2016 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 02

破壊神シドーの強さにライアン役の杉田智和さんも驚がく! 『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』ステージ

 【15//2017】

破壊神シドーの強さにライアン役の杉田智和さんも驚がく! 『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』ステージ 


文・取材:編集部 ブラボー!秋山、撮影:カメラマン 和田貴光
●さっそく新キャラ・ライアン役の杉田智和さんが登場
2017年1月14日・15日の2日間にわたり、東京ビッグサイトにて開催された“Nintendo Switch 体験会 2017”。
ここでは、開催2日目に行われた『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』ステージイベントの模様をリポートする。

・『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』PV公開 新たな操作キャラクター“ライアン”の声は杉田智和さんに!
・Nintendo Switchの門出を飾る『ドラゴンクエスト』!『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』をプレイ
・『ドラゴンクエスト』シリーズらしさが詰まった意欲作が本体と同時発売! 『DQH I・II for Nintendo Switch』インタビュー
まずステージには、同作のプロデューサー・青海亮太氏(スクウェア・エニックス)、ディレクター・庄知彦氏(コーエーテクモゲームス)が登壇。
簡単に本作の魅力や見どころを解説してくれた。
『ドラゴンクエストヒーローズ』は、スクウェア・エニックスとコーエーテクモゲームスがタッグを組んで展開しているアクションRPGシリーズ。
『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するおなじみのキャラクターやモンスターが登場し、まさに夢の競演を果たしているのだ。
また、有名タレントや実力派声優陣によるボイスも収録されており、壮大なドラマを耳でも楽しむことができる。
『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』では、Nintendo Switchの特徴のひとつである、TVモード・携帯モード・テーブルモードという3つのモードで楽しむことができる。
さらに、『II』で改良された操作性を『I』にもフィードバックすることで、遊びやすさや操作性を向上させている。
HD振動にも対応しているので、たとえばメタルスライムなど、固い敵を攻撃したときには、“それ”とわかる重さや効果音が発生するようだ。
これもNintendo Switch版ならではの特徴と言えよう。

さて、『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』には新キャラクターとして“ライアン”(『ドラゴンクエストIV導かれし者たち』)が登場することが発表されているが、ここでステージには、そのライアン役の杉田智和さんとおなじみクリフト役の緑川光さんが登場した。

ゲーマーとしても有名な杉田さんは、最初にこの話を聞いたときは、何かの間違いではないかと思ったそうだ。
また、収録するごとに自分の中にライアン像ができ上がっていき、収録が終わったいまでは、まだ演じ足りない気持ちがあるとのこと。
ちなみに、堀井雄二氏からは「いやぁ、ライアンだね!」とお褒めの言葉もいただいたそうだ。
一方クリフト役の緑川さんは、ドラマCDではテリーを演じていたのだが、そこで『ドラゴンクエストヒーローズ』ではクリフトを演じることになり、意外だったと語る。
そのテリーは同じ事務所の後輩の神谷浩史さんが演じることになったと聞き、後輩のがんばりがうれしかったと笑う。
つぎに、いちばん好きな歴代『ドラゴンクエスト』シリーズを聞かれたご両人。
杉田さんの『DQ』歴は、お兄さんからレベル上げを命じられた『II』以降とのこと。
初めて自分で買ったのが『V』で、初めて泣いたのが『IV』。
じつはシリーズに思い入れがあるゆえ、最初はボイスが付くことに不安があったそうだが、「緑川さんのクリフトの声がかっこいいので、ザラキが効きそう(笑)」とファンならではの視点で語ってくれた。
緑川さんは、『III』だと断言。
内容もさることながら、声優を目指して上京した時期にちょうど『III』が発売されたそうで、家にいるときはずっとプレイしていたそうだ。
おかげで「ずっとゲームをしていると疲れるんだなと思った(笑)」と当時を懐かしそうに振り返ってくれた。

好きな登場キャラクターは、杉田さんがライアンとのコンビ(?)で活躍するホミロンを上げた。
なんでも最近は、収録現場でもホミロン役の釘宮理恵さんに頭が上がらないと勝手に思っているらしい。
そして緑川さんは、もちろんクリフトらしく「姫様!」と即答。

●4人で破壊神シドーにチャレンジ!
続いては、4人によるマルチプレイで、破壊神シドーへチャレンジすることに。
今回のステージ用に特別にチューニングされたそうで、4人ともLV70となかなかの高レベル。
庄氏によると「動きが速く、近接戦闘では難しいかも」という対シドー戦。
弱点もとくになく、相手の攻撃が終わった瞬間を狙うなど、4人の息の合ったプレイに期待して、いざバトル!
序盤こそ、シドーの攻撃を避けつつ、ヒット&アウェイで攻撃し、ライアンがハイテンションモードに突入するなど健闘を見せた。
が、一定量のダメージを与えた後、シドーが巨大化すると、一転あっという間にパーティーは全滅してしまった……。
この惨状に庄氏は「今回のイベント用に、かなり強く調整してしまった」と反省。
健闘した杉田さんも「シドーのどくが強力だった……」と脱帽していた。

