2016 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 06

「ウィッチャー3」エキスパンション第2弾「血塗られた美酒」配信決定平和な地域に起こる連続殺人事件に挑め

 【11//2016】

「ウィッチャー3」エキスパンション第2弾「血塗られた美酒」配信決定平和な地域に起こる連続殺人事件に挑め


スパイク・チュンソフトは、プレイステーション 4/Xbox One用オープンワールドアクションRPG「ウィッチャー3 ワイルドハント」において、エキスパンション・パック第2弾「血塗られた美酒」を5月31日に配信する。
価格は2,300円(税別)。
5月10日より5月30日まで事前購入キャンペーンが実施され、10%オフの2,070円(税別)で入手できる。


「血塗られた美酒」では、全く新しい地域であるワインの名産地「トゥサン」を探索できる。
プレーヤーはこれまで通り腕利きのモンスタースレイヤー「リヴィアのゲラルト」となり冒険していく。
トゥサンは人里離れた戦いとは無縁の土地であるが、探索していくことで王国を脅かす怪物に隠された恐ろしい秘密が明らかになる。
ここでゲラルトは恐ろしい連続殺人事件に挑むこととなる。

エキスパンションを導入することで、20時間以上に及ぶ冒険が追加される。
悪事や予期せぬ展開、ロマンス、裏切りが満載の冒険がプレーヤーを待ち受ける。
ウィッチャーの防具を様々な色にカスタマイズできる新システムや、トーナメントで騎士と戦う要素、スプーンを収集する化け物「ワイト」のクエストなど盛りだくさんの内容となっている。

さらに今回、「血塗られた美酒」予約開始を記念して、5月13日よりダウンロードできるカスタムテーマを無料配信する。
このテーマはすべてのユーザーが使用可能だ。




Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

AC『ラブライブ!スクフェス』キュートにゲームを紹介するPV公開、ロケテスト追加情報も

 【11//2016】

AC『ラブライブ!スクフェス』キュートにゲームを紹介するPV公開、ロケテスト追加情報も


ブシロードは、スクウェア・エニックスと共同開発したアーケード『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』のプロモーショントレーラーを公開しました。
また、あわせてロケテスト情報を発表しています。


『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』は、iOS/Android『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』にアーケードゲームならではの体感要素を加えたリズムアクションゲームです。
また、プロフィールカードやメンバーカードを集めるといった要素も用意されています。

◆プロモーショントレーラー
https://www.youtube.com/watch?v=CHax-rPLfz0
新たに公開されたプロモーショントレーラーでは、3Dモデルで動くμ’sメンバーたち、ゲーム内容、収録楽曲、そして各種カードについて紹介されています。

◆ロケテスト追加情報
■ロケテスト収録曲
ロケテストでプレイできる楽曲は、先行体験会でプレイできた6曲に「タカラモノズ」と「Angelic Angel」の2曲が追加。
難易度は4種類から選択可能です。

■スクフェスACオリジナル等身大スタンディ
また、ロケテスト開催店舗内には、μ’sメンバーたちと一緒に写真が撮れるスクフェスACオリジナルの等身大スタンディが設置されます。

■ロケテスト参加特典
ロケテストにてプレイ後のアンケートに回答すると、先着順で“『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』オリジナルNESiCAシール”がプレゼントされます。
(数量限定、無くなり次第終了)
■ロケテスト開催日時/開催店舗
・開催時間:10時~23時
※開催時間は店舗により異なる可能性があります。

●第1回ロケテスト
・2016年5月13日(金)~5月15日(日)
◆クラブ セガ 秋葉原 新館(東京都)
◆ラウンドワン横浜駅西口店(神奈川県)
●第2回ロケテスト
・2016年5月27日(金)~5月29日(日)
◆タイトーステーション BIGBOX高田馬場店(東京都)
◆namco梅田店(大阪府)
◆名古屋レジャーランドささしま店(愛知県)
■注意事項
・プレイ料金はサテライト筐体にて1プレイ100円、センター筐体にて1プレイ100円です。
・当日は市販されているNESiCAを使用してプレイすることが可能です。
※NESiCAを使用されない場合、ロケテスト中のプレイデータの保存やセンター筐体でのプレイ内容が一部制限されます。
・当日の混雑状況により整理券配布、入場を制限させていただく場合がございます。
・ロケテストのプレイデータの本稼働時への引き継ぎはございません。

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』
ロケテストについて詳しくはこちら↓
http://www.lovelive-sifac.jp/information/news/2016/04/27/000004.html
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』の稼動日は未定です。

※画像は全て開発中のものです。

(C)2013 プロジェクトラブライブ! (C)SQUARE ENIX CO., LTD. (C)KLabGames cbushiroad All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「逆転裁判6」、ダウンロード体験版の配信を開始ダウンロード版の予約購入も受付開始

