2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

GWに目の保養!珠玉のコスプレ記事10選

 【05//2017】

GWに目の保養!珠玉のコスプレ記事10選


世の中はすっかり大型連休!ここぞとばかり、ゲームをガッツリ遊んでいる方も多いのではないでしょうか。


しかし、長時間のプレイでどうしても気になってしまうのが目の疲れ…。
そこで今回はそんな疲れ目を癒してくれそうな、美しいコスプレ写真を集めてみました。
これを見れば、ゲームのプレイが冴え渡ること間違いなし!?
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
■『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…
『ニーア オートマタ(NieR:Automata)』に登場する女性型アンドロイド「2B」のスラリとしたプロポーションを見事に再現したコスプレがこちら。
腰から脚先までの見事なラインが、まさに2Bそのものという感じです。

■『ニーア オートマタ』海外ファンの2Bコスプレが本人すぎる…
別の方も2Bのコスプレをされていたので、合わせてご紹介。
こちらの2Bはスカート部分に施された刺繍など、衣装への並々ならぬこだわりを感じさせてくれます。

■『FF14』ミコッテを海外コスプレイヤーが完全再現!―この地球上にも存在したのか…
『FF14』の人気種族「ミコッテ」のコスプレです。
広大な花畑の中で撮影された写真から、活動的なミコッテの雰囲気がバッチリ出てますね。

■少女漫画チックな『オーバーウォッチ』メイの可憐コスプレ―…見惚れる!
『オーバーウォッチ(Overwatch)』のプレイアブルキャラクター「メイ」のコスプレがこちら。
ゲームよりもシャープなフェイスラインと大きな黒縁メガネの対比が、より彼女の可愛らしさを引き立てています。

■イタリア美女による『FF7』ティファのセクシーコスプレショット!
『ファイナルファンタジーVII』の「ティファ」も、イタリア美女がコスプレするとこんなにセクシーに!こんな素敵な幼馴染を持つ「クラウド」が羨ましくて仕方ありません。

■ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い
『ファイナルファンタジーXIII』の主人公「ライトニング」に扮した、リアルすぎるコスプレ。
本編プレイ中にこちらの写真が表示されても、コスプレだとは気付けなさそうですね。

■ジル・バレンタイン本家女優がコスプレでInstagramに降臨、海外で大反響
『バイオハザード』に登場する「ジル・バレンタイン」のモーションキャプチャーを行った女優ジュリア・ボスが、ジルのコスプレを披露!これぞまさに、本人降臨というやつでしょうか。

■『メトロイド』サムス・アラン、現代に現る!海外の本気コスプレが男だが美しい
『メトロイド』の「サムス」が着用するパワードスーツを見事に再現したのがこちらのコスプレ。
モデルは男性ですが、スーツのシルエットや質感は紛れもなくサムスそのものです。

■会場を彩ったコスプレイヤーたちを写真120枚でお届け!
2日間で15万人が訪れた「ニコニコ超会議2017」にて、会場を大いに盛り上げてくれたコスプレイヤーたち。
定番のキャラクターからその年に流行ったキャラクターまで、世相がしっかり出てますね。

■会場を盛り上げたコンパニオンとコスプレイヤーを紹介!125枚
ちなみに昨年行われた「ニコニコ超会議2016」に参加したコスプレイヤーと、企業ブースで来場者を出迎えてくれたコンパニオンの写真がこちらになります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
さて、いかがだったでしょうか。
美しいコスプレ写真でしっかりと目を癒したら、連休中のゲームも捗りそうですね。

もう少し目の保養を続けたい方は、こちらからどうぞ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『Fate/Grand Order』の対戦型アナログゲームが登場! サーヴァントたちが鉛筆に─2017年に始動予定

 【05//2017】

『Fate/Grand Order』の対戦型アナログゲームが登場! サーヴァントたちが鉛筆に─2017年に始動予定


アニプレックスは、iOS/Androidアプリ『Fate/Grand Order』の対戦型アナログゲーム『SUMMON PENCIL SERVANT(サモン ペンシル サーヴァント)』を発表しました。

『Fate』シリーズに名を連ね、また多くのユーザーから厚い支持を集めている『Fate/Grand Order』。
そんな人気タイトルを基とした対戦型アナログゲームが、このたび新たに動き出し始めました。

