2016 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 09

『女子メカ! -ねじまき学園生徒会戦記-』の「インサイドちゃん」コラボ実施中!16日まで

 【12//2016】

『女子メカ! -ねじまき学園生徒会戦記-』の「インサイドちゃん」コラボ実施中!16日まで


スタジオワンダーエフェクトは、iOS/Android『女子メカ! -ねじまき学園生徒会戦記-』にて、「インサイドちゃん」とのコラボキャンペーンを実施しています。


『女子メカ! -ねじまき学園生徒会戦記-』は、さまざまなメカ娘をカスタマイズして戦うメカバトルシミュレーションゲームです。
本作では、「ねじまき学園」を舞台に、メカ娘「ゼンマロイド」によるバトルを体験することができます。

今回は、本作と当サイト「インサイド」のマスコットキャラクター「インサイドちゃん」のコラボが実施。
イベント「インサイドちゃん・実力テスト」をクリアすると、インサイドちゃんを報酬として手に入れることができます。

●実施時期
・2016年8月11日~16日
※イベントの詳細な日程や内容についてはゲーム内をご確認ください。

■ゼンマロイド「インサイドちゃん」
高性能の最新型ゼンマロイド。
VRライトガンで敵を打ち抜きます。

■ゼンマロイド「インサイドちゃん2」
インサイドちゃんの先進改修型機体。
サブ武器にはデフォルメインサイドちゃんも。

■アナザーカラーのインサイドちゃんも登場!?
女子メカの特別仕様。
特殊カラーのインサイドちゃんがゲーム内に登場。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『女子メカ! -ねじまき学園生徒会戦記-』は配信中。
基本プレイ無料(アイテム課金制)です。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PS4/PS3『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』ダウンロード版の価格が2980円に改定、ストーリーモード全話も再公開!!

 【12//2016】

PS4/PS3『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』ダウンロード版の価格が2980円に改定、ストーリーモード全話も再公開!!


●8月12日21時よりストーリーモード再公開!
アークシステムワークスは、発売中のプレイステーション4、プレイステーション3用対戦格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』について、永続的な価格改定を実施することを発表した。

以下、リリースより。

----------
アークシステムワークス株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:木戸岡 稔、以下アークシステムワークス)は好評配信中のPlayStation4/PlayStation3『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』(以下、本作)のダウンロード版につきまして、永続的な価格改定を実施することを発表致します。

また、本ニュースリリースにおきましては本日より公式チャンネルにて再公開される本作のストーリーモードにつきましてもご紹介をしております。

■PlayStation4/PlayStation3『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』 2016年8月22日(月)ダウンロード版値下げ実施!
好評配信中のPlayStation4/PlayStation3『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』のダウンロード版につきまして、2016年8月22日(月)より永続的な価格改定を実施致します。
お求め安い価格で手に入るこの機会をお見逃しなく!
実施日:2016年8月22日より
価格:¥5,980→¥2,980
該当機種:PlayStation4/PlayStation3ダウンロード版
■『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』ストーリーモード公開!
沢山頂きましたご要望にお応えして、『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』のストーリーモード全話の再公開が決定致しました。
本日、8月12日21時から8月31日まで、期間限定でアークシステムワークス公式ニコニコ動画チャンネルにて無料でご視聴頂けます。
格闘ゲームなのに対戦がない、アニメのようなストーリーを夏休みを利用して是非ご覧ください。
※画質・音質確保のため、全体を18分割しております。
ご了承ください。

※アークシステムワークス公式ニコニコ動画チャンネル


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『Caligula -カリギュラ-』出演声優・小澤亜李さんによるプレイ動画第3弾が公開

 【12//2016】

『Caligula -カリギュラ-』出演声優・小澤亜李さんによるプレイ動画第3弾が公開


●最終回となるプレイ動画第3弾では、小澤亜李本人が演じた鳴子のキャラシナリオをプレイ!
フリューは、発売中のプレイステーション Vita用ソフト『Caligula -カリギュラ-』について、守田鳴子役を務める声優・小澤亜李さんによるプレイ動画第3弾を公開した。

以下、リリースより。

----------
好評発売中のPS Vita専用ソフト「Caligula -カリギュラ-」について、守田鳴子役のゲーム初心者、小澤亜李さんが「Caligula -カリギュラ-」をプレイする動画の第3弾。
最終回となる今回は、キャラクターのビジュアルについて紹介をしつつ、小澤さん本人が演じた守田鳴子のキャラクターシナリオをプレイ。
演じる上での役作りなど収録秘話を交えつつ、鳴子の心の闇に迫ります。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

DMM、「War Thunder」のアップデート「海戦"Knights of the Sea"」実装決定

 【12//2016】

DMM、「War Thunder」のアップデート「海戦"Knights of the Sea"」実装決定


DMM GAMESは、ロシアのデベロッパーのガイジン・エンターテインメイントと協業し、展開中のWindows用マルチコンバットオンライン「War Thunder」においてアップデートを今年中に実装することを発表した。