 【11//2016】

「逆転裁判6」、ダウンロード体験版の配信を開始ダウンロード版の予約購入も受付開始


カプコンは、6月9日に発売予定のニンテンドー3DS用法廷バトルゲーム「逆転裁判6」のダウンロード体験版の配信をニンテンドーeショップで5月11日より開始した。


このダウンロード体験版では、現在公式サイトで公開中のWEB体験版と同じ、新システム「霊媒ビジョン」を楽しむことができる。
また、一部のゲームショップでも店頭体験版を遊ぶこともできるので、体験できる店舗については専用サイトで確認してほしい。

■ ダウンロード版の予約購入がニンテンドーeショップで開始
「逆転裁判6」のダウンロード版の予約購入がニンテンドーeショップで開始された。
予約購入すると、「あらかじめダウンロード」の対象となるlこれにより事前にダウンロードが可能。
購入後は発売日にインターネットに接続した状態でソフトを起動しゲームを始めることができる。

すでに数量限定特典と早期購入特典も予定されているが、数量限定特典(ダウンロード版)の特典付与は6月16日まで。
早期購入特典についてくるコンテンツは6月30日以降は有料での配信となる。
コンテンツを入手するには、ニンテンドー3DS本体が無線でインターネット通信できる環境と「逆転裁判6」のセーブデータが必要となる。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「Splatoon」、「パーティー」フェスのシオカラーズイラストを公開

 【11//2016】

「Splatoon」、「パーティー」フェスのシオカラーズイラストを公開


任天堂は、Wii U用対戦アクション「Splatoon(スプラトゥーン)」において、5月14日から15日まで開催予定のフェス「行くならどっち? オシャレなパーティー vs コスプレパーティー」のシオカラーズイラストを公開した。


今回のイラストでは、オシャレなドレスに身を包んですまし顔のアオリと、顔まですっぽり覆われたタヌキの着ぐるみ姿のホタルが描かれている。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

コーエーテクモ、PS4「仁王」α体験版プレイレポートα版とは思えない完成度。噛めば噛むほどのスルメゲー!

 【11//2016】

コーエーテクモ、PS4「仁王」α体験版プレイレポートα版とは思えない完成度。噛めば噛むほどのスルメゲー!


コーエーテクモゲームスは4月26日、プレイステーション 4用ダーク戦国アクションRPG「仁王」の体験版「仁王 α体験版」をPlayStation Storeにて、4月26日~5月5日までの期間限定で配信した。
ここではα体験版のプレイレポートをお届けする。


「仁王」は、妖怪たちがうごめく戦国世界を舞台に、難易度の高いミッションに挑むダーク戦国アクションRPG。
α体験版は、主人公「ウィリアム」が豊後臼杵の黒島に小船で乗りつけたところから始まる。
歴史に詳しい人はもう気づかれたかと思われるが、ウィリアムスは歴史上の実在人物、徳川家康に仕えたイングランド人の航海士「三浦按針」こと「ウィリアム・アダムス」がモデルだ。

α体験版ゆえか、導入部は簡素。
漂着したウィリアムの装備は、シャツ、ズボン、ブーツと着の身着のままで、アイテムは体力を少し回復できる「仙薬」が3つだけ。
目前で金色に光っている死体を調べると、武器の刀をゲット。
先々こうして道中で光っている死体を調べると、テキストのチュートリアル情報が伝達されたり、武器、防具、アイテムなどが拾えたりする。

少し先に進むと、直近の死体メッセージとともに「社」が見つかる。
社を詣でると、体力が全回復。
また、経験値「アムリタ」を消費して能力を伸ばしキャラクターを強化する「能力開花」、守護霊の呼び戻しや憑けかえ、不要になった武器や防具などをアムリタに変える「奉納」、オンラインでCO-OPを希望する他プレーヤーを呼び出す「まれびと召喚」といったメニューが出現。
また、先々ゲームを進めていくと新メニュー「木霊の加護」、「術支度」が追加される。

社の周辺を歩くと、禍々しい真っ赤なエフェクトとともに刀が地面に突き立った「血刀塚」が散見される。
α体験版はPlayStation Networkへの接続が必須で、他プレーヤーが殺された場所と死因などが「血刀塚」として他プレーヤーに配信される。
○ボタン長押しで「屍狂い」と戦えるが、レベルや装備によっては中ボス並に屈強。
なかには、擬似PKとばかり社の前でわざと死んだと思われる高レベル「血刀塚」もチラホラ。
ただ、ちゃんと社にアタリをつけた状態で○ボタンを長押しすれば、こうしたイタズラはきちんと避けられるようになっていた。

