2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

おなじみの楽曲から一夜限りのスペシャルコラボまで! 濃密過ぎる3時間!! “科学アドベンチャーライブ2018-SINGULARITY-”リポート

 【30//2018】

おなじみの楽曲から一夜限りのスペシャルコラボまで! 濃密過ぎる3時間!! “科学アドベンチャーライブ2018-SINGULARITY-”リポート


2018年4月30日、東京・中野サンプラザにて、科学アドベンチャーシリーズの楽曲を中心としたライブイベント“科学アドベンチャーライブ2018-SINGULARITY-”が開催された。
本記事では、亜咲花さん、彩音さん、いとうかなこさん、今井麻美さん、佐々木恵梨さん、純情のアフィリア、鈴木このみさん、Zwei、ファンタズム(FES 声:榊原ゆいさん)、えなこさんが出演した同ライブの模様をお届けする。

開演に先駆けて、アマデウス牧瀬紅莉栖(声:今井麻美さん)による影ナレーションが行われ、声出しの練習として「千代丸ニャンニャン」コールを観客と実施し、会場を盛り上げた。
なお、その際には紅莉栖がフェイリス(声:桃井はるこさん)のモノマネをするというレアなひと幕も。

会場が温まったところで、スクリーンに『アノニマス・コード』の中野の街並みが映し出される。
さらに、同作の主人公である高岡歩論(声:千葉翔也さん)が「どうやらまだタイムマシンは落とされていないようだな」と意味深な発言すると、会場にアラート音が鳴り響き、いきなりステージで爆発が発生(スクリーンに映っていた中野サンプラザのような建物には、タイムマシンと思われるものが突き刺さっていた)。

爆発に合わせて、トップバッターを務めるいとうかなこさんが登場すると、今度はスクリーンに『カオスチャイルド』の力士シールが表示され、ライブは幕開けた。
今回のライブタイトルにも含まれている『シンギュラリティ』、そして、アニメ『カオスヘッド』のオープニングテーマ『F.D.D.』を連続で歌い上げ、会場のボルテージを一気に上昇させた。

続いて、鈴木このみさんがギターを演奏していると、そこにZweiのふたりが合流。
そのまま、テレビアニメ『ロボティクス・ノーツ』の前期オープニングテーマ『純情スペクトラ』をコラボで披露。
ステージに残ったZweiは、疾走感溢れる爽やかな楽曲『拡張プレイス』を熱唱し、会場をさらに盛り上げていく。

ここでダル(橋田至 声:関智一さん)の音声が流れ、本邦初公開の楽曲の披露が宣言されると、スクリーンに瀬乃宮あき穂(声:南條愛乃さん)と大徳淳和(声:徳井青空さん)が登場。
『ロボティクス・ノーツ ダッシュ』のプロモーションソング『Tu Ru Tu Ru Dance』が初披露された。
途中からは、神代フラウ(声:名塚佳織さん)とダルも楽曲に参加していた。
さらにステージには、科学アドベンチャー公式コスプレイヤーのえなこさんが瀬乃宮あき穂の姿で登壇し、キュートなダンスで花を添えた。

『ロボティクス・ノーツ ダッシュ』のコーナーは続き、今度は鈴木さんが同作の挿入歌を歌唱していることを発表。
『aNubis』と名付けられた楽曲の作詞作曲は志倉千代丸氏が担当している。
スクリーンに流れた映像や歌詞には、作中アニメの“ガンヴァレル”が登場しており、曲調も「たぎってきた!」と言いたくなるようなアップテンポのアツい楽曲となっていた。

続いて、いとうさんがテレビアニメ『ロボティクス・ノーツ』のエンディングテーマ『トポロジー』を、やさしく歌い上げ、上がりっぱなしだった会場の熱気をクールダウンさせる。

そして、再び『アノニマス・コード』の映像が上映。
オープニングで上映されたものと似ているものの内容が少し変化しており、“アマデウス”といった『シュタインズ・ゲート ゼロ』を連想させるワードも飛び出していたが、詳細は不明。

映像が終わると、純情のアフィリアが『禁断無敵のだーりん(long ver.)』と『La*La*Laラボリューション』を連続で披露。
これまでの楽曲とは雰囲気が異なる、明るくてポップな楽曲を、見事なフォーメーションダンスとともに歌い上げ、観客を魅了した。

つぎに登場したのは、彩音さん。
まずは、PS Vita版『シュタインズ・ゲート 線形拘束のフェノグラム』のオープニングテーマ『邂逅のフェタリテート』を歌唱した。
そして、ゲスト作品として参加が発表されていた『メモリーズオフ』コーナーへ。
シリーズ最終作『メモリーズオフ-Innocent Fille-』のオープニングテーマ『レジリエンス』に続いて、過去作品の楽曲がメドレー形式(『ORANGE』→『After Rain』→『ribbon』→『永遠のメモリーズ』→『ロマンシングストーリー』)で披露されると、大きな歓声が上がった。

亜咲花さんは、デビュー曲でもあるテレビアニメ『オカルティック・ナイン』エンディングテーマ『Open your eyes』を歌い上げた後、『数奇なるファクタ』をZweiとのコラボで披露。
Zweiのふたりにも負けないほどのパワフルなパフォーマンスを魅せた。

ここから、『シュタインズ・ゲート』のコーナーへ突入。
まずは、『LAST GAME』(Zwei)、『ファティマ』(いとうさん)というアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』のエンディングとオープニングを連続で歌唱。
続いての『アマデウス』(いとうさん)では、牧瀬紅莉栖を演じる今井麻美さんとの特別バージョンで披露されると、会場のボルテージは最高潮に! さらに、今井さんは、『シュタインズ・ゲート ゼロ』の世界線に辿り着きそうなタイミングのオカリン(岡部倫太郎)の気持ちになって、今井さん自身が作詞した『Words of GRACE~冬のダリア~』を熱唱。
その後、『GATE OF STEINER』(佐々木さん)、『Hacking to the Gate』(いとうさん)と続き、最後は、『Another Heaven』でいとうさんが力強い歌声が会場に響かせ、『シュタインズ・ゲート』コーナーは締めくくられた。

