2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

PS4「オーバーウォッチ」、ダウンロード版限定「レジェンダリー・エディション」発売!15種のスキンと他ゲームの特典つき

 【23//2018】

PS4「オーバーウォッチ」、ダウンロード版限定「レジェンダリー・エディション」発売!15種のスキンと他ゲームの特典つき


Blizzard Entertainmentは、プレイステーション 4用アクションシューティング「オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション」の販売を5月23日より開始した。
価格は5,800円(税別)。
6月6日までは3,800円(税別)で販売され、「ゲームオブザイヤー・エディション」と置き換わる形での販売となる。


「オーバーウォッチ」は様々な特殊能力を持ったヒーローが集う、5対5で戦うチーム対戦型アクションシューティング。
ヒーローたちにはそれぞれの出自や経歴からなるストーリーが存在し、公式サイトやトレーラーなどで明かされるストーリーを楽しむのもひとつの魅力となっている。

「レジェンダリー・エディション」には、レジェンダリー・スキン(ジャンクラット用「フール」、ハンゾー用「狼」、マクリー用「謎のガンマン」、D.Va 用「オフィサー」、マーシー用「ニケ」)、エピック・スキン(ラインハルト用「パラゴン」、ゲンジ用「カーボン・ファイバー」、ウィドウメイカー用「ウィンター」、アナ用「モズ」、モイラ用「ペール」)5種のオリジン・スキンが付属。

加えて「HEROES OF THE STORM」のヒーロー「トレーサー」、「World of Warcraft」のペット「ベビー・ウィンストン」、「ハースストーン」の「オーバーウォッチ カードパック」、「Diablo III」の「マーシーの眼差し」、「Starcraft II」のゲーム内ポートレートが付属する。

■無料体験を実施!
5月26日3時より29日15時59分にかけて、体験プレイを実施。
現在実装されているヒーローやマップが利用でき、クイック・プレイ、カスタム・ゲーム、アーケードをプレイできる。
体験版のプレイデータは製品版へと引継ぎが可能。

©2018 Blizzard Entertainment, Inc. Overwatch and the Overwatch logo are trademarks and Blizzard Entertainment is a trademark or registered trademark of Blizzard Entertainment, Inc. in the U.S and/or other countries.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<SIE小寺剛社長>復刻版PSに含み 「お話しできることはない」と言いつつ…

 【23//2018】

<SIE小寺剛社長>復刻版PSに含み 「お話しできることはない」と言いつつ…


低迷している携帯ゲーム機「PSVita」については、「ポータブル(携帯ゲーム機)も詳しい話を控えさせていただく」としたが、「PSVitaは欧米への販売(出荷)は終了しているが、アジアや日本では(販売を)継続している。
ただ最終的には2年間(2020年)で収束していく方向にはなる」と語った。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

3本アームの「UFO CATCHER 」シリーズ最新作「UFO CATCHER TRIPLE TWIN」順次稼働

 【23//2018】

3本アームの「UFO CATCHER 」シリーズ最新作「UFO CATCHER TRIPLE TWIN」順次稼働


セガ・インタラクティブは、AC用クレーンゲーム「UFO CATCHER TRIPLE TWIN」を5月23日より順次稼働開始する。


「UFO CATCHER 」シリーズ最新作となる本作は、小型から大型まで、様々なサイズの景品に対応した新「UFO CATCHER 」。
シンプルな操作性はそのままに、さまざまな景品を3本のアームでガッチリつかみ上げることができる。
「UFO CATCHER 9」シリーズと同様に、透明感のあるマシンデザインで、中の景品も見やすく、様々な角度から楽しくプレイできる。

フルカラーLEDを搭載し、プライズのゲット時には、現在稼働中の「UFO CATCHER 9 second」や「UFO CATCHER TRIPLE」と連動した様々なカラーのイルミネーションが点灯し、華やかな演出が行なわれる。

©SEGA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『レインボーシックス シージ』クリエイターインタビュー 「我々にとって日本は特別なコミュニティーだ」

