2016 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2016 03

マッドキャッツ、超軽量フレーム構造のモジュールデザインを採用したゲーミングマウスを2月19日に発売

 【15//2016】

マッドキャッツ、超軽量フレーム構造のモジュールデザインを採用したゲーミングマウスを2月19日に発売


●フレーム部品を外すと33gのモバイル用コンパクトマウスに変身
マッドキャッツは、超軽量フレーム構造のモジュールデザインを採用したゲーミングマウス“RAT1 マウス ブラック”を、2016年2月19日(金)より発売する。
Windows 7、8、8.1、10 (32、64ビットともに対応)に対応、価格は3500円[税抜]。

以下、リリースより。

----------
ゲーム用周辺機器における世界大手メーカー米Mad Catz Interactive, Inc. の日本法人、マッドキャッツ株式会社(所在地: 東京都世田谷区、代表取締役社長: 松浦 武敏)は、超軽量フレーム構造のモジュールデザインを採用したゲーミングマウス「RAT1T マウス ブラック」(型番: MC-R1-BK 以下、R1)を2016年2月19日(金)に発売します。
Windows 7/8/8.1/10 (32、64ビット共に対応)に対応し、税抜希望小売価格は3,500円(税込: 3,780円)です。

R1は、フレーム構造のモジュールデザインにより、マウス本体は50g(ケーブル除く)と超軽量なゲーミングマウスを実現しました。
軽さを追求するゲーマーに必須のマウスです。

R1のセンサーとボタン部以外の部品を取り外すと、モバイル用のコンパクトなマウスに変身します。
(右図中央部分)センサー部単体では33gと更に軽量・小型化を実現しました。
もちろん、フレーム(右図下部)とパームレスト(右図上部)を再度取り付けてフィット感をアップさせることができます。

R1のパームレストは、前後方向に5mm移動できるデュアルポジションパームレスト機構を採用しています。
手の大きさに合わせて、マウスの長さを簡単に調節できます。

R1は、パームレスト部を3Dプリンターでカスタマイズすることもできます。
弊社米国本社サイトにて、パームレスト部の3Dプリンター用データを公開しており、 こちらのURLより無償でダウンロードできます。

ダウンロードページで、PROFILES AND OTHER DOWNLOADS 項目の3D DATA PARTS(R.A.T.1DATA PARTS)をクリックすれば、簡単にダウンロード頂けます。
データをダウンロードすることで、3Dプリンターでオリジナルのパームレストを作って取り付けることができます。

R1は、超軽量のゲーミングマウスをお求めの方、持ち運びしやすいゲーミングマウスをお求めの方、マウスの形を簡単にカスタマイズしたい方などにおすすめのマウスです。

<製品概要>
製品名:英語R.A.T. 1TM Mouse Black
製品名:日本語ラット1 マウス ブラック
型番:MC-R1-BK
JANコード:4580398816965
希望小売価格(税抜):3,500円
希望小売価格(税込):3,780円
発売予定日:2016年2月19日
保証期間:2年間
マウス本体サイズ(W x D x H):mm 68 x 108 x 38
マウス重量g:マウス本体重量:50(ケーブル除く)、センサー部単体重量: 33(ケーブル除く)
ケーブル長cm:180
色:ブラック
センサー方式:オプティカル
解像度dpi:250 - 3500(250dpi間隔、可変式)
ポーリングレートHz:125 / 250 / 500 / 1000
総ボタン数(設定変更可能スイッチ数):5(6) ※ホイール前後含む
マウスフィート:低摩擦PTFE素材採用
スクロールホイール:あり
対応ソフトウェア:Mad Catz A.P.P.(Mad Catzサイトからのダウンロードが必要です)
対応OS:Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 (32、64ビット共に対応)
接続I/F:USB
パッケージサイズ(W x D x H)mm:108 x 62 x 169
パッケージ重量g:130
付属品:取扱説明書、保証書(パッケージに記載)
備考:デュアルポジション パームレスト機構、 フレームおよびパームレスト取り外し可能、センサー部単体使用可能、パームレスト部を3Dプリンターでカスタマイズ可能


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

AC『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』5月稼働開始!2人プレイに対応

 【15//2016】

AC『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』5月稼働開始!2人プレイに対応


バンダイナムコエンターテインメントは、アーケードゲーム『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』を5月より順次稼働開始すると発表しました。


