2016 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 10

東京ゲームショウのニュースから、人気タイトルの最新情報まで盛りだくさんの1週間

 【24//2016】

 東京ゲームショウのニュースから、人気タイトルの最新情報まで盛りだくさんの1週間 


文:編集部 ロマンシング★嵯峨
●東京ゲームショウが終わると秋の訪れを感じます
いやー、東京ゲームショウ 2016が終わりましたね。
ファミ通.com取材班にとって、1年でもっとも慌ただしいといっても過言ではない時期が終わり、ちょっと燃えつき気味です。

しかし、忙しいと痩せそうなものなのに、ゲームショウ期間中は「原稿を書くために糖分を摂取せねば!」と思って食べてしまうので、ぜんぜん痩せないんですよね。
これがまた。
差し入れでおいしいお菓子とかいただいちゃうし。
海浜幕張駅でラーメン食べちゃうし。
読者の皆さん、私たちがカロリー摂取と引き換えに書いた記事、ぜひ読んでくださいね……! というわけで、週間PVランキングをお届けします。

『ペルソナ5』お楽しみ無料コンテンツやコスチューム&BGMセットなど、DLC情報が一挙公開
ついに発売された『ペルソナ5』のダウンロードコンテンツ(DLC)情報が1位を獲得! 過去作の制服をモチーフにしたコスチュームやBGMなど、シリーズファンにはたまらないDLCが登場しますよ。
ちなみに、筆者も絶賛プレイ中。
メニュー画面がオシャレすぎてたまらず、意味もなくメニュー画面を開いて眺めているのって、私だけじゃないですよね?

「正直、エリザベスがやりたかった」実写映画版『銀魂』高杉晋助役は堂本剛! 第3弾キャスト発表
キャストが発表されるたびに話題を呼んでいる実写映画版『銀魂』。
今回は“鬼兵隊”メンバーのキャストが公開! 原作でも人気の高い高杉晋助を、堂本剛さんがどう演じるのか注目です。
鉄矢、鉄子のキャストも公開されましたが、ということは、映画で描かれるのは、あのエピソードということですかね? そんな実写映画版『銀魂』は、2017年全国公開予定です。

『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3プロフェッショナル』 2017年2月9日発売決定! 新シナリオ、シリーズキャラクターが登場
『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3プロフェッショナル』が2017年2月9日に発売されることが決定! 『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』をベースとしつつ、新シナリオを追加。
これまでの“ジョーカー”シリーズのキャラクターたちも多数登場するとのこと。
どんなシナリオになるんでしょうか?

『ポケットモンスター サン・ムーン』ポケモンたちをお手入れする“ポケリフレ”や、新たなポケモンの情報が公開
発売まで2ヵ月を切った『ポケットモンスター サン・ムーン』の最新情報が到着。
気になるのはやっぱり、ポケモンたちをお手入れする“ポケリフレ”! かわいいポケモンたちが癒されるさまをずっと眺めていたいものです。

『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』TGSトレーラーが公開! グラフィックがスゴイ
2017年発売予定のプレイステーション4用ソフト『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』の最新トレーラーが公開。
オリジナル版の発売から10年が経ちますが、その人気は健在です。
ちなみに東京ゲームショウ 2016では、本作のステージイベントも行われました。
ぜひこちらのリポートをチェックしてくださいね!

負けられない戦いがここにある! 『War Thunder』ディレクター稲垣氏が グラドル倉持由香さんの脱衣を賭けて空戦に挑む

『サガ スカーレット グレイス』実機プレイでバトルもワールドマップも公開! ダンジョンはなし!? ラスボスは1種類!?

『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』1周年記念アンケート結果発表

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』TGS試遊リポート――新生『ジージェネ』、予想以上です!

