2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

全10曲のキラキラライブ!新CV情報も飛び出したセガフェス2018『Readyyy!』ステージレポート

 【15//2018】

全10曲のキラキラライブ!新CV情報も飛び出したセガフェス2018『Readyyy!』ステージレポート


4月14日、15日の2日間にわたり東京・ベルサール秋葉原で開催されている「セガフェス」にて、セガによる新規女性向けアイドル育成ゲーム『Readyyy!』のライブステージ「ゴー☆ルドステージ Vol.0 ~僕ら、本格始動します!~」が開催されました。
その様子をレポートします。


『Readyyy!』は現在開発中のスマートフォンアプリゲーム。
プレイヤーは芸能事務所『ディア・プロダクション』のプロデューサーとなり、18人の男子高校生をトップアイドルに育て上げます。
18人は5つのアイドルユニットに所属。
アイドルはランキング化されており、頂点のゴールドランクを目指します。

ステージMCは声優の松風雅也氏と阿座上洋平氏。
ベテラン声優が会場を盛り上げます。

◆全10曲の圧巻ステージ
『Readyyy!』のキャラクターを演じる18名の新人声優がステージに登場。
ファンの熱気は開始早々最高潮に。
みんな元気いっぱいでとにかく眩しいの一言です。
5チームともイメージカラーがあり、集まったファンはアクリルプレートライトの色を変えてそれぞれのユニットを応援していました。
各ユニット2曲ずつ、全10曲の豪華なステージ。
長丁場にも関わらず最後までテンションの高いステージとなりました。

「SP!CA」……「久瀬光希」役:住谷哲栄氏、「錦戸左門」役:長谷徳人氏、「五十嵐比呂」役:小宮逸人氏、「紺野梓」役:遠藤淳氏、「胡桃沢タクミ」役:観世智顕氏による5人組ユニット。

トップバッターは正統派アイドルといった雰囲気の5人組ユニット「SP!CA」。
1曲目は『Special Nu World』。
開幕を飾るに相応しい爽やかなナンバーです。
2曲目は『SP!CA ~Blue Light Stars~』 。
新しい生活を始めた人や大きな困難に立ち向かおうとしている人の後押しになりそうな応援ソングです。

「摩天ロケット」……「藤原蒼志」役:澤田龍一氏、「伊勢谷全」役:大町知広氏、「真田淳之介」役:服部想之介氏、「高千穂亜樹」役:梅田修一朗氏の4人組ユニット
元気いっぱい、ストリートっぽい雰囲気の4人組ユニット「摩天ロケット」は全員揃って「イグニッション」のポーズ。
この日だけでさまざまなキメポーズが生まれました。
全員高校一年生で構成されており、自由奔放で元気いっぱいといった雰囲気です。
1曲目『キミが見た空は』、2曲目『スタートライン』 、どちらも元気と希望が詰まったナンバーです。

「Just 4U」……「明石達真」役:黒木陽人氏、「柳川彗」役:役古田一晟氏、「綾崎小麦」役:安田駿氏、「折笠凛久」役:美藤大樹氏の4人組ユニット
年長組2人と年少組2人の4人組ユニット「Just 4U」。
年少コンビのカワイイ雰囲気とは真逆のセクシーな楽曲が魅力的。
1曲目は『大胆不敵に恋したい』。
曲名のとおり大胆でストレートな歌詞が特徴です。
2曲目の『DOKI DOKI』 では「DOKI DOKI 」の歌詞に合わせて観客もアクリルプレートライトをフリフリ。
一体感が生まれました。

「RayGlanZ」……「宗像十夜」役:近衛秀馬氏、「碓井千紘」役:小野将夢氏、「香坂安吾」役:三浦勝之氏の3人組ユニット
ダークでワイルドな雰囲気をまとった3人組ユニット「RayGlanZ」。
「Just 4U」とはまた違った野性的なセクシーさが特徴的です。
1曲目は『GO NOW!』。
2曲目は『すきだ』 。
情熱的で直球の歌詞が胸に刺さります。
俺様な雰囲気とは違い、演じる3人はとても好青年!そんなギャップもたまりません。

「La-Veritta」……「上條雅楽」役:榊原優希氏、「清水弦心」役:田中文哉氏の2人組ユニット
最後は2人組ユニット「La-Veritta」。
1曲目は『BEAT IN LOVE』。
榊原優希氏のクリアなハイトーンボイスと、落ち着いた田中文哉氏のハーモニーがとにかく美しい!白と黒の衣装のコントラストも楽曲に映えます。
2曲目は『COLOR』。
これから成長していくアイドルがどんな色に染まっていくのか、そんなことを想像できる一曲です。

ライブの最後は18人全員登場!「SP!CA」錦戸佐門役の長谷徳人氏は「『Readyyy!』プロジェクトをもっともっと沢山の人に知っていただきたい。
応援よろしくお願いします」と一言。
これからますます盛り上がりそうな『Readyyy!』プロジェクト。
5月6月もライブイベントが開催されるので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

◆スマホゲームのイメージ映像を初披露!
ライブに先立ち、新情報が披露。
初公開となるゲーム映像も飛び出しました。

こちらが本邦初公開のゲーム画面。
ホーム画面のようです。
下部には「フォト」「アクセサリー」「アイドル活動」「フォト撮影」の文字が。
画面右上には「リトライ撮影」という文字が入ったバナーも確認できます。
写真撮影がはかどりそうな予感。

続いてはJust 4Uの折笠凛久のイメージ映像が披露。
さまざまな表情を浮かべる様子がわかります。
朝、昼、夜で風景も変わるとのこと。
まるで日常を共に過ごしているみたいですね。
確かにこれはフォト撮影しまくりそう……!四季折々の美しい鎌倉の風景も印象的です。

「RayGlanZ」の『GO NOW!』MVフルver.も初公開。
挑発的な表情がカットインするたび、観客からは歓喜の声が。
これは声を上げずにはいられない!
さらに、プレイヤーをサポートする謎の人物の詳細情報も解禁。
名は長谷井 秋霜(はせいしゅうそう)。
演じるのは中井和哉氏。
超人気ベテラン声優の起用に会場はテンションMAX!
『Readyyy!』プロジェクトの最新情報は初の公式番組となる「『Readyyy!』ゴー☆ルドチャンネル #1 ~僕ら〇〇します!~」にて随時公開されていくとのこと。
こちらもチェック!
■「『Readyyy!』ゴー☆ルドチャンネル #1 ~僕ら〇〇します!~」第一回目
キャスト18名が全員そろった90分拡大版
<番組配信>
・公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCsrs7CeyvKIHdt6ngVdlCng
・Periscope(twitterライブ配信):@Readyyy_info
放送時間
2018年4月17日(火) 20:00~21:30
◆イベント情報まとめ
今から応募可能なライブイベントは以下の通りです。

