2016 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 06

『シンデレラ』と『ミリオン』のお互いの印象は? “デレラジ&ミリラジ~赤青で混ぜてみた~”をリポート

 【01//2016】

『シンデレラ』と『ミリオン』のお互いの印象は? “デレラジ&ミリラジ~赤青で混ぜてみた~”をリポート 


文・取材:編集部 北埜トゥーン、撮影:カメラマン 堀内剛
●10thライブの思い出話も!
2016年4月29日・30日、千葉県・幕張メッセにて開催されたニコニコ動画最大のイベント“ニコニコ超会議2016”。
ここでは30日に同イベントの“超アニメエリア”内“超アイドルマスターJAPAN”で行われた、“デレラジ&ミリラジ~赤青で混ぜてみた~”をリポートする。

同ステージには、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のラジオ番組“デレラジ”より、大橋彩香さん(島村卯月役)、福原綾香さん(渋谷凛役)、『アイドルマスター ミリオンライブ!』のラジオ番組“ミリラジ”より、山崎はるかさん(春日未来役)、田所あずささん(最上静香役)が出演。

ステージが始まるとさっそく、最初のコーナー“デレラジ&ミリラジのお互いの話を聞いてみた”へ。
『アイドルマスター』という同じ作品のひとつであるものの、大型ライブなど以外ではあまり関わることがないとのことで、この機会にそれぞれの印象など、さまざまなことを聞いてみようというコーナー。
まずは、距離を縮めるため、お互いを“デレさん”と“ミリちゃん”と呼び合うことに決定した。

ここからは事前に用意されたテーマをもとにトークを展開。
最初のテーマは、“デレラジからミリラジに聞きたいこと”。
福原さんは、『シンデレラガールズ』のもうひとつのラジオ番組“CINDERELLA PARTY!”では、収録中に食事をすることがあるが、そのすぐ後に同じ場所で収録をしている“ミリラジ”のときに、においが残っていないかという疑問をぶつける。
これに“ミリラジ”のふたりは、確かににおいは残っているけれど、その代わりにお菓子などを置いていってくれているとうれしそうに話していた。
逆に“ミリラジからデレラジに聞きたいこと”というテーマでは、それぞれの番組の作家さんの話や収録前後の時間に何をしているかなどの話題で盛り上がった。

つぎのトークテーマは、2015年7月18日、19日に西武プリンスドームにて開催された10thライブの思い出について。
ここでは、『Never say never』と『素敵なキセキ』2曲の話題を中心にトークがくり広げられた。

『Never say never』は、福原さん演じる渋谷凛の楽曲で、10thライブでは福原さんと田所さんのデュエットで披露された。
ふたりは、「(福原さんが)『Never say never』を歌う姿をお客さんとして見ていたので、まさか自分がいっしょに歌えるなんて思っていなかった」(田所さん)、「『Never say never』を歌うときはいつも楽しいんですけど、いままでいちばん楽しかった」(福原さん)と当日を振り返った。

『素敵なキセキ』は、山崎さん演じる春日未来の楽曲。
こちらも同ライブでは、山崎さんと大橋さんのふたりによる特別バージョンで披露された。
大橋さんはダンスの振り付けの多さに驚いたことを明かし、山崎さんは、笑顔がトレードマークの卯月(大橋さん)の横で「“笑顔だけは負けないよ”と言うのは緊張した」と感慨深そうにコメント。

また4人からは、今度は『Precious Grain』(※田所さん演じる最上静香の楽曲)と『S(mile)ING!』(※大橋さん演じる島村卯月の楽曲)を同じユニットで歌いたいという目標も語られた。

続いて、赤チーム(大橋さん&山崎さん)と青チーム(福原さん&田所さん)に分かれて、デレラジとミリラジにちなんだゲームで対決する““デレラジ&ミリラジ 赤青で対決してみた”を実施。

まずは、プロデューサー(※『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)より送られたレッスンをこなしてレベルアップを目指す、デレラジのコーナー“マジカルレッスン”より、“50/50(フィフティフィフティ)レッスン”で対決。
ルールは、各チーム2択の質問を考え、ニコニコ生放送のアンケート機能を使って回答してもらい、比率が50%:50%に近かったチームの勝利となる。
各チームが考えた質問と回答の比率は以下の通り。

◆赤チーム(大橋さん&山崎さん)
アイドルを抱きしめる(励ます)ならライブ前?ライブ後?
ライブ前:25.7%
ライブ後:74.3%
◆青チーム(福原さん&田所さん)
あなたは水になりました。
飲んでもらうならライブ前?ライブ後?
ライブ前:46.0%
ライブ後:54.0%
赤チームの質問は、キャスト陣の中で意見が分かれていたため、いい感じになるかと思いきや、残念ながら偏りのある結果となった。
逆に青チームは、質問を考えたという福原さんが「失敗した」と反省していたが、結果的にキレイに意見が割れ、この勝負は青チームの勝利となった。

