2016 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29. »  2016 03

2016年春稼動予定のアーケードゲーム『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』はモバイル版『パワプロ』とも連動 “マイチーム”で対戦が楽しめる

 【19//2016】

2016年春稼動予定のアーケードゲーム『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』はモバイル版『パワプロ』とも連動 “マイチーム”で対戦が楽しめる


●“JAEPO2016”では試遊も可能
KONAMIは、“ジャパンアミューズメントエキスポ2016(JAEPO2016)”に出展している2016年春稼動予定のアーケードゲーム『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』の最新情報を公開した。
JAEPO2016のKONAMIブースでは、本作の試遊やステージイベントが予定されている。

以下、リリースより。

----------
全国のプレーヤーの頂点を目指せ!アーケード版『パワプロ』が新登場!
株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、2016年稼働予定のアミューズメント施設向け本格アクション対戦野球ゲーム『実況パワフルプロ野球BALL☆SPARK』をご紹介いたします。

モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』で育成したマイチームでも
オンライン&店内で対人戦が楽しめる!
2014年に20周年を迎え、シリーズ累計販売本数2,080万本を超える野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズがアーケードに新登場!
2014年12月の配信開始から1年で1,900万ダウンロードを超えるモバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』と連動してプレーすればより一層白熱!
アプリで育成したマイチームを使って、全国のプレーヤーとの本格アクション対戦を手軽に楽しめます。

新型コントローラ「パワボール」搭載!
強力な必殺技「パワスパーク」で、全国のライバル達から勝利をつかめ!
■新型コントローラ「パワボール」でカキーン!と爽快プレー
打ったり、投げたり、タイミング良くパワボールを押し込めばOKの直感操作!
■チャンスで「パワスパーク」を発動!
ボタンを押して発動する「パワスパーク」は、勝負を決める場面で使えば、一発逆転の大チャンス!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

自分が描いた戦闘機の絵が、画面上に飛び出して戦う! 『らくがきカードバトル撃墜王』情報公開

 【19//2016】

自分が描いた戦闘機の絵が、画面上に飛び出して戦う! 『らくがきカードバトル撃墜王』情報公開 


●6人同時プレイもできるお絵描きバトルゲームが登場
セガ・インタラクティブは、2016年2月19日・20日に千葉・幕張メッセで開催されている“ジャパン アミューズメント エキスポ 2016”にて、自分が描いた絵が画面上に登場し、敵戦闘機と戦うお絵描きアミューズメントマシン『らくがきカードバトル撃墜王』を公開した。

以下、リリースより。

----------
『らくがきカードバトル撃墜王』
描いた絵が飛び出す!絵が戦闘機になってバトル開始!!
「カード」「お絵かき」「競う」「戦う」といった子供が大好きな要素が詰まった新ジャンルのアミューズメントマシンが登場!
『らくがきカードバトル撃墜王』は、自分で絵を描いたり、色を塗ったカードをモニター上に置くと、その絵がリアルに画面上に現れます。
操作は簡単で、ボタンを押すと、絵からミサイルが発射され、敵の戦闘機を攻撃します。
ゲームは6人同時にプレイすることができ、みんなで一緒に楽しく盛り上がることができます。

《製品特長》
●描いた絵が飛び出す!
無地カードもしくはぬり絵カードを購入し、無地カードに好きな絵を描いたり、ぬり絵カードに色を塗ってカードをモニター上に置くとバトル開始!描いた絵がスキャンされて飛び出します。
●描いた絵で戦闘機の強さが決まる!
描いた絵・ぬり方によって戦闘機の強さが変わります。
絵の上手い下手で戦闘機の強さが決まらないので、子供も大人も平等に戦えます。
「ぬり絵」カードは10種類あり、小さなお子様や絵を描くのが苦手な方でも楽しく遊べます。
●ボタン連射攻撃!
ボタンを連打するとミサイル攻撃ができます。
ボタン連打が苦手な小さなお子様は、ボタンを押さなくても自動攻撃を行うため、年齢、スキルによって大きな差が出ないようになっています。
●6人同時プレイ!
仲間や居合わせた方と一緒に楽しめます。
6人揃わなくても、それまでに子供達が描いた戦闘機がCPU機として登場し、6機で戦闘する仕組みとなっています。

