2016 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

発売ホヤホヤの『ウイニングイレブン 2017』 KONAMIブースで世界最速公式大会を開催!

 【18//2016】

発売ホヤホヤの『ウイニングイレブン 2017』 KONAMIブースで世界最速公式大会を開催! 


文・取材:ライター イズミロボ・ササ
●当日予選を勝ち抜いた4人の猛者が参戦!
2016年9月15日(木)~9月18日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日、16日はビジネスデイ)。
9月17日のKONAMIブースでは、9月15日に発売された『ウイニングイレブン 2017』の世界最速公式大会が行われた。
その模様をリポートする。

ステージではまず試合に先駆けて、『ウイニングイレブン 2017』のプロモーションビデオが流されたのち、ゲームの特徴などが紹介された。
説明してくれたのは女性MCと、サッカーファンとしてもおなじみのラジオDJ・植松哲平さん。
なお植松さんは、続く大会では、実況役として試合を大いに盛り上げてくれた。

ゲーム紹介に続いては、いよいよ大会の選手が入場。
出場するのは、32名によるTGS当日予選のトーナメントを勝ち抜いた4人だ。
ちなみに、試合ルールは以下のとおり。

・試合時間/7分
・延長/なし
・PK/あり
・選手交代人数/3人
・コンディション/ランダム
・ケガ/あり
なお試合前には、優勝者に香川選手のサイン入りユニフォームがプレゼントされることが発表。
各選手のモチベーションも高まるなか、いよいよ大会スタートとなった。

●熱戦を制した最初の公式大会優勝者は?
出場プレイヤーは、もの(アーセナル使用)、りお(パリサンジェルマン使用)、ゆーや。
(バルセロナ使用)、ぬおん(ドイツ使用)の4名。
まずは、ものVSりお、ゆーや。
VSぬおんの組み合わせで、準決勝が行われた。

ものVSりおの対戦は、アーセナルもパリサンジェルマンも名門だけに、前半は五分五分の展開でスコアレス。
だが後半、イブラヒモビッチを中心にパリサンジェルマンが攻勢をかけ、2-0でりおが勝利を収めた。
そしてクラブチーム(バルセロナ)VSナショナルチーム(ドイツ)という対戦となった、ゆーや。
VSぬおんの試合は、ゆーや。
が前半にメッシの華麗なゴールで先制。
その1点を守ってゆーや。
が逃げ切った。
準決勝はいずれも、チームの看板選手の活躍が勝利を導いた結果となった。

迎えた決勝戦は、りお(パリサンジェルマン)VSゆーや。
(バルセロナ)。
まずは開始直後に、スアレスが電光石火のゴールを決め、バルサが早々とリードを奪う。
後半途中まで1-0が続き、準決勝同様に1点を守り切るかと思われたが、パリサンジェルマンがディ・マリオがゴールを決めてしぶとく同点に追いつき、試合はそのままPK戦へと突入。
PK戦では先行のバルサが、なんとメッシもネイマールも失敗。
3-1というPK戦の末、りおが見事に世界最速公式大会の優勝者の座を手にした。

●オマケの追加マッチに会場も大興奮!
これにて『ウイニングイレブン 2017』の世界最速公式大会は無事に終了……と思いきや、じつはビッグな隠し玉が!なんとここで、世界チャンピオンと日本チャンピオンによるエキジビジョン・マッチが実現。
フランスのアスマカバイルさんと、日本のひのんさんとの対戦が、このステージで披露されることとなった。

そうして始まった対戦だが、選んだチームはなんと両者ともバルセロナで、バルサVSバルサという、これはゲームでしが実現できない夢のカード。
同チームだけに接戦が予想されたが、ここはアスマカバイルさんが世界トップの実力を見せつけ、4-0というスコアでひのんさんに勝利した。
勝者インタビューでアスマカバイルさんは、「このシリーズは、ゲームの楽しさを自分でコントロールできるのが魅力です。
自分のやりたいプレイを自由にできるという部分は、この最新作でも変わっていませんね」とコメント。
ゲームの操作性の高さに、世界チャンピオンが太鼓判を押した形で、大会は終了となった。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

下村陽子氏が作曲した楽曲や実機プレイが初披露! ブラウニーズ×DMMのスマホRPG『エグリア~赤いぼうしの伝説~』発表会リポート

 【18//2016】

下村陽子氏が作曲した楽曲や実機プレイが初披露! ブラウニーズ×DMMのスマホRPG『エグリア~赤いぼうしの伝説~』発表会リポート 


●1年の時を経て本格始動!
2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで(15日・16日はビジネスデイ)、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(以下、TGS 2016)。
本記事では、一般公開日初日となる9月16日にメインステージにて行われた“DMM新作ゲーム発表会”の模様をお届けする。

発表会はまさかのライブパートからスタート! DMM.com POWERCHORD STUDIO 室長 / プロデューサーの岡宮道生氏率いるバンドメンバーが『V.D.-バニッシュメント・デイ-』の『Rock on the Heaven』、『艦隊これくしょん -艦これ-』の『夜戦!』を生演奏で披露すると、会場からは大きな拍手が送られた。