ライブもいよいよ終盤に。
もうひとつのゲスト作品『ゆるキャン△』のパートでは、亜咲花さんと純情のアフィリアがオープニングテーマ『SHINY DAYS』を観客といっしょに歌い、佐々木さんがアコースティックギターともにエンディングテーマの『ふゆびより』をやさしく歌い上げると、会場は温かい空気に包まれた。

でも、このまま終わらないのが科学アドベンチャーライブ。
ステージにファンタズム(FES 声:榊原ゆいさん)が降臨。
FESは、『密教の首飾り』、『刻司ル十二ノ盟約』、『運命のファルファッラ』の3曲を絶唱し、会場の空気を一変させた。

そんなFESからバトンを受け取った鈴木さんは、テレビアニメ『カオスチャイルド』のエンディングテーマ『カオスシンドローム』で、さらに畳みかける。
そして、最後は科学アドベンチャーシリーズの原点『カオスヘッド』のオープニングテーマ『Find the blue』をいとうさんが、客席で歌い上げライブは終了となった。

しかし、鳴り止まない「アンコール」ではなく、「その目、だれの目」コールに応えて、FESが再びステージに姿を現し、『磔のミサ』を歌い上げる。
そして、出演者よりファンへ順番にメッセージが贈られた後、本当の最後の曲として、ゲーム『シュタインズ・ゲート』のオープニングテーマ『スカイクラッドの観測者』を全員で披露し、ライブは終演を迎えた。


“科学アドベンチャーライブ2018-SINGULARITY-”セットリスト(※敬称略)
シンギュラリティ(いとうかなこ)ゲーム『カオスチャイルド』オープニングテーマ
F.D.D.(いとうかなこ)テレビアニメ『カオスヘッド』オープニングテーマ
純情スペクトラ(Zwei & 鈴木このみ)テレビアニメ『ロボティクス・ノーツ』前期オープニングテーマ
拡張プレイス(Zwei)ゲーム『ロボティクス・ノーツ』オープニングテーマ
Tu Ru Tu Ru Dance(あき穂&淳和&ダル&フラウ feat. えなこ)ゲーム『ロボティクス・ノーツ ダッシュ』プロモーションソング
aNubis(鈴木このみ)ゲーム『ロボティクス・ノーツ ダッシュ』挿入歌
トポロジー(いとうかなこ)テレビアニメ『ロボティクス・ノーツ』エンディングテーマ
禁断無敵のだーりん(long ver.)(純情のアフィリア)PS3版、PSP版『シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん』オープニングテーマ
La*La*Laラボリューション(純情のアフィリア)Xbox 360版『シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん』オープニングテーマ
邂逅のフェタリテート(彩音)PS Vita版『シュタインズ・ゲート 線形拘束のフェノグラム』オープニングテーマ
レジリエンス(彩音)ゲーム『メモリーズオフ-Innocent Fille-』オープニングテーマ
メモリーズオフ メドレー(ORANGE ~ After Rain ~ ribbon ~ 永遠のメモリーズ~ ロマンシングストーリー)(彩音)
Open your eyes(亜咲花)テレビアニメ『オカルティック・ナイン』エンディングテーマ
数奇なるファクタ(Zwei&亜咲花)ゲーム『オカルティック・ナイン』エンディングテーマ
LAST GAME(Zwei)テレビアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』エンディングテーマ
ファティマ(いとうかなこ)テレビアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』オープニングテーマ
アマデウス(いとうかなこ&今井麻美)ゲーム『シュタインズ・ゲート ゼロ』オープニングテーマ
Words of GRACE~冬のダリア~(今井麻美)
GATE OF STEINER(佐々木恵梨)ゲーム『シュタインズ・ゲート ゼロ』エンディングテーマ
Hacking to the Gate(いとうかなこ)テレビアニメ『シュタインズ・ゲート』オープニングテーマ
Another Heaven(いとうかなこ)ゲーム『シュタインズ・ゲート』エンディングテーマ
SHINY DAYS(亜咲花 feat. 純情のアフィリア)テレビアニメ『ゆるキャン△』オープニングテーマ
ふゆびより(佐々木恵梨)テレビアニメ『ゆるキャン△』エンディングテーマ
密教の首飾り(ファンタズム(FES cv.榊原ゆい))ゲーム『カオスヘッド ノア』挿入歌
刻司ル十二ノ盟約(ファンタズム(FES cv.榊原ゆい))テレビアニメ『シュタインズ・ゲート』エンディングテーマ
運命のファルファッラ(ファンタズム(FES cv.榊原ゆい))ゲーム『シュタインズ・ゲート』エンディングテーマ
カオスシンドローム(鈴木このみ)テレビアニメ『カオスチャイルド』エンディングテーマ
Find the blue(いとうかなこ)ゲーム『カオスヘッド』オープニングテーマ
磔のミサ(ファンタズム(FES cv.榊原ゆい))テレビアニメ『カオスヘッド』挿入歌
スカイクラッドの観測者(全員)ゲーム『シュタインズ・ゲート』オープニングテーマ


イラスト:中田春彌(『ANONYMOUS;CODE』キャラクターデザイン)
(C)2008 5pb./Nitroplus/RED FLAGSHIP (C)2008 MAGES./5pb./Nitroplus/RED
FLAGSHIP (C)2009 MAGES./5pb./Nitroplus (C)2012 MAGES./5pb./Nitroplus
(C)MAGES./5pb./RED FLAGSHIP/Chiyo St. Inc. (C)MAGES./5pb./Chiyo St. Inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

忘れられた世界“ナンブラ”を描くー『Light Fall』ローンチに合わせて新トレイラー公開!

 【30//2018】

忘れられた世界“ナンブラ”を描くー『Light Fall』ローンチに合わせて新トレイラー公開!


