2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

『Code of Princess EX』Switchで8月2日に発売決定!特典は取扱説明書にアクリルスタンド

 【16//2018】

『Code of Princess EX』Switchで8月2日に発売決定!特典は取扱説明書にアクリルスタンド


Pikiiは、Switch向けのベルトスクロールアクション『Code of Princess EX』を2018年8月2日に発売する。
価格はパッケージ版が4000円(税別)、DL版が3700円(税別)。
またパッケージ版はリバーシブルジャケットを採用し、初回限定特典として取扱説明書とアクリルスタンドが同梱される。

「Code of Princess EX」画像・動画ギャラリー

本作は3つのラインを移動して戦うベルトスクロールアクション。
移動できるのが3ラインと行動が若干制限される反面、間合い取りなど格闘ゲームに近い感覚になるという特徴を併せ持っている。
これまでも2012年4月に3DSで発売され、それをベースにしたSteam版が2016年4月に発売されている。
本作は基本的なシステムはそのままに、AIの向上にゲームバランス調整、HDリマスターやオンラインのクエストセットを搭載するなど、多くの調整や追加が施されている。
モーションなどベースとなるところに大きな変化はないが、魅力的なキャラクターによるストーリーにも、今一度注目だ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『Detroit:Become Human』のテーマを克明に描くスピンオフムービー「Tokyo:Become Human」モノ篇が公開!

 【16//2018】

『Detroit:Become Human』のテーマを克明に描くスピンオフムービー「Tokyo:Become Human」モノ篇が公開!


SIEJAは、近未来の人間社会で生きるアンドロイドの意識や感情、社会の立場と言った人権などのあり方をテーマにするアドベンチャー『Detroit:Become Human』のオリジナルスピンオフムービー「Tokyo:Become Human」を公開した。
本スピンオフムービーは、登場人物の行動に共感し、その展開をみずからも考えながら、最後に登場人物の取った行動に対してゲーム本編以上に考えさせられるストーリーが展開。

「Detroit Become Human」画像・動画ギャラリー

高校の3年間務めた図書委員としての最後の仕事として、アンドロイドのデータを完全消去することになった人間の男子学生。
その作業は何事もなく進むが、突然アンドロイドがないはずの感情を表に出して、身体を震わせ涙を流しながら「思い出の記憶の消去」を拒絶する。
その反応に対する男子学生の取った行動とは……。
おそらくムービーを見ている最中は一律に同じ感情が芽生えると思うが、その結末に関しては意見が割れそうで考えさせられるものになっている。
皆さんはどう感じただろうか?
そして、より感情が揺さぶられるイベントや選択に迫られるPS4『Detroit:Become Human』は、現在PlayStation Storeにてコナー篇がプレイできる体験版が配信中。
製品版は、2018年5月25日に6900円(税別)で発売予定だ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

美少女要素の詰まった中国発音楽ゲーム「MuseDash」配信決定!

 【16//2018】

美少女要素の詰まった中国発音楽ゲーム「MuseDash」配信決定!


X.D. Networkは、Android/iOS用音楽ゲーム「MuseDash」の配信が6月15日に決定したと発表した。
Steam版は近日中、Nintendo Switch版は年末に配信される予定。
開発は、中国の広州を拠点としたゲーム開発チームPeroPeroGames。


「MuseDash」は、萌えと美少女要素の詰まった音楽ゲーム。
ゲーム内には、プレーヤーキャラクターとして元気な3人の女の子、Rin、Buro、Marijaが登場するが、開発チームは彼女たちの人物像にかなり力を入れている。
キャラクターごとに、何着かの衣装とアニメーションが用意されており、バニーガールやメイド服のような服装もあるため、服装でガラッと印象が変わるのが特徴的だ。

また、本作はパルクールと伝統的な音楽ゲームの遊び方を合わせもっている。
プレーヤーが的をタップする時の音も、音楽演奏の一部分となる。
音楽のテンションにより、敵が出てくる頻度も変わるので、エキサイティングなプレイが楽しめる。
難易度は音楽ごとに3つの段階に設定されており、収録曲は30曲。
今後もダウンロードコンテンツとして音楽が追加される予定。
曲調の多くはACG(注:中国語圏でアニメ・漫画・ゲームを総称した2次元コンテンツを指す言葉)の雰囲気を持つものとなっている。

