2016 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 07

シリーズ最新作『マリオパーティ スターラッシュ』発表! “待ち時間なし”で同時に進行

 【16//2016】

シリーズ最新作『マリオパーティ スターラッシュ』発表! “待ち時間なし”で同時に進行


任天堂は、米ロサンゼルスで開催中の「E3 2016」にて、3DSソフト『マリオパーティ スターラッシュ』を発表しました。


ひとりでもみんなで遊んでも楽しい『マリオパーティ』シリーズの最新作となる本作は、ゲーム進行が大きく変化。
これまで一人ずつサイコロを振りましたが、本作では最大4人が同時にサイコロを振り、同時にマップ上を進みます。
待ち時間がないので、テンポのいいスピーディな展開を楽しめます。

プレイヤーは全員キノピオとなり、ボードマップ上のボスがいる場所を目指し、たどり着いたプレイヤーからミニゲームを開始。
遅れて到着したプレイヤーは、途中から参加する形となります。

しかし、先に着く=有利とは言い切れず、マップの途中にいるマリオやピーチといったお馴染みのキャラクターを仲間にしてからミニゲームに参加すると、仲間の点数も自分の点数に加算。
どれだけ仲間を揃えていつボスのところに向かうか、ここも判断力が試されるポイントでしょう。

新作ミニゲームも多数用意されている『マリオパーティ スターラッシュ』は、2016年発売予定。
また今回の発表に合わせて、amiibo「スーパーマリオ」シリーズの新たなラインナップも明らかに。
ロゼッタ、ワリオ、ドンキーコング、ディディーコング、デイジー、ワルイージ、テレサが加わります。
本作はamiiboに対応しているので、どのような形で遊びの幅が広がるのか実に気になるばかり。
続報を楽しみにお待ちください。

(C)2016 Nintendo
※ゲーム画面は、開発中の海外版のものです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『太鼓の達人 あつめて★ともだち大作戦!』に『366日』やアニメ『化物語』の楽曲などが追加

 【16//2016】

『太鼓の達人 あつめて★ともだち大作戦!』に『366日』やアニメ『化物語』の楽曲などが追加


●大人気曲とキュートなきせかえが配信
バンダイナムコエンターテインメントから発売中のWii U用ソフト『太鼓の達人 あつめて★ともだち大作戦!』について、2016年6月23日より配信予定の最新追加ダウンロードコンテンツ情報が公開された。

以下、リリースより。

----------
■ダウンロードコンテンツ楽曲
6月23日(木)から配信開始の曲を紹介! 今月は、なんと7曲も配信しちゃいます! J-POPからは、うるう年にちなんで「366日」、アニメからは「化物語」より、「君の知らない物語」が登場! ゲームミュージックの「夜明けまであと3秒」は「シンクロニカ」からの登場! ナムコオリジナルの「夏竜 ~Karyu~」と「Black Rose Apostle」は裏譜面もあるよ! 「旋風ノ舞 」と「旋風ノ舞 」は「楽曲『旋風ノ舞』2曲セット」でダウンロードできるよ!
・366日/ジャンル:J-POP
・君の知らない物語(「化物語」より)/ジャンル:アニメ
・夜明けまであと3秒(「シンクロニカ」より)/ジャンル:ゲームミュージック
・夏竜 ~Karyu~/ジャンル:ナムコオリジナル
・旋風ノ舞 /ジャンル:ナムコオリジナル
・旋風ノ舞 /ジャンル:ナムコオリジナル
・Black Rose Apostle/ジャンル:ナムコオリジナル
ダウンロードした楽曲は、「ともだち大作戦!」の課題曲としても登場するよ!
■ダウンロードコンテンツきせかえ
6月23日(木)から配信開始の新しいきせかえを紹介!
※当コンテンツは1きせかえ:50円(税込)有料販売です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands』最新デモでCO-OPプレイ! そこから見えたオープンワールドTPSの詳細を徹底解説

 【16//2016】

『Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands』最新デモでCO-OPプレイ! そこから見えたオープンワールドTPSの詳細を徹底解説 