サーヴァントたちが鉛筆となり、彼らを伴い勝利を目指す本作は、どこか懐かしく、そして新たな『FGO』でもあります。
戦いの舞台をデジタルからアナログに移し、鉛筆を転がして雌雄を決する『SUMMON PENCIL SERVANT』。
始動予定は2017年で、続報などは後日公開されます。
どうぞお楽しみに。

■『SUMMON PENCIL SERVANT』ティザーサイト
URL:http://fgo-sps.com/
(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ポケモンGO』“くさタイプ”が多数出現するイベント開催決定―5月6日から開始

 【05//2017】

『ポケモンGO』“くさタイプ”が多数出現するイベント開催決定―5月6日から開始


ナイアンティックは、iOS/Androidゲームアプリ『ポケモンGO』のゲーム内イベントを2017年5月6日より開始すると発表しました。


5月8日までのイベント期間中、くさタイプのポケモンが出現しやすくなります。
このGWの大型連休を利用して、くさタイプのポケモンのコンプリートを目指してみてはいかがでしょうか。

なお、なお同社は、ウィロー博士の調査のために、このイベントで捕まえたポケモンをARカメラで写真を撮影し、Twitterのハッシュタグ「#PokemonGO 」を付けて、その写真をアップしてほしいとプレイヤーに呼びかけています。
意外な場所で捕まえたポケモンの写真は、他のプレイヤーからも注目されるかも?


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Ubisoft、「Far Cry 3」に関連する謎の画像を公開

 【05//2017】

Ubisoft、「Far Cry 3」に関連する謎の画像を公開


Ubisoftは「Far Cry 3」に関連する発表を仄めかすような画像を公開した。
同社は公式Facebookで、ゲームの舞台であるルークアイランドの画像と共に、「本当の意味では決して去ることがなかった島」というフランス語のメッセージを投稿している。
さらにInstagramでは、これに加え「何か思い出しませんか?」というメッセージが添えられている。


この投稿は、「Far Cry 3」の人気悪役キャラであるバースの画像にもリンクしている。
Ubisoftがこれらの投稿で何を予告しようとしているのかは不明だ。
具体的な証拠はないが、インターネットでは「Far Cry 3」の続編、もしくは前日譚が開発されていることを示唆する噂がある。
また、Ubisoftは去年、2017年に「Far Cry」の新作を出すとは限らないと発言しており、メインシリーズの代わりにリマスター版を出す可能性もある。
一方で、「Far Cry」シリーズは今年5周年を迎える。
Ubisoftはただ単に、人気シリーズの5周年を早めに祝っているだけなのかもしれない。
IGNはUbisoftにコメントを求めている。
Ubisoftは、非ナンバリングタイトルの「Far Cry Primal」を昨年リリースして以来、シリーズの今後について曖昧なスタンスを取ってきた。
しかし、「Far Cry 3」はIGNのレビューで10点中9点を獲得しており、何か新しい発表をするのには最適なチョイスと言えそうだ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ゲームの世界がまざまざと蘇る、「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」

 【05//2017】

ゲームの世界がまざまざと蘇る、「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」


スクウェア・エニックスは、アクションRPG「NieR」シリーズのコンサート「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」を大阪・東京で開催した。
このコンサートでは楽曲を手がける岡部啓一氏と、コンサートでピアノを担当した帆足圭吾氏のアレンジにより、「NieR:Automata」の世界を会場で再現、ファンにはたまらないコンサートとなった。
筆者は5月4日の昼の部を見ることができたので、その模様をお伝えしたい。


コンサートでは帆足氏のピアノ、後藤貴徳氏のギター、土屋玲子カルテットによる2つのバイオリンと、ヴィオラとチェロによる演奏。
前作も担当したエミ・エヴァンス氏、今作から加わったジュニーク・ニコール氏と、河野満里奈氏、いしいさき氏がボーカルを務め、様々な曲を歌い上げた。

ほとんど全てにボーカルが入っており、それぞれの曲と歌の“力強さ”をしっかりと感じることができた。
演奏と共にモニターに大きく画面が映し出され、プレイしていた経験が蘇る演出がされていた。
前半はフィールドの音楽を扱った楽曲だが、映像ではゲーム内とは異なる全景や異なったアングルでも見ることができ、“世界を描いている”という感じが濃密だと感じた。

