2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

『シャドウバース』と『FFXV』がランクイン、あの舞台化に関する情報も

 【03//2016】

 『シャドウバース』と『FFXV』がランクイン、あの舞台化に関する情報も 


文:編集部 工藤エイム
●もっとゲームする時間が欲しいです
えー、今週は『ファイナルファンタジーXV』が発売されて、(プライベートが)非常に忙しい筆者です。
今日は寝ずにプレイする予定です。
それにしても、男4人の旅っていいですね。
なんだかテレビ番組『水曜どうでしょう』のような、マンガ『最遊記』のような雰囲気を感じます。
筆者はどちらも好きなので、かなり楽しませてもらっていますよ。

それでは、今週のファミ通.comのPVランキングを見ていきましょう。

『シャドウバース』ついに明らかになる第3弾カードパックの情報をお届け!(2016年12月1日発売号)
今週の第1位は、サイゲームスより配信中のカードバトルゲーム『シャドウバース』に関するニュースに! 第3弾カードパックの名称は、“Rise of Bahamut/バハムート降臨”。
新カードの中から8枚のカードを誌面で紹介しているので、ぜひ本誌をチェックしてください。

ついに発売! 『ファイナルファンタジーXV』攻略中のライター陣によるファーストインプレッション!
『ファイナルファンタジーXV』攻略・執筆を担当しているライター陣による、本作のファーストインプレッションをお届けしている記事がランクイン。
3名のライター陣が、それぞれ違った切り口で本作の内容に迫っています。
ネタバレには配慮していますが、それでも心配な方は注意して、ぜひチェックしてください。

『ロマサガ3』が舞台化! ハリードやカタリナ、エレンらのキャストが発表、2017年4月より全国4都市で上演
『ロマンシング サ・ガ3』を題材にした舞台“ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~”が発表! 河津秋敏氏が世界観監修・原案を担当。
高い美術性と本格派アクション舞台で海外からも評価を受ける劇団ユニット“30-DELUX”とタッグを組み、2017年4月15日(土)より公演が開始されるとのこと。
サラ・カーソン役には、元モーニング娘の新垣里沙さんが! どういう舞台になるか、楽しみですね。

『無双☆スターズ』が2017年3月2日に発売決定!王元姫、ホロウ、石田三成の参戦も明らかに(2016年12月1日発売号)
コーエーテクモゲームスのアクションゲーム『無双☆スターズ』の発売が2017年3月2日に決定!さらに、『真・三國無双』シリーズの王元姫、『討鬼伝』シリーズのホロウ、『戦国無双』シリーズの石田三成のほか、本作オリジナルキャラクターの登場も明らかになりました。

『ファイナルファンタジーXV』の全世界の販売本数が発売初日で500万本を突破!
またまた、『ファイナルファンタジーXV』に関する記事がランクイン! 販売本数(パッケージ初回出荷本数とダウンロード販売本数の合計)が、発売初日で500万本を突破したことが発表されました!
これは歴代の『ファイナルファンタジー』シリーズの中でも最速の記録とのことです。

『コードギアス 復活のルルーシュ』プロジェクトが始動!新作パートを含めた劇場総集編全3章も制作決定

『ニューダンガンロンパV3』、苗木や日向が登場する体験版の配信決定!おまけモードは、人生的なゲームにダンジョンRPG!?(2016年12月1日発売号)

“PS Plus”12月のコンテンツが公開 『ソフィーのアトリエ』、『絶対絶望少女 ダンガンロンパ』がフリープレイ配信、『FFXV』オリジナルサウンドトラックも

『FFXV』発売前夜祭! 松田社長、ついに瞬間移動をマスターする! (ポチャンプトも登場)

『ガンダムブレイカー3』大型DLC第3弾が配信開始、追加ミッションでガンプラバトルの原点が蘇る
●『オーバーウォッチ』強すぎぃ!
記者が個人的に選ぶ今週の1本はこちら。