■『Readyyy!』ゴー☆ルドステージ Vol.2
~僕ら、晴れやかにおもてなしします!~
2018年5月13日(日)読売ホール16:30~
全席指定4,800円(税込)※お1人様につき4枚までお申込み可能
内容:キャスト18人によるライブ&ファンミーティング
特典:スペシャルグッズ付
物販購入者を対象に、ハイタッチ会を開催。
ハイタッチ会の詳細は、後日公開予定。
観覧申し込みURL: http://emtg.jp/feature/readyyy_gold02/
■『Readyyy!』ゴー☆ルドステージ Vol.2
~僕ら、雨ニモマケズおもてなしします!~
2018年6月3日(日)読売ホール16:30~
全席指定4,800円(税込)※お1人様につき4枚までお申込み可能
内容:キャスト18人によるライブ&ファンミーティング
特典:スペシャルグッズ付
物販購入者を対象に、ハイタッチ会を開催。
ハイタッチ会の詳細は、後日公 開予定。
観覧申し込みURL: http://emtg.jp/feature/readyyy_gold03/


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「コトダマン」、4月16日から配信開始!ことばをつなげて敵を倒せ!

 【15//2018】

 「コトダマン」、4月16日から配信開始!ことばをつなげて敵を倒せ!


東京・秋葉原にあるベルサール秋葉原で開催された「セガフェス2018」。
2日目となる4月15日の配信ブースでは、4月16日からの配信を予定しているAndroid/iOS用RPG「共闘ことばRPGコトダマン」(以下、コトダマン)の番組配信が行なわれた。
このコーナーには同作プロデューサーの中村たいら氏、アシスタントプロデューサーのナメカタ氏のほか、ゲストとして声優の山下まみさんが登場した。
MCを務めたのはグラビアアイドルの水沢柚乃さん。


ちなみに山下さんは、本作のナビキャラであるリーフ役を演じている。
「『なんとかだぬきー』って言ってかわいいんですよ。
とりあえずチュートリアルは飛ばさない。
マナーモードにしない。
そうでないと見られないのでお願いしたい」と山下さん。

コトダマンは「ことば」で闘う新感覚RPGがキャッチフレーズ。
表示されるひらがなに合わせた形で文字を選び、ことばをいくつ作れるかがポイントだ。
1人でも遊べるが、4人でのマルチプレイに対応しており、みんなでわいわいやりながらプレイした方が楽しいゲームだ。

登場するのは350体以上のキャラクター。
すべてのキャラクターにアニメーションが付いている。
キャラクターはひらがなの精霊なので、体の中にひらがなが1文字隠れている。
「開発当初ボイスはいらないだろうと思っていたが、βテストの要望で1番多かったのがボイスが欲しいということ。
1,000リツイートいったらボイス入れますとしたらすぐにいってしまった。
どうしようと思ったが、そうなら入れようと」(中村氏)。
登場する声優も、杉田智和さん、内田真礼さん、佐倉綾音さん、門脇舞以さん、小野友樹さんとかなり豪華な内容。
しかも小野さんは本人役でも登場する。

小野さんは「お」のキャラなので見つけやすいそうだが、獲得方法はクエストを30回クリアすればOKとのこと。
無料で手に入るようだ。
「30回はあっという間なのでプレイしてください」と中村氏。

ここで実機プレイのデモへと移る。
まずはナメカタ氏がシングルプレイをすることに。
ことばが2文字以上つながると攻撃ができ、ことばが連鎖するとコンボになるのだが、どうやら会場でのデモプレイでは、12コンボを出した人がいるのだとか。
そこで「10コンボ以下にはならない、13コンボを目指す」がミッションとなった。

そしてプレイスタート。
ことばがつながるようにひらがなを配置していくのは結構大変だ。
ことばがなかなかつながらない。
「何が出ますかね」と、入れられそうなことばを思わずつぶやく山下さんに「答え言っちゃダメ!」と突っ込む中村さん。
「思わずいいたくなるんですよね」と山下さん。
みんなでつながりそうなことばを言いながらプレイすることとなった。
しかし10コンボはならず、残念ながら最高8コンボで終わってしまった。

次は山下さんと中村氏、ナメカタ氏の3人でのマルチプレイへと移る。
「さっきはうるさかったからね、どんだけのものを見せてくれるか」と山下さんを焚きつける中村氏。
氷の大陸にいる「ユルハゲモノ」というボスにチャレンジだ。
ちょっと難しいステージで、「油断すると死んでしまうステージです」(ナメカタ氏)。
今度は3人で協力して10コンボを目指す。

「この文字がいいでしょ!」とみんなで言いながらプレイを進めていくが、ダメージがなかなか与えられない。
「そうじゃねえよ、お前仕様わかってないな」と中村氏がナメカタ氏に突っ込む場面も。
ユルハゲモノは水属性なので、4文字の木属性攻撃なら、かなりダメージが与えられるのだが……。
受けたダメージの方が大きく、クリアならず。
「10回くらいやっていて3ターン目で倒してたんだけどな……」とつぶやくナメカタ氏。
おわびに山下さんが、会場で配られるコトダマンのシールを配る。

ただ、楽しそうな雰囲気だけはかなり伝わってきたプレイだった。
山下さんも「楽しかったー!」と一言。

ところで4月16日からの配信だが、「時間は言いません」と中村氏。
「何かあったときに困るので。
夜には配信できるようになっていると思います。
これから続きますので、焦らずよろしくお願いします」(中村氏)。

なお、事前登録10万件突破が達成したので、バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさんである「みここ」がプレゼントされる。
あしたの配信後ログインするともらえるとのこと。
「★5の強力なキャラなんで使ってください」(中村氏)。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「アレックスキッド」と「ゲイングランド」がSEGA AGESで復活だ!

 【15//2018】

 「アレックスキッド」と「ゲイングランド」がSEGA AGESで復活だ!


