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとのコラボが決定
■さまざまな記念プロジェクトが!
そのほか、30周年にあたっては、関連CDやコンサートなど、盛りだくさん。
とくに記者が個人的に注目せずにいられなかったのは、『ドラゴンクエスト』30周年関連書籍として刊行予定の『鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ(仮題)』。
スクウェア・エニックスの長年にわたるリクエストがようやく聞き入れられたという同書は、稀代の絵師、鳥山明氏の『ドラゴンクエスト』シリーズの仕事が凝縮された一冊。
『ドラゴンクエスト』ファン、鳥山明ファンならずとも必見なのではなかろうか。

※リアル脱出ゲームやUSJコラボ、ライブツアーからミュージアムまで……『ドラゴンクエスト』30周年記念プロジェクトが続々展開
■気になる『ドラゴンクエストXI過ぎ去りし時を求めて』の情報もちらり……
冒頭では、「新情報はなし」と明言されていたものの、さすがに言及しないわけにはいかないということで、最後に誰もが気になる『ドラゴンクエストXI過ぎ去りし時を求めて』についても言及された。
堀井氏によると、「どのくらいまで進んでいるか気になるかと思いますが、物語はほぼ作り終えていて、頭の部分は本気で遊べるものができあがっていて、この前もニンテンドー3DS版とプレイステーション4版を遊ばせてもらったのですが、かなりいい感じでした。
とにかくボリュームが多くて物量があるので、もうちょっとかかると思いますけれど、30周年のうちにだせればいいかな……という感じで」と会場に来合せたスクウェア・エニックスの経営陣の配慮しつつも、気になる発言が。
そのうえで、「すごくいいゲームになると思うので、今後の情報に期待してほしいです」とまとめた。

ちなみに、市村氏によると、『ドラゴンクエスト』の30周年は、2016年5月27日から1年間ということで定義されているとのことで、「それまでには何とか出したいな」とのことだ。

盛りだくさんの内容が紹介された“ドラゴンクエスト30周年プロジェクト発表会”だが、すべての情報を網羅した、“ドラゴンクエスト30周年記念ポータルサイト”が立ち上げられている。
今後、同サイトにて最新情報が更新されていくとことで、気になる方はまめにチェックすべし。

最後に堀井氏は、「30周年ありがとうございます。
ユーザーの皆さんはスタッフのおかげで、感謝の気持ちしかありません。
これから1年いろいろなイベントやソフトなどがありますが、よろしくお願いします」とコメント。
次いで市村氏は、スクウェア・エニックスのスタッフや、いっしょに取り組んでいる他社の人はみな“『ドラゴンクエスト』のファン”だと語り、「みんなで精一杯やっていきますので、いっしょに楽しんで盛り上げていければと思います」と述べ、発表会前半を締めくくった。

●本田翼さんがゲストとして登場!ファンならではの鋭いコメントを連発
発表会の後半では、『ドラゴンクエスト』が大好き!という女優の本田翼さんがゲストとして応援にかけつけ、堀井氏と市川氏とともに濃い『ドラゴンクエスト』トークをくり広げた。

祖父の家で兄がシリーズ作を遊んでいるのを見て、『ドラゴンクエスト』に興味を持ったという本田さん。
その後、ゲームボーイ版『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』をプレイし、12歳くらいのときに『ドラゴンクエストV天空の花嫁』を遊んだのだとか。
シリーズのプレイ歴は11~12年くらいというから、23歳という本田さんの人生の半分は『ドラゴンクエスト』ファンとして過ごしていることになる。

本田さんはとことんプレイするタイプで、「1日お休みだったら、前日に食料を買い込んで、つぎの日は18時間でもプレイします」というから、かなり熱心なゲームユーザーのよう。
レベル上げが好きで、防具も「その街でいちばん高いものを買わないと気が済まない」タイプだという。
そんな本田さんのコメントを受けて、市村氏が「ラスボスは余裕で倒せてしまうのでは?」と質問すると、本田さんは「(ラスボスが)理不尽なときがあるじゃないですか」と、ファンならではのストレートなお返事。
「それが人生だから、ですよね」とコメントしつつ、市村氏がたじたじとする中、「“凍てつく波動”をくらって、(その後)“バイキルト”や“スクルト”でどんなに対応しても倒されてしまう。
楽勝ではないです。
それが楽しいです!」と続けた。

