2016 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 07

『Fate/EXTELLA』アクションシーンが盛りだくさんのPV第1弾が公開、投票キャンペーンも発表

 【20//2016】

『Fate/EXTELLA』アクションシーンが盛りだくさんのPV第1弾が公開、投票キャンペーンも発表


マーベラスは、PS4/PS Vita『Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ)』のキャンペーン情報およびPV第1弾を公開しています。


『Fate/EXTELLA』は、『Fate』シリーズのキャラクターたちが作品の枠を超えて戦うハイスピードサーヴァントアクションゲームです。
本作では、「セクター」と呼ばれる拠点を攻め合い、領域の支配権を示す鍵「レジムマトリクス」を争奪するバトルが繰り広げられます。

◆キャンペーン
今回は「SERVANT FESTA 夏」というキャンペーンの開催が決定。
このキャンペーンでは全マスターによる投票が行われるとのことで、詳細は近日に公式サイトで発表されます。

◆第1弾PV
https://www.youtube.com/watch?v=BJ1ZW5E92qI
そして、本作のPV第1弾も公開されています。
この映像には、メインキャラクターとなる「ネロ・クラウディウス」「玉藻の前」「アルテラ」を中心としたアクションシーン、そして参戦サーヴァントの情報が収録されています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『Fate/EXTELLA』は2016年11月10日発売予定。
価格は以下のようになります。

・プレミアム限定版19,990円(税別)
・PS4限定版9,980円(税別)
・PS4通常版7,980円(税別)
・PS Vita限定版8,980円(税別)
・PS Vita通常版6,980円(税別)
(C)TYPE-MOON(C)2016 Marvelous Inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

オンラインで“人狼”を楽しめる『人狼パーティー』が7月下旬サービス予定

 【20//2016】

オンラインで“人狼”を楽しめる『人狼パーティー』が7月下旬サービス予定


●対面プレイの醍醐味をとことん追及!
NHN ハンゲームは、パーティーゲーム“人狼”をPC向けにオンラインゲーム化した新作タイトル『人狼パーティー』の制作を発表した。
サービス開始は2016年7月下旬の予定となっている。

以下、リリースより。

----------
<『人狼パーティー』の特長>
ハンゲームの『人狼パーティー』は、対面プレイ(リアル人狼)さながらの駆け引きの醍醐味をプレイヤーが感じられることが特長です。
投票方法をはじめとするルール設定の詳細なカスタマイズや、多種多彩な役職を導入して様々なプレイスタイルに対応するなど、対面のプレイ感覚をネット上に再現します。

<イメージ>
■『人狼パーティー』 サービス概要
プラットフォーム:PCブラウザ
価格:無料(アイテム課金)
開発・運営:NHN ハンゲーム


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アソビモ「アルケミアストーリー」声優最終オーディションを実施!

 【20//2016】

アソビモ「アルケミアストーリー」声優最終オーディションを実施!


アソビモは6月19日、開発中のiOS/Android用MMORPG「アルケミアストーリー」の声優最終オーディションを、蒲田の大田区民プラザPio 4F コンベンションホールにて実施した。


「アルケミアストーリー」は、錬金術と魔法の世界を舞台とし、「王道そのもの」のストーリーが特徴のMMORPG。
今秋配信予定で、利用料金は無料、ビジネスモデルはアイテム課金制となる。
会場では声優オーディションのほか、「アルケミアストーリー」に関する最新情報も発表されたので、こちらもあわせてお伝えしたい。

■最終審査を受けた30名の声優から4名が選ばれる!
この声優最終オーディションは、「アルケミアストーリー」キャラクターボイスの声優になるため、予選をくぐり抜けてきた30名の参加者から4名を選抜するというもの。
今回の審査においては、1人2分のフリー演技を特別審査員の4名ならびに来場した観客が投票するという内容で行なわれた。

フリー演技では、それぞれの声優さんが自慢の声を使ってさまざまな特技を披露。
多様なキャラクターを演じる人もいれば、歌ったりミニ演技をする人などもいて、自分なりの方法で美声をアピールする。
なかには自慢のコスプレで会場内をねり歩く、華麗な剣さばきを見せる……といった声とはかけ離れたところでアピールをする人もいたが、これはこれで会場は盛り上がっていた。

投票の結果選ばれたのは、河村悠基さん、山本五郎さん、南さらさん、久木田かなこさん。
この4名には授賞式も行なわれ、壇上では「すごくうれしいです(河村さん)」、「(老人のキャラクターボイスで)ありがとうございます(山本さん)」、「こんなに一生懸命生きた2分間は初めてでした(南さん)」、「7年間がんばってやっときっかけをつかめた(久木田さん)」と、それぞれ喜びを表していた。