セガゲームスは、東京・ベルサール秋葉原で開催された「セガフェス2018」のステージイベント「クラシックゲームステージ」において、初日のプレゼンテーションで発表された、Nintendo Switchで蘇る「新生SEGA AGES」のより詳細な発表を行なった。


ステージにはセガゲームスの下村一誠シニアプロデューサー、奥成洋輔スーパーバイザー、開発を手がけるエムツーの堀井直樹氏、アーティストのMC8bitさんの4名で熱いトークがかわされた。

下村氏は今回の経緯について「『セガ 3D復刻プロジェクト』第3弾の評価が高かったので、このままにしておくのももったいないということで、再度プロジェクトを進めることになりました」と説明。
プロジェクト名を「SEGA AGES」としたのは「ワールドワイドで展開するので、どこの国でも認識してもらえる名前ということで、チーム内で投票したところ満場一致で『SEGA AGES』に決定した」という。

■「メガドライブ」の処理落ちまで再現した「サンダーフォースIV」のデモプレイを披露
まずは14日に発表されたラインナップ3タイトルの、より細かい発表が行なわれた。

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」は奧成氏曰く、普通に遊べるのは当然のことで、すでに発表されているとおり追加要素が数多く盛り込まれる。
ニンテンドー3DSに収録されている要素はすべて収録されており、オリジナルのメガドライブ版にはない「スピンダッシュ」ももちろん追加されている。

そして目玉の1つが、「メガプレイ版」の「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の収録。
「メガプレイ版」とは、奧成氏によればいわゆるタイムアタックに特化したアーケード版の「ソニック」で、かなりやり応えのある内容だという。
堀井氏は「メガプレイ版」に関するハードウェアの特殊性を保存しておきたかったと言い、すでにNintendo Switchでの動作までは確認しているという。

この「メガプレイ版」の「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」は高田馬場のゲームセンター「ミカド」に入荷しているという。
一足ご覧になりたい方はぜひとも足を運んでいただきたい。

「サンダーフォースIV」は、テクノソフトの傑作シューティングシリーズ「サンダーフォース」シリーズの中でも人気の高い4作目。
セガサターン版に入っていた要素はすべて収録され、ミスしても武器がなくならない“キッズモード”も収録されている。

そしてオンラインで競い合って欲しいということから、オンラインランキングにも対応。
堀井氏は「『オンラインランキングなんて対応できるのか?』という声があるかもしれませんが、もう機能としてつぶしたから!」と力強く宣言。
「セガフェス2018」の会場に出展されているとおり、「サンダーフォースIII」のプレーヤー機であるステュクス(FIRE LEO-03 STYX)でプレイすることができる。

そして、記念すべきシリーズ1作目となる「ファンタシースター」もラインナップに挙っている。
プレイステーション 2版として発売された「SEGA AGES 2500シリーズ Vol.32 ファンタシースター コンプリートコレクション」に収録されている内容はすべて網羅。
さらに、今風の難易度にした遊びやすさを、よりわかりやすく見せる試みを行なうという。
今回「ファンタシースター」がラインナップに挙った理由は、なんと当時開発に携わっていた小玉理恵子氏がSEGA AGESのプロデューサーを担当することからだという。

ここで、すでに動作が確認されている「サンダーフォースIV」のデモプレイをMC8bitさんが披露。
非常に安定したプレイ内容で、キッズモードとはいえ、2面までをあっさりとクリア。
処理落ちについても触れられ、Nintendo Switchのマシンパワーでは難なくクリアできる処理だが、適度に処理落ちしなければゲームとしての難易度がかなり上がってしまうため、“メガドライブの処理落ち”を再現しているという。
同様に操作遅延についても極めているとか。
こういったこだわり具合が、ファンの心に突き刺さるといえる。

■追加ラインナップを発表。
遂にあの「アレックスキッド」が帰ってくる!
ここで追加ラインナップが2本発表となった。
追加されたのは「アレックスキッドのミラクルワールド」と「ゲイングランド」。
「アレックスキッド」は「セガ 3D復刻プロジェクト」のシリーズでも何度となくネタとしては盛り込まれていたが、収録されることはなかった。
しかし、遂にNintendo Switchで復活となる!
奧成氏は「世界的に見るとキャラクターとしての人気は高い」と語り、欧州やオーストラリアではバーチャルコンソールの売り上げもかなり高かったのだという。
今回、攻撃ボタンとジャンプボタンの配置を変更できるなど様々な追加要素が盛り込まれ、プレイステーション 3版への移植時の特殊なモードもサポートする。

そして人気の高い「ゲイングランド」も登場する。
今回アーケードの縦画面となっている。
当時としてはかなりの高解像度のゲームで、3DSの「セガ 3D復刻プロジェクト」でもファンから移植の要望は高かったというが、解像度の問題で断念したという。
「ゲイングランド」に関しては下村プロデューサーが「1番やりたかった!」と語り、堀井氏も「我々もやりたかった」と語るなど、こちらも念願のラインナップ入りだと言える。

ちなみに今回のSEGA AGESでは「全15タイトル以上」とある。
15本と決まっているわけではなく、反響いかんによってはその後の展開もあり得るというわけだ。

最後に奧成氏は「今回アーケードタイトルは1タイトルだけじゃないかという声があるかもしれない。
実はエムツーさんが絶賛開発中で、発表を待って欲しいと申し入れがあった。
アーケードタイトルはメインでたくさん用意しています! 続々と登場します」と語った。

続けて挨拶を行なった下村氏は「Nintendo Switchのハードの特性が、クラシックゲームと見事に融合できたとおもう。
今後、SEGA AGESは数年続けていきたいので、ご支援いただきたい」と語り、「支援を頂ければ、セガサターンやドリームキャストなどラインナップを拡げていって良いと思う」と語ると会場からは大きな拍手が巻き起こった。

今後のラインナップ発表も楽しみだが、まずはこの夏から順次配信されるタイトル群を楽しみに待ちたいところだ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「LJL 2018 Spring Split」Final開催!伝統の「PENTAGRAM」と「DFM」が激突!

 【15//2018】

「LJL 2018 Spring Split」Final開催!伝統の「PENTAGRAM」と「DFM」が激突!


