2016 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 01

初のタッグマッチ制全国大会を制したのは!? 『コード・オブ・ジョーカーS』第4回アルカナカップ~共同戦線~ イベントリポート

 【19//2016】

初のタッグマッチ制全国大会を制したのは!? 『コード・オブ・ジョーカーS』第4回アルカナカップ~共同戦線~ イベントリポート


文・取材・撮影:ライター マンモス丸谷
●“共同戦線”な特殊ルールを勝ち抜いたのは……
2016年12月18日、東京・大崎ブライトコアホールにてセガのデジタルトレーディングカードゲーム、『コード・オブ・ジョーカーS』(以下、『COJS』)の全国大会、“第4回アルカナカップ~共同戦線~”が行なわれた。
ここでは決勝大会の模様と、会場で発表された新情報をお届けする。

●“共同戦線”な特殊ルールを勝ち抜いたのは……
アルカナカップは、『コード・オブ・ジョーカー』の稼動スタート以来、定期的に行なわれている全国大会。
4回目の開催となった今回は、公式大会では初となる2対2でのタッグ戦で行なわれた。
全国のゲームセンターで行なわれた店舗予選とエリア予選大会を勝ち抜き、決勝大会に臨んだのは以下の10チーム(20名)。

○○の化身 & ちょろーん チーム(北海道エリア代表)
ルオン & レイン チーム(東日本エリア代表)
Money & ハンター チーム(関東エリア代表A)
さう & バナナジョーカー チーム(関東エリア代表B)
キルア ゾルディック & ギンメダイ チーム(中日本エリア代表A)
しゃかしゃか & とみー チーム(中日本エリア代表B)
ジェミニ & やす☆ チーム(関西エリア代表A)
mondial & Lilium チーム(関西エリア代表B)
チロル & にゃお チーム(西日本エリア代表)
いずみみ & トラ チーム(九州エリア代表)

この日の決勝大会では、エリア予選から採用されていた“チーム内で同じキャラクターの使用禁止”に加え、同じカードを使用できる枚数は“チームで合計3枚”という特殊ルールが追加。
そのため通常の対戦で強いとされているデッキが組みにくく(作れはするがそのデッキを使えるのはチーム内でひとりだけ)、さらにひとり3パターン、チームとしては6種類のデッキを登録し、試合ごとに選択可能だったため、試合当日はもちろん、事前のデッキ構築から“共同戦線”で臨む必要があるルールが設定されていた。
また試合開始後も「負けた対戦相手の情報を伝えられる」(解説の花田勝氏さん)ため、先鋒、大将戦が1勝1敗だった際に行なわれる決定戦では試合前に作戦会議を行なうシーンが見受けられるなど、ここでもチーム戦ならではの趣が感じられた。

先鋒戦、大将戦が同時にスタートする形式の1回戦、準々決勝を突破してベスト4に名乗りを上げたのは、キルア ゾルディック & ギンメダイ チーム(関西A)、ジェミニ & やす☆ チーム(中日本A)、しゃかしゃか & とみー チーム(中日本B)、mondial & Lilium チーム(関西B)。
奇しくも左右どちらのブロックともに中日本と関西のチームが激突する形になった。

準決勝1試合目、関西Aチーム対中日本Bチームの対決は、準々決勝で現行バージョンの全国対戦ランキング1位、バナナジョーカー選手を倒して勝ちあがってきた関西Aチームのギンメダイ選手が爆発。
先鋒戦でキルア ゾルディック選手が負けてあとがない大将戦で、解説陣も予想していなかった、JOKERカード→“現世のイザナギ”のオーバークロック→やす☆選手の盤面を完全に丸裸にしてからの集中攻撃で一気に4ライフを奪ってモノにすると、続く決定戦も序盤のラッシュと絶妙なタイミングでの“ゴールドクラウン”投入(場に出現させるとコスト3以上の敵ユニットすべての行動権を消失させる)で勝利。
会場がどよめく派手な連勝で決勝へ駒を進めた。