本ステージの名前が“DMM新作ゲーム発表会”となっているが、今回ここで発表されたのは、DMM.com POWERCHORD STUDIOとブラウニーズが手掛けるスマートフォン向けRPG『エグリア~赤いぼうしの伝説~』(以下、『エグリア』)。
同作は、昨年行われた東京ゲームショウ 2015のDMM.com POWERCHORD STUDIOブース配布されたパンフレットに、ブラウニーズとDMM.com POWERCHORD STUDIOのロゴと、謎の少年の後姿だけが描かれていた謎のプロジェクト。
その後、1年の時を経て先日、ティザーサイトがオープンし、大きな注目を集めた。
そして、週刊ファミ通2016年9月29日号(2016年9月15日発売)にて、タイトルやプラットフォームなどが正式発表されたタイトルだ。

・謎のティザーサイト発見! ブラウニーズとDMMの新たなプロジェクトが始動か?
・『エグリア~赤いぼうしの伝説~』ブラウニーズ×DMM.com POWERCHORD STUDIOが手掛ける新作RPGを発表
イベントでは、本作のPVが初公開され、PVのナレーションを務めた、声優の植田佳奈さんがスペシャルゲストとして登場。
植田さんは本作の印象について「ファンタジックな雰囲気がありつつも、ノスタルジックな印象も受けました」とコメント。

その後、本作の開発を手掛けるブラウニーズより、代表取締役社長の亀岡慎一氏、グラフィックデザイナーの津田幸治氏、プランナーの宮川真理氏、同じくプランナー杉田霞氏がステージに登壇し、トークが展開された。
最初の話題は本作の開発経緯について。
亀岡氏は、「ブラウニーズを立ち上げたもともとの理由が、“自分たちの好きな作品を作ろう”というところから始まりました。
それで、そろそろ自分たちの好きなものを作ろうと休日に集まって、みんなで好き勝手作っていたところ、岡宮さんに声を掛けられました」と説明。
これに対し岡宮氏は「前から亀岡さんのキャラクターと津田さんの背景が好きだったんです」とアツい思いを語っていた。

続いて、亀岡氏がデザインしたキャラクターに関する話題に。
主人公のチャボは、昨年の東京ゲームショウ 2015で配布されたパンフレットに描かれていたキャラクター。
ここで、ゲーム好きとして知られる植田さんが、「亀岡さんでチャボというと聖なる剣……?」と、ブラウニーズが手掛けた別作品で“チャボ”という名前が登場していたことに触れるも、「違うと思いますよ(笑)」(亀岡氏)とやんわりと否定されていた。

そして、鍵を握るもうひとりのキャラクターのロビンについて。
亀岡氏によると、ロビンは、物語のことをいちばん知っている謎のエルフ族の少女とのこと。
ロビンの指示のもと、チャボは世界を構築していくことになるのだという。

また、開発陣の好きなキャラクターに関するトークも展開された。
津田氏は、「ドワーフがわらわらといっぱい動いているのがかわいいので、ぜひチェックしてみてください」とアピール。
杉田氏は、よろずやのヨルダとヒルダと回答。
見た目通り商魂たくましいところがお気に入りなのだとか。
宮川氏は、アロエちゃんを選択。
ちなみに“ちゃん”までが名前で、“アロエちゃん”と呼ばないと怒るとのこと。
また、アロエちゃんが悲しそうな表情をしてることについて聞かれると、「みんなから、頭の葉っぱを取られるんです」と理由を説明。
すると植田さんが「もしかして、資材なんですか?」と鋭いツッコミを入れる。
宮川氏は「秘密です!」と答えていたが、果たして真相は……。

つぎは、そんなキャラクターたちを引き立てる背景に関して。
本作の背景を担当した津田氏は、「亀岡からメルヘンファンタジーの雰囲気で、おいしい色合いで描いてほしいというオーダーを受けました。
それを“手描きの温かい雰囲気”と解釈して描いていきました」とデザインの意図を解説した。

そして、ここからは実機プレイを交えつつ、ゲームシステムが紹介された。
最初のテーマはカスタム要素。
本作では、拠点である“マイタウン”にある家の中に家具などを置いて、自由にカスタマイズできる。
自分の家以外(住人の家)でも家具の配置などは行え、カスタマイズしていくことで、その住人との親睦度が上昇する仕組みになっているという。
また、ほかのプレイヤーの部屋に遊びに行くことも可能とのこと。
ちなみに、家具を作成には資材が必要なり、資材はフィールドで回収することになる。

フィールドでは、ボードゲームのようにサイコロを振り、出た目の数だけマスを移動できるようだ。
隣接するマスに木や宝箱がある場合、タップすることで資材や宝箱の中身を回収、敵が隣接していた場合は攻撃を行っていた。
画面下には、3体の精霊が表示されており、ゲージが溜まると特殊な攻撃ができるとのこと。
また、精霊とはべつに住人を連れていくことが可能で、戦闘には参加しないものの、アイテムを拾ってきてくれるなど、冒険のサポートをしてくれる。
ちなみに、連れていく住人の種族などによって、拾ってくるアイテムの種類が変化するという。

