2016 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 05

WIN「LORD of VERMILION ARENA」大型アップデート実施火力インフレを抑える方向で「5vs5」のバランスを調整

 【01//2016】

WIN「LORD of VERMILION ARENA」大型アップデート実施火力インフレを抑える方向で「5vs5」のバランスを調整


スクウェア・エニックスは、、Windows用マルチ対戦アクション「LORD of VERMILION ARENA」(以下、LoVA)において、3月31日にアップデートを実施した。

今回のアップデートでは、5vs5の対戦に関する大型のバランス調整が行なわれている。
調整の方針としては、プレーヤーキャラクターと使い魔の耐久力を引き上げ、火力のインフレを抑えるという方向性が打ち出されている。
その方針に従い、プレーヤーキャラクターと全使い魔の最大HPを調整。
最大HPに関連する使い魔スキルの調整が行なわれる。
また、タイムマナに関連する使い魔スキルの調整なども行なわれている。

なお、詳細は「アップページ」と「使い魔のバランス調整の詳細について」のページで確認してほしい。

■ バランス調整のためのプレーヤーアンケートを実施
今回実施したバランス調整の調査を行なうため、3月31日メンテナンス後から4月7日メンテナンス開始時まで、「ノーマルモード7vs7」の対戦の利用が一時的に制限される。
さらに5vs5対戦へのバランス調整のフィードバックを得るためのアンケートが、4月10日23時59分まで開催される。
詳細は、「プレイヤーアンケート実施のお知らせ」のページをみてほしい。

実施日時(予定)
7vs7の利用制限期間:3月31日メンテナンス後~4月7日メンテナンス開始時まで
アンケート期間:3月31日メンテナンス後~4月10日23時59分まで
利用制限するモード(内容)
・期間中、「ノーマルモード7vs7」の利用はできない。
・期間中、「模擬戦」は5vs5「天領・邑羅」となる。
※修練場の7vs7対戦は、期間中も利用は可能。

(C)2014-2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「Unite 2016 Tokyo」の基調講演がSIEWWSプレジデント吉田修平氏に決定

 【01//2016】

「Unite 2016 Tokyo」の基調講演がSIEWWSプレジデント吉田修平氏に決定


ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは3月31日、4月3日から5日の期間で同社が開催する大規模カンファレンス「Unite 2016 Tokyo」における基調講演の登壇者を発表した。


「Unite」は、ゲーム開発環境「Unity」の公式カンファレンス。
プログラマーやアーティスト、ディレクター、マネージャー、学校関係者など様々な業種から参加者が集まっており、Unityのノウハウを学んだり、VR/ARコンテンツの体験やワークショップを始めとする特設エリアが設置されるなどUnityの最新情報が集積するカンファレンスとなっている。

■ 基調講演登壇者紹介
基調講演には、「PlayStation VR」開発責任者であるソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ(SIEWWS) プレジデント 吉田修平氏と、短編映像作品「THE GIFT」の制作総指揮を担当した前田政尚氏がゲストとして登壇する。
吉田氏からはVRヘッドセット「PlayStation VR」の最新情報や、VRコンテンツの動向が語られ、前田氏からは、ハリウッドスタイルのCG映像制作ワークフローにUnityを取り入れた映像制作のチャレンジ経緯が語られる予定。

また、前田氏のゲスト講演中、マーザ・アニメーションプラネットの短編映像作品「THE GIFT」が世界初の全編上映される。
「THE GIFT」は全編に渡りUnityでレンダリングされた作品となっている。


Unity Technologiesからは、日本担当部長 大前広樹氏、本社開発チーム Unity Analyticsゼネラル・マネージャー ジョン・チェン氏、プロダクト・マネージャー アンドリアーヌ・ムニエ氏が登壇予定となっており、Unityの新機能紹介や新たなサービス、事業展開方針を発表予定となっている。


講演タイムテーブル:http://japan.unity3d.com/unite/unite2016/schedule
■ 「Unite 2016 Tokyo」特設エリア紹介
□ 「PlayStation VR」、Oculus「Rift」体験コーナー設置
4月4日から5日には、メインカンファレンス会場にて日本国内初展示の「PlayStation VR」と、先日発売されたOculus「Rift」の2つのVR機器とVRコンテンツがVR EXPOエリアに展示される。
どちらの機器も実際に体験可能となっている。

