2016 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2016 03

2K、「NBA 2K16」のゲーム大会に出場! ハイレベルテクニックの攻防

 【12//2016】

2K、「NBA 2K16」のゲーム大会に出場! ハイレベルテクニックの攻防


2Kは、2015年10月29日に発売したプレイステーション 4/3/Xbox One/Xbox 360/Windows向けバスケットボールゲーム「NBA 2K16」のリアルゲーム大会「NBA 2K16 DAY」を、都内の秋葉原e-sports SQUAREにて開催した。


大会はトーナメント形式で行なわれ、一般来場者に加えメディアも参加。
高レベルな戦いを繰り広げ、会場を盛り上げた。
当日は、NBAアナリストの佐々木クリスさんが司会を担当。
ゲストには、ゲームキャスターとして数々のMCや実況を務めてきたStanSmith(スタンスミス)さん、多数のゲームイベントでMCやアシスタントをしているコスプレ占い師の渚さんが登場して、イベントに華を添えていた。
本稿では、イベントの模様をレポートしていこう。

オープニングトークでは、佐々木さんが「NBA 2K16」の魅力を解説。
NBA公式のゲームであり、長年の間ゲームファンに愛されていること、海外では初週で400万本のセールスを記録したことなど、シリーズの華々しい実績を紹介。
さらに、NBAと密に連携し、実際のNBAシーズンのデータがゲームにも反映されていることなど、本作ならではのゲームシステムの解説も行なった。

StanSmithさんは2011年に発売された「NBA 2K12」にハマっていたらしいのだが、久しぶりにシリーズ最新作である本作をプレイしたところ、クオリティが段違いにアップしていてビックリしたと率直なコメント。
その影響から、実際のNBAの試合も観るようになったとのこと。

一方の渚さんがNBA初心者のため、今回のイベントに併せて、初めて「NBA 2K16」をプレイしたのだが、実写と見紛うほどの美麗なグラフィックの選手たちを自分自身で動かせることに感激したと語った。
また、e-Sportsの魅力を聞かれた渚さんは、「皆で観戦して、熱気を共有できることが魅力」だとコメントしていた。

プロバスケットボール選手であり「NBA 2K16」の公認アンバサダーも務めている田臥勇太選手からのビデオメッセージも到着。
バスケを知らない人でも、本作を通じてNBAの歴史を知る機会になってくれれば嬉しいとコメント。
また、ゲームファンにも楽しんでもらえる作品なので、ぜひプレイしてほしいと太鼓判を押していた。


■ ゲスト陣も舌を巻くハイテクニック。
接戦の続く試合に会場も大盛り上がり
オープニングトークに続いては、トーナメントがスタート。
ゲスト枠から参戦するStanSmithさんは、強者揃いの会場に恐縮しながらも、楽しみながら試合をしたいと笑顔で話していた。
トーナメントは、A、B、Cのブロックにわけて行なわれた。
その後、それぞれのブロックの勝利者3名が総当り戦を行い、その中で先に2勝した選手が優勝者となる。
予選は2クオーター制(1クオーター3分)で行なわれた。
なお、使用プラットフォームはPS4となる。

それではここからは、ゲスト陣のコメントを取り上げつつ、大会の試合の見せ場に触れていこう。
試合では、ゴールデンステート・ウォリアーズと2000‐2001年のロサンゼルス・レイカーズ、シカゴ・ブルズとシカゴ・ブルズの同チーム対決など、本作だからこそ可能な時間と空間を超えた試合が繰り広げられた。

ちなみに、本作は毎シーズン毎試合ごとにアップデートされ、実際の選手の体調などがゲーム内のステータスにも変化を与える。
そのため、同じチームでも、時期によって異なる戦略が必要になってくるのだ。

大会は、初っ端からダンクを決めるなどのわかりやすいハデなシーンの連続で、StanSmithさんは「ダンクを決めると気持ちいいですよね。
やみつきになります」とコメント。
渚さんも「ダンクはやっぱり迫力がありますね!」とテンション高めに話していた。

また本作は、ゲーム内実況や観客の反応、試合後のインタビューなど、試合以外の要素も凝った作りになっている。
佐々木さんは、そんな、あらゆる部分に深く細かいこだわりを持って作られている本作を高く評価していた。