“The Game Awards 2016”全アワード受賞タイトルまとめ
昨日開催された、ゲームアワード“The Game Awards 2016”。
今年は『オーバーウォッチ』が4冠達成でした。
素晴らしい……!
ほかにも、個人的に大注目の『Dishonored 2』がBest Action/Adventure Gameを獲得したり、Best Action Gameに『DOOM』が選ばれたりと、好きな作品が名誉ある賞をとってくれて、1ファンとしてとても嬉しいです。
アワードの模様は、以下で見れるのでぜひご確認してください。
余談ですが、今年のストリーム映像(YouTube Live)は4Kで、進化を感じました。
4Kが当たり前の時代ですなぁ。

それと、小島監督の『DEATH STRANDING』にも驚かされました! マッツ・ミケルセンにギレルモ・デル・トロ監督!!
※過去のPVランキングはこちら


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ストリートファイターV』公式世界大会“カプコンカップ2016”TOP8に日本人選手6人が進出! かずのこ選手は2連覇の可能性を残す

 【03//2016】

『ストリートファイターV』公式世界大会“カプコンカップ2016”TOP8に日本人選手6人が進出! かずのこ選手は2連覇の可能性を残す 


●日本人選手6人がTOP8進出
人気対戦格闘ゲーム『ストリートファイターV』の公式世界大会“Capcom Cup 2016(カプコンカップ2016)”の1日目をリポートする。

カプコンカップ2016は、人気対戦格闘ゲーム『ストリートファイターV』のプレイステーション4版を用いた世界決勝大会。
年間を通じて行われたカプコンツアーの大会成績上位32名が参戦し、世界一の座が争われる。
大会は、一度負けてもルーザーズトーナメントを勝ち上がることで優勝が狙える、ダブルイリミネーション形式を採用。
3試合先取制(1試合2ラウンド先取制)で勝敗が決まる。

1日目の会場となったのは、アメリカのカリフォルニア州サンタアナにある北米初のeスポーツ専用施設“Esports Arena”。
施設は2階建てで、1階にメインステージと観客席、関連グッズ売り場が配置され、2階は『ストV』が自由に対戦できるいわゆる“野試合”スペースが設けられていた。
日本で言うと、e-sports SQUARE 秋葉原を広くしたイメージが近いと感じた。
また、施設の入り口には“岡本kitchen”という日本料理の移動販売車が来ており、牛丼など日本人にはうれしい食事が販売されていた。

1日目はTOP32からウィナーズ4人、ルーザーズ4人のTOP8を選出するまでトーナメントが進められた。
予選を勝ち抜いて世界からトッププレイヤーが集まっただけあり、フルセットまでもつれる名勝負が数多くくり広げられていた。
EVO2016覇者のINFILTRATION選手(ナッシュ)や、そのライバルとして今シーズンの対戦シーンを盛り上げてきたときど選手(リュウ)といった優勝候補の筆頭クラスが1度も勝てずに敗退するなど、EVOからの数ヵ月で世界的な攻略レベルが格段に上がっていることを物語っていた。
そんな激戦を勝ち抜いてTOP8に残った8選手と組み合わせは以下の通り。

■ウィナーズ
■TOP8組み合わせ
MOV(春麗)対Liquid NuckleDu(ガイルなど)
EG Ricki Ortiz(春麗)対YOUDEAL MJS Haitani(ネカリ)
■ルーザーズ
RZR Fuudo(ミカ)対YOUDEAL Yukadon(ナッシュ)
GGP Kazunoko(キャミィ)対CYCLOPS OSAKA GO1(春麗)
また、日本人選手の戦績は以下の通り。

※トーナメント表
TOP8は、日本時間で12月4日(日)11時30分開始予定。
なお、試合の模様はカプコンTVや CapcomFighters(英語)などで生中継される。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ポケモンGO」をアメリカでプレイしてみたら、ちょっと進化していた!

 【03//2016】

「ポケモンGO」をアメリカでプレイしてみたら、ちょっと進化していた!