『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』は、アミューズメント施設などで好評稼働中のドームスクリーン型シューティングゲーム『スター・ウォーズ:バトル ポッド』の新バージョンです。
デザインを一新した筐体にはフラットスクリーンを採用。
シリーズ初の2人協力プレイにも対応しています。

◆新筐体&マルチプレイ対応
本作では筐体デザインを一新。
フラットスクリーンタイプの42インチLCDモニターを採用しており、クリアな映像と迫力の大画面を楽しめます。
また、スクリーンとシートに傾きをもたせ、操作と連動してレバーやシートが振動する“体感ギミック”を搭載し、ゲーム中のマシンを操縦する没入感や臨場感を高めています。

さらに、シリーズで初めてマルチプレイに対応。
筐体を2台連結することで、プレイヤーは2人で協力しつつ、競い合いながらミッションクリアを目指せます。
これまでとは異なる楽しみ方で、「スター・ウォーズ」の世界を堪能しましょう。

◆「フォースの覚醒」ステージも今夏アップデートで登場
本作は今夏のアップデートで、これまでプレイできた「エピソード4~6」を舞台にしたステージに加えて、話題の最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」から新ステージの搭載を予定。
クライマックスのひとつである空中戦「タコダナの戦い」を追体験できるステージが楽しめるようになります。

もちろん『スター・ウォーズ:バトル ポッド』や、個人向け販売中の『スター・ウォーズ:バトル ポッド/スタンダード・エディション』『スター・ウォーズ:バトル ポッド/プレミアム・エディション』も同ステージの追加アップデートが2016年初夏に予定されています。
こちらもどうぞお楽しみに。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』は、2016年5月稼働開始予定で、価格は1プレイ200円(出荷時設定)です。

STAR WARS (C) & TM 2014-2016 Lucasfilm Ltd. All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

タイトーが実際の美術館で行われるリアル謎解きゲームイベントを3月26、27日に開催!

 【15//2016】

タイトーが実際の美術館で行われるリアル謎解きゲームイベントを3月26、27日に開催!


●開催中の“太宰治企画展”をテーマにした謎解き
タイトーは、青森県観光企画課内コンテンツ・ツーリズム実行委員会事務局からの委託事業として、青森県の観光PRと誘客促進を目的としたリアル謎解きゲーム“邂逅(かいこう)”を青森市にある青森県立美術館で、2016年3月26日(土)、27日(日)に開催することを発表した。

以下、リリースより。

----------
実際の美術館で行われるリアル謎解きゲームイベント「邂逅(かいこう)」
3月26日(土)、27日(日)青森県立美術館にて開催
株式会社タイトー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:飯澤幸雄、以下タイトー)は、コンテンツ・ツーリズム実行委員会事務局(青森県観光企画課内)からの委託事業として、青森県の観光PRと誘客促進を目的としたリアル謎解きゲーム「邂逅(かいこう)」を青森市にある青森県立美術館で開催いたします。

今回のコラボは、青森県の魅力に付加価値を付けた、体験型ツーリズムを行うことで首都圏等からの誘客と地域の特性を活かした青森県の観光PRや地域づくりをサポートしようとするものであり、青森県内の観光施設と連携したラリー企画も同時開催します。
タイトーは、政府が掲げる地方創生や地域の活性化にも対応できるよう、“エンターテインメントで地方創生”をテーマに「話題づくり」「ファンづくり」に結び付け、地方への新たな人の流れを生み出すことができるよう、今後も地方自治体や団体様向けにエンタメソリューションを提案・提供してまいります。

■イベント内容
本イベントは「太宰治の企画展」をテーマに、実際に美術館の展示室を使用し本物の企画展さながらの会場設計をしており、プレイヤーは企画展に隠された謎のメッセージの正体を解き明かすために、頭と体を使いクリアを目指す体感型ゲームとなっております。
太宰治記念館「斜陽館」様にもご協力いただき、太宰治を代表する作品や所縁のアイテムも盛り込み、謎解きゲーム好きの方だけでなく、多くの方に楽しんでいただける内容となっております。