□ ソーシャルVRアプリ「cluster」バーチャル試聴が可能
本カンファレンスの基調講演は、バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」により、インターネットからVR空間を通して視聴が可能となっている。

「cluster」はイベントやカンファレンスに特化した、アバターでコミュニケーションをとるソーシャルVRアプリケーション。
バーチャル空間には巨大スクリーンが設置されており、実際の会場と同じ動画やスライドが映し出される。
ユーザーはバーチャル空間内を自由に移動可能で、テキストチャットに加えて“拍手”、“笑う”といったエモーションジェスチャーを使用することができる。
PCやモバイル、HMD機器に対応しており、Twitterアカウントを使って利用可能となっている。

「cluster」ダウンロードページ:https://cluster.mu/ja/download
■ 会場内特設販売「Unity」グッズ一覧
■ 「Unity」スキルを学べるトレーニングデイを前日開催
「Unite 2016 Tokyo」では、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンのエンジニアからUnityスキルを学べる「トレーニングデイ」がメインカンファレンスの前日4月3日に開催される。

「トレーニングデイ」には2種類のコースのワークショップが用意されており、Unity初心者やプログラムの知識がない人でも学ぶことができる内容となっている。

4月4日から5日開催予定のメインカンファレンスとはチケットが別売りとなっている。
また、2種類のコースA,Bは同時に開催されるため、一度に受講できるのはどちらか1つとなる。

トレーニングデイチケット販売ページ:http://unite2016tokyotd.peatix.com/
■ 「Unite 2016 Tokyo」カンファレンス詳細
開催日:4月3日 12時~18時 (トレーニングデイ)
4月4日~5日 9時~20時 (メインカンファレンス)
会場:ヒルトン東京お台場

早期割引キャンペーン価格:
一般:9,900円(税込)
学生:3,900円(税込)
通常価格:
一般:19,900円(税込)
学生:7,900円(税込)

コースA(Unityサービス実装ワークショップ):4,900円(税込)
コースB(ゲームアプリUI&2Dゲーム作りワークショップ):4,900円(税込)
チケット販売ページ:http://unite2016tokyo.peatix.com/
©2016 Unity Technologies Japan G.K. All Rights Reserved



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』と“ビックリマン”のコラボが実現! スーパーゼウスとスーパーデビルが登場予定

 【01//2016】

モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』と“ビックリマン”のコラボが実現! スーパーゼウスとスーパーデビルが登場予定


●期間限定の“サクセス チャレンジ”に登場予定
KONAMIは、好評配信中のモバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』と、ロッテの人気菓子“ビックリマンチョコ”とのコラボを発表した。
この期間限定のコラボイベントは、近日実装予定。

以下、リリースより。

----------
「パワプロ」×「ビックリマン」コラボ決定!
制作中のコラボイベントゲーム画面を公開!
株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、Android・iOS向けに配信中のモバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』と、人気菓子「ビックリマンチョコ」(株式会社ロッテ)とのコラボレーションが決定したことをお知らせします。
「ビックリマンチョコ」は、1977年より発売されている、ロングセラーのシール付きウエハースチョコ商品。
シール「悪魔VS天使シリーズ」が集められることで、大人から子供まで幅広い世代に人気を博しています。
1994年に記念すべきシリーズ第1作として、『実況パワフルプロ野球’94』(SFC)が発売された『実況パワフルプロ野球』(Android/iOS)は、2014年12月より配信を開始し、2016年3月に累計ダウンロード数2,100万を突破したアプリです。
今回のコラボレーションでは、モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』のゲーム内で、ビックリマンのキャラクターが登場する期間限定コラボイベント「ビックリマン サクセスチャレンジ」を実施します。
本コラボレーションは、近日実施を予定しております。
ともに幅広い世代で愛される人気スナック菓子と野球ゲームの豪華コラボレーションに、ぜひご期待ください。

