2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

『グランツーリスモSPORT』アジア地域でのクローズドベータテストがスタート! 初日の様子を紹介

 【04//2017】

『グランツーリスモSPORT』アジア地域でのクローズドベータテストがスタート! 初日の様子を紹介


文:編集部 ばしを
●全『GT』ファン待望のクローズドベータテストがスタート!
ソニー・インタラクティブエンターテインメントが2017年に発売を予定しているプレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』。
2017年5月19日より日本国内でのクローズドベータテスト参加者募集が開始されていたが、6月3日よりいよいよ待望のテストがスタートした。
クローズドベータテストで何が体験できるのか、ここでは初日のテストの様子を見ていくことにしよう。

関連記事
『グランツーリスモSPORT』2017年5月19日よりクローズドベータテスト参加者募集を開始!
今回のクローズドベータテストは、スムーズなオンラインレース環境をチェックするために行われるもので、テスト初日にプレイできたのはオンライン通信を介しての“スポーツモード”内デイリーレースとなる。
まずは、プレイヤーにクラスの異なる3台のマシンがランダムに選ばれてプレゼントされるところからスタート。
このベータテストは一定期間実施されるようで、これから数日間はこれらのマシンがプレイヤーの愛車となってくれるというわけだ。
今回用意されているのはN300、GR.4、GR3の3クラスで、N300は市販スポーツカー、GR.4はレーシングモデファイが施されたマシン、GR.3はハイパワースペシャリティマシンといったところ。

マシンを手に入れたら、『グランツーリスモSPORT』のホーム画面が初お目見え。
ベータテスト初日は、15時より“N300/ブランズハッチGPサーキット”、“GR.4/ドラゴントレイル・シーサイド”、“GR.3/ノーザンアイル・スピードウェイ”の予選タイムトライアルがスタート。
17時より“N300”クラス、18時より“GR.4”クラス、19時より“GR.3”クラスと、時間を区切ってのレースが行われる。

ちなみに20時からはコースとクラスが替わり、“N300/ウィロースプリングズ・レースウェイ ビッグウィロー”(20時~)、“GR.4/ブランズハッチ GPサーキット”(21時~)、“GR.3/ニュルブルクリンク 北コース”(22時~)となっていた。

ドライバープロフィール画面では、プレイヤーに関するさまざまな情報を見て取ることできる。
今回のテストで確認できるのは、毎日の走行距離を表示する“デイリーワークアウト”に、ドライバーの腕前やマナーを表す“ドライバーレーティング”と“スポーツマンシップレーティング”、乗車中のクルマといったところ。
“デイリーワークアウト”は、ベータテストでは“ドライビングマラソン”と称したイベントが実施されており、1日の走行距離が42.195kmを達成すると、プレゼントカーが1台獲得できる。
“ドライバーレーティング”は、ドライバーの速さをE、D、C、B、A、Sの6段階で表したもので、初プレイ時はEよりスタート。
“スポーツマンシップレーティング”は、レースマナーの良さを表すもので、初回時はBからスタート。
他社との接触やコースアウトをくり返していると、評価が下がっていくことになる。

今回行われるデイリーレースでは、マシンがランダムでプレイヤーに与えられるため、レースでの公平性を期すために、実際のレースでも用いられているBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)を導入。
マシンの最大出力や車重が同等になるように調整が施され、タイヤも全参加者が同一のタイプを使用する。
マシンパワーやタイヤの変更は行えないが、レースによっては足回りのセッティングやギア比などは調整が行うことができた。

各デイリーレースのエントリーは、開始時間15分前にスタート。
ここで参加申し込みをすれば、参加者のマッチングが自動的に行われるので、あとはレーススタートを待つのみとなる。
スターティンググリッドは、マッチングされたメンバーが予選タイムトライアルで計測した走行タイムに応じて確定する。
ちなみに、予選で計測ラップを刻めなかったり、予選不参加の場合でもレースへの参加は可能だが、その場合はグリッド後方からのスタートとなってしまう。
初日に行われた各レースの参加台数は、17~18台程度。
BoPによって、ほぼイコールコンディションでの戦いとなるため、予選でいいタイムを出しておき、できるだけ上位からスタートできるように心掛けたいところだ。