■青森県内に隠された謎を探せ!
美術館以外にも、県内3か所(斜陽館、立佞武多の館、青森県観光物産館アスパム)には、ラリータイプのカジュアルな謎解きゲームも同時に設置いたします。
謎を解くためには館内に隠された手がかりを見つけることが必要になるため、館内を探索することで青森の観光や歴史を知ることにつながると考えております。

■ストーリー
太宰治企画展 そこにはあるメッセージが隠されていた・・・
2016年3月 青森県立美術館で太宰治の企画展が開催された。
コミュニティギャラリーを使った企画展には太宰治ゆかりの品々や、代表される小説が展示され、ファンならずとも興味をかきたてる内容だった。
そんな中、ある噂が話題になる。

太宰治企画展には謎のメッセージが隠されているらしい
ミステリー好きで読書が好きな私はその言葉でさらに興味が高まった。
私と同じように興味をもった人たちがその謎を見つけようと多く訪れたが、いまだにそのメッセージは見つかっていない。

すべての謎を解き明かし、企画展に隠されたメッセージを見つけ出すことができるだろうか。

■概要
3月26日(土)~3月27日(日)
青森県立美術館住所:青森県青森市安田字近野185
青森駅から車で約20分
青森市営バス青森駅前6番バス停から三内丸山遺跡行き
「県立美術館前」下車(所要時間約20分)
プレイ料金:1,080円(税込)1プレイ50分定員70人/回
各日11時~13時~15時~
特設サイトにて事前予約受付
※当日参加も可能ですが、定員に達した場合はご希望の回に入れない可能性があります。

■県内周遊型謎解きゲームについて
巡遊~津軽謎さんぽ~
2016年3月1日~3月27日
以下の3施設に問題を設置しています。
なお、各施設への入館に際しては入場料が発生します。
・太宰治記念館「斜陽館」(青森県五所川原市金木町朝日山412-1)
・立佞武多の館(青森県五所川原市大町21-1)
・青森県観光物産館アスパム(青森県青森市安方1-1-40)
主催:青森県/コンテンツ・ツーリズム実行委員会
企画・運営:株式会社タイトー
謎制作:よだかのレコード(株式会社stamps)
※TAITO、TAITOロゴは、日本およびその他の国における株式会社タイトーの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「第二次きのこたけのこ戦争」勃発!『きのこれR』3月配信、あの“きのこ擬人化ゲーム”がまさかの復活

 【15//2016】

「第二次きのこたけのこ戦争」勃発!『きのこれR』3月配信、あの“きのこ擬人化ゲーム”がまさかの復活


ポッピンゲームズジャパンは、昨年サービスが終了した、きのこ擬人化ゲーム『きのここれくしょん』に関連する全ての資産を買収し、iOS/Androidアプリ『きのこれR - 第二次きのこたけのこ百年戦争-』として今春リリースすると発表しました。


「技術による差別化」「高グラフィック」「グローバル」をテーマに、アジア・北米に向けてソーシャルゲームを開発しているポッピンゲームズジャパン。
『ムーミン ~ようこそ!ムーミン谷へ~』『アリスの不思議なティーパーティ』シリーズなどの代表作を持ちます。

そんな同社がこのたび、きのことたけのこを擬人化し、両者による激しい戦いを描く育成型RTS『きのこれ』を『きのこれR - 第二次きのこたけのこ百年戦争-』として再びリリースすると発表。
「きのこたけのこ戦争」が、再び幕を開ける形となります。

気になるリリース時期ですが、公式Twitterアカウントにて3月予定と告知されています。
公式サイトや予約トップ10にて事前登録の受付を開始しており、登録者が増えるほど特典が豪華になっていくキャンペーンも実施中です。
気になる方は、直接チェックしてみてください。

また今回の発表に合わせてPVもお披露目。
本作のリリース発表やその特徴を紹介するだけでなく、延期やバグの数々といった『きのこれ』が辿った歴史も赤裸々に公開。
「きのこれよ今度こそいきのこれ」と、実に重みを感じる一言で締めくくられるこちらの映像も、ぜひお見逃しなく。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=bjiKONbDLNo
■事前登録
・公式サイト:https://kinokore.poppin-games.com/
・予約トップ10(iOS):https://yoyaku-top10.jp/u/a/MTY0MDM
・予約トップ10(Android):https://yoyaku-top10.jp/u/a/MTY0MDQ
■製品概要
・アプリ名:きのこれR - 第二次きのこたけのこ百年戦争-
・ジャンル:きのこ擬人化ゲーム
・本体価格:無料(アプリ内課金有り)
・対応OS:Android 2.3以降/iOS 7.0以降
・プラットフォーム:Google Play/App Store
Copyright (C) Poppin Games Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

“ドラゴンクエストミュージアム” 『ドラゴンクエスト』シリーズ初の体験型アトラクションの全容が公式WEBサイトで解禁!