らくがきカードバトル撃墜王
メーカー:セガ・インタラクティブ
対応機種:アーケード
発売日:2016年夏稼働予定


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

楽天Edy機能付き“タイトーステーションメンバーズカード”の発行が2016年春からスタート

 【19//2016】

楽天Edy機能付き“タイトーステーションメンバーズカード”の発行が2016年春からスタート


●メンバーズカードの発行を独占スタート
タイトーは、楽天Edyと楽天スーパーポイントが貯まる楽天Edy機能付き“タイトーステーションメンバーズカード”の発行を、2016年春から開始することを発表した。
また、インターネットショッピングモール“楽天市場”内に、“Taito Toy’s Market(タイトートイズマーケット)(仮称)”もオープンするという。

以下、リリースより。

----------
2016年春に楽天Edy機能付き
メンバーズカードの発行を独占スタート
ビッグデータを活用した顧客サービスの向上
~新たな価値の創造を目指した戦略的な展開~
株式会社タイトー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:飯澤 幸雄、以下タイトー)は、楽天Edy株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下楽天Edy)と楽天Edy機能付き「タイトーステーションメンバーズカード」の発行を 2016年春から開始します。

両社の新たな取り組みとして、タイトーステーションをご利用いただいたお客様のビッグデータを活用し、将来的にはアミューズメント施設においてお客様の嗜好等に合わせた適切なサービスの展開を検討しております。

また、電子マネーの新たな取り組みとして、2016年3月下旬から無線式決済端末の実証実験を開始いたします。

1.楽天Edy機能付き『タイトーステーションメンバーズカード』について
楽天スーパーポイントが貯まる楽天 Edy機能付き「タイトーステーションメンバーズカード」を発行し、タイトーステーションでの利用時は200円のご利用ごとに2ポイント貯まります。
ゲームセンターでの楽天Edy機能付きメンバーズカードの発行は独占スタートとなります。

アミューズメント施設では、コンビニエンスストアのようなPOSシステムが無いため、お客様の属性と結びついたプレイデータを取得することが難しく、目視で入場者数を確認するなど、スタッフの経験と勘に基づく運営をおこなっているのが実情です。
しかし、「タイトーステーションメンバーズカード」を発行することで、お客様のゲームの利用履歴等のビッグデータを活用することができ、お客様 1人1人に合ったきめ細かいサービスを提供することが可能となります。

また、国内最大級のインターネットショッピングモール「楽天市場」内に「Taito Toy’s Market(タイトートイズマーケット)(仮称)」もオープンいたします。
当社はこれまで当社IP等を活用した60種類以上のオリジナル楽天Edyカードをタイトーステーションで販売し、好評を得ております。
この度「楽天市場」を活用させていただくことで、約1億人の楽天会員様へのアプローチが可能となりますので、タイトーファンのご要望にお応えできる、良質なオリジナル商品をお届けしてまいります。

楽天Edyとの取り組みは、お客様の利便性向上や付加価値を付けたサービスの提供はもちろんのこと、当社にとっても幅広くエンターテインメント事業を行っていくうえで大きな強みとなり、さらにはアミューズメント業界の活性化にもつながるものと考えております。

楽天Edy株式会社は、楽天のプリペイド型電子マネーサービス「楽天Edy」を運営・推進する会社です。
電子マネーの普及とともに「楽天Edy」はそのトップブランドとしてパートナー企業、利用店舗を年々拡大しており、便利さが受け入れられ、人々の生活シーンに浸透するとともに利用者も加速度的に増加し、現在累計発行枚数が約9,400万枚になっております。

