2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

<SNK>ネオジオミニ? 「KOF」「餓狼伝説」など往年の名作収録したゲーム機発売へ

 【19//2018】

<SNK>ネオジオミニ? 「KOF」「餓狼伝説」など往年の名作収録したゲーム機発売へ


同社によると、新型ゲーム機の詳細は後日に改めて発表するという。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<モンスターハンター:ワールド>欧米でもヒットした理由は 「Gzブレイン」浜村弘一会長が分析

 【19//2018】

<モンスターハンター:ワールド>欧米でもヒットした理由は 「Gzブレイン」浜村弘一会長が分析


「モンスターハンター:ワールド」の国内の販売数は、パッケージで約192万本、ダウンロードで約83万本、合計約275万本と紹介。
ソフトの売れ行きを示す「消化率」も初週で96.5%だった。
浜村会長は「実はモンハン効果で、発売直後にハード(PS4)がなくなった。
機会損失があったのが残念」と話した。
今後について浜村会長は「実はPC版が出ていない。
欧米はPCで遊ぶユーザーが圧倒的に多いから『(PC向けプラットフォームの)スチーム』で出せば(ソフトの売り上げは)1000万本を超えるのは確実」と話した。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~」、主題歌を担当した「Mrs. GREEN APPLE」からのコメント動画を公開

 【19//2018】

「ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~」、主題歌を担当した「Mrs. GREEN APPLE」からのコメント動画を公開


セガゲームスは、Android/iOS用RPG「ワンダーグラビティ ~ピノと重力使い~(以下、ワングラ)」において、主題歌を担当する5人組ポップロックバンド「Mrs. GREEN APPLE」からのコメント動画を「ワングラ」公式Twitterにて公開した。


あわせて、「Mrs. GREEN APPLE」メンバーの直筆サイン入りポスターが当たるツイッターキャンペーンを開催した。

公開された動画では、「Mrs. GREEN APPLE」のメンバーがゲームと、書き下ろし提供した主題歌「SPLASH!!!」のおすすめポイントについてコメント。
大森さんが「『SPLASH!!!』は、おもちゃ箱のような爽やかで楽しげな楽曲になっています」とアピールすると、続いて藤澤さんが「キャラクターはかわらしいデザインだけど、ストーリーは濃厚で……」とゲーム好きならではの的確なコメントで「ワングラ」をアピール。
さらに動画の最後では「グラビティ(重力)」をイメージしたミニコント(?)などが繰り広げられる。

■「Mrs. GREEN APPLE×ワングラ RTキャンペーン第2弾」開催!
・開催期間:4月19日~4月25日23時59分
主題歌「SPLASH!!!」を歌う「Mrs. GREEN APPLE」のコメント動画公開を記念して、抽選で5名にメンバーの直筆サイン入りポスターが当たる「Mrs. GREEN APPLE×ワングラ RT キャンペーン第2弾」を開催した。

キャンペーンには「ワングラ」公式Twitterをフォローし、該当のキャンペーンツイートをリツイートすることで参加できる。

© SEGA ・f4samurai


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<PS4>次世代機「発表するメリットがない」 「Gzブレイン」浜村弘一会長分析

 【19//2018】

<PS4>次世代機「発表するメリットがない」 「Gzブレイン」浜村弘一会長分析


また、浜村会長は、任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」の売り上げについて、3DS用ソフトのランキング上位の数字が減り、今後発売される有力ソフトの数が減っていると指摘して「大幅にピークアウト(ピークを過ぎて下降)している」と説明。
任天堂の宮本茂・代表取締役フェローの「究極の野望は、ニンテンドースイッチを1人1台持ってもらうこと」という発言を引用して、浜村会長は「(家庭用ゲーム機として売り出している)ニンテンドースイッチを携帯ゲーム機としてアピールする瞬間が出ると思う。
そうなると(米大リーグの)大谷翔平選手のような“二刀流”のゲーム機になる」と話し、両方の市場を取ることで過去最高の売り上げを記録するゲーム機になる可能性を示唆した。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『バンドリ!』「あなたの一番好きなイベント形式はどれですか?」結果発表―協力派と対人派の大接戦!