 【15//2016】

“ドラゴンクエストミュージアム” 『ドラゴンクエスト』シリーズ初の体験型アトラクションの全容が公式WEBサイトで解禁!


●『ドラゴンクエスト』30周年特別企画の全容がついに解禁!
『ドラゴンクエスト』シリーズ30周年を記念して、2016年7月24日~9月11日まで渋谷ヒカリエにて開催される“ドラゴンクエストミュージアム”の全容が、公式WEBサイトにて本日(2016年2月15日)公開された。

以下、リリースより。

----------
ドラゴンクエスト30周年特別企画
あの国民的 RPG の世界を再現した、シリーズ初の体験型アトラクション
「ドラゴンクエストミュージアム」
公式WEB サイトにて本日15(月)に全容解禁!
「ドラゴンクエスト」30周年を記念し、「ドラゴンクエストミュージアム」が7月24日(日)より渋谷ヒカリエで開催されます。
本ミュージアムは、ストーリー、キャラクター、音楽、どれもが魅力的な「ドラゴンクエスト」の世界を、実際に見て・体験して・まるごと楽しむことができる、初の体験型アトラクションです。
「ドラゴンクエストミュージアム」は、「新たなドラゴンクエストの世界」をテーマに、独自のコンセプトでシリーズIからXまでそれぞれの世界を再現します。
鍛冶職人が製作する原寸大の「伝説のロト装備」、ロト3部作の物語を絵画としてつむぐ「ロト伝説の画廊」、天空3部作のキャラクターたちが躍動する「天空のジオラマ・ギャラリー」、来場者がゲームの世界を体験できる「石版パズル」「スーパーハイテンション体験装置」、巨大スクリーンで繰り広げられる「最終決戦バトルシアター」展示の他、オリジナルメニューが楽しめるフードコート、ここでしか買えない限定オリジナグッズ販売など、30周年の節目にふさわしい「ドラゴンクエスト」の魅力が詰まった展示内容です。
「ドラゴンクエストミュージアム」公式WEBサイト
■ドラゴンクエストミュージアム概要
タイトル:ドラゴンクエストミュージアム
日程:2016年7月24日(日)~9月11日(日)
会場:渋谷ヒカリエ9F ヒカリエホール
(東京都渋谷区渋谷2-21-1 9F)
主催:ドラゴンクエストミュージアム製作委員会
[電通 TBSテレビ TBSラジオ]
協力:東北新社 ドットフレーム ムービック
制作協力:肥後虎 丸武産業 海洋堂 神風動画 アタリ
特別協力:東急電鉄 渋谷ヒカリエ
企画・監修:ドラゴンクエスト30周年実行委員会
企画協力:スクウェア・エニックス 集英社
企画制作:電通
チケット発売:4月末より発売開始予定
■ミュージアム内パビリオン詳細
ミュージアムのエントランスでは、歴代の主人公たちが大集合。
序曲とともに流れるオープニングムービーが、冒険への期待であなたの胸を高ならせることでしょう。
さあ、ここからドラゴンクエスト30年をめぐる冒険へ旅立ちましょう。

勇者ロトが身につけた伝説の装備が、等身大スケールで現代によみがえります。
「ロトのつるぎ」、「ロトのかぶと」、「ロトのよろい」、「ロトのたて」が、日本刀製作に定評のある肥後虎、鎧兜の製作に定評のある丸武産業の甲冑師の手によって完全再現されます。

ロト三部作にわたってつづられる物語の印象的なシーンの数々を絵画で表現しました。
一人の勇気ある青年が、のちに勇者ロトと呼ばれるまでの冒険物語を、絵画でお楽しみください。

シリーズ最凶エリアともいわれる、高い岩山がそびえたつ「ロンダルキア」。
そこに、三悪魔としておなじみの3体がまがまがしいウォールアートとなって立ちふさがります。
はたして無事に通り抜けられるでしょうか……?