・社名:楽天Edy株式会社
・所在地:東京都世田谷区
・代表者:代表取締役社長 穂坂 雅之
・設立:2001年1月18日
・WEBサイト
2.電子マネーの新たな利用シーンの拡大
現在タイトーが導入している電子マネー決済システムは、「安定性の高さ」や「決済スピードの速さ」から有線式を採用しています。
しかし、通信設備が用意できない場所への設置は難しく、また決済用管理システムを店内に設置する必要があるため、催事などの短期間利用や少ない台数での設置の場合、コストの問題が生じます。
こうした問題を解決するため、LANケーブルも店内の管理システムも必要とせず、端末1台1台が直接サーバーに通信する「無線式決済端末」の開発・導入を行う予定です。

これにより、これまで対応が難しかったゲームコーナーや観光地など、1台単位で電子マネーに対応することが出来、利用シーンを大幅に拡大することが可能です。
また、ゲームにとらわれず新しい展開を行うことも視野に入れ、既に複数の異業種企業様と協議を重ねております。

なお、有線式同様、無線式決済端末におきましても、決済スピードが速く駅改札でも採用されている「リッチクライアント方式」を採用する予定です。

タイトーは、今後もお客様のさらなる利便性向上を図り進化していくことで、お客様のご要望に応える新しいアミューズメント施設を展開・運営してまいります。

※「楽天Edy(ラクテンエディ)」は、楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。
※TAITO、TAITOロゴは、日本およびその他の国における株式会社タイトーの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

“現代和風”をテーマにした『BEMANI』シリーズ最新作『おといろは』の詳細が発表!

 【19//2016】

“現代和風”をテーマにした『BEMANI』シリーズ最新作『おといろは』の詳細が発表! 


●輪と和がつながる音楽ゲーム
2016年2月19日~20日、千葉県・幕張メッセにて開催中のアミューズメント・エンターテインメント産業の総合展示会“ジャパン アミューズメント エキスポ 2016”(JAEPO 2016)。
同イベントでKONAMIは、『BEMANI』シリーズ最新作『おといろは』の詳細を発表した。

以下、リリースより。

----------
株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、2016年稼働予定のアミューズメント施設向け音楽ゲーム『おといろは』をご紹介いたします。

◆2つの操作でかつてない爽快感を実現!
「おといろは」は輪をイメージしたフォルムの筐体デザインです。
直感的で打鍵感あるクリアパネルのボタンI/Oに加え、新採用物理スライダーによりプレーに爽快感があり、視覚的にも楽しめるゲーム性となっております。

◆プレー画面を撮影!友だちにシェアしよう!
プレーしたゲーム画面と筐体から撮影した動画をダウンロードすることができます。
手の動きやスコアを1つの画面で確認することが可能です。

◆『現代和風』をテーマにした世界観
BEMANIシリーズ最新作は『現代和風』の世界観が特徴です。
収録楽曲は和風のものを入れつつも、幅広い層に刺さる様なマルチジャンルを予定しております。

◆友達と遊ぶと更に楽しいゲームモード!
複数人専用譜面により、友達と協力プレーが可能となります。
同じ音楽を別々の譜面で演奏を行い、全員で音楽を奏でます。
プレーヤーの動きがシンクロする「SYNC TIME」ではチーム全員の譜面が同じになり、個々から全体が揃うことで、一体感を味わうことができます。
更に対戦モードでは最大4vs4 のオンラインマッチングが可能です!店舗内の仲間と協力し、他店舗ユーザーと対決を行うことで、プレーヤー同士を繋ぎ、プレーヤーコミュニティを活性化します。

おといろは
メーカー:KONAMI
対応機種:アーケード
発売日:未定
ジャンル:音楽ゲーム


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

MOBA系アーケードゲーム『Wonderland Wars 月下の舞闘曲』のターミナル機『Wonderland LIBRARY』を発表

 【19//2016】

MOBA系アーケードゲーム『Wonderland Wars 月下の舞闘曲』のターミナル機『Wonderland LIBRARY』を発表 


●自分のプレイ動画を迫力あるアングルで撮影・購入可能!
セガ・インタラクティブは、2016年2月19日・20日に千葉・幕張メッセで開催されている“ジャパン アミューズメント エキスポ 2016”にて、稼動中のMOBA系アーケードゲーム『Wonderland Wars 月下の舞闘曲』のターミナル機『Wonderland LIBRARY』を発表した。