文・取材:編集部 コンタカオ
●ついにCO-OPをこの手で体験!
2016年6月14日~16日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスにて開催中のE3 2016。
数多くのタイトルを出展しているユービーアイソフトの中でも、注目タイトルのひとつに『Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands』(以下、『GRW』)がある。
2015年に開催されたユービーアイソフトのプレスカンファレンスでサプライズ発表された本作。
オープンワールドで構築された南米ボリビアを舞台にした特殊部隊“ゴースト”の活躍を描くTPSとして、発表から話題となっていた作品だ。
昨年はデモプレイの模様をハンズオフで見るだけだったが、ついにこの手で体験することができたので、その模様をお届けしよう。
ちなみに、ここでお見せするゲーム画面は実機のデモプレイ動画をキャプチャーしたものだ。
あくまで開発中のものであることをお忘れなく。

●アプローチのスタイルはチーム次第
今回プレイできたのは、4人によるCO-OPプレイのミッションだ。
ボリビアは、エル・スエノ(顔に刺青の入った、トレーラーにも出てきた男)がリーダーを務める麻薬カルテル“サンタ・ブランカ”に支配されている。
数々の犯罪が行われているボリビアの中で、今回のミッションは300人以上の人間が行方不明になっているにも関わらず、いっさい死体が出ないサン・マテオ州という場所だ。
ゴーストはここで何が起きているのかを調査しつつ、脅威があれば排除するべく作戦に挑む。
まずは、情報を持つ対象者を確保すべく、アジトへ向かう。
アジトには複数の敵がいるので、一気に突っ込むのは危険。
セオリー通り、高所から敵を狙撃して安全を確保したうえで、対象に迫る作戦を取る。
そこで登場するのが、ドローンだ。
ひとりひとりがドローンを持っているので、空中からアジトの構造、敵の位置、カバーポイントなどを確認する。
ここで重要なのは、狙撃ポイントや侵入経路にいる敵の排除だ。
ヘッドセットでボイスチャットができるようにセッティングされていたので、お互いに自分が狙う敵を報告し、リーダー役のプレイヤーの指示で、タイミングを合わせて複数を敵を同時にヘッドショットで倒す。
ポイントにいる敵を同時に倒せば、警戒度が低いまま目的に近づけるからだ。
狙撃に失敗したとしても、燃料タンクを撃って複数の敵を爆発に巻き込むことで、突入もラクになる(そのかわり、一斉に攻撃されることになるが)。
ユービーアイソフトのミリタリーシューターと言えば、『レインボーシックス』シリーズも看板のひとつだが、『レインボーシックス』はタクティカルな戦闘が柱で、プレイヤーがそれぞれの役割を果たすことで勝利を目指すもの。
『GRW』でもそういったプレイは可能だが、こちらはよりアクションゲームに近い感覚でプランを遂行できる、自由度が高い印象だ。

順調に障害を排除したものの、襲撃に気づいた目標がクルマに乗って逃走する。
こちらも、銃座がついたジープにふたり(ひとりは運転、ひとりはガンナー)、残りはアジトに置いてあったバイクを接収して追撃を図る。
今回は事前に用意されたジープに乗り込んだが、アジトにあるクルマを奪って追撃することもできるそうだ。
オープンワールドゆえ、道路には一般のクルマも走っているので注意しながら追ったのだが、目標はそのままガソリンスタンドに逃げ込んでしまった。
もはや躊躇する必要もないので一気に攻め込むが、ガソリンスタンドには民間人もいる(敵じゃないと腕を振ってアピールしたり、頭を抱えてうずくまったりと、AIの反応がいちいち細かい!)ので、無茶はできない……と思ったら、仲間が給油機を撃ったものだから、大爆発で大混戦に。
敵の増援が来たと画面にメッセージが出たので、移動して応戦していたら、仲間が目標を確保に成功したようだ。
カルテルはロザリオと呼ばれる村で拉致した人間を監禁しているという情報を聞き出せたので、つぎなるミッションへと向かう。