試合も中盤になってくると、いよいよ本領発揮となったのか、テクニカルな技術で魅せる選手も目立ってくる。
ハデなスティールやアリウープ、スリーポイントシュート、特に、残り2.4秒でブザービーターが決まったときは、ゲスト陣のみならず、会場からも歓声が巻き起こっていた。
StanSmithさんも「諦めない気持ちは大事ですね……!」と感慨深げにコメント。
渚さんは、一瞬何が起こったのかわからないといった様子で、呆然と画面を見つめていた。

試合では接戦が続く緊張感溢れるシーンも多く見られた。
数々の試合を解説してきた佐々木さんは「マッチアップで自分たちのアドバンテージがどこにあるか」が接戦時はポイントになるなど、専門家ならではの知見を披露した。

StanSmithさんは佐々木氏に「ゲームではなく、初めてリアルのNBAを見る人は、どういうところに注目すればいいのか」という質問投げかけた。
佐々木氏は「プレーオフに入ると選手の気迫や集中力が変わってくるため、プレーオフ時の試合をオススメしたい」と語った。
とはいえ、チケットを取りにくいという状況もあるため、アリーナでの観戦がいいのではとアドバイスした。

試合が後半に差し掛かると、僅差の好ゲームが続出。
特に決勝戦では、息もつかせぬ展開の連続だった。
そんななか、見事優勝をもぎ取ったファミ通のブンブン丸氏は、応援してくれた人達に感謝の意を込めて挨拶。
シカゴ・ブルズという強いチームを使っていたことも勝利の要因の1つなのではコメントしていたが、ゲスト陣は、実力で掴んだ優勝だと、氏の実力を高く評価していた。

ちなみにGAME Watchも参戦していたのだが、残念ながら一回戦敗退。
修行は足りなすぎた……。

試合はこのような感じで、最後まで大盛り上がりのまま終了。
イベントの最後でStanSmithさんは、今回は対戦モードに特化した内容だったが、本作には、自分が1人の選手となってゲームに参加するオンラインモードもあるので、ぜひそういった部分も見て欲しいと「NBA 2K12」の底知れないポテンシャルをアピールした。
また、先にも述べたように、本作は実際のNBAデータと連動しているため、ゲームをプレイして選手の生(なま)の状況がわかることも大きな特徴。
そのため、ゲーム内とリアルを併せて追ってみるのも面白いのではと語った。

渚さんは、グラフィックスの美しさはもちろん、試合中、非常に細かい指示が出せる部分に深い戦略性を感じるとコメント。
選手になりきって動けることも大きな魅力なのではと話していた。
また本イベントについては、試合前と後には、選手同士が気さくに挨拶して交流をかわしていたことも、オフラインならではの良さだと話した。
最後に佐々木さんは、NBA2KもNBAもe-Sportsも、今後ますます盛り上がってくることは間違いないと確信した様子で語り、イベントを締めくくった。




Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『スプラトゥーン』第11回フェスは『ポケモン 赤』vs『ポケモン 緑』!フェスTも発売決定

 【12//2016】

『スプラトゥーン』第11回フェスは『ポケモン 赤』vs『ポケモン 緑』!フェスTも発売決定


任天堂は、Wii U『スプラトゥーン』における第11回「フェス」の情報を公開しています。


『スプラトゥーン』は、人の姿になれるイカたちが、インクを塗って縄張りを奪い合う対戦アクションゲームです。
インターネットで世界中のプレイヤーと対戦できるほか、シングルプレイ、キャラクターの武器・衣服の収集要素などが用意されています。

今回は、ふたつの陣営に分かれて対戦する「フェス」のテーマが発表。
第11回目となるフェスは、『ポケットモンスター』シリーズ20周年を記念した「どっちを選ぶ? ポケットモンスター赤 vs ポケットモンスター緑」というテーマになっています。
なお、フェスの期間は2016年2月20日6時 ~ 2月21日6時までです。

https://twitter.com/SplatoonJP/status/697964185993383936
なお、今回のフェスは日本・北米・欧州の同時開催(ただし対戦相手・集計は地域ごとに別)。
また、北米・欧州では発売されたゲームの関係上「ポケットモンスター赤 vs ポケットモンスター青」という形で行われます。

https://twitter.com/SplatoonJP/status/697964992197296129
https://twitter.com/SplatoonJP/status/697965552019439616
さらに、第11回フェスのTシャツが発売決定。
全国のポケモンセンターにて、それぞれの陣営をイメージしたフェスTが発売されます。
詳細についてはポケットモンスターオフィシャルサイトをご覧ください。

https://twitter.com/SplatoonJP/status/697966261062340608
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『スプラトゥーン』は発売中。
価格はパッケージ版・DL版ともに5,700円(税別)です。

