2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

『とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』2018年2月15日発売決定

 【19//2017】

『とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』2018年2月15日発売決定 


2017年9月19日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが、国内のプレイステーションビジネスにおける販売戦略発表会“2017 PlayStation Press Conference in Japan”を開催。
その中で、セガゲームスのPS Vita/PS4用ソフト『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』の発売日が、2018年2月15日に決定したことが明らかになった。

同作は、対戦型バトルアクションゲーム『電脳戦機バーチャロン』シリーズと、鎌池和馬氏の小説『とある魔術の禁書目録』シリーズのコラボレーションタイトル。
『電脳戦機バーチャロン』シリーズとしては15年ぶりの完全新作となる。

※画像は配信映像をキャプチャーしたものです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「A列車で行こう」がPS VRで登場!

 【19//2017】

 「A列車で行こう」がPS VRで登場!


2017 PlayStation Press Conference in Japanにて、PlayStation VR用シミュレーションゲーム「A列車で行こう Exp.」の映像が公開された。


本作は「A列車で行こう」シリーズ最新作となる作品で、「VR鉄道模型モード」を搭載し鉄道模型の世界をVRで再現する。
公開された映像ではZゲージ、Nゲージ、HOゲージ、Oゲージと4種類の縮尺の鉄道模型を使用して楽しめることが明かされている。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<モンスターハンター>新作「ワールド」来年1月26日に発売

 【19//2017】

<モンスターハンター>新作「ワールド」来年1月26日に発売


「モンスターハンター」シリーズは、プレーヤー同士が協力して巨大なモンスターを狩猟するアクションゲーム。
2004年に第1作がPS2向けタイトルとして発売され、07年のPSP向けタイトル「モンスターハンターポータブル2nd」でブレーク。
「2ndG」「3rd」とさらにユーザーを増やしたが、その後対応ハードをニンテンドー3DSに変えて人気を博した。
その後、ソニーのハードではオンラインゲーム版の「モンスターハンターフロンティアオンライン」のサービスが行われているが、“本家”がソニーハードで発売されるのは7年ぶりとなる。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧

 【19//2017】

発売日をチェック! 今週発売されるゲームソフト一覧 


2017年9月18日(月)~2017年9月24日(日)発売予定のゲームソフトをまとめて紹介。
すぐに発売されるタイトルばかりなので、気になるものがあったらさっそく遊んでみよう!
※表示価格は税抜価格/税込価格です。
2017年9月18日(月)~2017年9月24日(日)発売予定のゲームソフト
プレイステーション Vita
9月21日『ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚』<アイディアファクトリー> 6300円/6804円
9月21日『ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚』(限定版)<アイディアファクトリー> 8300円/8964円
9月21日『ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚』(ダウンロード版)<アイディアファクトリー> 5800円/6264円
9月21日『ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚』(ツインパック)<アイディアファクトリー> 10600円/11448円
アイディアファクトリーの乙女ゲームブランド“オトメイト”の女性向け恋愛アドベンチャーゲーム。
前作『ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚』のハッピーエンド以降の物語を描く。
晴れて恋人どうしとなり、甘い日常を過ごす主人公と攻略対象が、情念の宿る本“稀モノ”が端緒となる新たな事件に巻き込まれる。

9月21日『超次元アクション ネプテューヌU』(CHセレクション)<コンパイルハート> 3800円/4104円
9月21日『超次元アクション ネプテューヌU』(CHセレクション・ダウンロード版)<コンパイルハート> 3500円/3780円
2014年に発売された『超次元アクション ネプテューヌU』がお求めやすい価格になって登場。
同作は、女神と女神候補生たちがさまざまなクエストに挑んでいく、シリーズ初の3Dアクション。
敵の攻撃を受けると衣装が破ける“コスチュームブレイク”や変身の要素は健在。

9月21日『超女神信仰 ノワール 激神ブラックハート』(CHセレクション)<コンパイルハート> 3800円/4104円
9月21日『超女神信仰 ノワール 激神ブラックハート』(CHセレクション・ダウンロード版)<コンパイルハート> 3500円/3780円
2014年に発売された『超女神信仰 ノワール 激神ブラックハート』がお求めやすい価格になって登場。
同作は『超次元ゲイム ネプテューヌ』シリーズのスピンオフ作品。
主人公の女神ノワールが、バラバラになった世界を救うため、仲間たちと絆を深め、敵と戦っていく。

9月21日『魔壊神トリリオン』(CHセレクション)<コンパイルハート> 3800円/4104円
9月21日『魔壊神トリリオン』(CHセレクション・ダウンロード版)<コンパイルハート> 3500円/3780円
2015年に発売された『魔壊神トリリオン』がお求めやすい価格になって登場。
同作は、“魔壊神”を倒すため、大魔王の後継者候補のヒロインたちを育成していくRPG。
バトルでHPがゼロになったキャラは、その命と引き換えに特殊技を発動する“死に様スキル”システムを採用。

9月21日『帝國カレイド -革命の輪舞曲-』<dramatic create> 6900円/7452円
9月21日『帝國カレイド -革命の輪舞曲-』(ダウンロード版)<dramatic create> 5900円/6372円
配信中のスマホ版の移植作。
世間知らずの純粋な主人公が、帝國の華やかな中央都市の光と闇に触れていく、ドラマティックな恋物語が展開。
新規の追加エピソードが満載。