最後に青海氏は、「改めて言いますが、『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』は、3月3日のNintendo Switch本体と同時発売です。
本体と同時に購入していただきたいと思います。
また、今日は細かい部分までご紹介できなかったので、発売直前に生放送を予定しています」とのことなので、ぜひチェックしよう。
Nitendo Switch本体同時発売となる本作、その続報にも注目したい。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ドラゴンクエスト』シリーズらしさが詰まった意欲作が本体と同時発売! 『DQH I・II for Nintendo Switch』インタビュー

 【15//2017】

『ドラゴンクエスト』シリーズらしさが詰まった意欲作が本体と同時発売! 『DQH I・II for Nintendo Switch』インタビュー 


文・取材:編集部 ブラボー!秋山、撮影:カメラマン 和田貴光
●『DQHI・II for Nintendo Switch』のキーマンを会場で直撃
2017年1月14日・15日の2日間にわたり、東京ビッグサイトにて開催された“Nintendo Switch 体験会 2017”。
Nintendo Switch本体と同時発売予定の『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』(スクウェア・エニックス)について、会場では、同作のプロデューサー・青海亮太氏(スクウェア・エニックス)、ディレクター・庄知彦氏(コーエーテクモゲームス)にお話を聞くことができた。
その模様をお届けしよう。

・『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』PV公開 新たな操作キャラクター“ライアン”の声は杉田智和さんに!
・Nintendo Switchの門出を飾る『ドラゴンクエスト』!『ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch』をプレイ
●新ハードの魅力を体感できるタイトルをローンチに
――13日のプレゼンテーションで初公開となったわけですが、反応はいかがですか?
青海亮太氏(以下、青海)いままで秘密だったので、Nintendo Switchで発売されることに驚かれている方がとても多かったですね。
また、丸ごと『I』と『II』が収録されているので、いままで興味があったけどプレイしたことがなかったという方々から、本体といっしょに買いたいという反応がありました。
庄知彦氏(以下、庄)当然これまでまったく情報を出していなかったので、新キャラクター“ライアン”とボス“破壊神シドー”に対する反応も大きかったですね。
シリーズに登場するキャラクターそれぞれにファンがいるのだなぁと感じました。
青海それから、会場では皆さん、Nintendo Switch本体を見るのも初めてなので、画面を見て、再度驚かれている方も多かったです。

――ちなみに、当初から本体との同時発売を予定されていたのですか?
青海そうですね。
出すからには、ぜひローンチで皆様にお届けしたいと考えていました。

――新ハードということで、開発で苦労した点などはありますか?
青海新ハードの、しかもローンチに合わせたソフト開発は、やはり苦労するものです。
ノウハウも蓄積されていませんでしたが、任天堂さんのほうでも環境を整備していただいていて、それと並行して開発を進めています。
HD振動のような新しい機能については、我々も実際に作ってみながらで、手探り感はありました。
庄メタルスライムを斬ったときの“カキーン”という感覚は新鮮だと思いますよ。

――Nintendo Switchというハードに対して、クリエイターの目からどのような魅力がありますか?
青海13日のプレゼンテーションでジャイロセンサーなどの情報が出ましたが、それでお客様の見えかたも変わったのではないでしょうか。
家族みんなで遊べるし、WiiやWii Uではできなかったような細かい動きもできるようになり、さらに進化した遊びを提供できると思います。
庄これまでのゲーム機と似ている部分に加え、HD振動やコントローラがつねにふたつあるということで、楽しいハードになりそうだなという印象です。
実際に開発する際も、この特性をいかに活かしてゲームを作るのかがやり甲斐でもあり、取り組んでいきたい部分ですね。
青海任天堂さんのハードは、Wiiでも、ニンテンドー3DSでも、最初は「この機能はどうやって使うんだろう?」という反応があったと思うんです。
でも、その後作り手側がいろいろと工夫した結果、さまざまなタイトルが発売されるようになりました。
ですから、Nintendo Switchでも作り手側が、今後どのような新しい遊びを作り込んでいくかですよね。
個人的に、任天堂さんがどんなタイトルを出してくるのかも楽しみにしています(笑)。
庄本作も、Nintendo Switch用に新しいアレンジや工夫があります。
新規タイトルとして、ゼロから作る場合は、作り手の力がより問われる気がします。
青海そういう意味でも、まだまだ“化ける”可能性を秘めているハードだと思います。

――Nintendo Switchの発売日や価格については?
青海すごくがんばったと思います。
発売日は思ったよりも早かったですね。
これだけの性能で20000円代に抑えたのは、ユーザーさんも手が届きやすいのではないでしょうか。
庄この性能なら、十分安いですよね。
家庭用ゲーム機でこの価格は、お買い得だと思います。
青海テレビでも遊べて、また液晶の画面でもプレイできるので、ゲームをふだんあまりやらない方でも手に届きやすいです。
任天堂さん、ありがとうございます(笑)。

――本作は、遊びかた次第で3つのモードの特徴が活かせそうですね。
たとえば、外では携帯モードでレベル上げをして、家ではTVモードでじっくり遊ぶというような感じで。
庄そうですね。
イベントシーンやボス戦は、自宅のテレビでガッツリとプレイしていただき、レベル上げや経験値稼ぎは移動中や外出先でプレイするといいと思います。
青海発売直前にニコ生の配信を予定しています。
そこでは、実際にプレイしながら、細かい部分やNintendo Switchならではの特徴を解説する予定です。
庄単なる移植ではないということは、しっかりとお伝えしたいですね。
『I』も『II』も相当手を加えているので、どちらもパワーアップしています。
青海まさにいまが開発の佳境です(笑)。
庄今日も、開発スタッフは様子を見てから会社に戻って仕事をしています。