ライアットゲームズは4月14日、「リーグ・オブ・レジェンド(以下、LoL)」において、「『League of Legends』 Japan League(以下、LJL)Spring Split Split Final」を「Red Bull Gaming Sphere Tokyo」で開催した。


「LJL Spring Split Split Final」は国内プロリーグ「LJL」の2018年シーズン前半戦の決勝戦にあたり、シーズン終了時にチームランキング2位につけた「PENTAGRAM(旧RAMPAGE。
以下PGM)」とランキング1位の「DetonatioN FocusMe(以下、DFM)」がBO5(3本先取)ルールにて対戦した。

DFMvsPGMの伝統の1戦。
シーズン開始前に発覚した不正によるペナルティにより厳しい戦いを強いられていたにも関わらず2位につけ、RAMPAGE時代から通算して前人未到の4連覇に王手をかけるPGMと、今シーズン未だに無敗で決勝まで進んできたDFM。
日本一のチームを決める試合を前に、試合開始前から会場は熱気に包まれていた。

その熱の表れか、決勝戦のチケットはあっという間に予定枚数の配布を完了したとのこと。
各地で試合のパブリックビューイングによる試合観戦も行なわれ、試合会場となったRed Bull Gaming Sphere Tokyoにもその様子が伝えられた。

■今季無敗のDFMと、4連覇に王手をかけるPGMが激突!
試合開始前は、「ここまで無敗のDFMがこのままの勢いで勝利するのでは?」との声が多かった本戦。
PGMが如何に耐えるかが重要になってくると思われていたが、この大一番でPGMの選手達は高いパフォーマンスを発揮した。

大事な1戦目、BO5の初戦はお互い慎重に相手の出方を伺う展開になりやすい。
実際、お互いのPickは現在のメタにあった構成だ。
DFMの構成は、「ケイトリン」を中心にしたシージ構成(射程やミニオン処理力を活かしオブジェクトに圧力をかける構成)、一方のPGMは「ナー」や「ブラウム」などをピックし、集団戦に強い構成だ。

試合はまずDMFのJg、Steal選手が試合を動かした。
Topにガンクを刺し、ファーストブラッドを獲得。
これによりDFMがTopのEvi選手を中心に試合を動かすという、いつもの勝ちパターンに入れるかと思ったのだが、対するPGMはMid・Botレーンがジャングラーの介入なしで有利をとる。
その有利を追い風に「オラフ」をピックしたPGM Once選手が自由に動き周り、DFMの動きを制限していく。

試合が大きく動いたのは中盤にさしかかろうとしていた12分。
Botレーンで発生した戦闘に全員が集合し、5vs5の集団戦へと発展。
ここでDFMは有利を作っているEvi選手を活かして勝ち切りたかったが、判断ミスもあり敗北。
PGMのTopレーナーであるPaz選手が2キルを獲得し、抱えていたTopでの不利を帳消しにした。

この集団戦で全レーンで優位に立ったPGMはドラゴン・リフトヘラルドを立て続けに獲得。
一方のDFMは珍しくミスが目立ち、次々とタワーを失っていく。

終盤、PGMはエルダードラゴンを獲得し、DFMはそのタイミングで起死回生のバロンを狙ってトレードを試みる。
しかし、PGMはその動きに素早く寄って妨害、バロンまでも獲得した。
このままバロン、エルダードラゴンの2大バフを獲得したPGMがネクサスまで押し込み、タワーを1本も折らせずに勝利した。

続く2戦目。
PGMのMidであるRamune選手が「エコー」、DFMのADCであるYutapon選手が新チャンピオン「カイ=サ」をピック。
中々見られないピックに会場からは歓声が上がった。

試合は序盤にPGMのBotレーンがCS、Midのラムネ選手のエコーがカウンターガンクの成功によってそれぞれ有利を得ると、DFMのコミュニケーションエラーもあり、Botで発生した小規模戦で勝利。
序盤に得た有利を活かしてローテーションを行ない、タワーも獲得する。

逆転を狙うDFMは、複数人で孤立しかけたラムネ選手を捕まえようとするもギリギリでキルをとれない。
追いかけられたエコーはアルティメット「クロノブレイク」で体力を回復し、そこからPGMのメンバーが一気に集結。
発生した集団戦で勝利する。
ここで得た有利が決定打となり、PGMは圧倒敵な火力でDFMを壊滅させ、またしてもタワーを1本も折らせずに勝利をものにした。

もう後がないDFMは、MidのCeros選手の得意チャンピオンである「ジグス」を投入。
一方でRamune選手は「ゾーイ」をピック。
DFMの勝利を願うファンからはDFMコールが起こった。

試合は序盤、TopへのガンクをPGMが決め、Top、Jgの有利をつくる。
さらにMidのゾーイがパッシブで得た「リデンプション」を使用し、アシストを獲得。
幸運な形でMidも僅かながら有利を得た。

一方のDFMはBotで起きた3vs3の小規模戦にジグスのアルティメットを使用。
長射程の「メガインフェルノボム」を活かして1キルを取り返した。
しかし流れは変わらず、PGMがレーン・ジャングルで築いていた有利を活かしてリフトヘラルドを獲得し、それを使用してBotレーンのタワーも破壊。
これによりBotレーンが自由になる。

この後はOnce選手のピックした「タム・ケンチ」のアルティメット、味方と共に移動する「船旅」を活かしてMidでもキルを獲得。
有利をどんどん広げていく。

PGM有利のまま試合は進み、展開はMidでの睨みあいからジャングルでの駆け引きという流れを繰り返す形に。
こうしたジャングル内での小競り合いではPGMのゾーイとOnce選手の使う「トランドル」が光る。
両チャンプ共地面に設置するタイプのスキルを持っているため、狭いジャングル内でのやり取りを有利に進められるのだ。

DFMもジグスのミニオン処理能力や、ブラウムの味方を盾で守る動きでなんとか耐えるが、ゾーイのスキルが当たるだけで大幅にHPが削られてしまう状況だ。
結局手数による圧力でマップを支配したPGMがオブジェクトを獲得していく。

終盤、バロン前でのやり取りもゾーイとトランドルが活躍。
PGMは何度もバロンを触り相手のミスを誘うもDFMは慎重に対応し、徐々に不利を縮めていく。
しかし、その間にPaz選手の「ナー」がBotレーンを押しタワーを獲得。
その後、相手のリコールのスキをついてバロンまで獲得し、一気に試合を動かした。
最終的にPGMが集団戦で圧勝、結局3試合連続でDFMにタワーを1本も折らせず、PGMはLJL4連覇という快挙を成し遂げた。

