2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

発表の裏話やPVなどを中心にイベントを振り返る生放送“PSX振り返り特番2016”が本日12月8日22時より配信

 【08//2016】

発表の裏話やPVなどを中心にイベントを振り返る生放送“PSX振り返り特番2016”が本日12月8日22時より配信


●注目の最新インディータイトルも紹介
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、ニコニコ生放送番組“PSX振り返り特番2016”を、本日2016年12月8日(木)22時から生放送する。

以下、リリースより。

----------
ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)は、ニコニコ生放送番組「PSX振り返り特番2016」を本日、2016年12月8日(木)22時から生放送することをお知らせいたします。

本番組は先日アナハイムで開催されたばかりのゲームイベント「PlayStation Experience 2016」 を振り返り、そこで発表された内容などをあらためてご紹介する番組です。
『The Last of US』の続編から、国内からは 『GRAVITY DAZE 2』のDLCや『パラッパラッパー』のリマスターまで様々な発表がされた今年のPSX。
番組では発表の裏話を含むトークやPVなどを中心にイベントを振返ります。

また番組内では、イベントで見つけてきた注目の最新インディータイトルのご紹介も。
『Demon’s Souls』の影響が色濃い『Death’s Gambit』や、『ワンダと巨像』へのオマージュを込めた『EarthNight』、そして傑作ハイスピード対戦アクションの新作『Nidhogg 2』などを実機でご紹介します。

SIEの会議室からお届けする本番組。
みなさま、是非お付き合いください。

PSX振り返り特番2016

吉田修平(SIE Worldwide Studios プレジデント)
北尾泰大(SIEJA PR担当)
ほか

2016年12月8日(木)22:00~


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『NieR:Automata』の体験版“DEMO 120161128”が12月22日に配信決定!

 【08//2016】

『NieR:Automata』の体験版“DEMO 120161128”が12月22日に配信決定!


●滑らかな60fpsの気持ちいいアクション
スクウェア・エニックスは、2017年2月23日発売予定のプレイステーション4向けアクションRPG『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』の体験版“DEMO 120161128”を、2016年12月22日(木)に配信することを決定した。

本体験版は、バトルアクションを中心にプレイすることが可能な内容となっている。
アクションゲームには定評があるプラチナゲームズが開発する『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』。
その手触りをぜひ確かめよう。

敵超大型兵器の破壊命令を受け、人類の遺した工場廃墟へと進攻する主人公2B。
工場の奥深くで彼女を待ち受けるものとは……、そして進攻作戦の結末は……。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「龍が如く6 命の詩。」、無料ダウンロードコンテンツ配信開始

 【08//2016】

「龍が如く6 命の詩。」、無料ダウンロードコンテンツ配信開始


セガゲームス コンシューマ・オンライン カンパニーは、12月8日に発売されたプレイステーション 4用アクションアドベンチャー「龍が如く6 命の詩。
」の無料ダウンロードコンテンツを4回にわたり配信していく。
配信日は、12月8日、12月22日、2017年1月5日、2017年1月19日。


12月8日より配信される第1弾では、「龍が如く6 命の詩。
」のゲーム内で使用でき、主人公の全ステータスの経験値を500獲得できるレアアイテム「虹饅頭」が配信される。

無料ダウンロードコンテンツの受け取り方法は、ゲーム内の神室町、または尾道仁涯町のアジトに届く「小包」にアクセスすると手に入れることができる。
着替え衣装については、本編クリア後に楽しむことができるプレミアムアドベンチャーモードでのみの利用となる。

第2弾以降のダウンロードコンテンツの詳細は、後日発表予定となっている。

Amazonで購入:龍が如く6 命の詩。
©SEGA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

フジテレビ、ドキュメンタリー番組「ポケモンGOが変えた世界」を放送決定

 【08//2016】

フジテレビ、ドキュメンタリー番組「ポケモンGOが変えた世界」を放送決定


フジテレビは、ドキュメンタリー番組「ポケモンGOが変えた世界」を制作し、12月19日0時45分から1時45分まで放送する。


「ポケモンGO(Pokemon GO)」は、ナイアンティックのAndroid/iOS用位置情報ゲーム。
日本では、7月22日に配信開始された。
この番組は、今年世界的にヒットした「ポケモンGO」によって、世界が熱狂する様子を記録したドキュメンタリー。
「ポケモンGO」開発現場の舞台裏も収録されている。

