2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

サイバーコネクトツー所属のサウンドユニット“LieN -リアン-”が熊本地震からの復興を応援する新曲を無料フル配信&チャリティ販売開始

 【14//2017】

サイバーコネクトツー所属のサウンドユニット“LieN -リアン-”が熊本地震からの復興を応援する新曲を無料フル配信&チャリティ販売開始


●チャリティ販売の収益は日本赤十字社を通じて寄付
サイバーコネクトツーは、同社がプロデュースを手掛けるサウンドユニット“LieN -リアン-”の熊本地震災害の復興支援を目的とした新曲『つながりの空』を、Youtubeにて無料フル配信することを発表した。
また、iTunes Storeほか音楽配信サイトにて同曲のチャリティ販売も開始された。

以下、リリースより。

----------
ゲーム制作会社 株式会社サイバーコネクトツー(本社:福岡市博多区、代表:松山洋)は、震災で被災された方、そのご家族・関係者を支援することを目的とした活動を継続しております。
この度、同社がプロデュースを手掛けるサウンドユニット「LieN -リアン-」は、2016年4月14日に発生した「熊本地震災害」の復興支援を目的とした新曲『つながりの空』を、2017年4月14日(金)よりYoutubeにて無料フル配信することを決定いたしました。
また、あわせて同楽曲のピアノ演奏用楽譜、歌詞を特設サイトにて無料配布開始。
同時に、iTunes Storeほか音楽配信サイトでのチャリティ販売を開始いたしました。

■ゲーム「.hack」シリーズの主題歌などを歌うサウンドユニット「LieN -リアン-」が 「熊本地震災害」の復興支援ソング『つながりの空』を発表
このたびの復興支援ソングは、インターネットからYoutubeにてどなたでも視聴可能です。
プロモーション動画には、ボーカルの三谷 朋世(みたに ともよ)が熊本県で参加した、チャリティイベントの様子も登場しております。

※ピアノ演奏用楽譜、歌詞の配布は特設サイトへ
■iTunes Store他、音楽配信サイトでチャリティ販売開始。
収益は日本赤十字社を通じて寄付。
復興支援ソング『つながりの空』はYoutubeでの視聴の他、音楽配信サイトからのダウンロード購入が可能です。
また、定額制音楽配信サービスでの配信も開始いたしました。
本楽曲のチャリティ販売で得た収益は日本赤十字社を通じて寄付いたします。
みなさまのご協力をお待ちしております。
※収益は、販売にかかる経費が差し引かれた金額です。

※iTunes Storeでのご購入(チャリティ販売)はこちら
※他の配信サイトの詳細は特設サイトへ

iTunes Store/amazon music/music.jp/Google Play Music/mora/レコチョク

Apple music/Prime music/spotify/kkbox/LINE MUSIC
■『サイバーコネクトツー復興支援プロジェクト』について
株式会社サイバーコネクトツーは、震災で被災された方、そのご家族・関係者を支援することを目的とし、チャリティ販売を行う「サイバーコネクトツー復興支援プロジェクト」を、弊社公式サイトにて実施しており、現在、本プロジェクトは「熊本地震災害」の被災地に対し支援活動を行っております。

本活動を開始して以来、多くの方々にご賛同いただき、イベント時の募金活動と本プロジェクトの収益を合わせて2017年4月までに総額約600,000円の寄付金が集まりました。
これらは全て日本赤十字社を通じて寄付させていただきました。

今後も、被災地の1日でも早い復興を願う思いを多くの人と“繋げて”いけるよう、サイバーコネクトツーとしてできる限りの活動を行って参ります。

※本取り組みの詳細はこちらをご覧ください


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「TERA」新クラス「ムーングレイバー」が編集部を訪問!

 【14//2017】

「TERA」新クラス「ムーングレイバー」が編集部を訪問!


ゲームオンは4月12日、Windows用MMORPG「TERA :The Exiled Realm of Arborea」(TERA)の新クラス「ムーングレイバー」を実装した。


弊誌では「ムーングレイバー」を実際にプレイしてみたレポートや、実装記念キャンペーン情報を紹介した記事などを掲載しているが、今回新日本運営プロデューサーに就任したばかりの廣田瞬一氏が弊誌GAME Watch編集部を訪れてくれた。

廣田氏は1人ではなく、ものすごい本気の衣装に身を包んだムーングレイバー本人も引き連れて登場。
4月9日に行なわれたイベントにて日本運営プロデューサーへの就任が発表されたばかりの廣田氏は、今後自身が引き受ける「TERA」運営チーム代表としての顔を売るため、そして何より実装直後となるムーングレイバーをアピールするため、編集部を訪問したというわけだ。

そんな真面目な目的を持った廣田氏であるが、写真撮影のためムーングレイバーの隣に立つと終始ニヤケ顔。
「ムーングレイバーは見た目やエフェクトも派手で、『TERA』らしいアクションが楽しめるクラスになっています」とコメントそのものは堅いものの、近くにいる、しかも露出度高めのリアルムーングレイバーを意識してしまうためか、ちょっと恥ずかしそうな“照れ”が口の端から消えることはなかった。

というわけで、以下では廣田氏に付き添う形で足を運んでくれたムーングレイバーの撮り下ろし写真をお届けする。
廣田氏が最もニヤケた瞬間の写真も含めておいたので、廣田氏のはにかむ笑顔やリアルムーングレイバーのコスプレが気になる方は、ぜひチェックしていただきたい。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「GT SPORTS」、ポルシェが登場することが明らかに

 【14//2017】

「GT SPORTS」、ポルシェが登場することが明らかに


現在βテストに向けて準備が進められている「グランツーリスモ」シリーズ最新作「グランツーリスモ SPORT」(以下GT SPORT)に、ポルシェが収録されることが明らかになった。


過去に何度が報じているように、ゲームにおけるポルシェ不在問題は、特にレースゲーム界に暗い影を落としてきた。
登場しない理由は、Electronic Artsがポルシェと独占契約を行ない、自社の「Need For Speed」シリーズに独占的に使用する一方で、他社に対してサブライセンスは出さないという排他的な対応を長年行なってきたため。

