2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

“キミの日常は、誰かの特別。”キズナアイの参加など、新情報が盛りだくさんのニコニコ超会議2018発表会

 【16//2018】

“キミの日常は、誰かの特別。”キズナアイの参加など、新情報が盛りだくさんのニコニコ超会議2018発表会


文・取材:戸部マミヤ
2018年4月28日、29日に千葉・幕張メッセで開催されるイベント“ニコニコ超会議2018”。
その内容を紹介する発表会が、2月16日にニコファーレにて執り行われた。


発表会は、前回までの“ニコニコ超会議”の様子をまとめたVTRからスタート。
進行役となる夏野剛氏、伴龍一郎氏、奥井晶久氏の(おなじみの)3名がステージに登壇した。

最初に発表されたのはキャッチコピー。
“キミの日常は、誰かの特別”。
当人にとってはあたりまえの趣味や特技が、誰かに特別な感動を与えるかもしれない。
そんな意味が込められた言葉だ。

さらに、ユーザー投票で決定したシンボルマークも公開された。
こちらは集結・交流をイメージしたマークとのこと(作:えりょさん)。

NTTをはじめとする協賛企業が発表されたあとは、1時間におよぶ怒涛の企画発表が続く。
発表順に紹介していこう。
超ボーカロイドエリア
ボーカロイド曲オンリーの音楽エリア。
恒例のノンストップDJブースはもちろん、今回はバンドステージも併設。
また限定グッズの販売や、ユーザーによる即売会“THE VOC@LOiD 超M@STER39”も開催される。

超演奏してみた
”ユーザーが創るステージ”がコンセプトの楽器演奏ステージ。
ユーザー参加の要素が前回よりもパワーアップ。
人気投稿者による演奏レッスン、どんな楽器でも持込みOKの“ニコニコ大合奏”など、さまざまな企画を予定している。

超歌ってみた
ユーザーによる“歌ってみた”ステージ。
特徴的なのは、配信視聴でもその場にいる気分が味わえる“差し入れシステム”。
公式サイトでは、ステージで歌ってほしい合唱曲や、“差し入れ”で送られるバックダンサー&バックコーラスを募集中だ。

超踊ってみた supported by JAL
来場者がみんなで踊る“踊オフ”、ステージパフォーマンス“Live Part”、振り付け師によるコンテスト“超振付け選手権”などが発表された。
“Live Part”と“超振付け選手権”は一般公募が開始している。

向谷実 Produce! 超鉄道
ここでは、仕掛け人である向谷実がVTR出演してブースを紹介。
学生向け企画“あなたは鉄道会社に就職できる?”など、実際の鉄道員を招待してのイベントを実施する。

超料理 supported by カゴメ
料理カテゴリ投稿者による公開生クッキングステージ。
フードコートでは投稿者考案のメニューも販売される。

超ゲームエリア
デジタルからアナログまで、盛りだくさんのゲームが遊べるエリア。
家庭用・アーケード・PCの各種タイトルが試遊出展されるほか、フリーゲーム『被虐のノエル』に登場するカジノが実際に遊べる形で再現されている。

また、日本最大のアナログゲーム即売会“ゲームマーケット”の出張版や、小中学生に大人気の“超まいくらひろば”も前回から引き続き開催。

テクノ法要×向源
ここで舞台が暗転し、僧侶のみなさんが登壇! 彼らが運営するイベント“向源”は、写経、座禅、茶道など、日本の伝統文化を体験できる場を提供している。

そんな“向源”のワークショップが超会議仕様にアレンジされて楽しめるほか、“プロジェクションマッピング×テクノ音楽×お経”の融合というとんでもないステージイベント“テクノ法要”も実施される。

超ホラーハウス『殺戮の天使』
お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏制作の『殺戮の天使』再現お化け屋敷が今回も登場。
長蛇の列を形成する大人気コンテンツだが、今回は事前購入が可能に。
前売り券の詳細はは公式サイトで後日公開されるとのこと。

