2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

「スーパーマリオ オデッセイ」スペシャルステージの模様をお届け

 【18//2017】

「スーパーマリオ オデッセイ」スペシャルステージの模様をお届け


9月18日に東京・有明にある東京ビッグサイトにて、「RAGE vol.5 with シャドバフェス」が開催された。
ここでは国内初のプレイアブル出展となるNintendo Switchソフト「スーパーマリオ オデッセイ」の体験会が開催されたほか、ゲーム内容を紹介する「『スーパーマリオ オデッセイ』×RAGE スペシャルステージ」も開催された。
ステージにはMCとしてヒャダインさんのほか、本作のディレクターである元倉健太氏、でんぱ組.incの夢眼ねむさんと成瀬瑛美さんが登場した。


まずは元倉氏がゲームの概要について解説。
「スーパーマリオ」シリーズには2Dのものと3Dのものがあるが、3Dのものの中でも「スーパーマリオギャラクシー」のような「コースクリア型」のもののほか、「スーパーマリオ64」や「スーパーマリオサンシャイン」のような「箱庭探索系」の2つに分かれる、と元倉氏。
今回の「スーパーマリオ オデッセイ」は、2002年に発売された「スーパーマリオサンシャイン」以来15年ぶりの箱庭探索系のゲームとなる。

元倉氏が初めて「マリオ」シリーズに関わったのは、入社2年目の時の「スーパーマリオサンシャイン」だそうだが、それからこれまでの間、チーム内でも作りたいアイディアをため続けていたという。
こうしたものを詰め込んだのが本作、というわけだ。

本作のストーリーは、クッパとピーチ姫の結婚式をするという招待状がマリオの元に届き、それを阻止するというのが最終的な目的となる。
今回の冒険は帽子の「キャッピー」と一緒にマリオは戦うことになるが、ピーチ姫の頭には、キャッピーの妹「ティアラ」が乗っかっている。
この妹もダブルで助けるという物語だ。

本作の世界には「都市の国 ニュードンク・シティ」、「砂の国 アッチーニャ」、「料理の国 ボルボーノ」、「森の国 スチームガーデン」、「帽子の国 カブロン」、「滝の国 ダイナフォー」といった国々が登場する。
この中をマリオは探索して、ピーチ姫を探すことになる。
マリオはコインを集め、それを元に服を買ったりして冒険を進めるが、コインには、その国でしか使えない紫色のローカルコインと、どこでも使える黄色の共通コインの2種類が用意される。
Yボタンを押すことや、Joy-Conを振ることで帽子を投げて敵を倒したり、キャッピーの能力である「キャプチャー」を使ってオブジェクトを操ることができるのと言うのはすでに紹介した(http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1065036.html)通りだ。
途中に登場する「パワームーン」を集めながら、次の国を目指していく。

パワームーンについては、いろいろなところに隠されているので、自分が気になったところを進めていけば何かが得られるという構成になっているという。
不安定で登りにくそうな所にパワームーンがあったりするのだが、そこを登って取ったときの快感はたまらないのだとか。
「今までの『マリオ』シリーズの伝統をたどっている。
過去のタイトルを把握しているし、スタッフがこれがあると面白いというものを入れていったら大変なことになった」(元倉氏)そこからのブラッシュアップにより本作は作り込まれている。
ちなみにパワームーンは国によって色が異なっているそうだ。

また本作については、音楽がおしゃれだという声も。
これについては「優秀なスタッフがいるし、ジャンプアクションなので、ジャンプしたときに遊びやすい音楽を作っている」と元倉氏。
「ジャンプしたくなるような曲とか、どこでも自分のタイミングでジャンプできる音楽にしてもらっている」(元倉氏)。

「ところでルイージはどうなっているんですか?」とヒャダインさんが聞くと、口ごもる元倉氏。
どうやらまだ発表はできないようだが、どこかで登場することもあるのかもしれない。

ここででんぱ組.incの2人によるデモプレイへ。
体験するのは「砂の国 アッチーニャ」だ。
まずは夢眼さんから。
なかなか慣れない捜査二課なり手こずるのと、あまりにも自由すぎる行き方に困惑するヒャダインさんと元倉氏。
中でも両手のJoy-Conを振ってキャッピーを回すアクションを気に入った夢眼さん。
途中、土管の中に入ってマリオが2Dになるのを見て「懐かしー!」と歓声を上げる。

ここで今度は成瀬さんにチェンジ。
壁から脱出するとまた3Dに戻るマリオ。
そこから進もうとするが、下に落ちて砂に埋もれてしまう。
「Bボタンでジャンプしてください!」と元倉氏から声が飛ぶ。
何とか復帰して塔の近くまで進む。
今度はまた2Dのマリオだ。
2連や3連のキラーが飛んでくる中をかいくぐって進む。
「ここはちょっと難しいですよ」と元倉氏。
しかしうまくかわしつつジャンプで上に進み、無事パワームーンをゲット。

デモプレイを終えて「めちゃくちゃ面白いです!世界観もそうだけど、いろいろとやれることがあって楽しい」と夢眼さん。
成瀬さんも「今のところはスリルがあったけど、頑張ってやったので達成感がすごい!」と語る。

そして最後は来場者とOPENREC.tvの視聴者へのプレゼントチャレンジに。
お題は都市の町にあった縄跳びゲームだ。
これは縄跳びを回している女性がいて、そのお誘いを受けたら縄跳びをひたすら跳ぶというもの。
30回以上飛ぶとムーンがもらえるので、プレゼントも30回を飛んだところでもらえるという決まりになった。
「上手ではない」という2人だが、じゃんけんをした結果、夢眼さんがチャレンジする事に。