6月3日は、デイリーレースが6回開催され、それぞれ3戦ずつレースが行われたので、計18レースが実施された。
今後、デイリーレースは土曜・日曜は17時~23時に6回、平日は20時~23時に3回が開催されるとのこと。
実際のレースの雰囲気や試走できるコース、走行フィーリングなどの詳細は、また追って紹介する。

----------

(C)Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in
some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners.
All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities,
businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or
endorsement of this game by such party or parties. "Gran Turismo" logos are registered
trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.
Produced under license of Ferrari Spa. The name FERRARI, the PRANCING HORSE
device, all associated logos and distinctive designs are property of Ferrari Spa. The body
designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari Spa property under design, trademark
and trade dress regulations


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

W英雄とソーディアン、伝説のコンビが20年越しの初共演! シークレットゲストに会場が驚愕した2日目をリポート

 【04//2017】

W英雄とソーディアン、伝説のコンビが20年越しの初共演! シークレットゲストに会場が驚愕した2日目をリポート 


文・取材:ライター ギャルソン屋城
●4時間近くにわたるステージをダイジェストでリポート
2017年6月2日~4日の3日間にわたって横浜アリーナにて開催されている、バンダイナムコエンターテインメントの『テイルズ オブ』シリーズのファンイベント“テイルズ オブ フェスティバル 2017”。
本記事では、歴代シリーズ作のキャストが集結してのスキット(朗読劇)やトーク、主題歌を担当してきたFLOWによるライブ演奏が披露された、2日目公演の模様をお届けする。

『テイルズ ジ オブ アビス』前半の物語を2時間の舞台に凝縮。
“テイルズ オブ ザ ステージ”リポート
さて、この日の公演の出演者は以下の通り(敬称略)。

小野坂昌也(『テイルズ オブ シンフォニア』ゼロス・ワイルダー役)※司会
佐藤利奈(『テイルズ オブ ベルセリア』ベルベット・クラウ役)※司会
関 智一(『テイルズ オブ デスティニー』スタン・エルロン役)
小西克幸(『テイルズ オブ シンフォニア』ロイド・アーヴィング役)
鈴木千尋(『テイルズ オブ ジ アビス』ルーク・フォン・ファブレ/アッシュ役)
ゆかな(『テイルズ オブ ジ アビス』ティア・グランツ役)
鳥海浩輔(『テイルズ オブ ヴェスペリア』ユーリ・ローウェル役)
中原麻衣(『テイルズ オブ ヴェスペリア』エステル(エステリーゼ・シデス・ヒュラッセイン)役)
森永理科(『テイルズ オブ ヴェスペリア』リタ・モルディオ役)
竹本英史(『テイルズ オブ ヴェスペリア』レイヴン役)
逢坂良太(『テイルズ オブ ゼスティリア』ミクリオ役)
福圓美里(『テイルズ オブ ゼスティリア』エドナ役)
????(シークレットゲスト)
FLOW(『テイルズ オブ ベルセリア』オープニングテーマ『BURN』など)
佐藤さんは2年連続シークレットゲストとしての登場だったが、今回はなんと通常出演を飛び越えていきなり司会に抜擢。
圧倒的なトーク力と変幻自在の脱線力を誇る、もうひとりの司会・小野坂さん(皆勤賞継続中)の手綱をどう抑えていくか(?)に注目が集まった。

●シークレットゲストは20年来の“相棒”
最初のコーナーは、このイベントでは恒例の朗読劇“スペシャルスキット”。
歴代シリーズのキャラクターたちが、作品の垣根を越えて集いオリジナルストーリーをくり広げていくというもの。
ちなみに年々長編化しており、通算20回目となる今回のスキットはついに60分超えを達成した。

この日のタイトルは“テイルズ オブ セレブレーションパーティー”。
中原さん演じるエステルが、“テイルズ オブ フェスティバル”10回公演を記念して、仲間たちを集めてパーティーを行おうとするところから物語は始まる。

