2016 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 06

第146回 「S.R.D-S サイバスター」登場!風の魔装機神はデフォルメでも伊達じゃない!

 【04//2016】

 第146回 「S.R.D-S サイバスター」登場!風の魔装機神はデフォルメでも伊達じゃない!


インサイドを御覧の皆様、こんにちは。
ライターひびきがお届けする週間連載「日々気まぐレポ」、第146回目でございます。


今週は壽屋から発売されていますプラキット「S.R.D-S サイバスター」をご紹介します。
こちらは、本連載でも度々取り上げさせていただいております「S.R.D-S」シリーズの最新作です。

「S.R.D-S」は、バンダイナムコエンターテインメントの人気ゲーム『スーパーロボット大戦OG』に登場するロボットをデフォルメ体型で立体化したコトブキヤの組み立てキットシリーズ。
今回、その中でも最古参の人気機体である「サイバスター」が発売となりました。

サイバスターは、ファミコンソフト『第2次スーパーロボット大戦』をはじめとして、数多のシリーズや関連作品に登場するバンプレストオリジナルのロボット。
風の魔装機神の異名を持ち、そのパイロットである操者マサキ・アンドー共にいまだトップクラスの人気を誇る『スパロボ』シリーズを代表する機体の一つです。
って、今更説明するまでもないですね。


今回、そんなサイバスターがデフォルメカワイイ「S.R.D-S」に登場。
例によって頭身が高めでの立体化で、昨今のゲーム劇中のイメージに寄せたスマートなシルエットが特徴的です。
ずんぐりむっくりした初期シリーズのデフォルメ具合も、こういうシュッとしたアレンジも甲乙付けがたい味わい深さがあります。

基本的にシンプルなカラーリングの機体ですので、成型色そのままでもほぼ設定の色分けを忠実に再現。
一部塗装済みパーツやクリアパーツも贅沢にあしらわれており、デフォルメ体型ながら、抜かりのない質感を楽しむことが可能です。
細かいところでは各部のレッド、ディスカッターのグリーンなどが足りませんので、ワンポイントで部分塗装してやると、より完成度が増すのではないでしょうか。


シリーズ恒例となった妥協のない可動性能も健在。
跳ね上げ式の肩アーマーや、股関節周りの構造など、動かしていて楽しいギミックが満載です。
また、本キットはデフォルメ体型でありながら「サイバード」への変形を可能としています。
一部取り外しが必要ですが、ほぼ設定通りの完全変形で、破綻のないシルエットを堪能することが出来ます。


オプションとしては各種表情付き手首パーツのほか、武装としてディスカッターとファミリアが付属。
また、プレミアムエディションではバニティリッパーもセットとなっています。

コトブキヤキットの特徴であるシャープな造形が生きるサイバスターというラインナップ。
リアル体型のS.R.G-Sでもそうでしたが、今回も遊んでいて各部が指に刺さるほどで、ある種デリケートな扱いが必要となっている箇所も。
それでも、デフォルメ体型を言い訳としない、徹底した可動へのコダワリが感じられる素晴らしいキットとなっていました。
今後発売が予定されている同シリーズの「ネオ・グランゾン」ともあわせて是非遊んでみたい傑作キットですね。
オススメです!
「S.R.D-S サイバスター」は発売中。
価格は6,000円(税抜)です。

(C)SRWOG PROJECT

■筆者紹介:ひびき
関西在住のゲームやアニメが大好きな駆け出しひきこもり系ライター。
そのシーズンに放送されているアニメはすべて視聴する暇人。
ゲームのプレイは基本的にまったりじっくり足が遅い方。
2012年からINSIDEにてライター活動を開始。
お仕事はTwitterにて随時受付中。


Twitter:@hibiki_magurepo


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

第4代ゲーマーズエンジェルコンテスト 応募はまだ間に合う!

 【04//2016】

第4代ゲーマーズエンジェルコンテスト 応募はまだ間に合う!


