2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

『ぺんぎんくんギラギラWARS』開発者インタビュー 1985年生まれのぺんぎんくんに訪れた“いつかギラギラする日”とは?

 【03//2017】

『ぺんぎんくんギラギラWARS』開発者インタビュー 1985年生まれのぺんぎんくんに訪れた“いつかギラギラする日”とは?


文・取材:戸塚伎一
『ぺんぎんくんギラギラWARS』開発者を直撃
2017年9月21日に発売された、Nintendo Switch用配信専用タイトル『ぺんぎんくんギラギラWARS』。
同作は、1985年リリースのUPLのアーケードゲーム『ぺんぎんくんWARS』を大胆にアレンジした、本格的な対戦アクションゲームとして、好評を博している。
今回は、その開発メーカーであるシティコネクションの主要スタッフに、誕生秘話をうかがってみた。

参加者
松下寿志氏(写真・左)
『ぺんぎんくんギラギラWARS』ディレクター
上田祐美氏(写真・中央)
同 アートディレクター、グラフィッカー
山邊颯太氏(写真・右)
同 シナリオ、音楽ディレクション(一部)

おなじみのあのレトロゲームが蘇った理由
──まずはやはり、なぜいま『ペンギンくんウォーズ』のリメイクなのか、という点を伺わなければなりません。

シティコネクション代表・吉川延宏氏ここに関してはまず私からご説明させていただきます。
シティコネクションはジャレコIPを持っている会社ですが、ジャレコそのものではないので、「ジャレコ以外のIPもやっていきます」という姿勢を、コンソールの2作目から出す方針でいました。
“遊びの基本となる部分がしっかりして、そこを大幅に改変しなくてもリメイクできるタイトル”をいくつか候補に挙げ、その中から『ぺんぎんくんWARS』(以下、『ぺんぎんくん』)を選びました。

上田『ぺんぎんくん』は、対戦プレイに向いているルールがNintendo Switchにぴったりだったのが、最終的な決め手になりましたね。
アーケード版はひとりプレイ専用ですが、ファミコンなどの移植版では対戦プレイに対応しているし、液晶パネルを上に向けて机の上に置いた本体を対面で見ながら、おすそわけプレイするのに合っているなと。


──ああ、Nintendo Switch本体を『ぺんぎんくん』のコートに見立てたわけですね!そこから具体的に、どのような方向性でアレンジしていくかという段階になるわけですね。

松下大きく、ふた通りの課題がありました。
ひとつはゲームルール。
“10個のボールを相手陣地に送り込んだら勝ち”のままでいいのか?という点です。

──それは、『ぺんぎんくん』のゲーム性が未完成だから……ということですか?
松下というよりも、“いま風”ではなかったんです。
当初は『ぺんぎんくん』と同じルールにしてテストプレイしていたのですが、「何か物足りない」という感想が、スタッフのあいだで芽生えてきまして。


上田ある日アーケード版をやっていて気づいたのが、ボールを10個送り込んだときよりも、“相手にボールを当てたとき”のほうが楽しい、ということでした。

松下だったら、当てたときのご褒美がほしいねとなって、試しに体力ゲージをつけてみたら、これがおもしろかったんです。

──ホッケー寄りの決着ルールをドッジボール寄りに調整してみたと?
松下『ぺんぎんくん』の競技名は“ドジボール”ですが、本作は“ギラボール”なんです。
似ているけど、ちょっと違うという(笑)。

上田“10個送り込んだときは相手に大ダメージ”という仕組みを入れることで、原作のルールを意味のあるものとして残せました。


ギラギラ→デコトラ→ロードムービー!?
松下もうひとつの問題は、デザイン面でした。
卓球台みたいなコートでボールを投げあうってままにはいかないだろうということで、世界観のコンセプト決めには時間を費やしました。