4名のキャラクターボイスは、プレーヤーをサポートするキャラクター「YOME」としてゲーム内に実装される予定。

■これまでに発表された「アルケミアストーリー」概要をおさらい
今回はオーディションだけでなく、「アルケミアストーリー」ディレクターである橋本和明氏から、本作についてのプレゼンテーションがキーワードごとに行なわれた。

まず最初のキーワードが「超大作感」。
これについては「今回のオーディションにからめての視点で言えば」と前置きした上で、「200名からなる登場キャラクターのボイスを、一切声優の使い回しをすることなく当てていく」という方針で表現。
また、セリフ数も従来のゲームを上回る数を収録するということで、そのスケールの大きさを表していた。

つぎに挙げられたのが「かならずハッピーエンド」。
これは、王道のゲームを作るにあたり、ユーザーが好きなものを考えた結果、「ハッピーエンド」は誰しも大好きだろう、というところから決定したという。
「紆余曲折あっても最後はかならずハッピーエンドで終わる話を用意していきたい」とのこと。

「MMO+JRPG」というワードが出てきた際には、JRPG(国産RPG)の定義に触れつつ、昨今のゲームの複雑化、オンラインマルチプレイによる人間関係のデリケートさなどにも言及し、最終的には「そういったわずらわしさのない、シンプルで簡単なゲームにしていきたい」と述べた。

また「きれいなグラフィック」では、「2Dのイメージを残しつつ3Dの良さを引き出す絵作りをしていく」ことを前提に、ゲーム内の背景などのスチル画面を見せながら「個性のある敵キャラクターなども出しつつ説得力のあるゲーム世界を構築していきたい」とビジュアル面の美しさをアピール。

「豊富なキャラメイク」というワードの説明では「ゲームのなかでもトップを目指そうと考えている」と述べ、顔のタイプから髪、目の色といった部分だけでなく、年齢、体重、身長、体型……と、かなりの範囲で設定が可能であると説明。
また、年齢によって太り方に変化があるなど、細かいこだわりも感じられた。

■「アルケミアストーリー」の最新情報も公開!
概要説明のあとには、最新情報についても説明があった。
まずは新ビジュアルが公開された。
こちらはプレーヤーが操作する主人公たちをはじめ、ゲーム世界の舞台である4つの国および、重要な位置づけにあるキャラクターなどでゲームイメージを表したもの。
「エンディングまでわからないようなネタも仕込んでいるので、そのあたりも楽しんでもらえれば」と述べた。

つぎに紹介されたのはチャットの独自UI導入について。
通常のUIだとチャットウィンドウと入力用キーで画面が半分以上埋まってしまい、スムーズなコミュニケーションが取れなくなるというところから、独自UIを導入。
これによって、たとえ戦闘をしながらでも仲間との意思疎通がやりやすくなっているという。

また「ソロモード」と「マルチモード」の存在についても発表があった。
「ソロモード」をオンにしているあいだは、他人からその姿が見えなくなり、自分も1人でプレイしているように見えるとのこと。
切り替えはワンタッチで行なえるので、ちょっとした時間など1人で遊びたいときは「ソロモード」、本来の形である多人数で遊びたいときは「マルチモード」と切り替えて遊べるようだ。

また、本作はスマホを「縦持ち」、「横持ち」のいずれでも遊ぶことが可能。
スペースを気にしない場合は横画面で、車内などのような場所では縦画面で遊べるという、プレーヤーの状況に配慮した親切設計になっている。

注目の戦闘システムは、「基本オートアタックのリアルタイムコマンド選択式」を採用。
プレーヤーキャラクターにはHPしかステータスがなく、敵から攻撃を受けたときや、スキルを使用することで減少。
また、戦闘終了時にはHPが回復するという、少々変わっている内容となっている。
カードゲームのように、カードを選んでスキルを使用したり、スキル使用時に特定の条件を満たすとスキルの消費HPが0となる「チェイン」システムといったものもあり、斬新な戦闘シーンを体験できそうだ。

そんな本作のリリース時期は9月ごろを予定しているとのこと。
また、6月22日の夜ごろから1週間、特別体験版の配信も予定されている。
ただし、こちらはAndroidのみでiOSには対応していないので注意が必要。
なお、特別体験版の配信を記念して、6月22日からはキャラクタークリエイトコンテストをはじめとしたイベントも実施予定とのこと。
興味がある方は、公式サイトや公式ツイッターなどもしっかりチェックしておきたい。