以下、リリースより。

----------
絶賛稼働中の MOBA 系アーケードゲーム『Wonderland Wars』に、ターミナル機『Wonderland LIBRARY』が登場!
『Wonderland LIBRARY』では、自分、店内、ランカーの戦いを見ることができる「リプレイ再生機能」や、自分のプレイ動画を迫力あるアングルで撮影し、その場で購入することができる「リプレイ購入機能」を搭載しています。
さらに、各店舗様で開催する店内大会を盛り上げる「店内大会 LIVE 機能」も搭載!
店内大会の LIVE モニターとして活用できるのはもちろんのこと、司会スタッフの操作で任意のプレイヤーアングルに切り替えて試合を盛り上げます。
『Wonderland LIBRARY』は、『Wonderland Wars』の楽しみ方をさらに広げるツールとして皆様にお届けします。

<製品特徴>
●リプレイ再生機能
自分、店内、ランカーの戦いを選択して、その模様を振り返ることができます。
レバー&ボタンを操作することで、試合展開に合わせて自分の見たいプレイヤー視点やカメラアングルに切り替えながらリプレイをお楽しみいただけます。
●リプレイ編集・購入機能
直前の自分のプレイ動画を迫力のあるアングルで撮影し、その場で購入することができます。
プレイヤーごとに設定された 5 種類のカメラアングル(「ノーマル」「ワイド」「クオーター」「ビハインド」「フロント」)と、プレイヤーに依存しない「全景カメラ」の合計 21 種類のカメラ映像をシーンにあわせて切り替えます。
購入した動画は、USB メモリーへの保存に加え、専用のスマートフォンアプリ(無料)から、その場でダウンロードすることが可能です。
●店内大会 LIVE 機能
お店で開催される店内大会の LIVE モニターとして活用することができます。
リプレイ購入時と同様の操作でカメラアングルを自由に切り替えることで店内大会をさらに盛り上げます。
●ターミナルでお得にカード購入!
ゲーム終了時に引くことができるカードを、Wonderland LIBRARY でお得に購入することができます。
(カード購入には回数制限があります)
Wonderland LIBRARY
メーカー:セガ・インタラクティブ
対応機種:アーケード
発売日:今春稼動予定


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

自分のイラストで戦うセガ新作AC『らくがきカードバトル撃墜王』詳細公開!絵やぬり方によって強さが変化

 【19//2016】

自分のイラストで戦うセガ新作AC『らくがきカードバトル撃墜王』詳細公開!絵やぬり方によって強さが変化


セガ・インタラクティブは、新作アーケードゲーム『らくがきカードバトル撃墜王』の詳細を公開しました。


『らくがきカードバトル撃墜王』は、自分で描いたイラストが“戦闘機”としてゲーム内に登場するアーケードゲームです。
イラストは本作専用に販売される「無地カード」もしくは「ぬり絵カード」に描き、筐体に置く事で認識。
描いた絵・ぬり方によって戦闘機の強さが変わります。
ただ、絵の上手い下手で戦闘機の強さが決まらないので、子供も大人も平等に戦えるとのこと。

操作はシンプルなものになっており、ボタン連打するとでミサイル発射。
ボタンを押さなくても自動攻撃を行うため、幅広い層が楽しめるように設計されています。

また本作は6人同時にプレイすることができ、人6揃わなかった場合は、過去にその筐体で他のプレイヤーが使用した戦闘機がCPU機として登場し、6機で戦闘する仕組みとなっています。

『らくがきカードバトル撃墜王』は2016年夏稼動予定です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『進撃の巨人 盤打 ATTACK ON TYPING』新システムや追加要素が満載の最新ver.情報をプレイインプレッションとともにお届け

 【19//2016】

『進撃の巨人 盤打 ATTACK ON TYPING』新システムや追加要素が満載の最新ver.情報をプレイインプレッションとともにお届け 


文:ライター T田
●プレイフィールはそのままに新システムなど追加要素を加えた新バージョンで駆逐せよ!
Yahoo! Mobageにてサービス中のPC用タイピングゲーム『進撃の巨人 盤打 ATTACK ON TYPING』。
ここでは1月27日より順次アップデートされ、リニューアルを果たした本作の最新情報とプレイインプレッションをお届けしていく。