「GT」シリーズも長年この問題に苦しめられ、ポルシェをチューンナップしたRUFを登場させるという苦肉の策で、シリーズが追求していた“カーライフ”にポルシェを限定的に取り入れてきたが、それそのものが登場することはなく、今回の「GT SPORT」でもその実現可能性は低いことが山内氏本人からも語られていた(参考記事)。

しかし、2016年をもってEAの独占契約は終了し、2017年からは個別契約で、他の車メーカー同様に使用できる環境が整った。
Kunos Simulazioniの「Assetto Corsa」や、Turn 10 Studiosの「Forza Horizon 3」、そして今回、「グランツーリスモ SPORT」と次々に新作レースゲームへの収録が決まっている。

今回、「GT SPORT」では、ポルシェの代名詞でもある911シリーズの最新モデル「911 GT3 RS」のスクリーンショットを公開。
美しいボディのみならず、ピカピカの内装も見事に再現されている。
「GT SPORT」は4月より北米を皮切りにβテストが開始予定で、2017年リリース予定。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

タツノコプロとカプコンがお台場で激突!? 大型パネルやキャラクター総選挙、トリックビジョンなどなど4月21日より開催

 【14//2017】

タツノコプロとカプコンがお台場で激突!? 大型パネルやキャラクター総選挙、トリックビジョンなどなど4月21日より開催


●楽しい展示やアトラクションにGOGOGO!
かつてゲーム作品『タツノコVS.カプコン アルティメット オールスターズ』などで熱い戦いをくり広げたタツノコプロとカプコンのキャラクターが、東京・お台場に集結するイベント“タツノコ VS. カプコン お台場タッグイベント”が2017年4月21日より開催される。

以下、リリースより。

----------
あのタツノコプロとカプコンがお台場アクアシティで激突!? 過去ゲーム内で熱いバトルを繰り広げた2社がタッグを組み、4月21日(金)~5月7日(日)に「タツノコ VS. カプコン お台場タッグイベント」を開催!
会場はカプコン通販サイト限定商品も買える物販コーナーと楽しい展示が盛りだくさん。
一緒に写真が撮れる大型パネルや、豪華景品も当たるスタンプラリーやガラポン、タツノコプロの歴史がわかるヒストリーボード、大迫力のモンスターバルーン、トリックビジョン、射的などの楽しいアトラクションで皆様をお待ちしています。
また、会場人気キャラ投票「タツノコ VS. カプコンお台場人気総選挙」も実施予定! このゴールデンウィークシーズンは、みんなお台場へGOGOGO!
イべント名:タツノコ VS. カプコン お台場タッグイベント
開催日時:2017年4月21日(金)~2017年5月7日(日) 11:00~21:00
※5月3日(水・祝日)~5月6日(土)10:00~22:00
※5月7日(日)10:00~21:00
開催場所:アクアシティお台場(〒135-0091 東京都港区台場1丁目7-1)
3F アクアアリーナ・3Fアクア広場
※施設紹介ページ
入場料:無料
主催:アクアシティお台場
問い合わせ先:03-3599-4700(アクアシティお台場代表受付)

(1)大ボリュームのタツノコプロ&カプコンキャラと写真を撮ろう!
タツノコプロとカプコンの人気キャラクターの大型パネルが会場であなたを待っています。
この機会に写真を撮ろう!
(2)タツノコ VS. カプコン お台場人気総選挙に参加しよう!
会場に設置している投票箱に応援するキャラクター名を書いて投票しよう! あなたの1票がこの勝負の明暗を分ける! 総勢48名から、1位の栄光に輝くのは誰だ!誰だ!誰だ!
※結果はアクアシティHPやTwitterにて発表予定
(3)モンスターのバルーンやトリックビジョンで記念撮影!
大迫力の電竜ライゼクスバルーンとディノバルドトリックビジョンも展示。
来場記念に撮影しよう! 無料です!
※カメラ類はご持参ください
(4)タツノコプロ55周年ガラポンでレア缶バッジを手に入れよう
1回500円(税込)ハズレなしで缶バッジが1個当たるガラポンに挑戦しよう。
当たりが出たら、55周年記念の特大缶バッジがもらえる!
(5)バイオハザード射的シューティング in ラクーンシティに挑戦
高得点を取ると最大3個缶バッジがもらえる、射的に挑戦しよう。
1回500円です。
0点でも必ず1個はもらえます。

(6)タツノコプロ&カプコングッズショップでお土産を買おう!
魅力的なグッズが目白押し! カプコングッズは通販サイト限定商品も特別に会場で購入できます。

(7)豪華景品が当たるスタンプラリーに参加しよう!
お台場アクアシティの各店舗で1,000円以上(税込)お買い物頂いた方にスタンプラリー用紙をプレゼント。
アクアシティ内でタツノコプロとカプコンのキャラクタースタンプを探し、コンプリートし応募すると、抽選で豪華景品が当たります。
ガラポンでは1個しか当たらないタツノコプロ55周年缶バッジ全10種の缶バッジのセットや、カプコンフィギュアビルダー スタンダードモデルPlus Vol.5 1BOX(6個入)、お台場アクアシティショッピングご利用券などが当たるチャンスです。
詳しくは店頭にてご確認ください。


※缶バッジは中身が選べないブラインド仕様です
※画像は制作中の物です。
実際の商品及び賞品とは若干異なる場合があります。
※画像は別会場のイベントで撮影したものやイメージです。
また、予告なくイベント内容は変更になる場合があります。
(C)タツノコプロ
(C)CAPCOM USA., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

伊織もえさんが『TERA』新クラス・ムーングレイバー姿で編集部を来訪、新人運営Pには集中線を足した

 【14//2017】

伊織もえさんが『TERA』新クラス・ムーングレイバー姿で編集部を来訪、新人運営Pには集中線を足した


文・取材:編集部 ミス・ユースケ、撮影:カメラマン 小森大輔
●美人がでかい武器を持つとかっこいい
ファミ通編集部にでかい武器を持ったお姉さんがやってきたのだ。

(※記事の2ページ目にもすてきな写真を掲載しています。
見よう!)
彼女はゲームオンのPC用MMORPG『TERA :The Exiled Realm of Arborea』(以下、TERA)に実装された新クラス“ムーングレイバー”(の衣装を着た伊織もえさん)。