天空シリーズの象徴となる、空飛ぶお城「天空城」。
マスタードラゴンの住まうそのおごそかな城が、巨大サイズでミュージアムに出現。
宙にうかぶ幻想的な天空城が、冒険者たちを魅了します。

天空3部作に登場する魅力的なキャラクターたち。
彼らが躍動する冒険シーンを情景模型で再現します。
フィギュアの造形・企画・製作で高く評価されている「海洋堂」の制作協力により、ゲームで遊んだ思い出のあのシーンが、初めて立体となって再現されます。

石版によって大きく広がる「VII」の世界。
そのふしぎな石版が、実際にさわって遊べるパズルアトラクションになりました。
パズルを完成させて、失われたエピソードを復活させましょう。

「テンション」システムが初めて登場した「VIII」。
見た目が変わる様が新しく、驚きを生みました。
ここでは、テンションをMAXまでためたスーパーハイテンションの姿を実際に体験できる装置が出現します。

主人公が天使の「IX」では、町にある「天使像」が人々を見守っています。
ここミュージアムにも天使像が出現、前にたち祈りをささげると星のオーラが発生して……?世界樹に何か変化が起こるようです。

シリーズ初のオンライン RPG となった「X」。
終わることのないその世界は、今もたくさんの冒険者たちでにぎわっています。
今この瞬間も息づく「アストルティア」とミュージアムをつなぐ旅のとびらが出現します。

記録された物語が「冒険の書」のうえで動き出す・・・!?VII・VIII・IX・Xそれぞれの旅が魔法の力でスペシャルムービーとして再現されます。

巨大スクリーンで魔王と勇者が大迫力バトル!数々のアニメーション企画・制作を手掛ける神風動画の制作協力のもと作られるオリジナルムービーが、超巨大スクリーンで上映されます。
歴代シリーズの主人公たちと魔王たちが入り乱れる、夢のオールスターバトルがあなたの目の前に繰り広げられます!

かわいらしくユーモラスな仲間モンスターが出迎えてくれるパークです。
モンスターと遊べる牧場や、準備してくれた料理を楽しめるフードコートが併設されています。
まもの使いになった気分で、モンスターたちの楽園へお立ち寄りください。

このミュージアムでしか手に入らないレアな限定オリジナルグッズを、たくさんご用意してお待ちしています。
ぜひこの機会に、お手にとってみてくださいね。
「さっそく そうびして いくかい?」


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『進撃の巨人』が新宿駅を襲撃! 巨人たちをコインで削り新宿駅を奪還する“ウォール・新宿奪還作戦”も2月18日より開始

 【15//2016】

『進撃の巨人』が新宿駅を襲撃! 巨人たちをコインで削り新宿駅を奪還する“ウォール・新宿奪還作戦”も2月18日より開始


●新宿駅を巨人の手から奪還せよ!
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、2016年2月15日よりJR新宿駅の壁面に巨人が描かれた日本最大級のスクラッチポスターを掲出した。
また、プレイステーション4、プレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『進撃の巨人』の発売日となる2016年2月18日より、銀スクラッチをコインで削りとるイベント“ウォール・新宿奪還作戦”も開催される。

以下、リリースより。

----------
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア※1(SCEJA)は、2016年2月18日(木)発売予定のタクティカルハンティングアクションゲーム PlayStation(R)4(PS4(R))用ソフトウェア『進撃の巨人』(株式会社コーエーテクモゲームス)の魅力をより多くの方に届けるために、本日2月15日(月)よりJR新宿駅の壁面に、巨人が描かれた日本最大級※2となるスクラッチポスターを掲出いたします。
またソフト発売日である2月18日(木)には、巨人たちを駆逐すべく、銀スクラッチをコインで爽快に削るイベント「ウォール・新宿奪還作戦」を始動いたします。
本イベントでは、改札内の壁面に描かれた銀色に染まった巨人をコインで削り、隠されているQRコードを読み込むことで、スマートフォン用オリジナル壁紙をダウンロードすることができます。