『進撃の巨人』の世界観と“タイピング”のゲーム性がフィット
本作は、『別冊少年マガジン』にて連載中の諫山創氏によるマンガ作品『進撃の巨人』をタイピングゲームに落とし込んだYahoo! Mobageの人気タイトル。
『進撃の巨人』のひとつのテーマである“巨人の駆逐”とタイピングのゲーム性がフィットしており、小気味いい爽快感を気軽に味わえるタイトルだ。
また、本作はYahoo! Mobageのブラウザゲームのため、Yahoo!アカウントとネット環境さえあれば場所を選ばず、低スペックのPCでも遊べる点が魅力となっている。

“全人類”で協力して巨人を駆逐せよ!
1月27日より大型リニューアルを果たした本作のポイントのひとつが“全人類共闘機能”となる。
本作には“防衛戦”と呼ばれる複数巨人討伐のランキングイベントが実装されているが、これまではランダムで組んだチームの合計獲得ポイントと個人の獲得ポイントのふたつでイベント報酬が決定されていた。
“全人類共闘機能”はこれに加え、すべての参加ユーザーが討伐した巨人の総数で追加報酬が決定されるといったもの、まさに原作の“人類対巨人”の構図を踏襲したおもしろいシステムといえるぞ。

かわいくしゃべる“ちみキャラ”が続々追加!
本作はたくさんのマスが設置されたステージ内を、すごろくの要領で進行しつつ、巨人との戦闘を行うゲーム性となる。
このときのすごろくの駒にはニトロプラス所属の原画家・グラフィッカーである“ゆーぽん氏”のかわいらしい進撃キャラクターの“ちみキャラ”が採用されているのだ。
この“ちみキャラ”はゲームスタート時には本作の主人公であるエレンのものしか所持していないが、イベント報酬などでほかキャラクターを入手し、変更できる仕様となっており、この“ちみキャラ”も1月27日のアップデートで調査兵団の第四分隊長“ハンジ・ゾエ”が追加された。
ハンジは追加“ちみキャラ”第1弾とのことで今後だれが追加されていくかも、ファンなら期待せずにいられないだろう。

最後に筆者のプレイインプレッションをお届けして本記事を締めたいと思う。
筆者はさまざまなゲームをプレイする雑食ゲーマーだが、タイピングゲームをプレイするのはかなり久々。
昔はあまり得意でなかったタイピングも文字を打つ仕事をしているので技術は向上しているはず、長年培ったタイピング力で巨人を駆逐してやるぜと意気込みプレイするもそれなりにミスタイプも多くモヤッとしてしまうことに(しかしミスタイプしてもそこまでのペナルティはゲーム内では無い)。

もちろん、画面に出される長文をスッと気持ちよくタイプできたときの爽快感は抜群ですし、タイピングの内容や登場するカードには『進撃の巨人』の小ネタや台詞が入ってくるので、ファンならニヤリとするだろう。
プレイしながら「あれ?このネタってどこのシーンだったかな?」と思ってネットで検索したり、原作を読んでみたりと相乗効果でゲームや原作を楽しめる点はすばらしい。
とくにアニメの映像を基本的に使用しているのでアニメ版が好きな人は、プレイするとあらためてアニメを見直したいと感じるだろう。

また、自分はタイピング苦手だからちょっと……という人やキーボードの配置を覚えられていない方はこういったタイピングゲームを敬遠しがちになると思うが、そういう人にこそ本作はプレイしていただきたいと筆者は考える。
とくに『進撃の巨人』ファンなら、本作の世界観を楽しみながらタイピング技術を向上できる、まさに一石二鳥ではないだろうか。

----------
●出演声優陣サイン入り色紙、カードをプレゼント!
梶裕貴さん、石川由依さん、井上麻里奈さんのサイン入り色紙と、小野大輔さん、神谷浩史さん、朴ロ美さんサイン入り色紙、神谷浩史さん、小野大輔さんのサイン入りカード各1枚を抽選で計4名にプレゼントいたします!賞品が欲しい方は、応募フォームに必要事項を記入のうえ、送信ボタンを押してください。
締め切りは2016年3月4日(金)23時59分。
当選者の発表は、発送(2016年3月下旬予定)をもって代えさせていただきます。