今度は、『ミリオンライブ!』のイベントなどでも行われている“キャット&チョコレート”で対戦。
キャット&チョコレートのルールは、各プレイヤー3枚ずつ配られるアイテムカードを使って、問題カードに書かれたピンチを回避するという内容。
問題の解決に使用するアイテムカードの枚数は問題カードの裏に書かれている。
各チーム、アイテムカードと問題カードがうまく噛み合わず、少々強引な回答が続く中、最後に青チームが
“ライブの当日、衣装が1着もない”という問題に“着物”のアイテムカードを使い“着物を着てライブに出演する”と完璧な答えを完成させ、勝利を手にした。
見事勝利した青チームには賞品として、赤と青が混ざったということで、紫いものお菓子がプレゼントされた。

そして、ここで2日間にわたって展開されていた“超アイドルマスターJAPAN”の横断企画、“チーム対抗『アイマス』選手権”の最終結果が発表。
結果は以下の通り。

765プロ:14秒
SideM:1分50秒(時間切れで失格)
シンデレラ:28秒
ミリオン:2分43秒
優勝した765プロチームには、“超会議2016”の目玉企画のひとつ“超歌舞伎”にちなんで歌舞伎セット(歌舞伎揚げ、歌舞伎フェイスパック、歌舞伎あぶらとり紙、歌舞伎扇子)が贈られた。

最後にキャスト陣が“合同イベントを開催したい”と願望を力強く宣言。
その後、「超アイドルマスターJAPAN」と会場全員でタイトルコールを行い、イベントは終了となった。

なお、今回の“デレラジ&ミリラジ~赤青で混ぜてみた~”は、ニコニコ生放送でタイムシフト視聴が可能となっているので、ぜひチェックしてみよう。
(視聴ページはこちら)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

声優陣が“ニコニコ超会議2016”の魅力を紹介! “ミリオンライブ!ステージ~レポートしてみた~”をリポート

 【01//2016】

声優陣が“ニコニコ超会議2016”の魅力を紹介! “ミリオンライブ!ステージ~レポートしてみた~”をリポート 


文・取材:編集部 北埜トゥーン、撮影:カメラマン 堀内剛
●“レポート”をテーマにさまざまなコーナーが展開
2016年4月29日・30日、千葉県・幕張メッセにて開催されたニコニコ動画最大のイベント“ニコニコ超会議2016”。
ここでは30日に同イベントの“超アニメエリア”内“超アイドルマスターJAPAN”で行われた、“ミリオンライブ!ステージ~レポートしてみた~”をリポートする。

イベントが始まるとまず、山崎はるかさん(春日未来役)、田所あずささん(最上静香役)、Machicoさん(伊吹翼役)の3人が登場。
さっそく“超アイドルマスターJAPAN”のステージ恒例となっているパネルへのサイン入れを行った。
昨日の“THREE STARS!!!ステージ~描いてみた~”の出演時にサインを済ませてあったMachicoさんは、自身が演じる伊吹翼と『アイドルマスター SideM』の柏木翼(声:八代拓)の“翼”繋がりのふたりのサインが並んで書かれていることを発見し、興奮気味によろこびを語っていた。

そのまま、最初のコーナー“超ドローンブースをレポートしてみた”へ。
リポーターとして、もうひとりの出演者である藤井ゆきよさん(所恵美役)が登場。
藤井さんは“超ドローン”ブースで楽しめる、ドローンを使ったクレーンゲームを実際に体験し魅力を伝えた。

続いての“初日レポートしてみた”のコーナーでは、昨日、“THREE STARS!!!ステージ~描いてみた~”のステージで発表された“『アイドルマスター』超イラストコンテスト第4弾”の入賞作品のおさらいをしたり、Machicoさんが同イベント終了後に会場散策したときの写真を見たりしながら、“ニコニコ超会議2016”の初日を振り返った。

ここで、“超ドローン”ブースのリポートを終えた藤井さんがお土産として、先ほど獲得した『アイドルマスター シンデレラガールズ』の新田美波のフィギュアを持って登場。
全員がステージに揃ったということで、対決コーナー“食レポしてみた”へ突入。
山崎さん&藤井さんのゆきぴょんチームと田所さん&Machicoさんのホリプロチームに分かれて、好きな味のうまい棒の食レポを行い、ニコニコ生放送のアンケート機能を使って多くの支持を得たチームの勝利となる。
勝利チームには、藤井さんが取って来た、新田美波のフィギュアが賞品としてプレゼント。
先行はゆきぴょんチームで、山崎さんが「すごくチーズの濃厚ないいにおいがします」と必死にリポートする中、藤井さんは「想像通り(のにおい)です」と無難なコメント。
その後、味について藤井さんが「ご飯に合いそうです」と今度こそナイスな食レポを披露したかと思えば、「食レポは“ご飯に合いそうです”と言っておけば、大丈夫」とみずから作戦を暴露していた。
そして、後攻のホリプロチームときにも、なぜか相手チームのはずの藤井さんが食べて、「ご飯に合いそうです」と発言すると会場は笑いに包まれた。
そんな藤井さんの大活躍(?)もあってか勝負はゆきぴょんチームの勝利となった。