●応募締切は2016年5月9日(月)必着!
週刊ファミ通の創刊30周年を記念した、第4回ゲーマーズエンジェルコンテストが開催中!ゲーマーズエンジェルとはファミ通の読者モデルで、これまで、初代の伊藤恵さん、2代目の鈴木咲さん、3代目の青木志貴さん&一木千洋さんと、計4名が選出されてきました。
彼女たちに続き、ファミ通の誌面や配信番組などで活躍したい方を募集します。
応募の締切は、2016年5月9日(月)必着となります。
下記の応募要項をよく読んで、ご応募ください!
■ゲーマーズエンジェルの活動内容
・週刊ファミ通の誌面モデルとしての写真撮影
・週刊ファミ通の動画番組、生放送番組への出演
・ゲーム作品への出演……etc
■応募はこちらの記事から
第4代ゲーマーズエンジェルコンテスト開催!ゲーム好きの女の子集まれ!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『TERA』新ダンジョン“暴君デュリオンの潜伏地”がお披露目に

 【04//2016】

『TERA』新ダンジョン“暴君デュリオンの潜伏地”がお披露目に 


文・取材・撮影:ライター Mainai
●“テラライブ!”の第16回目の放送は秋葉原から生中継!
ゲームオンが運営するポータルサイト“Pmang”のオフラインイベント“Pmang感謝祭”が、2016年5月3日に東京・秋葉原にて開催。
この日に会場で行われた、PC向けMMORPG『TERA』のステージイベント“テラライブ!~Vol.16~感謝祭特番!”の模様をリポートする。

“テラライブ!”は、インターネット生中継を通じて『TERA』の魅力をユーザーに伝える人気プログラム。
その第16回目のオンエアは、“Pmang感謝祭”のメイン会場であるベルサール秋葉原のステージから公開生放送で行われたのだ。

この“TERAボード”への署名者数が、最終的に300名を突破していたことがイベント終了後に判明。
これを記念して、2016年5月7日~8日の2日間、すべての装備の名品化成功率と強化成功率が2倍に引き上げられることが追加で発表されている。
注意事項などの詳細は、公式サイトのイベント欄を参照してほしい。

●“暴君デュリオンの潜伏地”の2ネームドもお披露目!
イベントの目玉は、近日実装予定の最上級ダンジョン“暴君デュリオンの潜伏地”がお披露目される“チャレンジ・ザ・暴君”のコーナーだ。
中川氏・荒木さんと事前に選ばれた3名のプレイヤーがパーティを組んで、この新規コンテンツの“1ネームド”に挑戦。
最深部で待ち受ける、暴君暗黒守護ゴーレムの討伐を目指すことになったのだ。

ファイターで参加した一般参加のプレイヤーの活躍もあり、暴君暗黒守護ゴーレムを無事討伐! 限定アイテムの“Pmangの肉詰め”がプレゼントされることとなった。
戦いを終えた中川氏は、「僕にランタゲ(ランダムターゲットの攻撃技)が1回も来なかった」と安堵の表情を浮かべていた。

スペシャル企画“チャレンジ・ザ・暴君”の終了後は、アップデート情報公開のコーナーへと突入。
2016年5月11日にリリースされるアップデートと、6月以降に行われる更新のふたつに分けて、『TERA』の今後が明かされたのだ。

アップデート情報の公開を終えたところで、ちょうどお時間。
ステージイベント“テラライブ!~Vol.16~感謝祭特番!”はお開きとなった。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ロードス島戦記オンライン』の新クラスは“シャーマン”!

 【04//2016】

『ロードス島戦記オンライン』の新クラスは“シャーマン”! 


文・取材・撮影:ライター Mainai
●カルトクイズのマニアックな出題に解答者もタジタジ
ゲームオンが運営するポータルサイト“Pmang”のオフラインイベント“Pmang感謝祭”が2016年5月3日、東京・秋葉原にて開催。
会場となるベルサール秋葉原にて、『ロードス島戦記オンライン』のステージイベント、“ロードス島戦記オンライン スペシャルステージ!”が催された。

この日のステージイベントには、『ロードス島戦記オンライン』の加藤仁ブランドマネージャーと合田真二運営プロデューサーのおふたりが登場。
女優の佐藤仁美さんがMCを務めるなか、ファンに感謝の思いを伝えるイベントが幕を開けたのだ。

●新クラスのシャーマンはエレメンタリストとレンジャーに派生
“ロードス島戦記オンライン スペシャルステージ!”でもっとも注目を集めたのは、“アップデートスケジュール発表!”のコーナー。
『ロードス島戦記オンライン』における直近の未来が明かされるとあって、会場に集まったユーザーは合田氏の説明に熱心に耳を傾けていた。