SCP関連即売会“超収容違反インシデント”
海外発の人気投稿型サイトSCP財団関連グッズや同人誌を販売する即売会。
個性的なブースが揃う超会議の中でも、一段とカオスな空間になりそうだ。
公式サイトにて参加サークルを募集中。

超配信者ステージ
100名以上の配信者によるステージ。
3月17日20時より配信予定の公式番組“『PUBG』配信者杯”にて続報を発表予定とのこと。

キズナアイが超音楽祭に出演決定
ここで、スペシャルゲストとして人気バーチャルYoutuberキズナアイが登壇。
超会議2018への来場を発表した。
今回出演が明らかになったのは“超音楽祭ステージ”で、そのほかの出演ブースは順次発表されていくとのこと。

『東方Project』&超ZUNビール
例年恒例となっているZUN氏&ひろゆき氏セレクトのビールだが、今回はレモンティー味とコーヒー味を予定しているとのこと。

また、『東方Project』最大のオンリー即売会“博麗神社例大祭 超濃縮版”と、“『東方』音楽ステージ”の開催も発表された。

ネコネコちょい会議
ネコ好きによるネコのためのネコ作品展示即売会イベント“東京ねこマーケット”が初出展。
ネコグッズやネコ漫画が大集合する。

超痛車天国
痛車や板単車、痛チャリが集うフォトスペース。
例年、定員を大きく超える痛車オーナーからのエントリーがある大人気イベントなのだそう。
募集は2月15日から。

超物販
Tシャツなどの公式アイテムはもちろん、“○○が作ってみた”と称したコラボクリエイターグッズを販売予定。
今回発表された第1弾クリエイターは画像の通りだ。

超歌舞伎
歌舞伎×niconico×最新技術の融合、“超歌舞伎”。
3回目となる“超歌舞伎2018”のタイトルは、3月13日に開催される第2弾発表会にて発表される。

開催は両日2回の計4回。
なお、千秋楽となる29日第二部のチケットはすでに完売している。

超“狩人”結婚式 supported by ESCRIT
1組限定! 大剣を使ってケーキ入刀など、『モンスターハンター』をテーマにした公開結婚式を提供する。
公式サイトにて募集が開始しているので、『モンハン』ファンのカップルはこの機会にご検討を!

超まるなげひろば
ユーザーに全てを委ねる、なんでもありの“超まるなげひろば”。
超会議2018では過去最大の1.5ホールで開催される。
また、通路も“まるなげストリート”として解放。
1次募集は終了しているが、2月22日より2次募集が開始するので、我こそはと思う方は忘れずにチェックしよう。


中曽根OFF
HALFBYの楽曲『RODEO MACHINE』及び『SCREW THE PLAN』のPVを実写で再現する企画“中曽根OFF”がまたもや開催。
こちらも参加者の募集が開始している。

今回発表された企画は以上。
3月13日に控えている第2回発表会は、今回以上の大ボリュームになるとのこと。
さらなる驚きに期待したい。
ニコニコ超会議2018 開催概要
2018年4月28日(土)10:00~18:00、29日(日)10:00~17:00
niconico
幕張メッセ国際展示場 1~11 ホール、イベントホール
一般入場券:<前売券>1,500 円 <当日券>2,000 円 <2日通し券>2,500 円
優先入場券:<1日券>1,600 円 <2日通し券>2,700 円
団体入場券:<1日券>1,500 円 /人
超歌舞伎指定席付入場券:4,000 円 ※各日 1 部 13:00~ / 2 部 16:00~


スポンサーサイト

Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アークシステムワークス、SWERY氏プロデュース作品「The MISSING」を正式発表

 【16//2018】

アークシステムワークス、SWERY氏プロデュース作品「The MISSING」を正式発表


アークシステムワークスは、米国サンフランシスコにて現地時間の2月15日に開催した米国法人設立プレス向けパーティにおいて、日本のゲームクリエイターSWERY氏がプロデュースする家庭用新作タイトル「The MISSING」を正式発表し、2018年に発売することを明らかにした。

