2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

猫と島で暮らすパズルゲーム『ねこ島日記』豪華賞品が当たる事前登録が開始

 【30//2017】

猫と島で暮らすパズルゲーム『ねこ島日記』豪華賞品が当たる事前登録が開始


株式会社in Motionは、2017年秋にリリース予定である現在開発中の新作アプリ『ねこ島日記』の事前登録受付を9月29日より開始しました。
また、公式サイトおよび公式SNSもオープンし様々な情報が今後公開される予定です。


■『ねこ島日記』ゲーム紹介PV
URL:https://youtu.be/l0P1T1tgp6w
■『ねこ島日記』 猫紹介PV
URL:https://youtu.be/h4HWHjilmlA
◆『ねこ島日記』最新情報
■『ねこ島日記』ゲーム内画像
※画像は開発中の画面です。

■テーマソングは「lol-エルオーエル」の「hanauta」に決定
本作のテーマソングとして「lol-エルオーエル」のアルバム「lolol」に収録されている「hanauta」が起用されています。

◆『ねこ島日記』事前登録3大キャンペーン実施
■登録だけで5,000円分のストアカードが抽選でプレゼント
期間:9月29日12:00~事前登録終了時まで
『ねこ島日記』公式Twitter、公式LINEアカウント、メールアドレスのいずれかで事前登録した方の中から抽選で22名に5,000円分のストアコードがプレゼントされます。
※また、この3つの方法で事前登録すると、抽選チャンスが3倍になります。

■登録数に応じて豪華賞品がプレゼント
期間:9月29日12:00~事前登録終了時まで

事前登録の合計人数に応じてゲーム内コインを最大6,000コイン分サービスリリース時にプレイヤー全員にプレゼントされます。
また、「ロボット掃除機」や「ヘリクルーズチケット(ペア)」も抽選でプレゼントされます。

■フォロー&RTでストアカードプレゼント
期間:9月29日12:00~10月6日23:59(予定)
『ねこ島日記』公式Twitterのアカウントをフォローと、指定のツイートをRTした方の中ら抽選で5名に5,000円のストアカードがプレゼントされます。

『ねこ島日記』は、2017年秋配信予定で基本プレイ無料のアイテム課金制です。

(C)Sputnik Co.,Ltd.
(C)in Motion Inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ガンダム」から「ペルソナ」まで――全日本模型ホビーショーで見つけたフィギュアや模型たち

 【30//2017】

「ガンダム」から「ペルソナ」まで――全日本模型ホビーショーで見つけたフィギュアや模型たち


晩年になって仕事とは無関係に描いていたというモノトーンの艦艇画も展示。
展覧会には並べられたことがない作品ばかりで、東京で見られる貴重な機会となっている。
生賴範義さんについては2018年1月6日から2月4日に上野の森美術館で「生賴範義展」を開催。
こちらではスター・ウォーズやゴジラのポスター原画、小松左京や平井和正といったSF作品のイラスト原画をまとめて見られる。
第57回全日本模型ホビーショーは9月30日と10月1日が一般公開日で入場料は1000円、中学生以下は無料。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

京商ブースでラジコンに“乗れる”! 筐体システムで新感覚を体験せよ

 【30//2017】

 京商ブースでラジコンに“乗れる”! 筐体システムで新感覚を体験せよ


京商ブースは長蛇の列確実のシステムがある。
「KYOSHO RC RIDE-ON SYSTEM 4D」は、アーケードゲームの様な可動筐体で、このシステムでラジコンを「運転」できるのだ。
正面のモニターにはラジコンの“視界”が映し出されており、アクセルとブレーキ、ハンドルでラジコンカーを運転できる。
会場ではもちろん体験可能で、見ているだけで待機列に並びたくなること請け合いである。


この運転システムで会場内の特設コースをドライブできる。
デコボコ道も用意されており、底を走ると筐体が激しく揺れる。
運転がうまくいかない場合は、サポートの人がプロポで補助をしてくれるので安心である。
誰もが楽しく「ラジコンを運転する」という新しい体験を楽しむことができる。

今回のこのアトラクションを可能にしたのが11月発売予定の「KYOSHO オンボードモニター」というシステム小型のカメラとプロポに取り付ける液晶モニターのセット。
カメラ用のバッテリーも付属し、価格は14,000円(税別)。
2.4GHzの無線通信でモニターに映像を送る。
小型のため全長18cmの小型ラジコン「ミニッツ」シリーズにも搭載可能だ。

元々本システムは「ドローンレーサー」用に開発されたもので、こちらはバッテリーなしでさらに安価に入手できる。
フレームレートは30fpsで、会場ではwi-fiに干渉している性でちょっとカクついていることもあったが、京商ならではの新しい挑戦として注目したい。