――発売を楽しみにしているファンへ、メッセージをお願いします。
青海とにかく新ハードというのはワクワクしますよね。
まずはプレイしていただいて、HD振動や3つのモードを切り換えながら、ハードといっしょに本作を堪能していただければと思います。
それによって、より遊びの幅が広がって、おもしろいものになっていくはずです。
また、いままでにプレイしたことがある方でも、新キャラクターなど、楽しめる要素を用意しています。
初めての方も、プレイしたことがある方もぜひ遊んでいただきたいなと思います。
庄本作は、本当に『ドラゴンクエスト』のよさが詰まったタイトルです。
アクションRPGではありますが、初めてプレイする方でも、『ドラゴンクエスト』の楽しみかたが感じられるようになっています。
また、歴代のキャラクターが、ボスを含め、たくさん登場しますので、シリーズファンならプレイしないとダメだなと思います(笑)。
そのくらい充実した内容になっているので、ぜひお楽しみください。
青海最後に声を大にして言いたいのは、「3月3日、本体と同時発売です」ということです。
初回購入特典もありますし、ぜひ本体といっしょに購入していただければ!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Switch版「Minecraft: Story Mode」および「マインクラフト」が発表

 【15//2017】

Switch版「Minecraft: Story Mode」および「マインクラフト」が発表


人気ゲーム「マインクラフト」およびTelltale Gamesのアドベンチャーゲーム「Telltale's Minecraft: Story Mode - The Complete Adventure」はNintendo Switchに登場する予定だ。
新しいバージョンの「マインクラフト」は「Nintendo Switch プレゼンテーション2017」のステージで見せられた。
しかし、ゲームの内容や発売日については不明である。
2011年のリリース以降、ロングセラーの「マインクラフト」はほぼ全ての現世代のゲーム機に登場している。
それは2014年にデベロッパーのMojangがマイクロソフトに買収されてからも変わっていない。
Switch版の「マインクラフト」はその“伝説”が続くことを意味する。
一方、Telltale Gamesのアドベンチャーゲーム「Minecraft: Story Mode - The Complete Adventure」もSwitchでリリースされる予定だ。
それはSwitchに対応するサードパーティーIPのプロモーション映像で確認された。
本作はシーズン1の5つのエピソードと「Adventure Pass」からの3つの追加エピソードを含む。


「マインクラフト」と同様、本作の発売日は発表されていない。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ARMS』紹介ステージで、椿姫彩菜さんは3時間の猛特訓を経てライバルにリベンジを果たしたのか?

 【15//2017】

『ARMS』紹介ステージで、椿姫彩菜さんは3時間の猛特訓を経てライバルにリベンジを果たしたのか?  


文・取材:編集部 古屋陽一、撮影:カメラマン 和田貴光
●格闘ゲーム大好きの椿姫彩菜さんが、『ARMS』に挑む!
2017年1月14日・15日の2日間にわたり、東京ビッグサイトにて行われた“Nintendo Switch 体験会 2017”。
ここでは、会期2日目の1月15日にメインステージにて実施された、『ARMS』紹介ステージをお送りしよう。
『ARMS』は、先日開催された“Nintendo Switchプレゼンテーション 2017”で明らかにされた、Nintendo Switch向け格闘ゲーム。
Joy-conのジャイロ機能を駆使しながら、腕を伸ばして戦うのが特徴だ。

[関連記事]家族や友だちと対戦ゲームの駆け引きが味わえる! 『ARMS』試遊リポート
イベントは、歌手やタレントとして活躍するヒャダインさん進行役のもと、イベントでは『ARMS』のプロデューサーである任天堂の矢吹光佑氏とタレントの椿姫彩菜さんがゲストとして登場。
椿姫さんは、『ARMS』に対して「読み合いなどの対人ならではの駆け引きが楽しそう。
アクションの究極系が格闘ゲームだと思っています」と格闘ゲーム好きならではのコメントを口にした。

ステージでは、『ARMS』のエキスパートである“ARMSレディー”(相当無愛想)のデモのもと、矢吹氏が『ARMS』の基本的な操作方法をレクチャー。
“いいね持ち”で、親指ボタンを押して戦うのが基本となる『ARMS』だが、Joy-conを左右に傾けて移動することやLボタンを押すとダッシュ、Rボタンを押すとジャンプなど、組み合わせでいろいろな動きが可能になるとのことだ。

肝心の攻撃方法に関しては、パンチはふつうにくり出すとストレートだが、ひねるようにすると軌道が変わるとのこと。
両方腕を出すと相手を投げられる。
さらに、必殺技ゲージが溜まっているときにZRボタンを押すと必殺技が駆使できる。
どの必殺技になるかは“アーム”に紐付けられており、左右で違う“アーム”を装着すれば、異なる必殺技が使えるようになる。
また、「格闘ゲームの要」(椿姫さん)という防御は、左右にJoy-conをハの字に傾けることで、敵のパンチをガードできる。
このステージで、本当に初めて『ARMS』に触ったという椿姫さんは、「(格闘ゲームのキモである)反応がとてもいいので快感です。
思ったよりも溶け込めます」と大いに好感触を抱いたよう。