手にしているのは長大な偃月刀。
三国志の関羽が持っているあれだ。
関羽と同じくらい魅力的なクラスだとご理解いただければ幸いである。

ムーングレイバーの詳細はこちらの記事をどうぞ。
偃月刀をぶん回すお姉さんは好きですか? 『TERA』新クラス・ムーングレイバーの魅力に迫る
こちらは先行体験会の様子。
2017年5月10日まで有効なキャラクタースロット拡張のシリアルコードも公開中。
『TERA』新クラス情報に加えて4月26日アップデート内容も公開! ムーングレイバー先行体験会の模様をリポート
彼女ひとりで編集部にやってきたわけではなく、『TERA』日本運営プロデューサーに就任したばかりの廣田瞬一氏も同行。
新クラスのお披露目を兼ねて、着任のあいさつに訪れたというわけだ。
要は宣伝である。

廣田氏は三代目(※)の日本運営プロデューサー。
長く『TERA』に関わってきており、2016年11月開催のオフライン体験会でユーザーの前に初お目見え。
当時はデバッグ王子なんて呼ばれていた。

(※『TERA』は2014年8月にハンゲームからゲームオンへ運営移管された。
ハンゲーム時代から数えると五代目となる)
そんな廣田氏はどういう『TERA』を目指すのか。
少し時間をもらって話を伺った。

――まずは日本運営プロデューサー就任おめでとうございます。
いまのご感想は?
廣田『TERA』という息の長いゲームを任させる立場として、よりよい『TERA』を作っていきたいと考えています。
(NHN ハンゲームから)運営移管されてからずっと『TERA』に関わってきていますから、愛着もあります。

――具体的に何かやってみたいことはありますか?
廣田お客さんの意見を聞きやすい環境を整えたいですね。
オフラインイベントや生放送みたいな場も活かしたりして。
これまではあまりアンケートを取ったりしなかったんですよ。

――オンラインゲーム運営の基本ですね。
そういう部分をしっかりやっていきたい、と。

廣田全体的に遊びやすい環境を作っていきたいんです。
装備集めや強化、ダンジョンめぐりのバランスにも気を付けたい。
長く続くタイトルは、どうしても徐々に取っ付きにくくなる傾向にあります。
そういう部分を改善できるような施策を打っていきたいですね。

――要所を整理してわかりやすく、といった感じでしょうか。
生放送やイベントをこうしたい、みたいな意欲はありますか?
廣田これまでと変わらずやっていきたいという気持ちはあります。
できるかわからないですけど、放送はもう少し増やしたりとか。
できれば、もっと軽めの放送もやってみたいです。

――きっちりした進行台本を作らず、何となく『TERA』を遊んだりするようなやつですね。

廣田まだ『TERA』を知らない人にもおもしろさが伝わるような放送が理想的です。

――ところで、廣田さん自身は人前に出ることに慣れてないですよね? 集合写真でも真顔でしたし。
照れがある。

廣田全然ですね。
すぐに慣れるものでもないので、少しずつ慣れていきたいんですけど・・・。

人前に出るのに慣れてないのにイメージ写真の撮影に付き合ってくれた廣田氏は、きっといい人に違いない。
彼が舵を取る『TERA』に注目しつつ、爽快感バツグンのムーングレイバーでのプレイを楽しもう。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

貞本義行氏キャラデザのサスペンスRPG「Black Rose Suspects」配信開始

 【14//2017】

貞本義行氏キャラデザのサスペンスRPG「Black Rose Suspects」配信開始


pixelfishは、Android/iOS用サスペンスRPG「Black Rose Suspects」(ブラックローズサスペクツ)の配信を4月13日より開始した。
本作のビジネスモデルは基本プレイ無料のアイテム課金制。


本作は、企画原案・シナリオを鈴木理香氏、メインキャラクターデザインを貞本義行氏が担当する本格的なサスペンスRPG。
主人公イアン・ハンターが真実へと迫る過程が、重厚な設定と魅力的で個性的なキャラクター達によってドラマチックに描かれていく。

同作の中で、貞本義行氏の描くキャラクターたちは、ホーム画面やシナリオではLive2D、バトルは3Dで表現され、生き生きと動く様子など楽しむことができる。
ほかにもプレーヤーは、キャラクターカードでデッキを構築し、様々なバトルモードに挑むことができる。

今回、事前登録数が50万人を突破したことを記念して、チュートリアルのプレーヤー登録を完了した人を対象に、ゲーム内のガチャなどに使用できるゲーム内アイテム「ジュエル」400個と、SRカード選択券1枚がプレゼントされる。
さらに配信開始変更のお詫びとして、ジュエル50個がさらにプレゼントされる。
受け取り期間は、5月14日23時59分まで(予定)。

ほかにも、ログインすると日替わりで豪華ゲーム内アイテムがもらえる「ミラクルセブンデイズ」や、ゲーム内で行なわれる「アリーナイベント」、「リリース記念追憶イベント」などが開催される。

■ゲーム内イベント「ミラクルセブンデイズ」開催
毎日ログインすると、日替わりで豪華報酬がプレゼントされる。
7日目のログインでは、SSRカード確定ガチャ券がプレゼントされる。

1日目:カードガチャ券
2日目:30ジュエル
3日目:スタミナ回復券×2
4日目:30ジュエル
5日目:SR以上メダルガチャ券
6日目:50ジュエル
7日目:SSRカード確定ガチャ券
■「リリース記念追憶イベント」開催
開催期間:4月13日~4月28日15時59分まで(予定)
開催期間中に該当のイベントクエストをクリアしてポイントを貯めると、ショップ内にて4キャラクターのSRカードと交換することができる。

・SRハル 天球のアーチャー(CV:石田彰さん)
・SRサツキ 精神の電子通信(CV:小野賢章さん)
・SRアビー 痛みと色の大剣(CV:釘宮理恵さん)
・SRメリー シザーアーチャー(CV:花澤香奈さん)
■「アリーナバトルイベント」開催
開催期間:4月13日~4月28日15時59まで(予定)
開催期間中にアリーナに参加するだけで報酬を獲得することができる。