<注意事項>
◎応募期間は2016年3月4日(金)23時59分までとなります。
◎おひとりで複数の応募が可能ですが、賞品の当選はおひとりにつき1回までとさせていただきます。
◎希望賞品、郵便番号、住所、氏名、電話番号、メールアドレス(パソコンのメールアドレスのみ)は必須項目です。
入力漏れや誤入力がある場合は、応募を受け付けられません。
◎当選者の発表は、賞品の発送(2016年3月下旬予定)をもって代えさせていただきます。
◎賞品の発送先は日本国内に限らせていただきます。
◎賞品を譲渡(転売、オークション出品を含む)しないことが応募・当選の条件となります。
譲渡が明らかになっ
た場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。
◎サイン色紙の裏面には、当選者の氏名、住所等を記載させていただきますので、あらかじめご了承ください。
◎ご応募に際しご提供いただいた個人情報につきましては、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

週刊ファミ通の人気コラム『桜井政博のゲームについて思うこと』連載500回記念番組が放映決定! 桜井さんに聞いてみたいことを大募集!

 【19//2016】

週刊ファミ通の人気コラム『桜井政博のゲームについて思うこと』連載500回記念番組が放映決定! 桜井さんに聞いてみたいことを大募集!


●連載500回記念特別番組が放映決定!桜井さんに聞いてみたいことを大募集!
『星のカービィ』シリーズや『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズなどを手掛けたゲームデザイナー・桜井政博さんが、ゲームプレイや日常生活を通して思ったことを綴る週刊ファミ通の人気連載コラム『桜井政博のゲームについて思うこと』。

2003年から始まったこのコラムも、来たる週刊ファミ通2016年3月10日号(2016年2月25日発売)で、いよいよ連載500回を迎えることになります(連載期間は、今年4月でなんと13年!)。

この連載500回を記念して、2016年3月10日21時30分から、ニコニコ生放送“ファミ通チャンネル”で特別番組を放映いたします!
それに際しまして、本日から2月21日(日)23時59分まで、読者の皆さんからのおたよりを大募集します!「最近(または昔)遊んだゲームについて感じたこと」や、「ゲーム全般に関する素朴なギモン」などなど、桜井さんに聞いてみたいことを当ページ下部の投稿フォームからどしどしお寄せください!投稿された方の中から抽選で10名様に、メタリックガバス(1000ガバス)をプレゼントいたします。

番組内で、あなたのギモンに桜井さんが直接お答えしてくれるかも!?
番組のおもな内容については、週刊ファミ通2016年3月10日号(2016年2月25日発売)の同コラムにてご確認ください!
■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ ebten(エビテン)
■電子版のご購入はこちら
※ BOOK☆WALKER
<おたよりの投稿に関する注意事項>
◎投稿の受付期間は2016年2月21日(日)23時59分までとなります。
◎投稿を番組または誌面等で紹介する際、実名を希望されない方はペンネームを記載ください。
◎おひとりで複数の投稿が可能ですが、賞品の当選はおひとりにつき1回までとさせていただきます。
◎当選者の発表は、賞品の発送(2016年3月中旬予定)をもって代えさせていただきます。
◎賞品の発送先は日本国内に限らせていただきます。
◎賞品を譲渡(転売、オークション出品を含む)しないことが応募・当選の条件となります。
譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。
◎投稿に際しご提供いただいた個人情報につきましては、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。

おたよりは、↓↓こちら↓↓からどうぞ!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第73回) 今回の邪神の宮殿はちょっと手ごわい!?

 【19//2016】

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第73回) 今回の邪神の宮殿はちょっと手ごわい!?