初心者には楽しめそうな同作だが、「やり込み要素はどうですか?」との質問には、「ジャイロ機能は細かく入力が取れるので、細かい駆け引きが楽しめます」と矢吹氏。
たしかに見た限り、ジャイロ機能は相当繊細そうで、フェイントをかけて攻撃といった、駆け引きも楽しめそうだ。

ステージにはギミックなども用意されており、ステージによってどのアームを使うかで戦略も変わってくる。
『ARMS』のPVでも紹介されていたが、柱を避けてパンチを当てるといったことも可能なようだ。

体験会で使用できたのは、“リボンガール”、“スプリングマン”、“マスターマニー”、“ニンジャラ”、“メカニッカ”の5キャラクター。
これ以外にもキャラクターが登場するのかは、当然のこと気になるところだが、ゲームファンの気持ちを代弁してのヒャダインさんの「ほかにキャラクターは登場しますか?」との質問には、「はい」(矢吹氏)とのお返事。
今後の新情報が楽しみだ。

その後イベントでは、“ARMSレディー”によるCPUを相手にしてのデモ試合が披露。
これを見た椿姫彩さんが「血が騒ぐ」と、格闘ゲーム心が疼いたようで、“ARMSレディー”に挑戦することに。
とはいえ、いくら格闘ゲーム好きと言えど、いきなり触ったばかりで“ARMSレディー”に勝てるハズもなく、さらに無愛想な“ARMSレディー”が会場の空気を読むことも当然なく……ということで、椿姫さんは見せ場もなく2本先取されてあっさりと敗退。
「ガートしたのですが、ガードは投げを回避できなくて……」とは、椿姫さんの敗者の弁。

「格闘ゲーム好きはみんな負けず嫌い」ときっぱり口にしつつ、負けたことを悔しがる椿姫さんに対して、矢吹氏からの「これから3時間みっちり特訓して、“ARMSレディー”に再挑戦しましょう」との提案が! そこで記者もハタと気がついたのだが、今回の“『ARMS』紹介ステージ”は、午前中の“前編”と午後の“後編”の2部構成だったのだ。
なぜ2部構成にしたかというと、まさにこういう趣向があったわけだ。
それにしても3時間の特訓でどこまで強くなるのか……。

果たして、椿姫彩菜さんのリベンジなるのか?“後編”に続く……。

●椿姫彩菜さんと“ARMSレディー”のリベンジマッチのゆくえは?
というわけで、“『ARMS』紹介ステージ”の後編。
昼休みも惜しんで練習を重ねたという椿姫さんは、「コーチの3段階の教えを受けて、少しずつ強くなっているという実感があります。
これをぶつけたいです!」と3時間の特訓に大いに手応えを感じているよう。
さらに、「移動することが大事ですね。
同じところにいると追い詰められるので。
空振りをしても必殺技ゲージが溜まるので、移動しながら適宜攻撃をしてゲージを溜めるのがカギです」と、さすが格闘ゲームユーザーということで、短期間である程度『ARMS』の攻略方法をつかんだ様子。
「負けたくない!」と負けず嫌いらしい闘志を見せる。
矢吹氏も、「“ARMSレディー”は鍛え抜かれたプレイヤーなのできびしいかもしれませんが、コーチも追いつめたので、あるいは……」と期待値の高さを見せる。

リベンジマッチは、最大3ラウンド、2ラウンド先取で勝利というレギュレーションで行われた。
選んだキャラクターは、午前中と同じく“ARMSレディー”が“リボンガール”に対して、椿姫彩菜さんは“スプリングマン”。
“アーム”に関しては、椿姫さんは、基本とも言える“ファイアパンチ”を選択。
「いろいろとお見せしたいのですが、これで練習したので……」とのことで、いかに本気で勝ちたいかがうかがえる(以降、椿姫さんはずっと“ファイアパンチ”を選択)。

というわけでリベンジマッチがスタート。
相手をかわしてパンチを叩き込むという動きに、椿姫さんの進歩のあとがうかがえるものの、1ラウンド目は“ARMSレディー”の必殺技が決まってあえなくKO。
これはちょっときびしいかな……と思われたところが、2ラウンド目は、移動とジャンプをしっかりと駆使してしっかりと相手に対応。
投げも見事に決まって“ARMSレディー”から1本を奪取!訓練の成果を見せつけた。
しかも、必殺技ゲージを使用せずに3本目に温存するという冷静さ。
これには矢吹氏も大いに感心。

期待が高まる3ラウンド目。
椿姫さんの必殺技のタイミングがカギを握るかと思われたが、序盤で使用するも“ARMSレディー”がしっかりとガード。
これで形勢が逆転し、じりじりと“ARMSレディー”に追い詰められることに。
ところが、ここまでか……と思われたところで、椿姫さん駆使する“スプリングマン”の必殺技が“ARMSレディー”が操る“リボンガール”にヒット。
まさに、大逆転となった。
ライフゲージが減ると必殺技ゲージが溜まりやすくなるという“スプリングマン”の特徴を見事に活かした勝利であった。