(C)2015 Nintendo


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

日活のゲームレーベル“SUSHI TYPHOON GAMES”第1弾タイトル『刺青の国』プレイヤーが刺青を彫る3キャラクターの情報が公開

 【12//2016】

日活のゲームレーベル“SUSHI TYPHOON GAMES”第1弾タイトル『刺青の国』プレイヤーが刺青を彫る3キャラクターの情報が公開


●本作の舞台は未曾有の混乱が起きた後の東京23区
日活がゲームレーベル“SUSHI TYPHOON GAMES”第1弾タイトルとして、2016年リリース予定の『刺青の国』のプレイヤーが刺青を彫る3キャラクターの情報が公開された。

以下、リリースより。

----------
「刺青の国」プレイヤーが刺青を彫る3キャラクターを紹介!
■「刺青の国」ゲーム概要
このゲームは、未曾有の混乱が起きた後の東京23区を舞台に、23区を支配する側と、23区を制覇し、自らの願いを叶える者の抗争シミュレーションです。
23区それぞれには特殊な力を持つ刺青を持った者たちが立ちはだかり、制覇するためには刺青を入れていかなければなりません。
この23区を制覇しようとする女の子に刺青を施す事ができるのが「主人公」であるプレイヤーです。
プレイヤーは彫師となり、パートナーとなる女の子の背中に特殊な刺青を入れていきます。
刺青を入れる度に、パートナーキャラクターたちの背中にはそれぞれの性格に沿った刺青が現れていきます。
パートナーキャラクターは23区外の地区をモチーフにしております。

■「刺青の国」HPを更新。
3体のキャラクター紹介
(1)多摩市
お父さん想いで、家族の絆を大事にする
(2)八王子市
信仰深く、面倒見の良い姉御肌
(3)町田市
自然を愛し、霊的なパワーを取り込むレトロ純喫茶の看板娘


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

日本2.5次元ミュージカル協会、“2.5次元”専用劇場の運営期間を2017年4月末まで延長

 【12//2016】

日本2.5次元ミュージカル協会、“2.5次元”専用劇場の運営期間を2017年4月末まで延長


●協会員社数は現在75社
日本2.5次元ミュージカル協会は、2015年3月より2.5次元ミュージカル専用劇場として運用している、東京・渋谷の“アイア 2.5 シアタートーキョー”の運用期間を、2016年4月より2017年4月末まで延長することを発表。
その後の運用期間に関しては、決定次第随時発表される。

以下、リリースより。

----------
一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会(事務局:東京都目黒区 代表理事:松田誠)が2015年3月より2.5次元ミュージカル専用劇場として運用する、渋谷のアイア 2.5 シアタートーキョー(東京都渋谷区 運営元:アイア株式会社)の運用期間が、2016年4月より2017年4月末まで延長されることが正式に決定いたしました。
(その後の運用期間に関しては、決定次第随時発表予定)
アイア 2.5 シアタートーキョーでは昨年3月より専用劇場としての運用を開始後、第一弾となった「ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」」他、「なかよし60周年記念公演 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Un Nouveau Voyage- (アン ヌーヴォー ヴォヤージュ)」や「ミュージカル『刀剣乱舞』 トライアル公演」、「ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」」など人気作品が続々上演され、今年の3月までで全25作品(凱旋公演を含め27公演)となりました。
4月以降も、昨年の公演ではワールドツアーも行った「ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」」と、映像とのコラボレーションにより2.5次元ミュージカルの世界観を躍進させた「ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“頂の景色”」の再演の他、「ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」」の新作公演も決定しています。

専用劇場の運用開始に伴い、劇場内に字幕眼鏡システムを導入し、協会公式サイト上に公演カレンダー、そして、海外向けチケット販売を行う演目に関しては、この公式サイトより日本国外からもチケットが購入できる英語サイトも構築しました。
昨年度は8作品(凱旋公演を含め10公演)が字幕眼鏡システムを導入し、公演を見るために日本に訪れる海外からの観客も着実に増加しています。
観光団体との連動を今後も強め、日本に来る観光客の楽しみの1つとして2.5次元ミュージカルが認知されるよう、更に努力してまいります。