山邊開発の最初の1ヵ月は、ずっとそれでしたね。
“ギラギラ”ってキーワードが出てくるまでが、長かったんです。

──そのギラギラは、どこからやってきたのでしょうか?
上田『ぺんぎんくん』のリメイクを、昨今の昭和カルチャーのリバイバルブームと関連づけて連想していったら、“デコトラ(※1970年代に流行した、電飾や派手なペイントでなどで飾り立てたトラックの俗称)”という単語が浮かんだんです。
デコトラ……ギラギラ……語感もいいしいけるんじゃないの?ということで決まりました(笑)。

松下“ギラギラ”という言葉でイメージされるものは人によっても違うので、それを整えていくのがひと仕事でした。
上田の頭の中にあるイメージをアウトプットして、それを共有していく作業ですね。

上田当初はふつうのリメイクでいく予定だったのですが、会議が盛り上がって、ギラギラというキーワードが出て、シングルプレイモードもボリュームたっぷりに作ろうとなったとき、対戦相手の動物たちにもキャラクター性を持たせたほうがいいんじゃないかとなりました。
そこから、オリジナルのようなトーナメント戦での進行ではなく、“ペンギンがトラックで旅をして、各地の動物と出会う”という形式がいいねという話になりました。

──ここでまたデコトラにつながるんですね(笑)。

上田ジャレコが昔出したデコトラのゲーム(2008年発売のWii用ソフト『全国デコトラ祭り』)の模型を見ながら、「これは荷台が(競技の)ステージになるな」といった感じでイメージを広げていきました。

山邊キーワードが決まった時点で、音楽の方向性の話もしていましたね。

吉川アーケード版、ファミコン版で使われていたBGMは、オリジナルのファンも意識しているはずなので、絶対に外せないものとして、その原曲のルーツにある、サンバやファンクといったジャンルのリズム感は生かしたいと思っていました。
また、コンセプトである“ギラギラ”というイメージを国内外のターゲット層に伝えるため、海外で流行っているリバイバルを中心としたクラブサウンドを参考にメインやメニュー関係のジャンルを統一させていきました。

──オリジナル版BGMの原曲は、石川秀美のアイドルソング“もっと接近しましょ”で、『ぺんぎんくんギラギラWARS』にはそのアレンジバージョンもばっちり収録されています。
正直これは、いろんな意味でものすごく大変なことだったのではないでしょうか?
吉川そこは、過去にクラリスディスク(※シティコネクションの音楽レーベル)でどんな曲の許諾も取ってきたという実績がうちの会社にはあるので(笑)。
こういうところに話を通せばスムーズにいくだろうという筋道はわかっていたので、その通りに交渉を進めました。

山邊メインBGM以外は、シングルモードの旅先として訪れるワールドごとに、それぞれ異なるミュージシャンに自由に作ってもらいました。
ゲーム音楽的というよりは、クラブサウンド寄りのモノになりましたね。

松下BGMはコミカルでかわいらしい感じになると思っていたのですが、カッコいい曲揃いだったので驚きました。
音楽によって、プレイ中のエフェクトなど、ビジュアル全般のイメージが整っていった面もあります。

山邊音楽のクオリティーに関しては、弊社タイトル共通のこだわりとして、今後も追求していきたいですね。


eスポーツとして成立する、 絶妙なバランス調整
――キャラクターごとに異なる性能にする、というのは最初からの構想としてあったのでしょうか?
松下基本アクションは大まかに“ダッシュキャラ”、“キャッチキャラ”、“ガードキャラ”の3タイプです。

山邊ガードキャラのナマケモノは最初は弱かったけど、結果的に一番玄人向けのキャラクターになりました。
タイミングよくボタン入力すると、そのままボールを跳ね返せるんです。

――ああ、対戦格闘ゲームでいうところの“ジャストガード”とか、“ブロッキング”みたいな。


松下“ふたりで戦うゲーム=対戦格闘”というイメージがあって、このゲームに合った格ゲー的要素を盛り込んでいきました。
そういう意味では、やっぱり“必殺技”も外せないなと(笑)。

上田最初は各キャラクターにひとつずつだけだったのですが、最終的にはふたつに増やしました。
基本の性能タイプと固有必殺技の組み合わせで、キャラクターごとの特徴がはっきりしましたね。