JR新宿駅内の全長約12メートル、高さ約2.4メートル、日本最大級のスクラッチポスターに現れたのは、「超大型巨人」や「女型の巨人」などを含む総勢50体の巨人たち。
街中に巨人が迫り来る迫力と恐怖をリアルに感じさせます。
その巨人たちをコインで削って駆逐していくと、原作やアニメ中の名台詞とともに13人の主要キャラクターとQRコードが出現。
QRコードは全部で94箇所に散りばめられており、各QRコードを最初に読み込んだ方は、プレミムなスマートフォン用オリジナル壁紙をゲットすることができます。
立体機動装置を駆使し、巨人を駆逐する本ゲーム同様、「ウォール・新宿奪還作戦」で兵団の一員としてスクラッチを削り、迫り来る巨人を駆逐する爽快感をご体験ください。

本日より「ウォール・新宿奪還作戦」特設サイトをオープンしています。
実際にポスターに描かれている巨人の迫力と、銀スクラッチを削る爽快さを垣間見ることができる告知ムービーも是非ご覧ください。

・超大型巨人 ・鎧の巨人 ・女型の巨人 ・ビーン ・ソニー ・イルゼを食った巨人 ・ミーナを食った巨人 ・トーマスを食った巨人 ・カルラ(エレンの母親)を食った巨人 ・エレンを食った巨人

巨人を駆逐(スクラッチ)し、最初にQRコードへアクセスした94名の方には、エレン・イェーガー、リヴァイなどの人気キャラクターがペアで描かれたプレミアムなスマートフォン用オリジナル壁紙を、全10種類の中から1種類プレゼントいたします。
QRコードへのアクセスが2人目以降の方にも、スマートフォン用オリジナル壁紙を差し上げます。

<プレミアムなスマートフォン用オリジナル壁紙(最初にQRコードへアクセスした方用)>
<スマートフォン用オリジナル壁紙(2人目以降にQRコードへアクセスした方用)>
2月15日(月)~超大型巨人がスマートフォン版 Yahoo! JAPANも襲撃!
※スマートフォンでご覧ください。

進撃の巨人
メーカー:コーエーテクモゲームス
対応機種:PlayStation Vita / プレイステーション4 / プレイステーション3
発売日:2016年2月18日発売予定
価格:PS4・PS3通常版:7800円[税抜]、PS4・PS3ダウンロード版:6762円[税抜]、PS Vita通常版:6800円[税抜]、PS Vitaダウンロード版:6000円[税抜]
ジャンル:タクティカルハンティングアクション

原作/諫山創「進撃の巨人」(講談社刊)
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)コーエーテクモゲームス
※1 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントのディビジョンカンパニーとして日本国内およびアジア各国・地域向けのビジネスを担当。
※2 2016年2月 自社調べ
※ 「PlayStation」、「PS4」および「PS3」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『Pokemon GO』についてNianticのCEOがGDCで講演決定

 【15//2016】

『Pokemon GO』についてNianticのCEOがGDCで講演決定


ポケモン、任天堂、Nianticの3社が共同開発している『Pokemon GO』。
2016年サービス開始予定とされているのみで、まだ詳細は明らかになっていませんが、本作について3月に開催されるGDCで講演が行われるようです。

「Catch ’Em All: Pokemon GO and Real World Gaming」と題した講演でNianticのジョン・ハンケCEOは『Pokemon GO』や現実世界を舞台にしたゲームについて語るようです。
世界中で大ヒットした『Ingress』で培った経験をいかに、ポケモンワールドに落とし込んでいくのか、どのような話が語られるか注目です。

講演は現地時間3月14日15時~15時半。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

超軽量フレームのゲーミングマウス「RAT1 マウス ブラック」発売近未来感溢れるスタイリッシュ&テクニカルマウス

 【15//2016】

超軽量フレームのゲーミングマウス「RAT1 マウス ブラック」発売近未来感溢れるスタイリッシュ&テクニカルマウス


マッドキャッツは、超軽量フレーム構造のモジュールデザインを採用したゲーミングマウス「RAT1 マウス ブラック」を2月19日に発売する。
Windows 7/8/8.1/10に対応し、価格は3,500円(税別)。


「RAT1 マウス」は、フレーム構造のモジュールデザインにより、マウス本体の重量が50gと超軽量を実現。
奇抜なカラーリングと相まって近未来感を感じさせるデザインが採用されている。

センサー部とボタン部以外の部品を取り外すと、モバイル用のコンパクトな状態にできる。
パームレスト部は前後方向に5mm移動可能なデュアルポジションパームレスト機構を採用。
ユーザーの手のサイズに合わせてマウス長を簡単に調整できる。

また、本製品は3Dプリンターを用いることで、パームレスト部をカスタマイズ可能。
公式サイトからパームレスト部の3Dプリンター用データを無償でダウンロードし使用することができる。




Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『モンハン』דぐでたま”コラボの“ティガレックス メガジャンボぐでっとぬいぐるみ”が全国のアミューズメント施設に登場!