もう1つの注目は“老舗”である京商ならではの「復刻ラジコンバギー」だ。
1980年代後半にはラジコン、特にラジコンバギーの大きなブームが起きた。
京商とタミヤはその中心としてブームを牽引していたのだが、京商はその当時のモデルを最新技術でリファイン、好評を得ているのだ。
今回は会場で「ジャベリン」をデザインしたAKIRA KOGAWA氏に話を聞くことができた。

ジャベリンは1986年に発売されたRCバギー。
パイプフレームで校正された野性味溢れるバギーをモチーフとしており、人気を集めた。
今回発売される「ジャベリン」は特に内部素材を一新、現在の技術により大きく性能アップしている。
当時は実現できなかった小型の大出力モーターに対応するため、ギアの素材を変更、ギア比のチューンも行なっている。
ボディのウィングなども素材の強度が変わっている。
ダンパーなども一新されており、昔のデザインを踏襲しながらも、最新技術が惜しみなく投入されたマシンとなっているという。

京商ブースでは他にも様々な最新マシンを見ることができる。
デモンストレーションや体験コーナーも充実しており、来場者を楽しませてくれる空間として注目である。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

今週のアクセスランキング!

 【30//2017】

今週のアクセスランキング!


「あの忙しさはなんだったのか?」と、まだまだ忙しい中、自問自答しているとあっというまに東京ゲームショウ2017から1週間経ってしまいました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、今週のトップは東京ゲームショウ2017で振り切ったステージ構成を展開し、いわゆるバズったインティ・クリエイツのブースレポート。
ちょっとやり過ぎてしまった感があって、さすがにチェックが入ったようだ。
ちなみに一般日はゲーム大会を行なっていたのだが、結構な人たちがブースに集まっていたので、集客効果としては良かった気もする。
原稿でも書いたが、ゲームとしてはしっかり作られていて、そこはインティ・クリエイツだけにキチンとしている。
その完成が楽しみなところ。

第2位は「『ワンピース』サンジの実姉・レイジュを私服姿で立体化」。
レイジュの女性らしいボディラインを美しく立体化しており、人気コンテンツだけに注目が集まった。

第3位はもう毎週ランクインしている「『DEAD OR ALIVE Xtreme 3』新作水着アップデート実施」の記事。
いわゆるリンク先からの流入結果となっております。

この他注目して欲しいところとしては、「『電脳戦機バーチャロン』15年ぶりの新作『とある魔術の電脳戦機』が公開」。
書いて頂いた石田さんは初代からの熱心なプレーヤーで、それだけに熱い記事になっています。
弊誌では伝統的に人気のある「バーチャロン
シリーズなだけに、気になるところ。
東京ゲームショウ2017からは、どれだけリアルと絡んでくるのかが楽しみな「ラブプラス EVERY」や、「サマーレッスン」の新キャラクター・新城ちさとにも人気が集まった。

その他にも、東京ゲームショウ2017と被ってしまったが着実に人気を集めていたのが「変身を実現! 『実物大ユニコーンガンダム立像』、ついに正式稼動」や、「『交響組曲エオルゼア』吉田氏、祖堅氏、植松氏インタビュー」の記事などはお見逃しの無きように。

1(2017-09-22 07:00)
パンチラは偶然!?「ひどい! ひどすぎる(笑)」と絶賛の嵐!「ぎゃる☆がん2」ステージ - GAME Watch
2(2017-09-21 16:11)
「ワンピース」サンジの実姉・レイジュを私服姿で立体化 - GAME Watch
3(2016-04-28 19:43)
PS4/PS Vita「DEAD OR ALIVE Xtreme 3」アップデート水着第2弾 - GAME Watch
4(2017-09-22 09:20)
「電脳戦機バーチャロン」15年ぶりの新作「とある魔術の電脳戦機」が公開 - GAME Watch
5(2017-09-24 00:00)
変身を実現!「実物大ユニコーンガンダム立像」、ついに正式稼動 - GAME Watch
6(2017-09-24 09:20)
「交響組曲エオルゼア」吉田氏、祖堅氏、植松氏インタビュー - GAME Watch
7(2017-09-23 10:04)
VRで“カノジョ”の顔が間近に迫る!「ラブプラス EVERY」 - GAME Watch
8(2017-09-24 14:22)
「サマーレッスン」の新城ちさとプレイレポート。
3人目に隠された狂気を見る? - GAME Watch
9(2017-09-26 12:00)
クルマのプロがレースゲームを斬る! ――その1「F1 2017」 - GAME Watch
10(2017-09-23 13:47)
PlayStation VRでゲームの未来はここまで来た! 海外発VRタイトルレポート - GAME Watch