残る準決勝2試合目は優勝候補、関西BチームのLilium選手が先鋒戦を手堅く取るも、 これまで盤石の試合運びを見せていたmondial選手が、とみー選手の手堅く素早い場の形成により苦しい展開に。
しかし早めにJOKERカードの明天凶殺(手札を全破壊する)を使って粘り、最終ラウンドまで持ちこみ、最後は“ジャック・ザ・リッパー”3連発で辛くも勝利。
決勝進出を確定させた。

そして迎えた決勝戦。
先鋒戦はLilium選手のデッキに入った“盗賊の手”、“謀略の祝杯”といった、現在の対戦環境ではそれほど目立たない、しかし解説のちゃみ氏いわく「大会向き」な効果を持ったカードがこれ以上ないぐらい試合展開にジャストフィット。
これらのカードがキルア ゾルディック選手の思惑をことごとくつぶすことになり、関西Bチームが先勝する形になった。
関西Bチームが勝てば優勝となる大将戦は、この日最もノッているギンメダイ選手と関西Bチームを優勝候補たらしめているmondial選手との対決。
この頂上対決の勝敗を分けたのは、開始間もない2ラウンド目の立ち回り。
ギンメダイ選手は「(格上の) mondialを殺るにはこれしかない」(花田勝氏さん)ような、序盤から勝負をかけられるデッキで挑むも、1、2ラウンド目にキーカードが引けずにターンを終了。
それでもギンメダイ選手はあきらめずにジャック・ザ・リッパーでライフを奪って抵抗するも反撃はここまで。
4ラウンド目、ギンメダイ選手の勢いを完全に削ぎ、完璧に場を整えたmondial選手が一気に5ライフを奪って勝利を飾った。
これにより第4回アルカナカップは、要所を抑えて3勝を挙げたLilium選手、全国大会常連ながらもこれまで優勝には手が届かなかったmondial選手の関西エリア代表Bチームが初の頂点に立つ形で幕を下ろした。

●優勝チームmondial選手& Lilium選手インタビュー
――優勝おめでとうございます。
今回の大会は使えるカードやキャラクターに制限がありましたが、デッキはどのように決めたのですか?
mondialぼくが全部考えました。
当初は紫デッキで戦うつもりだったんですけど、エラッタがかかって自分が使っていた紫デッキは全然使えなくなったことでテンパりまして……。
だらしない話なんですけど自分はデッキを作るのが下手なので、どうせだったら開き直って、強い人に作ってもらったデッキで訓練したほうがいいんじゃないかな?って思ってmondialさんにお願いしました。

――Lilium選手のデッキは3種類とも武神デッキですか?
Liliumそうですね。

mondial祝杯(謀略の祝杯)と“盗賊の手”を入れたタイプ、“スサノオ”とターミネートオーダー(山城郡司のJOKERカード)を積んだタイプに、一般的な武神デッキって感じです。
1ヵ月で使えるとなると武神デッキしかないなと。
でも大会前によく練習してくれたし、(試合中の)判断がよかったですね。
準決勝の死のランプを挿したところ(5ラウンド目)なんかはとくに。

――決勝は“謀略の祝杯”がかなり刺さってた(有効だった)試合に見えました。

mondial逆に刺さらないと負けですね。

Lilium自分のほうは対戦相手のデッキにこれが来たら勝てない、最初から捨ててたデッキもありました。

mondialどうしても使っているキャラクターのジョーカーで差が出るんですよね。
まりね&沙夜を使ってない側はワンチャンを取らないと勝てないから。
(武神デッキにきびしい相手と当たったら)自分が勝つ。
そこは(大将である以上)背負わないと。

――mondialさんは終わってみれば全勝でしたが、準決勝はかなりきびしい試合のように見えました。

mondial準決勝は苦しかったです。
紫相手で先攻だと最後に点(ライフ)を取られて負けるってパターンが多いので。
中盤あたりは負けたと思ってました。

――mondialさんはどういうデッキを用意したのでしょうか?
mondialぼくは(対戦相手の)黄単を見た(メタぎみの)黄単、自分が一番強いと思ってふだんから使っている“ジャック・ザ・リッパー”入りの黄単、あとは結局使わなったんですけど、紫デッキを作ってました。