かがり火が炊かれているほうに足を向けると、死体の間近に敵らしき兵を発見。
近寄ると、当然のように刀を構えてこちらに斬りかかってくる。
ファーストプレイでまず驚かされるのが、こうした雑魚の強さ。
一撃のダメージがハンパではなく、こちらも刀をブンブン振っていると突然「ぜぇ、ぜぇ」と息が切れて短い時間だが操作不能に陥る。
ここで画面左上を見ると「体力ゲージ」の下に「気力ゲージ」があることがわかる。
息切れは気力ゲージが底を突くと発生。
何も考えず刀を振り回していたため発生したもので、完全無防備な状況は文字どおり死に直結する。
立ち回りは気力ゲージの管理がとても重要だ。

ここでα体験版の戦闘システムについて触れておこう。
攻撃は□ボタンが弱、△ボタンが強、×ボタンが回避で長押しするとダッシュ。
ガードはL1ボタン。
敵のロックオンはR3で、デフォルトがオフのためR3で頻繁にロックオンすることになる。

武器は近接用の「刀」、「槍」、「斧」と、遠距離用の「弓」が存在。
近接用は、R1を押しながら△ボタンで「上段」、□ボタンで「中段」、×ボタンで「下段」にそれぞれ「構え」が変化。
使い勝手は武器と構えで大きく変化するが、上段はモーションが長めだが高威力で主に縦方向、中段はそこそこの攻撃力で横方向、下段は威力こそ低めだが出が早く手数が多いといったテイストが基本になっているようだ。

弓はL2ボタンでTPSモードの狙撃状態になり、R2で射撃。
TPSモードにせずR2で撃つことも可能だが、α体験版のシチュエーションではヘッドショット狙いか敵の釣り出しでしか使わず、ほぼTPSモード専用といった印象。
このほか「石」、「手裏剣」、「火薬玉」、「焙烙玉」といった消費アイテムでも敵にダメージを与えられる。

キャラクターをレベルアップさせると、獲得したポイントで「武器スキル(刀、槍、斧)」と「術スキル(忍者、陰陽)」をそれぞれ伸ばせる。
攻撃力や気力ゲージ関連はもちろん、受け流しや相手の背後を取るなどの特殊行動も可能になる。
格闘ゲームのようなコマンド入力技もあったが、イマイチ使いどころがなくα体験版以降でどうなるか気になるところ。

術スキルは、手裏剣、マキビシ、毒、符術などが使えたり強化されるほか、獲得アムリタや気力ゲージ消費の低減など、いわゆる「パッシブ」効果も用意されている。
武器スキルも同様だが、同じ項目を段階的に強化できたりと、α体験版ながら相当やりがいのあるものになっていた。

防具は「頭、体、腕、腰、足」の5部位があり、それぞれレベル、防御力、耐久度、重さ、装備に必要とされる能力値が存在。
同じ防具でも、レベルが高いと軽くて丈夫などかなりの差がある。
最初はとにかく防御性を重視しがちだが、装備が重過ぎると敏捷性が下がるうえに気力ゲージの消耗が激しくなる。
α体験版に限らないだろうが、敵の攻撃力が凄まじいため、よほどの手練以外は一定の敏捷力の確保がセオリーになりそうだ。

武器と防具は敵からランダムドロップされ、基本的には強い敵を倒すほどいいものが出る確率が高い。
守護霊や木霊の加護、武器の特殊効果でドロップ率が挙げられるため、いい武器、防具、アイテムを求めてひたすら敵と戦うトレハン要素が、テクニカルな操作性とあいまって実にいいスルメ具合となっている。

■ 気力ゲージ損耗を低減し攻めを豊かにする「残心」システム
さて……先ほどの息切れでも触れたが、α体験版は気力ゲージの管理が本当に大切というか「マスト」といっても過言ではない。
気力ゲージは攻撃すればそのぶん減るし、ガードボタンを押しっぱなしの状態だと、何もしない状態に比べてゲージの回復量に雲泥の差がある。
よって、α体験版には攻撃を多彩かつ効率化するためのシステム「残心」が用意されている。

α体験版では、攻撃などのアクションを起こすと消費されたぶんゲージ幅が赤くなるが、直後にスッと白色で回復していく様子がうかがえる。
赤くなったゲージの右端に到達すると使ったぶん気力が失われるが、このときに白ゲージが右端に到達する前に「R1」ボタンを押すと、そのぶん気力ゲージが回復する「残心」効果が得られる。
ひらたくいえば、攻撃した直後にゲージの白回復にあわせてR1ボタンを押すと、そのぶん気力ゲージを失わなくて済む、というわけだ。