 【23//2018】

『レインボーシックス シージ』クリエイターインタビュー 「我々にとって日本は特別なコミュニティーだ」


2018年5月19日~5月20日の2日間に渡って開催された『レインボーシックス シージ』プロリーグ シーズン7グローバルファイナル。
本大会に合わせて、ブランド・マネージャーのAlexandre Remy氏、プレゼンテーションディレクターのAlexander Karpazis氏、esportsディレクターのFrancois-Xavier Deniele氏のインタビューを実施。
Year3シーズン2“Operation ParaBellum”、成長を見せるプロリーグ(esports)について伺った。

アリバイはメタ変化にもなりうるし、このゲームにマインドゲームを取り入れることになる
ーーアリバイとマエストロがシーズン2から追加されるますが、彼らによって戦いはどのように変化するのでしょうか?
Karpazisふたりのディフェンダーを入れたわけですが、これによってアタッカー・ディフェンダーのバランスがよくなります。
今回のふたりはお互いにまったく違ったタイプのオペレーターです。
ひとりはカウンター・インテリジェンス(防諜)に特化しており、もうひとりは諜報重視です。

ーーライオンは実装されたとき、非常に強力なオペレーターが追加されたと感じました。
今回の2人はライオンほどのインパクトは感じません。
バランスにとても気を使ったのだと感じます。

Karpazisたしかにライオンは、とてもインパクトがあったと思います。
今回、アリバイはメタ変化にもなりうるし、このゲームにマインドゲームを取り入れることになります。
このゲームではプレイヤーはこれまで何かを見るとすぐに撃ちたくなるようにトレーニングされてきましたが、それとはまったく違う考えかたのオペレーターです。
とても楽しいですよ。

ーー防弾カメラを入れた理由は?
Karpazisこのゲームは諜報集めをテーマとしているので、オペレーターのキットを多様化し、諜報集めに役立つようにしました。
諜報ツールを提供するためです。
ディフェンダーにはコア・ガジェットがたくさんあります。
シールドはメイン・エントランスを守るため、コンカッショングレネードはローテーションを助ける役割があり、ガジェットがないというわけではありません。
種類を増やしたいと思いました。

ーーアタッカーがスモークを投げても防弾カメラで敵をスキャンできると、ディフューザーのプラント戦略が変わりそうですね。

Karpazisそうです。
さらに、マエストロのイービルアイでもスモークを通して見ることができます。

ーー防弾カメラは6名(※)のオペレーターが持つことができますが、この6名の中にはプロリーグではピック率が低いオペレーターもいます。
そういったオペレーターに多様性を持たせるために取り入れたのでしょうか?
(※フロスト、ドク、ミュート、キャッスル、カベイラ、ヴィジルに防弾カメラが追加されることが発表された)
Karpazisキャッスル、ドク、ヴィジルはよくプロリーグで使われています。
選ばれる確率はロードアウトの変更にはあまり関係なく、マップでいいキットを提供するためです。

ーーマップのリワークについてですが、トッププレイヤーの意見をもとに行なっているのですか?
Karpazisプロプレイヤーのみならず、あらゆるところからフィードバックをいただいています。
ネット上の意見、プロプレイヤー、開発、社内テストなどすべてです。
新しいオペレーターやマップをリリースするとプレイヤーは常に私たちが考えなかったような新しい方法でプレイします。
最初にマップバフ、そしてリワークがあります。
マップバフが適用されるクラブハウスは、さらにコンペティティブにするための細かい調整や変更が行われています。

ーー新マップ“Villa”はロングレンジの戦いが頻発しそうでしたが、どのあたりに注意を払ったのでしょうか?
Karpazisとにかく、コンペティティブ(競技的)にすることが第一でした。
防衛が強い、攻撃が強いといったバランスが悪いようにならないよう、アタッカーにもディフェンダーにも同じ機会を提供するものにしたかったのです。
このマップはもっとも混乱を招くようにできており、壁を取り外したり、床を開けたりしてディフェンダーがローテーションして動く機会が増えますが、これは同時にアタッカーに多くの照準点を与え、彼らは異なるアングルからアプローチできることになります。