■試合後にはファンミーティングも開催!
今回は試合後にファンミーティングが行なわれ、PGM・DFM両選手とそのファンが、写真撮影や握手などで交流した。
PGMの勝利に喜ぶファンがいる一方で、DFMの敗北に涙を流す女性ファンがいるなど、LJLがサッカーのようなスポーツと同じようにファンを獲得していることを改めて実感させられた。

また、本試合は、日本テレビesports研究チーム-LoLファン・ゲーム好き有志主催のもと、日テレホールにてビューイングパーティーが行なわれた。
巨大なスクリーンを前にライブ配信を楽しむファンの姿は大会会場にも中継されており、会場をまたいだ盛り上がりを感じることができた。
また、CyberZ主催のもとベルサール渋谷ガーデンにてパブリックビューイングも開催されており、そちらも大いに盛り上がったようだ。

さて、試合を制したPGMは5月3日よりヨーロッパで開催される国際大会「2018 Mid-Season Invitational(MSI)」に日本代表として挑むことになる。
今年は公式プロリーグがある全14地域が参加するということもあり、大いに盛り上がることが期待される。
世界に対して、PGMがどう戦うか、期待がかかる。
1人のファンとしても応援していきたい。

© 2018 Riot Games. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ヒューマンアカデミー、スクエニの時田貴司を招くセミナーを実施─全国12校で開催

 【15//2018】

ヒューマンアカデミー、スクエニの時田貴司を招くセミナーを実施─全国12校で開催


教育事業を運営するヒューマンアカデミーの全日制専門校「総合学園ヒューマンアカデミー」は、スクウェア・エニックスの時田貴司氏を招いて行う「ゲームクリエイティブフェスタ」を実施します。


グラフィック、企画、サウンド、そしてシナリオと多方面に渡って活躍する時田氏は、『ライブ・ア・ライブ』、『ファイナルファンタジーIV』、『半熟英雄』シリーズ、『ナナシ ノ ゲエム』シリーズなどのディレクションやプロデュースにも携わっており、ゲーム業界の最前線を走り続けているゲームクリエイターのひとりです。

今回の「ゲームクリエイティブフェスタ」では、時田氏はもちろんのこと、ヒューマンアカデミーを卒業しスクウェア・エニックスで働く開発スタッフなども登壇し、ゲーム開発に関するポイントを解説するとのこと。
4月21日の広島校を皮切りに、全国の学園で実施する予定です。
なお、参加費は無料。
参加希望者は、申し込みを済ませておきましょう。

URL:http://ha.athuman.com/event/game_20year/post_1694.php?code=140168
◆開催スケジュール
■広島校
日程:4月21日(土)
時間:13:00~
■札幌校
日程:4月28日(土)
時間:13:00~
■仙台校
日程:程4月29日(日)
時間:13:00~
■秋葉原校
日程:5月13日(日)
時間:13:00~
■横浜校
日程:5月19日(土)
時間:13:00~
■静岡校
日程:5月20日(日)
時間:13:00~
■鹿児島校
日程:6月2日(土)
時間:13:00~
■福岡校
日程:7月8日(日)
時間:13:00~
■神戸校
日程:7月14日(土)
時間:13:00~
■那覇校
日程:7月15日(日)
時間:13:00~
■名古屋校
日程:7月21日(土)
時間:13:00~
■大阪校
日程:8月25日(土)
時間:13:00~


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

新ソウルなどの新情報や、会場からの生出撃も! 『ソウルリバース』ステージ“ソルリバTime!!出張版”をリポート

 【15//2018】

新ソウルなどの新情報や、会場からの生出撃も! 『ソウルリバース』ステージ“ソルリバTime!!出張版”をリポート 


文・取材・撮影:西川くん
2018年4月14日~15日の期間、東京・ベルサール秋葉原にて開催された“セガフェス2018”。
会期2日目、2018年2月22日より稼動中のアーケードゲーム『ソウルリバース』のステージ“ソルリバTime!!出張版”が開催された。

『ソウルリバース』は、10対10で対戦し、陣地を奪い合うアクションゲーム。
プレイヤーはウォーリアー、ナイト、レンジャー、メイジといった特徴の異なる4つのクラスからひとつを選択し、広大な戦場で大乱闘をくり広げる。
最大の特徴は、“アーサー”、“ランスロット”などの英雄たちに力を借りて必殺技を放つ“スキル”や、英雄に変身して超強力な攻撃で敵を一網打尽にできる“ソウルリバース”。
その状態のみ発動可能な超必殺技“ソウルアーツ”といった、ソウルに関連したシステムだ。
ちなみに、開発はセガの名チーム・AM2研が行っている。

ステージには、本作のプロデューサーである酒井清隆氏(サカイP)と、ファミ通でおなじみのブンブン丸、ゲーマータレントの梨蘭さんが出演。
ちなみに、ブンブン丸と梨蘭さんは、公式プレイヤー“ソルリバ隊”として、全国各地でのイベントなどで、さまざまな活動を行っている。

まずは、4月10日にアップデートされたばかりの、Ver1.2をおさらい。
今回のバージョンは、サカイPがユーザーの意見を多く取り入れたとのことで、大きな変更点で言うと、プレイヤーどうしの腕前とランクが近くなるように、マッチングの仕組みが変更された。
また、ややクセの強かった移動関連のシステムも改善。
これには、ブンブン丸が「遊びやすくなりましたよね」とコメントし、梨蘭さんも「いろいろな場所に行けるようになったので、ウォーリアー以外のクラスも遊んでいます」と、その快適さに喜んでいる様子だった。

続いては、会場に用意された筐体を使用して、ブンブン丸&梨蘭さんが、実際に全国出撃をするコーナーへ。
使用クラスは、ふたりともナイトを選択。
なお、梨蘭さんのカードがサカイPのものを使用しての出撃ということで、マッチングのランク(カルマ)がゴールド前後の上級者たちとの戦いとなった(ランクの高さは、下からブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナの順)。
なお、本作はマップの奥にいる相手チームの“神将”を倒すことで、自チームの勝利となる。