「NieR:Automata」に限らず、ヨコオ氏の作品は、キャラクターだけでなく世界そのものを深く深く掘り下げていく。
1つのエンディングは“始まり”に過ぎず、そこから物語は、世界は、キャラクターは別の顔を見せ、隠された真実が明らかになり、そしてプレーヤーをさらに深く世界に取り込んでいく。
楽曲の構成もそういったファンに向けて構成されていた。
主人公2Bとパートナー9S、彼らを取り巻くキャラクター……彼らがどんなドラマを演じ、プレーヤーの心にどのように刻まれたか、それを思い出させる構成になっていた。

筆者がグッと引き込まれたのはボス戦である「美シキ歌」。
ボスとして立ちはだかる機械生命体の“心”を描く映像が流れ、彼女と戦った記憶だけでなく、彼女がどうしてああなってしまったのか、本当に望んだものが何なのかを深く考えさせられた。
曲とボーカルに包まれながらも、心は「NieR:Automata」のプレイしていた気持ちから、世界そのものの考察、そして2Bや9Sの気持ち、あの世界の“人々”への運命を考えさせられてしまう。
そしてこの後の楽曲はさらに深く、そして世界の“核心”へと迫る場面を取り上げていくのだ。

もう1つの“主役”である朗読劇も衝撃の内容だった。
出演声優による朗読劇で、今回は石川由依さん、花江夏樹さん、安元洋貴さんが出演。
主人公の2Bと9Sそして相棒であるポッドを演じる彼らだが……。
ヨコオ氏らしい“衝撃”でプレーヤー達を揺さぶらずにはいられない内容だ。
この朗読劇はコンサートごとに内容が違う。
どのドラマにもヨコオ氏が「プレーヤーにこの世界の“真の姿”を見せよう」という気合いが感じられ、ファンは全てをコンプリートしたいと強く願うものとなっている。
今後これらの朗読劇がファンにどう届けられるのか、とても気になる内容だった。

会場のファン達も素晴らしかった。
「NieR:Automata」をはじめとしたシリーズが大好きで、この世界に触れられるという喜びが曲が終わる度に起こる拍手にこもっていたし、コンサートが進むにつれ、曲が物語の核心へと迫く中で、会場からはすすり上げる声が上がっていった。
物語を思い出し、世界へと思いを馳せ、ゲーム内の感動を蘇らせているのがしっかりと伝わってきた。
ファン達は共同で“花”を贈っており、そのデザインも世界観をしっかり現わしていた。

「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」は、ゲームの世界を、物語をきちんと再現し、会場のファンと共感しようという想いが強く伝わってくるコンサートだった。
最後は3人のボーカルによる「NieR:Automata」のテーマ曲「Weight of the World」だったのだが、ラストは会場全体で歌い、ファン達も一緒になってコンサートを締めくくった。
ゲームの楽しさを共有できる場であり、ファンの想いをしっかり感じることができた。

このコンサートは5月5日にも開催される。
5月5日の昼の部/夜の部はニコニコ生放送でも放映予定であり、リアルタイムを逃しても、「タイムシフト」で好きな時間で楽しむことが可能になっている。
こちらのサービスは有料であり、購入手続きは「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」のページから行なえる。
コンサートのチケットがとれなかった、という人もぜひ楽しんで欲しい。




(C)2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『NieR:Automata』の世界にどっぷりと浸かれるコンサート“人形達ノ記憶”東京公演リポート

 【05//2017】

 『NieR:Automata』の世界にどっぷりと浸かれるコンサート“人形達ノ記憶”東京公演リポート


文・取材:ライター 堤教授
●本日(5/5)東京公演最終日はニコ生での配信あり!
2017年5月4日、東京・有楽町のよみうりホールにて、『NieR』シリーズのコンサート“人形達ノ記憶”が開催された。
本稿では、同コンサートの昼公演の模様をリポート。
なお、本稿には、セットリストや演出などのネタバレが含まれていますので、本日5月5日の最終公演を楽しみにしている方はご注意を!
[関連記事]
『NieR:Automata』を追体験・補完できるコンサート“人形達ノ記憶”大阪公演リポート
『NieR』コンサート“人形達ノ記憶”東京公演記念! 楽曲を手掛けたMONACAの岡部氏、帆足氏、高橋氏にインタビュー
今回鑑賞できた、5月4日の昼公演の出演者は以下の通り。
朗読劇のみ、毎回内容が異なるため公演ごとに出演者は変わるようになっています。