(C) ASOBIMO, Inc. All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

舞台版『ブレイブルー コンティニュアム シフト』チケットのオフィシャル先着先行販売がスタート

 【20//2016】

舞台版『ブレイブルー コンティニュアム シフト』チケットのオフィシャル先着先行販売がスタート


●特典は描き下ろし非売品ポストカード
2016年8月10日より東京・新宿村LIVEにて上演される、『ブレイブルー コンティニュアム シフト』を原作にした舞台“LIVE ACT「BLAZBLUE ~CONTINUUM SHIFT~」”について、2016年6月18日よりチケットのオフィシャル先着先行販売が開始されている。

以下、リリースより。

----------
LIVE ACT「BLAZBLUE」2016製作委員会(キュー・テック/(株)1107/フロンティアワークス)は、8月にリブート公演を行うアークシステムワークス発売の人気2D格闘ゲーム「BLAZBLUECONTINUUM SHIFT」を舞台化したLIVE ACT「BLAZBLUE~CONTINUUM SHIFT~」のチケットオフィシャル先着先行販売を6月18日より開始したことをお知らせいたします。

LIVE ACT「BLAZBLUE~CONTINUUM SHIFT~」は2014年に初演を公演し迫力のアクションシーンとプロジェクションマッピングで話題になった作品です。
今回のリブート公演では、ミュージカル「忍たま乱太郎」第7弾~水軍砦三つ巴の戦い!再演(義丸役)などで活躍中の薫太をラグナ=ザ=ブラッドエッジに、動物戦隊ジュウオウジャーで鳥男役として出演し話題沸騰中の村上幸平が前回に引き続きハザマを熱演します。

本公演は「格闘(アクション)」×「映像(プロジェクションマッピング)」×「奇術(イリュージョン)を三本の柱とし、「格闘」と「映像」は前回以上の興奮の演出を目指し、アジア人として初のラスベガス長期単独公演を実現したイリュージョンマジックアーティストであるAi and YuKi(GVjp)がイリュージョンコーディネーターとして参加することで「驚き」が追加されました。

チケット先行発売は6月18日(土)12時から6月30日(木)までイープラスにてオフィシャル先着先行販売します。
チケットは全席指定7,000円(税込)です。
さらにオフィシャルツイッター(@blazbluest)にて6月6日までに666リツイート達成したら先着先行特典が決定する企画につきまして見事、ツイートより数時間で達成いたしました。
チケット先着先行特典は本公演のための描きおろされたイラストでのポストカードです。
先行発売期間中にご購入頂いた方のみ入手することができますのでお早めお申し込みください。
※画像はイメージとなります。
実際の商品とは異なる可能性があります。

チケット販売詳細、公演情報につきましては舞台公式サイトで随時お知らせいたします。

※(株)1107 LIVE ACT「BLAZBLUE~CONTINUUM SHIFT~」舞台特設ページ
公演名
LIVE ACT「BLAZBLUE ~CONTINUUM SHIFT~」
会場:新宿村LIVE
〒169-0074 東京都新宿区北新宿2丁目1-2
日程:2016年8月10日(水)~8月14日(日)5日間全8公演
8月10日(水)19:00
8月11日(木)13:00/18:00
8月12日(金)19:00
8月13日(土)13:00/18:00
8月14日(日)12:00/17:00
※開場開演の30分前(受付・物販1時間前)
チケット:7,000円 (税込・全席指定)

イープラス:2016年6月18日(土)~6月30日(木)23時59分59秒まで
※URL

ラグナ=ザ=ブラッドエッジ:薫太
ジン=キサラギ:阿部悠真
ノエル=ヴァーミリオン:大林ちえり
マコト=ナナヤ:小市眞琴
ツバキ=ヤヨイ:小玉百夏
レイチェル=アルカード:澤 翔子
ハザマ:村上幸平
麻田 樹/藤島克成/中嶋こゆき/田中佳人/神前 元/北村 海/木村優良/大塚杏奈