Bishop Gamesは、4月27日にSteam/ニンテンドースイッチで配信が開始されたアクションゲーム『Light Fall』の新しいトレイラーを公開しました。

大きな写真で詳しく見る
『Light Fall』は忘れ去られた世界“ナンブラ“を救うことを目的としたアクションゲーム。
シャドウコアを操り、行く手を阻む苦難を乗り越えるスピーディーな展開と、決して明るくないもののどこか暖かさを感じさせる雰囲気が魅力です。

Steam/ニンテンドースイッチで配信されている本作は日本語に対応しており、インターフェイスから吹き替えまで、完全に日本語化されています。
また、Steam版では、DLCとしてサウンドトラックも販売されています。

闇だけが広がる奇妙な世界で繰り広げられるスピードアクション、ぜひこの機会に体験してみてはいかがでしょうか。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

天海春香が目の前にいる! MRで展開する新時代のライブパフォーマンス、『アイマス』初のMRライブ公演をリポート

 【30//2018】

天海春香が目の前にいる! MRで展開する新時代のライブパフォーマンス、『アイマス』初のMRライブ公演をリポート


文・取材:ギャルソン屋城
ゲーム内のライブが現実のステージ上に!
2018年4月30日より、神奈川県横浜市のDMM VR THEATERにて、『アイドルマスター』(以下、『アイマス』)のライブ公演“THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪ GROOVE☆”が開催されている。

この公演は、MR(Mixed Reality:複合現実)の技術を使い、現実のステージ上に3D&2DのCGで構成された仮想世界のセットやアイドルたちを投影し、現実世界と仮想世界を融合させたライブパフォーマンスを実現する、新時代のイベント。

公演は2018年5月27日まで、全16日48公演(5月7日以降は毎週金~日曜日のみ開催)となっており、日替わりで6人のアイドルたちが主演を務めている。
本記事では、天海春香が主演のこけら落とし公演(初日の第1公演)の模様をダイジェストでお届けする。
MRステージならではのリアルなやり取りも
『アイマス』のステージでは、アイドルを演じるキャストの皆さんが舞台に立つことが多かったが、今回はプロデューサー(『アイマス』におけるファンのこと)たちがいつもモニターなどを通して顔を合わせてきた、3DCGのアイドルによるパフォーマンスがくり広げられる。

いわゆるAR(Augmented Reality:拡張現実)技術によって、本当にそこにいるかのように立体的に投影され、生身の人間のようになめらかに動くアイドルたち。
VR(Virtual Reality:仮想現実)と異なるのは、現実世界に直接仮想空間を投影しているため、観客側がVRゴーグルなど特殊なガジェットを必要としないということ。

そして映画やゲームとも異なり、ただ同じ映像を流す……というものではない。
ステージ上に表現されたアイドルたちは、観客席にいるプロデューサーたちと直接コミュニケーションを取ることもできるのだ。
MCパートでは、ステージの天海春香がプロデューサーたちにさまざまな質問を投げかけ、観客席からの返事に反応してさらにコメントを返す……といった、いつもの『アイマス』ライブと同じ光景も見られた。

さて、前置きが長くなったが、ここからいよいよライブ本編である。

まずは、お約束の音無小鳥(声:滝田樹里)による影ナレ。
いつものように小粋な前説でガッツリ笑いを取り、CGで描かれた緞帳が開いて公演がスタートする。

公演時間は1時間と短めだが、その間にユニット曲あり、主演アイドルのソロ曲あり、MCありと内容は盛りだくさん。
メインとなるライブパートでは、765オールスターズの13人が3人~5人ずつ登場して歌い、踊るユニット曲がゲームサイズで展開した。

会場のDMM VR THEATERは、350人程度のキャパシティで箱としてはそれほど大きくないが、それだけに全体がステージに近くて誰もが臨場感溢れるパフォーマンスを楽しめる。
また、観客席は後方に向かってなだらかに傾斜がついており、後ろの席の人たちもだいぶ見やすくなっていた。

これからライブに行くプロデューサーもいるので、ユニット曲の詳細はお伝えできないのだが、ゲーム、アニメ、ライブでの人気曲がつぎからつぎへと登場。
ゲームサイズで1曲あたり2分程度の構成になっているおかげもあって、ソロ曲も合わせて15曲も堪能できたのはうれしかった。

一方、主演アイドルによるソロ曲(1曲目は『キラメキ進行形』)は、フルサイズで演じられていただけでなく、ステージ上にダンサーも参加。
CGの春香と生身のダンサーさんによる、仮想世界と現実世界の競演という“MR ST@GE”のタイトルにふさわしいステージが実現されていた。

MCパートでは、「私のソロで皆さんが立ち上がってくれたのがうれしい!」と喜ぶ春香。
しかし、歌の直前に「スタンドアップ!」と呼び掛けて皆を立たせていた人は誰だったか……と、プロデューサーたちも大爆笑していた。

また、春香からプロデューサーたちにはいろいろな質問が投げかけられていた。
ラストのソロ曲での動きの確認や、そこで着る衣装を選ばせるなど、まさにふだんと変わりないライブならではの光景だ。

ちなみに、この公演では“赤いタータンチェックのスカート”が選ばれていたが、春香はもうひとつの候補であった“赤いベルトのパンツスタイル”も「今度選んでね!」とお願いしていた。

MC後には再びユニット曲、ソロ曲のライブパートに。
ラストを飾るソロ曲『乙女よ大志を抱け!!』では、リクエスト通り春香が赤いタータンチェックのスカート姿で登場し、大いに会場を沸かせていた。

CGアイドルのライブのいいところは、衣装替えなどが一瞬で行えるために超ハイテンポで曲目が進行すること、ダンスパフォーマンスのキレのよさ(なお、ひとりひとり動きかたに違いがあった!)、ゲームやアニメでのイメージがそのまま投影されることなど。
キャスト陣が演じてきたこれまでのライブもすばらしいものではあるが、MRライブのよさも存分に体感できた。

近年、さまざまなコンテンツを通じて“ARアイドル”のイベントも開催されてきているが、今回は本気を出した『アイマス』の実力をまざまざと見せつけられた恰好。
とくにMCパートでは、小さい会場であるがゆえアイドルと直接コミュニケーションできるチャンスが多く、プロデューサー諸君にとっても得難い機会となっている。
公演はまだまだ続くが、早くも次回公演が楽しみである。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

チェルノブイリが舞台の新作サバイバルホラー『Chernobylite』発表! 立入禁止区域での陰謀や愛などを描く

 【30//2018】

チェルノブイリが舞台の新作サバイバルホラー『Chernobylite』発表! 立入禁止区域での陰謀や愛などを描く


昨年『GET EVEN』をリリースしたポーランドのデベロッパーThe Farm 51は、同社手がける新作ゲーム『Chernobylite』を発表しました。

詳細な内容はまだ明かされていないものの、本作では1986年4月26日に原子力発電所事故が起きたウクライナのチェルノブイリを舞台に、立入禁止区域での陰謀、ホラー、サバイバル、愛、強迫観念をビデオゲームの形で伝えるとのことです。