司会者から改めて『ドラゴンクエスト』シリーズの魅力を聞かれた本田さんは、小学生のときに遊んでいたときと、大人になって改めてプレイしたときとでは、「話の入りかたが違う」と分析。
子どものときはただ楽しみながらやっていたものが、「人になって体験してみると、物語の深さに改めて気づける」のだという。
ちなみに、本田さんの好きなキャラクターは、スライムナイトのピエール。
『ドラゴンクエストV』のときもパーティーの中に入っていたという。
堀井氏は、“スライムナイト”とは言わずに、“スライムナイトのピエール”と発言するところに、いかに本田さんが『ドラゴンクエスト』好きかを感じとって感嘆することしきりだった。

続いて、「『ドラゴンクエスト』の産みの親である堀井雄二さんに、この機会に何か聞きたいことはありますか?」との質問には、『ドラゴンクエストVI幻の大地』の“バーバラ”は“マスタードラゴン”なんですか?」と、まさに熱心なファンならではの質問をして、堀井氏を「なんていうマニアックな質問を!」と絶句させることに。
ご存じでない方のために補足しておくと、『ドラゴンクエストVI幻の大地』では、ゲーム中でのバーバラの行動などから、「“バーバラ”は“マスタードラゴン”ではないのか?」との意見がファンの中で出ているものの、公式的な見解は発表されておらず、いまだにファンどうしで議論がくり広げられているトピック。
まさに“ファン代表”との立ち位置から切り込んだ本田さんの質問に対して堀井氏は、「明らかにしていない」と回答。
“確かに、ある場面でバーバラを抜いている”という気になる発言を混ぜつつ、「ハッキリ言ってしまうと、つまらなくなってしまうので」と答えていた。

そしてここで、本田翼さんがスマートフォンでサービス中の『星のドラゴンクエスト』のテレビCMに出演することが明らかに。
撮影から1週間も経っていないとのことだが、撮影時の印象深いエピソードとして、「とある装備をさせていただいたんですけど、それが本当にうれしかったです。
ほかにも宝箱を漁っているシーンもあって、それが『ドラゴンクエスト』の世界に入れたようで、終始楽しい撮影でした」とうれしそうに語った。
撮影に立ち会っていた堀井氏と市村氏も「本当に(『ドラゴンクエスト』が)好きなんだという気持ちがでていた」とのことだ。
CMは2月末より放送開始予定とのことなので、そちらもお楽しみに!
最後に本田さんからは、「30周年おめでとうございます。
これから何十年も続いていくシリーズだと思うので、ずっとファンでいます!楽しみにしています」と『ドラゴンクエスト』30周年を応援するメッセージが寄せられた。

いよいよ動き出す30周年プロジェクトの数々。
2016年、『ドラゴンクエスト』シリーズは多いに盛り上がるに違いない。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PS4「World of Tanks Console」、正式サービス開始日決定!1月中プレイで“PS20周年記念”の「T1E6」をプレゼント

 【13//2016】

PS4「World of Tanks Console」、正式サービス開始日決定!1月中プレイで“PS20周年記念”の「T1E6」をプレゼント


ウォーゲーミングジャパンは、プレイステーション 4用オンラインタンクバトル「World of Tanks Console」について、正式サービスを1月20日より開始する。
ダウンロード、利用料金は無料で、ビジネスモデルはアイテム課金制。

PS4版「World of Tanks Console」は、PS4本体とPSNアカウントを持っていれば、インターネットに接続することで誰でもプレイできる。
PS Plusはプレイには必須ではないが、登録していれば様々な特典が用意される予定。

なお1月20日から1月31日までの間にPS4版「World of Tanks Console」をプレイすると、「PlayStation 20周年記念 アメリカ軽戦車 T1E6(プレミアム車輌)」がプレゼントされる。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「MHF-G」、新G級モンスター「特異個体 ヴォルガノス亜種」実装決定新機能実装の「天廊遠征録」や「エヴァコラボ」キャンペーンなども開催