実機プレイが終わると、本作の作曲を下村陽子氏が担当することが発表され、ビデオレターが公開。
楽曲について、下村氏は、「壮大なオーケストラという感じでなく、気心しれた音楽仲間がそれぞれ楽器を持ち寄って、少人数の編成で演奏できるような曲をイメージして作曲しました。
ファンタジックで、ノスタルジックで、かわいらしい楽曲になっていると思いうので、その世界観をゲームとともに楽しんでいただけるとうれしいです」とコメントしていた。

下村氏とDMM.com POWERCHORD STUDIOといえば、『V.D.-バニッシュメント・デイ-』でも作曲を担当しているが、岡宮氏によると、テイストは違うものの下村氏らしい楽曲に仕上がっているとのこと。
また、亀岡氏も「いままでの3倍くらいの時間を掛けて作曲していただいています。
ですので、曲も3倍くらいいい曲ができあがっています」と自信を見せた。
そして、ここでサプライズとして、下村氏が作曲した『エグリア』の楽曲『メインタイトル』が、今回のイベントためだけのスペシャルアレンジで生演奏された。

演奏が終わるとステージも終了の時間に。
植田さんは、イベントを振り返りつつ「こんなにジャンル分けの難しいゲームは初めてです。
世界を救うというRPG要素、家具を作ったり、家を建てたりといったシミュレーション要素、村人のクエストを聞いて街を発展させるというMMOやオープンワールドのような要素もあり、これがスマートフォンで楽しめるのは、すごいことだなと思います。
早くプレイしたいです。
いつから遊べますか?」と興奮気味に感想を語っていた。

そして最後に亀岡氏が「僕たちは、コンシューマーゲームを作ってきたんですけれども、昨今のスマートフォンのゲームの勢いをゲーム業界人として見逃すことができませんでした。
それで“スマートフォンのゲームを1本作ってみよう”と立ち上がったプロジェクトです。
僕たちが作るからには、何十年もユーザーの方の心に残るような作品を目指して、鋭意制作中です。
コンシューマーゲームでは、10年前や20年前の作品の発売日であったり、キャラクターの誕生日であったりを毎年ユーザーの方に祝っていただいていますが、スマートフォンのゲームでは、まだあまりないように思います。
そういった作品を目指して、がんばっていきますので、もう少々お待ちいただければと思います」とファンへアツいメッセージが贈られたところで、イベントは終了となった。

『エグリア』の最新情報は、公式Twitter(@Egglia_STAFF)で公開されるということなので、興味を持った方は忘れずにフォローしておこう。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ヒマラヤを舞台とした「ゴッドイーターオンライン」始動!

 【18//2016】

ヒマラヤを舞台とした「ゴッドイーターオンライン」始動!


バンダイナムコエンターテインメントは、9月17日ブース内ステージで新作「ゴッドイーターオンライン」の発表を行なった。
「ゴッドイーターオンライン」は基本プレイ無料のコンテンツ課金で、Google Playでのオープンβテストを近日開催予定。


「ゴッドイーター」は、2010年に誕生した続く共闘アクションゲームシリーズ。
異形の怪物「アラガミ(荒神)」に、その神を“捕食”できる生体兵器「神機」を扱うゴッドイーターの戦いを描く。
チーム連携が重要になるゲーム性で、マルチプレイの他、NPCを引き連れての戦いも可能だった。
「ゴッドイーターオンライン」はその世界観とゲーム性を引き継ぎ、スマホ向けMMORPGとしてリリースされる。

今回のイベントではバンダイナムコエンターテインメントから、シリーズ総合プロデューサーの富澤祐介氏、総合ディレクターの吉村広氏、そして「ゴッドイーターオンライン」のプロデューサーを務める門田研照氏。
さらにディレクターを担当するアソビモの長谷川広大氏、そして声優の小西克幸さん、喜多村英梨さんも登壇した。

門田氏はこれまで「ゴッドイーター」シリーズの宣伝を担当、アソビモとの共同開発になる。
舞台はヒマラヤ支部となり、プレーヤーは極東支部「クレイドル部隊」から派遣されるキャラクターとなる。
PSP、PS Vitaでの操作性を再現するためスマートフォン向けにインターフェィスを一新している。

イベントでは登壇者6名による“共闘”が行なわれた。
小西氏は本シリーズのファンであり、ゲームでも率先してパーティを引っ張っていった。
チャットボタンを見つけて挨拶したり、オンラインゲームに慣れている様子だった。
富澤氏や吉村氏はインターフェィスを変えながらも空中からの強力な攻撃や、防御など様々なアクションがきちんとできることに言及していた。