しかし……。
5回はクリアするものの、スピードが上がると失敗をしてしまう夢眼さん。
飛んでいる最中に帽子を投げてしまう。
何回か再チャレンジするも失敗してしまった。
そこで成瀬さんにスイッチするが……。
またもや帽子を投げたりして、こちらもあえなく撃沈。
そこで体験版で45回飛んだというヒャダインさんに白羽の矢が立てられる。
「プレッシャーに弱いんですよ」というヒャダインさんだが、そこは意地のプレイ。
5回飛ぶ。
スピードが速くなる。
10回飛ぶ。
スピードが速くなる。
5回重ねることにスピードアップする。
そして25回、26回……無事30回を達成した!
こうしてチャレンジは終了したが、最後に成瀬さんは「めちゃめちゃ楽しくて汗をかきました。
負けず嫌いなところもあるので」とコメント。
また夢眼さんは「マリオシリーズをやってきたけど、今までの要素もたっぷりあって新しいこともたくさんある。
めちゃめちゃ楽しかったので絶対に予約したい」と語る。
またボーカルソングが付いているも紹介され、「ゲーム中に登場するので聞いてください」と元倉氏。
「ようやくここまでお届けできるようになった。
発売まであと少しですが、どうぞ楽しみにお待ちください」と最後に元倉氏は語った。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<新作ゲーム紹介>「メトロイド サムスリターンズ」 ゲームボーイの人気アクションが3DSで復活

 【18//2017】

<新作ゲーム紹介>「メトロイド サムスリターンズ」 ゲームボーイの人気アクションが3DSで復活


メトロイド サムスリターンズ(3DS)CEROレーティングA(全年齢対象) 任天堂4980円(税抜き)9月15日発売


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

帰ってきた中野サンプラザ! 『アイドルマスター ミリオンライブ!』関連BD/CD商品累計100万枚突破記念イベントリポート

 【18//2017】

帰ってきた中野サンプラザ! 『アイドルマスター ミリオンライブ!』関連BD/CD商品累計100万枚突破記念イベントリポート


文・取材:日陰之千竜、撮影:オフィシャル
2017年9月17日、東京・中野サンプラザにて、『アイドルマスター ミリオンライブ!』の関連BD/CD商品累計100万枚(ミリオン)突破を記念した、フリーライブ“THE IDOLM@STER MILLION LIVE! EXTRA LIVE MEG@TON VOICE!”が開催された。
1stライブも開催された中野サンプラザという思い出のステージに登壇したのは、山崎はるかさん(春日未来役)、田所あずささん(最上静香役)、Machicoさん(伊吹翼役)、上田麗奈さん(高坂海美役)、大関英里さん(佐竹美奈子役)、香里有佐さん(桜守歌織役)、末柄里恵さん(豊川風花役)、南早紀さん(白石紬役)、渡部恵子さん(周防桃子役)、渡部優衣さん(横山奈緒役)といったキャストの面々。
本記事では昼夜2回行われたイベントのうち、1回目の様子をリポートする。
クイズあり、ゲームあり、ライブありの盛りだくさんイベント!
協賛企業の紹介から開演のブザーがなると、スクリーンにはムービーが流れ、衣装に身を包んだキャスト一同がステージ入ってくる。
そこから流れ始めたのは、スマートフォン用アプリ『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』のテーマソング『Brand New Theater!』。
会場のプロデューサー(※『アイドルマスター』シリーズのファンのこと)はすぐに、さまざまな色のペンライトを点灯させ、キャストとコールアンドレスポンスで息を合わせ、盛り上がった空気の中でイベントが幕を上げた。

曲が終わると中心に立った山崎さんの仕切りで挨拶が始まる。
それぞれのキャラクターとしてのひと言と、キャスト陣からの台風の話題や、今回のイベントに使われるエネルギーやライブを楽しもうという意気込み、初ステージへの緊張感が入り混じった挨拶が行われた。
挨拶が終わって山崎さんから話を振られた南さんは、震えて声もおぼろという状態で、香里さんも「大きいですね……」と会場の広さに感嘆していた。
その後、香里さんと南さんのニックネーム、“こーりー”と“南ちゃん”に決まったことが発表された。
さっそく会場から一斉に呼びかけられると、ふたりは照れた表情を浮かべていた。

挨拶が終わると、クイズ形式でミリオンライブの歴史を振り返っていく“クイズで振り返るミリオンの歴史”のコーナーを実施。
司会の山崎さんと田所さんから優勝賞品として秋のフルーツ盛り合わせが告げられると、キャスト陣は食べたいフルーツが口々に語っていた。
クイズは穴埋め形式となっており、第1問は“『Thank You!』のレコーディングが行われていた2012年12月ごろ、アイドルマスター音楽プロデューサーの中川さん(※バンダイナムコスタジオの中川浩二氏)は、「?」を「?」していた”というもの。
最初から中川氏にまつわる難問。
答えは“膝の皿”を“骨折”していたとのことで、Machicoさん、渡部恵子さん、上田さん、渡部優衣さんの4人が正解した。

続いての第2問は“大阪のTSUTAYA EBISUBASHIで行われたミリオンライブ!初のリリースイベント。
その終了後、出演者の原由実さん、田所あずささん、伊藤美来さん、麻倉ももさんの4人は「?」を食べに行きました”という、765プロダクションの先輩との食事に関するもの。
大阪にまつわる食べものを挙げていくなか、南さんが自分の好物である“唐揚げ”と回答し、司会のふたりからは「かわいい」と言われていた。
この問題の答えは“お好み焼き”で、Machicoさんと渡部優衣さんのふたりが見事正解。