――mondialさんは決勝戦、相手のギンメダイさんのデッキは読めました?ギンメダイさんが開幕に“堕天使ニケ”を出したときには解説席、会場ともにざわついてましたが。

mondial2ラウンド目に3点取られる可能性があったので、その場合はヤバかったですね。
あの2ラウンド目さえ乗り切れば勝ちだと思ってたので、あとはわりと安心してプレイできましたね。

●2017年の『COJ』の展開がつぎつぎと明らかに!
すべての試合が消化され、表彰式が終わると『COJ』シリーズの総合プロデューサー、西山泰弘氏から(1)カードの追加(EX3)、(2)大型バージョンアップ、Ver.2.1を制作中、(3)現行『COJS』のランクシステムの改定、そして(4)『COJポケット』の「年内の配信は無理でした!すいません!!」といった報告&お詫び(?)が発表された。

それぞれのサービス実装時期は、西山氏によると(1)は「かなり早いタイミング」、(2)は「夏よりは前」、(3)は「1月下旬ぐらい」、(4)は「年明け早々には……」とのこと。
ちなみに(1)、EX3カードの情報については12月19日のコニコ生放送“CODE OF JOKER S Ver.2.0EX3バージョンアップ直前特番!!”で明らかになるので、興味のある人はそちらをチェックしてもらいたい。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『三國志13 with パワーアップキット』川本喜八郎氏の三国志人形が武将CGになって登場 2017年2月16日より無料配信

 【19//2016】

『三國志13 with パワーアップキット』川本喜八郎氏の三国志人形が武将CGになって登場 2017年2月16日より無料配信


●多くのファンを魅了した三国志人形たちが武将CGとなって蘇る
コーエーテクモゲームスは、2017年2月16日に発売予定の歴史シミュレーションゲーム『三國志13 with パワ ーアップキット』について、川本喜八郎氏による三国志人形とのタイアップを実施することを発表した。

本タイアップでは、人形美術家・川本喜八郎が手掛けた三国志人形たちが、『三國志13 with パワーアップキット』ゲーム内で武将CGとして登場。
総勢25名以上の三国志人形のグラフィックを、2 月16 日より順次期間限定で無料配信される。

以下、リリースより。

----------
当社は、2017 年2 月16 日(木)に発売予定の歴史シミュレーションゲーム『三國志13 with パワーアップキット』(Windows/PlayStation4/PlayStation3)につきまして、川本喜八郎・三国志人形とのタイアップを実施いたします。

本タイアップでは、NHK で放送された人形劇に登場し、多くのファンを魅了した人形美術家・川本喜八郎が手掛けた三国志人形たちが、『三國志13 with パワーアップキット』で蘇ります。
ゲーム内で武将CG として使用できる総勢25 名以上の三国志人形のグラフィックを、2 月16 日より順次、期間限定で無料配信しますので、お楽しみにお待ちください。

さらに、2月16日(木)より開催予定の「イベント編集コンテスト」につきまして、本タイアップを記念した特別賞「川本喜八郎賞」を設けることが決定いたしました。
タイアップ武将のグラフィックを利用することで、受賞チャンスを得ることができますので、人形劇の名シーンを再現したイベントなど、ファンの皆さまの懐かしい思い出を、ぜひコンテストにぶつけてください。

また、本日プロモーションムービー第2 弾を公開いたしました。
「威名」システムにより大きく生まれ変わった武将プレイ、大陸全土に拡大する「要衝」をめぐる戦略、「軍議」と「戦術」で大きくスケールアップする英傑たちの戦いなど、シリーズ最大規模のパワーアップを遂げた本作の魅力を余すことなく感じられる内容となっております。