■Nintendo Switch版は「Bitsummit」に出展
Nintendo Switch版は、5月12日に開催された日本最大級のインディーゲームの祭典「Bitsummit」に出展された。
タッチ操作でも、ボタンプッシュ操作でも楽しめるため、「操作が簡単」、「初心者に優しい」、「絵が可愛い」などと好評を得たようだ。
昨年は、YACAメーデーコミやGDC、PAX East、GAMECORESにも出展されている。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

イースターエッグ?『PUBG』新マップ“Sanhok”に金に輝くチェスト、中には何が…

 【16//2018】

イースターエッグ?『PUBG』新マップ“Sanhok”に金に輝くチェスト、中には何が…


『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』の新マップ“Sanhok”で金色のチェストが見つかっていると、海外掲示板Redditで報告されています。

大きな写真で詳しく見る
“Sanhok”は前2マップとは異なり、4km×4kmという小規模なマップ。
5月14日まで第3次テストが行われていた本マップですが、そのプレイ中に金色に輝いているチェストが見つかったそう。

「Sanhokで金色のチェスト見つけた。
中には何が入ってるんだろう?」という投稿から、中身は確認されていない、もしくは確認できないようです。
投稿に対するレスポンスでは大喜利大会の様相を呈しており、「開けると15-20FPSフレームレートが上がるよ」といったコメントや、「開けるには2.5ドルの鍵が必要なんだ!」といった鍵付きクレートを揶揄するブラックユーモアなど、盛り上がりを見せています。
中には『フォートナイト』のイースターエッグなのではないかという声も(作中に宝箱があるため)。

若干、段ボールに見えなくもない今回のチェスト。
真相は定かではありませんが、これから実装される“Sanhok”で確認してみるのも面白いかもしれません。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

サバイバルFPS最新作『S.T.A.L.K.E.R. 2』が発表!2021年発売か

 【16//2018】

サバイバルFPS最新作『S.T.A.L.K.E.R. 2』が発表!2021年発売か


GSC Game Worldは、サバイバルFPS最新作『S.T.A.L.K.E.R. 2』を発表した。
おそらくPCには出るだろうが、対応プラットフォームや価格、ゲームの詳細は一切不明となっている。
ティザーサイトには2021と書かれており、これは2021年発売予定という意味だと思われる。

『S.T.A.L.K.E.R. 2』は2007年に第1作が発売された、サバイバルFPSシリーズの最新作。
本作自体は2010年に発表されていたが、開発が難航して今日まで至っていた。
2021年発売予定とまだまだ遠いが、ようやく続編が遊べることになりそうだ。
なお、『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズは発売延期で有名なので、気長に待つとしよう。

2007年に発売されたシリーズ第1作目『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』はチェルノブイリ原子力発電所の事故によって汚染された「ZONE」と呼ばれる地帯を舞台とした、サバイバルFPSだ。
ポスト・アポカリプスな世界観と、ゲームとしてはサバイバル要素を持っていた。
FPSでありながらRPG要素も取り入れており、さらにはオープンワールドを感じさせる部分もあった。
当時(2007年)としては先鋭的な作品であり、後世のゲームに多大な影響を与えたのは間違いないだろう。
そんな1作目『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』に関しては、IGN JAPANの連載「今こそ振り返る10周年を迎えたFPS作品」の第3回で取り扱っているので、興味のある人はチェックしてほしい。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「Detroit: Become Human」、スピンオフムービー「Tokyo: Become Human」公開

 【16//2018】

「Detroit: Become Human」、スピンオフムービー「Tokyo: Become Human」公開


ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、5月25日に発売予定のプレイステーション 4用オープンシナリオ・アドベンチャー「Detroit: Become Human」の特別映像「Tokyo: Become Human」を公開した。


映像はゲーム本編と同様に登場人物に共感し、先の展開を考えながら視聴することをコンセプトに制作されている。
卒業式を終えた高校の図書館を舞台に、3年間図書委員を務めた男子学生と司書アンドロイドの物語を描く。

©Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.
©2016 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

読み応え十分のストーリーや遊びやすいゲーム性が◎!─「Rayark」初のRPG『Sdorica』の魅力に迫る

 【16//2018】

読み応え十分のストーリーや遊びやすいゲーム性が◎!─「Rayark」初のRPG『Sdorica』の魅力に迫る


人気音楽ゲーム『Cytus』や『Deemo』などを開発してきた「Rayark」。
同社が今年の4月にリリースした新タイトル『Sdorica(スドリカ)』を、皆さんはもうプレイされましたか?