ゲージの回復量は、R1ボタンを押した瞬間のゲージ幅に相当。
攻撃ボタンを押した直後にR1ボタン連打でも残心は成功するが、それだと回復するゲージ量がわずか。
可能であれば、回復ゲージ幅めいっぱいギリギリのタイミングでR1ボタンを押したいが、失敗すると回復ゼロ。
正確に測ったわけではないが、いち攻撃あたり最大8割くらいは取り戻せている印象。
逆にいえば、残心を使わないとそれだけ無駄に気力を消費しているということでもある。

気力ゲージの回復は、残心と同じタイミングで構えを変更、さらには下段構え中から同様に回避でも成立する。
構え変更により気力ゲージを回復する武器スキルが用意されているなど、残心に関するシステム回りはα体験版ながら相当詰められている印象を受ける。

気力ゲージは、自分だけではなく敵にも設定されている。
これが「仁王」の面白いところで、空振りを誘うのは「気力ゲージ切れ」を兼ねたセオリー。
一見すると滅法強い鎧武者なども、コンボを見切ることでがぜん倒しやすくなる。
また、スキルの蹴りなどはダメージではなく気力ゲージを奪う効果が非常に高いなど、戦いのバリエーションに幅を持たせるつくりとなっている。

ただ……このようにとても重要な気力ゲージに関するシステムが、ある程度の敵としばらく戦った後に、調べた死体からテキストメッセージで淡白に説明されるだけというのが、なんというか……残念な気がする。
下手をすると、流し読みで見落とすか素通りして「なんだこのクッソムズイだけのゲーム!」となってしまう人も想定され、もしそれですぐ辞めてしまった人がいるなら「なんてもったいない!」と思ってしまう。
もう少し丁寧に説明されていればなと感じた。

■ 戦いはタイマンが鉄則 ~1対多は可能な限り避けるべし~
これはα体験版だけでなく製品版も同様かと思われるが、本作は雑魚レベルから相当手強く、物陰からの不意打ち上等、さらには1対多になりやすい“罠”としかいいようがないシチュエーションが続出し、プレーヤーを大いに悩ませる。
基本的には、いわゆる“死に覚えゲー”というやつで、その配慮からか殺されてからのゲーム復帰(ローディング)が驚くほど早い。

本作に限らないが、死に覚えゲーの鉄則はマップと敵の配置を頭に叩き込むこと。
特に重要なのは、前述のとおりアンブッシュと1対多になりがちなポイント。
前者は覚えればいいが、後者はどうするか……1番手堅いのは鉄板手法の“釣り出し”。
アイテムの石、手裏剣、弓などでひとりずつおびき寄せ始末していく。
場所とタイミングによっては敵が連鎖反応するため、そのあたりも下調べが重要となる。

もし複数以上が相手となったら、1番無難なのは×ボタン長押しのダッシュでひたすら引き離すこと。
本作の敵は非常に執念ぶかく、ちょっと間合いをとった程度では追跡をあきらめてくれない。
ダッシュは気力ゲージを消費するため、万が一の戦略的撤退を確実なものにするためにも、前述の残心システムはとても重要。
立ち回りの最中に新たな敵を誘発してしまった際などは、そのありがたみが痛み(死)を伴う、これ以上ない教訓となるだろう。

■ アレに似てると思われた方も多そうですが、全然違うものです
即死上等の難易度、重厚かつ不気味なグラフィックスと世界観……α体験版をプレイした人は、恐らく誰もが“アレ”を連想したはず。
アレとは、近年このジャンルで定番作品となった「ダークソウル」シリーズや「ブラッドボーン」のことだ。
いずれも大ヒットしたシリーズや作品だけに、多くの人はそうした“強烈な先入観”を抱いたまま「仁王」α体験版と比較してしまったのではないだろうか。

3月にシリーズ最新作「ダークソウルIII」が発売されたこともあるが、実は筆者も最初のうちは「敵の強さとか配置とか『ダークソウル』っぽいけど、やたらめったら難しいし、なんだかなぁ」と思ってしまったクチだ。
強烈な先入観は、アレに比べてコレがない、アレでできていたことがコレではできない、だからつまらない、などといった「引き算」を誘発する。

だが、そうした先入観や思い込みを振り払ってα体験版をプレイすると、ゲームへの理解度が進むにつれて「ああ、これが『仁王』なんだな」と思えるようになり、2面突入後はそれが確信へと変わる。

なかには「どこがだよ。
どっちも似たようなものでしょ」という人もいまだにいそうだが、筆者にいわせれば両者はスキーとスノーボード、ラーメンの豚骨と味噌、ガンプラなら1/144と1/100または1/60スケール、関節技ならアキレス腱固めとビクトル膝十字固めくらい違う。