ーーマエストロの固有ガジェット“イービルアイ”の置き場に迷いました。
効果的に使うには、どこに置いたらいいでしょうか?
Karpazis爆弾ポイントに設置するのがいいと思います。
人の出入りがわかり、嫌がらせすることもできます。
(デフューザーをプラント中にマエストロのガジェットに攻撃されたら中断されるのか?)プラントは中断されませんが、エコーの妖怪ドローンとは違いヘルスを減らしていくことは可能です。

ーーアリバイのガジェット”プリズマ”はどうでしょうか?先ほどプレイさせていただいた際、リスポーン・キルに見せかけて使ってみましたが……。

Karpazisそれはうまいやりかたですね。
プリズマはマインドゲームを仕掛けるのに最適です。
ガジェットを野外に投げて人目を引く(ガジェットを複数なげてどれが本物がわからなくする)ことも可能です。

これほど日本で成功するとは夢にも思わなかった
ーーOperation ParaBellumのコンセプトは?
Remy今年でシーズン10になり、『レインボーシックス シージ』ポストロンチから2年となりました。
作シーズンはPvE(対エイリアン)を導入しました。
ParaBellumではオンラインマルチプレイヤーでルーツへの回帰を明確に示しています。
今回はGIS(イタリア対テロ組織)からふたりのディフェンダーを加え、トスカーナ地方の明るい快適なマップを導入、多くの新要素を紹介しています。
新しいガジェット、防弾カメラ、オペレーターのPick &Ban、カメラUIのリファインなどの要素はマルチプレイヤー専用であり、本作の経験を最大限に改善するものです。

ーー非常に強力なライオンが追加され、その副産物として撃ち合いが多くなったと思います。
アリバイ、マエストロはライオンのアンチオペレーターになりますか?
Remyアリバイとマエストロは、どうしたら新しいゲームプレイ・テリトリーに入っていけるかを検討した結果です。
アリバイはデコイ(プリズマ)を使いますが、マインドゲームを展開してプレイヤーを騙します。
プレイヤーのスキルが非常に試されます。
『レインボーシックス シージ』では、これまで対戦相手を見た瞬間に撃つことを教えてきました。
アリバイはプリズマはデコイかもしれないのでむやみに撃ってはいけないのです。
知らずに撃てば自分の居場所をマークされてしまいますからね。
彼女の存在が、ゲームにおけるプレイヤーの反射と直感にどのようなインパクトを与えるかとても興味深いですし、本当に楽しみです。
マエストロはオペレーターとしてはクラシックなタイプでしょう。
イービルアイを使い、オブジェクティブを守るアンカーとなる存在です。
防弾デバイス、カメラを使って安全に守り、スモークも見通し、レーザーを発射して小さなダメージを与えます。
オブジェクティブに近づく敵のドローンにも効力を発揮できるでしょう。

ーーありがとうございます。
で確認ですが、シーズン3で導入される新オペレーターは、アタッカー1名とディフェンダー1名に戻りますか?
Remyはい。
これまでどおり、ディフェンダーとアタッカー1人づつに戻ります。

ーーでは、最後に……
Remyすみません。
こちらから質問をしてもいいでしょうか?私はUbisoftで長くゲームの仕事をしていますが、『レインボーシックス シージ』は欧米色の強いゲームであるにもかかわらず、日本で人気があり情熱的なファンがいることに、本当に驚いています。
これほど日本で成功するとは夢にも思いませんでした。
すばらしいプレイヤーとファン、そしてアーティストの作品も見ました。
従来はプレイステーションを中心としたコミュニティーも、どんどんPCでも発展しています。
いったい日本で何が起きているのですか??
※じつは日本の『レインボーシックス シージ』は、世界でかなり上位に入る販売本数を叩き出している。
発売から2年以上たった現在でも、毎月ある程度の販売本数があるそうで、これはUbisoftフランス本社でも、「日本でいったい何が起きているんだ?」と話題になっているという。
もはや日本は『レインボーシックス シージ』において、かなり重要なマーケットになっているようだ。