また、詳細な3DスキャンやUnreal Engine 4の美しいレンダリングによって見事に再現されたチェルノブイリで、深い感情的な物語とサバイバルホラー体験をプレイヤーに提供したいとThe Farm 51は語っています。

チェルノブイリ原子力発電所事故を扱ったゲームでは『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズが有名ですが、果たして本作はどのような作品となるのでしょうか。
なお、The Farm 51は過去にVR向けのバーチャルツアーアプリ『Chernobyl VR Project』をリリースしています。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

おじさんと息子のぶらり2人旅『ゴッド・オブ・ウォー』

 【30//2018】

 おじさんと息子のぶらり2人旅『ゴッド・オブ・ウォー』


今回プレイするのは神話を舞台にした名作3Dアクションゲームの最新作、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの『ゴッド・オブ・ウォー』です。

大きな写真で詳しく見る
名作~などと言っておきながら実はシリーズ未経験なので「シリーズ最初からやらないと話がわからんとかそういうあれになるのかなー」と心配していたのですが、公式サイトによると「舞台やシステムが一新されてシリーズ未経験者でも大丈夫」とあったので大丈夫なのだろう!

早速プレイ開始。
難易度はノーマルで!

難易度はゲーム中いつでも変更出来るので、ゲーム下手の僕も安心だ!

物語は主人公の奥さんのお葬式から始まる。
「世界一高い山頂に遺灰を持って行って欲しい」という奥さんの最後のお願いに従い、残された息子と一緒に山頂へ向かう事になる。

世界一高い山頂……僕がそれ言われたとしたら……

「箕面の山とかさ、サイクリングがてら行ける所で……」とか言っちゃいそう。
まあ奥さん居ないんだけど……
まずは息子が厳しい山頂への道を耐え抜けるように、共に狩りの練習へと向かうのだが……
こういう、ワンちゃんとか子供とかをお供に出来るゲームって、シングルプレイでも一緒に冒険している感があってすごく良いよね。
お供には大きく分けて「戦闘に参加してくれるお役立ち系」と「子供だったり怪我人だったりでお荷物になる系」がある。

息子よ、君はどっちだい。

狩りに向かった先で遭遇した巨大な敵を倒して

イキリまくる息子。
これはちょっとお荷物になる系かな……
そして家に帰ると

謎の全身刺青のおじさんがやって来てバトルが始まる。

「……刺青の真ん中の丸いとこ、乳首に合わせたらいいのに。
ほら、なんかズレてるみたいやん」と失礼な感想を抱くおじさん。

刺青おじさんを辛くも撃退するも、家は安全な場所ではなくなってしまった為、急いで山頂へと向かう事にする。

こうして息子と2人旅が始まったのだった。

親子2人でいってきまーす!(イラストはイメージです)

息子の可愛いポイント!
どれだけ離れても付いてくるし、むしろいつの間にか追い越して先に居る事もあるので運動能力は高いのかもしれない。
主人公が崖に登る時、息子がヒュッと背中に乗っかってくるのがちょっと可愛い。

どれだけ離れていてもヒュッと飛んで来てビタッと張り付いてくるぞ。

意外と役にたつぞ!
戦闘にも参加してくれるようになり「まあせいぜい足を引っ張らないでくれよ?」などと上から目線でいたのだが……敵に遠距離攻撃を受けるも、どこから攻撃されているか分からずワタワタしていても、息子が的確に矢を射ってくれるので超助かる……

肉弾戦もお手の物。
お荷物とか言っちゃってごめんね……

息子の成長は止まらないぜ!
その後、魔法の矢を入手してからというもの……もう息子1人で冒険出来るんじゃないのという活躍ぶり。

武器やスキルも息子優先で取得しているので、どんどん成長していく。

敵を倒すなどして得られるXPで新しい技の取得や強化が出来る。

魔法の矢を用いる謎解きもいっぱいあるので、あれ……むしろ僕が…お荷物…?

息子相手に全力で媚びを売る。

ちょっと調子こいてきたんじゃないの?
謎解きに詰まって右往左往していると、さり気なくアドバイスをくれるのだが、アドバイスにもピンとこなくさらに右往左往していると
息子「もしかして…迷ってる?」
うん、迷ったのは迷ったけどさ……そんなに言うならさ

拗ねるおじさん。

その後、鍛冶屋の兄弟や森の魔女さんなどのキャラが登場し、親子の旅の手助けをしてくれます。
クリアまでは25時間ほどかかりましたが、サブクエスト無視のストーリー一直線でプレイしたので、やり込めばまだまだ遊べそうです。

最初は微妙な距離感の親子だったのですが、徐々に打ち解けて息子がちょっと調子こき出すのも、それだけ信頼関係が築けていっているのだなあと思うと微笑ましくなりました。

ゲーム開始時とリトライ時以外はロードが全く無いという驚きの仕様で、「シリーズ未経験なんだけど大丈夫かな」という当初の不安も何処へやら。
止め時を見失って延々プレイし続ける程ガッツリハマってしまいました。

『ゴッド・オブ・ウォー』はPlayStation 4を対象に発売中。
価格はパッケージ版が6,900円+税、ダウンロード版が7,452円(税込)です。
なお、本作は18才以上のみ対象です。

吉田輝和のプロフィール:17年以上にわたって自画像の絵日記を書き続けているおじさん。
近年、「ちおちゃんの通学路(KADOKAWA)」や「お稲荷JKたまもちゃん(一迅社)」、「からかい上手の高木さん(小学館)」をはじめとした人気漫画のモブキャラとして登場しており、日々その存在感が高まっている。
ちなみに、巨大な食べ物を作っていく企画でカルト的な人気を誇る個人ホームページ「吉田が巨大な物を作ってますよ」も運営中。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<PSO2>ドン・キホーテでアイテムコード付き商品発売 鈴村健一の店内放送も

 【30//2018】

<PSO2>ドン・キホーテでアイテムコード付き商品発売 鈴村健一の店内放送も


「PSO2」は、惑星調査隊「アークス」の一員となり、さまざまな惑星の調査を行うRPGで、最大12人の協力プレーができる。
2012年にサービスを開始し、現在はPC、PSVita、PS4、ニンテンドースイッチ向けに展開している。
基本利用料無料でアイテム課金。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「アイカツ!」が孤独な中年男性に与えた5つの効果

