2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

サードウェーブ、「日本eスポーツリーグ 2018 Winter」の公式ゲーミングPCとして「GALLERIA GAMEMASTER」を提供

 【19//2018】

サードウェーブ、「日本eスポーツリーグ 2018 Winter」の公式ゲーミングPCとして「GALLERIA GAMEMASTER」を提供


サードウェーブは、2月17日より開催されているe-Sportsの全国リーグ「日本eスポーツリーグ(JeSL)2018 Winter」の大会公式ゲーミングPCとして「GALLERIA GAMEMASTER」を提供した。


「JeSL 2018 Winter」はeスポーツコミュニケーションズが開催しているe-Sportsの全国リーグ。
競技種目は「FIFA 18」と「BLAZBLUE CENTRALFICTION」で、チャレンジカップとして「Overwatch」も開催されている。
東京ヴェルディeスポーツやNaturals HOKKAIDOなど5チームが参加しており、2月17日より毎週土曜日、日曜日に開催されている試合はOPENREC.tvにて配信されている。

「GALLERIA GAMEMASTER」は幅広いプレイスタイルを支える最新CPUや、スムーズにプレイ映像を表現するGPUを搭載。
優れた冷却エアフロ―や高速SSDなどで高いパフォーマンスを発揮し、選手たちのゲームシーンを支える。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

“日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門”の応募概要が決定、作品募集のテーマは“うつす”に

 【19//2018】

“日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門”の応募概要が決定、作品募集のテーマは“うつす”に


一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)主催による、“日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門”の本年度の募集テーマと審査ポイントの変更が決定した。
作品募集のテーマは“うつす”で、応募期間は2018年5月1日(火)より6月30日(土)までとなっている。
日本ゲーム大賞は、ゲーム産業の未来を担うアマチュアのクリエイターが制作するオリジナルゲーム作品から、今年の優れた作品を選考・表彰する毎年おなじみの賞。
今年はどんなタイトルが出て来るのか、楽しみだ。


今年の募集テーマについて、アマチュア部門を運営する人材育成部会からのコメントをご紹介する。


今年の募集テーマは、“うつす”です。
かなり多くの意味を含んだ言葉となっており、直接的な用法だけでなく、間接的な作用としても幅広く想像力がかき立てられるテーマとして、今回選出しました。
既存のゲームデザインの中に、ただ単にテーマ要素を追加しただけのものではなく、“うつす”という言葉から発想を得て、より深くより新しいゲーム体験が味わえる作品を見せていただきたいと思います。
皆様の挑戦、お待ちしております。



応募作品は“コンセプト”・“完成度”・“技術力”の3つの評価軸で審査。
これまでの4つの評価基準“コンセプト/完成度/プログラム/グラフィック”から、プログラム、グラフィックやサウンドなども含めた総合的な“技術力”に統合し、“コンセプト”・“完成度”・“技術力”の3つの評価軸で審査する。
○“コンセプト”:ゲームの中核となる部分のアイディア・斬新さを評価する。
(例:ゲームの内容やゲームルールの設定、テーマの反映など)
○“完成度”:作品としての完成度を評価する。
(例:ゲームの作り込み具合やレベル調整、ゲームバランスなど)
○“技術力”:プログラム、グラフィック、サウンドなどの技術的な到達度を評価する。
(例:自作リソースの品質、プログラム表現、エンジンやアセットの活用法など)
応募受付は5月1日(火)6月30日(土)まで。
郵送またはWebで受け付け。
選考は、プレイ映像の視聴による第一次審査、試遊による第二次審査と最終審査を経て、9月22日(土)に予定している“日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門発表授賞式”(場所:東京ゲームショウ 2018 内イベントステージ、会場:千葉県 幕張メッセ)にて、“大賞”、“優秀賞”、“佳作”を発表。
栄えある大賞作品には賞金50万円、優秀賞には賞金5万円を副賞として贈呈する。