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ベセスダ、「Skyrim」の海外版スーパーファミコンのレトロなボックスアートを公開

 【30//2017】

ベセスダ、「Skyrim」の海外版スーパーファミコンのレトロなボックスアートを公開


欧米で9月29日に発売したMini SNES(海外版ミニスーパーファミコン)を記念して、ベセスダは「The Elder Scrolls V: Skyrim」のスーパーファミコン版ボックスアートをTwitterで公開した。
これは本物のゲームではなく、ただのファンサービスである。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」画像・動画ギャラリー
このボックスアートにはドラゴンに立ち向かうドヴァキンの勇敢な姿を確認できる。
アートスタイルは「ダンジョンズドラゴンズ」や90年代の欧米のRPGを彷彿とさせるもので、ベセスダのロゴも当時の懐かしいものを採用している。
ベセスダはTwitterでこれがMini SNESを記念するためのちょっとしたファンサービスであるということを強調した。
「The Elder Scrolls V: Skyrim」は海外で11月17日にNintendo Switchにやってくる。
日本での発売は2018年に入ってからになる。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

DMM GAMES新作『装甲娘』発表会リポート ――『ダンボール戦機』が新たな姿に生まれ変わる!

 【30//2017】

DMM GAMES新作『装甲娘』発表会リポート ――『ダンボール戦機』が新たな姿に生まれ変わる!


2017年9月29日、DMM VR THEATERにて“DMM GAMES×レベルファイブ 記者発表会”が開催。
同発表会で、レベルファイブの『ダンボール戦機』のライセンスを借りてDMM GAMESが開発・運営を行うPC・スマートフォン向けゲーム『装甲娘』が発表された。
ここでは、本イベントで公開されたゲームの概要についてお伝えする。



ステージではまず、本作『装甲娘』のプロモーションビデオが披露。
映像では、アキレスやジ・エンペラー、ジョーカーといったおなじみのLBXの装甲を身にまとった少女たちが映し出された。


その後、DMM GAMES代表の片岸憲一氏が登壇し、『装甲娘』のプロジェクトについて説明。
「男性向けタイトルを中心にサービスするDMM GAMESと、レベルファイブとの意外性のあるタッグで、市場にインパクトを与えていきたい」と意気込みを語った。
本作は、2011年より展開するレベルファイブの人気作『ダンボール戦機』のライセンスを受けて、DMM GAMESらしい要素を加えたまったく新しいタイトルとなっている。


続いて、レベルファイブ 代表取締役社長/CEOの日野晃博氏がステージに登場。
「DMM GAMESは『刀剣乱舞-ONLINE-』や『艦隊これくしょん-艦これ-』などでユーザー層を拡大し、勢いのあるプラットフォームだと認識しています。
そんなDMM GAMESとのコラボを非常に期待しています」と挨拶。
続けて、「今回の話を受けたときにはたいへん驚いたのと同時に、レベルファイブにとって新しいアクションを起こせるのではないかと思いました」と、タッグの意図を語り、それぞれコア層が異なる両社間でのユーザー拡大を見込む狙いについても言及。
そして『装甲娘』について、従来のファンと新規ユーザーの双方が楽しめる内容となっており、レベルファイブとしての新たな試みだとコメントした。


ここで片岸氏から、本作のメディアミックス戦略について説明がなされた。
ゲームを中心として、コミックやアニメ、フィギュアの制作を行うことがすでに予定されており、これら以外にもさまざまな展開を考えているとのことだ。


片岸氏は「日本を代表するゲーム会社のレベルファイブとのタッグを光栄に思います」と述べ、これを受けて日野氏は「数々のヒット作を持つDMM GAMESと『装甲娘』を大きな作品にしたいです」と、本作に期待を込めた。

ここからは、DMM GAMESの『装甲娘』プロデューサーである斎藤祐士氏より、ゲームの概要について説明がなされた。
『装甲娘』のコンセプトは“『ダンボール戦機』への新たな挑戦”。
いまなお根強い人気を持つ同作品をモチーフに、DMM GAMESがどう手掛けていくのか試行錯誤が続いているという。


本作の世界観については、開発初期のイメージボードを使って紹介。
キーワードとなるのは“荒廃した街並み”と“二つの太陽”となっている。
原作とは異なるパラレルワールドであり、現代とは非なる現代が舞台。
この世界に突然転移した少女たちがどう生きるのか、元の現代に戻れるのか、なぜこの世界に転移したのか、読み応えあるシナリオを用意しているとのことだ。