1番わかりやすい特徴として「仁王」は“プレーヤーキャラクターの操作”によりフォーカスしている点があげられる。
残心と気力ゲージを軸に、武器と構えの使いわけ、ガード、回避など、戦いには終始テクニカルな要素がつきまとう。
この点、「ダークソウル」シリーズもテクニカルではあるが「仁王」とは質が異なる。
「ダークソウル」シリーズはレベルデザイン込みのアクションゲームとして高い完成度を誇っており、キャラクター操作はそれにあわせたシンプルな方向性。
それが高難易度ながらも、遊びやすさや楽しさに寄与している。

一方で「仁王」はキャラクター操作をよりフィーチャー。
やや乱暴な言い方だが「格闘ゲーム」寄りともいえ、1戦ごとの負荷が大きいぶん、レベルデザインも「ダークソウル」シリーズより局地的なものになっているように感じられる。
ファーストプレイは極度に緊張していたこともあり「次の社はどこなの? まだ先なの? 嘘でしょ?」と冗長に思えたものが、2面クリア後に本稿の撮影用に新規プレイを開始したところ「最初長いと思ったけど、これくらいで全然丁度いいわ」となってしまった。
仮に「ダークソウル」シリーズのレベルデザインに「仁王」の戦闘システムを持ち込んだとしたら、多くの人はステージクリア前に精魂尽き果ててしまうだろう。

ぶっちゃけてしまうと(あくまでも筆者の個人的見解として)前述のとおり“とっつき”はあまり良くなかった。
だが、ゲームへの理解度、操作が指になじむにつれ、ヤミツキ度は急上昇。
当初「回復薬って3つしかないのに全然ドロップしないじゃん」と辟易していたものが、奉納の副産物(?)で補充できたりなど、ファーストプレイで眉をしかめた要素のことごとくが「あぁ、俺がわかってなかっただけで、α体験版といいつつ全部ちゃんとしてたんだな」とキレイに覆っていった。

ゲームは嗜好品だから、万人の誰もが好むといったものはほぼありえない。
特にアクションやシューティングなどは“手触り”が重要で、生理的な意味でも個人差が大きいジャンル。
さらには「いいものを作れば必ず理解してもらえる」という考えが通用しないのは、悲しいかな歴史が証明している。
それらを踏まえ……ソーシャルメディア全盛、脊髄反射的に0か100で物事を判断し発信する人々が世界中にあふれるなか、「仁王」のような作風は結構なリスクを伴っていると思う。
だからこそ、「仁王」のような作品を世に送り出す姿勢は、本当に頼もしいし、また嬉しい。
α体験版ということで、今後どうなるか未知数な部分も多々あるが……とりあえず筆者個人としては、現時点で「仁王」ロスかなと自分が心配になるほど再びプレイしたくて仕方がない。

α体験版だから、次はβ体験版なのだろうか? E3でアナウンスがあるのか? それとも東京ゲームショウ以降になってしまうのか。
2016年発売予定というざっくりとした期間が、これほど恨めしい響きを伴うとは。
「なんだよその鉄球攻撃! 痛すぎるだろ!」とキレかけた1面ボス。
「その噛み付き絶対に避けられないって! ふざけんな!」と夜中に絶叫させられた2面ボス。
5月6日00時00分以降、今はその何もかもが愛おしい。

最後に、これは決して私利私欲ではなく……なにせ難しかったし、1面クリアの制覇の証が取れなかった人も多いと思うわけですよ。
そこでα体験版の近日再配信とか……いや別に自分がやりたいからいってるわけじゃないですよ。
だって5日ギリとはいえ一応2面クリアしましたし、だから私欲ではないとわかっていただけますよね?。
とりあえず、どうでしょうか。
ぜひぜひご検討くださいませ。

©コーエーテクモゲームス All rights resereved.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『逆転裁判6』3DS向け体験版が配信開始、「霊媒ビジョン」が体験できるほかOPアニメも収録

 【11//2016】

『逆転裁判6』3DS向け体験版が配信開始、「霊媒ビジョン」が体験できるほかOPアニメも収録


カプコンは、ニンテンドー3DS『逆転裁判6』の体験版を配信しています。

『逆転裁判6』は、『逆転裁判』シリーズ最新作となる法廷バトルゲームです。
本作では、「成歩堂龍一」と「王泥喜法介」のダブル主人公が、日本とクライン王国ふたつの国を舞台に逆転劇を巻き起こします。