●川本喜八郎・三国志人形タイアップについて
○アイテム名称: 川本喜八郎・三国志人形タイアップ武将CG
○概要:人形美術家・川本喜八郎が手掛け、NHK で放送された人形劇に登場する三国志人形の中から、総勢25 名以上が武将CG となって『三國志13 withパワーアップキット』に登場いたします。
○配信時期:2017年2月16日(木)より順次、期間限定で無料配信予定。
※詳細な配信スケジュールは、今後の続報をお待ちください。
○特別賞「川本喜八郎賞」:2017年2月16日(木)より開催予定の「イベント編集コンテスト」に、特別賞「川本喜八郎賞」を新設します。
タイアップ武将を使用し作成したイベントをコンテストに応募することで、「川本喜八郎賞」の選考対象となります。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

公開生放送“ファミ通チャンネル忘年会スペシャル2016”応募受付中!(2016年12月27日19時~)

 【19//2016】

 公開生放送“ファミ通チャンネル忘年会スペシャル2016”応募受付中!(2016年12月27日19時~)


●応募期間は2016年12月22日午前10時まで!
2016年12月27日(火)、週刊ファミ通が運営するニコニコ生放送生放送チャンネル“ファミ通チャンネル”が、月額会員向けの公開生放送“ファミ通チャンネル忘年会スペシャル2016”を開催することが決定。

東京・池袋にある飲食店である“池袋 STORIA(ストーリア)”にて、週刊ファミ通の編集長である林克彦によるトークコーナーや、ファミ通スタッフによるゲーム実況プレイなどを実施予定。
ファミ通スタッフと直接交流できるイベントとなっている。

■イベント概要
------------------------------
イベント名:ファミ通チャンネル忘年会スペシャル2016
定員:50名
日時:2016年12月27日(火)18時30分開場 / 19時開演(21時頃終演予定)
会場:池袋 STORIA(ストーリア)
入場料:500円(ワンドリンク付き)
応募期間:2016年12月16日(金)~12月22日(木)午前10時
当選発表:2016年12月22日夕方~夜頃
応募フォーム:コチラ(※ファミ通チャンネル月額会員のみ応募可能です)
------------------------------
■配信概要
------------------------------
番組名:ファミ通チャンネル忘年会スペシャル2016
URL:コチラ
媒体:ファミ通チャンネル
日時:2016年12月27日(火) 19:00-21:00
出演者:林克彦、ふじのっち、ほかファミ通編集者
------------------------------


●おもな内容(予定)はコチラ
藤川Q、堅田ヒカルのホラーゲーム実況
毎週月曜21時から配信中の“月曜ホラー”に出演中のファミ通スタッフ、藤川Qと堅田ヒカルが公開ホラーゲーム実況に挑戦。
ファミ通チャンネル視聴者にはおなじみの名物コンビ(!?)の生実況が聞けちゃいます!
出演(予定):藤川Q、堅田ヒカル

先出し週刊ファミ通 出張版
毎週火曜日21時からお届けしている“先出し週刊ファミ通”。
木曜発売の週刊ファミ通を、火曜日にチラ見せしていくコーナーを公開。
会場に来てくれた方だけが聞けるスクープもあるかも!?
出演(予定):ふじのっち、のぐちみ、堅田ヒカル

ファミ通編集者とゲーム対決!
週刊ファミ通の編集者が、会場に来てくれた方といっしょに対戦ゲームをプレイ。
勝者にはファミ通グッズを差し上げます。
出演者:北口徒歩2分ほか

勝者予想クイズ(仮)
編集スタッフ2名がゲーム対決をし、来場者が勝者を予想するコーナー。
全問正解した方にはプレゼントをお贈りします。
出演者:ででお、ふじのっち、ゆーみん17

ファミ通へ質問!
会場受付ではファミ通への質問・メッセージを募集しています。
このコーナーでは、来場者の質問を林克彦編集長がダイレクトに答えていきます。
出演者:林克彦


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「WoT Blitz」、大河原邦男氏デザイン戦車「O-47」の発売日決定

 【19//2016】

「WoT Blitz」、大河原邦男氏デザイン戦車「O-47」の発売日決定


Wargamingは、Windows/Mac/Android/iOS用オンラインタンクバトル「World of Tanks Blitz」において、メカニックデザイナーの大河原邦男氏が手がけたオリジナル戦車「O-47」(Tier8、中戦車)を12月22日より発売する。
販売期間は2017年1月6日までで、価格は4,800円(税込)。