客席の通路から最初に登場したのは、エステルと竹本さん演じるレイヴン。
パーティーらしくフォーマルな服装なふたりは、ゴキゲンな様子。
しかし、エステルの「レイヴンといっしょでも楽しいです」という、正直なひと言にレイヴンは開幕1分でションボリ……。

そして、反対側からは鳥海さん演じるユーリと森永さん演じるリタが登場する。
リタは「『ヴェスペリア』10周年!」とウキウキしながらステージへ向かったが、じつは『ヴェスペリア』は今年9周年。
今回はテイフェスのパーティーなのだと知らされ、「ギルドや研究所の皆に『ヴェスペリア』10周年って言っちゃったじゃないの!」と逆ギレ。
怒りのファイアボールをユーリにぶつけようとするが、ユーリが避けたためにレイヴンが誤爆の憂き目に……。
2016年は“落ち武者”として大いに存在感をアピールしたレイヴンだが、2017年はオチ担当としてさらなる飛躍を遂げていた。

そこに佐藤さん演じるベルベットが加わり、3枚の“願いを叶える札”を使って、ふつうの人間の目には見えないミクリオやエドナを見えるようにしよう、という話に……。

一方、パーティー会場の古城には続々とキャラクターが集まってくる。
まずは、小西さん演じるロイド&小野坂さん演じるゼロス。
高所から降りられなくなるも、めざとく“メロン山脈”を発見するゼロスの視線の先には、ゆかなさん演じるティアと鈴木さん演じるルークの姿が。
ちなみに、メロン山脈とはティアの豊満な胸部のことである。

テイフェスの歴史とともに欠かせない定番コールとなった、ルークの「俺は悪くねぇ!」は、記念公演ということもあって大盤振る舞い。
早くもここで4回行われた。

続いて登場したのは、逢坂さん演じるミクリオと、福圓さん演じるエドナの“天族”コンビ。
盛り上がる場内の空気に乗り、エドナが「皆あなたの“ノルミンダンス”を期待しているのよ」とミクリオにムチャ振りをして踊らせるも、その流れで自分も踊らされるハメになってしまう。
「黒歴史だわ……」とダメージを受けるエドナだったが、ふたりの勇気あるオリジナルダンスに会場からは割れんばかりの拍手が鳴り響いていた。

そして、トリを務めたのは関さん演じるスタン。
この日、楽屋でお昼寝をしているところを“金髪の悪魔”氏にブチュっとキスをされて目覚めるという、悲しいエピソードもバラされてしまった関さんだったが、彼が演じるスタンも途中で愛剣のディムロスを置き忘れてしまい、しかも魔物に囲まれて苦戦する……という、何とも締まらない大ピンチに陥っていた。
そんな窮地に颯爽と現われたのはベルベット。
かくして、ふたりはいっしょに古城へと向かうのだった。

ようやく全員集合したメンバーたち。
何と、総勢12名である。

どうやらこの地に封じられていた魔物の封印が緩んでしまっているらしい……ということで、見回り組とパーティー準備組に分かれて作業を進めることに。

ユーリやスタンたちが真面目に見回りをする一方、エステルが隠した残り2枚の“願いを叶える札”をこっそり回収したのは、期待を裏切らない男・ゼロス。
同じく札を狙うルークと、ルークに付いてきたロイドと合流して悪だくみを始める……が、天然すぎる男、ロイドがうっかり札を持ったまま「ディムロスが見つかるように」と口にしてしまう。

「俺は悪くねぇ」と、ルークの決めゼリフで責任逃れをしようとするロイド。
さらに、焦ったルークがもう1枚の札に「あと100回願いが叶いますように」とムチャな願い事をしてしまう。
すると、辺りに凶悪な気配が漂い始め……。

なんと、封印されていた魔物が復活してしまう。
協力し、次々と強力な一撃を叩き込んでいくメンバーたちだったが、倒すことができない。
しかし、彼らのピンチを救ったのはまさかのシークレットゲストだった!
そう、スタンの愛剣ディムロス。
そしてそのキャストである置鮎龍太郎さんがディムロスを頭に被って登場したのである。
かくして、ディムロスを手にスタンが秘奥義を決めて魔物を打ち倒し、パーティーの平和は守られることに。