出演者
ヴォーカル:エミ・エヴァンスさん、ジュニーク・ニコールさん、河野万里奈さん
ピアノ:帆足圭吾氏(MONACA)
ギター:後藤貴徳氏
ストリングス:土屋玲子カルテットの皆さん
朗読劇:石川由依さん、花江夏樹さん、安元洋貴さん

コンサート序盤の3曲は、廃墟都市、遊園地廃墟、砂漠のフィールド曲となっており、スタートから一気に『NieR:Automata』の世界へ。
『残サレタ場所』や『遊園施設』でのエミ・エヴァンスさんの透明感のある歌声と『砂塵ノ記憶』でのジュニーク・ニコールさんのパワフルな歌声の対比も印象的で、ふたりがデュエットする『美シキ歌』ではめまぐるしく変化していく曲の展開も相まって圧倒されてしまいました。

本コンサートのもうひとつの目玉となっているのが、毎回内容が変わる朗読劇。
5月4日の昼公演では、“ヨルハ計画”の始まりが描かれていました。
その内容は「そのころから、あのふたりは……」とグッとくるものになっており、声優さんたちの迫真の演技も相まって、かなりの衝撃。
曲で心身ともに『NieR』色に染まっている中で語られる新たなエピソードは、さらなる世界の広がりを感じさせてくれました。
ちなみに、5月4日昼公演では、公演前後の会場アナウンスを石川由依さんと安元洋貴さんが担当。
それぞれのキャラクターの“らしい”言い回しで、コンサートの注意事項がアナウンスされ、会場はかなりの盛り上がりを見せていました。

『パスカル』では、作中でもボーカルを務めた石井咲希ちゃんが河野万里奈さんと手を繋いで登場。
咲希ちゃんのかわいらしい歌声に観客は手拍子で応え、いろいろな意味でハードな展開が続く公演の清涼剤となっていました。

朗読劇の展開に合わせ、曲目もクライマックス感のある内容になっていき、朗読劇 第三幕を終えての『顕現シタ異物』以降は、『NieR』ならではの絶望すら感じさせる切迫した雰囲気で感情を揺さぶられます。
そして、河野万里奈さんが心をこめて歌い上げた『Weight of the World/壊レタ世界ノ歌』)まで聴き終えると、ゲームを通して遊んだような満足感が得られました。

『Weight of the World/壊レタ世界ノ歌』の後には、コンサートのホストも務める『NieR』シリーズの音楽の生みの親、岡部啓一氏が登場。
「もっといろんな曲が聴きたいですよね!?」と問いかけると、会場からは大きな拍手が。
アンコールは、『カイネ』や『Ashes of dreams』などの前作の人気曲が演奏。
そして最後は、やはりボーカル3人が歌うこの曲『Weight of the World/the End of YoRHa』。
締めくくりには観客を含め全員で合唱するという、『NieR:Automata』を遊び尽くしたファンにはたまらない演出で公演は締めくくられました。
らーららららーらーらー。

本コンサートは、“曲と朗読劇で作品に入り込んでもらいたい”という意図があり、MCなどは挟まず、約2時間の公演でしたが本当にあっという間で、「もう終わっちゃうの!?」という寂しさすら感じてしまいました。
公演の締めくくりには、岡部啓一氏とともに出演者が総登場し、観客に熱いメッセージを残してくれました。

エミ・エヴァンスさん
「(通訳なしの日本語で)みなさま『NieR』の世界を愛していただいて本当に本当にありがとうございます」
ジュニーク・ニコールさん
「(通訳なしの日本語で)今日のコンサートは、とても楽しかった。
ありがとうございます」
河野万里奈さん
「『NieR』ファミリーの一員になれて本当に幸せに思っています。
本日は歌を受け取ってくださって本当にありがとうございました」
石井咲希ちゃん(岡部氏が代弁)
「楽しかった?(咲希ちゃんがうなずく)緊張した?(咲希ちゃんがうなずく)緊張するよね。
僕も緊張してる(笑)」
安元洋貴さん
「朗読劇は最初、台本をもらったときは新キャラだったので面食らったのですが、そういうところも込みで『NieR』っぽいなと思って、ヨコオさんの世界がずっと好きなものですから、しめしめ驚かせてやれ、と思ってこの場に立ちました。
僕自身はとても楽しかったです。
みなさんは楽しかったですか?(会場から拍手)これからもどっぷり『NieR』の世界を楽しんでいただければいいなと思います。
本日はありがとうございました」
花江夏樹さん
「皆さん、今日はありがとうございました。
今日は短パンなんですけど、これは9Sを意識したもので、ヨコオさんを意識したものではないんです。
(朗読劇ネタバレトーク部分を省略)演じることができて今日は幸せでした。
ありがとうございました」
石川由依さん
「(朗読劇ネタバレトーク部分を省略)すごく感慨深かったです。
朗読劇は5公演あって、全部内容が違うんですけども、この朗読劇を見ていただいた後、本編を遊ぶとまた違う感覚といいますか、考えかたが変わると思うので、明日はニコ生の放送もありますし、5月5日を過ぎてから、またもう一度、最初から遊んでいただきたいなーって勝手に思っております。
ぜひこれからも『NieR:Automata』を愛してくださるとうれしいです。
今日は、本当にありがとうございました。