第3問は“ミリオンライブ!1stライブ当日の朝、「?」の数が足りていないことが発覚し、衣装チームが自宅からミシンを持ち込んで、会場でいちから作りなおした”というライブ衣装からの問題。
腕輪やリボンといったアクセサリーから、ストッキングといったさまざまな回答が出たが、正解は“頭に付けるクラウン”。
第3問に正解したのは、香里さんと渡部優衣さんのふたり。

そして、最終問題となる第4問は“2016年2月26日、ミリオンライブ!3周年ニコ生に出演した中村繪里子さんはゲームコーナーで、自宅が「?」という驚きのエピソードを公開した”というもの。
渡部恵子さんが“ゆうパックの箱だらけ”という、過去に中村さん身に起きたとある事件をもじった回答をすると会場は笑いに包まれた。
正解は“ガスを止められた”だったが、難易度が高かったようで、残念ながら正解者は現れず。

結果の集計中には、キャスト陣から「ミリオンの知識じゃなくない?」という冷静なツッコミ入っていたが、そんな状況でも、見事3問正解した渡部優衣さんが優勝し、賞品の秋のフルーツ盛り合わせを獲得した。

続いて、香里さんと南さんの新人チームが仕切って“ペアで挑戦! 巨大ミリシタ対決!”に突入。
ステージには『ミリシタ』が映し出された巨大タッチセンサーモニターが登場。
同コーナーは、ふたりペアになって巨大モニターで『ミリシタ』をプレイし、そのスコアを競うというもの。
ペアは、田所さん、渡部恵子さんの“フェアリーペア”、Machicoさん、末柄さんの“エンジェルペア”、上田さん、大関さんの“超プリンセスペア”、山崎さん、渡部優衣さんの“一応Princesペア”の4組に決定。
優勝賞品として高級すきやきのお食事券がプレゼントされることが発表されると、キャスト陣は本気モードに! ルールとして、曲は指定となっているが難易度は、ペアで相談して自由に選択していいとのこと。

さっそくゲームが始まり、最初は“フェアリーペア”の田所さん、渡部恵子さんのふたりが『Blue Symphony』に4MIXで挑戦。
イントロが流れ始めるとプロデューサーは青いライトを点け、キャスト陣もポーズを取って会場を盛り上げる。
それぞれ持ち場を決めつつ、軽快にアイコンをタップしていき、仲良くふたりでひとつのアイコンを同時に押すひと幕も。
コンボ数は50コンボまで続き、ランクもSランクまで到達したスコアは300987pt。

つぎの“エンジェルペア”のMachicoさん、末柄さんが挑戦する楽曲は『恋のLesson初級編』。
Machicoさんには“踊りながらやって”という無茶ぶりが起きていたが、末柄さんがかなりやり込んでいるということで、6MIXを選択。
ゲームが始まるとほかのキャスト陣から「上手い!」という声があがっていたが、残念ながらサビでリタイアという結果に……。
リタイアということで、スコアが0ptであることを告げられたMachicoさんは「超えてみろよ、オレたちの得点を超せるのならな!」という捨てゼリフで観客の笑いを誘った。

その後にスクリーンの前に立ったのは“超プリンセスペア”の大関さんと上田さん。
ふたりは、『ココロがかえる場所』を4MIXで挑戦することになったのだが、『ミリシタ』が得意な大関さんが3レーン、あまり得意ではない上田さんが1レーンを担当する変則形式でプレイ。
大関さんが3つのレーンを軽快に、上田さんがひとのレーンをタップするごとに会場から「おおっ!」という声が上がりながら、ミスなく曲は進んでいく。
最後は上田さんがフリックで締め、見事フルコンボを達成すると会場から大きな拍手が沸き上がった。
スコアは388772ptで、“フェアリーペア”を超え、トップに立った。

最後は、山崎さんと渡部優衣さんの“一応Princesペア”が『素敵なキセキ』に、まだクリアーが出ていない6MIXに挑戦するということで、ふたりは腰をおろしたガチ体勢に。
サビでは、会場のプロデューサーから、コールの応援も行われたが、あえなくリタイア……。
ということで、優勝は大関さんと上田さん“超プリンセスペア”に決定し、コーナー終了したかに思われたが「やってない人がいる」という声があがり、司会を務めていた香里さんと南さんもプレイすることに。
ふたりが挑戦する楽曲は『トキメキの音符になって』。
ふたりが難易度について相談していると、ほかのキャスト陣から、ラジオ番組『アイドルマスター ミリオンラジオ!』でおなじみの「イチャイチャしやがって!」とツッコミが入る。
ロード中にもそっと寄り添ったり、スペシャルアピールが決まり、手を合わせる場面も見られたり、クリアーするとハイタッチを交わしたりするなど仲のよさを見せた。
しかし、スコアは268824ptで、“超Princesペアには及ばずという結果に。