 【15//2016】

『モンハン』דぐでたま”コラボの“ティガレックス メガジャンボぐでっとぬいぐるみ”が全国のアミューズメント施設に登場!


●ティガレックスとその上でくつろぐぐでたまのジャンボぬいぐるみ
セガプライズより、カプコンの人気アクションゲーム『モンスターハンター』シリーズと、サンリオの人気キャラクター“ぐでたま”がコラボレーションしたぬいぐるみが、2016年2月下旬ごろより全国のアミューズメント施設に景品として登場する。

以下、リリースより。

----------
最新作『モンスターハンタークロス』(ニンテンドー3DS用ソフト)が絶好調な人気ゲームソフト「モンスターハンター」シリーズと、『ぐでたま』のコラボぬいぐるみがセガプライズより登場!くつろぎ過ぎなゆる~い「ティガレックス」と、脱力感たっぷりの「ぐでたま」がそろって寝そべっているキュートでビッグサイズなぬいぐるみです! 2月下旬頃から全国のアミューズメント施設にて登場予定につき、お見逃しなく!!

・全長約55cm
・非売品(アミューズメント専用景品)

◆製品名:
ぐでたま×モンハンアイルー ティガレックス メガジャンボぐでっとぬいぐるみ
◆登場日:2016年2月下旬登場予定
◆価格:非売品(アミューズメント専用景品)
◆発売元:株式会社セガ・インタラクティブ
◆取扱先:全国のアミューズメント施設
◆お問い合わせ先:セガプライズ ユーザーサポートセンター
TEL:0120-680-04310:00~12:00/13:00~17:00(弊社指定休日を除く)
E-mail:prize@sega.co.jp


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

インベーダー最強プレーヤー決定戦「スペースインベーダーチャンピオンシップ」開催稼動38年目の公式大会が実現。少年時代に熱中した猛者たちがスゴ腕を披露!

 【15//2016】

インベーダー最強プレーヤー決定戦「スペースインベーダーチャンピオンシップ」開催稼動38年目の公式大会が実現。少年時代に熱中した猛者たちがスゴ腕を披露!


埼玉県とデジタルSKIPステーションは、昨年10月から行なっている懐かしのゲームを多数展示したイベント「遊ぶ!ゲーム展」の企画の一環として、「スペースインベーダー」を使用したゲーム大会「スペースインベーダーチャンピオンシップ」を、埼玉県川口市にあるSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザにて2月14日に開催した。


本大会は、「遊ぶ!ゲーム展」と同じく主催は埼玉県で企画・運営はデジタルSKIPステーションだが、発売元であるタイトー協賛によるれっきとした公認イベント。
また大会中に使用した筐体は、東京・秋葉原にあるレトロゲームに特化したゲームセンター「ナツゲーミュージアム」の提供による、なんとタイトー純正のテーブル型筐体を使用するというこだわりぶり。
かつて一大ブームを巻き起こした傑作中の傑作とはいえ、まさか1978年に発売されたゲームが21世紀をとっくに迎えた現代に実現するとは誰しもが想像できなかったことだろう。

大会の司会はゲームライターのローリング内沢氏が担当し、ゲストには「遊ぶ!ゲーム展」を監修した東京大学大学院情報学環教授の馬場章氏と、「スペースインベーダー」の生みの親である現タイトーアドバイザーの西角友宏氏が登場。
さらにスペシャルゲストとして、「モモーイ」ことシンガーソングライターの桃井はるこさんも出演した。

■ 300点UFO撃破にナゴヤ撃ち……衰え知らずの超絶技巧の競演に会場は大盛り上がり!
本大会のルールは、事前の応募によって選ばれた21名の中から当日の午前中に行なわれた予選を勝ち抜いた上位8人が出場し、2人ずつが対戦するトーナメント方式。
筐体を2台使用して2人が同時にプレイし、ベスト8と準決勝は3分間で獲得したスコアを、決勝戦は5分間での合計スコアが高いほうが勝者となり、途中でゲームオーバーになった場合はその時点で負けとなる形式で行なわれた。