「The MISSING」は、ゲームジャンルすら不明の家庭用ゲーム。
SWERY氏のビデオレターの中で、「タイトルには様々な意味を込めています。
行方不明、迷子、なくしたもの、大切な誰かかも、自分自身の居場所かもしれない。
生きる中で迷子になっていると感じることはありませんか?これはそんなあなた自身に向けた作品です」と語っている。

開発はSWERY氏自身が代表を務めるWhite Owlsが担当し、アークシステムワークスが日本を含むグローバルでのパブリッシャーとなる。
現在キックスターターで資金集めを行なっている「The Good Life」よりも先のリリースになる見込みで、SWERY氏も「自社開発第一弾タイトル」と語っている。

2分半ほどのビデオレターでは、残念ながらゲーム内容への言及はないが、SWERY氏は「長年温めていた企画で、挑戦することが多くて大変。
アークは心が広い、こんな自分に自由に開発させてくれるのだから。
相当ヤバい内容に仕上がっている、想像を超えてみせるのでぜひ期待して待って欲しい」と茶目っ気たっぷりの表情で抱負を語っている。
「D4: DARK Dreams Don't Die」以来、約4年振りの新作に注目したいところだ。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アークシステムワークス、「Happy Birthdays」公式サイトオープン

 【16//2018】

アークシステムワークス、「Happy Birthdays」公式サイトオープン


アークシステムワークスは、Nintendo Switch専用ハコニワ育成シミュレーション「Happy Birthdays(ハッピーバースデイズ)」の公式サイトを公開した。


本作は、土地に生物が誕生する環境を創り出し、どんどん進化・発展させていくシミュレーションゲーム。
どんな生物が誕生し、発展していくかはすべてプレーヤー次第。
古代植物や恐竜はもちろん人類まで、多種多様な生物を自らの手で誕生させていくことができる。

今回は、遊び方やゲームシステムを収録した第1弾PVや、前作「Birthdays the Beginning」からパワーアップした新要素、さらに店舗別の特典情報なども明らかになったので、まとめて紹介したい。


【公式サイト■前作から進化した3つの新要素を紹介
「Happy Birthdays」では、前作「Birthdays the Beginning」でプレーヤーからの要望が多かった3つの要素が進化している。

(1)新要素「ナビゲートシステム」
前作より要望のあったアシスト機能「ナビゲートシステム」が追加される。
「ナビゲートシステム」を使うことで、現在の地形状況において「生み出したいイキモノ」に対して、何が条件に合っていないか、「増やしたいイキモノ」が適した条件になっているかが、一覧でわかるようになる。


(2)新要素「ハッピースター」
「ハッピースター」は、ゲーム内の様々な条件をクリアしていくことで獲得できるアイテム。
ハッピースターを獲得すると、便利なスキルを使用できたり、モニュメントと交換して設置できるようになる。


(3)新イキモノ:新たな3種のドラゴン
今までのイキモノとは別の手段で生まれてくる特殊な超生命体である3種のドラゴンは、「星(ハッピースター)」の力をエネルギーとして使って成長する。
どんな発生条件で誕生するのかはお楽しみに!



■数量限定の店舗別特典を紹介!

©ARC SYSTEM WORKS/TOYBOX lnc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

マイニンテンドーゴールドポイントの受取期限は「発売日から1年間」─『ゼルダの伝説 BotW』や『1-2-Switch』などの期限切れ迫る

 【16//2018】

マイニンテンドーゴールドポイントの受取期限は「発売日から1年間」─『ゼルダの伝説 BotW』や『1-2-Switch』などの期限切れ迫る


マイニンテンドーゴールドポイントの受取期限に関するサポート情報を掲載しました。
『ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルド』や『1-2-Switch』など、Nintendo Switchと同日に発売したパッケージ版ソフトでの受取期限は、ご購入日に関わらず2018年3月3日(土)23:59までです。
https://t.co/SUvgLEoXEt— 任天堂株式会社 (@Nintendo) 2018年2月16日
『ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルド』や『1-2-Switch』といった、2017年3月3日に発売されたタイトルで取得できるマイニンテンドーゴールドポイントの受け取り期限が迫っていると、任天堂が注意喚起を行っています。