会場が大いに湧き上がるなか、「今日始めた私でもここまでやれるくらい、シンプルで楽しめます!大満足です!」と興奮した口ぶりで話す椿姫さんに対して、思わぬ展開に。
矢吹氏の口から「せっかくなので、もっと強い人と戦ってほしいですね……」との言葉が漏れたのだ。
そこでおもむろに舞台袖から姿を見せたのが、“ARMSボーイ”。
“ARMSレディー”よりも強いと言われる“ARMSボーイ”の登場に、まるでマンガのような展開だなあ……と思いつつ、“ARMSボーイ”との“ラスボスマッチ”が行われることになった。

“ラスボスマッチ”に際して、椿姫さんがもはや“相棒”とも言える存在になった“スプリングマン”を選んだのに対して、“ARMSボーイ”は上級者向けと言われる“ニンジャラ”を選択。
“アーム”に、“サンダーパンチ”と、3つのパンチを打ち出す“トリブル”を選択した“ARMSボーイ”は、会場をもうならせる華麗な動きで椿姫さんを翻弄。
必殺技もキレイに決まり、1ラウンド目を先取した。

さすがの強さを見せつけた“ARMSボーイ”に対して、これはさすがに椿姫さんもきびしいか……と会場の誰しもが思ったような気もするが、ここからの椿姫さんがすごかった。
3時間で掴んだ『ARMS』での立ち回りを駆使して、2ラウンド目を激勝。
“ARMSボーイ”から1ラウンドを取ることに成功したのだ。
「おおぅ!」と湧き上がるオーディエンス。
そんな来場者の声援に後押しされる形で、椿姫さんは3ラウンド目も大いに健闘。
お互いが必殺技をかわしつつの、ハイレベルな戦いを展開しつつ、あと1歩のところまで“ARMSボーイ”を追い詰めることに……。
とはいえ、そこは“ラスボス”の“ARMSボーイ”。
最後は実力を発揮して、椿姫さんは紙一重のところでKO負けとなった。

最後は“ARMSボーイ”に負けたとはいえ、椿姫さんもこの日の結果には大満足の様子。
「見てもらっているのを忘れて夢中になりました。
(実際に手を動かすので)私自身がキャラクターになったように楽しめますね。
また、リベンジしたいです!」とニコニコしながらコメント。
矢吹氏も「本作は、間口の広いモーション操作で誰でも楽しめます。
上には上がいるけど、トレーニングをしていただいて、リベンジしてほしいです」とエールを贈った。

さて、ライバルとの激しい戦いのあとに友情が芽生えるのは、勝負の鉄則。
というわけで、最後は激しい戦いをくり広げた“ARMSレディー”から、キラキラ輝くアイマスクがプレゼントされた。
椿姫さんはすかさずそれを装着し、“新たなARMSレディー”の誕生と相成った。
“ARMSレディー”と“新たなARMSレディー”がお互いに切磋琢磨してどのように強くなっていくのか……。
あるいは、今後紡がれるかもしれない新章の展開に期待したいところです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Nintendo Switch版「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のデータサイズは“13.4GB”

 【15//2017】

Nintendo Switch版「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のデータサイズは“13.4GB”


Nintendo Switch版の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は最低13.4GBのハードディスクの空き容量が必要であることが分かった。
Switchは32GBの内蔵ストレージを持っているが、一部はシステムのOSに使用されているので、13.4GBの必須容量は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」というたった1本のゲームだけでストレージの半分も使ってしまうことを意味する。
ただし心配することなかれ。
SwitchのストレージをmicroSDXCのメモリーカードで拡大できるので、お金さえ出せば容量不足になることはない。
メモリーカードは「ゼルダの伝説」の最新作をプレイする上で必要不可欠なアイテムになりそうだ。

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」はNintendo Switchのローンチタイトルの1つとして2017年3月3日にリリースされる。
通常版の他、「回生のマスターソード」の特製フィギュアといった特典が同梱される豪華版の「DELUXE COLLECTOR'S EDITION」なども発売される。
また、ゼルダやボコブリンの新たなamiiboが加わった「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」のamiiboラインアップも発表されている。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スタジオカラー監督が語る『GRAVITY DAZE 2』SPアニメ、タイトルに込めた意味とは

 【15//2017】

スタジオカラー監督が語る『GRAVITY DAZE 2』SPアニメ、タイトルに込めた意味とは


箱庭系ゲームに“重力”という新たな要素を加え、空中都市・ヘキサヴィルを舞台に、主人公の少女・キトゥンが駆け巡るアクションアドベンチャーゲームの人気作『GRAVITY DAZE』シリーズ。
今回、昨年末に、地上波ほかPS Store、ユーチューブにて配信されたスペシャルアニメーション「GRAVITY DAZE The Animation ~Ouverture~」を制作したスタジオカラーの小林浩康監督とプロデューサーを務めたソニー・インタラクティブエンタテインメントの和家佐恭介に作品への思いを伺った。

『GRAVITY DAZE 2』フォトギャラリー

1月19日に発売予定のPS4用ゲーム『GRAVITY DAZE 2/ 重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』は、12年2月にPS Vita版、15年12月にリメイク版を発売した『GRAVITY DAZE/ 重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動』の続編。
浮遊感のある独特な世界観により人気を集め、スタジオカラー制作のスペシャルアニメーションは、前作と本作を繋ぐ“前日譚”となる。