Nintendo Switch
9月19日『NBA 2K18』<2K> 7000円/7560円
バスケットボールゲーム『NBA』シリーズ最新作。
オンラインマルチで、 “ネイバーフッド”と呼ばれる街(オープンワールド)にプレイヤーが集まり、主人公の育成をしながら、バスケットボールにまつわるさまざまな遊びを楽しむ新モード“ネイバーフッド”などが追加された。

9月21日『ドラゴンクエストXオールインワンパッケージ』<スクウェア・エニックス> 4800円/5184円
9月21日『ドラゴンクエストXオールインワンパッケージ』(ダウンロード版)<スクウェア・エニックス> 4800円/5184円
Nintendo Switch版『ドラゴンクエストX目覚めし五つの種族 オンライン』、追加パッケージ『ドラゴンクエストX眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』、『ドラゴンクエストXいにしえの竜の伝承 オンライン』がひとつになったオールインワンパッケージ。
購入特典としてゲーム内アイテム“元気玉”10個と“ふくびき券”30個の付属。

9月22日『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』<ポケモン> 5980円/6458円
9月22日『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』(ダウンロード版)<ポケモン> 5980円/6458円
1対1の対戦アクションゲーム『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』のNintendo Switch版。
新たなキャラクターとして“ジュナイパー”が追加されているほか、Nintendo Switchの特徴を活かして、本体が1台あれば、Joy-Conを友達と分け合って、いつでもどこでも気軽に楽しむことができる。

プレイステーション4
9月19日『NBA 2K18』<2K> 7000円/7560円
9月19日『NBA 2K18』(ダウンロード版)<2K> 6300円/6804円
9月19日『NBA 2K18 レジェンド エディション』(ダウンロード版)<2K> 8910円/9622円
9月19日『NBA 2K18 レジェンド エディション ゴールド』(ダウンロード版)<2K> 13410円/14482円

9月21日『マーベル VS. カプコン:インフィニット スタンダード・エディション』<カプコン> 6990円/7549円
9月21日『マーベル VS. カプコン:インフィニット スタンダード・エディション』(ダウンロード版)<カプコン> 6472円/6990円
9月21日『マーベル VS. カプコン:インフィニット デラックス・エディション』(ダウンロード版)<カプコン> 9250円/9990円
究極の存在“ウルトロンΣ(シグマ)”の野望を阻止するため、マーベルとカプコンのヒーローたちが2on2のバトルを展開。
シンプルな操作でド派手なアクションを堪能できる。

9月21日『パタポン』<ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア> 1800円/1944円
9月21日『パタポン』(ダウンロード版)<ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア> 1800円/1944円
PSPで発売され、独特な音楽や操作性で人気を博した『パタポン』がPS4で登場。
プレイヤーは4つのタイコをリズムよくたたいて、“パタポン”を指揮していく。
リズムに合わせて、飛んだり、跳ねたり、行進したり……小さいけれど、元気いっぱいの“パタポン”たちといっしょに冒険しよう。

9月21日『PROJECT CARS 2(プロジェクトカーズ2)』<バンダイナムコエンターテインメント> 7200円/7776円
9月21日『PROJECT CARS 2(プロジェクトカーズ2)』(ダウンロード版)<バンダイナムコエンターテインメント> 6480円/6998円(10月19日からは7200円/7776円)
9月21日『PROJECT CARS 2(プロジェクトカーズ2)』 デラックスエディション(ダウンロード版)<バンダイナムコエンターテインメント> 9720円/10497円
実物の設計図に基づいて制作され、挙動までも再現したクルマを操り、テクニカルなコースをドライブする、リアルなレースゲーム。
ツーリングカーなど180種類以上を収録。

プレイステーション3
9月19日『NBA 2K18』<2K> 5800円/6264円
9月19日『NBA 2K18』(ダウンロード版)<2K> 5220円/5637円

Xbox One
9月19日『NBA 2K18』<2K> 7000円/7560円
9月19日『NBA 2K18』(ダウンロード版)<2K> 6300円/6804円
9月19日『NBA 2K18 レジェンド エディション』(ダウンロード版)<2K> 8980円/9698円
9月19日『NBA 2K18 レジェンド エディション ゴールド』(ダウンロード版)<2K> 13480円/14558円

2017年9月11日(月)~2017年9月17日(日)配信予定のダウンロード専用ゲームソフト
ニンテンドーe ショップ
9月21日『ぺんぎんくんギラギラWARS』(Switch)<シティコネクション>1666円/1800円
9月21日『DEEMO』(Switch)<フライハイワークス>2777円/3000円
Xbox Live
9月19日『NBA 2K18』(Xbox 360)<2K> 5400円/5832円
9月21日『マーベル VS. カプコン:インフィニット スタンダードエディション』(Xbox One)<カプコン> 6481円/7000円
9月21日『マーベル VS. カプコン:インフィニット デラックス・エディション』(Xbox One)<カプコン> 9259円/10000円

