2016 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 08

『ジージェネ ジェネシス』ブルーディスティニー1号機など参戦機体情報が公開、主題歌は鈴華ゆう子

 【21//2016】

『ジージェネ ジェネシス』ブルーディスティニー1号機など参戦機体情報が公開、主題歌は鈴華ゆう子


バンダイナムコエンターテインメントは、PS4/PS Vita『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』の新情報を公開しています。


『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』は、『SDガンダム ジージェネレーション』シリーズ最新作となるガンダムシミュレーションゲームです。
本作では、新たなCGモデル・背景・キャラクターカットインの表現で、数多くの「ガンダム」作品が集うバトルが描かれます。

今回は、本作の主題歌情報、収録作品、戦闘演出のカットなどが公開されています。

◆主題歌について
本作の主題歌となるOPテーマソングが「永世のクレイドル」に決定しています。
歌うのは和楽器バンドのボーカリストである鈴華ゆう子さんです。

詩吟の師範であり、現在人気急上昇中の新感覚ロックバンド和楽器バンドのヴォーカリストとして活躍中。
また和風アコースティックユニット華風月のピアノ&ボーカルも務める。
3歳からクラシックピアノ、5歳から詩吟と詩舞、剣舞を学び、ミュージシャンとしてだけでなく日本の伝統文化のスペシャリストとして国内外から注目を集める。
今回「SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス」のOPにてソロ活動をスタート。

◆収録作品
■収録作品:機動戦士ガンダム外伝THE BLUE DESTINY
●ブルーディスティニー1号機(キャラクター:ユウ・カジマ)
連邦軍における初のEXAM搭載試験機。
EXAMシステムのスペックを発揮させるため「陸戦型ジム」から「陸戦型ガンダム」へとベースを変更。
EXAMシステム起動時には凄まじい戦闘能力を発揮するが、システム自体は極めて不安定な状態でもある。

●イフリート改(キャラクター名:ニムバス・シュターゼン)
ジオン公国が「EXAMシステム」実験のため、陸戦型MS「イフリート」をベースに大幅な強化改修を施した特殊実験機である。
「ニムバス・シュターゼン」の特性に合わせ調整されている為、クセの強い格闘特化の機体となっている。

■収録作品:機動戦士ガンダム外伝宇宙、閃光の果てに…
●ガンダム5号機[Bst](キャラクター名:フォルド・ロムフェロー)
「ガンダム」から繋がる5番目の仕様機で、4号機の支援を目的として、広域の敵を掃射可能な「ジャイアント・ガトリング」を運用可能としている。
Bst形態は機動性や戦闘継続時間を向上させるなど、宇宙空間戦闘用に特化した機体である。

●アクト・ザク(マレット・サンギーヌ機/キャラクター名:マレット・サンギーヌ)
「ザクII」をベースに攻撃力の総合的な強化と高い機動性の実現に成功した超高性能機。
「マレット・サンギーヌ」が搭乗していた機体であり、2つの「専用ヒート・ホーク」を装備している。

■収録作品:ジオニックフロント機動戦士ガンダム0079
●ザクI(ゲラート・シュマイザー専用機/キャラクター名:ゲラート・シュマイザー)
「ザクI」をもとに「闇夜のフェンリル隊」の隊長である「ゲラート・シュマイザー」専用機に改修が施されたMS。
音源の位置を割り出す「音響解析システム」など、通常のザクIとは全くの別物となっている。

●ガンダム6号機(マドロック/キャラクター名:エイガー)
通称「マドロック」。
火力不足対策として固定武装が増設された機体であり、出力の強化や大型化させたランドセルと脚部スラスターの装備によって、必要な機動性の確保が実現している。

■収録作品:機動戦士ガンダム戦記BATTLEFIELDRECORDU.C.0081
●ジーライン・ライトアーマー(キャラクター名:ユーグ・クーロ)
ガンダムの完全量産型として、基本スペックと武装パーツの換装による優れた汎用性を兼ね備えた機体。
その後、ジムタイプとの互換性を高める再設計が行われ、優れた火力と高い機動性能による一撃離脱戦術を想定した仕様となっている。