制作期間に約4年を費やし、定評のある音楽だけでなくストーリーや映像など様々な面でのクオリティアップが図られた本作は、事前登録者数も200万人を突破している話題作となりました。

配信開始から1ヶ月が経った今、インサイドは改めて『Sdorica』の魅力についてじっくり迫っていきます!
◆様々な種族が混在する世界に、「観察者」となったプレイヤーが変化をもたらしていく
まず世界観についてですが、人類に加えて獣人や人魚など『Sdorica』では様々な種族が生活をしています。


しかし、もともと世界にいたのは巨大な龍スドリカと、彼に支配されていた人類のみ。
巨大な力に屈服する代わりに永遠の命を与えられていた人類でしたが、やがてひとりの男が立ち上がります。

保守派の反対を抑え、彼を中心にスドリカを討伐することに成功した人類は、永遠の命を失うものの自由を手にします。

私たちプレイヤーは、それから1,000年が経過し新たな種族が共存を果たすようになった世界の「観察者」として、そこで暮らす者たちの動向を見守ることになります。

多種族間に生じた亀裂に焦点を当てたストーリーもあり
一般的にゲームをプレイする際、プレイヤーは既存の登場キャラの一人となるか、あるいはオリジナルのキャラクターを作成して他のキャラと共に進行していくことが多いでしょう。

しかしこの『Sdorica』においては、私たちはこの両者でもない「観察者」という第三者の視点です。

RPGゲームなので、アクション時はもちろん登場キャラを操作しますが、私たちはストーリーそのものに関与することなくあくまで世界の変化を見守る役回りに徹していきます。

第1章では、まず種族の異なる3人の出会いを見守っていく
新章へと展開するごとに主人公となるキャラやそのシチュエーションが一新されることもありました。

そんな異なる一つひとつの話がゲームを進行するにしたがい徐々に交わっていき、そして一本のストーリーとなった時にどんな結末が待っているのか、きっと『Sdorica』をプレイされている方は、序盤から大きな期待を胸にプレイしていることでしょう。

次の第2章では、前章では登場しなかったキャラが主人公に
また、お互いを中々分かち合うことができない、他種族間で発生した価値観の違いに焦点を当てているところも、ストーリーの注目ポイント。

第1章から登場する、虎の獣人・パン
過去作にあたる『Cytus』では、人間の感情を音楽に変換しようとするロボットたちの姿をテーマとして置いていました。

音楽ゲームとして高いパフォーマンス性を保ちつつ、しっかりとした世界観も築いていることには高い評価が寄せられていたように思います。

舞台をRPGゲームに変えた今回、よりストーリー性を重視した仕様の中で「Rayark」の美術ディレクターTEE氏は、「キャラクターデザインをする際は、ストーリー全体の世界観にそぐうことを前提として、様々な要素を組み合わせることを特に重視している」と語っています。

以下、リリースより引用
《Sdorica(スドリカ)》美術チームは、このタイトルだけの独特なスタイルを生み出すため、写実的な光と影と、日本風のキャラクターの顔の融合を試みてきました。
また、30体以上のキャラクター全てに3種類以上のデザインが存在します。

▲ゲーム内キャラクターデザイン
▲ゲーム内キャラクターイラスト下書き
異なる要素を融合させた人物と背景デザイン
ゲーム中に登場する亜人という種族は、人類と獣族のハーフです。
また、亜人は開発チームがデザインする上でも、楽しみも挑戦も多かった種族です。
例えば、頭のよくきれる「リー」は人間の少女の顔を持ちながら、ウサギの耳や足を持っています。
そして、それだけでなく、リーの動きにもウサギらしい跳ねるような動きが使用されています。
このように、プレイヤーはゲームの中で亜人の独特な特徴や、キャラクターの愛らしい性格も楽しむことができます。

▲亜人リー
このように、製作陣がこだわり抜いた末に生まれた多様な背景をもつキャラたちがどんな絆の物語を紡いでくのか、そして30以上いる中から世界を変えるキーパーソンとなるのは誰なのか、ぜひその目で確かめてみてくださいね。