続いて“装甲娘”と呼ばれる本作のキャラクターが紹介された。
最初に公開された“アキレス”は、原作の赤いトサカがポニーテールに、胸のVマークはブローチに。
さらに鎧や槍にもアレンジを加え、装甲娘としての新たなアキレスの姿に仕上がっている。
ほかに、“ジ・エンペラー”、“ジョーカー”、“クノイチ”、“ハンター”の装甲娘を加えた5人のキャラクターが軸となり、物語が展開するという。
未公開の装甲娘の中には、原作ファンがあっと驚くようなものも用意されているとのことだ。


そして、もうひとつ“DMM GAMESが挑むべき事柄”として紹介されたのが、“装甲破損”システムだ。
これは、戦いに敗れたときに、キャラクターがまとった装甲が破損して肌が露わになるというもの。
斎藤氏は「日野社長にお叱りを受けてしまうかもと思いながらも、DMM GAMESとしての挑戦としてお願いした」とコメント。
そして、この装甲破損はすべての装甲娘に用意されている、とつけ加えた。


本作のジャンルはシミュレーションRPGで、基本プレイ無料(ゲーム内課金あり)。
PCブラウザ版が今冬リリース予定、スマートフォン版は2018年春リリース予定となっている。
また、本日9月29日より、事前登録の受付が開始された。

※事前登録ページ

最後に、両社のコラボの経緯や感想を、日野氏、片岸氏、斎藤氏が述べた。
斎藤氏は「もともと大好きだった『ダンボール戦機』のIPをお借りして、DMM GAMES風にアレンジして何か生み出せないか」と考え、日野氏に話を持ちかけたことがきっかけだったと経緯を説明。
これに対して日野氏は「非常に熱意を感じました。
こういう形の展開はほどんどないので、今回いっしょにやってみたいと思いました」とコメント。
片岸氏は「大人向けのコンテンツが多いDMM GAMESを受け入れてくれる、懐の深さを感じました」と、コラボ実現に感動したエピソードを語った。


なお、記者発表会の閉会後、ファミ通.comでは日野氏とプロデューサーの斎藤氏にインタビューを行う機会を得た。
本作開発の経緯から、ゲーム内容、そして“装甲破損”など、気になる点を両氏に聞いた。
こちらの内容は、追って掲載する。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「オルサガ」、「闘将オディロンと覇者の塔」を開催

 【30//2017】

「オルサガ」、「闘将オディロンと覇者の塔」を開催


セガゲームスは、Android/iOS用戦記RPG「オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-(オルサガ)」において、9月29日よりゲーム内イベント「闘将オディロンと覇者の塔」を開始した。
開催期間は10月5日14時59分まで。


■「闘将オディロンと覇者の塔」を開催
開催期間:9月29日~10月5日14時59分
「闘将オディロンと覇者の塔」開催中は、専用クエスト「覇者の塔」が登場。
各階層で待ち受ける番人を倒しながら最上階への到達を目指す。
番人を倒すと、イベント期間中に登場する“絢爛!ミネオリアガチャ”に挑戦できる「ミネット勲章」や、アイテムを入手できる。

“絢爛!ミネオリアガチャ”からは、本イベント限定のURユニット「オディロン」をはじめとしたユニットを入手可能。
「オディロン」は、タクティクス「アサルトオーダー/真(効果:騎士団全体の攻撃力が中UP[3分間])」を持つ強力なユニットだ。

□新フォーメーション「ペンタゴン★1」が登場!
「覇者の塔」のAランクまでクリアすると、新しいフォーメーションシート「ペンタゴン★1」を獲得できる。
「ペンタゴン★1」は、配置するマスにすべて効果があるフォーメーションだ。

■ボックスタイプの“絢爛!ミネオリアガチャ”を開催
開催期間:9月29日~10月6日14時59分
ボックスタイプの“絢爛!ミネオリアガチャ”は、「ミネット勲章」、もしくは「聖王石」で挑戦できる。
1回挑戦するごとに、ランダムでセットされた80体のユニットの中から1体ずつを獲得可能だ。

今回の“絢爛!ミネオリアガチャ”には、固定枠のUR「オディロン」を含むURユニット2体、SSRユニット6体の計8体のURとSSRユニットが必ず封入される。
80回挑戦することで、全てのユニットを入手できる。
封入されているユニットは途中でリセットすることができるため、欲しいユニットを獲得できた場合は、途中で変更することも可能。
なお、リセットした場合は、利用回数のカウント数もリセットされる。
また、ガチャを累計10回利用するごとに「騎士の記憶」を獲得することができる。

□“絢爛!ミネオリアガチャ”初登場ユニット 不屈の闘志「オディロン」
CV:小山力也
レアリティ:UR
属性:打
「偉大なる壁」の異名を持つオルタンシアいちの用心棒。
しかし、用心棒としてあまりにも有名になりすぎたため、自分の名を売ろうとする殺し屋連中から狙われるようになってしまった。
このため、用心棒を廃業。
ひとりの傭兵として、主人公たちを「守る」のではなく、「鍛える」ために働くこととなる。

スキル:対紫の突風/煌
打に強く遠に弱い縦一列攻撃[特大]
タクティクス:アサルトオーダー/真
騎士団全体の攻撃力が中UP(3分間)
©SEGA/f4samurai


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

レベルファイブ×DMM GAMESが贈る『装甲娘』、日野晃博氏&プロデューサー斎藤祐士氏に、あれこれ気になりすぎる部分を聞いた!