番組では、病のために自宅で引きこもりがちだったアメリカ・ノースキャロライナ州の少年が、携帯端末技術をきっかけとして家族との絆を深め再生してゆく姿や、東日本大震災の被災地でゲームを通じて復興に取り組む様子などに密着。
人間と最新テクノロジーの新たな関わり方を映し出している。

また、今回世界で初めてアメリカ・サンフランシスコにあるゲーム開発の最前線にカメラが入り、「人々が外に出かけるきっかけを作りたい」という思いを持った開発者たちによる、ゲーム開発の舞台裏も映像に納められている。

さらに、この番組は日本のみならず、世界各国での放送も目指しており、日本語版と同時進行で英語版も制作されている。
すでに欧州を中心に世界60カ国での放送が決定している。
番組出演者は、ナイアンティックのCEOであるジョン・ハンケ氏ほか。


“世界を変えるために”「ポケモンGO」開発の目的をこう語るのは、ゲームのローンチ以来、初めてテレビの取材を受けた開発者のジョン・ハンケ氏。
我々番組スタッフはこの言葉にとても感銘を受けました。
世界中で6億人以上が外に出てスマホを片手にゲームを楽しんでいる「ポケモンGO」。

取材を進めた我々が驚いたのは、このゲームによってコミュニケーション障害をもつ引きこもりがちな少年が外出して友達を作り、老人ホームの高齢者が笑顔を取り戻し、震災の被災地に観光客が戻り地域経済が潤う、というまさに現実世界が変わっていく様子。

番組では現在進行中の新サービス開発の現場を世界で初めて撮影に成功、ポケモンを生んだ国、日本人スタッフと世界最高のIT技術持つ国、アメリカ人スタッフのコラボが無ければ生まれなかった今年世界最大のヒット商品の開発舞台裏を紹介します。
また単なるゲームを超えて“世界を変えていく”「ポケモンGO」の本質とそのすごさに迫っていきます。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ワンピース 海賊無双3』や『GOD EATER 2 RAGE BURST』をお手ごろ価格で楽しめる“Welcome Price!!”シリーズの魅力をユーザーの声とともにお届け!

 【08//2016】

『ワンピース 海賊無双3』や『GOD EATER 2 RAGE BURST』をお手ごろ価格で楽しめる“Welcome Price!!”シリーズの魅力をユーザーの声とともにお届け!


●珠玉の名作たちがお手ごろ価格で登場!
バンダイナムコエンターテインメントの人気タイトルがお手ごろ価格で楽しめる“Welcome Price!!”シリーズ。
同シリーズに2016年12月1日より、
・『ワンピース 海賊無双3』(PS4、PS Vita)
・『GOD EATER 2 RAGE BURST(ゴッドイーター2 レイジバースト)』(PS4、PS Vita)
・『太鼓の達人 Vバージョン』(PS Vita)
・『デジモンストーリー サイバースルゥース』(PS Vita)
・『ワールドトリガー ボーダレスミッション』(PS Vita)
・『塊魂 ノ・ビ~タ』(PS Vita)
の6作品が加わった。
本記事では、上記6作品の魅力を実際にプレイしたユーザーの声とともにお届けする。

[2016年12月8日12時35分 記事訂正]
記事初出時、ダウンロード版早期購入価格の期間に誤りがあり記事を訂正いたしました。
読者ならびに 関係者の皆様にご迷惑をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。

■『ワンピース 海賊無双3』
発売日:発売中
対応ハード:PS4、PS Vita
価格:
PS4版は3800円[税抜](4104円[税込])※
PS Vita版は2800円[税抜](3024円[税込])※
ジャンル:アクション
CERO:B(12才以上対象)
※PS4ダウンロード版早期購入価格は3400円[税抜](3672円[税込])、PS Vitaダウンロード版早期購入価格は2500円[税抜](2700円[税込])、2017年1月6日以降はパッケージ版と同価格。

◆爽快・海賊無双アクション
人気アニメ・マンガ『ONE PIECE』をもとにした無双アクションゲーム第3弾。
グラフィックはよりダイナミックになり、アクションもパワーアップ。
ルフィの旅立ちからドレスローザ編までを追体験でき、新キャラクターも多数参戦する。