次のページでは、ゲーム性について言及を!
◆戦略の確立がカギを握るバトルシステムとは
ここからは『Sdorica』のゲーム性をご紹介していきます。

本作では、前・中・後列の3列と、そしてアドバイザーにひとりずつの計4人のキャラを配置したチームでバトルに挑んでいきます。

アドバイザーは任意のキャラでOKだが、前・中・後列キャラによって配置できる列が決まっている
冒険の種類によっては、キャラが固定されているものも
またプレイヤー同士で連携するギルドシステムも採用されており、加入者は同じギルドのメンバーが設定したキャラを含んだ編成で挑むことができます。

ギルドに入っているとメンバー同士でコミュニケーションをとれたり、無料で入手できるアイテムもあったりと様々な特典がもらえます。
Cygamesの『グラブル』をやっている方は、同作における騎空挺のシステムのイメージでOK。

ギルドに加入していれば、アドバイザーをひとり多く加えた状態で挑める
そして実際のバトルについてですが、『Sdorica』では自軍と敵が交互に攻撃を繰り返し、先に全員の体力を削り切ったほうが勝利というターン管理制で進行していきます。

その際、こちらから攻撃を繰り出すために必要となってくるのが、“ソウル”の組み合わせ。

前列のキャラはオレンジ、後列のキャラはホワイトと、各列のキャラによって該当するものが異なるソウルがバトル開始時に表示されます。

1つタップすることでも攻撃や支援タイプのスキルを発動できますが、同色のソウルをスライド操作し、縦か横に2つ、あるいは正方形状に最大4つを組み合わせたほうがより強力なアクションを行えます。

ソウルをスライド操作し、縦か横に2つ、あるいは正方形状に4つを組み合わせる
また、キャラはそれぞれ消化したソウル数によって異なるスキルを持っていことも重要。

たとえば後列に配置できるアンジェリアの場合、ソウルを1or2個消した場合は味方を強化するだけですが、4個消化に成功すればさらに対象キャラのスキルを誘発することができます。

アンジェリアのソウルを消し強化した上で、前列のキャラのスキルを発動できる
ソウルを消化した後は、そのぶんだけ左にスライドし新たに出現したソウルをまた組み合わせていく、パズルゲームのようなシンプルなつくりのバトル。

ただ、どんなスキルを持ったキャラのチーム編成でいくのか、そしてバトルがスタートしたらソウルの配列を見て攻撃の順序をどう組み立てるのかと、勝利のための思考力が試される『Sdorica』では、深い戦略の構築を楽しむことができますよ。

◆ゲーム好きもアニメ好きも気軽に楽しめる一作!
最後に、『Sdorica』をプレイする中で感じたポイントをもう2つだけ。
ここでは、特に“スマホゲームとしての本作の特徴”に重点を置いて考えてみました。

■課金要素の少なさが◎
他のスマホ向けタイトルと同様に、キャラを獲得できるガチャ要素の「魂賊与」をはじめとする課金要素は本作にもあります。

ただし、全キャラが最高レアリティのSSRまで成長できるので、最初はレアリティが低いからといって嘆く必要はありません。

むしろ幅広くレベリングをしておかないと、メインストーリーなどでキャラの使用を指定された時に困ることもあります。
また、プレイヤー自身には体力という概念がないため、無課金で長時間プレイすることも可能。
(冒険(クエスト)によっては、チャレンジ回数に制限があるものもあります)
ゲーム性の理解を図るためのチャレンジクエストでは、キャラの育成素材も入手可能
周囲と差をつけるため、または早くストーリーを読み進めるためにアイテムの購入でキャラの育成促進を検討するもよし、あるいはじっくり無課金でゲームを進めていくもよし━━このようにプレイヤーが状況に合わせて作品を楽しめる仕様は、とても好感を持てるものとなっていますよ。

■アニメ・読書が好きな人にもオススメしたい
ゲームが好きな方はもちろん、『Sdorica』はアニメを見たり、読書をしたりするのが好きだよっていう人にもぜひプレイしてみてほしい作品です。

その大きな理由は、先述した通り第3者目線でストーリーを楽しむことできるため、いつ、どこで、誰がどんなことをして何が起きるのか、私たちは物語の読み手として重厚なストーリーを堪能することができるから。

また、人気声優さんたちがCVとして参加していることに加え、同社が配信している音楽ゲーム『DEEMO』のストーリーBGMを担当した作曲家Chamber Chuによって作曲された楽曲はフルオーケストラの実録を使用。