 【19//2018】

『バンドリ!』「あなたの一番好きなイベント形式はどれですか?」結果発表―協力派と対人派の大接戦! 


アニメ「BanG Dream!」を題材とした大人気リズムゲーム『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』では、月に約3回のペースで期間限定イベントが開催されています。


本作の期間限定イベントには、先日まで開催されていた「譲れない想い、燃えるブシドー」のようなチャレンジライブ形式や、その前に開催されていた「新緑のラルゴ」のような対バンライブ形式といったふうに、全部で4種類のイベント形式が存在しており、それぞれにメリットやデメリットがあります。

そんな全4種類のイベント形式の中で、一番プレイヤー達から気に入られているものはどれかを調べるためにインサイドでは、「『バンドリ!』で一番好きなイベント形式はどれ?」をテーマに読者アンケートを実施していました。
果たして一番人気のあったイベント形式はどれだったのでしょうか?結果発表です!
◆第4位 チャレンジライブイベント
72票(全体の18.4%)で4番目に人気だったイベント形式は、「チャレンジライブイベント」です。
協力ライブやフリーライブで貯めたチャレンジポイントを使って、イベントポイントが大量に取得できる「チャレンジライブ」に挑戦していくというイベント形式となっており、チャレンジライブ対象の曲をフルコンボすることで、初回のみ多額のコインを入手することができます。

このイベント形式が第4位だった理由としては、イベントポイント集めが通常ライブ→チャレンジライブの二度手間になるうえ、そのチャレンジライブ対象曲が3曲しかないところでしょうか。
チャレンジライブ楽曲では、各難易度(4種類)を初めてフルコンした時にコインが貰えますが、対象曲が3曲のため全12種類の難易度をクリアしてしまえばそれ以降はイベントポイント報酬のみとなってしまいます。

他のイベント形式では、バッジやメダルの交換によってイベントポイント以外にも報酬を貰い続けることができるため、総合的に見て報酬が少なくなってしまうのも残念ですね。

◆第3位 ライブトライ!イベント
77票(全体の19.7%)で3番目に人気だったイベント形式は、「ライブトライ!イベント」です。
「スコア○○以上でクリア」「難易度○○以上をフルコンボでクリア」といった課題をクリアしていくイベント形式となっており、一定の課題をクリアすることでアイテムやスターなどを入手することができます。

初めのうちは簡単な課題ばかりですが、クリアしていくごとにどんどん難しくなっていくためかなりのプレイヤースキルを必要とします。
最後の方にある「難易度28(最高)でGREAT以下を30以内でクリア」という判定トライなどは、相当リズムゲームが上手くないとクリアができないレベルの難しさのため、プレイ中もかなり真剣にライブを楽しむことができます。

そんなライブトライ!イベントが第3位だった理由としては、課題内容によってはプレイする楽曲が縛られてしまうということ。
そしてなによりも、パーティーが揃っていないとスコアトライがクリアできないため途中で詰む、といったところでしょうか。
新規のプレイヤーに厳しいイベントですね。

次のページで、1位2位のイベント形式を発表!
◆第2位 対バンライブイベント
106票(全体の27.1%)で2番目に人気だったイベント形式は、「対バンライブイベント」です。
他のプレイヤーとライブのスコアを競い合う対戦型のイベント形式となっており、対バンライブで入手したメダルを使って、様々なアイテムを入手できるプレゼントボックスを回すことができます。

対バンライブイベントが2番目に人気だった理由はやはり、スコアを競う勝負が楽しいというところですね。
一緒にライブをするメンバーが自分の総合力に近いプレイヤーから選ばれるため、エリアアイテムやカード能力値による差をそこまで気にすることなくプレイできます。
フリーライブと同じようにパーティー全員のスキルが発動するため、スコアアップ系のスキル持ちを採用するのがおススメです。

ですが、逆に言ってしまえば、スキルによってはどれだけ頑張っても1位を取れないということ。
たとえフルコンオールPERFECTでも、他のプレイヤーに負けてしまうことだってあります。
「なんであいつより上手くできてんのに1位じゃないんだ!」というストレスが溜まってしまうところがこのイベントの悔しい点でしょうか。
それでも、パーティーを見直して1位を取れた時の爽快感は中々のものです。