 【13//2016】

「MHF-G」、新G級モンスター「特異個体 ヴォルガノス亜種」実装決定新機能実装の「天廊遠征録」や「エヴァコラボ」キャンペーンなども開催


カプコンは、Windows/プレイステーション 3/Xbox 360/Wii U/PlayStation Vita用ハンティングアクション「モンスターハンター フロンティアG(MHF-G)」において、1月13日よりG級モンスター「ヴォルガノス亜種」を実装することを発表した。
また、それと同時にゲーム内イベント「みんなで挑め!紅溶岩竜」、「天廊遠征録」などを開催することも発表した。


■ G級モンスター「ヴォルガノス亜種」武具の生産・強化素材を入手! 「みんなで挑め!紅溶岩竜」を実施
G級モンスター「ヴォルガノス亜種」の実装を記念して、1月13日メンテナンス終了後~2月3日メンテナンス開始前までの期間中、ゲーム内イベント「みんなで挑め!紅溶岩竜」が実施される。
これは、G級モンスター「ヴォルガノス亜種」武具の生産・強化素材が入手しやすくなるクエストが配信されるというもの。

さらに、イベント開催期間内に指定された武具を生産・強化することで、オリジナル防具「レウアスGシリーズ」の生産素材が入手可能になる。
こちらの詳細な条件についてはお知らせページを参照のこと。

■ 新要素「猟団調査」が実装された「天廊遠征録」を実施
1月13日メンテナンス終了後~1月20日メンテナンス開始前までの期間、第13回「天廊遠征録」が実施される。

また、今回より猟団員で協力して依頼を達成する新要素「猟団調査」が実装される。
これらを達成するとパートナーの武器習熟度を増加させるアイテム「武器習熟状」や「宝玉」、「天廊武具」の生産素材などの達成報酬が獲得可能。
そのほか、猟団員全員にタワースキルの支援効果も発動するようになる。

さらに、新オリジナル防具「ハリメノリシーズ」も登場。
こちらの生産素材「流麗な青布」は天廊第二区の宝箱などから入手可能となっている。
なお、イベントの参加条件などの詳細についてはお知らせページを参照のこと。

■ 「おためし小判G」がゲットできる! 「氷牙が渦巻く!ベリオロス!」実施
1月13日メンテナンス終了後~1月27日メンテナンス開始時までの期間、「氷牙が渦巻く!ベリオロス!」が実施される。
当イベントは「ベリオロス」武具の生産・強化素材を入手しやすくなっており、期間中に対象の防具を入手すると、オリジナル防具「レウアスGシリーズ」の生産素材も獲得できる。

そのほか、特定の達成条件を満たすことで、報酬として「おためし小判G」も獲得可能。
なお、各種詳細についてはお知らせページを参照のこと。

■ 獲得素材数3倍!狩人祭「勝ちネコからの挑戦状」褒賞祭を実施
1月13日メンテナンス終了後~1月20日メンテナンス開始時までの期間、第93回狩人祭「勝ちネコからの挑戦状」が実施される。
今回は、第93回狩人祭「勝ちネコからの挑戦状」におけるすべての目標が達成されたため「素材獲得数3倍」、「祭ポイント5倍」、「G級秘伝への導き(初配信含む)」、「HRP/SRP/GRP/GSRP各4倍」といった特典が付与される。

それ以外にも、★7G級HC素材16種、剛種素材16種がそれぞれ祭ポイントで交換可能になるほか、「祭の思い出」クエストなども配信される。
これらの詳細については特設サイトを参照のこと。

■ エヴァコラボ武具が入手できる! 「エヴァコラボガチャ」10枚100円の増量キャンペーンを実施
1月6日メンテナンス終了後より、「エヴァンゲリオンバツMHF-G エヴァコラボガチャ」および「エヴァコラボガチャ第2弾」において、価格はそのままで通常時よりも多い枚数で購入できる「エヴァコラボガチャ」増量キャンペーンが実施されている。

このキャンペーン中は、ガチャの購入が「お一人様1セット限り」でお得になっているというもの。
なお、価格帯によって増量されている枚数の割合が異なっている。
詳細についてはお知らせページを参照のこと。

(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ドラゴンクエスト30周年プロジェクト」USJに展示会と30周年記念企画続々堀井雄二氏「『ドラゴンクエストXI』は30周年の間にリリースしたい!」