――こうなると、ゲームバランスのチューニングは『ぺんぎんくん』と別物というのは大前提として、かなり神経を使ったのではありませんか?
松下そこは本当に、最後の最後までやりましたね。
このキャラクターとこのキャラクターの組み合わせだと、こっちが絶対勝てない……という相性差を、かなりまろやかに調整しました。

山邊じつは、『ぺんぎんくん』の“いかに対戦相手にボールを当て続けて身動きをとれなくするか”というセオリーをどうするかについても、相当試行錯誤しました。
それがいいのか、悪いのかという根本の部分から。

――『ぺんぎんくん』は古いゲームで、しかも対CPU戦オンリーなぶん、そこが露骨に出ますよね。

松下相手にやられると「これはいけない」と思うのですが、そうやって自分が勝つと気持ちいいので(笑)、最終的にそれはアリにしました。

山邊たとえやられてたとしても、対戦プレイだったら何とか逃れられるようにはなっているので、理不尽さはだいぶなくなっているんじゃないでしょうか。
あとは、勝敗ルールごとのキャラクターの相性ですね。
とくに、ルールが毎回変わるオンライン対戦では、“このキャラクターでこの動きをしていれば大丈夫”というセオリーは通用しにくくなっています。

――たしかに、“相手の体力を0にしたら勝ち”以外にも、さまざまな決着のつけかたが用意されている点が、本作の“対戦ツール”としての幅を広げていますね。

松下特殊ルールは、スタッフで試してみて「これがおもしろいんじゃないか」というものを揃えたのですが、ぜんため(※今年8月5、6日に岐阜県岐阜市で開催された、ゲームを中心としたエンターテインメントイベント“全国エンタメまつり”)の出展でプレイヤーの反応をじかに見られたのは、よかったですね。

上田真ん中にある大爆弾をボールで押し合って、相手陣地に送ったほうが勝ち、というルールが、とくに人気でした。
パッと見て何をすればいいかわかりやすいみたいで、子どもから大人までゲラゲラ笑いながらやっているのをみて、手応えを感じました。


松下ガチ勢は基本ルールで真剣勝負を、ファミリーやキッズの皆さんは、簡単ですぐに決着がつく特殊ルールを……というように遊んでもらえるといいのかなと。

上田2vs2の4人プレイも、最初のうちはワチャワチャした感じになるけど、やり込んでいくうちに自然と役割分担ができて、かなり本格的な対戦が楽しめるんです。


“末永くやり込める対戦ツール”として
──オンラインマルチプレイの実装は、海外版『そるだむ 開花宣言』で対応させていることもあって、すんなりと?
松下いきそうだったのですが、いくつか山がありましたね。

吉川ロサンゼルスとの対戦プレイなど、いろんなネット環境やデバイスのパターンで試したのですが、毎回結果が違って、苦労しました。
最終的には、自社サーバーを介してもいない、Nintendo Switchタイトルの通信プレイ環境としては最高峰になったのではないかと思います。


――ということは、海外版がリリースされたら世界中のプレイヤーと楽しめるようになるんですね。

吉川現在は日本人どうしのマッチング限定仕様にしていますが、環境としては整えています。

上田オンラインでは、シングルプレイモードで成長させたキャラクターどうしでの対戦がメインになるので、お気に入りのキャラクターをいかに育てるかも楽しみのひとつになってきますね。

山邊最初は一度上げたパラメーターは変えられないようにしていたのですが、それだと気軽に遊べなくなるので、いつでも自由に割り振りできるようにしています。
あと、強さには直接関わらない要素として、シングルプレイモードで獲得したボールのデザイン(スキン)を、手持ちの5個のボールに自由に反映することができます。

上田ボールのデザインは、特定のキャラクターからしか貰えないものも含めて100種類です。
レアなデザインを称号のようにアピールする楽しさも、オンラインならではないかと思います。