<ユーザーの声>
●どんな人にオススメ?
・『ONE PIECE』ファン(20代・女性)
・『無双』シリーズファン(30代・男性)
・手軽に爽快なアクションを楽しみたい人(10代・男性)
●作品の魅力は?
・簡単操作で派手なアクションを楽しめる(10代・男性)
・多数の敵を一気に倒していく爽快感(20代・男性)
・『ONE PIECE』の世界観と『無双』シリーズのゲーム性がとてもマッチしている(20代・男性)
●過去のシリーズ作品と比べてどうだった?
・キャラクターが増えていてよかった(30代・男性)
・前作までの不満だった要素が改善されていた(20代・男性)
・アクションが格段にパワーアップしていた(10代・男性)
●次回作に期待するところ
・映画版のストーリーも入れていほしい(40代・男性)
・操作できるキャラクターを増やしてほしい(20代・女性)
・技を自分の好きなように組み替えて、オリジナルコンボを作りたい(20代・男性)
■『GOD EATER 2 RAGE BURST(ゴッドイーター2 レイジバースト)』
発売日:発売中
対応ハード:PS4、PS Vita
価格:
PS4版は3800円[税抜](4104円[税込])※
PS Vita版は2800円[税抜](3024円[税込])※
ジャンル:アクション
CERO:C(15才以上対象)
※PS4ダウンロード版早期購入価格は3400円[税抜](3672円[税込])、PS Vitaダウンロード版早期購入価格は2500円[税抜](2700円[税込])、2017年1月6日以降はパッケージ版と同価格。

◆神々を狩る戦いが超絶進化
特殊な武器“神機”を操る“ゴッドイーター”となり、人類の敵“アラガミ”と戦う、人気ドラマティック討伐アクション。
『GOD EATER 2』の物語に、新シナリオやシステムなど多数の要素を追加した決定版。

<ユーザーの声>
●どんな人にオススメ?
・奥深いストーリーを楽しみたい人(20代・男性)
・アクションゲームが好きな人(10代・男性)
・共闘ゲームが好きな人(10代・男性)
・共闘ゲームを遊んだことのない人(20代・女性)
●作品の魅力は?
・スピーディーに展開されるアラガミとの戦闘(30代・男性)
・アクションやストーリーはもちろんですが、音楽もすばらしいです(20代・男性)
・ひとつのミッションが短いので、サクッとプレイできる(20代・男性)
・友だちと最大4人でマルチプレイが楽しめるところ(10代・男性)
・NPCが優秀で、ひとりでもマルチプレイの感覚を楽しめるので、共闘ゲームを遊んだことのない人にもオススメです(20代・女性)
・無料アップデートで物語やキャラクターが追加されている(20代・男性)
●過去のシリーズ作品と比べてどうだった?
・全体的に遊びやすくなっていた(10代・男性)
・追加キャラクターが魅力的だった(20代・男性)
・アクションを中心にさまざまな要素がパワーアップしていた(50代・男性)
●次回作に期待するところ
・武器やアラガミのバリエーション増加(10代・男性)
・キャラクターをもっとカスタマイズしたい(20代・女性)
・さらに進化したアクションを期待しています(30代・男性)
■『太鼓の達人 Vバージョン』
発売日:発売中
対応ハード:PS Vita
価格:3800円(4104円[税込])※
ジャンル:音楽
CERO:A(全年齢対象)
※ダウンロード版早期購入価格は3400円[税抜](3672円[税込])、2017年1月6日以降はパッケージ版と同価格。

◆お気に入りの曲を多彩なモードで楽しもう!
おなじみの人気楽曲に合わせて太鼓を叩く、人気音楽ゲーム。
80曲以上が収録され、物語や演奏バトルが楽しめる“ドンだークエスト”や、自由に練習できる“太鼓トレーニング”など、モードも盛りだくさん。

<ユーザーの声>
●どんな人にオススメ?
・音楽ゲームやリズムゲームが好きな人(30代・男性)
・気軽に楽しめるゲームを探している人(20代・男性)
●作品の魅力は?
・子どもから大人まで誰でも楽しめるところ(20代・女性)
・自分の好きな楽曲を演奏できる(30代・男性)
・いままで聞いたことの楽曲を知るキッカケになる(10代・男性)
・同じ楽曲を何度も練習して、フルコンボできたときの達成感(50代・男性)
●過去のシリーズ作品と比べてどうだった?
・過去作品同様に安定しておもしろかったです(30代・男性)
・新モード“ドンだークエスト”が楽しかったです(10代・女性)
・楽しさが増していた(40代・男性)
●次回作に期待するところ
・収録曲を増やしてほしい(20代・女性)
・過去のオリジナル楽曲を収録してほしい(10代・女性)
・『アイドルマスター MUST SONGS 赤盤/青盤』のように、ひとつのジャンルや作品をテーマにした作品を発売してほしい(特撮など)(30代・男性)
■『デジモンストーリー サイバースルゥース』
発売日:発売中
対応ハード:PS Vita
価格:2800円[税抜](3024円[税込])※
ジャンル:RPG
CERO:B(12才以上対象)
※ダウンロード版早期購入価格は2500円[税抜](2700円[税込])、2017年1月6日以降はパッケージ版と同価格。