 【30//2018】

「アイカツ!」が孤独な中年男性に与えた5つの効果 


「アイカツ!」か、ゲームライターをやっているのだし、どんな内容なのかちょっと観てやるか――最初にアニメ「アイカツ!」を観る時はこんな軽い気持ちだった。
実際、第1話を観た後も「まぁ面白いんじゃない?主人公の赤いリボンの子が可愛いかな」という軽めな印象だったし、決して衝撃を与えられるものではなかった。
しかし、アニメの話数が進むにつれてキャラクターに対する愛着が深まり、自分でも信じられないくらいどっぷりハマっていった。
その頃になると「アイカツ!」が自分の人生に多大な影響を与えていたのだ。


「アイカツ!」が女児向けアニメで、カードを用いて遊ぶアーケードゲームが存在している事は、おおよその読者が知っていると思う。
なので、本稿ではあえて「アイカツ!」シリーズの概要や魅力などの説明は最小限にとどめておく。

本稿では「エンターテインメントは人生観に大きく影響を与える」という事を伝えるべく「アイカツ!」が筆者にどれだけの影響を与えたのかについて紹介しよう。

ポジティブ志向になった
「アイカツ」シリーズに登場するアイドル達は、皆トップアイドルになるという夢に向かってまっすぐと道を歩んでいる。
ライバルに負けてしまった時も自分の非力さを素直に認め、相手をリスペクトし、さらに高みを目指していくのだ。

「アイカツ!」に登場するキャラクターは10代の女の子だが、アイドルという仕事に対してプライドを持っている。
つまり立派な社会人なのである。

彼女たちと同じ姿勢で仕事をしている大人は少ないと思う。
「アイカツ!」に登場するアイドル達は、観る人によっては超人に映るかもしれないし、完璧に真似する事はできないかもしれない。
しかし、彼女たちのように、まっすぐと道を歩んでいこうとする意思は持てるはずだ。

筆者は「アイカツ!」を観てその意思をもらった。
ありがとう!いちごちゃん!
ワクワクをくれたし、一人じゃないってわかった!
筆者が「アイカツ!」という作品群に出会ったのは去年のGW。
その頃には無印版「アイカツ!」の次なるシリーズ「アイカツスターズ!」が始まっており、追いかけるにしろどうしても後追い感があった。
しかし、2018年春から新番組「アイカツフレンズ!」の放送が始まり、アーケードゲームも新シリーズになった。

クロスメディアコンテンツをリアルタイムで追いかけるのは非常に楽しい。
この感覚は学生時代に触れた『.hack』以来であった。
大人になり経済的に余裕が出ている今はリアルイベントにも足を運ぶようになり、以前よりさらに楽しめるようになった。

ローソンの「わくわくキッズキャンペーン」で貰えるグッズ。
そして、声優さんの握手会に参加する前日、あまりにもワクワクして一睡もできなかった。
「声優さんと握手した時になんて声をかけよう」と考えていたら、いつのまにか自室のカーテンから太陽の光が差し込んでいたのだ。
こんな事は30年以上生きていて初めてである。

余談だが、リアルイベントに足を運ぶようになって、昨年から一人暮らしを始めた事によって苛まれていた孤独感が薄れた気がする。
イベントに詰めかける大勢のファンを見ると「ひとりじゃない!」と思うようになったからだと思う。

元気よく挨拶をするようになった
「アイカツ!」グッズなどを販売している「アイカツ!オフィシャルショップ」に足を運ぶと、店員さん達が元気な挨拶をしてくれる。
それは流れ作業的な挨拶ではなく、心がこもったものだ。
それを証明するように店員さんは、「アイカツフレンズ!」の湊みおちゃんのグッズを手に持った筆者に「みおちゃんがお好きなんですか?可愛いですよね!」と気さくに話しかけてくれた。
その際「えっ、小さい女の子に話しかけるテンションで話しかけられたぞ!?」と驚いて上手く返事をする事はできなかったが、それでもこの冴えない中年男に話しかけてくれたのはとても嬉しかった。

そして、店員さんは挨拶の大切さも気づかせてくれた。
挨拶とは、人が無意識に作る心の壁を壊すきっかけになるものだと。
それ以降、筆者は元気よく挨拶をするように心がけている
「アイカツ!オフィシャルショップ」の店員さん、本当にありがとうございました。

整理整頓の技術が向上をした
これは「アイカツ!」プレイヤーに限らず、トレーディングカードアーケードゲームを楽しんでいるゲーマーに言える事かもしれないが、ゲームをプレイしていくうちに、手に入れたカードをどのような基準でカードホルダーに収納するか悩むようになった。
最初は入手したカードを無造作に収納していたのが、カードが増えていくにつれてそれは間違いだったと知る。
やはり効率的にプレイするには、カードの特性を把握した上でカテゴリ分けして収納しなければならない。
それが結果的にゲームの理解を深め、無駄なプレイ時間を抑える事ができるのだ。

カードホルダーの収納方法に正解はない。
だからこそ常にその時のベストを求めて突き詰めなければならない。
そうこうしているうちに整理整頓の技術が上がり、日常生活の質も向上したと思う。

「アイカツ!」見てたら幸せになれた
アニメ「アイカツ!」を観ている時、自分でも信じられないほど幸福感に満たされている事に気づいた。
魅力的で可愛らしいキャラクター、優しさに溢れるストーリー、クオリティの高い楽曲など、そうさせるもっともらしい理由は無数にある。

ただ、筆者はこう考えている。
「アイカツ!」のアイドル達は、自分のアイドル活動によって多くのファンを幸せにしたいと願っている。
その願いが画面を越えて現実世界の筆者に届いているから幸せなのだと。

最後に、「アイカツ!」の霧矢あおいちゃん、「アイカツスターズ!」の二階堂ゆずちゃん、「アイカツフレンズ!」の神城カレンちゃんといった歴代シリーズのキャラクターを演じてきた声優・田所あずささんの言葉を引用したい。

「アイカツ!」見ておけば幸せになれる。

さて、いかがだったろうか。
本稿は、あくまで筆者個人が感じた事を綴っただけだ。
これが一般的な「アイカツ!」ファンが考えている事ではないのを留意していただきたい。
その上で本稿を通じて「アイカツ!」シリーズに興味を持っていただけたら嬉しい。
そして、本稿を通じてエンターテイメントが持つ力について伝わったのなら幸いだ。