ーークリエイターに質問されたのは初めてです(笑)。
えー、これは日本のプロプレイヤーと話したのですが、本作が日本で成功を納めてるひとつの要因は、リスポーンがないことが一番のキーだと思います。
ある程度の緊張を楽しめるのが、とても好評です。
ゲームモードによってルールはいくつかありますが、どちらかのチームが全滅すればマッチが終わるという明確なルールは、FPSに馴染みがない人でもわかりやすいですよね。
ほかのFPSもシンプルなルールなものがありますが、本作はそれに加えて壁の強化や破壊と、これまで経験したことのないプレイも味わえる。
戦略が撃ち合いに勝ることもあるので、囲碁と将棋にとてもなじみのある日本人にマッチしたのかもしれません。

RemyOh、そうですか!
ーーそして、キャラクターが立っていることもとても重要な要因です。
昔、弊社でアンケートを取った際、ほかFPSタイトルよりも女性プレイヤーの比率が多かったのです。
本作のキャラクターが好きな女性プレイヤーが多く、たくさんのファンアートが描かれています。

Remyすばらしい!日本のコスプレもファンアートも、我々にポジティブなイメージを与えてくれいます。
『スプリンターセル』、『ファークライ』などもFPSですが、日本のコミュニティーは『レインボーシックス シージ』にクールなイメージを作ってくれています。

ーー『レインボーシックス シージ』のキャラクターはどれもすばらしいですよね。
設定も凝っていて、エラとゾフィアが姉妹だけど関係がギクシャクしていたり、タチャンカとフィンカ、そしてイングとエコーの関係も気になります。
サッチャーが57歳で最年長と、各キャラクターについて調べるだけでも楽しいです。
私はゲーム内にある略歴を読むのが大好きです。
また、このゲームにはシチュエーションモードがあったとしても、彼らにフォーカスしたストーリーはゲーム内にありません。
逆にそれがよかったのかもしれません。

Remyよくわかりました。
ありがとうございます。

ーーでは改めて、日本のファンにメッセージをいただけますか?
Remy日本のプレイヤー、ファンの皆さんありがとうございます。
我々にとって、このゲームの特別なコミュニティーが3つあります。
フランス、ブラジル、そして日本です!この3つのコミュニティーはそれぞれ個性がありますが、3つとも本作を受け入れて暖かくサポートしてくれています。
これは私たちにとって真の贈り物、愛です。
本当にありがとう!

今後はノンプロフェッショナル・トーナメントを増やし、プレイヤー層を厚くする
ーー年々プロリーグの規模は大きくなっているが、ここまで成長できた理由はなんだと思いますか?
Francoisこれまでesportsについていろいろ学んできましたが、このゲームはこれからesportsとして新しい段階に入ります。
プロフェッショナリズムにフォーカスするため、コンペティションのフォーマットを変更し、6ヵ月のリーグとしました。
これはプレイヤーに安定性を提供するためです。
FnaticやTeam Liquidのような大型のオーガナイニゼーションを紹介してきましたが、これは本作のesportへの理解を深め、ビュワーを増やすためです。
プロリーグへの理解が深まり、6ヵ月間という長い期間を通してどのチームがベストであるかがわかります。

ーー野良連合はRogueと善戦しましたが、これは予測できましたか?また、彼らの活躍についてコメントをください。

Francois野良連合はとても印象深い試合をしてくれました。
日本のチームはほかのチームに比べて、つねに戦略を大きく変えて臨んできます。
つぎはSix Major Pariですし、大きな大会で活躍してくれるのはとてもうれしいです。
野良連合の活躍は、我々にとっても大きな達成だと感じています。
日本はとても大事な市場であり、今後とても重要な位置を占めます。
今回野良連合がこの大会に出場できたことは本当にうれしいですし、彼らのレベルの高さに感心しました!