『テイルズ オブ ヴェスペリア』の10周年は来年だが、じつは今年は『テイルズ オブ デスティニー』の20周年。
というわけで、10回目のテイフェスと『テイルズ オブ デスティニー』20周年を記念して、乾杯をして物語は幕を閉じた。

●「1位も……悪くねぇ!」
スペシャルスキットの後は、キャスト紹介と爆弾発言連発のスペシャルトークへ。
某国民的ネコ型ロボットの登場するアニメや、同じく子どもたちに大人気の妖怪がたくさん登場するアニメのネタなどを挟みすぎて関さんが怒られるなど、笑いが絶えなかったこのコーナー。
大人の事情でBlu-rayには収録されない、そんな際どいやり取りが楽しめるのもライブイベントならでは。

さらに、鈴木さん、ゆかなさんによる『テイルズ オブ ザ ステージ』の感想や、「俺は悪くねぇ!」の歴史の振り返り、森永さんによる“ノルミンダンス”の公式(?)振り付けなど、見どころたくさんの内容となっていた。

また置鮎さんは、ディムロスとして関さんといっしょにイベントの場に出たいと、ずっと思っていたのだと語った。
ゲーム発売から20年、ついに念願叶ったわけだ。
とはいえ、ようやくともにステージに立った関さんは、ずっと怒られっぱなしだったが……。

続いてのコーナーは“『テイルズ オブ』キャラクター人気投票2017 部門別結果発表”。
今回、5年振りに募集された人気投票のうち、部門別のランキングがこの日公開されることになった。
ちなみに、キャラクター人気総合ランキングは3日目に発表される。

まずは“好きなテイフェススペシャルスキット部門”。
過去19回行われたスペシャルスキットで、もっとも多くの支持を集めたのは……?
見事1位に輝いたのは、2012年の2日目公演で上演された『テイルズ名作劇場~ミラ雪姫と7人の小人~』。
主人公であるミラ雪姫が何でもひとりでできてしまうので、することがない小人さんたちがずっとアドリブを続けて上演時間が長引いてしまった……という作品である。
そのほか、“ミスチグ”の愛称が生まれたり、レイヴン役の竹本さんが“落ち武者”の新境地を拓いた『テイルズ オブ 肝試し』が2位に入るなど、アドリブによる名言が飛び出した回が目立っていた。

そして“マスコットキャラ部門”では、『テイルズ オブ ヴェスペリア』のラピードが4連覇を達成。
つぎの人気投票で5連覇を成し遂げたら“殿堂入り”が約束された。

“敵キャラクター部門”では、前回猛威を振るったバルバトス(声:若本規夫さん)を抑え、鈴木さん演じるアッシュが1位に!置鮎さん演じるガイアス(『テイルズ オブ エクシリア2』ではパーティーキャラクターとして登場する)も3位に入っており、置鮎さん、鈴木さんもステージ上で大喜び。

最後は“生まれ変わるならなってみたいキャラクター部門”。
会場も予想していた通り、総合ランキングで殿堂入りを果たしているユーリが1位に。
3位には、なぜか猫のルル(『テイルズ オブ エクシリア2』で主人公のルドガーが飼っている猫)がランクインしていた。

●今年も“石まき”の季節がやって来た!
続いては“テイルズ オブ エンターテインメントニュース”のコーナー。
モバイルで配信中の『テイルズ オブ アスタリア』、『テイルズ オブ リンク』、『テイルズ オブ ザ レイズ』、3タイトルの最新情報が公開された。