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』に鈴華ゆう子さん演じるオリジナルキャラ“ユーコ・オルテンシア”が参戦!
●フルボイスにスチル追加だなんてうれしすぎます
記者が選ぶ今週の1本はこちら!
『遙かなる時空の中で3 Ultimate』2017年2月23日発売決定! 待望のフルボイス化、追加スチルは40枚以上
『遙か』シリーズの中でも名作と名高い『3』がリメイク決定! う、うれしい……。
号泣必至のシナリオと、そのシナリオとマッチするシステムがすばらしい本作、女性向けゲームではありますが男性も楽しめること間違いなしですよ。
続報が楽しみ!

※過去のPVランキングはこちら


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

TVアニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』、アフレコ現場はみんなで筋トレ!? キャストが暴露

 【24//2016】

TVアニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』、アフレコ現場はみんなで筋トレ!? キャストが暴露


TVアニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』第1話先行上映会が24日、都内にて行われ、市来光弘(大和守安定役)、増田俊樹(加州清光役)、新垣樽助(へし切長谷部役)、佐藤拓也(燭台切光忠役)が登壇。
アニメとなった『刀剣乱舞』への思いやアフレコ現場の様子などを語った。

TVアニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』第1話先行上映会の様子

同作は、名立たる刀剣が個性豊かな男性キャラクターへと姿を変えた“刀剣男士”を集めて、自分だけの部隊を結成、歴史改変を目論む敵を討伐するために、様々な合戦場を攻略していく刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』のTVアニメ化作品。

市来は、“誠”と書かれた扇子、増田は、自身の刀剣“加州清光”のレプリカを持参。
そして、新垣と佐藤は自身らが演じるキャラクターが着用しているデザインとソックリな“ジャージ姿”で登場、大歓声を受けて始まった同イベント。
また、このイベントが全国19ヵ所でライブ・ビューイングされ、約8000名のファンが見ていると司会者が報告。
それを聞いた新垣は「ジャージ姿でごめんなさい」と頭を下げ、笑いを誘う。

同作は数多くの“刀剣男士”が登場することから、必然的に男性が多い現場だという。
市来は「すごく笑いのある現場」と言い、なかでも“男ばかり”であるからなのか「休憩中に筋トレをしている人もいる」と明かし、佐藤のほうへ視線を向ける。
さらに、佐藤の筋トレ暴露話は続き、先日は正しいスクワットのやり方をキャスト陣に教えていたとのことで、会場でも正しいスクワットのやり方を披露することに。
舞台前方に立った4人のキャストは、「まず足は肩幅に開きます」という佐藤の指示のもと、正しいスクワットを披露。
思わぬ方向に進んだトークに、会場に集まったファンからは大きな笑い声が響いた。

ゲームではあまり見ることのないキャラクターたちの姿のほか、増田いわく“花丸”というタイトルからは当初は想像していなかった「骨太の作品」だというTVアニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』は、10月2日より放送開始。
TOKYO MXは毎週日曜24時~、関西テレビは毎週日曜25時55分~、BS‐11は毎週日曜24時30分より放送。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今週のアクセスランキング!

 【24//2016】

今週のアクセスランキング!


東京ゲームショウ2016も終了し、そこはかとなく平和な雰囲気の今週でしたが、世間はシルバーウィークということでアクセス数も振るわず寂しい限り。
とか言っているウチに「ホビーショー」が開催されたり、いろいろイベントや発表はつきない日々。


そんな1週間のトップは、TGS2016レポート記事「PS4 Proの実力を4K/HDRテレビで体験!」。
PS4 Proと4K/HDRテレビのセットはもちろん最強なのですが、なかなかおいそれと購入できないのも事実。
そんな時、PS4 Proだけを購入するメリットなんかも知りたいところ。
そういった声に応えた記事をいくつか東京ゲームショウ2016期間中にお届けしましたので、今一度チェックいただければと思います。

第2位はこれまたインパクト十分な「餃子のリュック」のニュース記事。
タイトルも「『さようなら天さん……』、『餃子のリュック』発売決定」とファンの心を掴んだモノだった。
バンダイはこういった“記憶に残る”シーンを商品化するのが上手く、これまでも注目商品をリリースしてきた。
特に「ドラゴンボール」関連製品はこういったポイントを突いたタイトルが多く、弊誌でも話題に上ることが多い。