2017年9月25日(月)~2017年10月1日(日)発売予定のゲームソフト
Newニンテンドー3DS
9月28日『ファイアーエムブレム無双』<コーエーテクモゲームス> 6800円/7344円
9月28日『ファイアーエムブレム無双』(ダウンロード版)<コーエーテクモゲームス> 6800円/7344円
9月28日『ファイアーエムブレム無双 プレミアムBOX』<コーエーテクモゲームス> 9800円/10584円
※『ファイアーエムブレム無双』は、Newニンテンドー3DS専用です。
ニンテンドー3DS/3DS LLでは遊ぶことができません。
プレイステーション Vita
9月28日『忍び、恋うつつ -甘蜜花絵巻-』<アイディアファクトリー> 6300円/6804円
9月28日『忍び、恋うつつ -甘蜜花絵巻-』(限定版)<アイディアファクトリー> 8300円/8964円
9月28日『忍び、恋うつつ -甘蜜花絵巻-』(ダウンロード版)<アイディアファクトリー> 5800円/6264円
9月28日『忍び、恋うつつ -甘蜜花絵巻-』(ツインパック)<アイディアファクトリー> 10600円/11448円
9月28日『ハイリゲンシュタットの歌』<eXtend> 5800円/6264円
9月28日『ハイリゲンシュタットの歌』(限定版)<eXtend> 7800円/8424円
9月28日『ハイリゲンシュタットの歌』(ダウンロード版)<eXtend> 5048円/5452円
9月28日『ノラと皇女と野良猫ハート』(TVアニメ同梱通常版)<HARUKAZE> 6980円/7538円
9月28日『ノラと皇女と野良猫ハート』(TVアニメ同梱プレミアム版)<HARUKAZE> 9800円/10584円
9月28日『ノラと皇女と野良猫ハート』(ダウンロード版)<HARUKAZE> 5600円/6048円
Nintendo Switch
9月28日『ファイアーエムブレム無双』<コーエーテクモゲームス> 7800円/8424円
9月28日『ファイアーエムブレム無双』(ダウンロード版)<コーエーテクモゲームス> 7800円/8424円
9月28日『ファイアーエムブレム無双 プレミアムBOX』<コーエーテクモゲームス> 10800円/11664円
9月28日『FIFA 18』<エレクトロニック・アーツ> 価格未定
プレイステーション4
9月26日『FIFA 18 アイコンエディション』<エレクトロニック・アーツ> 11800円/12744円
9月26日『FIFA 18 ロナウドエディション』<エレクトロニック・アーツ> 9800円/10584円
9月28日『MotoGP 17』<インターグロー> 7980円/8618円
9月28日『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』<コンパイルハート> 7200円/7776円
9月28日『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』(限定版)<コンパイルハート> 9200円/9936円
9月28日『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』(ダウンロード版)<コンパイルハート> 6400円/6912円
9月28日『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』<ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア> 4900円/5292円
9月28日『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』(ダウンロード版)<ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア> 4900円/5292円
9月28日『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』<日本一ソフトウェア> 6980円/7538円
9月28日『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』(限定版)<日本一ソフトウェア> 8980円/9698円
9月28日『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』(ダウンロード版)<日本一ソフトウェア>6980円/7538円
9月28日『英雄伝説 閃の軌跡III』<日本ファルコム>7800円/8424円
9月28日『英雄伝説 閃の軌跡III』(ダウンロード版)<日本ファルコム> 6667円/7200円
9月28日『英雄伝説 閃の軌跡III 初回限定KISEKI BOX』<日本ファルコム> 9200円/9936円
9月29日『FIFA 18』<エレクトロニック・アーツ> 7800円/8424円
プレイステーション3
9月29日『FIFA 18』<エレクトロニック・アーツ> 7800円/8424円
9月29日『FIFA 18』(ダウンロード版)<エレクトロニック・アーツ> 7800円/8424円
Xbox One
9月26日『FIFA 18 アイコンエディション』<エレクトロニック・アーツ> 11800円/12744円
9月26日『FIFA 18 アイコンエディション』(ダウンロード版)<エレクトロニック・アーツ> 11800円/12744円
9月26日『FIFA 18 ロナウドエディション』<エレクトロニック・アーツ> 9800円/10584円
9月26日『FIFA 18 ロナウドエディション』(ダウンロード版)<エレクトロニック・アーツ> 9800円/10584円
9月29日『FIFA 18』<エレクトロニック・アーツ> 7800円/8424円
9月29日『FIFA 18』(ダウンロード版)<エレクトロニック・アーツ> 7800円/8424円
9月29日『Forza Motorsport 7 アルティメット エディション』<日本マイクロソフト> 10900円/11772円
9月29日『Forza Motorsport 7 アルティメット エディション』(ダウンロード版)<日本マイクロソフト> 10463円/11300円


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ドラゴンズクラウン」が完全版となってPS4で登場!

 【19//2017】

「ドラゴンズクラウン」が完全版となってPS4で登場!