任天堂が行っている会員サービス「マイニンテンドー」では、ニンテンドースイッチのゲームソフトやDLCなどを購入したり、指定のゲームを遊んだ会員が、内容に応じてゴールドポイントやプラチナポイントが貯まるサービスが実施されています。
各ポイントの使い道は、これまで指定されたゲーム内アイテムやDLソフトの割引クーポンなどでした。

更に任天堂は、このゴールドポイントを「1ポイント=1円」の割合で、ニンテンドースイッチのeショップにて使用できるようになると先日発表しました。
こちらのサービスは、3月上旬より施行される模様です。

この新たな使い道に備えている方も多いことと思いますが、ゴールドポイントには受取期限があり、「購入日にかかわらず、そのソフト発売日の翌年同日の23時59分まで」とのこと。
そのため、最も早いスイッチソフトの発売日となる2017年3月3日にリリースされた『ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルド』や『1-2-Switch』などのタイトルでもらえるポイントが、ほどなく受取期限を迎える形となります。

各タイトルを購入している方は、今年の3月3日までにゴールドポイントを受け取っておきましょう。
なお、2017年11月23日発売の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 冒険ガイドブック&マップ付き』のポイントも、今年の3月3日を過ぎたら受け取れないのでご注意ください。

その他のタイトルも、発売日から1年が経過するとポイントがもらえなくなるので、3月3日より後に発売されたタイトルのポイントも早めに取得しておきましょう。

■Q
「ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルド」や「1-2-Switch」など、Nintendo Switchと同時に発売されたパッケージ版ソフトのマイニンテンドーゴールドポイントは、いつまで受け取ることができますか?
■A
Nintendo Switchと同時に発売した以下のパッケージ版ソフトのマイニンテンドーゴールドポイントは、ご購入日にかかわらず、2018年3月3日(土)の23時59分まで受け取ることができます。

受け取り期限が2018年3月3日(土) 23時59分までのパッケージ版ソフト
・ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルド(※)
・1-2-Switch(ワンツースイッチ)
・ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch
・いけにえと雪のセツナ
・ぷよぷよ テトリス S
・スーパーボンバーマン R
・信長の野望・創造 with パワーアップキット
・魔界戦記ディスガイア5
※2017年11月23日発売の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 冒険ガイドブック&マップ付き」も含みます。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ペルソナ」シリーズ公式アプリ「PERSONA O.A.」、事前登録受付を開始!

 【16//2018】

「ペルソナ」シリーズ公式アプリ「PERSONA O.A.」、事前登録受付を開始!


アニプレックスは、今春リリースを予定しているAndroid/iOS用「ペルソナ」シリーズ公式サポートアプリ「PERSONA O.A.」の事前登録受付を開始した。


本アプリは「ペルソナ」シリーズ総合アプリとして、「ペルソナ」シリーズの最新情報発信に加え、探索ゲームを進めることでキャラクターたちの描き下ろし会話イベントを楽しめる。
また様々な方法で獲得できる「ペルソナポイント」を使用し、探索ゲームで使用するペルソナの召喚やWebコンテンツのダウンロード、プレゼントやイベントに応募できる。

事前登録キャンペーンでは、事前登録者数に応じて「ペルソナポイント」のほか抽選でTVアニメ「PERSONA 5 the Animation」版戦ポスターや副島成記複製サイン入り色紙がプレゼントされる。

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」、「プラチナ=ザ=トリニティ」など4キャラクターの参戦が決定!

 【16//2018】

「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」、「プラチナ=ザ=トリニティ」など4キャラクターの参戦が決定!