本作は目と耳の両方から作品全体を楽しむことができるので、普段からアニメをご覧になっている人にとっても大満足の内容となっているはずです。

▼美しいアニメーションを堪能できる『Sdorica』のOP

以上、今回は「Rayark」の新タイトル『Sdorica』にの魅力に迫っていきました。

リリースからわずか1ヶ月でありながら、すでに第10章まで解放されているメインストーリーや、特定のキャラにスポットを当てたイベントの開催など、豊富な物語が詰まった本作をぜひ皆さんもプレイしてみてくださいね。

(c)2018 Rayark Inc.All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「PUBG MOBILE」、本日よりサービス開始!

 【16//2018】

「PUBG MOBILE」、本日よりサービス開始!


PUBGは、Android/iOS用バトルロイヤルシューター「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG MOBILE)」の配信を5月16日より開始した。


「PUBG」は、最大100人のプレーヤーが、マップ内にある装備などを駆使して、“最後の1人”になるまで生き抜くバトルロイヤルゲーム。
モバイル版は、2018年3月以降、100カ国以上でダウンロード数ランキング1位を記録している。
プレーヤーは、段々狭くなる安全地帯内で、ランダムに配置されている武器や車両、装備アイテムを駆使して生存競争に臨む。
戦いの末、最後の1人まで生き残ったプレーヤーの画面には「勝った! 勝った! 夕飯はドン勝だ!!」というメッセージが表示されるため、プレーヤーは「ドン勝」を目指して戦う。

また、「PUBG MOBILE」の事前登録数が130万を突破したため、130万登録達成時の特典「謎の物資」である「10,000BP」の提供が確定した。
特典は、5月29日23時59分までにダウンロード&プレイしたすべてのユーザーに贈られる。

・パラシュートスキン
・Tシャツスキン
・ワンダラークレート5個
・ガスマスク+10,000BP
・10,000BP
■ゲームの流れについて
ゲームが開始されると、最大100人のプレーヤーが8km×8kmの無人島マップ内にパラシュートで降り立つ。
マップ内には武器や車両、装備アイテムがランダムに配置されており、それらを利用しながら敵プレーヤーと戦う。
一定時間ごとに「パルス」によって戦闘エリアが狭まっていくため、安全地帯へと移動しながら戦闘を行なう。
戦いの末、最後の1人まで生き残ったプレーヤーが、「ドン勝」となる。

■「PUBG」の特徴□様々なプレイスタイルで「ドン勝」を目指す!
最後の1人まで生き残ったプレーヤーが勝つというシンプルなルールのため、少しでも多くの敵プレーヤーを倒して「ドン勝」を目指す、とにかく隠れて逃げ回り1人も倒さずに「ドン勝」を目指すなど、プレーヤー次第で様々な遊び方が楽しめる。

□誰でも簡単にバトルロイヤルが楽しめる!
本作では、ゲーム開始時、マップ内にランダムに武器や車両、装備アイテムが配置されるため、初期の配置によって、すぐに強力な武器が手に入ることもあれば、なかなか武器が入手できないこともある。
そのため、プレーヤーの“運”に左右される部分も多い。
初心者が「ドン勝」できることもあれば、熟練の上級者が開始数分で倒されてしまうこともあるため、“一期一会”のプレイが楽しめる。
また、2人でのデュオや最大4人のスクワッドによるチーム戦モードも用意されている。

□「ビューワーシップ」概念
本作は、プレーヤーだけでなく、第三者がプレイを視聴することを楽しめるよう、「ゲームメーカー」、「プレーヤー」、「視聴者」によって成り立つ「 ビューワーシップ」という概念をもとに開発、サービスが行なわれている。

「PUBG」のストリーマー(プレイ動画を動画共有サービスに配信する人)に、「PUBG」パートナーシップとしてゲームルーム作成の権限などを与えることで、「プレーヤー」は、より楽しんでプレイ動画を公開し、「視聴者」も特別なプレイを見ることができる。