PlayStation Press Conferenceにて、繊細で美しいグラフィックが特徴のベルトスクロールアクション「ドラゴンズクラウン」が、PS4向けに完全版となって登場することが明らかになった。


非常に美しかったグラフィックは4K画質へさらに進化し、物語を飾る全曲を生オーケストラで完全新録。
さらにPS4xPS3xVitaとのクロスプレイを実現し、ゲームマスターボイスを自由に選べるようになったことに加えて英語版ボイスも完全収録する。
ゲーム自体もバージョンアップを重ねて磨き上げられたものが収録されるようで、まさに決定版と呼ぶのに相応しい内容になりそうだ。
発売日は2018年1月25日。
価格はパッケージ版が7980円(税別)、DL版が7389円(税別)。
また、「ヴァニラウェア描き下ろし豪華トレジャーアートBOX」「オーケストラアルバム(CD3枚組」「DLCセット(デジタルアートコレクションのDLコードも同梱)」などが付属する、豪華ロイヤルパッケージの発売も予定されている。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『アイドルマスター ステラステージ』がPS4向けに2017年12月21日、オンステージ!

 【19//2017】

『アイドルマスター ステラステージ』がPS4向けに2017年12月21日、オンステージ! 


2017年9月19日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアが、国内のプレイステーションビジネスにおける販売戦略発表会“2017 PlayStation Press Conference in Japan”を開催。
その中で、バンダイナムコエンターテインメントより、プレイステーション4用ソフト『アイドルマスター ステラステージ』が2017年12月21日に発売されることが明らかになった。
本作のジャンルは“アイドル育成ライブゲーム”。
その他、詳細は9月19日22時から配信されるニコニコ生放送“ステラチャンネル”で発表される予定。

※画像は配信映像をキャプチャーしたものです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「Forza Motorsport 7」ファーストインプレッション

 【19//2017】

「Forza Motorsport 7」ファーストインプレッション


コンソールゲームでは史上初となるネイティブ4K/60fps/HDRに対応したレースゲーム「Forza Motorsport 7」がいよいよ10月3日に発売される。
「Forza」シリーズ恒例のアルティメットエディションによる早期アクセスは今回も実施され、コアな「Forza」ファンは9月29日から、Xbox OneもしくはWindows PCで走り出すはずだ。


去る9月5日、オーストラリアシドニーにおいてXboxの最新タイトルを集めた「Xbox Showcase」が実施された。
アジア中からゲームメディアが集められ、半日掛けてたっぷり最新タイトルが楽しめるという贅沢なメディア限定体験会。
そこで目玉となったのが「Forza Motorsport 7」だ。

今回の体験会が、E3やgamescomでの試遊と大きく違っていたのは、ゲームショウ向けに制作された専用のビルドではなく、ほぼ製品版相当のビルドをプレイできたことだ。
もちろん日本語入り。
筆者が記憶している限り、「Forza」シリーズは情報規制がとりわけ厳しく、発売前に製品版がプレイできたことはない。
それが今回プレイする事ができたのだ。
しかも、4K/60fpsでのキャプチャも行なうことができ、発売前に製品版の映像を公開することも許可された。
異例尽くしだが、逆に言えばそれだけ自信があるということだろう。

それならばということで、今回筆者は、「Forza Motorsport 7」のプレイに試遊時間の大半を割くことにした。
与えられた1時間だけでは物足りず、オーストラリアメディアの時間帯にもこっそり参加して走り続けた。
4K/60fpsの動画も最初のトライでは、ビットレートが高すぎて20分で200GBのデータサイズになってしまったため、再度撮り直して100GB相当に抑えたり、徹底的に与えられたチャンスを活かしてみた。
その結果をファーストインプレッションとしてお届けしたいと思う。

下記に掲載しているのが、その4K/60fps映像だが、記事を読む前に見ても、読んでから見てもどちらでも構わない。
25分にわたって試遊の模様を丸々撮っているので、飛ばしながら視聴するのがオススメだ。
念のため繰り返すが“4K/60fps”映像なので、それなりの環境で見ないとコマ落ちが発生するので注意したい。

■大きく変わった序盤の流れ。
チュートリアルで多様性がアピール
さて、「Forza」シリーズは良い意味でも悪い意味でもストイックなレーシングゲームで、純粋にレースを楽しみたいレースゲームファンにはそのシンプルさが心地よいのだが、そうではない人びとにとっては圧倒的なとっつきにくさになっていた。

「Forza 7」では、Xbox One Xのショウケースとして、あるいは4K/60fps世代の最初のレーシングゲームとして、そのとっつきにくさを解消すべく、序盤の流れを大きく変えている。
具体的には、丁寧なチュートリアルモードが加わっている。
E3で公開された3種類のレースから選択してプレイできるビルドがベースになっており、製品版ではE3版と違って3種類から選択する画面はなくなり、順番にすべて走行していく。
具体的には、まずは今作のカバーカーであるポルシェ911 GT2RSでドバイサーキットを走り、次にmugelloサーキットによるトラックレース、そして最後にNISSAN GT-Rで雨天の鈴鹿サーキットに挑む。

いずれも1周のみで、ようやくクルマの特性やコースコンディションがわかって、これからアクセルを踏み込んでいくかというところで終わってしまう。
ゆっくり通しでプレイして15分ぐらいだろうか。
この3レースは強制走行で、スキップしたりすることはできない。
何故出来ないかというと、実はこの間に、4Kデータのインストールを行なっているからだ。