原作:「 BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT(アークシステムワークス)」
監修:森 利道(アークシステムワークス)「BLAZBLUEシリーズプロデューサー」
演出:井上テテ
脚本:ラスプーチン矢野
舞台監督:中西輝彦/仲里 良
アクションコーディネーター:渡辺 淳(ジャパンアクションエンタープライズ)
映像プランニング:和井内良典
イリュージョンコーディネーター:Ai and Yuki(GVjp)
衣装:井上 彩(A.mLab)
ヘアメイク:最知明日香
造形小道具:晃士琅((株)1107)
撮影:佐藤昌平(スタジオフィル 本店)/黒木敦史
宣伝:小川 進(ジョインポイント)
ビジュアルデザイン:漆戸真弓/野澤由香/こあみ
Web :イシイアヤ
制作:董 柔嘉((株)1107)
プロダクションアドバイザー:関口 賢(フロンティアワークス)
プロデューサー:
荒井英昌(キュー・テック)
竹内忠宜((株)1107)
松本健一(フロンティアワークス)
制作協力:
スタジオフィル本店/スティッカムジャパン/東京大学大学院情報学環馬場章研究室
ライブネクスト/Miwy(ウィッグ提供)
協力:
アトミックモンキー/アバンジエンターテインメント/大沢事務所/ジャスティス
ジャパンエンターテイメント/ジャパンアクションエンタープライズ/トライクルー
エンタテインメント/ドルチェスター/トンボエンターテイメント/ブルーエール/
UTY
主催:LIVE ACT「BLAZBLUE」2016製作委員会(キュー・テック/(株)1107/フロンティアワークス)
制作:(株)1107


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「CEDEC 2016」セッション情報第1弾公開

 【20//2016】

「CEDEC 2016」セッション情報第1弾公開


一般社団法人コンピュータエンターテインメントは6月20日、開催予定の開発者向けカンファレンス「CEDEC 2016」のセッション情報第1弾を公式サイトにて公開した。

今回公開されたセッションは、一般公募よりCEDEC運営委員会が採択した、レギュラーセッション39件、ショートセッション10件、インタラクティブセッション5件等、合わせて63件となっている。

セッションの中には、プレイステーション 4「アイドルマスタープラチナスターズ」のセッションを始め、「チェインクロニクル」におけるストーリーを含めたゲームの設計手法、「龍が如く6」における次世代神室町の作り方など大型タイトルのセッションも数多く予定されている。

また、各種VRヘッドセット発売に向けて盛り上がりを見せるVR関連のセッションやデバイス・ソリューション展示、デモンストレーションを特集した企画「VR Now!」も実施される。

CEDEC 2016は200以上のセッションを実施予定で、セッション情報は公式サイトにて順次公開される予定となっている。

□「CEDEC 2016」受講申込
受付期間:7月1日~8月17日
受講パスには「レギュラーパス」、「デイリーパス」、「エキスポ&スポンサーパス」に加え、今年新設された学生専用のパス「エキスポパス」の4種が用意されている。
イベント開催中の3日間、すべてのセッションとイベントに参加できる「レギュラーパス」は、7月31日までに予約することで5,400円(税込)の早期割引が行なわれる。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「Mighty No. 9」発売直前! ローンチトレーラーを公開

 【20//2016】

「Mighty No. 9」発売直前! ローンチトレーラーを公開


スパイク・チュンソフトは、6月21日発売予定のプレイステーション 4/3/Xbox 360/Xbox One/Wii U用アクション「Mighty No. 9」について、ローンチトレーラーを公開した。


ローンチトレーラーでは、ゲーム内映像を中心に、ボスとのみ対戦するボスラッシュモード、一発即死のマニアックモード、オンライン協力プレイモードなどが紹介されている。

©comcept Inc. Published by Deep Silver and Spike Chunsoft. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「アイドルマスター プラチナスターズ」キャラクター第3弾PV公開

 【20//2016】

「アイドルマスター プラチナスターズ」キャラクター第3弾PV公開


バンダイナムコエンターテインメントは、7月28日に発売予定のプレイステーション 4用アイドル育成ライブゲーム「アイドルマスター プラチナスターズ」のキャラクターPV第3弾「高槻やよい」を公開した。


PVでは、PS4版でより魅力的になった高槻やよいが、「プラチナスターズ」で発表された新曲「ザ・ライブ革命でSHOW!」を元気いっぱいに踊りながら歌い上げる姿や、ステージから呼びかける様子などを見ることができる。

(C)窪岡俊之
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
Amazonで購入:アイドルマスター プラチナスターズアイドルマスター プラチナスターズ


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『スプラトゥーン』「きのこの山 vs たけのこの里」フェスの勝者は……!

 【20//2016】

『スプラトゥーン』「きのこの山 vs たけのこの里」フェスの勝者は……!