岡部啓一氏
「ここにいる皆さんはゲームの“Eエンド”まで見ていただいたんじゃないかと思うんですけども、ここでまたあの体験をいっしょにできればいいなということで、最後、皆さんと(ボーカルの)3人に歌っていただきました。
楽しんでいただけていたらうれしいです。
今回、こうやってコンサートを開催できたのも、前作を含めて、皆さんがゲームを遊んでくださったり、サウンドトラックを買ってくださったおかげです。
そのお返しではないですが、皆さんに最大限に喜んでいただける、素敵な体験をしていただきたくて、今回もたくさんの人でがんばってコンサートを作ってきました。
どういう形になるかわかりませんが、いつか、またお会いできればいいなと思います。
今日は、コンサートの余韻を持って帰っていただきたいので、おちゃらけたお話はなしで、これで終了とさせていただきます。
どうもありがとうございました」

人形達ノ記憶 NieR Music Concert
5月4日(木)東京昼公演@よみうりホール
遺サレタ場所
遊園施設
砂塵ノ記憶
朗読劇第一幕
穏ヤカナ眠リ
美シキ歌
曖昧ナ希望
朗読劇第二幕
イニシエノウタ/贖罪
パスカル
終ワリノ音
朗読劇第三幕
顕現シタ異物
「塔」
双極ノ悪夢
追悼
朗読劇第四幕
Weight of the World
--アンコール--
カイネ
Ashes of Dreams
Weight of the World/the End of YoRHa

なお、コンサート最終日となる5日の昼・夜公演は、ニコニコ生放送での配信(有料)が実施される。
コンサートで披露される朗読劇も必見の内容になっているので、ファンの人はぜひ。
視聴チケットは各回2000ニコニコポイント、昼夜通し視聴チケットは3000ニコニコポイント。

※ネットチケット情報は→こちら
人形達ノ記憶 NieR Music Concert 5月5日
人形達ノ記憶 NieR Music Concert 5月5日


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『ポケモン赤緑』『ストII』など4作品が「ビデオゲームの殿堂」入り!

 【05//2017】

『ポケモン赤緑』『ストII』など4作品が「ビデオゲームの殿堂」入り!


米博物館The Strong National Museum of Play(ストロング国立演劇博物館)が選定するビデオゲームの殿堂“World Video Game Hall of Fame”ですが、『ドンキーコング』『Halo: Combat Evolved』『ポケットモンスター 赤・緑』『ストリートファイターII』の4作品が2017年の殿堂入りに決定したことが発表されました。


選出基準は大きく分けて「幅広い認知度」「一時の流行ではない長期の人気」「世界的な認知度と長期の人気」「他のゲームやエンターテインメント、一般社会や文化への大きな影響」の4点。
今回殿堂入りした4作品の選出理由は次のように伝えられています。

『ドンキーコング』
1981年にリリースされた『ドンキーコング』は、伝説的なゲームデザイナー宮本茂氏のキャリアをスタートさせ、およそ132,000台のアーケードキャビネットを販売。
当時の任天堂において最も有益なゲームとなりました。
また、『ドンキーコング』は後に世界で最も有名なゲームキャラクターの1人になる配管工のマリオを世界に紹介しました。