この3レースでは、カーカルチャーにまつわるストーリーが語られるほか、レース中もアクセル、ブレーキ、ハンドリング、リワインド、視点変更などのガイドが表示され、まったくの初心者でも少しずつ操作を覚えながら走り方を覚えていくことができる。

ちなみに鈴鹿サーキットでの雨天レースでは、最初は大雨からスタートし、途中で雨が止み、1周する頃には見事な夕焼けが望めるという流れは、E3バージョンと同じで、ビジュアルの多様性のデモンストレーションとしても機能しているという印象だ。

■4Kの衝撃!コクピットビューの圧倒的な高精細感を堪能せよ
今回プレイしたのは4Kバージョンで、TVの都合で、HDRとHDRではない2バージョンをプレイした。
今回掲載している動画は、非HDRバージョンだ。
両方プレイし、両モニターを見比べていたが、私の感度が鈍いのかもしれないが、ほとんど違いが分からなかった。
昨年のHDR対応初期の頃は、非対応だとグラデーションで表示されていてその違いがクッキリ分かったが、「Forza 7」は両方綺麗だ。
少なくともHDR対応のためだけにモニターを買い換える必要はないと感じた。

一方、ハッキリ違いを感じたのは、4K対応だ。
とりわけコクピットビューの感動が凄い。
まるで実車に乗っているように隅々までクッキリ見渡せるし、これまでは解像度の限界でにじんだり潰れたりしていたメーターパネルの表示が実車そのままのクッキリ感で描写されている。
アナログメーターは針の動きでだいたい理解できても、デジタルメーターの場合、潰れ方によってはよく情報が読み取れないこともあったが、もうそういうことはない。
筆者のみならず、「Forza」ファンはコックピットビューでプレイする人が多いと思うが、この進化はひとつの大きなポイントだと思う。

またバックミラーの描写もかなり綺麗になっている。
「Forza」シリーズのみならず、レースゲームのバックミラーの描写は実はかなりアバウトで、「Forza 6」においても解像度は低く、フレームレートも落ちていた。
この点は「Forza」シリーズは1080p/60fpsにこだわってきたために悪目立ちしていたポイントだった。
この点「Forza 7」では4K対応に合わせてかなり引き上げられ、コックピットビューのフォトリアルな雰囲気の醸成に一役買っている。
その自然さは、4K映像を見て貰えれば分かると思う。

ちなみに、Xbox One Xなら、フルHDでプレイしても内部的には4Kで処理されるためこうした精細感はある程度カバーされるようだ。
今回、Xbox OneでのフルHDバージョンではプレイできていないのでどのような映像になるのかコメントできないが、Xbox Oneで処理できる水準ということを踏まえると基本的には「Forza 6」相当のグラフィックスになると考えて良いだろう。
「Forza 7」をプレイするなら、やはりXbox One Xもしくは、Xbox One X以上のグラフィックスが可能なPC版でプレイする事を強くオススメしておきたい。

■細かいバンプを掴む油断できないドライビングモデル。
雨天レースも改良
ドライビングモデルについては、基本的には「Forza 6」からあまり変わっていない、と書きたいところだが、E3レポートでも触れたように、細かいバンプをタイヤが捉えるようになり、その影響をかなり受ける。
4K映像を見て貰えればわかるが、ドバイサーキットのポルシェ911 GT2RSでは、常に車体全体が小刻みに揺れ、ボンネットが上下し、バックミラーがカタカタ揺れているのがわかるはずだ。
ドライビングもその影響で若干走りにくくなっており、「Forza 6」より簡単に走れない印象があった。
これに比べると以前の「Forza」は真っ平らな湖面を走っているような感じで、おもしろみがない。
「Forza 7」の走りに慣れたら、それ以前の「Forza」は退屈してしまうと思う。

また、「Forza 6」の目玉として導入された雨天コース、それに付随してのハイドロプレーニング現象も、さらにリアルになっている。
画面やフロントガラスに降り注ぐ雨の表現や、激しい水しぶき、水たまりの照り返しといった悪条件にもかかわらず、4K/60fpsを確保しているのはさすがという感じで、先述したようにリアルタイムに天候が変わり、それによってドライビングも変わっていく。
コンディションに応じて攻め方を変えていかないとなかなかレースには勝てず、リアルな感じがあってとても楽しい。

ハイドロプレーニング現象については、前作ほど露骨に引っ張られる感じはなく、わかりやすい水たまり表現もなくなったが、特に雨天の間は、全面的にコースが濡れ、絶えず水しぶきが発生し、先述したバンプの存在もあるため、常に繊細な走りが要求される。
4K映像でも、よくわからないところで足を取られまくり、よたよた運転をしているのが分かると思う。
好天のレースより数倍疲れる感じで、その分格別におもしろい。
雨天レースは、「Forza 7」においても大きな醍醐味になっている。