●イフリート・ナハト(キャラクター名:エリク・ブランケ)
試作MS「イフリート」の1機を夜間戦闘用に改修した特殊バリエーション機。
「ジャミング用特殊機器」の搭載によって主に隠密行動などで優れた性能を発揮する。

◆戦闘演出カット
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』は2016年11月22日発売予定。
価格はPS4版が8,200円(税別)、PS Vita版が7,600円(税別)です。

※画面はPS4版の開発中のものです。

(C)創通・サンライズ


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

AC『シンクロニカ』大型バージョンアップ!新曲追加、やりこみ強化の新要素搭載も

 【21//2016】

AC『シンクロニカ』大型バージョンアップ!新曲追加、やりこみ強化の新要素搭載も


バンダイナムコエンターテインメントは、アーケードゲーム『シンクロニカ』の大型バージョンアップを、2016年7月21日に実施すると発表しました。


1人プレイのみならず、2人で協力しながらプレイ可能という特徴を持つ新感覚リズムアクションゲーム『シンクロニカ』。
タイトルにもある“シンクロ”体験を、音楽を通して楽しむことができる一作です。

本作は、本日7月21日に大型バージョンアップを迎え、筐体デザインも一新。
プレイ中の流れるような動きをイメージした爽やかなデザインとなり、音楽ゲームファンのみならず、カップルやファミリーなど、遊ぶ人を選ばない筺体として装いを新たにします。

もちろんゲーム内容もパワーアップしており、大型バージョンアップに合わせて新規楽曲「ひまわりの約束」「天ノ弱」「みんなのうた」が7月21日より遊べるように。
また、隠し曲だった「SnowLight」と「サクラ・シークレット」が、いつでもプレイ可能になりました。

このほかにも新要素や、期間限定のイベントだった高難易度の譜面「PANDORA」がいつでも遊べるようになるなど、現役プレイヤーにも嬉しい進化を見せています。
時間に余裕がある方は、今日早速足を運んでみてはいかがでしょうか。

◆『シンクロニカ』大型バージョンアップ
■新要素も満載
大型アップデートでは新機能も追加されます。
プレイヤーの腕前の上達を評価する「レーティング」をはじめ、「店舗ランキング」や、プレイに応じて新しい楽曲を獲得できる「音のアトリエ」など、やりこみ要素を強化しました。

■高難易度「PANDORA」がいつでも遊べるように
期間限定のイベントだった高難易度の譜面「PANDORA」が、いつでも遊べるようになりました。
ただし「PANDORA」をプレイするためには条件があるので、その点はご注意ください。

■7月28日より4週連続で楽曲を配信予定
7月7日より開催中の「アイドリッシュセブン フェス」では、7月28日より4週連続で楽曲を配信します。
楽曲をプレイして条件を満たすことで、「アイナナマーカー」が取得できます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※画像は開発中のものです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』参戦作品を一挙公開! さらに主題歌タイアップアーティスト情報も

 【21//2016】

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』参戦作品を一挙公開! さらに主題歌タイアップアーティスト情報も


●その魂は受け継がれ、新たな原点となる
バンダイナムコエンターテインメントは、2016年11月22日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』の最新情報を公開した。