©2018 PUBG Corporation. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

海外での高評価のとおり素晴らしいゲームだった「Celeste」の話

 【16//2018】

海外での高評価のとおり素晴らしいゲームだった「Celeste」の話


この連載は、ゲーム好きのライター山村智美が、ゲームタイトル、話題、イベント、そのほかゲームにまつわるあれやこれやを“ゆるく”伝えるコラムです。
毎週、水曜日に掲載予定。
ちなみに連載タイトルは、本当は「ぼくらとゲームの間にある期待の気持ち」。
新しい体験の、その発売を、いつでも楽しみにしている期待の気持ち。
そのままだと連載タイトルとしては長すぎたので……「ぼくらとゲームの」。


「我々が征服するのは、山ではなく自分自身である。

1953年、エベレスト山頂到達に人類で初めて成功した登山家であるエドモンド・ヒラリーの言葉です。

高い山に登っていつか頂上へとたどり着くことと、難易度の高いゲームに挑み続けていつかエンドロールを迎えることは、同じ方向の意味を持っているような気がします。

「Celeste」という2Dアクションゲームが今年の1月に海外でPS4/Xbox One/Nintendo Switch/Steamにて発売されました。

インディのゲームスタジオ Matt Makes Gamesが制作したゲームで、価格は1,980円。

典型的なダウンロード専用のインディーズゲームなわけですが、
このゲーム「Celeste」は配信されるや瞬く間に海外で高く評価されました。

海外レビューの指針としてお馴染みメタスコアだと、Nintendo Switch版では92。
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の97や、「スーパーマリオ オデッセイ」の97に次ぐスコアに躍り出たのです。

そんな「Celeste」ですが、1月に発売されたとき既に日本語対応がされていたものの、Steam以外のプラットフォームだと海外のストアでのみ配信されていたので、Steam以外のハードでプレイしたいという場合、購入に手間がかかるものだったんですよね。

ですが、5月10日よりNintendo Switch版の「Celeste」が“日本国内のニンテンドーeショップ”で配信開始されたんです。

1月の海外配信の時には購入しないままになっていた僕も、今回の国内配信開始でようやくプレイしたというわけなんですよ。

いやぁ、後悔しました。

1月の配信のときにプレイしておけばよかった、と。

もっと早く知っておきたかった、と。

そう思ったんです。

でも、こうも思いましたよ。

この国内配信開始のタイミングですぐに手を出してよかったな、と。

ちょっと遅くなったかもしれないけど、プレイして良かったなって。

「Celeste」は、2Dドット画ライクな横スクロールアクション。
物語としては、マデレンという少女が、セレステ・マウンテンと呼ばれる山の頂上を目指して登山をするというもので、ジャンプアクションに空中ダッシュ、壁掴まりとよじ登りを駆使して、険しい道のりを乗り越えていくというものです。

もちろん、ただのジャンプアクションじゃないんですよね。
その理由のひとつは、その道のりの厳しさにあります。
失敗しまくり、死にまくりです。

ちなみに僕がなんのヒントもなしにエンドロールまでプレイしたときには、全ステージ合計で1,519回死んだという記録になっていました。

難しいコントロールを求められる場面、パズル的な解き方が必要な場面、その両方が同時に必要な場面……まぁとにかく大変です。
いっぱい失敗しまくります。

そんなきっつい場面をひたすらに乗り越え続ける、ハタから見れば苦行のようなプレイは、それ自体がどこか山登りという行為に似ています。

ゲームの主人公マデレンは山を登り、
それを操作するプレーヤーもまた難易度の高いアクションゲームという山に挑む。

難しさにぶち当たった苦みからの、それを乗り越えたときの嬉しさという甘み、
連続して押し寄せてくるビター&スイートなゲーム体験。

「うわなにこれ、きつい!」
「あー、なんとか行けた!」
「あ、今度もまたきつい!」
「あーしんどい、でもなんとか突破したぞ!?」
「ちょっとー、ここエグくなーい!?」
「……なんとかなるもんだね」
「これはどうなってるんだ?」
「でも、きっと、やればできるはずだ」
「諦めずにやればできる」
「きっとそうだ」
「今までも、これからも」
こんな境地にたどり着きます。
それは成長していく自分への嬉しさであり、それを自然にうながす「Celeste」というゲームが良くできていることへの喜びであり、ゲームが好きで良かったこと、今またひとつ良いゲームを遊べていること、それを楽しんでまたひとつゲーム好きとして成長していく自分への嬉しさと自信。