そして、再び昨日のMachicoさんの写真を見ながら、いろいろなブースのリポートを行った後、最後のコーナー“チーム対抗『アイマス』選手権”を実施。
このコーナーは、2日間にわたって展開される“超アイドルマスターJAPAN”の横断企画で、出演する各ユニット(765プロ、SideM、シンデレラガールズ、ミリオンライブ)で、同じゲームで対決。
ルールは、ニコニコ静画の検索機能を活用し、くじで引いた顔のパーツを描いていき、それぞれのタイトルのセンターアイドル(今回のステージの場合は春日未来)がヒットするまでの時間を競うというもの。
くじをMachicoさん、描き手を山崎さんが担当した結果、タイムは2分43秒となった。
最終的な結果は、“超アイドルマスターJAPAN”ブースの最後のステージ“デレラジ&ミリラジ~赤青で混ぜてみた~”にて発表される。

その後、番組のタイトルコールを行い、イベントは終了となった。
なお、今回の“ミリオンライブ!ステージ~レポートしてみた~”は、ニコニコ生放送でタイムシフト視聴が可能となっているので、ぜひチェックしてみよう。
(視聴ページはこちら)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ポケモンバトルの楽しさを伝えるスペシャル番組“ピカ・チャン”が5月11日よりニンテンドーeショップとYouTubeで放送開始

 【01//2016】

ポケモンバトルの楽しさを伝えるスペシャル番組“ピカ・チャン”が5月11日よりニンテンドーeショップとYouTubeで放送開始


● 渡部秀さん演じる“バトルおにいさん”に注目!
ポケモンは、2016年5月11日よりポケモン紹介番組“ピカ・チャン”をニンテンドーeショップとYouTubeにて放送開始することを発表した。

以下、リリースより。

----------
ポケモンバトルを思いっきり楽しもう!ポケモンスペシャル番組「ピカ・チャン」
ニンテンドーeショップ、YouTubeにて5月11日(水)スタート!
■「ピカ・チャン」とは?
「ピカ・チャン」は、ポケモンバトルの楽しさを伝える、ポケモン紹介番組。
知っているとポケモンバトルをよりいっそう楽しめる情報を紹介する「出没!バトルおにいさん」コーナーと、みんなが知らないポケモンの魅力を紹介する「今日のポケモン」コーナーの2本立て。
ポケモンの初心者から経験者まで楽しめる内容になっています。

■「出没!バトルおにいさん」&「今日のポケモン」
公園や部屋の中など、予期せぬ場所に突如出没する「バトルおにいさん」が、ポケモン好きな少年2人に、『ポケットモンスター』シリーズのポケモンバトルの魅力とコツを伝授していく。
ポケモンバトルの基礎から、知っているとクラスのみんなに自慢できちゃう情報まで、楽しく身につけることができる!
◆バトルおにいさん(渡部 秀)
つっきーと さんちゃんの前に突如現れた、謎のおにいさん。
熱い性格で、おっちょこちょいなところもあるけれど、ポケモンバトルの強さは折り紙付き。
ビックリするようなバトルを見せてくれることも。
ポケモンバトルの魅力とコツを、2人に丁寧に教えてくれる。

◆渡部 秀 ポケモンプロフィール
ポケモンとの最初の出会いは、『ポケットモンスター 赤・緑』。
以降、最新作である『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』までプレイ。
好きなポケモンは、ゲンガー。

今まで知らなかった、いろんなポケモンの驚くような特徴や、気になるポケモンの最新情報が、ギュッと詰まった情報コーナー。

■放送の概要
ニンテンドー3DS、Wii Uから視聴可能なニンテンドーeショップと、ポケモンの公式YouTubeチャンネルにて公開予定。
※ニンテンドーeショップをご利用いただくには、ニンテンドー3DSやWii Uをインターネットに接続する必要があります。

初回放送:5月11日(水)(予定)
2回目の放送:5月18日(水)(予定)
※毎月2回、隔週水曜日に放送予定。
※放送日は予告なく変更する可能性がございます。


(C)2016 Pokemon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは 任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