“日本ゲーム大賞 2018 アマチュア部門” 応募要項
年齢、性別、国籍、個人、法人、団体を問わずアマチュアの方を対象とします。
※ 但し、日本国内在住者に限ります。
※ 応募作品数の制限はありません。
※ 会社所属、契約、フリーランスなどの勤務・雇用形態に関わらず、ゲーム制作の対価報酬を得られている方につきましては、プロのゲームクリエイターとみなします。

「うつす」
応募に際しては、「うつす」というテーマに即した具体的な表現、手法などを用いて制作された作品を対象とします。
テーマを用いた箇所については、必ず応募時に具体的に記述をお願いします。
今回のテーマをどのように表現しているか、またその完成度合が評価の重要な要素となります。
テーマの表現が希薄である、またはテーマが感じとれない、また予め制作済みの作品に対してあまりに強引にテーマと結びつけたような場合は、評価にネガティブな影響がでる場合がありますので ご注意ください。

(1)パソコン:Windows 10、Windows 7
(2)スマートフォン:Android、iOS
※AR(拡張現実)、VR(仮想現実)を使用する作品も可。
※詳細は日本ゲーム大賞公式ホームページでご確認ください。

2018年5月1日(火)~ 6月30日(土)23:59
※郵送は6月30日消印有効。
Webは6月30日(土)の 23時59分までに応募を完了してください。

大 賞(1作品)トロフィー・副賞:50万円
優秀賞(該当数)トロフィー・副賞:5万円
佳作(該当数)トロフィー
※“個人賞”は、団体作品と遜色ない優秀な作品が毎年最終選考に残る事実を鑑み、本年より統合いたします。


第一次審査……プレイ映像の視聴審査により、2次審査進出作品を決定。
第二次審査……各作品の試遊審査を行い、最終審査進出作品を決定。
最終審査…… 最終審査選出作品全てについて試遊審査。
審査員の協議により受賞作品を決定。

業界誌編集者、クリエイター等で構成
9 月 22 日(土)
場所:“東京ゲームショウ 2018”内イベントステージ会場:千葉県 幕張メッセ


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

優秀作品は「ドラゴンクエストビルダーズ2」に登場!「ビルダー100景コンテスト~ビルダーズ2への道~」開催決定

 【19//2018】

優秀作品は「ドラゴンクエストビルダーズ2」に登場!「ビルダー100景コンテスト~ビルダーズ2への道~」開催決定


スクウェア・エニックスはプレイステーション 4/3/PlayStation Vita/Nintendo Switch用ブロックメイクRPG「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」のコンテスト「ビルダー100景コンテスト~ビルダーズ2への道~」を3月1日より開催する。


本コンテストは「ドラゴンクエストビルダーズ」のフリービルドモードで制作した作品をTwitterで投稿する画像投稿企画。
「ドラゴンクエストビルダーズ2」の世界のどこかに点在するという7種の無人島にありそうな「夢のビルダースポット」をテーマにした作品を募集する。
優れた作品は最新作「ドラゴンクエストビルダーズ2」のゲーム内に登場し、そのビルダーの名前がスタッフロールに刻まれる。

作品はフリービルドモード「知られざる島」のホームエリアで、「自分のビルド石」の範囲で制作されたものが対象。
サイズは24×24×16マス(縦×横×高さ)となっている。
また「ビルダースポット」には、必ず「かんばん」を1つ以上置いて訪れる冒険者へのメッセージを残す必要がある。
なお「なつかしの草原」や「ドット草原」をはじめとした使用不可ブロックも設定されている。

エントリーは3月31日まで。
作品を「みんなに公開」し、Twitterで外観、内観をまとめた「作品のスクリーンショット」、「建物のじゅもん」、ハッシュタグ「#DQBコンテスト」をまとめてツイートすることで完了。
優れた作品を投稿したビルダーには、4月中にTwitterのダイレクトメッセージにて連絡が行なわれる。
なおダイレクトメッセージの受信には「ドラゴンクエスト」シリーズ公式Twitterアカウント(@DQ_PR)のフォローが必須となっている。