――すでにオンライン対戦を満喫しているプレイヤーの皆さんも多いと思われますが、最後にいま一度、『ぺんぎんくんギラギラWARS』のアピールをお願いします。

松下ネット対戦もウリのひとつですけれども、ローカルも気軽に楽しめるようにできています。
LRボタンを使わないので、おすそわけプレイでも無理なく遊べます。
ぜひ友だちや家族とワイワイ言いながら遊んでみてください。


上田見た目や性能面で、お気に入りのキャラクターが絶対いると思います。
それを見つけてやり込むと、また違った世界が開けてきます!
山邊コントローラー前面の4つのボタンにそれぞれアクションがあてはめられているので、押すと何かしら反応があるのは、ゲームとしてわかりやすい設計です。
ルールがわからなくてもすぐ楽しめる内容なので、これからの方も気軽にプレイしてみてください。
あと、音楽はぜひ一度はヘッドフォンで聴いてほしいですね。

吉川これだけボリュームのあるタイトルをこの価格(1800円[税込])で提供してよいものかと悩んだのですが、最終的には大勢の人に楽しんでもらえればと思い、決断しました。
お買い上げいただいた方は、ぜびローカル対戦プレイで布教してください (笑)。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

3goo、Nintendo Switch用レーシングゲームとPS VR対応オフロードレーシングゲームを発売決定

 【03//2017】

3goo、Nintendo Switch用レーシングゲームとPS VR対応オフロードレーシングゲームを発売決定


3gooは、Nintendo Switch用レーシングゲーム「ギア・クラブ アンリミテッド」を12月14日、プレイステーション 4/PlayStation VR用レーシングゲーム「ATV ドリフト&トリックス」を2018年1月に発売する。
価格は「ギア・クラブ アンリミテッド」が4,800円(税別)、「ATV ドリフト&トリックス」が3,980円(税別)。


■Nintendo Switch初のリアルレーシングゲーム
「ギア・クラブアンリミテッド」は、Joy-Conハンドルでの操作にも対応したNintendo Switch初のリアルレーシングゲーム。
世界の自動車メーカーと正式ライセンス提携を行ない、ベンツやマクラーレン、アルファロメオ、日産などの人気マシン80種以上を収録している。

またエンジンやサスペンション、空力のシミュレートに加え「地中海」、「砂漠」、「アルプス」といったバリエーションに富んだレースを楽しめる。
画面分割で最大4人までのレースが楽しめるほか、レースに参加して獲得したポイントを使用すればマシンのチューニングやカスタマイズも可能となっている。

■PS VR対応オフロードレース「ATV ドリフト&トリックス」
「ATV ドリフト&トリックス」では、様々な環境のステージでATV(全地形対応車)を乗り回して走破する激しいレースを楽しめる。
「クイックレース」や「タイムトライアル」などの6つのゲームモードに加え、画面分割で最大2人のオフラインマルチプレイが可能(オンラインでは最大10人)。

PS VRにも対応しており、通常のTV画面では味わえない迫力のあるレースを楽しめる。
ゲームモードは「タイムトライアル」および「ホットトラップ」が対応している。

©2017 Microids. All rights reserved.
©2017 Eden Games. All rights reserved.
©2017 3goo.
ATV Drift & Tricks ©2017 Anuman Interactive SA. Published by Anuman Interactive SA. Developed by Artefacts Studio. Microids is a trademark of Anuman Interactive SA. All rights reserved. Unreal is a trademark or registered trademark of Epic Games, Inc. in the United States of America and elsewhere. Unreal Engine, Copyright 1998-2017, Epic Games, Inc. All rights reserved. Made in Austria. All rights reserved.
©2017 3goo.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PC版「アルカナハート3 LOVEMAX SIXSTARS!!!!!!」が2017年12月に配信決定