「パワプロ」×「ビックリマン」コラボは、近日実施予定!
「実況パワフルプロ野球」で、期間限定コラボイベント「ビックリマン サクセスチャレンジ」開催!
「実況パワフルプロ野球」にて近日実施予定の期間限定コラボイベント「ビックリマンサクセス チャレンジ」では、ゲーム内に「ビックリマン」の人気キャラクター・スーパーゼウスとスーパーデビルが登場します。
「ビックリマンサクセス チャレンジ」に参加すると、特別な強化素材が手に入るかも・・・!?
「ビックリマンサクセス チャレンジ」イベント詳細は、近日発表予定ですので、お楽しみに!
「ビックリマン」とは?
株式会社ロッテより発売されており、シール「悪魔VS天使シリーズ」が大人気の「シール付きのサクサクのウエハースチョコ」です。
天使、お守り、悪魔のキャラクターシールを集めていくことで、ストーリーが完成されていきます。
大人から子どもまで、幅広い世代に人気のロングセラー商品です。
株式会社ロッテ 「ビックリマン」公式サイト


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ザ・キング・オブ・ファイターズXIV』新トレーラーでギース・ハワード&リョウ・サカザキが激突

 【01//2016】

『ザ・キング・オブ・ファイターズXIV』新トレーラーでギース・ハワード&リョウ・サカザキが激突


●今後も登場キャラクターは随時公開予定
SNKプレイモアは、2016年発売予定のプレイステーション4用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズXIV』について、ティザートレーラー第10弾を公開。
『餓狼伝説』のボスキャラクター“ギース・ハワード”と、『龍虎の拳』の主人公“リョウ・サカザキ”が闘いをくり広げている。

◆ギース・ハワード(GEESE HOWARD)
サウスタウンを裏で支配する最高権力者。
日本の古武術に精通し、相手の攻撃を受けて投げる“当て身投げ”を得意とする。
『餓狼伝説』シリーズのボスキャラクターであり、SNKの格闘ゲームを代表する悪のカリスマ的存在。

◆リョウ・サカザキ(RYO SAKAZAKI)
父、タクマ・サカザキが創設した極限流空手の道場師範代。
幼少の頃から厳しい鍛錬を積み、“無敵の龍”と称されるほどの実力者。
『KOF』シリーズには全作登場。
また『龍虎の拳2』では若き日の“ギース・ハワード”との因縁も。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第79回) 春の季節イベントが開催中です!

 【01//2016】

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第79回) 春の季節イベントが開催中です!


●パウダーとゴローさんに会えました!
皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!
前回の続きですが、追加開催されていたパウダーとゴローさんに会えるイベントにて、ついに該当エリアに入ることができまして(笑)、“すてきなめぐりあい”を達成できました!
さっそく港町レンドア北にいる特別郵便局員レチカに話しかけて、報酬をゲット!
<もらった報酬>
・ゴローさんリボン
・ゴローさん部屋着上
・ゴローさん部屋着下
・ゴローさんスリッパ
・パウダー便せん
パウダーのゆる~い絵が描かれている便せんと、マンガ本編でゴローさんが着ている部屋着ですね。
さっそく装備してみました!
うーむ。
オガ子もなかなかいいけど、やっぱり人間のほうがかわいいな……。
よし、人間になろう(笑)。

●春の季節イベントが開催中です!
ただいまアストルティアでは、春の季節イベント“妖精の願い ~花いっぱい大作戦~”が開催中です。
(開催期間:2016年3月25日(金)12:00~2016年4月3日(日)23:59)
さっそくグレン城下町にいるベラに話しかけてイベントに参加すると、イベント専用の衣装をもらいました。

いきなり見えなくなるゴローさんの部屋着(笑)。

もらった衣装を着た状態でグレン領東、ガートラント領、バドリー岩石地帯いずれかのエリアでモンスターを倒すと、“ガーネシード”というタネを入手できます。
このタネを集めると、個数に応じて報酬がもらえる、という流れですね。
報酬は以下のとおりです。

<ガーネシードを集めるともらえる報酬>
・20個……ふくびき券×10
・40個……メダルがまぐち×3
・60個……メタル迷宮招待券×1
・80個……メダルがまぐち×10
・99個……プリマベーラピアス×1
このイベントは、種族ごとに集めるタネの種類が異なっているのが特徴。
そのため、種族によって借りられるイベント衣装の色が異なるようです。
ほかの種族ならば、タネを集めるエリアが変わるということですね。