ゲーム序盤から押して押されての乱戦となった1戦目。
ブンブン丸は、背後から強力な一撃“バックスタブ”を決めまくり、相手プレイヤーを続々と撃破。
中盤には敵チームの神将に突撃し、アーサーにソウルリバース!強力なソウルリバース状態を、相手プレイヤーを倒すために使うのではなく、神将に攻撃するために使用するという、お手本のようなプレイを披露した。
梨蘭さんも同じくソウルリバースによる神将への攻撃を狙うが、相手チームがうまく防衛に回り、残念ながら失敗。
梨蘭さんのとにかく突撃するプレイスタイルには、ブンブン丸も思わず「梨蘭ちゃんはウォーリアーみたいだね!」と、ツッコミを入れていた。
チーム全体としては苦戦した状況が続く中、なんとか善戦するも、1戦目はギリギリのところで敗北。

2戦目では、ブンブン丸が「スキルをたくさん使うと、ソウルリバースしやすいんですよ」と、攻略情報を披露しつつ、ソウルリバースの頻度を高めてのリベンジを狙う。
序盤から、ブンブン丸は陣地の奪取ではなく、コッソリと神将だけを狙ってくる、いわゆる“裏取り”という戦略を警戒して自軍の陣地の防衛に回る。
梨蘭さんは攻めに回り、相手陣地を狙いにいくも、敵の猛攻が激しく防戦一方。
バトルは終盤近くなり、チーム全体は大幅に劣勢。
隙を見つけて梨蘭さんが神将を狙いにいくが、相手チームはその隙を埋めるかのように、ほぼ全員で防衛役に回るという素晴らしいチームワークを見せ、2戦目も残念ながら敗北となってしまった。

続いては、4月23日に行われるアップデートの新情報を公開。
まずは4体の新ソウルが追加されるとのことで、スキルやソウルアーツの動画も披露された。
なお、すでに発表済みされている情報として、今回のアップデートでは新武器種の槍、片手斧などの追加も行われる。
ちなみに、アイテムが多く獲得できるなど、現在実施中であるVer1.2キャンペーンが好評につき、1週間の期間延長が行われることも告知された。

ステージの終わりには、出演者全員でお別れのご挨拶。
ブンブン丸は「残念ながら負けてしまいましたが、『ソウルリバース』はみんなで勝ちを狙って戦うのが楽しいです!」と、本作の魅力をアピール。
梨蘭さんは「アクションが苦手な人でも、ソウルリバースをすればかんたんに敵を倒せますよ!」と、初心者へのアドバイスを送っていた。
最後にサカイPが「現在もいろいろな意見を貰っています。
これからも皆さんの意見を取り入れて、より遊びやすいゲームにしていきます。
リアルイベントもどんどん開催していきますよ!」とアピールし、本ステージは終了となった。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

初代『戦場のヴァルキュリア』が今秋、Switchにやってくる!「戦ヴァル4」Switch版も今秋へ延期

 【15//2018】

初代『戦場のヴァルキュリア』が今秋、Switchにやってくる!「戦ヴァル4」Switch版も今秋へ延期


SRPGとアクションを融合した『戦場のヴァルキュリア』シリーズの初代作品が『戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch』として、任天堂のハイブリッド機向けに発表された。
2018年秋に配信予定で、価格は1990円(税別)だ。
なお、2018年夏に発売予定だった『戦場のヴァルキュリア4』Switch版も秋に延期となった。

「戦場のヴァルキュリア」画像・動画ギャラリー
初代『戦場のヴァルキュリア』は2008年にPS3でデビューしたタイトルだ。
水彩画のようなグラフィックスタイル「CANVAS」と、SRPGにアクションを取り入れた戦闘システム「BLiTZ」は高く評価された。
本作はIGN本家の2008年GOTYでもPS3のベストストラテジーゲームに選ばれた。
2014年は海外ではPC版も発売され、非常に好評だったという。
国内では2016年にPS4向けの『戦場のヴァルキュリア リマスター』が発売し、さらに今年3月21日はシリーズの7年ぶりのナンバリング新作『戦場のヴァルキュリア4』がPS4向けに発売した。
シリーズの原点回帰を果たした作品として好評を得ており、IGN Japanのレビューでも8.4点を獲得している。

『戦場のヴァルキュリア4』の存在が明らかになったとき、本作は2018年夏にSwitch向けに展開されると発表されたが、2018年秋へ延期となった。
なお、価格は7490円(税別)になることも決定した。
初回封入特典としては『戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch』が500円(税別)で購入できる「割引価格購入券ダウンロ ード番号」がもらえるとのこと。
『戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch』とSwitch版『戦場のヴァルキュリア4』の具体的な発売日はまた不明だ。
前者についてはエクストラコンテンツもすべて収録されていることは判明しているが、内容がPS3版の移植か、またはPS4のリマスターをベースとしているかは定かではない。
『戦場のヴァルキュリア4』についても、PS4版との違いについての詳細はまだ不明だ。
続報に注目したい。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『戦場のヴァルキュリア』がスイッチに! 人気シリーズの原点をeショップで今秋配信

 【15//2018】

『戦場のヴァルキュリア』がスイッチに! 人気シリーズの原点をeショップで今秋配信


セガゲームスは、ニンテンドースイッチソフト『戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch』を、ニンテンドーeショップにて配信すると発表。
配信時期は、2018年秋となります。


イラストの魅力を取り入れた独特な描画システム「CANVAS(キャンバス)」を用いて、架空のヨーロッパを舞台に繰り広げられる戦争を描いた『戦場のヴァルキュリア』。
戦略とアクションが融合したバトルシステム「BLiTZ(ブリッツ)」による戦いは、手に汗握る戦闘の緊張感を提供し、多くのユーザーから好評を博しました。

その独自性を軸に、累計販売本数100万本以上を記録したシミュレーションRPG『戦場のヴァルキュリア』が、いよいよニンテンドースイッチに進出を果たします。
オリジナル版のエクストラコンテンツも完全収録。
TVモードで迫力溢れるシーンを大画面で楽しむもよし、携帯モードで場所を選ばず遊ぶもよし。
『戦場のヴァルキュリア』の原点を、スイッチでも味わえるようになります。

また、スイッチ版『戦場のヴァルキュリア4』の初回封入特典として、『戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch』を500円(税抜)で購入できる「割引価格購入券ダウンロード番号」の封入が決定。
こちらも見逃せないポイントとなるでしょう。