今回は、本作に収録されている参戦作品をすべてご紹介。
さらに、主題歌タイアップアーティストや登場するモビルスーツ・キャラクターなどの情報もお伝えする。

◆概要
■全収録作品一覧 ※発売後、新たに追加配信を行う場合があります。
機動戦士ガンダム
★劇場版 機動戦士ガンダム
MSV
MS-X
M-MSV
MSV-R
★機動戦士ガンダムMS IGLOO 一年戦争秘録
★機動戦士ガンダムMS IGLOO 黙示録0079
機動戦士ガンダムMS IGLOO2 重力戦線
★機動戦士ガンダム第08MS小隊
★機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
★機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…
★ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079
機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙
★機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…
★機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles
★機動戦士ガンダム戦記 BATTLEFIELD RECORD U.C.0081
★機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク
★機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079
ハーモニー・オブ・ガンダム
機動戦士ガンダム 戦場の絆
機動戦士ガンダム ギレンの野望
★機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
★機動戦士ガンダム0083スターダストメモリー
機動戦士ガンダム ファントム・ブレット
機動戦士Zガンダム
★機動戦士Ζガンダム A New Translation
Z-MSV
ガンダム新体験 0087 グリーンダイバーズ
ADVANCE OF Z ~ティターンズの旗のもとに~
GUNDAM SENTINEL
★機動戦士ガンダムZZ
★機動戦士ガンダム逆襲のシャア
CCA-MSV
★機動戦士ガンダムUC
UC-MSV
SDガンダムワールド ガチャポン戦士 スクランブルウォーズ
SDガンダムGX
GGENERATIONシリーズ
その他ガンダムゲーム作品
★:シナリオが収録されている作品

■タイアップ情報
新生ジージェネの主題歌を歌うのは、和楽器バンドのヴォーカリスト・鈴華ゆう子に決定!
『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』の主題歌として、オープニングテーマソングが『永世のクレイドル』に決定。
鈴華ゆう子さんの力強い歌声が、新生ジージェネをさらなる高みへと押し上げる。
続報をぜひお楽しみに!

詩吟の師範であり、現在人気急上昇中の新感覚ロックバンド和楽器バンドのヴォーカリストとして活躍中。
また和風アコースティックユニット華風月のピアノ&ボーカルも務める。
3歳からクラシックピアノ、5歳から詩吟と詩舞、剣舞を学び、ミュージシャンとしてだけでなく日本の伝統文化のスペシャリストとして国内外から注目を集める。
今回『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』のオープニングにてソロ活動をスタート。

■各作品情報紹介
収録作品:機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
機体名:ブルーディスティニー
キャラクター名:ユウ・カジマ
連邦軍における初のEXAM搭載試験機。
EXAMシステムのスペックを発揮させるため“陸戦型ジム”から“陸戦型ガンダム”へとベースを変更。
EXAMシステム起動時には凄まじい戦闘能力を発揮するが、システム自体は極めて不安定な状態でもある。

収録作品:機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY
機体名:イフリート改
キャラクター名:ニムバス・シュターゼン
ジオン公国が“EXAMシステム”実験のため、陸戦型MS“イフリート”をベースに大幅な強化改修を施した特殊実験機である。
“ニムバス・シュターゼン”の特性に合わせ調整されているため、クセの強い格闘特化の機体となっている。

収録作品:機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…
機体名:ガンダム5号機[Bst]
キャラクター名:フォルド・ロムフェロー
“ガンダム”から繋がる5番目の仕様機で、4号機の支援を目的として、広域の敵を掃射可能な“ジャイアント・ガトリング”を運用可能としている。
Bst形態は機動性や戦闘継続時間を向上させるなど、宇宙空間戦闘用に特化した機体である。

収録作品:機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…
機体名:アクト・ザク(マレット・サンギーヌ機)
キャラクター名:マレット・サンギーヌ
“ザクII”をベースに攻撃力の総合的な強化と高い機動性の実現に成功した超高性能機。
“マレット・サンギーヌ”が搭乗していた機体であり、ふたつの“専用ヒート・ホーク”を装備している。

収録作品:ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079
機体名:ザクI(ゲラート・シュマイザー専用機)
キャラクター名:ゲラート・シュマイザー
“ザクI”をもとに“闇夜のフェンリル隊”の隊長である“ゲラート・シュマイザー”専用機に改修が施されたMS。
音源の位置を割り出す“音響解析システム”など、通常のザクIとはまったくの別物となっている。

収録作品:ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079
機体名:ガンダム6号機(マドロック)
キャラクター名:エイガー
通称“マドロック”。
火力不足対策として固定武装が増設された機体であり、出力の強化や大型化させたランドセルと脚部スラスターの装備によって、必要な機動性の確保が実現している。