第3位は東京ゲームショウ2016の初日・9月15日に発表された「日本ゲーム大賞」の授賞式のレポート記事。
今年の年間作品部門 大賞は「Splatoon(スプラトゥーン)」。
優秀賞にはレベルファイブの「妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊」、KONAMIの「METAL GEAR SOLID V : THE PHANTOM PAIN」、「Fallout 4」(ベセスダ・ソフトワークス)、「ドラゴンクエストビルダーズ」(スクウェア・エニックス)、「DARK SOULS 3」(フロム・ソフトウェア)などが選出されている。

業界のみならず、ゲームファンにとって注目なのは開発者が選ぶゲームデザイナーズ大賞だが、今年は「Life Is Strange」が受賞した。
これらの受賞コメントもキチンと拾っているので、今一度ご覧頂きたい内容となっている。

この他では、「『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』に『サンダーフォースIII』収録!!」や、熱の入ったレポートとなっている「TGS2016最大の目玉はスクエニの『Project Hikari』 かもしれない!」、連載「佐藤カフジのVR GAMING TODAY!」の「大量出展!TGS 2016が見せた日本VRシーンの未来」などがランクインしている。

1(2016-09-16 13:51)
PS4 Proの実力を4K/HDRテレビで体験! - GAME Watch
2(2016-09-20 15:35)
「さようなら天さん……」、「餃子のリュック」発売決定 - GAME Watch
3(2016-09-16 08:00)
大賞は「Splatoon」! 日本ゲーム大賞2016受賞作発表 - GAME Watch
4(2016-09-14 19:54)
「ポケモンカードゲーム」20周年で「スズキサン」が復活! - GAME Watch
5(2016-09-17 14:41)
「セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE」に「サンダーフォースIII」収録!! - GAME Watch
6(2016-09-16 00:00)
TGS2016最大の目玉はスクエニの「Project Hikari」かもしれない! - GAME Watch
7(2016-09-18 08:00)
PS4に特化したシリーズ最新作「GUNDAM VERSUS」を発表 - GAME Watch
8(2016-09-19 20:59)
HMDの革命か!メガネサイズHMD「Dlodlo V1」を試した - GAME Watch
9(2016-09-15 20:09)
「ガルパン」杉山P、「ガルパン最終章」について「面白い脚本が上がりつつある」 - GAME Watch
10(2016-09-20 15:46)
大量出展!TGS 2016が見せた日本VRシーンの未来 - GAME Watch


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「PlayStation VR」3次予約受付開始―これが最後の予約チャンス

 【24//2016】

「PlayStation VR」3次予約受付開始―これが最後の予約チャンス


2016年10月13日に発売を迎えるPS4専用のVRデバイスPlayStation VR。
各通販サイトやテレビゲーム取扱店にて、本製品の3次予約の受付が9月24日より開始されました。

Amazonや楽天市場、ヨドバシ.comをはじめとした通販サイトは、午前9時ごろに3次予約が開始されるも、わずか数分で受付終了に。
公式のソニーストアは、アクセス集中のエラーによって、購入手続きが行えない状態になり、気がつくと販売が終了していました。
なお、ビックカメラ.comの抽選予約の申し込みは、2016年9月25日(日)24時まで可能。
抽選の結果は、9月27日(火)18時以降にメールにて告知するとのことです。

TwitterをはじめとしたSNSでは、テレビゲーム取り扱い店にてPlayStation VRを予約する人の行列を見たと報告する声が日本全国から寄せられており、まだまだ欲しい人に行き届いていない状況が覗えます。
ただ、一部店舗では並ばずに予約できたとの報告も見受けられるので、根気強く探せば予約受付を行っている店舗を見つけられるかもしれません。
ちなみに、7月23日に行われた前回の2次予約では、2日に分けて予約受付を行った店舗があります。

いよいよ発売まで1か月を切ったPlayStation VR。
次は、おそらく発売当日に店頭で入手するしかなさそうです。
今のうちに本製品の取り扱い店舗を調べて、来たる発売日に備えておいた方がいいかもしれません。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『地球創世記~アナタはすでに神』VRデモを体験!―ピグミースタジオの個性的3作品