◆『戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch』商品概要
商品名:戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch
対応機種:Nintendo Switch ※ニンテンドーeショップからのダウンロード販売
発売日:2018年秋 配信予定
価格:1,990円(税抜)
ジャンル:アクティブ・シミュレーションRPG
プレイ人数:1人
◆スイッチ版『 戦場のヴァルキュリア4』商品概要
商品名:戦場のヴァルキュリア4
対応機種:Nintendo Switch
発売日:Nintendo Switch版 2018年秋 発売予定
価格:Nintendo Switch版 7,490円(税抜)
ジャンル:アクティブ・シミュレーションRPG
プレイ人数:1人
初回封入特典:『戦場のヴァルキュリア for Nintendo Switch』割引価格購入券ダウンロード番号
※ダウンロード版を購入の方にも同様の権利が付与されます。
※PlayStation4版初回特典の追加ミッション「先行特別作戦」は、ゲーム内に収録されております。

(C)SEGA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ぷよぷよチャンピオンシップ in セガフェス2018」開催! 11人のプロと4人の強者が集い激突

 【15//2018】

 「ぷよぷよチャンピオンシップ in セガフェス2018」開催! 11人のプロと4人の強者が集い激突


4月15日、東京、ベルサール秋葉原で開催された「セガフェス 2018」にて、「ぷよぷよチャンピオンシップ in セガフェス2018」が開催された。


本大会は「ぷよぷよ」シリーズを使用した、JeSU公認大会。
事前に認定された11名のプロライセンス認定選手と14日に開催された「ぷよぷよカップ in セガフェス2018」上位入賞者4名の計15名が参戦。
試合順の抽選でoka選手はシード権を獲得し、準々決勝からの出場。

大会はPS4版「ぷよぷよテトリス」の「ぷよぷよvsぷよぷよ」モードを使用した2本先取、2試合先取のトーナメント戦。
試合は2試合ずつ行なわれ、その都度どちらを実況するか観戦者が決める形式だった。

「ぷよぷよ」の大会シーンは思った以上に激しく、熱く、華やかだった。
今までに様々な大会を観戦してきた筆者だが、「ぷよぷよ」の対戦は格闘ゲームやFPSとは違ったベクトルの血湧き肉躍る瞬間があり、多彩な戦法がある。
それは頑張って3連鎖、よくて5連鎖程度の積み方しかできない筆者でも十二分に楽しめるし、そこに的確な実況や解説が入るとさらに楽しめる。

「弥生積み」や「階段積み」、定石や複雑な戦法などは知らなくてよいのだ。
「あぁ、大連鎖だ」とか「小さな連鎖を積んで戦っているな」とか、そういった小さな感動の積み重ねがこの大会に熱中するエッセンスとなる。
”単純だけど奥深い”をここまで表現したゲームはそうそうない。

さて、試合の模様をお伝えしよう。
試合開始前に「負ける気がしない」と話していたMATTYAN選手。
へーょまは選手は「MATTYAN選手に勝ったことがないので、勝ちたい」と話す。
Tom選手はえさし選手との対戦だ。

Kamestry選手は「勢いに呑まれず勝ちに行きたい」とし、meta選手は「初めて勝ったときと同じくサンダル履いてきたので、勝てると思います」という。
マッキー選手は「昨日の大会に続いて勝ちたい」、めいせつ選手は「他シリーズの強豪と聞いているが勝ちたい」と話した。
ここでは連鎖ダブル、トリプルの応酬がみられた。
同時に2種以上のぷよを消すことで多めのおじゃまぷよを送れる戦法となっている。

Kuroro選手は「帰宅困難になるほどボロボロにする」と話したのに対し、もこう選手は謙虚に返す、tema選手はくまちょむ選手を「2番目に戦いたくない相手」としていた。
ここでは双方大連鎖を組んでの大量のおじゃまぷよが飛び交う対戦となり、会場は大きくどよめくシーンが何度もあった。

続く選手はlive選手。
「前回セガフェスで優勝したので勝って2連覇したい」とし、あめみやたいよう選手は「海外大会で優勝しているので、全力を出していきたい」という。
しかしlive選手、あめみやたいよう選手の連鎖を絶妙なタイミングで潰していき勝利。

そして準々決勝、MATTYAN選手とTom選手、Kamestry選手とマッキー選手の対戦。
大連鎖が続く激戦となり、息を呑む戦いとなった。

次はくまちょむ選手対Kuroro選手、live選手対oka選手。
oka選手は「前回負けてしまったliveさんにリベンジをしたい」という。
ここではlive選手が速攻によるストレート勝ちを決め、くまちょむ選手はKuroro選手の連鎖を塞いでいき勝利。
ここで実況を行なっていたもこう選手はくまちょむ選手、Kuroro選手の戦いを「1秒でも長く観ていたい」という大接戦となった。

準決勝第1回戦はTom選手対Kamestry選手。
実況のKuroro選手は「攻撃のTom選手、防御のKamestry選手」と評し、双方大接戦を繰り広げる。
大連鎖の続く戦いで勝利をつかんだのはKamestry選手となった。

第2回戦はくまちょむ選手対live選手。
2連鎖の殴り合いを制すlive選手、きわどいlive選手の大連鎖をかわしきるくまちょむ選手。
第1試合はくまちょむ選手が勝利し、そのまま押し切るようにくまちょむ選手が勝利した。

決勝戦に入る前に3位決定戦が行なわれた。
Tom選手とlive選手の戦いをKuroro選手は「2人とも似ている印象」としていたが、1連鎖のジャブや大連鎖を続けるバトルを制したのはTom選手となった。

決勝はKamestry選手とくまちょむ選手の戦い。
今まで何度も戦いを重ねてきたというが、くまちょむ選手は「絶対に勝つ」と宣言。
Kuroro選手はKamestry選手の防御型を「くまちょむ選手が防御型にした」と評す。

決勝では小連鎖による差し合いもあり、双方が大連鎖を作ってぶつかり合う場面もみられた。
さすが決勝と言うべき白熱した戦いが繰り広げられ、その末に勝利をつかんだくまちょむ選手と健闘したKamestry選手には大きな拍手が贈られた。

優勝したくまちょむ選手は「信じられない」とまず一言。
eスポーツとなった「ぷよぷよ」に対して、「これから『ぷよぷよ』の大会は増えていくし、長年続けてきたプレーヤーの身としては嬉しい」と話す。
これからの意気込みを聞かれると「まだわからないが、目の前のことを1勝1勝続けていきたい」としていた。