今回はかなり強力なアラガミと対決。
途中で倒れてしまうメンバーがいるものの、復活させるなどのフォローをして見事撃破。
最後は全員で倒れたアラガミを“捕食”した。
そうするとメンバーの内何人かがレベルアップした。
これまでのシリーズではレベルアップするのは武器のみだったが、「ゴッドイーターオンライン」ではキャラクターのステータスも成長していくという。
また複数の武器を持ち歩くことが可能で、戦闘中にも持ち帰られるのが特徴とのことだ。

デモプレイの後は本作の世界観やキャラクターのエピソードが明かされた。
今作は「ゴッドイーター レイジバースト」の数年後。
ヒマラヤでの物語が展開する。
プレーヤー達の拠点となる支部の近くには“うち捨てられた支部”があり、ここはアラガミの襲撃を受け、崩壊してしまっているという。

小西さんが演じるゴトーは強い第一部隊の隊長でありながら、機械オタクという一面を持つ。
プレーヤーを導くような役割もあり、小西さんはかなり低めの声で演じるという。
喜多村さん演じるレイラは先陣を切る突撃型の戦士。
王家の血を引いていることに誇りを持っており、傷ついた姿は他の人には見せない。
かなり“ツンデレ”でもあるとのこと。

1枚イラストにフルボイスのイベントシーンも用意されており、ストーリーにも力を入れていく。
超弩級のアラガミなども登場し、物語を盛り上げる。
そしてオンラインゲームならではの“アップデート”も注目。
新たなアラガミ、新章、新エリアも追加されていくという。

イベントの最後にはコンシューマ版の「ゴッドイーター」最新作も告知。
PVが公開された。
こちらの続報も今後注目して欲しい。




Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

最後に恒例(?)の新情報PVを公開!

 【18//2016】

最後に恒例(?)の新情報PVを公開!


スクウェア・エニックスは、東京ゲームショウ2016の同社ブースにて「『ドラゴンクエストX TV』東京ゲームショウ2016出張版スペシャル」ステージを開催した。
登壇者は、「ドラゴンクエストX」プロデューサーの齊藤陽介氏、ディレクターの齋藤力氏、チーフプランナーの安西崇氏。
司会はタレントの椿姫彩菜さんで、スペシャルゲストは「DQX第4期初心者大使」を務めたタレントの大山雄史さん。


本ステージは、ゲーム内のイベントやコンテンツに登壇者とゲストがそれぞれ挑戦していくというもの。
お題は「竜王城の決戦」、「スライムレース」、「邪心の宮殿 四獄」の3本立て。
すべてに勝利した場合、齊藤プロデューサーから「プレゼントのじゅもん」が公開されるという。

まずは、齋藤ディレクターが初代「ドラゴンクエスト」最終ボス戦をモチーフにしたイベント「竜王城の決戦」に挑戦。
コアプレーヤーはソロクリアした人もいるというが、さすがにそれはシビアすぎるのかNPCサブキャラクター3人を加えて竜王討伐に挑む。
「ドラゴンクエスト」にちなんで、NPCは「アキーラ」、「すぎやん」、「ゆうぽん」と名づけられていた。
開始直前にプレイ実況に長けた大山さんが齋藤ディレクターに的確なアドバイスをするも、緊張からか「さっぱりわからん!(齋藤ディレクター)」とバッサリ。

ステージの尺を考えてザコを無視して竜王の部屋に直行する齋藤ディレクター。
いわく「昨日寝る前にやったら2勝2敗。
自分が死ぬと立て直せないから!」と、なんとも心もとない発言。
再び緊張からか、竜王にやられたゆうぼんを「堀井さん!」と呼んでしまう齋藤ディレクター。
途中まではそれなりに順調だったが、杞憂していた「自分が死ぬと立て直せないから!」をやらかしてしまい、あとは画面を眺めるだけ。
すぎやん、アキーラ、ゆうぼんとステータスが真っ赤になり、当然のようにゲームオーバー。
「余興は終わり。
これから本番で!」という齋藤ディレクターに、「『プレゼントのじゅもん』? そんなもん後から何とでもするから!」と、身も蓋もない言葉を重ねる齊藤プロデューサー。
本当に大丈夫なのだろうか……

「これがヤラセがない『ドラクエX TV』!(齊藤プロデューサー)」と、なし崩しに2本目の「スライムレース」スタート。
レース用のmyスライムを育てて挑む期間限定イベントで、挑戦者は齊藤プロデューサー、椿姫さん、安西チーフプランナーの3人。
「最初は負けたほうが盛り上がる」とアバウトな雰囲気をかもしていた齊藤プロデューサーだが、いざレースが始まるとぶっちぎりで勝利! 続く椿姫さん、安西チーフプランナーも同様にぶっちぎりで勝利するという“ヤラセがない”展開。
なんだかんだそれなりに育成していたこと、さらにはレース中の作戦がきちんと奏功したことが勝因といえそうだ。