ここでは、当日行われた発表内容をダイジェストでお伝えしていこう。
とくに注釈のない限り、箇条書きのコメントは合田氏によるものだ。

◆ギルド単位によるGvG(グループ戦)に参加できるようになる。
◆ギルドのメンバーが作ったマークがアイコン(ギルドマーク)として表示される。
◆ギルドスキルのタイプはパッシブスキルを想定。

◆新マップの内訳は、フィールドが5つとダンジョンがふたつ。
◆“原作キャラクターアバター”を通じて、出会いにくい登場人物のコスチュームに近い衣装を自分のキャラクターに着せられるようになる。

◆ラグ問題の解決に取り組んでいる。

◆(加藤氏)耳がとがっているので、種族や職業は想像がつくかと思う。
◆ベースとなるクラスはシャーマン。
そこからエレメンタリスト/レンジャーの1次クラスに派生する。

◆(加藤氏)コラボレーションの具体的な内容は、現在企画を進めているところ。

アップデート情報の発表はこれにて終了。
最後に合田氏と加藤氏が感謝のコメントを述べて“ロードス島戦記オンライン スペシャルステージ!”は閉幕となった。

合田氏
『ロードス島戦記オンライン』の大きなイベントは初めてなので、お客様に集まってもらえるかどうか非常に不安でしたが、たくさんの方にご視聴いただいて安心しました。
本当にありがとうございます。

加藤氏
(カルトクイズの問題が難しすぎたので)反省会を開きたいと思います(笑)。
多くの方々に集まっていただきまして、ありがとうございます。
今年の夏に向けて盛りだくさんの内容をご提供できるよう、いろいろと準備を進めております。
楽しみにお待ちいただければ本当にうれしいです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ガンスト2』の集大成&まもなく稼動の『3』の情報も公開! 『ガンスリンガーストラトス2』超天空杯リポート

 【04//2016】

『ガンスト2』の集大成&まもなく稼動の『3』の情報も公開! 『ガンスリンガーストラトス2』超天空杯リポート


文・取材・撮影:ライター マンモス丸谷
●『ガンスト2』最後の大会を制したのは!?
2016年4月30日、東京・ベルサール新宿グランドにて、スクウェア・エニックスのアーケードゲーム『ガンスリンガーストラトス2』(以下、『ガンスト2』)の全国大会、“超天空杯(スーパーストラトスカップ)”が開催された。
ここでは決勝トーナメントを中心に、イベントの模様をお届けする。

●全試合がもつれる熱戦! 2本先取の決勝トーナメント
395チームが参加した予選トーナメントを突破してきたのは以下の8チーム。

Aブロック代表:三澤JAPAN
Bブロック代表:ミルキアン
Cブロック代表:飛車角落ちのでし
Dブロック代表:シエルちゃんねる食べました
Eブロック代表:賞金はwlwに全部突っ込む
Fブロック代表:アイリス、えーすけ就職おめでとう!!
Gブロック代表:きいな様と三匹のカス共
Hブロック代表:ぱーてぃー☆一家
一発勝負だった予選とは異なり、決勝トーナメントは最大3試合の2本先取制で進行。
(1戦目はトーナメント番号が小さいチームがステージを選択し、2戦目はもう一方のチームがステージを決定。
3戦目は大阪・日本橋ステージ、戦闘開始位置はランダムで固定)。

ラスト数秒までもつれる接戦や時間切れ引き分けでの判定など、決勝トーナメントはつねに接戦続き。
終わってみれば、1回戦第4試合を除いて、全試合が3戦目までもつれ込む僅差の戦いの中、決勝まで勝ち上がってきたのは、初代『ガンスト』から同じメンバーで大会に出続けている“三澤JAPAN”と、愛知、京都、岡山の連合チーム“シエルちゃんねる食べました”。

決勝1戦目は、三澤JAPANが準決勝に引き続き、大会で選ばれることはレアな京都・東映太秦映画村を選択。
地形を把握した立ち回りで優勢に進めるも、終盤にシエルちゃんねる食べましたが逆転。
王手をかけた状態でシエルちゃんねる食べましたが選択したステージは、大阪・日本橋。
しかしここは三澤JAPANが取り返し、決着は3戦目へ。
最終決戦は序盤、実況画面に選ばれたシエルちゃんねる食べましたのも~りぃ選手がダメージの大きい攻撃を立て続けに当てるも、中盤に三澤JAPANが逆転、残りコスト300対4300まで追いつめられる。
しかしここから、シエルちゃんねる食べましたが怒涛の攻勢で三澤JAPANのメンバーを落とし再逆転。
『ガンスト2』最後の大会、超天空杯の勝者はシエルちゃんねる食べましたとなった。