収録作品:機動戦士ガンダム戦記 BATTLEFIELD RECORD U.C.0081
機体名:ジーライン・ライトアーマー
キャラクター名:ユーグ・クーロ
ガンダムの完全量産型として、基本スペックと武装パーツの換装による優れた汎用性を兼ね備えた機体。
その後、ジムタイプとの互換性を高める再設計が行われ、優れた火力と高い機動性能による一撃離脱戦術を想定した仕様となっている。

収録作品:機動戦士ガンダム戦記 BATTLEFIELD RECORD U.C.0081
機体名:イフリート・ナハト
キャラクター名:エリク・ブランケ
試作MS“イフリート”の1機を夜間戦闘用に改修した特殊バリエーション機。
“ジャミング用特殊機器”の搭載によって主に隠密行動などで優れた性能を発揮する。

■戦闘演出カット


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

菅官房長官が『ポケモンGO』に言及! マナー順守の注意喚起も

 【21//2016】

菅官房長官が『ポケモンGO』に言及! マナー順守の注意喚起も


●日本製コンテンツが海外でヒットしていることを歓迎
菅官房長官は、2016年7月21日午前の記者会見で、2016年配信予定のスマホゲームアプリ『ポケモンGO』について言及した。

関連リンク:平成28年7月21日(木)午前 菅官房長官記者会見 - 首相官邸公式サイト
(『Pokemon GO』関連の発言は動画の5:00ごろ~)
会見の中で菅官房長官は、記者の質問に答えるかたちで、「一般論として、日本のコンテンツが海外に広く受け入れられていることは極めて喜ばしいこと」、「政府としてもこのようなコンテンツの海外展開にはしっかりと支援をしていきたい」などと発言。

同時に、「公共マナー、安全性に懸念を持たれる方もいらっしゃる。
ゲームを楽しむ方々がより安全に楽しむために、内閣サイバーセキュリティーセンターより注意喚起を出した」、「注意点を守っていただきたい」といった、マナーや安全への配慮も口にした。

関連リンク:“ポケモントレーナーのみんなへおねがい♪”『ポケモンGO』で政府が異例の注意喚起


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PS4/Xbox One/Win用「PAC-MAN CHAMPIONSHIP EDITION 2」配信決定

 【21//2016】

PS4/Xbox One/Win用「PAC-MAN CHAMPIONSHIP EDITION 2」配信決定


バンダイナムコエンターテインメントは、プレイステーション 4/Xbox One/Windows版ダウンロード専用パックマンアクション「PAC-MAN CHAMPIONSHIP EDITION 2」を9月に配信することを発表した。
価格は未定。


「PAC-MAN CHAMPIONSHIP EDITION 2」は「パックマン」シリーズの基本操作は変わらず、ゴーストたちの追跡をかわしながらメイズ(迷路)内のクッキーを食べ、変化するメイズをクリアして、ハイスコアを目指すゲーム。

本作では、眠っているゴーストを起こし、通常のゴーストと共に列を作る「ゴーストトレイン」を同時に4本走らせることができるようになったほか、3D表現を生かした新ルールや長いゴーストトレインを頭から食べる「空中連続食い」などの演出も満載。
また、シリーズ初となるコツコツできる「アドベンチャーモード」も搭載されている。

■ゴーストが複数列になって追いかけてくる!
眠っている緑のミニゴーストを起こしながら、ゴーストの列(トレイン)を作り、一気に食べるという戦略性と爽快感が好評だった「ゴーストトレイン」が、本作では同時に4本走る。
上手に長いトレインを4本作って一気に食べよう。

また、本作ではゴーストに触ることができるが、一定時間内に連続で触ると怒りゴーストに姿を変え、怒りゴーストを触るとミスとなる。


■3Dゴーストとパックマンの攻防がアツい!
本作では3D表現を採用しており、重なり合ったメイズを奥へ奥へと進む。
またパワークッキーで形勢逆転し、ゴーストを食べる際にはメイズを飛びだし、派手に食べまくるなど、3D表現を活かした演出が次々とテンポよく繰り広げられる。