参加回数1回:5ジュエル
参加回数10回:ヘキサメダル(R~SR)
参加回数30回:カードガチャ券
参加回数100回:SR以上カードガチャ券


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

デルのゲーミングPCについてインタビューしたらこうなった

 【14//2017】

 デルのゲーミングPCについてインタビューしたらこうなった


※この記事は、本来2ページ目からご覧いただくのが正しいです。
どうもー。

デルのマーケティング担当・しんごちゃんです。
ファミ通.comの坂本ビス太です。

ふたり合わせて「でるでるでるね」です。

ふたりで漫才やっとります。
これから頑張っていかなあかんな、いうてね。

しんご「ビス太くんってゲーム好きやん。
最近はどんなんプレイしてんの?」
ビス太「僕、『ドラゴンズドグマ オンライン』をプレイしてるんやけど。
あ、長いんで『ズドグマ』って略しますね」
しんご「略しかた独特か。
ふつう『DDON』やろ」
ビス太「で、『ズドグマ』で覚者(かくしゃ)デビューしたんやけど、僕だけロードが遅かったり、画面がカクカクしたりするんよ。
もう、カク者なんよ」
しんご「覚者みたいに言うな。
PCでやってるんやろ?」
ビス太「ポケ○ンセンターでなんてやってないですよ」
しんご「PC=パソコンや! 使うてるPCに問題あるんと違うか」
ビス太「失礼な。
10年前に仕事用に買うたやつを大事に使っとりますぅ」
しんご「古ッ! 10年前のPCゆうたらもう土器やで。
しかも仕事用ってそれ、オンボードやろ。
ワシのおすすめのやつあるから、よう聞きや。
デルのいっちゃん新しいゲーミングノートPCや。
その名も『New Inspiron 15 ゲーミング』!」
ビス太「出た! ってか、デル!」

しんご「ええか。
この『New Inspiron 15 ゲーミング』は、ゲーマーに最適な15インチノートパソコンで、最新の第7世代 インテル Core i7-7700HQ クアッドコア搭載。
んで、グラフィックボードにはNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB GDDR5 グラフィックスメモリ付きを採用しとる、ちょーーどええPCなんや」
ビス太「サワディカー」
しんご「なんや急に」
ビス太「いや、タイ語でそんなにべらべら言うから」
しんご「タイ語ちゃうわ。
どっちかゆうたら英語やろ。
まあ、スペックのことを詳しく言うたところで、君にはさっぱりわからんかもしれへんけど」
ビス太「NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti専用グラフィックスカードは、CPUと共有されてない独自ビデオメモリが搭載されとるから、負荷の高い設定でゲームを楽めるんやろ。
で、インテル Core i7クアッド・コア・プロセッサーやから、緻密なグラフィックスアーキテクチャを補完し、多くのリソースを消費する最新ゲームグラフィックスを鮮やかに再現できるってことやんな。
非光沢のフルHDディスプレイは、くっきりとした画像が生き生きと輝くから、ゲームを大満喫できるんやな~」
しんご「……どしたんや君。
そ、そのとおりや」
ビス太「コップンカー」
しんご「タイ語で“ありがとう”はええわ」

ビス太「ところでグラフィックスカードってなんですの?」
しんご「なんや、けっきょく知らんのかい。

ビス太「現金ないときのお支払いに使うやつやろ?」
しんご「アメックスカードな。
ワシ、よくそのボケに対応できたと我ながら感心するわ。
グラフィックスカードは、グラフィックボードとも言うてな、俗に言うグラボや。
画像や映像を処理するためのもので、これを積んでないとゲームの描画がままならんのや」
ビス太「わい、カク者なんやが?」
しんご「そらあんた、仕事用のPCだからオンボードなんやろ。
当然、ゲームはカクカクしか動かんわ」
ビス太「オンボード? かっこよさげやん。
ロンダートみたいで」
しんご「バク転する前にやるやつ! 知らん人多いわ! 本日2度目の奇跡的なツッコミやで、これ。
オンボードのPCはグラフィックボードを積んどらんのや。
最低限の画像処理しかできんから、ゲームにはまったく向かないんやで。
まあ、難しいことは置いておくとして、『New Inspiron 15 ゲーミング』は、そういうパーツのことわからんけども、これからPCゲームを始めたいって人にピッタリのノートPCなんやな。
あれこれ考えんでもPCゲームを遊ぶのにちょーーどええ性能になっとんのや」
ビス太「でも、ノートPCってお高いんでしょ?」
しんご「『New Inspiron 15 ゲーミング』は、CPUやメモリの違う3モデルがあって、だいたい11万円~15万円やな」
ビス太「お高い! ……のかな??」
しんご「コンシューマー機だったら、5万円あれば本体とソフト買えるからなって思ってるやろ? でもな、仕事で使ったり、手軽にネットしたり、音楽や映像の保存やら再生やら、ゲーム以外のことをしようとすると、やっぱりPCが必要になってくる。
まあまあ、グラボないけどそこらのノートPCでええかーってなるとだいたい8万円くらいか。
合わせて13万円や」
ビス太「もう『New Inspiron 15 ゲーミング』買えてまうやん……!」
しんご「ご名答や。
ゲーミングPCなら、いま言ったこと全部まかなえてまう。
そんでもって、コンシューマー版とPC版が出てるゲームなら、だんぜんPC版のほうが画質もいいしロードなんかの処理も速いはずや。
なるべくならキャラクターや風景が綺麗なほうがええやろ?」
ビス太「同じキャラならお尻が綺麗に見えるほうがいいです」
しんご「正直か! そういうゲーム、最近あったな! でも、まあまあそういうことやな。
『New Inspiron 15 ゲーミング』なら、いまどきのPCゲームをかなり長く楽しめるはずや。
どっかの誰かも言うてたで、“1日を楽しみたいなら本を読みなさい。
1年を楽しみたいなら種をまきなさい。
じゃあ、5年楽しむなら……」
ビス太「豆をまきなさい」
しんご「2月限定! 5年間だけやなく未来永劫、豆はまく! まくよね~、豆は! 5年楽しむならPCでオンラインゲームを遊ぶのがちょーーどええやろ」
ビス太「それはちょっと記事の趣旨に寄せすぎじゃないですかねぇ」
しんご「たまに的を射たこと言うな! まあ、『New Inspiron 15 ゲーミング』の性能なら、そのくらい長く持つってことや。
『New Inspiron 15 ゲーミング』のちょーーどええとこは、まだあるんやで」
ビス太「そ、そのPCのこともっと教えてほしいな(モジモジ)」
しんご「もうだいぶ好きになってもうてるやん。
『New Inspiron 15 ゲーミング』はな、音質もなかなか評判ええんよ。
サブウーハーがついとるし、小型スピーカーでも幅広い音域をカバーするサラウンド技術を使うてるさかい、ただのステレオ音声より深みが感じられるな」
ビス太「ウーーーッ! ハァーッ!」
しんご「言うと思たわ」