■史上最多の700種を揃える「Forza 7」。
多様性のあるチャンピオンシップが魅力
今回プレイできたモードは、シングルプレイキャンペーンのみで、マルチプレイをはじめその他のモードはマスクされていた。
マルチプレイは、通常のオンラインマルチプレイや画面分割によるマルチプレイに加えて、本格的なeスポーツモードとなるリーグも用意される。
これは発売後しばらくしてからスタートする見込みで、もちろん日本からも参加できる。

今回はシングルプレイを紹介するが、シングルプレイにおいて中核となるゲームモードは、「Forzaドライバーズカップ」だ。
6つのディビジョンからなり、それぞれ10以上のチャンピオンシップで構成されている。

ちなみに、今作よりローカライズは英語音声、日本語字幕となるため、お馴染みの女性ナレーターによる柔らかい解説がなくなっているのは残念だが、音声部分は字幕表示、メニュー周りはしっかり日本語化されており、プレイにはまったく支障がない。

今回「Forza 7」でアピールされているポイントは、クルマの多様性だ。
プラットフォームがXbox 360からXbox Oneに進化した際、「Forza 4」では500種類以上あったクルマが、「Forza 5」で200まで減った。
「Forza 6」で460まで持ち直し、DLCで600まで増やし、ようやく「Forza 4」を追い抜いた。
Xbox One世代の「Forza」は車種の少なさがウィークポイントになっていたが、「Forza 7」は初のXbox One X世代のシリーズながら、最初から700種のクルマをカバーしており、シリーズ史上最多を誇る。

チュートリアルでわざわざトラックレースのようなマイナーレースにチャレンジさせるのもその多様性をアピールするためで、最初のシーカーチャンピオンシップでも6種類から自由に選択できる。
ホットハッチ(スポーツコンパクト)から、スーパーカー、マッスルカー、ATV(バギー)、オープンホイールまでなかなか個性的なラインナップが揃っており、最初から目移りするようなワクワク感がある。

筆者はスーパーカーレース「Rise of The Supercar」からチャレンジした。
クラスはいきなりSからで、シリーズのファンとしては、低いクラスからはじめて、徐々にクラスを挙げていくという立ち上がりの重さが解消されているのはありがたい。
別の回ではホットハッチ、あるいはバギーを選択したが、どれを選ぶかによってまったくレースが変わってくるのが楽しい。

もっとも、スーパーカーのようなクラスの高いクルマは運転が難しいので、ビギナーにはお勧めしない。
レースゲームに不慣れな人は、クラスの低いクルマが揃うホットハッチやATVあたりから始めてゲームに慣れながら少しずつクラスを挙げていくスタイルがオススメだ。

■存在感を増すMOD。
“プライズパック”を引いてクルマやパーツをゲットする方式に
各チャンピオンシップにおいて、存在感を増しているのがMODであり、プライズパックだ。
MODは、「Forza 6」から導入された拡張要素で、クルマの性能を底上げする「クルー」、車体が重くなる等の縛りを設けることで報酬がアップする「デア」、グリッドポジションが上がったり、ライバルカーがゴーストカーになるなどの特別な効果をもたらす「ブースト」の3種類があり、最大3つまで組み込んでレースに参加できた。
ストイックな「Forza」において、初といっていいゲーム的要素であり、プレーヤーは貯めたクレジットを使ってMODパックを買い、ガチャのような感覚で当たり外れを楽しみながら、厳しいチャンピオンシップに挑んだわけだ。

これが「Forza 7」では、MODパックがプライズパックとなり、より大きな存在になっている。
「Forza 6」のMODは、若干目立たない存在でオプション的な扱いだったが、「Forza 7」では、MODも、プライズパックもトップメニューに表示されるようになり、誰もが目にする存在になっている。

MODパックとプライズパックの違いは、MODパックが、まさにMODだけが手に入れられたのに対し、プライズパックはMODをはじめ、「Forza 7」の新要素であるドライバーギア、そしてクルマまで手に入れられる。
当然レアリティが存在し、当たりを引けばレアなクルマやドライバーギアまで手に入れられるというわけだ。
その一方で、「Forza 6」での一攫千金要素だったプライズスピンはなくなり、その要素はプライズパックに統合された形となっている。

プライズパックも様々な種類があり、MODだけ、ドライバーギアだけ、全種類の3パターンがあり、出現するレアリティの上限によって価格が変わっている。
購入はゲーム内のクレジットのみで、ゲーム内で完結するのがいいところだ。
「Forza 7」ではチャンピオンシップを戦いながら、クレジットを貯めてプライズパックを引き、徐々にMODやギアを整え、有利な条件でチャンピオンシップを勝ち抜いていく、というスタイルのゲームになりそうだ。

先述したように今回シングルプレイ以外は未実装でまだプレイできなかったため、その他の要素についてはレビューで改めてお伝えするつもりだ。




Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Telltale『Minecraft: Story Mode』シーズン2が日本語吹替で配信決定

 【19//2017】

Telltale『Minecraft: Story Mode』シーズン2が日本語吹替で配信決定


ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、「2017 PlayStation Press Conference in Japan」にて、Telltale Games開発のアドベンチャーゲーム『Minecraft: Story Mode - A Telltale Games Series』シーズン2を国内向けに発表しました。
日本語吹替音声が収録されており、2017年10月より配信予定とのことです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ぷよクエ」×「名探偵コナン」、コラボイベント“名探偵コナン祭り”開催