 【13//2016】

「ドラゴンクエスト30周年プロジェクト」USJに展示会と30周年記念企画続々堀井雄二氏「『ドラゴンクエストXI』は30周年の間にリリースしたい!」


スクウェア・エニックスは、「ドラゴンクエスト30周年記念プロジェクト」を発表した。
すでに速報でお届けしているが、ここでは詳報をお伝えする。
5月27日に30歳の誕生日を迎える「ドラゴンクエスト」シリーズ。
30周年の記念イヤーに合わせ、今年から来年にかけソフトのリリースや数多くのイベントが予定されている。


大きな発表が相次ぐと考えられた今回の発表会で「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の最新情報が発表されるのではないかと色めき立ったプレス関係者も多かったが、機先を制するように壇上に立った「ドラゴンクエスト」シリーズプロデューサーの三宅 有氏は「今回は新しい発表はありません」とぴしゃり。
ただ、順調に開発が進んでいることを明らかにし、「時期が来たらまとめてきちんと発表しますので、今しばらくお待ちください」と語った。

一方、各種発表を行なった「ドラゴンクエスト」のゲームデザインを担当する堀井雄二氏と30周年プロジェクトの統括プロデューサーの市村龍太郎氏は発表会の最後に「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の進捗に触れた。

堀井氏は「物語はほぼ終りました。
ゲームの冒頭を遊ぶことができるものも出来上がり、この間本気でプレイさせてもらった。
すごく良いゲームになる。
ただ、ボリュームと物量があるので、もう少しかかります」と開発の進捗について報告があった。

同時に「“30周年”の間に出したい」と発売時期についてはじめて触れた。
市村氏によれば「(スクウェア・エニックスの定義では)5月27日から1年間が30周年」ということで、「2017年5月27日までには出したい」ということになる。
市村氏は同時に、「すべては『ドラゴンクエストXI』の発売に向かって頑張っている」と語り、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の発売が30周年のゴールとして設定されていることを明かしている。

それでは、30周年イヤーのカレンダーに従って発表案件をお伝えしていく。

■ 「ドラゴンクエストビルダーズアレフガルドを復活せよ」
発売が1月28日と迫ってきているプレイステーション 4/3/PlayStation Vita用「ドラゴンクエストビルダーズアレフガルドを復活せよ」。
「ドラゴンクエストI」で竜王に屈した勇者の世界を描いた本作について堀井氏は「『ドラゴンクエストI』はツールでドットを埋めてゲームを作っていたが、30年経って3Dになってブロックを組み合わせて世界を作ることができるようになった。
面白い」と感慨深そうに語った。

今回の新発表は、「体験版」が1月22日に配信されるということ。
セーブデータを引き継ぐことはできないが、「操作感覚を確かめながら、街作りの練習をして欲しい」と語った。

■ 「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」
ニンテンドー3DS用「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3」の発売も3月24日と迫ってきている。
今回は神風動画による気合いの入ったムービーが公開された。

今作でのポイントはモンスターに乗ってフィールドを冒険することができる点と、ヘッドマウントディスプレイのように頭部に取り付けた近未来的な装置による新しいゲーム性だ。
まずモンスターに“ライド”できる点については、500何種類もいるモンスター全てに乗ることができる。
もちろん、スライムから巨大なモンスター、水中に生息するモンスターまで、乗れないモンスターはいないという。
乗ることによってモンスターが強くなるなどゲームシステムにも関わってくるという。

頭部に付けるヘッドマウントディスプレイのような装置に関しては、サーチすることで普段見えないものが見えるようになったり、モンスターのデータを見ることもできるのだという。
有効活用することで、かなり冒険に役立つ装置のようだ。

3月頭には体験版をリリースしたいと言うことなので、続報を待ちたい。

■ リアル脱出ゲーム「竜王迷宮からの脱出」
5月13日~15日まで幕張メッセの4ホール~7ホールまでを使って開催されるリアル脱出ゲーム「竜王迷宮からの脱出」の続報も発表された。
チケットの販売は2月6日で、価格は前売り3,900円、当日4,400円。
1月13日16時から14日23時59分までイベント公式サイトにおいて特別先行チケット販売が実施されている。

堀井氏は「リアル脱出ゲームは何度かやったが、最後の詰めでダメだったりけっこう難しい。
正解率は7%から10%程度らしい。
『ドラゴンクエスト』はほぼ全員に解いて欲しいと思って作っている。
だからこのリアル脱出ゲームでも、みんなに竜王を倒して欲しいと思っていて、その思いを(リアル脱出ゲームを作っている)スクラップの加藤さんに伝えている」と要望を出していることを明らかにしている。