12月に入り米国に出張に出ることになった筆者は12月2日、成田からロサンゼルスへ、そしてアナハイムへと向かった。
初日は特に予定も無かったので、何となく「アメリカ限定ポケモンのケンタロスが出ないかなぁ」と「ポケモンGO」を立ち上げた。


とかいいながら、実は前回のニューヨーク出張時に「ケンタロス」を捕まえることができたので、「周りにどんなポケモンがいるんだろう?」とトップ画面右下の「ちかくにいるポケモン」をタップしてみると、その異変に気付いてしまった。

日本では現状、ポケモンの画像しか表示されないのだが、米国では「ポケストップ」の画像がポケモンとともに表示されているのだ。
よくよく見直すと「ポケストップのちかくにいるポケモン」と書かれている。
これまで周りにいるポケモンの種類しかわからなかった。
ところが米国で先行導入されたこの機能をつかうと、だいたいのどの場所にどのポケモンがいるのかわかることになる。

さらにこの画面からポケモンをタップして拡大表示させると“足跡マーク”が描かれている。
この足跡マークを押すと、マップ画面上にピンクのマークが表示され、そのポケストップがどこにあるかが表示されるのだ。

もちろん、あくまでも「ポケストップのちかくにいるポケモン」であって、ずばりポケモンの位置情報を示したわけではないが、ポケモンいる場所の方向や距離感を知ることができるので、劇的に捕まえやすくなる。

このアップデートが日本でも採用されるのかは、現状では不透明だ。
もちろん具体的な場所を指し示すことには一長一短があると言える。
ナイアンティックとしても米国での反応を見ながら慎重に決定することになるのだろう。

© 2016 Niantic, Inc.
© 2016 Pokemon.
© 1995-2016 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PlayStation Experience 2016が間もなく開幕! どんな新情報が飛び出すのか?

 【03//2016】

PlayStation Experience 2016が間もなく開幕! どんな新情報が飛び出すのか? 


●プレイステーション・プラットフォームのつぎなる一手とは?
プレイステーション・プラットフォームの新作の発表や、最新作の試遊が楽しめるゲームイベント“PlayStation Experience 2016”が、2016年12月3日~4日(現地時間)の2日間、アメリカ・カリフォルニアで開催される。

今年で3回目となるPlayStation Experienceは、一昨年はネバダ州ラスベガス、昨年はカリフォルニア州サンフランシスコと毎回開催場所を変えているが、今年は同州のアナハイムにあるアナハイムコンベンションセンターでの開催。
また、会場からおよそ9キロほど離れたEsports Arenaでは、『ストリートファイターV』の世界王者を決定する“カプコンカップ 2016”も併せて行われている。

開催初日には、最新情報のプレゼンテーション“Opening Showcase”のほか、小島監督とスペシャルゲストによる『DEATH STRANDING』パネルなど、注目のイベントが予定されている。
新型のプレイステーション4やプレイステーション4 Pro、そしてプレイステーション VRを送り出したソニー・インタラクティブエンタテインメント。
プレイステーション・フォーマットのつぎなる一手は大いに気になるところ。
ファミ通.comでも、本イベントの模様を順次お届けしていく。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「PlayStation Experience 2016」開催情報ひとまとめー小島秀夫氏『デスストランディング』など登場

 【03//2016】

「PlayStation Experience 2016」開催情報ひとまとめー小島秀夫氏『デスストランディング』など登場


「The Game Awards 2016」「Capcom Cup」と大賑わいの12月初頭ですが、本記事では12月4日から開催される大規模イベント「PlayStation Experience 2016」のスケジュールと関連ニュースをご紹介します。
「TGA 2016」に引き続き、このイベントでも人気クリエイター小島秀夫氏が登壇予定。
その他には期待のPS4向け新作『Horizon Zero Dawn』パネルセッション、ファン向けイベントや濃厚なトークイベントが開かれます。