 【30//2017】

レベルファイブ×DMM GAMESが贈る『装甲娘』、日野晃博氏&プロデューサー斎藤祐士氏に、あれこれ気になりすぎる部分を聞いた!


2017年9月29日、DMM GAMESとレベルファイブが記者発表会を開催し、『ダンボール戦機』のライセンスを借りて制作するブラウザゲーム『装甲娘』が発表された。

記者発表会の閉会後、ファミ通.comではレベルファイブの日野晃博氏とDMM GAMESのプロデューサー斎藤祐士氏にインタビューを行う機会を得た。
本作開発の経緯から、ゲーム内容、そして“装甲破損”など、気になる点を両氏に聞いた。
(聞き手:週刊ファミ通 藤川Q)
<関連記事>
・『ダンボール戦機』が美少女化?レベルファイブとDMM GAMESによる『装甲娘』が発表、今冬サービス開始
・DMM GAMES新作『装甲娘』発表会リポート ――『ダンボール戦機』が新たな姿に生まれ変わる!

――本日の発表は、本当にびっくりしました。
『ダンボール戦機』を1作目から遊んでいたようなファンは驚いていると思います。

日野きっとそうですよね。
ですが、『ダンボール戦機』のリリースから6年が経ちましたので、当時12~13才だった方たちは成人近くなっています。
ちょうど『装甲娘』の世界観とマッチする年代になったのではないでしょうか。

――たしかに、これまでのシリーズ作品と比べても、戦争をテーマとした『ダンボール戦機ウォーズ』に近いか、さらにハードな世界が舞台になっていて、オトナ向けの雰囲気があります。
それにしても、そもそも本作がこうした座組で生まれ変わることになった経緯は、どういったものだったのでしょうか?
日野斎藤さんから企画をいただいたんです。
その企画のプレゼンテーションのときに、その『ダンボール戦機』愛にたいへん熱意を感じまして。

斎藤自分はもともとレベルファイブさんの作品が大好きで、『ダンボール戦機』もファンでした。
シリーズ作品もすべてやりこんでいたくらいだったので、いちファンとして、ずっと続編を期待していたんです。
でも、『イナズマイレブン』シリーズは新作が発表されたのに、『ダンボール戦機』はないのかと(笑)。
それならば、自分もゲームクリエイターなのだから、新しい作品を提案させていいただいて、自分で作ればいいじゃないか!と思ったんです。

日野ちゃんと作品を愛していただいている方でしたので、ぜひお任せしようと。
……もちろん、意見はいっぱい言わせていただきましたが(笑)。

斎藤そうですね(笑)。
本作のテーマとして“新しい挑戦”というスローガンを挙げたのですが、文字通り挑戦的な内容になりました。
今回は、開発・運営はDMM GAMESが行い、レベルファイブさんには監修という形で参加していただいて、サービスを行うため、DMM GAMESならではの作品になっていないと、コラボレーションの意味がありませんから。

――まさにまったく新しい『ダンボール戦機』で、度肝を抜かれたファンも多いと思います。
ところで、本作は原作の世界のパラレルワールドになるとのことでしたね。

日野原作とは別の世界になります。
LBXのデザインなどのつながりはありますが、基本的にはDMM GAMESさんに自由に作っていただきたいと思っているんです。
我々も、DMM GAMESさんのノウハウを学びたい気持ちがありますから。
じつはゲームの開発もかなり進んでいるので、なぜ発表会でゲーム画面を出さなかったのだろうかと、不思議に思ったほどで(笑)。

斎藤発表会では、まずはレベルファイブさんとの取り組みという点を説明させていただくことにスポットを当てようと(笑)。
今後は続報をたっぷりと出していきたいと考えていますのでご期待ください。
本日からPC版の事前登録が始まっていますし、2~3ヵ月ほどでリリースできるよう開発を進めています。