今度こそコーナーが終了し、お待ちかねのライブコーナーがスタート。
最初は田所さんによる『Precious Grain』。
クールなイントロが流れ始めると、会場は青のサイリウムで染まっていく。
間奏では、プロデューサーのコールが入りつつ、一体感のあるステージが作られ、ライブパートをリードする。
つぎの『ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン』(渡部優衣さん)では、会場の雰囲気が一辺。
渡部優衣さんの「いくで~」という煽りの言葉や手を振るアクション、間奏での軽やかなダンスで、会場のプロデューサーのギアも上がっていく。
続いて始まったのは『スマイルいちばん』(大関さん)。
間奏では「ありがとう」と、大関さんからプロデューサーに感謝の言葉が投げかけられた。
つぎに和風なイントロが流れると、会場からは「おおぉっ!」と大歓声が上がり、南さんが『瑠璃色金魚と花菖蒲』がライブ初披露。
激しく明滅するライトの演出とともに、初ステージとは思えない堂々とした姿で和ロックなナンバーを歌い上げる。
続いても同じくライブ初披露となる香里さん『ハミングバード』。
会場が曲調に合わせてゆったりとした穏やかな雰囲気の中で歌唱すると、会場からは大きな拍手が贈られた。

MCでは、南さんがプロデューサーのライトが綺麗だったと振り返り、香里さんもステージに出るまでは緊張していたけれど、プロデューサーのペンライトを見て「いちばん安心して歌えました」と感想を語った。
また、難しかった点について聞かれた香里さんは、ラストサビへの盛り上がりの広げかたを答えに挙げつつ、「初ステージがここでよかった」と嬉しそうに語る。
南さんは、最後のロングトーンをブレないように歌うことを心掛けていたそうで、ほかのキャスト陣からは香里さんの広がりに対して、“ビームのような伸び”と評されていた。

MCが終わり、ライブ前半パートを歌ったメンバーがステージを降りると、『インヴィンシブル・ジャスティス』(Machicoさん、上田さん)が流れ出す。
ふたりの演じるアイドルのイメージカラーである黄色とピンクのライトに照らされながら、ロックな曲調で会場を盛り上げると、会場はそれまで空気から一変し、再びライブモードに切り替わっていく。
そのまま、ポップな曲調の『ローリング△さんかく』(渡部恵子さん)へと繋がっていく。
曲の冒頭では、桃子として、『ミリオンライブ!』にとって、特別な場所である中野サンプラザのステージに初めて立てた喜びを語っていた。
歌詞といて登場する三角形や正方形をかたち作るかわいらしいダンス観客を魅了したり、間奏で「もっと大きい声を聞かせてー」と煽ったりしながら、一体感のあるステージ、そして最後には“きれいな〇”を作り上げた。
そこからライトが穏やかな色に変わると『祈りの羽根』(末柄さん)が会場に降り注ぐ。
会場のプロデューサーも曲調に合わせってゆっくりとライトを振り、末柄さんと気持ちを通じ合わせる。
曲調が落ち着いたと思もいきや、山崎さんの『未来系ドリーマー』で、会場のボルテージが一気に上昇。
山崎さんが間奏の中に「“未来”という歌詞をいっしょに言ってくれますか?」と客席に問いかけると、プロデューサーは大歓声で応え、2番以降は会場全員で歌い上げた。

MCに突入し、Machicoさんが『インヴィンシブル・ジャスティス』では、ハモリを生で行っており、上田さんが下のパートを力強く歌ったことのすごさを語ると、上田さんはイヤモニのMachicoさんのボリュームを大きくしてもらうことで感化され、力強く歌えたと秘密を明かしていた。
続いて『ローリング△さんかく』を歌った渡部恵子さんは、過去に出演したイベントを引き合いに出して今回の緊張度合いを語りつつ、無事に歌えたことを安堵していた。
その後、“浄化装置”と紹介された末柄さんは、ゲームコーナーではしゃぎ過ぎて、ライブパートとの落差があり過ぎたことを反省している様子。
また、『祈りの羽根』について、「風花ちゃんのありがとうソングだと思っていて」と自身の解釈をプロデューサーに届けられたらと、歌唱中の心情を口にした。
そして、このパートを締めた『未来系ドリーマー』の話題へ。
山崎さんは、初披露にも関わらず、プロデューサーがいっしょに歌ってくれたことの驚きを話しつつ、もっとたくさんの人に広めて今後もいっしょに歌ってほしいと想いを伝えた。
最後に、1stライブ以来、2度目となった中野サンプラザのステージについて、「(1stライブのときとは)まったく違う気持ちでステージに立てている」と心境を語った。

ライブパートの最終ブロックは『Sentimental Venus』(山崎さん、上田さん、大関さん、香里さん、末柄さん)からスタート。
曲の冒頭から、プロデューサーは色とりどりのペンライトを振りながら、コールアンドレスポンスを決める。
途中、末柄さんがつまづいてしまうアクシンデントもあったが、無事をアピールし、盛り上がったままバトンを渡した。
バトンを受け取って流れたのは、田所さん、Machicoさん、南さん、渡部恵子さん、渡部優衣さんの5人。
披露されたのは『Marionetteは眠らない』。
サビの前には、プロデューサーも歌に参加する場面もありながら、キャスト陣がキレのあるダンスを披露するなど、アツいパフォーマンスで会場を盛り上げた。

ライブパートが終わり、キャスト全員がステージに登場。
まずは、『Sentimental Venus』と『Marionetteは眠らない』の選曲理由について、『ミリシタ』に実装されている楽曲であることが明かされると、キャスト陣は「(曲を聴いていると)ノーツが思い浮かぶ」と、『ミリシタ』のやり込み具合を報告。
そして、キャスト陣からプロデューサーに質問を投げかけ、プロデューサーが口々に返すといったやり取りで会場が温かい空気に包まれるなか、最後の曲へ。
流れ始めたのは『Dreaming!』。
キャスト全員がマイクを握り、プロデューサーとのコールアンドレスポンスを交えて、会場がひとつになったところで、最後に『アイドルマスター』のイベントではおなじみの「アイマスですよ、アイマス!」コールが会場全体で叫ばれ、大盛り上がりうちに昼公演は幕を閉じた。