 【03//2017】

PC版「アルカナハート3 LOVEMAX SIXSTARS!!!!!!」が2017年12月に配信決定


2D格闘ゲーム「アルカナハート3 LOVEMAX SIXSTARS!!!!!!」がSteamでリリースされる。
これは開発のエクサムがシリーズ10周年企画の一環として、Kickstarterで支援を募っていたプロジェクト(当時のニュース記事はこちら)。
Steamへのパブリッシングは2D格闘ゲームを多数擁するアークシステムワークスが行い、ストアページもすでに公開されている。

「アルカナハート3 LOVE MAX SIX STARS!!!!!!」画像・動画ギャラリー

プロジェクトは32万4639ドルの支援を集めて実現したが、現在もBackerKitからゲームの先行予約販売を行っている。
なお、本編を予約購入すると新プレイアブルキャラクター「サメ娘ちゃん」などを同梱したダウンロードコードが入手できる。
このほかにもKickstarterの支援者特典として用意された限定グッズの予約販売もあり、売上額に応じてコンテンツの追加が行われる。
PC版「アルカナハート3 LOVEMAX SIXSTARS!!!!!!」は2017年12月に配信を予定しており、価格は2980円。
言語は日本語と英語を収録する。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

日本一の頭脳が学生王者を下す! 東大『LoL』サークルが圧倒的な力を見せた“All Campus Series”決勝戦リポート

 【03//2017】

日本一の頭脳が学生王者を下す! 東大『LoL』サークルが圧倒的な力を見せた“All Campus Series”決勝戦リポート


文・取材:バーボン津川
2017年9月30日、Red Bull Studios Tokyoにて、PC用オンライン対戦ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』(以下、LoL)の学生サークル日本一を決定する大会“All Campus Series”の決勝戦が開催された。
その模様をお届けしよう。

“All Campus Series”は、『LoL』の国内学生コミュニティに向けた支援プログラム“LeagueU”の一環として行われ、8月から期間中に勝利数をサークルごとに競う“サークル対抗ポイントバトル”を実施。
そこでトップ16に入ったサークルによって、第2ステージとなるトーナメント戦が行われ、勝ち抜いた2チームが今回の決勝戦へと進出した。

決勝進出サークル
東京LoLサークル(東京大学)
2016年秋に設立したサークルながら、ゲーム内の最高位ランクである“チャレンジャー”に到達したプレイヤーも多数在籍。

東京アニメ・声優専門学校LoLサークル(東京アニメ・声優専門学校)
2017年3月に開催された学生大会“LeagueU Grand Tounament”を優勝し、世界大会に日本代表としての出場も果たしている。

この2チームは第2ステージのトーナメント戦でも激突しており、そのときは大方の予想を覆して東京LoLサークルが勝利。
今回の対戦では、どのような展開になるのか、大きな注目を集めた。

決勝戦は2本先取の形式で進行。
1試合目は、序盤から東京大学LoLサークルがペースをつかみ、ジワジワとチーム全体の獲得ゴールド数の差を広げていった。

試合開始から23分40秒が経過する頃に、東京大学LoLサークルが集団戦を仕掛けるも、東京アニメ・声優専門学校LoLサークルがうまく切り返し、序盤に築いたリードを失ってしまう。

その後は一進一退の攻防が続く緊迫した展開を見せたが、トドメを刺したチームに強力なバフ効果を付与する“バロン・ナッシャー”や“エルダードラゴン”を獲得した東京大学LoLサークルが敵軍のタワーを破壊して、本拠地に接近。
最後は東京大学LoLサークルが押し切り、見事に1本目を制した。

2試合目では、東京大学LoLサークルのuinyan選手が得意チャンピオン(ゲーム内のキャラクター)“モルデカイザー”を選択。
戦闘能力は高いが奇襲には弱いということから、プロシーンでは滅多に見られないピックである。
学生大会ならではの光景に、会場が大きく沸いた。

試合のペースを掌握したのは、このモルデカイザーだった。
uinyan選手の操るモルデカイザーを中心に、序盤からすさまじい勢いで進攻する東京大学LoLサークル。
後がない東京アニメ・声優専門サークルは何とか逆転を狙うも、一方的に攻められ続け、最終的には22分という短時間で東京大学LoLサークルが勝利。