さらにプレイ中のBGMはバンダイナムコスタジオサウンドチームが担当。
描き下ろしの新曲が多数登場する。


■コツコツ遊べるアドベンチャーモード搭載
本作ではメインのスコアアタックモードに加えシリーズ初のアドベンチャーモードを収録。
各エリアや通常ステージ、特殊ルールステージなどが用意されており、各ステージをクリアし、ポイントを貯めると、巨大なエリアボスに挑戦することができる。

ボス戦は、メイズの裏側から追いかけてくるボスから逃げながら挑む。
時間内に逃げ切るとスーパーパワークッキーで、ボスを一気に食べつくす爽快感を味わうことができる。


(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ファイナルファンタジーXV」、バトルなどの最新情報公開

 【21//2016】

「ファイナルファンタジーXV」、バトルなどの最新情報公開


スクウェア・エニックスは、9月30日発売予定のプレイステーション 4/Xbox One用RPG「ファイナルファンタジーXV」の最新情報を公開した。


初公開となるキャラクター「レイヴス・ノックス・フルーレ」と「イリス・アミシティア」のほか、ゲーム内に登場する「給油所」や「情報屋」などのショップやバトルなどスクリーンショットとともに紹介する。

■レイヴス・ノックス・フルーレ(Ravus Nox Fleuret)
ルナフレーナの兄。
かつてはテネブラエ王国の人間であったが現在はニフルハイム帝国軍に属している。

■イリス・アミシティア(Iris Amicitia)
グラディオラスの妹。
ニフルハイム帝国による王都襲撃から逃れ、レスタムルの街で暮らしている。
ノクティスやイグニスとは幼少の頃から親交があり、気心の知れた仲。
辛い状況でも前向きさを失わない、芯の強い少女。

イリスが幼い頃の姿で登場する全5話で描かれる無料アニメ「ブラザーフッド ファイナルファンタジーXV」の「エピソード3 Sword and Shield」も公開されている。

■旅に欠かせない重要なショップ
ゲーム内の世界にはさまざまなショップが点在している。
その土地ならではの店構え、取り扱う商品にも注目だ。


■討伐依頼(モブハント)
物語の進行に影響するメインクエスト、そしてその道中にはさまざまなサブクエストも発生する。
さらに情報屋から、達成することで報酬が得られる「討伐依頼」を受けることができる。
ここでしか手に入らない報酬やさらなる強敵を求め、ぜひチャレンジしてほしい。
どのクエストを進めるかは、すべてプレーヤーに委ねられる。

■バトル/リンク
バトル中に一定の条件を満たした際、自動的に発動する仲間との連携技が「リンク」。
各キャラクターごとに、そのバリエーションは多種多様となっている。


■バトル/コマンド
バトル中自動的に発動し仲間の力を借りる「リンク」のほかに、プレーヤーの指示により発動する仲間の「コマンド」が存在する。
その種類や効果もキャラクターごと様々なものが用意されている。
その一部を紹介する。


■回答の選択肢
物語や旅の途中、会話のなかで回答を求められることがある。
選択した回答によって、会話の展開や得られるパラメータ内容が変化する。

(C)2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

初代『ポケモン』サウンド付きドット絵LINEスタンプ配信開始!「かがくのちからってすげー!」など名台詞も

 【21//2016】

初代『ポケモン』サウンド付きドット絵LINEスタンプ配信開始!「かがくのちからってすげー!」など名台詞も


株式会社ポケモンは、LINEスタンプ「ポケモンゲームドット サウンド付き!」を配信しています。


この商品は、無料通話・メールアプリ「LINE」で使用できる、『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』を題材にしたスタンプです。
作品に登場するキャラクターやポケモンたちがサウンド付きスタンプになっており、ゲームの効果音や音楽も収録されています。

「ピカチュウ」「イーブイ」「ゲンガー」などのポケモンはもちろん、「かがくのちからってすげー!」「10000こうねん はやいんだよ!」といった作中の台詞も原作のドット絵で再現。
24種類で1セットとなっています。