お互いに声をかけながら進んでいくうちに、会ったばかりでしかも国籍が違うチーム内に、一体感が生まれてくる。
高揚で、一気に血が沸騰する。
これこそ、このゲーム最大の魅力だ。
スキルが違うのはあたりまえで、役割分担がはっきり分かれていると、たとえば防衛役が倒されたらリカバリーができないまま敗北するような状況はよくある。
そのため、ミリタリーシューターでは、腕に自信がないプレイヤーは参加しにくく敬遠してしまう面もある。
本作はドローンなどで状況を確認しやすく、仲間との距離も数値で提示されるので、サポートしやすい環境が整っている。
あまり気おくれせずにどんどん参戦していいと思う。
自分がそのクチなので、これは保証しよう!
●ヘリ登場!チームプレイの高揚感に燃える!
ロザリオまではヘリで移動することになり、準備されていたヘリに4人で乗り込む。
南米らしい荒野が広がり、岩山のあいだを縫うように道が走っている。
右下のマップにはクルマやトラックといった乗り物の位置が表示されていて、先ほどのガソリンスタンド周辺では渋滞が起きている。
自分たちが引き起こした事態が周囲の環境に影響を与えるのだろう。
また、今回のデモの舞台は郊外だが、ボリビアはいくつかのエリアに分かれていて、特徴の異なるカルテルの下部組織がそれぞれを支配しており、シチュエーションが異なるマップも用意されているそうだ。

ヘリで目的地に近づいたところで、仲間が少し離れた位置からアプローチするべく、パラシュートで降りていく。
自分はリーダーとヘリで接近し、状況を確認すべく村へと向かうことに。
最初のアジトとは比べ物にならないほど、ロザリオは規模が大きく、敵の数も段違いだ。
ドローンで確認すると、通路は入り組んでいて建物も多いので、敵の数を考えると正面突破は難しそうだ。
ただ、絶好の狙撃ポイントとなる監視塔があるので、リーダーは制圧に向かうようだ。
別の位置で仲間も待機したとのことで、外堀から制圧を進めるべく、道路を歩く敵から排除する。
仲間の攻撃に反応した敵が道路に飛び出してきたところを、高所から狙撃して倒す。
こちらに敵の注意が向かったところで、仲間が村に潜入して、目標が潜む場所まで突き進んでいく。

●オープンワールドのチーム戦に本作の魅力はある
ある程度の敵を排除したところ、またもや目標がクルマで逃走したので、仲間が奪ってきたクルマに同乗して追撃戦に突入!ここで残念ながら試遊はタイムアップとなってしまったが、クルマどうしの銃撃戦が展開するそうだ。
ひと通りプレイしてみた感想は、オープンワールドでのチーム戦をうまく表現しているTPSであること。
従来のミリタリーシューターに乗り物を組み合わせて、戦略に幅を持たせていること。
このふたつの要素で、かなりダイナミックな戦闘が楽しめるようになっているので、この世界観が好きな人は気兼ねなくプレイしてみてほしい。
乗り物は60種類以上、100を越えるミッションが用意されているとのことなので、長く楽しめるだろう。
ちなみに、「ひとりでプレイしても、ほかの3人がAIで賢く動くので、十分遊べるよ!」と、リーダーを務めた開発スタッフが力説していたこともお伝えしておこう。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

砂漠を冒険する3DS用RPG『Ever Oasis(米国名称)』発表! プロデュース&ディレクションは石井浩一氏

 【16//2016】

砂漠を冒険する3DS用RPG『Ever Oasis(米国名称)』発表! プロデュース&ディレクションは石井浩一氏 


●日本では2017年に発売予定
2015年6月14日~16日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2016”。
そのなかで、ニンテンドー3DS用の新作アクションアドベンチャーRPG『Ever Oasis(米国名称)』(任天堂)が発表された。
日本では2017年発売予定。

本作の舞台となるのは、砂漠とそこにあるオアシス。
主人公はオアシスに住む“タネビト”と呼ばれる種族のひとりで、水の精霊であるイスナといっしょにオアシスの発展を目指す。
オアシスの長でもある主人公の仕事はさまざま。
ときにはオアシスの外に広がる広大な砂漠にも出かけていかなければならないが、砂漠には“カオス”と呼ばれる恐ろしい存在や魔物、謎めいた洞窟も……。
特技や扱える武器の違う仲間・旅人たちと力を合わせて、オアシスを育て、守るため、危険な砂漠を冒険しよう。

なお本作は、『聖剣伝説』シリーズの生みの親であり、『ファイナルファンタジーXI』のディレクターとしても知られる石井浩一氏(グレッゾ代表取締役)がプロデューサー兼ディレクターを担当している。

ゲームのさらなる概要や、石井氏からのメッセージは、任天堂公式サイト内“トピックス”へ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