2本連取により、東京大学LoLサークルが、日本一の栄冠を獲得した。
同サークルには、最大300万円相当のサークル旅行を行う権利が授与された。

試合後のインタビューでは、リーダーのshu8選手が「試合中、何度もミスを連発してしまったが、チームの雰囲気がネガティブになることはなかった。
その雰囲気のおかげで、何とか取り返す(逆転)ことができた」と、試合の勝因を語った。

学生サークル対抗大会ながら、非常にハイレベルな試合が行われた本イベント。
いずれはこの場から、『LoL』国内プロリーグ“LJL”で活躍する選手も現れるかもしれない。

“LeagueU”では、頂点を極める大会だけでなく、コミニュティの盛り上がりにも尽力している。
「たかがゲーム」と感じる人もいるかもしれないが、そんな活動の中から発見できるものも、決して少なくないはず。
“LeagueU”の今後のイベントにも、ぜひとも注目したい。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

新規パブリッシャー3gooよりSwitchとPS4向けのレースゲーム2本がアナウンス

 【03//2017】

新規パブリッシャー3gooよりSwitchとPS4向けのレースゲーム2本がアナウンス


新たに家庭用ゲームパブリッシング事業に参入する3gooが、2本のレースゲームの販売をアナウンスした。

「ギア・クラブ アンリミテッド」画像・動画ギャラリー
まずはNintendo Switch向けソフト「ギア・クラブ アンリミテッド」。
こちらはスマートフォン向けに展開している「ギア・クラブ」のパワーアップ版と思われる。
メルセデスベンツ、マクラーレン、ロータス、アルファロメオ、ジャガー、ニッサン、ホンダなど30台以上のライセンスを取得、地中海や砂漠、アルプスといったコースのレースが楽しめる。
画面分割で最大4人でのプレイも可能。
開発は「Test Drive Unlimited」シリーズで知られるEden Games。
「ギア・クラブ アンリミテッド」は2017年12月14日に4800円(税別)で発売予定。
パッケージ版、ダウンロード版ともに価格は変わらない。

もう1本はPS4向けの「ATV ドリフト&トリックス」。
全地形対応車(バギー)を使ったオフロードレースゲームでダートコースをドリフトで攻めたり、トリックを決めたりでき、前世代機の「Pure」を彷彿とさせる。
最大10人のオンラインマルチプレイのほか、PS VRでのプレイにも対応している。
「ATV ドリフト&トリックス」は2018年1月に発売を予定しており、パッケージ版もダウンロード版も価格は3980円(税別)。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「シャドウ・オブ・ウォー」メディアプレビュー、極まったネメシスシステムとエンドゲームの果てにあるもの

 【03//2017】

「シャドウ・オブ・ウォー」メディアプレビュー、極まったネメシスシステムとエンドゲームの果てにあるもの


ワーナー・ブラザースゲームスは10月12日に「シャドウ・オブ・モルドール」の続編である「シャドウ・オブ・ウォー」をPS4、Xbox One、PCに向けて発売する予定だ。
本作は前作同様、トールキンのファンタジー小説「指輪物語」に登場する中つ国のモルドールが舞台。
これまた前作同様、ダークでハードなアクションRPGとなり、開発はモノリス・プロダクションが行っている。

「Middle-earth: Shadow of War」画像・動画ギャラリー

TGS 2017の会期中の9月22日、ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンターテイメントのエバン・ニッケル氏とダニエル・マガフィ氏が実機を使ったマスコミ向けのプレゼンテーションを行った。