ラスト「邪心の宮殿 四獄」に挑むのは、齊藤プロデューサー、齋藤ディレクター、安西チーフプランナー、大山さんの4人。
邪心の宮殿は3つの前提条件をふまえ最大8人でボスに挑戦する高難易度のコンテンツ。
ここで「4人?」と気づかれた方も多いと思うが、いわゆる“しばり”というやつで、「8分以内に討伐せよ!」、「戦闘中どうぐを使用してはならない」、「以下の職業で挑むこと。
占い師」のほか「4人で がんばれや。
」という条件が追加されていた。
この日のために大山さんとスレア海岸でデッキを、「僧侶系は持ってなかった」と神託やはやぶさの剣改など装備をそれぞれお整えてきたという齊藤プロデューサー。

直前のニコ生アンケートでは「クリアできない」が54.1パーセントと予想はほぼ拮抗。
齊藤プロデューサーも「開幕ジゴデインで全滅に500ペリカ」といいつつ、いざ始まる段になると「4人で勝つコツはうまく審判を回すことで、受けに回ると時間が足りない。
勝率7割くらいはある」と強気。
デッキ構成は、それぞれ攻撃スタイルを軸にバランスを考えたものになっていた。

準備万端、いざ挑戦……という段になって、齋藤ディレクターから「マスタースキルを振り忘れていた」とまさかの弁。
あっけにとられる壇上の面々だが「練習では勝てたから!」と振り直しをせずそのまま強行! 練習の成果か、残り1分までは「ギリギリいける!?」という感じだったが、やはりマスタースキルぶんの差が生じたのか、「あと1、2回攻撃できていれば!(大山さん)」というギリギリで時間切れとなってしまった。


残されたステージの尺を考えるとギリギリだが、ここで齊藤プロデューサーが「まぁまぁいい勝負ができたんじゃない!?」とリベンジを熱望。
これ以上の失敗は許されないということで、4人という前提を崩し、司会の椿姫さんと広報のあんきも氏を加えた6人で再挑戦。
マスタースキルを再振りする齋藤ディレクター、一獄しかやったことがないエンジョイ勢だが昨晩椿姫さんとデッキを整えたというあんきも氏。
人数が増えると範囲攻撃のまきぞえが懸念されるが、やはり頭数を増やした強みが優り5分5秒08で見事勝利。
「竜王城なんて最初からなかった」と、齊藤プロデューサーは連勝をアピールしてプレゼントのじゅもん「りゅうおうへのみち」を公開した。

チャレンジ後は、9月24日の12時から18人の出演者がリレー形式で参加する「ドラゴンクエストV」ゲーム実況放送、9月23日から「DQXショップ」で発売される新商品をアナウンス。
さらには、サイトーブイが飛び入りで、11月刊行予定「蒼天のソウラ(8巻)」と特典の「ギュッとソーミャ人形」をアピール。

続けて齋藤ディレクターが「今日は情報を出さないつもりだけど1点だけ」と、3.4延期でマイコーデ枠の拡張が行なわれることを明らかにした。
マイコーデ枠の拡張はユーザーの要望も強く常々検討されてきたが、物理ストレージの問題で対応が難しかったが、オプション課金による対応を決定。
4枠が無料で追加され、それでも足りない人はオプション課金となる。


イベントの最後には、直近の「ドラゴンクエストX TV」でも行なわれたおなじみのサプライズ(?)で最新PVを上映。
Ver3.4「水の領界」やアップデート内容が公開された。
本稿執筆時点でまだ公式サイトや「冒険者の広場」には上がっていないようだが、すぐアップロードされると思われるので気になる人はぜひチェックしていただきたい。

©2012-1015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『FF15』から『フォールアウト4』VR体験まで、注目タイトルの試遊ができるスクエニブースレポート

 【18//2016】

 『FF15』から『フォールアウト4』VR体験まで、注目タイトルの試遊ができるスクエニブースレポート


2016年9月15日から18日まで、幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2016」。
今回はスクウェア・エニックスのブースレポートをお届けします。


一番の注目タイトルは、『ファイナルファンタジーXV』。
開発スタッフ陣が手掛けるライブペインティングのコーナーや、薄型PS4とのコレボレーションモデル「LUNA EDITION」の展示がされていました。
試遊台には朝から多くのファンが詰めかけ、150分もの待ち時間になることもありました。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー』は、PS4版の試遊台が出展されており「ダンジョン体験版」をプレイ可能でした。
2016年10月25日の発売を控えた本作。
FFシリーズに登場したキャラクターやモンスターがかわいい頭身で登場することもあり、女性ユーザーが多く試遊に訪れていました。

その隣には、『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ』の試遊ブースがレイアウトされていました。
『KH0.2 バース バイ スリープ -フラグメンタリー パッセージ-』と『KHドリーム ドロップ ディスタンスHD』の2タイトルが試遊可能。
大きなイラストも展示されており、カラフルな色彩はブース内で一際目立っていました。

その裏側では、スクウェア・エニックス パートナーズのタイトルの映像放映やパネルが飾られています。
『Fallout4』と『DOOM』はVRの試遊体験も行っており、両タイトルのファンを中心に朝から賑わいを見せていました。