今回は、本作の体験版配信開始およびDL版の予約購入開始の情報が発表されています。

◆体験版
2016年5月11日より、ニンテンドー3DSのニンテンドーeショップおよび任天堂公式サイトでダウンロード体験版が配信されています。
また、一部のゲームショップでも店頭体験版を遊ぶことができます。

この体験版では、『逆転裁判6』第1話の序盤で新システム「霊媒ビジョン」を体験できるほか、ゲーム本編の冒頭に流れるOPアニメも収録。
3D立体視にも対応しています。

◆DL版の予約購入
そして、同じくニンテンドーeショップにて『逆転裁判6』DL版の予約購入が開始(「あらかじめダウンロード」に対応)。
DL版にも数量限定特典と早期購入特典が付属します。

※ダウンロード版の特典付与は2016年6月16日(木)までの期間限定です。
※2016年6月30日以降は有料での配信となります。
※「数量限定特典」および「早期購入特典」のコンテンツを入手していただくには、ニンテンドー3DS本体が無線でインターネット通信できる環境と 『逆転裁判6』のセーブデータが必要です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『逆転裁判6』は2016年6月9日発売予定。
価格は以下のようになります。

・パッケージ版:5,800円(税別)
・DL版:5,546円(税別)
・LIMITED EDITION:9,100円(税別)
(C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『バレットガールズ2』DLC第3弾で『お姉チャンバラZ』のコラボ衣装が登場

 【11//2016】

『バレットガールズ2』DLC第3弾で『お姉チャンバラZ』のコラボ衣装が登場


●PS Vitaテーマ&PS4アバターも配信
ディースリー・パブリッシャーは、発売中のプレイステーション Vita用ソフト『バレットガールズ2』について、ダウンロードコンテンツ第3弾を配信開始。
加えて、プレイステーション Vita用テーマ、プレイステーション4用アバターの配信もスタートしている。

以下、リリースより。

----------
『お姉チャンバラZ』のセクシーなコラボ衣装も!! DLC第3弾配信!
好評発売中のPlayStation Vita用ソフト『バレットガールズ2』に関しまして、5月11日(水)よりダウンロードコンテンツ第3弾の配信を開始いたしました。
今回のDLCでは、セクシー&バイオレンスアクションゲーム『お姉チャンバラZ』とコラボした「神楽の戦闘服」などの衣装や、「葉っぱセット」をはじめとした3種類セットのお得なおブラ・おパンツを配信。
バレットガールズたちをより可憐に、さらにセクシーに着飾ることができるアイテムを多数ご用意しております。
前作『バレットガールズ』で同名のアイテムをご購入いただいている方は無料でダウンロードできますので、是非ご利用くださいますようお願いいたします。

▼『バレットガールズ2』ダウンロードコンテンツ第3弾<5月11日(水)配信>
衣装「神楽の戦闘服」350円
衣装「神楽の戦闘服」が追加されます。
セクシー&グロテスク・バイオレンス剣戟アクション「お姉チャンバラZ」から神楽のコスチュームをコラボしました。
※前作の同名アイテム購入者は無料でダウンロードできます
衣装「沙亜也の戦闘服」350円
衣装「沙亜也の戦闘服」が追加されます。
セクシー&グロテスク・バイオレンス剣戟アクション「お姉チャンバラZ」から沙亜也のコスチュームをコラボしました。
※前作の同名アイテム購入者は無料でダウンロードできます
衣装「チャイナ服」300円
衣装「チャイナ服」が追加されます。
女の子の上品な曲線美を最高な境地までに押し出してくれるミニなチャイナ服をご堪能下さい。
※前作の同名アイテム購入者は無料でダウンロードできます
衣装「Yシャツ」300円
衣装「Yシャツ」が追加されます。
素肌にメンズもののYシャツ一枚…多くの紳士からリクエストがありましたのでご用意いたしました。
※前作の同名アイテム購入者は無料でダウンロードできます
おブラ&おパンツ「葉っぱセット(3種類)」200円
おブラ&おパンツ「葉っぱセット(3種類)」が追加されます。
緑色、紅葉感が味わえる黄色、今にも粉々になってしまいそうな枯葉色の3種類をご用意いたしました。
※ゲーム内名称「おりえちゃん、まみこちゃん、ありちゃんの「おブラ」&「おパンツ」」
※前作の同名アイテム購入者は無料でダウンロードできます
おブラ&おパンツ「近未来風セット(3種類)」200円
おブラ&おパンツ「近未来セット(3種類)」が追加されます。
白、金、緑の3種類をご用意致しました。
※ゲーム内名称「れいなちゃん、ふみこちゃん、あやこちゃんの「おブラ」&「おパンツ」」
※前作の同名アイテム購入者は無料でダウンロードできます
おブラ&おパンツ「ヒトデセット(3種類)」200円
おブラ&おパンツ「ヒトデセット(3種類)」が追加されます。
橙色、赤紫色、紫色の3種類をご用意いたしました。
※ゲーム内名称「まどかちゃん、ことみちゃん、はるみちゃんの「おブラ」&「おパンツ」」
※前作の同名アイテム購入者は無料でダウンロードできます
おブラ&おパンツ「フラワーセット(3種類)」200円
おブラ&おパンツ「フラワーセット(3種類)」が追加されます。
黄色い花柄、白い花柄、ピンクの花柄の3種類をご用意いたしました。
※ゲーム内名称「あけみちゃん、かなこちゃん、なおこちゃんの「おブラ」&「おパンツ」」
※前作の同名アイテム購入者は無料でダウンロードできます
おブラ&おパンツ「ドットセット(3種類)」150円
おブラ&おパンツ「ドットセット(3種類)」が追加されます。
黒地に白ドット、白地に水色ドット、白地に赤ドットの3種類をご用意いたしました。
※ゲーム内名称「まりやちゃん、えりちゃん、みずきちゃんの「おブラ」&「おパンツ」」
※前作の同名アイテム購入者は無料でダウンロードできます
おブラ&おパンツ「チェック柄セット(3種類)」150円
おブラ&おパンツ「チェック柄セット(3種類)」が追加されます。
赤チェック、オレンジチェック、黄緑チェックの3種類をご用意いたしました。
※ゲーム内名称「まりえちゃん、あずみちゃん、ほうこちゃんの「おブラ」&「おパンツ」」
※前作の同名アイテム購入者は無料でダウンロードできます
※前作PSVita「バレットガールズ」対応のダウンロードコンテンツをご購入のお客様は、PSVita「バレットガールズ2」用の同名ダウンロードコンテンツを無料でダウンロードいただけます。
(PlayStation Networkのアカウントが同一である必要がございます。
予めご了承ください。