 【19//2017】

「ぷよクエ」×「名探偵コナン」、コラボイベント“名探偵コナン祭り”開催


セガゲームスは、Android/iOS用パズルRPG「ぷよぷよ!!クエスト(以下ぷよクエ)」において、人気アニメ「名探偵コナン」とコラボレーションしたイベント“名探偵コナン祭り”を9月20日より開催する。


“名探偵コナン祭り”では、“コラボストーリークエスト「みどりぷよ誘拐事件」”が開催されるほか、“限定キャラクター「江戸川コナン」が入手できる限定クエスト“名探偵コナン祭り”や、「名探偵コナン」コラボを盛り上げる“謎解きクエスト”が初登場する。

また、背景やボタンなどホーム画面も「名探偵コナン」バージョンに生まれ変わり、オリジナルBGMも登場するなど、「ぷよクエ」ゲーム内が「名探偵コナン」色となる。

今回は、コラボレーションを記念したテレビCMが9月19日より放映開始されたほか、“名探偵コナンコラボガチャ”や“コラボ開催記念RTキャンペーン”も9月19日よりスタートした。

■“名探偵コナンコラボガチャ”開催
開催期間:9月19日15時~9月26日23時59分まで
コラボ収集イベント“名探偵コナン祭り”に先駆けて、“名探偵コナンコラボガチャ”がスタートした。

今回のコラボガチャでは、主人公「江戸川コナン」の真の姿「工藤新一」の幼なじみ「毛利蘭」をはじめ、「灰原哀」、「少年探偵団」、「怪盗キッド」が登場する。
さらに、「名探偵コナン」バージョンの特別な衣装の「サタンver.コナン」、「ラフィーナver.蘭」、「すけとうだらver.犯人」も、コラボのためのオリジナル描き下ろしとなって登場する。

各コラボキャラクターは、9月20日から始まる“名探偵コナン祭り”で活躍できる特攻カードとなり、特攻カードを“名探偵コナン祭り”でデッキに入れると「コナンマーク」のドロップ数がアップする。
また、特攻カードには“名探偵コナン祭り”のクエストとチャンスボスでのみ、カードの攻撃力が3倍になる効果も付与されている。

□★6 怪盗キッド

効果:3ターンの間、青属性カードのみどの色の連鎖でも攻撃するようになる。
(通常攻撃のみ)

効果:青属性カードの攻撃力を2倍、体力を2.3倍にし、味方ターン終了時に、このカードが自分の攻撃力×2の追加全体攻撃が可能となる。
ただし、バトルでの追撃は1体のみとなる。

効果:
(1)クエストクリア時にドロップ数が増加。
「甘口+10、中辛+20、辛口+30、激辛+60、超激辛+120」
(2)このカードの全ステータスが3倍になる。