VRの試遊では、「プロジェクトHikari」も試遊できました。
これは、ハイエンドゲームの技術と日本の漫画を融合させた企画。
大好きなあの物語の向こう側の行けるという夢の実現するための新しい試みとなっています。

『ファイナルファンタジーXIV』の試遊エリアでは、「ザ・フィースト(8vs8)」が体験できます。
対戦に見事勝利したパーティメンバー全員には特製Tシャツがプレゼントされるとのことで、本作をすでにプレイされているベテランユーザーが多数来場。
ビジネスデイには、プロデューサーの吉田直樹氏も訪れていました。

以上、スクウェア・エニックスのブースレポートをお送りいたしました。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ストライクウィッチーズ 軌跡の奇跡の輪舞曲 Blitz』のステージに声優の大橋歩夕さんと門脇舞以さんが出演。アップデート情報も!

 【18//2016】

『ストライクウィッチーズ 軌跡の奇跡の輪舞曲 Blitz』のステージに声優の大橋歩夕さんと門脇舞以さんが出演。アップデート情報も!


●ハンナ・エスティーナ・マルセイが参加!
2016年9月15日から幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2016。
一般公開日の初日である17日には、DMM GAMEブースにで、PCブラウザゲーム『ストラクウィッチーズ 軌跡の奇跡の輪舞曲 Blitz』のアップデート情報やアニメ新番組の情報が発表された。

ステージには本作のプロデューサーであるスーパーアプリの河内善貴氏と、声優でエイラ・イルマタル・ユーティライネン役の大橋歩夕さん、同じく声優でサーニャ・V・リトヴャク役の門脇舞以さんが登場。
河内氏によるゲームの紹介の後には、PVにてアップデート内容が公開された。

●イラスト制作の流れや声優陣への質問コーナ
アップデート情報のほかには、ゲームの魅力のひとつであるキャラクターカードが完成するまでの流れや、ニコ生視聴者などから寄せられたゲームや声優陣への質問コーナーが設けられた。
しかし、ほとんどの質問が門脇さんと大橋さんへの質問であり、河内氏は困惑の表情を浮かべていた。

●TVアニメ『ブレイブ ウィッチーズ』は2016年10月5日放送開始!
イベントの最後には『ストライクウィッチーズ』第1期と第2期の間の物語である『ブレイブ ウィッチーズ』のPVが公開。
すでに発表されているが、2016年10月5日(水)の深夜1時35分からTOKYO MXなどで放送される。

キャラクターの追加や新章開始、戦闘システムの進化などで新たな舞台へと飛び立つ『ストライクウィッチーズ 軌跡の奇跡の輪舞曲 Blitz』。
河内氏は、『ブレイブ ウィッチーズ』のキャラクター登場も匂わせていたので、この秋はゲームとアニメのどちらも楽しんでみるといいだろう。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

黒沢ともよさんが38メートルの巨大美少女を演じる『ラグナストライク エンジェルズ』が11月17日配信開始!

 【18//2016】

黒沢ともよさんが38メートルの巨大美少女を演じる『ラグナストライク エンジェルズ』が11月17日配信開始!


文・取材・撮影:ライター ドロシー伊藤
●スマートフォン&PC対応の3Dリアルタイムバトル
2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の“東京ゲームショウ2016”。
9月17日のDMM GAMEブースにて、PC・スマートフォン用ゲーム『ラグナストライク エンジェルズ』のリリース予定日が発表。
イベントのゲストには、姉守綾乃役の、声優の黒沢ともよさんが登場した。

人気イラストレータの深崎暮人氏がキャラクター原案を務める本作。
突如現れた謎の敵“フィアレム”を倒すため、38メートルに巨大化する美少女が戦う3Dリアルタイムアクションで、プレイヤーは6人の巨大化するヒロインが所属する“ラグナストライカーズ”の特務官になり、彼女たちに指示を与えるのだ。
昨年行われた東京ゲームショウ2015で発表されつつも、リリースが延期されていたが、このたびリリース予定日と実機を使ったプレイ動画が公開された。

●姉守綾乃に扮した美しきコスプレイヤーがプロデューサーにお仕置き
ステージには巨大化ヒロインのひとり、姉守綾乃の衣装をまとったコンパニオンが登場。
細部まで精巧に作られたコスチュームに、会場からは感嘆の声が上がっていた。
巨大化時の衣装ということもあり、岩井勇気さんが用意した人間サイズの人形と比較する場面では、その圧倒的な差に笑い声も上がっていた。

●黒沢ともよさんによる実機でのプレイ
庄司氏からゲームの基本的なシステムが紹介されたあとは、実機によるデモプレイが行われた。
プレイ内容は、“ラグナストライカーズ”拠点とヒロイン自室でのコミュニケーションと、今回のために用意されたエリアでの戦闘の2種類。