アークシステムワークスは、5月31日に発売予定のプレイステーション 4/Nintendo Switch/PC(Steam)用2D対戦格闘ゲーム「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」に参戦する新キャラクター、およびDLC情報を公開した。


また、本作デラックスエディションの発売が決定。
ゲーム本編に加え、すべてのDLCキャラクターを使用可能になる「All in One パック」が付属する。
価格は7,800円(税込)。

■「プラチナ」など4キャラクターの参戦が決定!
本作プレイアブルキャラクターとして、「BLAZBLUE」より「プラチナ=ザ=トリニティ」、「ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」より「巽完二」、「UNDER NIGHT IN-BIRTH」より「オリエ」、「RWBY」より「ヤン・シャオロン」の参戦が決定した。

今回公開された「ヤン・シャオロン」は無料で入手できるが、「プラチナ」、「巽完二」、「オリエ」は「追加キャラクターセットVol.1」として600円(税込)での販売のほか、早期購入特典としても入手できる。



© ARC SYSTEM WORKS
© ATLUS ©SEGA All rights reserved.
© FRENCH-BREAD
© 2018 Rooster Teeth Productions, LLC.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PC版『メモリーズオフ After Rain』が無料配信―初代&2ndも無料配信中

 【16//2018】

PC版『メモリーズオフ After Rain』が無料配信―初代&2ndも無料配信中


オンラインゲームプラットフォーム「DMM GAMES」にて、KIDの恋愛シミュレーションゲーム『メモリーズオフ After Rain』が無料配信されています。

これは2018年3月29日発売予定のシリーズ最新作『メモリーズオフ -Innocent Fille-』の公開を記念して行われているもので、これまでもシリーズ第一作目と第二作目がセットになった『メモリーズオフ デュエット ~1st&2nd stories~』が無料配信されています。
このキャンペーンは、2018年3月28日23時59分までの期間限定なので、興味のある読者は早速入手してみてはいかがでしょうか。

なお、今後も『想い出にかわる君~メモリーズオフ~』、『メモリーズオフ~それから~』、『メモリーズオフ~それからagain~』、『メモリーズオフ#5 とぎれたフィルム』の無料配信が順次行われる予定です。

テキスト無料配信キャンペーンのスケジュール
2018/2/9(金)開始『メモリーズオフ デュエット ~1st&2nd stories~』
2018/2/15(木)開始『メモリーズオフ After Rain』
2018/2/22(木)開始『想い出にかわる君~メモリーズオフ~』
2018/3/1(木)開始『メモリーズオフ~それから~』
2018/3/8(木)開始『メモリーズオフ~それからagain~』
2018/3/15(木)開始『メモリーズオフ#5 とぎれたフィルム』
2018/3/28(水) 23:59全タイトル終了
『メモリーズオフ デュエット ~1st&2nd stories~』ダウンロードページ:
http://dlsoft.dmm.com/detail/images_0015/
『メモリーズオフ After Rain』ダウンロードページ:
http://dlsoft.dmm.com/detail/images_0016/?i3_ref=search&i3_ord=1


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PC版「ぷよクエ」、事前登録40,000人達成!

 【16//2018】

PC版「ぷよクエ」、事前登録40,000人達成!


セガゲームスは、PC向けゲームプラットフォーム「DMM GAMES」にてサービス予定のパズルRPG「ぷよぷよ!!クエスト(以下、ぷよクエ)」において、事前登録が40,000人を突破したことを発表した。
あわせて、40,000人以降の追加特典を公開した。


PC版「ぷよクエ」の事前登録数40,000人達成によって、これまでの達成特典とともに「好きな★6キャラクター×1」が配布される。
また、これ以降は事前登録数が5,000人を達成するごとに「プレミアムチケット」が1枚プレゼントされる。

配布決定済みの事前登録特典
©SEGA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

角川ゲームス、「GOD WARS 日本神話大戦」ゲーム概要を公開

 【16//2018】

角川ゲームス、「GOD WARS 日本神話大戦」ゲーム概要を公開


角川ゲームスは、プレイステーション 4/PlayStation Vita/Nintendo Switch用タクティクスRPG「GOD WARS 日本神話大戦」のゲーム概要を公開した。
発売日・価格は、ともに未定。