ーー今後はチャレンジャーリーグが本格的に始動しますが、なぜいまTier2リーグに力を入れるのでしょか?
Francois今後はesportsフォーマットの層を厚くしていく予定です。
ここではプロフェッショナルの戦いですが、本作のesportsはローカル(地方)・トーナメントから発展していくと感じています。
Ubisoftにおける私の目標は、チャンピオンシップ、ノンプロフェッショナル・トーナメントを増やし、層を厚くすることです。
もちろん、プロフェッショナル・チームも層を厚くしていきます。

ーーそれでは、プロプレイヤーの見せかたはどうでしょう。
彼らをヒーロー、魅力的なプレイヤーであると宣伝するために、Six Invitationalで公開されたEvil giniuseのビデオのようになものを定期的に作成していくといいと思ったのですか。

Francoisいい質問です。
ああいったビデオは手がけていきますので、内容については今月発表する予定です。
私にとってビデオはストーリーテリングのひとつであり、実際のスポーツ同様ヒーローを生み出す必要があります。
観客はヒーローをフォローしてなぜ彼らがプレイするのか、ゲームの背後にある人生を知り、理解することができるでしょう。

ーーPick &Banシステムについて、選手からどのような意見が出ていますか?
Francoisプレイヤーにとっては非常に大きな変更だったため、最初は「自分たちのゲームを変えられてしまった」という意見もあり、理解を得られないこともありました。
しかし私はいい時期にPick &Banシステムを導入したと思っています。
戦略的にもオペレーターの使用についてもあるパターンができており、Pick &Banは新しいアプローチとなるでしょう。
Banの段階によって戦略の変更が必要となりましたが、これは正しい決断だったと思っています。

ーーでは、プロリーグの将来的な目標はありますか?
Francoisプロリーグのつぎの段階は、マイナーイベントの数を増加していくこと、開催地を増やすこと、そしてテリトリーを広げることです。
まずはチームの成長が著しいAPACが第一目標です。
まずはチームの成長が著しいAPACが第一目標です。

ーーということは、グローバル・ファイナルがアジアで開催される可能性もあると。

Francoisアジアでのプロリーグ・ファイナルはいい判断になると思いますが、来年どうなるのかを楽しみにしてほしいです。
いずれは行くことになると思っていますよ。
いいチームが育っていますからね。
現在もファイナルでキャッシュプライズを提供していますが、これから賞金についてどう改善し、紹介して行けるか検討していきます。
いまはプレイヤーの環境、認識という意味でチームを安定させ、さらに発展するようサポートしていきたいと思います。

ーーリージョンの拡張予定は?今後、中国での『レインボーシックス シージ』公式に販売が開始されるとすると、中国をAPACに入れるか見過ごせないと思います。

FrancoisまずはAPACで見直しがあるかもしれません。
コミュニティが大きく発展し、内容も充実してきているからです。
アジア圏での発展は、本作で重要な鍵となります。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<SAO>スマホ向けのVRゲーム配信へ 浴衣や水着姿のアスナとイチャイチャ

 【23//2018】

<SAO>スマホ向けのVRゲーム配信へ 浴衣や水着姿のアスナとイチャイチャ 


SAOは、川原礫さん作、abecさんイラストのライトノベル。
仮想空間への接続機器によってバーチャルリアリティーを実現した近未来を舞台に、さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件が描かれている。
テレビアニメや劇場版アニメ化もされ人気を博している。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

リリースから20周年のFPS『Unreal』がSteamとGOG.comにて無料配布中!

 【23//2018】

リリースから20周年のFPS『Unreal』がSteamとGOG.comにて無料配布中!