●『ガンスト3』のウェポンパック、新ステージなどが公開!
大会が終了した後には、5月12日に稼動予定のシリーズ最新作『ガンスリンガーストラトス3』のオープニングムービー、全キャラクターのウェポンパック、新ステージなどが公開され、会場を大いに沸かせた。
『ガンスリンガー ストラトス3』5月14日に稼動記念イベントを開催!最新PVも公開
なお、「モニターに選んだプレイヤーが神プレイを連発」(マゴさん)した決勝トーナメントの模様と、大会終了後に流れた『ガンスト3』の映像は、twitchで見ることが可能だ。
また、ファミ通.com内の“ストラトス通信”でも、追って最新情報を公開していくので、そちらにも期待していてほしい!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ゴエモン』を遊ぶ『原由実の○○放送局 大盛』第9回は本日2016年5月4日20時より生放送

 【04//2016】

『ゴエモン』を遊ぶ『原由実の○○放送局 大盛』第9回は本日2016年5月4日20時より生放送


●今回もラーメンを食べるのか!?(スタッフにもわかりません)
声優、歌手として活躍する“はらみー”こと、原由実さんの番組『原由実の○○放送局 大盛』第9回放送が、2016年5月4日(水)20時~21時30分ニコニコ生放送にて配信。
今回は、アクションゲーム『がんばれゴエモン ~ゆき姫救出絵巻~』をプレイします。
大型連休でお休みの方も、そうでない方も、ぜひご覧ください。

なお、番組のチャンネルに入会すると、21時~21時30分放送のオマケ放送が視聴できるほか、過去配信のアーカイブやブロマガなどを閲覧可能になります。
チャンネル入会料は月額540円[税込](※本放送は全編無料で配信。
タイムシフト期間は1週間)。
会員限定コンテンツもありますので、ぜひご検討ください!
スマートフォンから視聴したい場合は、アプリをダウンロードの上、コチラからご覧ください。

スマートフォンから視聴したい場合は、アプリをダウンロードの上、コチラからご覧ください。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『AVA』2016年中に実装予定の3モードがPmang感謝祭で発表、爆破の新マップ開発にも意欲的!?

 【04//2016】

『AVA』2016年中に実装予定の3モードがPmang感謝祭で発表、爆破の新マップ開発にも意欲的!?


文・取材:編集部 ミス・ユースケ
●2016年のロードマップが公開
2016年5月3日、ゲームオンは同社が運営するゲームポータルサイト“Pmang”全体のオフラインイベント“Pmang感謝祭”を開催した。
ステージで最新情報ありの生放送が実施されただけでなく、アトラクションが楽しめる屋台が多数並び、メイン会場となったベルサール秋葉原はまさにお祭り状態。
多くのユーザーが足を運び、イベントや交流を楽しんだ。

サテライト会場のe-sports SQUAREでは、PC用オンラインFPS『Alliance of Valiant Arms』(以下、『AVA』)のエキシビションマッチ企画“AVAれ感謝祭”が開催。
3種類の変則チームマッチが行われたほか、2016年の展開も発表された。
本稿ではアップデート情報を中心にお届けする。

最初に、2016年に実装予定の3モードが発表された。
ひとつでも大きなアップデートなのに、1年に3つも。
このタイミングで一気に発表するという決断には、運営チームも寝耳に水だったらしい。

ひとつ目は、自分以外は全員が敵のサバイバルモード“LAST MAN STANDING”のチーム版“LAST TEAM STANDING”。
単独で戦う従来のモードでは、生き残るために別のプレイヤーと協力関係を結び、ときには裏切ることも重要な戦略だった。
チーム戦になることで、これまでとは異なる戦いかたも生まれてきそうだ。

ふたつ目はとにかく広大なマップが舞台となる“JOINT OPERATION”。
戦車やヘリコプターといった搭乗兵器や火器を操る、何とも豪快な新モードだ。
『AVA』日本運営プロデューサーの井上氏によると、3~4年前から研究が重ねられていたモードだという。