これは布教もとい宣伝になるが、2018年5月7日17時59分までの期間中、シリーズ最新作「アイカツフレンズ!」の第1話から最新の第4話までがYouTube(バンダイチャンネル)にて無料配信されている。
もし、本稿で「アイカツ!」に興味を持った読者がいたら是非視聴してほしい。
今が同作をリアルタイムで追いかけられるチャンスだからだ!
アイカツフレンズ! 第1話 ハロー フレンズ!:https://youtu.be/QqYsu2SshyQ
アイカツフレンズ! 第2話 無敵のラブミーティア☆:https://youtu.be/DsL9aPiP18U
アイカツフレンズ! 第3話 ビビっとインスピレーション:https://youtu.be/zFfgv-G_8w0
アイカツフレンズ! 第4話 憧れのマイブランド:https://youtu.be/JvxSAdM47xA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

懐かしいのに新しい! PS4/Switch『ソニックマニア・プラス』発売

 【30//2018】

懐かしいのに新しい! PS4/Switch『ソニックマニア・プラス』発売


『ソニックマニア』に新要素を追加したパッケージ版『ソニックマニア・プラス』がPlayStation4/Nintendo Switch用ソフトとして発売決定。
懐かしくも新しい、究極のクラシックソニック最新作となっている。

『ソニックマニア・プラス』フォトギャラリー

『ソニックマニア・プラス』は、ソニック2Dクラシックシリーズ最新作。
2017年8月にダウンロード配信専用で登場した『ソニックマニア』は、ドットで描かれた懐かしのビジュアルのみならず、懐かしくも新しい斬新なゲーム内容で、100万本を越えるセールスを記録。
そのパッケージ版となる本作では、新キャラクターや新モードなど魅力的な要素が追加される。

本作にはゲームソフトの他、ファン必携の豪華封入特典として、『ソニックマニア・プラス』オリジナルサウンドトラックCD(2枚組全54曲)と、アートブック(36P)が同梱。
大ボリュームのCDにはゲーム内楽曲はもちろん、本作にプロモーション楽曲を提供しているサウンドユニット「Hyper Potions」の楽曲と、ソニックシリーズサウンドディレクター瀬上純とHyper Potionsのコラボレーション楽曲が収録される。

さらに販売店別予約特典の実施が決定。
Amazon.co.jpでは、「メガドライブ風PC&スマホ壁紙」、ゲオでは「オリジナルA4クリアファイル」、上新電機は「オリジナルスマートフォン壁紙」、楽天ブックスは「オリジナルスマートフォン壁紙」 。
セガストア「DXパック」では「ソニックマニア グリーンヒルTシャツ」、「ソニックマニア 帆布製アイコンポーチ」、「ソニックマニア マグネットアート3種セット」が先着でプレゼントされる。

また本作は既にダウンロード版『ソニックマニア』をお持ちの方にむけ、パッケージ版『ソニックマニア・プラス』からの追加要素をセットにした、PlayStation4/Nintendo Switch/Xbox One /Steam用有償ダウンロードコンテンツ「アンコールパック」(500円(税抜))の配信を今夏に予定している。

『ソニックマニア・プラス』は、7月19日発売予定。
パッケージ版は4490円(税抜)。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは

 【30//2018】

「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは 


シリーズ最新作であり、グラフィックの一新やフィールドのシームレス化を始め、かつてない要素を続々と盛り込み、新たな一歩を踏み出した『モンスターハンター:ワールド』。
その意欲的な挑戦は多くのユーザーに受け入れられ、大きな人気を博す一作となりました。


本作の人気や注目度は、発売から3ヶ月が経過しても衰える気配がなく、また無料大型アップデートにより、イビルジョーの追加や武器の武器の調整などを実施。
発売日からプレイしているユーザーにとっても、新たな刺激を味わえる展開が続いています。

そんな『モンハン:ワールド』だからこそ、今後の動向が気になるというもの。
そこでインサイドでは、ユーザーの要望を調査すべく、「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」というお題でアンケートを実施。
今回は、その結果をご報告させていただきます。

独断でチョイスした9項目の中で、もっともユーザーが望んでいる展開は何なのか。
気になる方は、こちらからじっくりとご覧ください。

◆まずは6位から9位までをチェック
■9位:ニャンターの実装(19票 2.2%)
残念ながら今回最下位となったのは、「ニャンターの実装」でした。
『クロス』シリーズでもお馴染みの、オトモアイルーを直接操作できるこのモード。
ハンターで戦うのとはまた違う味わいもあり、ツボにハマる人にとってはなかなかクセになる楽しみ方です。
特に本作はグラフィックが一新されたため、オトモの可愛さも新たな方向にパワーアップ。
自分で動かせたらと想像した方もいたことでしょう。

ですが、次に期待する展開という意味では、優先順位は低かった模様です。
また、オトモは愛でる存在であり、自分がなるものじゃない……それも一理ある考え方と言えるかもしれません。
どんなモンスター相手でも、臆することな付いてきてくれるオトモ。
直接操作はできなくとも、いつも一緒に居てくれるナイスパートナーです。

■第8位:『クロス』シリーズのスタイルや狩技の導入(22票 2.5%)
こちらも『クロス』シリーズの要素となる「スタイルや狩技の導入」が、8位となりました。
本シリーズは、作品を積み重ねると共に装備できる武器種が増え、時にはモーションが変更されることも。
ですが、基本的なアクションは長らく継承され続け、大きく変わることはありませんでした。
しかし、『クロス』シリーズで、基本アクションに加え、戦いに様々な多様性をもたらすスタイルや狩技が導入され、アクション面が強化。
新たな刺激を本シリーズにもたらしました。

そんな『クロス』シリーズのアクションを導入して欲しいという声は、今回の結果を見るとあまり多くなかった模様。
現時点のアクションで十分なのか、もしくは『クロス』シリーズと住み分けるべきと考えた方が多いのか、その背景については推察することしかできませんが、少なくとも現状の『モンハン:ワールド』ではあまり求められていない方向性のようです。