----------
『バレットガールズ2』PSVita用テーマ配信開始!
2016年5月11日(水)よりPlayStation Vitaをカスタマイズできる『バレットガールズ2』のテーマを配信開始しました。
スタート画面はキュートなバレットガールズたちがお出迎え。
ホーム画面用のデザインは全部で10種類で、アイコン・システムBGMもレンジャー部員仕様になっています。

商品情報
商品名:『バレットガールズ2』テーマ
発売日:2016年5月11日(水)
販売価格:200円(税込)
『バレットガールズ2』PS4用アバターも同時配信開始!
PlayStation4で表示できる『バレットガールズ2』のアバターも合わせて配信開始しました。
どれもキュートすぎて推しレンジャー部員を決めかねているアナタには、お買い得な全16種セットのご購入がおすすめです。

商品情報
『バレットガールズ2』アバター全16種
発売日:2016年5月11日(水)
販売価格:単品50円(税込)全16種セット500円(税込)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スマホ向けゲームカセット「ピコカセット」第1弾は『じゃじゃ丸くん』に!イヤホンジャックに差し込むと遊べる

 【11//2016】

スマホ向けゲームカセット「ピコカセット」第1弾は『じゃじゃ丸くん』に!イヤホンジャックに差し込むと遊べる


スマートフォンのイヤホンジャックに差し込むことで、レトロゲームが楽しめるカセット型ガジェット「ピコカセット」のプロジェクトが始動しました。

この「ピコカセット」は、スマホが全盛となった時代に合わせて誕生したゲームコンソールプロジェクトです。
ゲームカセット型のガジェットをスマホのイヤホンジャックに挿すことで、懐かしのゲームを実際にプレイすることが可能。
『忍者じゃじゃ丸くん』が、製品版第一弾タイトルに選ばれています。

そんなピコカセットプロジェクトが、Makuakeにてクラウドファンディングをスタート。
1,000円コースの支援では、クレジットに名前を記載。
また3,980円コース以上の支援を行うことで、公式会員組織「ピコカセ倶楽部」の正式メンバーに加わることができます。

ピコカセットに利用されているのは、スマホ向けに開発された新技術PlugAir(プラグエア)。
会員登録やメールアドレス入力、パスワード設定といった、デジタルサービスで必要な手続きなしでサービスを受けることが可能なので、アプリを入れてプラグエアを差し込むだけという手軽さをPlugAirが実現してくれます。

スマホでプレイするゲームは、ダウンロードが主流になっています。
そんな時代にカセット型のガジェットを提案する理由は、「完全デジタル化されたゲームを、再びおもちゃの形に戻すことを目指しています」とのこと。
カセットを手にするワクワク感を通して、大人が子供に戻る瞬間を提供すべく、ピコカセットのプロジェクトが動き出しました。
この動向が気になる方は、プロジェクトページで更なる詳細をチェックしてみましょう。