発動条件:デッキにセットして“名探偵コナン祭り”に挑戦。

□★6 少年探偵団

効果:1ターンの間、このカードとこのカードに隣接するカードの攻撃力が3倍になる。

効果:味方全体の全能力値が1.4倍になる。

効果:
(1)クエストクリア時にドロップ数が増加
「甘口+3、中辛+6、辛口+9、激辛+18、超激辛+36」
(2)このカードの全ステータスが3倍になる。

発動条件:デッキにセットして“名探偵コナン祭り”に挑戦。

□★6 毛利蘭

効果:3ターンの間、このカードの通常攻撃を「こうげき」×2の3連続攻撃にする。

効果:黄属性カードの攻撃力を2.6倍にし、体力MAXの時に限り、黄属性カードの体力が0になっても「体力1」で踏みとどまる。

効果:
(1)クエストクリア時にドロップ数が増加
「甘口+6、中辛+12、辛口+18、激辛+36、超激辛+72」
(2)このカードの全ステータスが3倍になる。

発動条件:デッキにセットして“名探偵コナン祭り”に挑戦。

□★6 灰原哀

効果:1ターンの間、味方の紫属性カードの攻撃力と回復力が3倍になる。

効果:味方全体の紫属性の体力が2倍、回復力が2.8倍になる。

効果:
(1)クエストクリア時にドロップ数が増加
「甘口+6、中辛+12、辛口+18、激辛+36、超激辛+72」
(2)このカードの全ステータスが3倍になる。

発動条件:デッキにセットして“名探偵コナン祭り”に挑戦。

□★6 サタンver.コナン

効果:ターンを経過せずにだいれんさチャンスを発生させる。

効果:味方緑属性カードの攻撃力を2倍、体力を1.8倍にし、3連鎖以上で味方緑属性カードの攻撃力がさらに1.4倍になる。

効果:
(1)クエストクリア時にドロップ数が増加
「甘口+4、中辛+8、辛口+12、激辛+24、超激辛+48」
(2)このカードの全ステータスが3倍になる。

発動条件:デッキにセットして“名探偵コナン祭り”に挑戦。

□★6 ラフィーナver.蘭

効果:相手単体を中心に「こうげき」×16の属性爆裂ダメージを与える。

効果:体力MAXの黄属性カードの攻撃力が3.6倍になる。

効果:
(1)クエストクリア時にドロップ数が増加
「甘口+4、中辛+8、辛口+12、激辛+24、超激辛+48」
(2)このカードの全ステータスが3倍になる。

発動条件:デッキにセットして“名探偵コナン祭り”に挑戦。

□★6 すけとうだらver.犯人

効果:相手単体に、このカードの最大体力×15のタフネス貫通属性攻撃。

効果:のこり1体になると攻撃力が5倍になる。

効果:
(1)クエストクリア時にドロップ数が増加。
「甘口+3、中辛+6、辛口+9、激辛+18、超激辛+36」
(2)このカードの全ステータスが3倍になる。

発動条件:デッキにセットして“名探偵コナン祭り”に挑戦。

■「コラボ開催記念RTキャンペーン」開催
開催期間:9月19日~9月26日23時59分まで
「名探偵コナン」とのコラボを記念して“コラボ開催記念RTキャンペーン”がスタートした。
「ぷよクエ」公式ツイッター(@puyoquest)にて、抽選で28名に「名探偵コナン」コラボ限定デザインのモバイルバッテリーや、「名探偵コナン」グッズをプレゼントする。

キャンペーンには、「ぷよぷよ!!クエスト」公式ツイッターアカウントをフォローし、該当のキャンペーンツイートをリツイートすることで参加できる。

□商品参考:セガプラザ/グッズ紹介サイトのページ:
http://segaplaza.jp/info/page.php?data_id=124

■コラボレーションイベント“名探偵コナン祭り”開催□名探偵コナン “ストーリークエスト「みどりぷよ誘拐事件」”開催
開催期間:9月20日15時~9月26日23時59分まで
ストーリーは全7話で構成され、1話クリアするごとに進行していく。
今回のストーリークエストは、毎日0時にストーリーが更新され、各ストーリーの初回クリアで特別報酬を受け取ることができる。


突如プワープアイランドに現れた「謎の扉」。
時を同じくして、プワープじゅうの「みどりぷよ」が一斉に姿を消してしまうという事件が起こる。
アルルたちはその謎を解くべく、扉の中へと向かった……!
□限定クエスト「名探偵コナン祭り」開催
開催期間:9月20日15時~9月26日23時59分まで
限定クエスト“名探偵コナン祭り”で収集アイテム「コナンマーク」を100個集めると、イベント限定カード「★4江戸川コナン」が手に入り、また、一定数「コナンマーク」を集めると「江戸川コナン」のへんしん素材「★5探偵団バッジ」や「★6キック力増強シューズ」がプレゼントされる。

また、イベント期間中は、確率でイベントチャンスボスが出現し、見事倒すことができれば「コナンマーク」を大量獲得することができる。
なお、“名探偵コナンコラボガチャ”で入手できる特攻キャラをイベントチャンスボスへ連れて行くと、ドロップ効果が「3倍」になる。

「江戸川コナン」とは、見た目は子どもだが、正体は高校生探偵の工藤新一。
正体を隠して「江戸川コナン」と名乗っている。
自分の体を取り戻すため、黒ずくめの組織を追う。

効果:敵単体に「こうげき」×10の属性攻撃を与え、さらに相手を3ターン「麻痺」状態にする。

効果:味方全体の攻撃力と体力を1.8倍にし、クエスト開始時の1ターン目のみネクストぷよをすべてあかぷよにする。

効果:(1)クエストクリア時にドロップ数が増加。
「甘口+6、中辛+12、辛口+18、激辛+36、超激辛+72」
(2)このカードの全ステータスが3倍になる。
※発動条件は、デッキにセットして“名探偵コナン祭り”に挑戦すること。

■謎解きクエスト開催
開催期間:9月20日15時~9月26日23時59分まで
“名探偵コナン祭り”で集めた「コナンマーク」の数に応じて“謎解きクエスト”が開放される。

“謎解きクエスト”では、5つのメモに書かれた謎に挑戦でき、5つの謎を解くと「暗号」が手に入り、この暗号を使うと特別な“暗号クエスト”が開放される。

この“暗号クエスト”をクリアすると“名探偵コナン祭り”の特効効果を持った「★5犯人」が必ずドロップする。

©SEGA
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

DMM版「PUBG」、早期アクセス&プレリリースを開始!

 【19//2017】

DMM版「PUBG」、早期アクセス&プレリリースを開始!


DMM GAMESは、BLUEHOLEと協業しているPC用バトルロイヤル「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)」を9月21日にリリースする。
価格は3,000円(税込)で、9月19日15時よりプレリリース期間としてプレイが可能になっている。


「PUBG」は4km四方の孤島に最大100人のプレーヤーが降り立ち、時間の経過とともに狭まるバトルフィールドの中で生き残りをかけて争うゲーム。
武器や装備は現地調達、初心者も熟練者も等しく勝敗の決まる瞬間があることや、壮大な「隠れ鬼」のようなゲーム性から多大な人気を誇っている。

本作では500円(税込)で30日遊べる定額版もリリースされる。
プレリリース期間中に定額版を購入した場合、期間を延長して最大32日プレイできる。

Published by ©DMM GAMES.©2017 BLUEHOLE INC.All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る