男の部屋で世にも“フシギ”なことが…… Wii U『ポッ拳』スペシャル動画“結婚式の二次会で『ポッ拳』が当たった男のはなし。”が公開

 【01//2016】

男の部屋で世にも“フシギ”なことが…… Wii U『ポッ拳』スペシャル動画“結婚式の二次会で『ポッ拳』が当たった男のはなし。”が公開


●また、懐かしい日々が帰ってくる!
ポケモンは、発売中のWii U用ソフト『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』のスペシャル動画“結婚式の二次会で『ポッ拳』が当たった男のはなし。
”を公開した。

ある日、ひょんなことから『ポッ拳』を手にした男。
通信対戦をプレイすると、男の部屋で世にも“フシギ”なことが……。


(C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
(C)2016 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pok?mon・ポッ拳・POKK?N TOURNAMENTは、任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Wii Uのロゴ・Wii Uは任天堂の商標です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『あんさんぶるスターズ!』ユニットソングCD第2弾の発売日が決定! 9月28日より順次リリース!

 【01//2016】

『あんさんぶるスターズ!』ユニットソングCD第2弾の発売日が決定! 9月28日より順次リリース!


●イベントDVDも発売決定
本日2016年5月1日(日)、東京・浜松町のメルパルクホールにて開催された、スマートフォン用アイドル育成ゲーム『あんさんぶるスターズ!』のイベント“私立夢ノ咲学院ドリームフェスティバル”(主催・企画 フロンティアワークス)にて、ユニットソングCD第2弾の発売日が発表された。

同作のユニットソングCD第1弾は、2015年10月~2016年1月にかけて、作中に登場する8ユニット分が順次リリース。
第2弾は、3月に登場したばかりの新ユニット“Valkyrie”を加えた9枚が順次発売予定だ。
発売日は以下の通り。

◆『あんさんぶるスターズ!』ユニットソングCD第2弾発売スケジュール
・UNDEAD&2wink:2016年9月28日予定
・Knights&紅月:2016年10月26日予定
・流星隊&Ra*bits:2016年11月23日予定
・Valkyrie:2016年12月21日予定
・fine&Trickstar:2017年1月25日予定
(5月2日から予約受付開始となります)
イベントには『あんさんぶるスターズ!』に出演するキャスト陣が多数登場し、生アフレコやゲームコーナーで集まったファンを楽しませた。
なおこのイベントの模様が、DVDとして発売されることも決定。
発売日などの詳細は、順次『あんさんぶるスターズ!』ユニットソングCD特設サイトなどで発表される。

イベントの詳細なリポートは、後日ファミ通.comでも掲載予定。
こちらもお楽しみに!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

実機デモで気になる情報を蔵出し「ドラゴンクエストヒーローズ・ザ・LIVE!」青海プロデューサーと庄ディレクターが語る最新作の全貌

 【01//2016】

実機デモで気になる情報を蔵出し「ドラゴンクエストヒーローズ・ザ・LIVE!」青海プロデューサーと庄ディレクターが語る最新作の全貌


スクウェア・エニックスは5月1日、5月27日発売予定のプレイステーション 4/3/PlayStation Vita用アクションRPG「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」の体験会をヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで開催した。
同イベントには、スクウェア・エニックスの青海亮太プロデューサーとコーエーテクモゲームス・ωフォースの庄 知彦ディレクターが登場。
実機によるデモンストレーションと発売直前に開催される予定の発表などを行なった。


「ドラゴンクエストヒーローズII」については、アクションゲームを得意とするコーエーテクモゲームスのωフォースとコラボレーションで制作が進められているシリーズ2作品目。
歴代のキャラクターが登場する、新主人公、新ストーリーで描かれる完全新作で、「ドラゴンクエスト」の世界を堪能できる。
前作に引き続きボイスに対応しており、各キャラクターがしゃべりまくるのも特徴の1つ。

今作では、クロスプラットフォームで、なおかつクロスセーブに対応しているため外出先ではPS Vitaで、帰宅したらPS4/3でプレイすることもできる。
ゲームシステム的には、前作がステージクリア形式であったのに対し、フィールドが描かれ、よりRPGらしい作りになっている。
また、上級職が登場し転職が可能。
モンスターコインを使い、モンスターになって敵を攻撃することができるなど、新システムの数々が搭載されている。

新システムについて庄ディレクターは「フィールドでいろいろなことができるので、ぜひ盗賊に1回なって欲しい」と転職をアピール。
一方、青海ディレクターは転職のほか、「モンスターコインで変身してモンスターになって欲しい」とコメント。
MCを担当した結いさんも「“ももんじゃ”がしっぽをグルグルさせて飛ぶのがカワイイ」とかなり気に入ったようだった。

■ 各フィールドを実機プレイで一挙公開!
一通りゲームの概要説明が終ると、実機によるプレイを行ないながらのデモンストレーションが行なわれた。
今回は、開発に1番苦労したというフィールドを存分に見せるというスタイルがとられた。
ルーラを使い地図のあちこちのフィールドにひとっ飛びで移動し、各種要素を見せていった。