■スマホ用ゲームカセット<ピコカセット>遂に始動!第一弾は忍者じゃじゃ丸くん!
URL:https://www.makuake.com/project/picoca/


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Android/iOS用ゲームカセット「ピコカセット」プロジェクト始動!レトロフリーク必見、所有したくなる懐かしの“カセット”

 【11//2016】

Android/iOS用ゲームカセット「ピコカセット」プロジェクト始動!レトロフリーク必見、所有したくなる懐かしの“カセット”


ビートロボ・シロク・D4エンタープライズは5月11日、クラウドファンディングサイトMakuakeにてAndroid/iOS用ゲームカセット「ピコカセット」のクラウドファンディングを開始した。
目標金額は10,000,000円。


ピコカセットは、ゲームカセット型のスマートフォン用ゲームコンソール。
イヤフォンジャック部分をスマートフォンに挿し、専用アプリを立ち上げることで、ゲームをプレイすることができる。
プロジェクト最初の製品は、1985年にジャレコより発売された「忍者じゃじゃ丸くん」。

ピコカセットには、日本で開発されたスマートフォン技術“PlugAir(プラグエア)”が採用されており、IDやパスワードのような文字情報を入力することなく、挿すだけで手軽にデジタルサービスを利用できる手軽さが魅力。

本プロジェクトは、かつてゲームカセットが主流だった時代のように、モノとして大切にできる、人に手渡せるといったことをコンセプトとしており、古くからのゲームユーザーには懐かしさを感じさせる企画となっている。



©ピコカセット製作委員会
©2016 Beatrobo Inc All Rights Reserved
'PlugAir' 'ピコカセット' is a trademark of Beatrobo Inc
©2016 ProjectEGG
©2016 D4Enterprise Co.,Ltd.
©CLARICE GAMES
©2016 MSX Licensing Corporation All Rights Reserved.
'MSX' is a trademark of the MSX Licensing Corporation.



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

AC版『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』新トレーラー公開、ロケテスト追加楽曲2曲も明らかに

 【11//2016】

AC版『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』新トレーラー公開、ロケテスト追加楽曲2曲も明らかに


●ロケテスト会場には等身大スタンディが登場
ブシロードは、スクウェア・エニックスと共同開発しているアーケード用ゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』について、新たなプロモーショントレーラーを公開。
加えて、2016年5月13日より順次、東京、横浜、名古屋、大阪で開催されるロケテストで遊ぶことができる楽曲の情報を公開した。

以下、リリースより。

----------
プロモーショントレーラー公開
『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』の新たなプロモーショントレーラーを公開。
3Dモデルで動くμ'sメンバーたちやゲーム内容を紹介。

ロケテスト追加情報
2016年5月13日(金)~5月15日(日)、5月27日(金)~5月29日(日)と2回に分けて開催される『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』のロケテストで遊べる楽曲情報を公開。
店内には、μ'sメンバーたちと一緒に写真が撮れるスクフェスACオリジナルの等身大スタンディも設置いたします。
お近くの方はぜひ遊びにお越しください。

■ロケテスト収録曲(難易度は4種類から選択可能)
先行体験会でプレイ出来た6曲に加えて、「タカラモノズ」と「Angelic Angel」の2曲が追加!
■スクフェスACオリジナル等身大スタンディ
■ロケテスト開催日時/開催店舗
開催時間:10:00~23:00
※開催時間は店舗により異なる可能性がございます。

『第1回ロケテスト』
2016年5月13日(金)~5月15日(日)
・クラブ セガ 秋葉原 新館(東京都)
・ラウンドワン横浜駅西口店(神奈川県)
『第2回ロケテスト』
2016年5月27日(金)~5月29日(日)
・タイトーステーション BIGBOX高田馬場店(東京都)
・namco梅田店(大阪府)
・名古屋レジャーランドささしま店(愛知県)
■ロケテスト参加特典
ロケテストにてプレイ後のアンケートにお答え頂いた方に先着順で、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』オリジナルNESiCAシールをプレゼント致します。
※数量限定、無くなり次第終了となります。

■注意事項
○プレイ料金はサテライト筐体にて1プレイ100円、センター筐体にて1プレイ100円です。
○当日は市販されているNESiCAを使用してプレイすることが可能です。
※NESiCAを使用されない場合、ロケテスト中のプレイデータの保存やセンター筐体でのプレイ内容が一部制限されます。
○当日の混雑状況により整理券配布、入場を制限させていただく場合がございます。
○ロケテストのプレイデータの本稼働時への引き継ぎはございません。

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』ロケテストについて詳しくはこちら


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る