しんご「まあ、将来的にCPUやグラボを乗せ替えたりってことは難しいけど、君みたいなPCを自作しない人にとっては手軽だし、PCゲームをするにはちょーーどええスペックと価格や。
ノートPCやから場所も取らんしな。
これがあればゲームがカクつきもせんし、プレイ環境が一気に改善されるやろ」
ビス太「そんなことになったら、ゲームが上達してみんなからチヤホヤされてまうやん。
ユーチューバーになってまうやん」
しんご「勝手になれや! あ、でも動画編集もまかなえるくらいのスペックがあるから、それもええかもしれんね。
動画の編集は、PCでするのが楽やしな。
家庭用ゲーム機やスマホでは大変やろ」
ビス太「うん。
レスタニア大陸をヌルヌル這いずって回る動画を全世界に公開して一躍人気者や」
しんご「手法が独特か! 誰も見いひんで」
ビス太「気分は這いキングやぞ!」
しんご「レジャーみたいに言うな。
でな、動画を編集したりハイエンドなゲームをやってたりすると、PCってだいたい熱くなるやん? 『New Inspiron 15 ゲーミング』はな、排熱もバッチリなんやで」
ビス太「え、そりゃ困りませんか?」
しんご「なんでや?」
ビス太「僕、いま使ってるアッツアツのPCで暖房代うかしてるのに」
しんご「やめーや! PCはヒエッヒエのほうがええに決まってるやろ! 『New Inspiron 15 ゲーミング』の背面部分はな、冷却用通気孔と大型のデュアル冷却ファンがちょーーどええ配置になっとるから、ファンの音も小さいし、排熱がひじょーーに効率的なんよ」
ビス太「音が小さいのはええね。
僕、よくとなりの人に壁ドンされるから」
しんご「どんなでかい音が出るPC使うとるねん」
ビス太「敵にやられるやん。
イライラして「こらお前どつきまわすぞ! 脳みそハッピーセットかよ!」って叫ぶやん。
そうすると、壁が“ドンッ!”って」
しんご「その暴言が原因や! 『New Inspiron 15 ゲーミング』でも防げんぞ、それ。
まあ、でもゲームがサクサクになれば、そうそう敵にも負けへんやろうし」

ビス太「ふむふむ。
わたくし、まとめちゃいますぞ」
しんご「どうぞ」
ビス太「『New Inspiron 15 ゲーミング』は、ハイエンドなPCゲームが高負荷設定でもサクサク動いて、非光沢のHDディスプレイも完備。
音質もよくて、熱も出ない。
そんでもって、ユーチューバーにもなれて、お値段約15万円。
ちょーーどええなー」
しんご「ちょーーどええやろ(ユーチューバーは関係ないけどな)」
ビス太「ちょーーどええなー。
けどなー、もひとつ踏ん切りつかんなー」
しんご「なんでや。
こんなちょーーどええのないやろ」
ビス太「僕、アッツアツのPCでお弁当あっためとるやん。
あっため機能ないPCはつらいわー」
しんご「そんな機能、どんなPCにもないわ! そんなら、もうワシが電子レンジ買うたるわ!」
ビス太「コップンカー」

----------


この記事は、デルの提供でお送りしました。



●ライト~ミドル層にぴったり。
『New Inspiron 15 ゲーミング』の魅力を聞く
2017年1月に発売された、デルの最新ゲーミングPC『New Inspiron 15 ゲーミング』。
手頃な価格と性能でこれからPCゲームを始めるのにぴったりと、とくにライト~ミドル層から人気を得ている。
今回、この『New Inspiron 15 ゲーミング』がいかにPCゲームに向いているのか、どのようなプレイヤーをターゲットにしているのか?デルのマーケティング担当・柳澤真吾氏に話を伺った。

――『New Inspiron 15 ゲーミング』は、どのような層に向けたモデルなのでしょうか?
柳澤ライト層~ミドル層に向けたモデルとなっています。
これからPCゲームを始める方や、ハイエンドモデルには手を出しにくいといった方、適度な性能と価格を重視される方に向いていると思います。

――スペックについて教えてください。

柳澤『New Inspiron 15 ゲーミング』は、ゲーマーに最適な15インチノートパソコンで、CPUは最新の第7世代 インテル Core i7-7700HQ クアッドコアを搭載しています。
グラフィックボードにはNVIDIA GeForce GTX 1050 Ti 4GB GDDR5 グラフィックスメモリ付きを採用しています。

――NVIDIA GeForce GTX 1050というと、少し前のモデルですが、性能としてはどうなのでしょうか?
柳澤NVIDIA GeForce GTX 1050は、CPUと共有されない独自のビデオメモリが搭載されていますので、現在リリースされているハイエンドなゲームでも高品質な、負荷の高い設定でゲームを楽しめます。

――CPUはCore i7のほかに、Core i5のモデルもあるのですね。

柳澤はい、Core i5の機種が1モデル、Core i7の機種が2モデルあります。
インテル Core i7クアッド・コア・プロセッサーでは、緻密なグラフィックスアーキテクチャを補完し、多くのリソースを消費する最新ゲームグラフィックスを鮮やかに再現できます。
Core i7モデルの場合ですと、下記のようなベンチマークになります。