<ダウンロード方法>
「LINE」内の「スタンプショップ」、もしくは「LINE STORE」よりダウンロードしていただけます。
・LINE STORE:https://line.me/S/sticker/6742
<商品情報>
・スタンプ名:「ポケモンゲームドット サウンド付き!」
・利用料金:1セットあたり240円(税込)※1セット:24個
※スタンプショップは、iOS/Android版の「LINE」のみで利用可能です。

◆サイト「なきごえ151」オープン
また、公式サイト「ポケモンだいすきクラブ」では、『ポケットモンスター 赤・緑』に登場するポケモンのなきごえクイズが楽しめる「なきごえ151」がオープン。
「難易度別」か「連続」といったスタイルでクイズに挑戦できるほか、なきごえに関する豆知識を知ることができるコラムも掲載されています。

・ポケモンだいすきクラブ:http://www.pokemon.jp/
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
LINEスタンプ「ポケモンゲームドット サウンド付き!」は配信中。
価格240円(税込)です。

(C)2016 Pokemon/Nintendo/Creatures/GAME FREAK.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<鬼桃語り>英語RPGがバージョンアップ シチュエーション別でフレーズの復習が可能に

 【21//2016】

<鬼桃語り>英語RPGがバージョンアップ シチュエーション別でフレーズの復習が可能に


バージョンアップを記念して、「数字の英語」をテーマにした新イベントステージが追加され、4桁以上の数字の聞き取りが楽しめるほか、武器と仲間の“桃トモ”を一覧できる図鑑機能の追加、ボスバトルでは新しいBGMも登場する。
また、次のバージョンアップでは発声練習機能などが追加される予定。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『艦これアーケード』「黒潮」「不知火」「陽炎」が7月26日に着任! いち早く映像を公開

 【21//2016】

『艦これアーケード』「黒潮」「不知火」「陽炎」が7月26日に着任! いち早く映像を公開


セガ・インタラクティブは、アーケードゲーム『艦これアーケード』に登場する新たな艦娘を映像で公開しました。


4月26日より正式稼働がスタートした『艦これアーケード』は、リリース後も定期的に新たな艦娘を追加してきましたが、7月26日に着任する更なる艦娘の面々が明らかになっています。

方言も可愛らしい駆逐艦「黒潮」や、口数少な目で凛々しさも感じる駆逐艦「不知火」、そして明るく勇ましい駆逐艦「陽炎」が、アーケードの激戦に参加。
陽炎型駆逐艦が一挙に3人も登場する形となります。
彼女たちのビジュアルや魅力的な仕草などを、映像で直接チェックしてみてください。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=rtuUbiZVkiw
(C)SEGA
(C)2016 DMM.com POWERCHORD STUDIO / C2 / KADOKAWA All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」日本上陸!「これがやりたかったんだよ」と心からヒャッハーできる

 【21//2016】

 VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」日本上陸!「これがやりたかったんだよ」と心からヒャッハーできる


7月23日から「東京ジョイポリス」でVRFPS『ZERO LATENCY VR』がオープンします。
本作はオーストラリアの企業・ZERO LATENSCYが開発したVRゲームフォーマットを利用した作品で、VR空間を自分の足で実際に歩き、移動することができます。



第1弾となるタイトル『ZOMBIE SURVIVAL(ゾンビ サバイバル)』はゾンビの大群に襲われた街を舞台に、ゾンビたちと戦いながら救出拠点を守り、仲間たちと強力して脱出するというタワーディフェンス型のシューティングゲームです。


プレイヤーはVRHMDやヘッドセットのほか、各種センサーやバッテリーなどをまとめたバックパックを装着して参加。
最大6人まで同時に協力プレイを楽しむことが出来ます。
重さは約4キロほどで、実際にプレイしている間は存在を忘れていたので、重さによる阻害感はありませんでした。

なお、本作はボイスチャットにも対応しており、プレイヤー間でコミュニケーションを取ることが可能。
また壁や他のプレイヤーに近づくと、ゲーム内に警告が表示されるようになっています。

◆さぁ野郎ども!ゾンビ狩りの時間だ!