とりあえず、グレン領東に出てモンスターを倒してみました。

グレン城下町の出入口付近にいるスライムベス、奥地にいるトロルをそれぞれ倒してみましたが、どちらも1体につき入手できたガーネシードは1個。
どうやら、モンスターの強さは関係ないようです。

続いてガートラント領で倒したところ、1体につきガーネシードが2個入手できました。

バドリー岩石地帯では、1体につき5個のガーネシードが!これはうまい!手強いモンスターが生息するエリアほど、多くのタネを獲得できるようです。
自分のキャラクターのレベルに合ったエリアで集めるのがよさそうですね。

もちろん俺はバドリー岩石地帯でタネ集め!まもの使いで“エモノ呼び”を使えば、1度の戦闘で最大40個のガーネシードを入手できます!
「エモノ呼びはAからLまでの12体増やせるから、5個×12体で60個じゃないの?」と思った人もいるかもしれませんが、写真のように1度の戦闘で得られるアイテム枠は8個。
そのため、5個×8枠で40個となるわけですね。
つまり、エモノ呼びを使って倒す場合は、LまでではなくHまで呼べば、ガーネシードを40個取れる計算になります。

というわけで、3回の戦闘ですべての報酬がもらえる99個以上を、簡単に集めることができました!
ベラにガーネシードを99個渡して報酬をゲット!プリマベーラピアスはドレスアップ用の顔アクセサリーでした。

さて、今回のイベントはここからが本番です!
自分の大陸のシードを99個渡してすべての報酬をゲットした後は、別種族の大陸のタネもベラが受け取ってくれるようになります。
じつは今回のイベントでは、自分ひとりでクリアーできる“個別報酬”とは別に、冒険者みんなで力を合わせてクリアーを目指す“全体報酬”も用意されているんです。
全体報酬の目標は“各種族のタネをそれぞれ1000万個集めること”で、報酬は以下のとおりです。

<各大陸の全体報酬>
・ガーネシード(オーガ)1000万個……花狩人の衣装券・赤×3、ふくびき券×15
・ラピスシード(ウェディ)1000万個……花狩人の衣装券・青×3、ふくびき券×15
・トルマリシード(ドワーフ)1000万個……花狩人の衣装券・黄×3、ふくびき券×15
・エメラルシード(エルフ)1000万個……花狩人の衣装券・緑×3、ふくびき券×15
・アメジスシード(プクリポ)1000万個……花狩人の衣装券・紫×3、ふくびき券×15
・上記すべてを達成……プリマベーラシール×1
すべてのシードを1000万個集めた報酬でもらえる“プリマベーラシール”は、ほっぺたに桜の花びらが描かれるという、かわいい顔アクセサリーです。

タネは、該当する種族がイベント衣装を着ていれば、パーティ全員が宝箱から入手することができます。
例えばオーガがイベント衣装を着ていて、プクリポやエルフとパーティを組んだ場合も、全員がガーネシードを入手できる、というわけです。

このイベントの開催期間は、2016年4月3日(日)23:59まで。
つまり、残り2日間しかないことに!
どの種族のシードがどのくらい集まったかは、“目覚めし冒険者の広場” で確認できます。

この原稿執筆時の各種族のシード集め状況は、下記のような感じでした。
・オーガ……57%
・ウェディ……70%
・エルフ……67%
・ドワーフ……39%
・プクリポ……67%
ドワーフが圧倒的に少ない(笑)。
この日記が掲載されているタイミングでは、もしかしたら全種族のタネが集め終わっているかもしれませんし、ドワーフがまだ残っているかもしれません。

プリマベーラシールを入手するためにも、ぜひこの週末は冒険者全員で季節イベントを楽しみましょう!
それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストXオンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です!興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!
●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら
●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第78回、第77回、第76回、第75回、第74回、第73回、第72回、第71回、第70回、第69回、第68回、第67回、第66回、第65回、第64回、第63回、第62回、第61回、第60回、第59回、第58回、第57回、第56回、第55回、第54回、第53回、第52回、第51回、第50回、第49回、第48回、第47回、第46回、第45回、第44回、第43回、第42回、第41回、第40回、第39回、第38回、第37回、第36回、第35回、第34回、第33回、第32回、第31回、第30回、第29回、第28回、第27回、第26回、第25回、第24回、第23回、第22回、第21回、第20回、第19回、第18回、第17回、第16回、第15回、第14回、第13回、第12回、第11回、第10回、第9回、第8回、第7回、第6回、第5回、第4回、第3回、第2回、第1回
●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら
ドラゴンクエストXオンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Wii U / Wii / Windows
発売日:サービス中
価格:30日間1000円[税込]※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー

ドラゴンクエストXオンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー

ドラゴンクエストXdゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Android
発売日:サービス中
価格:10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ダンガンロンパ』の最新情報を届ける連載コーナースタート! アニメ『ダンガンロンパ3』“未来編”のキャラクターを一挙紹介!