プレゼンテーションは砦を攻略する攻城戦をエバン氏がプレイしながら、ダニエル氏が解説するという流れで行われた。
ダニエル氏によると本作はHDR対応の4K解像度で制作されただけでなく、前作のユニークな「ネメシスシステム」をより進化させたことを強調。
登場するオークたちは種族、能力、名前、容姿の組み合わせが無数に存在するため、それぞれのプレイヤーはプレイのたびに独自の体験が可能となる。
砦を攻略する攻城戦の最初はまず仲間のオーク達にプレイヤーの護衛、進軍などの役割を割り振る。
またオークごとに多くのスキルが用意されており、役割とスキルのコンビネーションにより、攻城戦を有利に運ぶことができる。
他方、砦の特徴はその砦を守るオークの種族によって異なるようだ。
この砦の種類によって自軍のオークたちの役割やスキルも考えなければならない。
さらにフィールドを駆け回る騎兵やドラゴンに乗ったユニットも登場。
広い砦の攻略にも役に立つが、ドラゴンの炎は味方のオークたちにも影響をおよぼすため、プレイヤーは慎重に戦況を見極めて侵攻を進める必要がある。

また本作の新しいシステムである「ネメシスフォロワーズ」も解説された。
敵のオークを倒した時に「屈服」「辱め」「殺害」の3つの選択肢からオークの精神を追い込んでいき、自軍の兵士に取り込んでいくというユニークなシステムだ。
しかしプレイヤーのレベルより高いオークはいきなり「屈服」させることはできず、一度「辱め」を選択してレベルをダウンさせる必要がある。
その後に出会った時に「屈服」によって仲間にすることになる。
またオークの保有数は無限だが、砦に侵攻するにはユニット数を制限される。
そのため砦を制圧するたびに適正のあるオークを配備する必要があり、本作は単なるアクションではなく、戦略性の高さにおいてもやりごたえがあるようだ。
実際のプレイでは前作にもしばしばあったが、味方を見殺しにしたり、はたまた攻撃の巻き添えで仲間のオークを殺害することもありうる。
本作ではそのようにして殺された仲間のオークが何らかの方法で生き返った際、プレイヤーに対して恨みを持つことがあるという。
まさに「ネメシス」とでもいうべきシステムだ。
他方、主人公タリオンの動きも前作以上に俊敏性が向上。
タリオンに取り憑いたエルフ「ケレブリンボール」のスキルと合わさると二段ジャンプなどのアクロバットな挙動が可能になった。
さらに本作では装備は使えば使うほどレベルがアップ。
主人公の見た目も変化する。
ステータスの限界に挑戦して装備を鍛えていくといった幅広いプレイが期待できそうだ。

プレゼンテーションの後、本作のプレイアブルデモを触り、エバン・ニッケル氏とダニエル・マガフィ氏にインタビューする機会を得た。
前作と比べると本作の難易度はかなり高くなっており、攻城戦ではしっかりと仲間のオークのビルドや役割を検討する必要がある。
また基本的にオークは指示に従って自動的に目標を攻撃したり、護衛したりするが、タリオンのスキルを利用してインタラクトすることは可能である。
例えば、回復スキルで周りのオークをサポートしたりといった具合だ。
さらにストーリー部分についても踏み込んだことを聞くことができた。
本作のプレゼンテーションでは主に攻城戦での戦闘や新しくなった「ネメシスシステム」が強調されているが、ストーリーもより広大なものになったという。
サイドミッションが複数あり、中でも「シャドウ・オブ・パスト」と呼ばれるミッションでは、小説「ホビット」よりさらに昔の時代を舞台としたミッションでケレブリンボールを操作できる。
また前作にもあったモルドールから出土する数々のアーティファクトには、ゴンドールの歴史に関わるもの、エルフの歴史に関わるものなど原作ファンを喜ばせるものが多数仕込まれている。
そしてクリア後の


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「メモリーズオフ」シリーズの最新作「メモリーズオフ-Innocent Fille-(イノサンフィーユ)」発売決定

 【03//2017】

「メモリーズオフ」シリーズの最新作「メモリーズオフ-Innocent Fille-(イノサンフィーユ)」発売決定


MAGES.は、プレイステーション 4/PlayStation Vita/Windows用恋愛アドベンチャーゲーム「メモリーズオフ -Innocent Fille-(イノサンフィーユ)」を2018年春に発売する。
価格は未定。