PS Vita版の発売から約5年、前作からのファンの反応も鑑みる中で「世界観を再構築し直したイメージ」と本作の印象を語る和家佐。
当初、スケジュールなどの関係から「全体像からおおよそ半分ほどの物語で収めた」と話すが、PS VitaからPS4にプラットフォームを変えたことで「キトゥンを中心とした物語がようやく“完結”を迎えられます」と手応えを話す。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズのCGI監督で、スペシャルアニメーションの監督を務めた、小林監督は「元々、自分自身も前作のファンであり社内のスタッフやクリエイターにも愛されている作品」とシリーズを評価。

コントローラを通して伝わるのは、壁面すら移動可能になるという独特な浮遊感。
もしキトゥンのように重力を操れるようになったらという質問に「タワーマンションの最上階に憧れがあるので、ベランダから気軽に出入りしてみたい(笑)」と話す和家佐。
一方、小林監督は「ゲーム内のように上空から落ちても、何気ない顔でさっそうと立ち去りたい(笑)」と自身の願望を述べる。

スペシャルアニメーションのタイトルに冠されたのは、英語での「Overture」にあたる「序曲 」を意味する仏語。
和家佐は、「前作と今作の間を繋ぐ橋渡し役のストーリーとなります。
初めての人にも世界観やキャラクターの個性、アクション性が伝われば」とコメント。
小林監督は「ゲームとは違ったアニメならではの表現、ゲーム内で『それぞれのキャラクターにこういうことがあったのか』と気づけるような作品」を目指すと語っていた。

ゲームのトレンドとして「セルシェーディング (3D映像を2D表現のように見せる技術)による映像は異質なものと捕らわれがちですが、それが逆に新鮮さに繋がり、キトゥンを中心とするキャラクターごとの人間味や世界観の魅力にきっと気づけます。
タイトルの“選択”にある通り、キトゥンが何を選び、どんな世界で生きるのか。
多くの人に見届けて欲しい」と願う和家佐。

キャラクターが最大の魅力というのは「和家佐さんに共感する部分」と話す小林監督は「ゲーム内で描かれない文脈や背景を“前日譚”となるアニメで表現していきたい」として、インタビューを締めくくった。
(取材・文:カネコシュウヘイ)
PS4『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』は、1月19日発売。
パッケージ版は初回限定版&通常版ともに6900円(税別)、ダウンロード版は予約購入専用価格は6372円(税込)、販売価格は7452円(税込)。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アオリちゃん登場や、タチウオにレール追加(?)など、気になる情報に言及された“Splatoon2紹介ステージ”リポート

 【15//2017】

アオリちゃん登場や、タチウオにレール追加(?)など、気になる情報に言及された“Splatoon2紹介ステージ”リポート 


文・取材:編集部 世界三大三代川、撮影:カメラマン 和田貴光
●新ブキやステージを実機のプレイで解説!
2017年1月14日・15日の2日間にわたり、東京ビッグサイトにて行われる“Nintendo Switch 体験会 2017”。
2017年1月15日には、先日のプレゼンテーションで発表された『Splatoon(スプラトゥーン)2』を解説する“Splatoon2紹介ステージ”が行われた。
ステージは、“イカ研究所 新イカ発見報告会”というタイトルで行われ、『Splatoon(スプラトゥーン)』プロデューサーの野上恒氏に似たイカ研究員と、“Splatoon甲子園”でおなじみの齊藤あかねさんのふたりで進行。
初登場となったブキのほか、前作からどのような変化があったのかといった内容の報告が行われた。
なお、下記の動画でこの発表会を見られるので、本リポート記事を読んで気になった方はぜひご覧いただきたい。

『スプラトゥーン2』の舞台となる街は、ハイカラスクエア。
前作の舞台であるハイカラシティから2駅離れたくらいの場所にある街で、「東京ビッグサイトからお台場くらいのイメージ」(イカ研究員)とのこと。
なお、『スプラトゥーン2』は前作から2年経過した設定になっており、その2年の経過で、若者のあいだで流行のスポットがハイカラシティからハイカラスクエアに移ったようだ。
ハイカラシティのシンボルとして、タヌキとキツネのような像があったように、ハイカラスクエアには亀と折り鶴のシンボルが立っている。
ちなみに、ハイカラスクエアにはギアやブキを買うお店が並んでいるほか、見知らぬお店も。
個人的には、ミニゲームが遊べそうなゲーム機があったところが気になる……!
2年経過しても、イカの流行の中心がナワバリバトルというのは変わらない。
バトルの勝敗判定は、ネコのジャッジくんが行っていたが、『スプラトゥーン2』では小さいジャッジくんの子どものようなキャラクターも登場。
齊藤さんの「2年のあいだにジャッジくんに子どもが生まれた?」という質問にイカ研究員は、「初めて見るネコです。
ただ、ジャッジくんはイカ世界に唯一残った哺乳類という研究があったので、どうなっているのかは今後研究していく」と回答していた。