ラストは、よりリアルな狙撃を追求した“最高難度のスナイパーモード”。
的確に敵を撃ち抜くには弾道や風などのほか、プレイヤーキャラクターの呼吸による体のブレすらもコントロールする必要があるという。

2016年中にはビジュアルのアップグレードも検討しており、人気マップ“HAMMER BLOW”の変更後の映像が公開された。
光源の処理を変えたことで陰影がくっきりし、単純な視認性が大幅にアップ。
戦いにどこまでの影響が出るか現段階では不明だが、乱戦でも敵の位置を確認しやすくなる可能性が高い。

ひととおりの解説が終わったところで、『AVA』の開発元である韓国Red Duck社より、通訳サービス企画チーム長のメン・ジソン氏、ディレクターのチョ・ソクヒョン氏、レベルチーム長のキム・ウィテク氏が登壇。
こういったイベントに顔を出すのはかなりレアなケースということで、来場者の質問に答える質疑応答コーナーも設けられた。

標準でボイスチャットが導入されると、うるさく感じることもあると思います。
そういう場合の対策はどうなっていますか?
ON/OFFは切り替えられるので、そのときの気分や状況に合わせて設定していただければ大丈夫だと思います。

倉庫機能が実装されるようですが、具体的にはどういう機能なのでしょうか。
色違い武器が売れたりするのでしょうか?
倉庫は“飾り棚”と言いますか、コレクションをするための機能と考えるとわかりやすいと思います。

爆破のHOTマップを増やす予定はありますか?
「HOTマップ用の新爆破マップを作る予定はありますか?」(井上氏の補足)
2016年末くらいには爆破の新マップを増やすかもしれません。

Championshipに脱出モードは入りませんか?
マップの数の問題もあります。
韓国では同じ質問や「脱出モード用の新マップを作ってほしい」という要望もありました。
新マップを作ったほうがいいという話はこちらでも出ています。
ユーザーからのニーズがあることはわかりましたので、戻ってから相談してみます。
「仮にE-boatみたいな脱出マップを作ろうとすると、何かひとつ優先順位を下げなくてはいけません。
爆破新マップとの両立は難しいでしょうし、先に爆破マップの開発を進めて、2017年くらいに脱出の新マップが入るかもしれない、と検討している感じですね」(井上氏の補足)
2016年12月に正式サービス8周年を迎える『AVA』は、まだまだ意欲的な進化を続けている。
日本のユーザーの声も積極的に取り入れたいらしく、爆破の新マップはまだ正式な予定に組み込まれていなかったようだが、その場のノリ(?)で開発が明言された。
ストイックに競技に挑むのもいいが、個人的には“JOINT OPERATION”に期待している。
わいわい遊べそうなので。

なお、本イベントで開催されたエキシビションマッチやほかのタイトルのステージなどについては、後日別の記事として掲載する予定だ。
そちらもお楽しみに!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

パワースポットでガチャを引くとレアが出るのか…複数の場所で検証してみた

 【04//2016】

 パワースポットでガチャを引くとレアが出るのか…複数の場所で検証してみた


いよいよやってきたゴールデンウィーク。
連休を利用して遠出をする方も多いのではないでしょうか?思いっきりハメを外してアトラクション型のレジャー施設で遊ぶのも良いですが、自然の中で日頃の疲れを癒したり歴史的な建造物を巡ったりする旅もオススメです。
自然や神社は良いエネルギーに満ちており、運気が上昇する「パワースポット」としても注目されている場所。
長い休みを利用してリフレッシュしてはいかがでしょう?