『テイルズ オブ ザ レイズ』
・開催中の新イベントでリッド・ハーシェルとファラ・エルステッドが参戦
・第11章までの参戦キャラクターを公開
(第8章後編リオン・マグナス第9章ロイド・アーヴィング第10章ベルベット・クラウ第11章クレス・アルベイン、チェスター・バークライト)
・期間限定イベントでリタ・モルディオ、レイヴンの参戦が決定
『テイルズ オブ アスタリア』
・新章の主題歌『ACROSS』を収録した水樹奈々さんのニューシングルが2017年7月19日に発売
・オリジナルサウンドトラックが発売決定
・2017年6月16日15時59分までの期間限定で、スペシャル召喚にウェディング衣装に身を包んだキャラクター(★5ミント、エステル、メルディ、★4パスカ)が登場
『テイルズ オブ リンク』
・メインシナリオ新章が近日公開予定
・2017年6月28日15時までの期間限定で“ジューンブライドガシャ”が開催中
・交換所にウェディング衣装の★5ユーリが登場
・イラスト集が発売決定
さらに、ステージ上には小西さん、鳥海さん、中原さんが登場し、3アプリのアイテムを懸けたダーツゲームが行われた。
小野坂さん、飛び入り参加の森永さんによる罰ゲームを乗り越え、3人は見事に豪華プレゼントをゲット!2017年6月4日以降に各アプリでログインすると、以下のアイテムがもらえることに。

『テイルズ オブ ザ レイズ』
ダイヤ40個、公式マルチカラーライト(キャラカスタムの着替え用アイテム)
『テイルズ オブ アスタリア』
星霊石10個、★5シークレット(人気投票2017総合ランキング1位のキャラクター)
『テイルズ オブ リンク』
英雄石10個、ユニゾンアーツ(クレス&ベルベット)
小西さんたちと入れ替わりで鈴木さん、森永さんが登場し、ニュースコーナーも後半戦へ。
こちらでのおもな発表内容は以下の通り。

・『テイルズ オブ ザ ステージ』の公演情報(http://to-stage.tales-ch.jp/)
・都内にて2017年7月中旬より『テイルズ オブ フェスティバル カフェ』の開催が決定
・“「テイルズ オブ フェスティバル 2017」in アニメイト!”開催決定
2017年6月25日までの期間中、全国のアニメイト各店で『テイルズ オブ』シリーズ関連商品を購入、予約(内金1000円必須)1本ごとに、ポストカード(全8種)がランダムで1枚プレゼントされる
・2017年6月10日~18日、コトブキヤ秋葉原館にて“テイルズ オブ フェスティバル 2017 後夜祭”が開催決定(http://www.kotobukiya.co.jp/event/event-112111/)
・アニメ『テイルズ オブ ゼスティリア クロス』Blu-ray BOX第2弾が2017年7月28日発売
●パワーアップしたFLOW、リベンジ期待の大御所
ここからは、ゲストアーティストのFLOWによるライブコーナーに。
アニメ『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』の第2期エンディングテーマ「INNOCENCE」、そして「DAYS」、「BURN」(『テイルズ オブ ベルセリア』メインテーマ)、「GO!!!」、「風ノ唄」(『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』第1期オープニングテーマ)の5曲を熱唱。

昨年に続く登場となったFLOW。
「1年目は本当に緊張していましたが、でも盛り上がってくれてすごく自信になりました」との言葉通り、観客と“新型ウェーブ”を楽しむなど、圧巻のパフォーマンスを披露してくれた。
なお、7月2日でデビュー15年目を迎えるFLOWは、メンバー5人がそれぞれ作詞作曲を行った楽曲を収録したミニアルバムを6月28日にリリースするという。

4時間近くにわたって行われた2日目公演も、いよいよエンディングへ。
今回も、小野坂さんは崩れ落ちながら「あ゛~~~!」と、いつもの“終了の合図”を出していたが、その声のあまりの大きさに、佐藤さんは本気でビックリしていた。

今回は、“たったの”15分押しでここまでたどり着くという“快挙”を達成。
それぞれのキャラクターのイラストがプリントされたうちわを持ったキャスト陣が再登場し、ひと言ずつ感想を語っていく。

おもしろかったのは、中原さんのコメント。
学生のころ、『テイルズ オブ デスティニー』が好きだった中原さんは、とくにスタンが好きで関さんと共演するのが楽しみだったとのこと。
「過去形だね!」と皆にツッコまれつつも、今後の巻き返しも期待されていた関さんの愛されっぷりが伝わってきて、会場中がほっこりしていた。

そしていつものように、キャスト陣と観客による「ビバ!テイルズ オブ!」のコール&レスポンスで、2日目公演は幕を閉じた。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