簡単な操作で爽快な3Dリアルタイムバトルが楽しめる『ラグナストライク エンジェルズ』。
リリース開始時には、プレイヤー全員にリリース遅延のお詫びとして、“装備するとゲーム中のお金がたくさん手に入るアクセサリ”(名称考案中)がプレゼントされるとのこと。
また、近日中にニコニコ生放送も行うとのことなので、気になる人は公式サイトなどをこまめにチェックしておこう。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ガンダム』ゲームは30周年、では今年50周年を迎えたのは? 周年記念が満載の“ガンダムゲーム30周年スペシャルステージ”

 【18//2016】

『ガンダム』ゲームは30周年、では今年50周年を迎えたのは? 周年記念が満載の“ガンダムゲーム30周年スペシャルステージ” 


文・取材:編集部 ブラボー!秋山、撮影:カメラマン 永山亘
●『機動戦士Zガンダム ホットスクランブル』発売から30年!
2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。
一般句会日初日となる16日、メインステージで行われた“ガンダムゲーム30周年スペシャルステージ”の模様をリポートする。

開演前から、非常に多くのファンが詰めかけ、立ち見が出るほどの人気だったこのステージ。
まず登場したのは、『ガンダム』ゲーム30周年スペシャルサポーターに就任した声優・古谷徹氏。
アムロ・レイ役でおなじみの古谷氏だが、この日はちょっとハデ目の衣装で登場。
なんでも、“ガンダム”をイメージした配色の衣装をバンダイナムコエンターテインメント(BNE)が作ってくれたそうで、声の出る限り「ぶったな。
親父にもぶたれたことないのに」といった名ゼリフを演じたいと語った。
古谷氏が感じる『ガンダム』ゲームの魅力は、各プレイヤーがストーリーやエピソードを共有してプレイするので感情移入しやすく、またモビルスーツの恰好よさから、手軽にパイロット気分を味わえるところではないかという。
また、これまでじつに400タイトル以上発売されているという『ガンダム』ゲームの中から、印象に残っているタイトルは、PCのオンラインゲーム『ガンダムネットワークオペレーション』を、モビルスーツでは、『機動戦士ガンダム外伝』シリーズに登場する“ブルーディスティニー”を挙げるなど、ゲーマーの片鱗を見せてくれた。

●新たな『ガンダム』ゲームの歴史を作っていくタイトル群を紹介
30周年を迎えても、まだまだシリーズは盛り上がり続ける。
そこで、ここからは今後発売を予定している『ガンダム』ゲームの情報を中心としたトークコーナーとなった。
最初に登場したのはBNE・馬場氏。
これまでの『ガンダム』ゲームを盛り上げてきた立役者のひとりである馬場氏だが、4月からは後進へとその道を譲りつつあるそうだが、古谷氏とも長いあいだ、仕事をともにしてきた関係上、たくさんの思い出があるそうだ。

馬場氏が手掛けてきた『ガンダムバーサス』シリーズだが、先日発表された通り★、このシリーズも15周年を迎えることになる。
馬場氏から新たにプロデューサーを引き継いだ安田直矢氏が登壇し、新たなPS4で新たな歴史の一歩を踏み出す『ガンダムバーサス』について紹介してくれた。

PS4版『ガンダムバーサス』は、従来のアーケードタイトルとはまた別軸として、家庭用ゲーム機で展開されるシリーズ最新作となる。
それを安田氏は“第5世代”と称し、PS4に特化した新たな試みとなる。
発表されたばかりの同作だが、ここでサプライズ発表として、クローズドαテストを行うことが発表になった。
期日やテスター防臭と言った詳細は、後日発表される予定だ。
気になる発売日を聞き出そうと詰め寄る古谷氏だったが、もちろん発表されたばかりということもあり、発売時期は明言されず。
しかし、「年内には出ません」(安田氏)という発現を引き出したのはさすが。
また、SNSでの展開としてTwitterでの情報発信を、本日17日からスタートすることも発表された。
本作では、アーケードと家庭用の差別化が図られるとともに、2オン2という完成されたシステムを世界に向けて発信したいと馬場氏は語った。

続いては、PS4、PS Vita用ソフト『SDガンダム ジージェネレーションジェネシス』のコーナーへ。
同作のタイアップアーティスト・鈴華ゆう子が、そのテーマ曲であるオープニング曲とエンディング曲を披露してくれた。

ライブ後は、BNE・薄井宏太郎氏も同席。
本作は、久々の原作追体験型となる『ジェネシス』は、宇宙世紀100年の歴史を巡る王道のガンダムシミュレーションとなっている。
また、ここでもサプライズ情報として、オリジナル・キャラクターである“ユーコ・オルテンシア”(CV:鈴華ゆう子)が公開された。
鈴華初の声優体験だそうで、試行錯誤しながら作り上げたワンシーンが本邦初公開された。
彼女をもとに生み出されたというキャラクター“ユーコ”は、追加ダウンロードコンテンツとして後日配信される。