事前のブリーフィング(ゲーム説明や注意事項など)を聞いた後、専用ルームに入ってHMDと銃型コントローラーを装着後。
さっそくVR空間へダイブします。
目の前は「ソードアート・オンライン」あるいは「攻殻機動隊」で描かれていたようなサイバー空間になっており、HMDやコントローラーなどの確認が行われ、事前に受けた操作を思い出しながら戦いに備えます。


ゲームマスターからの説明が終わったところで、今回のゲーム・フィールドに転送された筆者たち。
そこはコンテナや木材、発電機などで区切られたスペースとなっており、サバイバーたちが生き残るために構築した最後の砦だということが伝わってくるビジュアルです。

そこで1分ほどの準備時間が用意されており、コントローラーの操作確認などが行えるようになっています。
初見の場合はいろいろと戸惑うことも多いので、ここはもう少し時間が欲しいと感じました。


そしていよいよゲームスタート!合図と同時に、遠くから迫り来るゾンビたちの姿が見えました。
まずは落ち着いて銃を構え、レーザーサイトを頼りに目の前にあったバリケードを作るオブジェクトに狙いを定めてトリガーを引く。

ふと手元を見てみると、そこにはAKのようなアサルトライフルが……!さっきまで近未来的なガンコンを装備していたはずなのにと驚きつつ、銃の切り替えボタンを押してみるとスナイパーライフルやショットガンなどに見た目が変化。
武器によって射程や威力が異なり、スナイパーライフルとショットガンはポンプアクションになってますので、ハンドグリップを前後に往復させて射撃する必要があります。

もうこの時点でSF好きでFPS好きな筆者は心がぴょんぴょんしており、バリケードを一通り完成させた後は「ひーひっひっひっひー!あーはー↑はー!」と奇声を上げつつ、ゾンビどもを撃ち倒すことに没頭していました。
諸君、これは間違いなく我々が心から求めていたFPSだ!!

『Left 4 Dead』よろしく猛烈な勢いで襲い来るゾンビたち。
リアルそのものである周囲のプレイヤーが発する声や音、VRならではの凄まじい没入感。
もはや言葉は要らない。
自由に動き回りながら戦えるFPS…これがやりたかったんだよ!ひゃっほーう!
◆2階建て、バリケード、オブジェクトの隙間など、ステージ構成を活かした楽しみ方

ふと冷静さを取り戻した筆者。
あらためて周囲のバリケードの状況を確認していると、エレベーターの存在を思い出したので、単独で2Fへ移動してみることに。

エレベーターを降りようとしたところ、2Fにもゾンビたちが押し寄せており、それらをエレベーターに篭もりながら撃ち倒しているとどうにも数に圧されて劣勢模様。
エレベーターのボタンを撃って一度退却……からのリベンジ、という流れを繰り返して、エレベーターの扉をバリケードにする方法でしのぎつつ戦っていました。

オブジェクトの隙間もしっかりと判定がわけられているので、何もない空間で銃弾がはじかれる謎判定でストレスを感じることはありませんでした。
もちろん実際のゲームや映画の様に手だけを伸ばして撃つことも出来ます。

またこのステージ構造が非常に面白く、プレイしている場所自体は平坦なのに、VR空間では2Fがあるため、非常にフィールドを広く感じることが出来るだけではなく、戦略性も向上。
さらに2Fエリアは工事現場の足場の様な作りになっているため、実際には何もないものの、「なんか不安定そう」「下に落ちたらどうしよう」と考えてしまうのです。


しばらくすると他のプレイヤーも2Fの存在を思い出したようで、プレイヤーのひとりがエレベーターに乗ってくれました。
ちょっぴり馴れ馴れしいかなと思いつつ、「左!左側の奥からゾンビが入ってきます!カバーします!」と情報を共有したことで、味方プレイヤーがアサルトライフル(中型自動小銃)でゾンビたちに圧力をかけて進行を抑え、そこを筆者が落ち着いてスナイパーライフルで仕留めていくという理想的なコンビネーションを発揮できました。