今回はゲームを進めた状態でのプレイだったため、世界中のどこにでも行ける状態だったが(プレーヤーのレベルも“25”と高く、少々のモンスターは一撃で倒していた。
ちなみにこのレベル25あたりから強敵を相手に戦うことになり、ただ爽快なだけではなくゲームとして歯ごたえが出てくる段階のようだ)、実際には特定のモンスターを倒さなければ行けない場所や、特定のキャラクターを仲間にしなければ行けない場所は存在するという。

ちなみにフィールドの天候は変わっていくという。
砂漠で嵐になると砂嵐となり大変なようだ。
いなみに昼と夜については「あるような、ないような? 皆さんが考えているとおりです」と言葉を濁した。


モンスターを倒してドロップしたアイテムはわざわざ回収しなくても、自動的に回収されるようになった。
庄ディレクターは「自動回収されるのに、アイテムは気にしないでどんどんモンスターを倒していって欲しい」とコメントしていた。


フィールドにいる大型モンスターはかなりの強敵ということで、生半可な気持ちで手を出すとパーティが全滅する可能性もあるという。
というのも戦闘場面ではルーラが効かず、その場に縛られてしまうため逃げるのも苦労するためだ。
モンスターはパーティのフィールドに入るとかなりしつこく追いかけてくるそうで、それから逃げ切るにはそれなり大変なようだ。
実際にデモプレイでも、逃げても逃げてもキラーパンサーが食い下がり、逃げ切るのに庄ディレクターは苦労していた。


このフィールドでは、戦闘中に発生するパーティコンボについて説明。
MPを使うことで様々な協力プレイなどが可能で、パーティの他のキャラクターを共に、自分が習得していない技を繰り出すこともできるようだ。


当然のことだが、ルーラは天井のないところでしか唱えることはできない……正確には唱えることは可能だが天井に阻まれて移動できない。
この雪原にはダンジョンエリアがかなりあり、ここではルーラを唱えても他のフィールドに移動できないことになる。



モンスターコインを使った新要素「ヘンシン」も、実機プレイにより公開された。
モンスターコインを使いゴーレムになってみせると会場からは歓声が沸いた。
強力なパンチで敵を蹂躙していく様は爽快な一言。
またギズモにもヘンシンして見せた。
ギズモは空からの攻撃が可能で、敵を一網打尽にできる。
またカミナリ系の攻撃を行なうことができるため、キラーマシンなど電気系の攻撃を苦手とするキラーマシンなどのモンスターに効力を発揮する。
このように、敵との相性を考えながらモンスターコインを使いヘンシンして戦う戦略性も必要なようだ。

基本的にはマルチプレイの場となる「時空の迷宮」だが、メニューの「今のパーティで時空の迷宮に行く」を選択すると、ソロプレイが可能になるという。
これはニコニコ生放送の番組で、多くの人が「1人で行きたい」とコメントしていたのを見て、庄ディレクターが青海プロデューサーに相談して仕様変更となったという。

また、他のプレーヤーとのコミュニケーションに関しては、数多く用意されたコメントをセットしておき、それを選択する方式となる。

特典に関しても映像が紹介された。
前作の主人公アクトのなりきり衣装などで、これらの衣装の人気も高い。
さらには「ドラゴンクエストI」の勇者コスチュームも登場。
庄ディレクターは「これをつかって配信される『竜なんとか』を倒して欲しい。
もちろん戦闘が始まる前にも面白い仕掛けがあるので……」と気になるコメントを残している。

すでにアップデートに関しても頻繁に行なうことが発表されているが、庄ディレクターは最後の挨拶で「開発は続いています。
製品はすでに落ち着いて発売を待つばかりですが、アップデートに向けてバリバリと開発していきます。
正式に決まっていませんが、発売後1週間後くらいから長くアップデートしていきますので、楽しんで欲しい」と語った。

■ 発売日近くには、各種イベントを実施
発売となる5月27日近辺には各種イベントが開催される。





©2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※画面は開発中のものです。

※画面はすべてプレイステーション 4版のものです。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スマホ向け次世代リアルタイムカードゲーム『魔法図書館キュラレ』事前登録開始

 【01//2016】

スマホ向け次世代リアルタイムカードゲーム『魔法図書館キュラレ』事前登録開始


DMM GAMESは、 iOS/Androidアプリ『魔法図書館キュラレ』の事前登録を開始しました。


『魔法図書館キュラレ』は、様々な次元の情報が具現化して人格を持つ<魔道書>を回収する3人の司書たちが冒険を繰り広げるスマートフォン向けの次世代リアルタイムカードバトルゲームです。

3人の司書たちが中心になる壮大なメインストーリーは豪華声優によるフルボイスで展開。
個性あふれる魔導書たちによる、お馴染みの「物語」が具現化されたイベントストーリーや、秘められた話を見られるショートストーリーなども楽しむことができます。