――リリースも近いのですね。
では、気になるのはどんなゲーム内容なのか、という点ですが、ヒントだけでも……。

斎藤うーん(笑)。
そうですね。
ジャンルはシミュレーションRPGになります。
イメージとしては……『ダンボール戦機ウォーズ』に近いかもしれません。
ですがPCブラウザゲームなので、原作のようなアクションを再現することは難しいのですが、ゲーム中にはキャラクターたちが動き回るような表現も盛り込まれています。
原作の“必殺ファンクション”についても、まったく同じようには再現できませんが、プロモーション映像で登場していた?ライトニングランス”を始め、“インパクトカイザー”などの必殺ファンクションも、もちろん入っています。

――“ライトニングランス”といえば、アキレスのアタックファンクションですが、本作に登場するLBXは、擬人化されたのではなく、あくまでも装甲としてパーツを身にまとっている状態ということなんですよね。

斎藤そうですね。
パラレルワールドとはいえ、そうしたLBXの技やパーツの部分など、随所に「これはもしかして!?」と『ダンボール戦機』ファンの方に思っていただけるような要素を盛り込んでいます。

――シリーズファンなら、ニヤリとできる要素があると。
『ダンボール戦機』シリーズでは、対戦もアツい要素のひとつでしたが、本作にもマルチプレイやオンラインなどでの通信プレイはあるのでしょうか?
斎藤今回は、基本的にはひとりでプレイするゲームになりますが、ほかのプレイヤーが存在することは認識できる要素があります。
協力プレイのようなつながりを、ハードルに感じてしまうお客様もいますので……。
むしろ、自分のこだわりの装甲娘を、みんなに披露したくなる、といったイメージに近いかもしれません。

――なるほど。
従来のシリーズでのLBXにあたる、装甲娘の登場には驚かされましたが、何と言っても、戦いに敗れた女の子の装甲が破損して肌が露わになるという“装甲破損”システム! 日野さんは、この企画を最初に見たときにどう感じましたか?
日野きっと反対したのではないか、と思われるかもしれませんが……そんなことは全然なくて。
「どうせならもっと振り切って、ガツンとやりましょう!」 と(笑)。
企画段階で装甲破損時のイラストを見せていただいたときは、いまよりもソフトな感じだったんです。

斎藤ええ、最初に企画を提案する際には、さすがにこんなことをしてしまってもいいのだろうかと(笑)。

日野やはり、ゲームはエンターテインメントですので、お客様の期待には、想像を超える形で応えなければいけませんよね。
本作において、装甲破損のシステムもそのひとつなのですが、シナリオを含めて、僕らから「これはダメだ」というような制限や縛りをすることはありませんでした。

斎藤いまは、しっかりと「これはやりすぎ」というNGラインも見定めていただきながら、ギリギリを攻めています。
DMM GAMESとレベルファイブさんが組む、というおもしろ味が出せているところではないかと感じています。

――原作ではパーツの付け替えによるカスタマイズも大きな楽しみだったのですが、今度はパーツの装甲が破損することまでが楽しみ(?)になるとは……まさに“新しい挑戦”です。
ところで、今回のタッグを伺うと、やはりクロスメディア展開や豪華クリエイターや声優陣の起用といった点についても気になります。

斎藤声優さんに関しましては、若手の方から代表作を持っていらっしゃる方まで起用しています。
キャラクターデザインやシナリオも、かなり実績のある有名な方を採用していますので、楽しみにしていてほしいです。

――今回はアキレス、エンペラー、ジョーカー、クノイチ、ハンターのキャラクターデザインが公開されましたが、ほかのLBXがどんな装甲娘になっているか、とても楽しみです。
個人的にはデクーがどうなるのか気になります(笑)。

日野デクーですか(笑)。

斎藤なかなか鋭いところを突いてきますね(笑)。
デクーのイラストも完成していますが、公開はまだ先になります。
ですので、まずは本日発表させていただきました5人のキャラクターを表に出したいなと。
ちなみに私の推しは、こちらも公開はまだできませんが……ファンなら誰もが知っている主役級のLBXなのですが、はやくお見せしたいです。

――うずうずされているくらいに人気のLBX……?公開が楽しみです。
ちなみにシリーズ作品では、バンダイからプラモデルが発売されていましたが、本作ではクロスメディア展開のひとつとして、フィギュアが発売されるのですね。

斎藤ええ。
コミックやアニメ、フィギュアといった展開を予定しています。
フィギュアは、美少女ものが好きな方へ、きちんとアプローチするために、フィギュアを数多く手掛けてこられたコトブキヤさんと組ませていただきます。

――レベルファイブ作品は、さまざまなメディアで展開する商品との連動機能がありますが、本作でも、フィギュアがゲームと連動したりするのでしょうか?
日野そうですよね。
これについては、いまのところは、ご想像におまかせします……(笑)。