■“THE IDOLM@STER MILLION LIVE! EXTRA LIVE MEG@TON VOICE!”昼公演セットリスト(※敬称略)
『Brand New Theater!』(全員)
『Precious Grain』(田所あずさ)
『ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン』(渡部優衣)
『スマイルいちばん』(大関英里)
『瑠璃色金魚と花菖蒲』(南早紀)
『ハミングバード』(香里有佐)
『インヴィンシブル・ジャスティス』(Machico、上田麗奈)
『ローリング△さんかく』(渡部恵子)
『祈りの羽根』(末柄里恵)
『未来系ドリーマー』(山崎はるか)
『Sentimental Venus』(山崎はるか、上田麗奈、大関英里、香里有佐、末柄里恵)
『Marionetteは眠らない』(田所あずさ、Machico、 南早紀、渡部恵子、渡部優衣)
『Dreaming!』(全員)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

スイッチで洋ゲーに目覚める日

 【18//2017】

 スイッチで洋ゲーに目覚める日


東京ゲームショウ前なのにニンテンドーダイレクトで新情報がいろいろ出てきて「ギョヴォウェエエ!」という妙な奇声をあげてしまったほ。
そんなわけで今回も「インサイドちゃんの超!気になるニュース(略してイン超!)」はじまるほ。
今週の気になる記事はこれ!
◆まさかあのゲームがスイッチに来るとは
■『DOOM』と『Wolfenstein II』が、ニンテンドースイッチに登場!2018年発売予定
https://www.inside-games.jp/article/2017/09/14/109708.html
https://youtu.be/k038cik6uDw
2017年9月14日のニンテンドーダイレクトでは『スーパーマリオ オデッセイ』や『星のカービィ スターアライズ』など任天堂らしいタイトルの新情報が発表されたのだけれども、その中でも異色と言えるのが『DOOM』と『Wolfenstein II: The New Colossus』の発表なほ。

このふたつはどちらかと言うとコアゲーマー向けのタイトルで、ゴア表現もすごいし(要するにグロいってこと)ナチをぶち○しまくるしで、それがスイッチに来るとなるとビックリほ。
確かにスイッチはいろいろな遊び方ができるハードなんだけど、まさかこの2作品が来るとは。

とはいえ、前には銀行強盗シューター『PAYDAY2』がスイッチ向けに発売されることも発表されていたし、そもそもWii Uでも『コール オブ デューティ ゴースト』が出ていたりと、割と海外向けシューターは任天堂ハードへの進出を行っていたりするほ~。
これらタイトルは馴染みがない人も多いかもだけど、作品としては人気があるほうなので、普段マリオやカービィやイカしか遊ばない人が新たな体験としてプレイするようになったら素晴らしいことほ。

……とはいえ、本当にそんな人がいるのかなあと思ってしまうのも事実。
ニンテンドウ64で『ゴールデンアイ 007』が流行ってもジャンルとしてのシューターはなじまなかったということもあるし……。
もし任天堂ハードから洋ゲーに目覚めたという人がいたら話を聞いてみたいほ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
■インサイドちゃん プロフィール
たまにインサイド編集部で仕事を手伝う謎の女の子。
はじめて遊んだ洋ゲーは『アリス イン ナイトメア』。
陰鬱な雰囲気が大好きな一方、ジャンプの挙動が独特すぎて落下死を繰り返してマウスを破壊しそうになった思い出もある。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

新情報満載の『FGO』ステージレポート!奈須きのこ監修の京都シナリオの生アフレコも

 【18//2017】

 新情報満載の『FGO』ステージレポート!奈須きのこ監修の京都シナリオの生アフレコも


9月17日に開催されたイベント「『Fate/Grand Order』ゲストトーク in 京まふ 2017」のレポートをお届けします。


このイベントは京都市勧業館みやこめっせ他にて開催された西日本最大級のマンガ・アニメ見本市「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2017」内にて行われたステージプログラムです。

一般観覧無料のオープンステージということもあり、みやこめっせの地下一階フロアには多くのファンが詰めかけ、開演30分前には既に超満員の状態となっていました。

ステージにはゲストとして、マシュ・キリエライト役の高橋李依さん、ニトクリス役の田中美海さん、アストルフォ/エリザベート・バートリー役の大久保瑠美さんが登壇。
さらに「マンガで分かる!Fate/Grand Order」版の「女主人公」、「セイバー」、「マシュ」の着ぐるみも登場し、その独特な動きで笑いを誘っていました。

『FGO』振り返りのコーナーでは、アプリ配信2周年を迎えてからゲーム内で開催された各イベントの思い出トークが展開。
二度に渡って実施された水着イベントや、現在開催中の「ネロ祭り再び~2017 Autumn~」を、それぞれのプレイスタイルから振り返りました。

また、「勝手にFate/Grand Order スペシャル」のコーナーでは、この日限りの特別シナリオの生アフレコが実施。
お題は、「マシュとニトクリスとエリザベート・バートリーが、修学旅行で金閣寺に来たら」、「マシュとニトクリスとアストルフォが、京都国際マンガミュージアムに来たら」の2つで、いずれも開催地である京都にちなんだシナリオとなっていました。
これらのシナリオは奈須きのこ氏監修による特別な原稿とあって、会場のファンからは大きな拍手が贈られていました。

ゲーム情報コーナーでは、クリエイティブディレクターの塩川洋介氏が登場。
10月中旬の配信予定の新章「Epic of Remnant」の3つ目の物語のタイトル「亜種特異点III 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負(しざんけつがぶたい しもうさのくに えいれいけんごうななばんしょうぶ)」が発表されました。