◆ふたつの世界で大冒険が展開!
“大人になったデジモンファン”へ向けて発売された育成RPG。
ゲームシステムは前作から大幅に進化。
“電脳空間EDEN”で発生した事件解決のため、電脳探偵の主人公とデジモンが冒険をくり広げていく。

<ユーザーの声>
●どんな人にオススメ?
・『デジモン』作品に触れたことのある人(20代・男性)
・個性的なRPG作品を楽しみたい人(20代・男性)
●作品の魅力は?
・渋谷、新宿、中野など、実在する現代の街が舞台になっているのが堪らない(20代・男性)
・サイバーパンクな世界観(20代・男性)
・オカルトチックで、ときには背筋が凍るようなサブシナリオ(20代・男性)
・ゲームシステムがシンプルなので、RPG初心者でも楽しめる(20代・男性)
・オシャレな音楽(20代・男性)
●過去のシリーズ作品と比べてどうだった?
・『デジモン』作品全体から見ても異色な世界観で新鮮でした(20代・男性)
・PS Vitaとは思えないほど、美麗なグラフィックとヌルヌル動くデジモンたちが素晴らしかった(30代・男性)
・『デジモンストーリーズ』の新境地という感じがしました(20代・男性)
●次回作に期待するところ
・登場するデジモンの種類を増やしてほしい(20代・男性)
・オリジナルデジモンを出してほしい(30代・男性)
・主人公をカスタマイズできるとより感情移入できると思う(10代・男性)
・育成要素をパワーアップしてほしい(10代・男性)
■『ワールドトリガー ボーダレスミッション』
発売日:発売中
対応ハード:PS Vita
価格:2800円[税抜](3024円[税込])※
ジャンル:アクション
CERO:B(12才以上対象)
※ダウンロード版早期購入価格は2500円[税抜](2700円[税込])、2017年1月6日以降はパッケージ版と同価格。

◆自分好みの最強部隊を編成せよ
マンガやアニメで人気の『ワールドトリガー』をゲーム化。
“トリガー”と呼ばれる武器を駆使して、異世界の侵略者と戦おう。
部隊編成や武器の組み合わせなど、カスタマイズ機能も充実。
最大8人での協力、対戦プレイも熱い。

<ユーザーの声>
●どんな人にオススメ?
・『ワールドトリガー』ファン(20代・女性)
・アクションゲームが好きな人(20代・男性)
●オススメのポイントは?
・攻撃手であるキャラクターを狙撃手するなど、原作と違うポジションにできるところ(20代・男性)
・トリガーの組み合わせ次第で、自由な戦いかたができる(20代・女性)
・携帯ゲーム機なので、いつでも気軽にプレイできる(20代・女性)
・原作のストーリーを追体験できる(10代・女性)
●次回作に期待するところ
・プレイアブルキャラクターをもっと増やしてほしい(20代・女性)
・オリジナルストーリーのボリュームアップ(10代・女性)
■『塊魂 ノ・ビ~タ』
発売日:発売中
価格:1800円[税抜](1944円[税込])※
ジャンル:アクション
CERO:A(全年齢対象)
※ダウンロード版早期購入価格は1600円[税抜](1728円[税込])、2017年1月6日以降はパッケージ版と同価格。

◆今回の塊は縦横に伸びる!?
塊を転がして周囲のモノを巻き込んでいくタマコロガシゲーム。
小さなモノから巻き込んで、塊をどんどん大きくしていけば、最後には超高層ビルまで巻き込める! さらに本作では、塊を縦横に伸ばすことも可能。

<ユーザーの声>
●どんな人にオススメ?
・アクションゲームファン(20代・男性)
・ひと味違ったゲームを楽しみたい人(30代・男性)
・ストレス発散したい人(20代・女性)
●作品の魅力は?
・独特なゲームデザインが魅力的(10代・男性)
・シュールな世界観(30代・女性)
・中毒性のあるゲームシステム(20代・男性)
●過去のシリーズ作品と比べてどうだった?
・塊を伸ばすのがおもしろかった(10代・男性)
・タッチ操作で塊を転がせるので、直感的で遊びやすかった(10代・女性)
●次回作に期待するところ
・いままで以上に多くのモノを一気に巻き込みたい(20代・男性)
・対戦モードのルールを増やしてほしい(30代・男性)
・VR対応を期待しています(20代・女性)