「O-47」は、メカニックデザイナーの大河原邦男氏がデザインした「World of Tanks Blitz」のオリジナル戦車。
アーティストが制作したイラストをゲーム内に実装させる企画「アーティストシグネチャーシリーズ」の第1弾となる。

□車輌概要
車輌名:O-47
車種:中戦車
Tier:8
価格:4,800円(税込)
販売期間:12月22日~1月6日


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『蒼き革命のヴァルキュリア』大罪人(+α)の日常を描いた4コママンガ第6話“歌姫・オフィーリア”が公開

 【19//2016】

『蒼き革命のヴァルキュリア』大罪人(+α)の日常を描いた4コママンガ第6話“歌姫・オフィーリア”が公開


●第6話では大罪人ではなく、ユトランド王国の歌姫の日常が描かれる
セガゲームスは、2017年1月19日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『蒼き革命のヴァルキュリア』について、“五人の大罪人(+α)”の日常を描いた4コママンガの第6話を公開した。

以下、リリースより。

----------
株式会社セガゲームス コンシューマ・オンライン カンパニーは、2017年1月19日(木)発売予定のPlayStation4/PlayStation Vita用ソフト『蒼き革命のヴァルキュリア』の公式WEB サイトにて、“五人の大罪人(+α)”の束の間の日常を描いた「4コママンガ」の第6話を公開しました。
今回の登場キャラクターは大罪人ではなく、その「+α」で、主人公アムレートとともにアンチ・ヴァルキュリア部隊「ヴァナルガンド」の一員として前線で戦うユトランド王国の姫様です。
こちらも、おそらくゲーム本編では出てこないであろうエピソードを「蒼き革命の4 コマ」でお楽しみください。

■第6話「歌姫・オフィーリア」
連載第6 話の登場キャラクターは、ユトランド王国の“歌姫”「オフィーリア・アウグスタ・ア・ユトランド」。
世界にまれなる「咒術師」としての才能も持つ彼女が歌う「咒歌」は、あの死神ヴァルキュリアの力をも押さえ込むといいます。
主人公アムレートとは咒術学校の同窓で、自身と同じように呪術の才に長ける彼には親愛の念を抱いているとか!? 今回は劇中でも何かと絡むことが多い2人の、ある日の森の中でのエピソードです。

※蒼き革命の4コマ
■SNS アイコン・カバーダウンロードも実施!
『蒼き革命のヴァルキュリア』登場キャラクターのSNS アイコン等をプレゼントします。
今回は「オフィーリア」も追加。
今後も、ヴァナルガンド隊員などのアイコン・カバーを順次公開していきますので、お気に入りのキャラクターをぜひ設定してください。

※ダウンロードはこちら
■キャラクター紹介06
オフィーリア・アウグスタ・ア・ユトランド
CV:早見沙織
ユトランド王国の姫。
幼い頃から国民に歌を披露し、国のシンボルとして、またアイドル的存在として愛されてきた。
姫としての責務やプライドから、帝国の理不尽な圧力に屈さず、自らも剣を取り前線に立つ。
真面目で純真な性格から、戦争の中で打ちのめされることもある。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧

 【19//2016】

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧 


●気になったらすぐに遊べる新作ソフトはこちら
2016年12月19日(月)~2016年12月25日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。
すぐに発売されるタイトルばかりなので、気になるものがあったらさっそく遊んでみよう!
※表示価格は税抜価格/税込価格です。

■ニンテンドー3DS
・12月22日『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』<セガゲームス> 4990円/5389円
セガの名作をリメイクした、“復刻”シリーズ第3弾。
『ターボアウトラン』など4本の移植作に加え、過去のパッケージ版では未収録の『アフターバーナーII』ほか5作品を収録。

・12月22日『セガ3D復刻アーカイブス1・2・3 トリプルパック』<セガゲームス> 8990円/9709円
セガの名作をリメイクした、“復刻”シリーズ『セガ3D復刻アーカイブス』(2014年12月18日発売)、『セガ3D復刻アーカイブス2』(2015年12月23日発売)と、『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』(2016年12月22日発売予定)の3本がセットになったおトクなセット商品が発売。