アップデートは、当初クローズドβテストの形式で配信予定となっている。
クローズドβテストは、特定の時間帯にメインのゲームサーバーで実施を予定しており、アルファテストの参加者及び他の招待を受けたプレーヤーとスターターパック「1124型小型対潜艦」(ソビエト)と高速魚雷艇「PT-109」(アメリカ)のうち1つ以上を購入したプレーヤーが参加可能となっている。

詳しくは今後公式ページにて発表予定。
また、ドイツ・ケルンで開催されるゲームの見本市「2016 Gamescom」においても「海戦」を先行プレイできるブースが設けられる。

■2種類のスターターパックの紹介
「1124型小型対潜艦」(ソビエト)と「高速魚雷艇「PT-109」(アメリカ)がそれぞれ利用できるスターターパックを先行販売している。
スターターパックにはクローズドβテストの参加権が付属する。

□「1124型小型対潜艦」/ソビエト
ソビエトの1124型小型対潜艦を利用できるスターターパックには、アイテムとして「1000 ゴールデンイーグル」と「プレオーダーボーナス3Dデカール:Matrosovアンカー」、「プレオーダーボーナスデカール:ソ連海軍ピークレスキャプ」、「プレオーダーボーナスタイトル:見張り」が同梱する。

ソビエトの「1124型小型対潜艦」は、T-34の砲塔と二つの12.7ミリの機関銃を持ち、敵船と低空飛行の航空機を効率的に破壊することができる。
また、1124型小型対潜艦の主な破壊力は、伝説的な「カチューシャ」の無誘導ロケット砲M-13-M1から由来している。

□「高速魚雷艇「PT-109」/アメリカ
アメリカの高速魚雷艇「PT-109」は、アメリカ大統領ジョン・F・ケネディが乗船していたことで知られている。
「War Thunder」では、素早く操作しやすい駆逐艦として登場し、4つの魚雷を搭載。
魚雷は各1,200kgほどの重さがあり、大きな標的を破壊することが可能となっている。

同梱されるアイテムは、「3,000 ゴールデンイーグル」と「プレオーダーボーナス3Dデカール:ダンフォースアンカー」、「プレオーダーボーナスデカール:ディクシーカップハット」、「プレオーダーボーナスタイトル:見張り」。


「War Thunder」の鍵となるデザインの特徴のひとつは、リアリティの高さです。
車両は、できるだけ現実に近い形にすることに取り組んでいます。
戦争中のクラッシックな大きな船の戦いは、忍耐と計画の戦いとなり、その戦いは数時間から数日続くこともありました。

「War Thunder」では、1回の戦闘であらゆる種類の機体が登場し、プレーヤーは航空機、戦車、船を操作することができるため、その全てにおいて一貫性を保つために、船の大きさの変更や、スピードを上げることはできませんでした。

我々が行なった内部テストでは、大きな戦艦での戦いは非常に長い時間がかかる場合や、退屈な戦い、あるいは非現実的な船の設計をする必要がある事が明らかになりました。
この理由から、我々は今までゲームではめったに再現されていない 「高速攻撃艇」をベースとしたゲーム開発に取り組みました。

攻撃艇は「War Thunder」のゲームシステムに適しており、素早く、機敏でかつ危険な「海の戦士」は、航空機や戦車の価値ある相手になるでしょう。

(C)DMM GAMES.
(C)2016 Gaijin Distribution KFT. All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ファイナルファンタジーXV」、デジタルプレミアムエディション予約開始

 【12//2016】

「ファイナルファンタジーXV」、デジタルプレミアムエディション予約開始


スクウェア・エニックスは、9月30日発売予定のプレイステーション 4/Xbox One用RPG「ファイナルファンタジーXV」において、「FINAL FANTASY XV デジタルプレミアムエディション」の予約を8月12日より開始した。
価格は11,300円(税別)。


「FINAL FANTASY XV デジタルプレミアムエディション」には、ダウンロード版ゲーム本編と、6つの追加コンテンツを入手できる権利「FINAL FANTASY XV シーズンパス」を含んでいる。

■「FINAL FANTASY XV デジタルプレミアムエディション」の封入内容

・「FINAL FANTASY XV」(ダウンロード版ゲーム本編)
・「FINAL FANTASY XV シーズンパス」

・「FFXV ブースターパック」(DLC1)(仮)
・「FFXV エピソード グラディオラス」(DLC2)(仮)
・「FFXV ホリデイパック」 (DLC3)(仮)
・「FFXV エピソード イグニス」(DLC4)(仮)
・「FFXV エピソード プロンプト」(DLC5)(仮)
・「FFXV 拡張パック」(DLC6)(仮)
■「FINAL FANTASY XV」シーズンパスアップグレードの封入内容
すでにダウンロード版「FINAL FANTASY XV」を予約した人は、追加コンテンツ6点と豪華追加特典がセットになった「FINAL FANTASY XV シーズンパスアップグレード版」を別途に予約することができる。
販売期間は8月29日 23時59分まで。
価格は2,500円(税別)。