加えて、『Fate/Grand Order』のアプリ日本国内累計ダウンロード数が1000万を突破したことも発表。
本作は2015年7月30日の正式サービス開始以降、様々なイベントやキャンペーンによりユーザー数が増加しており、日本国内累計ダウンロード数1000万突破は配信開始から約2年1か月での達成となっています。

今回、1000万ダウンロード突破を記念したキャンペーン内容の一部も公開。
好きな「★4(SR)サーヴァント」が1騎プレゼントされるキャンペーンや「聖晶石30個プレゼント」キャンペーンなどが続々と発表され会場の客席からは割れんばかりの歓声があがっていました。
なお、これらのキャンペーンは1000万DLキャンペーンの一部でしかないとのこと。
今後の続報にも期待が高まる内容となっていました。

さらに、ステージの最後では塩川氏の登壇を記念した「京都国際マンガ・アニメフェア2017登壇記念聖晶石10個プレゼント」も発表。
この日最高潮の盛り上がりの中、ステージは幕を下ろしました。

『Fate/Grand Order』は配信中。
価格は、基本無料のアイテム課金制です。

(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

波乱あり、ドラマありの「GALLERIA GAMEMASTER CUP」が閉幕

 【18//2017】

波乱あり、ドラマありの「GALLERIA GAMEMASTER CUP」が閉幕


3連休中日の9月17日、サードウェーブデジノス主催のeスポーツ大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP」の2日目が実施され、「Counter-Strike: Global Offensive」部門は、優勝候補筆頭のSZ.Absolute、「World of Tanks」部門は、ほぼ唯一のプロチームCaren Tigerがそれぞれ初優勝を決めた。
Caren Tigerは賞金100万円、SZ.Absoluteは賞金150万円に加えて、「CSGO」日本代表として、10月に上海で実施されるアジア大会「eXTREMESLAND」に出場する。


最終日の2日目は、決勝戦のみ2試合が行なわれた。
それぞれ優勝候補が出場し、予想を裏切らない結果となったが、会場で観戦された方、あるいは配信でご覧になった方はご存じの通り、波乱あり、ドラマあり、はたまたトラブルありの展開で、一筋縄ではいかない、スポーツ本来が持つ筋書きのないドラマをたっぷり堪能することができた。
やはりeスポーツ観戦はおもしろい!
■強豪Caren Tigerをギリギリまで追い詰めたTyphoon。
日本にまた新たな気鋭のチームが登場
「WoT」部門の優勝候補Caren Tigerは、Wargaming.netが主催するプロスポーツリーグWargaming.net League(WGL)最上位のゴールドリーグに出場しているプロチームで、国内外で数々の実績を持つ強豪だ。
対するTyphoonは、プロ選手はプロゲーミングチームSCARZ所属のMatcha選手のみで、後はアマチュア選手ばかりという編成。
昨期、WGLのシルバーリーグに出場したものの、実績、経験共に少ない。
名実共に日本トップチームのCaren Tigerに、Typhoonがどれだけ立ち向かえるのかが注目される一戦となった。

試合は、ゴーストタウン、サンドリバー、ヒメルズドルフの3マップによるBO5で行なわれた。
WGL規定のBO8と比較すると短めで、試合の絶対数が少ないほど、波乱がおきやすくなるが、まさに大波乱の展開となった。

本大会の大きなポイントは「Tier VIIIまで」というところだ、Tierポイントは56あるため全車両Tier VIIIとなる。
WGLではすでに使用車両はTier Xとなり、Tier VIIIルールは2年前まで遡らなければならない。
当時はIS-3を軸とした重戦車部隊に対するカウンターとして、T-54 Lightweight 7輌による速攻が猛威をふるった。
今のバージョンではどういった戦いになるだろうか。

果たして結果は、時代を反映して見たことも無いような編成ばかりだった。
重戦車は、ドイツのマウスの初期案VK 100.01 Pに、スウェーデンのオートローダー重戦車Emil I、ソ連のObject 252Uという具合で、一部の“保守派”はIS-3を投入していたが、見事にニューカマーばかりだ。


1、2戦目のゴーストタウンは、Caren Tigerは上記重戦車を主力とした編成なのに対して、TyphoonはWGLではまず見られない駆逐戦車ISU-152を2輌も投入。
この変則的な編成に場内からは笑いがこぼれていたが、一発750ダメージ、貫通させれば2発で重戦車を屠ることができる。
ゴーストタウンは超近距離での打撃戦になることが多いため、これはネタではなく意図的な編成だろう。

対してCaren Tigerは、ISU-152との正面対決を避け、上手く相手を引き込みながら包囲戦を展開していく。
敵も然る者でISU-152の直撃を何度か受けてしまうものの、その都度、誰かがカバーに入り、見事なダメージコントロールで撃破を許さない。
一糸乱れぬ統率はさすがプロチームという感じであり、あれよあれよといううちにCaren Tigerが2ゲームを連取。
「やっぱISU-152はダメだって(笑)」と場内からツッコミも出る始末で、「やはり3:0で終わってしまうのか」という雰囲気が漂い始めた。

これに待ったを掛けたのがTyphoonリーダーのMatcha選手。
3、4戦目のマップ サンドリバーは現在実施されているExtendedシーズンから採用されたマップで、WGLでもまだ確固たる戦術が存在しない。
Matcha選手はCaren Tigerの過去の戦い方から、北側を取りに行くと読み切り、先にスポットを取り、オートローダーによる集中攻撃で先手必勝に賭ける戦術に出た。