『Unreal』の20周年を記念して、SteamとGOG.comにて『Unreal Gold』が期間限定で無料となっている。
無料販売の期間は、日本時間の5月25日2:00まで。
DRMフリーのGOG.com版は、コードの有効期間が6月8日7:00(日本時間)となっているので早めにライブラリに加えておこう。

「Unreal Gold」画像・動画ギャラリー
『Unreal』は現在は『フォートナイト』やUnreal Engineで知られるEpic Games(当時はEpic MegaGames)が開発した、1998年リリースのFPS。
今回、無料になっている『Unreal Gold』は追加シナリオのReturn to Na Paliが付いたものだ。
『Unreal』シリーズと言われると、マルチプレイがメインの『Unreal Tournament』シリーズが思い浮かぶ人が多いかと思う(ネットミームとして有名なキーボードクラッシャーがプレイしていたゲームでもある)。

しかし、無印『Unreal』シリーズはマルチプレイはありつつも、舞台となる惑星を緻密に描写した1998年の当時としては美麗なグラフィックと濃厚なシングルプレイが特徴のシリーズであった。
今はエンジン会社としても知られているEpic Gamesの作品と言うこともあり、グラフィックの説得力が凄かったのだ。
2018年の今になって本作をプレイするとクラシックFPSにありがちなパズル要素などが古臭く感じるかもしれないが、FPSの歴史に名を残す名作となっているので、ぜひとも本作を体験してみてほしい。
スタジオが閉鎖されてしまったBoss Keyを率いていたクリフ・ブレジンスキーが関わっていたタイトルでもある。
ちなみに1998年に出たゲームについては、IGN JAPANの連載「あの頃のゲーム、僕らのGOTY」で取り扱っているので、興味のある人はチェックしてみてほしい。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

既存のアクションにアンチテーゼを唱える『吾妻邸くわいだん』PS4で6月15日に配信決定!

 【23//2018】

既存のアクションにアンチテーゼを唱える『吾妻邸くわいだん』PS4で6月15日に配信決定!


メディアスケープが推し進める「Play,Doujin!」プロジェクトより、既存の爽快感MAXのアクションゲームにアンチテーゼを唱える異色のアクションアドベンチャー『吾妻邸くわいだん』が、PlayStation 4向けに2018年6月15日に配信される。

「吾妻邸くわいだん」画像・動画ギャラリー

本作は3Dアクションとポイントクリックアドベンチャーを融合させ、爽快感ばかりを追い求める昨今のアクションゲームに異を唱える、緊張感を追い求めた意欲作。
プレイヤーは屋敷を探索しながら、そこに現れる「からかさ小僧」、「カラス天狗」、「土蜘蛛」など、昭和の漫画やアニメで見かけたような妖鬼を打ち倒しながら住人たちを救い出し、邸の最深部に潜む大妖鬼を倒すことがゲームの目的となっている。
ゲームシステムにコンボの要素はなく、敵もワラワラと湧いて出るようなこともないが、パズルのように考え抜かれた出現タイミングや配置によって、敵キャラクターが襲いかかってくる。
プレイヤーはそれらに対し、動きを覚え、間合いを計り、適切な攻撃を求められるゲームとなっている。

またポイントクリックにより、画面内の様々なものを調べることで謎を解いていくアドベンチャー要素も織り込んでいる。
主に2Dスタイルで表現されることの多いジャンルの要素に対して、3Dスタイルによる仕掛けにもチャレンジしているようだ。

グラフィックに関して大きく作り込まれているわけではないため、アクションゲームとしてはユックリ動作するゲームシステムも相まって、PVを見てもなかなか本作の魅力を受け取りづらいゲームだが、TOKYO INDIE FEST 2017でのプレイレポートもあるので、そちらのほうもチェックしてほしい。
『吾妻邸くわいだん』は、PlayStation 4版が2018年6月15日にPlayStation Storeで3240円(税込)で配信予定。
PC版も2018年内に配信を予定しているが、価格は未定となっている。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「レゴ インクレディブル・ファミリー」の、最新トレーラー公開