本コンテストでは1人につき何回でもエントリーが可能。
エントリーした作品は4月30日までそのままの状態で残しておく必要がある。


© 2016, 2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「勇者のくせにこなまいきだDASH!」、配信開始より3日間で50万DL突破

 【19//2018】

「勇者のくせにこなまいきだDASH!」、配信開始より3日間で50万DL突破


フォワードワークスは、Android/iOS用勇者撃退系パズルRPG「勇者のくせにこなまいきだDASH!(以下、勇こな)」が、2月14日の配信から3日間で50万ダウンロードを突破したと発表した。

50万ダウンロード突破を記念して、2月22日18時から3月1日14時59分の間にゲームにログインしたユーザー全員に「金の魔王石」10個がプレゼントされる。
「金の魔王石」は、ゲーム内でアイテム購入やガチャの利用に使用できるゲーム内通貨。
配布期間中にホーム画面の宝箱をタッチすることでプレゼントボックスから受け取ることができる。

「勇こな」は、PSP用「勇者のくせになまいきだ。
」シリーズのスマホ版。
“勇者が敵で、守るべきは魔王”というシリーズならではの世界観と昔なつかしいドット絵やサウンドといった表現はそのままに、スマートフォンならではの手軽さと中毒性をあわせ持ったパズルRPGとなっている。

プレーヤーは「破壊神」となり、3マッチパズルで“魔物”を召喚。
“勇者”を撃退するべく戦う。
倒した勇者を捕獲して「採掘」で働かせれば、新たな魔物との出会いもある。
魔物を育てて自由に編成し、迫り来る勇者たちを撃退しながら、世界征服を目指していく。

©Sony Interactive Entertainment Inc. ©ForwardWorks Corporation


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

KONAMI、「武装神姫」新作ゲームの制作決定を発表

 【19//2018】

KONAMI、「武装神姫」新作ゲームの制作決定を発表


KONAMIは、「武装神姫」シリーズの新プロジェクトとして「武装神姫」の新作ゲームの制作を開始した。


「武装神姫」シリーズはアクションフィギュアとして2006年に登場。
著名作家によるキャラクターデザインや、ロボットの少女(神姫)と武器・鎧(武装)の組み合わせを自由自在に楽しめる点などが支持され、ゲームやアニメ化をはじめとした様々な展開が行なわれてきた。

「武装神姫」シリーズ新プロジェクトでは、KADOKAWAによるコミカライズなどの出版物やキャラクターグッズなどのメディア展開が予定されている。
さらに、コトブキヤによる可動美少女素体にウェポンやアーマーを装備して楽しむプラモデル「メガミデバイス」シリーズとのコラボレーションプラモデルの発売なども行なわれ「武装神姫」シリーズが多面的に展開される予定。

参加クリエイターは、島田フミカネ氏、BLADE氏、しずまよしのり氏、鷲尾直広氏、駒都えーじ氏、黒銀(DIGS)氏、Ark Performance氏。
今後、そのほかのクリエイターも参加予定で順次公式サイトにて公開される。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ハイスピードで爽快感あるバトルが楽しめる『ドールズオーダー』―ドールとともに勝利をつかめ!

 【19//2018】

ハイスピードで爽快感あるバトルが楽しめる『ドールズオーダー』―ドールとともに勝利をつかめ! 


gumiがおくる、オンラインで2on2の対戦がいつでも楽しめる iOS/Android向けハイスピードアクションゲーム『ドールズオーダー』。
スマホゲームでかつてないほどのスピード感と、3分間の極限のリアルタイムバトルが味わえる本作。
世界観監修/アニメーション監督に「楽園追放」など多数のアニメ作品を送り出してきた水島精二監督、メインテーマには『モンスターハンター』のテーマ曲をてがけた甲田雅人氏をむかえた注目のアプリ『ドールズオーダー』について、先日行われたクローズドβテストを通じて感じた本作の魅力とプレイレポートをお届けします。