■「PlayStation Experience」
「PlayStation Showcase」: 12月4日午前3時未発表パネルセッション: 12月4日午前5時小島秀夫氏&特別ゲスト『Death Stranding』パネル: 12月4日午前6時未発表パネルセッション: 12月4日午前7時『Horizon Zero Dawn』パネルセッション: 12月5日午前3時「Kinda Funny: PS I Love You XOXO」: 12月5日午前5時「Accessibility: Making Games for All Gamers」: 12月5日午前7時
映像配信:
Twitch / 公式Webサイト
Game*Spark 注目関連ニュース:
「PlayStation Experience 2016」出展企業リスト―カプコン、ポリフォニー、ノーティー他PSX 2016に小島秀夫氏&特別ゲスト登壇、注目作『Death Strading』パネル実施へ!噂: 『Marvel vs. Capcom 4』がPS Experienceで発表か―海外メディアが報じる『エースコンバット 7』のVRバージョンがPS Experienceに出展決定!―コックピット映す1枚の画像も「PlayStation Experience 2016」12月3日(海外時間)より開催、PS Proの4Kプレイ体験やVRデモを展示


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<小野憲史のゲーム時評>豪のゲームイベント 強固な産官学連携

 【03//2016】

<小野憲史のゲーム時評>豪のゲームイベント 強固な産官学連携


acmiは1946年に設立されたビクトリア州立映像センターを前身に、2002年に設立された総合映像博物館だ。
最大のポイントはテレビ・映画などと並んでゲームが重要な柱と位置づけている点にある。
常設展には人気映画「マッドマックス」の撮影で用いられた自動車や、先住民アボリジニの記録映像などと並んで、80年代のクラシックゲームから最新のPCゲーム、さらには地元のゲーム会社による作品まで、さまざまなゲームが展示されている。


今週のアクセスランキング!


今週はやっぱり注目を集めた「ファイナルファンタジーXV」がランキングを席巻した。
ニュースはもちろん、レビューも人気だった。
特にレビューは丁寧な内容となっているので、購入するしないに限らず、ぜひとも読んでいただきたい。


「ファイナルファンタジーXV」はなかなか……ある意味で難しい。
プレーヤーさんの中にはストーリーが気になって仕方なく、ストーリーを進める方もいらっしゃるかもしれないが、同作はロードムービーであると田畑端ディレクターも語っているように、旅がモチーフになっているので、のんびりと寄り道しながらノクトとの旅を楽しんでいただきたい。

3位は「デンドロビウム」の食玩フィギュアのニュース。
そして第4位には東京マルイのイベント「東京マルイフェスティバルinベルサール秋葉原 3rd」レポートといった具合にホビー関連の話題が続く。

5位にはすっかり常連の「ポケモンGO」。
今週は「メタモン」登場というビッグなニュースだったが、さすがに「ファイナルファンタジーXV」の発売に注目が集まったようだ。
ちなみに別に「ポケモンGO」のアクセスが悪いわけではなく、単に「ファイナルファンタジーXV」関連ニュースが突出していたというわけだ。

そして、このランキングが掲載される頃は米国で「Vainglory」の世界大会が開催されたり、「PlayStation Experience 2016」などが開催されている。
弊誌でもガッツリとお届けしていくので、楽しみにしていただきたい。

1(2016-11-29 13:28)
「ファイナルファンタジーXV」新テレビCM放映開始 - GAME Watch
2(2016-11-29 00:00)
ファイナルファンタジーXV - GAME Watch
3(2016-11-25 12:12)
可動部・ギミック満載の大型MA「デンドロビウム」が食玩フィギュアに登場 - GAME Watch
4(2016-11-26 00:00)
「東京マルイフェスティバルinベルサール秋葉原 3rd」開催 - GAME Watch
5(2016-11-24 10:30)
「ポケモンGO」、どんなポケモンにでも「へんしん」するメタモンを発見! - GAME Watch
6(2016-11-30 00:00)
PS4 ProでPlayStation VRタイトルを遊び倒してみた - GAME Watch
7(2016-11-25 11:31)
「何だかガンダムと違う!」、「ROBOT魂 ジム」12月発売 - GAME Watch
8(2016-11-25 00:00)
“胸像”、「FORMANIA EX νガンダム」担当者インタビュー - GAME Watch
9(2016-11-25 16:06)
アーケードアーカイブス、PS4「悪魔城ドラキュラ」の配信日を決定 - GAME Watch
10(2016-11-26 01:44)
「FFXIV」、PLLでパッチ3.5「宿命の果て」の情報が公開 - GAME Watch


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ドラゴンクエストX』×ビットキャッシュ もれなく特典アイテムプレゼントキャンペーン開催