◆第1位 協力ライブイベント(通常イベント)
136票(全体の34.8%)で1番人気を集めたイベント形式は、「協力ライブイベント(通常イベント)」です。
フリーライブや協力ライブをしてイベントポイントを貯めていくシンプルなイベント形式となっており、ライブで貯めたバッジを使って様々なアイテムと交換ができます。

特別なモードや目標の追加もなく、他プレイヤーたちと協力してポイントを貯めていくこのイベント。
スキルも自分と他プレイヤーのセンターキャラのスキルが発動するため、強力なスキル持ちをセンターに配置しておけばかなりのスコアを稼ぐことができるといいことづくめです。

そんな協力ライブイベントの残念なところといえば、2017年12月20日~12月29日の期間で実施されていたイベント「リトルスマイルステップ!」を最後に開催されていないことでしょうか。
同じバッジ交換システムがあるライブトライ!イベントに差し替えられたため、もう開催されないとも噂されているこの協力ライブイベント。
一番気に入られているイベントなだけに、また開催してほしいですね。

1位 協力ライブイベント(通常イベント):136(34.8%)2位 対バンライブイベント:106(27.1%)3位 ライブトライ!イベント:77(19.7%)4位 チャレンジライブイベント:72 (18.4%)
というわけで、一番プレイヤー達から気に入られていたイベント形式は協力ライブイベントでした。
最近は開催されなくなってしまったこのイベント形式、いつか復活してほしいですね。

4月20日15:00からは、ライブトライ!イベント「正々堂々!ふわキャラ選手権」も開催されます。
EXトライマスター取得を目指して楽しみましょう!
©BanG Dream! Project
©Craft Egg Inc.
©bushiroad All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

実写系ホラーゲーム『クローズド・ナイトメア』の予告編ムービーが公開!発売は7月19日に決定

 【19//2018】

実写系ホラーゲーム『クローズド・ナイトメア』の予告編ムービーが公開!発売は7月19日に決定


日本一ソフトウェアはPS4/Nintendo Switch用ソフト『クローズド・ナイトメア』の発売日を7月19日に決定し、予告編ムービーを公開した。

「クローズド・ナイトメア」画像・動画ギャラリー

『クローズド・ナイトメア』は実写映像を用いた、シネマティックホラーアドベンチャーゲーム。
動画は3分ほどのもので、本作の特徴となる実写映像を用いたリアルで怖い映像と、恐怖に拍車をかけるサウンドを確認できる。
昔懐かしいサウンドノベルのようなゲーム画面、ポイントクリックアドベンチャーのようなゲームプレイ、そのほか主人公と思われる女性の名前も動画では判明している。
ストーリーは記憶喪失の男女が閉じ込められて実験をさせられる、デスゲーム的な内容になるのだろうか。
詳しくは動画をチェックしてみてほしい。

今回、公開された動画はすでに公開されていたティザームービーで「4月19日(本日)に情報解禁する」と予告されていたもの。
あわせて、本作の発売日が2018年7月19日に決定している。
本作は2018年1月に『嘘つき姫と盲目王子』と一緒に『project Nightmare』として発表されていた作品。
そのときに公開された映像は「ほぼ実際のゲーム画面」とのことだった。
今回の予告編ムービーを見れば、たしかにその通りだったと言えるかもしれない。

『クローズド・ナイトメア』は、PS4/Nintendo Switchで7月19日に発売予定。
価格は7538円(税込)。
ゲームの詳細は公式サイトもチェックしてほしい。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』が本日から4月22日まで、Xbox Live Goldメンバーシップ向けに無料プレイを実施

 【19//2018】

『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』が本日から4月22日まで、Xbox Live Goldメンバーシップ向けに無料プレイを実施


本日(2018年4月19日)から 4 月 22 日 まで、Xbox Live Gold メンバーシップのユーザーを対象に、Xbox One版『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』が無料でプレイ可能に。
無料プレイ期間中は、“SOLO”、“DUO”、“SQUAD”のすべてのマルチプレイヤー モードを含む、『PUPG』の Xbox ゲーム プレビュー版のすべてを楽しめる。
無料プレイ期間中に獲得したバトル ポイント (BP) は、無料プレイが終了した後で、購入した製品に引き継がるとのことだ。