・「FFXV ブースターパック」(DLC1)(仮)
・「FFXV エピソード グラディオラス」(DLC2)(仮)
・「FFXV ホリデイパック」(DLC3)(仮)
・「FFXV エピソード イグニス」(DLC4)(仮)
・「FFXV エピソード プロンプト」(DLC5)(仮)
・「FFXV 拡張パック」(DLC6)(仮)
■「FFXV デジタルプレミアムエディション」と「FFXV シーズンパス アップグレード」の予約特典

・正宗/「FINAL FANTASY XV」オリジナルモデル
・「FINAL FANTASY XV」オリジナルテーマ「Big Bang」
・レガリア カラーリング「ピクセルキャラクターエディション」
・アイテム「フィッシングパック」
・「FINAL FANTASY XV」「デジタルプレミアムエディションオリジナルテーマ」(仮称)
・レガリア カラーリング「プラチナリヴィアサンエディション」
・デジタルミニサウンドトラック
・アイテム「カメラキット」

・正宗/FINAL FANTASY XV オリジナルモデル
・FINAL FANTASY XV オリジナルアバター「ノクティス&カーバンクル」
Xbox アバターアイテム ノクティス男性衣装
Xbox アバターアイテム ノクティス女性衣装
Xbox アバターアイテム カーバンクル
・ペットプロップ
・レガリア カラーリング「ピクセルキャラクターエディション」
・アイテム「フィッシングパック」
・レガリア カラーリング「プラチナリヴィアサンエディション」
・アイテム「カメラキット」
■本編発売後に配信されるオリジナルエピソードと6種類のDLCをお得な価格でゲット!
「FINAL FANTASY XV シーズンパス」を購入すると、「FFXV」本編発売後に配信される全く新たなオリジナルエピソードや、新規モードを含む、6種類のDLCをお得な価格でまとめて手に入れることができる。
価格は2,500円(税別)。

・「FFXV ブースターパック」(DLC1)(仮)
バトルを優位に、より爽快に楽しむことがきる強力な武器を手に入れることができる。

・「FFXV エピソード グラディオラス」(DLC2)(仮)
ノクトの仲間である「グラディオラス」にフォーカスした完全オリジナルエピソードを収録。
本エピソードでは、プレイアブルキャラクターとして、グラディオラスを操作することができる。

・「FFXV ホリデイパック」(DLC3)(仮)
ゲームをより華やかに彩る、素敵なアイテムパックを手に入れることができる。

・「FFXV エピソード イグニス」(DLC4)(仮)
ノクトの仲間である「イグニス」にフォーカスした完全オリジナルエピソードを収録。
本エピソードでは、プレイアブルキャラクターとしてイグニスを操作することができる。

・「FFXV エピソード プロンプト」(DLC5)(仮)
ノクトの仲間である「プロンプト」にフォーカスした完全オリジナルエピソードを収録。
本エピソードでは、プレイアブルキャラクターとしてプロンプトを操作することができる。

・「FFXV オンライン拡張パック」(DLC6)(仮)
全く新しい「ファイナルファンタジーXV」がプレイ可能となる拡張パック。

Amazonで購入:PS4版(C)2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『INFERNO CLIMBER』製品版の配信日が9月9日に配信決定!

 【12//2016】

『INFERNO CLIMBER』製品版の配信日が9月9日に配信決定!


●早期アクセス版のアップデートが本日実施
アークシステムワークスは、PCゲーム配信プラットフォーム“Steam”にて配信中の『INFERNO CLIMBER(インフェルノクライマー)』について、早期アクセスでの配信を終了し、2016年9月9日より製品版を配信することを発表した。

以下、リリースより。

----------
PCゲーム配信プラットフォーム“Steam”にて販売中の『INFERNO CLIMBER(インフェルノクライマー)』につきまして、早期アクセスでの配信を終了し、製品版を2016年9月9日(金)に配信致します。

本作はアークシステムワークスが贈る、完全新作サバイバルアクションRPGです。
味方は誰もいないこの絶望の世界で、すべての煉獄石を手に入れ”地獄”から脱出することができるのか……?!
製品版ではエリア全てが解放されます。
物語を最後まで楽しむことができ、総プレイ時間は約50時間に及ぶ予定となっております。
世界中の多くのお客様からの要望をいただいておりました本作がついに製品版として配信致します。
2016年9月9日(金)の配信をお楽しみに!
■“Steam”にて好評配信中早期アクセス版『INFERNO CLIMBER(インフェルノクライマー)』本日(2016年8月12日)アップデート実施!
PCゲーム配信プラットフォーム“Steam”にて早期アクセス版を配信中の『INFERNO CLIMBER(インフェルノクライマー)』につきまして、本日アップデートを実施致しました。

今回のアップデートでは探索可能範囲が広がります。
それにより、敵キャラクターや取得可能アイテム、スキルや魔法数が増え、総プレイ時間は前回のアップデートより15時間増え、約40時間相当になりました。

早期アクセス版はゲーム品質向上に向けて皆様からのご意見をいただくため、1,980円(税込)で先行配信しております。
今回のアップデートでさらに奥深くお楽しみいただける本作を、この機会にお求めください! また、早期アクセス版は2016年9月9日(金)に製品版がリリースされた際、無料でアップデートされます。
ぜひ、ご期待ください!