・12月22日『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』<任天堂> 4980円/5378円
・12月22日『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』(ダウンロード版)<任天堂> 4980円/5378円
大社長を目指し、日本全国の物件を買い集めてお金を貯め、決算に臨む、おなじみのボードゲームの最新作。
流行を取り入れたイベントカードや、復興がテーマのイベントも。

・12月22日『おそ松さん 松まつり!』<バンダイナムコエンターテインメント> 4800円/5184円
・12月22日『おそ松さん 松まつり!』(限定版)<バンダイナムコエンターテインメント> 6800円/7344円
・12月22日『おそ松さん 松まつり!』(ダウンロード版)<バンダイナムコエンターテインメント> 4320円/4665円(2017年1月18日からは4800円/5184円)
テレビアニメ『おそ松さん』を題材にしたバラエティーゲーム。
全10種類のミニゲームをプレイして“推し松”の好感度を上げ、イラストやボイス、背景などを手に入れていく。

■プレイステーション Vita
・12月21日『月影の鎖 -狂爛モラトリアム-』<TAKUYO> 6800円/7344円
・12月21日『月影の鎖 -狂爛モラトリアム-』(初回限定版)<TAKUYO> 8980円/9698円
・12月21日『月影の鎖 -狂爛モラトリアム-』(ダウンロード版)<TAKUYO> 6296円/6800円
2013年に発売されたPSP用アドベンチャーゲーム『月影の鎖 -狂爛モラトリアム-』がPS Vitaで登場。
追加要素として、PS Vita版オリジナルキャラクターふたりとのルートが新設されている。

・12月22日『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド』<コーエーテクモゲームス> 6800円/7344円
・12月22日『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド』(ダウンロード版)<コーエーテクモゲームス> 6800円/7344円
・12月22日『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド トレジャーBOX』<コーエーテクモゲームス> 12800円/13824円
・12月22日『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド ハネムーンBOX』<コーエーテクモゲームス> 30000円/32400円
2015年3月に発売された『遙かなる時空の中で6』のエンディング後の物語を描く。
復興に向けて歩みを進める帝都を舞台に、8人の勇士と自動人形の青年とともに絆を育みながら、新たな危機に立ち向かう。

・12月22日『太平洋の嵐 ~皇国の興廃ここにあり、1942 戦艦大和反攻の號砲~』<システムソフト・アルファー> 6800円/7344円
・12月22日『太平洋の嵐 ~皇国の興廃ここにあり、1942 戦艦大和反攻の號砲~』(ダウンロード版)<システムソフト・アルファー> 6800円/7344円
太平洋戦争を舞台に戦史を語り継ぐ、ウォーシミュレーションゲームの最新作。
本作では、日本とアメリカを中心とした連合軍が戦いをくり広げた太平洋戦争の全貌が、当時の戦況を基にした多数のシナリオと約400種類以上の兵器で再現されている。

・12月22日『DYNAMIC CHORD feat.Liar-S V edition』<honeybee> 5800円/6264円
・12月22日『DYNAMIC CHORD feat.Liar-S V edition』(限定版)<honeybee> 7800円/8424円
PCゲームとして発売された『DYNAMIC CHORD feat.Liar-S』が『DYNAMIC CHORD feat.Liar-S V edition』としてPS Vita版で登場。
本作では『DYNAMIC CHORD feat.Liar-S Append Disc』と同様に檜山朔良、珠洲乃千哉、結崎芹、榛名宗太郎の恋物語が展開。
彼と恋人になった後のアンコールシナリオも収録されている。