 【01//2016】

『ダンガンロンパ』の最新情報を届ける連載コーナースタート! アニメ『ダンガンロンパ3』“未来編”のキャラクターを一挙紹介!


●『ダンガンロンパ』シリーズ連載コーナーのWeb版始動!
週刊ファミ通の連載コーナーとして始まった、ゲーム、アニメ、舞台など『ダンガンロンパ』シリーズの最新情報をお届けする“ダンガンロンパプロジェクト情報局”。
その“ダンガンロンパプロジェクト情報局”が、“出張版”としてファミ通.comでも連載スタート!本記事では、オリジナルアニメ『ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-』の“未来編”に登場する新キャラクターを公開する。
(本記事の内容は、週刊ファミ通2016年4月7日号(2016年3月24日発売)に掲載されたものを、改訂したものになります)。

・ダンガンロンパプロジェクト情報局 ファミ通.com出張版は→コチラ
●敵か味方か!?12人の新キャラクターが登場
公開された『3』の新キャラクターは、全員が苗木誠や霧切響子たちと同じく、未来機関に所属している。
だが、12人の中には味方とは思えないような、怪しげな姿の人物も。
未来機関の中でも、さまざまな思惑が絡み合っていそうだ。

●モノクマとの最後の戦いに臨む生存者たち
『3』の新キャラクターだけでなく、苗木たちのイラストも公開された。
特筆すべきは、初めて明か されるモノミの存在。
彼女はどのように登場するのか? ダンディーになった葉隠も要注目だ。

●記者の目“希望ヶ峰学園シリーズの時系列”
希望ヶ峰学園をおもな舞台に、“人類史上最大最悪の絶望的事件”を発端とした、絶望と希望の戦を描くシリーズ。
ゲームだけでなく、小説やアニメを含めて展開されたストーリーの時系列は、下記に まとめた通り。
なお、発売順となる2→1→4→3の順番にチェックすれば、ネタバレを気にすることなく楽しめる。

希望ヶ峰学園シリーズの時系列
1ダンガンロンパ/ゼロ
2ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生
3絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode
4スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園
5ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アーケード『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』のロケテスト、2016年4月15日~17日に開催!

 【01//2016】

アーケード『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』のロケテスト、2016年4月15日~17日に開催!


●ロケテで新システムをひと足早く体験!
アーケードで登場する、人気リズムアクションゲーム『シアトリズム ファイナルファンタジー』シリーズの最新作、『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』(2016年秋稼動予定)。
本作のロケテストが、2016年4月15日~17日に全国6ヵ所で開催されることが発表された。
また、ロケテストをプレイすると、先着順で“「シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル」特製 NESiCA シール”(全4種)がもらえるという。
アーケードで新たなシステムが導入された本作をプレイするチャンス!近くの開催店舗をチェックしよう。

----------
アーケード用新作タイトル
『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』
4/15(金)~17(日)ロケテスト開催決定!
株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、以下スクウェア・エニックス)は、2016年秋稼働予定の『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』が、2016年4月15日(金)~4月17日(日)に全国6箇所にて実施するロケテストの開催店舗を発表致しました。
お近くの方は是非ロケテスト開催店舗にご来店くださいますよう、案内申し上げます。

『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』 ティザーサイト
http://www.jp.square-enix.com/t_ffac/
『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』 ティザートレーラー
https://youtu.be/t97bppx0wT4
・ロケテスト情報
●開催日時
2016年4月15日(金)10:00~4月17日(日)
※閉店時間及び16日以降の開店時間は各店舗の営業時間となります。