◆探索可能エリア拡大!
新たに「巨城」、「溶岩」のエリアを解放致しました。
他のエリアよりも倍以上の面積があり、多彩なギミックでやり応え十分の「巨城エリア」や、一面溶岩に覆われ、行く手を阻む仕掛けが多く混在する「溶岩エリア」など、個性豊かな10のエリアを探索することが可能です。
さらに、エリア拡大に伴い敵キャラクターや取得可能アイテム、スキルや魔法数が増えました。
様々な策戦を考え、地獄世界を生き残れ!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ニコ生“PSO2放送局”最新回が8月13日に配信、小林幸子&ビートまりおも登場

 【12//2016】

ニコ生“PSO2放送局”最新回が8月13日に配信、小林幸子&ビートまりおも登場


●“アークスフェスティバル2016”会場より生配信
セガゲームスは、サービス中の『ファンタシースターオンライン2』のニコニコ生放送番組“PSO2放送局”の第45回を、2016年8月13日(土)13時より、“アークスフェスティバル2016”の会場から公開生放送する。

以下、リリースより。

----------
10月からのリニューアルを控え、『PSO2放送局』も今回で一旦最終回!今回で卒業となる局長の桃井はるこさん、副局長の会一太郎さん、固定ゲストの榎本温子さんに加えて、DFガールズの高野麻里佳さん、小原莉子さん、高木友梨香さん。
更にはアークス広報隊-NTの齊藤夢愛さん、なすなかにしのお二人、清水あいりさん、長谷川唯さんのフルメンバーに加えて、超豪華ゲスト・地球親善大使 小林幸子さんとビートまりおさんもお迎えてお送りします!!
今回も『PSO2』を取り巻くさまざまな情報をいち早く、そして詳しく完全生放送でお届けする『PSO2放送局』。
絶賛配信中の『EPISODE4』の新情報はもちろん、 最新の『PSO2』情報をどこよりも早くお届け! 今回は13時から5時間の生放送となります!番組を見逃さないためにも、タイムシフト予約をお願いします。

★PSO2放送局 ★
『ファンタシースターオンライン2』公式生放送

放送日:2016年8月13日(土)開場12:50、開演13:00~
※視聴ページ

◆PSO2 放送局メンバー
・桃井 はるこ(局長)
・会 一太郎(副局長)
・榎本 温子(固定ゲスト)
◆アークス広報隊-NT
・齊藤 夢愛
・なすなかにし
・清水 あいり
・長谷川 唯
◆特別ゲスト
・小林幸子
・ビートまりお(COOL&CREATE)
・光吉 猛修(セガ・インタラクティブ)
◆『PSO2』開発陣
・酒井 智史(セガゲームス:『PSO2』シリーズプロデューサー)
・木村 裕也(セガゲームス:『PSO2』シリーズディレクター)
・中村 圭介(セガゲームス:『PSO2』EPISODE4 チーフディレクター&PS4 版ディレクター)
・濱崎 大輝(セガゲームス:『PSO2』EPISODE4 ディレクター)
・陳 智政(セガゲームス:『PSO2es』ディレクター)
◆DF ガールズ
・高野 麻里佳 ※16 時以降の出演予定
・小原 莉子
・高木 友梨香

●「『PSO2』コスプレ&クラフトコンテスト」
フェスティバルのスペシャル放送冒頭を飾るのは、『PSO2』コスプレ&クラフトコンテスト!リアルクラフトに命を燃やす、気合の入ったアークスたちの華々しいステージをお見逃しなく!
●最新情報満載のアップデート情報局 & 知っとく情報局!
最新アップデート情報の映像を交えながらこれからのPSO2 生活が楽しくなる、とっておきのPSO2 情報をお届け!今回は9 月のアップデート内容を中心にお届けします。
もちろん150 万DL 突破の『PSO2es』最新アップデート情報もお伝えします!
また『PSO2』を取り巻く様々な知っとく情報もたっぷりとお届けします!
夏以降のロードマップやとっておき情報も忘れてはいけませんよ!
●アークスフェスティバルSP 特別企画「アークスエキシビジョンマッチ!!」を開催!
昨年に引き続き今年も開催します!「アークスエキシビションマッチ!!」
今回はどんなメンバーで、どんな対決が繰り広げられるのでしょうか!?
熟練アークスならではのスーパープレイはエキシビションならでは!
出場メンバーと内容は当日のお楽しみです!
●ハーフタイムショー! 地球親善大使 小林幸子さん スペシャルライブ!!!
ついについに、生で「ヨーコソ・アークス」が聴けちゃう!!!一回限りのスペシャルライブ、会場の皆さんも、画面の前の皆さんも一緒に盛り上がっていきましょー!!!
まさにゲームと現実の境界を超える歴史的瞬間が目の前に広がります!
これを聞かずには夏は終われない!!
これが無料で見られるなんて、絶対に見逃すわけにはいきませんよー!!
●リアルアークスダンスフェス!
昨年に引き続き最後を飾るのは、「リアルアークスダンスフェス!」、今年もやっちゃいます!放送局レギュラーメンバーが卒業となるので、今回が泣いても笑っても本当のラストの「リアルアークスダンスフェス!」
感謝祭のMini ではなく、今回は光吉猛修さんの「We’re ARKS!」、そしておなじみ「レアドロ☆KOI☆恋!」の2 曲連続での完全版となります!
一年ぶりの完全版ダンスフェス、今年もダンス練習動画で振付を覚えて、みんなでアリーナに降りて、一緒に踊りましょう!!もちろん画面の前のみなさんもご一緒に!!
そして今回で卒業となる局長のモモーイ、副局長の一太郎、固定ゲストのあっちゃんの3 人の卒業ですも、みんなで盛大に、温かく見送ってあげましょう!
これからの『PSO2』も開発メンバーとアークスの皆さんが作っていきます。
ぜひ皆さん生放送をご覧ください!