現在本作は事前登録が受付中。
これを記念して、事前登録者数に応じてプレゼント報酬が追加されていくキャンペーンも開催中です。
さらに、 Twitterリツイートキャンペーンも実施中。
魔法図書館キュラレの公式ツイッターの事前登録ツイートのリツイート数に応じて全員にプレゼントが行われるとのことなので是非参加してみてください。

◆ストーリー
かつて、この世界の全ての情報が記録されていると言われた「古代図書館バベル」謎の爆発を起こし、バベルよりあらゆる次元に散らばった<魔導書>が怪異を起こす世界。

これは散らばった<魔導書>を魔法図書館に回収し、バベルの再建を目指す、とある3人の司書の物語。

様々な次元に出現する<魔導書>を巡る数々の冒険!時にシリアス!時にコミカル!に展開する物語を経て、次第に明らかになっていく3人の司書たちと魔法図書館の秘密。

様々な試練を乗り越え物語の核心へ迫れ!
◆キャラクター紹介
■ミウ(CV:井上麻里奈さん)

キュラレの正司書。
子供の頃から司書アカデミーで生活していたので、司書こそ自分の天職だと思っています。
まだまだ新米なので失敗も多いですが、彼女特有のポジティブさでピンチを切り抜けます。
周囲の者には優しく、心温かい性格で、図書館の中心的な存在。
生まれ落ちてすぐ、たった一人キュラレに取り残されていたところを保護された過去を持ちます。

■セラ(CV:松井恵理子さん)

キュラレの見習い司書。
バイタリティ溢れる女の子で、キュラレのマスコット的存在。
性格は自信家で、時には生意気な様子もありますが不思議と憎めない、キュラレのみんなの可愛い後輩です。
普段の姿では想像できませんが、実は良家のお嬢様。
次元探索中に両親を失った過去を持ちます。

■デルフィン(CV:日笠陽子さん)

キュラレ図書館に派遣された特務司書。
特務部隊出身のスペシャルリスト。
普段は論理的な判断力で行動する性格ですが、一般常識がやや足りずよくトラブルを起こします。
一族の罪を背負い、過酷な戦場で戦い続けていましたが最後の任務で辿り着いたキュラレは、彼女にとって新しい人生の始まりでもありました。

◆事前登録キャンペーン

■期間:4月27日事前登録開始時からリリース日前日まで。
■プレゼント内容:
・登録者数 10,000人突破:印刷チケット3枚、ポーション3個セット
・登録者数 20,000人突破:魔力石3個、リリース記念SR+ミウ1枚
・登録者数 30,000人突破:魔力石5個、ブースターセット
・登録者数 50,000人突破:魔力石10個、リリース記念SR+ミウ1枚
◆Twitterリツイートキャンペーン

■期間:4月27日事前登録開始時からリリース日前日まで。
■プレゼント内容:
・リツイート数 200件突破:魔力石2個
・リツイート数 500件突破:魔力石3個
・リツイート数 1,000件突破:魔力石5個
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
Copyright (C) DMM GAMES / Smilegate Megaport Inc. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ダンジョン探索型ログRPG『Wizardry Schema』CBT募集開始、ウィザードリィの新作アプリ

 【01//2016】

ダンジョン探索型ログRPG『Wizardry Schema』CBT募集開始、ウィザードリィの新作アプリ


GMOゲームポットは、Androidアプリ『Wizardry Schema』のクローズドβテストの参加者募集を開始しました。


『Wizardry Schema(ウィザードリィスキーマ)』は、スマートフォン向けダンジョン探索型ログRPGです。
中世風ファンタジーRPGの王道的な雰囲気に、現代風の要素も加えられた今までの『Wizardry』にないプレイスタイルが特徴となっています。

今回は、本作のAndroid版においてクローズドβテストの参加者募集が開始されました。
募集期間は5月9日の17時まで、人数は1000名が予定されています。

クローズドβテストに参加した方には全員に、正式サービス開始のお知らせと共に2人組みで1キャラクターという超レア「エレシェとリデラ」が貰えるシリアルコードもプレゼントされる予定なので是非参加してみてください。

◆クローズドβテスト 募集要項
■募集期間:4月28日12:00から5月9日(月)17:00まで
■募集人数:1000名
■応募資格:Android OS 4.1以上の端末、Gmailアドレスをお持ちの方
■選考方法:抽選
■当選者発表日:5月10日
■当選者発表方法:当選者の方に、メールにてお知らせいたします。
■実施期間:5月10日14:00 より 5月16日14:00 まで
※ クローズドβテストにご参加いただくには「Gmailアドレス」の登録による応募が必須となります。
※ クローズドβ実施期間中に作成されたプレイデータは、正式版のアプリに引き継ぐことはできませんので予めご了承ください。
※クローズドβテスト実施期間は予告なく変更される場合があります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
“Wizardry(R)” of GMO Gamepot Inc. All rights reserved.
Wizardry Renaissance(TM) (C)2009 GMO Gamepot Inc. All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ベトナム戦争FPS『Rising Storm 2: Vietnam』プレイ映像公開!ジャングルや重砲基地での戦闘