■ 「ドラゴンクエストヒーローズII」
5月27日という「ドラゴンクエスト」シリーズの誕生日には、プレイステーション 4/3/PlayStation Vita用「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」が発売されることが決定した。
ゲームに関する発表はなかったが、堀井氏からは「ドラゴンクエストI」が発売された当時のエピソードが語られた。

堀井氏は「『ドラゴンクエスト』シリーズは30年続くと思わなかった」と語りながらも、1作目が発売されたその日にはすでに2作目の制作に取りかかっていたのだという。
発売されたことには電話で連絡があっただけで、特別な感慨はなかったようで「面白いものができたなと思って、勝算はあった」と手応えがあったようだ。

「シリーズにおいて記憶に残っていることは?」と問われた堀井氏は「『ドラゴンクエストIII』で社会現象になって、行列が出来たと聞いて自転車に乗って見に行った。
なんか申し訳なくて、お茶とか出して上げたい気持ちになった」と振り返っている。

堀井氏と市村氏は5月27日に「お祝いしたい……イベントなんかやらないのかな?」とコメントしており、今後もしかしたらイベントなどが開催される可能性も示唆した。

■ 「ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー」
アーケード用「ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー」の稼働時期が発表となった。
稼働時期は「この夏」と発表されたが、市村氏は「夏と言っても早い頃。
6月末には稼働開始して、夏休みには全国でプレイできるようにしたい」と語った。

■ 「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」
この7月から8月まで開催されるライブで、全国で40万人を動員する予定だという。
開催地は横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ、大阪城ホール、日本ガイシホール、マリンメッセ福岡と大きな会場が押さえられているようだ。
堀井氏によれば「『ドラゴンクエストIII』がテーマとなり、人気キャラクターが登場する、かなり大がかりなライブとなる」ということらしい。

詳細については、1月20日に日本テレビ系列で放送される「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」で発表されるという。

■ 「ドラゴンクエスト ミュージアム」
7月下旬から9月下旬にかけて、勇者の冒険の軌跡が語られる、展示会が行なわれる。
映像や立体物、体験できるイベントなどを通じて「ドラゴンクエスト」の世界を楽しむことができる。

入り口には、いきなり職人が作った一点物のロトの装備(剣、鎧、盾)が展示されるという。
ロト三部作に始まり、天空シリーズ、そして7~9作目まで各作品の展示物を網羅。
歴代のボスが登場するほか、モンスターとふれあえるモンスターパーク、飲食が楽しめるコーナーなどが企画されているという。

会場は渋谷ヒカリエ。

■ 「ユニバーサルスタジオジャパン」とのコラボレーション
開催時期や内容に関して一切発表できないというが、「ユニバーサルスタジオジャパン」とのコラボレーションが予定されている。
堀井氏が言うには「一種のアトラクションのようなものですよね」とのこと。

かなり前から話は進んでおり、すでに何度も視察しているのだという。
「ユニバーサルスタジオジャパン」はすでにコンテンツとのコラボレーションを1つの柱として実績を積んでおり、そのクオリティも折り紙付きだ。
全ぼうの発表が楽しみなところ。

■ 「星のドラゴンクエスト」のCMに本田翼さんが決定!
発表会の最後に、スマートフォン用「星のドラゴンクエスト」のCMにモデル/女優の本田翼さんが決定したことが発表となった。

かなりの「ドラゴンクエスト」好きで、これまで各シリーズ作品をプレイしてきたという。
祖父の家にあったファミリーコンピュータ、スーパーファミコンでお兄さんがゲームをプレイしていたのを見ていたのがきっかけで、「ドラゴンクエストV」を10さいころにプレイし始めたのがスタート地点。
すでに12~13年の「ドラゴンクエスト」歴だという。

今でもプレイするとなると、「お休みの前日に食料の買い出しをして、1日全部を使って18時間ほどプレイする」というガチプレーヤーぶりを披露。
レベル上げが好きということでコツコツと進めていき、「街に着いたらその街で1番高い装備を購入しなければ気が済まない」という。
これを聞いた市村氏が「じゃボスも楽勝ですね?」とふると、本田さんから「いえ、バイキルトをいくらかけてもゼロに戻されるなど、理不尽なボスがいるじゃないですか!」と切り替えされ、市村氏もたじたじ。