■第6位:最大プレイ人数の増加(29票 3.3%)
本シリーズはソロでも楽しめるほか、オンラインならば最大4人までのマルチプレイが可能。
『モンスターハンター フロンティアZ』では、一部のクエストでこの制限を超えることもありますが、シリーズ作品のほとんどは4人までのマルチプレイが基本となります。

参加人数の上限を増やすのは、ハードの性能や通信面での問題もありますし、プレイヤーの戦力が幅広くなることで難易度設定も難しくなりがち。
その点を考えると、一概に参加上限が増えた方がいいとは言いかねる面もあるため、「最大プレイ人数の増加」は7位という結果に落ち着きました。

ちなみに、現在配信されている特殊クエスト「地母神の豪奢なる宴」では、集会エリアのいずれかのパーティが「マム・タロト」の大角の完全破壊に成功すると調査が完了し、成度に応じて集会エリアのクエストカウンターにて特別調査報酬を受け取ることができます。
直接パーティを組めるのはこれまで通り4人までですが、集会エリアのメンバー総出で取り組めるクエストなので、間接的に協力し合える幅が広がっているとも言えます。
このクエストは期間限定なので、体験したい方はお見逃しなく。

■第6位:VR化(29票 3.3%)
グラフィックの一新やゲームシステムの改善、新要素の追加など、様々な点が新しくなった『モンスターハンター:ワールド』。
ですが、更なる刺激を求めたくなる気持ちもあります。
その方向性はユーザーによって異なると思いますが、「この世界をVRで味わってみたい」という好奇心が沸き上がったとしてもおかしな話ではありません。

票数的には、同率6位という結果に落ち着く、全体から見ればあまり大きな要望とはなりませんでした。
「VR酔い」などの問題もあるので、本作のアクションをVRで体験するのはまだ時期尚早、といった見方もあるのかもしれません。
しかし、いつか「VR酔い」が技術的に克服された暁には、モンスターたちとの死闘をVRで楽しんでみたいものです。

中盤は激しいせめぎ合い! 頭ひとつ抜け出たのは…
◆3位~5位は激戦! ユーザーが求める傾向をご覧あれ
■第5位:新しいストーリー(50票 5.7%)
6位と1.5倍以上の差をつけて第5位にランクインしたのは、「新しいストーリー」を望む声でした。
外伝的な一部の作品を除き、本シリーズにおけるストーリーの描き方は比較的シンプルで、最終決戦への盛り上がりを除けば基本的に淡泊な進行が多い傾向にあります。
これは、単純な短所や欠点という話ではなく、ゲーム性に比重を置いている裏返しでもあり、またストーリー展開が重要視されていないので、プレイの間隔が開いても復帰しやすいといったメリットもあります。

ですが本作では、物語の導入からまるで映画のような展開を迎え、ダイナミックな演出でプレイヤーを驚かせます。
調査対象となるモンスターへの対処についても、ストーリーラインに沿う形で誘導し、物語とゲーム進行が一体となったプレイを楽しませてくれました。

そのため、「新しいストーリー」を求める声も一定数集まり、今回の要望の中ではちょうど真ん中に当たるポジションを獲得。
この傾向は、『モンスターハンター:ワールド』が示した新たな提案のひとつが、ユーザーに受け入れられた証拠と言えるかもしれません。

■第4位:新武器種の追加(59票 6.7%)
本シリーズの原点となるPS2ソフト『モンスターハンター』に登場した武器種は、「大剣」「片手剣」「ハンマー」「ランス」「ライトボウガン」「ヘビィボウガン」の6つ。
現在の14種と比べると、かなり少なく感じます。
もちろん、現在の数まで積み重ねることができたのは、シリーズの長きに渡る歩みがあってこそ。
原点である『モンスターハンター』がなければ、今日の進歩もまたなかったことでしょう。

そして、作品を経ることで武器種が増えてきたのもまた事実。
更なる新しい武器を望んでしまうのも、ごく自然な欲求と言えます。
ベスト3には届きませんでしたが、「新武器種の追加」を要望する声は4位に食い込みました。
武器が変われば、立ち回りや楽しみ方も変化するので、戦い慣れたモンスター相手でも刺激的に楽しめそうです。
本シリーズが発展していけば、これまでのように新武器種が姿を見せる可能性もあるはず。
嬉しい報告に期待したいところです。

■第3位:新フィールドの追加(72票 8.2%)
本作は舞台も一新しており、生態系豊かな「新大陸」がハンターたちを待ち受けています。
いずれのフィールドでも様々な生態系を垣間見ることができる上に、それぞれの土地ならではの絶景ポイントも多数。
ハンティングの途中でも、つい足を止めて見入ってしまうこともあります。

自然の醍醐味を感じさせるような大地もあれば、立体的に入り組んだ地形もあったりと、ハンターの好奇心を心地よく刺激してくれるフィールド。
地形を利用して戦うことも出来るので、同じモンスターが相手でもフィールドが異なれば一味違う戦いを味わうこともできます。

だからこそ、新たなフィールドを求める声も一定数にのぼり、今回はベスト3入を果たす結果となりました。
4月19日から始まった期間限定の特殊クエスト「地母神の豪奢なる宴」では、新フィールド「地脈の黄金郷」が登場。
こちらはいわゆる専用のマップですが、今後も新たなフィールドが訪れて欲しいものです。

1位はなんと40%超え! 最も声が集まった要望は果たして?
◆どっちも欲しい! 「G級クエスト」と「新モンスターの追加」がせめぎ合う
■第2位:G級クエストの追加(219票 24.9%)
惜しくも1位に届かなかったものの、「G級クエストの追加」が2位となりました。
本シリーズは、『G』をタイトルに冠した作品がリリースされることも頻繁にあります。
いわゆるバージョンアップ版にあたり、これまで以上に強力なG級モンスターが登場し、更なる激戦が楽しめます。

このG級モンスターが登場するG級クエストは、報酬面でもバージョンアップされており、G級の武具が生産可能に。
厳しさを増す戦いと、新たな武具の生産。
ハンティングアクションの醍醐味をいっそう味わうことができるので、G級クエストを望む声が多いのも当然と言えるでしょう。

現時点では、『モンスターハンター:ワールド』に関するG級クエストなどの展開は明らかとなっていません。
もしリリースされるとすれば、これまで通り新たな作品となるか、それともダウンロードコンテンツとして有料配信されるのか。
全ては可能性ですが、嬉しい発表が訪れて欲しいものです。