斎藤コミックやアニメのスタート時期については、ゲームのリリース後に、ファンの年齢層に合せたものとして、順次展開していければと考えています。

――本作は、既存の『ダンボール戦機』ファンだけでなく、新規のファンも増えそうですね。

日野そうなんです。
ですので、『ダンボール戦機』をまったく知らない方に楽しんでほしいですし、オトナになった原作ファンの方にも、「アキレスがこうなったのか」とか、「オーディンはどうなる?」とか、おもしろがっていただければと思います。
今回の発表は、おかげさまで大きな反響があったようですが、こういった、既存のコンテンツを、思いもよらない形でアレンジして世に出すことこそ、エンターテインメントとしてすごく楽しいことだと、個人的に思うんです。
だからこそ、このDMM GAMESさんとのタッグだからこそ生まれた『装甲娘』を機に、過去の『ダンボール戦機』シリーズにも、新たに興味を持っていただき、シリーズの世界に触れてもらえたらうれしいです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『オトモンドロップ モンスターハンター ストーリーズ』がSSランク解放!大型アップデート実施

 【30//2017】

『オトモンドロップ モンスターハンター ストーリーズ』がSSランク解放!大型アップデート実施


カプコンは、iOS/Androidアプリ『オトモンドロップ モンスターハンター ストーリーズ』にて大型アップデートを実施しました。


『オトモンドロップ モンスターハンター ストーリーズ』は、テレビアニメ「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」を題材にしたパズルゲームです。
「オトモン」を3つ揃えるだけの簡単なパズルで、4つ以上揃えると特別な効果のあるピースが作成されます。
本作が大型アップデートを実施しました。


Sランクを超えるSSランクを解放
大型アップデートで新レアリティ「SSランク」が解放されました。
今回、SS進化するオトモンを入手できる「空の王者 覚醒ガチャ」を開催します。
このガチャでは、新たにSS進化が解放されたSオトモン「隻眼のリオレウス」の獲得率がアップ。
さらに、SS進化が解放されたSオトモン「セルレギオス」「ブラキディオス」も登場します。

この3体のオトモンを育てて必要なアイテムを集めると、SSランクに進化させることができます。
進化するとステータス・絆技が大幅にパワーアップするほか、SSオトモンだけの強力な能力「絆覚醒」を発動できるようになります。
開催期間は、9月28日~10月5日12:59です。

狂気の化身 覚醒ステップガチャ
開催期間:9月28日~10月12日12:59
Sオトモン「ラージャン」が新登場します。
「ラージャン」はSS進化することができるオトモンで、進化するとその姿も変化します。
ステップ1は、5連ガチャをお得な9,800ゼニーで引くことができます。
各ステップを踏破するとスタンプが貯まっていき、スタンプ7つで「S確定狂気の化身の巣の地図」がもらえます。
さらに3つ集めると「ラージャン」が確定で手に入る「金獅子のタマゴのカケラ」ももらえます。

新ゲームモード
■1.全国のライバルと戦う「対戦アリーナ」
全国のライダー同士のアツい戦いが繰り広げられる場所です。
自分の育てたオトモンで、ライバルと腕を競い合うことができます。
手に入る報酬「成長薬」は、オトモンの能力値をアップさせます。
同じく対戦アリーナで手に入る「絆覚醒の原石」は、SSオトモンの能力「絆覚醒」を解放することができます。



■2.高難易度の「チャレンジマップ」
コンティニュー不可の高難易度マップです。
奥へ進めば進むほど、強力なモンスターが立ちはだかります。
チャレンジマップで手に入るアイテム「目覚めのエキス」は、オトモンのスキル枠を解放できます。
Sオトモンの能力「絆覚醒」を強化するアイテム「絆覚醒の強化石」も手に入ります。



■3.「みんなで冒険」に「緊急クエスト」登場
1日に2回、時間限定で「みんなで冒険」に超高難易度の討伐クエストが登場します。
緊急クエストで手に入るアイテム「結晶塊」や「結晶石」は、SS進化に必須の貴重なアイテムです。



大型アップデート記念ログインボーナス
開催期間:9月28日~10月11日(水)23:59
大型アップデートを記念して、スペシャルなログインボーナスが実施されます。
Sランクオトモンが確定で手に入る「大型アップデート記念!S確定の地図」をはじめ、豪華なプレゼントがもらえます。
合計1万ゼニーももらえます。

大型アップデート記念SNSキャンペーン
大型アップデートを記念したSNSキャンペーンが実施されます。
SS進化対象のオトモン「隻眼のリオレウス」「セルレギオス」「ブラキディオス」いずれか1体が抽選で当たります。
さらに、SS進化に必要な「結晶塊」や、オトモンの育成に必須の「絆ポイント」、オトモンの能力をアップする「成長薬」ももらえます。