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
開発:コーエーテクモゲームス
(C)本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

小島秀夫氏と水口哲也氏が受賞! 世界各国で活躍するイノヴェイターを表彰する“WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016”授賞式リポート

 【08//2016】

小島秀夫氏と水口哲也氏が受賞! 世界各国で活躍するイノヴェイターを表彰する“WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016”授賞式リポート


文・取材:編集部 北埜トゥーン、撮影:カメラマン 永山亘
●小島秀夫氏からのコメントも!
2016年12月7日“未来の日本、未来の世界をつくる”をテーマに、世界各国で活躍するイノヴェイターを表彰する“WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016”が開催された。
同アワードは、オリジナルなアイデアとイノヴェイションを手に、ジャンルやキャリアにとらわれず、未来へのヴィジョンを実現していくイノヴェイターたちを支えるべく、WIREDとアウディジャパンによってスタートしたプロジェクト。

受賞者は医療、IT、音楽、などさまざまなジャンルから、WIRED日本版編集部とアウディジャパンが選出した39組と、知られざるイノヴェイターを発掘すべく読者からの推薦による公募で“NEXT INNOVATOR”11名が選ばれた。
そんな中、ゲーム業界からはコジマプロダクションの小島秀夫氏とエンハンス・ゲームズの水口哲也氏が受賞した。

●授賞式終了後の小島秀夫氏にインタビュー
――“WIRED Audi INNOVATION AWARD 2016”受賞おめでとうございます。

小島ありがとうございます。

――まず、受賞の喜びを聞かせてください。

小島30年のあいだにさまざまな賞をいただきましたが、独立後にいただいた個人賞はこれで5つ目になりました。
非常に貴重な賞をいただけてありがたいです。

――“The Game Awards 2016”では、“INDUSTRY ICON”を受賞されていましたね。
おめでとうございます。
こちらの感想も聞かせていただけますか。

小島ありがとうございます。
今日はマッツTシャツなんです(※『DEATH STRANDING』のティザー映像に登場した俳優のマッツ・ミケルセン氏がプリントされたTシャツ)。
これまでは、ゲーム制作の動機として“何かを失ったのでもう1度取り戻そう”という意思や、“死ぬまで現役でゲームを作り続けたい”という思いでやってきました。
しかし、今年の“E3”や“The Game Awards 2016”で、世界中のファンの方に歓迎していただいたので、ゲーム作りの動機が変化してきました。
これからは、世界中の応援してくれる方を喜ばせるために、人生を捧げたいと思います。

――“The Game Awards 2016”では、『DEATH STRANDING』の新しいティザー映像が公開されましたが、反響はいかがですか?
小島評判がよかったのでホッとしています。
とくにマッツファンの方に喜んでいただけたようで。
僕自身がマッツファンのひとりですから非常にうれしいのですが、さらにハードルが高くなったかなと感じています。

――“PlayStation Experience 2016”で行われたパネルディスカッションでは「トレーラーについて討論したり想像したりすることもゲームの一部」というお話をされていましたね。

小島そうですね。
映画もそうですが、ティザーというものは公開日や発売日のかなり前に発表しますよね。
いまはその映像を見て、皆さんとキャッチボールをする時代だと考えています。
ですので、今回と前回のティザー映像を見て、ファンの皆さん同士でコミュニケーションを取っていただければと。

――いろいろネタが盛り込まれているということですが。

小島10秒に1回くらいはネタが入っています。
前回の映像と見比べてもらうことで新しい発見があるかもしれません。
また、今回のティザーには、“The Game Awards 2016”で公開したものとはべつに、BGMをロウ・ロア(Low Roar)の『EASY WAY OUT』にしたふたつのバージョンがあります。
どちらが正解なのかということは置いておいて、歌詞を聞きながらもう1度見ると違うイメージが出てくると思います。
そこから「こういうことになるのではないか?」と想像しながら、皆さんで繋がっていただければと。
『DEATH STRANDING』は“繋ぐ”ということがテーマですから。

――ファンの方の推測などはチェックされているのでしょうか?
小島全部は見れていませんが、予想だにしない方向にいっているものもありますし、意図的に埋め込んだのですが、まだ誰も気付いていないものもあります。
そこには少し焦りがあって、自分で言ってしまおうかなと思っています(笑)。