このスポット取りで活躍したのは軽戦車ではなく、「戦場のヴァルキュリア」コラボで追加されたコラボ車輌エーデルワイス。
カテゴリとしては中戦車だが、Tier VIIIでは最高水準の60kmの快速を誇り、高速を活かした偵察を得意とする。

Matcha選手が考案したLorraine 40 tとエーデルワイスによる先手必勝戦術が2試合とも当たり、まさかの2連勝で、勝利の行方は最終戦までもつれ込んだ。
観客は判官贔屓が多いのか、Typhoonを応援する人が圧倒的に多く、もう試合に勝ったかのような大騒ぎだ。



最終戦はヒメルズドルフ。
WGLでも定番中の定番マップで、Caren Tigerは練習も含めれば何千戦と戦っているマップだ。
もう後がないCaren Tigerは、防衛側を選択した上で思い切った作戦に出る。
中央の公園に布陣するというセオリーから外れた戦術に出たのだ。

リーダーのAki00v選手のIS-3は、中央の公園からさらに南側に出たところを補足され、Typhoonの集中攻撃を受けるものの、ギリギリのところで退避に成功。
Typhoon全車両の位置をCaren Tigerが把握した時点で実質的には試合終了で、後は1輌ずつ綺麗に撃破し、圧巻の横綱相撲を見せつけた。
見ていた限りでは、Aki00v選手のIS-3が撃破されていたら、勝敗の行方はわからなかったような気がするが、「発見されたタイミングが最悪だっただけで、逃げ切れると思っていました」ということだ。


かくして第1回大会の覇者となったCaren Tigerだが、優勝後に控え室で話を聞いたところ、やはりWGLの練習で忙しく、Tier VIIIでの全体練習は1回しかできず、純粋に練習不足だったことを認めた。
サンドリバーについては、今後WGLでも戦う機会が増えるため、しっかり練習して勝てる戦術を作っていきたいとコメントしてくれた。

一方の敗れたTyphoonは、アマチュアチームながら2:3という大健闘で、Matcha選手としてもチームの未来に大きな手応えを感じたようだ。
今後シルバーリーグでも結果を残し、ゴールドリーグに昇格することを目標に、今後も活動していくという。
「WoT」ファンはTyphoonという名前を覚えておこう。


■やはり強かった常勝軍団SZ.Absolute。
1ゲーム取られてからの逆転優勝
「WoT」表彰式の後は、GALLERIA GAMEMASTER CUPのクライマックスとなる「CSGO」の決勝戦が行なわれた。

対戦カードは、昨日の準決勝を勝ち上がったALTERNATIVとSZ.Absolute。
下馬評では、SZ.Absoluteの完勝が予想されていたが、いざ試合が始まると、ALTERNATIVが昨日を上回る好調ぶりを見せつけ、5:10という劣勢の状態からなんと11ゲーム連取し、16:10で1ゲーム目を勝利するという波乱含みの幕開けとなった。

全メンバーの動きが素晴らしかったが、とりわけ本大会のMVPを獲得した凄腕スナイパーFisker選手の活躍が素晴らしく、彼がスコープを構えて射撃すれば相手選手に当たるという感じで、おもしろいように倒していく。
SZ.Absoluteも、エコラウンドを早めに切り上げたり、集団で動いて多対1の状況を作り出すなどなんとか形を作ろうとしたものの、ALTERNATIVは相手の動きをよく学んでいて、パターンを読んで先回りして狙っているという印象だった。
こうしたことは常勝軍団が必ず陥るスランプのパターンのひとつで、SZ.Absoluteがプロチームとして乗り越えなければならない試練だ。

2ゲーム目、もう後がないSZ.Absoluteは、まさに全力全開といった感じで圧倒的な強さを見せる。
ところが9:3と有利に進めているところで、審判より物言いが付いた。
リーダーでエースのLaz選手が、スクリプト使用という規定違反を行なったのではないかと判定されたのだ。
この結果、関係者による協議がはじまり、15分近く試合が中断した。

結果は“シロ”。
トッププレーヤーの高速操作を、スクリプトと誤認しただけだった。
もともと「Counter-Strike」は、「Half-Life」のMODとして始まっており、スクリプトやツールの使用に関しては寛容なカルチャーがあるが、eスポーツとなると公平性が求められるため、ここまでは良く、ここからはダメという明確な線引きが必要になる。
当然、本大会でもそうした規定は存在するが、肝心のチェックする側のスキル、ノウハウがまだ育ってなかったということのようだ。
人間のすることなのでどうしてもミスは出てしまうが、長時間の中断は興ざめで、できれば避けて欲しい。
この点は次回の課題だと思う。

さて、試合再開後もSZ.Absoluteの勢いは止まらず、Laz氏のスナイプも冴え渡り、16:3で2ゲーム目を取った。
この突然の中断にも緊張の糸を切らさなかったのはさすがといえる。

3ゲーム目は、両チームの持ち味が冴え渡り、一進一退の攻防が繰り広げられた。
中でも強く印象に残ったのは、Fisker選手とLaz選手。
共にスナイプを得意とする選手で、Fisker選手が4キルをとれば、すかさずLaz選手が2キルを取り返し、スナイプ合戦に会場も大いに盛り上がった。