・開催日:2016 年8 月13 日(土)
・開催場所:東京・有明コロシアム
・開場時間:10:00~19:00
物販:8:30~19:00
※詳細は、アークスフェスティバル2016 特設サイトでご確認ください。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『LoV』の世界で「“王舞”発動!」 『ロード オブ ヴァーミリオンRe:3』×『ブブキ・ブランキ 星の巨人』コラボが実施決定

 【12//2016】

『LoV』の世界で「“王舞”発動!」 『ロード オブ ヴァーミリオンRe:3』×『ブブキ・ブランキ 星の巨人』コラボが実施決定


●コラボレーション情報発表!
スクウェア・エニックスは、アーケードオンラインマルチ対戦型トレーディングカードゲーム『ロード オブ ヴァーミリオンRe:3』の次回大型バージョンアップ『ロード オブ ヴァーミリオンRe:3 Dear Servant SAVIOUR OF THE 13 SWORDS』にて決定しているコラボレーションタイトルを発表した。

以下、リリースより。

----------
株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田 洋祐、 以下スクウェア・エニックス)は、アーケードオンラインマルチ対戦型トレーディングカードゲーム『LORD of VERMILION Re:3』の次回大型バージョンアップ『LORD of VERMILION Re:3 Dear Servant SAVIOUR OF THE 13 SWORDS』にて決定しているコラボレーションタイトルを発表したことをお知らせいたします。

立ち向かえ。
血のために。
仲間のために。
LoV の世界で「“王舞”発動!!」
本作は様々な作品とのコラボレーションが魅力の一つですが、次回のバージョンアップでは、3DCG アニメスタジオ・サンジゲンが制作し2016 年1 月に放送されそのハイクオリティな映像表現と怒涛のストーリー展開が話題を呼んだオリジナルTV アニメーション「ブブキ・ブランキ」、その続編として10 月より放送が決まった「ブブキ・ブランキ 星の巨人」とのコラボレーションに決定しました。
更に今回のコラボレーションカードは新レアリティの「SUPER STRANGER」となっております。
次回大型バージョンアップの正式稼動日は2016 年秋頃を予定しております。

ブブキ・ブランキ 星の巨人
スタッフ 原作:Quadrangle
監督:小松田大全
キャラクターデザイン:コザキユースケ
ブランキデザイン:吉川達哉
ブブキデザイン:あさぎり
シリーズ構成・脚本:イシイジロウ、北島行徳、小松田大全 メカニックデザイン:高倉武史 プロップデザイン:岩永悦宜
サブキャラクターデザイン:尾崎智美 ビジュアルデザイン:有馬トモユキ、瀬島卓也 CG スーパーバイザー:鈴木大介 美術監督・設定:金子雄司
色彩設計:垣田由紀子
撮影監督:池田新助
編集:廣瀬清志
音響監督:明田川仁
音楽:横山克
制作:サンジゲン
キャスト:
一希東:小林裕介
朝吹黄金:小澤亜李
野々柊:斉藤壮馬
扇木乃亜:石上静香 種
臣静流:小松未可子
万流礼央子:潘めぐみ
的場井周作:津田健次郎
間絶美:日笠陽子
新走宗也:木村昴
石蕗秋人:興津和幸
一希薫子:金元寿子
◆コラボレーション記念として、現在東京ビックサイトにて開催中のコミックマーケット90(開催日:2016年8月12 日-14日)の企業ブース 西1・2 ホール No.1311 KADOKAWA ブース、No.2422 グッドスマイルカンパニーブースにてキャンペーンコードの入ったチラシを配布中。
※チラシの配布方法はブースにてご確認ください。
※当日の運営状況により配布を中止する場合がございます。
※企業ブースの開催日は12 日と13 日です。

◆ブブキ・ブランキとは
★アニメスタジオ・サンジゲンが10 周年に放つ、世界を目指すオリジナルアニメーションが始動!
2013 年に放送され、ハイクオリティな映像表現・ダイナミックな艦船バトルシーンなどでアニメファンの注目作となったTV アニメ「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」をはじめ、「009RE:CYBORG」など3DCG による新たなる映像表現に挑戦するアニメスタジオ・サンジゲン。
サンジゲン10 周年となる2016 年に、完全オリジナルのTV アニメーションが始動!5 人の少年たちと、意思を持った武器「ブブキ」を中心に描かれる、SF エンターテインメントアニメーション!進化を続ける3DCG によるハイクオリティな映像表現と、壮大なストーリーに括目せよ!!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』異世界チームの最新プレイ動画&Web番組第3回が公開