――なるほど(笑)。
最後にファンの方にメッセージをお願いします。

小島『DEATH STRANDING』は独立後、最初の作品になりますので、しっかり丁寧に作りたいと思います。
時間は少し掛かってしまいますが、必ずや、ある意味裏切るものにしたいと思いますので、皆さんで討論しながらお待ちいただければと思います。

――ありがとうございました。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ベルベットルーム」でペルソナをリアル召喚!? 「ペルソナ20th フェス」の魅力をお届け…貴重な展示や『ペルソナ5』フィギュア初お披露目も

 【08//2016】

 「ベルベットルーム」でペルソナをリアル召喚!? 「ペルソナ20th フェス」の魅力をお届け…貴重な展示や『ペルソナ5』フィギュア初お披露目も


少年少女の日々や成長を描くRPG『ペルソナ』シリーズは、プレイステーションソフトとして登場した1作目『女神異聞録ペルソナ』から数え、今年で20周年を迎えました。
今年は最新作『ペルソナ5』もリリースされ、その人気と勢いはなお増すばかりです。


この記念すべきアニバーサリーイヤーを祝う「ペルソナ20th フェス」が、2016年12月8日から12月18日まで開催。
本シリーズの魅力に触れることができる体験型イベントとなっており、展示あり音楽あり模擬店ありの“ペルソナ文化祭”とも言える催しです。

このイベントの幕開けは前述の通り12月8日からですが、その内覧会が先日実施されたため、会場内の見どころを画像など交えつつ紹介。
足を運ぶ予定の方はご参考までに、また遠くて行けない方には雰囲気の一端をお送りします。

◆20年の歩みを多彩な展示で実感…新たな足跡『ペルソナ5』ではフィギュア初お披露目
20周年を記念する文化祭なので、まずはその足跡を辿る展示「『ペルソナシリーズ』歴史資料館」を覗いてみました。
中央部分には、本シリーズの1作目から4作目までのビジュアルをデジタルに展示。
一定時間で切り替わる形で、多彩なイラストを表示していました。

外側の壁には、フィギュアや作中に登場した武器を再現したものなどが並んでおり、立体的な造形をじっくりと楽しめます。
また、出演声優陣などによる「モルガナ」イラスト入りのサインも会場を賑やかに彩っていました。
こちらには最新作となる『ペルソナ5』に関連するものはそれほどありませんが、『ペルソナ5』の資料展示はまた別のエリアで行われているのでご安心を。


「『ペルソナ5』資料展示」のコーナーでまず目を引くのは、初公開となるフィギュア原型の展示。
怪盗姿の主人公や杏、そして看守の双子と双葉が飾られており、再現度の高さや存在感のあるサイズに釘付け。
まだ監修中のものですが、製品版への期待が膨らみます。


このほかにも多数のイラストが展示されており、『ペルソナ5』の魅力をビジュアルで表現したものだけでなく、作中で登場した絵画「サユリ」を再現したものも。
こちらは、プレイ済みの方ならばピンと来るはず。
また、シャドウ鴨志田のイラストも飾られており、ゲーム画面を通して見る場合とはまたひと味違うパワフルさを感じました。


◆「ベルベットルーム」で“もう一人の自分”と対面!? クリエイター陣がイラストで20周年をお祝い
初代『女神異聴録ペルソナ』の「ベルベットルーム」を再現したエリアでは、あの独特な青さをライトで演出すると共に、巨大なモニターを2枚展示。
人の動きを認識してリアルタイムにペルソナを表示するARデジタルサイネージが組み込まれており、そこでは多くの人がペルソナを召喚していました。

ヒーホー口調でお馴染みの「ジャックフロスト」や独特な妖しさを持つ「カハク」、シリーズを通してファンも多い「アリス」など、多彩なペルソナを確認。
あなたが呼び出すのは、どんな“もう一人の自分”なのか。
気になる方は、「ベルベットルーム」に足を運んでみましょう。

「ベルベットルーム」を出ると、「20th 記念イラスト色紙展示」がお出迎え。
こちらには、数多くのクリエイターの手による記念イラストがずらりと並んでおり、『幻影異聞録#FE』のtoi8(といはち)さんや、『世界樹の迷宮』シリーズの日向悠二さん、『女神異聞録デビルサバイバー』シリーズのヤスダスズヒトさんなど、アトラス作品と深い関わりのある方々のものも。
こちらも見応え満点です。