ナワバリバトルのステージとして最初に紹介されたのは、試遊台のステージでもあったバッテラストリート。
これも若者が集う場所で、真ん中の広場を中心にバトルが行われるようだ。
また、続くステージの紹介では、前作にあったタチウオパーキングのようなステージも。
しかし、高所から高所へと、前作のストーリーモードに登場したレールのようなギミックが配置されるという変化が。
イカ研究員の発言からは、ほかにもギミックがあるような雰囲気だったが、スポンジなども登場するのだろうか。

操作方法、ブキの解説では、イカ研究員の助手を交えて、プライベートマッチの形で進行。
操作方法は、ジャイロでのエイムなど、基本的には前作を踏襲。
ただし、Wii U GamePadのスクリーンなどがなくなったため、Xボタンでマップを表示し、Bボタンでジャンプなどに変更されている部分もある。
詳しくは、下記関連記事のプレイリポートをご覧いただきたい。
ちなみに、下記リポート時には不明だった、マップ中に表示されるポインティング操作は、仲間やスタート地点を指すほか、マップの好きなところを指定できるようだ。
前作にあったビーコンなどが登場する場合にも使えるのかもしれない。

[関連記事]
・『Splatoon2(スプラトゥーン2)』の新ブキ“スプラマニューバ”&新操作方法をプレイリポート!
最初に解説されたブキは、新たなブキのスプラマニューバー。
マニューバーとは戦闘機の戦隊飛行、機敏な動きというイメージとのこと。
二丁拳銃による速射が得意なブキだが、最大の特徴はインクの発射中にゴロンと瞬時に転がって移動するスライド。
しかも、移動するだけでなく、スライド直後は、ブキの構えかたが変わり、撃つのが早くなるのだとか。
ただし、スライド後に一瞬動作が固まるというデメリットもあるようだ。
なお、このスライドは前後左右どこへも転がれるという。

おなじみ基本ブキのスプラシューターは、近距離~中距離が得意なブキ。
2年前(前作)と同じ感覚で使えるようだ。
スプラローラーの最大の変化は、縦振りが加わったこと。
縦振りは、インクを発射する幅が狭くなるものの、遠くまで届くようになった。
空中で攻撃をすると縦振りに、地上で攻撃をすると、これまでと同じ横振りになる。
ちなみに、すべてのローラーに縦振りが加わっているとのことだが、ダイナモローラーのようなブキもあるのだろうか……?そして、スプラチャージャーは、チャージしながら若干移動ができるようになった。
チャージ状態を保ったまま移動する“チャージキープ”というアクションで、攻撃の回避や壁から瞬時に飛び出すときなどに使えるようだ。
ただし、キープできるのは2秒くらいとのこと。

[関連記事]
・『Splatoon2(スプラトゥーン2)』前作登場ブキにも変更点が!? スプラチャージャー&スプラローラーのプレイリポートをお届け
そして、スペシャルウェポンは一新され、総入れ替えになった。
“マルチミサイル”は自動追尾で複数の敵を狙うもの。
相手ひとりに4発、最大16発のミサイルを、照準の中に入れた敵に向けて撃つ。
撃たれた側は、地上に照準が表示された場所から離れるように移動すれば避けられるようだ。
“ハイパープレッサー”はインクを高圧で一直線に発射する、長射程が特徴。
さらに、壁を貫通することも可能で、隠れた敵を強制的に移動させたりできそう。
“ジェットパック”はインクの噴射で浮かび上がりながらランチャーを撃つブキ。
ふだん上れない段差を上がって、相手の陣地に入ったりもできるという。
なお、発動終了時には発動した地点に戻る。
最後は“スーパーチャクチ”。
その場で飛び上がって、着した周囲一帯にインクの爆発を起こすスペシャルウェポンだ。
スーパージャンプ中にも使用できるので、味方のもとへ飛んであたりの敵を一気に倒すという救援にも活用可能。

また、サブウェポンはひとつだけが紹介された。
カーリングボムは、チェイスボムのように地上を滑って移動するボム。
ただしチェイスボムと違って、壁に跳ね返りつつ一定距離を移動する。
どのタイミングで爆発するかは、発射時にどれだけ溜めるか、緑のゲージ表示が指標になる。
溜めれば溜めるほど、発射してすぐに近距離で爆発することになる。

これらの紹介した新ブキ、新ステージを使った、イカ研究員の対戦動画も公開。
すでに研究が進んでいるのか、見事なテクニックを見せるバトルをチェックして、新たな戦いに心を躍らせてほしい。

というところでステージは締めのコーナーに。
最後に、齊藤さんから「映像にホタルちゃんはいましたが、アオリちゃんは……?」というファンなら誰もが気になる質問が。
イカ研究員の回答は、「アオリちゃんも登場します。
今回は仕事が忙しかったようで」ということなので、アオリちゃんファンはご安心を!だが、あの後ろ姿でちょっと切ない印象を与えるホタルちゃんのシーンが気になる人も多いだろう。
ふたりのあいだに何かがあったのだろうか……?
そんな気になることも多い『スプラトゥーン2』の発売は2017年夏予定。
従来通り、インターネットで見知らぬ人との対戦も可能で、今回はNintendo Switchを持ち寄ってローカル通信によるプライベートマッチもできるという。
まだまだ隠された部分も多いだろうが、これからのいろいろな発表にワクワクしながら発売を心待ちにしたい!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