 【12//2016】

『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』異世界チームの最新プレイ動画&Web番組第3回が公開


●いよいよ発売まであとわずか!
SNKプレイモアは、2016年8月25日発売予定のプレイステーション4用ソフト『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』について、最新トレーラーを公開。
加えて、同作の最新情報を公開するWeb番組“KOF STATION CHANNEL XIV”の第3回を配信開始した。

チーム紹介トレーラー第14弾は“異世界チーム”。
ナコルル、ムイムイ、ラブ・ハートの最新プレイ動画となる。

◆異世界チーム
・ナコルル
大自然と意思疎通できる神秘的な能力を持つアイヌの巫女。
自然を守るためその身を捧げ、後に大地の精霊となる。
かねてより気にかけていた時空の亀裂に邪気が集結するのを察知。
惨事を防ぐため現代に出現する。

・ムイムイ
龍の血筋を継ぐ龍族の末裔。
厳しい修練で習得したカンフーの技に加え、龍の力を開放し強力な大技をくり出す。
不思議な力を秘めた宝玉を探し求めて旅を続ける。
いつも元気で食いしん坊な女の子。

・ラブ・ハート
空の平和を守るピース空賊団のキャプテン。
亡き父の遺志を継ぎ一団を率いる。
優れた身体能力と冷静な判断力で、戦いを勝利へと導く。
仲間の前では気丈に振る舞うが、時折女の子らしい一面も見せる。

Web番組“KOF STATION CHANNEL XIV”第3回では、格闘ゲーム初心者に向けて『ザ・キング・オブ・ファイターズ XIV』の遊びかたや楽しみかたをレクチャー。
声優界最強の『KOF』プレイヤーと称される市来光弘さんと、本作でユリ・サカザキ役を務める加隈亜衣さんが出演している。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第97回)  外は暑かったけどそれ以上にアツかった“DQ夏祭り2016”!

 【12//2016】

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第97回)  外は暑かったけどそれ以上にアツかった“DQ夏祭り2016”!


文:ライター ゴジラ太田
●“竜王城の決戦”に感動!
皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!『DQX』サービス開始4周年となる2016年8月2日から配信になった特別イベント“竜王城の決戦”ですが、皆さんはもうプレイされましたか?竜王城へ行くためのアイテム“虹のしずく”は、“目覚めし冒険者の広場”で全員必ず1個はもらえるので、まだの人はぜひ行ってみましょう!
ちなみに、2個目以降の“虹のしずく”は、“ドラゴンクエスト夏祭り2016”で発表されたプレゼントのじゅもん“よみがえるでんせつ”で1個もらえるほか、魔法の迷宮で稀に出会えるローラ姫から受け取ることができます!
そして、“虹のしずく”を使うと竜王城へと移動するのですが、そのクオリティがすごい!
キ……キター!ゆうぼん、アキーラ、すぎやん!
竜王城は、“他プレイヤーといっしょに”、“サポート仲間といっしょに”、“ひとりのみで行く”を選択でき、ひとりで行くを選ぶと上記3人のサポート仲間がいっしょに戦ってくれます。
そして、マップを開くと『DQI』のドットで表現された竜王の城が!
当時は頭の中でイメージしていた世界が、『DQX』のフル3D空間で蘇ります!これは感動もの!
もちろん玉座には竜王が!あの名ゼリフ……少し変わっていますが聞くこともできます!そして当然ながらあの選択肢も……!「はい」、「いいえ」のどちらを答えるかはプレイヤー自身。
ここから先の展開は、ぜひ実際にゲーム内で楽しんでみてください!
ちなみに“虹のしずく”は、竜王に勝利したときに消費される仕組み。
竜王に敗れて全滅した場合は失われないので、気軽に竜王城に行ってみてくださいね!
●外は暑かったけどそれ以上にアツかった“DQ夏祭り2016”!
今年も、千葉県・舞浜の舞浜アンフィシアターにて、“ドラゴンクエスト夏祭り2016”が開催されました!夏祭りの詳しいリポートは>>コチラ<<にまとめてあるので、ここでは俺の感想を交えて、気になったところをいろいろ掘り下げてリポートしていきたいと思います!
イベントのオープニング、コスプレ姿で登壇した『DQ』シリーズの生みの親・堀井雄二さんと、“よーすぴ”こと『DQX』プロデューサーの齊藤陽介さん。
堀井さんが竜王の姿なのは、30周年を迎えたばかりの『DQI』最後のボスであること、そして『DQX』で“竜王城の決戦”が配信された直後であることなど、理由はなんとなくわかるのですが、よーすぴさんはなぜ“あくましんかん”を選んだのでしょう……?なんてことを必死に考えていました(笑)。