本田さんは「小学生の時はただ楽しいだけのゲームでしたが、大人になって再度プレイすると物語の奥深さに気付きました」と「ドラゴンクエスト」シリーズの面白さについて感想を述べた。

このほかにも、好きなキャラクターは「スライムナイトのピエール」などコアな話は続く。
堀井氏には「バーバラはマスタードラゴンなのでしょうか?」と質問。
堀井氏は「戦闘から外れるなど、におわす部分があるけど、そこは想像した方が楽しいでしょ?」と明言を避けた。
また市村氏など制作陣への要望を問われると「物語に結末がある方が好きなので、RPGにエンディングを付けてください」とコメント。
ここでも市村氏は言葉を詰まらせていた。

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」ももちろん楽しみにしていると言うが、PS4版と3DS版とどちらを購入するか悩んでいるという。
「2Dで描かれている3DS版かな……」と揺らぎながらも、「でも家でもやりたいので、結局両方買うと思います」とやはりガチなコメントを残した。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PS4/PS Vita『クリプト・オブ・ネクロダンサー』1月18日配信決定、リズムゲームとローグライクが融合

 【13//2016】

PS4/PS Vita『クリプト・オブ・ネクロダンサー』1月18日配信決定、リズムゲームとローグライクが融合


スパイク・チュンソフトは、PS4/PS Vitaソフト『クリプト・オブ・ネクロダンサー』の配信を、2016年1月18日より開始します。


「ローグライク」と「リズムアクション」の特徴を融合させたユニークなゲーム性で、これまでにない感覚でダンジョン探索が楽しめる『クリプト・オブ・ネクロダンサー』。

ゲーム中は「1ビートが1ターン」となり、BGMに合わせてゲーム内の時間が進行。
プレイヤーがキャラクターを動かさなくとも、モンスターはリズムに合わせて動き、次々と襲いかかってきます。
この危険なダンジョンに挑むには、素早い判断とリズミカルな操作が欠かせません。

Steamにて一足早くリリースされたPC版では、アーリー・アクセスタイトルとしての最多販売本数を記録。
すでに好評を博した実績を得ており、満を持してPS4/PS Vitaに登場します。
また日本版でのオリジナル要素として、主人公のビジュアルを『ダンガンロンパ』『風来のシレン』『喧嘩番長』シリーズより、全11キャラクターに変更できる機能を追加。
加えて、『ダンガンロンパ』シリーズ楽曲のリミックスバージョンが実装されることも決定しています。

個性的なゲーム性でユーザーを魅了し、さらにスパイク・チュンソフトファンの心もくすぐる『クリプト・オブ・ネクロダンサー』ですが、このたび本作の配信日が明らかに。
来週の月曜日となる1月18日に、本作の配信がスタートします。

価格は1,800円(税抜)で、PS4とPSVitaのクロスバイに対応しているのも見逃せないポイントです。
公式サイトでは紹介動画も公開されているので、購入するか悩んでいる方はそちらもチェックしておきましょう。

『クリプト・オブ・ネクロダンサー』は2016年1月18日配信予定。
価格は、1,800円(税抜)です。

Crypt of the NecroDancerTMis copyright c 2016 Brace Yourself Games. All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ドット絵アート特化の展示企画展「ピクセルアウト」開催決定ピクセルアーティスト14名が探る「ピクセル」の未来と可能性

 【13//2016】

ドット絵アート特化の展示企画展「ピクセルアウト」開催決定ピクセルアーティスト14名が探る「ピクセル」の未来と可能性


ギャラリー「pixiv Zingaro」は、ピクセルアート(ドット絵)をテーマとした企画展「ピクセルアウト」を2月25日から3月8日まで開催する。
入場料は無料。

「ピクセルアウト」は、様々な手法でピクセルを用いた作品を制作する14名の作家を集めて展示するアート展。
本展では、レトロゲームなどと共に語られがちなピクセルアートをノスタルジックな印象から引き離し、ピクセルという単位から画面/デジタルメディアについて再考することが目的となっている。