「ドンキーコングがなければ、スーパーマリオブラザーズもなかったでしょう」とストロング電子ゲーム歴史国際センターのセンター長Jon-Paul Dyson氏は語ります。
「ドンキーコングはいちキャラクターにとどまりません。
全体的ば愛の物語と活気溢れるグラフィックスは、1980年代初頭の他のゲームには殆どなかった形でゲームを生き生きとさせ、それは世代の心を捉えました」
『Halo: Combat Evolved』
Microsoftが2001年にXboxをリリースした際、その50%以上がローンチゲームの『Halo: Combat Evolved』とともに販売されました。
サイエンス・フィクション、ファーストパーソン・シューターに複雑なプロット、マスターチーフのような記憶に残るキャラクター、ダイナミックなマルチプレイヤー体験を組み合わせました。
ゲームは600万本以上を販売し、一連の続編やスピンオフに加えて、小説、コミック、アクションフィギュアなどが登場しています。

ストロングのアソシエイトキュレーターShannon Symonds氏は「Haloが発売するまで、シューティングゲームで大きく成功するにはパーソナルコンピュータと高品質のマウスによる精度がが必要でした。
HaloはコンソールがPCと同じくらい有能である可能性を証明しました。
また、それは当時最高のマルチプレイヤー体験の1つとなり、“Halo Nation”と呼ばれる多数のハードコアファンを作り出しました」語っています。

『ポケットモンスター 赤・緑』
『ポケットモンスター』は1996年に『ポケットモンスター赤』『ポケットモンスター緑』としてゲームボーイで発売され、多国籍の文化的現象を起こしました。
このゲームでは151体のユニークなモンスターを集めるようプレイヤーに促し、任天堂はユビキタスなキャッチフレーズ“ポケモンゲットだぜ!(Gotta catch ’em all!)”を創り出しました。

『ポケットモンスター』フランチャイズは2014年の時点で、2億6,000万本以上のゲーム、215億枚のトレーディングカード、そして800以上のテレビエピソード、17本の映画を含む多数のスピンオフを網羅しています。
Shannon Symonds氏は「ポケットモンスター 赤・緑は世界を席巻するフランチャイズを立ち上げ、ピカチュウのような多数のキャラクターを人気の主流文化にしました。
ローンチから約20年、ポケモンGOの登場により“ポケマニア”は衰えを知らない」と語っています。

『ストリートファイターII』
カプコンが1991年にリリースした『ストリートファイターII -The World Warrior-』は、1990年代のアーケードルネッサンスを起こす力となり、数多くの続編や全ての1対1の格闘ゲームジャンルに影響を与えました。
カプコンはオリジナルキャビネットを60,000台以上、“Champion Edition”のキャビネットと変換キットを140,000台以上販売し、これまでで最も売れたアーケードゲームの1つとなっています。

「ストリートファイターIIは人間相手の直接対決を可能にし、観客をひきつけるとともに世界中のアーケードで熱烈なトーナメントを生み出しました」とストロング電子ゲーム歴史国際センターのアシスタントディレクターであるJeremy Saucier氏は語ります。
「この地域社会スタイルのゲームプレイは1990年代にアーケード産業を再び活気づけました。
また、それは数々の対戦格闘ゲームを生み出すのを助けました」


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今年も開催決定! 学生による「Call of Duty」大会開催決定!

 【05//2017】

今年も開催決定! 学生による「Call of Duty」大会開催決定!


大学生有志による団体「学生FPS部」は、プレイステーション 4用FPS「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」を使用した大会「第3回Call of Duty Undergraduate Championship」を8月に開催する。
5月4日から参加募集が開始となり募集締め切りは7月4日23時59分まで。

「Call of Duty Undergraduate Championship」は、毎年「Call of Duty」シリーズを使用して行なわれており、有志の学生によって運営されている大会。
今年の使用ゲームタイトルは「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」で、使用機種はPS4となる。
大会は、8月5日と8月6日にオンライン予選が行なわれ、勝者が8月25日に秋葉原e-sports SQUAREで開催される決勝トーナメントに駒を進める。

今回の大会でも個人エントリーで応募可能となっており、後々チームメンバー募集などを行なう手段としTwitterなどでは「#jcoduc」というハッシュタグを付け拡散して欲しいとしている。

オンライン予選、決勝トーナメント共に予選の段階では最大3マップの試合構成となっており、前回大会同様に決勝トーナメントの決勝戦のみ最大5マップでの進行を予定。
また、大会ルールについては大会ホームページをご覧頂きたい。