■あかほり先生と行くポーリーランド3
去年公開された“ポーリーランド2”も驚きましたが、今回はなんと自作のPVつき!そのクオリティが高すぎてすごい!しかも、『DQX』ゲーム内で撮影したスクリーンショットをパラパラマンガのようにつなげて作成したとのことで、本気で「マジかよ!」と驚嘆してしまいました。

このポーリーランド3の住所は“ガタラ住宅村水没遺跡地区13579丁目”。
個人的には、ぜひこのPVをご覧になってから住宅村に行っていただきたいな、という気持ちです。
このPV、ニコニコ生放送を視聴できなかった人のために、期間限定でもいいので“目覚めし冒険者の広場”や動画サイトなどで公開されるといいな、と思いました!
■ダークキング討伐タイムアタック対決!
よーすぴさん、りっきーさん(『DQX』ディレクター・齋藤力さん)率いる“ゆうべはてつやでしたね”チームの戦いを見ていて思いましたが、オンラインゲームのディレクター&プロデューサーを務めている方々が、ここまでガチでプレイしているって、かなり珍しいというか、これまで仕事で関わってきたオンラインタイトルではあまり見たことがないかもしれません。

残念ながら全滅してしまいましたが、正直にすごいと思いました。
これだけ『DQX』をプレイしているということは、現状の『DQX』をプレイヤー視点で深いところまで熟知しているでしょうし、「何が足りない」、「何が必要」など、プレイヤーにすごく近い感覚で考えてくれていると思います。
それを踏まえて、今後のアップデートも楽しみになってきました!
そして“初心者?大使選抜”チームは、もう“初心者”と名乗ってはいけないレベルでしたね(笑)。
立ち回りはほぼ完璧だったのに、どうぐ使いの必殺技や、僧侶のチャージ技の引き運が悪いだけで、こんなにもダメージが与えられなくなるんだな、と感じました。
最強ダークキングに勝利するには、完璧な立ち回り+運も必要になりそうですね。
それでも、全滅せずに20分戦い抜けたことは、すごいことだと思いました。

■今だから話せる!ボツネタ祭り!
『DQX』の開発中、残念ながらボツになり日の目を見ることなく消えていったネタが、このコーナーで華麗に公開!(供養?)
ボツネタはNO.13までありましたが、個人的にイチバン笑ったのがラズバーンの攻撃モーション。
とくにキックモーションは“拗ねた子どもが地面の石ころを蹴る”ような仕草で、「あの図体でその動きかよ!」というギャップに噴き出してしまいました(笑)。

ほかにも、完全におふざけ(?)が入っているネルゲルのポーズや、2頭身ドワーフ、そして1回目の夏祭りのときに紹介された、“トランスフォームするプクリポ”などが紹介され、会場は笑いの渦に包まれていました。

■リアル知の祝祭!
今回で2回目となる“リアル知の祝祭”。
出題された問題は>>コチラ<<を見ていただくとして、今年は質問のレベルが高すぎました!去年の問題は、ふつうに『DQX』をプレイしていればある程度わかるくらいの難度だったのですが、今年は1問目から「えっ?」と考えてしまうほどの難題揃い。
記憶力が薄れている俺のようなおっさんには難しいものばかりでした(笑)。
とくに最後の問題の答えは、わかった人はマジですごいと思いました!
■りっきーのなんでもおコタえしまショー!
『DQX』プレイヤーならば、今回の夏祭りのなかでもっとも気にしていたコーナーではないでしょうか?今後のアストルティに関わる質問がたくさん飛び出したので、注目していた人も多いはずです!ここでは、その中から気になった質問を抜粋してみました。

Q.ドルボードの速度をもう少しアップしてほしい
A.オーダーはしているのですが、現状ではこの速度が限界です。
ですが、今後も努力します
個人的には、ドルボードはいまの速度で十分だと思います。
『DQ』といえば、広大なフィールドを冒険することも楽しみのひとつだと思っているので、現状ただでさえフィールドに出ることが少ないのに、さらに移動速度まで速くなってしまったら……と感じました。

Q.新しい髪形が欲しいです
A.バージョン3.4前期に1種類追加します
これは密かに楽しみです(笑)。
ぜひ、他種族の髪型を別の種族に解放!ではなく、完全新規の髪型を期待します!

Q.種族による視点の高さの違いは、なんとかなりませんか?
A.年内にはやりたいと考えています
この件については4周年インタビューでもお聞きした内容ですが、ハッキリと今年中に行うと明言してくれました。

Q.両手剣がはっきり言って弱いです。
なんとかしてください
A.つぎのバージョンアップでなんとかする予定です
こちらも楽しみです!バージョン2の時点でオノと両手剣の差別化を図ったときは、「オノは高火力だけど燃費が悪い」、「両手剣は燃費はいいけど中火力」という棲み分けでしたが、現状はMP回復が容易になりましたし、なによりオノには“降魔紅蓮斬”というダメージを与えつつMPを回復するという、弱点完全克服の特技まで登場しました。
両手剣は、現状の火力を1.5倍増しくらいにしてもいいんじゃないかな、と個人的には思います。

Q.占い師のデッキを増やしたり、セットを記憶する機能が欲しい
A.うまくいけば、年内には入れられます
Q.タロットカードの所持数を増やしてほしい
A.デッキを増やすほうを優先したいので、こちらはしばらく先になります

バージョン3.3後期インタビューの際に伺ったときには、実際に占い師をプレイする前だったため、タロットの所持枚数が80枚、セットできるデッキはひとつ、と聞いても「なるほど」としか思わなかったのですが、実際にプレイしてみると、やはり所持枚数80枚はけっこう少なめでした!貴重なタロットが出たら残しておきたいですし、敵によって欲しいアルカナ効果が変わるので、それに対応したタロットの用意やデッキなど、現状はいろいろきびしい!ぜひ、なる早の実装をお願いします!