体験版『バイオハザード7』1人称視点によって恐怖感は研ぎ澄まされる

 【16//2016】

 体験版『バイオハザード7』1人称視点によって恐怖感は研ぎ澄まされる


!注意!本記事にはネタバレが含まれています。
閲覧にはご注意ください。

PlayStation 4/Xbox One/PC向けサバイバルホラー『バイオハザード7 レジデントイービル』は、『バイオハザード』シリーズのナンバリングタイトルとしてE3 2016にて電撃発表された最新作です。
本作は、ホラーゲームにおいて重要な要素「恐怖感」「孤立感」をより際立たせるために、シリーズ初となる1人称視点(アイソレイトビュー)を導入しており、没入感のあるゲーム体験を楽しめるのが特徴です。
今回は、PlayStation Plus加入者に向けて先行配信された本作の体験版『バイオハザード7 ティザー~ビギニングアワー~』のファーストインプレッションをお届けします。


気を失っていた主人公が目覚めた場所はリビング。
ここには一体何が……
『バイオハザード7 ティザー~ビギニングアワー~』は、何者かによって囚われた主人公(男)が、廃墟と化したベーカー家の邸宅から脱出するために、家の中を探索していくゲーム。
本体験版においてプレイヤーは、キーアイテムを拾う事と仕掛けを発動させる事のみ可能で、銃撃戦などの戦闘シーンは登場しません。

このビデオテープには、現在の状況を変える力がある。
左が番組プロデューサーのアンドレ。
右が元テレビキャスターのピート。
邸宅内には、ある場所にビデオテープが隠されており、それをビデオデッキで再生すると、幽霊屋敷を紹介するテレビ番組「スーワ・ゲッターズ」の取材のために、廃墟と化したベーカー家の邸宅にやってきたカメラマンのクランシーと、番組プロデューサーのアンドレ、元テレビキャスターのピートの3人が、家の中を探索中に何者かによって襲われている様子が映し出されます。
このビデオテープは過去に起きた出来事にも関わらず、プレイヤーは、カメラマンのクランシーを操作できるうえ、ビデオテープの世界でギミックを発動させる事で、現在の状況を変えられるのです。

この不気味なマネキンも何か意味があるのだろうか?
邸宅で唯一の出口と思われる勝手口
現時点で2種類のバッドエンドが確認されていますが、本体験版の雰囲気や、ゲームの発表と同時に体験版を配信するプロモーションは、小島秀夫監督作品の『P.T.』を彷彿させるとして、「もしかして第3のエンディングがあるのではないか?」と考えるプレイヤーが、ゲームに散りばめられたヒントを元に、クリアの糸口を探そうと躍起になっており、TwitterをはじめとしたSNSでお祭りのような状態が続いています。
まるでプレイヤー全員が協力して難解なパズルを解いているようです。

どうやら本体験版の舞台は2017年6月1日以降のようだ
謎のメッセージ「奴らを石で叩き殺す」と書いているが、“奴ら”とは……?
おおよそ十数分でエンディングに到達できる『バイオハザード7 ティザー~ビギニングアワー~』では、『バイオハザード』ならではの要素や、製品版『バイオハザード7 レジデントイービル』の全貌を覗う事は出来ませんでした。
しかし、本作のアイソレイトビューによって研ぎ澄まされる視覚と聴覚が、得体の知れない“何か”を繊細に感じ取れるようになり、より恐怖感が増したと思います。
これをVRデバイスで体験したら、一体、筆者はどうなってしまうのか……やはり紙おむつを用意するべきなのかと真剣に悩んでしまいました。

『バイオハザード7 レジデントイービル』は、PlayStation 4/Xbox One/PCを対象に2017年1月26日発売予定。
価格は、パッケージ版が7,990(税抜)、PS4+PCダウンロード版が7,398円(税抜)、Xbox Oneダウンロード版が7,400円(税抜)です。
なお、PlayStation 4版は、PlayStation VRに完全対応しています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

3DS『マリオパーティ スターラッシュ』2016年発売決定! 新amiibo7種も発売決定

 【16//2016】

3DS『マリオパーティ スターラッシュ』2016年発売決定! 新amiibo7種も発売決定 


●もちろんミニゲームも充実
2015年6月14日~16日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム見本市“E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)2016”。
そのなかで、ニンテンドー3DS用ソフト『マリオパーティ スターラッシュ』が発表された。
日本での発売時期は、2016年予定。