・12月22日『Re: BIRTHDAY SONG ~恋を唄う死神~ another record』<honeybee> 6800円/7344円
・12月22日『Re: BIRTHDAY SONG ~恋を唄う死神~ another record』(初回限定版)<honeybee> 8800円/9504円
・12月22日『Re: BIRTHDAY SONG ~恋を唄う死神~ another record』(ダウンロード版)<honeybee> 6800円/7344円
2015年に発売されたPC版に新要素を追加。
天国と地獄の境目“冥府(ネザーワールド)”にある学校で、“死神候補生”を目指す元人間の主人公と、候補生の男性たちとの恋物語が描かれる。

・12月22日『果つることなき未来ヨリ』<プロトタイプ> 6400円/6912円
・12月22日『果つることなき未来ヨリ』(ダウンロード版)<プロトタイプ> 5278円/5700円
2015年にリリースされたPC版をベースに、イベントCGおよび『X-RATED』の一部シーンを追加。
異世界に迷い込んだ主人公が、争いを続ける異種族のヒロインたちと心を通わせていく。

・12月22日『不思議の幻想郷TOD -RELOADED-』<メディアスケープ> 5800円/6264円
・12月22日『不思議の幻想郷TOD -RELOADED-』(限定版)<メディアスケープ> 9200円/9936円
・12月22日『不思議の幻想郷TOD -RELOADED-』(ダウンロード版)<メディアスケープ> 5200円/5616円
ダンジョン探索RPG『不思議の幻想郷』シリーズ最新作。
本作では、新たに主人公やパートナーたちが多数追加され、ボリュームや要素もパワーアップ。
また、前作『不思議の幻想郷TOD』からセーブデータを引き継いで、新たに追加されたストーリーから遊ぶことも可能。

・12月22日『剣が君 百夜綴り』<リジェット> 6300円/6804円
・12月22日『剣が君 百夜綴り』(限定版)<リジェット> 8300円/8964円
・12月22日『剣が君 百夜綴り』(ダウンロード版)<リジェット> 5800円/6264円
・12月22日『剣が君 百夜綴り』(ツインパック)<リジェット> 10000円/10800円
2015年に発売された『剣が君』の新作。
本編では描かれなかった幕間の物語を始め、エンディング後や攻略対象キャラたちの生い立ちなど、さまざまなエピソードが収録されている。

■プレイステーション4
・12月22日『シャーロック・ホームズ-悪魔の娘-』<インターグロー> 7980円/8618円
・12月22日『シャーロック・ホームズ-悪魔の娘-』(ダウンロード版)<インターグロー> 7222円/7800円
海外で人気のシリーズが日本上陸。
1900年前後のロンドンの街を舞台に、ホームズと相棒のワトソンが、証拠品集めや推理を行って難事件に挑む。
マルチエンディングが採用されている。

・12月22日『討鬼伝 極』(コーエーテクモ the Best)<コーエーテクモゲームス> 3480円/3758円
・12月22日『討鬼伝 極』(コーエーテクモ the Best・ダウンロード版)<コーエーテクモゲームス> 3480円/3758円
2015年4月に発売された『討鬼伝 極』のPS4版がお求めやすい価格になって登場。
特別な力を持つ“モノノフ”となり、“鬼”と戦う共闘アクションゲーム。

・12月22日『不思議の幻想郷TOD -RELOADED-』<メディアスケープ> 6400円/6912円
・12月22日『不思議の幻想郷TOD -RELOADED-』(限定版)<メディアスケープ> 9800円/10584円
・12月22日『不思議の幻想郷TOD -RELOADED-』(ダウンロード版)<メディアスケープ> 5600円/6048円
・12月22日『STEEP(スティープ)』<ユービーアイソフト> 7400円/7992円
広大なアルプスの雪山を舞台に、4つのエクストリームスポーツが体験できる、オープンワールドアクションスポーツゲーム。
プレイヤーは、スキー、スノーボード、ウィングスーツ、パラグライダーの4つのスポーツから競技種目を選び、パウダースノーで覆われた山々を自由に、そしてレースコースを開拓しながら遊ぶことができる。