……なんて紹介しましたが、ぶっちゃけ、行っただけでその恩恵を受けているかわからないのが本音。
いい空気を吸ってなんとなく元気になった気がするだけでは?とつい疑ってしまいます。

そこで筆者は日頃「いいユニットが出ない」と嘆いているソーシャルゲームのガチャに注目。
もしパワースポットにご利益があるならば、ガチャの引きも良くなるにちがいない!!
というわけで今回は独断と偏見でパワースポットをチョイス。
現地でガチャを引き、本当にご利益があるのか検証してみました。

◆皆命中する「皆中稲荷神社」でお目当てのキャラを狙い撃ち!?
まず最初に訪れたのは東京都新宿区にある皆中稲荷神社。
江戸時代、近くに住む鉄炮同心が信仰した神社です。
「皆中」という言葉には「鉄炮の弾が皆命中する」という意味が込められてます。
現在では宝くじやギャンブル、コンサートのチケットなどが当たるようにと多くの人が願掛けに訪れております。

境内には絵馬がずらり。
ちなみに皆中稲荷神社の横にはパチスロ屋があり、良い台に当たるように願掛けをしたあとそのままお店に直行できる最高の立地でもあります。
「お目当てのキャラクターが欲しいんです!」お参りをして、パワーをその身に宿します。

皆中稲荷神社で引くガチャは『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』のピックアップ召喚11連。
本作はクリスタルの力を使って様々な時代の英雄をユニットとして呼び出すことができ、歴代のFFキャラが数多く出演している、古参ファンも納得のゲームです。

筆者が皆中稲荷神社を訪れた時にはFF3のキャラクターが追加されたばかりでした。
ピックアップ召喚では新キャラクターの出現率がアップ。
ここは★6にまで進化できるルーネス、レフィアを狙います。
「皆中」ですし、アルクゥもイングズも出ていいのよ!いざっ!
11連ガチャをした結果はこちら。
新キャラからは★4のイングズ、★3のアルクゥが2体でした。
物欲センサー仕事しすぎ!とはいえ、★4は嬉しいし、FF3のキャラクターがまったく当たらないよりはマシな結果となりました。
ちゃんとピックアップされていますよ!(カインも2体出たけど)

◆愛と義の力で名将を引き当てろ!
なんとな~く不本意な結果に終わったので、続いてやってきたのは山形県米沢市の上杉神社。
もともとは「成せばなる~」で有名な上杉鷹山が祀られていましたが、現在は上杉謙信が祀られています。
上杉謙信は「軍神」としても有名。
義を掲げ、戦国時代を駆け抜けた名将です。
境内にある稽照殿には上杉家ゆかりの宝物が収蔵されており、2009年のNHK大河ドラマ『天地人』で有名になった「愛」の前立の兜も展示されています。

4月中旬に訪れましたが、境内にはまだ桜が咲いており、最高のロケーション。
パワーもたっぷりではないでしょうか!?

「とにかく良い結果がでますように!」もはや必死。
上杉神社で引くガチャは『信長の野望201X』。
武将縁の地なのであえてのチョイス。
ご利益も期待できそう!「織田家臣団!」ピックアップガチャを選択。
上杉家ガチャではないけど、きっと良い結果がでるはず。
いざ!
結果は★3のまつ、丹羽長秀をゲット!★3以上一人確定ガチャなので、2人でれば御の字です。
どちらも薬師だったのがちょっぴり残念。
上杉家と敵対していた織田家ガチャだったから結果振るわずか!?

◆真田人気にあやかっていい武将を引き当てろ!
気を取り直して、最後に訪れたのは長野県上田市の眞田神社。
祭神は歴代上田藩主、そして今話題沸騰の真田信繁(幸村)公&父昌幸公です!NHK大河ドラマ『真田丸』も好調で、多くの人が訪れる今が旬のパワースポットです!
眞田神社は上田城の大手門を入ってまっすぐ進んだところにあります。
上田城は2度も徳川の軍勢を撃退した落ちない城。
勝負強かった真田氏にあやかってガチャ運を開きたい!眞田神社でももちろん『信長の野望201X』を選択。
お参りを済ませ、いざ!上杉神社では織田家ガチャだったので今回は今川家ガチャをチョイス。
結果は!?
なんと、★3武田信虎が4体、★3の今川氏親が1体で合計5体の大健闘!真田昌幸は武田信玄に仕えた武将。
武田信虎は信玄の父だから引き寄せられたのではないでしょうか!?信虎は「武芸者」タイプなので前線で大活躍してくれること間違いなしです。

◆総括
3カ所にて検証した「パワースポットでガチャ運は上がるのか!?」は、まずまずの結果となりました。
最後に訪れた眞田神社の結果が最も良く、今まさに盛り上がっている真田氏の強いエネルギーを得たような気がします。
また、その場所に関連するゲームをチョイスするとどんな結果でもなにかと理由をつけて納得することができました。
メンタル弱い方にオススメです。
最終的に出た結論は以下の通り。

ご利益があると思えばあるしないと思えばない。
全ては心の持ちようである!
…元も子もない結論に行き着きましたが、様々な場所に行き気分がリフレッシュされたので、結果オーライです。
ちなみにパワースポットには相性があるらしいので、調べればもっとご利益を得られる場所があるかも。

このGWはぜひパワースポットに行きつつ、プレイ中のソーシャルゲームのガチャに興じてみてはいかがでしょうか?