 【01//2016】

ベトナム戦争FPS『Rising Storm 2: Vietnam』プレイ映像公開!ジャングルや重砲基地での戦闘


Tripwire InteractiveとAntimatter Gamesが開発する新作ベトナム戦争FPS、『Rising Storm 2: Vietnam』のゲームプレイ映像が海外サイトWindows Centralにて公開されています。
Tripwire InteractiveのAlan Wilson氏へのインタビューも収められたこの映像では、16人で行うスカーミッシュゲームタイプでのプレイが披露。
ジャングルや重砲基地での戦闘が繰り広げられます。


スカーミッシュゲームタイプでは、両勢力ともに3つのポイントの制圧を目標とします。
120秒のスポーンタイマーを備えており、その間に死んだ場合は復活が可能。
タイマーが尽きている場合は、味方がマップ上のポイントを制圧しない限り復活はできません。
もしその状態でポイントを制圧できず、全滅してしまうと敗北となります。

ミリタリーFPSファンが期待を寄せている『Rising Storm 2: Vietnam』は2016年にリリース予定。
円滑なマルチプレイヤー体験を保証するため、正式ローンチ前にアルファテストやベータテストを行っていくとのことです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『DQX』バージョン3.3前期の大型アップデートは5月25日に実施予定!

 【01//2016】

『DQX』バージョン3.3前期の大型アップデートは5月25日に実施予定! 


文:ライター ゴジラ太田、撮影:カメラマン 永山亘
●今年もやってきました!“DQXTV 出張版”!
皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!2016年4月29日(金)、千葉県の幕張メッセで開催されたニコニコ超会議にて、ステージイベント“ドラゴンクエストX TV ニコニコ超会議2016 出張版スペシャル@ニコニコ超会議2016”が行われました。

気になる内容は、バージョン3.3前期の最新情報や、第5期初心者大使中間報告、そしてアストルティア★ハッピーくじの抽選会など。

ステージには、“DQXTV”ではおなじみのタレント・椿姫彩菜さん、『DQX』プロデューサーの齊藤陽介氏、ディレクターの齋藤力氏、チーフプランナーの安西崇氏に加えて、第5期初心者大使の4名が登壇!
●まずはバージョン3.3前期の最新情報から!
イベントは、『DQX』プレイヤーなら誰もが気になっている、バージョン3.3前期の最新情報からスタート!武器スキル上限解放で修得できる新たな特技が、映像とともに発表されました。
各特技の性能も併せてまとめていきます。

■片手剣“不死鳥天舞”
・単体への4回攻撃
・一定時間、会心率がアップ
・1ヒット目にHPが回復する効果

■両手剣“プラズマブレード”
・対象範囲に、ランダムで4回攻撃
・一定確率で、相手に“炎耐性低下”の状態異常を付与
■短剣“オネロスハント”
・“休み状態”の相手に大ダメージ
(※休み状態:サプライズラッシュやチャージタックルなど、行動不能となっている状態)
■スティック“ホップスティック”
・範囲内のパーティメンバーに、足元系効果を1回無効にする効果。
効果時間120秒
・ジャンプで回避時は、効果が持続される
(※足元系効果:バラモスの“ネクロゴンドのはどう”のような、ジャンプしないとダメージを受ける攻撃)
■両手杖“活命の杖”
・最大HPの50%分、HPを回復
・一定時間、最大HPを200増加
■槍“武神の護法”
・単体相手に大ダメージ
・攻撃力ダウン効果(真やいばくだきと同性能)
・一定時間、武器ガード率がアップ
■オノ“降魔紅蓮斬”
・単体相手に大ダメージ攻撃
・与えたダメージの10%、MPを回復
■棍“断空なぎはらい”
・既存スキル“なぎはらい”よりも広範囲に、2回攻撃
■ツメ“牙神昇誕”
・“戦鬼の乱れ舞”と同系統の攻撃力アップ効果を2段階上げる
・バイキルトとの併用が可能
■ムチ“バイキルショット”
・自身にバイキルト
・攻撃対象と周囲に大ダメージ
■扇“風斬りの舞”
・範囲内のパーティメンバーに、バイキルトと魔力かくせいの効果