期間中の公式SNSでの対象ツイート・投稿のシェア数に応じて、当選人数がどんどん増えていき、2,000シェアを達成すると、期間中にログインした3,333名に当選のチャンスが!シェア数がもっと増えれば、当選人数がさらに増えるかもしれません。

■抽選報酬
・虹賞:Sランクオトモン「隻眼のリオレウス」「セルレギオス」「ブラキディオス」いずれか1体・「大空の結晶塊」×3・「破壊の結晶塊」×3
・金賞:「大空の結晶塊」×1・「破壊の結晶塊」×1・「攻撃力の成長薬(並)」×30・絆ポイント×1500
・銀賞:「攻撃力の成長薬(並)」×30・絆ポイント×1000
■開催期間
・シェア期間:9月28日~10月5日23:59
・抽選報酬抽選日/報酬配布日:10月12日16:00
※当選者には、郵便屋へ報酬が配布されます。

・オトモンドロップ公式Twitter:https://twitter.com/otomon_mhst
・オトモンドロップ公式LINE@:http://line.me/ti/p/@otomon_mhst
『オトモンドロップ モンスターハンター ストーリーズ』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。


(C)CAPCOM/MHST製作委員会
(C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『夢色キャスト』が2周年記念イベント開催!記念ストーリーやログインボーナスを実施

 【30//2017】

『夢色キャスト』が2周年記念イベント開催!記念ストーリーやログインボーナスを実施


セガゲームスは、iOS/Androidアプリ『夢色キャスト』配信開始2周年を記念したイベントを開催します。


『夢色キャスト』は、ミュージカル劇団「夢色カンパニー」に脚本家として入団したプレイヤーが、7人のキャストと共に劇団を盛り上げていくミュージカルリズムゲームです。
本作が9月29日で配信開始から2周年を迎えました。

特設サイトでは、キャストを演じる声優やクリエイターからのメッセージを公開。
アプリ内では、2周年記念ストーリーが楽しめるイベントや、2周年を記念した“2nd Anniversary サンクス10 ガチャ”、アイテムが手に入るログインボーナスなど各種キャンペーンを開催します。

2周年特設サイト更新
2周年特設サイトでは、『夢色キャスト』にゆかりのある声優、クリエイターからのお祝いメッセージを公開。
さらに、抽選でキャストたちを演じる声優の直筆サイン色紙が当たるキャンペーンが実施されます。
公式ツイッター(@yumecast)をフォローして、該当ツイートをリツイートすることでキャンペーンに参加できます。

・キャンペーン開催日時:9月29日~10月9日23:59
・2周年特設サイト:http://ycast.sega-net.com/campaign/second_aniv/2nd_aniv_2.html
“Out Of The Blue”イベント開催
開催日時:9月29日~10月10日13:59
期間中、イベント対象楽曲をプレイするともらえる“イベントpt”を集めることで、報酬を獲得したり、2周年を記念したイベント限定のドラマを楽しむことができます。

今回のイベントpt報酬では、覚醒後のキャストを限界突破させることができる「限界突破カード」や、SR以下のすべてのキャストを覚醒させることができる「SR覚醒カード」が手に入るほか、イベントptを集めるだけで、過去のイベントで登場した特別なキャスト達が手に入ります。
さらに、イベント限定ドラマをすべて読むと、エンディング報酬として、ガチャなどに使用できる「夢石」も獲得できます。

“2nd Anniversary サンクス10”ガチャ
開催日時:9月29日~10月10日13:59
2周年を記念して、1周年~2周年の期間に登場したガチャのSR&UR キャストが登場するスペシャルなガチャが開催されます。
5ステップ目、10ステップ目には、UR以下のすべてのキャストを覚醒させることのできる「UR覚醒カード」がオマケとしてついてきます。

2周年記念ログインボーナス
開催日時:9月29日~10月15日23:59
期間中ゲームにログインするだけで、初日は「夢石」200個を獲得することができます。
7日目には、URキャストが確定で出現する「UR ドリームチケット」を獲得することができます。

ラブ×2 ハリケーンイベント
期間中、楽曲アンケートを行い、それぞれの属性で1位になった楽曲をプレイしてクリアすると、キャストとの恋愛ドラマを楽むために必要な“ラブpt”が大量獲得できます。

■対象楽曲・開催日時
・「世界に抱かれ滅びる前に」: 9月29日~10月1日)23:59
・「恋咎館のタペストリー」: 10月2日00:00~10月4日23:59
・「WhisperLand Boys」: 10月5日 00:00~10月7日 23:59
“シアターインフォメーション”がオープン
『夢色キャスト』に関連するニュースやキャンペーン情報がまとめてチェックできる“シアターインフォメーション”がオープンしました。
情報は随時更新されていきます。

『夢色キャスト』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。


(C)SEGA/夢色カンパニー


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る