また、4月19日から5月19日までの期間限定で、限定のキャップ、長袖のTシャツ、ジーンズ、ハイカット スニーカーがセットになった“PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS 5 パック”が700円[税抜](756円[税込]) で発売される。
このアイテムは3月に配信された“PUBG 5 ジャケット”とコーディネートされている。
無料プレイ期間中に購入したダウンロード コンテンツも製品版へ引き継がれる。


5月には、Xbox One版に砂漠マップ“Miramar”が実装されるとのことで、『PUBG』がアツい!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

泥と吹雪と大雨と――あらゆるオフロードを駆けるレースゲーム「GRAVEL」本日発売!

 【19//2018】

泥と吹雪と大雨と――あらゆるオフロードを駆けるレースゲーム「GRAVEL」本日発売!


オーイズミ・アミュージオは、プレイステーション 4用オフロードレーシング「GRAVEL」を4月19日に発売した。
価格は7,980円(税別)。


本作は泥だらけの湿地帯や広大な砂漠、吹雪の吹き荒ぶ氷山、潮風なびく海辺などのアウトドアを走り回る「オフロードレース」がテーマのレーシングゲーム。
プレーヤーは「GRAVELチャンネル」というテレビ番組に出演し、番組が紹介する名レーサーたちに挑む。
多彩なコースを様々なルールで走れるほか、水辺に飛び込んだ際には水しぶきが視界を遮るような演出もあり、生の自然を荒々しく楽しめる作品となっている。

Gravel © 2018. Published and Developed by Milestone S.r.l. All rights reserved. Unreal, Unreal Engine, the circle-U logo and the Powered by Unreal Engine logo are trade-marks or registered trademarks of Epic Games, Inc. in the United States and elsewhere. Licensed and published in Japan by Oizumi Amuzio Inc.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

GALLERIA、「KOF XIV」推奨PCのラインナップを一新

 【19//2018】

GALLERIA、「KOF XIV」推奨PCのラインナップを一新


サードウェーブは、ゲーミングPCブランド「GALLERIA」から発売中の「THE KING OF FIGHTERS XIV STEAM EDITION」推奨PC 6機種のラインナップをリニューアルし、4月19日に発売した。
全てBTOに対応しており、価格は117,980円(税別)より。


また、推奨PCを購入すると、購入者特典としてインゲームアイテムのDLCキャラクター4体とDLCコスチューム8着、とデジタル・アートブックとデジタル・サウンドトラックがついてくる。

1. DLCキャラクター4体(ロック・ハワード、ヴァネッサ、山崎竜二、ウィップ)
2. DLCコスチューム8着(八神庵、麻宮アテナ、ナコルル、シュンエイ、クーラ、明天君、シルヴィ、アンヘル)
3. デジタル・アートブック(DLCキャラクターの設定資料も掲載。
ファン必携のアートブック)
4. デジタル・サウンドトラック(最新楽曲も収録。
厳選した全30曲が楽しめるサウンドトラック)
※「UPGRADE PACK #1」は、ゲーム本編「THE KING OF FIGHTERS XIV STEAM EDITION」を購入後、ご利用いただけます。
※「THE KING OF FIGHTERS XIV STEAM EDITION: DELUXE PACK/ULTIMATE PACK」との重複購入にご注意ください

CPU:Core i7-8700K
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 8GB
チップセット:インテル Z370
メインメモリ:16GB PC4-21300(DDR4 SDRAM、8GB×2、デュアルチャネル)
ストレージ:500GB SDD/3TB HDD
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
電源:SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS PLATINUM)
OS:Windows 10 Home 64bit
価格:279,980円(税別)~
□製品ページ
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/13/639/7821/0/

CPU:Core i7-8700K
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti 8GB
チップセット:インテル H370
メインメモリ:8GB PC4-21300(DDR4 SDRAM、4GB×2、デュアルチャネル)
ストレージ:640GB SDD/2TB HDD
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
電源: DELTA 500W 静音電源 (80 PLUS BRONZE)
OS:Windows 10 Home 64bit
価格:167,980円(税別)~
□製品ページ
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/13/639/7822/0/