『マリオパーティ』シリーズ最新作となる本作では、最大4人で同時にサイコロを振り、同時にマップ上を進むシステムに。
ひとりずつサイコロを振っていた従来シリーズとは異なり、待ち時間がないぶん、テンポよくゲームを楽しむことができる。

このほかのゲーム概要は、任天堂公式サイト内“トピックス”を参照のこと。

加えて、amiibo『スーパーマリオ』シリーズに新たな7種(ディディーコング、ドンキーコング、テレサ、デイジー、ワルイージ、ロゼッタ、ワリオ)がラインアップ! デイジー、ワルイージ、テレサはamiibo初登場となり、これらは『マリオパーティ スターラッシュ』に対応する(なお、本報では発売時期は明かされていない)。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『Mighty No.9』オリジナルサウンドトラックが7月5日に発売! 本日6月16日正午より受付スタート

 【16//2016】

『Mighty No.9』オリジナルサウンドトラックが7月5日に発売! 本日6月16日正午より受付スタート


●『Mighty No.9』のオリジナルサウンドトラックがリリース!
稲船敬二氏率いるcomceptが手掛けるゲーム『Mighty No.9』について、ゲーム内に搭載された楽曲(69曲)を完全収録したオリジナルサウンドトラックが2016年7月5日より発売される。
価格は4000円[税抜]。

本商品は、インティ・クリエイツ公式オンラインショップ“インティ・ダイレクト”でも本日6月16日正午より予約受付が開始される。
※インティ・ダイレクト商品ページ
以下、リリースより。

----------
火花飛び交うロボット達の輪舞(ロンド) 今ここに集う!
8ビットバージョンも含め、ゲーム内に搭載された楽曲(69曲)を完全収録。
さらにボーナストラックとして、ゲームのプロモーションで使われたテーマ曲のアレンジ2曲も収録した2枚組完全版。

アートディレクターのコマキシンスケ氏による描き下ろしジャケットの28Pフルカラーブックレットには、メインコンポーザー松前真奈美のほか、立石孝/山田一法/青木征洋らコンポーザーチームによるロングインタビューも収載。