進化を続け、技術的特異点に達したAIの「アーサー」が、人類の殲滅を開始する「アーサーの反乱戦争」が勃発。
絶望の淵に立たされた人類を救ったのはアーサーの配下である機械の騎士「ドール-Doll-」の「ランスロット」でした。
そして、ランスロットがアーサーを討ち破り戦争は終結。
世界は荒廃し文明は後退したが人類は生き残り、ランスロットによる新たな統治機構「キャメロット」に世界の裁定は再び委ねられたという世界観です。

プレイヤーはキャメロットに所属する新人マスターとなり、3体のドールとともにアリーナを戦ってレベルをあげていきます。
そして、勝利を重ねていき、上位のマスターである「ラウンズ」を目指していくという物語です。
最初のパートナーは小柄でちょっぴり自信家のユーウェイン。
メインストーリーでは彼女とともに、マスターを持たないはぐれドールたちと戦っていきます。
一方、アリーナでは全国のマスターとリアルタイムバトルが開催。
さらに、友だち同士で戦えるカスタムマッチもあります。

バトルは、3D空間をスピーディに移動しながら、制限時間3分以内に相手を撃破する対戦アクションゲームです。
パーティは3体のドールで編成し、バトルの決着はチームLPが0になったときなので、敵チームのLPが0になるまで相手のドールを倒していきましょう。

基本操作は、画面をスワイプして移動を行い、素早くフリックすると相手の攻撃を回避するステップとなります。
ステップでは自分の行動もキャンセルでき、少し慣れは必要でしたが、タイミングよく相手の攻撃を避けられると爽快感を得られました。
画面右には通常攻撃ボタンがあり、タップして相手にダメージを与えていきます。
連続でタップをするとコンボが発生し、3回連続ヒットすると相手がダウンします。
ただし、通常攻撃の間にステップを挟むと、引き続いて攻撃ができるため、一方的に攻撃し続けることも可能です。
なお、コンボは武器によって異なるアクションなので、自分に合った組み合わせを試してみたいですね。

通常攻撃以外にも、ドールには固有の「アクションアビリティ」が設定されています。
こちらは通常攻撃とは異なり基本的に連続で使用はできません。
しかし、先ほどの通常攻撃の3コンボにつなげて発動もできるので、たとえば通常攻撃とステップ、アクションアビリティを組み合わせれば、格闘ゲームのようにコンボをつなげて相手に大ダメージを与えられます。
見た目は可愛らしい少女たちが出てくるゲームですが、このように対戦部分はしっかりと作り込まれているので、アクション好きのユーザーもやり込める内容になっていました。

他にも、敵にダメージを与えたり、攻撃を受けたりすると、画面右のオーバードライブゲージがたまります。
MAXになったときゲージをタップするとドールは強化され「オーバードライブ状態」に突入。
この状態でもう一度このゲージをタップするととても強力な技である「ドライブバースト」が発動します。
アリーナでお互いのドールが同時にオーバードライブ状態に突入すると、最終決戦感があり熱くならざるを得ませんね。

ハイスピードなバトルのポイントとなるのは、一気に相手との距離を詰める「ブースト」です。
ただし、使いすぎてオーバーヒートしてしまうと、ゲージが回復するまでブーストとステップが使用不可能となります。
ブーストはバトルの要なので、相手との距離の駆け引きつつタイミングを見計らって使っていきたいですね。

ドールは3体まで編成ができるので、いろいろなタイプのドールを集めておけば状況に対応がしやすくなります。
なお、ドールはプラグインを2つまで装備可能。
バトルで獲得したチップを使用すれば、アビリティを解放してドールをさらに強化できます。
カスタマイズできるアビリティには、ステータスが上昇する「ステータスアビリティ」とバトル中に使える「アクションアビリティ」の取得・強化という種類があります。
フローチャート状になっており、上昇するステータスもドールによって異なるため、プレイヤーの戦い方に合わせて上げる能力を考える戦略性がありました。