またその先には、『ペルソナ2 罪』の「葛葉探偵事務所」を再現したエリアが。
こちらはアンケートの回収コーナーとなっていますが、作中の事務所を模した装いが心憎い演出と言えます。
棚に並べられたファイルには、「浮気調査」といった探偵にお馴染みのものから、「噂調査」や「ラーメンしらいし」に関するものまであり、こちらもプレイした方ならばニヤリとするポイントも。
机の上に置かれたパソコンも時代を感じさせます。

◆ジュネスなひとときを屋上で堪能、模擬店では意外なゲストも…?
屋上には「ジュネスフードコート」を設置。
『ペルソナ4』で主人公たちがよく集っていたあの場所が再現されており、もちろん「JUNES」の看板も。
ある程度使い込まれている感じが演出されているのも嬉しいポイント。
こちらは、休憩や撮影のスペースとして利用できるほか、飴細工の実演も行われます。

筆者が足を運んだ時は、クマとコロマルを作り上げる手腕をお披露目。
クマは飴を丸くするところから始まり、耳を作った段階で「(丸に近いキャラなので)8割出来ました」と言って笑いを誘う場面も。
またコロマルは、黒を若干混ぜて灰色にした飴も用いて2色で成形。
あっという間に形が作られていく様は、まさに職人芸でした。

場所を変えて2Fでは、模擬店エリアを展開。
クマかモルガナのスーパーボールがもらえる「クマ・モルすくい」や、撃ち落とした数だけ特典シールがもらえる「射的」、そして「ガチャガチャ」などの模擬店が賑わっています。
ちなみに「射的」では、『キャサリン』に登場する主人公・ヴィンセントや羊が的に。
意外な形でゲスト出演を果たしています。

またこちらのエリアでは、会場限定グッズを含めた20周年記念グッズが並ぶ物販コーナーも用意。
Tシャツやマグカップ、パーカーにクッションなど多彩なアイテムが揃っていますが、「パンフレットは一人二点まで」といった購入制限があるグッズもあるのでご注意ください。

さらにB1Fには「占いの館」も。
幻想的な衣装に身を纏った占い師・マギーが、部屋に入った人たちが共有する運命を見定めてくれます。
シリーズに縁の深いタロットを用いているだけでなく、占いの語りの中で「肉ガム」といった聞き覚えのあるフレーズが飛び出すこともあり、やはりここにも『ペルソナ』らしさが溢れています。
ちなみに「占いの館」の室内は撮影禁止なので、妖艶なマギーさんのお姿は会場で直接ご確認を。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
「ペルソナ20th フェス」の見どころをピックアップしてみましたが、いかがだったでしょうか。
今回紹介した内容だけでなく、この他にも様々な演出や催しが用意されており、その魅力の全てをお伝えできないのが残念です。

本イベントは、本日12月8日から18日まで「アーツ千代田 3331」 (東京・秋葉原)にて開催されているので、興味が湧いた方はこのユニークな文化祭に参加してみてはいかがでしょうか。
詳細に関しては、特設サイトをご覧ください。

■「ペルソナ20th フェス」特設サイト
URL:http://p-ch.jp/20thfes/
「ペルソナ20thフェス」いよいよ明日12月8日(木)から開催です!早いもので12時間後にはもう開場していますね。
初日ゆえ手間取る部分もあるかもしれませんが、その分全力以上、120%で皆様をお出迎えしますので楽しみにしていてください。

皆様のご来場、お待ちしている! pic.twitter.com/FYhe3hCTut? ペルソナ20thフェス (@persona20th_fes) 2016年12月7日
(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「AKIBA’S BEAT」、PS4版の体験版PS Storeにて配信開始

 【08//2016】

「AKIBA’S BEAT」、PS4版の体験版PS Storeにて配信開始


アクワイアは、12月15日発売予定のプレイステーション 4向けアクションRPG「AKIBA'S BEAT(アキバズビート)」の体験版をPlayStation Storeにて配信開始した。
価格はパッケージ版が7,200円(税別)、ダウンロード版が6,200円(税別)。


本作の舞台は現在の日本の様々な妄想がうずまく秋葉原。
今を生きる7人の若者たちがメインキャラクターとして登場し、ゲーム内に出現する具体化した妄想の迷宮「妄想宮」や「繰り返す日曜日」といった謎に挑んでいく。

体験版では、この世界の謎に本格的に迫っていく物語の序盤戦をプレイすることができる。
製品版ではメインだけでも80時間以上もある物語の内10時間以上を楽しむことができ、セーブデータやアイテム等、進行状態はそのまま製品版へと引き続ぐことも可能。
特典として、PS4カスタムテーマがもれなくプレゼントされる。