2016年6月18日・19日に、Wii Uの対戦アクションゲーム『スプラトゥーン』において、「あなたはどっち派? きのこの山 vs たけのこの里」というフェスが開催されました。


フェスは、プレイヤーたちがふたつの陣営に分かれて対戦を繰り広げるというイベント。
第15回目となる今回は、インターネット上では定番のお題ともいえるこの対決がついに実現したということで、開始前から注目が集まっていました。

ちなみにフェスの勝敗は、得票率(1倍)と勝率(6倍)の合計値によって決定します。
より多くのプレイヤーが参加する陣営が有利ではありますが、しかしわずかな勝率差で勝敗が変化するため、少数精鋭の陣営が勝つということも十分にありえます。

そして今回の結果ですが、得票率は「きのこの山」陣営が37%、「たけのこの里」陣営が63%とかなりの差がつきました。
一方、勝率は52%と48%でやや「きのこの山」側が有利に。
しかし得票率でつけられた差を埋めきれず、結果としては「たけのこの里」側の勝利となっています。

349対351というかなりの接戦で、得票率が1%でも違えば引き分けになるという熾烈な争いが繰り広げられました。
『スプラトゥーン』ではひとまず結果が出ましたが、ここまで接戦となるとこれからもきのこの山とたけのこの里の戦いは続きそうです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『スプラトゥーン』は発売中。
価格はパッケージ版・DL版ともに5,700円(税別)です。

(C)2015 Nintendo


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

日本語版『エルダー・スクロールズ・オンライン』発売前カウントダウン特番生放送が決定、ゲーム実況者とともに先行プレイ

 【20//2016】

日本語版『エルダー・スクロールズ・オンライン』発売前カウントダウン特番生放送が決定、ゲーム実況者とともに先行プレイ


●初の日本語版をゲーム実況主・どんぼこが発売前日に先行プレイ!
ドワンゴは、同社が運営する動画サービスniconicoのニコニコ生放送にて、DMM.comより2016年6月23日にサービス開始予定のMMO『エルダー・スクロールズ・オンライン』日本語版を、発売日前日の6月22日(水)に先行プレイする特番を生放送する。

以下、リリースより。

----------
株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)は、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、オンラインRPGゲーム「エルダー・スクロールズ・オンライン」の日本語版を、発売日前日の6月22日(水)に先行プレイする特番を生放送します。

海外で数々の受賞歴を誇る本作の初の日本語版が6月23日(木)に発売します。
番組では既出情報の振り返りや、一足先にゲーム実況者とともに先行プレイを実施します。
また本作のプロデューサーも参加し、作品への質問や気になっている情報を視聴者から受け付けます。
質問を投稿したユーザーの中から抽選で10名にプレゼントする企画も。

◆番組概要◆
タイトル:エルダー・スクロールズ・オンライン日本語版 カウントダウン特番
放送日時:6月22日(水)22:30~24:10(予定)
出演者:荒木美鈴 / どんぼこ / ガッチマン / 天野唯 / DMM.comプロデューサー/DMM.com運営担当者・広報担当者
※視聴ページはこちら


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『キックオフ』のサントラが“クラリスディスク”より本日配信開始!

 【20//2016】

『キックオフ』のサントラが“クラリスディスク”より本日配信開始!


●毎週配信第36弾はアルバム『Arcade Disc In JALECO -VARIETY-』より『キックオフ』
シティコネクションは、ゲームサウンドトラックレーベル“クラリスディスク”にて、アーケードサッカーゲーム『キックオフ』のサウンドトラックを本日2016年6月20日よりダウンロード販売開始した。

以下、リリースより。

----------
株式会社シティコネクションは本日6月20日(月)より、ゲームサウンドトラックレーベル『クラリスディスク』より過去発売されたゲームサウンドトラックの中から、ジャレコのアーケードサッカーゲーム『キックオフ』のゲーム音楽をダウンロード販売致しました。

過去に同レーベルから発売したゲームサウンドトラックの中から、作品やコンセプトを絞り、リリース。
毎週配信第36弾はアルバム『Arcade Disc In JALECO -VARIETY-』より『キックオフ』を配信。
以降も1タイトル700円~で毎週リリース予定(Applle MUSICは月額制)。

配信場所:iTune Store、amazonmusic、レコチョク、Google play music、等
レーベル:クラリスディスク
発売元:シティコネクション
※TUNE CORE アーティストぺージ
※クラリスディスクオフィシャルサイト


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る