■ 参加作家一覧
m7kenji
奥田栄希
Gavin Reed
日下一郎
重田佑介
鈴木一太郎(zerotaro)
たかくらかずき
二艘木洋行
Paul Robertson
Valenberg
マリヒコ
安田昂弘
矢野由布子
やんこま
■ 「ピクセルアウト」概要
日程:2月25日~3月8日
12時~19時 ※水曜定休
会場:pixiv Zingaro
入場:無料
運営:Kaikai Kiki
協力:pixiv
□ イベント情報1:「ピクセルアウト」レセプション・パーティー
「ピクセルアウト」開催を記念して、初日2月25日18時からレセプション・パーティを行なう。
会場では、飲み物とお菓子が用意される。
誰でも参加可能。

日程:2月25日18時~20時
会場:pixiv Zingaro
参加費:無料
□ イベント情報2:ピクセルアウト×TORIENA「ENTER BIT」
ピクセルアウトとチップチューンアーティストTORIENAの共同企画。
詳細は以下サイトにて告知される。

http://2-5-d.jp
日程:2月21日18時~
場所:渋谷PARCO 2.5d & USTREAM



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「グランツーリスモ」東京オートサロン2016年出展体験型シミュレーターを使用したテクニカルデモを体験!

 【13//2016】

「グランツーリスモ」東京オートサロン2016年出展体験型シミュレーターを使用したテクニカルデモを体験!


ソニー・コンピューターエンタテインメントジャパンアジアは、1月15日から1月17日まで幕張メッセにて開催される「東京オートサロン2016」に、「グランツーリスモ」協賛ブースを国際展示場4ホール2F通路に出展する。


「グランツーリスモ」ブースでは、PS3「グランツーリスモ6」の体験型シミュレーターを使用したテクニカルデモを体験することができるほか、「グランツーリスモSPORT」関連映像の放映も行なわれる。
体験プレイに参加するにはイベント当日、下記時間にブースにて配布する整理券が必要。

(整理券配布予定時間)
1月15日(金)15:15~
1月16日(土) 9:00~、13:00~
1月17日(日) 9:00~、13:00~



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『黒い砂漠』ウォーリアの覚醒武器&新ワールドボス“大空の虐殺者カランダ”が実装決定!

 【13//2016】

『黒い砂漠』ウォーリアの覚醒武器&新ワールドボス“大空の虐殺者カランダ”が実装決定!


●大剣の豪快な攻撃で敵を薙ぎ払う!
ゲームオンは、サービス中のPC用オンラインRPG『黒い砂漠』において、ウォーリアの覚醒武器“大剣”を追加するアップデートを、2016年1月27日(水)に実装する。

以下、リリースより。

----------
株式会社ゲームオン[本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:李 相?(イ サンヨプ)] は、新作オンラインRPG『黒い砂漠』において、ウォーリアが両手持ちの大剣を持ち、より豪快な攻撃を繰り出すことができるようになる覚醒武器「大剣」を追加するアップデートを2016年1月27日(水)に実装することを本日発表いたしました。

既存のウォーリアは片手剣と盾を持った攻守のバランスがとれたクラスですが、覚醒すると両手持ちの大剣を装備することができるようになります。
それぞれを切り替えることで、より多彩な攻撃を繰り出すことができます。
覚醒武器に関するストーリーは公式メンバーサイトの、アップデート特設ページにて公開しておりますので、こちらもぜひご覧ください。

また1月27日に新ワールドボス「カランダ」も追加されます。
「カランダ」はハーピーの群れの中で一番強い雌で、倒すのには困難が伴いますが、見事討伐に成功すると貴重なダンデリオン武器を入手できる可能性があります。

そして本日より水兵をイメージした爽やかな新アバターセット「エフェリアマリーナアバター」や、砂漠地域で効果を発揮する新ペット「砂漠キツネ」なども追加されました。

ウォーリアの覚醒武器「大剣」の追加は1月27日を予定しております。
アップデート当日をお楽しみにお待ちください。

■ウォーリアの覚醒武器や新ワールドボスが登場するアップデート「戦士の目覚めと天空の女王」■
■ウォーリア覚醒武器「大剣」
1月27日(水)に実装となる注目のコンテンツは、今後他クラスも続々と公開される覚醒武器の第一弾、ウォーリアの「大剣」です。