表彰式の後、実行委員長の宮崎浩幸氏は「今回の大会は手探りだったが、盛り上がり楽しい大会となったと思う。
いろいろできるなと思ったらすぐやるのがセガということで」として、6月より「ぷよぷよチャンピオンシップ」を6月より隔月開催することを決定。
6月大会の優勝賞金は25万円で、6月3日に東京浅草橋の浅草橋ヒューリックホールにて開催する。
さらに賞金100万円の「特別大会」を9月に開催することも決定した。

また、eスポーツとしての「ぷよぷよ」に年間ランキングを実施すると発表。
年間ランキングに応じたプロライセンス認定大会を3月に実施するほか、プロ・一般混合大会「ぷよぷよカップ」を6月より隔月開催すると決定。
6月大会は「チャンピオンシップ」同様浅草橋ヒューリックホールにて開催予定で、この大会で4位までに入賞したプレーヤーはプロライセンス認定権を与えるとしている。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

4人でわいわい共闘プレイが楽しい!ターン制RPG『クロノ ブリゲード』完成披露の宴レポ

 【15//2018】

4人でわいわい共闘プレイが楽しい!ターン制RPG『クロノ ブリゲード』完成披露の宴レポ


2018年4月13日、エヌ・シー・ジャパンの自社開発スタジオであるLIONSHIP STUDIOが贈る、新作スマートフォンアプリ『クロノ ブリゲード』の完成披露の宴が開催されました。
『クロノ ブリゲード』は最大4人で共闘できるターン制RPGで、仲間とコミュニケーションしながらベストな攻撃順を完成させ、強大な敵とのバトルが楽しめる作品です。


まずは、本作のプロデューサーでありLIONSHIP STUDIOの代表取締役である小川陽一郎氏が登壇し、ゲームの紹介が行われました。
なお、イベントの司会は吉田尚記さんです。

「クロノブリゲード」とは時の旅団という意味で、彼らは時間に干渉し、世界の秩序を守ります。
しかし、時を巻き戻すと代償として記憶を失うとのこと。
本作では記憶をなくした主人公が、10章から巻き戻っていく物語を体験できます。
冒険の部隊となるのは、魔導のウルズ王国、機械技術のベルザンディ共和国、古代科学のスクルド帝国という運命の女神の名を冠する三国で、さまざまなフィールドが用意されています。

バトルで用いる「ソウルカード」は、さまざまな能力を宿した個性豊かなカードがそろっています。
強いカードほど額縁から飛び出してくる立体感や迫力があり、動いている躍動感にも注目です。
カードのデザインそのものも美しいので、鑑賞目的でコレクションする楽しみもありますね。


『クロノ ブリゲード』のバトルは、最大4人で共闘できるカードバトルです。
ソウルカードは10枚のデッキから3枚の手札が選択されます。
そして、場に出たカードのうち、数字が小さい順に行動します。
各ターンの制限時間は30秒。
ただし、ここで同じ番号を選択したプレイヤー/モンスターは「バッティング」します。
バッティングはプレイヤー/モンスター関係なく発生し、ともにダメージ減少効果が発生。
プレイヤー同士がバッティングした場合、2人のプレイヤーがともにダメージ減少。
プレイヤーとモンスターがバッティングした場合でも両者のダメージが減少します。

タイムラインにそって行動が行われたり、バッティングでダメージ減少が発生する以外にも、本作の戦略要素はあります。
それは、カードに種類があること。
通常のバッティング効果が発動する「アタックカード」以外に、バッティングした相手のカードの攻撃力をあげる「アッパーカード」、バッティングすると自分のダメージが減らない「ブロックカード」があります。
各ソウルカードについている効果によってバッティング効果が変わるため、あえて敵とバッティングさせて攻撃を防いだり、味方とバッティングさせてダメージをアップさせたりといった戦略があり、共闘プレイをより盛り上げる要素となっています。

ここで『クロノ ブリゲード』の実機プレイが行われました。
ゲストとして「週刊みんなでクロブリ」に出演されている、アリア役の福島亜美さん、COJIRASE THE TRIPの217さん、COJIRASE THE TRIPのあすぱらさん、神聖かまってちゃんのちばぎんさんが登壇。
かわいらしいクロブリポーズや、エアでプレイした気分になるエアクロブリなど、会場は一気に賑やかなムードになりました。

4人によるデモプレイでは、「9と10のアッパーあります!」「2のダウンがあるので使います!」「普通に7のアタックで攻撃します!」などと声を掛け合いながらプレイ。
ターン制ではありますが、30秒というターン制限もあるのでテンポよく状況が展開。
次のカードが1枚見えるため次を見据えたカード編成や、バッティングしていないキャラクターに当たる爆弾、キャラクターの国や属性がそろうとビンゴ状態になり効果がアップといった要素が見られ、バトルの奥深さを感じられました。
わいわい、がやがやとコミュニケーションを取って楽しめるため、声を出したくなるような本作らしい魅力も垣間見られました。

YouTube:https://youtu.be/Rqk0M2OMV-c
ここで、マテンロウの大トニーさんとアントニーさんが出演される『クロノ ブリゲード』Web限定の動画が公開されました。


続いて、本作に出演しているライト役の小野賢章さん、リズ役の植田佳奈さん、パルテナ・ナナ役の名塚佳織さんが登壇。
ゲーム冒頭の衝撃的なイベントシーンを生でアテレコする、スペシャルスキットが演じられました。
姫に刺された主人公が、記憶を代償に時間を巻き戻りながら過去のエピソードを思い出していくという物語。
しっかりした世界観、暗い過去があったりミステリアスな要素のあるキャラクター、そしていきなり序盤からクライマックス感のあるシナリオという『クロノ ブリゲード』の魅力を存分に伝えていました。

最後に、『クロノ ブリゲード』のリリース日が2018年4月18日に決定しました。
プレゼントキャンペーンとして、クロノブリゲードの公式アカウントをフォローし、限定動画をリツイートすると3人のメインキャストのサイン入りパネルが5名の方にプレゼントされます。

以上、『クロノ ブリゲード』の完成披露の宴のレポートをお届けしました。
イベント終了後はキャラクターをイメージしたフードやドリンク、スペシャルケーキも用意。
いよいよリリースが決まった本作のお祝い気分を高めていました。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る