無事に2Fを制圧することに成功した筆者は、まるでゾンビ映画の終盤シーンで登場する特殊部隊の活躍シーンのようなプレイだと脳汁ダバダバ。
そんな感覚を彼も感じていたのだろうか。
そうに違いない。
名も知らぬ戦友よ、ありがとう。
また会ったら、うまい酒でも奢らせてくれ。


制圧後は共闘した仲間に側面を預けて、筆者はスナイパーライフルを活かして1Fで戦っている仲間の援護に専念。
味方の背後に迫っているゾンビを倒しつつ、ところどころに配置されているドラム缶を爆発させてゾンビをまとめて倒すなどしてポイントを稼ぎ、同行していた副編集長がゾンビに囲まれているのを無視して楽しんでいると、なにやら他のゾンビと比べてやたらと体格の良いゾンビが出現しました。

体格の良さからわかるとおり、体力がかなり高めに設定されているエリートモンスター扱いのゾンビとなっており、ショットガンやスナイパーライフルなどでダメージを与えたときに発生するノックバックも期待できるほどの効果が得られないのでなかなかに厄介でした。
1体だけならまだしも、これが2体同時に出てきたりしたら…想像するだけでも怖い。

◆やった!助かるぞ、おい!こっちだ!

そうこうしているとゲームは終盤に突入。
1Fに脱出するための装置が作動するエリアが表示され、プレイヤーはそこに集合することに。
もちろんその間もゾンビが襲ってくるので、周囲への警戒と攻撃の手は緩めてはいけません。
互いに「後ろ!後ろぉー!」「カバーします!」と声をかけて、ここまで一緒に戦ってきた仲間全員での脱出を試みます。

ショットガンや自動小銃など銃を切り替えて、近場のゾンビに対応しつつ全員が集合したら、脱出装置が作動してエレベーターのように上昇を開始。
脱出シークエンスが始まりました。


このタイミングで全プレイヤーの武器は「ガトリングガン」に変更される仕様になっているようで、何も聞かされていなかった筆者は不具合でも生じたのかと手元をみて不安になりました。
しかし「ガトリングガン…?ハッ!」と意図を察したとき、またも筆者の中で何かがはじけ飛びました。

「ひゃっほーう!弾幕は最高だぜー!あーっ↑はっはっはー!」と、またも奇声をあげながら鉛弾のシャワーをゾンビたちに浴びせていく筆者。
『ターミネーター2』のアーノルド・シュワルツネッガーになったような気分でわらわらと集まってくるゾンビたちを蹴散らしていくのはまさに快感。
最っ高にハイってヤツはこういうことなんですね!ディオー!

この脱出シークエンスが終わるとゲーム終了。
ゾンビを倒したり、バリケードを作動させるなどしたときにポイントが得られるようになっており、その合計値が足元に常時表示されています。
同時にランキング(チームメンバー内の順位)も確認できます。

今回のプレイで得た筆者のポイントは約15万6000点。
この日は他メディアや関係者向けに多くのプレイヤーが参加しているそうですが、スタッフに聞いたところ「10万点を超えていたらかなり上手ですね」という話でした。
それなりに好成績を残せたようです。

プレイ後、思わず「もう一回、もう一回!お願いします!」といい歳をした大人が駄々をこねるという恥ずかしい姿を晒してしまいましたが、それほどまでに熱狂できる楽しさがありました。


手元に銃型コントローラを引き寄せたときにVR映像内の銃が少しばかり荒ぶってしまう点、スナイパーライフルの利点でもある高倍率スコープ画面が無い点、事故を防止するためとはいえゲームマスター(スタッフ)がユーザー同士の接近に過敏すぎる点(エレベーターに乗ってる時に離れてと言われても困ります)など、改善を希望したいところはいくつかありますが、少なくとも筆者がこれまでに体験したあらゆるVRゲームにおいて最高傑作であることは間違いないです。

東京ジョイポリス『ZERO LATENCY VR/ZOMBIE SURVIVAL』は7月23日からスタート。
事前予約制で申込受付は7月19日から開始されており、プレイ料金は1,800円(税込)。
所要時間は15分のブリーフィング、15分のゲームプレイで合計30分となっています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る