●『ファイナルファンタジーXIV』ベンチマーク
スコア:12692評価:非常に快適
●『ドラゴンクエストX』ベンチマーク
スコアベンチスコア:7306評価:とても快適
●『ファンタシースターオンライン2』ベンチマーク
スコア:18790評価:快適に動作する
●『ドラゴンズドグマ オンライン』ベンチマーク
スコア:7221評価:とても快適
――最新FPSのような、かなりの高スペックを要求するようなゲームよりも、オンラインRPGのようなゲームをプレイするのに向いていそうですね。

柳澤そうですね。
現在サービスされているオンラインRPGですと、高品質のゲーム設定でも快適にプレイできると思います。
また、最近では『NieR:Automata』や『討鬼伝2』、『ウォッチドッグス2』など、コンシューマー機でも人気のタイトルがPC版でリリースされることも多く、画質がよく処理も速いPC版でプレイしたいといったユーザーの方も増えてきています。

――価格はどの程度でしょうか?
柳澤CPUやメモリの構成が異なる3モデルがありまして、11万円~15万円ほどになります。
DELLの通販サイトでは分割払いのシミュレーションも可能ですし、Officeソフトやセキュリティソフトウェア、Adobeソフトウェアの有無などの選択もできます。

――たとえば向こう5年間くらい、オンラインRPGを遊ぶにはちょうどいい価格帯ですね。
ほかに、動画の編集などには向いているのでしょうか?
柳澤すぐに動画や画像の編集ができるよう、購入時に『Adobe Photoshop Elements』や『Adobe Premiere Elements』などのソフトウェアも選択できますし、スペック的にも十分可能となっています。

――そのほか、『New Inspiron 15 ゲーミング』の特徴はどこでしょうか。

柳澤 前面スピーカーのほかにサブウーハーがついていることに加えて、“Waves MaxxAudio Pro”というパソコンメーカーではデルだけが採用している技術を積んでいます。
ノートブックPC用の小型スピーカーでも深みのある音を実現し、ヘッドフォン使用時のサラウンド機能も強化しています。
それに加えて特徴的なものとして、PC付属のマイクだけでもクリアな音声入力が可能な音声補正技術も採用しています。
この仕様も、ゲームユーザー固有のニーズを反映した特別な設計のひとつと言えます。

――ディスプレイも15インチですとゲーム内の文字などが見やすいですね。

柳澤非光沢のフルHDディスプレイですので、くっきりとした画像でゲームを楽しめます。
17~19インチのゲーミングノートPCでは、大きくてちょっと置き場所に困るという方もいますので、コンパクトでありながら迫力ある映像を楽しむのには最適なサイズだと思います。

――なるほど。
New Inspiron 15 ゲーミング』は、ハイエンドなPCゲームが高負荷設定で動いて、非光沢のHDディスプレイも完備。
音質もよくて、排熱にも優れている、と。

柳澤はい。
こちらのサイトではスペックの詳細なども確認できます。

※New Inspiron 15 ゲーミングの詳細はこちら

----------



――ここまでお話を伺っておいて恐縮なのですが……“固い”ですね。

柳澤固いと言いますと?
――説明やお話の内容が固いですね。
ガッチガチです。
正直、僕もそうなのですが、読者のなかにはCPUやグラフィックボードなどのモデルや、スペックによるゲーム動作の差異などに明るくない人もいると思うんですよ。
僕なんかお固い感じの説明だと、ぜんぜん頭に入ってこないんですよね。
ここはひとつ、砕けた感じでお願いしてもいいですか? もういっそのこと、グニャグニャに。

柳澤……グニャグニャに。


……


――こうしちゃいましょう。

以下、1ページ目の記事に続きます。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第129回) 海冥主メイヴに挑んできました!

 【14//2017】

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第129回) 海冥主メイヴに挑んできました!


文:ライター ゴジラ太田
●そこそこよさげな装備品をゲット!
皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!
アスフェルド学園での話ですが、よい錬金効果の付いた大獄剣としんぴのカードが欲しかったので、ひたすらモシャストーンLv5を集める周回プレイをしていました。
その結果、
なかなかの錬金効果が付いた装備品をゲット!欲を言えば、大獄剣には“炎の攻撃ダメージ+30%”に加えて“攻撃時HP吸収効果”、しんぴのカードは、“コマンド間隔-2秒”に加え、物理職に有効なスキルが付いたものが欲しいので、まだまだモシャストーン集めは終わりそうにありません。
しかし、しんぴのカードは数十枚交換したのですが、“コマンド間隔-2秒”が付いたのは、この1枚のみでした。
効果がすごいだけに、付く確率はかなり低いのかもしれませんね。

●海冥主メイヴに挑んできました!
2017年4月5月に、常闇の聖戦の第3弾として実装された、“常闇のイカ”こと海冥主メイヴ。
嵐の領界、ムストの町の廃屋にいるダークスライムから話を聞くことで挑戦可能となります。

人でごったがえしていてよく見えませんが、この中にダークスライムがいます(笑)。
ちなみに「ボクわるいダークスライムじゃないです」と言っていますが、『ドラゴンクエストモンスターズ』シリーズをプレイしたことのある人なら、ニヤリとするセリフかもしれません。
ダークスライムの王様がダークキングなので、それらの関係性も気になりますが……。

と、前置きはここまでにして、初挑戦ということで、まずは強さ“1”のメイヴに挑戦!パーティ編成は戦士×2、どうぐ使い、僧侶にしました。
“とりあえず安定構成で挑んでみよう”作戦です。

真・やいばくだきは比較的入りやすかったので、戦士が交互に使っていきます。
ブーメランのデュアルブレイカーも効きました。

メイヴの“デスファウンテン”は、対象と周囲に350前後のダメージを与える2回攻撃。
真・やいばくだきが入っていても、余裕があるときは“やいばのぼうぎょ”を構えておくと安心。

“すみはき”は、前方に墨を吐いて700前後のダメージに加え、幻惑、攻撃2段階ダウン、守備2段階ダウンの追加効果。
攻撃の予備動作を見てからでも、前方から離れれば避けられます。
ダークキングの“やみのはどう”と同じ感覚ですね。

開戦直後は、このふたつの攻撃がメインとなります。
ターゲットされた人が逃げて押さえ込む状況が続いていると、“回転アタック”や“触手れんだ”などを使ってきます。
いずれも物理攻撃ですが、なかなかの威力なので、押さえ込む場合は長時間押さえ込み過ぎないようにするといいかもしれません。