■ハンマー“デビルクラッシュ”
・物質系と悪魔系の相手に大ダメージ
■ブーメラン“レボルスライサー”
・単体相手に大ダメージ
・一定確率で、相手に“受けるダメージをアップする”状態異常を付与(デビルアーマーの真かぶと割りと同じ効果)。
成功率はきようさ依存
■弓“ロストスナイプ”
・単体相手に大ダメージ
・“怒り”、“テンションアップ”を鎮める
■格闘“しんくうは”
・一定範囲に風属性攻撃
■盾“アイギスの守り”
・盾ガード率アップ、会心ガード、ダメージカットの効果を同時に得る
(※ダメージカットは、ファランクスと同等)
どの特技もかなり便利そうなものばかりです!個人的に感じたのは、バイキルトや魔力かくせいなど、仲間を強化する特技が多いので、パーティ編成の自由度がかなり上がりそうですね。
そして気になるスキル上限解放についてですが……。

なんと、上限解放クエストは存在せず、ダーマ神殿のタッツィに話しかけるだけでオーケー!これはラクチンですね!ただし、「スキルを150まで解放している」、「スキルマスターの石を所持している」、このふたつが条件となります。

160以降のスキルには、新特技のほか、ステータスアップ系の効果もあり、好きなものを選んでセットできるとのこと。

そして、160よりも170、170よりも180というように、どこにセットするかに応じて、能力が変化する仕組みだそうです。

たとえば、攻撃力を上げたい場合、
・160にセットした場合の効果は“攻撃力+5”
・170にセットした場合の効果は“攻撃力+8”
・180にセットした場合の効果は“攻撃力+10”
つまり、「スキルポイントを多く使うほど恩恵があるよ」ということですね。
ちなみに、同じ効果の能力は複数セットできないとのこと(攻撃力+だけを3ヵ所にセットする、ということはできません)。
また、新特技の場合は、どこにセットするかでチャージ時間が変わってくるようです。

バージョン3.3前期からは、ひとつの武器に使用するスキルポイントが確実に増えるので、どの職業&武器に特化させるかで、プレイヤーごとの個性が出てきそうですね。

●第5期初心者大使バトルチャレンジ!
続いては、第5期初心者大使の中間報告コーナー。
以前に課せられていたお題(ゲーム内の目標)を、全員が見事クリアー!
また、4人でのドレスアップ&ハウジング対決も行われ、ニコ生の視聴者や開発陣たちの投票の結果、兼田いぶきさんが優勝!賞品として、“ぐらぐらソーラフィギュア メタルブラザーズ ”が贈られました。
これ俺も欲しい……!(笑)
その後、バトルチャレンジコーナーでコインボスのアトラスに挑戦し、そちらも見事勝利を納めていたぞ。
アトラスにターゲットされたプレイヤーが後方に下がって、ほかの仲間がアトラスを押さえ込むなど、冒険者としての成長を感じられる戦いに、会場からは拍手が送られていた。

●いよいよハッピーくじ当選発表!6億ゴールドは誰の手に……!?
イベントも終盤に入り、いよいよ“アストルティア★ハッピーくじ”の抽選会が開始!特賞はなんと6億ゴールド!1等で1億ゴールド、2等で1000万ゴールドのほか、3等はプレゼントチケット3枚でした。
ちなみに3等は、“特賞の下2ケタの数字が一致”と非常に当たりやすくなっているので、かなりの当選者が出そうですよ……!
ハッピーくじではおなじみのルーレットで、つぎつぎと数字が抽選され、2等は“10521”、1等は“553179”に決定!そして特賞は、最初に数値だけ抽選され、“201958”に決定!特賞は、数字のほかに“町”も決める必要があるため、ルーレットを町名に変更して最後の抽選開始!しかし、ルーレット回転中に矢印が真上を向いたまま固まってしまうというハプニングが!(笑)
もはや恒例(?)となったルーレットの機械的ハプニングで仕切り直しになりましたが、最終的には“ヴェリナード城下町”に決定!ハッピーくじを購入した冒険者は、さっそく結果をチェックしてみよう!
<第4回アストルティア★ハッピーくじの結果>
・特等……ヴェリナード城下町201958
・特等町違い……201958
・1等……553179
・2等……10521
・3等……58
●イベント終了後にサプライズが……!
イベントは、『DQX』とスマートフォンアプリ『ドラゴンクエスト どこでもモンスターパレード』のコラボイベントのお知らせや、『DQX』新グッズなどの紹介がされて幕を閉じ……かけたところでサプライズが!
なんと、今年も“『DQX』夏祭り”が開催されるとの告知が!その発表に会場内がどよめいていると、さらに……!
バージョン3.3のPVが流れ始めた!“闇の領界”や新たなコインボス、そしてレグナードに続く常闇の聖戦第2弾などなど、気になるシーンばかりのPVでした!
さらに、バージョン3.3前期の大型アップデート実施日も、ここで初めて2016年5月25日(水)と発表。
やはり、大型アップデートは超ワクワクしますね!最後の最後まで、来場者や視聴者を楽しませてくれたイベントでした!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る