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

声優陣が開発スタッフのお悩みをバッチリ解決! 『ハッカドール』マチ★アソビ スペシャルステージリポート

 【04//2016】

声優陣が開発スタッフのお悩みをバッチリ解決! 『ハッカドール』マチ★アソビ スペシャルステージリポート 


文・取材・撮影:編集部 北埜トゥーン
●キャスト陣が『ハッカドール』の魅力を紹介!
2016年5月3日~5日、徳島で開催されているイベント“マチ★アソビ vol.16”。
5月3日、新町橋東公園ステージにて“『ハッカドール』マチ★アソビ スペシャルステージ”が行われた。
同イベントには、高木美佑さん(ハッカドール1号役)、奥野香耶さん(ハッカドール2号役)、山下七海さん(ハッカドール3号役)が出演し、『ハッカドール』の魅力を紹介した。

ステージが始まると、まず司会を務める『ハッカドール』宣伝担当の岡村直哉氏がステージに登場。
岡村氏の呼び込みで、登場したキャスト陣は順番に挨拶をした後、今回で『ハッカドール』としてのマチ★アソビ出演は4回目ということで、過去のイベントを振り返りつつ、意気込みを語った。

最初のコーナーにいく前に、そもそも“『ハッカドール』とは何なのか?”をキャスト陣が解説。
『ハッカドール』は、アニメ、マンガ、ゲーム、コスプレなど、さまざまなニュースを利用者の好み分析して、配信してくれるニュースアプリ。
また、好きなアニメを登録しておくと放送前に通知してくれる機能や、ニコニコ動画で配信されているアニメをアプリ内からワンタッチで視聴できるサービスも提供されている。
実際に声優陣も利用しているとのことで、体験談を交えつつ『ハッカドール』の魅力を熱弁していた。

紹介を終えたところで“お悩み相談室”のコーナーへ。
このコーナーは、『ハッカドール』の開発チームのお悩みを高木さん、奥野さん、山下さんの3人が解決するという内容。
最初のお悩みは“お客さんが月額500円なら払ってもいいと思うようなアイデアを教えてください”というもの。
キャスト陣からは“1ヵ月に1回イベント開催する”や“ハッカドールたちからオリジナルのメッセージが届く”などの案が出ていたが、岡村氏の反応はイマイチ。
そこで、会場のお客さんに意見を聞いてみたところ、“動画コンテンツを配信してほしい”という要望が出ていた。

続いては、イラストレーターから“ハッカちゃんたちの新しいイラストを描こうと思っているのに、よいポーズが思い浮かばない”というお悩み。
ここでは、喜、怒、哀、楽の4つ感情をジェスチャーで表現することになり、キャストの3人がポーズを取るたびに、歓声や笑い声が起きるなど、大いに盛り上がった。

最後は、まさかの岡村氏からお悩みで“サインを考えてほしい”という内容。
さすがにすぐには思い浮かばないということで、考えているあいだには、高木さん、奥野さん、山下さん3人のサインの誕生エピソードが明らかに。
その後に、キャスト陣の考えたサインが披露され、その中から山下さんのサインが採用されることとなった。

3つのお悩みを無事解決したところで、最優秀者を観客の拍手によって決定することに。
その結果、山下さんが見事に選ばれ、賞品としてiTunesカードがプレゼントされた。
その後、2016年5月発売予定の“ハッカドール THE・あにめ~しょん ねんどろいど ハッカドール1号”の完成品のお披露目や、発売中のキャラクターソングCD『ハッカソング』とマチ★アソビ vol.16限定グッズの紹介が行われ、イベントは終了となった。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

牧場RPG『Stardew Valley』今後の計画が報告、マルチプレイや家庭用移植も

 【04//2016】

牧場RPG『Stardew Valley』今後の計画が報告、マルチプレイや家庭用移植も