おなじドールと何度も戦いに出ていると、「親密度」が上昇します。
レベルに応じて、ドールの日常を垣間見られる特別なエピソードが解放されるだけでなく、様々な報酬も得られバトルを有利に進められます。
お気に入りのドールは、積極的にバトルに編成しましょう。
また、手に入れたドールは「鑑賞モード」で360度どこからでも観られます。
細かな部分まで丁寧にデザインされているので、じっくりと愛でたいですね。

以上、スマートフォン向けハイスピードアクションゲーム『ドールズオーダー』の魅力紹介とプレイレポートでした。
配信は2018年春を予定しています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

JAGMO、カヤックからの独立を発表

 【19//2018】

JAGMO、カヤックからの独立を発表


カヤックは、傘下のゲーム音楽プロ交響楽団JAGMOを、レゾナージュに売却することを明らかにした。
変更日は2月28日で、現在3月17日に公演を予定している「UNDERTALE × JAGMO Orchestra Concert」を含め、3月1日以降はレゾナージュによってJAGMOが運営されていくことになる。


カヤックは、2015年3月に、株式会社JAGMOよりJAGMOの全事業を譲り受け、ゲームコミュニティサービス「Lobi」とのシナジーを図りながら、JAGMOの運営を行なってきた。

レゾナージュは、映像ディレクターの田中亮祐氏と、JAGMO現プロデューサーの山本和哉氏が共同で立ち上げた制作会社。
売却金額は未発表。
レゾナージュの設立日は2017年12月18日で、田中氏は代表取締役社長、山本氏は取締役にそれぞれ就任し、山本氏はJAGMOのプロデューサーを継続する。

JAGMOの運営体制については、現時点は現状維持で、JAGMO独自の会員プログラム「パトロネージュプログラム」や定期公演は今後も継続していく方針。
3月以降の公演予定は、レゾナージュより改めて発表される予定。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PC版「SPACE INVADERS EXTREME」配信開始!オリジナルサウンドトラックも配信決定

 【19//2018】

PC版「SPACE INVADERS EXTREME」配信開始!オリジナルサウンドトラックも配信決定


タイトーは、SteamでのPC版「SPACE INVADERS EXTREME」の配信を開始した。
価格は2000円(税込)。
配信開始を記念して2月19日までの1週間限定で、10%オフの1800円(税込)で販売されるようだ。

「SPACE INVADERS EXTREME」画像・動画ギャラリー

「SPACE INVADERS EXTREME」は、2008年に「スペースインベーダー」30周年を記念して制作されたシューティングゲーム。
自機のショット音とBGMとを連動させる「BGM一体型効果音」システムが特徴だ。
ニンテンドーDSやPSPでも展開されていたが、今回リリースとなったPC版ではサウンドやビジュアルがリニューアルされているとのこと。

また、本作のオリジナルサウンドトラック「SPACE INVADERS EXTREME for Steam
ORIGINAL SOUNDTRACK」が3月7日に配信される。
本作のためにリニューアルした楽曲と新曲4曲を含む全14曲が収録されており、アルバムの価格は1500円。
単曲での購入は1曲につき150円。
配信先や収録曲等の詳しい内容は公式ホームページを見てほしい。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ホラーゲーム「WHITEDAY」のセールがバレンタインデーに開始!プレゼントDLCはクリスマス衣装!?

 【19//2018】

ホラーゲーム「WHITEDAY」のセールがバレンタインデーに開始!プレゼントDLCはクリスマス衣装!?