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』TGS試遊リポート――新生『ジージェネ』、予想以上です!
『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』に鈴華ゆう子さん演じるオリジナルキャラ“ユーコ・オルテンシア”が参戦!
●おhかにも『ガンダム』ゲーム30周年の数々の施策が
ここからは、7月12日に開催された『新作ガンダムシリーズ』商品発表会”(※リポート記事はコチラ)で発表された内容を改めて紹介するコーナー。

まずは、『ガンダムビルドファイターズトライアイランド・ウォーズ』との連動企画について。
30周年を記念してのクロスメディア展開が行われているが、いよいよ30周年を記念した派生機体がゲームに登場することになった。
“スクランブルガンダム”は、9月に『ガンダムエリアウォ-ズ』、『ガンダムCONQUEST』、『ガンダムロワイヤル』の3タイトルに参戦することが決定している。
10月以降も6タイトルに参戦予定だ。
一方の“ホットスクランブルガンダム”は、9月から『ガンダムCONQUEST』、『ガンダムエリアウォーズ』に参戦し、10月以降も合計9タイトルに順次登場する予定となっている。
TGS 2016開催記念として、ログインボーナスなど、さまざまな特典が用意されている。
新規はちろん、しばらくお休みしていたプレイヤーも、再び参戦するとお得な特典をゲットできる。

プレゼント抽選会に続き、イベントの最後には各タイトルの告知など。
とくに『ジェネシス』は発売以降、4つの有料DLCの配信を予定しているが、予約するとその4つが無料になるパスをもらえるそうだ。
予約の際は、店頭で確認しよう。

50周年(古谷徹アニメデビュー)、30周年(『ガンダム』ゲーム)30周年、15周年(『ガンダムバーサス』シリーズ)、5周年(『ガンダムエリアウォーズ』)、3周年(『ガンダムCONQUEST』)……と、あらゆるAnniversaryイヤーとなった2106年。
興味があるコンテンツを、思う存分堪能しよう。
「こんなにうれしいことはない……」(byアムロ・レイ)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

“INDIE STREAM AWARD 2016”に輝いたのは、時間を操るシューティング『TIME LOCKER-Shooter』

 【18//2016】

“INDIE STREAM AWARD 2016”に輝いたのは、時間を操るシューティング『TIME LOCKER-Shooter』 


●主催者がもっぴん氏に
2016年9月15日(木)~9月18日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日、16日はビジネスデイ)。
東京ゲームショウの会期に合わせる形で、インディーゲームのイベントINDIE STREAM FES 2016が開催された。

Nyamyamの東江亮氏と、NIGOROの楢村匠氏の発案によりスタートしたINDIE STREAM FESも今年で4回目。
同イベントにて、“INDIE STREAM AWARD 2016”が発表された。
40近くの応募作品のなかから、審査委員長であるプチデポット川勝徹氏いわく「すべての人に受けいられるものを」との基準により、見事、“BEST OF INDIE STREAM”に輝いたのは、sotaro otsuka氏のスマートフォン向けアプリ『TIME LOCKER-Shooter』。
こちらは、シンプルなデザインとタッチパネルに特化した操作性が特徴の時間を操るシューティングゲームだ。
さらには、Somiの『Replica』が、“BEST OF GAME DESIGN”と“BEST OF NARRATIVE”の二冠に輝いている。
同作は、携帯電話とソーシャルメディアを題材にしたインタラクティブ小説ゲームとなる。

“INDIE STREAM AWARD 2016”の受賞作は以下の通り。

なお、同イベントにおいて、INDIE STREAM FESの主催者がもっぴんこと麓旺二郎氏となることも発表された。

■BEST OF INDIE STREAM
『TIME LOCKER-Shooter』sotaro otsuka
⇒公式サイト
■BEST OF ART
『BLACK BIRD』Onion Game
※未発売
■BEST TECHNICAL ARTS
『GIGA WRECKER』ゲームフリーク
⇒Steam配信サイト
■BEST OF SOUND
『1000mゾンビエスケープ』Orink Games
⇒App Store
■BEST OF GAME DESIGN、BEST OF NARRATIVE
『Replica』Somi
⇒公式サイト
■審査員特別賞
『コード:ハードコア』ロケットパンチ
⇒公式サイト

『コラプス』GG KNIGHTS
⇒サイトはこちら
『マヨナカ・ガラン』CAVYHOUSE


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<東京ゲームショウ>話題のVRを一気に体験 バイオハザードからマンガ、脳波チェッカーまで

 【18//2016】

<東京ゲームショウ>話題のVRを一気に体験 バイオハザードからマンガ、脳波チェッカーまで


これまでのシリーズは自分の操作するキャラクターが見える三人称視点で進行していたが、今回の「レジデントイービル」はプレーヤーの目線に近い一人称視点ということもあり、自分の背後が分からない恐怖が襲いかかってくる。
さらに自分で操作できるからこそ、動けない「キッチン」の時よりも、恐怖の世界にとらわれてしまった“実感”が湧いてくる。
「何でこんな目に遭っているんだ……」などと恨み言が口をついてしまうほど。
極限の恐怖体験を味わうことができた。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。