本作は、2017年6月に発売された前作「GOD WARS ~時をこえて~」に、DLCの新シナリオ「黄泉の迷宮」、新プレイアブルキャラクター、総プレイ時間150時間の圧倒的なゲームボリューム、ユーザーからの声に応えた徹底的なプレイアビリティ改善などが加えられたもの。
和の雰囲気が好きなファンから大きな支持を受けている。

■ゲーム概要を紹介□新シナリオ「黄泉の迷宮」を追加
「黄泉の迷宮」は、これまで語られてこなかったカグヤ一行の過去や宿命が明らかになる、本編を超える圧倒的ボリュームの新シナリオ。
本作では、プレーヤーの行動によって物語の結末が分岐するマルチエンディングシステムが実装される。
カグヤとキンタロウの出会いやダークヒーローとなったモモタロウの宿命、オオクニヌシとスサノオ親子の葛藤など、凶悪な敵が待ち受けるダンジョンを見事踏破し、すべての物語を解き明かすことで、三姉妹に託された使命が明かされる“真の結末”を見ることができる。

「黄泉の迷宮」は、本作と同時にDLCとして発売されるため、前作「GOD WARS ~時をこえて~」を持っている人は「黄泉の迷宮」を購入してプレイが可能。
ただし、「黄泉の迷宮」には、一部のプレイアビリティ改善や追加キャラが含まれるが、新キャラクター「オリヒメ」及び「オリヒメ」関連エピソードは含まれないため注意してほしい。

□新プレイアブルキャラクターが登場
前作において、カグヤのライバルとして登場した日向の王子「モモタロウ」とその忠実なお供「イヌ」、「サル」、「キジ」が、本作ではプレイアブルキャラクターとなって登場する。
さらに、本作だけのキャラクターとして、カグヤたちをサポートする巫女の少女「オリヒメ」が新たに追加される。
「オリヒメ」は、瑞穂国に点在する専用クエスト「オリヒメのお願い」をクリアすることで、プレイアブルキャラクターとしてバトルにも参戦可能だ。

前作とは異なる個性を持ったキャラクターたちの参戦によって、ボス戦で威力を発揮する近接型や、移動力に長けた遊軍、敵の能力を一気に弱体化するサポート型など、バトルでの戦略の幅がさらに拡がる。


オリヒメは、人里離れた山奥のやしろを守る幼き巫女。
人懐っこい少女のような外見だが、その正体は千年の時を生きるツルの八百万神。
やしろを訪れたカグヤに、旅の途中で出会った人物や神々の物語を語ってくれる。

オリヒメを演じる声優の芹澤 優さんは、今後開催されるイベントや映像への出演が予定されている。



□総プレイ時間150時間を超えるゲームボリュームと高難易度ステージ
本作は、前作の全てのステージに加えて、新シナリオ「黄泉の迷宮」、2本の追加シナリオ「日向の未来」と「新たなる敵」、そして各マップの“やしろ”で受けられる追加クエスト「オリヒメのおねがい」が収録されているため、すべてのステージを遊び尽くすためには、150時間以上かかる膨大なゲームボリュームとなっている。

□徹底的なプレイアビリティ改善
前作発売後に寄せられたユーザーからの意見に応え、タクティクスRPGを存分に楽しめるよう、プレイアビリティが改善された。
バトルスピードを高速化することで、膨大な数のステージもストレスなく攻略することが可能になっている。

さらに、プレーヤーを待ち受ける超高難易度ステージに挑むために、キャラクターやスキルのレベル上限を開放するだけでなく、出撃人数も従来の6体から8体に増加。
強力なスキルを持ったキャラクターを組み合わせることで、より戦略性の高いバトルを楽しむことができる。