専用劇場以外でも2.5次元ミュージカル作品の上演は増えており、昨年は100作品超の作品が国内で上演されました。
(数字はぴあ総研調べ)今年も専用劇場以外でも人気作品の上演が続々決定しており、「舞台『弱虫ペダル』~総北新世代、始動~」や「舞台「黒子のバスケ」THE ENCOUNTER」などが公演情報を発表しています。
昨年上演した「舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The WINNER」のDVDは発売週のオリコンウィークリー1位を獲得しています。

また、国内のみならず、昨年は海外公演も多く実施しました。
「ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」」のワールドツアーを始めとした、日本のオリジナルキャストで海外公演を行うものの他、日本サイドで権利を所有し、現地の公演希望側へその権利を許諾する形で、韓国での公演を実施した「デスノート THE MUSICAL」など、どちらも結果を残しました。
今年も引き続き、「日本発、世界標準ミュージカル」の実現を目指してまいります。

また、ゲーム原作の2.5次元ミュージカル作品も多く、昨年専用劇場で上演され大人気を博した「ミュージカル『刀剣乱舞』」は舞台作品としての人気はもちろん、ミュージカルからデビューした刀剣男士team三条with加州清光のシングル『刀剣乱舞』がBillboard JAPANの週間セールスシングルチャートで1位を獲得するなど、舞台公演以外でもエンターテイメントとしての可能性を感じさせる結果となっています。
「刀剣乱舞-ONLINE-」は同じ原作がミュージカルと演劇という二つの形で舞台化され、「ミュージカル『刀剣乱舞』~阿津賀志山異聞~」(アイア2.5 シアタートーキョーで公演)と「舞台『刀剣乱舞』」の上演が決まっています。

更に、今年発売から30周年を迎える国民的RPG「ドラゴンクエスト」を日本で初めてのオリジナルアリーナショー化する「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」は、全国5大アリーナで40万人の動員を目指します。

設立3年目を迎える当協会は現在、協会員各社は多種他業種に及び、その数も75社(特別会員6社、法人会員56社、個人会員12名、賛助会員1社)となり、国内外で公演される2.5次元ミュージカルの情報を定期的に配信する、一般会員組織「2.5フレンズ」も会員数が2万人を超えました。
協会では今後もこうした、国内外での2.5次元ミュージカルの需要に応えるべく、今年も積極的に情報発信をし、更なるファンの拡大、市場の拡大に取り組んでまいります。

一般社団法人日本2.5次元ミュージカル協会入会状況
2016年2月10日現在
新規参加会員
<法人>
学校法人東京芸術学園音響芸術専門学校
以下、既存発表分
特別会員
株式会社集英社
株式会社講談社
株式会社小学館
株式会社手塚プロダクション
株式会社秋田書店
株式会社白泉社
法人会員
株式会社ネルケプランニング
株式会社ホリプロ
株式会社マーベラス
株式会社バンダイナムコライブクリエイティブ
株式会社ぴえろ
エイベックス・ライヴ・クリエイティヴ株式会社
有限会社ゴーチ・ブラザーズ
(以上理事、以下五十音順)
アイア株式会社
株式会社アサツーディ・ケイ
株式会社アニプレックス
株式会社アミューズ
株式会社アルテメイト
株式会社イープラス
株式会社エー・ティー・エックス
株式会社エフエム東京
株式会社LDH
株式会社キティエンターテイメント
株式会社ギャンビット
株式会社キューブ
近畿日本ツーリスト株式会社
株式会社銀河劇場
株式会社グレイ・パーカー・サービス
株式会社サンライズプロモーション東京
株式会社サンライズプロモーション大阪
Zimakuプラス株式会社
松竹ブロードキャスティング株式会社
株式会社スペースシャワーネットワーク
株式会社セガ・ライブクリエイション
株式会社Zeppライブ
株式会社円谷プロダクション
株式会社TBSテレビ
株式会社テレビ朝日ミュージック
株式会社テレビ東京
東宝株式会社
TOKYO MX
株式会社東京舞台照明
株式会社トムス・エンタテインメント
日本ステージ株式会社
日本テレビ放送網株式会社
ぴあ株式会社
PRG株式会社
株式会社ビーオネスト
株式会社ビスケ
株式会社フジテレビジョン
株式会社ブシロード
ブラザー工業株式会社
ベネリック株式会社
株式会社ムービック
株式会社メディアミックスジャパン
有限会社ユークリッド・エージェンシー
讀賣テレビ放送株式会社
株式会社ライブ・ビューイング・ジャパン
有限会社レイネット
株式会社ローソンHMVエンタテイメント
株式会社ワーナーミュージック・ジャパン
個人会員(五十音順)
朝月真次郎(衣装デザイナー)
上島雪夫(振付家・演出家)
茅野イサム(演出家)
児玉明子(脚本家・演出家)
貞方祥(演出家)
大地丙太郎(アニメ監督)
田中公平(作曲家)
馮啓孝(ヘアメイクアップデザイナー)
平光琢也(演出家)
三ツ矢雄二(声優・俳優・舞台脚本演出)
毛利亘宏(脚本・演出家)
ラサール石井(タレント・演出家)
賛助会員
フィールズ株式会社