 【03//2016】

『ドラゴンクエストX』×ビットキャッシュ もれなく特典アイテムプレゼントキャンペーン開催


●特典アイテムをゲットしよう
ビットキャッシュは、スクウェア・エニックスが提供するMMORPG『ドラゴンクエストX』のゲーム内アイテムがもれなくもらえる“『ドラゴンクエストX』×ビットキャッシュもれなく特典アイテムプレゼントキャンペーン”を、2016年12月1日から2017年1月16日まで開催する。

※キャンペーン特設サイト
以下、リリースより。

----------
■『ドラゴンクエストX』×ビットキャッシュ
もれなく特典アイテムプレゼントキャンペーン概要
開催期間:2016年12月1日(木) 0:00~2017年1月16日(月) 23:59

ローソン、ミニストップ限定!
購入後、Crystaチャージでもれなく特典アイテムプレゼント!
期間中、以下のお手続きでもれなく「メタル迷宮招待券×1」「ふくびき券×30」「DQXショップポイント200ポイント」がもらえるアイテムコードをプレゼントいたします。

<アイテム受取り方法>
1.「ローソン」または「ミニストップ」でビットキャッシュを3,000円以上購入
2.購入したビットキャッシュを利用し、Crystaを一度に3,000円分以上チャージ
3.お支払いに利用したビットキャッシュのひらがなIDをアイテムコード受け取りページに入力し、アイテムコードを受領
※マイビットキャッシュをご利用の場合は、以下の通りとなります。
1.「ローソン」または「ミニストップ」でビットキャッシュを3,000円以上購入
2.購入したビットキャッシュをマイビットキャッシュにひらがなチャージする
3.マイビットキャッシュを利用し、Crystaを一度に3,000円分以上チャージ
4.ギフトボックスにアイテムコードを配布

「プレゼント(1)」参加後、DQXショップで3,000円分以上お買い物すると
さらに、特典アイテムプレゼント!
期間中、以下のお手続きでもれなく「メタキンコイン×1」「超元気玉×1」がもらえるアイテムコードをプレゼントいたします。

<アイテム受取り方法>
1.プレゼント(1)で受け取ったアイテムコードを全て使う
2.DQXショップでCrystaを使って、3,000円分以上お買い物をする
3.後日、スクウェア・エニックスアカウントに登録されたメールアドレスへアイテムコードをお贈りします

Crystaチャージにビットキャッシュ(マイビットキャッシュを含む)を使って
ドラゴンクエストグッズを当てよう!
Crystaチャージに利用したビットキャッシュのひらがなIDを応募ページに入力し、賞品の応募ができます。

Aコース:ドラゴンクエスト大きなクッションセット5名様
大きなクッションミミックと大きなクッションはぐれメタル
Bコース:ドラゴンクエスト1/1ロトのしるし10名様
Cコース:ドラゴンクエスト伝説の魔王ぬいぐるみセット20名様
りゅうおう、シドー、ゾーマの3体セット
Dコース:スマイルスライムぬいぐるみLスライム
ドラゴンクエスト30周年記念バージョン50名様

期間中の土日限定!「マイビットキャッシュ」ご利用で
抽選で50人に1人、全額還元!!
Crystaチャージにマイビットキャッシュをご利用いただきお支払いいただくと、50人に1人、1回のご利用額の全額のビットキャッシュを還元します。
還元されたビットキャッシュは、ビットキャッシュメンバーズ内のギフトボックスに届きます。


Twitterでつぶやくだけ!ビットキャッシュ最大1万円分当たる!
Twitterでビットキャッシュの公式アカウント「@BitCash_PR」をフォローし、キャンペーンページから応募用コメントをつぶやくだけで、抽選で最大1万円分のビットキャッシュをプレゼント致します。

・5,000円分のビットキャッシュ×10名様にプレゼント
・10,000万円分のビットキャッシュ×5名様にプレゼント

今後もビットキャッシュ社はスクウェア・エニックス社と協力し、様々なキャンペーンを開催してまいります。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