Q.神秘のカードが伝承合成の素材になる可能性はありますか?
A.ありません。
捨てても大丈夫です
Q.輝石のベルトに、5個目の効果をつけられるようになりますか?
A.なりません。
砂や聖灰に変えてしまっても大丈夫です
この答えをいただいたおかげで、倉庫が少し“軽く”なりそうです(笑)。

Q.りっきーさんは『DQ』シリーズでどの作品がいちばん好きですか?
A.『DQIII』です。
さらに言わせてもらえるなら『DQI』~『DQIII』です
これは完全に同意!俺も大好きな作品は『DQIII』、そしてロト伝説シリーズがイチバン大好きです!りっきーさんとは、一晩中『DQ』話で盛り上がれそうな気がします!あとは『DQ』と関係ないですが、意外なところでりっきーさんとのつながりがあったので、またお会いできるときがあれば、そちらも聞いてみたいなと思っています(笑)。

■第五期初心者大使卒業試験
卒業試験で挑んだ暗黒の魔人は、それなりに熟練の冒険者でも、下手をすれば全滅してしまうような強敵。
そんな強敵に、『DQX』をプレイし始めて半年程度しか経っていない初心者大使の4名が挑みました。
しかもパーティ編成は戦士、バトルマスター、旅芸人、僧侶と、いわゆる“ガチ編成”でもなく、あくまで自分の好きな職業で挑むというスタイル。
正直、俺は戦闘開始前にこのパーティ編成を見たときに、「火力不足で魔造兵の処理が少しずつ間に合わなくなってくるんじゃないか。
一度崩れたら、もう立て直しは難しいんじゃないか」と分析していました。

しかし、結果は大勝利ということで、無事に卒業が決まりましたね!戦闘では、“じしん”をジャンプで避けたり、暗黒の魔人の攻撃を本体の背後に回り込んで避けたりと、立ち回りに関しては、ほぼ完璧な動きだったと思います。
自分だけではなく、周りの状況も把握して最適な行動を選びながら戦っていましたね。

この卒業試験を見ながら、もし俺が『DQX』を始めてわずか半年で、このレベルの戦いをしろと言われていたら……?と思うと、ちょっと自信がありません。
もちろん、『DQX』にいろいろなコンテンツが実装されて、戦闘に関して学べる機会が圧倒的に増えている、というのはありますが、それでもわずか半年でこのレベルの戦闘ができるほどに到達するのは、ハッキリいってすごすぎます。
最初に「これはきびしそうだな」と思ってしまったことをマジで謝ります。
すみませんでした!そして、卒業おめでとうございます!
そんなこんなで、本当にあっという間に7時間が過ぎ、夏祭りはフィナーレを迎えました。
りっきーさんが最後の挨拶で「会場の皆さんから元気をもらえる」とおっしゃっていましたが、『DQX』のいちプレイヤーとしても、こういった楽しいリアルイベントが終わった後は、ものすごくアストルティアに帰りたくなるんですよね。
これからも、『DQX』を通じでいろいろな人と出会い、『DQ』の楽しさ、すばらしさを共有していけたらいいなと、いままで以上に感じた1日になりました。

それでは、また次回!
(※次回の更新は8月26日(金)を予定しています)

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストXオンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です!興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!
●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら
●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第96回、第95回、第94回、第93回、第92回、第91回、第90回、第89回、第88回、第87回、第86回、第85回、第84回、第83回、第82回、第81回、第80回、第79回、第78回、第77回、第76回、第75回、第74回、第73回、第72回、第71回、第70回、第69回、第68回、第67回、第66回、第65回、第64回、第63回、第62回、第61回、第60回、第59回、第58回、第57回、第56回、第55回、第54回、第53回、第52回、第51回、第50回、第49回、第48回、第47回、第46回、第45回、第44回、第43回、第42回、第41回、第40回、第39回、第38回、第37回、第36回、第35回、第34回、第33回、第32回、第31回、第30回、第29回、第28回、第27回、第26回、第25回、第24回、第23回、第22回、第21回、第20回、第19回、第18回、第17回、第16回、第15回、第14回、第13回、第12回、第11回、第10回、第9回、第8回、第7回、第6回、第5回、第4回、第3回、第2回、第1回
●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら
ドラゴンクエストXオンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Wii U / Wii / Windows
発売日:サービス中
価格:30日間1000円[税込]※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー

ドラゴンクエストXオンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー

ドラゴンクエストXdゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Android
発売日:サービス中
価格:10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る