●開催店舗
◆宮城県:タイトーステーション 仙台名掛丁店
◆東京都:セガ 池袋GiGO
◆神奈川県:ラウンドワン横浜駅西口店
◆愛知県:名古屋レジャーランドささしま店
◆大阪府:namco梅田店
◆福岡県:タイトーステーション 福岡天神店
・ロケテスト参加特典
ロケテストをプレイして頂いた方に先着順で、「シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル」特製 NESiCA シール(全4種)をプレゼント!
※数量限定、無くなり次第終了となります。
※日ごとに配布するシールの種類が変わります。
絵柄はお選びいただけません。

『シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル』とは
FFシリーズの楽曲で楽しめるリズムアクションゲーム最新作。
FFシリーズから多数の楽曲、多数のキャラクターが登場します。
アーケード向けに操作方法を変更し、オンラインによるマルチプレイなど新規要素を盛り込んで2016年秋の稼働を予定しています。

メインスタッフ
・クリエイティブプロデューサー:野村哲也
(ファイナルファンタジーVII,VIII,X,X-2,XIII,キングダム ハーツ 他)
・プロデューサー:間 一朗
(DISSIDIA FINAL FANTASY,シアトリズム ファイナルファンタジー シリーズ 他)
・制作協力会社:有限会社インディーズゼロ
商品概要
タイトル:「シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル」
(THEATRHYTHM FINAL FANTASY All-star Carnival)
対応機種:アミューズメント施設向けゲーム機
ジャンル:リズムアクションゲーム
稼働日:2016年秋予定
権利表記:(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Developed by indieszero Co., Ltd.
シアトリズム ファイナルファンタジー オールスターカーニバル
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:アーケード
発売日:2016年秋
ジャンル:アクション


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

セガのアーケード音楽ゲーム『CHUNITHM』の開発チームが最新技術による譜面作成技術の開発に成功!

 【01//2016】

セガのアーケード音楽ゲーム『CHUNITHM』の開発チームが最新技術による譜面作成技術の開発に成功!


●発想の転換!?驚きの最新譜面作成技術を公開
セガ・インタラクティブは、アーケードで稼動中の音楽ゲーム『CHUNITHM PLUS(チュウニズム プラス)』内で実装している譜面において、“CHUNITHM”チーム内にて最新の譜面作成技術の開発に成功したことを発表した。

以下、リリースより。

----------
株式会社セガ・インタラクティブは、アーケード音楽ゲーム「CHUNITHM」内で実装している譜面において、CHUNITHM チーム内にて最新の譜面作成技術の開発に成功いたしました。
そこで今回、CHUNITHM チームが開発した最新技術をご紹介いたします。

■「最新譜面作成技術」とは…
CHUNITHM チームが開発した「最新譜面作成技術」では、超スゴイ外国製のコアが使われているような感じの何かが入った超ハイテクらしき筆(以下:筆)と、最新スキャナーに対応した最新ペーパー(以下:紙)が必要になります。
また、この筆と紙は、弊社ロゴが見える場所で使用を開始する事が必要となり、通常のご家庭では威力を発揮致しませんので、ご注意ください。

この筆と紙を使用し、弊社ロゴが見える場所で、譜面内に登場させたい文字や記号を実際に書き出していきます。
※今回は、「CHUNITHM」で活躍中のガールズバンド「イロドリミドリ」のセリフ「単位を~ゲットー!」の一部「単位」を書き出しました。

譜面にしたいものを書き出したら、CHUNITHM チーム内の「最新スキャナー」らしきもの(以下:スキャナー)に紙を読みこませます。
この際、誤って指や着衣を引き込まれないようにご注意ください。
スキャナーを使い、紙に書いたものを細部まで読みこむことで、正確な譜面化が可能になります。
また、ゲームで開放されるまで極秘の譜面情報は、スキャナー下部に細分化された状態で集約される仕様になっており、セキュリティ面においても安心です。
併せて、処理の時間も短縮することが出来ます。

データは、譜面担当の作業画面に表示されます。
この時点で既に、「CHUNITHM」への実装は完了しており、スキャンのみで譜面を作成することが出来る画期的な技術となっております。

※本日は2016年4月1日(エイプリルフール)です。

----------
※こちらの内容はエイプリルフールではありません。

■最新技術による譜面がプレイ可能です!
最新譜面作成技術」によって作成された譜面の楽曲が、4月1日(金)~4月6日(水)までの期間限定で、「CHUNITHM」内に登場いたします。
対象の楽曲は、「WORLD'S END」から遊んでいただくことが可能となります。
この機会にぜひ、CHUNITHM チーム渾身の譜面制作技術をお楽しみください。