ウェポンチェンジ
既存の「剣/盾」による攻守のバランスがとれた戦闘が特色のウォーリアですが、大剣に切り替えることで豪快な攻撃を繰り出し敵を薙ぎ払うことが可能です。

大剣スキル
■新ワールドボス 大空の虐殺者「カランダ」
冒険者に恐れられるハーピーの群れの中で一番強い雌、それが「カランダ」です。
彼女は同族からの絶対的な忠誠を求めるため、他の生物を無差別に虐殺し、その力を誇示します。
大空の虐殺者たるこの女王を退けることができれば、強力な性能を持ったダンデリオン武器を手にすることができる可能性があります。

※開発工程により、実際導入される内容と異なる場合がございます。
※「戦士の目覚めと天空の女王」アップデート特設サイト
■爽やかな水兵アバターや砂漠に適した新ペット「砂漠キツネ」、武器交換券が登場!
本日より登場した新便利アイテムには、水兵をイメージした爽やかな「エフェリアマリーナアバター」や砂漠地域に適した効果をもつ「砂漠キツネ」が登場。
また、武器を他クラス用に変える「武器交換券」も登場します。
さらに、クリスマスイベントに参加できなかった方の為に、イベントアイテムなどがランダムで獲得できるボックスを期間限定でマイレージポイントで交換可能に!

・エフェリアマリーナ武器、衣装セット(アバター)
各種効果が付与されたアバターセット。
武器、防具の外見を飾ることができます。
・エフェリアマリーナ下着(アバター)
幸運潜在力が1段階上昇します。
・砂漠キツネ(ペット)
10秒に1回、アイテムを拾ってくれます。
成長時、拾う間隔と熱中症、低体温症への抵抗が増加します。
・武器交換券(便利/機能)
使用時、所持している他のクラスのメイン武器を、武器交換券を使用するとクラスのメイン武器に変更できます。
※2月3日(水)メンテナンスまでパール商店にてパールと交換可能です。
・[EV] クリスマスイベントボックス(イベント(マイレージ))
クリスマスイベントアイテムなど各種アイテムがランダムで1種獲得できるボックスです。
※1月27日(水)メンテナンスまでマイレージポイントで交換可能です。

※「新便利アイテム」 告知サイト


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<MD松尾のヒット解析>3連休も「モンハン」「モンスト」の2強が人気

 【13//2016】

<MD松尾のヒット解析>3連休も「モンハン」「モンスト」の2強が人気


トップは「モンスターハンタークロス」が守りそう。
続くのは「オーディンスフィア レイヴスラシル」(PS4・PS3・Vita、アトラス)のVita版か。
3ハードでの発売となりますが、予約も好調で体験版も配信されており話題を呼びそう。
3位以下には「オーディンスフィア レイヴスラシル」のPS4版、「カードファイト!!ヴァンガードGストライドトゥビクトリー!!」(3DS、フリュー)あたりが並びそうです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「アサシン クリード クロニクル インディア」本日配信!ローンチトレーラー2本も同時に公開

 【13//2016】

「アサシン クリード クロニクル インディア」本日配信!ローンチトレーラー2本も同時に公開


ユービーアイソフトは、「アサシン クリード」シリーズのスピンオフ作品として、プレイステーション 4/Xbox One/Windows向け2.5Dアクションゲーム「アサシン クリード クロニクル インディア」を1月13日に配信した。
価格は1,400円(税別)。


「アサシン クリード クロニクル」シリーズは、“2.5D”と銘打たれた3Dグラフィックスの臨場感と2Dアクションのゲーム性を兼ね備えた作品。
2作目となる本作は1841年、シク王国とイギリスの東インド会社との対立が起こっていたインドが舞台となる。
かのアレクサンダー大王も追い求めたと伝えられる謎のアーティファクトを巡り、テンプル騎士団、そして対立するアサシン教団の戦いの幕が切って落とされる。
戦火の最中、主人公アルバーズ・ミールは愛する者たちを守るために立ち向かう。

本作では、新ガジェット「グラップルフック」と伝統の曲剣「タルワール」、さらに地形を利用して攻撃する遠隔投擲武器「チャクラム」を駆使し、ミッションの達成を目指す。
また、配信にあわせてローンチトレーラーも公開された。




©2016 Ubisoft Entertainment.All Rights Reserved.
Assassin’s Creed, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る