日本よ、これが真のエンタメだ! 天野喜孝氏が描く“火の鳥”のイラストも初公開されたコミコン会場のリポートをお届け

 【03//2016】

日本よ、これが真のエンタメだ! 天野喜孝氏が描く“火の鳥”のイラストも初公開されたコミコン会場のリポートをお届け


文・取材・撮影:編集部 ばしを
●会場内の各ブースや展示物などを紹介
東京コミコンの会場内は、アメコミや特撮や映画関連のさまざまな展示や、ゲームにマンガなど、さまざまなエンターテインメント関連のブースや展示物が用意されている。
ここで、会場内のブースや展示物などをまとめて紹介していこう。

■『バットマン:アーカム VR』の体験コーナーが登場
2017年の公開が予定されている、スーパーマンやバットマンら、アメコミ界のヒーローたちが結集する映画『ジャスティス・リーグ』を始め、DCコミックのキャラクター展示などで賑わっていたワーナー・ブラザースのブースでは、2016年10月13日に発売されたプレイステーション VR専用ソフト『バットマン:アーカム VR』の試遊コーナーを用意。
会場内のあちらこちらに飾られているバットマンのプロップやフィギュアに、会場内をうろついているバットマンのコスプレなどを見て、盛り上がった気分で楽しむVRバットマンは格別な体験をもたらせてくれるかも。

・東京コミコンにてワーナー ブラザース ジャパンが『バットマン:アーカム VR』などを出展『ワンダーウーマン』など映画で使用された貴重な小道具の展示も
『バットマン:アーカム VR』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/game/batmanarkham_vr/(⇒こちら)

■映画『アサシン クリード』を紹介するブースも
UBIソフトが手がける人気シリーズ『アサシン・クリード』の映画作品を紹介するブースも出展。
映画に関するさまざまな紹介されていたほか、『アサシン クリード ブラザーフッド』の試遊ブースも用意されていた。

・映画『アサシン クリード』“東京コミコン”で映画オリジナルフィギュア展示やプレゼント配布を実施

■天野喜孝氏が描く“火の鳥”のイラストも本邦初公開
アクティブゲーミングメディアのブースでは、PC、iOS、Androidに向けて発売を予定している『アトム:時空の果て』のプロジェクトに参加しているクリエイターがリメイクした、手塚治虫キャラクターのイラストが多数展示されていた。
なかでも、天野喜孝氏が描く『火の鳥』は、このコミコンで初公開となる貴重なもの。
『アトム:時空の果て』は、12月5日よりDMM GAMESにて事前登録受付がスタートするが、会場では一足先に本作のPC版を試遊可能となっている。

『アトム:時空の果て』公式サイト
http://www.playastroboy.com/(⇒こちら)
『バットマン:アーカム VR』
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
映画『アサシン クリード』
(C)2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.
『アトム:時空の果て』
(C)Tezuka Productions (C)2016 Active Gaming Media Inc. All rights reserved.
●その他、会場内を回って気になったものをまとめて紹介!
コミコン会場内は、誰でも知ってるメジャーなコンテンツから、マニアックなファンなら大喜びするアイテムなど、多種多様な展示が行われている。
ここで、筆者が会場を回って個人的に気になったモノをまとめて紹介していこう。

コミコン会場には、ここで紹介する以外にも、まだまだたくさんのコンテンツが用意されている。
この記事を見て、少しでも琴線に触れるものがある人や、コミコンが気になってる人は、ぜひとも足を運んでみてはいかがだろうか。


■名称:東京コミックコンベンション(略称:東京コミコン)
■日時:2016年12月2日(金)、3日(土)、4日(日)
※12/2(金)17:00~20:00(プレビューナイト)/ 12/3(土)・4(日)10:00~19:00(ただし4日は18時まで)
※ホール11は日系ポップカルチャー催事同時開催予定
■場所:幕張メッセ 国際展示場 ホール9・10(千葉市美浜区中瀬 2-1)
■入場料:当日2000円
■出展者数:100社(予定)
■主催:東京コミックコンベンション実行委員会
HP:http://tokyocomiccon.jp(⇒こちら)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アメコミ界のレジェンドも降臨! 世界最大のポップカルチャーイベント“コミコン”が日本初上陸!! オープニングリポート