バンダイナムコ、Nintendo Switch対応タイトルを多数発表

 【15//2017】

バンダイナムコ、Nintendo Switch対応タイトルを多数発表


バンダイナムコエンターテインメントは「ドラゴンボール ゼノバース2」や「太鼓の達人」、「テールズ オブ」シリーズのゲームをNintendo Switch向けに開発中だと発表した。
バンダイナムコはまず、Nintendo Switch参入タイトルの第1弾として、Switch版の「ドラゴンボール ゼノバース2」をアナウンスした。
ローカルCo-opモードを含むという。
本作のPlayStation 4とXbox One、PC版は2016年にリリースされている。
バンダイナムコの欧州支店であるBANDAI NAMCO Entertainment Europeは後にSwitchに対応する「太鼓の達人」と「テールズ オブ」シリーズのゲームに関するプレスリリースを発表した。

「テールズ オブ」シリーズに関しては、2015年以降に発売された「テイルズ オブ ゼスティリア」と「テイルズ オブ ベルセリア」のSwitch向けリリースが予想されている。
いずれのタイトルも発売日はアナウンスされていない。
各タイトルの詳しい内容については、これから公開する予定となっている。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Switchでスト2!?「ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ」インプレ

 【15//2017】

Switchでスト2!?「ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ」インプレ


1月13日に開催された「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」で、カプコンはNintendo Switch向け「ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ」の発売を発表、さらにプレイアブルデモを展示した。
本作はあの「ストリートファイターII」の最新作として、グラフィックは現代風にリファインして、多くの要素を追加したSwitchオリジナルバージョンである。
今回は実際のプレイインプレッションと共に本作を紹介したい。
ゲームシステムなどについては、今更説明の必要はないだろう。
基本的にはスーパーファミコン版の「ストリートファイターⅡ」を想起してもらえれば間違いなく、SwitchのTVモード、テーブルモード、携帯モードでそれぞれ遊べる。
テーブルモードでは1つのJoy-Conでプレイするため、コントローラーは非常に小さくなる。
また基本的にはアナログスティックでコマンド入力するため、慣れないと波動拳も難しいだろう。
ただし本作ではアナログスティック向きに操作系のチューニングを行っており、今回は試せなかったが、「LITE操作」というタッチ操作のかんたんモードも実装されているそうだ。
グラフィックは「Super Street Fighter II Turbo HD Remix」をベースに現代風にリファイン。
「Super Street Fighter II Turbo HD Remix」は日本未発売であり、海外で多くのカプコン版権のコミックを手がけるUDON Entertainmentがビジュアルを担当した作品。
アメコミ調の2Dグラフィックスは趣味の別れるところであるが、個人的に言えば、これだけでも買い! 昔ながらのスタイルが好きな人は切り替えることも可能だという。

キャラクターは四天王を含めたおなじみのファイターたちに、今回新しく「殺意の波動に目覚めたリュウ」と「洗脳されたケン」が追加。
豪鬼も最初から使用可能で合計19名のプレイアブルキャラクターとなっている。
プレイアブルデモではTVモード、携帯モードでプレイしてみた。
TVモードではSwitchのJoy-Conグリップを利用して、左のアナログスティックと右の4つのボタンに加え、LRボタンを使用。
アナログスティックでのコマンド入力は慣れが必要だが、感覚的にはスーパーファミコン版に近い。
強パンチ強キックはLRにアサインされているため、強昇竜が出しづらいのも、ある意味で懐かしい。
さすがにキーアサインを変更することは可能であると思われるので、アナログスティックかつパッド派なら問題なく遊べそうだ。

他方、携帯モードではJoy-Conを分け合って対戦するため、かなり小さいコントローラーを使用する。
Joy-Conのアナログスティックと4つのボタンはかなり近くに配置されているので、右手と左手の位置はかなり窮屈だ。
さらにJoy-Con横持ち時に使うSL/SRボタンの操作感はかなり悪く、ストラップを装着しても強く押し込まないと反応しない。
また左右のJoy-Conでボタン配置が微妙に異なるため、かなりの違和感が生じる。
もちろん、携帯モードはある種のパーティーゲームのような感覚で遊ぶものと考えれば十分な操作性かもしれない。
とはいえ、ガチで勝負することになると左右のJoy-Conの取り合いにもなるため、このあたりはより良いSL/SRボタンのストラップを発売してほしい気もする。
細かいことを抜きにすると、スーパーファミコンでスト2を遊んでいた懐かしい気分に浸れるソフトではあるが、やはりもっと良いコントローラーで遊びたくなる。
Proコントローラーはあるにはあるが、格闘ゲームには向いているとは言えないため、サードパーティを含むアーケードコントローラーなど周辺機器の拡充が必要と思われる。
HDリマスターである「Super Street Fighter II Turbo HD Remix」のグラフィックスが良いだけに、ぜひとも格闘ゲームに向いたコントローラーに期待したい。
本作は発売日は未定。
パッケージ版が4,990円(税別)、ダウンロード版が4,620円(税別)となっている。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」をSwitchで実際にプレイ

 【15//2017】

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」をSwitchで実際にプレイ


UでもNintendo Switchでも、基本的にはまったく同じ体験である気がしたし、ゼルダだけのためにSwitchに切り替える必要はなさそうだ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る