松前真奈美/山田一法/立石孝/青木征洋/Mega Ran/ほか

Disc1
1. ひとつの希望 / Hope
2. 崩れる平和 / Collapsing Peace
3. 今、動きはじめる時 / It All Begins Now
4. 立ちはだかる仲間たち / Allies Obstruct
5. 想いよ届け! / Standing Tall
6. リザルト / Mission Results
7. 偉いぞ、ベック / Great Job, Beck!
8. 未来を選べ / Choose Your Future
9. 猛り狂う炎/ Raging Flames Smolder
10. 水の渦の先に / Beyond the Watery Vortex
11. ヴォルティック ダイナトロン / Voltaic Dynatron
12. 坑道を突き進め / Rush Into the Mine
13. 紅の軍事基地 / Crimson Stronghold
14. アヴィニューズレポート / Avi's News Report
15. 哀しみに切り裂かれたハイウェイ/ Desolate Highway
16. 光の罠 / Trapped by Laser Light
17. 疑惑の靄 / Hazy Suspition
18. 監獄へ / Sneak into the Prison
19. 迫り来るハイテクマシーン / The Machine Draws Near
20. 未来を託して / Entrust the Future
21. 無邪気な全てを喰らうもの / Swollowed Up Innocence
22. 変化 / Transformation
23. トリニティ / Trinity
24. 夢から覚めた花 / The Flower Awakens From a Dream
25. マイティナンバーナインのテーマ / Mighty No.9 Main Theme
26. マイティ / Mighty
27. 閉じ込められた悪夢 / Confined Nightmare
28. 崩壊と渇望 / Breaking Down and Longing
29. 仮面の下に潜む愛のため / Love Hidden Under the Mask
30. 生きる実感 / Feeling Alive
31. 全てを奪う爪 / Plundering Claw
32. 撃破 / Obliteration
33. 悲しき結末 / Sorrowful Conclusion
34. エクストラモード / Extra Mode
35. チャレンジ / Challenge
Disc2
1. ひとつの希望 / Hope - Retro Style -
2. 崩れる平和 / Collapsing Peace - Retro Style -
3. 今、動きはじめる時 / It All Begins Now - Retro Style -
4. 立ちはだかる仲間たち / Allies Obstruct - Retro Style -
5. 想いよ届け! / Standing Tall - Retro Style -
6. リザルト / Mission Results - Retro Style -
7. 偉いぞ、ベック / Great Job, Beck! - Retro Style -
8. 未来を選べ / Choose Your Future - Retro Style -
9. 猛り狂う炎/ Raging Flames Smolder - Retro Style -
10. 水の渦の先に / Beyond the Watery Vortex - Retro Style -
11. ヴォルティック ダイナトロン / Voltaic Dynatron - Retro Style -
12. 坑道を突き進め / Rush Into the Mine - Retro Style -
13. 紅の軍事基地 / Crimson Stronghold - Retro Style -
14. アヴィニューズレポート / Avi's News Report - Retro Style -
15. 哀しみに切り裂かれたハイウェイ/ Desolate Highway - Retro Style -
16. 光の罠 / Trapped by Laser Light - Retro Style -
17. 疑惑の靄 / Hazy Suspition - Retro Style -
18. 監獄へ / Sneak into the Prison - Retro Style -
19. 迫り来るハイテクマシーン / The Machine Draws Near - Retro Style -
20. 未来を託して / Entrust the Future - Retro Style -
21. 無邪気な全てを喰らうもの / Swollowed Up Innocence - Retro Style -
22. 変化 / Transformation - Retro Style -
23. トリニティ / Trinity - Retro Style -
24. 夢から覚めた花 / The Flower Awakens From a Dream - Retro Style -
25. マイティナンバーナインのテーマ / Mighty No.9 Main Theme - Retro Style -
26. 閉じ込められた悪夢 / Confined Nightmare - Retro Style -
27. 崩壊と渇望 / Breaking Down and Longing - Retro Style -
28. 仮面の下に潜む愛のため / Love Hidden Under the Mask - Retro Style -
29. 生きる実感 / Feeling Alive - Retro Style -
30. 全てを奪う爪 / Plundering Claw - Retro Style -
31. 撃破 / Obliteration - Retro Style -
32. 悲しき結末 / Sorrowful Conclusion - Retro Style -
33. エクストラモード / Extra Mode - Retro Style -
34. チャレンジ / Challenge - Retro Style -
35. マイティナンバーナインのテーマ / Mighty No.9 Theme - Ambient Ver. -
36. マイティナンバーナインのテーマ / Mighty No.9 Theme - Piano Ver. -
■商品情報
アーティスト:various artist 松前真奈美、山田一法、立石孝、青木征洋、Mega Ranほか、
タイトル:MIGHTY NO. 9 ORIGINAL SOUNDTRACKマイティナンバーナインオリジナルサウンドトラック
発売元:株式会社インティ・クリエイツ
レーベル:インティ・クリエイツ
発売日:2016年7月5日
品番:INTIR-031 / 032
価格:4,000円+税
JANコード:4582173560247
製品仕様:音楽CD2枚組、28Pフルカラーブックレット付き


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

プロゲーマーによる頂上対決や“神スイング”も! 『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』×パチンコ『CR鉄拳2 闘神ver.』プレス発表会

 【16//2016】

プロゲーマーによる頂上対決や“神スイング”も! 『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』×パチンコ『CR鉄拳2 闘神ver.』プレス発表会


●『鉄拳7 FR』の稼動開始日は7月5日に決定
2016年6月15日、東京・渋谷ベルサールにて、バンダイナムコエンターテインメントののアーケード用対戦格闘ゲーム、『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』(以下、『鉄拳7 FR』)のプレス発表会が行なわれた。
ここではその模様をお届けする。

DJ AJURIKAのプレイングでイベントがスタートすると、本日のゲスト、“神スイング”でおなじみの稲村亜美さんとモデル&プロボクサーとして活躍する高野人母美さんが、鉄拳衆(?)とアクションをしながら登場。
続いて当日はE3 2016に参加中で会場には来られなかった『鉄拳』プロジェクトリーダー・原田勝弘氏のビデオレターによる呼び込みで、『鉄拳7 FR』のプロデューサー・池田幸平氏、ディレクターの米盛佑一氏、そして『ストリートファイターV』のプロデューサー・杉山晃一氏、アシスタントプロデューサーの綾野智章氏も登壇した。