 【03//2016】

アメコミ界のレジェンドも降臨! 世界最大のポップカルチャーイベント“コミコン”が日本初上陸!! オープニングリポート


文・取材・撮影:編集部 ばしを
●日米のポップカルチャーが集結した一大イベントがスタート
2016年12月2日~4日の期間、千葉・幕張メッセにて開催される“東京コミックコンベンション”(通称、東京コミコン)。
会場ではマンガ、アニメ、ゲーム、映画など、さまざまなエンターテインメントに関する展示やイベントなどが行われていた。
ここで、開催初日のプレビューナイトの模様をお届けする。

●アメコミ界のレジェンド、“スタン・リー”がオープニングセレモニーに登場
東京コミコンの開会に先立ち、会場正面ゲート広場にて、“東京コミックコンベンション”オープニングセレモニーが開催された。
開会セレモニーには、山東昭子名誉会長、伊藤信太郎名誉特別顧問、胸組光明実行委員長、米大使代理・広報文化交流担当公使のマルゴ・キャリントン氏、竹内芳明経済産業審議官、第1回東京コミコン親善大使の竹内涼真氏に加え、アメリカンコミックを語る上でかかせないレジェンド、スタン・リー氏の6名が登壇し、開催関係者によるフォトセッションが行われた。

続けて、海外からのスペシャルゲスト陣がステージ上で紹介された。
登壇したのは、数々の映画で活躍した、俳優のランス・ヘンリクセン氏(映画『エイリアン2』のビショップ役や、テレビドラマ『ミレニアム』のフランク・ブラック役)に、ビリー・ボイド氏(映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのホビット、ピピン役)、マシュー・ルイス氏(映画『ハリー・ポッター』シリーズのネビル役)、第1回東京コミコン親善大使のダニエル・ローガン氏(映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のボバ・フェット役)、C.B.セブルスキー氏(マーベルの国際開発ブランドマーケティング部門バイス・プレジデント)、ジョン・アルカンタ氏(マーベル社副社長)、そして先ほども登壇したスタン・リー氏の7名。

まずは主催・来賓のあいさつが行われることに。
胸組委員長、キャリントン米国大使、竹内経済産業審議官らによるあいさつが順番に行われていった。
以下に、それぞれのコメントを紹介する。

胸組委員長「ここのところ天気が悪い日が多く、今日も寒くなるのではと心配していましたが、絶好のコミコンオープン日和になりました。
日本で初めての東京コミコンを楽しんでください」
キャリントン米国大使代理「東京コミコンが開催されることによって、日本とアメリカのクリエイティブな協業が、これから新たに進むことを期待しています。
日本の若い世代で、アメリカの訪問・留学を希望する方が増えることも期待します」
経済産業省大臣官房審議官 IT戦略担当、竹内芳明氏(経済産業大臣の世耕弘成氏のコメント)「日本政府が推進しているクール・ジャパン戦略は、世界中の人々に、日本が誇るさまざまなコンテンツをはじめ、日本の魅力的な文化を伝える取り組みです。
世界が日本に注目する中で開催される東京コミコンの成功を期待するとともに、世界を巻き込むような新しさと魅力に溢れた文化の創造に繋がることを祈念しています」
●オープニングステージでは、親善大使任命式を実施
会場内メインステージでは、オープニングステージとして親善大使任命式が行われた。
舞台には山東名誉会長、伊藤名誉特別顧問、胸組実行委員長、キャリントン米国大使代理、世耕弘成経済産業大臣が登壇。
そして、第1回東京コミコン親善大使に任命された俳優の竹内氏とローガン氏、東京コミコン名誉親善大使のスタン・リー氏がステージ上に呼ばれ、山東名誉会長より任命証の授与が行われた。

オープニングステージにかけつけた世耕経産大臣は、「日本で初めて開催されることになったコミックコンベンションが、日本のコンテンツの世界への発信の起爆剤となってほしいと思います」とあいさつを行った後、山東名誉会長による開会宣言がなされ、記念すべき第1回東京コミコンが開幕となった。