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『真・女神転生IV FINAL』ついに発売! VR最新事情や『ストリートファイターV』、『進撃の巨人』など発売直前タイトルの特集も(2016年2月10日発売号)

 【12//2016】

 『真・女神転生IV FINAL』ついに発売! VR最新事情や『ストリートファイターV』、『進撃の巨人』など発売直前タイトルの特集も(2016年2月10日発売号)


●『真・女神転生IV FINAL』の表紙用イラストをあしらった限定クリアファイルを抽選で100名様にプレゼントしちゃったりとか
『真・女神転生IV FINAL』の描き下ろしイラストが表紙を飾る2016年2月10日発売の週刊ファミ通では、発売を迎えた同作を15ページで大特集!システム解説や序盤でスカウトできる悪魔一覧などの攻略情報のほか、開発者インタビューや、表紙イラストをA4クリアファイルにして抽選で100名様にプレゼントしちゃう特別企画もあり!ぜひぜひご応募を。
同じく2016年2月10日発売の『戦場のヴァルキュリア リマスター』も、発売記念特集を掲載。
最新作『蒼き革命のヴァルキュリア』の続報では、新キャラクターが判明です!
来週、発売となる『ストリートファイターV』、『艦これ改』、『進撃の巨人』、『いけにえと雪のセツナ』は、発売直前特集でたっぷりと魅力を解説します。
それぞれ概要や魅力を総括しているほか、プレイインプレッションもあるので、遊ぶタイトルを選ぶ際の参考に。
また、続報として『逆転裁判6』、『牧場物語 3つの里の大切な友だち』、『イースVIII -Lacrimosa of DANA(ラクリモサ・オブ・ダーナ)-』、『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』の情報も。

特集は、“ついに来るVRの時代”。
VR(バーチャルリアリティー)の歴史と現状をまとめつつ、2016年に発売となる第一世代のVR危機、PlayStation VRとOculus Riftをクローズアップ。
気になるタイトルについてはプレイインプレッションも掲載しています。
さらに、ゲームファンやメーカーへのアンケートを実施。
その結果を通じて見えてくるものとは……?
そして今号では、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / for Wii U』の定例コーナー“ファミ通スマブラ拳”が限定復活。
ダウンロードコンテンツで増えたファイターたちを取り上げます。
一方で、『Splatoon(スプラトゥーン)』を扱う定例コーナー“隔週刊 イカスポ”はフィナーレを迎えました。
開発陣から色紙2枚にわたって届いた、ユーザーへのメッセージは必見!さらに、『ドラゴンズドグマ オンライン』の定例コーナー“ファミ通クラン総本部”では、2016年3月10日実施予定の大型アップデートの情報をいち速く掲載していますよ。

おなじみダウンロードコンテンツ付録は、『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動』(プレイステーション4版)のアバターセットや『メイQの地下に死す』のガバスドラゴン(再録)など。
これら主だった記事は、下記リンクでご紹介しています。

■発売記念特集:『真・女神転生IV FINAL』
■発売記念特集&続報:『戦場のヴァルキュリア リマスター』&『蒼き革命のヴァルキュリア』
■発売直前特集:『進撃の巨人』
■発売直前特集:『ストリートファイターV』
■発売直前特集:『いけにえと雪のセツナ』
■発売直前特集:『艦これ改』
■発売直前特集:『進撃の巨人』
■続報:『逆転裁判6』
■続報:『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD』
■続報:『イースVIII -Lacrimosa of DANA(ラクリモサ・オブ・ダーナ)-』
■続報:『牧場物語 3つの里の大切な友だち』
■特集:ついに来るVRの時代
■定例コーナー:ファミ通スマブラ拳
■定例コーナー:隔週刊 イカスポ
■定例コーナー:『ドラゴンズドグマ オンライン』ファミ通クラン総本部
■付録:ダウンロードコンテンツ福袋