最終的に試合に勝ったのはSZ.Absoluteだが、ALTERNATIVのFisker選手の勢いは最後まで止まらず、最後の最後までファーストキルを取り続け、鬼神のような活躍でSZ.Absoluteの勝利を脅かし、まさに大会MVPにふさわしい活躍振りだった。
一方、ファーストキルを取られ、数の上では劣勢に立たされながらも崩れず、チーム力で勝利を掴んだSZ.Absoluteもまさに日本代表にふさわしく、アジア大会「eXTREMESLAND」でのさらなる活躍が期待されるところだ。

優勝インタビューでリーダーのLaz選手は、アジア大会の目標を「優勝」とし、「中国チームは非常に強いが、今のSZ.Absoluteも凄く強いので期待していいと思う」と控えめながらも自信を覗かせていた。
「eXTREMESLAND」は、中国上海において10月19日から22日の日程で開催される。
サードウェーブデジノスによる配信も行なわれる予定なので、ぜひ応援しよう。



■SZ.Absoluteメディア合同インタビュー
表彰式の後、メディアの囲み取材が行なわれたので、その模様をお届けしたい。

――常勝チームとして優勝を期待され、そして実際に優勝を手にすることができたわけですが、今の感想を聞かせて下さい。

Sakura選手:結果だけで言えば、嬉しいです。
急にヘルプで入ったので、色々不安もあったんですけど、みんなでカバーし合って、最終的に優勝することができて、試合が終わったときホッとしました。

Laz選手:これで10連勝になるんですけど、1試合1試合、凄く接戦が多くて、これ以上ミスをしたら負けてしまう試合ばかりで、そういう中で勝てて良かったです。

――1ゲーム目は、11ゲーム連取されるという非常に悪い形で負けてしまいましたが、チーム内で何が起こっていたんですか?
Laz選手:焦りでしょうか。
普段より格段にミスが出て、そのミスからどんどん崩れて行ってしまったんだと思います。

――2ゲーム目からどのように切り替えましたか?
Laz選手:1ゲーム目負けて士気も下がっていたので、2ゲーム目からはいつも通りいこうと話し、それに仲間が付いてきてくれた感じです。

――2ゲーム目の途中でスクリプトの使用が疑われましたが、その対象は誰だったんですか?
Laz選手:俺です。

――疑われたとき、どのように思いましたか?
Laz選手:対象となったスクリプトは色んな人が使っているもので、最初から使っても問題がないということがわかっていたので。

――では、どのようにして緊張の糸を切らさないようにしましたか?
Laz選手:試合が始まったらすぐ集中しただけで、特に緊張の糸を切らさないようにしようとは考えませんでした。

――3ゲーム目は息詰まる熱戦が繰り広げられましたが、どのような作戦で行きましたか?
Laz選手:いつも通りです。

――本大会の戦い振りを自己評価をするとどんな感じですか?
Laz選手:僕は普段通りできたかなと思います。

Sakura選手:僕は久しぶりに「CSGO」を触ったので色々不安があったんですけど、優勝できて良かったですし、全力は尽くせたかなと思っています。

barce選手:変わらない感じです(笑)
poem選手:最初緊張したんですけど、2マップ目、3マップ目で気持ちを切り替えて戦えたのでベストは尽くせたかなと思います。

crow選手:僕はオフライン大会は初めてではなくて、何回か経験があるんですけど、特別緊張もすることなく、いつも通り戦えたかなと思います。

――これから上海でアジア大会に出場するわけですが、どのあたりを目標に置いてますか?
Laz選手:目標はもちろん優勝です。
ただ、アジアには強いチームがいくつもあって、そのアジアのチームと何回も練習ができているわけではないのですが、先ほども言いましたが、SZ.Absoluteはかなり強いので行けるんじゃないかなと思っています。

――意識している国や地域、チームはありますか?
Laz選手:アジアの中では中国が強いので、そこに勝てるように頑張りたいです。

――逆に言うと、中国以外の国や地域のチームには勝てますか?
Laz選手:そうですね。
Pingが不利な状況でも接戦に持ち込めたりするので、オフラインで同じ環境で戦うことができれば勝てるんじゃないかと思います。

――中国チームと戦う上でキーとなる選手は誰だと思いますか?
Laz選手:5人とも凄く重要なので、誰か1人というのは難しいですね。
全員です。

――150万円という非常に高額の賞金を手に入れましたが、使い道を教えて下さい。

Sakura選手:優勝したことを親に連絡したら、妹の学費に使わせてくれと(笑)。

Laz選手:貯金します。

barce選手:「CSGO」に使います。

poem選手:親への返済にあてます(笑)
crow選手:僕も特に考えていないんで、貯金です。

――GALLERIA GAMEMASTER CUPに対する感想は何かありますか?
Laz選手:大会を開催してくれることは、ありがたいという言葉以外見つからないぐらい感謝しています。
もちろん、続けていただけると凄く嬉しいです。
「CSGO」の発展にも繋がりますし。

barce選手/poem選手:ありがとうございます!
crow選手:オフライン大会を開催してくれることはモチベーションも上がるしありがたいんですけど、大会前に説明があったと思うんですけど、もし優勝して中学生や高校生が学校を休んでいくのは理解が得られないのではないかというお話ですが、eスポーツに年齢は関係ないはずで、もし次回があるとすれば年齢の規制はしてほしくないです。

Sakura選手:これだけ大きな会場、たくさんのPCを用意して大会を開催してくれて、メディアさんもたくさん来てくれて感謝しています。
ありがとうございます。

――応援してくれたファンに向けてメッセージと、これからの抱負について一言お願いします。

Laz選手:あまりアスリートが言うような月並みなことは言いたくないんですけど、応援してくれるのは本当にありがたく思いますし、これからもよろしくお願いします。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る