●いまさらながら追加称号をゲット!
皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!
バージョン3.2前期で新たに追加された、特殊な“称号”たち。
すっかりその存在を忘れていたので(笑)、集めにいってきました!
グレン城下町にいる素材屋シトリさんに「シトリさんおいくつですか」とチャットで語りかけると、称号“シトリ世代”がもらえます。

ピラミッドにいるヤヨイに「うらめしや」と語りかけると、称号“ヤヨイ式ドキドキ”がもらえます。

ジュレットの町にいるヤーンに「わたしとつきあってください」と語りかけると、称号“ヤーンに殴られし者”がもらえます。
さらにヤーンは、上記のセリフを計3回語りかけることで、別の称号ももらえますよ。
どんな称号がもらえるかは、ぜひ自分の目で確認してみてくださいね!
●邪神の宮殿は、またもや“3人同時に死んではならない”条件……!
2016年2月10日に、敵や条件が更新された邪神の宮殿。
敵は“闇に堕ちた英雄の幻影”、そして条件には前回と同じく“3人以上同時に死んではならない”が入っていました!
一獄の条件は……
■20分以内に討伐せよ!
■戦闘中、3人以上同時に死んではならない。

二獄の条件は……
■18分以内に討伐せよ!
■ハンマーか盾を装備して挑むこと。
■戦闘中、3人以上同時に死んではならない。

三獄の条件は……
■16分以内に討伐せよ!
■オノを装備して挑むこと。
■真・オノむそうを覚えて挑むこと。

二獄は、装備が限定されているうえに“3人以上同時に死んではならない”が入っているので最高難度の予感!
三獄はオノしか装備できないので、参加できる職業は戦士、レンジャー、まもの使いに限定されます。
それでも“3人以上同時に死んではならない”が条件にないので、戦士で敵の動きを妨害しつつ、レンジャーが回復や蘇生に専念すればなんとなるのかな?
とりあえず俺は、一獄に挑戦してみました!
開始1分ちょっとでバトルが終了!(((( ;゜Д゜)))
そうなんです。
前回の敵(災いの神話&暴虐の悪夢)は、バトル後半にならないと強力な範囲攻撃を使ってこなかったので戦いやすかったのですが、こちらの敵は戦闘開始直後から強力な範囲攻撃をガンガン使ってくるのです!
幻妖の黒公子は、“黒の斬撃”や“虚無の剣”などが範囲攻撃。
幻妖の魔勇者は、“幻妖の一閃”や“幻妖の魔光”、“絶対零刀”、“闇のいなずま”とかでしょうか。

多段攻撃ではないので“聖女の守り”で耐えることはできますが、メンバーに僧侶が少なければ全員に“聖女の守り”を維持するのは難しいですし、ワンミスで失敗してしまう状況も多々あります。

そんな状況で何回かオートマッチングで挑戦していると……
幻妖の黒公子が“退魔の盾”を使ったら、賢者が“零の洗礼”でかき消していました!
“退魔の盾”は呪文完全ガード状態になり、さらに幻妖の魔勇者をかばう効果が発生します。
“鉄壁の盾”は、物理完全ガード状態になり、同じく幻妖の魔勇者をかばう効果が発生します。

一刻も早く幻妖の魔勇者を倒したいので、この技を使われると非常に厄介!でも“零の洗礼”で消せるとなれば、かなり楽に戦うことができそうです。

でも、この戦闘でも幻妖の魔勇者を追い込みつつも、残念ながら敗退。

しかし、“零の洗礼”が非常に有効であることがわかったので、今回はレンジャーから賢者に転職!まぁ今回の敵は強力なブレス攻撃もないし、レンジャーが活躍できそうな状況も少ないですしね……(笑)。

再びオートマッチングで挑み、パーティ編成は戦士、バトルマスター、踊り子、スーパースター、賢者、僧侶×3になりました。

賢者は、“いやしの雨”を可能な限り維持しつつ、状況によって攻撃と回復をシフト。

きました!“退魔の盾”!さっそく“零の洗礼”でかき消します!
そして、ついに幻妖の魔勇者を撃破!これで、残るは幻妖の黒公子のみです!
敵が俺に対して怒ったので、押さえ込んでもらって逃げているあいだに、ほかの仲間がひたすら攻撃。