アークシステムワークスは、発売中のPS4「WHITEDAY ~学校という名の迷宮~」のバレンタインセールを開催した。
それと同時に、「クリスマス衣装DLC」およびそれに対応するアップデートパッチVer.01.05の配信も開始した。

「WHITEDAY~学校という名の迷宮~」画像・動画ギャラリー

本作は一人称視点で描かれるホラーゲームで、IGN Japanでは古くさいながらも優れた恐怖演出や癖のあるマルチエンドなどに魅力を感じたレビューや、クリエイターインタビューなどで魅力を紹介してきた。
タイトルは「WHITEDAY」なので「セールはホワイトデーじゃないの?」と疑問を投げかけたくなるところではある。

しかし、今回のセールはバレンタインデーである2018年2月14日からホワイトデーの3月14日までとなっており、本作の物語がホワイトデーの前日に真夜中の学校に忍び込むところから始まるため、ベストなタイミングとも言えるだろう。
バレンタインセールでは、PSNの通常会員は40%オフ、PS Plus会員は50%オフでゲーム本編とすべてのダウンロードコンテンツを購入できるようになる。
さらに混乱を誘うのが「バレンタインデーに配信開始となったクリスマス衣装DLC」だ。
これは劇中に登場する4人のヒロインや主人公などの衣装を、雪のドレスやセクシーサンタなどに変更できるようになるもの。

バレンタインに「WHITEDAY」のクリスマス衣装と、季節感が色々とごった煮状態になっているが、このDLCは2018年3月14日のホワイトデーまでの期間限定で無料配信されるので、本作のユーザーは、ちょっと素敵なバレンタインのプレゼントとしてありがたくダウンロードしよう。
なお、クリスマス衣装DLCは3月15日以降は各キャラクターが200円(税込)で、7種セットは1000円(税込)で有料配信される。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「Sea of Thieves」の開発者、最大クルー人数が4人であることの理由を説明

 【19//2018】

「Sea of Thieves」の開発者、最大クルー人数が4人であることの理由を説明


「Sea of Thieves」の最大クルー人数(最大パーティ人数)は4人になるとのことだ。
リードデザイナーのマイク・チャップマンはIGNに対し、ベータ版で採用されている最大パーティ人数を製品版でも継続することを確認した。
最大人数が4人である理由について彼は、グループにおけるコミュニケーションをレア社が重視しているからだと説明した。
「(ゲーム内で)最大の船は4人用にデザインされています」と、最大人数について聞かれたチャップマンが説明を始めた。
「私たちはフィードバックに目を通していますが、その中にはもちろん、8人用や10人用の船を求める声もあります。
ですがその数にはゲーム内の他のものと同様に、きちんと意味を持たせてあるのです」
「例えば私たち2人が、もう2人の友人と一緒にパブに行ったとしましょう。
私たちは親しい関係を築くことができ、皆と仲良くすることができます。
ですがもし人数が6人であったり8人であった場合、皆は小さいグループを形成するようになり、コミュニケーションを取るのが難しくなります ― 4人というのは、魔法の数字なのです」
しかしながら、このクルーの仕組みの1つに、ベータ版から製品版に移行する際に変更点が加えられるようだ。
ゲーム内の「友達を作る」エモートを利用することにより、1人でも4人用ガレオン船を航行させることができるようになるらしい。
逆に、小型のスループ型帆船を4人で利用することも可能だ ― 戦略として奇襲を採用する際に利用できる、とチャップマンは説明している。
今後もさまざまな変更が加えられる可能性はある。
「もちろん、製品版のローンチ後も私たちはしっかりと監視を続けていきます」とチャップマンは続けた。
「船に関しても、今後変更点を更に加えていくかもしれません」
我々にとって未だ不明瞭な点の1つが、”Legendary Ship”の追加にあたり、パーティがどのように影響を受けるのかという点だ ― ”Legendary Ship”に関しては、IGNのプレビュー記事(英語)で読むことができる。
チャップマンによればこれらの船は「完全に異なるゲームタイプ」とのことだが、友達とプレイするとどうなるのかについては、もう少し待つ必要がありそうだ。
「Sea of Thieves」についてもっと知りたい人は、ゲーム内課金の追加はいつになるかについての記事(英語)を読んで欲しい。
レア社はゲーム内課金について、”物質的な価値ではなく感情的な価値”の付加を目指しているという。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る