(1)バトルスピードの高速化
(2)ヘルプ機能の実装
(3)バトル最大出撃人数の増加
(4)レベル上限、スキル上限の開放
(5)2周目要素の実装
(6)モモタロウ、イヌ、サル、キジのプレイアブル化
(7)新エピソード実装
(8)マルチエンディングシステム実装
(9)新規楽曲の追加
(10)新エンディングテーマ採用
(11)新キャラクター「オリヒメ」&エピソード追加
©2018 KADOKAWA GAMES


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

CC2代表・松山洋の著書「エンターテインメントという薬」がドラマ化! フジテレビ 「奇跡体験!アンビリバボー」内にて実現

 【16//2018】

CC2代表・松山洋の著書「エンターテインメントという薬」がドラマ化! フジテレビ 「奇跡体験!アンビリバボー」内にて実現


サイバーコネクトツーの代表を務める松山洋氏の著書「エンターテインメントという薬 -光を失う少年にゲームクリエイターが届けたもの-」が、フジテレビの番組「奇跡体験!アンビリバボー」にて取り上げられます。


希望溢れる奇跡の話、科学では解明できない超常現象、思わずぞっとする怪奇現象から 衝撃映像など、予想不可能な出来事に人生を左右された人々の“アンビリバボー”な話を綴る「奇跡体験!アンビリバボー」。
ビートたけしさんがストーリーテラーとなり、毎週様々な物語が飛び出しています。

そんな本番組が、昨年11月に発売された書籍「エンターテインメントという薬」にスポットライトを当てます。
番組内にて、本書の再現ドラマや著者本人出演によるインタビューなどを実施。
放送枠の1時間全てを使い、本書で描かれた内容に様々な角度から迫ります。

「エンターテインメントという薬」を取り上げる本放送の日時は、3月1日の19:57~20:54まで。
松山氏のブログでは、この放送に関してのコメントを掲載しており、オファーを受けた時期や本人役のキャスティングについて語られています。
気になる方は、そちらも合わせてご覧ください。

■<松山洋の「絶望禁止」ブログ 第28回公開!>
URL:https://ameblo.jp/cc2-piroshi/entry-12353088398.html
◆書籍「エンターテインメントという薬 -光を失う少年にゲームクリエイターが届けたもの-」について
2006年12月、PlayStationR2用ソフト『.hack//G.U. Vol.3 歩くような速さで』(発売元:バンダイナムコゲームス(現バンダイナムコエンターテインメント))発売直前に松山に入った1本の電話をきっかけに、ひとりの少年に出会うところから始まります。

その電話は、目の病気のため眼球摘出手術を受ける少年が、『.hack//G.U. Vol.2 君想フ声』の続きを遊びたい、と望んでいることを告げるものでした。
ソフト発売は、手術の9日後。
このままでは間に合わない――!そこで、視力を失う少年のもとへ直接発売前のソフトを届けに行くという、異例の対応をおこないました。

10年前当時のことを振り返るとともに、この対応の裏で多くの関係者が動いてくれたことや少年の半生など、松山自らがこまかに取材し、執筆しました。

■販売価格:1,500円(税抜)
■仕様:A5サイズ/128P
■発売日:2017年11月1日
■発行元:株式会社Gzブレイン
■発売元:株式会社KADOKAWA
■取扱い店舗:全国の書店/Amazon.co.jp /楽天ブックス/Bookwalker.jp(電子書籍版)など
◆寄贈について
「エンターテインメントという薬 -光を失う少年にゲームクリエイターが届けたもの-」は、昨年11月に発売されました。
現在、全国の「がん相談支援センター」への寄贈を進めております。
また、寄贈申込フォームより、寄贈のお申し込みを受け付けております。

本書籍の寄贈をご希望の施設、団体の方は下記専用フォームよりお申込みください。
お申込みの際は、寄贈書籍の設置予定場所や用途などを必ずご入力ください。

■寄贈申込みフォーム
URL:https://goo.gl/forms/X8Eg6uGuQCjF7YGr1

(C)Hiroshi Matsuyama 2017.
(C)2017 Gzbrain Inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。