■Xbox One
・12月22日『STEEP(スティープ)』<ユービーアイソフト> 7400円/7992円
●2016年12月19日(月)~2016年12月25日(日)配信予定のダウンロード専用ゲームソフト
■ニンテンドーe ショップ
・12月21日『レグナタクティカ』(3DS)<ケムコ> 1000円/1080円
・12月21日『TANK TROOPERS(タンク トゥルーパーズ)』(3DS)<任天堂> 741円/800円
■PlayStation Store
・12月21日『Paranautical Activity(パラノーティカル・アクティビティ)』(PS Vita、PS4)<クロスファンクション> 1000円/1080円
・12月22日『ローラーコースタードリームズ』(PS VR対応・PS4)<びんぼうソフト> 2315円/2500円


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『World of Tanks Blitz』メカニックデザイナー・大河原邦男氏が手がけたオリジナル戦車“O-47”が登場! 12月22日より販売開始

 【19//2016】

『World of Tanks Blitz』メカニックデザイナー・大河原邦男氏が手がけたオリジナル戦車“O-47”が登場! 12月22日より販売開始


●スペシャルトレーラーも公開
オンラインタンクバトル『World of Tanks』を開発・運営するWargamingは、PC・スマートフォン向けタイトル『World of Tanks Blitz』に、メカニックデザイナー・大河原邦男氏が手がけたオリジナル戦車“O-47”を実装することを発表。
2016年12月22日から2017年1月6日にかけて販売する。

以下、リリースより。

----------
今回メカニックデザイナー「大河原邦男」氏が手がけたオリジナル戦車“O-47”は、アーティストが制作したイラストをゲーム内に実装させる企画「アーティストシグネチャーシリーズ」の第一弾となります。

車輌名:O-47
車種:中戦車
Tier:VIII
価格:4800円
販売期間:12月22日(木)~ 1月6日(金)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『MALICIOUS』シリーズ完結篇『MALICIOUS FALLEN』がPS4で配信決定! トレーラーが公開

 【19//2016】

『MALICIOUS』シリーズ完結篇『MALICIOUS FALLEN』がPS4で配信決定! トレーラーが公開


●ハードスペックを生かしより美麗に、より爽快に
アルヴィオンは、2017年初春にプレイステーション4用ダウンロードタイトル『MALICIOUS FALLEN(マリシアス フォールン)』を配信することを発表した。
また、本日12月19日(月)より公式サイトと第1弾ティザートレーラーが公開。

以下、リリースより。

----------
ゲームコンテンツの企画・制作・運営を手がける株式会社アルヴィオン(本社:大阪府吹田市、代表取締役:平岡 一郎)は、2017年初春にPlayStation4ダウンロード専用タイトル『MALICIOUS FALLEN(マリシアス フォールン)』の配信を決定したことをお知らせいたします。
また、本日12月19日(木)より、同タイトルの公式サイトおよび第1弾ティザートレーラーを公開いたしました。

■『MALICIOUS FALLEN(マリシアス フォールン)』概要
本作は、アクションゲームの醍醐味が凝縮された全編ボスバトルのゲーム性や、絵画のようなグラフィックとそこから紡ぎだされる幻想的な世界観が人気を博した、PSNダウンロード専用3Dアクションゲーム『MALICIOUS』シリーズの完結篇です。
前作からの続きとなる新章、新ステージの数々や新要素の追加はもちろんのこと、前作、前々作のステージも完全収録し、『MALICIOUS』の全てを網羅した、まさにシリーズの集大成的なタイトルとなっております。
好評だったゲームコンセプトはそのままに、PlayStation4のハードスペックを生かし、より美麗に、より爽快に生まれ変わった、新たな『MALICIOUS』をお楽しみください。

MALICIOUS FALLEN(マリシアス フォールン)
メーカー:アルヴィオン
対応機種:プレイステーション4
発売日:2017年初春予定
価格:未定
ジャンル:アクション


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『摩尼遊戯TOKOYO』がクラウドファンディング“CAMPFIRE”にて資金調達を開始 “仏教系シューティングゲーム”だけに支援者には“徳”がありますよ

 【19//2016】

『摩尼遊戯TOKOYO』がクラウドファンディング“CAMPFIRE”にて資金調達を開始 “仏教系シューティングゲーム”だけに支援者には“徳”がありますよ