■公式サイトにキャストコメント掲載
公式サイトでは、作品や演じたキャラクターの印象、ファンの人へのメッセージなど、「AKIBA’S BEAT」に出演しているキャスト達のコメントを見ることができる。

第1弾では、立花アサヒ役の増田俊樹さんと、星野サキ役の田所あずささんが登場。
詳細は専用ページで確認いただきたい。

□ブログのページ
http://akibas.jp/information/
□増田俊樹さんのコメントのページ
http://akibas.jp/information/693
□田所あずささんのコメントのページ
http://akibas.jp/information/701
■アクワイアの公式キャラクター「アクワイアちゃん」登場
「アクワイアちゃん」は、2.5次元の世界から飛び出してきたアクワイアの公式キャラクター。
好きなものはココロにささるゲームとお菓子。
ゲーム内で一定の条件を満たすと、「アクワイアちゃん」が出現する。

製品版では、なぜ出現したのかの理由を知るべく、主人公たちと冒険する物語も用意されている。

□アクワイアちゃん紹介ページ
http://www.acquire.co.jp/official_chara/
■サウンドトラック盤の発売決定
PS4版の発売にあわせて、サウンドトラック盤がiTunes Storeにてダウンロード販売される。
全54曲収録される予定。
発売日や価格等の詳細は、公式サイトやツイッターにて後日発表される予定になっている。

Amazonで購入:AKIBA'S BEAT©2016 ACQUIRE Corp. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

AC版『ブレイブルー セントラルフィクション』がバージョンVer1.30へのアップデート Es、マイ=ナツメ、スサノオが参戦

 【08//2016】

AC版『ブレイブルー セントラルフィクション』がバージョンVer1.30へのアップデート Es、マイ=ナツメ、スサノオが参戦


●キャラクターページもアップデート
アークシステムワークスは、アーケード用2D対戦格闘ゲーム『ブレイブルー セントラルフィクション』において、バージョンVer1.30へのアップデートを実施した。
今回のアップデートで、Es、マイ=ナツメ、スサノオがプレイアブルキャラクターとして追加される。

以下、リリースより。

----------
■アーケード版『BLAZBLUECENTRALFICTION』 本日(2016年12月8日)アップデート実施!
本日、全国のアミューズメント施設にて好評稼動中の2D対戦格闘ゲーム「BLAZBLUECENTRALFICTION」につきまして、最新バージョンVer1.30へのアップデートを実施致しました。

本アップデートでは「Es」、「マイ=ナツメ」、「スサノオ」が遂にプレイアブルキャラクターとしてアーケード版に参戦致します。
また、好評発売中の家庭用と同等のバトルバランスが適用されます。

新たなキャラクターの参戦により熱い闘いがさらに激化!総勢35 キャラクターによる白熱のバトルを体感せよ!
※『BLAZBLUECENTRALFICTION』バージョンアップ内容
■アーケード版『BLAZBLUECENTRALFICTION』公式サイト更新!
本日、アーケード版「BLAZBLUECENTRALFICTION」のアップデートに伴い、公式サイトを更新致しました。

公式サイトではアーケード版に初参戦する「Es」、「マイ=ナツメ」、「スサノオ」のキャラクターページなどを公開しております。
ぜひ、ご確認ください!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

AC『ブレイブルー セントラルフィクション』家庭用キャラが参戦するVer1.30アプデが実施

 【08//2016】

AC『ブレイブルー セントラルフィクション』家庭用キャラが参戦するVer1.30アプデが実施


アークシステムワークスは、アーケード『BLAZBLUE CENTRALFICTION(ブレイブルー セントラルフィクション)』のアップデートを2016年12月8日より実施しています。


『BLAZBLUE CENTRALFICTION』は、2D対戦格闘ゲーム『BLAZBLUE』シリーズ最新作となるタイトルです。
主人公「ラグナ=ザ=ブラットエッジ」の最終章が描かれる内容となっており、これまでの参戦キャラクターに加え、新たに「黒鉄ナオト」「ヒビキ=コハク」といったキャラクターが登場しています。

今回は、最新バージョンとなるVer1.30へのアップデートが実施。
「Es」「マイ=ナツメ」「スサノオ」がプレイアブルキャラクターとして参戦し、家庭用版と同等のバトルバランスが適用されます。

また、アーケード版公式サイトも更新されており、上記のキャラクターのページなどが公開されています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『BLAZBLUE CENTRALFICTION』は稼働中です。

(C) ARC SYSTEM WORKS


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る