メイヴのHPがある程度減ってくると、以下の攻撃も使ってくるようになります。
■始原の雷撃……メイヴの周囲に500前後のダメージ。
さらにマヒと感電の追加効果
■ショックウェーブ……前方の直線状に即死級の大ダメージ
■ゲノムバース……ゲノムデビルと守護石を召喚
始原の雷撃はメイヴから距離を離し、ショックウェーブはメイヴの前方直線上から離れれば回避可能です。
ただし始原の雷撃は状況によっては避けられないことも多いので、保険としてマヒ耐性を100%にしておくといいでしょう。
感電は、どうぐ使いの“プラズマリムーバー”で解除できます。

これらの中でもっとも厄介なのが“ゲノムバース”です。

ゲノムバースを使われると、フィールド上にメイヴと同じ姿をしたゲノムデビルと、黄と青の守護石が出現します。
その後、ゲノムデビルは始原の魔力を練り始めて……
“黄なる海冥の侵食”や“青なる海冥の侵食”を解き放ちます。
このメッセージが現れた約10秒後、フィールド全体に9999ダメージの2回攻撃を放ち、ゲノムデビルは力尽きます。
ここまでが“ゲノムバース”の一連の流れ。

この攻撃は、発動時の色に対応した守護石の近くにいればダメージを無効化できるのですが、その最中にもメイヴは行動してきます。
そのため、守護石に仲間が固まっていると、メイヴの攻撃で壊滅する状況もあるので非常に危険。

そこで有効なのが、守護石を破壊すること。
守護石を破壊すると、対応した色の加護が約2秒のあいだフィールド全体に及びます。
つまり、ゲノムデビルの“海冥の侵食”の発動に合わせて守護石を破壊すれば、フィールド上どこにいてもダメージを無効化できる、というわけです。

「こんな混戦の中で、10秒後の“海冥の侵食”発動に合わせて、2秒間しか効果がない加護を狙うのは難しいよ!」という場合は、ゲノムデビルの動きに注目してみるといいでしょう。

ゲノムデビルは発動準備中に屈伸のような動きをしますが、この屈伸が約1秒。
つまり、屈伸の8回目の終わりくらいに守護石を破壊すれば、ちょうど“海冥の侵食”の発動に加護を合わせられます。
守護石は通常攻撃1発で倒せるのでタイミングも合わせやすいはず。

個人的には、「守護石の破壊はどうぐ使いの役目」とあらかじめ担当役を決めてしまって、僧侶は回復などを優先、戦士はメイヴの動きに注意しながら攻撃や妨害を優先したほうがいいかなと感じました。

どうぐ使いはブーメランなど遠距離武器を使えるので、ある程度距離が離れた場所からも守護石を壊せますし、イチバン周囲の状況を把握しやすいかなぁと。
もし、このタイミングでどうぐ使いがチカラ尽きていたら、残りの3人は守護石の近くに行き“海冥の侵食”を回避するのがベター。
下手に別の仲間が守護石を壊してタイミングがずれたら、一気に壊滅します。

さらにHPが減りメイヴの名前の色が変わると、以下の攻撃を使ってきます。
■海冥の威圧……周囲の標的を吹き飛ばし、移動速度低下、守備力ゼロ、いてつくはどう効果など
■暗黒海冥波……周囲に即死級のダメージを与え、封印、呪い、混乱、全属性耐性低下の追加効果
■ギガデイン……必ず暴走し、2999ダメージ
“海冥の威圧”と“暗黒海冥波”は、メイヴから距離を取って回避しましょう。
ギガデインは攻撃呪文なので、盾装備時は“スペルガード”で対処できます。

そんなこんなで、終盤は多少チカラ押しになってしまいましたが、なんとか討伐成功!時間は16分でした。

戦士×2、どうぐ使い、僧侶という今回のパーティ編成だと、どうぐ使いと僧侶がかなり忙しそうな印象を受けました。

僧侶は回復蘇生を優先しながら、状態異常対策のキラキラポーン、大ダメージでの即死対策に聖女の守りを使っていかなくてはなりません。

どうぐ使いは、仲間を強化したり陣を使ったりしつつ、キラキラポーンが間に合っていないときには弓を装備して弓聖の守り星。
そしてブーメランのデュアルブレイカーをメイヴに当てつつ、パーティ全体のMP管理などなど。
戦士がチカラ尽きると強化をすべてかけ直しになるので、戦士がいかに無駄な攻撃を食らわないように動くか、というのも重要ですね。

もちろんメイヴ用の交換報酬も用意されていて、見た目用の装備品のほか、新たなアクセサリーとして“ネレウスマスク”もあります。
これは“どくガード+50%”という性能なので、はどくのリングと合わせれば簡単にどく耐性を100%にできます。
未合成でも十分使えるアクセサリーなので、ぜひ交換しておきましょう!
俺はまず強さ“1”で戦闘に慣れたあと、 “2”以降にも挑戦していきたいと思っています。

それでは、また次回!

●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストXオンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です!興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!
●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら
●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第128回、第127回、第126回、第125回、第124回、第123回、第122回、第121回、第120回、第119回、第118回、第117回、第116回、第115回、第114回、第113回、第112回、第111回、第110回、第109回、第108回、第107回、第106回、第105回、第104回、第103回、第102回、第101回
第100回、第99回、第98回、第97回、第96回、第95回、第94回、第93回、第92回、第91回、第90回、第89回、第88回、第87回、第86回、第85回、第84回、第83回、第82回、第81回、第80回、第79回、第78回、第77回、第76回、第75回、第74回、第73回、第72回、第71回、第70回、第69回、第68回、第67回、第66回、第65回、第64回、第63回、第62回、第61回、第60回、第59回、第58回、第57回、第56回、第55回、第54回、第53回、第52回、第51回、第50回、第49回、第48回、第47回、第46回、第45回、第44回、第43回、第42回、第41回、第40回、第39回、第38回、第37回、第36回、第35回、第34回、第33回、第32回、第31回、第30回、第29回、第28回、第27回、第26回、第25回、第24回、第23回、第22回、第21回、第20回、第19回、第18回、第17回、第16回、第15回、第14回、第13回、第12回、第11回、第10回、第9回、第8回、第7回、第6回、第5回、第4回、第3回、第2回、第1回
●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら
ドラゴンクエストXオンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Wii U / Wii / Windows
発売日:サービス中
価格:30日間1000円[税込]※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー

ドラゴンクエストXオンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー

ドラゴンクエストXdゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Android / iPhone/iPod touch
発売日:サービス中
価格:10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル:RPG/冒険・ファンタジー


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

新作MMORPG『BLESS』クローズドベータテスト1の参加者募集がスタート、ファミ通.com読者200名をご招待!