CPU:Core i7-8700
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1070Ti
チップセット:インテル H370
メインメモリ:8GB PC4-21300(DDR4 SDRAM、4GB×2、デュアルチャネル)
ストレージ:640GB SDD/1TB HDD
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
電源:Enhance 800W 電源 (80 PLUS GOLD)
OS:Windows 10 Home 64bit
価格:139,980円(税別)~
□製品ページ
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/13/639/7823/0/

CPU:Core i5-7500
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
チップセット:インテル B250
メインメモリ:8GB PC4-19200 (DDR4 SO-DIMM、8GB×1、空きスロット×1)
ストレージ:250GB SDD
光学ドライブ:-
電源:ACアダプター(230W)
OS:Windows 10 Home 64bit
価格:139,980円(税別)~

□製品ページ
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/13/639/7824/0/

CPU:Core i5-8500
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
チップセット:インテル H310
メインメモリ:8GB DDR4 SDRAM (PC4-21300, 4GB×2, デュアルチャネル)
ストレージ:240GB SDD/1TB HDD
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
電源:DELTA 500W 静音電源 (80 PLUS BRONZE)
OS:Windows 10 Home 64bit
価格:117,980円(税別)~
□製品ページ
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/13/639/7825/0/

CPU:Core i5-8500
GPU:NVIDIA GeForce GTX 1060 3GB
チップセット:インテル H310
メインメモリ:8GB DDR4 SDRAM (PC4-21300、4GB×2、デュアルチャネル)
ストレージ:1TB HDD
光学ドライブ:-
電源:500W 80PLUS SILVER対応
OS:Windows 10 Home 64bit
価格:154,800円(税別)~
□製品ページ
https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_prime/13/639/7826/0/


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Joy-Conを“フリフリ”して演奏「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」を夏に発売!

 【19//2018】

Joy-Conを“フリフリ”して演奏「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」を夏に発売!


バンダイナムコエンターテインメントは、2018年夏に発売を予定しているNintendo Switch用和太鼓リズムゲーム「太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!」の最新情報を公開した。


今回は、Joy-Conをバチにに見立てて振る「フリフリ演奏」や、「演奏キャラクター」などについての情報が公開された。
楽曲リスト第1弾も紹介したい。

■フリフリ演奏
今作では、Joy-Conをバチに見立てて振る「フリフリ演奏」で、ゲームセンターさながらの「太鼓の達人」体験が楽しめる。
バチに見立てたJoy-Conを「バチ持ち」にしてまっすぐ振り下ろすと「ドン」、ななめに振り下ろすと「カッ」になる。
HD振動にも対応。

□遊び方
TVモード、テーブルモード、携帯モードに対応。
いつでもどこでも演奏ゲームを楽しめる。
また、最大4台までローカル通信で演奏ゲームをプレイできる(人数分の本作ソフトが必要)。

■新要素「演奏キャラクター」
「演奏キャラクター」は、それぞれが様々な演奏スキルを持っているため、これまで演奏したことがなかった曲にもチャレンジできる。
例えば、「ドン」と「カッ」の打ち分けが苦手な人には、“バチお先生”がオススメ。
リズムに合わせてJoy-Conを振るだけで、自動で「ドン」、「カッ」を打ち分けてくれる。
また、連打が上手になりたい人には、“ちょうちんうなぎ”がピッタリ。
「連打サポート・大」の演奏スキルを持っているので、連打が決まって高得点をたたき出せる。

■収録曲数は70曲以上!楽曲リスト第1弾を公開
TVやCMでおなじみの曲に加え、「スーパーマリオオデッセイ」や「スプラトゥーン2」の曲も収録される予定。

■みんなで遊べるパーティゲームも!
本作には、みんなでわいわい楽しめるパーティゲームも登場する。
詳細は後日公開予定。
続報をお待ちいただきたい。

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
VOCALOID(ボーカロイド)/ボカロはヤマハ株式会社の登録商標です。
※画面は開発中のものです。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る