本作は、「メモリーズオフ」シリーズの最新作。
第1作目は、1999年9月30日にプレイステーション専用ソフトとして発売され、今作はシリーズ8作目となる。
同作の発売決定に合わせて公式サイトが9月30日より公開された。
なお、本編中国語版の制作も進行中であり、公式サイトは簡体字、繁体字版も用意されている。

同シリーズは、個別に楽めるようにそれぞれ独立した物語になっている。
キーワードは、「切なさ」や「思い出」。
テーマには恋愛のネガティブな面や苦しい心情を内包し、感情の揺れや人間ドラマ的な要素が加えられ、登場するヒロインたちの心の表裏をも描いている。

約7年ぶりの新作となる「メモリーズオフ・シリーズ」を記念して、今作を題材にしたトーク&ラジオドラマが10月2日の毎週月曜日よりFM FUJIにて、「月曜日の夜だから…。
」内のコーナーでスタートする。
放送時間は、21時20分から21時40分の予定。


札幌海陵高校へ通う累は、この場所に居続ける事に限界を感じていた。
「ここではない、どこか遠くへ行きたい」
幼馴染にして親友の莉一の助言もあり、累は「特待生特別国内交換留学制度」通称、トクトク制度への参加を決心し、姉妹校である湘南海陵高校へと一時的に転入編入することになった。

「これは、新しい一歩だ」
冬支度を始めた海辺の街、湘南。
観光名所でもある街の雰囲気や、累の事を全く知らない新しい同級生たちとの学校生活。
なにより、莉一とその妹である柚莉……2人の親友たちとの7年ぶりの再会は、累に癒しを与えてくれた。
だが、柚莉の姿はどうしても「もうひとりの少女」を思い出させ、胸の奥がチクリと痛んだ。

そして、ある日……。
湘南モノレールの窓ごしに、累は“初恋の少女”を目撃する――。

―勇気を出して踏み出した、ささやかな一歩。
それが、それまで普通の明日が訪れていた日常を、壊していく。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ミニスーファミ、発売当日に購入のチャンスがある店舗の情報まとめ

 【03//2017】

ミニスーファミ、発売当日に購入のチャンスがある店舗の情報まとめ


Youtube URL:https://youtu.be/dz6-Igq9_KY
いよいよ10月5日に発売される「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(通称、ミニスーファミ)。
予約開始日に長蛇の列が形成されたり、抽選販売の倍率が非常に高くなっていたりと、入手の難しさも大きな話題になっています。

今回はそんなミニスーファミを、発売当日に買えるチャンスがある店舗を調べてみました。

◆ビックカメラ
ビックカメラグループでは、発売日当日に抽選販売を実施します。
抽選受付時間は午前8時から8時半。
多くの方が集まりそうですが、抽選の整理券を配布するだけなので、列の進み自体は比較的スムーズなのではないでしょうか。

抽選販売の詳細や実施店舗は以下のリンクからご確認ください。

http://www.biccamera.co.jp/shopguide/news/nintendo_classicmini/index.html
◆ソフマップ
ソフマップもビックカメラと同様の抽選を行います。
ただし注意書きに「※ご購入に関しては、ビックカメラグループ全店でお1人様1点とさせていただきますのであらかじめご了承ください。
」とあるため、ソフマップとビックカメラ両方への申し込みはNGのようです。

こちらも詳細は、以下のリンクからご確認ください。

http://www.sofmap.com/tenpo/contents/?id=tp00402&sid=0
◆オムニ7
セブン&アイ・ホールディングスが運営する通販サイト「オムニ7」にも、ミニスーファミの商品ページが掲載されています。
こちらは販売開始日が「2017年10月05日 00:00」となっているため、発売日の朝に並ぶのが難しい方にもチャンスがあります。
激しい競争が予想されますが、どうしても欲しい方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

http://iyec.omni7.jp/detail/4902370537147
今回は、全国区で購入のチャンスがある店舗をまとめてみました。
上記以外にも、近所にゲームショップなどがあれば、当日入荷が無いか問い合わせてみるのも一つの手です。

(C) Nintendo


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る