 【14//2017】

新作MMORPG『BLESS』クローズドベータテスト1の参加者募集がスタート、ファミ通.com読者200名をご招待!


●ファミ通.com読者200名をCBT1にご招待
2017年4月14日、ゲームオンはPC用MMORPG『BLESS』において、4月28日よりクローズドベータテスト1(以下、CBT1)を実施すると発表した。
併せて、本日4月14日より参加者募集がスタート。

日本国内では初お披露目となる本テストに、ファミ通.com読者200名をご招待。
下記のリンクからCBT1特設サイトにアクセスして応募しよう。

<<ファミ通.com用CBT1応募ページ>>

2017年4月14日(金)~2017年4月24日(月)10:00

2017年4月28日(金)17:00~2017年5月4日(木)12:00

2017年4月26日(水)

5000名
CBT1は2017年4月28日から2017年5月4日にかけて実施される、プレイヤー参加型のテスト。
『BLESS』をよりよいタイトルにするため、プレイヤーから意見を寄せてもらうことが目的。
寄せられた意見は完成度を向上させていくうえでの参考にするという。

また、2017年4月19日(水)21:00から、本テストの実施目的や内容などを伝える生放送を実施予定だ。

以下、リリースより。

----------
『BLESS』クローズドベータテスト1 実施決定!!
最新MMORPG『BLESS』がゴールデンウィークに合わせて「クローズドベータテスト1」実施決定!
本日、「CBT用テスターサイト」も公開!テスター募集も開始!
▼『BLESS』とは
精巧な技術で造られた建造物が並び立つ大きな町並みや自然あふれるフィールドがまるで現実のようなグラフィックスで再現されており、そこに息づく様々な生命が『BLESS』の世界を形作っています。

『BLESS』―神の息吹に祝福されし世界で巻き起こる“争乱”に生きる人々の物語―さあ、今、その世界の扉が開かれます。

▼CBT1とは
クローズドベータテスト(以下CBT1)とは、一定数のお客様のみで実施するゲームプレイテストとなっており、プレイしていただいた皆様からフィードバックをしていただくことが大きな目的となっております。
いただいたフィードバックは『BLESS』をより良いゲームへと発展させるための参考とさせていただきます。
また、CBT1へご当選された方は、自動的に次回テストにご当選とさせていただきます。
ご参加にあたっては無料※でご参加いただけます。
※PC環境、通信料などの負担に関してはその限りではありません。

2017年4月14日(金)~2017年4月24日(月)10時00分

2017年4月28日(金)17時~2017年5月4日(木)12時00分
「CBT1」募集要項やPC動作環境、CBTへの参加資格などの詳細につきましては、下記の『BLESS』プレサイトから、「CBT用テスターサイト」をご確認ください。

<『BLESS』プレサイト>
『BLESS』運営チームによる生放送が4月19日(水)21時OA!
「クローズドベータテスト1」実施決定!
『BLESS』運営チームが直接テストの実施概要やテストの目的をお伝えする生放送をお送りいたします!

2017年4月19日(水) 21:00 ~ 22:00 (予定)

・『BLESS』運営チーム プロデューサーより挨拶
・プロデューサーが語る『BLESS』とは?
・「クローズドベータテスト1」の実施目的について
・「クローズドベータテスト1」の概要解説

『BLESS』運営チーム

<ニコニコ生放送>
http://live.nicovideo.jp/watch/lv295662167
<YouTubeLIVE>
https://www.youtube.com/watch?v=EiluZo-JAys
<FRESH! by AbemaTV>
https://freshlive.tv/pmang/105396


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『バイオハザード7 レジデント イービル』すべての指標は「怖いのか、怖くないのか」――メイキング動画の最終回が公開

 【14//2017】

『バイオハザード7 レジデント イービル』すべての指標は「怖いのか、怖くないのか」――メイキング動画の最終回が公開


●今春配信の無料DLCではクリス・レッドフィールドが帰ってくる!
カプコンは、発売中のプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『バイオハザード7 レジデント イービル』について、メイキング動画の第4弾“The House that Jack Built”を公開した。

以下、リリースより。

----------
クリエイターたちが語る「バイオハザード7」
メイキング オブ 『バイオハザード7』#4
「The House that Jack Built」本日公開!
「すべては恐怖のために」
“サバイバルホラー”の新たなマスターピース、『バイオハザード7 レジデント イービル』。
新たなゲームシステムに、新たなゲームエンジン、VRへの対応…。
全てが“挑戦”であった「バイオハザード7」。
チャレンジにあたってはデザインワークにおいても、サウンドにおいても、「怖いのか?怖くないのか?」が1つの指標となった。
「バイオハザード7」の誕生に迫るメイキング オブ『バイオハザード7』もついに最終回、#4「The House that Jack Built」が遂に公開!「バイオハザード7」での挑戦は次回作へもつながってゆく。

クリス・レッドフィールドが帰ってくる!
“I’m Redfield”
本編クライマックスに登場するクリス・レッドフィールド。
彼は何を追ってベイカー邸に現れたのか?
2017年春に無料配信予定のDLC「Not A Hero」ではこのクリスの活躍が描かれる。
「7」本編で完結するイーサンの悪夢とは異なるテイストの短編シナリオ「Not A Hero」。
“サバイバルホラー”の次なる挑戦を見届けろ。

『バイオハザード7 レジデント イービル』ダウンロードコンテンツ
Not A Hero
価格:無料
配信開始日:2017年春予定


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る