災いの神話&暴虐の悪夢との戦いと違い、こちらは幻妖の黒公子ひとりのみになれば、3人以上同時にチカラ尽きるような状況は、あまり起こらないと思います。

幻妖の黒公子ひとりになっても“退魔の盾”などは使ってくるので、見逃さずに“零の洗礼”は使いましょう。

ちなみに、“闇のころも”には“零の洗礼”は効きませんでした。

そんなこんなで、約14分で撃破!報酬の戦神のベルト+3の効果は……
■右手に片手剣装備時、炎攻撃ダメージ12%
■弓装備時、炎攻撃+10%
■ムシ系にダメージ+9.0%
片手剣二刀流のバトルマスターで、“かえん斬り”を主体に戦う場合には活用できそうですね。
片手剣じゃなくて両手杖だったら最高だったのですが……(笑)。

それでは、また次回!
●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストXオンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です!興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!
●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら
●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第72回、第71回、第70回、第69回、第68回、第67回、第66回、第65回、第64回、第63回、第62回、第61回、第60回、第59回、第58回、第57回、第56回、第55回、第54回、第53回、第52回、第51回、第50回、第49回、第48回、第47回、第46回、第45回、第44回、第43回、第42回、第41回、第40回、第39回、第38回、第37回、第36回、第35回、第34回、第33回、第32回、第31回、第30回、第29回、第28回、第27回、第26回、第25回、第24回、第23回、第22回、第21回、第20回、第19回、第18回、第17回、第16回、第15回、第14回、第13回、第12回、第11回、第10回、第9回、第8回、第7回、第6回、第5回、第4回、第3回、第2回、第1回
●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら
ドラゴンクエストXオンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Wii U / Wii / Windows
発売日:サービス中
価格:30日間1000円[税込]※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー

ドラゴンクエストXオンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー

ドラゴンクエストXdゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Android
発売日:サービス中
価格:10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『艦これアーケード』最新画面を公開! 2016年春の稼動まであとわずか

 【19//2016】

『艦これアーケード』最新画面を公開! 2016年春の稼動まであとわずか


●“JAEPO2016”にも出展
2016年春稼動予定の、セガの新作アーケードゲーム『艦これアーケード』の最新画面が公開された。
“秋月”や“千歳”、“多摩”、“摩耶”といった艦娘の姿が確認できる。

『艦これアーケード』のロケテスト“練習航海”が開始。
秋葉原の2店舗の模様をリポート
以下、リリースより。

----------
『艦これア ーケード』 ~ようこそ新たな鎮守府へ~
SEGA×「艦これ」運営鎮守府による共同開発『艦これアーケード』が、いよいよ稼働となります。
『艦これアーケード』は、筐体から払い出される「艦娘カード」を集めて自艦隊を編成し、敵艦隊の潜む海域に挑む「艦隊育成型アーケードゲーム」です。
艦娘たちは3DCGで登場し、迫力の戦闘を繰り広げます。
アーケードならではの深化したゲーム性、3DCGで活躍する艦娘、リアルカードなど、魅力要素満載となっていますのでご期待ください。

<製品特徴>
■艦娘カードで自艦隊を編成。
筐体から払い出される艦娘カードで自艦隊を編成し、敵艦隊が潜む海域へ出撃します。
■アーケードならではの深化した砲雷撃戦システム。
筐体に装備されている「操舵輪」と「船速レバー」で自艦隊を操作し、リアルタイムで変化する戦況に対応し、敵艦隊を殲滅せよ!攻撃は主砲・副砲・雷撃・航空攻撃があり、発令ボタンで攻撃。
攻撃タイミングによっては一斉攻撃も!
■リアルなカードや3D で表現される魅力満載の艦娘。
艦娘カードによる艦隊編成、迫力の戦闘シーンや母港での仕草など、3DCGで表現される艦娘に注目!
名称:艦これアーケード
ジャンル:艦隊育成型アーケードゲーム
稼働日:今春
ネットワークインフラ:ALL.Net
その他:Aime 対応
著作権表記:(C)SEGA
(C)2016 DMM.com POWERCHORD STUDIO / C2 /
KADOKAWA All Rights Reserved.
公式サイト


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る