開発スタッフ陣が登場するとまず流されたのが、完全版は本邦初公開となる、三島平八と豪鬼が激突する『鉄拳7 FR』のオープニングムービー。
続いて『鉄拳7 FR』の稼動日が7月5日に決定したこと、そして世界大会、賞金総額1000万円の“THE KING OF IRON FIST TOURNAMENT 2016”が開催されることも発表された。

『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』稼動開始日が7月5日に決定! 賞金総額1000万円の公式世界大会も開催へ
稼動開始日、世界大会の実施などの告知が終了すると、『鉄拳FR』の完成をお披露目するためのエキシビションマッチに移行。
ゲームプレイを担当したのは昨年の世界大会、“THE KING OF IRON FIST TOURNAMENT 2015”や、“EVO 2015”など、直近の『鉄拳』関連の個人タイトルを総ナメにした“鉄拳界最強の男”ノビ氏と、豪鬼使いといえばこの人という存在、プロゲーマーのときど氏。

1試合目を制したのはときど氏。
豪鬼の充実した下段攻撃(『ストリートファイター4』シリーズにおけるしゃがみ強キックやしゃがみ中キック)でペースを握りつつ、不利な状況では無敵技(と思われる)昇龍拳で切り返して試合を優位に展開。
最終ラウンドでは中足払い(っぽい技)からの滅殺豪波動で大ダメージを奪い、最後は『鉄拳』シリーズではまず攻撃が届かない、アウトレンジからの波動拳でフィニッシュ。
3-2で接戦をものにした。
2試合目で先手を取ったのはノビ氏。
固いガードで流れを引き寄せて1ラウンド目に勝利すると、2ラウンド目は取られるもドラグノフが持つ強力な技、ロシアンフックアサルトを軸にした攻めでときど氏を圧倒。
起死回生を狙った瞬獄殺も落ち着いてかわし、最後もロシアンフックアサルトで締めてノビ氏が3-1で勝利。
プロゲーマーどうしの戦いは1勝1敗の痛み分けという結果になった。

試合が終わるとノビ氏のたってのリクエスト&ヒット祈願(?)で、稲村さんが出演するCMでおなじみの“神スイング”を披露。
続いてパチンコ『CR鉄拳2 闘神ver.』の発表が行なわれ、イベントは終了した。

なお発表会の模様は、ニコニコ生放送のタイムシフト視聴でチェックすることができる。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『Pokemon GO』のサポートデバイス“Pokemon GO Plus”が7月末に発売決定!

 【16//2016】

『Pokemon GO』のサポートデバイス“Pokemon GO Plus”が7月末に発売決定!


●販売店情報などは後日発表
ポケモンは、Niantic開発によるスマートフォン向けアプリ『Pokemon GO』について、スマートフォンの画面を見続けなくても本作を遊ぶことのできるサポートデバイス“Pokemon GO Plus”を7月末に発売することを発表した。
価格は3500円[税抜]。

・『Pokemon GO』正式サービスインは2016年7月予定! 『ポケモン サン・ムーン』との連動要素もあり!!
以下、リリースより。

----------
■Pokemon GO Plusが7月末に発売予定!
Pokemon GO Plusは、スマートフォンの画面を見続けなくても『Pokemon GO』を遊ぶことのできるデバイスです。
Bluetooth Low Energyを用いてスマートフォンと連携し、近くにポケモンがいる等のゲーム情報を、ランプと振動で知らせます。
Pokemon GO Plusは、2016年7月末に3,500円(税抜)で発売予定です。
販売店情報などの続報をお待ちください。

■ベストショットを自慢しよう!カメラ機能
カメラ機能を使うと、野生のポケモンと遭遇した時に、ポケモンを撮影できます。
撮影した画像はスマートフォンの本体に保存されます。
ベストショットを狙って、友達に自慢しましょう。

■楽曲は増田順一氏の制作!
『Pokemon GO』の楽曲は、『ポケットモンスター』シリーズのディレクターとして知られ、ポケモンファンの心に残る数々の名曲を制作されてきた、増田順一(ますだじゅんいち)氏が手がけています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ソニック25周年を記念したプレミアムフィギュアがセガのゲームセンターなどに登場

 【16//2016】

ソニック25周年を記念したプレミアムフィギュアがセガのゲームセンターなどに登場