優勝チームには、想いの詰まったトロフィーが贈られる。

©2016-2017 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, MODERN WARFARE, CALL OF DUTY MODERN WARFARE, and CALL OF DUTY INFINITE WARFARE are trademarks of Activision Publishing, Inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<MD松尾のヒット解析>スイッチ版「マリオカート」驚きのヒット ゲーマーに受ける

 【05//2017】

<MD松尾のヒット解析>スイッチ版「マリオカート」驚きのヒット ゲーマーに受ける


1位マリオカート8 デラックス(NS)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

第197回 「HGUC ゼータガンダム」新生!GEPフォーマットの最新ガンプラを体験しよう

 【05//2017】

 第197回 「HGUC ゼータガンダム」新生!GEPフォーマットの最新ガンプラを体験しよう


インサイドを御覧の皆様、こんにちは。
ライターひびきがお届けする週間連載「日々気まぐレポ」、第197回目でございます。


今週はバンダイから発売中のガンプラ「HGUC GUNPLA EVOLUTION PROJECT ゼータガンダム」をご紹介します。
こちらは、「機動戦士ガンダム」シリーズの中でも宇宙世紀を舞台とした作品に登場するモビルスーツをガンプラ化する「HGUC」シリーズの最新作です。

今回登場したのは「機動戦士Ζガンダム」に登場する主役機「MSZ-006 ゼータガンダム」。
いまさら?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はゼータガンダムがHGUCでラインナップされるのは、これが初めてではありません。
このゼータガンダムは、「GEP(ガンプラエボリューションプロジェクト)」というガンプラ40周年を見据えた新企画のもとリファインされた、最新フォーマットのゼータガンダムなのです。


初代HGUCの発売から随分経つこともあって、今回のゼータガンダムは完全新規造形のキットとなっています。
色分けもさらに進化しており、基本的なカラーリングはほぼ成型色で再現。
バックパックのレッドや一部のイエローなどはホイルシールとなっていますが、初代と比べると格段に細かくなっていることがわかります。
また、カメラアイ部分はREVIVE系のようにクリアパーツが使用されているなど、細かな仕様変更も見逃せません。

付属品としては、専用ビーフライフルやビームサーベルといった基本武装に加え、ハイパー・メガ・ランチャー、シールドがセットに。
さらに、腕部グレネード・ランチャーの予備弾倉といったオプションも充実しています。


この他、ウェイブライダー形態時に使用するパーツとランディングギアも付属。
本キットでは、両形態でのプロポーションが重視されており、ウェイブライダーへは差し替え式の変形となっています。

また、GEPのガンプラには「エボリューションポイント」という、そのキット特徴となる箇所が設定されており、第1弾となるゼータガンダムでは可動性能が重視された設計となっています。
近年のガンプラは、どれをとってもアクションフィギュアに引けを取らないほどの凄まじい可動性能を誇っていますが、今回のゼータガンダムでは更に一歩踏み込んだギミックが多数採用されています。


なかでも肩部の柔軟性は特筆すべきものがあり、前後の引き出しはもちろんのこと、上下への跳ね上げなど一見「コレ以上動かないのでは?」と思うようなレベルの可動もなんなく熟してくれるポテンシャルを秘めています。

もちろん、腰部の屈伸など他の可動ポイントも広く、従来のガンプラの常識にとらわれないユニークな構造が満載となっています。

初代HGUCを含め1/144スケールで立体化された既存の「ゼータガンダム」の中でも、最高のプロポーションと最大の可動範囲を誇る今回のGEP版。
オプション装備も一通り揃っておりプレイバリューも抜群となっています。


一方で、近年のガンプラは性能が向上するあまり構造が若干複雑化している、と感じる声もありますが、このゼータガンダムは説明書も読みやすく、各部が非常に組みやすく工夫されています。
過去に経験がある方はもちろん、初心者の方にも実際に手にとって欲しいキットとなっていますので、興味のある方は是非挑戦してみてください。
オススメです!
「HGUC GEP ゼータガンダム」は発売中。
価格は1,944円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
■筆者紹介:ひびき
関西在住のゲームやアニメ、おもちゃが大好きな駆け出しひきこもり系ライター。
そのシーズンに放送されているアニメはすべて視聴する暇人。
ゲームのプレイは基本的にまったりじっくり遅い方。
2012年からINSIDEにてライター活動を開始。
お仕事はTwitterと個人サイトにて随時受付中。

Twitter:@hibiki_magurepo
個人サイト:日々気まぐれ屋(http://ogsaga2.rosx.net/)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る