「Celeste」のプレーヤーという存在でマデリンという名の少女は、山というゲームを通して自分と向き合って、いつか、その全てを楽しんでいきます。

そこに山があり、
そこにゲームがあり。

こんなシンプルなゲームなのに、そこから得られるものはゲームにとっての本質をちゃんと捉えているんですね。

もちろん「Celeste」は単純に難しいばかりではありません。

まずリトライがスピーディーでストレスが溜まらないんです。
死んだ瞬間に復帰するのでプレイのリズムが途切れることなく挑み続けられます。
だからたっぷり死にまくるし、いつか乗り越えるときも来ます。

また、操作性もものすごくいいです。
シビアなコントロールを求めるゲーム内容ですが、そこにキチンと納得のできる操作の反応の良さがあって、キビキビとした動きは「操作しているだけで気持ちいい」の領域。

それはもう感心してしまうほどに、ジャンプアクションゲームの面白さを存分に理解できるプレイフィールになっています。

世界観やそれを彩るサウンドも魅力的。
日本語ローカライズはちょっと翻訳っぽさがあるというか、ユニークなところや難解さが出ていますが、そのぶん自分なりの解釈をしていくとより理解が深まるという、怪我の功名的な副産物もあったり。

というわけで「Celeste」、プレイし終えて納得しました。

これは高く評価されるわけだと。

「自分は諦めずに登れるに決まってる!」と思える人には、ぜひプレイしてもらいたいです。

たどり着いた場所から見えるのは、きっと素敵な景色ですよ。

「我々が征服するのは、ゲームではなく自分自身である」
すっかり長々と「Celeste」を語ってしまいましたけども、今週は他にもここに書いておきたいこといっぱいあるんですよ。

というわけでいくつかポンポンと書いておきますよ。

まずは、Nintendo Laboのすごい作品の極めつけみたいな話。

世界の歌姫アリアナ・グランデが、アメリカNBCの番組「The Tonight Show」に出演し、「No Tears Left to Cry」を歌ったのですが、その演奏に使われていたのは全てNintendo Laboで作った楽器!。
ジミー・ファロン氏とヒップホップグループ「The Roots」が思い思いのNintendo Labo製の楽器を手に、軽快に演奏し、アリアナ・グランデさんも笑顔で歌っています。

その様子がYoutubeにて楽しめますので、ぜひご覧ください。
メイキングの様子もありますよ。

もうひとつ別の話題。
今月は24日と25日に多くのゲームが発売されるのですが、そこにまたひとつ飛び込んできました。

IGA氏こと、「悪魔城ドラキュラ」シリーズで知られる五十嵐孝司氏の「Bloodstained: Curse of the Moon」の配信が5月24日と発表されました。
「Bloodstained」の8bitスタイルタイトルで、ハードは、Nintendo Switch、ニンテンドー3DS、PlayStation 4、PlayStation Vita、Xbox One、Steam。

すでにNintendo Switchでは予約購入が可能で、あらかじめDL対応となっています。

……僕はもう、発売日と予約購入が可能というニュースを見た約2分後には、気がついたら購入が完了していましたから、もう安心です。

ではでは、今回はこのへんで。
また来週。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

アニメ風2Dアドベンチャー『Forgotton Anne』が配信開始! 失くした物が集まる世界…

 【16//2018】

アニメ風2Dアドベンチャー『Forgotton Anne』が配信開始! 失くした物が集まる世界…


Square Enix Collectiveは、デンマークのインディーデベロッパーThroughLine Gamesが手がける新作アドベンチャーゲーム『Forgotton Anne』がSteamおよび海外PS4/Xbox One向けに配信開始となったことを発表しました。

大きな写真で詳しく見る

本作では靴下やおもちゃなど人間が失くした物が集う神秘的な世界Forgotton Landsを舞台に、この世界に閉じ込められたAnneとMaster BonkuがForgotlings(失くした物で構成されたクリーチャー)の力を借りて家に帰ることを試みます。

ThroughLine Gamesのクリエイティブディレクター兼共同創設者、Alfred Nguyen氏は「質の高いアニメを見ている時は常にその世界に入り込みたいと思うでしょう。
私達はそんな人のために魅力的なストーリーの高品質プラットフォームパズルを提供したかったのです」と語っています。

各海外メディアからは非常に高い評価を受けている『Forgotton Anne』。
本作は19.99ドル(Steamでは通常2,160円、5月23日までは10%オフ)で配信中です。
なお、日本語に対応するプランもあるとのことなので、楽しみに待ちましょう。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る