※「WORLD'S END」を遊ぶにはチケットが必要です。
※「WORLD'S END」で獲得したスコアはトータルハイスコアとレーティングには反映されません。
※4/1(金)~4/6(水)の期間限定公開となります。
期間終了と同時にプレイすることが出来なくなります。
※CHUNITHM チームがお送りする、ジョーク譜面です。
寛容な心を持って挑んでください。
※個別の「WORLD'S END ランキング」も用意されていますが、あまり本気にならないでください(重要)。

CHUNITHM PLUS(チュウニズム プラス)
メーカー:セガ・インタラクティブ
対応機種:アーケード
発売日:2016年2月4日稼動


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ファークライ プライマル」最新トレーラーを公開“ゲームオリジナル言語”や“原始人”の創造など、開発の裏側を紹介

 【01//2016】

「ファークライ プライマル」最新トレーラーを公開“ゲームオリジナル言語”や“原始人”の創造など、開発の裏側を紹介


ユービーアイソフトは、プレイステーション 4/Xbox One/Windows用サバイバルアクションアドベンチャーゲーム「ファークライ プライマル」の新トレーラー2本を公開した。


発表されたのは、石器時代のコンセプトを紹介する解説トレーラーと、開発の裏側を開設するトレーラーの2本。
石器時代を生きる主人公タカールの冒険をリアルに体験できるように、ゲーム開発の中に込められた様々なこだわりをゲーム画面とともに、開発スタッフが徹底解説する。

□ 石器時代コンセプト解説トレーラー2
前半はウィンジャ族を再結成するために広大なオロスを旅するタカールが、ウィンジャを安全な地へと導き、仲間のスペシャリストからスキルを授かるまでの解説。
そして1万2千年前に絶滅した、インド・ヨーロッパ祖語を元にした「言語」を改めて創り出すための開発秘話がかたられる。
この言語はゲームの全編に渡り使用され、さらに各部族の特徴を生かした3つのバージョンが必要という大規模なプロジェクトとなった。


□ 開発の裏側 解説トレーラー
「ファークライ」シリーズの中でも要素を研ぎ澄まし、「プライマル(原始人)」というシンプルかつ、力強い世界を創りあげたかったという開発陣の解説トレーラー。
創り上げた世界に統一感を持たせることが重要と考え徹底的にリサーチを行ない、舞台、部族の設定や言語の再現にこだわっている。
リアルな石器時代を目指し原始人の動き方、話し方に現実味を持たせるための表現方法などをみることができる。



(C)2016 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Far Cry, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries
Based on Crytek’s original Far Cry directed by Cevat Yerli. Powered by Crytek’s technology “CryEngine.”



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発足社名ロゴが微妙に変更。伝統のダイヤモンドロゴは今後も継続

 【01//2016】

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発足社名ロゴが微妙に変更。伝統のダイヤモンドロゴは今後も継続


ソニー・コンピューターエンタテインメントとソニー・ネットワークエンタテインメントインターナショナルLLCを前身とする新会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントLLCが4月1日発足した。

これに合わせて、グローバル機能の一部及び日本アジア統括機能を担うソニー・コンピューターエンタテインメント(SCEI)もソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)へと名称を変えた。
所在地は東京で、ソニーの100%子会社という点に変更はない。
また、そこにぶら下がるリージョン別の販売会社もそれぞれ社名変更を行なっている。

日本/アジア法人Sony Interactive Entertainment Japan Asia(SIEJA)
米国法人Sony Interactive Entertainment America(SIEA)
欧州法人Sony Interactive Entertainment Europe(SIEE)
開発スタジオSony Interactive Entertainment Worldwide Studios(SIEWWS)

すでに発表されている通り、新会社の人事体制も一新され、新体制での船出となる。
SIEの取締役は以下の通り。

社名変更に伴いメーカーロゴや公式サイトのURLも変更されている。
なお、初代プレイステーションから伝統となっている。
ソニーのSをあしらった黄金に輝くダイヤモンドロゴは今後も継続する。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る