巨大ドームシアターで『Rez Infinite』をプレイ! 水口哲也氏も登場した“VR to Dome 実験: Rez Infinite”リポート

 【04//2017】

巨大ドームシアターで『Rez Infinite』をプレイ! 水口哲也氏も登場した“VR to Dome 実験: Rez Infinite”リポート


文・取材・撮影:ライター 卵を守る雨宮
●半球型のモニターで『Rez Infinite』をみんなで体験
2017年6月3日、日本科学未来館で“ナイトミュージアム vol 1. -未来館で「お地球見」-”のイベントが開催。
そのイベントの目玉企画のひとつとして、PlayStation Awards 2016のVR特別賞をはじめ、The Game Awards 2016 Best VR Gameなど国内外の数々の賞を受賞した人気作『Rez Infinite』のプレイ映像を体験できる“VR to Dome 実験: Rez Infinite”が行われた。

“実験”と銘打ったこの企画は、日本科学未来館にある日本初の全天周・超高精細3D映像システム“Atmos”を採用したドームシアターを使って、シアター内の半球の大型モニターに実際に『Rez Infinite』をプレイしている映像を投影。
通常ヘッドマウントディスプレイを装着してひとりで楽しむVRコンテンツを、約100名の観賞者といっしょに楽しむというモノ。

“VR to Dome 実験: Rez Infinite”は、1回30分、計7回の入れ替え制で行われたのだが、1回目の開催(17時半)の30分前には、観覧者受付のある6階部分から3階の階段まで行列ができていた。
行列の先頭の人にお話を聞いたところ、16時15分には並んでいたとのこと。
並んでいる人のなかには、ナイトミュージアムに来たついでに行列に加わった老夫婦の姿もあった。

●VRコンテンツの新たな可能性
ドームシアターの中に入り、イベントが始まると、まずは司会を務める日本科学未来館の科学コミュニケーターの志水正敏氏が現れ、「直径15メートルのドームシアターと、360度の視野を持つヴァーチャルリアリティ(VR)コンテンツの融合を目指した初めての試み」と、今回の企画の説明を行った。

その後、特別ゲストとして本作のプロデューサー水口哲也氏が登場。
「いま注目されているVRですが、(ヘッドマウントディスプレイを)被って行うひとりのVR体験以外にも、いろんなVRの形があるのではないか」と、“実験”の趣旨を説明。
「今後も日本科学未来館と、VRに関していろんな実験をくり返して行きたいと思っている」と、新たなイベント展開を予感させる発言もあった。

そして、事前応募の抽選で選ばれた(なんと倍率70倍!!)プレイヤーのエンドウさんが『Rez Infinite』の“Area X”をプレイ。
その映像が半球形の大型モニターに映し出され、ほかの来場者といっしょに眺める形に。
エンドウさんに与えられた時間は20分で、司会を務める志水氏に「20分でクリアーできるでしょうか?」と少しだけ煽られる形でゲームを始めたが、見事クリアーして、みんなであの感動のエンディングを見ることに成功した。
VRヘッドセットでプレイするときとはまた違う、100人の観賞者といっしょに“Area X”の世界を同時に体験するという、得がたいひと時に来場者の多くは満足したようだ。

20分間のプレイ時間が終わると、プレイヤーのエンドウさんを伴う形で、再び水口氏が客席の前に登場。
水口氏に感想を求められたエンドウさんは、「大画面でゲームをするのはゲーマーの夢だと思うので、このすごく贅沢な画面で、この芸術的なゲームがプレイできたことは、一生モノの思い出です」と語った。

最後に水口氏は、今回のイベント参加に対して客席に向かってお礼を述べるとともに、アンケートの協力と、感想をツイッターで“#ドームでVR”とハッシュタグを付けてツイートしてくださいとお願い。
スタッフはVRコンテンツのさらなる可能性を探るべく、“明るさ”や“解像度”、“複数のプレイステーション4をつなぐ”など、つぎの実験内容を検討しており、来場者の意見も積極的に取り入れていくという。
次回のイベント開催に期待が膨らんだところで、今回の実験は幕を閉じた。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る