■第1位:新モンスターの追加(380票 43.2%)
堂々の1位に輝いたのは、「新モンスターの追加」でした。
ハンティングアクションの華は、やはりモンスターとの戦いです。
より強い武具を求めるのも、スキルの組み合わせを模索するのも、モンスターに勝つためであったり、より気持ちのいい戦いを味わうため。
モンスターがいるからこその醍醐味です。

戦えるモンスターの種類が増えれば、楽しさが直接的に増大します。
また本作は、グラフィック含め刷新されている関係もあり、直近の過去作と比べると登場モンスターが少なめなので、そのボリュームを埋めて欲しいという要望もよく分かる話です。

そういったユーザーの願いは開発側にも届いているのか、無料大型アップデートにて「イビルジョー」「マム・タロト」といったモンスターが追加で実装されました。
要望に応えるようなアップデートや展開が今後も訪れることを願うばかりです。


・「あなたにとって『モンハン:ワールド』は歴代何位?」結果発表─思い出深い過去作と最新作が激突!
・「『モンハン:ワールド』で一番好きな新モンスターは?」結果発表─1位は約1/4もの圧倒的支持を獲得! モンスターたちが“人気”を巡って大乱戦
・「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明
・「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…
・『モンハン:ワールド』の魅力は新要素だけじゃない!「依頼」でサクサク展開するゲーム進行も楽しい
(C)CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

女の子への「恋心」に「憎悪」を代入するべからず!『Her Lie I Tried to Believe』プレビュー

 【30//2018】

女の子への「恋心」に「憎悪」を代入するべからず!『Her Lie I Tried to Believe』プレビュー


そもそものはじまりは、彼自身にもよく思い出せない。
物心がつきはじめた、小学生のころだろう。
彼は、ある女の子の瞳を見た。
そのとたん、電撃に打ち抜かれた。
これは、確信としか言いようがない。
たった一目見ただけで、彼は彼女のことを――憎悪した。

「Her Lie I Tried to Believe」画像・動画ギャラリー

なぜ、憎悪したのだろうか?彼は、偏執的に、小学生のころの彼女の容姿の描写をはじめる。
細部にいたるまで、厳密に。
そして彼は結論する――彼女の瞳のせいだと。
輝いているとか、星が見えるとか、そういうことではない。
昏いのだ。
ほかの誰にも見せないが、彼にだけは注ぐことを惜しまないあの視線が、昏いのだ。
彼女に憎しみを抱いた理由と同様に、彼と彼女が「ライバル」になった理由も、明確ではない。
おそらく、と彼は書く。
「彼女がぼくよりも速く走れたのが、そもそもの原因だったと思う。
正直なところ、ほかのあらゆることにおいても彼女はぼくに勝っていたと思うけれど、かけっこは子供にもいちばんわかりやすいものだから、それだけにぼくの精神に重圧をかけたんだろう。
――女の子に負かされる。
〔…〕でもそれだけなら、たいしたことないはずだった。
あの、微笑みさえなければ」

すべての子供たちが「あたりまえの感情」を持てるか?
『Her Lie I Tried to Believe(拙訳:ぼくが信じようとした彼女の嘘)』は、Hangover Cat Purrroductionによる「キネティック・ビジュアル・ノベル」だ。
今月頭にリリースされたばかりのインディーズで、日本語訳はまだない。
だが、途中までのあらすじを語るくらいは許されるだろう。
物語の序盤は、ティムという男の子の一人称の回想で語られる。
その内容のほとんどは、カサンドラという女の子の記憶についてである。
いつもかけっこで彼を打ち負かしたあと、彼女が見せる微笑みのために、彼の憎悪は日増しに強くなっていった。
その感情の深さに彼女が気づいたのは、冬のころだ。
ほかの子供たちが築山のうえでおしくらまんじゅうをやっているとき、カサンドラがやってきて、参加した。
するとティムは、彼女を思いきりつき飛ばした。

築山の下から彼を見上げる彼女の視線は、以前とはすこし異なっていた 。
それから、彼女の微笑みも、その質を変えた 。
それまではなにか暖かいものが認められたのだが、もう、ただ単に冷たいものになった 。
ふたりはかけっこだけでなく、勉強やゲームにまで勝負を持ち込んだ 。
彼女は彼を打ち負かしたあと、がんばってね、とは、もう言わなくなった 。
そのかわりに彼女は、彼の憎悪の深さを知りながら、言うのだった――「それで本気でやってるつもり?」だから彼は、彼女をぶっ飛ばす機会を窺いつづけた 。
かけっこではなく勉強で勝負しよう
中学生に入るころには、二次性徴にともなって、男女差があらわれてきた 。
ティムはどんどん背が伸びて、体つきもたくましくなった 。
もう、カサンドラに身体能力で負けることもない 。
「ちょっとくらい本気のところを見せてくれよ?」――これは、ティムの台詞である 。
それだけでは飽きたらず、彼女にもっと強い敗北感を味わわせるためだけに、バスケットボール部に入り、エースにまでのぼりつめた 。
そのころにはもう、カサンドラはティムと視線を合わせなくなっていた 。
ティムはこう考えた――「あのくそアマ、ぼくを無視してやがるな 。
いいだろう 。
あいつがどれくらいぼくを苦しめたか、身をもってわからせてやる」 。
それで勝負は、身体能力から勉強の成績に舞台を移した 。
カサンドラの成績は、ティムのはるか上位にあったのだ 。
中学校のあいだ、ティムはものすごい勢いで勉強を続けたが、カサンドラには一歩届かなかった 。
勉強ではなく色恋沙汰で勝負しよう
高校生になると、クラスがはじめて分かれた 。
だから彼らの勝負の舞台は、廊下に掲示される、テストの結果のみになった 。
そしてある日、ティムは、カサンドラが知らない男の子とデートしているところを見た 。
ふざけるな、とティムは思った――「ぼくがあいつを打ち負かすためにやっているほど勉強しなくても、ぼくを負かすには充分だ、とでも言いたいのか!」 。
そして彼は闘志をさらに燃やし、つぎの期末で、じじつカサンドラよりも良い成績をとった 。
しかし、勝利の感覚は沸いてこなかった 。
それどころか、怒りがこみあげてきた 。
もともと、彼女と自分のあいだには、大きな差があったのだ


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る