 【23//2018】

「レゴ インクレディブル・ファミリー」の、最新トレーラー公開


ワーナーは8月2日発売のプレイステーション 4/Nintendo Switch向けアクション「レゴ インクレディブル・ファミリー」の最新トレーラーを公開した。


「レゴ インクレディブル・ファミリー」は、8月1日公開の映画「インクレディブル・ファミリー」と、前作である映画「Mr.インクレディブル」の魅力を「レゴ ゲーム」で体験できるアクション。

本作は、ヒーローという存在が疑問視される社会でその能力を隠して生活していた一家が、ヒーローとしての自信、家族の絆を取り戻していくストーリーが中心となる。
ゲームではインクレディブル一家の能力をおなじみの「レゴ ゲーム」の手法で再現、様々な困難に家族の能力を協力させて立ち向かう。
映画と同じように、ゲームでも2人プレイで協力して進めることが可能だ。

「レゴ インクレディブル・ファミリー」】

(C) 2018 The LEGO Group. (C) Disney/Pixar. TM & (C) Warner Bros. Entertainment Inc. (s18)


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『レゴ インクレディブル・ファミリー』キャラクターの能力がわかる最新映像が公開! ユニークなスーパーパワーがまるわかり

 【23//2018】

『レゴ インクレディブル・ファミリー』キャラクターの能力がわかる最新映像が公開! ユニークなスーパーパワーがまるわかり


ワーナー ブラサース ジャパンから、2018年8月2日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch用ソフト『レゴ インクレディブル・ファミリー』。
同作の最新トレーラーが公開された。
本日(2018年5月22日)公開の最新トレーラーでは、インクレディブル・ファミリーの持つさまざまな能力を駆使したゲームプレイ映像が確認できる。
全員がユニークなスーパーパワーを持ったインクレディブル・ファミリーの一員となって、迫りくる脅威と戦おう!

インクレディブル・ファミリーの能力はこれ!
ボブ(父)
超人的パワーをもった伝説の元ヒーロー“Mr.インクレディブル”。
とにかく怪力で、木をまるごと引っこ抜いたり、トラックを持ち上げたりすることができるほど。

ヘレン(母)
元ヒーロー“イラスティガール”。
伸縮自在の、柔軟で強靭な体を持っており、まるで風船のように膨らむこともできる。

ヴァイオレット(長女)
体を透明にすることができる。
またバリアを張ることもでき、その能力を応用して、宙に浮いたり、敵をバリアの中に閉じ込めたりすることもできる。

ダッシュ(長男)
とてつもない速さで走ることができる。
その速さは、ビデオカメラにも映らず、水の上を走ることができるほど。

ジャック・ジャック(末っ子)
その能力はまだ未知数だが、様々な能力を持っていることが分かっている。
体を燃やしたり、壁をすり抜けたり、目からレーザーを発射することができる。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ガンホー、プレイステーションゲームアーカイブスにて7作品を配信開始

 【23//2018】

ガンホー、プレイステーションゲームアーカイブスにて7作品を配信開始


ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、プレイステーション 3/PlayStation Vita、およびPSP向けダウンロードサービス「プレイステーションゲームアーカイブス」において、リズムアクション「パカパカパッション」シリーズ3作品を含む7作品の配信を5月23日より開始した。


■配信作品を紹介□「パカパカパッション」
ハード:PS3/PS Vita/PSP
価格:617円(税込)
プレイ人数:1人
CEROレーティング:A(全年齢対象)
「パカパカパッション」は音楽で対戦するリズム・アクションゲーム。
1曲に4つ用意されている楽器パートを演奏し、挑戦相手とバトルする。
アーケード版全曲に加え、新曲&新ステージを収録。
協力プレイや新機能などゲームモードも多数搭載されている。

このソフトウェアは、2011年3月25日から2月1日までにコトブキソリューションより販売された「パカパカパッション」と同じ内容となっている。

□「パカパカパッション」のページ
http://www.gungho.jp/cgame/game/list/list_psarchives.html#section95
□「パカパカパッション2」
ハード:PS3/PS Vita/PSP
価格:617円(税込)
プレイ人数:1人
CEROレーティング:A(全年齢対象)
「パカパカパッション2」は音楽で対戦するリズム・アクションゲームで、新キャラクター4人が追加されている。
アーケード版隠し曲含む全9曲に加え、新曲&新ステージを収録。
大会モードや新機能など、ゲームモードも多数搭載されている。