●アメコミ界の神様であるスタン・リー氏のトークセッションを実施
メインステージで行われた最初のステージイベントは、スタン・リー氏のトークセッション。
ステージには、大のアメコミ好きを公言しており、今回親善大使に任命された竹内氏が登場。
いちばん好きなマーベルキャラクターはキャプテン・アメリカとのことで、日本で初開催されるコミコンの親善大使に選ばれたことを光栄だと語っていた。
その竹内氏に呼ばれる形で、スタン・リー氏がステージに登場。
会場は割れんばかりの拍手と歓声に包まれることに。
背後にある巨大スクリーンに映っている自分の姿を見て、「後ろ姿しか映ってないじゃないか」と茶目っ気を見せる一面も。
ここからは、司会者による、東京コミコンのQ&Aが行われることに。
以下にそのやりとりを紹介しよう。

Q.本場アメリカのコミコンはどういったものですか?
スタン・リー氏「アメリカのコミコンは、ここにあるものとそっくり同じようなものです。
私が日本に来ているということを知らなければ、アメリカにいるような気分になってしまいます」
Q.東京コミコンの印象はどうですか
スタン・リー氏「今回が初めての開催だと信じることが難しいくらいです。
非常にワクワクできる素晴らしい雰囲気になっています。
アメリカのコミコンと競合できるようなイベントになると思います」
Q.今後、東京コミコンに何を期待されますか
スタン・リー氏「おそらく、これからアメリカと同じように発展していくと思います。
すなわち、これからのコミコンは大きくなっていくばかりだと思います。
今日ここにいる皆さんは、友人の皆さんにここがどれだけ素晴らしいかを伝えることになるでしょう。
そのため、次回はさらに多くの方が訪れ、回を追う毎に大きくなっていくと信じています」
ここで、竹内氏が練習してきたという英語で、「It’s my dream Perform to a Marvel hero character(私の夢は、マーベルキャラクターを演じることです)」と、スタン・リー氏に直接質問(というより、要望)を投げかけたところ、なぜか通訳を介してスタン・リー氏に伝えられることに。
どんなキャラクターを演じたいか逆質問をされ、竹内氏は散々迷ったあげく、ミュータント(X-メン)と回答。
スタン・リー氏に「少しミュータントのようにも見えますね」と言われ、よろこびを見せていた。

以上をもってトークセッションは終了の時間を迎えることになったが、最後に2017ミス・インターナショナル日本代表・筒井菜月さんから、スタン・リー氏への花束贈呈が行われた。

スタン・リー氏は最語に、「これが第1回のコンベンションになりますが、これからはアメリカと同様に大きなイベントに発展することを願ってます。
そして、また私を招待してください」と会場に訪れていた多くの観客にコメントを残し、トークセッションは終了となった。

御年93歳ながらも、元気いっぱいでオープニングセレモニー、ステージイベントを披露してくれたスタン・リー氏だが、来年も氏が生み出したキャラクターである『スパイダーマン』の新作映画となる『スパイダーマン ホームカミング』(東京コミコン12月4日12時からメインステージでスペシャル映像を上映!)も公開されるなど、まだまだエンタメ界において、その存在は揺るぐことなく、大きな影響を与えることだろう。
このような、これまで日本では見られなかったイベントが多数用意されている東京コミコンは12月3日と4日にも開催される。
千葉県の海浜幕張まで足を運んでみたら、きっと新しいポップカルチャーを肌で感じられるはずだ。
会場のブースや展示物など、コミコンの模様は、この後の記事にて紹介する。


■名称:東京コミックコンベンション(略称:東京コミコン)
■日時:2016年12月2日(金)、3日(土)、4日(日)
※12/2(金)17:00~20:00(プレビューナイト)/ 12/3(土)・4(日)10:00~19:00(ただし4日は18時まで)
※ホール11は日系ポップカルチャー催事同時開催予定
■場所:幕張メッセ 国際展示場 ホール9・10(千葉市美浜区中瀬 2-1)
■入場料:当日2000円
■出展者数:100社(予定)
■主催:東京コミックコンベンション実行委員会
HP:http://tokyocomiccon.jp(⇒こちら)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る