週刊ファミ通2016年2月25日号
発売日:2016年2月10日発売
特別定価460円[税込]

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)
■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『刀剣乱舞-ONLINE-』新刀剣男士は織田信長の愛刀“不動行光”! キャラクターボイスは阪口大助さん

 【12//2016】

『刀剣乱舞-ONLINE-』新刀剣男士は織田信長の愛刀“不動行光”! キャラクターボイスは阪口大助さん


●「俺は愛された分を主に返すことができなかったダメ刀だよ……」
DMMゲームズでサービス中のPC向けブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』の公式Twitterアカウントにて、今後実装予定の新キャラクター“不動行光”が公開された。

不動行光は阪口大助さんがキャラクターボイスを務める織田信長の愛刀。
名前は不動明王と矜羯羅童子、制多迦童子が浮彫されていたことに由来し、森蘭丸が拝領した後、本能寺の変で焼け身になったとされる(以上、公式Twitterより)。
実装時期などの詳細は、順次公開予定。
引き続き、続報をお楽しみに。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「Quantum Break」、「Alan Wake」シリーズ2作が購入特典に!本日予約開始。「Quantum Break」同梱の白色Xbox Oneも発売決定

 【12//2016】

「Quantum Break」、「Alan Wake」シリーズ2作が購入特典に!本日予約開始。「Quantum Break」同梱の白色Xbox Oneも発売決定


日本マイクロソフトは、4月7日に発売予定のXbox One向けアクションアドベンチャー「Quantum Break」の予約を開始し、購入特典内容も発表した。
価格はパッケージ版が7,900円(税別)、ダウンロード版が7,400円(税別)。


購入特典には、Xbox 360「Alan Wake」本編とDLC「シグナル」および「小説家」の利用コードが付属する。
また早期購入特典として、Xbox 360「Alan Wake’s American Nightmare」の利用コードが付属する。
ダウンロード版については、「Alan Wake」本編+DLC2種類が5月6日までの購入分に、「Alan Wake’s American Nightmare」が4月6日までの予約購入分に付属する。

さらに3月31日には、ホワイトカラーの「Xbox One 500GB スペシャル エディション (Quantum Break 同梱版)」を発売する。
価格は39,980円(税別参考価格)。
ゲーム本編は事前ダウンロードすることで、4月7日以降すぐにプレイできるようになる。





Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ロード オブ ヴァーミリオン Re:3』が2月25日にバージョンアップ! 豪華コラボタイトルからゲストキャラが多数参戦!

 【12//2016】

『ロード オブ ヴァーミリオン Re:3』が2月25日にバージョンアップ! 豪華コラボタイトルからゲストキャラが多数参戦!


●2月25日、『Ver.3.4R』がついに稼働開始
スクウェア・エニックスは、アーケード向けオンラインマルチ対戦型トレーディングカードゲーム『ロード オブ ヴァーミリオン Re:3』のカード追加バージョンアップを2016年2月25日(木)に実施する。

本バージョンアップにより、『ブレイブルー セントラルフィクション』と『聖剣伝説 2』のキャラクターがゲスト使い魔として参戦する。

以下、リリースより。

----------
『Ver3.4R』稼働決定!「ブレイブルー」、「聖剣伝説 2」ゲストキャラクターが使い魔として本作に登場!
2月25日(木)より新バージョン、Ver.3.4Rが稼働開始となる『LORD of VERMILION Re:3』。
毎回数々の有名作品からコラボレーションを実施するのが特徴の本作ですが、今回は新たなコラボレーションとして、「BLAZBLUE CENTRALFICTION」「聖剣伝説 2」からゲスト使い魔として キャラクターが参戦いたします。

■『BLAZBLUE CENTRALFICTION』
■『聖剣伝説 2』
豪華コラボレーションタイトルからゲスト使い魔が追加される新バージョン「Ver.3.4R」は、2016 年2月25日より全国のアミューズメント施設で稼働予定です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

TOPANGA主催の『ストリートファイターII』全国大会2016&『ウルトラストリートファイターIV』大学対抗戦リポート

 【12//2016】

TOPANGA主催の『ストリートファイターII』全国大会2016&『ウルトラストリートファイターIV』大学対抗戦リポート