 【24//2016】

『地球創世記~アナタはすでに神』VRデモを体験!―ピグミースタジオの個性的3作品


今回は、先日行われたTGS2016のインディーゲームコーナーに出展されていたピグミースタジオブース『地球創世記~アナタはすでに神』のVR用デモ版を体験してきたので、そのレポートをお届けします。
ピグミースタジオは他にも2タイトル『ボコスカウォーズII』と『ルナたん~巨人ルナと地底探検~』を出展していたので、そちらも併せてご紹介します。


『地球創世記』は敵である闇のエレメントを地球上から駆除していくアクションゲーム。
いろいろな方向から次々と襲いかかってくる闇のエレメントを、味方である光のエレメントを周囲から集めて投げつけていきます。
操作自体はとてもシンプルで、手元のトリガーを握ることで光を集めて、それを敵に向かって放つことで攻撃します。

ステージの雰囲気は落ち着いていて、集めた光がキラキラと輝く様子は綺麗でしたが、いざ闇のエレメントの襲撃が始まると少し緊張感のあるプレイに変化していきます。
自分の体を使って状況を把握し、クリアを目指すというVRならではの体験がきちんと組み込まれている印象。
しばらくプレイすると大きなクモのような生物が現れて、それを倒すことができればクリアという形になっていました。


本作は元々PS Vita用のタイトルとして開発されていましたが、業界でVRの熱が急激に高まっていることを感じ、急遽TGS向けにVR体験ができるデモ版を2週間で制作したとのことです。
ピグミースタジオ初のVR開発ということもあり、今回出展したものは”研究作品第1弾”という立ち位置のようです。
今後、『地球創世記』をVR用タイトルとして開発していくか、当初の予定通りVita用タイトルとして制作を続けるかは未定。

ピグミースタジオはこの他にも、『ボコスカウォーズII』と『ルナたん~巨人ルナと地底探検~』を出展。
『ボコスカウォーズII』は、かつてのX1やファミリーコンピューター用タイトル『ボコスカウォーズ』の33年ぶりの続編で、当時のクリエイターが制作にあたっています。
リリース日は2016年11月10日に決定しており、プラットフォームはPS4/Xbox One、価格2500円+税となっています。

『ルナたん~巨人ルナと地底探検~』は『moon』で知られるRoute24代表の西健一氏によるiOS/Android向け新規タイトル。
先日の京都BitSummit4thでもステージイベントやブースにて情報が公開されていましたが、TGS2016では体験プレイや事前登録などでオリジナル電池パックを配布という豪華なイベントを行っていました。
リリース日はまだ未定ですが、基本プレイ無料のアイテム課金制を採用するようです。

日本のインディーゲームスタジオとしてピグミースタジオの活動が今後も気になるところです。
これからの動向や詳しい情報が気になる方は公式サイトやTwitterもチェックしてみましょう。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知

 【24//2016】

『ドラゴンクエストX』ゲームデータの解析を行う外部ツールの使用禁止を告知


スクウェア・エニックスは、『ドラゴンクエストX』のデータ解析を行う外部ツールの使用について、不正行為であり、利用規約により禁止されている行為であることを公式サイトにて告知しました。

該当の外部ツールは、ゲームによっては使用を黙認されており、コアなネットゲーマーの間ではよく知られているものですが、最近PC版『ドラゴンクエストX』で利用できるプラグインが公開され、SNSや掲示版などで話題になっていました。

実際に使い始めるユーザーも出てきて導入方法や画像なども出回りはじめていましたが、それと同時に規約違反ではないかという疑問の声や批判する意見も多くあがっていました。

告知によると、このツールに関して同社はすでに存在を確認しており、今後適宜対応を行うことを表明。
ユーザーに利用しないよう呼びかけています。

なお同社は、ゲーム内不具合を意図的に利用した1700キャラに対し、一時利用停止などの処置を行ったこともあり、不正行為に対して厳しい姿勢を見せています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る