正直に話すと筆者は当初、古くて内容がとてもシンプルなゲームでのイベントがはたして盛り上がるのか、かなり疑問を持っていた。
ところがどうして、いざ対戦が始まるとスゴ腕プレーヤーたちが往年のテクニックを披露すると場内からは歓声が次々と沸き起こったので、いい意味で裏切られた。
空前のインベーダーブームとなった1978年当時に確立された、ステージごとのインベーダーたちを撃つ順番や、UFOを最高得点の300点できっちり破壊するなどの攻略パターンを実践するプレーヤーたちの姿は、今見ても実に美しいものであった。

ちなみに8人の選手たちはいずれも40歳代の男性で、少年時代に「スペースインベーダー」に興じた経験があるとのこと。
どの試合も僅差での勝負となり、なおかつ一発勝負の大舞台でありながら、かつてプレーヤー間で有名になったレインボー(※)の裏技をあえて狙って成功させるツワモノも2人いたことには本当に驚かされた。
その度胸と衰え知らずの腕前には来場者だけでなく、ニコニコ生放送の視聴者たちもかなりびっくりした様子で、画面をチェックしていた桃井さんが「みんな見入っちゃってるみたいで、コメントが全然流れてこないんですよ……」と語っていた。

[※筆者注]
画面内に最後の1機として残った敵のインベーダーが、左右に動くたびに残像のような痕跡を残す現象のこと。
比較的倒しやすい、最前列または前から2列目のインベーダーを最後に残すことが必要なため、狙って出すのは意外と難しい
ベスト8の4試合の終了後には、ゲストの馬場氏と桃井さんによるエキシビジョンマッチも開催された。
3分間勝負で、敗者はそれぞれ持参したグッズを来場者にプレゼントするというルールで行なわれ、桃井さんはUFOをしっかり狙い撃ちして得点を稼ぐなど、序盤から見事にリードを奪うことに成功し、勝負あったかと思いきや途中で痛恨の連続ミスをしてまさかのゲームオーバーに……。
なお、桃井さんが持参したサイン色紙とチョコレートは、来場者全員でのジャンケン大会を制した小学生の男の子が見事にゲットした。
当日は2月14日ということもあり、これ以上ないバレンタインデーの贈り物となったことだろう。

そして迎えた決勝戦では、初戦から正確無比なプレイでギャラリーを圧倒したfukkokuya選手と、3人のお子様を連れてやってきたスタン斑点選手が激突した。
緊張からなのか、途中で1ミスを喫してしまったスタン斑点選手に対して、すべてのUFOを300点で撃破しただけでなく、ボーナス得点とは無関係のレインボーをも出すという離れ業を成功させ、6,990点を稼いたfukkokuya選手が文句なしの優勝。
見事なプレイぶりを目の当たりにした西角氏は、「あ然としましたね。
私なんて2面しかクリアできなかったのに……」と驚きを隠せない様子だった。
また、ゲームの生みの親の眼前でマイクを向けられたfukkokuya選手は「子どもの頃からの夢がかないました……」と感慨深げにコメントしていた。

今大会の出場選手は働き盛りのオジサンばかりということもあり、前述のスタン斑点選手以外にも多くの選手が子ども同伴で会場入りしていた。
トーナメント戦の終了後、桃井さんは「今日のパパはとてもカッコよかったですよね」とコメントしていたが、まさに仰るとおり。
子どもたちは真剣勝負に挑むパパに向けて何度も甲高い声援を送り続け、勝てば大喜びする一方、負けるとその現実を受け入れられずに泣き出すお子様もいたのが何よりの証拠だ。

表彰式を終えると、西角氏が「40年近く経った今でも可愛がってもらえて、本当に作ってよかったなあと思います」と、短い言葉の中にも万感の思いが込められたコメントで本大会を締めくくった。
稼働開始から38年が過ぎた古いゲームであっても、やり方次第では今でもイベントが盛り上がるという大きな発見につながった本大会は、今月28日で開催を終了する「遊ぶ!ゲーム展」のトリを飾るにふさわしいものとなった。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る