本ソフトウェアは、2011年4月13日から2月1日までにコトブキソリューションより販売された「パカパカパッション2」と同じ内容となっている。

□「パカパカパッション2」のページ
http://www.gungho.jp/cgame/game/list/list_psarchives.html#section94
□「パカパカパッションスペシャル」
ハード:PS3/PS Vita/PSP
価格:617円(税込)
プレイ人数:1人
CEROレーティング:A(全年齢対象)
本作は、「パカパカパッション」シリーズ最新作で、人気曲のリミックスから新曲のJETまでを収録。
アーケード版で好評を得た大会モードを搭載し、人気のプライベートサービスリミックスもプレイできる。

本ソフトウェアは、2011年7月6日から2月1日までにコトブキソリューションより販売された「パカパカパッションスペシャル」と同じ内容となっている。

□「パカパカパッションスペシャル」のページ
http://www.gungho.jp/cgame/game/list/list_psarchives.html#section93
□「華麗なるカジノクラブ DOUBLE DRAW 幼稚園外伝」
ハード:PS3/PS Vita/PSP
価格:617円(税込)
プレイ人数:1人
CEROレーティング:B(12才以上対象)
ルーレットやバカラなどのゲームがスピーディに楽しめ、カジノに関するルールや用語の解説も充実。
ストーリーモードや複数のミニゲームも収録されている。

□「華麗なるカジノクラブ DOUBLE DRAW 幼稚園外伝」のページ
http://www.gungho.jp/cgame/game/list/list_psarchives.html#section92
□「光の島」
ハード:PS3/PS Vita/PSP
価格:617円(税込)
プレイ人数:1人
CEROレーティング:B(12才以上対象)
3人の主人公を使い分けて進むアクションパズルアドベンチャー。
マップに隠された様々な謎を解き明かし「光る花」を探していく。
3人の主人公にはそれぞれ固有の能力があり、解き明かす謎に応じて使い分けながら進めていく。

□「光の島」のページ
http://www.gungho.jp/cgame/game/list/list_psarchives.html#section91
□「ぴたっとぺあ ゼラちゃんパズル」
ハード:PS3
価格:617円(税込)
プレイ人数:1人
CEROレーティング:A(全年齢対象)
そろえてつなげて悩んで楽しむパズルゲーム。
最短手順を目指して画面上のピースを消していく。
それぞれ異なるルールや得点システムがある3つのモードが搭載されている。

□「ぴたっとぺあ ゼラちゃんパズル」のページ
http://www.gungho.jp/cgame/game/list/list_psarchives.html#section90
□「ピックスの大冒険」
ハード:PS3/PS Vita/PSP
価格:617円(税込)
プレイ人数:1人
CEROレーティング:B(12才以上対象)
磁力を持つ主人公ピックスを操作して制限時間内にゴールを目指すアクションゲーム。
フィールドや敵キャラクター、アイテムなど全てに磁力があるので、ピックスの磁力をS極とN極にタイミング良く切り替えながら進んでいく。

各ステージに4匹ずつ隠れている1ドットの「虫」を集めていき、20匹集めるごとにトレーニングモードの新しい練習ステージが増える。
各ステージの最後には手ごわいボスキャラが待ち受けている。

□「ピックスの大冒険」のページ
http://www.gungho.jp/cgame/game/list/list_psarchives.html#section89
各作品のダウンロード手順や、必要HDD・メモリースティック容量等、詳細は、PlayStation NetworkオフィシャルサイトとPlayStation Storeのコンテンツ詳細ページを参照していただきたい。

※「パカパカパッション」はD4エンタープライズの登録商標です。
©1998-2018 D4Enterprise Co.,Ltd.
©2000 AFFECT


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る